Dialogue Script

Chapter: 12 - Mythril Mine &Fort Condor

From seeing the dead Midgar Zolom to meeting the Turks in Mythril Mine, to entering Fort Condor. (All of the dialogue through the game of Fort Condor is included save a few line for the Huge Materia fight.)

 
FF7 International ScriptFF7 PC English ScriptMissing TranslationNotes
JAPANESE (Intl Ver) PC ENGLISH
湿地帯 Marshes
CLOUD {Cloud}
「セフィロスが…… “Did Sephiroth…
 やったのか……」 do this?”
TIFA {Tifa}
「すごい……」 “Amazing…”
AERITH {Aeris}
「こんなことやっちゃう人が “Our enemy is someone that
 わたしたちの相手……」 could do this?”
BARRET {Barret}
「とんでもねえ強さだな。 “This Sephiroth guy's
 セフィロスってやつは」 pretty strong, I'd say.”
RED XIII {Red XIII}
「恐るべき力……だな」 “It's a power that we should respect…”
YUFFIE {Yuffie}
「ウヒャ~!」} “Geeeeez, Louise!”
ミスリルマイン Mythril Mine
『ハイポーション』を手にいれた! Received "Hi-Potion"!
『テント』を手にいれた! Received "Tent"!
『えんきょりこうげき』のマテリアを手にいれた! Received "Long Range" Materia!
『エーテル』を手にいれた! Received "Ether"!
これいじょうマテリアは持てません。 Cannot take on anymore Materia.
なにかマテリアをすててください。 Please discard some Materia.
『マインドアップ』を手にいれた! Received "Mind Source"!
『エリクサー』を手にいれた! Received "Elixir"!
BARRET {Barret}
「おいおい、CLOUDさんよぉ。 “Hey {Cloud}.
 このまま行くと、カームの町とは If we keep going,
 似ても似つかぬ場所に着く事になるぜ」 we'll never get to Kalm.”
AERITH {Aeris}
「CLOUD! “{Cloud}!
 このまま進むと、カームの町から If we continue this way,
 どんどんはなれるだけ、よ」 we'll get farther and
TIFA {Tifa} [This dialogue box is also used by Aeris.]
「ねぇ、CLOUD。 “Hey, {Cloud}.
 カームの町は、この洞窟の手前に Wasn't Kalm right before
 あるんじゃなかったかしら?」 this cavern?”
RED XIII {Red XIII}
「……この洞窟を通り抜けても “…We won't get to Kalm if we go
 カームの町には着かないぞ」 through these caverns.”
BARRET {Barret}
「おいおい、しっかりしてくれよ。 “Yo, wassup?
 天下のソルジャーさまが Can't SOLDIER-man
 道案内ひとつできねぇのか?」 even lead the way?”
AERITH {Aeris}
「もう、CLOUD! “{Cloud}!
 道に迷っちゃったの!?」 Are you lost!?”
TIFA {Tifa}
「カームの町は、もっと “Kalm should be closer to Midgar.”
 ミッドガル寄りの位置にあるはずよ」
RED XIII {Red XIII}
「カームの町でおちあうつもりなら “If we're planning to meet at Kalm,
 もどって探し直すべきだな」 we should go back and look again.”
ルード Rude
「ちょっと待った!」 “Just a second!”
ルード Rude
「………………」 “…”
ルード Rude
「おれが、だれだかわかるか?」 “Do you know who I am?”
    タークスだろ? {Choice}The Turks, right?
    興味ないね {Choice}Not interested
ルード Rude
「…………タークスだ。 “…I'm from the Turks.
 覚えておいてくれ」 And don't you forget it.”
ルード Rude
「知っているのなら “Well if you know,
 話は早い……」 then this won't take long.”
ルード Rude
「おれたちタークスの仕事を “It's difficult to explain
 説明するのは難しい……」 what the Turks do…”
CLOUD {Cloud}
「人さらいだろ?」 “Kidnapping, right?”
ルード Rude
「悪意に満ちた言い方をすると “To put it negatively…
 そうなる……」 you could say that.”
ルード Rude
「……しかし “…But, that's not all
 いまはそれだけではない」 there is to it anymore.”
イリーナ Elena
「ルード先輩! “It's all right, Rude!
 しゃべるの苦手なんだから I know you don't like speeches,
 ムリしないで下さい」 so don't force it!”
ルード Rude
「……イリーナ、たのむ」 “Then explain, Elena.”
イリーナ Elena
「私、タークスの新人のイリーナ。 “I'm the newest member of
 レノがあんたたちにやられて the Turks, Elena.
 タークスは人手不足」 Thanks to what you did to Reno,
イリーナ Elena
「……おかげで私、タークスに “…But, because of that,
 なれたんだけどね……」 I got promoted to the Turks…”
イリーナ Elena
「ま、それはともかく “Anyhow, our job is to find out
 私たちの任務はセフィロスの where Sephiroth is headed.”
 行方をつきとめること」
「それから “And to try and stop you
 あんたたちの邪魔をすること」 every step of the way.”
イリーナ Elena
「あ、逆だったか。 “Wait a minute,
 私たちの邪魔してるのは it's the other way around…
 あんたたちだもんね」 You're the ones that are
ツォン Tseng
「……イリーナ。 “…Elena.
 しゃべりすぎだぞ」 You talk too much.”
イリーナ Elena
「すいません……ツォンさん」 “Sorry…Tseng.”
ツォン Tseng
「お前たちには、別の任務を “I thought I gave your orders.”
 与えてあったはずだ」
「行け。 “Now go.
 定時連絡を価かすなよ」 Don't forget to file your report.”
ルード Rude
「……レノが言ってた。 “…Reno said he wanted to
 きみたちに負わされたケガが see you after the injuries
 治ったらあいさつしたいと」 you gave him healed.”
「親愛なるきみたちに “He wants to show
 新しい武器を見せたいそうだ」 his affection for you all…
ツォン Tseng
「さて……」 “Well, then…”
ツォン Tseng
「……AERITHは? “Where's {Aeris}?
 一練ではないのか?」 Isn't she with you?”
ツォン Tseng
「そうか…… “Oh…
 よろしく伝えておいてくれ」 Then give her my regards.”
ツォン Tseng
「AERITH…… “{Aeris}…
 久しぶりだな」 Long time no see.”
ツォン Tseng
「しばらくの間、君は神羅からは “Looks like you're safe
 自由の身だ。 from the Shinra for a while,
 セフィロスが現れたからな」 now that Sephiroth reappeared.”
AERITH {Aeris}
「……なに、言いたいの? “What are you saying?
 セフィロスに感謝しろって?」 That I should be grateful to Sephiroth?”
ツォン Tseng
「いや……」 “No…”
「あまり会えなくなるが “I won't be seeing much of you,
 元気でな」 so take care.”
ツォン Tseng
「では、諸君。 “Well then,
 できれば神羅の邪魔はしないで stay out of Shinra's way.”
 もらいたいものだな」
CLOUD {Cloud}
「AERITHはここにはいない。 “{Aeris} isn't with us.
 別行動をとっている」 She's with the others.”
BARRET {Barret}
「き、キサマは!?」 “Wh, who are you!?”
AERITH {Aeris}
「あなた、もしかして?」 “By any chance, are you…?”
TIFA {Tifa}
「あなたは?」 “Who are you?”
RED XIII {Red XIII}
「…… “…
 見たくもない顔に会ったな」 I hoped I'd never see you again…”
  「先輩!」 “Sir!”
イリーナ Elena
「ツォンさん!?」 “Mr. Tseng!?”
ツォン Tseng
「我々の任務を、彼らに “No need to tell them
 教えてやる必要はない」 about our orders.”
ルード&イリーナ Rude/Elena
「はっ!」 “Yes sir!”
AERITH {Aeris}
「……あなたに、そんなこと “…Strange, hearing
 言われるなんて、不思議」 that from you.”
イリーナ Elena
「あっ! そうでした!」 “Oh! Right!”
ツォン Tseng
「……イリーナ。 “…Elena.
 私の言葉の意味が You don't seem to understand.”
 わからなかったようだな」
イリーナ Elena
「あっ! “Oh!{!}{Pause:Timed}>
 す、すいません……」 I'm, I'm sorry…”
ツォン Tseng
「……行け。 “…Go.
 セフィロスを逃がすなよ」 Don't let Sephiroth get away.”
イリーナ Elena
「それでは、私とルード先輩は “Very well, Rude and I will
 【ジュノンの港】へ向かった go after Sephiroth, who's heading
 セフィロスを追いかけます!」} for {!}{Cyan}Junon Harbor{!}{White}!”
コンドルフォートふもと Base of Fort Condor
「ここは長い長いあいだ “We've been fighting the Shinra
 神羅軍と闘ってきた戦場」 on this battlefield for a long time.”
「いまもじっくりとコシをすえて “We've still settled in for
 彼らと闘っている」 a long war with them.”
「もしあんたらの旅に余裕があるならば “Could you spare some time,
 我々に協力してくれ」 and help us fight them?”
「でも無理にとはいわん。 “We don't want to sound pushy,
 急ぎの用があるのならそちらをすまして so if you're busy with something,
 からのほうがよいだろう」 why don't you finish that first?”
    ジュノンの街はどこにある? {Choice}Where is Junon?
    協力してもいいが {Choice}We'll help you
「でも無理にとはいわん。 “We don't want to sound pushy,
 急ぎの用があるのならそちらをすまして so if you're busy with something,
 からのほうがよいだろう」 why don't you finish that first?”
    残念だが {Choice}Like to help but…
    協力してもいいが {Choice}I guess we'll help
「でも無理にとはいわん。 “We don't want to sound pushy,
 急ぎの用があるのならそちらをすまして so if you're busy with something,
 からのほうがよいだろう」 why don't you finish that first?”
    残念だけど {Choice}I'm sorry…really
    協力してもいいけど {Choice}All right, we'll help
「そうか… ジュノンの街は “Let's see…head north along the coast,
 ここを海ぞいに北へ、ずっと行ったところだ。 keep going a ways and
 小高い丘の影になっているから気をつけてな」 “But be alert because
「そうか… “All right then…
 気をつけてな」 Take care of yourselves…”
「そうか! それなら “Really!? Then go on up and
 上に登ってくわしい話をきいてくれ」} they'll fill you in on the details.”
コンドルフォート入口 Entrance to Fort Condor
CLOUD {Cloud}
「どうなったんだ」 “What happened?”
TIFA {Tifa}
「村のみんなは?」 “Where are all the villagers?”
CID {Cid}
「ダ~ッ! どうなったんだよ!?」 “God! What the hell happened here!?”
BARRET {Barret}
「まだ生きてるぜ」 “He's still alive.”
AERITH {Aeris}
「みんなは?」 “Where is everybody?”
RED XIII {Red XIII}
「ここは?」 “Where are we?”
YUFFIE {Yuffie}
「よかった、生きてるよ」 “Oh good, they're still alive.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ありゃ? “Oy!
 どないなったんや?」 What on earth happened?”
VINCENT {Vincent}
「私たちは生き残ったようだな」 “It seems we survived.”
CLOUD {Cloud}
「俺たちだけが “You mean to tell me
 助かったのか……」 we're the only ones who made it?”
TIFA {Tifa}
「私、なにもできなかった。 “I couldn't do anything.
 あまりにも……」 It was just too much.”
CID {Cid}
「チックショ~!! “Damn!!
 やってらんねえぜ!」 I can't stand this!”
BARRET {Barret}
「ケッ…… “Oh man…
 なんてザマなんだぁ?」 You look like hell.”
AERITH {Aeris}
「わたし…… “I…
 命、救えなかった……」 I couldn't save anyone…”
RED XIII {Red XIII}
「……力不足だ」 “…not enough strength.”
YUFFIE {Yuffie}
「まあ、生きてるだけ “Well, I'm just glad
 よかったよね」 we're all alive.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「うまくいきませんなぁ」 “Things sure didn't go smoothly.”
VINCENT {Vincent}
「私たちは “We might have underestimated
 あまかったのかもしれないな」 the situation.”
CLOUD {Cloud}
「俺の力はこんなものだったのか? “You mean to tell me
 この程度なのか…… “So that's as good as it gets?
 これじゃ神羅にも……セフィロスにも……」 At this rate I'll never beat
BARRET {Barret}
「ああ、勝てねぇよな」 “Yeah, ain't no way you gonna win.”
「でもよ、このままやめちまったら “But if we give up now,
 コンドルフォートの連中に what's gonna happen to Fort Condor?”
 もうしわけねえぜ」
TIFA {Tifa}
「ダメよ、CLOUD “No, {Cloud}.
 あきらめちゃダメ」 You mustn't give up.
「生き残った私たちが、がんばらなくちゃ」 Survivors never give up.”
AERITH {Aeris}
「CLOUD…… “{Cloud}…
 自分責めても、答え、見つからないよ」 You won't find the answer
「現実は現実…… “Things are the way they are…
 でも、思いつめてもしかたない……ね?」 But you can't blame yourself
RED XIII {Red XIII}
「あんまり悩まないで、CLOUD。 “Don't be too hard on yourself,
 先のこと、考えようよ」 {Cloud}.
YUFFIE {Yuffie}
「ま、やっちゃったことは “No use crying over spilt milk.
 しょうがないよね」 Right?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「きっついなぁ。 “Geez, you don't pull any punches do you?
 次、失敗せんようにせんと」 We'll just try not to fail next time.”
VINCENT {Vincent}
「これ以上、犠牲を増やさぬため “We have to fight to
 戦わなければならないのではないか?」 avoid any more casualties.”
CID {Cid}
「次がんばろうや、な?」 “We'll do it next time, OK?”
CLOUD {Cloud}
「そうだな」 “Yeah.”
「これ以上、やつらの思い通りにはさせない。 “They've had their fun,
 もう、悲しみは増やさない」 but it's over as of now!
TIFA {Tifa}
「CLOUD、私…… “{Cloud}…
 どうしたらいいの?」 What should I do?”
BARRET {Barret}
「TIFA……」 “{Tifa}…”
RED XIII {Red XIII}
「……」 “…”
YUFFIE {Yuffie}
「CLOUDか “{Cloud}
 どうなっちゃうんだろ」 I wonder what's going to happen?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「気にしすぎたらしんどいだけやで。 “Y'know, worryin' only tires you out.
 もうちょい楽にしいや」 Why don't you take it easy?”
VINCENT {Vincent}
「今は耐えるほかはないな」 “You've got no choice
CID {Cid}
「ちっ、しょっぺえなあ」 “Oy, such a bitter pill to swallow.”
CID {Cid}
「ちょっと冗談じゃすまねえぜ、こりゃ」 “This ain't no joke, Jack.”
BARRET {Barret}
「ああ、かなりやばいぜ」 “Oh man, this is real bad.”
RED XIII {Red XIII}
「あんまりいい状態じゃないね」 “Things don't seem too favorable.”
YUFFIE {Yuffie}
「もともと冗談じゃないんだよ!」 “I told you I'm not kidding!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「冗談ですんだらええけど “If this were a joke it'd be one thing,
 これはほんまのことや」 but this's the truth.”
VINCENT {Vincent}
「かなりきびしい現実だな」} “This is a rather harsh reality.”
コンドルフォート Fort Condor
【セーブポイント】 [Save Point]
メニューを開いて「セーブ」を選ぶと Access the Menu and select
ゲームの状態を保存できます。 {PURPLE}[SAVE]{WHITE} to save your game.
「いらっしゃい。 “Hello.
 でも今は、売れないんだよ。 I'm sorry but we're not
 なんせ、自分たちで使うからね」 selling anything now.”
「いらっしゃい。 “Hello.
 がんばってよ。 Do your best. We will, too.”
 あたしたちもがんばるから」
「すまんが、今は売れないな」 “Sorry, but I can't sell you
「おう、がんばってくれよ」 “You hang in there!”
「ほう、珍しいな “Hmmn, now this is something,
 こんなところまで登ってくるとはな」 I never thought anyone
「…… 変わった目をしているな。 “…Your eyes are different.
 まあ、関係ないか。 Well, anyhow.
 ここはもうすぐ神羅との戦場になる。 Any minute now, this will be
 まきぞえにならないうちに、降りなさい」 a battlefield against Shinra.”
「ほう、珍しいな。 “Hmmn, now this is something,
 こんなところまで登ってくるとはな」 I never thought anyone
「ここはもうすぐ神羅との戦場になる。 would ever climb up here.”
 まきぞえにならないうちに降りなさい」 “Any minute now, this will be
BARRET {Barret}
「神羅だって? “Shinra?
 こんなところへ何しにくるんだ」 The hell those jackasses
TIFA {Tifa}
「神羅ですって?」 “You mean Shinra?”
AERITH {Aeris}
「どういうこと? “What do you mean,
 戦場って」 'a battlefield'?”
RED XIII {Red XIII}
「神羅か……」 “The Shinra…”
RED XIII {Red XIII}
「また、神羅だよ」 “Shinra again.”
YUFFIE {Yuffie}
「ここも、神羅かよ」 “The Shinra? Here too?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「……」 “…”
VINCENT {Vincent}
「どういうことだ?」 “What do you mean by that?”
CID {Cid}
「戦場たあ、聞きずてならねえな」 “A battlefield?
「あなたがたも、神羅とは何かあるらしいな。 “It appears you have a problem
 せっかく、ここまで登ってきたんだ。 with Shinra, too.
 ちょっとだけ話を聞いていかないか?」 “Why not listen to
CLOUD {Cloud}
「……」 “…”
    いいだろう {Choice}I guess so
    やめておこう {Choice}Not interested
TIFA {Tifa}
「ええ、ぜひ」 “Oh, by all means.”
CID {Cid}
「おうよ、言ってみろよ」 “All right, talk on!”
BARRET {Barret}
「なに言ってやがんだ! “The hell you talkin' about!?
 ここの連中も神羅と戦ってるんだぞ They're all fightin'
 それを見すてるのか!」 the Shinra too!
TIFA {Tifa}
「CLOUD、聞きましょう」 “{Cloud}, let's listen to
AERITH {Aeris}
「せっかくここまで来たんだから、ね? “After all, we came all this way,
 CLOUD」 {Cloud}”
CAIT SITH {Cait Sith}
「まぁまぁ、CLOUDさん “I know, I know, {Cloud}.
 ちょっとくらい聞きましょうや」 But let's listen for a bit.”
VINCENT {Vincent}
「話くらい聞いてもよかろう」 “There's no harm in listening to them.”
YUFFIE {Yuffie}
「お宝の話かい?」 “Is this about the jewels?”
CID {Cid}
「ほんと、人情のねえ奴だぜ」 “Man, she sure's cold.”
「この山の上になにが “Do you know what's at
 のっているかわかるかな?」 the top of this mountain?”
BARRET {Barret}
「ん? “Huh?
 なにかあったか?」 Something's up there?”
AERITH {Aeris}
「おっきな、鳥さん」 “A huge bird.”
TIFA {Tifa}
「もう、しっかりしてよ」 “Come on, let's get it together.”
YUFFIE {Yuffie}
「しっかり見てろよ “Look close, old man.”
 おっさん」
CAIT SITH {Cait Sith}
「そういやなんやおったな」 “Yeah, come to think of it
CLOUD {Cloud}
「魔晄炉と、コンドルだな」 “The reactor and the Condor.”
TIFA {Tifa}
「あれは、魔晄炉と “That's the reactor
 コンドルね」 and the Condor.”
RED XIII {Red XIII}
「あれは、魔晄炉 “That's the reactor
 それと、コンドルだな」 and the Condor.”
RED XIII {Red XIII}
「あれは、魔晄炉だよ。 “That's the reactor.
 それと、コンドルだね」 And the Condor.”
VINCENT {Vincent}
「そういえば、魔晄炉があったな。 “Come to think of it,
 見たことのない形だったが……」 there was a reactor.
CID {Cid}
「ありゃどうみても魔晄炉だな “No matter how you look at it,
 その上にいるのはコンドルか?」 that's a reactor.
「ほう、よくわかったな。 “I can see you're very perceptive.
 確かに魔晄炉とコンドルだ」 Yes, it's a reactor and a Condor.”
「確かに、山の上にあるのは “That's right, on that mountain is
 コンドルと魔晄炉だ」 a Condor and a reactor.”
「神羅は、魔晄炉の上に “It seems the Shinra doesn't like
 コンドルがいることが the idea of having a Condor
 気にくわないらしい」 on top of the reactor.”
BARRET {Barret}
「ちょっと大きな鳥だろ? “Damn, that's one big bird!
 なんでまた武力まで使って But why are they trying to get
 排除しようとするんだ?」 rid of it with weapons?”
TIFA {Tifa}
「魔晄炉の上にコンドルがいちゃ “What's so wrong with having a Condor
 ダメなのかしら?」 on top of the reactor?”
AERITH {Aeris}
「ど~して?」 “Why?”
RED XIII {Red XIII}
「理由がわからないな」 “It's not very logical.”
RED XIII {Red XIII}
「理由、わからないよ」 “The logic eludes me.”
YUFFIE {Yuffie}
「きっと、魔晄炉の中に “I'm certain there must be
 すんごいマテリアでもあるんじゃない?」 state-of-the-art Materia
VINCENT {Vincent}
「……おおげさすぎるな」 “…That's too much.”
CID {Cid}
「あん? “Huh?
 よくわかんねえぞ」 I don't get it.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ん~……」 “Huh?…”
「どうやら、この上の魔晄炉には “It seems there's some type of
 なにやら、特別なマテリアが special Materia
 あるらしい」 in the reactor above us.”
「そこへコンドルがきたので “And because the Condor came,
 神羅は、あわてて軍を送ってきた」 the Shinra rushed troops here.”
「軍の目的は、コンドルと “The military wants to get
 この山に住むわたしたちの排除だ」 the Condor and all the villagers
「今、コンドルは、数年に一度しか生まない “The Condor is now warming
 タマゴを温めている」 its egg, which hatches only
「わたしたちは、神羅の手から “We would like to protect the Condor
 コンドルの営みを守ってやりたい」 from being harmed.”
CLOUD {Cloud}
「新しい命か……」 “New lives…”
BARRET {Barret}
「オレがやってやるぜ! “I'll do it!
 神羅から守ってやるぜ!」 I'll protect them from Shinra!”
TIFA {Tifa}
「コンドルのタマゴ “Condor's egg
 生命の営み」 A real work of nature.”
「星の命 “We've got to protect
 守らなくちゃ」 the life of the Planet.”
AERITH {Aeris}
「コンドルのタマゴ、守らないと、ね?」 “We must protect
RED XIII {Red XIII}
「タマゴを守るために “So, to protect the egg,
 魔晄炉を守るのか…」 are you gonna protect
RED XIII {Red XIII}
「タマゴを守るために “We're going to protect the reactor
 魔晄炉を守るんだ…」 in order to save the egg.”
YUFFIE {Yuffie}
「特別なマテリアか “Special Materia, huh?
 へへへ、おもしろそうだね」 Well, well,
CAIT SITH {Cait Sith}
「どないするかは “I'm gonna leave it up
 みなさんにまかしますわ」 to you all.”
VINCENT {Vincent}
「命を消さないようにか……」 “…and come out in
CID {Cid}
「どうすんだ? “You guys,
 おめえらよう」 what are ya gonna do?”
「残念ながら、私たちには “Unfortunately, we don't have
 直接、神羅と戦うだけの能力はない」 the ability to fight
「兵を雇って、いっしょに “That's why we have hired
 戦ってもらっている」 soldiers to help us.”
「スポンサーとして、ギルの援助でもいい “As our sponsor, you can help us
 いっしょに戦ってくれるのでもいい…」 with a contribution or
「どうだろう “What do you think?
 いっしょに戦ってもらえないか?」 You want to join us in our fight?”
CLOUD {Cloud}
「……」 “…”
BARRET {Barret}
「なにを迷う! “What's there to think about?
 オレたちがやるんだよ!」 We gotta do it!”
TIFA {Tifa}
「CLOUD……」 “{Cloud}…”
AERITH {Aeris}
「CLOUD “{Cloud}, why are you
 何、迷ってるの?」 still worrying about it?”
RED XIII {Red XIII}
「どうするかは “You decide what
 君が決めたまえ」 we're going to do.”
RED XIII {Red XIII}
「どうするの?」 “What are we going to do?”
YUFFIE {Yuffie}
「うまいこといきゃ “If things go right,
 その特別なマテリアってのを we might even be able to
 おがめるかもよ」 pray to that special Materia.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「まかしますから “I'll leave it up to you so
 好いたようにどうぞ」 please do as you see fit.”
VINCENT {Vincent}
「失ってしまったものを “It's difficult to get back
 取りもどすのは難しい……」 what you've lost…”
CID {Cid}
「グジャグジャ言ってねぇで “Don't be so wishy-washy.
 さっさと決めちまえよ」 Hurry and make up your mind.”
CLOUD {Cloud}
「……」 “…”
    わかった {Choice}All right
    興味ないな {Choice}Not interested
BARRET {Barret}
「なに考えてんだ、おまえは “What's wrong with you?
 それでも人間か!」 And you call yourself a human!?”
TIFA {Tifa}
「そう……」 “Well…”
AERITH {Aeris}
「なーんだ。 “What a jerk.
 ガッカリ」 I'm disappointed in you.”
YUFFIE {Yuffie}
「マテリア、損したかもね」 “Now we lost the Materia.”
VINCENT {Vincent}
「後悔しないことだな」 “Have no regrets for
CID {Cid}
「決めたんなら “If you've made up your mind,
 さっさと行動しようぜ」 let's just do it.”
TIFA {Tifa}
「CLOUD、ありがとう」 “{Cloud}, thanks.”
TIFA {Tifa}
「みんな聞いて」 “Everyone, listen to
「私には、この人たちを “I can't possibly leave
 放っておくなんてできないの」 these people like this.”
「できるかぎりのことをしたいの。 “Let's do whatever
 みんな、いいわよね?」 we can to help them.
CID {Cid}
「そこまで言われちゃあな。 “If you go that far, what can I say?
 ま、オレ様たちにまかせておけば Well, we'll be able to do something
 なんとかならぁな」 if you leave it up to us.”
BARRET {Barret}
「おうよ! “Hey!
 オレたちがなんとかするぜ」 We'll come to the rescue.”
AERITH {Aeris}
「そうよね。 “Yes, yes.
 がんばりましょ」 Let's do our best.”
RED XIII {Red XIII}
「わかった。 “Right.
 協力しよう」 Let me lend a hand, too.”
RED XIII {Red XIII}
「わかった。 “Got it.
 協力するよ!」 I'm gonna lend a hand, too.”
YUFFIE {Yuffie}
「よ~っし。 “Okay, it's settled.
 マテリアゲットね」 We're gonna get the Materia,
CAIT SITH {Cait Sith}
「ほんな、がんばりましょ」 “Well then, let's do our best.”
VINCENT {Vincent}
「いい決断だ」 “That's the right decision.”
「そうか…… “I see…
 気が変わったら来てくれ」 Come back if you should
「気が変わったかな?」 “Have you by chance
CLOUD {Cloud}
「……」 “…”
    ああ、やってみよう {Choice}Well, let's do it
    変わらないな {Choice}My position hasn't changed
「ふぅ、助かるよ」 “Whew, we'll be saved.”
「戦術に関するくわしいことは “Ask my son, who's standing
 見張り小屋にいる、私の息子に聞いてくれ。 guard at the shed,
 よろしく頼んだよ」 about the details of
「戦術に関するくわしいことは “Ask my son, who's standing
 見張り小屋にいる、私の息子に聞いてくれ。 guard at the shed,
 よろしく頼んだよ」 about anything related to
「そうそう、店の方にも “Yes, yes, I've also told
 君たちのことを伝えておいたので the store owners about you,
 いろいろ、売ってくれるはずだ」 so they should sell you
「それと、ベッドは自由に使ってくれ」 “And feel free to use our beds.”
「頼む、魔晄炉が破壊され “I'm begging you.
 コンドルが殺されるのを防いでくれ」 Please prevent the reactor
「いいところへ来てくれた。 “You've come at a good time.
 神羅がやり方を変えてくるぞ」 Shinra's changing its strategy now.”
「どうやら、魔晄炉を破壊して “It seems that Shinra will destroy
 中からマテリアを the reactor and then take out
 取り出すつもりらしい」 the Materia that's inside.”
CLOUD {Cloud}
「そうか、ここもか。 “I see. I guess that means
 もう、負けられないな」 “Well, we can't afford to
BARRET {Barret}
「やばいぜ、負けられないぜ!」 “Man, we're walking on
TIFA {Tifa}
「今が、がんばりどきね」 “Now is the time to dig in.”
AERITH {Aeris}
「負けられない、ね」 “We can't afford to be beaten!”
RED XIII {Red XIII}
「これは負けられないね!」 “We can't afford to be beaten!”
YUFFIE {Yuffie}
「ここで、負けちゃ “If we lose here, all the Materia
 せっかくのマテリアがパーだよ」 we gathered will be for nothing.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「そうやね。 “You're right.
 ここで負けてしまうと If we lose here,
 ちょっとやばいことに we'll be in great danger.”
 なりそうですな」
VINCENT {Vincent}
「ここは、守らなければ」 “We must protect this area.”
CID {Cid}
「ち! “Damn!
 ここもかよ」} I guess we have to protect
見張り小屋 Watch Room
「あんたたちも見るかい?」 “Do you guys want to see it, too?”
CLOUD {Cloud}
「なにをだ?」 “See what?”
TIFA {Tifa}
「なにをです?」 “What?”
CID {Cid}
「なんだよ?」 “What is it?”
「コンドルだよ “The condor.
 でっかいぜ。 It's huge.
 いいから見てみろよ」 Come on, have a look.”
「どうだい? “What do ya think?
 すごいだろ」 Awesome, huh?”
「どうだろう、協力してくれないか? “So, will you help us?
 あいつらを、死なせたくないんだよ」 I don't want them to get killed.”
「でかいし、かっこいいよな。 “They're gigantic birds and so striking.
 あいつらを人間の勝手な都合で We simply can't let them be killed
 殺しちまっていいのか?」 by man's selfishness.”
「いいわけないよな。 “Of course not.
 特に神羅の都合で、なんて There's no way,
 絶対に許しちゃだめだ」 especially by the Shinra.”
「見るんだったら “If you want to see them,
 そっちのイスの上に乗りなよ。 get on that chair over there.”
 気のすむまで見てくれよ」
「引き受けてくれて “Thanks for accepting.”
 ありがとう」
「じゃあさっそく戦術の説明をしようか」 “So shall I let you in on our strategy?”
「敵は、この山の魔晄炉を目指して登ってくる。 “The enemy has targeted
 それにたいして、ワナを置いて our mountain reactor and
 兵を雇って守るのだ」 will be climbing to reach it.”
「まあ、これだけなのだが…… “We must set a trap and
 この村は、お金がない。 hire soldiers to protect the place.”
 戦おうにも、お金がなくて何もできない」 “Well, this is all we have…
「なにせ、兵を雇うと400ギルも必要になる。 “We need 400 gil to hire one soldier.
 20部隊雇うと、8000ギルにもなってしまう」 So, if we hire 20 soldiers,
「つまり、君たちにおねがいするのは “We need to ask you to use
 君たちのお金で兵を雇い、ワナを買って your own money to hire these soldiers,
 配置し、指示してもらいたい」 buy the equipment, set it
「ものすごく勝手なことを言っているのは “We know what we're asking is selfish.
 じゅうぶん承知している」
「母親たちと子どもたちは、別の村へ移した。 We sent our wives and children
 私たちも、かくごはできている」 to another village,
「話を元へもどそう。 But, we're resigned to stay.”
 もしこの小屋に敵が進入したときには “Let's get back to basics.
 君たちが直接戦わなければならなくなる」 If the enemy reaches this shed,
「一発勝負になってしまったが “It's a one shot gamble but
 よろしく頼む」 we're asking for your help.”
「じゃあさっそく戦術の説明をしようか」 “So, shall I let you in on our strategy?”
「敵は、この山の魔晄炉を目指して登ってくる。 “The enemy has targeted
 それにたいして、ワナを置き our mountain reactor and
 兵を雇って守るのだ」 will be climbing to reach it.”
「まあ、これだけなのだが…… “We must set a trap and
 この村は、お金がない。 hire soldiers to protect the place.”
 戦おうにも、お金がなくて何もできない」 “Well, this is all we have…
「なにせ、兵を雇うと400ギルも必要になる。 “We need 400 gil to hire one soldier.
 20部隊雇うと、8000ギルにもなってしまう」 So, if we hire 20 soldiers,
「つまり、君たちにおねがいするのは “We need to ask you to use
 時間があるのであれば your own money to hire these soldiers,
 君たちのお金で兵を雇い、ワナを買って buy the equipment, set it
 配置し、指示してもらいたい」 up and give the commands.”
「時間がないのであれば “If you don't have time
 資金援助をおねがいしたい」 could you help us
「資金援助してもらえば “If you donate the money,
 その資金で兵を雇い神羅の攻撃を防げる」 we can hire the soldiers
「ものすごく勝手なことを言っているのは “We know what we're asking is selfish.
 じゅうぶん承知している」 We sent our wives and children
「母親たちと子どもたちは、別の村へ移した。 to another village,
 私たちも、かくごはできている」 But, we're resigned to stay.”
「話を元へもどそう。 “Let's get back to basics.
 もしこの小屋に敵が進入したときには If the enemy reaches this shed,
 君たちが直接戦わなければならなくなる」 you'll have to fight them off
「まあ、1回負けたからといって immediately.”
 それで、終わりにはならないけど It's not the end of the world,
 何度も負けてしまうと、危険だね」 but if you lose repeatedly,
「さて、何か聞きたいことはあるかい?」 “Now then, is there anything you wish to ask?”
    勝利条件のこと {Choice}Conditions for victory
    敵のこと {Choice}The enemy
    雇える兵のこと {Choice}Type of soldiers
    資金のこと {Choice}Funding
    その他のこと {Choice}Other
    もうじゅうぶんだ {Choice}Enough
「敵を全滅させる、もしくは “You can win by wiping out the enemy or
 敵にはコマンダーと呼ばれる司令官がいるから killing the enemy commander.”
 そいつを倒せば、勝利だ」
「敵が、小屋に接触したならば “If the enemy reaches the shed,
 ここへ乗りこまれてしまうから they'll attack,
 直接戦わなくてはならなくなる」 and you'll have no choice
「もし直接戦って負けてしまったら “If you lose, the Condor's life
 コンドルの命も、わたしたちの命も and ours…are over.”
 消えてしまうだろう」
「敵を全滅させる、もしくは “You can win by wiping out the enemy or
 敵にはコマンダーと呼ばれる司令官がいるから killing the enemy commander.”
 そいつを倒せば、勝利だ」
「敵が、小屋に接触したならば “If the enemy reaches the shed,
 ここへ乗りこまれてしまうから they'll attack,
 直接戦わなくてはならなくなる」 and you'll have no choice
「もし直接戦って負けてしまい “If you lose during direct
 魔晄炉に取り付かれても contact, and even if the enemy
 ある程度までならなんとかなる」 gets to the reactor,
「ある程度といったが、どれくらい耐えられるかは “But, it's only a slight chance,
 実際にやってみなくてはわからないと思う」 and we have no idea how much
「耐え切れなくなったとき “When we can't defend against
 コンドルの命も、私たちの命も the attack any longer,
 魔晄炉内部のマテリアも、神羅に奪われてしまう」 the Shinra will take our
「それと、3連岩落機、爆弾投機は “We can't use the Tristoner or
 まだ開発中なので設置はできない」 Fire Catapult, because they
「爆弾投機の開発が終わったので “The Fire Catapult is ready now,
 設置できるぞ」 so we can set it up.”
「3連岩落機、はまだ開発中なので “We can't use the Tristoner,
 設置はできない」 because it is still not ready.”
「まず、最初にやることは “First off,
 味方の兵を配置することだ」 we must prepare the troops.”
「カーソルを動かしてバツ印がでないところで “Move the cursor wherever the x mark
 ○ボタンを押すと配置決定となる」 does not appear,
「すべて配置したならば、×ボタンで終了する。 “After all positions are in place,
 これで、戦闘開始となる」 press {!}{Purple}[CANCEL]{!}{White}.
「兵は最初、小屋の近くにしか配置できない。 “Soldiers can only be arranged
 遠くにいると、指示が届かなくなるからな」 “That's because if the soldiers are
「兵を配置できるのは “You can only put soldiers above the
 いちばん下にいる兵の横ラインまでだ」 horizontal line at the very bottom.”
「兵への指示の出し方は “Soldiers can be instructed
 『セレクトボタン』でわかるから by pushing {!}{Purple}[ASSIST]{!}{White}.
 わからなくなったら、押すといい」 So if any commands are unclear,
「兵からの報告が送られてくるが “Soldiers can report by
 ○ボタンを押せば……」 pushing {!}{Purple}[OK]{!}{White}…”
「その報告を行った兵のところまで “The cursor will move to
 カーソルが移動する」 the soldier who made the report.”
「×ボタンを押せば “Press {!}{Purple}[CANCEL]{!}{White} and
 移動せずに報告を聞き流せる」 you'll hear the report without moving.”
「それから、神羅は定期的に部隊を “And you can bet Shinra will send
 送ってくる」 platoons at you on a regular basis.”
「時間があるとき来てくれると “It would be great if you could
 ちょうどいいだろう」 spare the time to help us…”
「どうしても、時間がないのならば “But, if you really don't have time,
 資金援助をたのむ」 would you contribute
「お、ちょうどいいのが登ってきたぞ。 “Hey, looks like they're getting
 手始めには、ちょうどいい数だ。 ready to attack right now!
 それじゃあいっちょ、おねがいしますか」 Please, any help is appreciated…”
「ふう、うまくいったな。 “Whew, that was good.
 しかし、神羅はかならずまたやってくる」 But, Shinra's troops will be back.”
「次は、いつ攻めてくるかわからないから “Be sure and scout the area well…
 ときどき、見てきてくれよ」 We don't know when they'll attack again.”
「しまった! “My God! They're attacking!
 入りこんできたぞ! We're counting on you.”
 君たち、たのんだよ」
「なんとかしのいだな。 “We made it through that one somehow.
 しかし、神羅はかならずまたやってくる」 But, Shinra'll be back.”
「次は、いつ攻めてくるかわからないから “Be sure and scout the area well…
 ときどき、見てきてくれよ」 We don't know when they'll attack again.”
「大丈夫か? “Are you all right?
 何匹か入りこまれたな」 Looks like a few got through.”
「味方は、体残ったから “We have {!}{Var:1} allies left,
 ギル返すよ」 so here's {!}{Var:1} gil.”
「味方は、20体残ったから “We have 20 allies left,
 4000ギル返すよ」 so we'll return 4000 gil to you.”
「おいおい、所持金が “Hey we're a little short on money…
 ちょっと少なすぎないか?     so could you at least
 せめて、ギルはないとな」 make it {!}{Var:1} gil?”
「後、回負けると危ないから “Hang in there,
 がんばってくれよ」 if we lose {!}{Var:1} more times,
「やあ、調子はどうだい? “How are things going?
 今は、神羅もおとなしいようだよ」 Seems like there's no activity
「おお、ちょうどのタイミングだ! “Perfect timing!
 もう、すぐそこまで来ているらしいぞ。 They're just around the corner.
 準備してくれ」 Get ready.”
    まだ準備ができていない {Choice}Wait
    準備はできている {Choice}OK, ready
    資金援助をする {Choice}Contribute gil
    今回はまかせる {Choice}Let them handle it
    説明を聞きたい {Choice}Hear more
「もう準備はいいかい?」 “Preparations ready?”
    まだ準備ができていない {Choice}Wait
    準備はできている {Choice}OK, ready
    資金援助をする {Choice}Contribute gil
    今回はまかせる {Choice}Let them handle it
    説明を聞きたい {Choice}Hear more
「もう準備はいいかい?」 “Ready?”
    まだ準備ができていない {Choice}Wait
    準備はできている {Choice}OK, ready
    説明を聞きたい {Choice}Hear more
「そうか、わかった。 “I see, very well then.
 次は、いっしょに戦ってくれよな」 Maybe, we'll fight together
「すまない。 “Sorry.
 資金が、ギルしかないんだ。 We only have {!}{Var:1} gil.
 君たちにおねがいするしかないのだよ」 We have to beg for your help.”
「現在資金は          “We have {!}{Var:1} gil right now.”
 ギル残っている」
「1回の戦闘で必要な資金は “We need 3000 gil
 だいたい3000ギルくらいだ」 for each battle.”
「どれくらい援助してくれるんだい?」 “How much can you help?”
     500ギル {Choice}500 gil
    1000ギル {Choice}1000 gil
    2000ギル {Choice}2000 gil
    3000ギル {Choice}3000 gil
    5000ギル {Choice}5000 gil
    今は、やめておく {Choice}Nothing right now
「ありがたいのだが “We are very grateful,
 所持金が足りないようだぞ」 but you don't have enough money.”
「ありがとう。 “Thanks.
 これで資金は       This makes
 ギルになったよ」 {!}{Var:1} gil.”
「今は、じゅうぶんだから “That's enough money for now.
 足りなくなったら、また、おねがいするよ」 If we run out, we'll ask you for more.”
「やあ、ひさしぶりだね。 “How goes it?
 あれから神羅が回やってきたよ。 The Shinra troops have attacked
 おかげで資金がかなり減ってしまった」 {!}{Var:1} times since you were here.”
「ちょっと、遅かったな。 “You're just a little too late…
 つい先ほど神羅に They attacked when
 攻めこまれてしまったよ」 you weren't here.”
「次はもうすこし早く
 来てくれよな」
「どうやら事態が変わったらしい。 “The situation has changed.
 奴らこれで終わりにする気らしい。 Looks like the enemy is set to attack.
 これに負けるとやばいぞ」 If we lose here, it's over.”
「おれたちの明日は君たちにたくす。 “Our lives are in your hands.
 たのんだぞ」 We're counting on you.”
「…… “…
 せめて彼らだけでも……」 Even if you could only spare them…”
「やったぞ! “YES! We did it!
 すごいよ、ありがとう! That was wonderful! Thank you!!
 これでもう神羅も来ないだろう」 I doubt Shinra will attack now.”
「う、うわぁ……」 “A, arrgghh…”
「敵は、4タイプいる」 “There are four types of enemies.”
    ワイバーンについて {Choice}Wyverns
    ビーストについて {Choice}Beasts
    バーバリアンについて {Choice}Barbarians
    コマンダーについて {Choice}Commanders
    別のことを聞きたい {Choice}Anything else?
「ワイバーンは、飛行タイプで移動速度が速い。 “Wyverns are flying types
 したがって、岩落機や、3連岩落機は that can move at high speed.
 あまり、効果がない」 Stoner and Tristoner
「ビーストは、獣タイプで移動速度がおそい。 “Beasts are monster types
 そのかわりに、攻撃力が高い」 that do not move quickly,
「バーバリアンは、人型タイプだ。 “Barbarians are human types.
 間接攻撃をしてくるので、注意が必要だ」 They attack from a distance,
「コマンダーは、敵の司令官だ。 “Commanders are the enemy commanders.
 こいつをやっつければいいのだが They're the ones we want to subdue,
 とにかく手強い相手だ」 but they're formidable foes.”
「味方には、移動できるタイプとして “Your mobile allies are:
 ファイター、アタッカー、ディフェンダー Fighters, Attackers, Defenders,
 シューター、リペアラー、ワーカー、がいる」 Shooters, Repairers and Workers.”
「移動できないタイプとして “Your immobile allies are:
 岩落機、3連岩落機、投石機 Stoner, Tristoner, Catapult,
 爆弾投機、がある」 and Fire Catapult.”
「どれについて説明しよう?」 “Which do you want to hear about?”
    移動できるタイプについて {Choice}Mobile types
    移動できないタイプについて {Choice}Immobile types
    別のことを聞きたい {Choice}Anything else
「どれについて説明しよう?」 “Which do you want to hear about?”
    ファイターについて {Choice}Fighters
    アタッカーについて {Choice}Attackers
    ディフェンダーについて {Choice}Defenders
    シューターについて {Choice}Shooters
    リペアラーについて {Choice}Repairers
    ワーカーについて {Choice}Workers
    別のことを聞きたい {Choice}Anything else
「どれについて説明しよう?」 Which do you want to hear about?
    岩落機について Stoners
    3連岩落機について Tristoners
    投石機について Catapults
    爆弾投機について Fire Catapult
    別のことを聞きたい Anything else
「ファイターは、攻守にバランスがよいが “Fighters are good at defending
 得意な相手、苦手な相手もいない」 and attacking,
「アタッカーは、移動速度が速く “Attackers move extremely fast
 前線を広げるのに向いている。 and are best for expanding
 敵ビーストにたいして強く the front line.”
 敵バーバリアンが苦手だ」 “They work good against enemy Beasts,
「ディフェンダーは、体力が高いが “Defenders have high endurance,
 移動速度が遅い、拠点防御に向いている。 but move slowly.
 敵バーバリアンにたいして強く They're best suited for defense.”
 敵ワイバーンが苦手だ」 “Defenders work best against enemy
「シューターは、間接攻撃ができる。 “Shooters attack from a distance,
 しかし、体力が低い。 but have low endurance.
 敵ワイバーンにたいして強く Shooters work best against
 敵ビーストが苦手だ」 enemy Wyverns, but not enemy Beasts.”
「リペアラーは、味方の回復ができる。 “Repairers repair allied units,
 しかし、攻撃力はあまりない」 but have little attacking power.”
「ワーカーは、地雷を置くことができる。 “Workers set mines.
 地雷の攻撃力は高くても Mines have strong
 自分の攻撃力は低い」 attacking power,
「地雷は、敵がさわると爆発する “Mines explode when touched
 爆発すると、そのまわりにいる者すべてに by the enemy.
 ダメージを与える」 The explosions will damage
「岩落機は、岩を1つ落とすことができる “Stoners can fire a single boulder,
 落ちている間に当たった敵すべてにダメージを causing extensive damage to
 与えることができる」 every enemy it hits.”
「3連岩落機は、岩を同時に3つ落とすことができる “Tristoners can fire three boulders
 落ちている間に当たった敵すべてにダメージを simultaneously,
 与えることができる」 causing extensive damage to
「投石機は、石を遠くへ投げることができる “Catapults shoot rocks a great distance,
 落下地点にいる敵にダメージを与えられる」 causing extensive damage to
「爆弾投機は、爆弾を遠くへ投げることができる “Fire Catapults fire bombs
 爆弾の落下地点周辺の敵にダメージを与える」 a great distance,
「一度設置したものを、てっきょしても “You must pay for every weapon you set up.
 設置するために使った費用があるので Even if you decide to move it later,
 設置に要したギルの半分しか返ってこないぞ」 you can only get back
「今回の敵は、10匹程度だ。 “You have 10 enemies.
 ビーストの数が多いようなので There appear to be many Beasts,
 アタッカーを多めに配置した方が so you may want to deploy
 いいかもしれないな」 more Attackers.”
「今回はバーバリアンが “The Barbarians are mixed
 混ざっているようだ」 during this attack.”
「20匹をこえる数がいそうだ “There are more than 20.
 バランスよく配置しないと危ないぞ」 Set up for a balanced-attack
「かなりの部隊が来ている “A strong unit's on their way.
 30匹くらいいるだろう」 Looks like around 30.”
「いろいろなルートで “They'll probably climb up here
 登ってくるだろうから using various routes.
 気をつけないと危ないぞ」 Better be careful or
「それと、爆弾投機が使えるぞ」 “And make sure to deploy
「もう、なれてきたと思うが “You're probably used to it now,
 油断しないようにな」 but don't let your guard down.”
「それと、3連岩落機が使えるぞ」 “Deploy Tristoners.”
「どうやら、敵は40匹ほど “Looks like the enemy numbers 40.
 いるようだ。 Don't let your guard down.”
 油断しないようにな」
「もう、アドバイスも “I think you don't need my advice.
 必要ないだろう。 The rest is up to you.”
 たよりにしているよ」
「これで、全ての決着がつく。 “This is the deciding battle.
 敵も、いままでにない数だ」 The enemy numbers more
「私たちの持っているギルを “Let's give them
 全て渡そう」 all the gil we have.”
「これで、全ての決着がつく。 “This is the deciding battle.
 敵も、いままでにない数だ」 The enemy numbers
ギル』をもらった! Received "{!}{Var:1} gil"!
『40000ギル』をもらった! Received "40,000 gil"!
「シナリオフラグ= scenario = {!}{Var:1}
「負けた回数  = number of defeats = {!}{Var:1}
    かち {Choice}win
    まけ} {Choice}lost
「どうやら、この上に魔晄炉の中には “Looks like there's a special Materia
 なにか、特別なマテリアが up in the Mako reactor.”
 あるらしい」
「そこへコンドルがきたので “Then came the Condor,
 神羅は、あわてて軍を送ってきた」 so Shinra dispatched the troops
「軍の目的は、コンドルと “Their plan is to get rid of
 この山に住むわたしたちを排除し the Condor and the people on this
 魔晄炉からマテリアを取り出すことだ」 mountain and to get the Materia
「ああ、あなたがたですか。 “Oh, it's you guys?
 どうです、調子は?」 How are things going?”
「これまでに回負けてしまいましたね。 “Up to now,
 あまり、負けてしまうと取り返しが    you've lost {!}{Var:1} times.
 つかないことになってしまいますよ」 If you lose too many times,
CLOUD {Cloud}
「……」 “…”
    そうだな休むか {Choice}We'll get some rest
    いや、やめておこう {Choice}Let's move on
TIFA {Tifa}
「そうね」 “Yeah…”
    休みましょう {Choice}Let's get some rest
    今度にしましょう {Choice}Maybe next time
CID {Cid}
「おう」 “Yo!”
    さっさと休んじまえ {Choice}Take a break
    今はいいや {Choice}Not right now
BARRET {Barret}
「おい、休もうぜ」 “Ey, let's get some rest.”
TIFA {Tifa}
「ねえ、休みましょうよ」 “Say, let's rest.
AERITH {Aeris}
「休も、ね?」 “Let's rest. Okay?”
RED XIII {Red XIII}
「休めるときに、休んでおこう」 “We should get some rest
RED XIII {Red XIII}
「休めるときに、休んでおこうよ」 “Let's take a break
YUFFIE {Yuffie}
「さ、やすみやすみ」 “Come on…
CAIT SITH {Cait Sith}
「ほんな、休みましょか」 “Now, shall we get some rest?”
VINCENT {Vincent}
「休んでおいた方が “It's probably best to
 よさそうだな」 get some rest now.”
CID {Cid}
「ガンガン休みだ」} “Come on,