Dialogue Script

Chapter: 2 - Train and Sector 7 Night

From the scene when Cloud enters the train after Mako # 1, the scene with Jessie looking at the map, NPCs in Sector 7 pre pillar fall, 7th Heaven, Tifa Flashback, Morning and Materia Explanation, Beginner's Hall, and stop with the party enters the Train again.

 
FF7 International ScriptFF7 PC English ScriptMissing TranslationNotes
with notes done Translations Notes
JAPANESE (Intl Ver) PC ENGLISH
ミッドガル発最終列車 Last Train from Midgar
ウェッジ Wedge
「CLOUDさん “{Cloud} never came.”
 こなかったっすね」
ビッグス Biggs
「CLOUD…… “{Cloud}…
 やられちまったのかな」 Think he was killed?”
BARRET {Barret}
「ケッ……!!」 “No way!!”
「あの野郎が金ももらわねえで
 いなくなるわけねえだろ!!」
ジェシー Jessie
「CLOUD……」 “{Cloud}…”
ビッグス Biggs
「なあ、CLOUDってさ…」 “Say, do you think {Cloud}'s…”
「最後まで、おれたち… “going to stay on and fight
 アバランチのために for AVALANCHE!?”
 戦ってくれんのか?」
BARRET {Barret}
「さあな…… “How the hell would I know!?
 知らねえよ」 Do I look like a mind reader?”
「チッ!! “Hmph!!
 おまえらがもうすこし If y'all weren't such screw-ups…”
 たよりになりゃよ……」
「あんな野郎、やとわねえでも
 いいんだがな…」
ウェッジ Wedge
「あ、BARRETさん “Hey, {Barret}!
 俺たちの給料……」 What about our money?”
「や、なんでもないっす…」 “Uh, nothin'…sorry.”
アバランチの面々
「ふっ~~……」
ビッグス Wedge
「CLOUD!!」 “{Cloud}!!”
ウェッジ “Ahhh…”
「CLOUDさんっ!」 Biggs
CLOUD {Cloud}
「約束の時間に “Looks like I'm
 遅れたようだ」 a little late.”
BARRET {Barret}
「おい! 遅刻野郎!!」 “You damn right, you're late!!”
「ずいぶん派手な “Come waltzin' in here
 おでましじゃねぇか」 makin' a big scene!”
CLOUD {Cloud}
「そうでもない。 “It's no big scene.
 ふつうだ」 Just what I always do.”
BARRET {Barret}
「ケッ!!」 “(*^%!”
「心配させやがって “Havin' everyone worried like that.
 勝手な野郎だ!」 You don't give a damn 'bout
CLOUD {Cloud}
「ほう……? “Hmm…
 心配してくれたのか」 You were worried about me?”
BARRET {Barret}
「なにっ!!」 “Wha!?”
「チッ……遅刻のぶんは “That's comin' outta
 報酬からひくからな」 your share, hot shot! ”
BARRET {Barret}
「おい、おめえら!」 “Wake up!”
「場所変えるぞ。 “We're movin' out!
 ついてこい!」 Follow me!”
ウェッジ Wedge
「あっ、CLOUDさん!! “Hey, {Cloud}!!
 おつかれっす!」 You were great back there!”
ビッグス Biggs
「へへ……CLOUD! “Heh heh…{Cloud}!
 次の作戦も、がんばろうな」 We'll do even better next time.”
ジェシー Jessie
「あぶないから “Careful,
 閉めとくね」 I'll shut this.”
ジェシー Jessie
「やだ! CLOUD!! “Oh, {Cloud}!!
 顔、まっくろ……」 Your face is pitch-black…”
ジェシー Jessie
「はい、できあがり!」 “There you go!”
ジェシー Jessie
「ね、魔晄炉で助けてくれて “Say, thanks for helping me
 ありがとう!」 back there at the reactor!”
CLOUD {Cloud}
「ああ……」 “Yeah…”
    気にするな {Choice}That's OK
    礼なんかやめてくれ {Choice}Quit thanking me
CLOUD {Cloud}
「気にするな。 “Don't mention it.
 当然のことをしたまでさ」
CLOUD {Cloud}
「感謝などされても困る。 “It bugs me when you thank me.
 これも仕事のうちだからな」 It's just a part of my job.”
ジェシー Jessie
「でも、私…… “But, I…
 ほんとにうれしかったから…」 I was just glad…”
ジェシー Jessie
「CLOUD……」 “{Cloud}……”
「そうだね、私たち “You're right.
 ただの仕事仲間ね…」 We're just partners.”
CLOUD {Cloud}
「まだできてないんだ… It's not ready yet…
 ウオオ…!!」 Whoa!!
「とりあえず、チェックしとく?」 [Empty Entry] Will you go and check?
    列車到着へ!! -||-     To the train arrival!!
    南魔晄炉破壊作戦へ -||-     To the South Mako Reactor destruction     operation
    ぬけちゃう! -||-     Exit!
「このまま、スイッチをお切りください」 Shut-off the switch in this position.
「列車イベントをぬけるのだが……」 We can escape from the train event…
    大成功!! Did it!!
    失敗4回目 4th failure
    失敗3回目 3rd failure
    失敗2回目 2nd failure
    失敗1回目 1st failure
    ぬけちゃう! Escaped
ミッドガル発最終列車 Last Train from Midgar
客車内 Inside Train
BARRET {Barret}
「見ろよ…地上が見えてきたぜ。 “Look…you can see the surface now.
 ひるも夜もねえ、オレたちの街がよ」 This city don't have no day or night.”
「ミッドガルのプレートさえなけりゃなぁ…。 “If that plate weren't there…
 でっけえ空がおがめんのになあ」 we could see the sky.”
CLOUD {Cloud}
「空中に浮かぶ都市か……。 “A floating city…
 おちつかない風景だな」 Pretty unsettling scenery.”
BARRET {Barret}
「はあ? “Huh?”
 あんたがそんなふうに感じるとはな」 “Never expect ta hear that outta
「……意外だぜ」 someone like you.”
BARRET {Barret}
「上の世界……プレート都市……」 “The upper world…a city on a plate…”
「あのくさったピザのせいで “It's 'cuz of that &^#$# 'pizza'
 下の人間がどんなに that people underneath are sufferin'!”
 苦しんでることか……」
BARRET {Barret}
「上の世界で汚された魔晄エネルギーが “All the pollution from Mako energy above
 下の世界に降りてくる」 falls down on the world below.”
BARRET {Barret}
「下の世界は今じゃあ “And the city below is full of polluted air.”
 汚された空気のたまり場だ」
BARRET {Barret}
「おまけに魔晄炉はどんどんエネルギーを “On top'a that,
 くみ上げちまう」 the Reactor keeps drainin' up
「おかげで土地は枯れる一方だ。 all the energy.”
空気をきれいにする力もなくしちまった」
CLOUD {Cloud}
「どうしてみんな上へ “Then why doesn't everyone
 移らないんだろう……」 move onto the Plate?”
BARRET {Barret}
「さあな。 “Dunno.
 金がないからだろ。 Probably 'cuz they ain't got no money.
 いや、それとも……」 Or, maybe…”
「どんなに汚れていても “'Cuz they love their land,
 地ベタが好きなのかもな」 no matter how polluted it gets.”
CLOUD {Cloud}
「わかってるさ…。 “I know…
 好きでスラムに住んでるやつなどいない」 no one lives in the slums
「みんな、この列車とおなじ。 “It's like this train.
 敷かれたレールには逆らえないんだ」 It can't run anywhere except
BARRET {Barret}
「子供じゃねえんだ。 “Stop actin' like a damn kid.
 じっとしてろよ」 Siddown an' shu'up!”
ジェシー Jessie
「ね、CLOUD。 “Hey, {Cloud}.
 いっしょに見ない?」 You want to look at this with me?”
「ミッドガル列車路線図ディスプレイ。 “It's a map of the Midgar Rail System.
 二人で見ればきっと楽しいと思うの。 Let's look at it together.
 私、説明してあげるね」 I'll explain it to you.”
『ルートマップ画面へ』 "To the Route Map Screen"
ジェシー Jessie
「私、こういうの好きなのよ。 “I like this kinda stuff.
 爆弾とかモニタ画面とかハイテク関係」 Bombs and monitors…you know,
ジェシー Jessie
「そうだ、CLOUD」 “I know!”
「今度、私の手作り作品を “Next time,
 プレゼントしちゃおうかな」 I'll make one just for you.”
    えんりょしとくよ {Choice}Thanks anyway
    楽しみにしてるよ {Choice}Looking forward to it
ジェシー Jessie
「そう、きっと後悔するかもよ。 “Oh yeah, you might regret it.
 私、ズガッ~ンと根にもつタイプなの」 I'm the type who takes things personal.”
ジェシー Jessie
「うん、じゃ、腕によりをかけて “Okay, then I'll put a little extra effort in
 ドッカ~ンと制作するわ」 and make it with a BANG.”
ジェシー Jessie
「もうすぐ駅に着くね。 “We're almost there.
 CLOUDといっぱい話せて燃えたわ。 After talking with you,
 私、導火線に火がついたかもよ」 I'm ready to try!”
ジェシー Jessie
「噂をすれば、ね」 “Speak of the devil…”
「この光がID検知エリア通過の “That light means that
 サインなの」 we're in the ID Security Check area.”
「ひそひそ…… “…whisper…whisper…
 (暗くなるからチカンが多いのよ。 (When the lights go off,
  ID検知エリアは……)」 you never know what kind of
「ま、それはさておき。 “…We're almost back now.
 もうすぐ地上に帰れるってわけ。 What a relief.”
 なんだか、ホッとするね」
ビッグス Biggs
「まだ列車の非常警備体制には “This train hasn't switched
 移行してないみたいだな」 to security mode yet.”
「明日はそうはいかないだろうけどな」 “I'm sure that will change by tomorrow.”
ビッグス Biggs
「さすがにつかれたよ。 “…YAWN…that sure took its toll on me.
 駅に着くまで、眠らせてくれ」 I'm gonna sleep till we get to the station.”
ビッグス Biggs
「スースー……ムニャムニャ…。 “…snore…heebeebeeheebee…snore…
(BARRET、いばってんじゃねえぞ…)」 (Don't act so damn big,
ウェッジ Wedge
「アバランチで名をあげて “Someday AVALANCHE's gonna be famous
 いつか俺だって……っす!」 …and me, too!”
ウェッジ Wedge
「CLOUDさんっ!!」 “{Cloud}!!”
「俺にも明るい未来がまってるっすよね?」 “Don't ya think I got a bright
    なにを期待してる? {Choice}What do you have in mind?
    無理だな {Choice}Don't hold your breath
ウェッジ Wedge
「俺、いままでずっと人生ワキ役って “All my life, I felt like nothin' but a sidekick.”
 感じで生きてきたっすよ」
「でも、アバランチにはいって、星の生命を救えば “But, after joinin' AVALANCHE and
 こんな俺でも……いろいろとね」 tryin' to save the Planet,
ウェッジ Wedge
「ああ、ひどいなあ、CLOUDさん。 “Oh man,
 やっぱダメっすかね、そうすかね」 that's pretty harsh. {Cloud}.
ウェッジ Wedge
「目がチカチカしたっす。 “I'm seein' stars.
 俺、暗いのだめっす。苦手っす」 This sucks. I hate the dark.”
路線図 Last Train from Midgar
ジェシー Jessie
「さ、CLOUD! “{Cloud}!
 こっちむいて」 Look over here.”
ジェシー Jessie
「さ、はじめるわよ」 “Okay, it's about to start.”
ジェシー Jessie
「これが魔晄都市ミッドガルの “This is a complete model
 全景フレームモデルね」 of the city of Midgar.”
「スケールはだいたい1/10000って “It's about a 1/10000 scale.”
 とこかな」
「上のプレートは、地上から “The top plate is about 50 meters
 約50M離れているの」 above ground.”
「プレートを支えてるのは中心の大きな支柱と “A main pillar supports
 各区画に建てられた柱……。 the plate in the center,
 柱は、機械塔とも呼ばれてるわ」 and there are other support pillars
「ヒソヒソ…… “Psst…whisper…whisper…
 (爆破した壱番魔晄炉が北のはずれにあるの)」 (The No. 1 Reactor we blew up
「そこから順番に2、3……8番魔晄炉まで “Then there's No. 2, No. 3 all the way up to
 8つの魔晄炉がミッドガルの電力供給を the No. 8 Reactor.”
 支えているのよ」
「それぞれの街には、名前もあったんだけど “The 8 Reactors provide Midgar
 ミッドガルに住む人は誰も覚えちゃいないわ」 with electricity.”
「名前なんかより、番号で呼ぶの。 “Each town used to have a name,
そういうところなのよ、ここは」 but no one in Midgar remembers them.”
ジェシー [Empty Entry] Jessie:
「ね、 Hey, Cloud!
「聞いてる?」 Are you listening?
   ☞ああ…… ☞Yeah…
   ☞聞いてない ☞No.
[Empty Entry] Cloud:
「なるほど……」 I see…
「ずいぶん It’s pretty
 くわしいんだな」 complicated, huh.
[Empty Entry] Cloud:
「聞いてなかった…」 I wasn’t listening…
「もういちど Let me hear it
 聞かせてくれ」 one more time.
ジェシー [Empty Entry] Jessie:
「え!……うん」 What! …OK.
「あのね、アバランチの規律があって According to AVALANCHE’s rules we have
 いろいろ暗記させられるわけ。 to memorize a lot of things by heart.
 いちおう、大義名分ってやつなのよ」 Anyway, it’s for a good cause.
がよく難しいこと言うでしょ Barret often talks about difficult subjects.
 魔晄の本質とかなんとか…」 The true nature of Mako, for example…
「ああいうのもね、暗記したのがついね The things we memorize
 でちゃうのよ」 just pop out sometimes.
ジェシー [Empty Entry] Jessie:
「はいはい。 You got it.
 まっかせといて」 Leave it to me!
「いい? [Empty Entry] Ready?
「魔晄都市ミッドガルは The Mako city Midgar is a man-made
 地上から約50Mの高さに city constructed 50 meters
 建設された人工都市なの」 above the planet’s surface.
「最高水準の技術の結晶。 [Empty Entry] A crystallization of the highest technology.
 人間の知と力のしょうちょうね。 A symbol of humanity’s power and wisdom.
 このミッドガルは…」 That’s what Midgar is…
「考えてみると、あらためてすごいよね。 [Empty Entry] Shin-Ra’s technology is amazing
 神羅の技術って」 when you think about it.
[Empty Entry] Cloud:
「神羅か……」 Shin-Ra, huh…
   ☞神羅について聞かせてくれ ☞Let me hear about Shin-Ra.
   ☞興味ないな ☞Not interested.
ジェシー [Empty Entry] Jessie:
「え?  Huh? Cloud,
 私よりくわしいんじゃない?」 don’t you know more than me?
[Empty Entry] Cloud:
「昔のことなんか覚えちゃいない。 It was a long time ago.
 俺は本社勤務じゃなかったしな」 I didn’t work at headquarters or anything.
ジェシー [Empty Entry] Jessie:
「はいはい」 OK then.
「神羅カンパニー…… Shin-Ra Company…
 私たち、アバランチの目下の敵」 They’re the current enemy of AVALANCHE.
「この列車も、この街も A giant corporation with this train,
 もちろん魔晄炉も…」 this city, the Mako reactors, of course…
「さいふからせいふまで everything from our wallets to
 すべてをしょうあくする巨大企業」 the government in its grasp.
「神羅カンパニーのトップは [Empty Entry] At the top of the Shin-Ra company is
 プレジデント神羅という人物よ」 a man called President Shin-Ra.
「魔晄炉建設を積極的におしすすめて He actively pushed forward the construction of the Mako Reactors
 いまの神羅の地位をきずいたの」 and was instrumental in helping Shin-Ra get where it is today..
「私たち、無謀な戦いを挑んでるの。 [Empty Entry] We’re fighting a reckless battle.
 勝てるのかしら……」 I wonder if we can win…
ジェシー [Empty Entry] Jessie:
「はいはい」 Well, there you have it.
ジェシー Jessie
「ふぅ…、次はこれ! “Phew, look what's
 ほら、見て」 next! Look!”
ジェシー Jessie
「私たちがいま乗ってる列車のルートが “This is the route this train is on.”
 これよ」 “The route spirals around
「プレートを支えている大きな柱に “We should be coming around
 螺旋状にレールが通っているの。 the center, right now.”
 いまは柱のちょうど真ん中あたりね」
「各通過ポイントにはID検知エリアが “Each checkpoint has
 設置されてるの」 an ID sensor device.”
「乗客すべての身分やなにから全部! “It checks the identities and
 神羅ビルのホストコンピュータと連動して backgrounds of each
 チェックされちゃうわけよ」 passenger on the train
「ひそひそ…… “Whisper…whisper…
 (私たちはどう見たって不審人物だから (We definitely look suspicious,
 ニセのIDで通過してるの)」 so we're using fake IDs.)”
「私たち、スラムの住人が [Empty Text Entry] For those of us who live in the slums
 ミッドガルに上るには、この列車に乗るしかないの」 -||- the train is the only way to get up to Midgar.
「スラムの街からミッドガルへ…… [Empty Text Entry] From the slum towns to Midgar…
 なにもかも管理されたこの列車で -||- A variety of items are transported
 いろんなものが運ばれていくの」 -||- by this train that controls everything.
「それにね、この列車に乗ってるとわかるの」 [Empty Text Entry] Anyway, riding this train makes you realize something.
「上の街が吸い取っていくのは -||- Those things aren’t all the city
 それだけじゃない」 -||- above sucks up.
「やさしい気持ち… -||- Kind feelings…
 ふわっとあたたかい心。 -||- Warm, light hearts…
 だんだんなくなっていくの…」 -||- They’re gradually disappearing…
「そういうのって、やだな。 [Empty Text Entry] I won’t let that happen.
 だから、私、アバランチに入ったんだ」 -||- That’s why I joined AVALANCHE.
「ごめんね、話、長くなっちゃったね。 [Empty Text Entry] I’m sorry, I didn’t mean to talk for so long.
 でも、に私の戦ってる理由 -||- I just wanted you to know
 知ってほしくて」 -||- the reason I’m fighting.
「私、ただの爆弾女と思われるのって -||- I didn’t want you to think I was
 いやなのよ」 -||- just a girl who’s bomb-crazy.
自主規制 [Empty Text Entry] Voluntary Restraint "A voluntary export restraint (VER) or voluntary export restriction is a government imposed limit on the quantity of goods that can be exported out of a country during a specified period of time."
7番街スラム駅 Sector 7 Station
BARRET {Barret}
「おう!! “Yo!!
 みんな、集まれ!!」 Get over here, all'ya!!”
BARRET {Barret}
「今回の作戦は成功だ。 “This mission was a success.
 だがな、気を抜くなよ」 But don't get lazy now.”
「本番はこれからだ! “The hard part's still to come!
 あんな爆発でびびるな!」 Don't y'all be scared of that explosion!”
BARRET {Barret}
「次はもっと派手にかますぞ!」 “Cause the next one's
BARRET {Barret}
「アジトに集合だ!! “Meet back at the hideout!!
 いくぞ!」 Move out!”
BARRET {Barret}
「よう!CLOUDさんよ! “Yo, {Cloud}!
 あんたも聞いとけ!」 You lissen up!”
BARRET {Barret}
「おう!! “Yo! What're ya doin' now?”
 なにしてやがる!」
ビッグス Biggs
「あ、BARRET… “uh, {Barret}…
 おれたち……」 We, uh…”
ウェッジ Wedge
「ダメだったっす。 “We can't do it.
 俺たちには、できないっす」 We just can't do it.”
ジェシー Jessie
「気にしない! “Don't worry!
 気にしない!」 Don't get all worried!”
ジェシー Jessie
「CLOUD! “{Cloud}!
 作戦がんばろうね!」 Let's make the mission work!”
ジェシー Jessie
「ね、CLOUD? “{Cloud}?
 作戦終わったらさぁ」 When this mission's over…”
「みんなでお休みとって “Why don't all of us take a long vacation.
 温泉でもいかない?」 Maybe we could go to a hot springs somewhere?
    ああ…… Yeah…
    わからないな I don't know…
CLOUD {Cloud}
「ああ……。 Yeah…
 気がむいたらな」 If I feel like it.
ジェシー Jessie
「うん! Alrighty then!
 CLOUD、約束ね」  It's a date!
CLOUD {Cloud}
「先のことなんか、わからないな」 You never know what lies ahead.
ジェシー Jessie
「……いいわ」 …how lovely.
「またそのときになったら I might just have to tempt you, then.
 誘惑する」
BARRET {Barret}
「よし、気がすんだか!!」 Yo, you all done flappin' your gums!?
「いけ! Go!
 列車にのりこめ!」 Get on that train!
TIFA {Tifa}
「ね、CLOUD。 {Cloud}…
 あんまり冷たくしないで」 Don't be so distant.
「みんな、CLOUDと Everyone wants to be your friend.
 仲良くなりたいんだよ。 I'm sure…
 きっと…」
BARRET {Barret}
「ケッ!! Damn, man!!
 オレたちは戦ってんだぞ!」 I'm here to fight!
「ともだちになることなんか Don't care 'bout bein' nobody's friend.
 ねえんだ」
BARRET {Barret}
「オレたちもいくぞ! Let's go!
 遅れんな」 Don't be late!
            夫は帰ってこなかった。 {Choice}My husband never came back.
         夫の身になにかあったんだろうか? {Choice}I wonder if something happened to him?
   いや、休暇が取り消しになっただけかもしれない。 {Choice}No, I'm sure his leave was just canceled.
       それからわたしは毎日駅へ行ったんだ。 {Choice}I went to the station everyday.
               ある日…… {Choice}Then, one day…
            戦争中はよくある風景だったね。 {Choice}You used to see that kind of thing
              AERITHを安全なところへ。 Please take {Aeris} somewhere safe.
             そう言い残して彼女は死んだ。 That's the last thing she said before she died.
           わたしの夫は帰らず、子供もいない。 My husband never came back, and I had no child.
            わたしもさびしかったんだろうね。 I think I must have been very lonesome.
               AERITHを家に連れて So I took {Aeris} home with me.
               帰ることにしたんだ。
「今夜は帰さないよ」 “I'm not letting you go tonight.”
「エェ!」 “Wow!”
「ね、どっかで休んでいこう」 “Isn't there somewhere
「でも、このあたり “There's only the train graveyard around here.
 列車基場しかないし。 And they say there's ghosts around too!”
 オバケでるっていうし」
「……しまった」 “…damn.”
「え?」 “What?”
「ね、もっとそばにおいでよ」 “Hey, come over here.”
「だって…」 “But people will…”
「いいだろ?」 “Who cares?”
「でも… “But…
 そこの変な人」 There's a weirdo over there.”
「ん?」 “Huh?”
「きみ、ずいぶん “Say, you're pretty gutsy.”
 どうどうとしてるね」
「のぞきはえんりょして “Why don't you go snoop somewhere
 くれないかな?」 else, Romeo?”
「僕、もうたえられない」 “I've had it!”
「いいわ… “Me too.”
 わたしもよ」
「はじめてだね。 “You know this is the first time
 意見があったの…」 we've ever agreed on something.”
「ええ…」 “Yes…”
「それじゃ…」 “Well then, shall we?”
「グゥグゥ……」 “urggh…”
「スゥスゥ……」 “…huff…wheez”
「長い間、駅員をしてますとね。 “When you've been a train man as long as I have,
 いろんな人生の場面を目撃することになります」 you see a lot of people
「出会い、別れ、よろこび、悲しみ…… “People meeting, parting, joy, sadness…
 少々のことじゃおどろきません」 After a while,
「いつごろからですかね…。 “I wonder how long it's been…
 お客さんと私の間にね There's an invisible rail
 見えないレールを敷いてしまうんですよ」 between me and the passengers.”
「お客さんの人生には立ち入らないようにね。 “I could never live their lives.
 私なんぞは、ただの駅員。 I'm just a train man plain and simple.
 そういう生き方が楽なんですかね」 It's easier that way.”
「それでもね、心のふみきりが “That's not to say that the crossing gate
 痛むときはありましたよ」 of my heart doesn't hurt now and again.”
「戦争中のことでしたね。 “Back during the war, I remember there
 あのころは、つらい場面が多かったです…」 was a lot of painful scenes then.”
「いや、その話は “But, that's a story for
 またの機会に……」 another day…”
「始発の出発時刻は “First train leaves Midgar at 05:04am.”
 ミッドガル時05時04分になります」
「おはようございます。 “Morning.
 一夜明けても、あいかわらずですね」 Dawn comes and things never change.”
「けがしないよう、お気をつけて。 “You be careful not to get hurt.
 いってらっしゃい」 Come on back again, hear?”
「さあ、おはやく御乗車ねがいます。 “ALL ABOARD!
 もうすぐ出発しますよ」 The train is about to depart.”
「プレートが落ちるって噂を聞きましたです。 “I heard a rumor
 長年親しんだこの駅ですから that the plate was going to fall,
 どうしてもはなれられません……」 crushing this station,
「いったい、どうして……? “But I just can't bear to leave here.”
 うそであってほしいです」
7番街スラム Sector 7 Slums
BARRET {Barret}
「作戦ひとつうまくいったぐらいで “Don't get all slaphappy just 'cause
 うかれてんじゃねえぞ!!」 today's mission went well!!”
BARRET {Barret}
「おい、CLOUD “Yo, {Cloud}!
 こっちだ!」 Over here, now!”
7番街機械塔 Sector 7 Mechanized Tower
7番街スラム Sector 7 Slums
[Empty Text Entry] Tifa
「あ~あ! -||- Ah!
 本当に行っちゃうんだ!」 -||- You’re really going!
[Empty Text Entry] Tifa
「かわいい幼なじみのたのみも -||- Leaving without even listening to your cute
 きかずに行っちゃうんだ!」 -||- little childhood friend asking you to stay!
[Empty Text Entry] Cloud
「ん……?」 -||- Huh…?
    よくいうぜ! -||-     Easy for you to say!
    ……わるいな -||-     …Sorry.
[Empty Text Entry] Tifa
「……約束も忘れちゃったんだ」 -||- …You forgot the promise, too.
[Empty Text Entry] Cloud
「約束?」 -||- Promise?
[Empty Text Entry] Tifa
「やっぱり忘れてる」 -||- You really did forget.
[Empty Text Entry] Tifa
「思い出して…… -||- Remember, Cloud…?
 私たち13歳だった」 -||- We were 13.
『ここで回想へ [Empty Text Entry] To the flashback
 ニブルヘルム村・旅立ち編』 -||- Nibelheim – Travelling Debug/Placeholder line.
[Empty Text Entry] Tifa
「思い出してくれたみたいね、約束」 -||- Looks like you remembered the promise.
[Empty Text Entry] Cloud
「俺は英雄でも有名でもない。 -||- I’m not a hero and I’m not famous.
 約束は……守れない」 -||- I can’t keep… the promise.
[Empty Text Entry] Tifa
「でも子供のころの夢を実現したでしょ? -||- But you made your childhood dream come true, right?
 ちゃんとソルジャーになったんだもの」 -||- You became a SOLDIER.
[Empty Text Entry] Tifa
「ねえ、これからどうするの?」 -||- So, what will you do now?
[Empty Text Entry] Cloud
「……セフィロスをさがす」 -||- …Search for Sephiroth.
[Empty Text Entry] Tifa
「セフィロス……生きてるの?」 -||- Sephiroth… is alive?
[Empty Text Entry] Cloud
「わからない。 -||- I don’t know.
 もう死んでるならそれでいいさ」 -||- If he’s dead, that’s fine.
「でも、生きてるんだったら -||- But if he’s alive,
 俺は……あのときの決着を -||- I… have to settle things
 つけなくちゃならない」 -||- once and for all.
[Empty Text Entry] Tifa
「あのとき?」 -||- “Settle things”?
[Empty Text Entry] Cloud
「5年前……ニブルヘイム。 -||- 5 years ago… Nibelheim.
 俺たちの故郷をあいつは……」 -||- Our hometown, he…
[Empty Text Entry] Cloud
だってそうだろ? -||- Don’t you feel the same, Tifa?
 ひどい目にあったんだからな」 -||- You went through something horrible.
[Empty Text Entry] Tifa
「…………」 -||- ……
[Empty Text Entry] Tifa
……あのときのこと -||- Cloud… you know
 知ってるの?」 -||- about what happened?
[Empty Text Entry] Cloud
「知ってるもなにも……よく覚えてる」 -||- I know everything.. I remember it well.
[Empty Text Entry] Tifa
「…………」 -||- ……
[Empty Text Entry] Cloud
「ん? どうした?」 -||- Huh? What’s wrong?
[Empty Text Entry] Tifa
「……、覚えてるんだ……」 -||- …Cloud, you remember…
[Empty Text Entry] Barret
「おう!! -||- Oi!!
 いつまで、ごたごたやってんだ!!」 -||- How long till you stop fussin’!!
[Empty Text Entry] Tifa
「わかった。 -||- I understand.
 はセフィロスを探すのね」 -||- You’re going to look for Sephiroth.
[Empty Text Entry] Tifa
「でも……気が変わったらもどってきて」 -||- But… if you change your mind, come back to us.
BARRET {Barret}
「よし!! “All right!!
 おめえら、先入ってろ!!」 You losers go on ahead!!”
BARRET {Barret}
「よし! “OK!
 先に入ってろ」 Go on ahead.”
BARRET {Barret}
「へへ……」 “Heh heh…”
「幼なじみにはやく会いてえか?」 “You wanna meet your little baby?”
    幼なじみ? {Choice}Little baby?
    そこ、どいてくれ {Choice}Out of my way!
BARRET {Barret}
「ヘッ! “Heh!
 まあ、落ちつけよ」 Jus' calm down.”
「街のやつらにあやしまれると “Can't have people suspectin' us.”
 まずいからな…」
BARRET {Barret}
「ヘッ!! “Hey!
 とぼけちゃってよ」 Don't act like you don't know what I mean!”
「いいのかねえ…」 “I'm tellin' you…”
BARRET {Barret}
「よう!! CLOUD!! “You! {Cloud}!!
 チョロチョロすんじゃねぇ!!」 Get off your slow-movin' ass!!”
BARRET {Barret}
「なにやってんだ!! “The hell're you doin', boy?
作戦は始まってんだぞ!!」 The operation's already started!!” Flagged but not used as far as I know.
[Empty Text Entry] Barret
「いくぜ!! -||- We’re movin’ out!!
 もたもたすんな!!」 -||- Quit laggin’!!
[Empty Text Entry] Tifa
「いきましょ!」 -||- Let’s go!
「お、おいっ!! [Empty Text Entry] O, oi!!
 どいたっ!! -||- It moved!!
 どいたっ!!」 -||- It moved!!
「撃たれるっ!! [Empty Text Entry] I’m hit!!
 撃たれるっ!!」 -||- I’m hit!!
「ゴリラ!! [Empty Text Entry] Gorilla!!
 ゴリラ!!」 -||- Gorilla!!
「ヤダッ! [Empty Text Entry] No!
 さわんないでよっ!! -||- Don’t touch!!
 変態!!」 -||- Pervert!!
「あら、いやだ! [Empty Text Entry] Ew!
 が帰ってきちゃったよ。 -||- Barret’s back.
 きっとまずいことがあるよ」 -||- That mean something bad’s gonna happen.
「ほら、やっぱり。 [Empty Text Entry] Yeah, see?
 いわんこっちゃない」 -||- I told ya so.
「開けないよ!! “I'm not opening up.
 帰ってちょうだい」 Go away!!”
「まったくよぉ!! “Oh &$#&@!!
 今夜はどうなってんだかよ!!」 What the hell's wrong tonight!!”
「さっきまでずいぶん長く停電してたから “I thought that long blackout
 みょうだと思ってたらよ」 was strange.”
「上で、魔晄炉爆破テロがおきたって “They say a Mako Reactor was
 いうじゃねぇか」 destroyed above.”
「酒かっくらいながら、ニュースを見てりゃよ。 “I was jes sittin' here drinkin',
 突然、店を追い出される。 watchin' the news by myself.”
 たまんねぇよなぁ!!」 “'n' all of a sudden
「ウウ……よっぱらっちゃった。 “Woo…ah geez, I'm blitzed.
 手作りカクテル、おいしいんだもんなあ。 I jes love them homemade cocktails.
 きついんだもんなあ」 But they sure do creep up on ya.”
「ねぇ、ねぇ、知ってる?」 “Did you hear?”
    興味ないね {Choice}Don't care
    知らないよ {Choice}No, what?
「ニュースの速報が入ったのよ。 “There's a news update.
 上で爆弾テロがあったっていうじゃない。 They say that there was a terrorist explosion
 それも、魔晄炉の爆発!!」 up above, and that this time
「これがどんなに大変なことかわかる?」 “You know what this means?”
    興味ないね {Choice}Don't care
    わからないよ {Choice}No, what?
「事情通の私にいわせればね」 “Ya see, I keep on top of these things,
「ミッドガルの電力がマヒしちゃったら “if you knock out Midgar's power,
 コンピューターとか信号とか then all of its computers and signals are
 いろいろ止まっちゃうじゃない」 going to be knocked out, too.”
「経ざい的損失は、ん~~ “Financially there must've been about
 10億ギルはくだらないし」 a billion gil worth of damage.”
「それに!! “An' that ain't all!!
 たくさんの罪なき人々が死んだと思うのよ」 A lotta innocent people got killed, too!”
「爆破が真夜中だったから、まだいいわ。 “If the explosion had been in the middle
 眠ってた人はそのまま目が覚めないだけね」 of the night, that woulda been one thing.
「とにかく、魔晄炉の爆発でミッドガルは “This Mako explosion has really
大混乱らしいの」 sent Midgar into a fit.”
「あ、そ!」 “Oh, well excuse ME!”
「爆発!! 爆発!! “Explosions! Explosions!
 スゲッー! Oh Man!
 アバランチ、かっくいー!」 AVALANCHE is so cool!”
「あっ!! “Hey!!
 ウヘヘヘヘ…… Heh heh heh…
 やっぱ、かわいいなぁ。 Say, you're kinda cute.
 マイラブリーエンジェルちゃん…」 Cutie pie…”
「酒、飲みかけだったのによ。 “I wasn't even done with my drink.
 あっ、かんじょうもまだだ…」 I didn't even pay my bill…”
「異常なし!! “All's quiet!!
 ただいま、スパイ中!」 Shh, I'm spying now!”
「ああ!! “OH!!
 なんか、でてきました!! There's something!!
 報告~!! 報告~!!」 DANGER!! ALERT!!”
「あなた、知ってる?」 “Did you hear?”
    なにを…… {Choice}'Bout what?
    興味ない {Choice}Don't care
「あのTIFAちゃんのお店のことよ。 “About that little girl named {Tifa}
 『セブンスヘブン』って酒場」 and that bar called '7th Heaven'.”
「私は事情通のうえに、おせっかいだから “I'm not only informed, I'm kinda nosey too.
 いろいろ知ってるのよね」 Anyhow, I got the scoop.”
「聞きたいでしょう?」 “You wanna hear?”
    すごく聞きたい {Choice}You bet!
    興味ない {Choice}Don't care
「あの酒場の名物BARRETと手下の3人。 “That {Barret} and
 ときどき、こうなのよ」 three of his henchmen
「突然、お客を追い出して “Suddenly, they throw out a customer and
 ゴチャゴチャやってるの。 start talking trash to him.
 なんか、あやしいのよ。 It's strange, if you ask me.
 火薬のにおいとかするのよね」 And that place always smells like gun powder.”
「危ないわ。 “It's dangerous, I tell you.
 きっと、いけないことをしてるにちがいないわ」 They must be doing terrible things in there.”
「あ、そ! “Oh really?
 あなたってクールなのね」 Well, aren't you a cool one!”
「この家にはテレビがあんだけどよ。 “There's a TV in there, but
 ケチなおばさんがいれてくんねぇのさ。 my cheap aunt won't let me in the house.
まあ、見てろって」 Look for yourself.”
「そういえばよ。 “Now that you mention it,
 この7番街スラムにも there used to be an outside TV monitor
 街頭テレビがあったんだけどよ」 here in the slums.”
「そいつをぶっこわしたのがあのBARRETさ」 “But that {Barret},
「ガンガンガンガンガンガン!! “Shot it up with that
 って、例の腕ガンでいきなりだぜ!」 weird machine gun hand of his.
「あんときは、たしかプレジデント神羅が “I think it was when President Shinra was on.”
 出演してたな」
「今日のニュースでもプレジデント神羅が “He was on again this morning, too, you know.”
 出るだろうからよ」
「こりゃ、TIFAちゃんのお店のテレビも “{Tifa} better
 やばいかもな」 watch out for her TV. ”
「ヘイ!! あけてくれってんだよ! “Hey!! Open up!
 ベイビー!!」 C'mon baby!!”
「俺だよ! ジョニーだよ! “It's me! Johnny!
 かあちゃ~ん!!」 Mom!!”
「おい!! “SHHH!!
 ちょっとまてよ!!」- Wait a minute!!”
ジョニー Johnny
「おまえ、ただもんじゃねぇと思ったが “I thought you were something
 幼なじみだったのかよ…」 a little better than this,
「俺のTIFAちゃんと……」 “Just what the hell do you think
「そんで、お前は俺のTIFAちゃんの you're doing
 いったいなんなんだよ」 with my little {Tifa}?”
「いまはさ?」 “And now?”
    ただの幼なじみだ {Choice}We're just friends.
    おまえたちには関係ないだろ {Choice}What's it to you?
「でもよ、TIFAちゃんは “But {Tifa} doesn't think so.”
 そう思ってねぇぜ」
「なんで、俺じゃなくて “Why does she ask you n' not me?”
 お前にたのむんだよ」
「TIFAちゃんが困ってんなら “If {Tifa}'s in trouble
 俺が助けんだ!」 then I'LL help her.”
「だけど、そうはいかねぇよな。 “But then I guess not.
 俺にはなんもねぇ」 She's nothing to me.”
「星空の下の思い出も “Not those memories beneath
 子供のころの夢の話もな」 the stars when we were kids
「せいぜいあるのは、毎日お店に通って “About all I got is the sake
 お酒ついでもらったことぐらいさ」 that she poured me everyday
「くやしい!」 “Crap!”
「おい! 幼なじみ! “Hey! You!
 このまま立ちさるなんてゆるさねえ!」 Don't think you can just walk outta here
「クッ~!! 約束かわしたんだろ!! “Shhi-! You busted a promise!!
 TIFAちゃんを泣かせんなよ!」 'n' you made {Tifa} cry!!”
ジョニー Johnny
「そうかよ!!」 “Oh yeah!?”
「でもよ “That may be but you ain't walkin' away
 このまま立ちさるなんてゆるさねえ!」 from here!”
「んがっ~! 約束したんだろ!! “Urgh! You made a promise, didn't ya!?
 TIFAちゃんは 'n' don' you fergit that {Tifa}
 スラムの街の天使だってこと忘れんなよ!」- like an angel.
ジョニー Johnny
「俺、男をみがく旅に出っからよ! “I'm leaving. Goin' faraway.
 これで、さよならだぜ!」 But when I come back
「やい! 幼なじみ!! “Hey! Childhood friend!
 TIFAちゃんを大切にな!」 You better take
「ぜ~ったい、もどってやれよ!! “Cause, I'll be back!!
 いいな、泣かせんなよ!!」 Don't make her cry, dammit!!”
「ぜ~ったい、もどってやれよ!! “I'll be back, I say!!
 いいな、忘れんなよ!!」 'n' don' fergit it!”
「ジョニー、悪い女にだまされたり “I hope he doesn't get hurt.”
 しなけりゃいいけど」
「それだけが、気がかりだなあ」 “That worries me the most.”
「はぁ…… ジョニーのやつ、行っちまった。 “Ah…Johnny's gone.
 なんだか急にはりあい You look a little disappointed.”
 なくなっちゃったよ」
「俺って自分で言うのもなんだけど “I don't like to say it myself but,
 酒飲んでないと、さびしがりやさんなわけよ」 I'm just a lonely guy
「きのう、お店の外からあなたたちのこと “Yesterday, everyone in town was
 街のみんなでのぞき見してたのよ」 peeking at the two of you
「TIFAちゃんの幼なじみだなんて “{Tifa}'s childhood friend.
 にくいにくい!」 That's a good one!”
「もう!!! “Listen!
 話を聞いてくれる人がいないと If there isn't anyone to listen,
 情報を集めてもしかたないのよね!」 what's the use of
「そうだ、あなた! “Yeah, and you Mr. I-don't-care!”
 興味ない男さん!」
「今度はきっと、あなたでも興味のわく “I'll get a little more information that would
 すご~い情報を集めておくから pique even your interest.
 楽しみにしておいて」 You wait and see!”
「おっおい! “H, hey!!
 マリンちゃんには Keep your mitts off of Marlene!!”
 手を出すなよ!!」
「あ~あ! “Ahh!
 いじめる相手が Now I ain't got no one to pick on!”
 いなくなっちゃうよ!」
「ああ~、いざとなると勇気がでない。 “When it comes down to it…I'm gutless.
 だめだな、ボクって。 I'm still just a no-good kid.”
 まだ子供だな~」
『本日は閉店いたしました。 “We're closed today.
 またのご来店をおまちしております』 Come back tomorrow.”
『神羅にだまされるな! “Don't be taken in by the Shinra.
 魔晄エネルギーは永遠ではない! Mako energy will not last forever.
 魔晄は星の命! Mako is the life of the Planet
 いつか終わりがやってくる! and that life is finite.
     星の救世主:アバランチ』 Saviors of the Planet: AVALANCHE”
CLOUD {Cloud}
「きたない字だな。 “What crappy handwriting.
 おまけに、いたずら書きだらけだ」 And look at all this graffiti!”
セブンスヘブン 7th Heaven
「とうちゃん!!」 “Papa!!”
「ほら、マリン! “Marlene!
 CLOUDに Aren't you going to say anything
 おかえりなさいは?」 to {Cloud}?”
「おかえりなさい、CLOUD。 “Welcome home, {Cloud}.
 作戦はうまくいったみたいね」 Looks like everything went well.”
「BARRETとはケンカしなかった?」 “Did you fight with {Barret}?”
    やっちゃった {Choice}Yeah
    ガマンした {Choice}Not this time
「やっぱり?」 “I should have known.”
「BARRETはあんな人だし “He's always pushing people around,
 CLOUDは子供のころから and you've always been in fights
 ケンカばかりしてたしね」 ever since you were little.”
「……ちょっと、心配だったんだ」 “I was worried.”
「ふ~ん。 “Hmm.
 CLOUDもおとなになったのね。 You've grown up.”
 子供のころは、すぐケンカだったのに」 “When you were little you used to get into
『TIFA名前入力』 “Enter name” Name Tifa.
TIFA {Tifa}
「あら? “Flowers?
 お花なんてめずらしいわね」 How nice…”
「スラムじゃ、めったにさかないのよ」 “You almost never see them
TIFA {Tifa}
「でも……」 “But…”
「プレゼントに、お花なんて “A flower for me?
 CLOUD、そうなんだ~」 Oh {Cloud}, you shouldn't have…”
CLOUD {Cloud}
「そんなんじゃないさ」 “…”
    TIFA、あげる {Choice}Give it to {Tifa}
    マリン、あげる {Choice}Give it to Marlene
TIFA {Tifa}
「ありがとう、CLOUD。 “Thank you, {Cloud}.
 ん~、いいかおり!」 It smells wonderful.”
「お店を花でいっぱいに “Maybe I should fill the store
 しちゃおうかな」 with flowers.”
『ドカドカドカ!! というSEがはいるよてい』 Thudthudthud!! “’Bang bang bang!!’ sound effect planned.”
マリン Marlene
「とうちゃん、おかえり!」 “Papa, welcome home!”
TIFA {Tifa}
「BARRET、ごくろうさま」 “You all right, {Barret}?”
BARRET {Barret}
「おう!!」 “Great!!”
BARRET {Barret}
「おめえら!! “Get in here, fools!!
 会議をはじめっぞ!!」 We're startin' the meetin'!!”
『ピンボール動く “Plans for the At one point in development the pinball was part of the background.
 …… ???? pinball machine to Then they created a 3D pinball machine model to avoid having to create animations.
 ……予定』 ……move.”
TIFA {Tifa}
「みんなは下にいるわよ」 “Everyone is down below.”
BARRET {Barret}
「おう、ただいま」 “Yeah.”
BARRET {Barret}
「ん? “Huh?
 どうしたんだ、その花は?」- Where'd you get that flower?”
マリン Marlene
「……CLOUDにもらったの」 “{Cloud} gave it to me.”
BARRET {Barret}
「そうか……」 “Oh…”
BARRET {Barret}
「マリン、ありがとうは “Did you thank him?”
 言ったのか?」
マリン Marlene
「…………」 “…” "………"
マリン Marlene
「お花、ありがとうね、CLOUD」 “Thank you, {Cloud}.”
「ちゃんとお世話するからね」 “We'll take care of you.”
TIFA {Tifa}
「CLOUD…… “{Cloud}…
 こっちにきて」 come over here.”
TIFA {Tifa}
「どうぞ、すわって」 “Sit down.”
TIFA {Tifa}
「ねえ……」 “How about…”
「何かのむ?」 “…something to drink?”
    いまはそんな気分じゃないな {Choice}I don't feel like it
    キツイの、くれないか {Choice}Give me something hard
TIFA {Tifa}
「も~う!!」 “OHH!!”
「私だってちゃんとお酒ぐらい “I can make a drink just
 つくれるようになったのよ」 as good as anyone else.”
「お客さんだって、TIFAちゃんの “Everyone says my drinks taste the best!”
 つくるお酒はおいしいよって
 いってくれるんだから!」
TIFA {Tifa}
「まってて。 “Just a minute.
 いまつくるから」 I'll make one for you.”
TIFA {Tifa}
「なんだか、ほっとしちゃった。 “You know, I'm relieved you made it back
 CLOUDが無事もどってきて」 safely.”
CLOUD {Cloud}
「急にどうした? “What's with you all of a sudden?
 あのていどの仕事、なんでもないさ」 That job wasn't even tough.”
TIFA {Tifa}
「そうね……」 “I guess not…”
「CLOUD、ソルジャーに “You were in SOLDIER.”
 なったんだもんね」--
TIFA {Tifa}
「……今回の報酬なんだけど “Make sure you get your pay
 BARRETからもらってね」 from {Barret}.”
CLOUD {Cloud}
「そうするよ。 “Don't worry.
 報酬をもらえば、また、お別れだな」 Once I get that money, I'm outta here.”
TIFA {Tifa}
「ねえ、CLOUD。 “{Cloud}.
 気分はどう?」 Are you feeling all right?”
CLOUD {Cloud}
「……ふつうさ。 “…Yeah…
 どうしてそんなことを聞く?」 Why?”
TIFA {Tifa}
「ううん、なんでもない。 “No reason.
 ただ、つかれてないのかなって…」- You just look a little tired I guess.”
{Tifa}
「みんなのところに行ってあげて」 “You'd better go down below.”
アバランチアジト AVALANCHE Hideout
BARRET {Barret}
「おい、CLOUDさんよ。 “Yo, {Cloud}!
 聞きたいことがあるんだ」 There's somethin' I wanna ask ya.”
「きょう、オレたちが戦った相手に “Was there anyone from SOLDIER
 ソルジャーはいたのか?」 fighting us today?”
CLOUD {Cloud}
「いや、いなかった。 “None.
 それは確実だ」 I'm positive.”
BARRET {Barret}
「ずいぶんと自信たっぷりじゃねえか」 “You sound pretty sure.”
CLOUD {Cloud}
「もしソルジャーと戦っていたら “If there was anyone from SOLDIER
 あんたたちが生きてるはずないからな」 you wouldn't be standing here now.”
BARRET {Barret}
「自分が元ソルジャーだからって “Don't go thinkin' you so bad jus' cuz
 えらそうに言うんじゃねえよ!」 you was in SOLDIER.”
CLOUD {Cloud}
「…………」- “…”
BARRET {Barret}
「確かにおまえは強い」 “Yeah, you're strong.”
「おそらくソルジャーってのは “Probably all them guys in SOLDIER are.”
 みんな強いんだろうさ」
「でもな、おまえは “But don't forget that
 反乱組織アバランチにやとわれてる身だ。 your skinny ass's workin'
 神羅のかたを持つんじゃねえ!」 for AVALANCHE now!”
CLOUD {Cloud}
「神羅のかたをもつ? “Stayin' with Shinra?”
 俺はあんたの質間に答えただけだ」 “You asked me a question
CLOUD {Cloud}
「俺は上で待っている。 “I'm going upstairs.
 報酬の話がしたい」 I want to talk about my money.”
TIFA {Tifa}
「待って、CLOUD!」 “Wait, {Cloud}!”
BARRET {Barret}
「TIFA! “{Tifa}!
 そんなヤツ放っておけ!」 Let him go!”
「どうやら神羅に “Looks like he still misses the Shinra!”
 未練タラタラらしいからな!」
CLOUD {Cloud}
「だまれ!」 “Shut up!”
「俺は神羅にもソルジャーにも “I don't care about neither Shinra
 未練はない!」 nor SOLDIER!”
「でも、かんちがいするな!」 “But don't get me wrong!”
「星の命にも “I don't care about AVALANCHE or
 おまえたちアバランチの活動にも the Planet for that matter!”
 興味はない!」
「だいじょうぶ?」 [Empty Entry] TRANSLATE!
「おい、しっかりしろ!」 [Empty Entry] TRANSLATE!
[Empty Entry] Tifa
「もう! びっくりさせないでよ」 -||- Quit scaring me!
[Empty Entry] Barret
から話は聞いた」 -||- I heard it all from Tifa.
「そんなに参加したいってなら -||- If ya really wanna help,
 次の作戦でもやとってやる」 -||- come fight with us again.
[Empty Entry] Tifa
「わぁ、きれい!」 -||- Wow, it’s beautiful!
[Empty Entry] Tifa
「これがマテリア?」 -||- This is Materia?
[Empty Entry] Cloud
「ああ。 -||- Yeah.
 人間の未知の力を引き出す」 -||- It draws an unknown power from humans.
[Empty Entry] Tifa
「なぜ未知の力が使えるの?」 -||- Why can we use this unknown power?
[Empty Entry] Cloud
「なぜ? -||- Why?
 ……聞いたことはあるけど忘れたな」 -||- …I’ve heard, but I forget.
「重要なことは -||- The important
 どうやって使うのかだけだ」 -||- part is how.
[Empty Entry] Tifa
「じゃあ、どうやって使うの?」 -||- Alright then, how do we use it?
    面倒だが説明しよう -||-     I’ll explain if I have to.
    面倒くさい…… -||-     I won’t bother to explain.
「チュートリアルによるマテリアシステム説明」 [Empty Entry] TRANSLATE!
(別画面???) -||- TRANSLATE!
[Empty Entry] TRANSLATE!
「私にも使えそうね」 -||-
[Empty Entry] Barret
「ソルジャーさんたちの秘密ってわけか」 -||- SOLDIER secret, huh.
「まあ、いいだろう。 -||- Fine. If that’s how yer gonna be.
 オレだって少しは知ってるからな」 -||- I know a little already.
[Empty Entry] Barret
「ところで -||- By the way, Cloud,
「おまえさんはどうして -||- why’d ya quit
 ソルジャーをやめたんだ?」 -||- SOLDIER?
[Empty Entry] Cloud
「あんたには関係ないことだ」 -||- That’s no business of yours.
[Empty Entry] Barret
「なんだと!?」 -||- What?!
[Empty Entry] Tifa
「いいじゃない、そんなこと。 -||- Enough of that.
 明日は大変よ! -||- Tomorrow’s gonna be tough!
 早く休まなくっちゃ!」 -||- We have to get some rest!
[Empty Entry] Barret
「…………」 -||-
ウェッジ Wedge
「もしかして、俺、カタマってます?」 “You think I'm a little too uptight?”
    ああ…… {Choice}Yeah…
    いや…… {Choice}No…
「次の作戦は、五番魔晄炉爆破!! “The next mission will be
 俺、緊張しちまって、ガチガチなんすよ」 to blow up the Sector 5 Reactor.”
「CLOUDさんは、さっすがすね~。 “{Cloud}, you're great!
 ぜんぜん緊張とかしないでしょ?」 Don't you ever get nervous?”
「もしかして何も感じないとか? “Or are you like, impervious to feelings?
 エヘヘ…そんなわけないっすよね」 Naw, that couldn't be it.”
「いや~、いいっすよ。 “Well, that's OK. Don't worry about me.
 気を使ってくれなくても。 I don't look like it,
 俺、体に似合わず、小心者っすから」 but I'm a coward at heart.”
ウェッジ Wedge
「……CLOUDさん」 “…{Cloud}.”
「興味ないとかいいながら… “You say you don't care,
 俺に話しかけてる」 but you came to talk to me.”
「CLOUDさん…… “{Cloud}…
 ほんとは友だちほしいんっすよね」 You just want friends.”
「ね、そうなんでしょ?」 “Isn't that right?”
    冗談じゃない {Choice}Blow off
    やっぱり興味ない {Choice}I really don't care
「そうかなあ。 “Yeah, well.
 なんか、さびしそうなんだけど」 You look kind of lonely to me.”
「俺みたいなのでよかったら “If you ever got anything you want to
 いつでもOKっすから」 get off your chest,
「ひどいなあ。 “You're terrible.
 冷たいなあ」 Real cold-blooded.”
ジェシー Jessie
「うかつ……」 “Oops…”
「見てよ、このニュース……。 “Hey, look at the news…
 こんなに爆発してる」 What a blast.”
「やっぱり、私の爆弾のせい? “Think it was all because of my bomb?
 でも、このコンピューターの指示通り But all I really did was just make it
 作っただけなのに」 like the computer told me.”
「やだ! “Oh no!
 どっかで計算まちがったかしら」 I must've made a miscalculation somewhere.”
ジェシー Jessie
「でも、私の爆弾の晴れぶたい。 “Hey, that was my first bomb.
 ちょっと、うれしいんだ」 Makes me kinda proud.”
ジェシー Jessie
「報酬……」 “Money…”
「ああ、まいったわ。 “Oh my.
 たしか、高額って約束よね」 It must have been for a lot of it.”
「う~ん! “Sure!
 ま、いいか、口約束だし。 Well, what the hell? It's a verbal agreement.
 さ、計算しなきゃ…」 Now let me figure this out.”
「やだ! CLOUD! “Oh stop it, {Cloud}!
 聞こえちゃったかしら」 Did you hear me?”
プレジデント神羅 President Shinra
「……壱番魔晄炉破壊事件に関して “…today the No.1 Reactor was bombed.
 アバランチと名乗る組織から The terrorist group AVALANCHE has claimed
 犯行声明が出されています」 responsibility for the bombing.”
「声明によるとアバランチは “It is expected that AVALANCHE will
 今後も同様のテロを続けることを continue its reign of terror.”
 予告しております」
「しかし、ミッドガル市民のみなさん “But citizens of Midgar, there is no
 安心して下さい」 need to fear.”
「我々神羅カンパニーはこのような “I have immediately mobilized SOLDIER to protect
 暴力からみなさんを守るために our citizenry against this senseless violence.
 ソルジャーの投入を決定しました。 Thank you and good night.”
 これで……」
マリン Marlene
「とうちゃ~ん “Papa,
 かっこいい!」 you're so great!”
BARRET {Barret}
「チッ!! “Shucks!!
 ……………ほ、報酬かよ…」 …money…”
TIFA {Tifa}
「みんなには、あやまっておくね」 “Straighten things up
【セーブポイント】 “Save Point”
メニューを開いて「セーブ」を選ぶと Access the menu
ゲームの状態を保存できます。 and select [SAVE] to save your game.
TIFA {Tifa}
「CLOUD、おねがい。 “Listen, {Cloud}. I'm asking you.
 力をかして」 Please join us.”
CLOUD {Cloud}
「TIFA……わるいけどさ」 “Sorry {Tifa}…”
TIFA {Tifa}
「星が病んでるの。 “The Planet is dying.
 このままじゃ死んじゃう」 Slowly but surely, it's dying.”
「誰かがなんとかしなくちゃならないの」 “Someone has to do something.”
CLOUD {Cloud}
「BARRETたちがなんとかするんだろ? “So let {Barret} and his buddies
 俺には関係ないさ」 do something about it.”
BARRET {Barret}
「ああ、オレたちがなんとかする。 “You damn right we'll do something about it.
 TIFA、もうやめとけ」 N' you stay outta this {Tifa}!”
プレジデント神羅 President Shinra
「……壱番魔晄炉破壊事件に関して “The terrorist group called AVALANCHE
 アバランチと名乗る組織から has claimed responsibility for today's bombing
 犯行声明が出されています。 of the No. 1 Mako Reactor.”
「声明によるとアバランチは “It is also predicted
 今後も同様のテロを続けることを that they will continue with similar terrorist
 予告しております。 activities in the future.”
「しかし、ミッドガル市民のみなさん “But I want the citizens of Midgar to be assured.”
 安心して下さい」
「我々神羅カンパニーはこのような “Shinra, Inc. has mobilized SOLDIER to protect
 暴力からみなさんを守るために you from any violence and thereby…”
 ソルジャーの投入を決定しました。
 これで……」
TIFA {Tifa} Tifa
「CLOUD! もどってくれるの? “Will you please come back? Cloud! You’re back?
 あ、でも、ちょっとまって」 Ah, wait. Please wait.” Oh, just a minute!
「プレジデント神羅の発表が “The president of Shinra President Shinra’s address
 ニュースで読まれるの」 is going to read a statement.” is being read on the news.
TIFA {Tifa} Tifa
「私たち……次はソルジャーと戦うのね」 “The next time we'll be up against…SOLDIER.” We… we’re up against SOLDIER next.
TIFA {Tifa} Tifa
「CLOUD、助けてくれるのね?」 “{Cloud}, then you'll help us?” Cloud, you’ll help us, won’t you?
    約束だからな {Choice}A promise is a promise     I did promise.
    でも、BARRETがきらい- {Choice}But I still hate {Barret}     But, I hate Barret.
TIFA {Tifa} Tifa
「ありがとう、CLOUD」 “I hate {Barret}.” Thank you, Cloud.
TIFA {Tifa} Tifa
「そんなこと言いにきたの?」 “You came to tell me that?” You came to tell me that?
TIFA {Tifa} Tifa
「……悪い人じゃないわ」 “He's not a bad person.” …He’s not a bad person.
TIFA {Tifa} Tifa
「だいじょうぶ。 “Don't worry. It’s alright.
 私からちゃんと話しておくから」 I'll talk to him.” I’ll talk to him, OK?
TIFA {Tifa} Tifa
「さあ、下へいきましょ!」 “Come on. Let's go below!” Well, let’s head downstairs!
TIFA {Tifa}
「おはよ! CLOUD!」 “Good Morning! {Cloud}!”
「よく、眠れた?」 “Did you sleep well?”
    BARRETのイビキがうるさくて… {Choice}{Barret}'s snoring kept me up….
    TIFAがそばにいたから… {Choice}Next to you, who wouldn't?
TIFA {Tifa}
「ひそひそ……」 “…psst…”
「(ダメ……聞こえちゃうよ。 “(keep it down, they'll hear you.
 BARRET、作戦前は気が立ってるから)」 {Barret}'s always edgy
TIFA {Tifa}
「それどういう意味かしら」 “I don't know what you mean.”
TIFA {Tifa}
「今回は私も行くね!」 “I'm going this time.”
TIFA {Tifa}
「マリン、お店たのむね!」 “Marlene,
マリン Marlene
「うん!! “All right!!
 お仕事がんばってね」 Good Luck.”
マリン Marlene
「いってらっしゃい」 “Take care!”
TIFA {Tifa}
「CLOUD、ごめんね。 “Sorry, {Cloud}.
 マリン、てれちゃってるみたい」- Marlene seems a little shy.”
マリン Marlene
「…………」 “…”
TIFA {Tifa}
「CLOUD、おねがい…」 “Please {Cloud}…”
TIFA {Tifa}
「CLOUD……。 “{Cloud}…
 これで、さよならなんてうそだよね」 I can't believe this is goodbye.”
BARRET {Barret}
「ほ、報酬はやったんだ。 “There's your money.
 もう用はねぇぞ!!」 Now get the hell out!!”
ビッグス Biggs
「ああ~!! “Aaah!!
 仕事の後の一杯はこたえらんねぇなぁ」 Nothin' like that first drink after a job.”
「ヒック!!」 “Hic!!”
「CLOUDさんも、おひとつどうですか?」 “Why don't you have one too?”
    いらないな {Choice}No
    そうだな、もらおうか {Choice}Yeah, why not?
「おっ!! “Oh!!
 いい心がけじゃねぇか!!」 That's more like it!!”
「元ソルジャーでもここじゃおめえも新人だ。 “Even if you were with SOLDIER,
 新人にとっちゃ先輩の言うことは you're still a rookie here.
 絶対だからな!」 So you'd better listen to whatever I tell ya!”
「なに~!! “What!? You tellin' me
 おれさまの酒がのめないってかぁ?」 you're too good to drink with me?”
「元ソルジャーだからって “Don't act big-headed jus' because you were
 お高くとまってんじゃねえぞ!」 in SOLDIER!”
ビックス Biggs
「ウィッ……!!」 “Hic!!”
「あっ…… “Oh…
 BARRETにはないしょだぞぉ」 don't tell {Barret} what I jus' said.”
ウェッジ Wedge
「あ、CLOUDさん!」 “Oh, {Cloud}!”
「TIFAちゃんの料理って “{Tifa} really knows how to cook.
 おいしいっすねえ。
 パクパク……」 Mmm…”
「でも、聞いてくれます?」 “Anyway, let me tell you somethin'.”
    なにを {Choice}About what?
    お前の話なんて興味ないね {Choice}I'm not interested in your stories
「TIFAちゃんって “{Tifa} always lets me
 いつも俺に、料理の味見させるっすよ」 taste her cooking.”
「おかげでほら、俺、こんなまるっこく “And look at me now, I'm rolly-polly.”
 なっちゃって」
「うれしいやら、悲しいやら。 “Don't know whether I should be happy or sad.
 おいしい料理とお酒が評判で But it's the good food and drinks that make
 お店ははんじょうしてるんですけどね」 this shop famous.”
「CLOUDさん……。 “Oh well…
 ……いや、なんでもないっす」 forget it then.”
ジェシー Jessie
「う♥か♥つ♥…… “Hey Wedge,
 なんだか、ドキドキしてる」 you're getting all excited.”
「なぜなの…?」 “Stop making such a mess!”
ビックス Biggs Biggs
「あのさ、CLOUD! “You know, {Cloud}. Um, Cloud!
 BARRETは、あんなこと言ってるけど…」 {Barret} says those things, but…” Barret says things like that, but…
「おれたち、ほんとは不安なんだ。 “We're really unstable right now. We’re really worried.
 ソルジャーが出てきたら If SOLDIER were to show up, they'd whoop us.” If SOLDIER gets involved,
 おれたち、みんなやられちまう」 we’re all done for.
ウェッジ Wedge Wedge
「CLOUDさん、手貸してくださいよ。 “{Cloud}, ya gotta help us. Cloud, please help us out.
 俺、こわいっす」 I'm really scared.” I’m scared.
ジェシー Jessie Jessie
「CLOUD…… “{Cloud}…. Cloud…
 なんだか、せつないよ」 It's painful.” You look kinda miserable.
「どうしてなの?」 “Why is that?” What’s wrong?
CLOUD {Cloud} Cloud
「どうなってる……? “What's goin' on? What’s happening…?
 やけにゆれるな……」 It's really shakin' a lot…” I’m really shaking…
CLOUD {Cloud} Cloud
「TIFA……? “{Tifa}? Tifa…?
 どこだ?」 Where? Where am I?
CLOUD {Cloud} Cloud
「……俺はどこへ向かっている……」 …I'm going out… …Where am I going…
BARRETのへそくり Received {Barret}'s stash, 1500 gil!
1500ギル手にいれた!
TIFA {Tifa}
「あ~あ! “So!
 本当に行っちゃうんだ!」 You're really leaving!?”
TIFA {Tifa}
「かわいい幼なじみのたのみも “You're just going to walk right out
 きかずに行っちゃうんだ!」- ignoring your childhood friend!?”
「ん……?」 “What?”
    よくいうぜ! {Choice}How can you say that!
    ……わるいな {Choice}…Sorry
TIFA {Tifa}
「……約束も忘れちゃったんだ」 “….You forgot the promise, too.”
CLOUD {Cloud}
「約束?」 “Promise?”
TIFA {Tifa}
「やっぱり忘れてる」 “So you DID forget.”
TIFA {Tifa}
「思い出して……CLOUD。 “Remember? {Cloud},
 あれは7年前よ……」 it was seven years ago…”
TIFA {Tifa}
「思い出してくれたみたいね “You remember now, don't you?
 約束」- Our promise?”
TIFA {Tifa}
「ほら、村の給水塔」 “Look, the well.”
「覚えてる?」 “Do you remember?”
CLOUD {Cloud}
「ああ……あの時か」 “Yeah…back then.”
CLOUD {Cloud}
「TIFA、なかなか来なくて “I thought you would never come, and
 ちょっと寒かったな」 I was getting a little cold.”
TIFA {Tifa}
「お・ま・た・せ」 “Sorry I'm late.”
TIFA {Tifa}
「な~に? “You said you wanted to
 話があるって」 talk to me about something?”
CLOUD {Cloud}
「俺……春になったら村を出て “Come this Spring…I'm leaving
 ミッドガルへ行くよ」 town for Midgar.”
TIFA {Tifa}
「……男の子たちって “All the boys are leaving town.”
 み~んな村を出てっちゃうね」
CLOUD {Cloud}
「俺はみんなとはちがう。 “But I'm different from them.
 ただ仕事をさがすだけじゃない」 I'm not just going to find a job.”
CLOUD {Cloud}
「俺、ソルジャーになりたいんだ」 “I want to join SOLDIER.”
CLOUD {Cloud}
「セフィロスみたいな “I'm going to be the best there is,
 最高のソルジャーに」 just like Sephiroth!”
TIFA {Tifa}
「セフィロス…… “Sephiroth…
 英雄セフィロス、か」 The Great Sephiroth?”
CLOUD {Cloud}
「あのころの俺は、ねてもさめても “I thought about Sephiroth all the time.
 セフィロス、セフィロス…… Even in my sleep.
 母さんもあきれていたな」 My mom had given up on me.”
TIFA {Tifa}
「私、CLOUDが “I had no idea you were planning on that.”
 そんなこと考えてたなんて
 ぜんぜん知らなかった……」
TIFA {Tifa}
「ね、それより約束は?」 “But, what about our promise?”
TIFA {Tifa}
「ソルジャーになるのって “Isn't it hard to join SOLDIER?”
 難しいんでしょ?」
CLOUD {Cloud}
「……しばらくのあいだ “…I probably won't be able to come
 村にはもどれないな、きっと」 back to this town for a while.”
CLOUD {Cloud}
「……うん?」 “…Huh?”
TIFA {Tifa}
「大活躍したら “If you make it, will you be in the newspapers?”
 新聞にものるかな?」
CLOUD {Cloud}
「がんばるよ」 “I'll try.”
TIFA {Tifa}
「ね、約束しない?」 “Hey, let's make a promise.”
TIFA {Tifa}
「あのね、CLOUDが有名になって “Umm…if you get really famous and
 その時、私が困ってたら……」 I'm ever in a bind…”
「CLOUD、私を助けに来てね」 “you'll come save me, all right?”
CLOUD {Cloud}
「はぁ?」 “What?”
TIFA {Tifa}
「私がピンチのときに “If I'm ever in trouble, my hero will
 ヒーローがあらわれて助けてくれるの」 come and rescue me.”
「一度くらい経験したいじゃない?」 “I want to experience that at least once.”
CLOUD {Cloud}
「ハハハハ! “Ha, ha, ha!
 なんだよ、それ!」 What's that?”
TIFA {Tifa}
「笑ったわね!」 “You're laughing at me!”
TIFA {Tifa}
「いいじゃないのよ~! “Come on!
 約束しなさい~!」 Promise me!”
CLOUD {Cloud}
「わかった……約束するよ」 “All right…I promise.”
CLOUD {Cloud}
「俺は英雄でも有名でもない。 “I'm not a hero and I'm not famous.
 約束は……守れない」 So I can't keep our promise.”
TIFA {Tifa}
「でも子供のころの夢を実現したでしょ? “But you got your childhood dream, didn't you?
 ちゃんとソルジャーになったんだもの」 You joined SOLDIER.”
TIFA {Tifa}
「だから、ねっ! “So come on!
 今度こそ約束を……」 You've got to keep your promise…”
BARRET {Barret}
「おいちょっと待て! “Wait a sec big-time SOLDIER!”
 ソルジャーさんよ」
CLOUD {Cloud}
「こんな、しけた報酬 “This is my pay?
 じょうだんじゃないな」 Don't make me laugh.”
TIFA {Tifa}
「え?それじゃ!!」 “What? Then you'll…”
CLOUD {Cloud}
「次のミッションはあるのか? “You got the next mission lined up?
 倍額の3000でうけてやってもいい」 I'll do it for 3000.”
BARRET {Barret}
「なんだと!……!」 “What!?”
TIFA {Tifa}
「いいからいいから」 “It's OK, it's OK.”
TIFA {Tifa}
「ヒソヒソ…… “…psst….
 (人手に困ってるってのが本音でしょ?)」 (We're really hurting for help, right?)”
BARRET {Barret}
「う……ぐぅ…… “Uh….ugh….
 (残りのへそくりはマリンの学費だぞ……)」 (That money's for Marlene's schoolin'….)”
BARRET {Barret}
「2000だ!」 “2000!”
TIFA {Tifa}
「ありがとう、CLOUD」 “Thanks, {Cloud}.”
BARRET {Barret}
「標的は【五番魔晄炉】だ。 “Our target's the {!}{Cyan}Sector 5 Reactor{!}{White}.
 まず、駅へ行く」 Head for the station first.”
「くわしい作戦は列車の中でな」 “I'll fill you in on the train.”
BARRET {Barret}
「おい、CLOUD」 “Yo, {Cloud}.”
「武器屋2階のオヤジからの伝言だ! “Got a message from the old man
 いいもんあげるからとりにこい…… at the weapon shop upstairs!”
 たしかに伝えたぞ!」 “Said he's got somethin' special
「おう! おかしなマネをしたら…… “Yo! If you pull somethin' funny…
 わかってんだろうな」 you now what I'll do to ya, right?”
BARRET {Barret}
「おい、ちょっと待て。 “Whoa, wait a damn minute.
 CLOUDさんよ!!」 {Cloud}!!”
BARRET {Barret}
「約束は約束だからな! “A promise is a promise!
 ほら、金だ!!」 Here!!”
TIFA {Tifa}
「よかった、みんな、無事で」 “I'm so glad everyone's safe.”
BARRET {Barret}
「おう! CLOUD!」 “Yo! {Cloud}!”
「作戦の前にひとつ “Before the next mission,
 おまえさんに聞きたいことがある!」 I got somethin' I wanna ask you!”
「じつはな…… “I, uh…
 オレはマテリアの使い方をよくしらねえ!」 I don't really know how to use Materia!”
「ひろったマテリアはおまえにくれてやる。 “I'll give you that Materia we found.
 だから、教えろ!」 Just teach me how to use it!”
CLOUD {Cloud}
「さて……」 “…sigh…”
    面倒だが説明しよう {Choice}OK, I'll explain it
    面倒くさい……- {Choice}You wouldn't understand
BARRET {Barret}
「ソルジャーさんたちの秘密ってわけか」 “So this is what makes them guys
「まあ、いいだろう。 “Ok. I'll ask Jessie again later.
 あとで、ジェシーにでも聞いておくからな。 But you're in charge of the Materia!”
 だがな、マテリアはおまえが管理しろ!」
BARRET {Barret}
「ケッ! なにが…… “&$*#! What's this,
 『それほど、むずかしくはないだろう』だ!」 'It wasn't that tough!' crap?”
「ぜんぜんわかんねえ……」 “I don't get it!….”
「まあ、いいだろう。 “You just handle the Materia, {Cloud}!”
 マテリアはおまえが管理しとけ!」
TIFA {Tifa}
「CLOUD! “{Cloud}! I got a message
 武器屋2階のおじさんから伝言よ」 from the Weapon Shop man upstairs.”
「あげたいものがあるからお店によって “He has something he wants to give you.
 ……だって。
 わすれないでね!」 Don't forget!”
【マテリアシステム】 [Materia System]
メニューを開いて「マテリア」を選ぶことによって Access the menu
マテリアの付け替えができるようになります。 and select {!}{Purple}[Materia]{!}{White} to equip Materia.
7番街・道具屋 Sector 7 Item Store
「フーッ…… “Ahh…
 今日もひまひま……」 Another slow day…”
「もうこの店もダメかのう…」 “If this keeps up, this store's goin' under…”
「こんなスラムじゃ “Can't sell any really good medicine
 まともなクスリは売れんなあ」 in a slum like this.”
「おっ!!こりゃこりゃ! “Oh!! Look at this!
 こりゃ、めずらしい。 This doesn't happen everyday.
 あんた、まさか客かね?」 Are you…a customer?”
「はい!! いらっしゃい!! “Yes!! Welcome!!
 売りますよ! We sell!
 買いますよ!」 We buy!”
「ところで、あんた。 “By the way, you wouldn't happen to be…
 もしかして……」
 ……いや、なんでもないよ。 Naw, never mind.
 失礼、失礼」} Forget it.
7番街・武器屋1階 Sector 7 Weapon Shop
「んっ!! “He, HEY! Waitaminit you!!”
 おい、客!!」
「買わねえとどんなめにあうか…… “You can't just walk outta here
 想像してみりゃ、わかるよな」 “Might be unhealthy fer ya,
「よう!! “Hey!! What the--YOU!?”
 なんだ、おまえ?」 “Anyone talking to me must be a novice.”
「俺に話しかけるってことは、しろうとだな?」 {Choice}Yep, that's me
    素人だ。 {Choice}I used to be in SOLDIER,
    俺は元ソルジャーのCLOUDだ。 {Choice} the name's {Cloud}
CLOUD {Cloud}
「それがどうした。 “So what.
 誰だって最初は素人だろ」 Everyone's gotta start sometime.”
CLOUD {Cloud}
「俺は元ソルジャーのCLOUDだ。 “The name's {Cloud}.
 おまえに用などない」 Used to be with SOLDIER,
「フン!! “Hmmph!!
 おまえの名前なんて聞いてねぇよ」 Well, I never heard of ya!”
「素人のくせにいばるんじゃねぇ。 “Don't act so big, amateur.
 親切な俺様が Seein' as how I'm such a warm hearted guy,
 こんせつていねいに教えてやるぜ!」 I'll show ya the ropes.”
「明日の朝に顔あらってでなおしてきな。 “You come back here tomorrow.
 俺様だって準備が必要だからな」 I got some things I gots ta do.”
「てへへ…一晩じゃ、おぼえきれんぜ。 “Heh heh…He'll forget about it.
 おう!素人!! OH, you!!”
 悪いが、二階のあいぼうから教わってくれ」 “Get my friend on the second floor
「チッ!! おっさん!! “Crap!! Watch it, you old guy!”
 気をつけてくれよ!」
「あんたのツンツン頭を “I was just about to rip up that smooth
 ブチぬいちまうとこだぜ!」 little head of yours!”
「スラムじゃ、自分の身は自分で守る。 “In the slums
 ガキのころから、そんな生き方さ」 ya gotta take care of yourself first.”
「オレみたいにタフな男の子になりたかったら “I been livin' like that ever since I was a kid.”
 いかす武器を選ぶこったな」 “You wanna be tough like me?
「でな、おっさん。 “Oh and uh, by the way
 相談なんだが……」 old guy…”
「見ての通り、この武器屋には客がいない。 “You can see this store don't have no customers…
 タフな男の子のこのオレもびんぼうってわけさ」 and even tough guys like me
「というわけで…… “Ya think you could spare some cash?”
 このオレに、こづかいくれないかな?」
    金渡す {Choice}Give him some
    あげない {Choice}Don't give him any
「しめしめ……」 “YESSS…”
「チッ!! “Damn, man!!
 おっさん、しけてんな」 Ya chinsey old %*&!”
「オレの姉キは美人だぞ!! “Hey old guy! I got a good-lookin' sister!!”
 おっさん!!」
    金渡す {Choice}Give him some
    あげない {Choice}Forget it
「おっ!! “What's the matter, old dude?
 おっさん、美人に興味なし、と」 You don't like women?”
「チッ!! “You dried up old geez.
 おっさん、しけたツラしてんな。 You tired?”
 もしかして、つかれてんじゃないの?」
「家の3階で休ませてあげても “Why don't you rest up
 いいけど…」 on the third floor of my house?”
「それにはひとつ条件があるぜ」 “There's just one condition.”
「このオレにこづかいくれるならな」 “You gotta give me some cash.”
    1ギル {Choice}1 gil
    10ギル {Choice}10 gil
    あげない {Choice}nothin'
「チッ!! おっさん。 “Damn, man!! Just forget about it!”
 この話はなかったことにしてくれ」
「しめしめ……」 “Oh man, oh man…”
「いいぜ、部屋は自由に使ってくれ」 “Go ahead 'n' help yourself to the room.”
「そりゃ、ドケチってやつだぜ。 “Cheap %#*^…”
 おっさん」
「おっさん、やきがまわったな。 “Geez, dude, you're really old.
 オレよりびんぼうじゃねえか」 You sure you ain't poorer than me?”
「すきなベッドで休んでいきな。 “Use whatever bed you want.
 いい夢見なよな、おっさん」} Sleep tight, old guy.”
7番街・武器屋3階 Sector 7 Slums
「ただで休めるほど “This is a slum, so don't think you can stay
 スラムの街はあまくはないぜ」 for free.”
「どうすんだい?」 “What are you going to do?”
「ベッドを見たら眠くなってきただろ」 “Doesn't just seeing the bed make you sleepy?”
    10ギル {Choice}10 gil
    休まない {Choice}no way
「強情だな! もうっ! “Tough guy, huh!?
 休めるときに休む」 You'd better sleep when you can.”
「セーブできるときに “You'd better save when you can.”
 セーブする」
「これがタフに生きてく基本だぜ! “That's the trick to being tough.
 おっさん、覚えときな」 Remember that, old dude.”
「いい夢見なよな、おっさん」 “Sweet dreams, pops.”
「おっさん、苦労してんだな。 “Rough times, huh pop?
 金もってないじゃないか!」 Not a dime on you?”
CLOUD {Cloud}
「フゥッ……」} “Hoo…”
【セーブポイント】 “Save Point”
メニューを開いて「セーブ」を選ぶと Access the menu
ゲームの状態を保存できます。 and select “SAVE” to save your game.
7番街・武器屋2階 Sector 7 Slums
初心者の館 Beginner's Hall
「ん………!! “Unn!!
 なんだ、てめぇは? Who the hell are you!?
 ここは部外者立ち入り禁止だぞ」 No unauthorized access.”
「あんたも、知ってるか?」 “Do you know about what's been going on?”
    また、その話か {Choice}What, that again?
    …………。 {Choice}…
「そうか、もう聞きあきちまったか…。 “You must be sick of hearing it…
 ひさしぶりのでかいニュースだからよ。 But it's been so long
 先行きが、気になるよな」 since there was any real news here.”
「なんでもよう…… “You're worried where it's all heading, right?”
 アバランチとかいうテロ集団が “Everyone's in a buzz 'bout that
 壱番魔晄炉を爆破したって話だ」 terrorist group AVALANCHE
「おもてむきは、反神羅がどうしたとかって “On the surface they say
 声明がでてるらしいがよ。 they're an anti-Shinra group,
 真相はな……」 but in reality…”
「無差別大量殺人が目的だってうわささ」 “they say they're just out to kill
「まあ、今日は特別だ。 “Since today's special,
 ここだけの話。 I'm gonna let you in on a juicy bit of news.
 いいニュースがあったからな」 But you gotta keep it to yourself.”
「ガハハハハ!!」 “Haaa, haaa, haaa!!”
「笑わせてくれるじゃねぇか!? “That's a good one, ain't it!?
 上でゴタゴタやってくれりゃよ。 While they're bustin' things up on top,
 武器屋としては大助かりってやつよ」 the only ones makin' out
「この在庫の山もはけちまえばいいがな」 “Now, if we can just get rid of this back stock,
「俺っちは、ぶっそうな世の中を “I welcome everything going to pot!”
 歓迎するぜ!」
「ゴー!!ゴー!! “GO!! GO!! AVALANCHE!!
 アバランチ!!ってやつだな」 That's what I say!”
「オレの仕事わかります? “You know what I do?
 わかんねえだろ~な」 I'll bet you don't.”
「明日になれば、わかりますから “You come here tomorrow and I'll tell you.”
 また来てくださいね」
「はぁ~ “Ahh, there just ain't no good jobs
 スラムじゃ、まともな仕事に here in the slums.”
 ありつけやしない」
「上の街にいきたいなあ」 “I wanna go to the upper world.”
「まいどおなじみ初心者の館だよ~ん!」 “This is the Beginner's Hall.”
「あんたが、素人だってか。 “You say you're a beginner?
 その目は、そうじゃないって言ってるぜ」 But your eyes say you're not.”
CLOUD {Cloud}
「元ソルジャーをなめるな。 “Don't mess with me. I used to be in SOLDIER.
 どれだけ物知りか、教えてやる。 I'll tell you how much I know…
 しかも、無料でだ!」 an' for free too!”
CLOUD {Cloud}
「なにが知りたいんだ?」 “What do you want to know?”
    記録を残すには? {Choice}How to save?
    傷ついた味方を回復するには? {Choice}How to heal your allies?
    魔法を使った回復 {Choice}Curative Magic?
    武器、防具の使い方 {Choice}Weapons and armor?
    マテリアの装着 {Choice}How to apply Materia?
    マテリアの高度な使い方 {Choice}Effective ways to use Materia?
    戦闘時の隊形について {Choice}How to form your battle party?
    現在の自分の状態をチェック {Choice}How to check your status?
    リミット技の使い方 {Choice}About Limit status?
    その他の注意 {Choice}Other things to watch for?
    もう教えることはない {Choice}That's all
CLOUD {Cloud}
「説明にあたって、ポーションが必要だな」 “First, you need Potions.”
「せこいなあ、元ソルジャーさん。 “You're a stingy one.
 そらポーションの一個くらい、さしあげますぜ」 Here, I'll give you ONE Potion.”
「俺もポーションの手持ちがないよ。 “I don't have any extra Potions on me.
 買ってきたらどうだい?」 Why don't you go buy some?”
CLOUD {Cloud}
「悪いな。 “Sorry.
 報酬だと思ってもらっておく」 I'll have to go get my money.”
CLOUD {Cloud}
「常識なのでわかっているとは思うが “You probably know all this.
 念のため、言っておく」 But just in case, I'll go over it.”
指示があるまで、ディスクホルダーを開けたり “Until you get instructions,
 他のものと取りかえたりするな don't open or take discs
ディスクホルダーを開けた場合 “After you open up the CD drive,
 後のことは保証できない。 I can't guarantee what'll happen.
 以上」 That's all.”
これいじょうマテリアは持てません。 You cannot take on any more Materia.
なにかマテリアをすててください。 Please discard some Materia.
『ぜんたいか』のマテリアを手にいれた! Received "All" Materia!
【セーブポイント】 [Save Point]
メニューを開いて「セーブ」を選ぶと Access the menu and select
ゲームの状態を保存できます。 {!}{Purple}[SAVE]{!}{White} to save your game.
『エーテル』を手にいれた! Received "Ether"!
「おっ!! “Hey!!
 さっそく手にいれましたね!」 You got one right off!”
「いまのはマテリアですよ。 “That was Materia.
 こんどはこの【たからばこ】をどうぞ!」 Next, take this [treasure chest]!”
「いいですか? “Now listen,
 こ~んな【たからばこ】にはお得なアイテムが hidden in these treasure chests
 かくされてます」 are a lot of items.”
「ボトルタイプやふくろタイプなど “There are box types and bag types,
 ほかにもしゅるいがありますから so make sure you don't overlook any.”
 お見のがしないように」
「うっとり……くるくる…… “This is the fabled [Save Point]!!”
 これがうわさの【セーブポイント】!!」
【セーブポイント】では…… “At a [Save Point]
 『テント』を使って休むこと you can use a [tent] and/or select 'SAVE'.”
 「セーブ」することができちゃいます」 “You can also do something else
「ほんとは、もうひとつあるんだけど “Even if you are wiped out, if you've
 いまは秘密♥ 楽しみに待っててね♥」 saved, you can restart
「も~し、全滅しても、「セーブ」しておけば “That way you don't have to worry
 その場所から復活することができちゃうの。 when you've been wiped out.”
 これなら、安心して全滅できるわよね」
「ちょ~っと、先の話になるけど “This is jumping ahead a little but,
 ミッドガルを出ることになったら……」 when you leave Midgar…”
「地和線まで広がる【ワールドマップ】 “and you get to the world map,
 好きなだけ「セーブ」することができるの。 you can save anywhere you like.
 そのときがきたら、思い出してね」 Remember that.”
 ただいま、ごしょうかいにあずかりました That should be all you need to know about
 あっしが【セーブポイント】でござんす! the Save Point.
 旅先行き先先々でお目にかかることと思いますが I'll probably see you again somewhere
 今後ともよろしゅうおねがいもうしあげます! down the road.
 俺様が、【たからばこ】だ!! I'm a [treasure chest]!!
 初心者のキ・ミ・た・ち! Beginners, make sure and keep an eye out for me!!
 俺様をしっかりとさがしてくれよ!! “Hey SOLDIER!!
「物知り元ソルジャーさん!! Tell us about battles!
 バトルのことをオレたち3人組に教えてくださいよ! We'll even pay you!”
 報酬はずみますから!」
CLOUD {Cloud}
「なにを教えてほしいんだ?」 “What do you want to know?”
    【ATB】について {Choice}About ATB
    【飛び出す数字】について {Choice}About numbers on the screen
    【チェンジ】と【ぼうぎょ】について {Choice}About [Change] and [Defend]
    【逃げる】について {Choice}About [Escape]
    【ゲージ】について {Choice}About [Gauges]
    【ステータス】について {Choice}About [Status]
    【属性】について {Choice}About [Elementals]
    【ヘルプ】について {Choice}About [Help]
    もうひまつぶしは終わりだ {Choice}That's all the time I have for you!
CLOUD {Cloud}
「おまえたちから金をとるほど “I'm not hard up enough
 落ちぶれちゃいない。 to take money from guys like you.
 ひまつぶしにつきあってやる」 But I'll rap with you for a while.”
CLOUD {Cloud}
【ATB】、すなわち【アクティブタイムバトル】 “ATB or Active Time Battle is a system
 戦闘中、つねに時間が流れているシステムだ」 that is always in operation during battle.”
「メニューのコンフィグでATBを【ウェイト】にすると…… “Select [Wait] from ATB on the Config Menu
 戦闘中、魔法やアイテムを選んでいる間 and time will stop
 時間が止まる」 when you select magic or items during battle.”
「コマンドをゆっくり選べるというわけだ。 “This gives you time to pick out your commands.
 おまえたち、初心者にはおあつらえむきだな」 This is especially helpful to beginners.”
「同じくコンフィグでATBを【おすすめ】にすると…… “Selecting [Recommended] ATB
 戦闘中、魔法やアイテムのエフェクトが出ている間 in the config menu can stop time
 時間が止まる」 while the effects of spells and items are
「戦闘の様子をゆっくり見られるというわけだ。 “This lets you take your time looking over
 落ちついて戦いたいときはこれだな」 the progression of the battle.
「俺はいつでも【アクティブ】だが “Personally, I always use [Active],
 気にするな、好きなものを選ぶといい。 but you can use whichever you like.”
 以上だ」
CLOUD {Cloud}
「バトルの時に、【ピロンと飛び出す数字】 “White numbers appearing on the screen
 白がダメージ、が回復していることを in battle are damage points.
 表している」 Green numbers show restorative points.”
「全滅したくなければ “You better watch these
 注意することだな」 if you don't want to get wiped out.”
CLOUD {Cloud}
【チェンジ】のコマンドで “The [Change] command can move characters
 戦闘隊形の前列・後列を入れかえられる」 to and from the front and back rows.”
「後列にすると受けるダメージが減るが、攻撃力も減る。 “In the back row, the damage received is less,
 【チェンジ】は、戦闘コマンドを選ぶときに but the attacking power is less.”
 【方向キーの左】を押すと可能だ」
「同じく戦闘コマンドを選ぶときに “You can make a [Change]
 【方向キーの右】を押すと by pressing the Directional button in battle.”
 【ぼうぎょ】だ」 “Pushing the Directional button
【ぼうぎょ】のコマンドを選ぶと “Selecting [Defend] reduces the damage
 次のコマンド入力までのあいだ you receive by half
 ダメージを半分にすることができる」 until the next command.”
「手強い相手には無理せず “If you're up against a strong enemy,
 【ぼうぎょ】することが必要だ。 don't hesitate to use this one.
 むろん、俺には関係ないことだがな」 Of course, I never need it.”
CLOUD {Cloud}
「俺は、戦闘中、【逃げる】ことなど “I don't really remember ever having
 めったにないから、くわしくは覚えていないが… to use the [Escape] command…
 おまえたちには必要だろう」 but you'll probably need it.”
L1ボタンR1ボタンを押しっぱなしにしていると “Push {!}{Purple}[PAGEUP]{!}{White} and {!}{Purple}[PAGEDOWN]{!}{White} together,
 逃げられたはずだ」 hold them down, and you can escape.”
CLOUD {Cloud}
「いまは確認できないからわかりにくいかもしれんが “During battle,
 とにかく、聞いておけ。 there are several [Gauges] displayed.
 戦闘中、いくつか表示されている【ゲージ】のことだ」 You can't check them now,
【TIMEゲージ】 “[time gauge] displays the time
 戦闘中、次のコマンド入力が回ってくるまでの remaining until your
 待ち時間をあらわしている」 next turn while in battle.”
「ゲージがいっぱいになるとコマンドの入力が可能だが “If you don't want to make one,
 もし入力したくなければ、【△ボタン】で次のやつに push {!}{Purple}[MENU]{!}{White}
 順番をまわすこともできる。 and you can move to
 BARRETをこきつかいたい時などに便利だ」 the next character.”
【LIMITゲージ】 “The [limit gauge] increases every time
 ダメージを受けるごとにのびていくはずだ。 you sustain damage.
 これがいっぱいになると、【リミット技】が使える」 When it is full,
【LIMITゲージ】は、各戦闘ごとにクリアされず “This gauge is not cleared after each battle,
 数をこなしただけ、たまっていくタイプだ」 but gradually builds up over time.”
「たまったからといって、すぐにつかわず “It takes a while for it to build up,
 【リミット技】の使いどころを見極めることが so you have to think about which
 大切なのは言うまでもない」 times are the best to use it.”
「おまえたちは知らないだろうから、教えといてやる。 “You probably don't know about them,
 【ステータス】に、【怒り】【悲しい】という but there are conditions of
 状態がある」 [fury] and [sadness].”
【怒り】は、【LIMITゲージ】の上がり方が早くなるが “When you have [fury],
 攻撃の命中率は低下する」 your limit gauge builds up sooner,
【悲しい】は、【LIMITゲージ】の上がり方が “Keep in mind that [sadness] makes
 遅くなるが、敵の攻撃から受けるダメージは低下する。 your limit gauge build up slower,
 ついでに、おぼえておくといいだろう」 but the damage you receive is also lessened.”
【BARRIERゲージ】 “The [barrier gauge] shows your defense barriers.”
 特定の魔法の効果時間をあらわす」
「上のゲージは、なぐられ攻撃を防ぐ魔法【バリア】 “The top gauge displays [barrier] or
 下のゲージは、魔法攻撃を防ぐ魔法【マバリア】 magic defense against attacks.
「両方ともダメージを半分にしてくれるが The bottom gauge displays [magic barrier] or
 時間が経つと消えてしまう」 defenses against magic attacks.”
【バリア】【マバリア】の魔法をつかったときは “Whenever you use [barrier] or
 【BARRIERゲージ】に注目だな」 [magic barrier]
「以上だ、次の戦闘で確認してくれ」 make sure to pay attention to the
CLOUD {Cloud}
「この俺の説明でもわからんようならしかたない。 “Looks like you didn't get it
 おまえたちの理解する能力がたりないようだ」 the last time I told you.
「だが、安心しろ。 “Well, don't worry.
 そんなおまえたちは、戦闘中、セレクトボタン You just need to push {!}{Purple}[ASSIST]{!}{White}
 押してみるといいだろう」 in battle.”
【ヘルプメッセージ】が、俺にかわって “Do that, and the [Help] message will walk you
 いろいろとコマンドの説明をしてくれるはずだ」 through the commands.”
「敵のモンスター名なども表示されるから “It also shows you the name of your enemy,
 俺も気分転換に見ることもある。 so even I use it once in a while.
 はずかしがらずに使うといい」 Make good use of it.”
CLOUD {Cloud}
【全滅】か…… “[wiped out].
 俺の記憶にはないから、これは人から聞いた話だ」 This is one I've never personally used.
【全滅】したときには “When you are wiped out,
 前の【セーブポイント】からはじまる」 you start back from the last save point.”
「おまえたちのような弱いヤツでも “Even a weakling like you
 地道に戦えば、どんな難所でも脱出できるはずだ。 can make it out of the roughest places
 ありがたいことだな」 as long as you hang in there and fight.
CLOUD {Cloud}
【ステータス】とはキャラクターの状態のことだ」 “[Status] means just that.
「これまで説明したことと重なるかもしれんが “I'll probably wind up repeating myself,
 代表的なものをまとめといてやる」 but let me go over a few basic points.”
すいみん 起きるまでコマンド入力不可になる。 Sleep
どく    戦闘中にどんどんHPが減っていく。 Poison
いかり  ダメージ倍、命中率低下。鎮静剤でもどる。 Fury
かなしい ダメージ低下。興奮剤でもどる。 Sadness
せきか  石になり、動けなくなる。全員石で全滅だ。 Petrify
こんらん 頭が混乱し、敵味方の区別がつかなくなる。 Confuse
ちんもく 全ての魔法をとなえられなくなる。 Silence
マヒ    タイムゲージ停止、コマンド入力不可 Paralyze
くらやみ なぐり攻撃の命中率低下。 Darkness
カエル  カエルになる。俺はだいきらいだ。 Frog
CLOUD {Cloud}
「フッ……さすがにつかれたな」 “Hoo…I'm beat.”
【ステータス変化】はアイテムや魔法で直せるから and items, so you should check
 物を買うときに確認しておくのがいいだろう」 it whenever you buy things.”
CLOUD {Cloud}
【属性】は魔法や武器などに “[elemental] is the special effect that
 ついてくる特別な効果のことだ」 comes with certain weapons and magic.”
「有利に戦闘を進めるためには不可価だが “It's necessary to move ahead effectively.
 【属性】を気にして戦えるようになれば If you pay attention to
 もう立派な中級者とよべるな」 the types of elementals you use
「代表的なものの一例をまとめといてやる。 “I put together this list,
 あくまでも一例だ、うのみにするな」 but remember, it's just a partial list
  火の効果。けもの、氷のモンスターにきく。 Fire
  氷の効果。寒がり、火のモンスターにきく。 Ice
  電撃の効果。機械でできたヤツにきく。 Lightning
  大地の力の攻撃。飛んでるヤツにはきかない。 Earth
  毒状態にする。もともと毒のヤツにはきかない。 Poison
  重力を使った攻撃。当たるといたいな。 Gravity
  大地の恵みの水を呼ぶ。火のモンスターにきく。 Water
  大気の風をよびおこす。飛んでるヤツにきく。 Wind
  星の力をよびおこす。暗黒のモンスターにきく。 Holy
CLOUD {Cloud}
「相反する【属性】 “If you use reciprocal elementals
 攻撃に使用することで大きな効果を得られる」 in your attacks, the effect is huge!”
「また、同じ属性なら防御の効率があがる。 “Also, if you use the same elemental,
 だが……逆もまた真なり。 your defenses are raised.
 気をつけることだな」 But, you have to be careful
「敵のもっている【属性】をみぬくためには “To see what elementals an enemy has,
 【みやぶる】ことが必要だ。 you need [Sense] Materia.
 マテリアを手にいれたら、使ってみてくれ」 If you get that Materia,
「ポカポカ “……smack……knock……!!”
 ポカポカ……!!」
「たしゅけて~!」 “Help!”
CLOUD {Cloud}
「そこでがまんだ。 “You've got to hang in there.
 おまえの【リミットゲージ】はたまりはじめている」 Your limit gauge is just starting to build.”
「びえ~ん!!」 “Waaaah!!”
CLOUD {Cloud}
「よしっ、【リミットゲージ】はいっぱいだ! “OK! Now your limit gauge is full,
 えんりょはいらない。 go ahead and use it!
 【リミット技】で勝負だ!」 Fight with your limit technique.”
「まほう!! “Magic!!
 まほう!!」 Magic!!”
CLOUD {Cloud}
「おちつけ! “Calm down!
 相手が魔法を使うときには When your enemy uses magic
 【マバリア】【リフレク】で対抗するのだ」 counter with [Magic Barrier] or [reflect].”
【マバリア】は魔法のダメージを “[Magic Barrier] reduces the damage
 半分にする魔法だ」 received from magic by half.”
【リフレク】は魔法をはねかえすが “[reflect] bounces the attacks off you.
 はねかえす回数に制限があるから But the number of times you can use it
 気をつけろ」 is limited so be careful.”
「さっすが、元ソルジャ! “Wow! You sure are strong!
 どちたら、強くなるの~!」 I'm going to be strong, too !”
「なるの~!」 “Me too!”
CLOUD {Cloud}
「俺みたいに強くなりたければ “If you want to get as strong as me
 マテリアを効率よく育て you need to use Materia.”
 最適な組み合わせをさがすことだな」 “And you have to find the best combinations
「装備する武器や防具のしゅるいによって “The type of Materia you put in
 マテリアの成長のスピードはちがう」 your weapons and armor will determine
「武器や防具にあいている穴の形によって “Put Materia into the open slots
 マテリアの組み合わせは無限に広がる」 in your weapons and armor.
「俺にアドバイスできるのはそのくらいのことだ。 “That's about all I can tell you.
 もっとも生まれついた素質がなければ If you want to be like me, you have
 俺のようにはなれんがな」 to have some natural talent.”
「わかんな~い!」 “I still don't get it!”
CLOUD {Cloud}
「俺を怒らせるな!」 “Listen kids, don't piss me off!”
「大丈夫だ、まずはやってみろ。 “That's all right. Just give it a try.
 そのうち、なれてしまう」 Little by little, you'll get used to it.”
CLOUD {Cloud}
「上出来だ」 “Great!”
『基本的なボタン操作方法』 “How to use the buttons.”
 【方向キー】      【ボタン】 [Directional button][CONTROL]
              △:メニュー up{Choice}{Choice}{Choice} {!}{Purple}[MENU]{!}{White}: menu
 左   右:歩く   □  ○:話す/決定 leftright: walk {Choice}{!}{Purple}[OK]{!}{White}: speak/execute
              ×:走る/取り消し down{Choice}{Choice} {!}{Purple}[CANCEL]{!}{White}: run
L1/R1ボタン:チョコッとまがる {!}{Purple}[PAGEUP]{!}{White}/{!}{Purple}[PAGEDOWN]{!}{White}: turn.
『ソフトリセット方法』 [How to restart]
 L1L2R1R2セレクトスタート You must quit the game in order to restart.
 以上のボタンを同時に押すとリセットがかかります。 To quit the game, either select QUIT
 (フィールド上のみ有効) in the Main Menu or press CTRL+Q.
CLOUD {Cloud}
「ん? 指!? “Huh? Finger!?
 なんだ、おまえ?」 What the hell?”
「ボク、【ポジションカーソル】!! “I'm the position cursor!!
 歩いている時、迷ったらボクを呼び出して!」 Call me whenever you're walking
セレクトボタンを押せば “Push {!}{Purple}[ASSIST]{!}{White}
 ボクが君のツンツン頭のうえにつきまとうよ」 and I'll appear over your shiny little head.”
CLOUD {Cloud}
「俺より目立つな……」 “Geez, you stand out even more than I do…”
「ボクがじゃまかい? “Am I in the way?
 そんなときはもう一度セレクトボタンを押してね」 If so, just push {!}{Purple}[ASSIST]{!}{White}
「それから、ボクはこう見えてもけっこういそがしいから “I'm pretty busy myself,
 いつでも登場はできないんだ。 and can't always come when you need me.
 でてこなくても怒らないで!」 If I don't show up sometimes, don't get mad.”
「それじゃね、バイバ~イ!」 “Later!”
【ポジションカーソル】 [Position Cursor]
 フィールドで迷ったときにはセレクトボタン Push {!}{Purple}[ASSIST]{!}{White}
 押してください。 when you're lost in the field.
 「ポジションカーソル」が表示されます。 Usually, the {!}{Cyan}[Position Cursor]{!}{White} will
 さらに!! appear on the screen.
 入口をあらわす『赤サンカク』 But wait!!
 はしごなどをあらわす『緑サンカク』も表示されます。 {!}{Red}[Red triangles]{!}{White} mark the exits and
 これで、暗い夜道も険しい山道もご安心! These will help you safely make it through even
 なお、フィールドによっては表示されないことがあります。 the darkest streets or dangerous mountains!
 御注意ください。} But, there are times when they won't appear,
ジョニーの家 Johnny's Home
「ハッハッ…… [Empty English Text Entry] Hah hah…
 あなたもテレビ見たさに我が家に?」 -||- You came to my house to watch TV?
「ハハッ……まあ、私は家内とちがって -||- Hahah… well, unlike my wife,
 ふところがタプタプですから -||- I’m a pretty generous guy.
 まあ、ゆっくりしてってくださいよ」 -||- Go ahead and relax.
「ところで、この事件」 [Empty English Text Entry] By the way, what are your thoughts
「あなたはどう思われますかな?」 -||- on this whole affair?
    実は俺が犯人だ -||-     Actually, I’m the one who did it.
    興味ない -||-     Don’t care.
「ハッハ……ご冗談を」 [Empty English Text Entry] Hah hah… good one!
「いやいや、私の見解ではね。 -||- Anyway, from my point of view,
 アバランチとやらいうテログループも -||- those AVALANCHE terrorists
 いよいよ終わりですな」 -||- are finished.
「神羅カンパニーはミッドガルの警備に -||- Sounds like Shin-Ra’s decided to
 ソルジャーの投入を決定したようですよ。 -||- deploy Soldier in Midgar’s defense.
 いやはや、気の毒に」 -||- Man, too bad for them.
「これは大きな声ではいえないんですがね。 [Empty English Text Entry] Can’t say this too loud, but
 実は私、学生のころね。 -||- when I was a student, you could
 あれでして、まあ反体制といいますか」 -||- say I was, well… anti-establishment.
「ハッハッ……おはずかしい。 -||- Hah hah… how embarrassing.
 かげながら、アバランチのことを -||- I’m secretly rooting
 応援してるんですよ」 -||- for AVALANCHE!
「ハッハッ……。 “Ha, Ha!…… Well,
 まあ、それもいいでしょうなあ」 there's nothin' wrong with that, I'd say.”
「ハッハッ……。 “Ha! Ha!……
 息子はもう旅立ちましたかな?」 I wonder if my son's already left?”
「こうして家内と私、二人きりになってみると “When it's just my wife and I here,
いやはや、さびしいものですなあ」} you have no idea how lonesome it gets.”
「ハッハッ…… 若いうちはね “We want him to be happy
 好きなことをやらせてみようと思っていても and do other things while he's young,
 やっぱり心配なのは、いけませんなあ」 but we can't help but worry…”
「親として修行がたりませんなあ」 “I guess we always will.”
「ところで、あなた」 “By the way……”
「故郷はおありですかな?」 “Where are you from?”
    ニブルヘイムという村だ…… {Choice}A village called Nibelheim
    そんな面倒なものはすてたさ {Choice}Who cares?
「でも、もし、あなたにも家族がおありなら “But if you still have a family,
 手紙ぐらい書いてあげるのが、いいですなあ」 you outta at least write them.”
「故郷はね、知らんぷりをしていても “You may leave
 いつでも、あなたを待ってますよ」 your home, but
「ハッハッ…… it'll always be there for you.”
 まあ、そんなもんですなあ」 “At least that's how I see it.”
「ほう……あのニブルヘイム村ですか。 “Hmm…did you say Nibelheim?
 ほら、何年か前にニュースになったことが Wasn't it in the news a while back?”
 ありましたなあ」
「あのときは、たしか…… “Something to do with a reactor accident…”
 魔晄炉の事故でしたか」
「当時は、最初の大きな魔晄炉事故ということで “That was the first major Mako accident,
 すいぶん話題になりましたなあ」 I remember it was all over the news.”
「ハッハッ……ぶしつけな質間ですが」 “This might sound rude, but…”
「ご家族は健在ですかな?」 “Is your family still living?
    いたとしても忘れたな {Choice}I forgot about them long ago
    俺は孤独なソルジャーだ {Choice}I'm just an ex-SOLDIER
「ハッハッ……。
 まあ、たまには帰ってあげなさい。 “Well, you really outta go home again.
 それができないなら And if you can't do that,
 ときどき思い出すのがよろしい」 try and at least remember them sometimes.”
「ハッハッ…… [JP-exclusive Text Page] Hah hah…
 親はそんなことでよろこぶもんです。 -||- That’s the sort of thing that
 まあ、そんなもんですなあ」 -||- makes parents happy. Yeah…
「ハッハッ……。
 私も若いころはそんな風に “Our boy acted like you,
 かっこつけたこともありましたよ」 When he was a kid.”
「ハッハッ……
 あなたは、まだそんな年ごろかな」 “You seem to be about his age.”
「ハッハッ……。
 そろそろ、二人っきりにしてくれませんか」 “Well,
「家内と二人きりの時間というのをね。 “I want to enjoy some quiet time
 しみじみすごしたいのですよ」 together with my wife.”
「あんな子でもいなくなってみるとね。 “He used to give us nothing but headaches
 なんだか、落ちつかなくて。 when he was here, but now that
 ……不思議なものね」 he's gone…we kind of miss him.”
「おっ!! 見えた見えた!! [Empty English Text Entry] [NEED TO TRANSLATE!!!]
 テレビは離れて見ねえとな!」 -||- The TV’s too far, I can’t see!
「おっ!! [Empty English Text Entry] Oh!!!
 ありゃ、プレジデント神羅!! -||- That’s President Shin-Ra!
 ほう~!!」 -||- Wow!!
「おっ! [Empty English Text Entry] Oh!
 ソルジャーが出てくるのかい! -||- They’re sending SOLDIER out!
 アバランチとやらもこれで終わりだな」 -||- Those AVALANCHE guys are finished!
「おっ!! お前は幼なじみ! [Empty English Text Entry] Oh!! You guys are old friends!
 かわいそうによ…… -||- That’s so sad…
 ジョニーのヤツいじけちまったぜ」 -||- Johnny’s lost his nerve.
「オレはここでテレビを見ながら -||- I’m watching TV to distract
 世の中のことでも考えて -||- myself from thinking about
 気をまぎらしてんのよ」 -||- what’s going on in the world.
「フッー…… [Empty English Text Entry] Sigh…
 なんかあわただしい世の中になっちまった。 -||- The world’s sure gotten confusing.
 別れの予感がするなあ」 -||- I feel a premonition of farewell.
ジョニー [Empty English Text Entry] Johnny
「……TIFAちゃん… -||- …Tifa…
 TIFAちゃん……」 -||- Tifa…
ジョニー [Empty English Text Entry] Johnny
「ああ……!! -||- Aa…!!
 よりによって、お前にー!! -||- By you, of all people!!
 ひどいよっ! ひどすぎるっ!」 -||- It’s awful! It’s too awful!
ジョニー [Empty English Text Entry] Johnny
「やめろっ!! -||- Stop!!
 やめてくれっ!!」 -||- Please, stop!!
ジョニー [Empty English Text Entry] Johnny
「見るなっ! -||- Don’t watch!
 見ないでっ!!」 -||- Don’t look!!
「あら、クールな興味ない男さん!」 [Empty English Text Entry] Hey, Mr. Too-Cool-To-Care!
「このテレビ、どこ製だと思います?」 -||- Who do you think made this TV?
    神羅製かな…… -||-     Shin-Ra, maybe…
    ……興味ないな -||-     …Don’t care.
「正解~!!」 [Empty English Text Entry] Correct!!
「ついでに、そこの子の愛車神羅T4000も -||- While we’re at it, so was that kid’s favorite
 この家の家具もトイレのペーパーまで -||- Shin-Ra T4000 car and all the furniture in
 ぜ~んぶ」 -||- this house, right down to the toilet paper.
「便利な世の中の道具は神羅製!!」 -||- All useful things in this world are made by Shin-Ra!
「だから、わかんないのよね~」 [Empty English Text Entry] That’s what I don’t understand!
    なにが…… -||-     What…?
    ……興味ない -||-     …Don’t care.
「アバランチってのが戦う理由よ! [Empty English Text Entry] The reason AVALANCHE fights!
 いったい、何が気に入らないのかしら? -||- What are they so unhappy about?
 事情通の私にもわからないわよ」 -||- Even a well-informed guy like me doesn’t know.
「あ!そ! [Empty English Text Entry] Oh! Right!
 なにごとにも動じないあなたって -||- It’s kinda cool how
 ちょっと素敵よ!」 -||- nothing gets to you.
「あ!そ!! [Empty English Text Entry] Oh! Right!!
 さっすが、クールな興味ない男さん!」 -||- Just what I’d expect from Mr. Too-Cool-To-Care!
「カネさえあればこの街は天国なんだよな。 [Empty English Text Entry] As long as you have money, this place is heaven.
 なんとかして神羅の仕事に -||- Somehow or another, I’d like
 ありつきたいもんだぜ」 -||- to find work with Shin-Ra.