Dialogue Script

Chapter: 10 - On That Day 5 Years Ago

The Flashback scene with Cloud from the start of the story until you receive the PHS

 
FF7 International ScriptFF7 PC English ScriptMissing TranslationNotes
JAPANESE (Intl Ver) PC ENGLISH
AERITH {Aeris}
「CLOUD、おそい~っ!」 “{Cloud}, you're late!”
BARRET {Barret}
「おそいじゃねぇか!」 “Yo man, you're late!”
CLOUD {Cloud}
「すまない。 “Sorry to keep you waiting.”
 またせたようだな」
AERITH {Aeris}
「これで、みんなそろったわね」 “Guess everyone's here now.”
BARRET {Barret}
「さあて…… “So let's hear your story…”
 聞かせてもらおうじゃねえか」 “You know, the one about Sephiroth
「セフィロス、星の危機。 and the crisis of the Planet.”
 おまえが知ってることのすべてを」 “Let's hear it all.”
CLOUD {Cloud}
「……俺はセフィロスにあこがれて “…I used to want to be like Sephiroth,
 ソルジャーになったんだ」 so I joined SOLDIER.”
「いくつかの作戦を “After working with Sephiroth
 セフィロスといっしょにこなすうちに on several missions,
 俺たちは親しくなった」 we became friends.”
BARRET {Barret}
「親友ってやつか?」 “You call that a friend?”
CLOUD {Cloud}
「どうかな……」 “Yeah, well…”
「年もはなれていたし “He was older than me,
 セフィロスは自分のことを and hardly ever
 ほとんど話さなかった」 talked about himself.”
CLOUD {Cloud}
「戦友……かな。 “So I guess you'd call us war buddies…
 俺たちは信頼しあっていた。 We trusted each other.
 あのときまでは……」 Until one day…”
TIFA {Tifa}
「………」 “…”
AERITH {Aeris}
「あのとき?」 “…One day?”
CLOUD {Cloud}
「戦争終結後のソルジャーの任務は “After the war it was SOLDIER's
 神羅に反抗する人たちを……。 duty to put down any resistance
 ゆううつな仕事が多かったな」 against the Shinra.”
CLOUD {Cloud}
「……あれは5年前」 “…that was five years ago.”
「俺は16歳だった……」} “I was 16…”
「はぁ……はぁ……」 [JP-exclusive Text Entry] Pant... gasp...
セフィロス [JP-exclusive Text Entry] Sephiroth:
「だいじょうぶか?」 -||- Are you alright?
「はい……すいません」 [JP-exclusive Text Entry] Yeah... sorry.
セフィロス [JP-exclusive Text Entry] Sephiroth:
「乗り物酔いの薬は -||- I didn’t pack anything
 積んでこなかったぞ」 -||- for motion sickness.
「いいんです、本当に。 [JP-exclusive Text Entry] It’s alright, really.
 忘れた自分が悪いんです」 -||- It’s my fault for forgetting.
セフィロス [JP-exclusive Text Entry] Sephiroth:
「外の景色でもながめていろ。 -||- Take a look out the window.
 少しは気がまぎれるだろ?」 -||- Maybe it will distract you.
[JP-exclusive Text Entry] Cloud:
「ウヘヘヘ……」 -||- Hehehehe...
セフィロス [JP-exclusive Text Entry] Sephiroth:
「おまえも気分が悪いのか?」 -||- Are you feeling sick too?
CLOUD [JP-exclusive Text Entry] Cloud:
「そういえば、セフィロス。 -||- By the way, Sephiroth,
 マテリアって -||- how is Materia
 どうやって作るんだ?」 -||- made?
セフィロス [JP-exclusive Text Entry] Sephiroth:
「……星がつくる。 -||- ...It’s made by the planet.
 長い長い時間をかけてな」 -||- It takes a very long time.
セフィロス [JP-exclusive Text Entry] Sephiroth:
「もっとも……最近では -||- However... it seems
 神羅カンパニーがつくったマテリアも -||- that recently Materia made by Shin-Ra
 かなり出回っているようだが」 -||- has been appearing on the market.
[JP-exclusive Text Entry] Cloud:
「マテリアをつくるなんて -||- Our company’s pretty impressive
 俺たちの会社もスゴイよな」 -||- if it can make Materia, huh.
セフィロス [JP-exclusive Text Entry] Sephiroth:
「オレたちの会社か……」 -||- “Our company”...
セフィロス [JP-exclusive Text Entry] Sephiroth:
「……おまえ、ソルジャーを -||- ...Haven’t you ever thought about
 いや、神羅をやめたいと -||- wanting to quit SOLDIER...
 思ったことはないのか?」 -||- no, about wanting to quit Shin-Ra?
[JP-exclusive Text Entry] Cloud:
「……どうして?」 -||- ...Why?
{Cloud} Here is where the Debug scene starts.
「マテリアって “I wonder how they make Materia?”
 どうやってつくるんだろう……」
「……知らないのか?」 “You mean you don't know?”
{Cloud}
「……知ってるのか?」 “Do you?”
「……星がつくる。 “It's the Planet.
 長い長い時間をかけてな」 It takes years to make.”
「もっとも、最近では神羅 “Lately, it's been Shinra
CLOUD {Cloud}
「すごい雨だな」 “It sure is raining hard.”
CLOUD {Cloud}
「おい、気分はどうだ?」 “Hey, how are you doing?”
「……だいじょうぶ」 “I'm all right.”
CLOUD {Cloud}
「俺は乗り物酔いなんて “I wouldn't know…”
 なったことないからな」
「よくわからないんだ」 “I've never had motion sickness.”
CLOUD {Cloud}
「準備はOK?」 “Everything okay?”
セフィロス Sephiroth
「おい、おまえ」 “Hey.”
セフィロス Sephiroth
「もうすこしおちつけ」- “Settle down.”
CLOUD {Cloud}
「新しいマテリア、支給されたんだ」 “They gave me some new Materia.”
「早く使ってみたくて “I can't wait to use it.”
 おちつかなくてさ」
セフィロス Sephiroth
「……子供か、おまえは」 “…Just like a kid.”
CLOUD {Cloud}
「なあ、そろそろ今回の仕事 “You going to brief us
 教えてくれよ」} about this mission?”
セフィロス Sephiroth
「……今回の任務は “This isn't a typical
 いつもとはちがう」 mission.”
CLOUD {Cloud}
「それはうれしいね!」 “Good!”
セフィロス Sephiroth
「どうしてだ?」} “Why do you say that?”
CLOUD {Cloud}
「俺はあんたみたいになりたくて “I joined SOLDIER
 ソルジャーになったんだ」 to be like you.”
「それなのにクラス1STに “But by the time I made First Class,
 昇格したのと同時に the war was already over.”
 戦争が終わってしまった」
「俺がヒーローになるチャンスが “My big hopes of becoming a hero
 減ってしまったわけさ」 like you ended with the war.”
「だから、そういうチャンスがあるなら “That's why I always sign up
 俺は絶対にモノにしてみせる」 whenever there's a big mission.
CLOUD {Cloud}
「な、どんな気分だ? “Say, how do you feel,
 英雄セフィロスさん?」 MISTER Sephiroth?” [Translates "Hero Sephiroth", not MISTER.]
セフィロス Sephiroth
「……おまえ、今回の任務が “…I thought you wanted
 知りたかったんじゃないのか?」 a briefing?”
セフィロス Sephiroth
「今回の任務は “Our mission is to investigate
 老朽化した魔晄炉の調査だ」} an old Mako reactor.”
セフィロス Sephiroth
「異常動作を起こしているうえに “There have been reports of
 凶暴な動物が発生している」 it malfunctioning,
「そいつらを始末しつつ “First, we will dispose of those
 原因を見つけだし、排除する」 creatures.
CLOUD {Cloud}
「凶暴な動物…… “Brutal creatures?
 場所はどこだ?」 Where?”
セフィロス Sephiroth
「ニブルヘイムの魔晄炉だ」 “The Mako Reactor at Nibelheim.”
CLOUD {Cloud}
「ニブルヘイム……」 “Nibelheim…”
CLOUD {Cloud}
「ニブルヘイムは “That's where I'm from.”
 俺の生まれ故郷なんだ」
セフィロス Sephiroth
「そうか……故郷か」 “Hmm…hometown…”
「へ、へんな動物が!! “Sir…s, something strange
 トラックに突っこんで来ました!」 just crashed into the truck!”
セフィロス Sephiroth
「モンスターのお出ましか」 “That would be our Monster…”
セフィロス Sephiroth
「さあ、仕事だぞ」} “Come on, let's go to work.”
セフィロス [JP-exclusive Text Entry] Sephiroth:
「……運転手がやられた」 -||- ...The driver is dead.
セフィロス [JP-exclusive Text Entry] Sephiroth:
「さて……どうしたものか」 -||- Well, now... what to do.
[JP-exclusive Text Entry] Cloud:
「じゃあ、俺が」 -||- Right, I’ll handle it.
セフィロス [JP-exclusive Text Entry] Sephiroth:
「道はわかるのか?」 -||- Do you know the way?
[JP-exclusive Text Entry] Cloud:
「……実はニブルヘイムは 生まれ故郷なんだ」 -||- ...Actually, I was born here in Nibelheim.
『バトル:セフィロスVSモンスター』 [JP-exclusive Text Entry] “Battle: Sephiroth VS Monster”
CLOUD {Cloud}
「セフィロスの強さは普通じゃない。 “Sephiroth's strength is incredible.
 世間で知られている He is far stronger in reality
 どんな話よりも……すごかった」 than any stories you
AERITH {Aeris}
「あれ~? “So…
 CLOUDの活躍は?」 Where do you come in?”
CLOUD {Cloud}
「俺か? 俺はセフィロスの戦いぶりに I was mesmerized by the
 みとれていたな」 way Sephiroth fought.”
CLOUD {Cloud}
「……そして俺たちは “…and then
 ニブルヘイムについたんだ」} we reached Nibelheim.”
ニブルヘイム Nibelheim
セフィロス Sephiroth
「どんな気分なんだ?」 “How does it feel?”
セフィロス Sephiroth
「ひさしぶりの故郷なんだろ?」 “It's your first time back to your hometown
セフィロス Sephiroth
「どんな気分がするものなんだ?」 “So how does it feel?”
「オレには故郷がないから “I wouldn't know because
 わからないんだ……」 I don't have a hometown…”
CLOUD {Cloud}
「ええと……両親は?」 “Ummm…how 'bout your parents?”
セフィロス Sephiroth
「母の名はジェノバ。 “My mother is Jenova.
 オレを生んですぐに死んだ。 She died right after she gave birth to me.
 父は……」 My father…”
セフィロス Sephiroth
「オレは何を話してるんだ……」 “What does it matter?”
セフィロス Sephiroth
「さあ、行こうか」 “All right, let's go.”
BARRET {Barret}
「ちょっと待った!!」 “Yo wait a minute!!”
BARRET {Barret}
「な、あれじゃねえか?」 “Isn't that, uh…?”
BARRET {Barret}
「セフィロスが言ってた “The name of Sephiroth's mother…”
 母親の名前……」--
BARRET {Barret}
「ジェノバ……覚えてるぞ! “I remember Jenova.
 神羅ビルにいた首ナシの That's that damn headless spook
 バケモノだな!」 livin' in the Shinra building.”
CLOUD {Cloud}
「そのとおりだ」 “That's right.”
TIFA {Tifa}
「ちょっとBARRET。 “{Barret},
 CLOUDの話、ちゃんと聞かせて。 would you please let us hear what
 質間はあとよ」 {Cloud} has to say?
BARRET {Barret}
「でもよぉ、TIFA……」 “{Tifa}, I was only…”
TIFA {Tifa}
「さあCLOUD、つづけて」 “Ok {Cloud}, continue.”
AERITH {Aeris}
「幼なじみの再会ね!」 “The childhood friends are reunited!”
CLOUD {Cloud}
「……TIFAには “…I was really surprised
 おどろかされたな」} with {Tifa}.”
セフィロス Sephiroth
「魔晄のにおいがするな」 “The Mako smells pretty bad here.”
「ヒソヒソ…… “Psst…
 (ウロチョロしてるとしかられるぞ)」 (You keep wandering around here and you'll get
「たいくつなんだよな、見張りって」 “Being on watch is so boring.”
    いつもの、やるか? {Choice}You want to do what we always do?
    ガマンガマン、仕事だろ? {Choice}Just sit tight, it's your job, right?
CLOUD {Cloud}
「練習でもするか?」 “Shall we practice?”
CLOUD {Cloud}
「時々話しにくるからさ。 “I'll come and talk to you once in a while.
 ガマンしてろよ」 Just stick with it.”
「練習…… “Practice?
 ああ、ポーズの練習か」 Oh, you mean practice my pose.”
「ソルジャーは常に他人の目を “Do members of SOLDIER always have
 意識しなくちゃならないってか?」 to worry about what others think?”
「……どうだっけ?」 “How did it go?”
「……こうか?」 “…Was it like this?”
CLOUD {Cloud}
「うまくなったな!」 “Good job!”
「俺、ソルジャーなんかに “I really don't want to be in SOLDIER.”
 なりたくないんだよねえ」}
ニブルヘイム Nibelheim
CLOUD {Cloud}
「……村はひっそりしていた」 “…The town was quiet.”
「みんな、モンスターを恐れて “Everyone must be in their houses,
 家に閉じこもっていたのかな?」 afraid to come out because of the monsters.”
「いや、俺たちを “No, maybe they're afraid of us…”
 恐れていたのか……」
セフィロス Sephiroth
「魔晄炉への出発は明朝。 “We leave for the reactor at dawn.
 今日は早めに眠っておけ」 Make sure you get to sleep early.”
セフィロス Sephiroth
「見張りはひとりでいいから “All we need is one lookout,
 おまえたちも休んでおけよ」 so you others, get some rest.”
セフィロス Sephiroth
「そうだったな……」 “Oh, and…”
セフィロス Sephiroth
「家族や知り合いと “You may visit your family and friends.”
 会ってきてもかまわないぞ」
「はぁ…… “Man…
 ドキドキするなぁ」 I'm so nervous.”
    どうしてだ? {Choice}How come?
    俺はワクワクしてる {Choice}I'm excited.
「いつ、モンスターが来るか “Look, you never know when a monster's
 わからないんだろ?」 gonna show up, right?”
「……そうだったな。 “…That's right.
 英雄になるチャンス、のがすなよ」 Don't blow your chance to become a hero…”
「おい、落ちつきがないと “Hey, if you don't calm down, "If Var[3][19] & (1<<0)", then the line should be triggered. Not sure if possible.
 査定が悪くなるぞ」 you won't get a good evaluation…”
「ん? あんた、神羅の?」 “Hmm? You from Shinra?”
    そのとおりだ! {Choice}That's right!
    あんたは? {Choice}Who are you?
「ふん…… “Geez…
 若造がえらそうに」 Big-headed young kid.”
「私はこの村の…… “I'm the town's…
 …… ….
 ……!?」 …!?”
「おまえ、CLOUDだな?」 “Aren't you {Cloud}?”
「私を忘れたのか?」 “Don't you know me?”
CLOUD {Cloud}
「TIFAの……」 “You're {Tifa}'s…”
「そう。 “Right.
 TIFAの父親だ」 I'm {Tifa}'s father.”
CLOUD {Cloud}
「……ひさしぶりです」 “…Long time no see, sir.”
TIFAパパ {Tifa}'s father
「……娘には近づかないで “…Stay away from my daughter.”
 もらいたいものだな」
TIFAパパ {Tifa}'s father
「神羅にたよらなくても “We don't need the Shinra's help to
 自分の村ぐらい守ってみせる!」 protect our town!”
TIFAパパ {Tifa}'s father
「こんなことなら山歩きなんて “If I knew this was going to happen,
 禁止しておけばよかった……」 I would've made mountain climbing off limits…”
TIFAパパ {Tifa}'s father
「おまえにこんなことをたのむのは “I hate myself for asking you this, but…”
 腹が立つが……」 “Don't take your eyes off of {Tifa}!
「TIFAのそばから離れるな! Hurry up and go back to her side!”
 さっさと娘のそばにもどってくれ!」
TIFAパパ {Tifa}'s father
「危険がないことがわかるまで “Until we know that there's no danger,
 私たちはここを動かないからな」 we're not moving.”
「英雄セフィロスが来るってんで “I heard Sephiroth was coming
 カメラの用意して so I brought my camera.”
 待ってたんですよ」
「セフィロスとモンスターの “I want a shot of
 ツーショットが欲しいんです」 Sephiroth and a monster.”
   俺の写真をとれ {Choice}Take my picture.
   危険だから家に入ってろ {Choice}Get back in the house, it's dangerous.
「……マイナーな人の写真は “I don't take pictures
 とらない主義なんですよう」 of nobodys.”
「はいはい…… “All right…
 (えらそうに)」 {!}{Gray}Fat-head…{!}{White}”
「おろっ? “Hey?
 (こいつはたしか……)」 {!}{Gray}This guy's a real…{!}{White}”
「あんた…… “You…
 CLOUDくん?」 Are you {Cloud}?”
「ふ~ん……そっかぁ “Really?
 そうなんだぁ」 So that's how it is, huh?”
「いや~、もう、CLOUDくん “Gosh, {Cloud},
 立派になってぇ」 you've grown up to be a nice-looking lad.”
   それなら俺の写真をとれ {Choice}Then take my picture
   危険だから家に入ってろ {Choice}It's dangerous, go home
「こうしよう、CLOUDくん。 “Let's do this, {Cloud}.
 セフィロスといっしょの時に Let me take a picture of you with Sephiroth.”
 写真、とらせてもらうよ」
「ほいほい…… “OK, OK…
 (えらそうにさ……) {!}{Gray}Fat-head…{!}{White}
 (セフィロスのおとものくせにさ)」 {!}{Gray}You're just his assistant.{!}{White}”
「写真とらせてくれるかなぁ」 “Think they'd let me take a picture?”
「セフィロス、何してる?」 “What's Sephiroth doing?”
セフィロス Sephiroth
「ガイドが来たら出発だ」 “Once the guide gets here, we're heading out.”
TIFAパパ {Tifa}'s father
「セフィロス、聞いてくれ。 “Listen to me, Sephiroth.
 もしものことがあったら……」 In case something happens…”
セフィロス Sephiroth
「……安心してくれ」 “…Trust me.”
TIFA {Tifa}
「だいじょうぶだから、パパ!」 “I'll be all right, Dad!”
「つよ~いソルジャーが “I have two men from SOLDIER with me.”
 ふたりもいるのよ」
TIFA {Tifa}
「TIFAです。 “I'm {Tifa}.
 よろしくおねがいします!」 Nice to meet you!”
CLOUD {Cloud}
「TIFA! “{Tifa}!
 あんたがガイド!?」 You're the guide?”
TIFA {Tifa}
「そういうこと」 “That's right.”
「この村で一番のガイドといえば “It so happens I'm the
 私のことでしょうね」 number one guide in this town.”
CLOUD {Cloud}
「でも、危険すぎる! “It's too dangerous!
 そんなことにあんたを I can't get you involved in this!”
 巻きこむわけにはいかない!」
セフィロス Sephiroth
「おまえが守ってやれば “There's no problem if you protect her.”
 間題はなかろう」
セフィロス Sephiroth
「……では、行こうか」 “…Let's go.”
「あの……」 “Umm…”
「セフィロスさん! “Mr. Sephiroth!
 記念に写真を1枚」 Please let me take one picture for a memento!”
「TIFAちゃんからも “{Tifa}, can you ask
 たのんでくれないかな……」 him for me too?”
「はい、どうも!」 “Great, thank you!”
「写真できたら “I'll give each of you a copy
 みなさんにあげますからね!」 once I get it developed!”
「いきますよ~!」 “Cheeeeese!”
CLOUD {Cloud}
「この屋敷は……」 “This Mansion…”
「……いや、後にしよう」 “…No, I'll come here later.”
セフィロス Sephiroth
「おい、こっちに来ていろ!」 “Hey, stay over here!”
CLOUD {Cloud}
「この先は……ニブル山だ」 “Up ahead is…Mt. Nibel.”
「山へ行ったときのことは “I'll tell you about the time
 あとで話すよ」 I went into the mountains.”
セフィロス
「おい、落ちつけ! “Hey, calm down!
 こっちで待ってろ」 Wait over here.”
「……また遅刻だな」 “…Late again.”
「なんか緊張してさあ。 “I was so nervous.
 眠れなかったんだよね、俺」 I couldn't get any sleep…”
ザンガン Zangan
「村に危害をくわえるようなことは “There's nothing that'll
 ないだろうな?」 harm the town, right?”
    どうして……? {Choice}Why?
    そんなことはない! {Choice}No way!
CLOUD {Cloud}
「……そんなことを聞く?」 “…Why do you ask?”
CLOUD {Cloud}
「セフィロスにかぎって “It's Sephiroth.
 そんなことはしないさ」 He would never do that.”
ザンガン Zangan
「会社に不利な情報を消すために “The Shinra showed up to eliminate
 神羅がやってきたこと……」 any information that could be
「各地を旅していると “You pick these things up when
 いろんな話を聞くからな」 you travel as much as I do.”
ザンガン Zangan
「……おやおや。 “…Oh my.
 ずいぶん信頼してるんだな」 You sure do have faith.”
「CLOUDかい? “Is that you, {Cloud}?”
   ……ああ …Yeah
   ……ちがう …No
「……母さんか?」 “Mom?”
「ほら、さしいれだよ!」 “Here, I've brought you something!”
「村のみんなには “Don't tell anyone in town!”
 ナイショだからね!」
『手づくりポーション』を手にいれた!} Received "Homemade Potion!”
ニブルヘイムの宿 Nibelheim Inn
「あ…… “The, uh…
 本日は神羅会社の皆さんの The whole inn's booked up
 貸し切りになってましてねぇ」 by Shinra for the night.”
「……?」 “…?”
「……CLOUDちゃん?」 “{Cloud}?”
「CLOUDちゃんかい?」 “Is it you, {Cloud}?”
「2年ぶりかねえ」 “It must've been two years.”
「セフィロスさんの部下なんて “Say, you've really moved up in the world,
 大出世だねえ、ほんとにぃ」 being under Sephiroth's command.”
「ほんとにねぇ……」 “Wow…”
「いんや~」 “This is really, somethin'.”
「あのひねくれボウズがねぇ……」 “You used to be such a scrawny
「なんだい? CLOUDちゃん」 “So, what do you need, {Cloud}?”
    セフィロスは? {Choice}Where's Sephiroth?
    泊めてくれ {Choice}Give me a room
    村の様子を聞かせてくれ {Choice}How is the town?
「ああ、2階にいるさぁ」 “He's upstairs.”
「ま~だ、見つからないのかい?」 “You STILL haven't found one yet?”
「貸し切りだから、かまわないよ。 “It's all reserved for you
 でも、じぶんちの方が But, wouldn't you feel more comfortable
 落ちつくんじゃないかい?」 staying at home?”
「村のことねえ……」 “Now about the town…”
「モンスターちゅうのが増えたのは “A lot of monsters have been appearing
 ここ1年くらいかねぇ」 in the last 12 months.”
「それ以外はあんまり変わんないよ。 “Other than that, there's not much change.
 こんなちっこい村なんて Nothing much exciting happens
 変わりようないさぁ」 in a little town like this.”
「あの魔晄炉つくってるころが “It was all right when
 いちばんはなやかだったよ」 they were building the reactor,”
「……つくってる頃はねぇ」 “…while they were still building it.”
「完成してからはダメさぁ」 “But once it was completed, it's been bad.”
「何年もしないうちに “Within a few years,
 お山の木、枯れちゃったもんねぇ」 all the trees on the mountain withered away.”
「魔晄炉なんてねぇ “I don't know if the reactor was good or bad…”
 良かったのかねぇ “I mean it's easy to say
 悪かったのかねぇ……」 that it was a bad idea now.
「悪かったちゅうのは簡単さぁ。 But what can you do about it?”
 でも、いまさらねぇ……」
「とりあえず、モンスターたちが “Anyhow, we've got to get rid of the monsters.”
 いなくなればねぇ」
「そうすりゃ、ちょこっとは “Then, we'll be able to relax a little bit.”
 良くなるさぁ」
「ここだけの話……」 “I'll let you in on a secret…”
「この村じゃ、神羅さんの評判は “The Shinra aren't really popular here.”
 あんまり良くないのさぁ」
「CLOUDちゃんなら “You know what I mean, right?”
 わかるだろう?」 “You're from here, so you know.”
「この村の出身だもんねぇ」
「なんど話してもいっしょさぁ。 “It's the same story I always tell.
 聞きたいかい?」 You still want to hear it?”
   聞かせてくれ {Choice}Yeah, tell me again
   いや、もういい {Choice}No, that's all right
「ああ、休みたいのかい?」 “Hey, you want to rest?”
    たのむ {Choice}Yes, please
    なんでもない {Choice}Forget it
「お金はもらってるから “It's already been paid for.
 ゆっくりおやすみ」 Go on, get some rest.”
「……ふむふむ」 “Hmmmm”
「モンスター退治にやってきた “Is Shinra here to get rid of the monsters?”
 神羅の人間だな?」
CLOUD {Cloud}
「あんたは?」 “And who are you?”
「私はザンガン。 “I'm Zangan.
 世界中の子供たちに I travel around the world teaching children
 武術を教える旅をしている」 martial arts.”
ザンガン Zangan
「弟子は世界中に128人!」 “I have 128 students all over the world!”
「この村では “In this town, a girl
 TIFAという女の子が named {Tifa} is my student.”
 私の弟子になった」
CLOUD {Cloud}
「TIFAだって?」 “Did you say {Tifa}?”
ザンガン Zangan
「TIFAはセンスが良いな。 “{Tifa} has good sense.
 彼女は強くなるぞ」 She'll be a powerful fighter.”
ザンガン Zangan
「神羅の人間の戦いぶり “I want to see some Shinra techniques.”
 しっかり見せてもらうよ」
「使えるようだったら “And if you see anything you can use,
 ザンガン流格闘術に you might want to incorporate
 取り入れるのもいいな」 some of my techniques.”
「ま、しっかりやってくれ」 “Well, good luck.”
「俺たちも、ここ、使えるのかな?」 Will we be able to use this place, too?”
ザンガン Zangan
「おっ? “Oh?
 泣きながら帰ってきたのかな?」 Did you come crying home?”
「……あんたの方が “I think you probably know
 良く知ってると思うけどねぇ」} better than I do, but…”
ニブルヘイムの宿2階 Nibelheim Inn Nibelheim Inn 2nd Floor
セフィロス Sephiroth
「…………」 “…”
セフィロス Sephiroth
「……明日は早いぞ。 “…We have an early start tomorrow.
 そろそろ眠ったほうがいいな」 You should get some sleep soon.”
    まだ早いよ {Choice}It's still early.
    ああ、そうしよう {Choice}Yeah, let's get some sleep.
セフィロス Sephiroth
「……明日は起こさないからな」 “…I'm not going to wake you up tomorrow.”
CLOUD {Cloud}
「何を見ている?」 “What are you looking at?”
セフィロス Sephiroth
「……この風景 “…This scenery…
 オレは知ってるような気がする」 I feel like I know this place.”
セフィロス Sephiroth
「魔晄炉へのガイドは “I've hired a guide to the Mako reactor.”
 手配しておいた」
「若い娘らしいが “I've heard she's young,
 たよりにしていいものか……」 I hope we can rely on her…”
CLOUD {Cloud}
「そのよく朝だったな、TIFA」 “It was the morning after that,
TIFA {Tifa}
「そ、そうね……」 “Yes, right…”
「ベッドがひとつ足りない……」} “We're short one bed…”
CLOUD {Cloud}
「ここは……俺の家だ。 “This is…my house.
 5年前の事件とは関係ないな」 It has nothing to do with what
CLOUD {Cloud}
「なあ……」 “Hey…”
「あまり……覚えてないんだ。 “I can't…remember much else.
 話すことは、もう……ない」 There's…nothing more to talk about.”
AERITH {Aeris}
「もう、いいよ、CLOUD」 “That's all right, {Cloud}.”
BARRET {Barret}
「でもよ、興味あるぜ」 “Yo wait, I wanna hear.”
AERITH {Aeris}
「わたしも! “Me too!
 ひさしぶり、だったんでしょ?」 It's been a long time, right?”
BARRET {Barret}
「聞かせろよ!」 “Tell us more!”
「家族と会ったんだろ?」 “You saw your family, right?”
   話したくないんだ Don't want to talk about it
   やれやれ…… All right…
BARRET {Barret}
「ま、ムリにとは言わねえけどよ」 “Well, I ain't gonna force ya…”
CLOUD {Cloud}
「家族っていっても……」 “I don't know if you'd call it a 'family'…”
「親父は…… “My father…died when I was still young.”
 俺がまだ子供のころに
 死んでしまった」
「だから母さんが…… “That's why my mom……
 この家には母さんがひとりで lived alone in this house.”
 住んでいた」
CLOUD {Cloud}
「ああ、俺、母さんに会ったよ」 “Yeah, I saw my mom.”
CLOUD {Cloud}
「母さんは……元気な人だった。 “My mom…she was a vibrant woman.
 全然変わってなかった」 Hadn't changed at all.”
「その何日かあとには “But a few days later, she died…”
 死んでしまったけど……」
「あの時は……本当に元気だった」 “But when I saw her, she looked fine.”
CLOUD {Cloud}
「あの……」 “Uh?”
「は~い?」 “Yes?”
「CLOUD!?」 “{Cloud}!?”
「おかえりなさい、CLOUD!」 “Welcome home, {Cloud}!”
CLOUD {Cloud}
「ただいま、母さん」 “Hi, Mom.”
「どれどれ…… “Come, come…
 晴れ姿、母さんにも Let me take a look at you!”
 よ~く見せておくれ」
「ふ~ん」 “Hmmm…”
「ほれぼれしちゃうねえ」 “You look so handsome.”
「これ、ソルジャーさんの “So is this a SOLDIER uniform?”
 制服かい?」
CLOUD {Cloud}
「…………母さん、俺」 “…Mom, I…”
「ちゃんとゴハンは “Are you eating right?”
 食べてるのかい?」
CLOUD {Cloud}
「だいじょうぶ。 “I'm all right.
 会社が面倒みてくれてる」 The Company takes care of me.”
「そうなのかい」 “Is that so?”
「あんた、料理なんて “I know you can't cook…”
 できないだろ?」
「いったいどうしてるのかと “I've been worried sick about you.”
 思ってたんだよ」
「ねえ、CLOUD」 “{Cloud}?”
「でもねぇ、CLOUD」 “You know, {Cloud}…”
「そうだろ、CLOUD?」 “…isn't that right, {Cloud}?”
「母さんはね、いつだって、あんたの」 “I'll always be your mother…”
CLOUD {Cloud}
「…………もう、やめよう……」} “…Let's stop this…”
の家 {TIFA}'s House
{TIFA}'s House Text Entry empty in JP.
TIFA {Tifa}
「ねえ、CLOUD……」 “{Cloud}?”
「私の家にもはいったの?」 “Did you go in my house?”
    ああ…… {Choice}Yeah…
    い、いや…… {Choice}No…
CLOUD {Cloud}
「TIFA、いるかなと思って」 “I thought you might be home.”
CLOUD {Cloud}
「そういえば行かなかったな」} “I remember you weren't there.”
の家2階 {TIFA}'s House Tifa's House 2nd Floor
{TIFA}'s House Text Entry empty in JP.
TIFA {Tifa}
「CLOUD……」 “{Cloud}?”
「私の部屋にもはいったの?」 “Did you go into my room?”
    ああ…… {Choice}Yeah
    いや…… {Choice}No
『ちょっと背のびパンツ』を手にいれた! Received "Orthopedic Underwear!"
TIFA {Tifa}
「CLOUD……それ、本当なの?」 “{Cloud}!!!”
    ああ…… It's true
    冗談だ、怒るな…… Just kidding. Don't get mad.
TIFA {Tifa}
「……CLOUD」 “…{Cloud}”
「今はすごく真面目な話を “We're talking about something
 しているんでしょ?」 really important here.”
CLOUD {Cloud}
「手紙だ……」 “The letter…”
TIFA {Tifa}
「もしかして読んだの? “Did you read it?
 私あての手紙」 My letter?”
    そんなことはしない! I'd never do that!
    ああ…… Yeah…
TIFA {Tifa}
「そうよね!」 “Of course!”
TIFA {Tifa}
「内容もおぼえているとか……」 “You remember what it said?”
    おぼえてない…… {Choice}I don't remember
    はっきりと {Choice}I remember clearly
TIFA {Tifa}
「それじゃあ、セフィロスの話の “Then, let's go on with the story
 続きを聞かせて?」 about Sephiroth.”
CLOUD {Cloud}
「TIFAへの手紙……」 “Dear {Tifa}…”
    (思い出す) {Choice}(Remember)
    (やめる) {Choice}(Stop)
CLOUD {Cloud}
「俺は読んでしまった……」 “I read it…”
「よろず屋の息子が “It was a letter addressed to
 TIFAに書いた手紙だった……」 {Tifa} from the son of
『TIFA、元気か? “{Tifa}, how are you?
 ぼくは8日前ミッドガルについた』 I just arrived in Midgar eight days ago.”
『きのうはニブルヘイム出身の “Yesterday, all of Nibelheim got
 仲間たちが集まってくれたんだ。 together to welcome me.
 あ、CLOUDだけは連絡先が The only person that we couldn't
 わからなくて呼べなかったけど』 get a hold of was {Cloud}.”
『でも、アイツはもともとみんなと “But everyone said he wasn't
 仲が良かったわけでもないし really that close to us.
 きっと呼んでもつまらないから So even if we asked, he probably
 まあ、いいんじゃないかって wouldn't have come anyway.”
 みんなと話してた』
『うーん。 “Well, enough about him.”
 CLOUDの話をしてもしょうがない』
TIFA {Tifa}
「ねえ、CLOUD…… “{Cloud}…
 それ全部おぼえてるの?」 Do you remember all of it?”
    いや、ここまでだな No, that's it
    なぜか最後までおぼえてる Yeah, I remember
CLOUD {Cloud}
「俺のことが書いてあったからかな……」 “Because there was some stuff about me…”
『ミッドガルはすごいところだ。 “Midgar is really something.
 ぼくは、はっきり言って But to tell the truth, I feel
 遅れていて、ダサダサの so behind on everything…
 ナントカって感じだった』 so out of it.”
『スラムの人たちでさえ “Even the rooms of people
 部屋の中はとてもきれいなんだ』 in the slums are clean.”
『今はお金がないから “Right now I'm living in the slums,
 スラムに住んでいるけど but I plan to move to a really nice room,
 いつかは本で見たような like the ones I've seen in magazines, once
 オシャレな部屋に住んでやるつもりだ』 I make some money.”
『……などと書いてみたが “…But, to do that, I guess I have to find
 そのためにはまず仕事を a job first.
 見つけなくちゃいけない。
 そうなんだ。 That's right.
 まだ、仕事、みつからないんだ』 I still haven't found a job yet.”
『両親には神羅カンパニーで “I lied to my parents and told them I
 働き口が見つかったって found a great job with Shinra, Inc.”
 ウソの手紙を出してしまった』
『もうあともどりはできないかな。 “I wonder if it's too late to go back.
 実家のよろず屋を Sometimes I think I should've
 継げば良かったなと思う』 taken over my parents' store.”
『ミッドガルについたばかりなのに “I just made it here to Midgar
 考えるのはニブルヘイムのこと but all I think about is Nibelheim.”
 ばかりなんだ』
『ねえ、TIFA。 “Hey, {Tifa}…
 あのオンボロ給水塔は Is that stupid old water tower still working?”
 ちゃんと動いているか?』
『宿屋のじいさんは元気か? “Is the old man at the Inn doing well?
 ぼくの両親は毎日店をあけてるか? Are my parents still at the shop everyday?
 モンスターは襲って来ないか?』 Have any monsters attacked?”
『何よりTIFA、どうしてる? “And most of all,
 もう何年も会っていないような how are you, {Tifa}?
 気分だよ』 It feels like I haven't seen you for years.”
『きのうもみんなで “We were all talking about you last night.”
 TIFAの話でもり上がった』
『みんなTIFAが好きなんだ。 “Everyone likes you.
 でも、TIFAはみんなの But because everyone idolizes you,
 アイドルだったから I couldn't very well stab them in the back.”
 仲間を裏切ることができなかった』
『なーんてカッコつけてたけど “I always acted cool, but actually,
 本当は告白してフラれるのが I was just afraid of being jilted.”
 恐かっただけなんだよ』
『あ、これ以上書くとラブレターに “Wow, if I keep writing like this,
 なってしまう!』 this'll become a love letter!”
『だから今回はこのへんで。 “So, I think I'll stop here.
 じゃあ、元気で。 Take care.
 また、手紙書くよ』 I'll write again.”
『P・S 返事すごく欲しい』} “P.S. Write me back, okay?”
小さな姉弟がいた家 Nibelheim House Young Siblings Home
「……ああ、神羅の方ですね。 “…Oh, you're with the Shinra?
 ごくろうさまです」 Welcome.”
「見回りですか?」 “Making the rounds?”
「あら、ごめんなさい! “Oh, I'm sorry!
 CLOUDくんだったのね。 It's you, {Cloud}!
 気づかなくって」 I didn't recognize you.”
「しんら~?」 “Shinra----?”
「ちんら~?」 “Chinra---?”
「ソルジャ?」 “SOLDIER?”
「そるざ?」 “SALTZA?”
「モンスターやっつけるの?」 “Are you going to kill the monsters?”
「…………つけるの?」 “Are you going to…?”
「……………………」 “….”
CLOUD {Cloud}
「この子たちもセフィロスが……」 “These kids are also Sephiroth fans…”
「カッコイ~!!」 “He's soooo cool!!”
「カッキー!!」 “Way cool!!”
「CLOUDくん、なかなか “{Cloud}, you've grown up to
 たくましくなったわね」 be a strong man.”
「いってらっしゃい」 “Have a safe trip.”
「がんばれ~」 “Do your best.”
「ガバレ~」 “Do your best.”
ニブルヘイムのよろず屋 Nibelheim Item Store
「はい、いらっしゃい」 “Welcome.”
「あれっ? “Hey?
 あんたは……」 Aren't you…?”
CLOUD {Cloud}
「……ここへは行ったのかな? “…Have I been here before?
 ……覚えてないな」 …I don't remember.”
BARRET {Barret}
「じれったいぜ! “Now you're pissin' me off!!
 関係ないなら先を聞かせろ!」} This don't matter, so get on with it!”
「ねえねえ、あんたは……」 “Oh, oh, you're…”
魔晄炉はニブル山の中に造られていた A Mako Reactor was built in Mt. Nibel.
ニブルの山の寒々とした空気 The cold mountain air of Mt. Nibel
 変わっていなかったな…} was the same…
TIFA {Tifa}
「さ、ここからが大変よ! “It gets harder from here!
 ついて来て!」 Follow me!”
「俺はだいじょうぶ。 “I'm all right.
 ガイドさんこそ、気をつけて」 You be careful too, Guide.”
「早く行こうぜ」 “Let's hurry.”
TIFA {Tifa}
「は、橋が!!」 “Uh…the bridge!!”
セフィロス Sephiroth
「無事のようだな。 “Everyone seems to be all right.
 もとの場所までもどれるのか?」 Will we be able to get back?”
TIFA {Tifa}
「このへんの洞窟はアリのすみたいに “These caves are intertwined,
 入り組んでいるから……」 like an ant farm…”
「それにセフィロスさん。 “Oh, and Sephiroth…
 1人、姿が見えないけど……」 One person seems to be missing…”
セフィロス Sephiroth
「冷たいようだが、さがしている時間はない。 “It may sound cruel,
 さあ、もどれないなら、先へ進むぞ。 but we've no time to search for him.
 これからは一練に行動する」 We can't go back, so we must go on.
CLOUD {Cloud}
「これは?」 “What's this?”
TIFA {Tifa}
「不思議な色の洞窟ね……」 “A mysteriously colored cave…”
セフィロス Sephiroth
「魔晄エネルギーだな。 “It must be the Mako energy.
 この山は特にエネルギーが豊富なのだ。 This mountain is especially abundant in it.
 だから魔晄炉がつくられた」 That's why the Mako Reactor was built here.”
CLOUD {Cloud}
「……これは?」 “…And what's this?”
セフィロス Sephiroth
「魔晄の泉。 “A Mako fountain.
 自然の驚異というやつだな」 It's a miracle of nature.”
TIFA {Tifa}
「こんなにきれいなのに……」 “It's so beautiful…”
TIFA {Tifa}
「このまま魔晄炉がエネルギーを “If the Mako Reactor continues to
 吸い上げ続けたら suck up the energy,
 この泉も消えてしまうのね」 this fountain will dry up too…”
セフィロス Sephiroth
「マテリアだ。 “Materia.
 魔晄エネルギーが凝縮されると When you condense Mako energy,
 マテリアができる」 Materia is produced.”
「天然のマテリアを見るなんて “It's very rare to see Materia
 めったにない機会だ」 in its natural state.”
CLOUD {Cloud}
「そういえば…… “By the way…
 どうしてマテリアを使うと Why is it that when you use Materia
 魔法を使うことができるんだ?」 you can also use magic, too?”
セフィロス Sephiroth
「そんなことも知らずに “You were in SOLDIER and
 ソルジャーをやってるのか?」 didn't even know that?”
セフィロス Sephiroth
「……マテリアの中には “…the knowledge and wisdom of the Ancients
 いわゆる古代種の知識が is held in the Materia.”
 封じこまれている」
セフィロス Sephiroth
「大地、星の力を自在に操る知識。 “Anyone with this knowledge can freely
 その知識が星と我々をむすびつけ use the powers of the land and the Planet.
 魔法を呼び出す……といわれている」 That knowledge interacts between
CLOUD {Cloud}
「魔法……不思議な力だ……」 “Magic…a mysterious power…”
セフィロス Sephiroth
「ハハハハハ!」 “Ha, ha, ha !”
CLOUD {Cloud}
「なにか変なこと言ったか?」 “Did I say somethin' funny?”
セフィロス Sephiroth
「ある男がな、不思議な力なんて “A man once told me never to use unscientific
 非科学的な言い方は許さん! terms like 'mysterious power'!
 魔法なんて呼び方もダメだ!」 It shouldn't even be called 'magic'!”
「そう言って怒っていたのを “I still remember how angry he was.”
 思い出しただけだ」
CLOUD {Cloud}
「誰だ、それ?」 “Who was that?”
セフィロス Sephiroth
「神羅カンパニーの宝条。 “Hojo of Shinra, Inc….
 偉大な科学者の仕事を引き継いだ An inexperienced man assigned
 みじゅくな男だ」 to take over the work of a great scientist.”
「コンプレックスのかたまりのような男だな」 “He was a walking mass of complexes.”
TIFA {Tifa}
「魔晄の泉…… “A Mako fountain…
 この中には古代種の知識が So this is where the knowledge
 入っているのね」} of the Ancients is.”
TIFA {Tifa}
「ついたわ。 “We finally made it.
 ずいぶん遠回り We sure took the long way though.”
 しちゃったけどね」
CLOUD {Cloud}
「TIFAはここで待っていてくれ」 “{Tifa}, you wait here.”
TIFA {Tifa}
「私も中へ行く! “I'm going inside, too!
 見たい!」 I wanna see!”
セフィロス Sephiroth
「この中は一般人立入禁止だ。 “Only authorized people are allowed in.
 神羅の企業秘密で This place is full of
 いっぱいだからな」 Shinra's industrial secrets.”
TIFA {Tifa}
「でも!」 “But!”
セフィロス Sephiroth
「おじょうさんを守ってやりな」 “Take care of the lady.”
TIFA {Tifa}
「ん、もう!」 “Mm, man!”
TIFA {Tifa}
「しっかり守ってね!」 “Better take real
TIFA {Tifa}
「うん、おぼえてる」 “Yeah, I remember.”
TIFA {Tifa}
「そっか……CLOUDだったんだ」 “Hmm…so it was you?”
CLOUD {Cloud}
「JENOVA……なんだろう。 “This is…Jenova, right?
 ロックは……あかないか……」- It won't open…”
セフィロス Sephiroth
「動作異常の原因はこれだな。 “This is the reason for the malfunction.
 この部分が壊れているんだ」 This part is broken.”
「CLOUD、バルブを閉じてくれ」 “{Cloud}, close the valve.”
セフィロス Sephiroth
「バルブは閉じたのか?」 “Did you close the valve?”
セフィロス Sephiroth
「なぜ壊れた……?」 “Why did it break?”
セフィロス Sephiroth
「……わかったよ、宝条」 “…Now I see, Hojo.”
「でもな、こんなことしたって “But doing this will never
 あんたはガスト博士には put you on the same level
 かなわないのさ」 as Professor Gast.”
セフィロス Sephiroth
「これは魔晄エネルギーを凝縮して “This is a system that condenses and
 さらに冷やすシステムだ………本来はな」 freezes the Mako energy…
「さて……さらに凝縮すると “Now…what does Mako energy become
 魔晄エネルギーはどうなる?」 when it's further condensed?”
CLOUD {Cloud}
「え、ええと…… “Uh, umm…Oh yeah!
 そうだった!
 マテリアができるんだな」 It becomes a Materia.”
セフィロス Sephiroth
「そう、普通ならな。 “Right, normally.
 でも宝条はこの中にあるものを入れた。 But Hojo put something else in there.
 ……見ろ」 …Take a look.”
セフィロス Sephiroth
「マドから中をのぞいて見ろ」 “Look through the window.”
CLOUD {Cloud}
「こ、これは!?」} “Wh…what is this!?”
セフィロス Sephiroth
「おまえたち普通のソルジャーは “Normal members of SOLDIER are humans
 魔晄を浴びた人間だ」 that have been showered with Mako.”
「一般人とはちがうが “You're different from the others
 それでも人間なんだ」 but still human.”
「しかし、こいつらはなんだ? “But, what are they?
 おまえたちとは比べものにならないほど They've been exposed to a far
 高密度の魔晄に浸されている」 higher degree of Mako than you.”
CLOUD {Cloud}
「……これがモンスター?」 “…Is this some kind of monster?”
セフィロス Sephiroth
「そうだ。 “Exactly.
 モンスターを生み出したのは And it's Hojo of Shinra
 神羅カンパニーの宝条だ」 that produced these monsters.”
「魔晄エネルギーが創り出す “Mutated living organisms produced
 異形の生物。 by Mako energy.
 それがモンスターの正体」 That's what these monsters
CLOUD {Cloud}
「普通のソルジャーって? “Normal members of SOLDIER?
 あんたは違うのか?」 You mean you're different?”
CLOUD {Cloud}
「お、おい、セフィロス!」 “H…hey, Sephiroth!”
セフィロス Sephiroth
「ま、まさか……」 “No…”
セフィロス Sephiroth
「……オレも?」 “…Was I?”
セフィロス Sephiroth
「……オレはこうして生み出されたのか?」 “…Was I created this way, too?”
CLOUD {Cloud}
「……セフィロス」 “…Sephiroth.”
セフィロス Sephiroth
「オレはモンスターと “Am I the same as all these monsters?”
 同じだというのか……」
セフィロス Sephiroth
「お前も見ただろう! “You saw it!
 こいつらの中にいるのは…… All of them…were humans…”
 まさしく人間だ……」
CLOUD {Cloud}
「人間!? まさか!」-- “Human!? No way!”
セフィロス Sephiroth
「……子供のころから “…Ever since I was small I've felt…”
 オレは感じていた」
「オレは他のやつらとはちがう。 “…that I was different from the others.
 オレは特別な存在なんだと思っていた」 Special, in some way.”
セフィロス Sephiroth
「しかし、それは…… “But…
 それはこんな意味じゃない」 not like this…”
オレは……人間なのか? Am I…human? In the JP files BLACKBG9 does not belong to this duplicate group nor does the BLACKBG9 text exist in the BLACKBG1-duplicate group.
セフィロスが何を言っているのか I didn't really understand (This is all assuming that there isn't anything wrong with Herman's rip…)
その時の俺にはよくわからなかった what Sephiroth meant then.
俺はなによりも神羅カンパニーが I was even more surprised that
モンスターを創っていたということに Shinra was producing monsters.
ショックをうけていた
BARRET {Barret}
「た、確かにそうかもな。 “Yeah, maybe so.
 ここいらで一息いれることにするか」 Wanna take a breather here?”
BARRET {Barret}
「ケッ、余計なお世話だ。 “Hmph!
 おい、CLOUD。話を続けてくれ。」 {Cloud}!
RED XIII {Red XIII}
「(フッ……)」 “(Phew……)”
BARRET {Barret}
「(な、なんでオレに話をふるんだ!?)」 “(Why you talkin' to me!?)”
    セーブして一息いれよう {Choice}Save game and take a rest
    このまま話を続けてくれ {Choice}Keep talking
BARRET {Barret}
「……なるほどな」 “…I get it.”
RED XIII {Red XIII}
「ここ数年来のモンスターの増加には “That would seem to explain the increase
 そういった理由があったのか」 in the number of monsters recently.”
「これからのCLOUDの話は “I think we should listen carefully
 じっくりと聞く必要があるな。 to {Cloud}.
 そうではないか、BARRET?」} Don't you think so {Barret}?”
BARRET {Barret}
「くっ……神羅めっ! “Damn, Shinra!
 ますます許せねえ!」 The more I hear, the more I hate 'em!”
TIFA {Tifa}
「……あの魔晄炉には “…Who would have ever
 そんな秘密があったのね」 thought the Mako Reactor
AERITH {Aeris}
「ねぇ、TIFA。 “{Tifa}…
 あなたはずっと外で待ってたの?」 Were you waiting outside then?”
TIFA {Tifa}
「………ええ」 “…Yes.”
CLOUD {Cloud}
「俺たちはニブルヘイムへもどった。 “We returned to Nibelheim.
 セフィロスは宿屋にこもり Sephiroth confined himself to the inn.
 誰とも言葉をかわそうとしない」 He didn't even try to talk to me.”
TIFA {Tifa}
「そしていなくなったのよね」 “Then all of a sudden he
CLOUD {Cloud}
「セフィロスがみつかったのは “We found him inside
 ニブルヘイムで一番大きな建物」 the biggest building in Nibelheim.”
TIFA {Tifa}
「村の人たちは神羅屋敷と呼んでいたわ。 “The villagers used to call
 私たちが生まれたころには it the Shinra mansion.”
 もう空き家になっていて……」
CLOUD {Cloud}
「むかし、その屋敷は “Long ago, people from Shinra
 神羅カンパニーの人間が使っていた……」 used to live in that mansion…”
「セフィロスさんの姿が見えないんだ。 “There's no sign of Sephiroth,
 たしかに、この部屋に入っていったのを but I know I saw him go into this room…”
 見たんだけど……」
「セフィロスさんの “Sephiroth seems different.”
 ようすが変なんだ」
  ×ボタン ド Do {!}{Purple}[CANCEL]{!}{White}
  □ボタン レ Re {!}{Purple}[SWITCH]{!}{White}
  △ボタン ミ Mi {!}{Purple}[MENU]{!}{White}
  ○ボタン ファ Fa {!}{Purple}[OK]{!}{White}
  R1ボタンかL1ボタンと×ボタン ソ So {!}{Purple}[PAGEUP]{!}{White} or {!}{Purple}[PAGEDOWN]{!}{White} + {!}{Purple}[CANCEL]{!}{White}
  R1ボタンかL1ボタンと□ボタン ラ La {!}{Purple}[PAGEUP]{!}{White} or {!}{Purple}[PAGEDOWN]{!}{White} + {!}{Purple}[SWITCH]{!}{White}
  R1ボタンかL1ボタンと△ボタン シ Ti [COLOR]]{??:D5}[PAGEUP]{!}{White} or {!}{Purple}[PAGEDOWN]{!}{White} + {!}{Purple}[MENU]{!}{White}
  R1ボタンかL1ボタンと○ボタン 高いド Do {!}{Purple}[PAGEUP]{!}{White} or {!}{Purple}[PAGEDOWN]{!}{White} + {!}{Purple}[OK]{!}{White}
  方向キー下 ドミソ(C) Do Mi So (C)Directional button Down
  方向キー左 ドファラ(F) Do Fa La (F)Directional button Left
  方向キー上 レソシ(G) Re So Ti (G)Directional button Up
  方向キー右 ミソ高いド(C) Mi So Do (C)Directional button Right
  スタートボタン 終了 End{!}{Purple}[START]{!}{White}
  スタートボタン 終了} End{!}{Purple}[START]{!}{White}
『マテリア関係資料/宝条』 “Information concerning Materia/Hojo”
  読んでみる {Choice}Read it
  よまない {Choice}Ignore
『マテリアの中の生命』 “Life of Materia”
  読んでみる {Choice}Read it
  よまない {Choice}Ignore
『古代種の伝説・世界編』 “Legend of the Ancients, World Version”
  読んでみる {Choice}Read it
  よまない {Choice}Ignore
『次期計画予算/宝条』 “Next Quarter's projected Budget/Hojo”
  読んでみる {Choice}Read it
  よまない {Choice}Ignore
『北極日報/宝条』 “North Pole Daily Report/Hojo”
  読んでみる {Choice}Read it
  よまない {Choice}Ignore
『/宝条』 “/Hojo”
  読んでみる {Choice}Read it
  よまない {Choice}Ignore
『約束の地』 “The Promised Land”
  読んでみる {Choice}Read it
  よまない {Choice}Ignore
セフィロス Sephiroth
「……2000年前の地層から “…An apparently dead organism
 みつかった仮死状態の生物」 was found in a 2000 year old
セフィロス Sephiroth
「その生物をガスト博士は “Professor Gast named that organism, Jenova…”
 ジェノバと命名した……」
セフィロス Sephiroth
「X年X月X日。 “X Year, X Month, X Day.
 ジェノバを古代種と確認……」 Jenova confirmed to be an Ancient…”
セフィロス Sephiroth
「X年X月X日。 “X Year, X Month, X Day.
 ジェノバ・プロジェクト承認。 Jenova Project approved.
 魔晄炉1号機使用許可……」 The use of Mako Reactor 1 approved for use…”
セフィロス Sephiroth
「オレの母の名はジェノバ…… “My mother's name is Jenova…
 ジェノバ・プロジェクト…… Jenova Project…
 これは偶然なのか?」 Is this just a coincidence?”
セフィロス Sephiroth
「ガスト博士…… “Professor Gast…
 どうして何も教えてくれなかった? Why didn't you tell me anything?
 ……どうして死んだ?」 …Why did you die?”
セフィロス Sephiroth
「1人にしてくれ」 “Let me be alone.”
「ハハハハ!」 “Ha, ha, ha, ha!”
それ以降セフィロスは神羅屋敷に “Sephiroth didn't come
こもりきりになった…… out of the Shinra Mansion…”
まるで何かに取りつかれたかのように He continued to read as
書物を読みあさり、地下室の明かりは if he were possessed by something,
決して消える事はなかった…… and not once, did the light
セフィロス Sephiroth
「クックックッ……」 “Ha, ha, ha…”
セフィロス Sephiroth
「誰だ!!」 “Who is it!?”
セフィロス Sephiroth
「フッ……裏切り者め」 “Hmph…traitor.”
CLOUD {Cloud}
「裏切り者?」 “Traitor?”
セフィロス Sephiroth
「何も知らぬ裏切り者よ。 “You ignorant traitor.
 教えてやろう」 I'll tell you.”
「この星はもともとセトラのものだった。 “This Planet originally belonged to the Cetra.
 セトラは旅をする民族。 Cetra was a itinerant race.
 旅をして、星を開き、そしてまた旅……」 They would migrate in,
「つらく、きびしい旅の果てに “At the end of their harsh,
 約束の地を知り、至上の幸福を見つける」 hard journey, it was said
セフィロス Sephiroth
「だが、旅を嫌う者たちが現れた。 “But, those who disliked journeying appeared.
 その者は旅することをやめ They stopped their migrations,
 家を持ち、安楽な生活を選んだ」 built shelters and elected to
「セトラと星が生み出したものをうばい “They took that which the Cetra
 何も返そうとしない」 and the Planet had made without
セフィロス Sephiroth
「それがおまえたちの祖先だ」 “Those are your ancestors.”
CLOUD {Cloud}
「セフィロス……」 “Sephiroth…”
セフィロス Sephiroth
「昔、この星を災害が襲った」 “Long ago, disaster struck the Planet.”
セフィロス Sephiroth
「おまえたちの祖先は “Your ancestors escaped…
 逃げ回り……隠れたおかげで They survived because they hid.”
 生きのびた」
セフィロス Sephiroth
「星の危機はセトラの犠牲で回避された。 “The Planet was saved
 その後でのうのうと数をふやしたのが by sacrificing the Cetra.
 おまえたちだ」 After that, your ancestors
セフィロス Sephiroth
「セトラはこうしてレポートの中に “Now all that's left of the Cetra
 残るだけの種族になってしまった」 is in these reports.”
CLOUD {Cloud}
「それがあんたとどういう “What does that have to do with you?”
 関係があるんだ?」
セフィロス Sephiroth
「わからないか?」 “Don't you see?”
セフィロス Sephiroth
「2000年前の地層から発見され “An Ancient named Jenova was found in
 ジェノバと名づけられた古代種」 a 2000 year-old geological stratum.”
セフィロス Sephiroth
「そしてジェノバ・プロジェクト」 “The Jenova Project.”
セフィロス Sephiroth
「ジェノバ・プロジェクトとは “The Jenova Project wanted to produce people
 古代種……つまりセトラの能力を持った with the powers of the Ancients…
 人間を創り出すことだ」 Or, the Cetra.”
セフィロス Sephiroth
「……創り出されたのはオレだ」 “…I am what was produced.”
CLOUD {Cloud}
「つ、つくりだされた!?」 “Pr…produced!?”
セフィロス Sephiroth
「そう」 “Yes.”
「ジェノバ・プロジェクトの責任者 “Professor Gast, leader of
 天才的科学者ガスト博士が the Jenova Project and genius
 オレをつくりだした」 scientist, produced me.”
CLOUD {Cloud}
「そんなこと……どうやって……」 “How…how did he?”
CLOUD {Cloud}
「セ、セフィロス?」 “Se…Sephiroth?”
セフィロス Sephiroth
「邪魔するな。 “Out of my way.
 オレは母に会いに行く」 I'm going to see my mother.”
セフィロス Sephiroth
「母さん、会いに来たよ。 “Mother, I'm here to see you.
 このとびらをあけておくれ」} Please, open this door.”
TIFA {Tifa}
「よくもパパを! “How could you do that to Papa and
 よくも村のみんなを!」 all the townspeople?”
TIFA {Tifa}
「……ピンチの……時には “…You promised…
 ……来てくれるって You promised that you'd come……
 約束したのに……」 when I was in trouble…”
セフィロス Sephiroth
「母さん、いっしょにこの星を “Mother, let's take the Planet
 取りもどそうよ」 back together.”
「オレ、いいことを考えたんだよ。 “I've thought of a great idea.
 約束の地へ行こう」 Let's go to the Promised Land.”
CLOUD {Cloud}
「セフィロス……」 “Sephiroth…”
CLOUD {Cloud}
「俺の家族を! 俺の故郷を! “My family! My hometown!
 よくもやってくれたな!」 How could you do this to them!?”
セフィロス Sephiroth
「クックックッ…… “Ha, ha, ha…
 母さん、またやつらが来たよ」 They've come again, Mother.”
セフィロス Sephiroth
「母さんは優れた能力と “With her superior power, knowledge,
 知識、そして魔法で and magic,
 この星の支配者になるはずだった」 Mother was destined to become
セフィロス Sephiroth
「でも、あいつらが……」 “But, they…”
「何のとりえもないあいつらが “These worthless ones,
 母さんたちからこの星を took the Planet from you.
 うばったんだよね」 Didn't they, Mother?”
セフィロス Sephiroth
「でも、もう悲しまないで」 “But, don't be sad anymore.”
CLOUD {Cloud}
「俺の悲しみはどうしてくれる! “What about MY sadness!?
 家族……友だち…… My family…friends?
 故郷をうばわれた俺の悲しみは!!」 The sadness of having my hometown
「あんたの悲しみと同じだ!」 “It's the same as your sadness!”
セフィロス Sephiroth
「クックックッ……オレの悲しみ? “Ha, ha, ha…my sadness?
 何を悲しむ?」 What do I have to be sad about?”
「オレは選ばれし者。 “I am the chosen one.
 この星の支配者として選ばれし存在だ」 I have been chosen
セフィロス Sephiroth
「この星を、愚かなおまえたちから “I have orders to take the Planet back
 セトラの手にとりもどすために生をうけた。 from you stupid people for the Cetra.
 何を悲しめというのだ?」 What should I be sad about?”
CLOUD {Cloud}
「セフィロス…… “Sephiroth…
 信頼していたのに…… I trusted you…”
CLOUD {Cloud}
「いや、おまえは、もう “No, you're not the Sephiroth I used to know!”
 俺の知っているセフィロスじゃない!」}
「けど、アイツラが.......」 But they....
「何のとりえも無いアイツラが」 Those worthless creatures
「母さん達からこの星を奪ったんだよね」 Are stealing the planet from Mother
「でも、もう悲しまないで」 But now I'm here with you
CLOUD {Cloud}
「……この話はここで終わりなんだ」 “…and that's the end of my story.”
BARRET {Barret}
「ちょっと待てよ! “Wait a damn minute!
 続きはどうなったんだ?」 That's it? No more?”
CLOUD {Cloud}
「……覚えていない」 “…I don't remember.”
AERITH {Aeris}
「セフィロスはどうなったの?」 “What happened to Sephiroth?”
CLOUD {Cloud}
「実力から言って、俺がセフィロスを “In terms of skill,
 倒せたとは思えないんだ」 I couldn't have killed him.”
TIFA {Tifa}
「公式記録ではセフィロスは “Official records state Sephiroth is dead.
 死んだことになっていたわ。 I read it in the newspaper.”
 新聞でみたもの」
AERITH {Aeris}
「新聞は神羅が出してるのよ。 “Shinra, Inc. owns the newspapers,
 信用できない」 so you can't rely on that.”
CLOUD {Cloud}
「……俺はたしかめたい。 “…I want to know the truth.
 あの時、何があったのかを」 I want to know what happened.”
「セフィロスに戦いをいどんだ俺は “I challenged Sephiroth and lived.
 まだ生きている。 Why didn't he kill me?”
 セフィロスは、なぜ俺を殺さなかったのか?」
TIFA {Tifa}
「……私も生きているわ」 “…I'm alive, too.”
AERITH {Aeris}
「なんだか、いろいろ、へん。 “A lot of this doesn't make sense.
 ねえ、ジェノバは? What about Jenova?
 神羅ビルにいたのはジェノバ、よね?」 It was in the Shinra building, right?”
CLOUD {Cloud}
「神羅がニブルヘイムから “Shinra shipped it
 ミッドガルへ運んだのは確実だな」 from Nibelheim to Midgar.”
AERITH {Aeris}
「そのあと、また誰かが持ち出した? “Did someone carry it out later?
 神羅ビルからもなくなってたわよ」 It was missing from the Shinra building.”
TIFA {Tifa}
「セフィロス……?」 “Sephiroth?”
BARRET {Barret}
「が~~~っ! “Damn!
 わけがわかんねえ!」 None of this makes sense!”
「オレはいくぜ “I'm going,
 オレはいくぜ! going,
 オレはいくぜ!! going,
 考えるのはオマエたちにまかせた!」 “And I'm leavin' the thinkin' to you!”
BARRET {Barret}
「おい、CLOUD! “Yo, {Cloud}!
 出発の準備を整えろ!」 Let's get a move on!”
    ちょっと待て {Choice}Wait a sec
    わかったよ {Choice}Right
BARRET {Barret}
「CLOUD、何をためらう! “{Cloud}, what's wrong?
 セフィロスが約束の地に向かうのを You just gonna stand there while
 だまって見ているのか?」 Sephiroth heads for the Promised Land?”
「セフィロスも神羅も “I ain't lettin' Sephiroth or
 約束の地には行かせねえ。 Shinra get to no Promised Land.
 行かせちまったら If they do,
 とりかえしのつかねえことになる」 then we're all screwed.”
「オレにわかるのはそれだけだぜ!」 “Y'know what I'm sayin'?”
    すばらしい! {Choice}Beautiful, just beautiful!
    それだけか? {Choice}Is that all?
BARRET {Barret}
「まかせておけって!」 “Jus' leave it to me!”
BARRET {Barret}
「いいじゃねえかよ! “Fine!
 それで、じゅうぶんだぜ!」 That's good enough.”
BARRET {Barret}
「よっしゃ、行こうぜ!」 “Yo, c'mon let's go!”
CLOUD {Cloud}
「やれやれ……」 “Oh brother…”
TIFA {Tifa}
「……ねぇCLOUD」 “{Cloud}?”
TIFA {Tifa}
「セフィロスに斬られた私は “How bad was I after
 どんなふうだった?」 Sephiroth stabbed me?”
CLOUD {Cloud}
「もうダメだと思った。 “I thought you were a goner.
 ……悲しかったよ」 …I was so sad.”
AERITH {Aeris}
「わたし……」 “I…”
AERITH {Aeris}
「古代種……セトラ……ジェノバ…… “The Ancients…Cetra…Jenova…
 セフィロス……わたし……」 Sephiroth and myself…”
TIFA {Tifa}
「行きましょう。 “Let's go.
 BARRETが待ってるわ」 {Barret}'s waiting.”
RED XIII {Red XIII}
「実に興味ぶかい話だ……」 “What a fascinating story…”
CLOUD {Cloud}
「BARRETたちが “{Barret} and the others are
 宿屋で待っている」 waiting for me at the inn.”
BARRET {Barret}
「おい、CLOUD。 “Yo, {Cloud}.
 これをわたしておくぜ」 Here.”
AERITH {Aeris}
「ねえ、CLOUD。 “{Cloud}.
 使って、これ」 Take this.”
TIFA {Tifa}
「はい、CLOUD。 “Oh, {Cloud}.
 これをわたしておくわ」 Let me give you this.”
『PHS』を手にいれた! Received "PHS"!
BARRET {Barret}
「その『PHS』があれば “As long as we got {!}{Purple}[PHS]{!}{White}, Not sure if possible. Requires that Barret isn't the one giving you the PHS.
 いつでも連絡が取れるからな。 we can always reach each other.
 なにかあったら、それを使うんだぜ」 Use it if something happens.”
AERITH {Aeris}
「『PHS』があれば “With {!}{Purple}[PHS]{!}{White},
 いつでもCLOUDに会えるね!」 I can see you any time!”
TIFA {Tifa}
「『PHS』を使えば “Just use {!}{Purple}[PHS]{!}{White},
 連絡がとりやすくなるわね」 and you can contact
BARRET {Barret}
「じゃあな、オレたちは行くぜ」 “Alright then, we're outta here.”
AERITH {Aeris}
「じゃあ、わたし行くね」 “Well, I'll be going.”
TIFA {Tifa}
「じゃあ、先に行くわね」 “I'm going on ahead.”
RED XIII {Red XIII}
「『PHS』があれば “{!}{Purple}[PHS]{!}{White} will put us in constant
 たがいの連絡がとりやすくなる」 contact with each other.”
[USING THE PHS] (Changing party members)
【パーティの入れ替え】 Access the menu and select {PURPLE}[PHS]{WHITE}.
メニューを開いて「PHS」を選ぶと It can only be used on the World Map
パーティメンバーの入れ替えができます。 or at a Save Point.
ただし「PHS」が使えるのは
ワールドマップとセーブポイントの上だけです。