Dialogue Script

Chapter: 19 - Gongaga

Reaching Gongaga for the first time, Zack's parents, Scarlet and Tseng examing the Dead Reactor, and ALL NPCs.

 
FF7 International ScriptFF7 PC English ScriptMissing TranslationNotes
JAPANESE (Intl Ver) PC ENGLISH
ゴンガガ Gongaga Village
ジャングル Jungle
メルトダウン魔晄炉 Meltdown Reactor
武器屋 Weapons Store
アイテム屋 Item Store
宿屋 Inn Used for the actual Inn.
民家 Inn Private House Used during and before the scene with Zack's parents but then changes to "Zack's Home". It is NOT unseen btw; enter their house without the scene triggering and then the location name will be the same.
ザックスの実家 Zack's Home ^do this on disc 3 for example, without having triggered the scene earlier.
村長の家 Mayor's Home
『タイタン』のマテリアを手にいれた! Received "Titan" Materia!
これいじょうマテリアは持てません。 Cannot take on anymore Materia.
なにかマテリアをすててください。 Please discard some Materia.
『ひっさつ』のマテリアを手にいれた! Received "Deathblow" Materia!
『エクスポーション』を手にいれた! Received "X-Potion"!
『ホワイトメガホン』を手にいれた! Received "White M-phone"!
キーアイテム『奥さんへの手紙』を手にいれた! that glow in your eye… Received Key Item "Letter to a Wife"!
おじいさん Grandpa
「旅の人かい……おんや? “You a traveller? Hey wait,
 あんたのその目の輝きは…… that glow in your eye…
 ソルジャーさんだね?」 Are you in SOLDIER?”
おばあさん Grandma
「あらあらホントだよ! “Oh, you're right!
 あんたウチの息子を知らないかい?」 Don't you know anything
おじいさん Grandpa
「ザックスっちゅう名前なんだが」 “His name is Zack.”
おばあさん Grandma
「こんなイナカじゃくらせないとか “It's been close to 10 years since
 言い残して都会へいったまま he left for the city, saying that
 もう、かれこれ10年近く……」 he didn't want to live in the country…”
おじいさん Grandpa
「ソルジャーになるっちゅうて “He left saying
 村を飛び出したんだ」 he's going to join SOLDIER.
「あんた、知らないかい? You ever hear of a Zack in SOLDIER?”
 ソルジャーのザックス」
CLOUD {Cloud}
「さあ……知らないな」 “Hmmm…I don't know.”
TIFA {Tifa}
「……ソルジャーのザックス……」 “Zack…”
おじいさん Grandpa
「娘さん、知ってるのかい?」 “Young lady, you know him?”
おばあさん
「そういえば6、7年前に手紙がきて “I remember he wrote us 6 or 7 years ago
 ガールフレンドができましたって saying that he had a girlfriend.
 書いてあったけど、あんたかい?」 Could that have been you?”
TIFA {Tifa}
「……ちがいます」 “…No, it wasn't.”
AERITH {Aeris}
「ザックス……」 “Zack…”
おじいさん Grandpa
「娘さん、知ってるのかい?」 “Do you know him, young lady?”
AERITH {Aeris}
「……この村にザックスの家が “What a shock…
 あるなんて知らなかったから I didn't know Zack was
 びっくりしちゃった」 from this town.”
CLOUD {Cloud}
「知ってるヤツか?」 “You know him?”
AERITH {Aeris}
「いつか話さなかった? “Didn't I tell you?
 わたし、初めて好きになった人」 He was my first love.”
CLOUD {Cloud}
「…………」 “…”
AERITH {Aeris}
「ザックス…… “Zack…
 ソルジャー・クラス1ST。 SOLDIER First Class.
 CLOUDと同じ」 Same as {Cloud}.”
CLOUD {Cloud}
「クラス1STなんて何人も “Strange, there aren't that
 いないはずだ。 many who make First Class,
 でも俺は知らないな」 but I've never heard of him.”
AERITH {Aeris}
「別にかまわないの。 “That's all right.
 むかしのことだしね。 It's all in the past now.
 ただ、行方不明だから心配なだけ」 I was just worried
CLOUD {Cloud}
「行方不明?」 “Missing?”
AERITH {Aeris}
「5年前かな。 “I think it was five years ago.
 仕事で出かけてそれっきり」 He went out on a job,
AERITH {Aeris}
「女の子が大好きなヤツだったからね。 “He loved women, a real lady's man.
 どこかで知り合った子と He probably found someone else…”
 仲良くなっちゃったのよ、きっと」
AERITH {Aeris}
「あれ? どうしたの?」 “Hey? What's wrong?”
    それは心配だな {Choice}Poor guy
   (やきもち……しっと……) {Choice}(…jealous…envious…)
AERITH {Aeris}
「いいんだけど、べつに。 “I don't really mind
 でも、ご両親にくらい連絡すれば that I haven't heard from him.
 いいのにね」 But I feel for his parents.”
AERITH {Aeris}
「もしかして……やきもちやいてる? “Are you…jealous?
 ん? んん? Hmm? Hmmm?
 どうなのかな、CLOUDくん?」 Are you, {Cloud}?”
AERITH {Aeris}
「な~んて、ごめんね」 “I'm kidding. I'm sorry.”
AERITH {Aeris}
「そうだったら “I was hoping maybe you were…”
 うれしい……かな」
CLOUD {Cloud}
「AERITH……」 “{Aeris}…”
AERITH {Aeris}
「行きましょ、CLOUD」 “Let's go, {Cloud}.”
TIFA {Tifa}
「ザックス……」 “Zack…”
CLOUD {Cloud}
「知ってるのか?」 “Do you know him?”
TIFA {Tifa}
「い、いいえ、知らないわ!」 “N, no, I don't know him!”
CLOUD {Cloud}
「いかにも知ってるって顔してるぞ」 “Your face tells me differently.”
TIFA {Tifa}
「知らないんだってば!」 “I told you, I don't!”
CLOUD {Cloud}
「わ、わかったよ」 “All right.”
TIFA {Tifa}
「…………」 “…”
TIFA {Tifa}
「でもさ、ソルジャーになるっ! “That sounds just like you,
 なんて言い残して村を出たなんて leaving town, and saying
 まるでCLOUDみたいね」 'I'm joining SOLDIER!'.”
CLOUD {Cloud}
「あのころは、そういうヤツが “There were a lot of guys
 たくさんいたんだろうな」 like that back then.”
TIFA {Tifa}
「そんなたくさんのなかから “You must really be something
 ソルジャーになるなんて making it in SOLDIER
 CLOUD、えらいえらい」 out of a group like that.”
「そんけいしちゃうなぁ……」 “I really respect you…”
    運が良かっただけさ {Choice}I just got lucky
    がんばったからな {Choice}I worked hard for it
TIFA {Tifa}
「けんそんしちゃってぇ!」 “Don't be so humble!”
TIFA {Tifa}
「努力はむくわれるってわけね」 “Hard work pays off, huh.”
TIFA {Tifa}
「あのね……」 “You know…”
「CLOUDがソルジャーになったの “I'm as proud of {Cloud}
 私、自分のことみたいに joining SOLDIER
 ほこらしいのよ」 as if it were me.”
TIFA {Tifa}
「CLOUD “{Cloud},
 心配してくれてありがとう。」 thanks for caring.”
「3年前の魔晄炉爆発事故で “A reactor explosion three years ago
 夫は……」 took my husband…”
「はたして、人が生きていくのに “Do people really need
 魔晄炉が必要なのでしょうか?」 reactors to live?”
「もっと大切なことがあるのでは “Aren't there more important
 ないでしょうか……?」 things in life?”
「ほお……何か用かい?」 “You want something?”
    武器を買いたい {Choice}Buy weapons?
    話を聞きたい {Choice}Hear a story?
    特に用事はない {Choice}Nothing in particular
「え……何の用かしら?」 “Huh, did you want something?”
    アクセサリーを買いたい {Choice}Buy accessories?
    話を聞きたい {Choice}Hear a story?
    特に用事はない {Choice}Nothing in particular
「ああ……何か用か?」 “Uh, need somethin'?”
    宿泊したい {Choice}Need a room?
    話を聞きたい {Choice}Hear a story?
    特に用事はない {Choice}Nothing in particular
「おお……買いものにきたのか?」 “Oh, you here to shop?”
    アイテムを買いたい {Choice}Buy items?
    話を聞きたい {Choice}Hear a story?
    特に用事はない {Choice}Nothing in particular
村長
「ここは、ゴンガガ村。 “This is Gongaga Village.
 魔晄炉の爆発事故のために Many people died here in a
 多くの人々を失った村じゃ」 Mako reactor explosion.”
村長
「神羅のものたちは、魔晄炉が “The Shinra people told us
 できれば幸せになると言いおった。 that everyone would be happy
 しかし、魔晄炉はわしらに once the reactor was built.
 悲しみしか与えなかった……」 But all it brought us was sadness…”
「…………」 “…”
「神羅のやつらは、村の安全など “Shinra built the reactor,
 考えずに、魔晄炉を建設した。 without even thinking about
 その結果が、これさ」 the town's safety.
「ある日、魔晄炉が大爆発を起こした。 “One day, a huge explosion.
 その事故に巻きこまれて killed many of the townspeople…”
 多くの村人が死んでしまった……」
「魔晄炉の爆発事故が起こってから “It's been a while since the explosion,
 ずいぶんたつが、そのつめあとは but you can still find the
 いまだに村のあちこちに残っている」 pieces it left all over town.”
「わたしたちゴンガガ村の住人は “We voted to outlaw the use of
 魔晄炉の爆発事故があってからは Mako energy and live with nature,
 魔晄エネルギーの利用を止めて ever since the explosion.”
 自然とともに生きることを選んだの」
「神羅の魔晄炉がなくても “People can live without
 人は生きていけるのよ」 the Shinra's Mako Reactors.”
「いくら いのっても “No matter how much I pray,
 死んだマゴはかえってこん……」 it won't bring our grandson back…”
「……金が足りないな。 “…You don't have enough money.
 金をためてから、来るんだな」 Come back when you get some.”
「一泊80ギルだぜ」 “It's 80 Gil a night.”
    80ギル払う {Choice}Pay up
    払わない {Choice}Don't pay
{Party 1}
「奥の方に、何か光るものがある……」 “There's something shiny back there…”
    何もしない {Choice}Don't do anything
    手をのばしてみる {Choice}Reach for it
{Party 1}
「壊れた魔晄炉……」 “A ruined reactor.”
CLOUD {Cloud}
「AERITH……」 “{Aeris}…”
CLOUD {Cloud}
「TIFA…… “{Tifa}…
 いったい、どうしたんだ?」 What happened?”
CLOUD {Cloud}
「ふたりとも、どうしたんだ?」 “What happened to you two?”
CLOUD {Cloud}
「……ザックス」 “…Zack.”
「ソルジャーのザックス。 “Zack.
 おれは、そんな男、知らない」 I don't know anything
「しかし…… “…But
 その名前には、聞き覚えがある……」 That name sounds familiar…”
「なぜだ……!?」 “Why?”
AERITH {Aeris}
「そんな……」 “That can't…”
おじいさん
「なあ、あんた “Have you ever met someone
 ザックスっちゅうソルジャーに in SOLDIER named Zack?”
 会ったことはないかの?」
おばあさん
「10年も連絡もよこさんとは…… “I can't believe he hasn't
 なんちゅう息子じゃ」 contacted us in 10 years…!
「一泊300ギルだぜ」 “It's 300 Gil a night.”
    300ギル払う {Choice}Pay 300 Gil
    払わない {Choice}Don't pay
「わたしは、世界を旅する行商人。」 “I am a traveling salesman,
「このゴンガガ村の近くに “I came because I heard that near
 『大地をゆるがす力を持つマテリア』 this village was Materia strong
 があると聞いて、来てみたのだが……」 enough to shake the earth.”
「そんなわたしだが、むしょうに “Even I get homesick and want
 家族に会いたくなることがある」 to see my family.”
「そこであなたに、たのみがある。 “I have a favor to ask of you.
 どうかわたしの愛する奥さんに Can you get this letter to my lovely wife?”
 この手紙をとどけてもらいたい」
「おねがいできるだろうか?」 “Will you do it for me?”
    手紙を受け取る Take the letter
    興味ないね {Choice}Not interested
「わたしの愛する奥さんは “My wife lives in Kalm.
 カームの町に住んでいる。 I really appreciate this.”
 どうか、よろしくたのむ」
「なんということだ…… “What's going on
 死が目前に迫っているこの世界では in a world about to end?
 もはや人情もかれはてたか……」 Is kindness the first to vanish?”
「武器は、2階で売っているわ。 “They sell the weapons
 そこの柱をのぼってちょうだい」 on the second floor.
「ライフストリーム? “Lifestream?
 そんなもの、聞いた事ないわ」 Never heard of it.”
「星のしくみ? “Planet structure?
 ……どうでもいいわ、そんなこと」 …Who cares about that?”
「そういうこむずかしい事は “Why don't you go ask
 コスモキャニオンのブーゲンハーゲン Bugenhagen of Cosmo Canyon
 という人に聞けば?」 hard questions like that?”
「あのメテオをこわすために “Seems like the Shinra is planning
 神羅が大きな計画を立てているそうね……」 something big to destroy Meteor…”
「大きなマテリアを集めて “I heard they're going to do something
 なにかをするつもりらしいけど……」 with all that Huge Materia
「魔晄炉のこともあるし “After what happened with the reactor
 神羅のすることは信用できないわ」 you can't trust Shinra.”
「……みんな、死ぬのよ。 “…Everyone's going to die.
 何もかもが、終わるのよ」 Everything's coming to an end.”
「道にまよったのじゃな? “You lost?
 そういう時に一番たよりに When that happens the only ones
 なるのは友、じゃよ」 you can count on are your friends.”
「もっとも大切な友を探すこと。 “The first thing you gotta do
 それが先決じゃて」 is find your best friend.”
「ここの魔晄炉はもう使い物にならんが “This reactor's useless,
 【コレル】【コンドルフォート】【ジュノン】の but I hear there's still Huge Materia
 魔晄炉の中には、大きなマテリアが at the {!}{Cyan}Corel{!}{White}, {!}{Cyan}Fort Condor{!}{White},
 残っているそうじゃ」 and the {!}{Cyan}Junon{!}{White} reactors.”
「いま神羅はそれの回収に “Shinra's gathering all the Materia
 かかっているそうだが…… from those places…
 いったいなんのために」 But for what?”
「神羅もいろんな手をつくしたが “Shinra's tried a lot of things,
 しょせん、ちっぽけな人間のやること。 but it's only HUMAN.
 メテオによって人が滅びるのは It's fate that Meteor will
 運命なのじゃよ」 kill the people.”
「おしえてくれ、若者よ」 “Tell me, young man.”
「幸せは、犠牲なしに得ることは “Can't we be happy without
 できないのじゃろうか?」 having to sacrifice anything?”
「時代は、不幸なしに越えることは “Can't time pass
 できないのじゃろうか……」 without unhappiness?”
RED XIII {Red XIII}
「ねぇ、CLOUD。 “Hey, {Cloud}.
 どうしてタークスは、オイラたちを How did the Turks know to
 まちぶせできたのかな」 wait and ambush us here?”
RED XIII {Red XIII}
「……だれかが、オイラたちのことを “…You'd think someone told
 神羅に知らせているのかな」 the Shinra about us?”
CLOUD {Cloud}
「……誰かいる」 “…Is someone there?”
レノ Reno
「なあ、ルード。 “Hey, Rude.
 あんた、誰がいいんだ?」 Who do you like?”
レノ Reno
「なに赤くなってるのかな、と。 “What are you getting so
 ん? 誰がいいのかな?」 embarrassed about?
ルード Rude
「……………TIFA」 “…{Tifa}.”
レノ Reno
「な、なるほど……と」 “Hmm…”
レノ Reno
「つらいところだな、あんたも」 “That's a tough one.”
レノ Reno
「しかし、イリーナもかわいそうにな。 “But, poor Elena.
 あいつ、あんたのこと……」 She…you…”
ルード Rude
「いや、あいつはツォンさんだ」 “No, she likes Tseng.”
レノ Reno
「そりゃ初耳だな、と。 “I never knew that!
 だってツォンさんは But Tseng likes that Ancient…”
 あの古代種……」
CLOUD {Cloud}
「あいつら何の話してるんだ?」 “What are they talking about?”
イリーナ Elena
「ホント、くだらない!」 “It's so stupid!”
「先輩たち、いつでも “They always talk about who
 誰が好きとかキライとか they like or don't like.
 そんな話ばっかりなんですよ。 But Tseng is different.”
 ツォンさんは別ですけど」
イリーナ Elena
「あ! いけない!」 “Ah! Oh no!”
イリーナ Elena
「先輩たち! “They're here!
 来ました! They're really here!”
 あの人たち、ホントに来ましたよ!」
レノ Reno
「そうか…… “Hmm…
 出番だな、と」 Then it's time…”
レノ Reno
「ルード……あの娘がいても “Rude…don't go easy on them
 手を抜くなよ、と」 even the girls.”
ルード Rude
「……仕事はちゃんとやるさ」 “…Don't worry, I'll do my job.”
イリーナ Elena
「じゃ、先輩たち。 “Then, we're counting on you.
 あとはよろしくおねがいします。 I'll report to Tseng!”
 私はツォンさんに報告にいきま~す!」
レノ Reno
「久しぶりだな、と」 “It's been a while.”
レノ Reno
「7番街の借りを返すぞ、と」 “Payback time for what you did in Sector 7.”
    7番街……忘れたな {Choice}Sector 7?
    ジャマだ……どこか行け {Choice}Out of our way
レノ Reno
「それはさびしいな、と」 “That's sad.”
レノ Reno
「なめられるのは嫌いだな、と」 “I don't like being taken for a fool.”
TIFA {Tifa}
「ねえ、なんか変じゃない? “Hey, something seems wrong,
 待ちぶせされてたみたいよ」 Like they knew we were coming.”
AERITH {Aeris}
「……どうしてわかったのかな? “…How could they know
 わたしたち、ここに来ること」 we were coming here.”
BARRET {Barret}
「気にいらねえぜ。 “I don't like it.
 どうしてオレたちの居場所が How'd they find out
 わかったんだ?」 where we were?”
RED XIII {Red XIII}
「興味深い…… “Interesting…
 やつらはあきらかに They were definitely
 まちぶせしていたようだが」 waiting for us.”
YUFFIE {Yuffie}
「なんかイヤなかんじ! “I don't like this!
 アタシたちの行き先って It's like the whole world knows
 バレバレみたいだよ」 where we're going.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「なんで、ここにおるのんが “How'd they know that we were here?”
 わかったんやろ?」
VINCENT {Vincent}
「何故、わたしたちがここに “How did they know that
 いることがわかったのだ……」 we were here?”
CLOUD {Cloud}
「尾行されたか…… “They followed us…
 いや、そんな気配はなかった。 But there weren't any signs of it.
 ということは……」 Then, that means…”
TIFA {Tifa}
「スパイ!?……まさか」 “A spy? No way.”
AERITH {Aeris}
「神羅のスパイがいるとか……」 “That there's a Shinra spy…”
BARRET {Barret}
「もしかしてよ、スパイ? “A spy, maybe?
 いや、まさかな」 No, no way.”
RED XIII {Red XIII}
「……だれかが内通しているのか」 “…someone's been informing them.”
YUFFIE {Yuffie}
「仲間んなかにスパイでも “Maybe it's someone
 いるんじゃないの~?」 in this group?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「まさか、CLOUDさん “You don't think there's a spy,
 スパイでもおると、思てますんか?」 do you {Cloud}?”
「たまらんなぁ~。 “I hate this.
 そんなん、新入りのボクが Now everyone's gonna blame me
 うたがわれるんに決まってますやん」 because I'm new.”
VINCENT {Vincent}
「神羅の手先がいる…… “It means there's a Shinra spy…”
 ということか?」
CLOUD {Cloud}
「スパイがいるなんて “I don't even want to think
 考えたくもない……」 about there being a spy…”
CLOUD {Cloud}
「俺はみんなを信じるよ」 “I trust everyone.”
ルード Rude
「これ以上、先には進ませない」 “That's as far as you go.”
CID {Cid}
「気にくわねぇな。 “Man, looks like
 先回りされてるみてぇだ」 they've taken a short cut.”
CID {Cid}
「けっ、神羅のイヌがいるってのかよ!」 “And a couple of Shinra dogs
BARRET {Barret}
「神羅のやつらは、金もうけのために “The Shinra build reactors to make money.
 魔晄炉をつくる。 And this is what happens.”
 そして、その結果がこれだ」
BARRET {Barret}
「見ただろう、あの村を。 “You saw that village.
 神羅の横暴でよ、被害にあうのは It's always the powerless that
 いつでも力を持たない人間だぜ」 suffer from tyrants like Shinra.”
「力を持つものが “The one's with the power control those
 持たないものを支配する。 without it.
 それが、今の世界ってわけだ」 That's just the way of the world now.”
「オレは、そんなことは許せねぇ。 “But I can't let 'em do that.
 『アバランチ』を結成して That's why I formed AVALANCHE to fight 'em.”
 神羅カンパニーと戦ってるのも
 そんな世界を変えてえからだ」
BARRET {Barret}
「……なあ、CLOUD “…Yo, {Cloud}
 これからもオレたちと一練に You still gonna fight with us, right?”
 戦ってくんだろ?」
「オレたちにゃ、おまえが必要なんだ」 “We need you, man."
    任せておけ {Choice}You got it
    興味ないね {Choice}Not interested
BARRET {Barret}
「ありがとうよ」 “Thanks, man.”
BARRET {Barret}
「…………!!」 “…!!”
「おまえなんかに期待した “I never shoulda
 オレがバカだったよ」 believed you.”
スカーレット Scarlet
「ここの魔晄炉は失格ねえ」 “This reactor's a failure.”
「私が探してるのは “What I'm looking for is
 ビッグでラージでヒュージな big, large, Huge Materia.
 マテリアなのよ。 You seen any?”
 あなた知らない?」
ツォン Tseng
「……存じません。 “…No I haven't seen it.
 さっそく調査します」 I'll get on it right away.”
スカーレット Scarlet
「おねがいね。 “Please.
 それがあれば究極の兵器が We could make the ultimate weapon
 つくれそうなのよ」 if we only had some.”
ツォン Tseng
「それは楽しみですね」 “I just can't wait.”
スカーレット Scarlet
「宝条がいなくなったおかげで “With Hojo gone,
 私の兵器開発部に予算が the Weapon Development's
 た~っぷりまわってくるの」 been getting a bigger budget.”
ツォン Tseng
「うらやましいかぎりです」 “I envy them.”
スカーレット Scarlet
「でもね、せっかく完璧な兵器をつくっても “But, even if we make
 あのバカのハイデッカーに the perfect weapon, could that
 使いこなせるのかしら」 stupid Heidegger even use it?”
ツォン Tseng
「…………」 “…”
スカーレット Scarlet
「あら、ごめんなさい! “Oh…sorry!
 ハイデッカーはあなたの上司だったわね! I forgot Heidegger was your boss!
 キャハハハハ!」 Ha ha ha!”
スカーレット Scarlet
「行きましょ!」 “Let's go!”
CLOUD {Cloud}
「ビッグでラージでヒュージな “…Big, large, Huge Materia?”
 マテリア?」
「究極の兵器? “An ultimate weapon?
 完璧な兵器?」 The perfect weapon?”
「神羅め、今度は何を始める “Just what are
 つもりなんだ……」 the Shinra up to?”
CLOUD {Cloud}
「神羅の兵器開発部部長 “It's Scarlet,
 スカーレットのおでましか」-- Head of Shinra Weapon Development.”
スカーレット Scarlet
「……フンッ! “Hmph!
 ここもダメだわ」 This isn't any good either.”
「チンケな魔晄炉には “You only get junky Materia
 チンケなマテリアしか from junky reactors.”
 ないみたいね」}
レノ Reno
「これも仕事だ。 “This is just part of the job.
 悪く思うなよ、と」} Don't take it personally.”