Dialogue Script

Chapter: 18 - Gold Saucer &Corel Prison

Reaching Gold Saucer, Barret pissed off, Meeting Cait Sith. ALL NPCs in Gold Saucer at ALL Times. then Everyone is dead in the Battle Arena, to being sent to Corel Prison, to Dyne fight, and Chocobo Race, to receiving the Buggy

 
FF7 International ScriptFF7 PC English ScriptMissing TranslationNotes
JAPANESE (Intl Ver) PC ENGLISH
ロープウェイ乗り場 Ropeway Station
「ようこそゴールドソーサーへ」 “Welcome to the Gold Saucer.”
「団体様ですね? 入園チケットは “Are you together?
 1回3000ギルです A single pass is 3000 gil,
 何回でも入園できるゴールドチケットは or you can purchase
 30000ギルになります」 a lifetime pass for 30000 gil.”
    3000ギル払う {Choice}Pay 3000 gil
    30000ギル払う {Choice}Pay 30000 gil
    払わない {Choice}Don't pay
「ありがとうございます」 “Thank you very much.”
「チケットは一度ゴールドソーサーから “If you leave Gold Saucer,
 でますと、無効になりますので your tickets become invalid.”
 お気をつけ下さい」
「ゴールドチケットは “If you have a Gold Ticket,
 お客様がお無くしならない限り you can come and go freely into
 何度でも入園できます」 the park…as long as you don't lose it.”
「もうしわけありませんが “I'm sorry, you don't
 お金がたりないようです」 have enough money.”
「どうぞ、心行くまで “Please
 お楽しみください」 enjoy yourselves.”
「お客様 “Please
 こちらでチケットをお買い下さい」 buy your ticket here.”
「ここゴールドソーサーでは “Here at the Gold Saucer,
 料金を『GP』で there are many places where
 お支払いただくものが you must pay with GP.”
 多数あります」
「『GP』はゴールドソーサーでのみ “Just think of 'GP' as money that
 使うことの出来るお金だと you can only use at
 思っていただければ、けっこうです」 the Gold Saucer.”
「GPはワンダースクェアの “GP can only be redeemed at
 各種ゲームとチョコボレース場でのみ the games in Wonder Square
 お求めいただけます」 and at the Chocobo Races.”
「それとGPの個人の所有は “Your GP limit is 10000,
 10000までとなっておりますので so please be careful.”
 お気をつけ下さい」
「ギルをGPに換金しますか? “Would you like
 1GPは100ギルです」 to change gil”
    ああ {Choice}into GP?
    いや {Choice}1 GP is 100 gils
        GP GP
           {Choice}
           {Choice}
          ギル {Choice}gil
ギルだがいいな?」 “Is this okay?”
    ああ {Choice}Yeah
    いや {Choice}No
「おっ、兄ちゃんたち “Hey, how 'bout it,
 どうだい、俺がギルをGPに change your gil into GP?”
 変えてやろうか?」
    ああ {Choice}Yeah
    興味無いな {Choice}Not interested
「へへっ、毎度 “Hey, thanks
 1GP100ギルでいいぜ」 1 GP is 100 gil.”
「なんだよ、兄ちゃん “Hey, you
 金がたりねぇぞ」 don't have enough.”
「ダメダメ “No, no.
 10000以上もってても It's suspicious if you
 あやしまれるだけだ」 have more than 10000 GP.”
「また欲しくなったら来な “If you want some more later,
 おりゃあ、たまにここにいるからよ」 I'll be around now and then.”
【セーブポイント】 [Save Point]
メニューを開いて「セーブ」を選ぶと Access the Menu and select
ゲームの状態を保存できます……、が {!}{Purple}[SAVE]{!}{White} to save your game…but,
ここでは 5GPかかります。 each transaction will cost 5 GP here.
    払わない! {Choice}No way!
    しょーがないから払う {Choice}I guess I'm stuck. I'll pay
GPがたりません… Not enough GP…
 現在の持ちGP Current GP
  GP {!}{Var:3} GP
ディオ Dio
「こっちだ、君たち」 “This way.”
ディオ Dio
「すまないが、しばらくは “I'm sorry,
 営業をひかえさせてもらう」 I'm gonna close this for awhile.”
「こんな時でも、経営を続けるか “I'm just debating if I should
 どうかを考えている所だ」 be in business at a time like this.”
ディオ Dio
「考えぬいたが、結論は1つだった」 “I thought about it, but there was only
「こんなときだからこそ “I believed that because of
 このような場所が必要なのかも知れん the way things are, there's
 そう考えたよ」 a need for a place like this.”
ディオ Dio
「楽しんでいってくれたまえ “Enjoy yourselves…
 はははははっはははっ」} Ha ha ha ha…”
案内板 Info Board
『イベントスクェア』 "Event Square"
 楽しい演劇が An entertaining show awaits you.
 あなたを待っています
『チョコボスクェア』 "Chocobo Square"
 チョコボレーシングが Chocobo Racing takes you into
 君をバーチャル空間へご案内 the world of Virtual Reality!
 クエっ! クエっ! Wark! Wark!
『バトルスクェア』 "Battle Square"
 熱き戦いへ君をいざなう! Go to the limits in heated battles!
 いま必殺のゴールドアタック!! Try your hand at the
『ラウンドスクェア』 "Round Square"
 園内を一望できます Take a tour of the Park
 美しいゴールドソーサーの and see the beautiful night
 夜景をあなたに…… scenery of Gold Saucer…
『スピードスクェア』 "Speed Square"
 あなたを興奮の中へ A Shooting Roller Coaster is
 シューティングコースターが waiting to take you into the world
 君を待つ! of excitement.
『ワンダースクェア』 "Wonder Square"
 数多くのゲームがあなたを待っています A number of Games await you here.
 ワンダースクェアでGPをためて Collect GP at Wonder Square
 たくさん遊ぼう! and play some more!
『ゴーストスクェア』 "Ghost Square"
 こちらにはホテルがございます Please come and stay at the hotel…
 お泊りのさいはこちらへ……
 ひょひょひょひょひょっ Ha ha ha…”
『現在地・ゴールドゲート』 "Now in: Gold Gate"
 様々なアトラクションへ Let's try all of the Attractions!
 レッツ アクセス!
  ゴールドソーサーへようこそ! {Choice} Welcome to Gold Saucer!
ゴールドソーサーでは Many attractions await you here at
様々なアトラクションが Gold Saucer.
あなたを待っています。
感動と興奮、スリル&サスペンス You will be moved and excited,
あなたを未体験ゾーンへご案内! thrilled and terrified!
一生の思い出をあなたに…… Led from one zone to another…
神羅} {Choice}{Choice}{Choice} Dio Shinra Says Dio in PC, says Shinra in PSX.
AERITH {Aeris}
「うわ~! “Wow!
 楽しまなくっちゃ!」 Let's have fun!”
AERITH {Aeris}
「そんな場合じゃないのは “I know this isn't the right time
 わかってるけど、ね」 to do this.”
AERITH {Aeris}
「ね、BARRETも元気だして!」 “Hey, {Barret}, cheer up!”
BARRET {Barret}
「……そんな気分にはなれねえ。 “…I ain't in a cheery mood.
 オレのことは放っておいてくれ」 So jus' leave me alone.”
AERITH {Aeris}
「そ~ぉ? “Really?
 仕方ないね」 That's too bad.”
AERITH {Aeris}
「行こっ!」 “Let's go!”
TIFA {Tifa}
「ヒソヒソ……。 “…whisper…whisper…
 (AERITH! (Wasn't that a little harsh,
  ちょっとひどいんじゃない?)」 {Aeris}!?)”
AERITH {Aeris}
「ヒソヒソ……。 “…whisper…whisper…
 (こういうとき、ヘンに気を (Just act normal when this happens)”
  つかわないほうがいいよ)」
TIFA {Tifa}
「ヒソヒソ……。 “…whisper…
 (そうかな……)」 (You think so…?)”
AERITH {Aeris}
「だいじょぶよ!」 “Of course!”
AERITH {Aeris}
「わたしたち、遊んでくるね」 “We're gonna go play…”
BARRET {Barret}
「勝手にしろ! “So PLAY!
 チャラチャラしやがってよ!」 …mess around all you want!”
「オレたちはセフィロスを “Don't forget we're after Sephiroth!”
 追ってるんだぞ!
 それを忘れるんじゃねえ!」
AERITH {Aeris}
「……怒っちゃった」 “…I think he's mad.”
TIFA {Tifa}
「あ、でも、だいじょうぶみたい。 “He'll be fine.
 なんだかいつものBARRET。 He seems to be doing
 少し元気でたみたい」 a little better now.”
AERITH {Aeris}
「それじゃ、わたしたちも!」 “Then, shall we!?”
TIFA {Tifa}
「セフィロスが来てるかもしれないから “We'd better be careful,
 気をつけなくちゃね」 Sephiroth might be around.”
     いっしょに行く {Choice}Go together
     いっしょに行かない {Choice}Don't go together
AERITH {Aeris}
「いろ~んなこと忘れて “I wish we could just forget
 楽しめると、いいね」 everything and have fun!”
     いっしょに行く {Choice}Go together
     いっしょに行かない {Choice}Don't go together
RED XIII {Red XIII}
「……私と行くのか?」 “…You want to go with me?”
     いっしょに行く {Choice}Go together
     いっしょに行かない {Choice}Don't go together
YUFFIE {Yuffie}
「アタシと!?」 “With me!?”
     いっしょに行く {Choice}Go together
     いっしょに行かない {Choice}Don't go together
TIFA {Tifa}
「CLOUD!」 “{Cloud}!”
AERITH {Aeris}
「CLOUD!」 “{Cloud}!”
YUFFIE {Yuffie}
「CLOUD!」 “{Cloud}!”
RED XIII {Red XIII}
「CLOUD!」 “{Cloud}!”
TIFA {Tifa}
「いっしょに行くわ」 “I'll go with you.”
AERITH {Aeris}
「1人で行かないで “Don't go alone, go with me!”
 私と行きましょ!」
YUFFIE {Yuffie}
「アタシといっしょに行こうよ!」 “Let's go together, {Cloud}!”
RED XIII {Red XIII}
「1人ではなんだろう……」 “Don't go by yourself…”
スピードスクェア {Choice}Speed Square
    チョコボスクェア {Choice}Chocobo Square
    イベントスクェア {Choice}Event Square
    スピードスクェア {Choice}Speed Square
    イベントスクェア {Choice}Event Square
    チョコボスクェア {Choice}Chocobo Square
    イベントスクェア {Choice}Event Square
    イベントスクェア {Choice}Event Square
    スピードスクェア {Choice}Speed Square
    チョコボスクェア {Choice}Chocobo Square
    ラウンドスクェア {Choice}Round Square
    スピードスクェア {Choice}Speed Square
    ラウンドスクェア {Choice}Round Square
    チョコボスクェア {Choice}Chocobo Square
    ラウンドスクェア {Choice}Round Square
    ラウンドスクェア {Choice}Round Square
「は “Uh…
 イベントがまだでーーーーす。」 It's not time for the Event yet…”
    チョコボスクェア {Choice}Chocobo Square
    スピードスクェア {Choice}Speed Square
    バトルスクェア {Choice}Battle Square
    ワンダースクェア {Choice}Wonder Square
    ラウンドスクェア} {Choice}Round Square
「もうしわけございませんが  こちらはただいま故障中です」 “Sorry it's out of order.” Placed in the very last spot in the JP file.
CLOUD {Cloud}
「どっちと乗るか…」 “Who should I ride with?”
     {Choice}{Party 2}
     {Choice}{Party 3}
「いらっしゃいませ “Welcome.
 こちらのアトラクションの This attraction is 3 GP.
 お値段は3GPに
 なっておりますが
「お乗りになられますか?」 “Shall you be riding this evening?”
    お乗りになる {Choice}Yes, I shall
    お乗りにならない {Choice}No, I shan't
「あの、まことに “Um, I'm very sorry, but
 もうしわけございませんが you do not have enough GP.”
 GPがたりませんようです」
「こちらの乗り物は “Would this be your
 初めてでございますか?」 first time riding with us?”
    初めてでございます {Choice}Yes, it would
    初めてでは無いでございます {Choice}No, it would not
「こちらの乗り物は “You will be able to see
 中からゴールドソーサーの色々な景色が all of Gold Saucer
 お楽しみいただけます。 park on this ride.
 ただ、すわっているだけでは So please just sit back and
 見ることの出来ない景色も enjoy a lovely view you
 多くございますのでマドから won't see anywhere else.”
 のぞいてみるとよろしいですよ」
「さようでございますか」 “Is that right?”
「それとこちら、お2人様専用の “This attraction can only
 アトラクションになってございますので accommodate 2 passengers, so one
 お1人様はこちらでおまちください」 of you please wait over there.”
「では、ゴールドソーサーの “Enjoy the sights
 景色をごゆるりとお楽しみ下さい」} of Gold Saucer.”
「わるいね、今の時間は何もやってないよ」 “Sorry but there's no show now.”
「ここは、一風変わったショーをするんだ “We put on a really unusual show here.
 今日はやってないみたいだけど But not today, so come back
 また、きてみるといいよ」 again sometime and see it.”
「な、なんだよ “What's your problem?
 2人のじゃまをしないでくれ」 Can't you see we wanna be alone?”
「ふっ、君もブスイな人だ “Geez, what a jerk.
 2人だけにしておいてもらえないか」} Why don't you just leave us alone?”
「へへへ、ついに5000点を “Hey, I finally got 5000 points.”
 とったぜ」
「へへへ、また5000点を “Hey, I got 5000 points again.”
 とったぜ」
「へへへ、景品が変わったんで “Hey, since the prizes changed,
 また5000点を取ったぜ」 I got 5000 points again.”
「へへへ、ついに「未定4」を “Hey, I finally got 'Undecided 4'.”
 手に入れたぜ」
「へへへ、ついに「未定5」を “Hey, I finally got 'Undecided 5'.”
 手に入れたぜ」
「キャー!! ステキー!!」 “Wow!! You're so wonderful!!”
「ああ、やっと景品を “Man, I finally got a prize…”
 もらうことが出来た…」
「また、GPをかせぎに行くか」 “Well, I guess I'll go and get some more GP.”
「やっぱり、出てくる “First, I gotta memorize
 順番を覚えて、先よみして the order it comes out,
 攻撃すれば…… and then guess on the attacks…
 ブツブツ……」 …mumble, mumble…”
「こういう階段って “We have to be careful
 気を付けないとね」 of these steps.”
「なにをって… “What?
 色々だよいろいろ」 A lot of things…”
「わ~い!!」 “Yaaay!!”
「キャッキャ!」 “Eyyaaaaaa!”
「これこれ、走るんじゃないよ」 “Come on now, no running.”
「これこれ、メテオには気をつけるんだよ」 “Now, now, be careful of Meteor.”
「クラクラ~!!」 “I'm dizzy!!”
「ゴールドソーサーにようこそ」 “Welcome to the Gold Saucer.”
「ふう……」 “Phew…”
Man
「そこの少年」 “Hey boy.”
CLOUD {Cloud}
「少年……」 “Boy…”
Man
「どうだね? 楽しんでいるかね?」 “How is it? You having fun?”
「ん、そうか、楽しんでいるか “Mmm, so, you ARE having fun.
 よかった、よかった、な少年よ」 Well, good, good for you boy.”
CLOUD {Cloud}
「俺は、CLOUDだ。 “My name's {Cloud}.
 少年というのはやめてくれ」 And stop calling me boy.”
ディオ Dio
「ん? 私か? “Mmm? Me?
 私は、ここゴールドソーサーの園長 I'm the owner of the Gold Saucer.
 ディオという」 The name's Dio.
「気軽に『ディオちゃん』と呼んでくれ」 “Just call me 'Dio'.”
CLOUD {Cloud}
「………(聞いちゃいないな)」 “(He's not even listening)”
ディオ Dio
「そうだ、少年。 “By the way, boy,
 『黒マテリア』を知っているか?」 do you know what a 'Black Materia' is?”
     知っている {Choice}Yeah, I know
     知らない {Choice}What is it?
ディオ Dio
「ははははははは、少年! “Ha ha ha…that, I say, that's
 ウソはいけない。 この私の目は a good one, boy! But it's not
 ごまかせないぞ」 good to lie. You can't fool me.”
ディオ Dio
「おお、やはり知っているか」 “Oh, so you do know?”
CLOUD {Cloud}
「なぜ俺に聞いた?」 “Why d'you ask me?”
ディオ Dio
「少し前に、少年くらいの少年が来て “Well, a while back, a boy your age
 『黒マテリア』はないかと came in and asked me if I had
 聞いていったのでな」 'Black Materia.'”
ディオ Dio
「同じくらいの少年なら “I thought you might know who he was,
 知っているのかと思ってな」 seein' as how you're both
CLOUD {Cloud}
「その男は黒いマントの……」 “Did he happen to have…a black cape?”
ディオ Dio
「その通りだ。 “Why yes, yes indeed.
 それに手の甲に『1』の And a tattoo on his hand
 タトゥーをしていたぞ」 that said '1'.”
CLOUD {Cloud}
「その男、どこへ行った!?」 “Where did he go!?”
ディオ Dio
「はははははは、そんなことは “Ha ha ha, I have no idea.”
 さすがの私も知らんよ」
ディオ Dio
「では」 “Well then.”
ディオ Dio
「おお、そうだ少年よ。 “I say, stop by the Battle Arena
 よかったら、闘技場によってみてくれ」 if you like, boy.”
「君なら気に入ってくれると思うよ。 “You'll probably like it.
 私のコレクションの数々も Many of my collections
 かざってあることだし」 are on display there.”
ディオ Dio
「はははははは」 “Ha, ha ha.”
スピードスクェア} Speed square
「お客さま “This way, Sir,
 お申しこみは to register.”
 こちらでおねがいします」
「こちらのアトラクションは “This attraction
 10GPになります」 costs 10 GP.”
    はらう {Choice}Pay
    やっぱりやめた {Choice}Changed my mind
「お客様は、こちら初めてでございますね? “Is this your first time?
 まずは、ゲームの内容をそちらで First, listen to the explanation
 お聞きになるのがよいかと思います」 of the game over there.”
「はい、ごあんな~い」 “Thank you.”
「後、ほんの少~し、まって」 “Later, just a second.”
「………… “…
 お客さん、GPがたりません」 You don't have enough GP”
「は~い、このアトラクションの “Hear the rules
 ルールを知りたい? for this attraction?”
     ああ {Choice}Yes
     興味ない {Choice}Not interested
「このアトラクション “This attraction is the
 『シューティングコースター』はね」 Shooting Coaster.”
「ゴーッと走る中にピュンピュンと “While your ride's going ZOOM, you're
 出てくる物をバンバンと撃って going BANG BANG, and things are going
 ドッカーンとやっつけるの。 PHEW PHEW and you destroy them with a
 どう、簡単でしょ?」 big BOOM. Pretty simple, isn't it?”
「あっ撃つのは○ボタンよ。 “Oh, to shoot, hit {!}{Purple}[OK]{!}{White}.
 それから~、画面左についてるバーは The bar on the
 パワーメーターなの」 left side of the screen is
「いっぱいの時うつと、ガーンていって “When it's full, it'll go BROOOOOM and
 少ないときはチョビチョビって when it's empty, it'll only go
 弱くなっちゃうの、気をつけてね」 …brm…and putter out.
「あとね、お客さんの点数は上位3つまで So be careful.”
 出口の人が記録しておいてくれるの “If you make it to the Top 3,
 がんばってね♥」 you'll get on the Wall of Fame.”
「ただいま、故障中でして…」 “It's currently under repair…” Flagged, but still impossible.
「ごめんなさい、また来てね」 “I'm sorry, please come again.”
プラットホーム Platform
 現在の持ちGP Current GP
  GP {!}{Var:3} GP
「もうチョットまって」 “Wait just a little longer please.”
「あなたの得点は “You had
  点でした」 {!}{Var:3} points.”
「あなたの得点は “Your score is
 点です」 {!}{Rainbow}{!}{Var:3}{!}{White} points.”
「あなたのスコア記録を見ますか? “Would you like to see the Wall of Fame?”
    ああ {Choice}Yes
    興味ない {Choice}Not interested
「3000点以上取ったら “You'll receive a prize if you get
 景品があります、ガンバッテください」 more than 3000 Points. So good luck.”
ハイスコア CLOUD HighScore {Cloud}
 1   {!}{Space} 1 {!}{Var:1}
 2   2 {!}{Var:1}
 3   3 {!}{Var:1} {!}{Space}
CLOUD {Cloud}
「うっ…」} “Ugh…”
「いらっしゃいませ “Welcome.
 当ゴーストホテルへおいでいただき Thank you for coming to
 まことに、ありがとうございます」 the Ghost Hotel.”
「いらっしゃいませ “Welcome.
 世界がどうなろうとも No matter what happens in this world,
 当ゴーストホテルは元気いっぱい The Ghost Hotel will always be in business.”
 営業させていただきます」
「ひっひっひっひっ」 “Uuuuuuuuuugh……”
「お部屋のご予約は “For reservations, please
 奥のカウンターでどうぞ」 step up to the counter.”
「いらっしゃいませ」 “Welcome!”
「当ホテルの人気者 “It's our most popular employee,
 首つり君でございます」 Mr. Hangman.”
首つり君 Mr. Hangman
「ようこそ!」 “Welcome!”
「1夜 5GPですが “It's 5 GP a night.
 おやすみになられますか?」 Would you like to stay?”
    ああ {Choice}Yeah, all right
    えんりょしておく {Choice}No thanks
「ひょっひょひょ “Ugh, ugh, ugh, ugh!
 よい、夜を ひょっひょひょ」 Enjoy, ugh, your stay.”
「ひょひょひょ “Ugh, ugh, ugh
 GPがありませんな」} You don't have enough GP.”
ホテルロビー Hotel Lobby
 現在の持ちGP Current GP
  GP {VAR3} GP
首つり君 Mr. Hangman
「お客さん “Sir…Please
 お部屋のご予約は register at the counter!!”
 カウンターでどうぞ!!」
   【かめ道楽 通信】 [Turtle's Paradise]
     ナンバー3 No. 3
   ゴールドソーサーに Forget the bad times
ただひとつ、たりないもの…… with a nice drink…
  それはおいしいお酒と Only thing missing
  ムードのある居酒屋! A pub with good drinks
    ぜひいちど and a great atmosphere!
居酒屋『かめ道楽』へ!!} Stop in the
ホテルショップ Hotel Shop
首つり君 Mr. Hangman
「いらっしゃい」} “Welcome.”
闘技場ロビー Arena Lobby
「ゴールドソーサーに来たら “Whenever you come to the Gold Saucer,
 ここの園長ディオ様の I recommend you visit the owner's museum
 数々のコレクションを1度はのぞいて at least once.”
 いくことをおすすめしますよ」
「ちっ! “Crap!
 まだ、ポイントが足りねぇか」 I still don't have enough points.”
「ふむ…」 “Hmm…”
「おう、その後の調子はどうだい?」 “So, uh, how've things been since then?”
    まかせろ {Choice}No sweat
    ボチボチだな {Choice}They're going
「ほう、たいしたもんだ」 “Hmm, pretty good.”
「ハハハッ! “Ha ha ha!
 まぁ、がんばんな」 Well, good luck.”
「ん? あんた新顔だな? “Mmm? You're new here, aren't you?
 なら、おれ様がこの闘技場のことを Then, you want an explanation
 教えてやろうか?」 of the Battle Arena?”
    たのむ {Choice}Yeah
    興味ないね {Choice}Not interested
「なんだ、あんたもかい? “What, you too?
 まったく、こんな世の中だってのに With the way things are in the world,
 なにやってんかね、オレらは」 It makes you wonder
「ま、いまさらジタバタしてもしゃ~ないし “Well, it's a little late for me
 こうして、スキなことをやってるのが to run around now,
 1番だねオレは」 so I do what I love,
「そうそう、あんた知ってるかい? “Oh, by the way, did you know?
 ここにはよ、最強と認められたもののみが I heard that there's going to be a battle
 参加をゆるされるバトルが and only the strongest
 あるって話だぜ」 will be allowed to participate.”
「しかし、最強ってのもあいまいだよな “But what do they mean by 'strongest'?
 とりあえず、武器かな。 If ya ask me I'll say it's 'weapons.'”
 それと、ここでの強さもコジしねぇとな。 “But, there's gotta be a way
 う~ん、もう1つぐらい決め手がほしいか」 to measure this, too.
「ここは、戦って戦って戦い抜いて “You fight here and collect
 バトルポイントをもらい battle points.
 そいつで商品をもらう所さ」 You can then exchange
「バトルゲーム…、ゲームといっても “The Battle Game…even though it's a game
 体を張ったゲームだがな you still use all your physical abilities.
 これには奥のフロントで To participate,
 GPを払って、ゲームに登録すればいい」 go to the front and pay yer GP's.”
「バトルは8戦まで連続で “You can fight in up to eight battles.
 行うことができる。 The more you win,
 もちろん勝ち抜けば勝ち抜くほど the more battle points you get.”
 もらえるバトルポイントは増えていく」
「ただし、途中で敗けた場合 “But, if you lose,
 そのバトルでかせいだポイントは0になる you lose all your points
 勝った時点で、次のバトルに進むか So it's up to you whether
 どうかは、あんたの自由ってわけさ」 or not to fight after each win.”
「それと、バトルにはハンデがつく “They also make
 こちらの不利な条件だらけだ」 it harder by givin' out handicaps.”
「ハンデの内容は向こうがきめる “They decide what
 こっちは、何のハンデを背負うかは handicaps there'll be, and
 バトル直前までわからん」 you won't know what
「最後に、バトルポイントは “Oh yeah, once you leave the Battle area,
 『闘技場』をでると all your battle points will
 無効になっちまう、気をつけな」 become useless. So watch it.”
「おっと、それと個人のバトルポイントの “Oh, and one more thing. The maximum
 所有は65000までだ。 points you could get is 65000,
 それ以上は入手できない no more. So if you get that many
 1回商品に換えることだな」 you should exchange them for something.”
「お客様、そちらはバトルゲームへ “Sir, that entrance is for the
 登録をすませた、チャレンジャーが challengers who have already
 入るところです。 registered. Please register here.”
 登録をこちらですませてください」
「あっ、そっちはゲームに登録した人が “Um, I'm sorry, that's only for registered
 入るところだから、まだしてない participants. You can't
 あなたは、入れないわけ。 enter there until
 こっちで登録してからにして」 you register.”
『もうしわけございませんが “I'm sorry to announce that
 商品が変わりましたので our prizes have changed.
 前回までのバトルポイントは Your previous battle points
 無効になりました』 are no longer valid.”
『ようこそ、あなたのバトルポイントは “Welcome. You currently have
  ポイントです』 {!}{Var:3} battle points.”
『商品と交換いたしますか?』 “Would you like to exchange them?
    ああ {Choice}Yeah
    やめておく {Choice}No, thanks
『ありがとうございました “Thank you very much.
 バトルポイントは闘技場内より Please remember, your battle
 外に出ますと無効となりますので points become invalid
 ご注意ください』 once you leave the Battle Arena.”
「やっぱり、あそこで “Man, I knew I should've stopped.
 やめておけばなぁ But it's so hard to stop…”
 ヤメ時がむずかしいんだ…」
「もうチョットいけたかなぁ “Maybe I could've made it a little further.
 ヤメ時がむずかしいんだ…」 It's so hard to know when to stop…”
「さ~て、アタシもそろそろ “All right, it should be my turn
 また戦うかな」 comin' up here soon.”
「今度は、負けないわ」 “I'm not going to lose this time!”
「メテオなんて、アタシのこのケリで “I'll give that Meteor my ultra kick…
 ガツーン……、というわけには …or…maybe not.”
 いかないか?」
「ねぇ、知ってる? “Hey, have you heard?
 なんかスゴイ事があったらしいわね」 Something awful happened!”
「神羅兵と一練にここのスタッフまで “Two staff members and
 撃たれたって聞いたわ」 some Shinra soldiers were shot.”
「けど、撃たれた神羅兵は即死だった “The soldiers died instantly,
 らしいけど、スタッフは2人とも but the staff survived.”
 ケガだけですんだって話よ」
「そこの2人、カケオチしちゃったのよ “Those two over there eloped,
 『最後の時を君と~』とか saying something about
 なんとか言っちゃってさ 'Our last moments together---'
 まいっちゃうわね」 I can't bear it.”
「ま、私にはそんな人いないし “I don't have anyone special in my life
 こうなったら、なるようにしか but when it happens, it happens.”
 ならないでしょ」
「ってわけで私は働いてるわけ。 “…that's why I'm working now.
 あっ、ゴメンなさいグチっちゃって」 Oh, sorry for going off like that…”
BARRET {Barret}
「ダイン……」 “Dyne…”
「ねぇねぇ “You know, I've been thinking about it
 前から思ってたんだけど for a while now,
 あなた、とっても強いわよね?」 but you must be pretty strong.”
「たぶん、歴代ファイターでも “Probably strong enough to take on
 1、2をあらそう強さだわ」 the top 1 or 2 fighters?”
「あなたなら、あれに挑戦できるかも “Maybe you'll be good
 知れないわね……」 enough for the big match…”
「どう? とっておきの裏バトルが “How 'bout it? There's a private battle
 あるんだけどやってみる?」 only for the strongest. Wanna try?”
    やってやるぜ {Choice}Let's do it
    興味ない {Choice}Not interested
「バトルに登録しますか? “Register for battle?
 登録料は10GPです」 The entrance fee is 10 GP.”
    裏バトルをやる {Choice}Try the special battle
    普通のバトルをやる {Choice}Try the regular battle
    興味ない {Choice}Not interested
「バトルに登録しますか? “Register for battle?
 登録料は10GPです」 The registration fee is 10 GP.”
    やってやるぜ {Choice}Let's do it
    興味ない {Choice}Not interested
「バトルへの参加は “This is a one-on-one battle.
 1人となっております Which one of you will participate?”
 どなたが参加いたしますか?」
     {Choice}{Party 1}
     {Choice}{Party 2}
     {Choice}{Party 3}
「バトルは連続して8回まで “You can fight up to eight battles.
 することができます。 But the more battles you fight,
 数をますごとにハンデやモンスターが the greater your handicap,
 強くなりますのでご注意ください」 and stronger the monsters will become.”
「では、お気をつけて」 “Well, good luck.”
「GPが足りないようですね」 “Seems like you do not have enough GP.”
バトルポイントを Gained {!}{Var:3} Battle Points
  ポイント獲得
 合計  BP Total {!}{Var:3} BP
 現在の持ちGP Current GP
  GP {!}{Var:3} GP
CLOUD {Cloud}
「さて、たまには “Well, I guess I'll enjoy
 戦いを楽しむか」 a few battles.”
CLOUD {Cloud}
「よし、ガンバルぞ」 “All right, I'll show 'em.”
BARRET {Barret}
「あばれまくってやるぜ!」 “I'm gonna bust the place up!”
TIFA {Tifa}
「ガツーンといくわよ!」 “I'll show 'em with a BANG!”
AERITH {Aeris}
「サクッといってみよっかな」 “Let's make this quick.”
RED XIII {Red XIII}
「腕だめしには “I guess it'll be fun to show off
 ちょうどいいかな」 what I've got.”
CID {Cid}
「このCID様にまかせとけ!」 “Let ol' {Cid}
YUFFIE {Yuffie}
「アタシのカレイな舞をみせてやる!」 “I'll show you my moves!”
VINCENT {Vincent}
「フッ……戦いと言うものを “Hmph…I'll show them
 教えてやろう」 what real fighting is.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ほな、行くで~!」- “Then, I'm off!”
    やっぱりやめた {Choice} Changed my mind
所持BP   Current BP {!}{Var:3}
  ポーション   80 {Choice} Potion = 80
  フェニックスの尾    160 {Choice} Phoenix Down = 160
  ボムのかけら      320 {Choice} Shrapnel = 320
  エーテル        640 {Choice} Ether = 640
  ミメットの野菜    1280 {Choice} Memmet Greens = 1280
  怒りの指輪      2560 {Choice} Fury Ring = 2560
  てきよせ       5120 {Choice} Enemy lure = 5120
  せんせいこうげき  10240 {Choice} Pre-Emptive = 10240
  スピード      20480 {Choice} Speed Plus = 20480
  チャンピオンベルト 40960 {Choice} Championship Belt = 40960
  フェニックスの尾     100 {Choice} Phoenix Down = 100
  万能薬          200 {Choice} Remedy = 200
  ミメットの野菜      400 {Choice} Memmet Greens = 400
  てきよせ         800 {Choice} Enemy lure = 800
  巨鳥のハネ       1600 {Choice} Bird Wing = 1600
  Sマイン        3200 {Choice} S-Mine = 3200
  せんせいこうげき    6400 {Choice} Pre-Emptive = 6400
  スピード       12800 {Choice} Speed Plus = 12800
  チャンピオンベルト  25600 {Choice} Championship Belt = 25600
  超究武神覇斬(限定1)51200 {Choice} Omnislash(Limit 1) = 51200
  万能薬          100 {Choice} Remedy = 100
  てきよせ         250 {Choice} Enemy lure = 250
  ボムの右腕        500 {Choice} Right Arm = 500
  せんせいこうげき    1000 {Choice} Pre-Emptive = 1000
  レイゲンの野菜     2000 {Choice} Regan Greens = 2000
  スピード        4000 {Choice} Speed Plus = 4000
  星の砂         8000 {Choice} Stardust = 8000
  チャンピオンベルト  16000 {Choice} Championship Belt = 16000
  超究武神覇斬(限定1)32000 {Choice} Omnislash (Limit 1) = 32000
  Wしょうかん(限定1)64000 {Choice} W-Summon (Limit 1) = 64000
  やっぱりやめた} {Choice} Changed my mind
『バトルポイントがたりません』 “You do not have enough battle points.”
『こちらの商品は品切れです』 “We are currently out of this prize.”
『ポーション』を手にいれた! Received "Potion"!
『フェニックスの尾』を手にいれた! Received "Phoenix Down"!
『ボムのかけら』を手にいれた! Received "Shrapnel"!
『エーテル』を手にいれた! Received "Ether"!
『ミメットの野菜』を手にいれた! Received "Memmet Greens"!
『怒りの指輪』を手にいれた! Received "Fury Ring"!
『てきよせ』のマテリアを手にいれた! Received "Enemy lure"!
『せんせんこうげき』のマテリアを Received "Pre-Emptive" Materia!
手にいれた!
『スピード』のマテリアを手にいれた! Received "Speed Plus" Materia!
『チャンピオンベルト』を手にいれた! Received "Championship Belt"!
『万能薬』を手にいれた! Received "Remedy"!
『巨鳥のハネ』を手にいれた! Received "Bird Wing"!
『Sマイン』を手にいれた! Received "S-Mine"!
『超究武神覇斬』を手にいれた! Received "Omnislash"!
『ボムの右腕』を手にいれた! Received "Right Arm"!
『レイゲンの野菜』を手にいれた! Received "Regan Greens"!
『星の砂』を手にいれた! Received "Stardust"!
『Wしょうかん』を手にいれた! Received "W-Summon" Materia!
『あなたはマテリアを “You cannot take on any more Materia.”
 これいじょう持てないようです』
参加した記念に Consolation Prize
『ポケットテッシュ』をもらった! Received "Tissue"!
裏バトルを勝った記念に For winning the Special Battle,
『リボン』をもらった! Received "Ribbon"!
裏バトルを勝った記念に For winning the Special Battle,
『サイン色紙』をもらった! Received "Autograph"!
裏バトルを勝った記念に For winning the Special Battle,
『ディオ激闘日記』をもらった! Received "Combat Diary"!
裏バトルを勝った記念に For winning the Special Battle,
『人生バクチ打ち』をもらった! Received "Gambler"!
裏バトルを勝った記念に For winning the Special Battle,
『ファイナルアタック』 Received "Final Attack" Materia!
のマテリアを手にいれた!!
「チョコボレーシングへようこそ」 “Welcome to Chocobo Racing.”
「申し訳ございませんが “I'm sorry, but
 こちらは、関係者以外立ち入り禁止に this is for authorized
 なっております」 personnel only.”
「いけ~!! “Go---!!
 させ~~!! Do it----!!
 そこだ~~!!」 That's it----!!”
「ま、まけた…」 “I…I lost…”
「やった! “Yeahh!
 これが、あるからやめられないんだよな」 This is why I can't seem to quit.”
「チョコボ券は3点までしか買えない “You can only buy up to 3 tickets
 よ~く、考えて買うんだな Think before you buy.
 例えば、チョコボを半分にしぼって For example, you could select half of the
 3点をボックスで買うとかな」 Chocobos and buy 3 boxes.”
    ボックス? {Choice}Boxes?
    興味ないな {Choice}Not interested
「ボックスってのは3匹のチョコボの “A box is buying 3 combinations of
 組みあわせで買う方法さ」 2 Chocobos.”
「例えば、1番と3番と5番の “For example, if you select Chocobo 1, 3, and 5,
 チョコボだったら you can purchase combinations, such as
 1―3、1―5、3―5みたいにね」 1 - 3, 1 - 5, 3 - 5.”
「他にも、1匹のチョコボから “You can also play the limited wheel
 流し買いって手もあるな」 by selecting a Chocobo.”
    流し? {Choice}Limited wheel?
    興味ないな {Choice}Not interested
「流しってのは言葉どおりに “Playing a 'Limited wheel' means
 例えば1番のチョコボから you select a Chocobo and use
 1―2、1―3、1―4って買うことさ」 it in all of your combinations.”
「まぁ、どんな買い方しても “For example,
 当たる時は当たるし、外れる時は外れる if you have Chocobo 1, then you buy
 けっきょく最後は自分のカンが 1 - 2, 1 - 3, 1 - 4.”
 もの言うってわけかな」 “No matter how you make your bet,
「ねぇ、あのオッズ表の “Hey, see that Chocobo
 チョコボって何?」 on the odds sheet?”
「あれで、チョコボの “That's how you can find out about
 調子と強さが a Chocobo's condition.”
 わかるのさ」
「ふ~ん “Hmm…
 強いチョコボがわかるなら If you find out which are
 簡単に当てられるじゃない」 the strongest, then it's easy, right?”
「そうでも、ないんだよ。 “Well, not as easy as you think.
 強さだけじゃなくて It's not just a matter of
 乗っている騎手の腕前や the Chocobo's strength,”
 チョコボの性格」 “but it also depends
「これが悪いと、スタミナを使いすぎて “If these are bad, the Chocobo may use
 ゴールまでもたなかったりと too much stamina.”
 いろんな要素がからんでくるからね」
「俺らが普段買っているチョコボ券って “One usually buys tickets for the
 BランクとCランクレースだろ」 B and C rank races, right?”
    ランク? {Choice}Rank?
    興味ないな {Choice}Not interested
「あっ、そう」 “Oh, that's right.”
「ランクっていうのは、簡単に言うと “In other words, the 'rank' is
 チョコボの強ささ。 the Chocobo's 'strength'.
 Cの上がB、Bの上がAってわけさ」
「フリーのチョコボレーサーになれば A is highest and C the lowest.”
 Aランクレースのチョコボ券を “You can buy A rank tickets if you become
 買えるようになるんだよ」 a freelance Chocobo jockey.”
「もちろん、ランクが上の方が “Of course, the higher the rank,
 アイテム券がいいんだ。 the better your item ticket.
 あ~、俺もチョコボレーサーに Hey, maybe I'll become a Chocobo jockey!?”
 なろうかな」
    どうやってなる? {Choice}How DO you become one?
    興味ないな {Choice}Not interested
「コネと自分のチョコボがあれば “You can become one if you own a Chocobo
 なれるんだけど… …and have some connections.
 チョコボ捕まえるのは大変だし But Chocobo's are pretty hard to catch
 コネも持ってないからなぁ」 and I don't have any connections.”
「なんだ?」 “What?”
「なに?」 “What?”
「お客様、こまります!」 “Sir, you can't do that!”
チケットオフィス Ticket Office
「ようこそ “Welcome
 ここでは、チョコボ券を Please purchase your Chocobo
 買うことができます」 tickets here.”
「お買いになったチョコボ券が “If your ticket is a winner,
 的中した場合はパネルに振り分けられた you will receive an item ticket
 アイテム券をもらえます」 good for items on the panel.”
「アイテム券は入口右の交換所で “Your item ticket may be exchanged for
 アイテムかアイテムに応じたGPに an item or GP at the exchange counter
 変えることが出来ます」 to the right of the entrance.”
「いらっしゃいませ。 “Welcome.
 チョコボ券をお買い求めですか?」 Would you like to buy some Chocobo tickets?”
    ああ {Choice}Yeah
    話が聞きたい {Choice}Explain it to me
    興味ないね {Choice}Not interested
「レース投票の登録に200ギル “Registration fees are 200 gil.
 かかりますがよろしいですか?」 Is that all right?”
    ああ {Choice}Yeahhh!
    イヤ! {Choice}No way!
    買い方聞く {Choice}Ask how to buy
「ありがとうございます “Thank you!
 1BETはギルです。 1 BET is {!}{Var:1} gil.
 こちらが、次のレースになります」 This is the next race.”
「どちらのランクのレースに “Which rank would
 投票いたしますか?」 you like?”
「チョコボレーサーの方ですね? “You're a Chocobo jockey, right?
 どちらのランクのレースに Which rank will you ride in?”
 投票いたしますか?」
CLOUD {Cloud}
「はずれた……」 “I lost…”
    C(1BET 100ギル) {Choice}C(1BET {!}{Space}100{!}{Space}gil)
    B(1BET 200ギル) {Choice}B(1BET {!}{Space}200{!}{Space}gil)
    やっぱりやめた {Choice}Quit
    C(1BET 100ギル) {Choice}C(1BET {!}{Space}100{!}{Space}gil)
    B(1BET 200ギル) {Choice}B(1BET {!}{Space}200{!}{Space}gil)
    A(1BET 300ギル) {Choice}A(1BET {!}{Space}300{!}{Space}gil)
    やっぱりやめた {Choice}Forget it
    C(1BET 100ギル) {Choice}C(1BET {!}{Space}100{!}{Space}gil)
    B(1BET 200ギル) {Choice}B(1BET {!}{Space}200{!}{Space}gil)
    A(1BET 300ギル) {Choice}A(1BET {!}{Space}300{!}{Space}gil)
    S(1BET 500ギル) {Choice}S(1BET {!}{Space}500{!}{Space}gil)
    やっぱりやめた {Choice}Never mind
「このチョコボレースは “This Chocobo Race is run on
 コースの上に設置された a virtual course.”
 バーチャル装置によって」
「実際には存在しない自然の中で “The natural scenery you see in
 ダイナミックなレースを the race doesn't really exist.”
 展開します」
「お客様はこちらで “You pick which Chocobo
 どのチョコボが1着と2着になるか will finish first and second here,”
 予想をいたしまして」
「その番号のチョコボ券を “And then buy the appropriate tickets.”
 お買い求めになることができます」
「お買いになったチョコボ券が “And if the ticket you purchased is a winner,
 的中した場合はパネルに振り分けられた you'll receive a ticket for an item that
 アイテム券をさしあげております」 will be listed on the panel.”
「アイテム券は入口右の交換所で “You can exchange your tickets for
 アイテムかアイテムに応じたGPの items or GP at the Exchange Counter
 どちらかに交換して下さい」 to the right of the entrance.”
「チョコボ券は3点まで “You are allowed a maximum of 3 bets
 お買いになることが出来ます」 per Chocobo ticket.”
「方向キーの上下左右で “Use the Directional keys to move
 パネル上のカーソルを動かし the cursor on the panel and select
 ○ボタンで決定します」 with {!}{Purple}[OK]{!}{White}.”
「取消は、同じパネル上でもう1度 “Press {!}{Purple}[OK]{!}{White} to cancel,
 ○ボタンを押せば while the cursor is
 取消となります」 still on the panel.”
「『L1』『R1』のボタンで画面右に “With {!}{Purple}[PAGEUP]{!}{White} and {!}{Purple}[PAGEDOWN]{!}{White},
 表示されているチョコボのデータを you can change the Chocobo data
 送ることが出来ます」 shown on the right.”
「こちらを参考にして “This data is helpful when you
 予想を立てられるとよろしいかと make your pick.”
 思います」
「投票がすみましたら “After you've made your
 『START』ボタンで selections, press
 レースを開始して下さい」 {!}{Purple}[START]{!}{White} to start the race.”
「ギルがたりない “You do not
 ようですが…」 have enough gil…”
「もうしばらくしたら “It should come in pretty soon…”
 はいると思うの…」
CLOUD {Cloud}
「当たった!」 “I won!”
「投票券をアイテムか “You may exchange your ticket
 GPにできますが?」 for an item or GP.”
    アイテムがいい {Choice}Item please
    GPがいい {Choice}I want GP
「そのアイテム券なら  GPに “Your item ticket will be {!}{Var:1} GP.
 なりますがよろしいですか?」 Is that all right?”
    GPにしてくれ {Choice}Yeah, gimme GP
    やっぱアイテムにして {Choice}No, I'll take the item
GPを点手にいれた!! Received {!}{Var:1} GP!!
「マテリアがいっぱいで “You cannot take on any more Materia. Your Materia is full and you
 持つことができません。 Please discard some Materia.” can't take any more.
 かわりにGPにします」 Giving you GP instead.
『エルメスのくつ』を手にいれた!! Received "Sprint Shoes"!
『カウンター』のマテリアを手にいれた!! Received "Counter Attack" Materia!!
『まほうカウンター』のマテリアを Received "Magic Counter" Materia!!
     手にいれた!!
『高級腕時計』を手にいれた!! Received "Precious Watch"!!
『エーテル』を手にいれた!! Received "Ether"!!
『英雄の薬』を手にいれた!! Received "Hero Drink"!!
『電撃鳥の角』を手にいれた!! Received "Bolt Plume"!!
『エリクサー』を手にいれた!! Received "Elixir"!!
『火龍の牙』を手にいれた!! Received "Fire Fang"!!
『南極の風』を手にいれた!! Received "Antarctic Wind"!!
『ポーション』を手にいれた!! Received "Potion"!!
『フェニックスの尾』を手にいれた!! Received "Phoenix Down"!!
『興奮剤』を手にいれた!! Received "Hyper"!!
『鎮静剤』を手にいれた!! Received "Tranquilizer"!!
『タマのすず』を手にいれた!! Received "Cat's Bell"!!
『てきよけ』のマテリアを手にいれた!! Received "Enemy Away" Materia!!
『ふいうち』のマテリアを手にいれた!! Received "Sneak Attack" Materia!!
『チョコボの腕輪』を手にいれた!! Received "Chocobracelet"!!
『雷迅』を手にいれた!! Received "Swift Bolt"!!
『火とん』を手にいれた!! Received "Fire Veil"!!
『ラストエリクサー』を手にいれた!! Received "Megalixir"!!
『エーテルターボ』を手にいれた!! Received "Turbo Ether"!!
『ハイポーション』を手にいれた!! Received "Hi-Potion"!!
『冷気の結晶』を手にいれた!! Received "Ice Crystal"!!
CLOUD {Cloud}
「まけた……」 “I lost…”
CLOUD {Cloud}
「勝った!!」 “I won!!”
「ごめんなさい “I'm sorry
 まだ、遊べないの…」 We can't play yet…”
エスト Ester
「どう、乗ってく?」 “Do you want to ride?”
エスト Ester
「あっ、ひさしぶり~ “Hey, long time no see…
 元気だった?」 How have you been?”
エスト Ester
「なんか外はスゴイことに “There's a lot going on
 なってるじゃない」 in the world outside.”
「ここも、さびしくなっちゃったけど “It's little lonely around here,
 レーサーたちの燃えるタマシイは but you can't keep a jockey
 止められないわ」 from doing what he loves.”
エスト Ester
「どう、ひさしぶりに乗ってみる? “How 'bout it, you want to ride again?
 自分のチョコボもってるんでしょ?」 You have your own Chocobo, right?”
エスト
「そうそう “Yeahh,
 レーサーは券を買えないけど」 but jockeys can't buy tickets.”
「勝てば、その組み合わせの “If you win, you'll get an item
 アイテム券がもらえるのよ ticket, so try it!”
 ガンバッテね」
    登録をたのむ {Choice}Let me register
    乗り方を聞く {Choice}Tell me how to ride it
    やめる {Choice}Don't do it
エスト Ester
「あら、いま登録できる “Hmm, it seems that no
 チョコボっていないみたい…」 Chocobos can be registered…”
CLOUD {Cloud}
「どれをだそうか?」 “Which one?”
エスト Ester
「おめでとう1着よ」 “Congratulations! You're first!”
エスト Ester
「それと、チョコボのランクが “And your Chocobo moved up a rank.”
 あがったわよ」
エスト Ester
「次からそのチョコボは “From the next race,
 B ランクよ」 that Chocobo will be in B rank.”
エスト Ester
「次からそのチョコボは “From the next race,
 A ランクよ」 that Chocobo will be in A rank.”
エスト Ester
「スゴイわね “Wow!
 次からそのチョコボも From the next race,
 S ランクよ」 that Chocobo will be in S rank.”
エスト Ester
「すごいじゃない」 “Wow, that's great.”
「もうAランクでも敵はいない “Looks like you don't have any rivals in
 って感じかしら?」 the A rank anymore.”
「ふふ、でもね “But you know,
 じつは、そういうチョコボが there's a rank that's
 集まっているランクがあるのよ」 full of those Chocobos.”
「オホン! “Ahem!!
 次からそのチョコボは…」 From the next race,
「S ランク! “S rank!
 ジョーも大抵はここで活躍しているの Joe's usually in that group, too.
 ガンバッテね」 So good luck.”
エスト Ester
「すごいわ…」 “Amazing…”
「Sランクでそんなに “This is the winningest
 勝ってる人ってジョー以外では jockey in S rank
 始めて見たわ」 ever since Joe.”
「ごほうびに、私からプレゼント “Good job.
 あげちゃう」 Here's a little something
『経験値アップ』のマテリアを手にいれた!! Received "Exp Plus" Materia!!
     {Choice}{!}{Var:4}@#&
     {Choice}{!}{Var:4}F#&
     {Choice}{!}{Var:4}L#&
     {Choice}{!}{Var:4}R#&
     {Choice}{!}{Var:4}X#&
     {Choice}{!}{Var:4}^#&
    やめる {Choice}Never mind
エスト Ester
「じゃあ、そのランクCの “I'll register
 チョコボを登録するわね」 this C rank Chocobo.”
エスト Ester
「じゃあ、そのランクBの “Then I'll register
 チョコボを登録するわね」 this B rank Chocobo.”
エスト Ester
「じゃあ、そのランクAの “Then I'll register
 チョコボを登録するわね」 this A rank Chocobo.”
エスト Ester
「じゃあ、そのランクSの “Then I'll register
 チョコボを登録するわね」 this S rank Chocobo.”
    ああ {Choice}Yeah
    やっぱりやめ {Choice}I changed my mind, don't do it
エスト Ester
「コースはロングとショートが “Which do you want, the long course
 あるけど、どっちにする?」 or the short one?”
    ショート {Choice}Short
    ロング {Choice}Long
エスト Ester
「がんばって “Good Luck!
 いってらっしゃ~い」 Take care!”
TIFA {Tifa}
「ねぇ、CLOUD “Hey, {Cloud}.
 たまには、私にも乗らせて」 Let me ride once in a while.”
CID {Cid}
「おう、CLOUD “Hey, {Cloud}.
 たまには、おれ様にも乗らせてくれよ」 Let me hop on sometime.”
    いいよ {Choice}Sure
    ダメ {Choice}Nope
エスト Ester
「あら、忘れちゃったの? “Oh, you forgot?
 まぁ、いいわ。 It's all right.
 オホン!」 Ahem!”
「まず『SELECT』ボタンで “First use {!}{Purple}[ASSIST]{!}{White}
 オートとマニュアルを切り替えるの」 to choose either AUTO or MANUAL.”
「簡単に言うと、自分で命令するか “This lets you control the Chocobo
 チョコボの好きに走らせるかね」 yourself or let it run on its own.”
「でも、自分の思うとおりには “But it's pretty hard to make the
 中々走らせられないわよ。 Chocobo run the way you want it to.
 チョコボとの仲が良くないと If the Chocobo doesn't like you,
 言うことを聞いてくれないから」 it won't listen.”
「それから、自分で命令してる時に “When you're riding,
 □ボタンでスピードアップ use {!}{Purple}[SWITCH]{!}{White} to Speed Up
 ×ボタンでスピードダウン」 and {!}{Purple}[CANCEL]{!}{White}to Slow Down.”
「ただし、チョコボが本来持っている “If you go faster than
 能力以上のスピードをだすと the Chocobo can handle, it will
 どんどんスタミナが減ってくの」 quickly lose its stamina.”
「それと方向キーの左右でチョコボを左右に “Use the Directional button to
 ○ボタンでムチを入れて move the Chocobo left and right,
 いっきにスピードを上げられるわ」 use {!}{Purple}[OK]{!}{White}
「もちろんスタミナの消費は “But this makes your stamina
 激しくなるけどね」 run out faster.”
「あと、気性の悪いチョコボは “Some Chocobos are bad-tempered
 自分のペースがわからなくて and can't pace themselves.
 すぐスタミナを使いきっちゃうの」 They'll lose their
「そういうチョコボは、すぐに “Those Chocobos should be
 マニュアル(自分で動かす)操作にして set on Manual
 スピードを落としてやるといいわ」 to slow them down.”
「最後にね、セッカチな人に “Finally, some advice
 おすすめなんだけど for the restless, once
 1、2着のチョコボがゴールした後に」 the first and second Chocobo
「『START』ボタンを押すと “Push {!}{Purple}[START]{!}{White}
 途中でレースを見るのをやめることが to end the race.”
 できるわ」}
Eng Exclusive. “AUTOMATIC”
-||- “SEQUENCE”
Eng Exclusive. “MANUAL”
-||- “OPERATION”
建物1F Building 1f.
READY…… READY……
GO!! GO!!
YOU LOSE YOU LOSE!
YOU WIN!! YOU WIN!!
『アームレスリング "Arm Wrestling
 メガずもう   』 Mega Sumo"
1プレイ 100ギル 1 game 100 gil
    やる {Choice}Try it
    興味ない {Choice}Not interested
CLOUD {Cloud}
「ギルがたりない…」 “Not enough gil…”
『○ボタンを連打してください』 "Push {!}{Purple}[OK]{!}{White} consecutively."
『対戦レベルを選んでください』 "Please select opponent."
    すもう {Choice}Sumo Wrestler
    レスラー {Choice}Wrestler
『ワンダーキャッチャー』 "Wonder Catcher"
1プレイ 100ギル 1 game 100 gil
何も取れなかった… Didn't get a thing…
『ポーション』を手にいれた!! Received "Potion"!!
GPを1点手にいれた!! Received 1 GP!!
『エリクサー』を手にいれた!! Received "Elixir"!!
GPを3点手にいれた!! Received 3 GP!!
GPを100点手にいれた!! Received 100 GP!!
GPを80点手にいれた!! Received 80 GP!!
『フェニックスの尾』を手にいれた!! Received "Phoenix Down"!!
『エーテル』を手にいれた!! Received "Ether"!!
『ラストエリクサー』を手にいれた!! Received "Megalixir"!!
『バスケットゲーム』 "Basketball Game"
1プレイ 200ギル 1 game 200 gil
○ボタンを押している間だけ Hold down {!}{Purple}[OK]{!}{White} to gain strength.
力をため○ボタンをはなすと Release {!}{Purple}[OK]{!}{White} to shoot.
シュートをうちます Received {!}{Var:1} GP!!
GPを点手に入れた!! "{!}{Rainbow}DOUBLE CHANCE!{!}{White}"
ダブルアップチャンス!
『現在獲得のGPを倍に出来ます "Double your GP for the game,
 失敗すると1点になります』 but if you lose, your GP will be 1."
『成功するとダブルアップ後も "You may continue after you
 ゲームを続けることが出来ます。 successfully double your GP.
 ダブルアップに挑戦しますか?』 Want to try 'DOUBLE CHANCE'?"
    ああ {Choice}Yes
    やめとく {Choice}No
ダブルアップ挑戦中 "{!}{Rainbow}NOW PLAYING DOUBLE CHANCE{!}{White}"
『ダブルアップ!!』 "Double Up!!"
『ミス!!』 "Missed!!"
『ギブアップ!』 "Give Up!"
「ごめ~ん “I'm sorry.
 ここも、まだ半分くらい遊べないの…」 You only played about half the games here..."
「新しい商品も入りましたよ “We got new prizes.
 中身はナイショですけど」 But what's in them is a secret.”
「あなたは “You have
 GPを点お持ちですね」 {!}{Var:1} GP.”
「ここでは、GPを商品と交換することも “Exchange your GP for prizes here.
 できますが、いかがいたしますか?」 Want to exchange?”
    する {Choice}Yes
    しない {Choice}No
  ポーション       1GP {!}{Space} Potion 1GP
  エーテル       20GP Ether 20GP
  エクスポーション   80GP X-Potion 80GP
  エーテルターボ   100GP Turbo Ether 100GP
  ゴールドチケット  300GP Gold Ticket 300GP
  ????????  500GP ??????????? 500GP
  ???????? 1000GP ??????????? 1000GP
  ???????? 2000GP ??????????? 2000GP
  やっぱり取りかえない {!}{Space}Don't want to exchange
  ポーション       1GP {!}{Space} Potion 1GP
  エーテル       20GP Ether 20GP
  エクスポーション   80GP X-Potion 80GP
  エーテルターボ   100GP Turbo Ether 100GP
  ゴールドチケット  300GP Gold Ticket 300GP
  ????????  500GP ??????????? 500GP
  ???????? 2000GP ??????????? 2000GP
  やっぱり取りかえない {!}{Space}Don't want to exchange
  ポーション       1GP {!}{Space} Potion 1GP
  エーテル       20GP Ether 20GP
  エクスポーション   80GP X-Potion 80GP
  エーテルターボ   100GP Turbo Ether 100GP
  ゴールドチケット  300GP Gold Ticket 300GP
  ????????  500GP ??????????? 500GP
  ???????? 1000GP ??????????? 1000GP
  やっぱり取りかえない {!}{Space}Don't want to exchange
  ポーション      1GP {!}{Space} Potion 1GP
  エーテル      20GP Ether 20GP
  エクスポーション  80GP X-Potion 80GP
  エーテルターボ  100GP Turbo Ether 100GP
  ゴールドチケット 300GP Gold Ticket 300GP
  ???????? 500GP ??????????? 500GP
  やっぱり取りかえない {!}{Space}Don't want to exchange
「ポイントが足りません」 "Not enough GP"
「バラしちゃうけど “I'm gonna let you in on something…
 これ、マテリアなのよ Y'see, this is Materia. But you
 けど、あなたいっぱいで can't seem to carry any more of it.”
 持てないわよ」
『エーテル』を手にいれた!! Received "Ether"!!
『エクスポーション』を手にいれた!! Received "X-Potion"!!
『ゴールドチケット』を手にいれた!! Received "Gold Ticket"!!
『ギルアップ』のマテリアを手にいれた!! Received "Gil Plus" Materia!!
『カラブの実』を手にいれた!! Received "Carob Nut"!!
『経験値アップ』のマテリアを手にいれた!! Received "EXP Plus" Materia!!
『エーテルターボ』を手にいれた!! Received "Turbo Ether"!!
「『ゴールドチケット』はすでに “You already have
 お持ちのようですが…」 a 'Gold Ticket'…”
「あれが、取れないんだよな…」 “I can't get that…”
「中には、いいのも入ってるから “I can't stop because they have
 やめられないんだよな」 good stuff in 'em.”
「もう、ちょっと…… “Almost…”
 あっ! “Crap!”
 だめだった…」 “No cigar…”
「もう、ちょっと……」 “Almost…”
「あっ!」 “Arrrgh!”
「やった!!!」 “Got it!!!”
「世界がこんなんなっても “I can't stop,
 やめられない僕って…」 no matter what's going on outside…”
「もう、こうなったら “I'm just gonna spend all my money This field model is hidden when PPV >=1008, but this is exactly when this line exists! Flagged but you'd need to make the field model visible to trigger this dialogue.
 ここで、遊びまくって and play until I drop!!”
 お金使いきってやるんだから!」
「いま、チョット “Please…don't…
 話しかけないでもらえます」 talk to me…right now.”
「ここって “You sure do need
 ほ~んと金がかかるね」} a lot of money here.”
建物2F Building 2f.
   やる {Choice} Try it
    興味ない {Choice} Not interested
CLOUD {Cloud}
「ギルがたりない…」 “Don't have enough gil…”
『3Dバトラー』 "3D Battler"
1プレイ 200ギル 1 game 200 gil
△ボタンで上段攻撃 {!}{Purple}[MENU]{!}{White} Hi attack
□ボタンで中段攻撃 {!}{Purple}[SWITCH]{!}{White} Mid attack
×ボタンで下段攻撃 {!}{Purple}[CANCEL]{!}{White} Low attack
10ポイント先取したほうの勝ちです The first one with 10 points wins.
「あの奥の方のが…」 “Back there…”
「わたし、こういうの “I get so caught up in these…”
 すぐムキになっちゃうのよね~」
「あんたも物好きね “You sure are an unusual one.
 外があんなだってのに Staying here with all that's
 こんな所に来て… going on outside…guess that
 ってアタシもか?」 makes, uh, two of us, huh?”
GPを点手にいれた!! Received {!}{Var:1} GP!!
故障中 "Out of Order"
「まったく、ここは金がかかるなぁ… “This place sure gets expensive…
 遊ぶべきか、遊ばざるべきか…」 'To play, or not to play'…”
「……… “…Don't worry 'bout me.
 気にしないでやってくれよ」 Go ahead and play.”
「うう……感動したよ…。 “Hmm, I'm impressed…
 いいもの見せてくれてありがとう」 Thanks for the show.”
「これ、やるよ」 “Here, take this.”
「うう……感動したよ…。 “Hmm, I'm impressed…
 いいもの見せてくれてありがとう」 Thanks for the show.”
対人関係に注意 Use caution in relationships
ラッキーカラーは赤です Your lucky color is red.
新しい出会いがあるかも You may meet someone new.
空飛ぶ乗物に縁がありそうです You have ties with those that fly.
探し物は近くにあります What you are looking for is near.
人間関係に注意 Use caution in relationships.
南東の方角に探し物があります What you're looking for
北の方角に注意 is in the Southeast
大きな転機がおとずれます Beware of the North
あきらめずにがんばろう A great turning point is near.
あなたの Never give up.
ラッキーナンバーは Your lucky number is {!}{Var:1}. With this variable, what might the possible numbers have been?
Gバイク G Bike
1プレイ 200ギル 1 game 200 gil
『方向キー』で移動 Use [Directional button] to move
□ボタンで左攻撃 {!}{Purple}[SWITCH]{!}{White} to attack left
○ボタンで右攻撃 {!}{Purple}[OK]{!}{White} to attack right
トラックが攻撃を受けると減点です If the truck is attacked,
スノーゲーム Snow Game
1プレイ 200ギル 1 Play 200 gil
『方向キー上』で加速 [Directional button Up] to speed up
『方向キー下』または□ボタンで減速 [Directional button Down] or
×ボタンでジャンプ {!}{Purple}[SWITCH]{!}{White} to slow down
『方向キー左右』で左右の移動 {!}{Purple}[CANCEL]{!}{White} to Jump
『R1ボタン+方向キー左右』で [Directional button Right/Left] to
それぞれの方向にエッジをきかせます move Right and Left
コースにでてくるバルーンを {!}{Purple}[PAGEDOWN]{!}{White} +
取るとポイントになります。 Directional button Right/Left]
潜水監ゲーム Submarine Game
1プレイ 200ギル 1 Play 200 gil
『方向キー左』で左に旋回 "Directional button Left" for Left Turn
『方向キー右』で右に旋回 "Directional button Right" for Right Turn
『方向キー上』で下降 "Directional button Up" to Dive
『方向キー下』で上昇 "Directional button Down" to Rise
△ボタンで前進 {!}{Purple}[MENU]{!}{White} to Speed Up
×ボタンで後退 {!}{Purple}[CANCEL]{!}{White} to Slow Down
□ボタンでギョライ発射 {!}{Purple}[SWITCH]{!}{White} to Fire Torpedo
ソナーで機雷を見つけ、よけながら Find and avoid mines by using the
敵潜水監を全滅させるとクリアです。 Sonar, and destroy
『うらない』 "Fortune Telling"
1プレイ 50ギル 1 fortune 50 gil
『モグ・はうす』 "Mog House"
1プレイ 100ギル 1 game 100 gil
調整中 "Out of Order"
「ギュオーン、ギュオーン “Hyuuuuu,
 キュー、バリバリバリ」 BAM, BAM, BAM…”
「ああ、つい声をだしてしまう」 “Oh man, I gotta scream.”
「ふう、つかれた。 “Whew, I'm tired.
 ああ、これですか Oh this?
 なんか、修理中みたいですね」 It seems to be out of order.”
「私は今日も風になる!」 “I'm gonna be the wind again today!”
「ダメダメ、クリアするまで “Nope, I'm not quitting until I
 やめないよ」 clear this!”
『セーフティビット』を手にいれた! Received "Safety Bit"!
『クリスタルバンクル』を手にいれた! Received "Crystal Bangle"!
『ぜんたいか』のマテリアを手にいれた! Received "All" Materia!
『イカスミ』を手にいれた! Received "Ink"!
『時空弾』を手にいれた! Received "T/S Bomb"!
『双龍の牙』を手にいれた! Received "Dragon Fang"!
『海龍のウロコ』を手にいれた! Received "Dragon Scales"!
『魔女の大釜』を手にいれた! Received "Caldron"!
『スピードアップ』を手にいれた! Received "Speed Source"!
ミッションを選んで下さい。 Please select your mission.
    海底魔晄炉戦 {Choice}Undersea Mako Reactor Battle
    レベル1 {Choice}Level 1
    レベル2 {Choice}Level 2
    レベル3 {Choice}Level 3
    レベル4 {Choice}Level 4
    興味ない {Choice}Not interested.
TIFA {Tifa}
「ねぇ、CLOUD “Hey, {Cloud}.
 たまには、私にも乗らせて」 Let me ride sometime.”
CID {Cid}
「おう、CLOUD “Hey, {Cloud}.
 たまには、おれ様にも乗らせてくれよ」 Let me get on sometime.”
    いいよ {Choice}Sure
    ダメ} {Choice}Nope
ここはモーグリ山の This is Mog's house. It's in Mog Forest
モーグリ森のモグの家。 on Mt. Mog.
今日もモグの一日が The beginning of another day
始まります。 in the life of a Mog.
モグは今年でクピパポプポさい。 This year, Mog is pipapopupo years old.
人間でいうと28さい。 …that's 28 in human years.
そろそろ、おヨメさんが欲しい He's at that age when he should be
年ごろです。 looking for a mate.
モーグリの世界では But before Mog can become an adult,
飛べるようになると he first needs to learn how to fly.
りっぱなオスとみなされます。
ところがモグは、まだ上手に Even though Mog trains hard everyday,
飛べません。 he still can't seem to get off the ground.
毎日、いっしょうけんめい Looks like he's still got a long way to go…
練習しているのですが……
おやおや、今日もダメなようです。 Here's where you come in.
そこで、みなさんにおねがいです。 Help Mog learn how to fly by
【○ボタン】で、モグの大好きな pushing {!}{Purple}[OK]{!}{White} and feeding
クポの実をあげて、彼が飛べるよう him his favorite Kupo nut.
手伝ってあげてください。
でも、あげすぎには御用心。 But don't overfeed him.
重くて飛べなくなってしまいます。 He won't be able to fly if he's too fat.
【○ボタン】 {!}{Purple}[OK]{!}{White}…Give him a Kupo nut
クポの実をあげる
おや? Oh?
ついにモグは、飛ぶかくごを It seems like Mog's decided to
決めたようです。 take another shot at it.
さあ、飛ぶんだ、モグ。 All right, Mog, fly!
きみと彼女のしあわせのために。 Your future happiness may depend on it.
おやおや、残念ながら失敗です。 Unfortunately, he didn't make it.
まだしばらく、モグには Poor Mog'll have to wait some time for a bride.
おヨメさんは、こないようです。
 CONTINUE CONTINUE
PUSH START PUSH {!}{Purple}[START]{!}{White}
おやおや、ギルがたりないようですね。 Oh-oh, seems like you don't have enough Gil.
かわいそうに、モグは、とうぶん Poor Mog, looks like he'll continue be
一人ぼっちなようです。 lonely for a while.
かわいそうに、モグは、とうぶん Poor Mog, seems like he'll be alone for a while.
一人ぼっちなようです。
飛んだ! モグが飛んだ! He did it! He's flying!
これでモグも、りっぱなオスモーグリに Now, he's finally become a full-fledged Mog.
なれたのです。
つかれたモグは、安心したせいか Tired but relaxed, our little Mog
今日は早めにおやすみのようです。 turns out the lights early and goes to bed.
おやすみモグ、すてきな夢を……。 Goodnight, and sweet dreams…
おやおや? Oh?
さっそくメスモーグリが What's this? Here comes a female Mog!
やって来ました。
なんと、モグも彼女を It seems like he likes her.
気に入ったようです。 Now, will Mog be able to fly gracefully
さあ、彼女の前で in front of her?
モグは、りっぱに飛べるでしょうか? Help him out with a few Kupo nuts.
クポの実をあげて、彼女とうまくいくように He's flying!!
手伝ってあげてください。 Mog was able to do it!
飛んだ!
モグが、彼女の前で飛んだ! She must have fallen for his graceful
彼女も、モグの男らしい飛びっぷりに flying form.
すっかり、心をうばわれたようです。
   さて、それから Sometime later…
しばらくが、たちました。 Looks like things are going well with
おやおや、彼女とすっかり his new Mog-friend.
なかよくなったモグ。
今日は二人でお出かけのようです。 Time for a quiet date in the forest.
彼女の名前はマグ。 Her name is Mag.
とっても気立てのいい She is a good-natured Mog.
メスモーグリです。
おしあわせに、モグ。 Best of luck to the both of you,
そしてマグ。 Mog and Mag.
元気でかわいい子供が
たくさん生まれるといいね。 May you have lots and lots of healthy Mogs!
おやおや、どうやらよけいな Uh…no worries there, I guess…
心配だったようです。
~FIN~} ~FIN~
「ヘイ・ユー!! “Hey you!!
 暗~い顔してますな~」 What're you lookin' so down for!?”
「どうですか~? “How 'bout it?
 みなさんの未来占うで~」 Want me to read your fortune!?
「明るい未来、ゆかいな未来! “Oh, but don't hold it against me
 あっ、ひさんな未来が出たら if it doesn't come true!”
 かんにんしてや~!」
「あらら、すんません! “Oh, so sorry!
 ボクは、占いマシーンです。 I'm a fortune telling machine.
 名前は……」 The name's…”
『CAIT SITH名前入力』 "Name Cait Sith"
CLOUD {Cloud}
「占うのは未来だけか?」 “You can only read the future?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「バカにしたらあかんで! “You kidding?
 失せ物、失せ人 I can find missing things,
 なんでもございや!」 missing people, anything!”
CLOUD {Cloud}
「セフィロスという男は “Then can you tell me where
 どこにいる?」 a man named Sephiroth is?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「セフィロスですな!」 “Sephiroth, right!?”
「ほな、いきまっせ!!」 “Okay, here goes!!”
CLOUD {Cloud}
「……中吉。 “…Ordinary luck.
 活発な運勢になります」 It will be an active fortune.”
「周りの人の好意に甘えて “Give into the good will of others, and
 ひと頑張りしておくと something big'll happen after summer.
 夏以降にどっきりな予感。
 ……なんだこれは?」 …Wait…hold on…”
CAIT SITH {Cait Sith}
「あれっ? もっぺんやりましょか」 “Huh?
CLOUD {Cloud}
「忘れ物に注意。 “Be careful of forgetfulness.
 ラッキーカラーは青?」 Your lucky color is…blue?”
CLOUD {Cloud}
「……もういい」 “…Forget it.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「待って~な、もっぺんやらして!」 “Wait, wait give me another chance!”
CLOUD {Cloud}
「……なんだと!?」 “What the?”
TIFA {Tifa}
「何てかいてあるの?」 “What does it say?”
AERITH {Aeris}
「な~に?」 “What?”
RED XIII {Red XIII}
「読んでみろ、CLOUD」 “Read it out loud, {Cloud}”
YUFFIE {Yuffie}
「なんだよう! “What is it?
 教えろよう!」 Tell us!”
CLOUD {Cloud}
「求めれば必ず会えます。 “What you pursue will be yours.
 しかし最も大切なものを But you will lose something dear.”
 失います」
CAIT SITH {Cait Sith}
「ええんか、わるいんか “I don't know if it's good
 ようわからんなぁ……」 or bad…”
「こんな占い初めてですわ。 “This's the first time I
 気になりますな~」 ever got something like THIS.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ほな、いきましょか」 “Then shall we?”
TIFA {Tifa}
「はぁ?」 “Excuse me?”
AERITH {Aeris}
「なにいってるの?」 “What are you talking about?”
RED XIII {Red XIII}
「どこへ?」 “To where?”
YUFFIE {Yuffie}
「なんだぁ?」 “Huh?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「占い屋CAIT SITHとしては “Being a fortune teller,
 こんな占い不本意なんです」 this is gonna bug me.
「きっちり見届けんと “If I don't see how it turns out,
 気持ちがおさまらん。 I'll never be able to relax.
 みなさんといっしょに So, I'm going with you!”
 行かせてもらいますわ!」
TIFA {Tifa}
「いいの? CLOUD」 “Is it all right, {Cloud}?”
AERITH {Aeris}
「どうするの、CLOUD」 “What are we going to do, {Cloud}?”
RED XIII {Red XIII}
「CLOUD、いいのか?」 “{Cloud}, it's all right with you?”
YUFFIE {Yuffie}
「へんなやつ! “He's weird!
 CLOUD、やめなよ」 {Cloud}, don't let him come!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「どないに言われてもついてきます!」 “I'm comin' with you no matter WHAT you say!”
CLOUD {Cloud}
「お、おい!」 “H…hey!”
「わ~い!!」 “Yaaay!!”
「キャッキャ!」 “Eaayyyyyyh!”
「これこれ、走るんじゃないよ」 “Come now, no running!”
「ワンダースクェアで “Let's get lotsa GP at Wonder Square
 GPをためて and have some fun!”
 たくさん遊ぼう!」
「これこれ、メテオには気をつけるんだよ」 “Now, be careful of Meteor.”
「わんだ~すくぇあで “Let's get lotsa GP at Wonder Square
 GPをためて and have a blast!”
 たくさん遊ぼうでちゅ」
「ひとりになっても “I'll hang in there,
 ガンバルでちゅ」 even if I'm alone!”
ワンダースクェア Wonder Square
「入口で聞いたと思うけどよ “They probably told you
 ゴールドソーサーのアトラクションの at the entrance, but
 ほとんどは『GP』っていう most of the attractions at
 ゴールドソーサーでのお金がいるんだよ」 Gold Saucer only take 'GP'.”
「これが、普通に売ってなくてよ “They don't sell GP.
 このワンダースクェアのゲームか You can only get 'em from the
 チョコボレースでしか Wonder Square games or at the
 手に入れられねぇんだ」} Chocobo Races.”
「よし、ちれ!!」 “Attention! Dismissed!!”
CLOUD {Cloud}
「神羅兵… “Shinra soldiers…
 こんなところまで…」 Even here…”
AERITH {Aeris}
「どうしたの?」 “What happened?”
TIFA {Tifa}
「なに?」 “What?”
RED XIII {Red XIII}
「どうした?」 “What happened?”
YUFFIE {Yuffie}
「なんだ?」 “What is it?”
CLOUD {Cloud}
「シッ!」 “Sh…!”
「すいません、今は改装中なんです “I'm sorry, we're currently renovating.
 また、出直してください」 Please come again.”
「……………」 “…”
CLOUD {Cloud}
「!!」 “!!”
CLOUD {Cloud}
「ん!?」 “Hmm!?”
CLOUD {Cloud}
「死んでる……」 “Dead…”
TIFA {Tifa}
「え!?」 “What!?”
AERITH {Aeris}
「え!? どうして?」 “What!? Why?”
RED XIII {Red XIII}
「いったい……」 “What the…”
YUFFIE {Yuffie}
「な、なんで?」 “Wh…why?”
TIFA {Tifa}
「ちょ、ちょっと “Wa…wait
 CLOUD!」 {Cloud}!”
AERITH {Aeris}
「CLOUD!? “{Cloud}!?
 どこ、いくの?」 Where are you going?”
RED XIII {Red XIII}
「おい、CLOUD!」 “Hey, {Cloud}!”
YUFFIE {Yuffie}
「ア、アタシを置いていくな!」 “Don't, don't just leave me!”
バトルスクェア Battle Square
「ここのアトラクションが “I heard that this is the curator's
 園長は1番好きらしいね。 favorite attraction.
 闘技場内に自分のコレクションを He even has his collection
 展示してるくらいだからなぁ」 displayed in the arena.”
「ヒマだったら [JP-exclusive Text Page] If you aren’t busy,
 のぞいてったらどうだい?」 -||- how about a peek?
「わ~い!!」 “Yeee-----ah!!”
「キャッキャ!」 “Ea…ggha…!”
「これこれ、走るんじゃないよ」 “No running, you kids!”
「これこれ、メテオには気を付けるんだよ」 “Be careful of the Meteor.”
「あなたも、ここでバトルのかしら?」 “Are you here for the battle, too?”
    そのつもり {Choice}That's the idea
    そんな気はない {Choice}Not interested
「ふ~ん」 “Is that so.”
「わたし、ファイターって好きよ。 “I like fighters,
 けど、口だけの人ってキライなの」 but hate ones who're all talk.”
「見てたわ、あなたが8戦 “I watched you win eight battles.
 勝ち抜くところ。 I want you to have this!”
 これ、受け取って下さい!」
『エルメスのくつ』を手にいれた!! Received "Sprint Shoes"!
「これからも “Good luck in the future too!”
 ガンバってくださいね」}
CLOUD {Cloud}
「セフィロスがやったのか!」 “Did Sephiroth do this!?”
CLOUD {Cloud}
「これは……ちがう……… “No…it's not him…
 銃で撃たれている…… They're all shot…
 セフィロスは銃など使わない…」 Sephiroth would never use a gun…”
「う、うう」 “Ugh, ugggh.”
CLOUD {Cloud}
「おい、何があったんだ!」 “Hey, what happened!”
被害者
「ウ…ウ…片腕が銃の男……」 “Ugh…ugh…a man
AERITH {Aeris}
「ま、まさか!?」 “It can't be!?”
TIFA {Tifa}
「片腕が銃!?」 “A gun on his arm!?”
RED XIII {Red XIII}
「……あいつが!?」 “…did he!?”
YUFFIE {Yuffie}
「へぇ、やるぅ!!」 “Wow, no way!!”
「そこまでだ! “Hold it right there!
 おとなしくしろ!!」 And stay quiet!!”
ディオ Dio
「お前らがやったのか!?」 “Did you guys do this!?”
CLOUD {Cloud}
「ち、ちがう、俺たちじゃない!」 “N…no, it wasn't us!”
ディオ Dio
「私の見こみ違いというわけか…」 “I must've been wrong…”
ディオ Dio
「捕らえろ!!」 “Stop them!!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「はよ逃げな、やばいで」 “Hurry and run, it's gonna get ugly.”
CLOUD {Cloud}
「お、おい!」 “He…hey!”
闘技場ロビー Arena Lobby
ディオ Dio
「ここまでだな」 “That's as far as you go.”
CLOUD {Cloud}
「まて、話を…」 “Wait, listen to…”
CAIT SITH {Cait Sith}
「CLOUDさん…」 “{Cloud}…”
闘技場 Arena
{!}{Var:1}
{!}{Var:1}
{!}{Var:1}
してる} doing it.
ディオ Dio
「あと、1人だな」 “One more to go.”
「はい」 “Yes”
CLOUD {Cloud}
「おい! “Hey!
 少しは、こっちの話を聞け!!」 Pay attention!!”
ディオ Dio
「聞くことはない。 “I don't need to hear it.
 下で、罪をつぐなうのだ!!」 Pay for your crime below!!”
ディオ Dio
「やれ!」} “Do it!”
コレルプリズン Corel Prison
「ひゃあ、はっはっは! “Wo-ho!
 ようこそコレルプリズンへ」 Welcome to Corel Prison.”
「おっと、こっから先は “Hold---it. If you wanna pass,
 ボスの許可が無ければダメだ」 you're gonna need
BARRET {Barret}
「………」 “…”
AERITH {Aeris}
「だいじょぶ?」 “You all right?”
TIFA {Tifa}
「CLOUD “{Cloud}, you all right?”
 だいじょうぶ?」
RED XIII {Red XIII}
「だいじょうぶか?」 “Are you all right?”
YUFFIE {Yuffie}
「おい、だいじょうぶ?」 “Hey, you okay?”
CLOUD {Cloud}
「ここは?」 “Where are we?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「サバクのかんごく…… “A desert prison…
 コレルプリズンやな」 Corel Prison…”
CLOUD {Cloud}
「サバクのかんごく?」 “A desert prison?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「そや、サバクの流砂にかこまれた “Yup, a natural prison
 自然のかんごくや」 in the middle of the desert…
CAIT SITH {Cait Sith}
「一度入ったら、出ることはかなわん “I heard that once you get in,
 って、聞いてます…」 you never get out…”
CAIT SITH {Cait Sith}
「けど、たしかナンか特例が “But, there was
 あったような…」 one special exception…”
AERITH {Aeris}
「あっ!! “Hey!!
 BARRET!!」 {Barret}!!”
TIFA {Tifa}
「BARRET!?」 “{Barret}!?”
RED XIII {Red XIII}
「ん!? “Mmm!?
 あれは、BARRETではないのか?」 Isn't that {Barret}?”
YUFFIE {Yuffie}
「あれ? “Hey?
 あいつ、BARRETじゃないのか?」 Isn't that {Barret}?”
CLOUD {Cloud}
「BARRET……」 “{Barret}…”
CLOUD {Cloud}
「あんたまさか本当に……」 “Did you…”
BARRET {Barret}
「来るな! これはオレの…… “Stay back!
 オレがカタをつけなくちゃならねえ This's something I gotta deal with.”
 ことなんだ」
BARRET {Barret}
「ほっといてくれ……」 “Jus' leave me alone…”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ヒョーッ! “Whew! That's one of
 あの人も、みなさんのお知り合い? your friends?
 なんやアブなそうな人やなぁ~」 He sure looks
RED XIII {Red XIII}
「BARRET……」 “{Barret}…”
AERITH {Aeris}
「CLOUD、どうしよう? “{Cloud}, what should we do?
 BARRET、いつもとちがうよ」 {Barret}'s not his normal self.”
TIFA {Tifa}
「そんな……BARRET……」 “…{Barret}…”
YUFFIE {Yuffie}
「おい、CLOUD! “Hey, {Cloud}!
 あんなヤツほっとこうよ」 Just leave him alone.”
「向こうもああ言ってんだ。 “I mean, he told us to, didn't he?
 ここでオサラバしよ、な?」 Then that's that, right?”
CLOUD {Cloud}
「これも銃で撃たれあとだ…」 “This one's been shot, too…”
CLOUD {Cloud}
「サバクに出る前に “We should find {Barret}
 BARRETを追ったほうがいいな」} before we go out into the desert.”
地下室 Basement
「からっぽ……」 “Empty…”
コレルプリズン Corel Prison
『新入りか? “You new?
 なら、コーツ様に Then go and pay your
 あいさつをしておくんだな』 respects to Mr. Coates.”
コーツの部下の2人
『また、あいさつか? “More respects again?
 いい心がけだ、入んな』 You sure are formal, go ahead…”
「新入りさん “I'll tell you one thing, rookie.
 1つ教えておいてやるぜ This desert is
 ここのサバクはチョー危険だぜ」 extremely dangerous.”
「入る時はすんなり人を招き入れるが “It'll welcome you in,
 外に出ようとすると、サバクがそれを but when you try
 こばむんだよ」 to leave, it'll swallow ya.”
「けどな、逆に招かれざる客も “I hear some of them
 こばまれて入ってこれねぇ never make it out…
 なんて、話も聞くな」 the best thing is to stay
「ま、サバクなんて [JP-exclusive Text Page] Deserts are the
 入らねぇのが1番だな」 -||- thing I hate most.
【セーブポイント】 [Save Point]
メニューを開いて「セーブ」を選ぶと Access the Menu and select
ゲームの状態を保存できます。 {!}{Purple}[SAVE]{!}{White} to save your game.
「へっへっへ」 “Ha ha ha”
「このエレベーターに乗りゃあ “This elevator will
 上に行けるんだぜぇ」 take you to the top…”
「けど、これに乗れるのは チョコボレーサーに “But, you gotta be picked
 選ばれたやつだけなんだぜぇ」 as a Chocobo Racer, first.”
「チョコボレースに出たいのか?」 “Want to enter the Chocobo Race?”
    興味ないね {Choice}Not interested
    ぜひ、出たい {Choice}Yeah, I want to enter
「一生ここでくらす気か? “You thinkin' of livin' here forever?
 せいぜい長生きするんだな!」 Then live a long life!”
「それならよ、許可をとってこいよ。 “Then go get permission
 ここのボスのさ」 with the boss of this place.”
CLOUD {Cloud}
「ボスは誰だ?」 “Who's the boss?”
「あ~らら! “You don't even know that?
 知らないの? Oh man.”
 ダメだな、こりゃ」
「からっぽ……」 “Empty…”
「ここは天国だぜ」 “This place is heaven.”
「片腕が銃の男?」 “Man with a gun on his arm?”
「知らねぇぜ」 “Never heard of him.”
「ボスに会いてぇ?」 “You wanna see the Boss?”
「南西にず~っと向かえば “Go Southwest
 会えるんじゃねぇか?」 and you'll meet him.”
「会えるんじゃねぇか?」 “You'll meet him.”
「サバクにでたら “Once out in the desert,
 ずっと止まってるんだ stay still and
 歩いちゃいけねぇ」 don't walk.”
「歩いちゃいけねぇ」 “Don't walk.”
「いつか、不思議なチョコボ車に “There's no way you'll ever see
 会えるなんて事は a mysterious Chocobo carriage.
 ぜってぇ、ねぇ」 No way.”
「ぜってぇ、ねぇ」 “No way.”
「そこの奴らはウソしか言わねぇんだ “Those guys only tell lies.
 ウソだけだ、本当のことなんて Only lies. Not one of 'em
 何ひとつ言わねぇよ。 何回か話を will tell you the truth.
 聞いてみな、あきれてくるぜ」} “Just talk with 'em a couple of times,
コレルプリズン Corel Prison
「サバクに迷いこんじまったら “If you get lost in the desert,
 ひたすら北東に進むんだな。 just keep going Northeast.
 運がよければもどってこられるぜ」 If you're lucky, you'll make it back here.”
「今日のボスは “Man, the Boss was REALLY
 すげぇキゲンが悪ぃや… in a bad mood today…
 いや、ありゃあキゲンがいいのか?」} Or was it one of his better days?”
プリズンパブ Prison Pub
「新入りか? じゃあ買っていけ。 “A rookie? Then you gotta buy something.
 ああ、そういうルールだ」} Yup, that's the rule here.”
コーツのコンテナ Container
「見ねえ顔だな。 “Never seen your face 'round
 ん? 上へ行きてえのか?」 here before. Goin' up?”
    興味ないね {Choice}Not interested
    行きたい {Choice}Yeah, up
コーツ Mr.Coates
「ヘッヘッヘッ! “Heh heh!
 いいこころがけだ」 You sure got guts!”
コーツ Mr.Coates
「おめえ、ここがわかってねえな。 “You don't seem to understand
 ここはゴールドソーサーのゴミすて場 how things work down here.”
 てめえらもクズなんだよ」 “This is the Gold Saucer's garbage dump.
コーツ Mr.Coates
「シャバへもどりてえんなら “The only way to get back up there
 チョコボレースで優勝するしかねえ」 is to win the Chocobo Race.”
コーツ Mr.Coates
「だがな、てめえらみたいな新顔が “But, it's not
 すぐ出られるほど甘かねえよ」 as easy as you rookies think.”
「ま、ボスの許可でも “Of course, if you got the boss's permission
 取れたら別だがな it'd be a different story, but
 とれるわきゃあねえか?」 YOU'll never get that!”
コーツ Mr.Coates
「はははっははっ」} “Ha ha ha ha.”
旧村長の家 Mayor's Old House
CLOUD {Cloud}
「BARRET!」 “{Barret}!”
BARRET {Barret}
「来るなと言ったじゃねえか!」 “Didn't I tell you not to come here!?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ちょ、ちょっとタンマ! “Ju…just hold on for a second!
 話し、しましょ! We just want to talk!
 な、話せばわかるって!」 You'll understand if you just hear us out!”
CLOUD {Cloud}
「BARRET!!」 “{Barret}!!”
BARRET {Barret}
「おまえたちを “Didn't want none
 まきこみたくなかった……」 of ya to get involved…”
AERITH {Aeris}
「それ、CLOUDのセリフ! “Hey that's {Cloud}'s line!
 『危険だ、まきこむわけには '…It's too dangerous, I can't
 いかない』とかなんとか、ね」 let you get involved…' blah, blah, blah…”
TIFA {Tifa}
「そうそう。 “Yeah.
 それに私たち、もう思いっきり We're already involved in this.”
 まきこまれちゃってるんだから」
AERITH {Aeris}
「上でBARRET見つけて “We saw you and hurried here.
 あわててここまで来たの。 {Barret}, just tell us
 BARRET、ちゃんと説明して」 what's going on.”
TIFA {Tifa}
「上でBARRETを見かけて “We saw you and hurried here.
 あわてて追いかけてきたんだから。 So come on {Barret},
 さあBARRET、きちんと説明してね」 just tell us what's going on.”
BARRET {Barret}
「おまえたち……」 “You guys…”
RED XIII {Red XIII}
「闘技場の事件は “I heard that the murders at the
 片腕が銃の男のしわざだと聞いた。 Battle Arena were done by a man
 ……あんたか?」 with a gun-arm…was that you?”
BARRET {Barret}
「もう1人いるんだ…… “There's another…
 片腕に銃をもつ男。 another man that got a gun
 4年前、あの日から……」} grafted inta one of his arms.
BARRET {Barret}
「なんてこった……」 “What the hell happened?”
ダイン Dyne
「とりかえしがつかねえ…」 “What's done is done.”
ダイン Dyne
「おい、BARRET! “Hey, {Barret}!
 まだ終わっちゃいねえ!」 It's not over yet!”
「みんなが、待ってる!! “Everyone's waiting!
 俺たちの村へ帰るぞ!」} Let's go back to the village!”
あの日…… I remember…
建設中の魔晄炉を見物にいった I was on my way home from visiting
帰り道だった…… a Mako Reactor being built.
「BARRET! ダイン! “{Barret}! Dyne!
 大変だ! 村が襲われた! Come quick! The village's being attacked!
 神羅の兵だ!」 It's Shinra soldiers!”
BARRET {Barret}
「なにっ!!!」 “What!!!?”
ダイン Dyne
「おい、BARRET! “C'mon, {Barret}!
 急ぐんだ!」 We gotta hurry!”
「BARRET! ダイン! “{Barret}! Dyne!
 村をたのんだぞ…」 Protect the village!”
BARRET {Barret}
「チッ!! “Hmp!!
 おやっさん!!」 Old man!!”
BARRET {Barret}
「クッ……!!」 “Krggh!!”
ダイン Dyne
「BARRET!! “{Barret}!!
 ここはこらえろ!!」 You stay here!!”
BARRET {Barret}
「うるせえ!!」 “Shu' up!!”
ダイン Dyne
「あぶねえ!!」 “Watch out!!”
スカーレット Scarlet
「キャハハハハハ!!」 “Kyaa, haa, ha!!”
「下手な鉄砲はいくら撃っても “You can shoot all day and never
 あたんないんだよ!!」 hit them with aim like that.”
スカーレット Scarlet
「キャハハハハ!!! “Kya, ha, ha!!!
 ちゃんと当たるじゃないか!!」 Looks like one hit you!!”
スカーレット Scarlet
「キャハハハハハ!!! “Kya, ha, ha!!
 ほら、遊んでないで援護しな!!」 Stop playing around
BARRET {Barret}
「ダイン!! “Dyne!!
 離すんじゃねえぞ!!」 Hang on!!”
「いいか!! “Listen to me!!
 村へ帰るんだろ!!」 You're comin' back
ダイン Dyne
「ああ……。 “Yeah…
 離すわけねえ……」 I ain't lettin' go…”
「俺たちの村に帰るんだ… “You're comin' back…
 ……みんなが待ってる…」 Everyone's waitin' for ya…”
「エレノアが… “Eleanor…
 マリンが…… and Marlene…
 俺たちの帰りを……」 They all waitin' on us…”
BARRET {Barret}
「ダイーーーーーン!」} “Dyyyyyyne!”
BARRET {Barret}
「オレの右腕は “From then on,
 もう使い物にならなかった」 I couldn't use my right arm no more.”
BARRET {Barret}
「……しばらく悩んだけどよ」 “…I was depressed for a while.”
BARRET {Barret}
「オレは右腕をすて “But then I threw away my artificial arm
 この銃を手に入れた」 and got this gun grafted in.”
BARRET {Barret}
「オレからすべてを奪っていった “Got a new right arm to get revenge on
 神羅に復讐するための the Shinra, who took everything away…”
 新しい右腕……」
BARRET {Barret}
「そのときの医者から聞いたのさ。 “Back then, I heard the doc say
 オレと同じ手術を望んだ男が there was another man
 もう1人いるってことをな」 who got the same operation as me.”
「ただし、そいつは左腕が “But, his was the left arm.”
 銃になっている」
CLOUD {Cloud}
「…………」 “…”
AERITH {Aeris}
「でも……それならダインも “But…Dyne's injury was
 あなたと同じ、でしょ?」 the same as yours, right?”
TIFA {Tifa}
「そうよね。 “Yeah, that's right.
 神羅にだまされたんだもの」 He was deceived by the Shinra too.”
「きっと、いっしょに神羅と “He'll probably join us
 戦ってくれるわ」 to fight against the Shinra.”
BARRET {Barret}
「……わからねえ。 “…Wouldn't bet on it.
 わからねえが、オレはダインに I gotta 'pologize to Dyne
 あやまらなくちゃ気がすまねえ」 before I can rest in peace.”
BARRET {Barret}
「だからよ、1人でいかせてくれ」 “An' that's why I gotta go alone.”
CLOUD {Cloud}
「好きにすればいい」 “Do whatever you want…
「と、いいたいところだがダメだな “Well, I can't let you do it.
 ここで、アンタに死なれると We need your help to save
 夢見が悪そうだ」 the Planet.”
AERITH {Aeris}
「BARRET “{Barret},
 ここで終わりじゃないよ」 this isn't the end.”
TIFA {Tifa}
「星を救うんでしょ?」 “Weren't you going to save the Planet?”
BARRET {Barret}
「へっ! “@#$%! {Tifa},
 TIFA、もうわかっただろ?」 you oughtta know by now.”
「星を救うなんてカッコつけてるが [JP-exclusive Text Page] I may act like I’m helpin’ the planet, but
 オレは神羅に復讐したいだけなんだ。 -||- really I jus’ want revenge on Shin-Ra.
 自分の気がすむように -||- I only wanna satisfy my own
 したいだけなんだよ!」 -||- thirst for vengeance!
TIFA {Tifa}
「……いいじゃない、べつに。 “…That's all right.
 私だって似たようなものだわ」 I'm not so different from you.”
AERITH {Aeris}
「わかりやすいよ、そのほうが。 “That's easier to understand.
 BARRETらしいもん」 It's you, {Barret}.”
CLOUD {Cloud}
「というわけだ、BARRET。 “So there it is, {Barret}.
 さて、BARRETと俺と……」 So I guess it'll be
AERITH {Aeris}
「ダインさん、仲間なってくれるかな?」 “I wonder if Dyne will join us?”
TIFA {Tifa}
「気をつけてね」 “Be careful.”
RED XIII {Red XIII}
「ん? 私も行こうか?」 “Hmm? Shall I go with you?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ええ占い出てますわ。 “Fortune's good.
 なんもかんもバッチリですわ!」 Everything is perfect!”
YUFFIE {Yuffie}
「金にもならないのに “You all sure are acting pretty heroic,
 物好きなやつらだねえ」} considerin' we're not
CLOUD {Cloud}
「ここで、ひと眠りできそうだ」 “Looks like we could get some sleep here.”
    ねる {Choice}Sleep
    ねない} {Choice}Don't sleep
コレルサバク Corel Desert
「乗るかい……?」 “Wanna ride?”
    乗る {Choice}Get on
    乗りたくない} {Choice}Don't get on
コレルサバク Corel Desert
コレルプリズン Corel Prison
ダイン Dyne
BARRET {Barret}
「……ダイン “…Dyne
 ……おまえなのか?」 …is that you?”
ダイン Dyne
「なつかしい声だな……」 “Now that's a voice I haven't heard in years…”
ダイン Dyne
「忘れようにも “A voice I'll never forget…”
 忘れられない声だ……」
BARRET {Barret}
「いつか会えると信じていた…… “I always hoped I'd be able
 オレと同じ手術を受け to see you again someday…”
 どこかで生きていると……」 “I knew you were alive somewhere…
BARRET {Barret}
「聞いてくれダイン。 “Listen Dyne,
 おまえに……」 I want to…”
ダイン Dyne
「声が……聞こえるんだ」 “I can hear her voice. What's that?”
BARRET {Barret}
「……?」 “…?”
ダイン Dyne
「聞こえるんだよ、エレノアの声が。 “It's Eleanor's voice.
 おねがいだから……BARRETを Begging me…
 うらまないでってさ」 not to hate your rotten guts.”
ダイン Dyne
「だから、あんたを追っかけるのは “That's why I never
 やめといた……」 hunted you down…”
BARRET {Barret}
「……自分の愚かさは知っている。 “…I know I was stupid.
 許してくれとは言わない」 I'm not asking you to forgive me.”
BARRET {Barret}
「でもよ……こんなところで “But…what're you doin' in a
 何をしてるんだ?」 place like this?”
「関係ない人間を殺してどうなる? “Why ya wanna kill people who
 なぜだ?」 ain't even involved? Why?”
ダイン Dyne
「……なぜ!? “Why!?
 理由を聞いてどうする!?」 The hell do you care!?”
ダイン Dyne
「それで殺された人間はなっとくするのか? “You think the dead understand why's?
 神羅の言い分を聞けば Is hearin' Shinra's excuses gonna make
 コレル村の人間は了解するのか!?」 people in Corel understand anything?”
ダイン Dyne
「理由なんてどうでもいい!」 “I don't CARE about reasons!”
ダイン Dyne
「与えられるのは銃弾と不条理… “All they give us is artillery and stupid excuses…
 残されるのは絶望と無の世界… What's left is a world of despair and emptiness…”
 それだけだ!!」
BARRET {Barret}
「…………」 “…”
ダイン Dyne
「それでも聞きたいか? “You still want to hear 'why'?
 ……なら教えてやろう」 …All right, I'll tell you.”
ダイン Dyne
「俺はな、壊してしまいたいんだよ」 “'Cause I want to destroy everything.”
ダイン Dyne
「この街の人間を」 “The people in this city.”
ダイン Dyne
「この街のすべてを」 “This city itself.”
ダイン Dyne
「この世界のすべてを!」 “The whole world!”
ダイン Dyne
「この世界にはもう何もない。 “I got nothing left in this world.
 コレル村、エレノア…… Corel, Eleanor…
 マリン……」 Marlene…”
BARRET {Barret}
「マリンは…… “Dyne, Marlene…
 マリンは生きている」 Marlene's still alive.”
ダイン Dyne
「……?」 “…?”
BARRET {Barret}
「あのあと、オレは村にもどった。 “I went back into town.
 もう逃げられない…そう思った」 I thought she was gone for sure.”
BARRET {Barret}
「だからせめて、最後はミーナの “I wandered around town
 そばにいたいと思った」 for awhile…”
BARRET {Barret}
「そこであの子を…… “That's when I found her…
 おまえの娘、マリンを見つけた」 …found Marlene.”
ダイン Dyne
「……」 “…”
BARRET {Barret}
「マリンはミッドガルにいるんだ。 “She's in Midgar.
 一練に会いに行こう、な?」 Let's go see her together, all right?”
ダイン Dyne
「そうか……生きているのか……」 “So…she's still alive?”
ダイン Dyne
「わかったよ、BARRET。 “All right, {Barret}.
 やはりおまえと戦わなくては Then I guess you and me gotta fight.”
 ならないな」
BARRET {Barret}
「なんだと!?」 “What!?”
ダイン Dyne
「エレノアが1人で “Eleanor's all by herself.
 さみしがってる。 I gotta take Marlene to her.”
 マリンも連れて行ってやらないとな」
BARRET {Barret}
「ダイン……正気か!?」 “Dyne…are you crazy!?”
ダイン Dyne
「マリンだって母さんに “Marlene wants to see her mom,
 会いたがってるだろ?」 don't she?”
BARRET {Barret}
「やめろ、ダイン! “Stop, Dyne!
 オレはここで死ぬわけには I can't die yet!”
 いかねえんだ!」
ダイン Dyne
「そうかい。 “Oh yeah?
 俺はあの日から命は Well my life's been
 すててるぜ」 over ever since then.”
BARRET {Barret}
「やめてくれ! “Stop it!
 おまえとはやりたくねえ!」 I don't wanna fight you!”
CLOUD {Cloud}
「BARRET!」 “{Barret}!”
BARRET {Barret}
「CLOUD、手を出すな! “{Cloud}, you stay the hell out of it!
 これは、オレの間題だ!!」 This is MY problem!!”
ダイン Dyne
「……BARRET……」 “…{Barret}…”
BARRET {Barret}
「ダイン!!」 “Dyne!!”
「来るな!!」 “Back!!”
ダイン Dyne
「……俺はあの時 “…I didn't just lose an arm
 片腕と……いっしょに」 back then…”
「かけがえのないものを失った…… “I lost something irreplaceable.
 どこで…… I don't know where it went wrong…”
 くいちがっちまったのかな……」
BARRET {Barret}
「ダイン……わからねえよ」 “Dyne…I don't know either, man.”
BARRET {Barret}
「オレたち…… “Is this the only way…
 こういうやりかたでしか we can resolve this?”
 決着をつけられなかったのか?」
ダイン Dyne
「言ったはずだ…… “I told you…
 俺は…… I…
 壊してしまいたかったんだよ……」 I wanna destroy everything…”
ダイン Dyne
「何もかも…… “Everything…
 このくるった世界も…… This crazy world…
 俺自身も……」 Even me…”
BARRET {Barret}
「マリンは! “An' what 'bout Marlene?
 マリンはどうなるんだ!」 What's gonna happen to her!?”
ダイン Dyne
「……考えてみろ……BARRET…… “…Think about it…{Barret}…
 あのときマリンはいくつだった……?」 How old was Marlene back then?”
ダイン Dyne
「いまさら…… “Even if I did go see her…
 いまさら俺が出ていったところで she wouldn't even know me…”
 あの子には……わかるはずもない……」
ダイン Dyne
「それにな……BARRET……」 “And what's more…{Barret}…”
ダイン Dyne
「マリンを抱いてやるには “My hands are too stained
 俺の手は…… to carry her anymore…”
 少々汚れすぎちまったのさ……」
BARRET {Barret}
「……」 “…”
ダイン Dyne
「BARRET…」 “{Barret}…”
ダイン Dyne
「そのペンダントをマリンに… “Give that pendant to Marlene…
 エレ…ノアの…… It was…Eleanor's…
 女房の……かたみ……」 my wife's…a memento…”
BARRET {Barret}
「わかった……」 “All right…”
ダイン Dyne
「……そうか……マリンが…… “…so…Marlene's…
 もう……4つ…か……」 already…4…”
BARRET {Barret}
「ダイン……?」 “Dyne…?”
ダイン Dyne
「BARRET…… “{Barret}…
 マリンを…… Don't…you…
 ……泣かせる…な…よ……」 …Don't ever make her…cry…”
BARRET {Barret}
「ダイン!」 “Dyne!”
BARRET {Barret}
「ダイーーーン!!」 “Dy------ne!!”
BARRET {Barret}
「……ダイン。 “…Dyne.
 おまえと同じなんだ……」 Me an' you were the same…”
BARRET {Barret}
「オレだって……オレの手だって…… “My hands ain't any cleaner…
 汚れちまってる……」 I shouldn't carry Marlene either…”
BARRET {Barret}
「うおぉぉーーーー!!!」} “Uuuurrrrrrgh!!!”
コーツ Mr.Coates
「何か用か?」 “You want somethin'?”
BARRET {Barret}
「上へ行きてえ」 “I want to go up.”
コーツ Mr.Coates
「だからよ、ボスの許可をとって “Like I told you before, you gotta get
 チョコボレースに……」 the boss's permission, then win the Chocobo…”
BARRET {Barret}
「ダインはワケがあって “Dyne's got his reasons
 話ができなくなった」 an' can't speak.”
BARRET {Barret}
「そのかわり、これをもらってきたぜ」 “So, I got this, instead.”
コーツ Mr.Coates
「ゲッ……」 “Yeah, bull--!!”
コーツ Mr.Coates
「わ、わかったよ」 “R, right.”
コーツ Mr.Coates
「……ダインをやったのか?」 “Did you kill Dyne?”
コーツ Mr.Coates
「いや、そうなんだろうな。 “You must've.
 そんなもの持ってるんだからな」 Or you'd never be holding that thing.”
「そうか……ダインが死んだか “…So Dyne's dead…
 これで、ここも少しは Maybe now,
 落ちついた土地になるぜ」 the place'll calm down a little.”
コーツ Mr.Coates
「なにしろダインは “Dyne didn't
 だれかれかまわず……」 care who anyone was…”
BARRET {Barret}
「てめえに何がわかるってんだ!!」 “The hell do YOU know!!”
コーツ Mr.Coates
「わわわ、わかった! “R…ight!
 いや、なんにもわかってないです。 I mean, no, I DON'T know anything.
 す、すいません」 S…sorry.”
CLOUD {Cloud}
「それじゃあ、ここから “Then, will you
 出してもらおうか?」 get us outta here?”
コーツ Mr.Coates
「ん? あんたたち “Huh? Oh man,
 なんか、かんちがいしてないか?」 you guys are mistaken.”
コーツ Mr.Coates
「前に、少し言ったと思うが “I already told you,
 ここからでる手段は、ただひとつ」 there's only one way to get outta here.”
コーツ Mr.Coates
「ゴールドソーサーで行なわれている “That's to win the Chocobo Race
 チョコボレースで優勝するしかねぇ」 and that's held up there, in the Gold Saucer.”
コーツ Mr.Coates
「それに、一度に上に “And, only one racer can go up at a time.”
 行けるレーサーはたった1人だ」
BARRET {Barret}
「なんだと!」 “Say what!?”
コーツ Mr.Coates
「だーーっ! “Noooo!
 いくら、おどしてもダメだ!!」 Really, even if you threaten me!!”
「このルールだけは “A rule's a rule. I can't change it.”
 変えるわけにはいかねぇ」
「ここの規律が “If I do, the whole system down
 メチャクチャになっちまう!! here'll get messed up!!
 これは、ゆずれねぇ!」 An' I can't do that!”
コーツ Mr.Coates
「ひ、1人は上に送ってやる。 “OK, OK, I'll let one go up there.
 後は、そいつがディオと After that, he's gotta deal with Dio.”
 取り引きするなり、なんなりしな」
BARRET {Barret}
「ちっ! しょうがねぇ」 “Alright then.”
BARRET {Barret}
「CLOUD、おまえ行ってこい」 “{Cloud}, you go.”
BARRET {Barret}
「オレたちは、下でまってるからよ」 “We'll wait down here.”
「さっさと、チョコボレースとかいうのに “Hurry up an' win that Chocobo Race,
 勝って、こっちもなんとかしろ!」 an' get us outta here!”
RED XIII {Red XIII}
「そうだな、CLOUDが “You're right. {Cloud} should do it.”
 適任だろう」
AERITH {Aeris}
「うん、CLOUD “Yes, good luck, {Cloud}.”
 がんばってね」
TIFA {Tifa}
「そうね、CLOUD “Right, {Cloud}.
 私たち待ってるから We'll be waiting and rooting for you.”
 たのむわよ」
YUFFIE {Yuffie}
「じゃ、CLOUD “Well, {Cloud}
 たのんだよ」 go get 'em!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ほんな、CLOUDさん “OK {Cloud},
 ガンバッテなぁ~」 knock 'em dead!”
コーツ Mr.Coates
「は、話は、まとまったか?」 “Have you decided?”
コーツ Mr.Coates
「じゃあ、あとはマネージャーか」 “All you need now is a manager…”
「チョコボレースの登録や “To register and get a Chocobo…”
 ちょうたつをする役目なんだが……」
「は~い、話、聞かせてもらっちゃった」 “Hi. I happened to hear your story.”
コーツ Mr.Coates
「エストか?」 “Ester?”
エスト Ester
「あたしがマネージャーやるわ」 “I'll be your manager.”
コーツ Mr.Coates
「まぁ、もんくはねぇが……」 “Well, I have nothing against it, but…”
コーツ Mr.Coates
「こいつはエスト。 見た目は変だろ?」 “This is Ester. She may look kinda funny…”
「でも、チョコボレースのマネージメントで “But there's no better manager in the races…”
 右に出るやつはいねぇ」
エスト Ester
「しっつれいな言い方ね」 “That's so rude…”
エスト Ester
「まぁ、いいわ。 “Yeah, well.
 よろしくCLOUDさん」 Nice to meet you, {Cloud}.”
コーツ Mr.Coates
「よし、CLOUDさんとやら」 “All right then, {Cloud}.”
「柱のエレベーターから上に送ってやる。 “I'll send you up the elevator.
 くわしいことはエストから聞きな」} Ester'll fill you in on the details.”
エスト Ester
「そう、そんなことがあったの “Hmm, so that's what happened.
 わかったわ、ディオ園長には I'll talk to Dio directly.
 私から話をしておくわ」
「あなたは、取りあえず You just concentrate on the race.”
 レースに集中して」
「そうそう、さっきの話の続きだけど “Oh yeah, getting back to the other thing,
 チョコボレーサーには there are many different
 いろんな人がいるの。犯罪者だけの types of Chocobo jockeys.
 レースってわけじゃないのよ」 It's not only for criminals.”
「名声のために戦い続けている人 “Some people compete for the fame,
 お金のために戦う人 some people compete for the money,
 レースにのみ生き場所を感じている人… some only for glory…
 あなた、みたいな人をふくめてね」 And then there're people like you.”
「あっ、そうだ “Oh yeah,
 チョコボの騎乗方法 I'll teach you how to
 教えておくわね」 ride a Chocobo.”
    ああ {Choice}All right
    興味ない {Choice}Not interested
エスト Ester
「え~と “Ummm…
 まず『SELECT』ボタンで First use {!}{Purple}[ASSIST]{!}{White}
 オートとマニュアルを切り替えるの」 to choose either AUTO or MANUAL.”
「簡単に言うと、自分で命令するか “This lets you control the Chocobo
 チョコボの好きに走らせるかね」 yourself or lets it run on its own.”
「でも、自分の思うとおりには “But it's pretty hard to make the
 中々走らせられないわよ。 Chocobo run the way you want it to.
 チョコボとの仲が良くないと If the Chocobo doesn't like you,
 言うことを聞いてくれないから」 it won't listen.”
「こればっかりは “Then, you're stuck…”
 今回はしょうがないわね」
「けど、私の用意するチョコボは “But, most of the Chocobos
 おとなしい子が多いから I have are mellow
 けっこう、うまくやれると思うわ」 and you should be able to
「それから、自分で命令してる時に “When you're riding,
 □ボタンでスピードアップ use {!}{Purple}[SWITCH]{!}{White} to Speed Up
 ×ボタンでスピードダウン」 and {!}{Purple}[CANCEL]{!}{White} to Slow Down.”
「ただし、チョコボが本来持っている “But, if you go faster than
 能力以上のスピードをだすと the Chocobo can handle, it will
 どんどんスタミナが減ってくの」 quickly lose its stamina.”
「それと方向キーの左右でチョコボを左右に “Use the Directional button to
 ○ボタンでムチを入れて move the Chocobo left and right,
 いっきにスピードを上げられるわ」 use {!}{Purple}[OK]{!}{White}
「もちろんスタミナの消費は “But this makes your stamina
 激しくなるけどね」 run out faster.”
「あと、気性の悪いチョコボは “Some Chocobos are bad-tempered
 自分のペースがわからなくて and can't pace themselves.
 すぐスタミナを使いきっちゃうの」 They'll lose their
「そういうチョコボは、すぐに “Those Chocobos should be
 マニュアル(自分で動かす)操作にして set on Manual
 スピードを落としてやるといいわ」 to slow them down.”
「最後にね、セッカチな人に “Finally, some advice
 おすすめなんだけど for the restless. Once
 1、2着のチョコボがゴールした後に」 the first and second Chocobo
「『START』ボタンを押すと “push {!}{Purple}[START]{!}{White}
 途中でレースを見るのをやめることが to end the race.”
 できるわ」}
ひかえ室 Waiting Room
Man
「新入りかい?」 “You new?”
エスト Ester
「こんにちは、ジョー」 “Hi, Joe.”
ジョー Joe
「やぁ、エスト “Hey, Ester
 今日も美しいね」 you're looking pretty as usual.”
エスト Ester
「ふふ、ありがと」 “Thanks.”
エスト Ester
「しょうかいするわ、CLOUD」 “Let me introduce you,
「彼はジョー、現役チョコボレーサーの “This is Joe, one of
 トップをいく人よ」 the top Chocobo Jockeys.”
ジョー Joe
「以後お見知りおきを “Nice to meet you,
 CLOUD君」 {Cloud}.”
ジョー Joe
「しかし、エストがじかに “If you're with Ester, then…”
 ついているということは……」
エスト Ester
「そ! 期待の新人ってところかしら」 “Right! He's an up and coming jockey.”
「なんてったって、下に来て “He'd only been down there a day and
 たった1日でここにいるんだから!!」 already he made it up here!!”
『なに!!』 “What!?”
ジョー Joe
「なるほどな……」 “Oh, I see…”
ジョー Joe
「いったい、下で何をした?」 “So why did you get put down?”
「いや……ここで過去を聞くのは “Sorry…we're not supposed
 タブーだったな…」 to ask about the past here.”
ジョー Joe
「フッ」 “Hmm.”
ジョー Joe
「おもしろいよ…… “Pretty interesting…
 君とはまた、会えそうな気がする」 I have a feeling that we'll meet again.”
ジョー Joe
「では、また会おう、CLOUD君」 “Then, until we meet again,
エスト Ester
「じゃあ私は “I'm going to check on the Chocobo.
 チョコボの手配をしてくるわ。 You just wait here for a while.”
 しばらくここで待っててね」
エスト Ester
「すぐ、もどってくるから」 “I'll be right back.”
「………」 “……”
「話すことはねぇ」 “I got nothing to say.”
「あんまし、いい気に “Don't get cocky.
 なるんじゃねぇぞ。 Skills don't matter once
 腕っぷしなんてレースになりゃあ you get in the race…”
 関係ねぇからな」
「まもなく、レースがスタートします “The race will start
 次のレースに出場の in a few moments.
 チョコボレーサーは Will the jockeys for the next race
 パドックまでおこしください」 please proceed to the paddock.”
「くりかえします……」 “I repeat…”
エスト Ester
「CLOUD」 “{Cloud}.”
エスト Ester
「はい、おまたせ “Thanks for waiting.
 CLOUDも次のレースに I registered you
 登録しておいたわ」 in the next race.”
エスト Ester
「まぁ、私が用意したチョコボ “This is a Chocobo I prepared myself.
 なんだから、簡単には負けないわよ」 He should do well.”
エスト Ester
「そうそう “So…
 もう一度、乗り方を聞いておく?」 Remember how to ride?”
    そうだな {Choice}Uh, how was it again?
    いや、いい {Choice}Yeah, I got it
エスト Ester
「それじゃあ、がんばってきてね」 “Then, good luck.”
エスト Ester
「え~と “Let's see
 まず『SELECT』ボタンで First use {!}{Purple}[ASSIST]{!}{White}
 オートとマニュアルを切り替えるの」 to choose either AUTO or MANUAL.”
「簡単に言うと、自分で命令するか “This lets you control the Chocobo
 チョコボの好きに走らせるかね」 yourself or let it run on its own.”
「でも、自分の思うとおりには “But it's pretty hard to make the
 なかなか走らせられないわよ。 Chocobo run the way you want it to.
 チョコボとの仲が良くないと If the Chocobo doesn't like you,
 言うことを聞いてくれないから」 it won't listen.”
「こればっかりは “Then, you're stuck…”
 今回はしょうがないわね」
「けど、私の用意するチョコボは “But, most of the Chocobos
 おとなしい子が多いから I have are mellow
 けっこう、うまくやれると思うわ」 and you should be able to
エスト Ester
「それから、自分で命令してる時に “When you're riding,
 □ボタンでスピードアップ use {!}{Purple}[SWITCH]{!}{White} to Speed Up
 ×ボタンでスピードダウン」 and {!}{Purple}[CANCEL]{!}{White} to Slow Down.”
エスト Ester
「ただし、チョコボが本来持っている “If you go faster than the
 能力以上のスピードをだすと Chocobo can handle, it'll
 どんどんスタミナが減ってくの」 quickly lose its stamina.”
エスト Ester
「それと方向キーの左右でチョコボを左右に “Use the Directional buttons to
 ○ボタンでムチを入れて move the Chocobo left and right.”
 いっきにスピードを上げられるわ」 “Use {!}{Purple}[OK]{!}{White}
「もちろんスタミナの消費は “But this makes your stamina
 激しくなるけどね」 run out faster.”
エスト Ester
「あと、気性の悪いチョコボは “Some Chocobos are bad-tempered
 自分のペースがわからなくて and can't pace themselves.
 すぐスタミナを使いきっちゃうの」 They'll lose their
「そういうチョコボは、すぐに “Those Chocobos should be
 マニュアル(自分で動かす)操作にして set on Manual
 スピードを落としてやるといいわ」 to slow them down.”
「最後にね、セッカチな人に “Finally, some advice
 おすすめなんだけど for the restless, once
 1、2着のチョコボがゴールした後に」 the first and second Chocobo
「『START』ボタンを押すと “Push {!}{Purple}[START]{!}{White}
 途中でレースを見るのをやめることが to end the race.”
 できるのよ」
エスト Ester
「残念だったわね」 “Too bad.”
エスト Ester
「もうチョットだったんだけどね」 “You were so close.”
エスト Ester
「もう少し期待したんだけどな」 “I expected more from you.”
エスト Ester
「けど、内容が悪すぎるわ」 “That was a tough break.”
エスト Ester
「じゃあ、もう少しいいチョコボを “Let me find a better Chocobo for you.
 探してくるわ。
 しばらく待っててね」 Wait here for a while, OK?”
エスト Ester
「けど “If you couldn't win
 さっきのチョコボで with that last Chocobo…”
 勝てないとなると…」
エスト Ester
「わかったわ、もう最っ高のチョコボを “All right, I'll go get
 探してくるわ」 the best Chocobo there is!”
エスト Ester
「うそでしょ!? “You gotta be kidding me!?
 今のチョコボ以上なんて There aren't any other
 もう、いないわよ」 Chocobos better than the last one!”
エスト Ester
「もう、本当に勝ちたいのなら “Well, if you really want to win,
 『SELECT』ボタンで just push {!}{Purple}[ASSIST]{!}{White}
 オートモードにして走ってみてよ」 and try the 'AUTO' mode.”
エスト Ester
「おめでとう!! “Congratulations!!
 これで晴れて自由の身よ」 Now you're home free!”
エスト Ester
「あっ、そうだ “Oh yeah,
 これ園長から手紙 the owner told me to give this
 勝ったら渡すようにって」 letter to you if you won.”
ディオ Dio
「少年なら自らの力で、勝利を手にいれ “Boy, if you're reading this letter,
 この手紙を読んでくれていると then you must've won.
 信じている」 I know you earned it.”
「ダインのことはエスト君から聞いた。 “I heard about Dyne from Ester.
 少年が勝つことができたなら Now that you won, I'm granting
 私の権限で、君の仲間の自由も約束しよう」 you and your friends a full
「それと、おわびと言っては “And by way of apology,
 なんだが、プレゼントを用意した。 I have a little gift for you
 旅のやくにたててくれたまえ」 to use on your journey.”
「これでも、多忙な身の上。 “Sorry I couldn't be there to tell you this
 手紙という形でしつれいした。 in person, but I'm a very busy man.
 では {Choice}{Choice}{Choice} Sincerely,
  ディオちゃん より」 {Choice}{Choice}{Choice}Dio”
CLOUD {Cloud}
「プレゼント?」 “A gift?”
トゥルルルル Riiing!
(とりあえずのメッセージ) (A message)
AERITH {Aeris}
「CLOUD!? ね、すごいのよ! “{Cloud}, this is great!!
 いまね、園長の使いとかいう人が来て The assistant manager just stopped
 『バギー』置いていったの」 by and dropped off a 'buggy'!”
「これがあれば『サバク』も『川』も “Now we can go over
 ラクラクよ」 'deserts' and 'rivers', no problem.”
「じゃ、CLOUD。 “OK, {Cloud}.
 外でまってるね」 I'll be waiting outside.”
CLOUD {Cloud}
(ん? 手紙に続きがある) (Hmm? The letter continues…)
「P.S. “P.S.
 この間、私はセフィロスにあったぞ I recently met Sephiroth.
 少年たちの年代では、彼のファンも I'll bet he's pretty popular
 いるだろう」 with boys your age.”
「サインでももらったらどうだ? “Why don't you get his autograph?
 彼は、ここから He was heading toward
 【南の川を越えてゴンガガエリア】 {!}{Cyan}Gongaga, south of the river{!}{White}.”
 に向かったようだぞ」
CLOUD {Cloud}
「セフィロス……」 “Sephiroth…”
エスト Ester
「じゃあ、お別れね」 “I guess this is goodbye.”
「そうだ。 “Yeah.
 いつか、自分のレースチョコボを Well, if you ever get your
 持てるようになったら own Chocobo, come back again.”
 もう一度ここに来るといいわ」
「また私が、登録とかいろんな “I'll take care of your registration
 ことして、あ・げ・る and everything.
 また、会いましょうね」 I'll see you again.”
3Dチョコボレーシングスタート… 3D Chocobo Racing Start...
調整中…、調整中…、調整中… Tuning... Tuning... Tuning...
    1着になったよ {Choice}1
    2着だったよ {Choice}2
    3着なの {Choice}3
    4着以下みたい {Choice}4
『ラムウ』のマテリアを手にいれた! Received "Ramuh" Materia!
これいじょうマテリアは持てません。 You cannot take on any more Materia.