Dialogue Script

Chapter: 17 - Corel

Crossing Mt Corel to reaching North Corel, ALL NPC in North Corel and Ropeway Station, to Barret's flashback about Dyne, and entering the carriage to go to Gold Saucer

 
FF7 International ScriptFF7 PC English ScriptMissing TranslationNotes
JAPANESE (Intl Ver) PC ENGLISH
コレル山・東 Mt. Corel Mt. Corel, East
「ふぅーっ!!」 “Whew!!”
「おっ!」 “Hey!”
「あんたたちはちゃんと “You're actually talking to me.”
 話しかけてくれるんだな」
「少し前にすれちがった “I just passed a guy
 黒マントのヤツがよ」 in a black cape back there.”
「人が親切に、この先は危険だって “I just tried to tell him that it's dangerous
 教えてやってんのにムシしやがってよう」 up ahead, and he ignored me!”
CLOUD {Cloud}
「なんのことだ?」 “What is it?”
CLOUD {Cloud}
「セフィロス……」 “Sephiroth…”
BARRET {Barret}
「…………ああ」 “…ahh.”
TIFA {Tifa}
「先を急ぎましょ」 “Let's hurry on.”
AERITH {Aeris}
「ここにも、黒マントね…」 “There was a black-caped guy here, too?”
YUFFIE {Yuffie}
「ああ、かったりぃ!!」 “Oh gawd, what a drag!!”
RED XIII {Red XIII}
「ふーむ…。 “Hmm…
 行く先々にねぇ…」 I'm moving on ahead…”
「この先は危険だよ。 “It's dangerous up ahead.
 道中、気をつけてな」 Be careful on your way.”
「旅先で出会った見知らぬ旅人に “If any strangers should greet you warmly
 あったかい声をかけて while traveling,
 あいさつをかわす」 make sure to greet them back.”
「ふう~~ “Whew!
 旅のだいごみですなあ」} I guess that's the fun of
コレル山・東 Mt. Corel Mt. Corel, East
コレル山・西 Mt. Corel Mt. Corel, West
BARRET [Empty Entry] Barret
「なあ、CLOUD……」 -||- Hey, Cloud…
CLOUD [Empty Entry] Cloud
「どうした? -||- What is it?
 おかしな声だすなよ」 -||- Quit sounding weird.
BARRET [Empty Entry] Barret
「…………チッ…! -||- ……Jeez…!
 なんでもねぇよ」 -||- It ain’t nothin’.
TIFA [Empty Entry] Tifa
「ひそひそ…… -||- Psst…
 (BARRET、なんだか変ね)」 -||- (Something’s different about Barret.)
AERITH [Empty Entry] Aeris
「ひそひそ…… -||- Psst…
 (BARRET、元気ないね)」 -||- (Barret looks kind of down.)
RED XIII [Empty Entry] Red XIII
「彼が物静かになるとは -||- It’s a wonder to
 私にとっては、大いなる驚異だな」 -||- see him quiet.
YUFFIE [Empty Entry] Yuffie
「ありゃ、トイレがまんしてんな。 -||- Hey, I’m waitin’ for a toilet!
 そこらへんですりゃいいのにさ」 -||- I could go over there, but…
コレル山・西 Mt. Corel Mt. Corel, West
『Wマシンガン』を手にいれた! Received "W Machine Gun"!
『へんしん』のマテリアを手にいれた! Received "Transform" Materia!
『エーテルターボ』を手にいれた! Received "Turbo Ether"!
おっとととと!! Oh, oh oh oh oh!!
【○ボタン】でジャンプしろ! Push the {!}{Purple}[OK]{!}{White} button to jump!
うわ~!!
【方向キーの左】【方向キーの右】を押しながら Get the treasure by holding
【○ボタン連打】で空をおよげば、お宝ゲット! while repeatedly pressing {!}{Purple}[OK]{!}{White}!
うわ~!!
左キーを押しながら Hold down the Left Direction button
連打で空をおよげば、お宝ゲット! while repeatedly pressing {!}{Purple}[OK]{!}{White}
うわ~!!
右キーを押しながら Hold down the Right Direction button
連打で空をおよげば、お宝ゲット! while repeatedly pressing {!}{Purple}[OK]{!}{White}
これいじょうマテリアは持てません。 You cannot take on any more Materia.
なにかマテリアをすててください。 Please discard some Materia.
【セーブポイント】 [Save Point]
メニューを開いて「セーブ」を選ぶと Access the menu and select
ゲームの状態を保存できます。} {!}{Purple}[SAVE]{!}{White} to save your game.
コレル山・西 Mt. Corel Mt. Corel, West
『星のペンダント』を手にいれた! Received "Star Pendant"
『ウィザードロッド』を手にいれた! Received "Wizard Staff"!
コレル山・西 Mt. Corel Mt. Corel, West
CLOUD {Cloud}
「いてっ!! “OW!!
 せまいな、ここ……」 Sure is tight in here…”
「さっ、気を取り直して…。 “Come on, {Cloud},
 んっ、これかな」 don't let it get to you.
CLOUD {Cloud}
「これを動かせば……」 “Maybe if I turn this…”
「なにかがおこるはずだ」 “…something should happen.”
    操作する {Choice}Do it
    やめておこう {Choice}Leave it
CLOUD {Cloud}
「そうだな……」 “OK, then…”
    PHS {Choice}PHS
    先を急ぐぞ! {Choice}Let's move on!
TIFA {Tifa}
「あっ!!CLOUD! “OH!! {Cloud}!
 ちょうどよかった!」 That's it!”
TIFA {Tifa}
「この橋がつながらないと “We can't go on until the
 先に進めないみたいなの」 bridge is let down.”
「あそこの小屋にスイッチが “I think there's a switch
 あるらしいんだけど…」 in that shack over there…”
「モンスターが多くて “But there's too many monsters around
 つかれちゃったから……」 and I'm beat…”
AERITH {Aeris}
「CLOUD!!」 “{Cloud}!!”
AERITH {Aeris}
「CLOUDがいてくれたらなあって “I was just wishing you were
 思ってたとこなの」 here!”
「この橋が動かないと先に進めないの。 “{Cloud} should be able
 CLOUDなら、なんとかしてくれるよね」 to do something.”
「でも、その前に…… “But let's take a
 ちょっと休もっ」 breather first.”
AERITH {Aeris}
「ね、CLOUD “Come on, {Cloud}.
 ちょっと休もっ」 Let's rest a minute.”
RED XIII {Red XIII}
「んっ……あんたたちか?」 “Wha? Oh, it's you.”
RED XIII {Red XIII}
「あそこの小屋に橋を動かす装置が “There seems to be an instrument in that
 あるらしいのだがな……」 hut that manipulates this bridge.”
「しばし休息というわけだ」 “Perhaps it's best if we rest a moment.”
BARRET {Barret}
「……ふう」 “…whew!”
YUFFIE {Yuffie}
「あんなとこまで “I don't want to have to
 いきたかないよ!」 go all that way!”
TIFA {Tifa}
「つかれちゃったね…」 “I'm beat…”
AERITH {Aeris}
「CLOUDといっしょが “I'm sure glad I'm with you,
 よかったなっ!」 {Cloud}!”
RED XIII {Red XIII}
「……なんだ?」 “What?”
YUFFIE {Yuffie}
「つかれたよっ!」 “I'm pooped!”
TIFA {Tifa}
「CLOUD!! “{Cloud}!!
 がんばれー!!」 Go {Cloud}!! Go!!”
AERITH {Aeris}
「きゃ~、CLOUD!! “Oh, {Cloud}!!
 がんばって~!!」 Good Luck!!”
『へんせいメニュー』 "Morph Menu"
【セーブポイント】 [Save Point]
メニューを開いて「セーブ」を選ぶと Access the menu and select
ゲームの状態を保存できます。 {!}{Purple}[SAVE]{!}{White} to save your game.
「ここが小屋なのです。 “The shack is here!!”
 ………ポジションカーソルより」}
コレル山・西 {Aeris} Mt. Corel, West
AERITH {Aeris}
「きゃっ、かわいいっ!」 “How cute!!”
TIFA {Tifa}
「かわいいね!!」 “Oh, cute!!”
TIFA {Tifa}
「うん!! “Yes!!
 ……かわいいね」 …how cute.”
YUFFIE {Yuffie}
「おおっ! “Yeow!
 お宝!!」 Lookit that!!”
BARRET {Barret}
「ひゅ~!!」 “Haaeyy!”
RED XIII {Red XIII}
「はぅっ…はぅっ…」 “huff…huff…”
CLOUD {Cloud}
「どうするか…」 “What should we do?”
    宝をもらってくぞ {Choice}Take the treasure
    おいていってあげようか {Choice}Leave it where it is
CLOUD {Cloud}
「世の中はきびしいからな…。 “Times are tough…
 お宝はいただく」 I'm taking the treasure.”
CLOUD {Cloud}
「……俺たちには関係ない。 “…It's got nothing to do with us.
 無視だな」 Just forget about it.”
TIFA {Tifa}
「うん! “Right!
 CLOUD、えらいえらい」 That was admirable of you.”
TIFA {Tifa}
「CLOUDったら!! “Oh! {Cloud}!
 チョコボ頭のくせに!」 Your hair looks like a Chocobo!”
AERITH {Aeris}
「CLOUD……」 “{Cloud}…”
YUFFIE {Yuffie}
「ええ、まじぃ?」 “You kiddin'?”
RED XIII {Red XIII}
「ゴっ……ゴクっ!」 “Glu…glug…”
YUFFIE {Yuffie}
「いただきますっ!!」 “Come to Mommy!!”
BARRET {Barret}
「ひゅ~ひゅ~!!」 “Haeey!! Baaeby!!”
『フェニックスの尾』を10枚手にいれた!} Received 10 "Phoenix Down"!
コレル山・西 Mt. Corel Mt. Corel, West
「おう!! “Hey!
 よくこんなとこまで、きたもんだな!」 How'd you ever wind up here?”
「わるいけどよ “Look, I'm sorry but,
 なんももてなしはできねえぞ!」 I can't do a thing for you!”
「あーあ!! “Oh boy!!
 コレルっていやよう Corel sure has gone to pot.
 昔は炭坑が有名でよう!」 It used to be a famous coal mining town!”
「仕事もくさるほどあったっていうぜ! “They say
 それがどうだい!!」 there were more jobs than
「いまじゃ、見る影もねえ。 “Well, you get the picture!”
 俺もこのブルも動かねえよ」 “Now, it's nothing but a miserable pit!
「仕事がねえんじゃ “Got no job…I can't even show my face.
 おてんとうさんに顔見せできねえ。 'Bout all that's left for me is
 こうして穴ぐらぐらしってわけよ」} just livin' in this hole all day.”
『マインドアップ』を手にいれた! Received "Mind Source"!
『パワーアップ』を手にいれた! Received "Power Source"!
『テント』を手にいれた! Received "Tent"!
コレル山・西 Mt. Corel Mt. Corel, West
[Empty Entry] Yuffie
「ヘンだ!! -||- That’s it!!
 やってやるよ!」 -||- I’m gonna do it!
[Empty Entry] Barret
「帰ってきちまったか……」 -||- So, I’ve come home…
[Empty Entry] Tifa
「すごいながめね。 -||- What an amazing view.
 すいこまれそう」 -||- I feel like it could swallow me up.
[Empty Entry] Cloud
「んっ……? -||- Hm…?
 おまえがなに考えてるのか -||- I know what
 だいたい想像がつくな」 -||- you mean.
[Empty Entry] Cloud
「こわいか?」 -||- Are you scared?
[Empty Entry] Tifa
「ほんのちょっとね」 -||- Just a little.
[Empty Entry] Cloud
「大丈夫だ」 -||- It’s alright.
   俺が受けとめてやる -||- I’d catch you.
   なら落ちても死なないよ -||- A fall wouldn’t kill you.
[Empty Entry] Tifa
って誰にでもそういうこと -||- Cloud, I bet you’d
 言ってそうだよね」 -||- say that to anyone.
[Empty Entry] Tifa
「あっ、ひど~い。 -||- Ah, you’re terrible.
 そんなこと思ってるわけ!」 -||- How can you think that!
[Empty Entry] Aeris
……」 -||- Cloud…
[Empty Entry] Aeris
「……うん」 -||- …Yeah.
[Empty Entry] Cloud
「大丈夫だ」 -||- It’s alright.
   俺が受けとめてやる -||- I’d catch you.
   俺といるほうが危険だ -||- You’re in more danger being with me.
[Empty Entry] Aeris
「きゃっ、 -||- Oo, Cloud…
 たのもしっ!」 -||- You’re so reliable!
[Empty Entry] Aeris
「それもそうかも……」 -||- You might be right…
[Empty Entry] Red XIII
「人間とは不思議な生き物だな」 -||- Humans are mysterious creatures.
北コレル North Corel
BARRET {Barret}
「きこえただろ… “You heard 'em…
 オレのせいで、この町は…… It's my fault
 壊れてしまったのさ……」 this town was…destroyed…”
BARRET {Barret}
「ここで、まっててくれ……」 “Wait here…”
BARRET {Barret}
「すんだことを “Can't keep regrettin' the past…
 くやんでもしかたねぇよ…… It's the future
 これからどうするかだ」 we gotta think about now.”
BARRET {Barret}
「…す、すまん…」 “…I'm sorry…”
「だれかサンのおかげで “YOU know who's responsible for North Corel
 北コレルは、このありさまだ!」 winding up like this!”
「ケッ! “Well, lookey here!
 また、BARRETさまに会えるとは Never thought
 思ってもみなかったぜ」 I'd ever see your face again.”
「金持ちってのは、わからねぇもんだな。 “I'll never understand the rich.
 なんでもゴールドソーサーにいる I heard some guy named
 ディオってやつは Dio at the Gold Saucer
 石ころまで集めてるらしいぜ」 is collectin' rocks!”
「生きてりゃそのうち “I figure if I stay alive long enough,
 イイことがあるかもな」 something good's bound to happen.”
「神羅兵がコレル山を登っていったんだ。 “Some Shinra soldiers went up to Mt. Corel.
 なんでも、メテオをぶっ壊すために They said they're collecting Huge Materia
 ヒュージマテリアを集めてるんだとよ!」 to blow up Meteor!”
「ほんとに、そんなことができるのか…… “Ya think they can really do it?
 メテオにやられる前に、また魔晄炉に I'll bet the reactor destroys everything
 メチャクチャにされるんじゃねぇのか?」 even before Meteor hits!”
「うつむけばガラクタ “Look down… nuthin' but junk.
 見上げればメテオ……」 Look up…Meteor.”
「こいつらにはさまれて “Am I gonna be stuck between these two
 オレの一生は終わるのか」 for the rest of my life?”
「」 “”
「ゴールドソーサーで遊びてぇよ… “I wanna play at the Gold Saucer…”
「ロープウェイに乗るだけで行けるのに “And it's only a Ropeway ride away…
 金がねぇから遊べねぇんだよ…」 but I don't have enough money to play…”
「向こうにいるヤツらは “Those people over there,
 テメエのツレなのか?」 they with you?”
「フン、気のどくに! “Well, I feel sorry for 'em!
 なにせ、BARRETという死神に Hangin' around a walkin' death sentence
 とりつかれているんだからな」 like {Barret}.”
「フン!また、どこかの町を “They kick you out of
 追い出されてきたんだろう?」 another town or somethin'?”
「なにせ、きさまは死神だからな」 “You destroy everything you touch.”
「なんとか言ったらどうなんだ!」 “Why doncha say something!?”
「自分がやったことを “Or did ya forget
 忘れたんじゃねぇだろうな?」 what you done here already?”
「ジャマしねぇでくれよ!!」 “Get out of the way!!”
「この地に残された者は “The only way we can make ends meet around
 ガラクタあさりでしか here now is by collecting junk!”
 食っていけねぇんだ!」
「きっ、きさまは……」 “You, you're…”
「オーイ!! “Hey!!
 ヤツが、もどってきやがったぜ!」 He's back!”
「どのツラさげて、もどってきたんだ?」 “You got a lot of nerve
「見てみろ!おまえのせいで “Look at this place!
 北コレルはガレキの町になっちまった……」 It's all your fault North Corel
「チッ、おもしろくねぇ!」 “^%$#!
「こんなデクノボウにかまってると “Don't waste your time talkin' to
 ロクなことがねぇな!」 that Techno-freak!”
「たまに空を見上げると “Whenever I look up in the sky,
 メテオのやろうが、でっかい顔して I see Meteor staring me right in the face…”
 オレを見つめてやがる……」
「クソッ、落ちるつもりなら “If you're gonna crash down, then hurry up!!
 早く落ちてこいってんだ!! 'Cause I'm gonna kick the $#@& outta ya!”
 そしたらオレが、け飛ばしてやるぜ!」
「タークスとかなんとかいうヤツらが来て “A buncha guys called Turks came here
 キー・ストーンっていう石を sayin' they'd pay 10000 gil for
 10000ギルで買うって言ったんだ」 some rock called a 'Keystone'.”
「じゃあ、ここに落ちてる石ころなら “When I asked how much they'd pay for
 いくらで買ってくれるんだ?って聞いたら a regular rock just layin' around here,
 なぐられちまったよ、ちきしょう!!」 they slapped me upside my damn head!!”
「神羅の兵が、どかどかやってきて “Shinra soldiers came around sayin'
 魔晄炉のヒュージマテリアを they were gathering up
 回収するだとか言ってたぜ」 all the Huge Materia.”
【コレル魔晄炉】から炭坑列車で “I think they're gonna bring it here
 この町まで運んでくる by coal train, from the {!}{Cyan}Corel Reactor{!}{White}.”
 つもりなんじゃねぇのかな?」
「空を見上げて “Staring up at Meteor
 メテオとにらめっこしても won't put food in my stomach.”
 一文のとくにもならねえ」
「こうやって下を向いていると “But if I look down,
 ハラのたしになることも sometimes I find somethin' to eat.”
 たまには、あるけどな」
「よぉ、都会のほうじゃ “I hear it's a big fad now in the city
 数字のイレズミをほるのが流行ってるのか?」 to get tattoos. Is that right?”
    しらない {Choice}I wouldn't know
    そのとおり {Choice}That's right
「そうか… “Really…?
 ロープウェイの方に行った若ぞうの I saw a big '1' on the arm of
 手のこうに大きな『1』が見えたんだ。 a young guy heading towards the Ropeway.
 黒マントのかっこいいヤツだったぜ」 That Black Cape he had on was really cool.”
「じゃあ、オレなら『0』のイレズミだな! “I guess I should get a '0' tattoo!
 ビンボー人には、『0』がお似合いだ」 For a poor man like me,
「よぉ、世の中は今 “Hey,
 どうなってんだい……」 what's gonna happen to the world?”
「ゴールドーソーサーが閉園に “I guess no one wants to have fun anymore
 なるんだから、遊ぶ気分じゃない now that the Gold Saucer is closing…”
 ってところなのか?」
「よぉ、ゴールドソーサーが “Hey,
 再開したんだぜ!」 the Gold Saucer reopened!”
「メテオのことを頭から消すには “We've got to play hard
 遊んで忘れるしか無いってことか」 to get our minds off Meteor.”
武器屋
「生き抜いていくには “If you want to survive,
 この店の武器が必要だぜ」 then you're gonna need
道具屋
「何でもイイ “Please buy something!
 買ってちょうだい!」 Anything will do!”
「何か用か?」 “What do you want?”
   買う {Choice}Buy
   話を聞く {Choice}Listen to your story
   興味ない {Choice}Not interested
「左の道を行けば “Take that road on the left
 ロープウェイ乗り場があるぜ!」 to the Ropeway station!”
「ロープウェイに乗れば “The Ropeway'll take you
 ゴールドソーサーに行けるんだ」 to the Gold Saucer.”
「まっ、おれたちビンボー人には “It don't mean much
 関係のない話だけどな…」 to us poor folks though…”
「時々イドの中で何かが光るの。 “Sometimes, I see something glowin'
 ひろったら、お金にかえて inside the well.
 ゴールドソーサーへ行くんだもん」 If I ever get it, I'm going to sell it
「このイドをず~っとほって “I'm gonna keep diggin' in this well
 世界のうらがわまで行きたいな」 till I come out
「そしたら友だちを “Then, I'm going to make lotsa friends.”
 いっぱいつくるんだもん」
「イドの中からひろい上げたんだ。 “I got this out of that well.
 きっとスゴ~イ石だよ!!」 This rock must REALLY be something!!”
「あれれ、おじさん? “Whoops…
 それじゃ、持ちきれないよ」 You can't hold all those.”
「ポケットにしまっておくから “Here, I'll keep it in my pocket,
 また、あとで取りにきてね!」 and you can come by later and
TIFA {Tifa}
「神羅は、あのヒュージマテリアを “I wonder what Shinra wants to do
 何に使おうとしているのかしら?」 with all that Huge Materia?”
RED XIII {Red XIII}
「これから、どうするんだい?」 “What are we going to do now?”
CID {Cid}
「もうしわけねぇ… “Sorry…
 オレ様としたことが、簡単に I never shoulda gave that Huge Materia
 神羅にヒュージマテリアを to the Shinra so easily…”
 もってかれちまって……」
YUFFIE {Yuffie}
「くよくよしてもしかたないよ! “No use baggin' on yourself!
 そんなのオッサンらしくないよ」 It's not like you, OLD guy!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「まだ全てが終わってしまへんで。 “It's not all over yet.
 元気をだしましょ!」 Cheer up!”
VINCENT {Vincent}
「……あきらめるのは “…Isn't is too early
 まだ早いのではないか?」 to give up?”
『アルテマ』のマテリアを手にいれた! Received "Ultima" Materia!
CID {Cid}
「神羅の狙う、ヒュージマテリア…… “There's only one more Huge Materia
 残るはジュノンの海底魔晄炉のみだな」 That's the one at the Underwater Reactor.”
CID {Cid}
「いくら神羅でも、ことごとくオレ様たちの “With us always in their face,
 邪魔が入って、しん重になっているはずだ」 even the Shinra's gotta be
「そんなに急がなくてもいいと思うぜ…… “We have to hurry that much…
 ……それよりオレ様は …Right now I'm more worried
 あいつが気がかりで、しょうがねえんだ!」 about him than anything else!”
CID {Cid}
「ああ、それにTIFAも “Yeah, and I'm worried
 どうしてるか心配だしな。」 about {Tifa}, too.”
「ちょっと様子を見に戻ってみるか “Let's go see
 【ミディール】へ……」 what's going on at {!}{Cyan}Mideel{!}{White}…”
BARRET {Barret}
「先まわりしてやるぜ!」 “We'll get there first!”
BARRET {Barret}
「CLOUD……」 “{Cloud}…”
RED XIII {Red XIII}
「絶対に止めなきゃ!!」 “We HAVE to stop them!!”
RED XIII {Red XIII}
「CLOUDのことだね……」 “Must be about {Cloud}…”
YUFFIE {Yuffie}
「急いで、止めなきゃ!!」 “We've got to hurry and stop 'em!!”
YUFFIE {Yuffie}
「CLOUDのことだろ……」 “You must be talking 'bout {Cloud}…”
CAIT SITH {Cait Sith}
「海底魔晄炉に行くんでっか?」 “We headin' out to
CAIT SITH {Cait Sith}
「CLOUDさん……」 “{Cloud}…”
VINCENT {Vincent}
「海底魔晄炉に行くのか?」 “Are we going to
VINCENT {Vincent}
「CLOUDか……」} “{Cloud}…”
テントの中 North Corel FIND DAN'S TRANSLATION.
「ジィちゃんは、その昔 “Grandpa used to be
 たんこう列車の運転手だったの」 a Coal Train engineer.”
「その時のクセが “He still can't kick
 まだぬけないみたい」 his old habits from then.”
「ジィちゃんったら久しぶりに “Seeing that train got Grandpa more excited
 機関車を見てはしゃいじゃって」 than I've seen him for some time.”
「ここにいるかぎり、ジィちゃんは “As long as we stay here,
 機関車のことを忘れられないみたいね」 Grandpa won't be able
【南の島ミディール】にでも引っ越して “Maybe we should start fresh,
 気分をかえてみようかしら」 and move to
「メテオが落ちてくるんじゃ “With Meteor coming,
 どこへ引っ越しても同じかしら……」 I guess it doesn't matter…”
「もうすぐ、次の列車がくるぞ」 “The next train's coming in soon.”
「なんじゃ? “What the?
 列車にひかれるなよ!」 Watch out for the train!”
『エーテル』を手にいれた!} Received "Ether"!
テントの中 North Corel FIND DAN'S TRANSLATION.
「事故は、ふせぎようがなかったことは “Everyone knows that accident
 み~んなわかっておるんじゃ」 couldn't have been avoided.”
「でも、だれかに責任を “But no one will be satisfied
 押しつけなければ until someone takes the blame.”
 気がおさまらんかったのじゃよ」
「空から何か降ってくるらしいね?」 “I hear something's gonna fall
「あんたらのおかげで命びろいしたよ。 “You saved my life.
 と言っても、あたしゃもう長くないがね」 Not that I have much longer
「こんなガラクタの町なんかすててよ “I want to leave
 どこかで人生をやり直してぇんだ」 this garbage dump of a town behind me,
「バギーカーでも持ってりゃ “If I had a buggy,
 南のサバクを越えて、川向こうの村に I'd cross the southern desert,
 渡れるんだけどよ……」 and go to that town across the river…”
「向こうのイドの中で “There was something glowing
 何かが光ってたんだよ」 in that well over there.”
「ひろったら、お金にかえて “If I can get my hands on it,
 ゴールドソーサーに行くんだ!」 I'm gonna sell it
「大きくなったら “When I grow up,
 世界中の光る石を集めに行くんだ!」 I'm gonna travel the world
「イドの中からひろい上げたんだ。 “I got it out of the well.
 きっとスゴ~イ石だよ!!」 It must be a special rock!!”
「あれれ? “Hey?
 それじゃ、持ちきれないよ」 You can't hold anymore.”
「ポケットにしまっておくから “I'll keep it in my pocket for you.
 また、あとで取りにきてね!」} You can come by and pick it up later!”
『アルテマ』のマテリアを手にいれた! Received "Ultima" Materia!
ボロ小屋の中 North Corel FIND DAN'S TRANSLATION.
「あいつらのせいよ……ウウッ “Because of them…ugh
 夫は、あの事故にまきこまれて…… my husband got into that accident…
 あんなに強い人だったのに……」 He used to be such a strong man…”
「メテオって “Is Meteor really going to
 本当に落ちてくるのかしら……」 crash down on us?”
「わたしまだ若いのに…… “I'm still too young…
 だれか、おヨメにもらって~」 I'll never remarry.”
「夫のかたみなの…これをあげるから “This memento is
 メテオをなんとかしてちょうだい」 all I have left of my husband…
「何もかも失ったこの町で “How am I supposed to continue living
 どうやって、生きていけばイイのやら……」 in a town that lost everything?”
「魔晄炉なんて、クソくらえじゃ!」 “To hell with the Mako reactor!”
「町はメチャクチャになった…… “The town is in shambles…
 メテオも落ちてくる……」 and Meteor is coming our way…”
「残ったのは “All we have left is
 ワシらの愛だけじゃな」 our love for each other.”
「もう少し長生きしたかったのに “I don't want to die,
 メテオが降ってくるとはな……」 but who can stop Meteor?”
「わーい!! “Yaaay!!
 何して遊ぶぅ?」 What do you wanna play?”
「ねぇ、メテオってなぁに?」 “Hey, what's a Meteor?”
『カタストロフィ』を手にいれた!} Received "Catastrophe"!
宿屋 North Corel Inn Inn
宿屋 Inn Keeper
「いらっしゃい。 “Welcome.
 50ギルだけど泊まるかいの?」 It's 50 gil a night.
    はい {Choice}Yes
    いいえ {Choice}No
宿屋
「ん~お金がたりんな」 “Hmm, you don't quite have enough.”
宿屋
「ゆっくり休みなされ」 “Enjoy your stay.”
宿屋
「また来て下さいな」 “Please come again.”
「だいじょうぶかい?」 “You all right?”
「町のみんながあんたたちを “Some townspeople carried you here
 神羅に気づかれないように so the Shinra wouldn't find you.”
 ここに運んだんだ」
「神羅のやつらは “How much more will they have to
 どこまでこの町を壊せば destroy before they're satisfied!?”
 気がすむんだろうな!?」
「だれか神羅をこらしめてくれる “Isn't anyone brave enough
 勇気のある者はおらんかの?」} to stick it to Shinra?”
ロープウェイ乗り場 Ropeway Station
「ロープウェイに乗りますか?」 “Ride the Ropeway?”
    乗る {Choice}Go on
    乗らない {Choice}Don't go on
「ロープウェイに乗りますか?」 “Ride the Ropeway?”
    はい {Choice}Yes
    いいえ {Choice}No
CLOUD {Cloud}
「何があったんだ?」 “What happened?”
CLOUD {Cloud}
「神羅の軍? “Shinra troops?
 いったい何のために!?」 What for!?”
CLOUD {Cloud}
「乗ろうぜ」 “Let's get on.”
TIFA {Tifa}
「ひどいっ!」 “That's so terrible!”
TIFA {Tifa}
「自分を責めちゃだめよ。 “Don't blame yourself.
 そのころは、みんな神羅のあまい言葉に We were all fooled by the promises
 おどらされていたんだから」 Shinra made back then.”
TIFA {Tifa}
「私、知らなかったわ。 “I never knew.
 BARRET、何も言わなかったから……」 {Barret} never said a thing…”
TIFA {Tifa}
「…………」 “…”
「早くのらなきゃ!」 “We better go on!”
TIFA {Tifa}
「みんな、いろいろ…… “Everyone's…
 つらいこと持ってるんだね」 been through a lot of hardship…”
BARRET {Barret}
「すまねえな」 “Sorry.”
BARRET {Barret}
「このあたりにオレの故郷があった」 “My hometown used to be around here.”
BARRET {Barret}
「今はもうない。 “It ain't here no more.
 砂の下に埋もれちまったらしい。 Heard it got buried…
 ……たった4年で」 in just 4 years.”
BARRET {Barret}
「オレのせいだからだ。 “An' it's my fault.
 ぜんぶオレのせいなんだ」 ALL my fault.”
BARRET {Barret}
「魔晄炉で爆発事故が起こったんだ」 “There was an explosion at a reactor.”
「神羅はその事故の責任を “Shinra blamed the accident on the people.
 コレル村のオレたちに押しつけた。 Said it was done by a rebel faction.”
 反対派のしわざだと言ってな」
BARRET {Barret}
「ああ、たしかにな。 “Well, I guess that's true.
 でもよ、オレは神羅以上に But more than Shinra,
 自分を許せなかったんだ」 I can't forgive myself.”
「オレさえ魔晄炉に賛成しなければ……」 “Never should've gone along
BARRET {Barret}
「だからよ、だからこそ “That's why…
 オレは自分にハラが立つんだ!!」 that's why I get so pissed off!!”
「あまい言葉にのせられたあげく “Not only did they take advantage of me…
 女房を……ミーナを失い……」 But I lost my wife, Myrna, too…”
BARRET {Barret}
「ダインは親友だったぜ。 “Dyne was my best friend.
 ガキのころからのよう……」 We were close ever
BARRET {Barret}
「全部、オレのせいなんだ……」 “It's all my fault…”
AERITH {Aeris}
「BARRET、どうしたの?」 “{Barret}, what happened?”
AERITH {Aeris}
「だからって、どうして、さっきの人たち “But how could those people
 あんなひどいこと言うの?」 say those terrible things?”
AERITH {Aeris}
「…………」 “…”
AERITH {Aeris}
「神羅のやることは “Everything Shinra does seems to
 みんな不幸にしてしまうのね…」 make everyone miserable…”
RED XIII {Red XIII}
「あった、とは?」 “What do you mean 'used to'?”
RED XIII {Red XIII}
「…………」 “…”
YUFFIE {Yuffie}
「アタシはBARRETに “I'm not sympathizing with {Barret}!
 同情なんてしないよ! He never should have trusted Shinra, Inc.”
 神羅を信じたのが悪いのさ」
YUFFIE {Yuffie}
「アタシは先に乗っておくよ」 “I'm waiting inside.”
「ロープウェイは『ゴールドソーサー』行きだ。 “The Ropeway takes you
 料金は、タダだから心配いらんよ」 to the 'Gold Saucer'.
「オーイ、あんたら! “Hey everyone!
 『ゴールドソーサー』に行くなら If you want to go to the 'Gold Saucer',
 早く乗っておくれ」 hurry and get on!”
「料金は、必要ないからね!!」
「ゴールドソーサーは今、閉園中なんだ。 “The Gold Saucer is currently closed.
 ロープウェイは使えるけど The Ropeway's up and runnin', but
 行ってもムダだと思うよ」 there's no point in goin' there.”
「ゴールドソーサーが再開したよ。 “The Gold Saucer reopened.
 こんな時だからこそ、遊んで頭もサイフも Why don't you go play hard and
 カラッポにしたらどうだい?」 clear your heads
「メテオが落ちる前にゴールドソーサーで “I'm gonna use all my life savings
 有り金を全部使ってやるぜ!」 before Meteor hits!”
「あせる気持ちは分かるけどよ。 “I know how you feel,
 メテオが落ちなかったら but what if Meteor doesn't hit us?
 そのあと、どうするんだよ?」} What are you gonna do then?”
0番街 0 Sector 0
……オレの故郷、コレルは …My hometown, Corel's always
古くからの炭坑の村だった。 been a coal mining town.
ほこりっぽくて It may be dusty and poor,
のどかで、まずしくて…… but it's calm…
そんなちっぽけな村だった。 It's a real small town.
「魔晄炉」という名を初めて That's the first time I ever heard
耳にする、あの時までは…… "Mako Reactor" mentioned since then…
オレたちは豊かな生活を夢みていた。 We all dreamt of the good life.
しかし……突然神羅の軍が……} Then, all of a sudden, Shinra troops came…
0番街 0 Sector 0
村長 Village Headman
「どうする? “What are we going to do?
 反対してるのは The only one opposed
 ダインだけだが……」 to this is Dyne…”
ダイン Dyne
「俺は絶対反対だ。 “I am definitely against it, no matter what.
 コレルの炭坑をすてるなんて There's nothing to talk about if you're
 できない相談だからな!」 thinking of throwing away our coal!”
ダイン Dyne
「コレルの炭坑は、俺たちの “The coal's been ours for generations.
 じいさんたち、おやじたちが Our fathers, and theirs before them,
 命がけで守ってきたものだ」 risked their lives for it.”
「俺たちの時代になって “We have no right to throw it all
 すてることなんてできない!」 away so easily!”
BARRET {Barret}
「でもよ、ダイン。 “But listen, Dyne.
 今の時代、石炭なんて誰も使わない。 No one uses coal nowadays.
 時代にはさからえないんだ」 It's the sign of the times.”
スカーレット Scarlet
「そう、時代は魔晄エネルギー」 “Right, everything is Mako, now.”
「だいじょうぶですよ、ダインさん。 “It'll be all right, Dyne.
 魔晄炉完成のあかつきには Shinra, Inc. will guarantee your
 我々神羅カンパニーが livelihood once the Mako Reactor
 みなさんの生活を保障します」 is completed.”
BARRET {Barret}
「な、ダイン。 “Listen, Dyne.
 オレは女房のミーナに I don't want my wife, Myrna,
 これ以上苦しい生活をさせたくないんだ」 to suffer anymore.”
ダイン Dyne
「そんなの俺だって同じなんだ!」 “I know how you feel!
「でも、それでも俺には “But even so,
 炭坑をすてるなんて I won't give away our coal mines!”
 できないんだよ!」
村長 Village Headman
「ダイン……わかってくれ」 “Dyne…you've got to understand.”
こうしてコレル魔晄炉は That's how the Corel Reactor
建設され……完成した。 was built…and completed.
オレたちは豊かな生活を夢みていた。 We all thought it would bring us an
しかし…………} easier life.
0番街 0 Sector 0
オレとダインが村を離れている It happened when Dyne and I were
ほんのわずかな時間の出来事だった。 out of town for a few days.
コレル村は神羅の軍によって Corel was burned down by
やきはらわれてしまったんだ。 the Shinra troops.
大勢の村人たちも…… All the townspeople…
オレたちの家族も…… All my relatives……
みんな……いっしょに……} Everyone…everything…