Dialogue Script

Chapter: 16 - Costa Del Sol

Costa Del Sol, from arriving to speaking with Hojo and leaving, with ALL NPCs at all times.

 
FF7 International ScriptFF7 PC English ScriptMissing TranslationNotes
JAPANESE (Intl Ver) PC ENGLISH
コスタ・デル・ソル港 Costa del Sol Harbor Costa del Sol Harbour
BARRET {Barret}
「カッ~!! “Damn!
 あついな、ここは!」 Sure is hot here!”
「だがよ、せいせいしたぜ! “But I sure feel better
 これで、ちっこいセーラー服と now that I can say good-bye
 おさらばだからな」 to this sailor suit.”
「いいか!! “Yo listen up!!
 こっからは一般人として行動しろ!」 Y'all be sure to mingle like
AERITH {Aeris}
「あら残念、BARRETの水兵姿。 “Oh, too bad.
 かわいかったのに、けっこう」 I liked {Barret}'s sailor suit.
BARRET {Barret}
「……かわいいだと」 “…What'ya mean 'cute'?”
TIFA {Tifa}
「うんうん」 “Right…well, uh…”
「BARRET、あのセーラー服 “{Barret}, why don't you use that
 パジャマにしなさい」 sailor suit for pajamas?”
「ね、CLOUDもそう思うでしょ?」 “Right, {Cloud}?”
    そうだな {Choice}I guess
    そんなことよりセフィロスを {Choice}Keep your mind on Sephiroth
CLOUD {Cloud}
「俺たちはバカンスで来たんじゃない。 “Remember, this isn't a vacation.
 セフィロスを追うんだ」 We're here after Sephiroth.”
「先を急ぐぞ」 “I'm going on ahead.”
BARRET {Barret}
「ケッ!! CLOUDさんよ。 “Hmmph, {Cloud}. You're the one
 道草が好きなのは、おまえさんだろ」 who's always hangin' around wastin' time.”
「こんな場ちがいなリゾート地は “I'm going to skip this resort!”
 すっ飛ばしていくぜ!!」
CLOUD {Cloud}
「ああ… “Ahhh…
 マシュマロかぶったクマみたいで You look like a bear wearing a marshmallow.”
 ぴったりだったな」
BARRET {Barret}
「なにっ!! よけいな世話だ! “The hell's that supposed to mean!?
 オレはこの一張羅が This happens to be the most comfortable,
 いちばん落ちつくんだ」 so shu'up!”
RED XIII {Red XIII}
「ゼェゼェ……」 “…puff…puff…”
「すまないが、少し急いでくれないか。 “Would you kindly hurry?
 ここは暑い、私のアカハナがかわいてしまう」 The heat here is drying my nose.”
YUFFIE {Yuffie}
「あたしもっ!!」 “Yeah, mine, too!!”
CLOUD {Cloud}
「わかった。 “All right.
 小休止の後、出発する」 We'll take a break and then head off.”
「あまり、遠くへは行くな」 “Don't wander too far off.”
BARRET {Barret}
「チッ! “I'll wander wherever I damn well want!
 すっかりリーダー気取りだな」 Who made him the leader?”
RED XIII {Red XIII}
「じまんのけなみが “It looks like my mane got messed up.”
 みだれてきたようだ」
「すずしいところで休んでいるよ」 “I'm going to rest somewhere cool.”
TIFA {Tifa}
「およぎにいっちゃおうかな」 “I think I'll go swimming.”
AERITH {Aeris}
「そうしよっか?」 “Sounds good to me!”
AERITH {Aeris}
「んん……? CLOUD君 “Hmm? {Cloud},
 いまなんか想像しちゃったかな?」 are you thinking of anything in particular?”
「クールな顔がくずれてますよ~」 “Your cool exterior's cracking…”
AERITH {Aeris}
「さ、いこいこ!」 “Well then, let's go!”
AERITH {Aeris}
「たまには日焼けでもしちゃおっかな」 “Maybe I should get a tan for a change.”
「CLOUDはどっちが好み?」 “Which do you like, {Cloud}?”
    はだは白いほうが好きだ {Choice}I like fair complexions
    元気に焼けてるほうがいいかな {Choice}Maybe a healthy tan is nice
AERITH {Aeris}
「ハイっ、参考にしとくね」 “Got it. I'll remember that.”
YUFFIE {Yuffie}
「さがさないでくれよっ!」 “Don't bother looking for me!”
「長時間の船旅 “What a long boat ride that was!!”
 おつかれさまです!!」
ルーファウス Rufus
「ウム…… “Hmmm…
 ごくろう……」 Good work everyone…”
ハイデッカー Heidegger
「ガハハハハ!! “Gya, Haa, haa…ha!!
 スキッフの準備を急げ!」 Hurry up with that!”
「ハッ!!」 “Yes, sir!!”
ルーファウス Rufus
「セフィロスが乗っていたらしいな」 “I heard Sephiroth was on board.”
ハイデッカー Heidegger
「……はっ」 “Yes.”
ルーファウス Rufus
「CLOUDたちも乗っていたらしいな」 “And it seems {Cloud}
ハイデッカー Heidegger
「……はっ」 “Yes.”
ルーファウス Rufus
「どちらも取り逃がした……。 “They all slipped through…
 大失態だな、ハイデッカーくん」 You messed up big this time, Heidegger.”
ハイデッカー Heidegger
「めんぼくない……です」 “I'm ashamed of myself.”
ルーファウス Rufus
「いつから返事とあやまることしか “Is that all you can do?
 できなくなったのだ…きみは」 Give one word answers
ルーファウス Rufus
「……なんとかしたまえ。 “Do something.
 期待している」 I'll be expecting results.”
「スキッフ発進準備 “Ready for departure, sir!!”
 完了いたしました!!」
ルーファウス Rufus
「わかった。 “Very well then.
 早かったな」 That was fast.”
「ウム…君は優秀だ。
 覚えておこう」
「ハッ!! “YES, SIR!!
 ありがとうございます」 Thank you, sir.”
ルーファウス Rufus
「いいかね? ハイデッカーくん。 “Remember Heidegger,
 失敗は1度までだ」 You're allowed only one mistake.”
「次は君が作業服を着ることになる。 [JP-exclusive Text Page]
 ポストは少ない……。 -||-
 だが、かわりはいくらでもいる」 -||-
「オレ、わかだいしょう!」 “I'm the boss!”
「あなたたち、アクセク働く運搬船の労働者には “On the marine blue sea,
 わからないでしょうねえ」 Gazing at the eternal skies
「マリンブルーの海の上、どこまでも続く Gives you the feeling like
 イターナルな空をながめながら you're taking a nap on the wing of a Cessna.”
 セスナのつばさの上でおひるねする気分」
「そりゃあ、もう最高なのよ」 “It's the ultimate high!”
「なかなか、いい男ね……」 “He's quite handsome, isn't he?”
「あっ! あなたのことじゃないから “Oh, don't worry, I'm not talking about you.”
 安心して」
「ルーファウス社長のことよ。 “I'm talking about President Rufus.
 魅力的よね、お金もってるし Charming, rich, blond…
 金髪だし、ダブルのスーツだし」 He even looks good in a double-breasted suit.”
「ヘラヘラ…… “Heh, heh…
 もうじき、神羅のお偉方がつくんだってよ」 I hear the Shinra brass are arriving soon.”
「ヘラヘラ…… “Heh, heh!
 俺たちにはぜんぜん関係ねえよな」 Got nothing to do with us, does it?”
「おっと!! “Hey!
 離れて離れて!!」 Spread out, all of you, out!!”
「しもんつけたり、傷つけたり “Put any fingerprints, scratches, or dents
 へこませたりしたら on that plane and I'll put one in your head!”
 ただじゃおかないぞ」
「飛・行・機!! “Da plane, da plane!!
 君たちには、一生 This's something
 手のとどかないしろもの」 you'll never be able to do in your lifetime.”
「ま、せいぜい遠くから “So you just watch from a distance…
 ながめるだけにしてくれよ」 and wish.”
「ここは太陽ふりそそぐ常夏の楽園。 “Costa del Sol…a harbor paradise
 コスタデルソルの港!」 where the sun always shines
「う~ん、うまくいきません…。 “Hmm…Things aren't going well…
 観光案内は、街のほうでどうぞ」 You can go sightseeing in the city.”
「君たち密航者なんでしょ」 “You're stowaways, right?”
「いやあ、いいですよ。 “It's okay.
 もう、なれっこですから」 I'm used to them.”
「じつは、僕もここに就職する前ね。 “The truth is, before I worked here,
 密航の常習者だったりなんかしちゃって」 I was one of the best.”
「じゃましないでくれよ。 “Don't bug me.
 ルーファウスさんが社長就任以来 This is Rufus's first official visit
 初の到着なんだ」 since becoming President.”
「今回はめずらしく仕事の用事みたい “It seems like he's here
 なんだけどね」 on business this time.”
「でも、うらやましいよなあ。 “I'm so jealous of him I could spit.
 ボクとそんなに年もかわらないのに We're both about the same age
 社長だもんなあ」 but he's President.”
「まいったなあ…。 “Oh crap…
 神羅の課長さん、おりてこないんですよ」 The manager of Shinra won't come down.”
「出張で来てるのにねえ。 “Even though the President's here on business.
 仕事忘れちゃって、遊んでばっかり」 All he does is play,
「ルーファウスさんに “Rufus complimented me on my job!”
 ほめられちゃいましたよ!」
「いやあ~~ “Wow!!
 仕事のしがいがあるってもんです」 I guess it pays to do good work.”
「まいったなあ。 “Damn.
 パンツまでびしょびしょ」 I'm soaking wet down to my underwear.”
「あ! あんたたち、もしかして “Oops! You must be those AVALANCHE guys!”
 ちまたで噂のアバランチの残堂!!」
「さ! 早く逃げて逃げて。 “Quick! Let's get outta here!
 運搬船はハイデッカーの管理下に Heidegger's in charge of the transport ship.”
 置かれちゃいましたよ」
「たいへんですね、おたがい」 “That's tough for both of us.”
「神羅のスキッフ、乗ってみたいかい?」 “Ride the Shinra ship?
    そうだな、悪くないな {Choice}Yeah, I could go for that
    そうじゅう、難しそうだな {Choice}Don't think I could steer it
「そうか……そうなのか」 “Oh…is that so?”
「う~ん! “Yep!
 中古の払い下げスキッフがあるんだけど Actually, we do have an old junker
 観光客相手の商売でもはじめようかと we're gonna get rid of,
 思ってね」 And I was thinking about
「でも、いざやるとなると大変だから…。 “But it's probably tougher than it looks
 もすこし、考えさせてよ」 I better think this through a little more…”
「そうだよな! “Yeah.
 素人には無理だよな!」 It's too much for an amateur!”
神羅課長 Shinra manager
「ウォォォ!!! “Oh, oh, oh!!!
 こんな会社、やめてやるぅ!!」 I'm gonna quit this company!!”
「やめてやるっぞう!!」 “I mean it, I'm really gonna quit!!”
神羅課長 Shinra manager
「ハイデッカーの “Heidegger's such an idiot!!”
 バカヤロウッー!!」
「ルーファウスの “And Rufus, acting all big!!”
 かっこつけやろうー!!」
神羅課長 Shinra manager
「ああ、きもちいい……」 “God, that sure felt good…”
「運搬船は、当分の間、出航しませんよ。 “The transport ship won't be sailing
 ハイデッカーの指示なしにはね」 for quite awhile.
「あ、もしかして密航かい? [JP-exclusive Text Page]
 そろそろだいじょうぶだぜ」 -||-
「ただし!! 僕にも家ではらすかせて “Thinking of being stowaways?”
 待ってる家族がいる。
 ただってわけにはいかない」
「ジュノンまで100ギル。 “It's 100 gil to Junon.
 そんだけもらえれば Give it to me,
 船長に口聞いてあげてもいいぜ」 and I'll put in a good word with the captain.”
「どうする?」 “What'll we do?”
    100ギル払う {Choice} Pay up
    やめておく {Choice} Don't do it
「そうかい、密航したくなったら “Thank you. Come back any time
 いつでもおいでよ」 you want to stowaway on our ship.”
「お~い、金もないのに密航だなんて “Hey! No money?
 笑わせんなよ」 And you're trying to stowaway?
「おっけ~。 “Okay.
 ほら、こっちだ」 Come on. This way.”
「快適な船旅とはいえないだろけど “It's not the most pleasant ride
 がまんしてくれよな」 but make the best of it.”
「ルーファウスさんにほめられて以来 “Ever since Rufus complimented him,
 ひとしきり走り回って来ましたが he strutted around for awhile,
 なんの音さたもなし……」 and haven't heard a peep from him since…”
「これはあれですかね [JP-exclusive Text Page]
 人を使うのがうまいというやつ」 -||-
「でも、ボクは負けないぞ。 -||-
 運搬船も動きはじめたことだしね」 -||-
「今日も最高のおひるね日平。 “Today's a great day for a nap in the sun.
 もうそれだけでごっきげんなのよね~!」 It always puts me in a good mood!”
「あれ、君たち? “Hey, who're you?
 世界を飛びまわってるって顔してるね。 You look like
 なんだか知らないけど、がんばってくれよ」 you've been around the world twice.”
「メテオだなんだと、みなさん大あわてで “I don't know what your story is,
 最後のヴァカンスをとりにやってくるもんだから but hang in there.”
 ボクら、かえっていそがしいですよ」 “Everyone's in a rush to get one last vacation in
「はぁ……ボク、最後まで走りまわって before the Meteor strikes.
 いるんだなあ」 That's why it's so busy here.”
「ジュノン行きはでてないんだ。 “There's no ship to Junon.
 最近、物資の買い占めが多くて Recently, there's been a hoard on materials.
 もうてんてこまいさ」 Everything's topsy-turvy.”
「こうしておひるねしていられるのも “Not gonna be able to nap like this
 あとわずかな時間なのね」 for much longer.”
「そう思うとなんだか “When you put it that way, I feel kind of sad.”
 さみしい気分になっちゃうのよ」
「ま、俺は気楽なもんだよ。 “Well, I'm not worried.
 いざとなれば空に逃げちゃうからねえ」 When it all comes down,
「一番の間題は…… “The only problem is…
 おりる場所が残っているかどうかだよな」} will there be anywhere
コスタ・デル・ソル港 Costa del Sol harbor Costa del Sol Harbour
{Barret}
「カッー!! “Damn!
 あついな、ここは!」 Sure is hot here!”
「だがよ、せいせいしたぜ! “But I sure am glad
 これで、ちっこいセーラー服と I can get rid of
 おさらばだからな」 that damn sailor suit.”
{Aeris}
「あら、の水兵姿。 “Oh‚too bad.
 かわいかったよ、けっこう」 I liked {Barret}'s sailor suit.
{Barret}
「……かわいいだと」 “What'ya mean 'cute'?”
{Tifa}
「うんうん。 “Right…well, uh…”
 、あのセーラー服 “{Barret}, why don't you use that
 パジャマにしなさい」 sailor suit for pajamas?”
「ね、もそう思うでしょ?」 “Right, {Cloud}?”
    そうだな     Yeah‚maybe…
    そんなことより黒マント男を     Concentrate on     Sephiroth
{Cloud}
「俺たちはバカンスで来たんじゃない。 “Remember‚this isn't a vacation.
 セフィロスを追うんだ」 We're here after Sephiroth.”
「先を急ぐぞ」 “I'm going on ahead.”
{Barret}
「ケッ!! さんよ。 “Hmmph‚{Cloud}. You're the one,
 道草が好きなのは、おまえさんだろ」 who's always hangin' around wastin' time.”
「こんな場ちがいなリゾート地は “I'm checkin' this place out!”
 すっ飛ばしていくぜ!!」
{Cloud}
「ああ… “Ahhh…
 マシュマロかぶったクマみたいで You look like a bear wearing a marshmallow.”
 ぴったりだったな」
{Barret}
「なにっ!! よけいな世話だ! “The hell's that supposed to mean!?
 オレはこの一張羅が This happens to be more comfortable,
 いちばん落ちつくんだ」 so shu'up!”
{Red XIII}
「ゼェゼェ……」 “…puff…puff…”
「すまないが、少し急いでくれないか。 “Would you kindly hurry?
 ここは暑い、私のしたがかわいてしまう」 The heat here is drying my nose.”
{Yuffie}
「あたしもっ!!」 “Yeah‚mine‚too!!”
{Cloud}
「わかった。 “All right.
 小休止の後、出発する」 We'll take a break and then head off.”
「あまり、遠くへは行くな」 “Don't wander too far.”
{Barret}
「チッ! “I'll wander wherever I damn well want!
 すっかりリーダー気取りだな」 Who made him the leader?”
{Red XIII}
「じまんのけなみが “It looks like my mane got messed up.”
 みだれてきたようだ」 “I'm going to rest somewhere cool.”
「すずしいところで休んでいるよ」
{Tifa}
「およぎにいっちゃおうかな」 “I think I'll go swimming.”
{Aeris}
「そうしよっか?」 “Sounds good to me!”
{Aeris}
「んん……?  “Hmm? {Cloud},
 いまなんか想像しちゃったかな?」 are you thinking of anything in particular?”
「クールな顔がくずれてますよ~」 “Your cool exterior's cracking…”
{Aeris}
「さ、いこいこ!」 “Well then‚let's go!”
{Aeris}
「たまには日焼けでもしちゃおっかな」 “Maybe I should get a tan for a change?”
はどっちが好み?」 “Which do you like‚{Cloud}?”
    はだは白いほうが好きだ     I like fair     complexions
    元気に焼けてるほうがいいかな     Maybe a healthy     tan is nice
{Aeris}
「ハイっ、参考にしとくね」 “Got it. I'll remember that.”
{Yuffie}
「さがさないでくれよっ!」 “Don't bother looking for me!”
「長時間の船旅
 おつかれさまです!!」 “Geez what a long boat ride!!”
ルーファウス Rufus
「ウム…… “Hmmm…
 ごくろう……」 Good work everyone…”
ハイデッカー Heidegger
「ガハハハハ!! “Gya‚haa‚haa!!
 スキッフの準備を急げ!」 Hurry up with that!”
「ハッ!!」 “Yes‚sir!!”
ルーファウス Rufus
「セフィロスが乗っていたらしいな」 “I heard Sephiroth was on board.”
ハイデッカー Heidegger
「……はっ」 “…Yes.”
ルーファウス Rufus
たちも乗っていたらしいな」 “And it seems {Cloud}
ハイデッカー Heidegger
「……はっ」 “…Yes.” Loveless marks this as unused, but the above "Yes" is only used once, so it can't be unused.
ルーファウス Rufus
「どちらも取り逃がした……。 “They all slipped through…
 大失態だな、ハイデッカーくん」 You messed up big this time‚Heidegger.”
ハイデッカー Heidegger
「めんぼくない……です」 “I'm ashamed of myself.”
ルーファウス Rufus
「いつから返事とあやまることしか “Is that all you can do?”
 できなくなったのだ…きみは」 “Give one word answers
ルーファウス Rufus
「……なんとかしたまえ。 “Do something.
 期待している」 I'll be expecting results.”
「スキッフ発進準備
 完了いたしました!!」 “Ready for departure‚sir!!”
ルーファウス Rufus
「わかった。 “Very well then.
 早かったな」 That was fast.”
「ウム…君は優秀だ。 [JP-exclusive Text Page]
 覚えておこう」 -||-
「ハッ!! “YES‚SIR!!
 ありがとうございます」 Thank you‚sir.”
ルーファウス Rufus
「いいかね? ハイデッカーくん。 “Remember Heidegger,
 失敗は1度までだ」 Only one more mistake.”
「次は君が作業服を着ることになる。 [JP-exclusive Text Page]
 ポストは少ない……。 -||-
 だが、かわりはいくらでもいる」 -||-
「オレ、わかだいしょう!」 “I'm the boss!”
「あなたたち、アクセク働く運搬船の労働者には “You'll never know what it's like
 わからないでしょうねえ。 to toil away on the ship.”
「マリンブルーの海の上、どこまでも続く “Sailing over the blue sea,
 イターナルな空をながめながら gazing up at a sky
 セスナのつばさの上でおひるねする気分。 that seems to drift on forever.
「そりゃあ、もう最高なのよ」 Feels like you're taking a
「なかなか、いい男ね……」 “Handsome…isn't he?”
「あっ! あなたのことじゃないから “Don't worry‚I'm not talking about you.”
 安心して。 “I'm talking about President Rufus.
「ルーファウス社長のことよ。 Charming‚rich‚blond…
 魅力的よね、お金もってるし He even looks good in a suit.”
 金髪だし、ダブルのスーツだし」
「ヘラヘラ…… “Heh‚heh…
 もうじき、神羅のお偉方がつくんだってよ。 I hear the Shinra brass are arriving soon.”
「ヘラヘラ…… “Heh‚heh…!
 俺たちにはぜんぜん関係ねえよな」 Got nothing to do with us‚does it?”
「おっと!! “Hey!
 離れて離れて!! Spread out‚all of you‚out!!”
「しもんつけたり、傷つけたり “Any of you put a scratch or a dent
 へこませたりしたら in that plane and I'll put one in your head!”
 ただじゃおかないぞ。 “Da plane‚da plane!!
「飛・行・機!! Here's something you'll probably
 君たちには、一生 never get to do in your lifetime.”
 手のとどかないしろもの。 “So let's just watch from here…
「ま、せいぜい遠くから and wish.”
 ながめるだけにしてくれよ」
「ここは太陽ふりそそぐ常夏の楽園。 “Costa del Sol…a harbor paradise
 コスタデルソルの港! where the sun always shines
「う~ん、うまくいきません…。 and it's summer all year round!”
 観光案内は、街のほうでどうぞ」 “Hmm…Things aren't going well…
「君たち密航者なんでしょ。 “Stowaways‚right?”
「いやあ、いいですよ。 “It's okay.
 もう、なれっこですから。 I'm used to them.”
「じつは、僕もここに就職する前ね。 “The truth is‚before I worked here,
 密航の常習者だったりなんかしちゃって」 I was one of the best.”
「じゃましないでくれよ。 “Don't bug me.
 ルーファウスさんが社長就任以来 This is Rufus's first official visit
 初の到着なんだ。 since becoming President.”
「今回はめずらしく仕事の用事みたい “It seems like he's here
 なんだけどね。 on business this time.”
「でも、うらやましいよなあ。 “I'm so jealous of him‚I could spit.
 ボクとそんなに年もかわらないのに We're both about the same age,
 社長だもんなあ」 but‚he's President.”
「まいったなあ…。 “Oh crap…
 神羅の課長さん、おりてこないんですよ。 The Shinra Manager won't come down.”
「出張で来てるのにねえ。 “Even though the President's here on business.
 仕事忘れちゃって、遊んでばっかり」 All he does is play,
「ルーファウスさんに “Rufus complimented me on my job!”
 ほめられちゃいましたよ! “Wow!!
「いやあ~~ I guess it pays to do good work.”
 仕事のしがいがあるってもんです」
「まいったなあ。 “Damn.
 パンツまでびしょびしょ。 I'm soaked down to my underwear.”
「あ! あんたたち、もしかして “Oops! You must be those AVALANCHE guys!”
 ちまたで噂のアバランチの残堂!! “Quick! Let's get outta here!
「さ! 早く逃げて逃げて。 Heidegger's in charge of the transport ship.”
 運搬船はハイデッカーの管理下に “That's tough for both of us.”
 置かれちゃいましたよ。
「たいへんですね、おたがい」
「神羅のスキッフ、乗ってみたいかい?」 “Ride the Shinra ship?
    そうだな、悪くないな     Yeah‚sounds good
    そうじゅう、難しそうだな     I couldn't steer it
「そうか……そうなのか。 “Oh…is that so?”
「う~ん! “Yep!
 中古の払い下げスキッフがあるんだけど Actually‚we do have an old junker
 観光客相手の商売でもはじめようかと we're gonna get rid of,
 思ってね。 And I was thinking about
「でも、いざやるとなると大変だから…。 going into the tourist business.”
 もすこし、考えさせてよ」 “It's a little tougher than it looks
「そうだよな! “Yeah.
 素人には無理だよな!」 It's too much for an amateur!”
神羅課長 Shinra Manager
「ウォォォ!!! “Oh‚oh‚oh!!!
 こんな会社、やめてやるぅ!!」 I'm gonna quit this company!!”
「やめてやるっぞう!!」 “I mean it‚I'm really gonna quit!!”
神羅課長 Shinra manager
「ハイデッカーの “Heidegger's such an idiot!!”
 バカヤロウッー!! “And Rufus‚acting all big!!”
「ルーファウスの
 かっこつけやろうー!!」
神羅課長 Shinra manager
「ああ、きもちいい……」 “God‚that sure felt good…”
「運搬船は、当分の間、出航しませんよ。 “The transport ship won't be sailing
 ハイデッカーの指示なしにはね」 for quite awhile.
[Eng-exclusive entries below! Copied from DEL1 by original translators probably.
売り家(旧神羅べっそう) House for Sale Former Shin-Ra Villa [House for Sale (Former Shin-Ra Villa) but cut due to space]
CLOUDべっそう {Cloud}'s Villa
「ふかふかベッド…… “What a fluffy bed!
 ん~ きもちいい…」 It feels so great”
「ん~ “Mmm…
 もうちょっとだけ…」 five more minutes…”
「ハッ!!」 “Huh!?”
「いやはや…… “Oh, I'm sorry.
 お客さんとは気がつきませんで I didn't know you were here.
 はずかしいところをお見せしました」 This is so embarrassing.”
「どうぞごゆっくりごらんください」 “Take your time and look around.”
「ところで、お客さん。 “So are you
 ほんとに買う気あるんですかい?」 seriously considering buying?”
    なんのことだ {Choice}The heck do ya mean?
    失礼する {Choice}I'm out of here
「まあ、そうでしょう。 “Yes, you're right.
 ひきとめはしませんよ」 I'm sorry, please continue.”
CLOUD {Cloud}
「ここは何を売ってるんだ」 “What are you selling?”
「いやですねえ。 “That's pretty low.
 やっぱりひやかしですか?」 Are you pulling my leg?”
「このお家ですよ。お家。 “I'm talking about this house.
 もとプレジデント神羅所有のべっそう。 This villa used to belong to President Shinra.
 最近、売りにでましてねえ」 It only recently came back on the market.”
「どうですか? “How do you like it?”
 広い敷地にごうか家具&ふかふかベッド。 “It has a large lot, comes fully furnished
 おまけに地下室までついちゃう」 with this goose-down bed,
「土地のみんなには神羅べっそうと “The villagers call it the Shinra Villa.”
 呼ばれてますよ」
「もっちろん、値ははりますがね」 “Of course, we're not giving it away…”
    いくらだ? {Choice}How much is it?
    興味ないね {Choice}Not interested
「おろっ? “Wha? How do you plan to buy it
 買う気ある、ビンボー人のくせに?」 without a dime on you?”
「ま、社会勉強のため “Well,
 値段だけは教えときましょ」 the price, for your information,
「はい、ポッキリ30万ギルね。 is a steal at 300,000 gil.”
 手がでないでしょ。 Out of your range?
 帰った!帰った!」 Out! Go on, out!
「地下室の品は、ほんのサービスですよ。 “All items in the basement
 まあ、お金でもたまったら are included in the sale.”
 またおいでください」
「もっとも、ゴールドソーサーで “Well,
 ひとやま当てたりでもしなけりゃ please come by again
 むりでしょうけどねえ」 if you should strike it rich.”
「どうです。 “I wouldn't hold my breath
 りっぱなもんでしょう」 waiting for that to happen
「べっそうをもつ…… “Well, what do you think?
 その心地とステータス。 Isn't it a fabulous villa?”
 いいもんですよ」
「ま、気長にまつことにしますよ」 “The feeling you get with
「ん~ “Well, let's wait for the captain.”
 ひやかしはやめてください」
「ん~ きせきだ!! “Hmm
 まさか、ほんとにお金をもってるお客が “'Praise the Lord,' it's a miracle!!
 たずねてくるとは……」 Who'd ever think someone with some
「なにもいいことないと思いますけど “I probably shouldn't even ask, but
 ほんとに買いますかい?」 are you really going to buy it?”
    30万ギル支払う {Choice}Yep, 300,000 gil
    気が変わった {Choice}I changed my mind
「ん~ さようなら!! “Hmm, good-bye!!
 ボクのふかふかベッド!!」 Good-bye fluffy bed!!”
「ん~ “Oh well,
 よかった~!」 I'm kind of glad!”
『CLOUDべっそう』を手にいれた! Bought "Villa {Cloud}"!
CLOUD {Cloud}
「俺のべっそうだ。 “This is MY villa.
 休んでいくかな」 Rest up in your new villa?”
    休む {Choice}With pleasure
    休まない} {Choice}Gotta move on
地下室 Cellar [It stores Wine/Alcohol]
「グーグー……」 “…SNORE…SNORE…”
「ん~  “Geez
 こしがいたい~」 my lower back's killing me!”
「ハッ!!」 “Y, yes…sir!!”
「ども! “How do you do?
 わし、管理人です」 I'm the manager.”
「どぞ、よろしく」 “Nice to meet you.”
「では、失礼して… “Well, if you'll pardon me, I'll be leaving.
 おやすみなさい」 Good-night.”
「あっ、そのへんの品は “Oh, those items are free,
 サービスですから so please help yourself.”
 ご自由におもちください」}
『モータードライブ』を手にいれた! Received "Motor Drive"!
『炎の指輪』を手にいれた! Received "Fire Ring"!
『パワーアップ』を手にいれた! Received "Power Source"!
コスタ・デル・ソル Costa del Sol
「ねえ、たいくつしてない?」 “Say, aren't you bored?”
    それほどでもない {Choice}Not that much
    バトルがおおくてね {Choice}Yeah, we fight a lot
「あら、いいじゃない。 “Isn't that good?
 そりゃあ、ぜいたくってもんよ」 You're just expecting too much.”
「わたしなんか [JP-exclusive Text Page]
 こんなところに閉じこめられて -||-
 なんのしげきもない生活」 -||-
「いいなあ、へんなドラゴンとか -||-
 気味の悪いモンスターに会えるなんて」 -||-
「そうそう、この先のコレル山には -||-
 大きな鳥のモンスターがいて -||-
 石になる攻撃をしてくるっていう噂よ」 -||-
「気をつけて準備したほうがいいわね。 -||-
 さっ、お仕事お仕事!」 -||-
「あら、そ~う。 “Oh, really?
 わたしは、ちょっ~と I'm a little bored.”
 たいくつな気分なのよ」
「さっ、お仕事ね!」 “Come on, back to work now!”
「はい、こちら! “Here you are!
 コスタ・デル・ソル観光案内で~す」 The Costa del Sol tourist information guide.”
「なにが知りたいのかしら?」 “What do you want to know?”
    宿を探してる {Choice}Where's the inn?
    店を探してる {Choice}Where're the stores?
    観光案内してくれ {Choice}Show me around town
「そうねえ、街はずれのリゾートインが “Let's see.
 おすすめよ」 I recommend a resort located
「といっても、この街のホテルは [JP-exclusive Text Page]
 あそこだけなんだけどね」 -||-
「旅のおみやげマテリアなら、ブッチのお店が [JP-exclusive Text Page]
 おすすめよ!」 -||-
「あら? もしかして、アッチ関係のお店? “If you're looking for souvenirs,
 それなら、BARで話してみるといいわ」 we recommend Butch's.”
「ちょっと、まってね。 “Wait a minute.
 いま、マニュアル見るから」 I'm going to look at my guidebook.”
「ここ、コスタ・デル・ソルは “It says,
 西の大陸のげんかんとして Costa del Sol is the gateway to the West,
 また、世界有数のリゾート地として and is a prominent world renown resort,
 古くから発展してきました……」 which has been around for ages.”
「あ~ん、もう! “Come on! I don't care about that!”
 どうでもいいわね。
 そんなこと」
「遊ぶんだったら、ビーチへどうぞ。 “If you want a good time,
 かわいい女の子もたくさんいるわよ」 go to the beach!
「あなたたち、もしかしてお金持ち?」 “You wouldn't happen to be…rich?”
    ああ…… {Choice}Oh yeah…
    そうでもない {Choice}Well, not so
「うそ~! “You're kidding!
 身なりを見れば、わかっちゃうわよ」 You can't tell just by looking.”
「でも、いちおう、教えとくね」 “But I'll tell you just in case.”
「コスタ・デル・ソルで休んだ後は “After relaxing at Costa del Sol,
 ゴールドソーサーへぬけるのが stop by the Gold Saucer.
 リッチでメジャーな観光コースなの」 It's a rich and exciting place to play!”
「やっぱりね~」 “I thought so.”
「でも、もしかして興味あるかしら? “Are you interested?
 ゴールドソーサーへの道」 This is the road to Gold Saucer.”
「ここから、ずっ~と南のゴールドソーサーには “Head south to the Gold Saucer, and you'll
 カジノや遊園地があるのよ」 find casinos and an amusement park.”
「でもね~ 歩いていくのは “But if you're planning to walk,
 山こえ谷こえ、そりゃもうたいへんらしいの」 you'll have to cross mountains and valleys.
「ま、旅してるなら “But if you're on a vacation,
 一度は行ってみるといいんじゃない」 you should go there at least once.”
「よぅ! 元気!! “Yo! Wassup!
 オイラ、のんき!!」 We jus' hangin' out!!”
「あ~ん! まぶしい太陽! “Oh, the sun's so bright!
 今日もいい天気!」 Looks like another wonderful day!”
「1、2、3!! “1, 2, 3,
 キッキン!」 here we go!”
「わたし、聞いちゃった。 “I heard.
 あの大きなイヌ、人の言葉話すの」 That big dog talks like a human.”
「じっちゃん、あついよぅ “That's cool
 ……だって、へんなの!」 …but weird.”
「海でね。 “It's the ocean.
 気持ちの悪いおじさんが A creepy man was signaling for us to come.”
 てまねきしてたの」
「こわかったからね。 “I was scared to come here!”
 ここで遊んでるの!」
RED XIII {Red XIII}
「フム、興味深い」 “Hm, that's interesting.”
「この行動だが、私はやりたくて “It's not as if I'm doing this because I
 やってるわけではないのだ」 want to.”
「このシッポめが私の意志とは無関係に “You see, this tail of mine, moves quite
 動いてしまうのだよ」 independently of my will.”
RED XIII {Red XIII}
「ガルルル……」 “Grrr…”
「ね、このへんで手をうっちゃおうか」 “Shall we play our hand around here?”
「だめ、だきょうしちゃいけない」 “Not yet. Remember, no compromises.”
「そうね。 “You're right.
 旅費だって高かったんだし」 After all, this trip was expensive.”
「でも、なんだってこのくらいのしか “But only your average Joes
 声をかけてこないの」 are trying to pick us up.”
「それはきっとあれ。 “Well, that's because
 あたしたちがうつくしすぎるってやつ」 we're just too beautiful
「そうね。 “I guess so.
 あ~ん、ふつうの子がうらやましい」 Well, I envy the plain Janes.”
「ね、もういいんじゃない? “Why don't we compromise?
 コレで、がまんしちゃおう」 We'll make do with what we have.”
「あなたの楽しい旅の記念に “How about some 'Soft'
 コスタ・デル・ソル特製『金の針』は as a memento of this wonderful trip?
 いかがですか?」 Made especially in Costa del Sol!”
ブッチ Butch
「いやあ、ピチピチした女の子でもやとって “Yeah, I'd like to find a gorgeous chick
 楽がしたいですなあ」 and have a great time.”
ブッチ Butch
「いやあ、バイトでかわいい子が “Well, we're lucky to have that cutie
 はいってくれたんで大助かりです」 working for us part-time.”
ブッチ Butch
「やられました……。 “You got me there…
 やとったばかりのバイトの女の子」 We just hired her part-time.”
「店の売り上げと商品のマテリアもって “She ran off with our money and Materia.”
 とんずらしちゃいましたよ」 “I guess any situation that seems too good
「世の中、うまい話はないもんですなあ。 to be true, usually is.”
 ま、あまりもんでよかったら、見てってください」 “Well, please feel free to browse around.
YUFFIE {Yuffie}
「あ、CLOUD! “Ah, {Cloud}!
 ちょっとだけ、かせがせてよ」 Let me make a buck why don't you?”
「ここはマテリアも売ってんだ。 “I'm sellin' Materia.
 ね、なんか買ってってよ!」 Why don't you buy some?”
YUFFIE {Yuffie}
「お客さん、注文はカウンターで “Orders are taken at the counter.”
 おねがいします」
「ああっ!! きもちいいっ! [JP-exclusive Text Page]
 一度言ってみたかったこのセリフ!」 -||-
「はだしでけるの “It hurts when you kick me
 いた~い!」 with your bare feet!”
「どうして!!」 “Why's that!?”
「まだ!!」 “Not yet!!”
「キッ~~!!」 “Eaghhh!”
「あなたのせい!!」 “It's your fault!”
「なによっ!」 “What's wrong with you!?”
「やるのっ!!」 “You wanna go!?”
「フッーーーー!!!」 “Whew!!!”
「ガルルル……」 “Grrrrr…”
「男……」 “A man…”
「いい男……」 “A good-looking man…”
「どこ……」 “Where?”
「オホホホホ……」 “Ho! Ho! Ho…”
「キッ~~!!」 “Yipes!!”
「ガルルル……」 “Grrrr…”
「ハァハァ……」 “…pant…wheeze…”
「もう観光案内どころじゃないのよ。 “I don't feel like sightseeing around town.
 ……ほんとはね。 What I really want to do is have fun…
 ゴールドソーサーも休業続きらしいし」
「でも、メテオ好きのお客さんが …too bad Gold Saucer is temporarily closed.”
 けっこう多くて…いやだわ」
ブッチ Butch
「もうだしおしみなし! “Good or bad everything's gotta go!
 世界の終わり大セールだよん!!」 It's the end of the world sale!!”
「メテオかんしょうツアー参加しるしの入った “Wanna buy a souvenir to remember
 アイテムはいかが?」 participating in the Meteor tour?”
「うひゃ~!! “Oh wow!!
 でっけ~!!」 Man, that's huge!!”
「お星さま~!! “The stars!!
 メラメラ~!!」 They're in flames!!”
「燃えてるわ。 “They're burning.
 でも、いつか燃えつきるの」 Someday they'll burn out.”
「わたしたちの青春とおなじよ」 “The stars are just like our youth.”
「オホホホ…… “Ho! Ho! Ho!
 終わりなのよ」} It's the end of the world.”
酒場 Bar
「おキャクさん、ノむか、サケ? “You want drink?
 ソだな、ウン、ゆっくりしてケ」 Iz OK. You take time.”
ムッキー Mukki
「僕、この街、気にちゃった」 “I really like this town.”
「はだかで歩いてても “You could walk around here naked,
 白い目で見られないもんね」 and no one'd look twice.”
「ゼェゼェ…… “…huff…puff…
 あついとこ、苦手……」 I can't stand hot places…”
「ヒッッック… “…HIC…
 ん? 注文かい? Mm? Wanna order?
 いまはないよぅ」 We're outta that now.”
「あらっ! いらしてくれると “Hey! I thought you'd drop by.”
 おもってたわ♥」
「(つったさかなが1匹2匹… “(That's 1, 2…4 fishes
 これで、4匹め。まあまあね)」 all together…not bad.)”
「たのむよ、買ってくれないと “Come on…please. If you don't buy from me…
 俺の生活が…」 I won't be able to pay the rent.”
「やっぱ、今年はスノボかな。 “Yeah,
 もうサーフィンはあきちゃったよ」 snowboarding's what's happening this year.”
「オレたち、これからゴールドソーサーへ “I'm sick of surfing.”
 むかうんだ」 “We're all headin' over to Gold Saucer now.”
「噂のチョコボレースで旅費をかせいで “We're gonna make a ton of money
 スノボやりにアイシクルロッジへ at the Chocobo races.”
 長い旅するのさ」 “Then we're gonna take a trip
「バールデルソルへようこそ! “Welcome to Bar del Sol!
 トロピカルな夜にかんぱい!」 Here's to tropical nights!”
「オレたちには、やっぱサーフィンが “I traveled around a long time…”
 おにあいさ」
「なんてたって、水着しか “And this town has the most beautiful
 着る服もってないんだから」 ocean I've ever seen.”
「長い旅してわかったよ。 “Sometimes you can't recognize things
 この街の海が最高だったてことがさ」 when they're right in front of you.”
「見なれちゃったり、近すぎたりしてさ “I guess I took it for granted
 そこにあるのがあたりまえみたいになると because it's so close, and
 わからなくなることってあるよな」 I was so used to seeing it all the time.”
「ま、そんなわけで “That's why
 まいもどってきたわけよ」 I came back here.”
「メテオだかなんだか知らないが “I don't care whether Meteor comes or not,
 オレはまだあきらめない!」 I'm not giving up yet!”
「コスタデルソルの海の最高の波に “I still haven't surfed
 のってないんだからな!」 the best waves of Costa del Sol!”
「それまでは、ふってくるんじゃねえ」 “I hope the Meteor doesn't strike before I do.”
「夜の海にうつるメテオの姿は不気味だぜ~。 “It's weird seeing Meteor's reflection
 さすがにふるえちまったよ」 on the sea in the evening!”
「でもなあ、それでも太陽はのぼってきたぜ! “It gives you the creeps.”
 な、すてちゃいけないよな、アレをさ」
「ま、そんなわけで
 今日もこの店にいるわけよ」
「おキャクさん、ワタシ、コトバできるよに “I wan' learn how speak beddah.”
 もっとおボえたい」
「ホシ、ふってくるのこまル。 “But don' wan' have stars fall down.
 おキャクさんも、そだな、ウン!」 You think…same?”
ムッキー Mukki
「僕は静かにお酒を飲むです」 “I just want to sit here with my drink.”
「ボクチンは先輩の考え方がわからない!」 “My boss is a total arrogant ass!”
「ボクチンはさけぶぞ! “I'm gonna tell him off!
 みにくいくらいのたうちまわるぞ!」 I'm gonna scream my head off!”
「生きるってのはそういうことじゃないのかい! “Isn't that what life's all about?
 どですかね?」 What do you think?”
「ゼェハァ…… “…huff…wheeze…”
 暑さも寒さも星の思い出…」 “Heat and cold are
「たのむよ、買ってくれないと “Come on…please. If you don't buy from me…
 俺の生活どころか… I can't pay the rent.
 みんなの生活が……」 No one else will either.”
「お店のなかでは “While you're here, forget all
 や~なことなんてわすれて those awful things
 たのしんでいってね♥」} going on outside, and
コスタデルソル・イン Costa del Sol Inn
「チェッ! 調子わるっ! “Uggh! I feel God awful!
 あっ!! あんたさ!」 Oh!! You!”
「あの大きな水兵さんの “Weren't you with
 連れの方だろ?」 that big sailor?”
    なんのことだ {Choice}Dunno what you're talking about
    俺には関係ないな {Choice}Wasn't me
CLOUD {Cloud}
「どうしたんだ?」 “What's the matter?”
CLOUD {Cloud}
「知らないね」 “I don't know.”
「……人ちがいか。 “Wrong guy?
 こまるんだよね。 This is bad for us.
 あの人、トイレ占拠しちまって」 That guy's taken over the john.”
「宿代の支払いもまだだし」 “And he hasn't even paid his hotel bill yet.”
「聞いてくれます?」 “Listen to this…”
「いきなり! 大きな水兵さんが “A big sailor just
 ドカドカとやってきて busted in here all of a sudden,
 トイレ占領しちまって」 and took over the restroom.”
「それっきり “He's been in there moaning ever since.”
 ずっ~と、うなってるんだ」
「まいっちゃうよ」 “I don't know what I'm gonna do.”
「はぁ……あっ、お泊まりなら “Ah…if you're checking in,
 悪いけど、あの人の分もたのむね」 would you please pay his bill, too?”
「やだなあ、やっぱり “Come now, we know
 知り合いじゃないの…うそつき」 he's a friend of yours…(fibber)”
「どうすんの? もう休むかい?」 “What now? Call it a night?”
「一泊200ギルだよ」 “200 gil a night.”
    休む {Choice}Stay
    気が変わった {Choice}I changed my mind
「どうすんだい? “What now?
 もうお休みにするかい?」 Call it a night?”
「一泊200ギルだよ」 “200 gil a night.”
    休んでいくか {Choice}Stay
    気が変わった {Choice}I've changed my mind
「波音に抱かれて…… “Cradled by the sound of the ocean…
 いい夢を」 sweet dreams…”
「そうですかい。 “Are you sure?
 またおいでくださいね」 Please come again.”
「チェッ!! おしいっ!」 “Shucks!! Too bad!”
「あっ! あんたさ! “Hey! Hey you!
 連れに、かわいい女の子がいるでしょ」 Does your friend have a cute lady?”
「さっき、探しにきてたけど。 “She came in here looking for him a while ago.
 いいのかい? You better find her.”
 ほっといても」 “What are you going to do?
「どうすんだい? Just forget about her and go to bed?”
 ほっといて、もう休みます?」
「一泊200ギルだよ」 “200 gil a night.”
    休む {Choice}Stay
    気がかわった {Choice}Changed my mind
「ほ~う、よゆうだね。 “You look like you can handle it.
 では……」 Well then…”
「そりゃそうだよね。 “That's right.
 どうぞ、どうぞ。 Don't worry.
 またあとで、おこしください」 Please come by again.”
「毎度どうも!! “Welcome!!
 どうします?」 What's it going to be?”
「一泊200ギルになりますけど」 “200 gil a night.”
    休んでいくか {Choice}Stay
    気が変わった {Choice}Changed my mind
「そうですかい。 “You sure?
 私、ここで遊んでますから I'll just be playing around here so
 気がむいたら、またおこしください」 drop by whenever you feel like it.”
「はい、おつかれさまでした」 “You must be tired.”
「コスタデルソル地方の明日の天気は “The weather for Costa del Sol
 いつもの通り、晴れとなっております」 tomorrow is going to be…sunny, again.”
「おはようございます。 “Good morning.
 道中お気をつけて」 Be careful traveling.”
「お連れのみなさんは “Your party has departed.”
 先立たれましたよ」
「あっ……」 “Oops…”
「これは縁起でもないことを…」 “That's bad luck…”
「正しくは… “I mean, they have already left.”
 一足先に出発しましたという意味です」
「おっっと! “Wait a minute!
 お金がたりないようですぜ」 There's not enough money here.”
「おはようさんっ!!」 “Good morning!!”
BARRET {Barret}
「う~ん!」 “Uh uh!”
BARRET {Barret}
「んんっ~!」 “Hmmm!?”
BARRET {Barret}
「マリ~ン! “Marlene!
 元気かぁ…?」 You OK?”
BARRET {Barret}
「とうちゃん “I'll wear this when I go to see you.”
 これ着て会いにいくからなぁ」
BARRET {Barret}
「おう!! CLOUD! “Yo, {Cloud}!
 まだはやいんじゃねえか!」 Still too early, ain't it?”
BARRET {Barret}
「おう!!! “Hey, yo!!!
 いま使用中だっ!」 Someone's in here, alright!?”
AERITH {Aeris}
「フゥ……。 “Whew…
 なんだか、つかれちゃったね」 I don't know why I'm so tired.”
「わからないこと、おおくて…」 “There's so many things I don't understand…”
「ちょっとだけ、不安なんだ」 “I feel a little uneasy.”
AERITH {Aeris}
「ね、CLOUD?」 “{Cloud}…?”
「わたしのこと、どう思ってる?」 “What do you think of me?”
    わからないよ {Choice}I dunno
    べつに…… {Choice}Nothing much
CLOUD {Cloud}
「どうもこうも “I don't understand anything.”
 わからないよ」
CLOUD {Cloud}
「悪いけど “Sorry,
 そういうこと考えたこともない」 but I never think about those things.”
AERITH {Aeris}
「あたまっ、きちゃうなあ! “How could you say such a thing!
 そんなこといえちゃうわけっ」 Sometimes you make me so mad!”
「も~う! “Oh, I never should have brought it up!!”
 相談したわたしがまちがってました」
AERITH {Aeris}
「…………そうだよね」 “…You're right.”
「わたしもね、わからないの。 “Even I don't understand myself.”
 自分のこと」
「わたし、どのへんが古代種なの?」 “I wonder what part of me is like an Ancient?”
「古代種ってどこがどうなるの?」 “What is an Ancient supposed to be like?
「へんだよね。 It's strange, isn't it?”
 わからないよ…」 “I don't understand it…”
「はぁ… どうどうめぐり。 “Ahh…I'm going around in circles.
 こういうのってこたえ、あるのかなあ。 I wonder if there's any answer to this?
 むずかしいよね、いろいろ」 Everything's so complicated.”
AERITH {Aeris}
「さきに休ませてね」 “I'm going to sleep.”
AERITH {Aeris}
「もういいですよっ!」 “I don't want to talk about it!”
【セーブポイント】 “Save Point”
メニューを開いて「セーブ」を選ぶと Access the menu and select
ゲームの状態を保存できます。 {!}{Purple}[SAVE]{!}{White} save your game.
「お気をつけて!」 “Be careful!”
「もう遊ぶ気も働く気もないです。 “I don't feel like doing anything.
 最後の人生、ねだめですよ、ねだめ」 I just want to spend the
「メテオが落ちてくるまで [JP-exclusive Text Page]
 あとどれくらいねむれるかな~」 -||-
「では、おやすみなさ~い」 “Good night.”
「いっしょにねますかい?」 “Will you be staying together?”
    泊まる {Choice}Yes
    やめとく {Choice}No, thanks
「せっぱつまった顔なんてやめ! “Stop looking like a hunted animal!
 なるようにしかなりません」 Whatever happens…happens.”
「あんまり、無理はしなさなんなって」} “Just go with it.”
ジョニーの新居 Johnny's New Home
ジョニー Johnny
「なななななんだ? “What's with YOU?”
 あななななたは!!」
ジョニー Johnny
「ああっ、あんたは? “Hey, is it really you?”
 もしかしてぇ!」
「元ソルジャーかつ幼なじみで “We were in SOLDIER,
 モテモテの遊び人」 and childhood friends before that.
「そ、そして……人殺し野郎!!」 “And a $#&^ murderer!!”
「えっっと……お名前なんでしたっけ?」 “Why can't I remember your name?”
    おまえこそ誰だ? {Choice}Who are YOU?
    CLOUDだ、おぼえとけ {Choice}I'm {Cloud}, and don't forget it
ジョニー Johnny
「そうだよな、ひさしぶりだもんな。 “That's right. Long time no see.
 俺のことなんか、わすれちゃったか」 Do you remember me?”
「いいぜ、このまま、あんたと俺は関係なし。 “That's okay.
 俺はこの街で新しいくらしをはじめた」 We'll just pretend like
「おたがい、いろいろあったよな。 “I started a new life in this town.”
 や! もうぐちるのはやめ! “A lot of things happened to us.
 いいよな、あんたたちみたいに Heh, I better stop my complaining!
 の~天気に生きられりゃよ」 I sure envy you all living
ジョニー Johnny
「どうどうと名乗るくらいのご身分とはね!」 “You think you're good enough to
「聞いてあきれるぜ! “I don't wanna hear it!
 や! もうぐちるのはやめ!」 Heh, no more complaining from me!”
「おたがい、新しい人生を生きような!」 “From now on, I'm turning over a new leaf!”
ジョニー Johnny
「はやく出てってくれよ!」 “Go on and beat it!”
「俺は、これでもハッピーにやってんだ。 “I'm happy like this.
 俺のラブリーなどうせい生活を So keep out of my life.”
 じゃましないでくれ!」
「お客さん、ごめんなさいね! “I'm sorry about that.
 彼、ここんとこ、ショックなことがおおくて He's had some big shocks
 ず~っと、ふさぎこんでるのよ~」 and has been depressed lately.”
TIFA {Tifa}
「そうそう! “Oh, right!
 そんなことも、あったね~」 I remember that, too.”
ジョニー Johnny
「でさ、でさ! “Yeah, yeah!
 そんとき…」 And you remember the time when….”
TIFA {Tifa}
「ウフフフ!」 “Hee, hee, hee!”
ジョニー Johnny
「イヒヒヒ……!」 “Ha, ha, ha!”
TIFA {Tifa}
「やだ~! “Ha, ha…oh stop it!
 そうなの~」 That's right.
ジョニー Johnny
「そうそう。 “Yeah.
 でね……」 Oh yeah, and then that time…”
TIFA {Tifa}
「うんうん!」 “Yeah, yeah!”
TIFA {Tifa}
「CLOUD……。 “{Cloud},
 ごめん、今日はふたりにさせてね!」 would you mind leaving us
「ひさしぶりだし “We haven't seen each other for ages and
 たまには息抜きもね」 sometimes it's fun to talk about
ジョニー Johnny
「そういうことだから……。 “Yeah,
 悪く思うなよ」 don't get mad or anything.”
TIFA {Tifa}
「あんまり遅くならないようにするから」 “I'll try not to be back too late.”
「ね、心配しないで!」 “So please don't worry about us!”
    心配なんて… {Choice}Worry?
    ああ… {Choice}Yeah…
CLOUD {Cloud}
「べつに心配なんて」 “I'm not worried.”
CLOUD {Cloud}
「明日には出発だからな」 “Just remember we're leaving early tomorrow.”
TIFA {Tifa}
「そうなんだ…」 “You're right…”
TIFA {Tifa}
「うん、わかった」 “OK, I know.”
ジョニー Johnny
「ムニャムニャ…… “…mumble…mumble…
 (TIFAちゃん ({Tifa}, promise me
 絶対、しあわせになんだぞ)」 you're gonna be happy.)”
ジョニー Johnny
「エヘヘへ…… “Heh, heh, heh!
 彼女とはなかよくやってますよ」 She and I are getting
「でも、俺みたいな情けねえ野郎じゃね…」 “But I'm such a pitiful waste…”
ジョニー Johnny
「はあ……俺なんかじゃ、資格がねえよ。 “…sigh…I'm not good enough for her.
 どうしたら、いいんだろ」 What should I do?”
ジョニー Johnny
「メテオのどさくさにまぎれて “I proposed to her in the middle of all that
 彼女にプロポーズしちゃったよ!」 Meteor stuff!”
「たとえこのまま世界が終わっても “I don't care
 それはそれ!」 even if the world were to end right now!”
「いまはなにも考えられません!」 “I can't think of anything else!”
ジョニー Johnny
「ダメだダメだダメだ!! “No, no, NO!!
 メテオがどんどんでかくなってる!!」 Meteor's getting closer every minute!!”
「俺はいまがむしゃらに生きたい!! “I wanna live my life right now!!
 彼女といっしょに生きのびて I want to build a home
 所帯をもつのだ!!」 and grow old together with her!”
「あんたにできなきゃ、俺がやる!! “If you can't do it, then I will!
 ただそれだけだ! And that's that!”
 俺もがんばるから、あんたもがんばれ!」 “I'm gonna do my best,
「あんたにできなきゃ、俺がやる!! “If you can't do it, then I will!
 ただそれだけだ! And that's that!
 俺もがんばるから、あんたもがんばれ!」} I'm gonna do my best,
コスタ・デル・ソル Costa del Sol
AERITH {Aeris}
「あっ! “Oh!
 CLOUD!!」 {Cloud}!!”
TIFA {Tifa}
「あれ、見て!」 “Look, look at that!”
CLOUD {Cloud}
「ん……?」 “Hm?”
    あいつは宝条… {Choice}Who, Hojo?
    水着の女の子か… {Choice}That girl in the bikini?
CLOUD {Cloud}
「あの男、宝条か?」 “Is that man over there, Hojo?”
TIFA {Tifa}
「ね、話つけてきてよ」 “Go over and talk to him.”
CLOUD {Cloud}
「悪くないながめだな…」 “Not a bad view…”
TIFA {Tifa}
「もう!! どこ見てんのよ!」 “What're you looking at?”
「あそこの男、神羅の宝条よ! “That man over there. That's Hojo from Shinra.
 ふざけてないで Get outta here
 話つけてきて!」 Go talk to him!”
「あら!! “God!!
 なにか御用?」 What do you want?”
    そこの男に用がある {Choice}I want to talk with him
    そいつは宝条か? {Choice}Is that Hojo?
「(なによっ、えらそうに)」 “(Hey, who do you think you are?)”
「ねぇ、宝条博士~。 “Professor Hojo.
 こわい人が、用があるって~」 That scary man says
「(なんなのこの人)」 “(What's his problem?)”
「そうよぅ~。 “Yes, that's right.
 博士なのよぅ~」 It's the Professor!”
「博士~ “Professor…
 お客さんよぅ」 someone's here to see you, sir.”
AERITH {Aeris}
「やな予感するね」 “I have a bad feeling about this.”
宝条 Hojo
「いまいそがしい」 “I'm busy right now.”
「……だって~。 “…But,
 残念でしたぁ~」 Too bad.”
宝条 Hojo
「いや、まちたまえ。 “No,
 きみはたしか、私の記憶にある……」 I remember you all now…”
宝条
「クックックッ……。 “Heh heh heh…
 わかったよ、騒々しいなきみは」 All right. You sure are loud.”
「ひさしぶりだな “Long time no see, {Cloud}.”
 CLOUDくん」
宝条 Hojo
「ああ、そうそう。 “Yes, yes. I remember now.”
 思い出しましたよ」
「ひさしぶりだな “It's been a long time, {Cloud}.”
 CLOUDくん」
CLOUD {Cloud}
「宝条……」 “Hojo…”
宝条 Hojo
「たまにはこういうのも “Sometimes you just gotta do
 いいものだね」 something like this.”
CLOUD {Cloud}
「……何をしている」 “What are you doing?”
宝条 Hojo
「見てのとおりだ。 “It should be obvious,
 日光浴」 I'm getting a tan.”
CLOUD {Cloud}
「まじめに答えろ!」 “Answer me!”
宝条 Hojo
「ふん…… “Hmm!
 私の目的は君と同じだと思うが」 I believe we're both after the same goal.”
CLOUD {Cloud}
「セフィロスか?」 “You mean Sephiroth?”
宝条 Hojo
「君たちは会えたのか?」 “Did you see him?”
宝条 Hojo
「そうか……ふむふむ」 “I see…Ha! Ha!”
CLOUD {Cloud}
「なんだ?」 “What is it?”
宝条 Hojo
「いや、ちょっとした仮説を “Nothing. I just remembered
 思いついたのだが……」 a certain hypothesis…”
「君は、何かに呼ばれているという “Haven't you ever had the feeling
 感じがしたことはないかな?」 something is calling you?”
「または、どうしてもある場所へ “Or that you had to visit
 行かなくてはならないという some place?”
 気持ちになるとか……」
CLOUD {Cloud}
「俺はセフィロスがいる場所なら “I'll go anywhere Sephiroth is at!”
 どこへでも行く!」
「あいつを倒すために! “To beat him and put an end to all this!”
 決着をつけるためにな!」
宝条 Hojo
「なるほど…… “I see…
 これはイケるかもしれないな」 This could be interesting.”
「ソルジャーか……クックックッ。 “Were you in SOLDIER? Heh heh heh!
 ん、私の実験のサンプルにならんか?」 Would you like to be my guinea pig?”
宝条 Hojo
「ん…なんだ? “Oh, now what?
 剣でもぬくか?」 Are you going to draw your sword?”
AERITH {Aeris}
「CLOUD、だめっ! “{Cloud}, don't.
 この人、死んだら If he dies, we won't find out anything!”
 何もわからなくなっちゃう!」
TIFA {Tifa}
「やめて、CLOUD! “Stop, {Cloud}!
 気持ちはわかるけど、ダメよ」 I know how you feel, but you mustn't.”
BARRET {Barret}
「お、おいっ! “Yo, yo!
 こいつをやるのは It's a bad idea to kill him.”
 マズイんじゃねえのか?」
RED XIII {Red XIII}
「ゼェゼェ…… “…huff…puff…
 やめろ、CLOUD」 Stop, {Cloud}!”
YUFFIE {Yuffie}
「だめだよ、CLOUD! “Knock it off, {Cloud}!
 アタシにはわかんないけど Look I don't know,
 こいつ、いろいろ知ってんだろ?」 but he knows a lot of stuff, right?”
宝条 Hojo
「クックックッ……」 “Ha! Ha! Ha!…”
宝条 Hojo
「おや、ときにきみは…… “Say,
 古代種の娘ではないか」 aren't you the 'Ancient'? ”
AERITH {Aeris}
「わたし、AERITH。 “I'm {Aeris}.
 名前くらい覚えなさいよ」 The least you can do is
AERITH {Aeris}
「ねえ、宝条博士 “I want you to tell me something,
 教えてほしいの」 Professor Hojo…”
AERITH {Aeris}
「わたし、自分が古代種なのは知ってる。 “I know I'm an Ancient.
 母さんに聞いたから」 My mother told me.”
宝条 Hojo
「母さん? “Your mother?
 ああ、イファルナか。 Oh, you mean Ifalna.
 元気にしてるのか?」 How is she?”
AERITH {Aeris}
「知らないの? “You didn't know!?
 死んじゃったよ」 She died.”
宝条 Hojo
「……そうか」 “…I see.”
AERITH {Aeris}
「……ねえ、博士」 “Professor Hojo?”
「ジェノバは古代種なの? “Is Jenova an Ancient?
 セフィロスは古代種なの? Is Sephiroth an Ancient?
 わたしと同じ血、流れてるの?」 Do we all have the same blood?”
宝条 Hojo
「………………」 “…”
宝条 Hojo
「……ボソボソ………西へ… “…mumble…mumble…head west…”
 ………………」
AERITH {Aeris}
「ボソボソ作戦? “He's mumbling slowly…
 ってことは、何か隠してる!」 That must mean he's hiding something!”
TIFA {Tifa}
「ねぇ! “Hey!
 答えなさいよ!!」 Answer us!!”
RED XIII {Red XIII}
「ガルルル……!! “Grrr, Grrr…
 ……ゼェハァ……」 …huff…puff…”
CLOUD {Cloud}
「……だめだ。 “It's no use.
 むだだよ」 It's no go.”
「宝条博士ってやさしいんだよ。 “Professor Hojo is so sweet.
 わたしを実験してくれるんだって」 He's going to experiment on me.”
「この暑さのなか、実験服をぬぐことはない。 “He never takes off his lab coat
 知的な男のダンディズムよね~」 even in this heat.
「宝条先生のボソボソを通訳するね」 “I'll interpret Professor Hojo's whispers.”
「ここから西のコレル山をこえて “Head west, past Mt. Corel and keep going…”
 進んでる……」
「わかったかしら? “Did you get that?
 わたし、よくわかんな~い」 I didn't understand it well, myself.”
「宝条先生だったら、よろこんで “I'd be happy to be a guinea pig,
 実験台になっちゃう!」 if it's for Professor Hojo!”
「はあ……宝条先生。 “Yes, Professor Hojo.
 いま、いずこ」 Where?”
「先生、なにかを発見~ “It looks like the Professor discovered
 解明~したみたいなの」 or found a solution to something.”
「で、それっきり…… “You know, I wonder…
 やっぱり、西のコレル山にむかったのかしら」 if they headed west for Mt. Corel?”
「ちょっとくやしかったな」 “I'm getting a little sad.”
「宝条先生、なにかを発見したとき “Professor Hojo looks happy like a child
 子供みたいにうれしそうな顔で when he discovers something.
 クックックッって笑って……」 He gets this big smile and then laughs…”
「あと、追っかけちゃおうかな。 “I guess we should chase after him.
 コレル山からゴールドソーサーへ A vacation for two
 ふたりのバカンス♥」 from Mt. Corel to Gold Saucer.”
「そうだっ!! “That's right!!
 わすれてたわ!」 It totally skipped my mind!”
「な~んか、あなたにつたえなきゃ  “There was something
 いけないことがあったのよ」 I was supposed to tell you.”
「そうよ! “That's right!
 あれよ!」 It's about that!”
「きのうのことなんだけど “It was yesterday.
 海から黒マントの男があがってきたの。 A man wearing a black cape
 ザバザバってさあ」 came up from the ocean.”
「ゴールドソーサーのチケットもってたような “I think he had tickets for the Gold Saucer…
 気がしたけど……そんなわけないよね。 no, that wasn't it…
 あれって、まぼろしかなあ」 I wonder if it was all just an illusion?”
「ねえ、ねえ? “Hey!
 きのう、ルーファウス来たんでしょ」 President Rufus came here yesterday.”
「彼、昔はプレジデントのボンボンで~。 “He used to be the President's little boy.
 ついたあだなが、プレジデントボンボン!」 We nicknamed him the little Prez!”
「そこで遊んでるサーファーたちと “He didn't look much different
 たいして変わらなかったのよ」 than the surfers on the beach.”
「へへ…… “heh heh…
 ぜんぶ、とられちゃったよ」 All the good ones are gone.”
「いまきた子でがまんすっか?」 “What about that one?
「でも、彼がいっしょじゃん」 “But she's got a guy with her.”
「あんくらいなら “No problem,
 だいじょぶだいじょぶ」 I can handle him.”
「ねぇ? そだろ!」 “Right? You thought so, too?”
「ウヒ…… “Geez! What about those two?”
 あの二人組にするか?」
「へへ…… “Heh heh…I want the one on the left.”
 おれ、左の子がいい!」
「じゃ、おれ右でがまんするよ」 “Well then,
「ねぇねぇ…… “Hey…
 ヘヘ……ちょっとは俺とも話してよ」 heh heh…don't forget to talk to me, too.”
「うひゃ~!! “Yipes!!
 たちけて~!!」 Help!!”
「ハァッハァッ……! “…breath…breath!
 いきつぎわすれちゃうだろ~!!」 Kind of takes your breath away, don't it!?”
「きみたち、コレル山へ向かうなら “If you're headed for Mt. Corel,
 『金の針』を買っていくほうがいいよ」 then you'd better buy
「よくいうでしょう?」 “At least that's what they always say,
「そなえあればうれいなし。 “Be prepared, and you'll never fear.”
 とらぬたぬきのかわざんようってば “Hey, I'm no idiot. I NEVER count my chickens
 ボクってインテリ!」 before they hatch! Not bad, huh?”
「う~ん、調子でません。 “Hmm. Man, I'm draggin' today.
 これも神羅の男たちのせいさ」 It's all Shinra's fault.”
「うらむよなあ、神羅カンパニー! “I really hate Shinra, Inc.!
 悪者だよな、神羅」 They're all crooked, those Shinra.”
「へヘ…… “Hmm…
 でも、これってひがみってやつだなあ。 What a bitter guy
 さわやかじゃないなあ」 Chill out a bit.”
「うひゃ!! “Eeeew!!
 話しかけないで~!」 Leave me alone!”
「ウップ! ブクブク……… “Ublk! …glug…glug…
 しずんじゃうよ~」 You're gonna make
「うひゃ!! [JP-exclusive Duplicate]
 話しかけないで~!」
「ウップ! ブクブク………
 しずんじゃうよ~」
「いつものことだが “Always the same story…
 本日もあいてにされないのであった」 Women never pay any attention to me…”
「ナンパならおことわりよ。 “If this is your idea of flirting…forget it.
 まにあってますから」 I do fine as it is.”
「海の風と太陽。 “The sea, the wind and the sun.
 自然っていいわね~。 Don't you just love the outdoors?
 いきかえるわ~」 It always puts me back on track.”
「あら? ちょうどいいところに」 “Hey, good timing.
「オイルぬって Would you mind putting lotion on me?”
 いただけますか?」
    よろこんで {Choice}With pleasure
    おことわりだ {Choice}Sorry
「あ~ん♥」 “Uhhhnn…”
「ありがと♥」 “Than--kyu!”
「あら、おかたいのね」 “Hey, loosen up a bit.”
「うひゃ!! “Eaaggh!!
 話しかけないで~!」 Leave me alone!”
「世界の終わりまでに “I'm trying to learn how to swim
 上手におよげるように before the end of the world.”
 がんばってんだから~」
「メテオはねてまてか…… “Sitting around waiting for Meteor to come……
 なんだってあんなもんが Why's it gotta fall on us?”
 ふってくんだろ」
「だんだん近づいてきてるの。 “It's getting closer and closer.
 だれか、なんとかしてくれるのよね」 Someone will do something, don't you think?”
「海の風と太陽とメテオ。 “The sea breeze, sun and Meteor.
 自然って不思議よね~」 Isn't nature strange?”
「世界の終わりでも “I don't care even if it is the end of the world,
 おいしいカクテルを飲みながら I just want to sit here and drink cocktails!”
 ゆるりゆるゆるとすごしたいわ~!」
「ウェッ……の・み・す・ぎ」} “Ooooh…I think I drank too much.”