Dialogue Script

Chapter: 14 - Junon

Entering Lower Junon, Saving Priscilla and using Mr Dolphin to reach the Highwind, entering Junon for Rufus' Welcoming Ceremony, ALL NPCs at ALL times, doing the send off ceremony for Rufus and "Were off to a new continent…"

 
FF7 International ScriptFF7 PC English ScriptMissing TranslationNotes
JAPANESE (Intl Ver) PC ENGLISH
アンダージュノン Under Junon
CLOUD {Cloud}
「ここはどんなところだ?」 “What kinda place is this?”
CLOUD {Cloud}
「黒いマントの男を見なかったか?」 “Did you see a man with a black cape?”
CLOUD {Cloud}
「もう、だいじょうぶなのか?」 “Are you all right now?”
CLOUD {Cloud}
「かまわないよ」 “That's all right.”
CLOUD {Cloud}
「オッ、オイ!」 “Hey!!”
CLOUD {Cloud}
「ちょっと、まてよ!」 “Wait a second!”
CLOUD {Cloud}
「なんだ、この村は? “What happened to this town?
 やけにさびれているな……」 It's so run-down…”
BARRET {Barret}
「この音楽は何だ? “What's that music?
 ずいぶんにぎやかじゃねえか」 It sure sounds lively.”
BARRET {Barret}
「ルーファウス!? “Rufus!?
 これはあいさつに行かなくちゃな」 I gotta pay my respects.”
BARRET {Barret}
「なんとかして上の街に行きてぇな。 “We gotta get to the town up there…
 柱でもよじのぼるか?」 Mebbe we could climb the tower?”
BARRET {Barret}
「神羅の新しい社長さんの顔を “Yeah, I'd like to take a good look
 おがんでみたいぜ」 at the new President of Shinra, Inc.!”
BARRET {Barret}
「なんだか上のほうが “Seems like something's goin' on up there!”
 さわがしいな」
TIFA {Tifa}
「高圧電流の柱ねぇ……」 “High voltage tower…”
「こういうことは、CLOUDが “I guess this means
 うまくやってくれるのよね」 {Cloud}'ll have to do it.”
TIFA {Tifa}
「いやよね」 “Don't you just hate this?”
TIFA {Tifa}
「ねっ、何だか様子が変でしょ? “Doesn't it seem a little strange?
 きゅうに、さわがしくなって」 Everything getting so noisy
TIFA {Tifa}
「たぶん……北の大空洞から “Maybe…he dropped some from
 ライフストリームに落ちて……」 the North Caves into the Lifestream…
「おじぃさん、ライフストリームが “Sir, do you know
 通っている場所を知ってる?」 where the Lifestream runs through?”
 もしかして、CLOUDは “{Cloud} might have
 そこから流されたかもしれないの」 drifted from there.”
AERITH {Aeris}
「ルーファウスもここから “You think Rufus is thinking about
 海をこえるつもりなのかな?」 crossing the ocean from here, too?”
「あれっ? “What?
 それじゃ、セフィロスは Does that mean Sephiroth
 もう、海を渡っちゃったってこと?」 already crossed the ocean?”
AERITH {Aeris}
「そうね、あの子のことは “Yeah, better leave it
 CLOUDにまかせましょ!」 to {Cloud}!”
AERITH {Aeris}
「そうよねぇ」 “You're probably right.”
AERITH {Aeris}
「女の子が目をさましたらしいの」 “I heard that girl regained consciousness.”
RED XIII {Red XIII}
「CLOUDよ、ルーファウスに “{Cloud},
 とどめをささなかったのか?」 didn't you finish Rufus off?”
RED XIII {Red XIII}
「まかせたぞ、CLOUD」 “We're counting on you, {Cloud}.”
RED XIII {Red XIII}
「向こうにいるのは “That looks like a Shinra soldier.”
 神羅の兵だな」
RED XIII {Red XIII}
「このさわがしさは “Does this have something to do
 神羅と何か関係があるのかもな?」 with the Shinra?”
YUFFIE {Yuffie}
「あの子について行かないのか?」 “Aren't you going to follow her?”
YUFFIE {Yuffie}
「なんだい、この音楽は? “What's this loud music?
 うるさくて頭にくるよ!」 It's giving me a headache!”
プリシラ Priscilla
「あのぅ……助けてくれて “Umm…thanks for helping…”
 ありがとう……」
プリシラ Priscilla
「神羅のやつらとまちがえちゃって “I'm sorry, I mistook you for
 ごめんね……」 one of those Shinra, Inc….”
プリシラ Priscilla
「これは神羅の新しい社長の “I heard they're rehearsing the reception
 歓迎式のリハーサルだと思う」 for the new Shinra president.”
プリシラ Priscilla
「ここはね、じいちゃんばあちゃんが “Grandpa and Grandma told me
 子供のころにはとてもきれいな this beach was beautiful
 海岸だったって」 when they were small.”
「でも神羅が上の街をつくってから “But after the Shinra built that city above,
 日も当たらなくなったし the sun stopped shining here,
 海も汚れちゃって……」 and the water got polluted…”
「そんな話を聞いて育ったから “I was raised on that story and
 わたし、神羅がにくらしくて hate Shinra so much, I could die!”
 しょうがないの」
プリシラ Priscilla
「ダメダメ! “No! No! There's a high voltage current
 柱の下は高圧電流が流れてるの running underneath the tower.
 むやみに近づいたらキケンよ」 Don't wander near it, it's dangerous!”
プリシラ Priscilla
「でも……イルカさんの力をかりれば “But…you might be able to
 なんとかなるかな。 if Mr. Dolphin helps you.
 ちょっと来て」 Follow me!”
プリシラ Priscilla
「おにいちゃんにイイものあげる!」 “I'll give you something SPECIAL!”
「海のお守りなのよ “It's an amulet.
 だいじにしてね」 Take good care of it, OK?”
「家の中においてあるから “It's at my house, so come by
 取りにきてね!」 later to pick it up, OK?”
神羅兵 Shinra Soldier
「そんなにエレベータに乗りたいんなら “If you want to
 10ギル払え!」 get on the elevator that badly,
    しかたない {Choice}Okay, I guess
    イヤだ! {Choice}No way!
「さっさと、乗れ!」 “Hurry up and get in!”
「しけたヤツだなぁ」 “You're such a cheapskate.”
神羅兵 Shinra Soldier
「コラッ! “HEY!
 神羅カンパニーのエレベーターだ。 This is Shinra, Inc.'s elevator.
 ウロウロするな!!」 Don't be snooping around here!!”
神羅兵 Shinra Soldier
「えっ? “What?
 まだ、交代の時間じゃないはずだぜ。 It's not time for our shift, yet.
 ゆっくり休んでおけよ」 Just relax.”
「足りないじゃないか! “That's not enough!
 乗せてやれないな」 Can't let you get on…”
CLOUD {Cloud}
「おっ、おう……」 “Uh…yeah…”
「なんだね、あんたたち? “Who are you people?
 どこから来たんだい」 Where did you come from?” Depends on Var [1][129]. Not sure how it is triggered!
「さあ……そんな人 “Hmm…
 とんと見かけんねぇ」 I've never seen that feller before.”
「ここはな~んにもないよ。 “There's nothing here now…
 むかしは、にぎやかな港だったけどねえ」 But it used to be a busy port.”
「すまんな、CLOUDくん。 “Sorry, {Cloud}.
 プリシラは、すこし Priscilla needs to rest for a while.”
 休ませなくちゃいかんのじゃ」
「さっき、向こうに神羅の兵隊が “I just saw some Shinra soldiers
 集まって何か話しておったんじゃ」 all huddled together discussing something.”
「なんでも、大きなマテリアをつんだ飛行機が “They said a plane carrying Huge Materia
 上のエアポートから飛びたつんだとか」 would be taking off from the airport above.”
「ワシャ、むかし神羅が “I remember years ago,
 海底に長~いパイプを seein' the Shinra build
 つくっていたのを見たことがある!」 a long pipe underwater.”
「海底魔晄炉なら “The underwater reactor is
 たぶん上のジュノンからつながっている connected to Junon by a pipe.”
 海底パイプを通っていけるはずじゃ」 “You should be able to get
「なに? “What?
 CLOUDくんが行方不明じゃと!?」 {Cloud} is missing?”
「なに? 北の……なんだって? “What? The Northern…what?
 残念じゃがワシには、よくわからん……」 Sorry, but I don't think I follow.”
「じゃが……ライフなんたらといえば “But…I think I remember hearing Priscilla
 プリシラから聞いたような気がするな?」 saying 'Life…something' before.”
「ライフなんたらといえば “I think I've heard Priscilla
 プリシラから mentioning 'Life…something' before.”
 聞いたような気がするな……」
「なぁ、CLOUDくん…… “Listen {Cloud},
 ワシはもう老いぼれじゃが I'm over the hill, but
 プリシラは、まだ子供なんじゃ」 Priscilla is still a child.”
「なんとか、あの子だけでも “Isn't there a way to protect
 メテオから、守る方法は at least her from Meteor?”
 ないんじゃろうか……」
「戦争中にぃ……神羅が上の街を “Ever since…Shinra built that
 つくってからぁ……ゲホゲホ」 city up above during the war…ugh, ugh.”
「サカナもぉ……さっぱりとれんわ! “There's been no fish in the water!
 海が汚れてしもうてな……フゥ」 It got so polluted…phew…”
「また急に上の街が “It seems like
 騒がしくなってきたみたいなんじゃ!」 there's something going on again up there.”
「あの、でっかい飛行機が “Is that huge plane going to
 うるさい音をたてて take off again with that deafening roar?”
 飛びたつんじゃなかろうか?」
「ワシが生きている間には……ゴホッ “I don't think I'll ever…cough…
 もどることはないんじゃろうな…… …live to see things…
 むかしのような…きれいな海には」 …beautiful again.”
「メテオが落ちてきたら “Once Meteor hits, not just the fish,
 サカナどころか、海まで but the whole ocean will be destroyed…”
 失ってしまうんじゃなぁ……」
「入りえにイルカがおったぞ。 “There's a dolphin in the bay.
 近づいてホイッスルを吹いたら If you get close enough and
 よってくるかもしれんな」 blow the whistle,
「船に乗りたいんなら “If you want to get on the ship,
 イルカに船まで連れていって why not have the dolphin take you?”
 もらったらどうじゃ?」
「おんや? めずらしいねぇ。 “Wow, now this is rare.
 神羅以外の人間が We almost never have anyone other
 この村にやって来るなんてねぇ」 than the Shinra people visit this town.”
「あんたたち西の大陸に “I know you guys want to go to
 行きたいんだろうけど the Western Continent,
 神羅の船に乗るしか方法がないよ」 but the only way is on a Shinra ship.”
「ちょっと、おはいり」 “Hey, come in for a while.”
「ここ数十年、耳に入ってくるのは “For the past few decades,
 神羅のことばかりなんじゃ」 the only thing I've been hearing about
「サカナの話ばかりをしていた “I miss the times
 むかしが、なつかしいねぇ……」 when we used to talk only about fish…”
「ウェポンを見たときにゃ “I almost passed out
 本当にコシがぬけてしまったよ」 when I saw Weapon.”
「あのウェポンは倒されたようだけど “I heard Weapon was beaten,
 神羅の兵士が、あと4匹 but a Shinra soldier told me
 ウェポンがいると言っとったんじゃ」 there are 4 more.”
「神羅は、世界各地のヒュージマテリアを “They say Shinra's gathering Huge Materia
 上のジュノンに集めているらしいんじゃ」 from around the world and
「わざわざジュノンに集めるということは “Bringing it to Junon must mean
 飛行機を使いたいんだろうね」 they want to use their airplanes.”
「それと最近、神羅の船の出入りが “I've noticed
 多いと思ったらジュノン近海の there's been a lot of Shinra ships recently.
 【海底魔晄炉】に行っているようなんじゃ」 I think they're going to
「神羅は、魔晄炉のヒュージマテリアを “Isn't Shinra trying to
 運び出そうとしているんじゃないかね?」 transport the Reactor's Huge Materia?”
「戦争が、おっぱじまるのかい!? “I heard a war's about to start!
 上では、大砲を移動させていたそうじゃよ!」 And that's why they're moving
「もうこの世は “Could be the end of the world…”
 終わってしまうんじゃろうか……」}
武器屋 Weapon Store
武器屋 Shopkeeper
「ワシが、ほしいのかい?」 “Hmm, what?” In PSX he says "You want me?"
武器屋 Shopkeeper
「ほしい武器があったら “If you see a weapon you want,
 買っていっておくれ」} you'd better buy it.”
イルカの入りえ Dolphin Offing Dolphin's Cove
CLOUD {Cloud}
「……というわけなんだ」 “…That's how it is.”
CLOUD {Cloud}
「まいったな……」 “Great…”
CLOUD {Cloud}
「おい、助けるぞ!」 “Hey! Hold on, we're coming!”
CLOUD {Cloud}
「プ、プレゼントって…… “A gift? What am I
 どうしろっていうんだ!?」 supposed to do with it!?”
CLOUD {Cloud}
「柱の上までジャンプだって!?」 “Jump to the top of the pole?”
BARRET {Barret}
「ちがうぜ! “No! You got it all wrong!
 オレたちは、神羅と戦ってるんだ」 We're fighting against the Shinra!”
BARRET {Barret}
「おい! あれを見ろ!」 “Hey! Look at that!”
BARRET {Barret}
「見せてもらったぜ、イルカのジャンプ “Now ain't that something!
 すごいもんじゃねぇか!」 I ain't never seen no dolphin jump like that!”
BARRET {Barret}
「CLOUD、がんばれよ! “Good luck {Cloud}!
 おまえが上手くやったら If you make it, we'll follow you!”
 オレたちも行くからよ!」
「おっと、それにPHSを “Whoa, I'll hold the PHS for you.
 あずかっておいたぜ。 It'll break if it gets wet.”
 ぬれたら壊れちまうからな」
TIFA {Tifa}
「ちがうわ、安心して」 “No…stay calm…”
TIFA {Tifa}
「あれを見て!」 “Look at that!”
AERITH {Aeris}
「ちがうの! “No you're wrong!
 わたしたち、神羅と無関係なのよ」 We have nothing to do with the Shinra.”
AERITH {Aeris}
「あれはなにっ!?」 “What's that!?”
RED XIII {Red XIII}
「……神羅とは相性が悪いな」 “We don't get along with the Shinra.”
RED XIII {Red XIII}
「おい、モンスターだ」 “Hey! It's a monster!”
YUFFIE {Yuffie}
「しつれいなこと言うんじゃないよ! “Hey watch your mouth!
 神羅なんかだいっきらいさ」 We hate the Shinra!”
YUFFIE {Yuffie}
「おわっ、大変だ!」 “Whoa, Gawd!”
「ねぇ~! “He-y! Mr.Dolphin!”
 イルカさ~ん!!」
プリシラ Priscilla
「あなたたち誰なの? “Who are you guys?
 もしかして神羅の人間!?」 Are you members of Shinra, Inc.?”
プリシラ Priscilla
「信用できないわ! “I don't believe you!
 ここから出ていって」 Get out of here!”
プリシラ Priscilla
「イルカさんが、あぶない!」 “Be careful, Mr.Dolphin!”
プリシラ Priscilla
「おにいちゃん “Wait a minute.”
 ちょっと見ていて」
「すごいでしょ! “Pretty cool, huh?
 このホイッスルを吹くと When I blow this whistle,
 イルカさんがジャンプしてくれるの」 Mr. Dolphin jumps for me.”
「ハイ! ホイッスルを “Here!!
 おにいちゃんにプレゼント」 This is for you, {Cloud}!”
「海に入ってホイッスルを吹くと “Just go into the water, blow this whistle, and
 イルカさんが柱の上まで Mr. Dolphin'll jump you to the top of the pole!”
 ジャンプさせてくれるわ!」
「柱の上のほうに、ボウが突き出ているの。 “See that rod sticking out at the top?
 位置を合わせてジャンプすれば If you jump just right, you can
 ボウに乗って、上の街まで上れるはずよ」 climb to the top of the town.”
「イルカさんとジャンプしてみる?」 “You wanna jump with Mr. Dolphin?”
   もう1回説明してくれ {Choice}Explain it to me again
   やってみる {Choice}Sure
   やめておく {Choice}I'll pass
「イルカさんに会いたくなったら “Come back whenever you want to
 また、来てね」 see Mr. Dolphin!”
「柱には高圧電流が流れているの “There's high voltage running
 近よっちゃダメよ」 through the bottom of the tower.
「わたしの名前はね “My name is…
 プ~リ~シ~ラ! Pri-scil-la!
 ハイ、言ってみて」 Now you say it.”
「おぼれちゃったのね? “Did you drown?
 遠くの方は深くなってるの」 It gets deeper the farther you go out.”
 □ボタン ホイッスルを吹いてイルカを呼ぶ {!}{Purple}[SWITCH]{!}{White} Blow the whistle
「イルカに運搬船まで “Jump up to the cargo ship
 つれていってもらいますか?」 on the dolphin?”
    はい {Choice}Yes
    いいえ} {Choice}No
イルカのいりえ Dolphin Offing Dolphin's Cove
「まいったな… “This is bad…
 もしかして死んでしまったのか?」 You don't think she's dead,
CLOUD {Cloud}
「人工呼吸って!?」 “Mouth to mouth!?”
CLOUD {Cloud}
「あ、いや “But…
 あの、女の子だし……」 she's just a girl…”
CLOUD {Cloud}
「……しかたない」 “Guess I gotta do it…”
BARRET {Barret}
「CLOUD、まかせたぜ」 “C'mon {Cloud}.”
TIFA {Tifa}
「CLOUD、どうするの?」 “{Cloud}, what are
AERITH {Aeris}
「CLOUD、はやくっ!」 “{Cloud}, hurry!”
RED XIII {Red XIII}
「私にはムリだな」 “You know I can't.”
YUFFIE {Yuffie}
「CLOUD、やれ~っ!」 “Do it, {Cloud}!”
プリシラ Priscilla
「う、う~ん」 “Uh…ugh…”
「プリシラ!!」 “Priscilla!!”
「ダメだわい…… “Nope…she's not breathing…”
 呼吸しとらん……」 “OK, help her…”
「オッ、あれじゃ!」 “Young man, do CPR!”
「若いの、人工呼吸じゃ!!」 “What? You don't know how?
「なんだ? 知らんのか~? Come over here, I'll show you.”
 教えてやるから、こっちに来なさい」
「とにかく息を大きく吸いこんで “Just take a deep breath, hold it in.
 限界までに息を止める。 Then breathe into her.”
 そして、その息を口うつしするのじゃ」
「わかったか? “Understand?”
   もう一回 {Choice}Once more
   わかった {Choice}Got it
「早くするんじゃ!」 “Hurry up and do it!”
「ほほっ! “Hey hey!
 だいじょうぶかプリシラ?」 Priscilla, are you alright?”
「まだ、たりん!」 “That's still not enough!”
「何をしとる!? “What are you doing?
 早く息を止めて人工呼吸するんじゃ」 Hurry up! Breath deeply and
 □ボタン1回目 呼吸ゲージスタート Push {!}{Purple}[SWITCH]{!}{White} once
 □ボタン2回目 呼吸ゲージストップ} Push it again to stop the gauge.
おばあさんの家 Under Junon Old Lady's House
CLOUD {Cloud}
「そうだな……」 “Yeah…”
   やっぱりあとにしよう {Choice}We'll try later
   ひと休みしよう {Choice}Let's rest
CLOUD {Cloud}
「TIFA……」 “{Tifa}…”
「俺とセフィロスが “When Sephiroth and I went to Nibelheim,
 ニブルヘイムに行ったとき where were you?”
 TIFAはどこにいた?」
CLOUD {Cloud}
「それ以外の時間だ」 “The other time.”
「う~ん……」 “Hmmm…”
   ひと休みしよう {Choice}Let's get some rest
   休んでいられない {Choice}No time to rest
TIFA {Tifa}
「休んでく?」 “Get some rest?”
TIFA {Tifa}
「CLOUD、ちょっと来て。 “{Cloud}, come here.
 みんなそろってるわ」 Everyone's here.”
TIFA {Tifa}
「……会ったでしょ?」 “…We saw each other, right?”
TIFA {Tifa}
「う~ん……5年前なのよ。 “No…it was 5 years ago.
 覚えてないわ」 I don't remember.”
「ね、それより外の様子が変なの。 “But, something seems strange outside.
 早く来て、CLOUD」 {Cloud}, come quick.”
AERITH {Aeris}
「休もっか?」 “Want to rest?”
AERITH {Aeris}
「何かんがえてんの?」 “What are you thinking?”
BARRET {Barret}
「ちょっとばかり “I'm gonna relax for a while.”
 くつろがせてもらおうぜ!」
RED XIII {Red XIII}
「休むのか?」 “Shall we rest?”
YUFFIE {Yuffie}
「お休みかい?」 “Wanna rest?”
「話は聞いたよ。 “I heard what happened.
 プリシラが世話になったね」 You've done so much for Priscilla.”
「あんたたちもつかれただろ? “You all must be tired.
 休むんならここをつかっておくれ」 If you want to get some rest,
「ゆっくりしていっておくれ」 “Make yourselves at home.”
『……そういえば』 {!}{Gray}“…That reminds me”{!}{Gray}
「また、あんたか?」 “You again?”
「……あんた誰だ?」 “…Who are you?”
『……そのうちわかるさ。 {!}{Gray}“…You'll find out soon.
 ……それより5年前』 …But more importantly, 5 years ago…”{!}{Gray}
「5年前……ニブルヘイム?」 “5 Years ago…Nibelheim?”
『あのとき……ニブル山へ行ったとき {!}{Gray}“When you went to Mt. Nibel,
 TIFAがガイドだったよな』 {Tifa} was your guide, right?”{!}{Gray}
「ああ……おどろいたな」 “Yeah, …surprised me.”
 『でも、それ以外、TIFAは {!}{Gray}“But where was {Tifa}
  どこにいたんだろう?』 other than that?”{!}{Gray}
「……さあな」 “…I dunno.”
『せっかく久しぶりに {!}{Gray}“It was a great chance for you two to
 会えるチャンスだったのに』 see each other again.”{!}{Gray}
「……そうだな」 “…You're right.”
『どうして二人きりで {!}{Gray}“Why couldn't you see each other alone?”{!}{Gray}
 会えなかったんだろう?』
「……わからない。 “…I don't know.
 はっきり覚えてないから……」 I can't remember clearly…”
 『なあ、TIFAに聞いてみろよ』 {!}{Gray}“Why don't you try asking {Tifa}?”{!}{Gray}
「……ああ」 “…Yeah.”
『さあ、起きろ!』 {!}{Gray}“Then, get up!”{!}{Gray}
「ねえ、起きて。 “Hey, wake up.
 起きてったら、CLOUD!」} Wake up, {Cloud}!”
プリシラの家 Priscilla's House
「あぁ~ん “No…that tickles…”
 くすぐったぁぃ……」
「いや~ん、だめぇ……」 “No…Stop…”
「イルカさぁん……」 “Mr. Dolphin…”
プリシラ Priscilla
「だれなの~?」 “Who are you?”
「レディの部屋に入る時は “At least knock when
 ノックぐらいしてよね!」 you enter a lady's room!”
プリシラ Priscilla
「ライフストリーム?」 “Lifestream?”
「知ってるわよ! “Yeah, I know!
 イルカさんの遊び場所だもん」 It's Mr. Dolphin's playground.”
「この【大陸の南に3本ツメの島】があるの。 “There's a
 その島の下をライフストリームが {!}{Cyan}Three-taloned island south of the continent{!}{White}.
 流れているらしいのよ」 I heard the Lifestream runs below that island.”
「でも、どうして “But why are you asking about
 ライフストリームのことなんか?」 the Lifestream?”
プリシラ Priscilla
「えっ、CLOUDおにいちゃんがっ!?」 “Huh, {Cloud}!?”
「早く、おにいちゃんを助けて!! “Hurry up and help him!!
 おにいちゃんは、わたしの大事な人だもの」 He's very important to me.”
プリシラ Priscilla
「おにいちゃん!!」 “{Cloud}!!”
「バカバカ! 心配したのよ!! “Stupid jerk!
 やっぱりライフストリームに?」 Were you at the Lifestream?”
プリシラ Priscilla
「もう、気をつけなきゃだめよ! “You've gotta be more careful!
 わたしのおムコさんになる人なんだから」 Because you're going to marry me one day.”
プリシラ Priscilla
「よかった~!! “I'm so happy!!
 わたし、CLOUDおにいちゃんの Someday I'm going to
 おヨメさんになるって決めてるの」 be {Cloud}'s wife.”
プリシラ Priscilla
「わたし、CLOUDおにいちゃんの “I've decided
 おヨメさんになるって決めてるの」 I'm gonna be {Cloud}'s wife.”
CLOUD {Cloud}
「ああ、そうなんだ」 “Yeah, that's right.”
TIFA {Tifa}
「CLOUDが北の大空洞から “{Cloud} fell into the Lifestream
 ライフストリームに落ちて at the North Cave, and
 行方不明になっているの……」 has been missing ever since.”
CID {Cid}
「CLOUDが見つかったぜ!」 “We found {Cloud}!”
『シヴァ』のマテリアを手に入れた! Received "Shiva" Materia!
「これいじょうマテリアは持てません。 “You cannot take on any more Materia.
 なにかマテリアをすててください。」} Please discard some Materia.”
イルカの入りえ Dolphin Offing Dolphin's Cove
「海から出ますか?」 “Get out of the water?”
   はい {Choice}Yes
   いいえ} {Choice}No
ジュノン空港通路 Junon Airport Path
「エホッ! “Eh!
 エホッ!」 Ho!”
「いそげっ! “Hurry!
 いそげっ!!」 Hurry!!”
「新社長っ!! “The new President!!
 歓迎っ歓迎っ!!」 He's here, he's here!!”
「こらっ! “Hey!
 ま~だ、そんな格好をしているのか! You still dressed like that!?
 こっちゃこい!」 Come 'ere!”
「こらっ! 新入り!! “Hey! Rookie!!
 聞こえんかっ!! Can't you hear me!!
 こっちゃこい!」 Come over here!”
「ほれっ!! “Here!!
 部屋にはいらんかっ!」 Get in the room!”
「ごめんね。 “I'm sorry.
 まだなの」} Not yet.”
【セーブポイント】 [Save Point]
メニューを開いて「セーブ」を選ぶと Access the menu and select
ゲームの状態を保存できます。 {PURPLE}[SAVE]{WHITE} to save your game.
ひかえ室 Locker Room Waiting Room
「今日は新社長ルーファウス様を “Today's the big day when we
 おむかえする大切な日だってのに! welcome President Rufus!
 ほらっ、着替えろ!」 Hurry up and change!”
「制服はロッカーに入ってる。 “There's a uniform in the locker.
 はやく着替えろ!」 Hurry and change!”
「むだぐちたたくな! “Quit yappin'!
 はよせいっ!」 Hurry up!”
CLOUD {Cloud}
「神羅兵の制服だ」 “It's the Shinra uniform.”
    着替えない {Choice}Don't change
    着替える {Choice}Change
CLOUD {Cloud}
「まわりは神羅兵だらけだ。 “There's Shinra soldiers all around.
 へたに逆らうような Better not try anything dumb…”
 愚はおかせないが…」
CLOUD {Cloud}
「なつかしいな…」 “Brings back memories…”
CLOUD {Cloud}
「神羅の制服か…」 “A Shinra uniform…”
「はじめてそでを通したとき “I was so proud when I first
 ほこらしく思ったっけ」 put it on.”
CLOUD {Cloud}
「いつからだったか…」 “I wonder when it was…”
「こいつを着るのがたまらなく “…I couldn't stand wearing
 いやになったのは」 this thing anymore.”
「ほ~う! “Wow!
 にあっとるじゃないか!」 You look good in it!”
「おまえ、お迎えの仕方は “You remember the
 覚えてるだろうな!」 greeting procedure, right!?”
「……忘れたって顔だな。 “…The look on your face says you forgot.
 しょうがない! 教えちゃる!」 All right, I'll show you again!”
「自分と同じようにやるんだぞ」 “Do just like I do.”
「隊長!! “Commander!!
 自分らが手伝うであります!」 We'll help too!”
「見本であります!」 “This is how to do it!”
「うたうであります!」 “We'll sing too!”
「おうっ! “All right!
 見せてやれぃ!!」 Show 'em!!”
「ではっ! “Then I'll
 自分のうたごえに sing along with you!”
 あわせるであります!」
「まずは行進!! “Now, march!!
 歓迎パレードであります!」 This's the Welcoming March!”
「せいしゅくに~!!」 “Quietly--!!”
「ア~ッ~!」 “Aaaaah!”
「ア~ッ~!」 “Aaaaah!”
「こりゃこりゃ!」 “Hey, come on now.”
「ズンチャカ! “Dum, tada!
 ズンチャッ!!」 Dum, tada!!”
「さんはいっ!」 “Now!”
「行進はじめ~!!」 “And…march!!”
「おいっちにっ! “One, two!
 いっちにっ!」 Three, four!”
     ル~ファウス~ {Choice} Rufus---
     ル~ファウス神羅~ {Choice} Rufus Shinra----
   わ~れらが~ 神羅カンパニ~ We---are---Shinra Company----
   あ~たらしい社長~ The new-----President------
     おっ~ おっ~ {Choice} Oh---Oh---
     神羅~ {Choice} Shinra----
     おっ~ おおっ~ {Choice} Oh---Oh oh---
     神羅カンパニ~ {Choice} Shinra, Inc.---
  ニュ~エイジ~ 時代をきずく~ Realization---of the new era---
  ル~ファウス新社長~ New---President---Ru--fus---
  ニュ~エイジ~ 時代をつくる~ Building---the new era---
  これからも、神羅がいちばん~ Shinra---forev---er---
[Empty Entry]
「わかったか!」 “Got it!?”
    まだまだです Not yet
    かんぺきです! All clear!
「おう! “All right!
 もういっちょいけえぃ!」 Once more!”
「よろしい! “Good!
 本番でもがんばるんだぞ!」 Make sure you do well
「ルーファウス様、到着です! “Rufus has arrived!
 準備完了です!」 Preparation completed!”
「さあ、本番だ! “All right, show time!
 失礼のないようにな!」 Don't disgrace yourselves!”
「となりの兵士と歩調をあわせて “Keep in step with the soldier next to you
 おごそかにいさましく歩くであります!」 and march smoothly!”
「みんなの歩調があったら “Once you're all in step,
 銃をかかげるであります!」 shoulder your gun!”
「銃をかかげるときには “To shoulder your gun,
 【○ボタン】を press {!}{Purple}[OK]{!}{White}!”
 押すであります!」 “We'll practice some more!”
「練習しとくであります!」 “Remember to march smoothly!”
「おごそかにいさましく歩くで “This is the military, soldier!!
 ありますよ!」
「軍隊をなめちょるな!! Your orders for today are to send off
 本日!! 次の指令は President Rufus at the dock!”
 港でルーファウス様のお見送りだっ!」
「時間まで、みっ~ちり “I'll keep drilling you
 指導しちゃる!」 until it's time!”
「手伝うであります!」 “I'll help, sir!”
「おなじくであります!」 “Me too, sir!”
「よ~っし!! “All right!!
 自分の号令にあわせて Line up in order and
 お見送りのキメポーズをするのだ!」 show me your final pose!”
「本日の号令は “Today's command is Formation!”
 フォーメーション名になっちょる!」
「よっ~く、覚えとけっ!」 “Remember it!”
「それではいくぞっ!」 “Ready!?”
「ジュノン軍隊式 “Junon Military Send Off, BEGIN!”
 お見送りはじめ!」
「うっし! “All right!
 おまえもやってみそ!」 Now you try it!”
「どうだ! わかったか?」 “So, you got it?”
    まだまだであります! {Choice}Not yet!
    かんぺきであります! {Choice}I've got it!
「おう! “All right!
 もういっちょ!」 Again!”
「よ~し! “All right! Don't mess up
 本番でもがんばんだぞっ!」 during the real thing!”
「○ボタン:サークル!」 “{!}{Purple}[OK]{!}{White}!”
「△ボタン:トライアングル!」 “{!}{Purple}[MENU]{!}{White}!”
「□ボタン:スクウェア!」 “{!}{Purple}[SWITCH]{!}{White}!”
「×ボタン:クロス!」 “{!}{Purple}[CANCEL]{!}{White}!”
:ライトターン!」 “Right: Right Turn!”
:レフトターン!」 “Left: Left Turn!”
「おっす!!」 “All right!!”
「スペシャ~ル!!」 “The Special!!”
「隊長!! “Commander!!
 本日のスペシャルポーズは?」 What's today's special pose?”
「んっ? “Huh?
 ……決めてない」 …I haven't decided yet.”
「よしっ、新入り!! “All right, rookie!!
 特別におまえに決めさせてやる!」 I'll let you decide!”
「得意のキメポーズ、やってみろ!」 “Show me your best move!”
CLOUD {Cloud}
「そうだな…。 “Let's see…
 俺の得意なのは」 My best move is…”
「おおっ~!」 “Wow!”
「かっこいいであります!」 “Awesome!”
「よしっ!! “All right!!
 本日のスペシャルは We'll go with that as
 これに決まり!」 as our special!!”
「よ~くっ! “Practice it!”
 練習しとけっ!」
「はっ!!」 “Yes sir!!”
「では! 港に集合!! “Well then! Meet at the dock!!
 遅れるな~!!」 Don't be late!!”
「すわっ! “Attention!
 解散っ!!」 Dismissed!!”
○ボタン:サークル {!}{Purple}[OK]{!}{White}
×ボタン:クロス {!}{Purple}[CANCEL]{!}{White}
□ボタン:スクウェア {!}{Purple}[SWITCH]{!}{White}
△ボタン:トライアングル {!}{Purple}[MENU]{!}{White}
方向キーの左/右:レフト/ライトターン Directional button Left/Right: Left/Right Turn
○:銃をかまえる {!}{Purple}[OK]{!}{White}: Present arms.
【ボタン】    △:トライアングル Press
スクウェア:□   ○:サークル {!}{Purple}[OK]{!}{White}, {!}{Purple}[CANCEL]{!}{White},
          ×:クロス {!}{Purple}[MENU]{!}{White} or {!}{Purple}[SWITCH]{!}{White}.
方向キーの左/右:レフト/ライトターン Left/Right: Left/Right Turn
「いつか実戦でこのスペシャルポーズを “Someday I'll get to use my
 決めるであります!」 special pose in a real battle!”
「おなじくであります!! “Same here!!
 そのときまでくんれんであります!」} I'll keep practicing until then!”
アルジュノン Upper Junon
アルジュノン Upper Junon
「歓迎パレード “Let the Welcome
 開始します!!」 Parade begin!”
「いか~ん!! “Oh…no!!
 誰もおら~ん」 No one's here!”
「遅刻した~!?」 “Late!?”
「こらっ! 新入り!! “Hey! Rookie!!
 おまえがもたもたすっから!!」 It's you're fault for running
「隊長!! “Captain!!
 近道するであります!」 We'll take a short cut!”
「うむ!」 “Right!”
「それはいい作戦だ」 “Good idea.”
「こっちゃこい!!」 “Get over here!!”
「こらっ!! “Hey!!
 これ以上、怒らせんなっ!」 Don't get me any madder than
「よしっ! “All right!
 さきいけっ!」 You first!”
「毎度あり!!」 “Thanks!!”
「さ、仕事なんて忘れて! “Come on, forget about your job!
 入って入って!!」 Step right up!!”
「さ、どうぞどうぞ!」} “Come on in!”
アルジュノン Upper Junon
「それっ!! “Now!!
 ……!」   {!}{Var:1}!”
「いっちゃれ! “Just GO!
 さりげな~く、【後ろ】から! Then you just nonchalantly
 ばれないようにしのびこむのだ!」 sneak in from the back!
「いいか! “Now listen up!
 このパレードは全世界の神羅TVに This parade's gonna be broadcast
 生中継されておる!」 live on Shinra TV around the world!”
「ぶさまなかっこうをさらせば “If you look bad, the whole Junon army
 ジュノン軍隊全体のはじとな~る。 will look bad.
 そこんとこ、きもにめいじて行動せい!」 Remember that and don't screw up!”
「んだば!! “OK!
 自分が合図したら列にしのびこ~め!」 Jump in when I give you the sign!”
「さりげな~く、【後ろ】から! “Just sneak in from the back!
 列をみだすな! Don't mess up the row!”
 前からいこうとしてもダ~メだぞ!」 “And no matter what you do, don't try
「よしっ!! “All right!!
 かけ足準備!!」 Start marching!!”
「こりゃ!! “Hey!!
 逃げようとすな!」 Don't run away from me!”
「こりゃ!! “Hey!!
 楽しようとすな!」 Don't play around!”
「とっつげき~!!」 “Charge!!”
「なにやっちょる!!」 “No, what're you doing!?”
TV中継視ちょう率     % Live TV Ratings{Choice}%
「まずは、自分がいくであります! “I'll go first!
 新入りさんは、よ~く見て Now you watch close
 自分のまねをすればいいでありますよ!」 and do as I do, rookie!”
「うしろから、サササッと “Just sneak into the back of the
 パレードのあいてる場所に line when you see an opening.”
 しのびこむであります!」
TV番組プロデューサー TV Producer
「なんだったんだ!? “What the hell was that soldier doing?”
 あの兵士は?」
AD AD
「さあ?」 “I don't know.”
TV番組プロデューサー
「数字はあがったのか?」 “Are the points up?”
AD AD
「まずまずです」 “So-so.”
AD AD
「最高です!!」 “They just shot up!!”
AD AD
「ズタボロです! “This's terrible!
 ボク…クビですかねえ?」 Am…am I fired?”
TV番組プロデューサー
「そうか」 “Really.”
「あの兵士あてに “I want somebody to send that soldier
 高級そしなでもおくっとけ」 an expensive gift.”
TV番組プロデューサー
「でかした!」 “We did it!”
「あの兵士あてに “Send that soldier something special.”
 こころづけでもおくっとけ」
TV番組プロデューサー
「なぬ!! “What!?
 おまえはクビ~!!」 You're FIRED!!”
「あの兵士には爆弾でも “Send that soldier
 おくっとけ~!」 a bomb or something!”
『エーテル』6個手にいれた! Received 6 "Ether"
5000ギル手にいれた! Received 5000 gil!
『手榴弾』を手にいれた! Received "Grenade"!
『ポーション』6個手にいれた! Received 6 "Potion"!
TV番組プロデューサー
「そうか」 “Hmm…”
「あの兵士あてに “Better send that soldier something.”
 そしなでもおくっとけ」
AD AD
「まあそこそこってとこです」} “Well, it's so-so.”
アルジュノン Upper Junon
「うっし! “Good!
 まにあった」 We made it.”
「おっおっ! “Oh!
 ルーファウス様!」 President Rufus!”
「ほれ! “Hey!
 しずかにならんどれ!」 Line up and shut up!”
「1歩たりとも “Don't make a move!”
 動くなよ!」
「こらっ!」 “Hey!”
ルーファウス Rufus
「ごくろう」 “How's the job?”
ルーファウス Rufus
「飛空艇はどうしたんだ?」 “What happened to the Airship?”
ハイデッカー Heidegger
「大陸間移動可能な飛空艇は “The long range airship is
 まだ準備中なんですよ」 still being prepared.”
「もう3日待っていただければ。 “It should be ready in about three more days.
 ガハハハハハ!」 Gya haa haa!”
ルーファウス Rufus
「空軍のゲルニカもか?」 “Even the Air Force's Gelnika?”
ハイデッカー Heidegger
「……ガハハハハハ!」 “Gya haa haa!”
ルーファウス Rufus
「その笑いかたはやめろ」 “Stop that stupid horse laugh.”
「もうオヤジのときのようには “Things are different than
 いかないからな」 when Father was in charge.”
ハイデッカー Heidegger
「ガハ……」 “Gya…”
ルーファウス Rufus
「船の準備はいいのか?」 “Is the ship ready?”
ハイデッカー Heidegger
「それはすぐに、はい」 “Yes Sir,
「災難だったな」 “What a disaster.”
「ハイデッカーは “Heidegger was really irritated…”
 イライラしてるからな」
「黒マントの男が街をうろついてるのに “The man in the Black Cape's been
 発見できないんだ」 roaming the city,
CLOUD {Cloud}
「黒マントの男?」 “Man in a Black Cape?”
「2、3日前にあらわれたんだ。 “He showed up two or three days ago,
 そいつに兵士たちが何人か殺されてなぁ」 and killed a few of our soldiers.”
「その後、行方不明さ。 “He disappeared right after that.
 あの英雄セフィロスだってウワサだぜ」 There's a rumor going around that
「こら~っ! “Attention!
 すみやかに解散せ~っ!」 Dismissed!”
「おいっ! おまえっ! “Hey! Hey you!
 軍隊をなめとるんか?」 You messing with the army?”
    興味ないね {Choice}Who cares?
    知らないね {Choice}What if I am?
「たるんどる!! “You're too lazy!!
 おまえは休み時間な~し!!」 No break for you!!”
「こっちゃこ~い!」 “Get over here!”
「ルーファウス様の見送りなら “President Rufus is being
 港に集合だよ」 sent off at the port.”
「急いだほうがいいんじゃない」}
エレベーター Elevator
アルジュノン Upper Junon
「いいんですか~?」 “Are you sure it's all right?”
「勤務時間中におひるね?」 “Nap while on duty?”
    30ギル {Choice}30 gil
    用はない {Choice}Forget it
「ジュノン場末の安宿へようこそ! “Welcome to 'Inn'd of the line' in Junon.
 あっ、こんなこと Wait, I shouldn't be sayin'
 自分で言うことないか……」 stuff like that.”
「お泊まりですか?」 “Wanna spend the night?”
    30ギル {Choice}30 gil
    用はない {Choice}Forget it
「またきてよね」 “Come again.”
「やだな~! お客さん! “Aw, knock it off already!
 お金ないんじゃない! You don't have enough moolah!
 こっちが用なしですよ」 No, you 'forget it'!”
「ぐっすりおやすみなさい」 “Enjoy your stay.”
「おっはようございます! “Good morning!
 まだ眠そうな顔してますね~」 You still seem a little sleepy.”
「またの御利用おまちしてます」 “Looking forward to seeing you again.”
「値段だけは “Our rates are the same as
 高級ホテルなみにランクアップですよ」 the 1st class hotels.”
「お泊まりですか?」 “Would you like to stay?”
    400ギル {Choice}400 gil
    用はない} {Choice}Forget it
【セーブポイント】 [Save Point]
メニューを開いて「セーブ」を選ぶと Access the menu and select
ゲームの状態を保存できます。 {PURPLE}[SAVE]{WHITE} to save your game.
道具屋 Item Store
「あら、兵隊さん! “Oh, a Soldier!
 いっらっしゃい」 Welcome!”
「あら、いらっしゃい!」 “Oh, welcome!”
「まけないわ、まけないのよ!! “They're not going to get me down!
 ウェポン、メテオ、こわい客!! “Weapon, Meteor, even bad customers,
 なんといわれたって、まけないんだから!」} aren't going to get me!”
なんでも屋 Materia Store
「ど~ぞ! “Please!
 おはいりくださ~い」 Come in…”
「いらっしゃいま~せ!」 “Welcome!”
「うふ♥ “No charge for a smile…”
 この笑顔はサービスにしとくわ」
「たくさん買っていってね」 “Buy a lot, cutie!”
「カウンターへどうぞ」 “Please go to the counter.”
「ありがとうございました~!」 “Thank you very much!”
「ジュノンにはお店が多いんでね」 “There're lots of stores in Junon.”
「こうでもしないと…… “If we don't do this…we can't compete.”
 商売に勝ち残っていけないんですよ」
「でも、店の売り上げよりも “But, what bothers me is that
 女の子たちのバイト代のほうが the girls make more than me.”
 高いってのが悩みの種なんだなあ」
「もうこの世の終わりだってんで “I hired more girls after hearing
 女の子たち、増やしてみたんだけど that the world's coming to an end,
 失敗かなあ」 but I wonder if I should have.”
「ますます借金かさんじゃうなあ。 “I keep getting more and more in debt.
 なんとかふみたおしたいなあ。 I've got to get out from under it somehow.
 ウェポンだのみかなあ」 Maybe I'll have Weapon help me.”
「メテオもウェポンもわすれて “Look, why not forget about Meteor and Weapon
 こんなときこそ衝動買いなのよ!」 for now and do a little impulse shopping!?”
「ピチピチの若い子にまじって “Why don't you surround yourself with young girls
 最後にひとはなさかせたいもんじゃ」} and have some fun…maybe for the last time.”
マテリアショップ Materia Store
「いらっしゃい!」 “Welcome!”
「今日は商売あがったりで “I was just starting to get worried…
 まいってたとこさ」 You see our sales were pretty bad today.”
「いらっしゃい!!」 “Welcome!!”
「いやはや信じられません。 “I just can't believe it.
 ウェポンなんて化け物が I never thought a monster like
 ほんとにいたなんてね~」} Weapon really existed.”
武器屋 Weapon Store
「あんたに売るもんはないぜ! “I've got nothing to sell to you! Line is only spoken if you <1000 gil.
 出直してきな!」 Come back later!”
「ヘイ! ヨ! “Hey! Yo! Line is only spoke if you have >=1000 gil.
 武器がほしいのか?」 You want weapons?”
「ヘイ! ヨ! “Hey! Yo! Line is only spoken if you have >=8000 gil.
 うちの武器は上質だぜ!」 Our weapons are the best!”
「ヘイ! ヨ! “Hey! Yo! Line is only spoken if you have >65536 gil.
 お店ごと買ってくれない?」 Wanna buy the whole store?” For each line, the sound effect of passing the laser is different. An alarm is triggered if you have less than 1000 gil.
「ウェポンにやられてからヨ! “This machine hasn't been working right At this point, you can purchase from the store even when your gil is less than 1000.
 機械の調子が悪くてまいるヨ!」} ever since Weapon got to it!”
武器屋 Weapon Store
「おう! いらっしゃい! “Oh! Welcome!”
 仕入れに失敗しちゃって “We don't have much of anything now.
 ろくなもん売ってないんだけど I forgot to order
 見てってくんな!」 enough the last time
「ウェポンすごかったな~。 “Weapon was really something.
 強さじゃ、かなわないけど No one can compare with his strength.
 品ぞろえじゃ、うちの武器の勝ちだぜ」} But with a selection like this,
アクセサリー屋 Item Store
「わし、元ソルジャ~。 “I used to be in SOLDIER…
 引退して、この店をひらいたんだけど…」 Afterwards, I opened this shop…”
「ほんというと “But to tell you the truth,
 下のお店にいきたいんよ」 I'd rather be at the shop downstairs.”
「わし、元ソルジャ~。 “I used to be in SOLDIER.
 最近、どうもこんな格好がしたくなる…」 Lately, I've felt like dressing up like this…”
「どうしてかの~きせつはずれじゃの~」} “I know it's out of season, but…”
神羅会員制BAR Shinra Member's Bar
「だめね、兵隊さん。 “Hey G.I. Joe,
 勤務中でしょ」 aren't you still on duty?”
ツォン Tseng
「じゃまするな」 “Stay outta this.”
レノ Reno
「オレたちが来たからには “The President is safe
 社長の警備は万全だ、と」 because we're here.”
イリーナ Elena
「先輩たち、つまらない仕事だと “Just when I think the job's boring,
 すぐさぼるんだから」 you guys start messing around.”
「ごめんなさいね。 “I'm sorry. The bar is
 うちは神羅社員の only for Shinra employees.”
 会員制BARなの」
「ママぁ…… “Mommy…
 ぼくのママぁ……」 My mommy…”
「オレ、制服ぬいだら “I'm a good lookin' man once
 いい男なんだぜ」 I take my uniform off.”
「お酒、お酒! “Booze, booze!
 勤務中に飲むさけは格別だな」 Ain't nothing like booze
「ごめんなさいね。 “I'm sorry.
 お店閉めることにしたのよ」 I'm closing this place down.”
「ウェポンにやられて “All my regular customers were
 常連さん、みんな死んじゃったの」 killed by Weapon.”
「変な人ばっかりだったけど “Most of them were pretty weird,
 思い出が多くてね」} but I had good memories of them.”
酒場 Bar
「なんだか外は騒がしいけど “Looks like something's going on outside,
 おれたちゃ、ひるまっから酒びたり…」 but we're too smashed to do anything…”
「ゲホッゲホッ…… “Ooh, oohh…
 なんだか、あたまあつい心地」 Oh man, my head's burning up…”
「すんません! “I'm sorry!
 今日は貸し切りなんですよ!」 It's all rented out today!”
「今夜は神羅の人の打ち上げパーティで “The Shinra people are having a party
 店がいっぱいになるんですよ。 tonight, and we're all booked up.”
 どうです、あなたもいらしてみたら?」
「まだみなさん “Seems like you're all a little
 年期がたりんようですな」 too young to be in here.”
ルード Rude
「ん……? “Hmm?
 おまえもそうなのか?」 You too?”
「そうなら、マスクとってこいよ。 “Then, take your mask off and come here.
 それがオレたちのルールだ」 That's our rule.”
「わかめ…… “Seaweed…
 わかめ……」 Seaweed…”
「えんかいリーダーのルードさんがいないと “It just isn't a party without Rude!”
 どうももりあがんないなあ」
「ウェポンにメテオで “Weapon and Meteor scared everyone else off,
 みんな逃げだしちゃったけど but I'm sittin' here soused as usual.”
 オイラはやっぱり酒びたり」
「ほんとはお店しめちゃいたいんだけど “I'd like to close down this shop,
 常連さんがいるしねえ。 but we got the regulars to think about.
 よわっちゃいましたよ」} I don't know what to do…”
兵舎 Barracks
「ひどいんですよっ! “Hey, how could they do that!?
 先輩たち起こしてくれないんだもん!」 Nobody woke me up!”
「ロッカーに入れといた制服も見あたらないし。 “And I can't find the uniform
 どこかに忘れてきたのかなあ」 I left in my locker, either.
「はっ! もしや、これは… “Geez! Do you think this is
 イジメというやつでは」 what they call 'hazing?'”
「ああ~ “Oh man,
 ボクの軍隊生活、お先まっくら」 My future in the military
「パレードに遅刻したあの日から “Ever since I was late to that parade,
 毎日毎日、マンツーマンのきそくんれん」 they've been on my back everyday
「もういやでありま~す」 “I can't handle it anymore!”
「こらっ!! “Hey!!
 じゃますんな!」 Stay out of the way!”
「こらっ! “Hey!
 むだぐちたたくな!」 Stop yappin'!”
「むっ? “Hmm?
 おまえも物知りじまんか?」 A know-it-all, huh?”
「よしっ!! “All right!!
 はいってよろしい!!」 Come in!!”
「むっ? “Hmmm?
 新入りはいかん!!」 No rookies!!”
「ここはベテランしか通さん! “Only veterans can go through!
 出直してきなさい」 Come back when you've grown up.”
「むっ? “Hmmm?
 おまえは入る資格なし!」 You have no right to enter!”
「むっ? “Hmmm?
 帰ってきたな、物知りじまん!」 Back again, Mr. Know-it-all!?”
「よしっ!! “All right!
 はいってよろしい!!」 You can enter!!”
「なんとなく “I'm starting to feel like
 やめられなくなってしまったで I can't stop anymore.”
 ありま~す!!」
「まいったでありま~す! “I've been had!!
 自分も実戦にでたいでありま~す!」} I want to get in a real battle, too!”
兵舎 Barracks
『マインドアップ』を手にいれた! Received "Mind Source"!
『ラックアップ』を手にいれた! Received "Luck Source"!
『1/35神羅兵』を手にいれた! Received "1/35 soldier"!
兵舎 Barracks
「ん? “Mmm?
 自分はパレードなんていきませんよ」 I'm not going to the parade.”
「ソルジャークラス1STへの道は “The road to becoming SOLDIER
 きびしいですからね」 First Class is very difficult.”
「かまわんでください」 “Don't mind me.”
「ぜんとゆうぼうな自分は “As a man with promise and future,
 諸君らのように遊んでるひまなど I don't have any time to fool around
 ないのです」 like the rest of you.”
「ウトウト…目がかすむ……。 “Ugh…My eyes are tired…
 いや、ここががんばりどき!」 No, I've got
「ソルジャークラス1STになるまでの “At least until I become SOLDIER First Class.”
 しんぼうしんぼう」
「ガァ~ガァ~」 “…grrrrgh…grrrgh…”
「ZZZZ……」 “…zzzz…”
「ウェポン襲撃でたくさんライバルが “Most of my rivals died
 いなくなりまして……」 in the attack on Weapon.”
「あっ、もちろん自分はここで “Oh, of course, I was here, studying.”
 勉強してたんですがね」
「幻のみどり色の制服……上級仕官は “That coveted green officer's uniform
 もうすぐ自分のものですよ」 is almost in my reach.”
「そのあとは、私服組のソルジャークラス1STで “Then I'll be on the newspapers as a
 新聞に名前をのせて……」 plain clothed First Class officer
「故郷へがいせん帰国!! “Then make a triumphant return to my homeland!!
 ファンレターの山…… Tons of fan letters…
 自分の未来はモモ色だなあ」} My future's peachy!”
『パワーアップ』を手にいれた! Received "Power Source"!
『ガードアップ』を手にいれた! Received "Guard Source"!
兵舎 Barracks
「おい! “Hey!
 おまえ、勤務中だろ!」 Aren't you still on duty!?”
「もっともオレも人のこと “Look, I shouldn't talk, but…”
 言えたぎりじゃねえけどな」
「オレみたいな不良社員に “Don't become a bad worker like me.”
 なっちまうなよ」
「ここはオレたち兵士の宿舎だ。 “These barracks are for soldiers.
 一般人がうろつく場所じゃないぞ」 This is no place for civilians.”
「ウェポン戦でまじめな兵士は “All the real soldiers
 みんなやられちまった」 died fighting Weapon.”
「オレみたいな不良社員が生き残るなんて “Kind of ironic that losers like me
 ひにくなもんだが、これが現実ってやつだ」 are still alive.
「不良社員見習いであります!!」 “I'm trying to be a bad soldier!!”
「なれないものでおちつかんであります! “I just can't get the hang of it!
 うまくいかんであります!!」} This just isn't going right!!”
『スピードアップ』を手にいれた! Received "Speed Source"!
兵舎 Barracks
神羅課長 Shinra Manager
「まったくけしからんよ!」 “This is so embarassing!”
「出張先はごうかホテルだって “…and they told me I would be staying
 聞いてたのに…」 at five star hotels on these trips…”
神羅課長 Shinra Manager
「君たち、こんなところで “How can you guys sleep
 よく眠れるねえ」 in a place like this?”
まどきわ神羅課長 Shinra Manager
「ジュノンの大砲シスターレイを運ぶとかで “I only came to help transport
 出張にきたのはいいけど……」 the Sister Ray from Junon…”
「本社から、もう帰ってこなくていいって……」 “But now the company says don't
「ワタシのサラリーマン神羅人生は bother coming back…”
 いったい……」 “Is this what happens to a loyal Shinra man?”
もえつき神羅課長 Shinra Manager
「イヒヒヒヒヒ……」 “Hee Haaaw…”
「上層部がウェポンに殺されちまえば “If Weapon killed all the upper management…
 ワタシが社長に……!!」} then I'll be President!!”
『1/35神羅兵』を手にいれた! Received "1/35 soldier"!
上級者の館 Respectable Inn Expert's Hall
「ここは選ばれたもののみが “This is a Respectable Inn…
 入ることのゆるされる上級者の館」 guests only!”
「どうぞ心ゆくまで “You should absorb all the wisdom
 もてる知識をひろうするがよい」 until it is a part of you.”
「物知り元ソルジャーさんよ! “OK, Mr. Know-it-all, ex-SOLDIER!
 復讐……いや復習させてくれよ」 Let me revenge…I mean, review!”
CLOUD {Cloud}
「なにを復習したいんだ?」 “What do you want to review?”
    【ATB】について {Choice}ATB
    【飛び出す数字】について {Choice}Onscreen numbers
    【チェンジ】と【ぼうぎょ】について {Choice}Change and Defend
    【逃げる】について {Choice}Escape
    【ゲージ】について {Choice}Gauges
    【ステータス】について {Choice}Status
    【属性】について {Choice}Elementals
    【ヘルプ】について {Choice}Help
    もう復習は終わりだ {Choice}That's all
CLOUD {Cloud}
「おまえたちから金をとるほど “I'm not so low as to take money off
 落ちぶれちゃいない。 a bunch of low-lifes like you.
 ひまつぶしにつきあってやる」 I'm just doing this to kill time.”
CLOUD {Cloud}
【ATB】、すなわち【アクティブタイムバトル】 “ATB means Active Time Battle. It's a
 戦闘中、つねに時間が流れているシステムだ」 system in which time
「メニューのコンフィグでATBを【ウェイト】にすると…… “If the ATB is changed to
 戦闘中、魔法やアイテムを選んでいる間 [WAIT] in the Config Menu…
 時間が止まる」 Time stops during battle
「コマンドをゆっくり選べるというわけだ。 “That lets you select your commands carefully.
 おまえたち、初心者にはおあつらえむきだな」 It's geared especially
「同じくコンフィグでATBを【おすすめ】にすると…… “In the Config menu, if you change from ATB
 戦闘中、魔法やアイテムのエフェクトが出ている間 to [Recommended]…Time will stop
 時間が止まる」 while magic or item effects are displayed.”
「戦闘の様子をゆっくり見られるというわけだ。 “This lets you watch the effects carefully.
 落ちついて戦いたいときはこれだな」 Letting you fight at your own pace…
「俺はいつでも【アクティブ】だが “I always use ACTIVE mode,
 気にするな、好きなものを選ぶといい。 but choose what you want.
 以上だ」 That's all.”
CLOUD {Cloud}
「バトルの時に、【ピロンと飛び出す数字】 “During a battle,
 白がダメージ、が回復していることを white numbers that appear on the screen
 表している」 indicate damage,
「全滅したくなければ “Remember that,
 注意することだな」 if you don't want to be Wiped Out.”
CLOUD {Cloud}
【チェンジ】のコマンドで “Change will change your fighting position
 戦闘隊形の前列・後列を入れかえられる」 to either the front or back row.”
「後列にすると受けるダメージが減るが、攻撃力も減る。 “If you select the back row,
 【チェンジ】は、戦闘コマンドを選ぶときに the amount of damage
 【方向キーの左】を押すと可能だ」 but so is your attacking power.”
「同じく戦闘コマンドを選ぶときに “[Change] can be selected from the battle menu
 【方向キーの右】を押すと by pushing the [left Directional button].”
 【ぼうぎょ】だ」 “You can also select [Defend] from battle menu
【ぼうぎょ】のコマンドを選ぶと by pushing the Directional button to the right.”
 次のコマンド入力までのあいだ “Defend will reduce your damage by half
 ダメージを半分にすることができる」 until your next turn.”
「手強い相手には無理せず “It's better to use Defend for strong enemies.
 【ぼうぎょ】することが必要だ。 Of course, I don't need anything like that.”
 むろん、俺には関係ないことだがな」
CLOUD {Cloud}
「俺は、戦闘中、【逃げる】ことなど “I don't know too much about Escape
 めったにないから、くわしくは覚えていないが… during battles since I never do it,
 おまえたちには必要だろう」 but…someone like you might need it.”
L1ボタンR1ボタンを押しっぱなしにしていると “You can escape by holding down
 逃げられたはずだ」 {!}{Purple}[PAGEUP]{!}{White} and {!}{Purple}[PAGEDOWN]{!}{White} in battle.”
CLOUD {Cloud}
「いまは確認できないからわかりにくいかもしれんが “It might be hard to understand this next one
 とにかく、聞いておけ。 since you can't check it right now,
 戦闘中、いくつか表示されている【ゲージ】のことだ」 but just listen.”
【TIMEゲージ】 “The Time Gauge shows the time remaining
 戦闘中、次のコマンド入力が回ってくるまでの until your next turn during battle.”
 待ち時間をあらわしている」
「ゲージがいっぱいになるとコマンドの入力が可能だが “You can enter a command
 もし入力したくなければ、【△ボタン】で次のやつに once the Gauge is full,
 順番をまわすこともできる。 but if you don't want to enter a command,
 BARRETをこきつかいたい時などに便利だ」 “This is good
【LIMITゲージ】 “The Limit Gauge increases
 ダメージを受けるごとにのびていくはずだ。 as you receive damage.
 これがいっぱいになると、【リミット技】が使える」 When this is full,
【LIMITゲージ】は、各戦闘ごとにクリアされず “The Limit Gauge doesn't reset
 数をこなしただけ、たまっていくタイプだ」 after each battle,
「たまったからといって、すぐにつかわず “The trick is knowing when to use it
 【リミット技】の使いどころを見極めることが instead of using it as soon as
 大切なのは言うまでもない」 it becomes available.”
「おまえたちは知らないだろうから、教えといてやる。 “You may already know this,
 【ステータス】に、【怒り】【悲しい】という Status has two conditions:
 状態がある」
【怒り】は、【LIMITゲージ】の上がり方が早くなるが Fury and Sadness.”
 攻撃の命中率は低下する」 “Fury speeds up your Limit Gauge,
【悲しい】は、【LIMITゲージ】の上がり方が “Sadness slows down your Limit Gauge,
 遅くなるが、敵の攻撃から受けるダメージは低下する。 but also decreases the damage you receive.
 ついでに、おぼえておくといいだろう」 Keep this in mind.”
【BARRIERゲージ】 “The Barrier Gauge shows
 特定の魔法の効果時間をあらわす」 the time available for special magic effects.”
「上のゲージは、なぐられ攻撃を防ぐ魔法【バリア】 “The top gauge, Barrier, defends against attacks.
 下のゲージは、魔法攻撃を防ぐ魔法【マバリア】 And the bottom gauge, Magic Barrier,
「両方ともダメージを半分にしてくれるが “Both reduce the amount of damage by half,
 時間が経つと消えてしまう」 but disappear after several uses.”
【バリア】【マバリア】の魔法をつかったときは “Always keep an eye on the Barrier Gauge,
 【BARRIERゲージ】に注目だな」 when using Barrier and Magic Barrier spells.”
「以上だ、次の戦闘で確認してくれ」 “That's all.
CLOUD {Cloud}
「この俺の説明でもわからんようならしかたない。 “If you don't understand what I just told you,
 おまえたちの理解する能力がたりないようだ」 I guess you just have a limited capacity
「だが、安心しろ。 “But, relax.
 そんなおまえたちは、戦闘中、セレクトボタン Push {!}{Purple}[ASSIST]{!}{White} during battle.”
 押してみるといいだろう」
【ヘルプメッセージ】が、俺にかわって “A Help Message should explain
 いろいろとコマンドの説明をしてくれるはずだ」 the different commands to you.”
「敵のモンスター名なども表示されるから “It'll tell you things like the monsters' names.
 俺も気分転換に見ることもある。 Even I look at it, sometimes…
 はずかしがらずに使うといい」 so don't be ashamed to use it.”
CLOUD {Cloud}
【全滅】か…… “Wiped Out…
 俺の記憶にはないから、これは人から聞いた話だ」 I've never really seen it,
【全滅】したときに “When you get Wiped Out, you can
 前の【セーブポイント】からかせいだ経験値は continue from your last Save Point.
 そのままのこるという」 Your Experience points will not change.”
「おまえたちのような弱いヤツでも “Even wimps like you should be able to
 地道に戦えば、どんな難所でも脱出できるはずだ。 get out of difficult areas
 ありがたいことだな」 as long as you fight steadily.
CLOUD {Cloud}
【ステータス】とはキャラクターの状態のことだ」 “Status simply means
「これまで説明したことと重なるかもしれんが “I don't want to repeat myself too much,
 代表的なものをまとめといてやる」 so I'll mention the main points.”
すいみん 起きるまでコマンド入力不可になる。 Sleep
どく    戦闘中にどんどんHPが減っていく。 Poison
いかり  ダメージ倍、命中率低下。鎮静剤でもどる。 Fury
かなしい ダメージ低下。興奮剤でもどる。 Sadness
せきか  石になり、動けなくなる。全員石で全滅だ。 Petrify
こんらん 頭が混乱し、敵味方の区別がつかなくなる。 Confusion
ちんもく 全ての魔法をとなえられなくなる。 Silence
マヒ    タイムゲージ停止、コマンド入力不可 Paralysis
くらやみ なぐり攻撃の命中率低下。 Darkness
カエル  カエルになる。俺はだいきらいだ。 Frog
CLOUD {Cloud}
「フッ……さすがにつかれたな」 “Phew…I'm tired.”
【ステータス変化】はアイテムや魔法で直せるから “Changed Status can be changed
 物を買うときに確認しておくのがいいだろう」 with magic and items, so always double
CLOUD {Cloud}
【属性】は魔法や武器などに “Elementals are special Materia that
 ついてくる特別な効果のことだ」 come with magic and weapons.”
「有利に戦闘を進めるためには不可価だが “You have to use this
 【属性】を気にして戦えるようになれば to your advantage in battle.”
 もう立派な中級者とよべるな」 “Only once you start thinking
「代表的なものの一例をまとめといてやる。 in terms of Elementals can you
 あくまでも一例だ、うのみにするな」 “Here are some examples.
  火の効果。けもの、氷のモンスターにきく。 Fire
  氷の効果。寒がり、火のモンスターにきく。 Ice
  電撃の効果。機械でできたヤツにきく。 Lightning
  大地の力の攻撃。飛んでるヤツにはきかない。 Earth
  毒状態にする。もともと毒のヤツにはきかない。 Poison
  重力を使った攻撃。当たるといたいな。 Gravity
  大地の恵みの水を呼ぶ。火のモンスターにきく。 Water
  大気の風をよびおこす。飛んでるヤツにきく。 Wind
  星の力をよびおこす。暗黒のモンスターにきく。 Holy
CLOUD {Cloud}
「相反する【属性】 “Using opposite Elementals often is
 攻撃に使用することで大きな効果を得られる」 effective in battle.”
「また、同じ属性なら防御の効率があがる。 “Using the same Elementals
 だが……逆もまた真なり。 usually increases Defense.”
 気をつけることだな」 “But, the reverse is also true.
「敵のもっている【属性】をみぬくためには “To find out what Elementals an enemy has,
 【みやぶる】ことが必要だ。 you need Sense Materia.
 マテリアを手にいれたら、使ってみてくれ」 Once you get it, try it out.”
「まいどおなじみ “This is the Beginner's Hall
 初心者の館(復活編)だよ~ん!」 (Intermediate)!”
「あんたの説明が、むずかしすぎて “Your explanations were so complicated
 星に帰れなかったよ」 I couldn't return to the Planet.”
「もういちど、たのむ権利が “So, I have a right to ask you again.”
 オレにはあるよな」
CLOUD {Cloud}
「なにが知りたいんだ?」 “What do you want to know?”
    記録を残すには? {Choice}How to save?
    傷ついた味方を回復するには? {Choice}How do I cure party members?
    魔法を使った回復 {Choice}Curative Magic
    武器、防具の使い方 {Choice}Weapons and armor
    マテリアの装着 {Choice}How to apply Materia
    マテリアの高度な使い方 {Choice}Effective ways to use Materia
    戦闘時の隊形について {Choice}Battle formation
    現在の自分の状態をチェック {Choice}Checking status
    リミット技の使い方 {Choice}Limit Techniques
    その他の注意 {Choice}Other
    もう教えることはない {Choice}You got nothing to teach me!
CLOUD {Cloud}
「説明にあたって、ポーションが必要だな」 “For my explanation, I'll need a Potion.”
「せこいなあ、元ソルジャーさん。 “Man, ex-SOLDIERs sure are cheap.
 そらポーションの一個くらい、さしあげますぜ」 OK, I'll GIVE you a Potion…”
「俺もポーションの手持ちがないよ。 “I don't seem to have any on me.
 買ってきたらどうだい?」 Why don't you go buy one?”
CLOUD {Cloud}
「悪いな。 “Thanks.
 報酬だと思ってもらっておく」 I'll take that as my pay.”
CLOUD {Cloud}
「常識なのでわかっているとは思うが “I think you know the basics,
 念のため、言っておく」 but just in case…”
指示があるまで、ディスクホルダーを開けたり “Do not open the CD drive or
 他のものと取りかえたりするな change discs until instructed.”
ディスクホルダーを開けた場合 “If you open the drive,
 後のことは保証できない。 I can't guarantee anything.
 以上」 That is all.”
「物知りさん、あんたのストレス解消に “OK wise-guy, I'll ask about Materia
 マテリアの話を聞いてあげるよ」 just so you can let off some stress.”
CLOUD {Cloud}
「そうだな……」 “You're right…”
    マテリアの成長 {Choice}Growth Materia
    マテリアのしゅるい {Choice}Kinds of Materia
    マテリアの組み合わせ {Choice}Combinations of Materia
    マテリアのぶんれつ {Choice}Divisions of Materia
    もてるマテリアの数 {Choice}Number of Materia you may carry
    あとは秘密だ {Choice}The rest is a secret
CLOUD {Cloud}
「単刀直入に要点からきりだそう」 “First off, the main points.”
「マテリアの成長には “Some types of Materia, like Magic,
 魔法のように使える技が増えていくタイプ」 grow as you use them.”
「召喚のように一回のバトルで使える “Some, like Summon Magic,
 回数が増えてゆくもの」 grow from being used
「また、その効果が変わってゆくもの。 “Their effectiveness changes, too.
 ……など色々なしゅるいがある」 There are all different kinds.”
「中には、効果が変わらない物もあるが “Some types don't change, but
 そういうマテリアもぶんれつさせるためには they must grow in order to be divided.”
 成長させなければならない」
「……以上だな。 “…And that's it.
 なんだか、事務的だったかな」 Maybe that sounded too official.”
CLOUD {Cloud}
「マテリアのしゅるいか… “Types of Materia…
 一気にいくぞ!」 Here goes!”
 【独立マテリア】 “{!}{Purple}[Independent Materia]{!}{White}
 つけていればアビリティが機能するマテリア。 enables Abilities.
 【支援マテリア】 “{!}{Cyan}[Support Materia]{!}{White} is used
 コマンドや魔法、召喚マテリアと with Command, Magic,
 組にしてつかうマテリア。 and Summon Materia.”
 連結穴にセットしないと何の意味もない。 “You must equip them in linked slots or
 【コマンドマテリア】 “{!}{Yellow}[Command Materia]{!}{White} lets you use
 新しいコマンドが使えるようになる。 new commands.”
 いろいろなものがあって楽しめるマテリアだ。 “There are lots of different kinds of Materia,
 中には『たたかう』が、変化するものもある。 so you'll never get bored.
 【魔法マテリア】 “{!}{Green}[Magic Materia]{!}{White} is easy.
 これはおなじみだな。魔法が使えるようになる。 You can use Magic,
 レベルアップで新しい魔法をどんどん覚えていく。 and as your Level increases,
 【召喚マテリア】 “{!}{Red}[Summon Materia]{!}{White}
 召喚獣が使える。 let's you use Summon Magic.
 レベルアップで1回のバトルで使える回数が増える。 As your Level increases,
 俺もお気に入りのマテリアだ。 “This's one of my favorites.”
「……以上の5しゅるい」 “And there you have it,
CLOUD {Cloud}
「マテリアの組み合わせ方か。 “There's no single way to combine Materia.
 ひとすじなわではいかない。 So here goes the basics.”
 ここでは基本のおさらいといこう」
「支援マテリアの使い方…… “Support Materia…
 基本は【魔法】+【全体化】の組み合わせだ」 The basic combination is
「魔法をレベルアップすると魔法のしゅるいが増える。 “The variety of magic
 全体化をレベルアップすると you can cast will increase
 1回のバトルで全体化できる回数が増える。 as your Magic Level increases.”
 まあ、そんなところだ」 “When your All level increases,
「ん? “Huh?
 まてよ…」 Wait a sec…”
「魔法などの全体化/単体の切りかえは “You can change between Magic-All and Magic
 L1/R1ボタンで可能だ。 with {!}{Purple}[PAGEUP/PAGEDOWN]{!}{White}.
 当然、使いこなしているだろうな」 I'll bet you've probably already done this.”
「組み合わせの高度な使い方としては “One effective combination is
 【属性】+【魔法/召喚】がある」 Elemental + Summon Materia.”
「この組み合わせを武器に装備すると “If you equip this combination to your weapon,
 魔法や召喚の【属性】を you can put
 武器にはりつけることができる」 Magic and Summon Elementals
「例えば、【炎】+【属性】を剣に装備すれば “For example,
 【炎属性の剣】ができあがるというわけだ」 if you equip Fire + Elemental to
「さらに、話はそれるが…… “I'm getting off the subject,…
 【炎】+【属性】を防具に装備すれば If you equip Fire + Elemental to your armor,
 【炎のダメージ半減の防具】になる」 it will have twice
「ポイントはここだな」 “Now this is important.”
「防具に限っては、さらにお得なことに “When the Elemental levels
 【属性】がレベルアップすれば in your armor increase,
 『半減→無効→吸収』と効果が上がるのだ」 so will their effectiveness.
「レベルアップした【属性】と【炎】を “If you combined Elemental and Fire
 組み合わせれば you could develop Fire absorbing armor.”
 【炎を吸収する防具】も作れるというわけだ」
CLOUD {Cloud}
「さらに続けるとしよう。 “Wait, there's more.
 【追加効果】の支援マテリアの使い方だ」 Next is the Added Effect
「【追加効果】マテリアは、組み合わせた “The Added Effect Materia grafts
 ステータス変化系のマテリアの効果を the effects of Compound Status
 武器や防具にはりつけるためのものだ」 Materia into your weapons and armor.”
「例えば、【追加効果】+【毒】を武器につければ “For example, equip
 『たたかう』で攻撃したときに追加効果として Added Effect + Poison to
 【毒】のステータス異常をひきおこすことが可能だ。 your weapon and select [Attack].”
 もちろん、成功しないときもあるがな」 Of course, it doesn't always work.”
「【追加効果】のマテリアは【まどわす】や【時間】など “If you don't combine
 ステータス変化系のマテリアと組み合わせなければ the Added Effect Materia
 意味がない」 with Status Change Materia, like Confusion
「追加効果を細かく知りたければ “To learn more about Added Effect,
 『メニュー』を開いて『ステータス』を access the menu and check the Status.”
 チェックしろ」
「内容はハードだが “It's a little hard to get,
 落ちついて考えれば、だいじょうぶだ」 but if you take your time,
CLOUD {Cloud}
「ぶんれつか…。 “Division…
 俺もこれが得意だな」 I'm pretty good at this.”
「俺は、よく性格がぶんれつしてるといわれる。 “People tell me that my personality is divided.
 自分ではそのつもりはないが But I don't think so,
 あるいは、いまもそうかもしれないな…」 but maybe it is?”
「話を元にもどそう」 “Anyhow…”
「マテリアは最高LVにたっするとぶんれつする。 “Once your Materia reaches
 元のマテリアは、もうそれ以上成長しなくなる。 the maximum level, it will divide.”
 そうなったら、後はただ使うだけだ」 “The original Materia will no longer grow.
「新たに生まれたマテリアは “New Materia always starts out with zero AP,
 APが0の状態なので so you need to raise its levels!”
 こちらは、育てなければならない」
「もちろん、ぶんれつして生まれたマテリアも “Of course, once the new Materia
 最高レベルにたっするとまたぶんれつする。 reaches its max, it'll divide.
 こうしてマテリアを増やしてゆくんだな」 That's how you increase
「クックックッ…… “Ha, ha…
 なんだか、俺もすっかりぶんれつ気分だよ」 Right now I feel like
CLOUD {Cloud}
「ぶんれつしてマテリアがふえはじめたら “Once Materia starts dividing,
 注意が必要だ」 you must be careful.”
「マテリアのもてる数には制限がある」 “There's a limit to how much Materia
「なぜなら、俺たちは、名目上 “Since we're fighting
 星の命を守るために戦っている。 for the life of the Planet,
 故に、マテリアの持ちすぎは理念に反してる」 it goes against my beliefs
「……もちろん、これは俺の考えじゃない。 “Either way, I don't really care
 だれが言い出したかは想像に任せるよ」 but, I'll leave it up to you.”
「というわけで、もてるマテリアの数は200個と “That's why, the amount of Materia that
 俺たちが身につけている分だけだ」 we can have is limited to 200…
「マテリアがいっぱいの時は “When you have too much Materia,
 一度マテリアを手放してからでないと you need to dispose of some.
 ひろうこともできないし、買うこともできない」 If you don't, you can't take on
「そんなときは、先にマテリアをすてる…。 “So, ditch some Materia before that happens…
 フッ……星に帰してやってくれ」 Ahem…I mean,
「上級者さん! “OK. Expert!
 リミット技について Enlighten us on Limit Techniques,
 演説をひとつどうぞ!」 why doncha?”
CLOUD {Cloud}
「あまりないがな……」 “I don't have too much to say about that…”
    リミットの育て方 {Choice}Developing Limits
    リミット究極技 {Choice}Extreme Limits
    こんなところだ {Choice}That's it
CLOUD {Cloud}
「リミット技を育てる基本は、2つ。 “There are 2 basic ways of building up
 まずひとつは、ひたすらリミット技を使うことだ」 your Limit techniques.
「もうひとつは、より多くの敵にとどめをさす! “And second is to finish off
 かんたんそうだが、意外とむずかしい」 as many enemies as possible!
「もはや常識だが、新たなレベルのリミット技を “Everyone knows that when you gain
 覚えたら、メニューでリミットレベルを a new Limit technique,
 セットしなおさなければならない」 you need to select it in the menu.”
「……まさか、わすれてないだろうな。 “And you know that you won't be able to use
 各レベルの上級技はそのレベルの基本技を advanced techniques on each level
 使っていないとあみだすことはできないからな」 if you haven't used the basic ones.”
「リミット技の成長・種類には、個人差があるから “Since the type and growth
 俺に言えることはこれくらいだ」 for each limit techniques
CLOUD {Cloud}
「昔の話だが、うわさを聞いたことがある。 “A long time ago I heard extreme techniques
 リミット技には、究極の技が存在するという」 exist within the Limit techniques.”
「だが、これはふつうの方法では “But, if that's true you wouldn't be able to
 使えるようにならない。 get it in any normal way.
 俺の知っているのは、そこまでだ」 That's about all I know about it.”
『てきのわざ』のマテリアを手にいれた! Received "Enemy Skill" Materia!
これいじょうマテリアは持てません。 You cannot take on any more Materia.
なにかマテリアをすててください。} Please discard some Materia.
ジュノン・通路 Junon Path Junon, Passage
「なんだい? “What is it?
 いま、定期点検中なんで The elevator's out of order
 エレベーターは動かせないよ」 for an inspection.”
「ちなみに……この下には “You know, right under us
 潜水監ドッグと海底魔晄炉が is a {!}{Cyan}Submarine Dock{!}{White}
 あるんだけどね」 and the {!}{Cyan}Underwater Mako Reactor{!}{White}.”
「魔晄エネルギーは機械のしょうもうが “Mako energy puts a lot of wear and tear
 はげしいからね」 on the machinery.”
「あちこちガタがくるのがはやいんだ。 “A lot of problems can pop up.
 まめな点検と整備がかかせないのさ」 So it's necessary for close inspections
「こりゃ!! 一般人!! “Hey!! Civilian!!
 くんれんのじゃまをすな~!!」 Stay out of our training!!”
「はしっこを “Go around them!
 ちいさくなって進め~!!」 And stay out of their way!!”
「うっし!! “All right!!
 くんれんの成果をみせちゃれ!」 Let's see how hard you trained!”
「全員、とっつげき~!!」 “Attention! Charge!!”
「こ、こりゃ~!! “He…hey!!
 そっちは、海底魔晄炉!! That's the Underwater Reactor!!
 逃げんな~!!」 Come back!!”
「我が友軍は~ 現在【コレル魔晄炉】と~ “Our forces are in the process of gathering
 【コンドルフォート魔晄炉】の~ the Huge Materia from the Corel and the
 ヒュージマテリア回収大作戦を実行中だ!」 Fort Condor Reactors!”
「その2つのミッションが終われば “Once these two missions are completed,
 次はここの地下の海底魔晄炉が the Underwater Reactor will be
 大作戦の対象にな~る」 our next target!”
「それまでは、いっしょうけんめい “Till then, we do nothing but train, train, train!”
 くんれん、くんれん、くんれんだ!」}
エルジュノン Lower Junon
エルジュノン Lower Junon
「よう! おつかれさん! “Oh! How's it going!?
 ジュノンドックなら If you're looking for Junon dock,
 あっちだぜ!」 it's over there!”
「このリフトは上の神羅カンパニー区画に “This lift goes to the Shinra section.”
 つながってんだが……」 “Ever since that Black-caped murderer…
「例の黒マント男の殺人事件があったからな。 But we can't use it
 いまは警戒中で自由には使えないんだ」} because we're all on red alert.”
エルジュノン Lower Junon
「ジュノン名物!! “Need a heli-taxi?
 スキッフタクシーはいかが?」 Only in Junon!”
「空軍のサービス事業なんで “Free
 お代はいらないよ!」 to Air Force personnel!”
    タクシーよぶ {Choice}Sure
    やめておく {Choice}Nope
「ラジャ!! “Roger!!
 へい! 運転手さん!!」 Hey! Taxi!!”
「乗りたくなったら “Just holler when you want a ride!”
 また声をかけてよ!」 “But if you get airsick easily,
「車に酔いやすい人は maybe you'd better not go.”
 やめたほうがいいかもね」
「お客さん、どこまでいきやしょ?」 “Where to?”
    となり町まで {Choice}Next sector
    ジュノンの外まで {Choice}Outside Junon
「では、となり町まで “Right!
 おたっしゃで!!」 The next sector it is!!”
「では、町の外まで “Then outside Junon it is!
 おたっしゃで!!」} Take care!!”
ジュノン港 Junon Dock Junon Harbour
「よーし、時間だっ!」 “All right, it's time!”
「整列っ~!」 “Ten…HUT!”
「ルーファウス……様、到着よ!」 “President Rufus…has now arrived!”
「いざっ本番!! “This is it!!
 ジュノン軍隊式お見送り~!」 Junon Military Reception!”
「軍人らし~く 元気よ~く “Do it right! Do it with enthusiasm!
 さんはいっ!」 Ready…!”
「すわっ! “All right!
 最後は決めるぞ!!」 Now finish strong!!”
「スペシャ~ル!!」 “SPECIAL!!”
「○:サークル!」 “{!}{Purple}[OK]{!}{White}!”
「△:トライアングル!」 “{!}{Purple}[MENU]{!}{White}!”
「□:スクウェア!」 “{!}{Purple}[SWITCH]{!}{White}!”
「×:クロス!」 “{!}{Purple}[CANCEL]{!}{White}!”
:ライトターン!」 “Right: Right Face!”
:レフトターン!」 “Left: Left Face!”
 社長好感度 !    {Choice}{Choice} President's Mood Gauge The counter planned as a variable in the dialogue box but in game is implemented as an "animation" (or what to call it).
 社長好感度 President's Mood Gauge{Choice}
ルーファウス Rufus
「楽しませてもらった。 “Very entertaining.
 今後もがんばってくれたまえ」 Keep up the good work.”
ルーファウス Rufus
「くんれんがたりんようだな」 “Looks like you need more practice.”
「このせいせきでは、減給もありうると “With things looking this bad,
 思ってくれたまえ」 you better get ready for cutbacks.”
ルーファウス Rufus
「上出来だ」 “Well done.”
「今後も我が神羅カンパニーのため “Keep up the good work for Shinra, Inc.”
 全力をつくしてもらいたい」
ハイデッカー Heidegger
「ガハハハハハ!! “Gya haa ha!!
 特別ボーナスだぞ、おまえら!!」 Here's a special bonus for you!!”
「ルーファウス社長のご好意だ! “A token of the President's kindness!
 きもに命じとけ!」 Don't forget it!”
『フォースイーター』を手にいれた! Received "Force Stealer"!
『HPアップ』のマテリアを手にいれた! Received "HP Plus" Materia!
『銀縁メガネ』を手にいれた! Received "Silver Glasses"!
ルーファウス Rufus
「セフィロスがここに来たという “Once the word gets out that Sephiroth's here,
 ウワサがひろまれば {Cloud} and his friends
 CLOUDたちもあらわれるはずだ」 will show up, too.”
ハイデッカー Heidegger
「みつけしだいヒネリつぶします!」 “We'll crush them as soon as we find them!”
ルーファウス Rufus
「邪魔をされてはかなわんからな」 “We can't have them get in our way.”
ハイデッカー Heidegger
「おまかせ下さい! “Leave it up to me, sir!
 ガハハハハハハ!」 Gya haa ha!”
ルーファウス Rufus
「やめろと言ったはずだが……」 “I thought I told you to stop that stupid laugh.”
ハイデッカー Heidegger
「ガハ……」 “Gya…”
「よーしっ! 解散!」 “All right! Dismissed!”
「あぶなかったな」 “That was close.”
「ハイデッカーは “Heidegger's been really edgy lately.”
 イライラしてるからな」
「なんでも本社の宝条が “Because Hojo disappeared,
 会社をやめると言い残して leaving a letter of resignation.”
 行方不明になったらしいんだ」
「ハイデッカーはその捜索も “Heidegger's been forced to take
 まかされたらしいからな」 over that investigation, too.”
「こらーっ! “Hey!
 解散だと言っとろうが~!」 I thought you were dismissed!”
「あとかたづけがのこっちょる! “We got some cleaning up to do!
 はよせいよ!」 Hurry up!”
RED XIII {Red XIII}
「おい、急げ。 “Hey, hurry.
 あとはおまえだけだ」 You're the last one.”
CLOUD {Cloud}
「どうやって来たんだ?」 “How did you get here?”
RED XIII {Red XIII}
「イルカに乗せてもらった」 “A dolphin gave me a ride.”
「おまえが柱をのぼったあと “Priscilla remembered it
 プリシラが思いついたんだ。 after you climbed the pole.
 悪く思うな」 But don't be mad at her.”
CLOUD {Cloud}
「俺たちは新たな大陸に向け、海を渡る」 “We'll cross the ocean, to the new continent.”
「神羅の軍服につつまれながら……」 “…even if we are wearing Shinra's uniforms…”
「最近、ルーファウス効果ってやつで “Lately the economy
 景気がよくなってね」 seems to be improving.
「運搬船はいつでもコスタ・デル・ソルに Must be the 'Rufus' effect.”
 出航してるんだ」
「密航者もおおめに見てやるけど “Cargo ships are always coming
 にもつ運びぐらいは手伝えよな」} and going from Costa del Sol.”
ジュノン港 Junon Dock Junon Harbour
「船が港にない日にはいつもここで “Everyday there's no ship coming in,
 海に沈む太陽を見てるんだ」 I always come here
「大きな海原につつまれるように “The sun disappears like it's
 消えていく太陽」 being swallowed up
「その先に広がる未知の大陸。 “And somewhere out there is
 そして、そこにもまた港街さ」 a big unknown continent
「こんなたそがれ時には “Twilight always gets me misty…”
 しみじみ思っちゃうわけよ」
「海の男になってよかったなあ、と」 “I'm so glad I became a seaman.”
「ロマンチストのこの俺も “I haven't had a girlfriend in 18 years.
 今年で彼女いない歴18年。 And I'm a romantic! …geez.”
 ……ふぅ」
「あっ! いまはウェポン騒動で “Well…I wouldn't have time
 それどころじゃないんだけどね」} for one now anyway