Dialogue Script

Chapter: 20 - Cosmo Canyon

Entering Cosmo Canyon, Meeting Bugenhagen, ALL NPCs, Spirit Energy Lecture, Get Ready to Leave, the Gi Cave, Great Warrior scene and Leaving Cosmo Canyon

 
FF7 International ScriptFF7 PC English ScriptMissing TranslationNotes
JAPANESE (Intl Ver) PC ENGLISH
コスモキャニオン Cosmo Canyon
コスモキャニオン Cosmo Canyon
RED XIII {Red XIII}
「ただいま~! “I am home!
 ナナキ、帰りました~」 It is I, Nanaki!”
「おお、ナナキ! “Hey, Nanaki!
 無事だったか!」 You're safe!”
「さあ、ブーゲンハーゲンさまに “Come on, and say
 ごあいさつを!」 hello to Bugenhagen!”
CLOUD {Cloud}
「……ナナキ?」 “…Nanaki?”
「ようこそコスモキャニオンへ。 “Welcome to Cosmo Canyon.
 この地のことはごぞんじですか?」 Are you familiar with this land?”
    知っている {Choice}Yes
    知らないな {Choice}No
「ようこそコスモキャニオンへ。 “Welcome to Cosmo Canyon.
 ゆっくりしていってください」 Make yourselves at home.”
「ウソをつきましたね。 “You lied.
 このコスモキャニオンでは That is something that is not
 許されないことですよ」 treated lightly here in Cosmo Canyon.”
「では、語らせていただきましょう」 “Let me explain.”
「ここには世界中から “People from all over the
 『星命学』を求める人々が world gather here to seek the
 あつまってきます」 Study of Planet Life.”
BARRET {Barret}
「うぉぉおおお!」 “Wooooooooo!”
BARRET {Barret}
「来たかったぜコスモキャニオン!」 “I always wanted to come here!”
「んが! “Ummgah!
 今は定員いっぱいなので I'm sorry it's full now,
 中には入れてあげられません」 so I can't let you enter.”
RED XIII {Red XIII}
「その人たちには “They helped me
 ほんのちょっとだけ when I was on the road.
 世話になったんだ。 Please let them in.”
 いれてあげてよ」
「……そうでしたか。 “…Oh, is that so?
 ナナキがほんのちょっとだけ You helped our Nanaki?
 世話になりましたか。 Please, come in.”
 では、どうぞおはいり下さい」
CLOUD {Cloud}
「ナナキというのは?」 “Who is Nanaki?”
「ナナキはナナキ。 “Nanaki is Nanaki.
 かれの名前です」 That's his name.”
RED XIII {Red XIII}
「もう行くのか? “Leaving already? Flagged but have not managed to trigger.
 少し休んでいけばいい」 You should get some rest.”
「せっかくですから “Since you're here, why don't
 あなたがたも you listen to Bugenhagen's story?”
 ブーゲンハーゲンさまの
 お話をきいていかれては?」
「おや、もうご出発ですか? “Leaving already?
 あなたのお友だちは But it appears your friends still want
 まだ星について学びたい to learn more about the Planet…”
 みたいですが……」
「ブーゲンハーゲン様の “Did you get to see Bugenhagen's contraption?
 アレはごらんになりました? If you haven't yet, you must!”
 まだでしたら、ぜひどうぞ!」
「あれ? “Hm? If you're looking for Bugenhagen,
 ブーゲンハーゲン様なら he went to the Sealed Door.”
 『無用の扉』のほうへ
 行かれましたよ」
「ホラ、ブーゲン様の “Remember, there's a steel door
 お部屋へ行くとちゅうの on the way to Bugenhagen's room.”
 あの鉄の扉ですよ」 “What's that door there for anyhow?
「ホントにあの扉 It's been closed forever…”
 なんの役にたつんでしょう?
 ずーっと閉じたままで……」
「ああ、あなたたちですか。 “Oh, it's you.
 大変なことになってしまいましたね。 This is terrible.
 あの不吉な星の色……」 The color of that unlucky star…”
「子供たちなんか、こわがって “The children are all so scared that
 外へ出てこようとしないんですよ」 they won't even go outside.”
「できることなら、わたしだって “I'd rather not see it either…”
 あんなもの、見たくはないですがね……」
「あの旅から帰られてからというもの “Bugenhagen seems rather down
 ブーゲンハーゲン様、あまり元気が ever since he returned from that trip.”
 ないようなんです」
「こんな時にブーゲン様にまで “I'm worried something might
 もしものことがあったら…… happen to Bugenhagen now of all times…”
 しんぱいです」
「おおナナキ、大変なんだ。 “Nanaki, it's really bad.
 あの旅から帰られてからというもの Ever since Bugenhagen returned from that last
 ブーゲンハーゲン様、あまり元気が trip, he doesn't seem well.”
 ないんだよ」
「おまえも早くブーゲン様の “Why don't you hurry and see Bugenhagen?”
 ところへ行ってあげておくれ」
「ブーゲンハーゲン様は “Bugenhagen is what keeps
 今の私たちの心の our hearts strong…”
 ささえです……」
RED XIII {Red XIII}
「ここがオイラの……ちがうちがう! “Here is where I was…I mean,
 ……ここが私の故郷だ」 …this is my hometown.”
RED XIII {Red XIII}
「私の一族はこの美しい谷と “My tribe were protectors of those
 星を理解する人々を who appreciate this beautiful
 守ってくらしてきた」 canyon and the Planet.”
RED XIII {Red XIII}
「だが勇ましい戦士であった母は死に “My brave mother fought and died here,
 ふぬけの父は逃げだし but my cowardly father left her…
 一族は私だけになってしまった」 I am the last of my race.”
CLOUD {Cloud}
「ふぬけの父?」 “Cowardly father?”
RED XIII {Red XIII}
「ああ。 “Yes.
 父は見下げたふぬけ野郎だ」 My father was a wastrel.”
RED XIII {Red XIII}
「だから、ここを守るのは “And so the mission I inherited from
 残された私の使命だ。 my ancestors is to protect this place.
 私の旅はここで終わりだ」 My journey ends here.”
「お~い! ナナキ~! “Hey! Nanaki--!
 帰ったのか~!」 You're home!”
RED XIII {Red XIII}
「いまいくよ! じっちゃん!」 “Coming, Grandpa!”
BARRET {Barret}
「ちょうどいい。 “Good timin'.
 オレたちもここらで Let's take a breather.”
 小休止といこうぜ」
「オレはいろいろ知りてえ “I got stuff I want to
 こともあるしな」 find out, too.”
TIFA {Tifa}
「ちょうどいいわ。 “That's perfect.
 私たちも一休みしない? Why don't we take a break too?
 しばらく自由行動ね!」 We can meet back here in a while, OK?”
AERITH {Aeris}
「ね、ちょっと休んでこ。 “Let's rest for a bit.
 わたし、いろいろ There are some things I want
 聞いてみたいことあるし」 to find out about anyway.”
YUFFIE {Yuffie}
「休も休も休も! “Rest, rest, rest!
 アタシたちも休もっ! I wanna rest!
 よし、けってーい!」 Ok! That's that!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「もうヘロヘロですわ。 “I'm just dead tired.
 みなさん、ぼちぼち Everyone, how 'bout some rest?”
 休みにしませんか?」
「わーい、わーい! “Yaaay!
 ナナキが! Nanaki!
 ナナキが帰ってきたです! Nanaki's back!
 この炎のおかげなのです!」 It's all thanks to this flame!”
「この火はね。 “This fire is called 'Cosmo Candle'.
 『コスモキャンドル』なのです。 It has burned for generations.”
 むかーしむかしから
 もやされつづけてるのです」
「つまり、この谷をまもる “It is a holy flame
 聖なる炎ってわけなのです」 that protects this canyon.”
「でもね、あたしが生まれる “I've heard it only went out once,
 うーんとまえに long ago.”
 1度だけこの火が消えたことが
 あったんですって……」
「とってもこわーいことが “The elders said something horrifying
 あったって長老はいってたけど occurred, but I really
 あたし、よくわからないのです」 don't know much else about it.”
「これがコスモキャニオン…… “So this is Cosmo Canyon…
 なるほど、神秘的な場所ですね」 Quite a mysterious place.”
「あなたがたも『星命学』の “Have you come to seek the
 研究にいらしたので?」 'Study of Planet Life'“?
    そんなところだ {Choice}That's it
    そうじゃない {Choice}No
「おや、さようで。 “Oh yeah?
 え? 車がこしょう?」 What? The car broke down!?”
「それはそれは。 [JP-exclusive Text Page] Well, now.
 なにせこのあたりは -||- At any rate, there are ??? NEED to know what ??? Stands for!!!
 道らしい道もないですからね」 -||- no passable roads here.
「そういうことなら、まかせてください。 -||- In that case, leave it to me.
 こう見えてもね、メカには -||- Despite my appearance, I’m
 けっこうくわしいんです」 -||- pretty good with mechanics.
「車がなおるまで “Why don't you look around Cosmo Canyon
 コスモキャニオンを見学されては?」 while I fix the car?”
「車がなおるまで “Please get some rest while
 ゆっくり、体を休めてください」 I fix your car.”
「車の修理、終わりましたよ」 “The repair on your car is completed.”
「これでもう、どこへでも “Now you should be able to go
 いけるはずです」 wherever you want.”
    お礼の金を…… {Choice}How much do I owe?
    助かった、それじゃ {Choice}Much obliged
「お礼なんて! “No charge!
 困ったときはおたがいさまです」 You'd do the same for me, right?
    1000ギル受けとってくれ {Choice}Please, take 1000 gil
    それもそうだ、それじゃ {Choice}I guess you're right
「……そんなお金 “…You don't even have that much.
 持ってないじゃないですか。 Don't tease me, okay?”
 からかわないでください」
「そうですか…… “Are you sure…?
 それじゃ、えんりょなく」 Well, all right. Thank you.”
「ああそうそう。 “Oh yeah.
 ここの宿屋、もう泊まりました?」 Did you stay at the inn already?”
「この前、あそこのソファーに “There was a bottle on the sofa there a
 きれいなビンが置いて couple of days ago…was it yours?”
 あったんですが
 あなたがたのですか?」
「おや、そうですか」 “Oh, really?”
「しかしここには “There really isn't much
 ほかに見るべきものも else to see here.”
 あまりないようですがね」
「やはりそうですか。 “Yeah?
 なんでもここにはスゴイ I heard there's an awesome observatory here.
 天文台があるそうですからね。 I'd like to see it if I have a chance.”
 ぜひ一度見てみたいものです」
「うわっ!!」 “Whoa!!”
「おどかさないでくださいよ。 “Don't scare me like that.
 危うく落ちるところだった」 I almost fell over.”
「ナナキ、またどこかへ “Nanaki, are you leaving again?
 いっちゃうですか? We want you to stay here forever…”
 ずっとここにいてほしいです……」
「う~ん…… “Mmm…
 『星命学』の教えは I think the teachings of
 たしかに正しいです。 the 'Study of Planet Life' are true.”
 そう思います」
「でも一度魔晄の便利さを “But can people used to
 知ってしまった人間が Mako energy ever go back…?”
 はたしてもとに
 もどれるのだろうか……」
「う~ん…… “Mmm…
 もう『星命学』がどうこう I can't stand here talking about the
 言ってられなくなりました」 'Study of Planet Life'.”
「私もそろそろ故郷に “I think I'll head
 もどることにしますよ……」 back to my homeland now…”
「おお、ナナキもいっしょか。 “Oh, Nanaki's with you.
 ゆっくりしていきな」 Make yourselves at home.”
RED XIII {Red XIII}
「待ってくれ! オイラも行く」 “Wait for me! I'm coming too!”
CLOUD {Cloud}
「うん?」 “Mmm?”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「CLOUDよ。 “{Cloud}.
 ナナキをよろしくたのむ」 Please look after Nanaki.”
CLOUD {Cloud}
「どうしたんだ?」 “What happened?”
RED XIII {Red XIII}
「オイラ、少しだけ大人になった。 “I think I grew up a little.
 そういうこと!」 That's what happened!”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ホーホーホウ。 “Ho Ho Hoooo.
 わしの知識が必要になったら Come back whenever you
 いつでも歓迎じゃ」 need my knowledge.”
  おいしいカクテル! Tasty Cocktails!
 パブ『スターレット』 Pub "Starlet"
  フカフカのベッド! Fluffy Beds!
宿屋『シルドラ・イン』 In "Shildra Inn"
    ぜひいちど Come in today!
 おたちよりください! It's right near Cosmo Candle!
聖火コスモキャンドルの
   すぐそばです!
AERITH {Aeris}
「コスモ……キャニオン? “Cosmo…Canyon?
 関係あるのかな? I wonder if there's any relation
 星とか、古代種とか……」 to the planet or the Ancients…”
BARRET {Barret}
「ついに来たぜ…… “I finally made it…
 ここが、ここが So this is…Cosmo Canyon!”
 コスモキャニオンか!」
TIFA {Tifa}
「RED XIII、なんだか “{Red XIII}
 様子がヘンじゃない?」 seems different, doesn't he?”
YUFFIE {Yuffie}
「ムフフ…… “Hmmm…
 あるかなマテリア? Any Materia?
 マテリアあるかな?」 Any Materia around?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ハア……これが “Hmmm…So this is
 コスモキャニオンですか」} Cosmo Canyon.”
【セーブポイント】 [Save Point]
メニューを開いて「セーブ」を選ぶと Access the menu and select
ゲームの状態を保存できます。 {PURPLE}[SAVE]{WHITE} to save your game. No signs left of this save point as far as I can tell.
コスモキャニオン Cosmo Canyon
「あら、いらっしゃい」 “Oh, welcome.”
「この谷の人間は、あらそいをきらうからね。 “The people of this canyon hate to compete.
 ここにあるのも、ほとんどレプリカなのさ」 So almost everything here are replicas.”
「でもだいじょうぶ。 “But that's all right.
 ちゃんと使えるものもあるからね」 Some of them you really can use.”
「はいよ、いらっしゃい。 “Welcome.
 あれ、まだ武器を買うの? You still want more weapons?
 あんたも変わった人だね……」 You sure are weird…”
「まあいいや、そんな人もいないと “Uh, I mean, it's weird.
 わたしもヒマになっちゃうからね。 If there weren't people like you,
 ハハハハハ!」 I'd be out of business.
    【かめ道楽 通信】 [Turtle's Paradise Newsletter]
      ナンバー4 Number 4
    アルバイトぼしゅう! Now hiring!
   タイクツにたえられる Looking for someone who
   ガマンづよい方求む! can stand long hours of boredom!
  くわしいお間い合わせは For details, contact
居酒屋『かめ道楽』まで!! the "Turtle's Paradise"!!
   アルバイトぼしゅう! Now hiring!
経験は間いません。 No experience necessary.
武器を見てもこうふんしない Looking for emotionally stable people
おだやかな性格の方求む! who don't get excited at the sight of weapons!
ちょっとせまいけれど We offer a small, but good
明るいしょくばです!} working environment!
【セーブポイント】 [Save Point]
メニューを開いて「セーブ」を選ぶと Access the menu and select
ゲームの状態を保存できます。 {PURPLE}[SAVE]{WHITE} to save your game.
長老の部屋 Elder's Room
長老ハーゴ Elder Hargo
「どこへやったかいの…… “Where did I put it?
 たしかこのへんに……」 I know it's around here…”
長老ハーゴ Elder Hargo
「ん?おお、これまた “Mmm? Oh, we have guests.
 お客さんか。
 いいともいいとも」 Good, good.”
長老ハーゴ Elder Hargo
「わかっとる、わかっとる」 “I know, I know.”
「ワシになにかききに “You came to ask me something, right?
 きたんじゃろ? そうじゃろ?」 Am I right?”
    約束の地の話 {Choice}It's about the Promised Land
    そういうわけじゃない {Choice}Not really
長老ハーゴ Elder Hargo
「……約束の地。 “…The Promised Land.
 そうか、知りたいか」 So what do you want to know?”
「約束の地というのはな “There is no one place called
 はっきり言って存在しない。 the Promised Land.
 ワシはそう考えておる」 That's what I believe.”
「いやいや、存在する。 “No, no, it does exist.
 ふむふむ……そうとも言える」 Hmmm…you can say that.”
「ようするにワシらには存在しないが “In other words,
 古代種にとっては存在した」 it doesn't exist for us,
「ミもフタもない言い方をすれば “The Promised Land is the
 約束の地は古代種の死に場所じゃ」 resting place of the Ancients.”
「古代種の人生はきびしい旅の日々じゃ。 “The life of the Ancients is one continuous
 草や木、動物、あらゆる生き物を増やして journey. A journey to grow trees and plants,
 精神エネルギーをそだてる旅」 raise animals, and make Mako energy.”
「彼らのつらい旅は生きているあいだ “Their harsh journey continued throughout
 ずっと続いたという……」 their lives…”
「その旅を終え、星に帰る場所…… “The place they returned to after
 つまり死に場所が約束の地」 their long journey…
「あん? 至上の幸福? “Huh? Supreme Happiness?
 古代種にとっては星に帰る瞬間 I believe that, for the Ancients,
 運命から解き放たれる瞬間 it was the moment that they were
 それは至上の幸福ではなかったか……と」 able to return to their Planet,”
「ワシはそう考えておるんじゃ。 “That moment when they were released
 今となっては真実はわからんがの」 from their fate, and gained their
長老ハーゴ Elder Hargo
「なんじゃ、ちがったのか。 “Oh, that's not what you're here for?”
 悪いんじゃが、伝説とか昔話とか “I'd appreciate it if you didn't talk
 ワシにはそんな話しかしてやれんよ」 about such foolish things as
BARRET {Barret}
「ここで星命学を学んだ男がいたんだ」 “There was this guy who studied
「そいつは感動して “He couldn't take things the way
 このままじゃいけないと考えて they were, so he went to Midgar
 ミッドガルでアバランチを結成した」 to form AVALANCHE.”
「……こんな話、興味ないよな?」 “Wanna hear more?”
    つづけてくれ {Choice}Go on
    興味ないな {Choice}Not really
BARRET {Barret}
「言ってみりゃ、ここが “Guess you could say this is
 アバランチの原点だな」 where AVALANCHE was born.”
「オレも一度は来たいと思っていたが…… “I always wanted to come here…
 ついに……来た……ぜ」 And finally…I made it.”
BARRET {Barret}
「いろいろ……あったぜ……」 “A lot's happened…”
    つづきは? {Choice}And then?
    興味ないな {Choice}Yeah, whatever…
BARRET {Barret}
「つづき……? “And then…?
 これからのことはわからねえ。 I don't know what's going to happen,
 アバランチはもうねえんだ……」 now that there is no AVALANCHE…”
BARRET {Barret}
「なんだ?」 “What?”
「そういえば、おまえさんと “By the way, those that came
 いっしょに来た連中が with you are all
 コスモキャンドルの前に at the Cosmo Candle.”
 集まっとったよ」
「もう出発するんかい?」 “Are you leaving?”
長老ハーゴ Elder Hargo
「おお、あったあった」 “Ahh, here it is.”
「ワシの仕事はこの谷に “My job is to gather all the
 つたわる伝説や星の知識を legends and the knowledge of the Planet
 本にすること」 and to make a book.”
「こうすればワシが星にかえっても “Then, even when I return to the Planet,
 子供たちにいろいろなコトを the children may still be
 教えてやれる……」 taught about many things…”
長老ハーゴ Elder Hargo
「ん……ああ、これかね。 “Mm…oh, this?
 これは星の本。 This is the Book of Stars.
 もう少しで書き終わるところだよ」 I'm just finishing it.”
「無意味なことなんかないとも。 “Nothing is meaningless.
 こうしておけば、いつかかならず If I do this then, someday,
 誰かの目にふれるもんさ」 someone will run across it.”
「古代種だってそうしたんだ。 “The Ancients did the same.
 だからワシたちは、彼らを That is how we know about them, right?
 知ることができただろ? Maybe even my book also…”
 ワシのこの本だって、きっと……」
長老ハーゴ Elder Hargo
「ブーゲンハーゲン様には “I think Bugenhagen
 すべてお見とおしかもしれんよ」 has foreseen things.”
「この星のこと…… “About the Planet…
 ナナキのこと…… About Nanaki…
 そしてご自分のこと……」 And, about himself…”
「でも、ブーゲン様のことだから “But, Bugenhagen would never
 そんなこと言わんじゃろな。 say that.
 いつも『ホーホーホウ』……」} All he says is 'Ho Ho Hoooo'…”
パブ『スターレット』 Pub "Starlet"
「ようこそ『シルドラ・イン』へ」 “Welcome to 'Shildra Inn'.”
「一泊100ギルになりますが “It'll be 100 gil a night.
 お休みになりますか?」 Would you like to stay?”
    ああ {Choice}Yes
    やめておく {Choice}No thanks
「ようこそ『シルドラ・イン』へ。 “Welcome to 'Shindra Inn'.
 このような時にこそ It's times like this when a
 人にはやわらかなベッドが必要なのです」 nice soft bed will do you good.”
「一泊100ギルになりますが “It's 100 Gil a night.
 お休みになりますか?」 Would you like to stay?
    おねがいします {Choice}Please
    今はけっこうです {Choice}No thank you
「ようこそ『シルドラ・イン』へ。 “Welcome to 'Shildra Inn'”
 この地をおとずれる旅人がいるかぎり As long as there are guests,
 この宿の明かりが消えることは our lights will always be on.”
 ありません」
「一泊100ギルになりますが “It will be 100 Gil a night,
 お休みになりますか?」 Like a room?”
    そうだな {Choice}Yeah
    やめとくぜ {Choice}No, thanks
「ようこそ『シルドラ・イン』へ。 “Welcome to 'Shildra Inn'”
 このような時にこそ It's times like this when a
 人にはやわらかなベッドが必要なのです」 nice soft bed will do you good.”
「一泊100ギルになりますが “It will be 100 Gil a night.
 お休みになりますか?」 Would you like a room?”
    ああ {Choice}Yes
    やめておく {Choice}No, thanks
「ようこそ『シルドラ・イン』へ。 “Welcome to 'Shildra Inn'”
 この地をおとずれる旅人がいるかぎり As long as there are guests,
 この宿の明かりが消えることは our lights will always be on.”
 ありません」
「一泊100ギルになりますが “It is 100 Gil a night.
 お休みになりますか?」 Would you like to stay?”
    ああ {Choice}Yes
    やめておく {Choice}No thanks
「まことにもうしわけありませんが “I'm sorry, but you don't seem
 お客様、宿泊料のほうが……」 to have enough for a room…”
「すてきな星の夢を……」 “Have a great dream of the stars…”
「では、またのおこしを “Well then, please come again.”
 おまちしております」
「星のささやきは “Were you able to hear
 きこえましたか?」 the stars whispers?”
「いらっしゃい。 “Welcome.
 うちのオリジナルカクテル How 'bout our
 『コスモキャンドル』はいかがです?」 original cocktail, 'Cosmo Candle?'”
「お酒はいいですよ。 “A drink now and then is good for you.
 人の心をほがらかにさせますから。 It'll relax you a bit.
 ……ホドホドならね」 …If you know when to stop.”
「うちのオリジナルカクテル “How about our
 『ライフストリーム』はいかがです?」 original cocktail, 'Lifestream'?”
「お酒を飲んで、つらい心をたとえ “You should forget your troubles with a drink.
 ひとときでもいやせるのなら、それもいい。 We humans sure are weak creatures…”
 人間なんて弱いものです……」
「そういえば、このコスモキャニオンの “That reminds me. I heard that
 どこかに、いやしのマテリアがあると someone here in Cosmo Canyon
 いう話を聞いたことがありますが」 is selling some Healing Materia.”
長老ブーガ Elder Bughe
「ほいほい」 “Mmm…”
長老ブーガ Elder Bughe
「なんじゃなんじゃ?」 “What is it?”
    古代種の話を…… {Choice} The story of the Ancients
    なんでもない {Choice} Nothing
長老ブーガ Elder Bughe
「……チェッ。 “…Hmm.
 つまらんのう。 That's no fun…
 長話をしたいのう」 I wanna tell a story.”
長老ブーガ Elder Bughe
「古代種といえばガスト博士なのじゃ。 “You can't talk of the Ancients,
 時々ここにも来ておった」 without mentioning Professor Gast.”
「博士は古代種のナゾを追い続けた “He used to come here sometimes.”
 神羅の学者だったのじゃ。 “He was a Shinra scholar who spent
 神羅っぽくない生真面目な人じゃ」 his life studying the Ancients.”
「かれこれ30年ちかく前になるが “Must've been about 30 years ago,
 ついに古代種の死体を見つけたと when he found the corpse of an Ancient.
 よろこんでおったな」 He was elated!”
「たしか……ジェノバとかいう名前をつけて “If I recall…he named it 'Jenova' and
 いろいろ研究しておったのじゃが……」 was doing a lot of research…”
「ある日つかれきった顔をして “One day, he showed up here,
 ここに現れてな」 looking very distressed.”
「ブツブツ言うには、なんでも “He was mumbling something about Jenova
 ジェノバは古代種ではなかったとか not being an Ancient and that he'd
 とんでもないことをしてしまったとか……」 done a terrible thing…”
「それ以来、行方不明じゃ。 “He's been missing since then.
 神羅にももどらんかったそうじゃ」 I heard that he never
「というわけでな “So, if you ever see Professor Gast,
 ガスト博士に会うことがあったら I want you to tell him…”
 伝えてほしいんじゃ」
「コスモキャニオンの酒好きジイさんが “That the old man that likes to drink
 古代種の話を聞きたがっているとな」 in Cosmo Canyon, wants to hear
「ま、話したいのはやまやまじゃが “Well, there's lots to talk about,”
 古代種のことは言い伝えや伝説ばかりで “but most things about the Ancients
 真実はもうだ~れにもわからんのじゃ」 are all legend and folk tales,
長老ブーガ Elder Bughe
「ん~ええ気分じゃ。 “Mmm. I'm starting to feel good now.
 マスターのつくるカクテルは That bartender's cocktails
 いつも最高じゃの」 always hit the spot.”
長老ブーガ Elder Bughe
「そうかそうか。 “Is that so?
 おまえさんたちがナナキを You brought Nanaki back here?”
 つれてきてくれたのか」
「ウンウン、ありがとうよ」 “Yeah, thanks.”
「そういえば、おまえさんと “By the way, your friends are
 いっしょに来た連中が all in front of the 'Cosmo Candle'”
 コスモキャンドルの前に
 集まっとったよ」
「もう出発するんかい?」 “Are you all leaving now?”
AERITH {Aeris}
「ここなら約束の地とか古代種とか “Maybe there are some people here that know
 くわしい人、いるかもね」 about the Promised Land and the Ancients.”
TIFA {Tifa}
「RED XIII…… “{Red XIII}…
 どうしたのかな? “I wonder what's happened to
 子供みたいにはしゃいで」 {Red XIII}…?
TIFA {Tifa}
「どこかへ行くの?」 “Are you going somewhere?”
AERITH {Aeris}
「な~に?」 “Hmm?”
長老ブーガ Elder Bughe
「星とともに生き “Live with the Planet,
 星とともに死ぬ」 die with the Planet.”
「これはこれでいいのかもしれん。 “Maybe this is the way it should be.
 酒もたらふく飲めたしの……」 Who knows? I'm full of booze…”
「でも、子供たちのことを考えるとなあ。 “It's when I think about the children.
 あの子らだけでも I wonder if we can just
 なんとかならんもんかのぅ」 save our own children.”
長老ブーガ Elder Bughe
「約束の地はどこにあるのか…… “Where is the Promised Land…?
 ブーゲンハーゲン様は Maybe Bugenhagen knows.”
 ごぞんじなのかもしれんなあ」
「ナナキもなんとなく “Isn't Nanaki starting to notice?
 わかりはじめておるんとちがうかい? The reason why Bugenhagen sent him
 ブーゲンハーゲン様が away from the canyon…”
 ナナキをこの谷から出した理由が……」
   【かめ道楽 通信】 [Turtle's Paradise]
     ナンバー5 No. 5
   カクテルもいいけど Our cocktails are good
 やっぱり地酒がいちばん! but our wine is the best!
    ぜひいちど Please stop in the
居酒屋『かめ道楽』へ!!} "Turtle's Paradise"!!
マテリアショップ Materia Shop
「ムニャムニャ…… “…num…yawn…Sir…
 お客さん……おつり…… You…forgot…your…
 おつりわすれてます……」 …change.”
「ンニャ…… “…num…Yes, I'm coming…”
 は~い……ただいま……」
「お買いもの……ですふぁ?」 “Are you here to shop?”
   そうだ {Choice}That's right
   そうじゃない {Choice}No, what's your problem?
「ああ……そうですか…… “Oh…is that so…
 ならほっといて……ムニャ」 then let me…yawn…sleep…”
「ああ……そうですか…… “Oh…is that so…
 お買い……もの……
 お買いもの!?」 You're here to shop?”
「し、しつれいしました! “I'm sorry!
 あんまりお客さんがこないもんで…… We hardly ever get any customers.
 あ、でもマテリアは自信ありますよ!」 Oh, but I DO have confidence in our Materia!”
「し、しつれいしました! “I'm…I'm so sorry!
 いや、すっかりナマケぐせが It seems I've gotten
 ついてしまったみたいで……」 used to being lazy…”
「あ~あ…… “Oh man…
 あの星がぶつかったら Everything will be over,
 ぜんぶおしまいか……」 once Meteor hits…”
「16からコツコツと “I've been selling Materia for 10 years now,
 マテリアを売りつづけてもう10年。 ever since I was 16. Geez, what
 いったい僕の人生って……ん?」 have I been doing with my life?”
「いらっしゃいませ! “Welcome!
 いえ、なんでも、なんでもないんです。 Oh, it's nothing.
 さあ、どんどん買っていってくださいね!」 Now, please make yourselves comfortable!”
「ありがとうございました!」 “Thank you very much!”
YUFFIE {Yuffie}
「あ~あ! “Oh man!
 たいくつそうなところだよ。 This place looks like a real drag.
 たいしたマテリアもないしね」 And their Materia sucks, too.”
YUFFIE {Yuffie}
「う~。 “God.
 勉強はキライだよっ!」} I HATE studying!”
コスモキャニオン Cosmo Canyon
「あら、おかえりなさい。 “Oh, welcome home.
 ね、すぐディナーにする? You want dinner first?
 それとも……」 Or…”
   ディナー {Choice}Dinner
   それとも…… {Choice}Or…
「は~い、それじゃすぐ……」 “All right, it'll be ready in no time…”
「まあ♥ “Oh honey…”
 あなたったら……」 “Wh…who are you?
「だ、誰ですかアナタ! You…can't just come barging
 か、かってに人のスイートホームに into my home uninvited!!”
 入ってくるなんて!!」
CAIT SITH {Cait Sith}
「なんや、いろんな秘密が “Hmm, this place seems like it has
 ありそうなとこやな」 a lot of secrets.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ところでオバちゃん “So, when's dinner?”
 ごはんまだですか?」
「ハイハイ。 “All right, all right.
 いまつくってますよ」 I'm making it right now.”
「……でもいったい “…But I wonder
 どっちが食べるのかしら……」 which one is going to eat…”
「あの2人……というか “Those two…uh,
 なんというか…… Anyway, are you two friends?
 とにかく、あなたのお仲間? It really seems strange.”
 変わってるわね」
CAIT SITH {Cait Sith}
「なんやいいましたか?」 “What did they say?”
「ああ、いそがしい。 “Oh man, I'm so busy.
 もっと人手がほしいわ。 I need more help.
 ブツブツ……」 …mummble…complain…”
「ハァ…… “Hmm…
 どうなるのかしら。 I wonder what's going
 これから……」 to happen now?”
「かーちゃん、へいきだよ! “Don't worry, Mom!
 みんなであのトビラの向こうに All of us just need to go
 いけばいいんだ!」 through that door!”
「ブーゲンハーゲン様が “Mr. Bugenhagen sealed it
 フーインしてるんだから so we wouldn't have
 しんぱいないよ!」 to worry about it!”
「でも、フーインて “But what's a seal?”
 なんなんだろ……」
「ブーゲン様、どうしたの? “What's wrong with Bugenhagen?
 びょうきなの?」 Is he sick?”
「何がおきても悲しむことはない。 “No need to be sad, even if something should
 すべては星に帰っていく…… happen. Everything will return to
 ブーゲンハーゲン様は the Planet…Bugenhagen says so.”
 そうおっしゃいます」
「でも、ブーゲンハーゲン様に “Just the thought of something happening to
 なにかあったらと思うと…… Bugenhagen…worries me.”
 やっぱり悲しいです」}
ナナキの部屋 Nanaki's Room
RED XIII {Red XIII}
「オイラはいいよ~。 “Don't worry about me.
 何度も見たからさ」 I've seen it many times.”
「ひさしぶりに帰ってきたんだ。 “I haven't been back for a while…
 ゆっくりさせてよ……」 Let me rest for a bit.”
「べつにあのでっかい星が “It's not that I'm afraid of that
 こわいんじゃないんです」 big star.”
「えっと、おなかがいたいから “It's just that, uh, I have a stomach ache…
 ジッとしてるだけなのです。 That's why I'm not moving.
 ホントなのです!」 That's the truth!”
「ナナキもブーゲンハーゲン様も “Both Nanaki and Bugenhagen are gone…
 いないです…… I feel so lonely…”
 あたし、さびしいです……」
「ナナキ、ズルイです! “That Nanaki's slick! He said,
 『オイラがこの谷をまもるよ』って 'I'll protect this canyon'! But he didn't.
 そう言ってたのに! Forget about Nanaki.”
 ナナキなんか、もうしらないです……」
RED XIII {Red XIII}
「ゴメン……ゴメンよ。 “Sorry…I'm really sorry.
 でも、今のオイラには……」 But now, I have…”
「やっと帰ってきてくれたのに “He's finally come home, but
 ブーゲンハーゲン様、元気ないです……」 Bugenhagen doesn't seem well…”
「はやく前みたいに “I want to hear Bugenhagen talk
 ナナキといっしょに with Nanaki like we used to do…”
 ブーゲンハーゲン様のおはなし
 ききたいです……」
「ナナキ、ブーゲンハーゲン様 “Nanaki, is it true that Bugenhagen
 たびにでたって本当なの? left on a journey?
 なら、元気になったんだよね? Then that means he's better, right?
 またすぐに帰ってくるよね?」 He IS going to come back soon, right?”
RED XIII {Red XIII}
「…………」 “…”
「……だいじょうぶ。 “…Don't worry.
 じっちゃんのことだから Grandpa will come back floating,
 またすぐにプカプカやってくるさ。 saying 'Ho Ho Hoooo' again…”
 『ホーホーホウ』って……」
「ウン、そうなのです! “Yea, that's right!
 『ホーホーホウ』なのです!」 'Ho Ho Hoooo'!”
「ホーホーホウです! “It's Ho Ho Hoooo!
 ホーホーホウ!」} Ho Ho Hoooo!”
シルドラ・イン Shildra Inn
『エリクサー』を手にいれた! Received "Elixir"!
道具屋 Item Store
「やあ、どうも。 “Hello.
 何をお探しかな?」 Looking for anything in particular?”
「おや、どうも。 “Hi.
 もちろん、店は開いてますよ」 Of course, our store's open.”
「怖くはありません。 “No need to fear. I have the
 私には『星命学』がありますから」 'Study of Planet Life' right here.”
「いや、本当は怖いのかもしれない。 “No, maybe I AM a bit afraid. But, whenever
 でも、少なくとも『星命学』の本を I'm reading 'Study of Planet Life,'
 よんでいる間は、そのことを I can forget all my fears.”
 忘れられるんです……」}
『エリクサー』を手に入れた! Received "Elixir"!
『テレポストーン』を手にいれた! Received "Telpostone"! Received Teleportation Stone
『マジックアップ』を手にいれた! Received "Magic Source"!
『フルケア』のマテリアを手にいれた! Received "Full Cure" Materia!
これいじょうマテリアは持てません。 You can not take on any more Materia.
なにかマテリアをすててください。 Please discard some Materia.
『無用の扉』前 Gate of Naught
「このトビラってさあ。
 ブーゲンハーゲンさまが “Bugenhagen sealed this door shut.”
 フーインしてるからあかないんだ」
「フーインて、なんだろ? “How'd he do that?
 きょうりょくせっちゃくざい With super glue?”
 のことかな?」
「う~ん…… “Nope…
 やっぱりひらかないよ~。 It doesn't open…
 フーインてなんなんだろ? How'd he seal it?
 きょうりょくじしゃくかな?」 With a huge magnet?”
やはりブーゲンハーゲンでなければ It seems like the only one that
開けられないようだ……} can open it is Bugenhagen…
天文台 Observatory
ブーゲンの研究所 Bugen Research Center
RED XIII {Red XIII}
「CLOUD、この人が “{Cloud},
 ブーゲンのじっちゃん」 this is my grandfather, Bugen.”
「なんでも知ってる “He is incredible.
 すごいじっちゃんさ」 He knows everything.”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ホーホーホウ。 “Ho Ho Hoooo.
 ナナキがちょっとだけ I hear that you looked
 世話になったようじゃの」 after Nanaki. ”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ナナキはまだまだ子供だからのう」 “Nanaki is still a child you see.”
RED XIII {Red XIII}
「やめてくれよ、じっちゃん! “Please stop, Grandfather.
 オイラはもう48歳だよ」 I'm 48.”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ホーホーホウ。 “Ho Ho Hoooo.
 ナナキの一族は長命じゃ」 Nanaki's tribe has incredible longevity.”
「48歳といっても人間の年で考えれば “So you see his 48 years would
 まだ15、6歳くらいのものじゃ」 only be equivalent to say that of
CLOUD {Cloud}
「15、6歳!?」 “15 or 16!?”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「無口で考え深い。 “He's quiet and very deep.
 あんたはナナキのことを You thought he was an adult?”
 立派な大人だと思っていたのかな?」
RED XIII {Red XIII}
「……じっちゃん。 “…Grandfather.
 オイラはやく大人になりたいんだよ」 I want to be an adult.”
「はやくじっちゃんたちを “I want to grow up to be able to
 守れるようになりたかったんだよ」 protect you and the village.”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ホーホーホウ。 “Ho Ho Hoooo.
 いかんな、ナナキ。 No Nanaki.
 せのびしてはいかん」 You can't stand on your own yet.”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「せのびをすると “To do that now would
 いつかは身をほろぼす」 destroy you in the long run.”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「天にとどけ、星をもつかめとばかりに “Reaching up into the heavens, threatening
 つくられた魔晄都市。 to snatch the very stars from the great
 あれを見たのであろう?」 city of Midgar. You've seen it, haven't you?”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「あれが悪い見本じゃ。 “Well, that's a bad example.
 上ばかり見ていて Looking up too much makes you
 自分の身のほどを忘れておる」 lose perspective.”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「この星が死ぬときになって “When it's time for the Planet to die,
 やっと気づくのじゃ。 you'll understand that you know
 自分が何も知らないことにな」 absolutely nothing.”
CLOUD {Cloud}
「……星が死ぬ?」 “…When the Planet dies?”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ホーホーホウ。 “Ho Ho Hoooo.
 明日か100年後か…… It may be tomorrow, or 100 years from now…
 それほど遠くはない」 But it's not long off.”
CLOUD {Cloud}
「どうしてそんなことが “How do you know this?”
 わかるんだ?」
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「星の悲鳴が聞こえるのじゃ」 “I hear the cries of the Planet.”
CLOUD {Cloud}
「これは?」 “What's that?”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「天に輝く星の音。 “The sounds of the stars in the heavens.
 こうしているうちにも星は生まれ、死ぬ」 While this goes on, planets are born, and die.”
CLOUD {Cloud}
「今のは?」 “What was that?”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ホーホーホウ。 “Ho Ho Hoooo.
 この星のさけびじゃ」 That was a scream from the Planet.”
「痛い、苦しい…… “Didn't you hear it? As if to say…
 そんなふうに聞こえるじゃろ?」 I hurt, I suffer…”
RED XIII {Red XIII}
「CLOUDたちは “They have come here on a journey
 星の命を救うために旅をしているんだ」 to save the planet.”
「じっちゃんのじまんのアレを “Why don't you show them
 見せてやったらどうかな」 your apparatus?”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ホーホーホウ! “Ho Ho Hoooo.
 星を救う! ホーホーホウ!」 To save the planet? Ho Ho Hoooo!”
「そんなことは不可能じゃ。
 人間なんぞに何ができる」
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「しかし、なんじゃ。 “But, then again, I guess it
 わしのじまんのアレを見るのは wouldn't hurt to show him.”
 けしてムダではなかろう」
RED XIII {Red XIII}
「ああ、その人たちも “He brought friends, too.
 CLOUDの仲間だ。 I'll go get them.”
 オイラが行くよ」
RED XIII {Red XIII}
「そうだCLOUD。 “{Cloud},
 誰かつれておいでよ」 please call one of them.”
「じっちゃんのアレは “Only three people can fit
 定員3名だからね」 in Grandfather's machine.”
「ブーゲンハーゲンさま~!」 “Bugenhagen!”
「またヘンテコな人たちが “Several odd looking
 いっぱいきましたです~」 people are here.”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「なんじゃ、急に “The whole place has gotten
 さわがしくなったな」 busy all of a sudden.”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「そうあわてんでも “Don't worry.
 わしのアレはにげたりせんよ。 My machine won't run away.
 仲間もさそってくるといい」 Go and invite your friends.”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「お~い、こっちじゃ。 “Here, over here.
 とびらのカギは開いとるから The door's unlocked, come in.”
 入ってくるがいい」
長老ハーゴ Elder Hargo
「ブーゲンハーゲン様のこと “I hope great Bugenhagen will take care and
 どうかよろしく。 not overexert himself.”
 あまりムリはさせないように」
「『ホーホーホウ』なんて “'Ho Ho Hoooo.'
 フワフワしてても、ナナキのように I may be light,
 若くはないからして……」 But I'm not as young as Nanaki.”
「おっと。そんなコト言ってると “Oops. That will only get you angry.
 怒られるかの。 You're just like me.
 ワシも似たようなもんだしの。
 ホッホッホ」} Ho ho ho.”
天文台 Observatory
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ホーホーホウ。 “Ho Ho Hoooo.
 そろったようじゃな? It looks like you have them all together.
 それじゃ、はじめようかの」 Then let's begin.”
「ホレ、そこにたつんじゃよ」} “I'll stand there.”
天文台 Observatory
AERITH {Aeris}
「きれい……ホントの宇宙みたい。 “So pretty…It's just like
 ね、CLOUD?」 the real thing!”
TIFA {Tifa}
「うわ~! 本物の宇宙みたい!」 “Wow! It's just like the real thing!”
BARRET {Barret}
「こいつはすげえ!」 “This is really somethin'!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ひゃぁ~! “Whew!
 ほんまもんみたいや~!」 Just like the real thing!”
YUFFIE {Yuffie}
「おっ! おおっ! “Woa! Wooooah!
 アタシを驚かせるなんて Pretty good, surprisin' me!”
 やるじゃないか!」
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ほほ、そうじゃろう。 “Hmm, yes pretty good.
 これがワシのじまんの実験室じゃ」 This is my laboratory.”
「この宇宙の仕組みが全てこの “All the workings of space
 立体ホログラフィシステムに are entered into this
 インプットされておる」 3D Holographic System.”
AERITH {Aeris}
「あっ! 流れ星!」 “Hey! A shooting star!”
TIFA {Tifa}
「みてみて!流れ星!」 “Look, look! A shooting star!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「おわっ! 流れ星や!」 “Whoa! There goes a shootin' star!”
BARRET {Barret}
「おおっ! 星が流れてるぜ!」 “Whoa! Shootin' stars!”
YUFFIE {Yuffie}
「な、なんだ? 流れ星?」 “Wh, what the? A shooting star?”
AERITH {Aeris}
「うわ~、ステキ」 “Wow, how wonderful.”
TIFA {Tifa}
「スゴイ、スゴイ、スゴイ “Oh! This is amazing!!”
 スゴ~イ!!」
CAIT SITH {Cait Sith}
「感激もんですわ~!」 “I'm so overwhelmed!”
BARRET {Barret}
「こいつはすごいぜ!」 “This's really somethin'!”
YUFFIE {Yuffie}
「ヒュ~!!」 “Whew!!”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ホーホーホウ。 “Ho Ho Hoooo. Yes, it is something,
 そうじゃろ、すごいじゃろ」 isn't it?”
「さて、そろそろ “Well, let's get to
 本題に入ろうかの」 the subject.”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「人間は……いつか死ぬ。 “Eventually…all humans die.
 死んだらどうなる?」 What happens to them after they die?”
「身体は朽ち、星に帰る。 “The body decomposes, and returns to
 これは広く知られているな。 the Planet. That much everyone knows.
 では、意識、心、精神はどうじゃ?」 What about their consciousness,
「じつは精神も同じく “The soul too returns
 星に帰るのじゃな」 to the Planet.”
「人間だけではない。 “And not only those of humans, but everything
 この星、いや宇宙に生きるもの on this Planet. In fact, all living things
 すべてひとしく」 in the universe, are the same.”
「星に帰った精神は “The spirits that return to the Planet,
 まざりあい、星をかけめぐる」 merge with one another and roam the Planet.”
「星をかけめぐり、まざり、分かれ “They roam, converge, and divide,
 『ライフストリーム』と呼ばれる becoming a swell, called the 'Lifestream'.”
 うねりとなる」
「ライフストリーム…… “Lifestream…
 すなわち星をめぐる精神的な In other words, a path of
 エネルギーの道じゃな」 energy of the souls roaming the Planet.”
「『精神エネルギー』 “'Spirit Energy' is a word that
 この言葉を忘れてはいかん」 you should never forget.”
「新しい命……子供たちは “A new life…children are
 精神エネルギーの祝福を受けて blessed with Spirit Energy and
 うまれてくる」 are brought into the world.”
「そして、時が来て、死に “Then, the time comes when they die
 また星に帰る……」 and once again return to the Planet…”
「むろんいくつかの例外はあるが “Of course there are exceptions,
 これがこの世界の仕組みじゃ」 but this is the way of the world.”
「いろいろ話してしまったが “I've digressed, but you'll
 まあ、これを見たらわかるじゃろ」 understand better if you watch this.”
精神エネルギーのおかげで Spirit energy is the source of life for
木や鳥や人間は…… trees, birds, and humans.
いやいや生き物だけではない。 And not only living things.
星が星であるためには It makes it possible
精神エネルギーが必要なんじゃ。 to form Planets.
その精神エネルギーが And if that Spirit Energy
なくなったらどうなる? were to disappear…
「……終わりじゃ」 “It would be the end of life as we know it.”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「……これが星命学の基本じゃな」 “…These are the basics
CLOUD {Cloud}
「精神エネルギーが失われると “If Spirit Energy disappears,
 星が滅びる……」 our Planet will die.”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ホーホーホウ。 “Ho Ho Hoooo.
 精神エネルギーは自然の流れの中でこそ Spirit Energy is efficient BECAUSE it exists
 その役割を果たすのじゃ」 within nature.”
「むりやり吸い上げられ “When Spirit Energy is forcefully extracted,
 加工された精神エネルギーは and manufactured, it can't accomplish
 本来の役割を果たさん」 its true purpose.”
CLOUD {Cloud}
「魔晄エネルギーのことを言ってるのか?」 “You're talking about Mako energy, right?”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「魔晄炉に吸い上げられ “Everyday Mako reactors suck up
 ずんずん減っていく精神エネルギー」 Spirit Energy, diminishing it.”
「魔晄炉によって過度に凝縮される “Spirit Energy is compressed in reactors
 精神エネルギー。 and processed into Mako energy. All living
 魔晄エネルギーなどと名づけられ things are being used up and thrown away.”
 使いすてられているのは、すべて星の命じゃ」
「すなわち魔晄エネルギーは “In other words, Mako energy
 この星を滅ぼすのみ……じゃ」} will only destroy the Planet…”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「星の話…… “The story of the planets…
 星とともに生きた者の話……」 and those who lived with them…”
「もっと知りたいかの? “If you want to know more,
 それなら長老たちの話を then you must listen to
 聞くとよかろう」 the words of the elders.”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ナナキが? “Nanaki?
 父親をふぬけと?」 His father a coward?”
「そうか…… “So that's it…Nanaki's been
 ナナキがそんなことを……」 thinking that all this time…”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ホーホーホウ。 “Ho Ho Hoooo.
 あんたたちか」 You people.”
「ナナキはどうしてるかの? “Where is Nanaki?
 メイワクかけとらんかの?」 I hope he wasn't a burden.”
「ホーホーホウ。 “Ho Ho Hoooo. I'm glad
 よく帰ったな、ナナキ」 you're back, Nanaki.”
「すまんが、これからも “I hate to trouble you,
 ナナキのことをよろしくな」 but please look after Nanaki.”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ホーホーホウ。 “Ho Ho Hoooo. That's a machine
 それはわしにしか only I can use.”
 あつかえんキカイじゃよ」
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ホーホーホウ」 “Ho Ho Hoooo.”
「……と言ってられる場合じゃ “…no time for humming now.
 ないんじゃの。 The Planet is nearing
 まさに星の死が近づいておる」 imminent death.”
「しかし、これが星の望んだことかの? “But is this perhaps, what the
 星はこんな終わりかたを Planet wanted? Did the Planet
 ねがったのかの?」 actually want to end like this?”
「そんなはずはないじゃろう。 “I don't believe so.
 だとすれば、まだあんたたちにも Were it not so, you people would still
 やれることはあるはずじゃ」 have much to do.”
「もちろんわしにもじゃ。 “And myself, too.
 わしの知識が必要になったら Come back whenever you are
 いつでもきてくれい」 in need of my knowledge.”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ホーホーホウ」 “Ho Ho Hoooo.”
「……と言ってられる場合じゃ “…no time for humming now.
 ないんじゃの。 The Planet is nearing
 まさに星の死が近づいておる」 imminent death.”
「ところでCLOUDは? “Where is {Cloud}?
 いっしょじゃないのかの?」} Wasn't he with you?”
コスモキャンドル Cosmo Candle
BARRET {Barret}
「コスモキャニオン…… “Cosmo Canyon…
 アバランチの生まれた場所……」 This's where AVALANCHE was born…”
「あいつらと約束してた。 “I promised my guys someday…
 いつか……神羅からこの星を when we saved the Planet
 すくったその時には from the Shinra, that we'd all
 コスモキャニオンへ行って go to Cosmo Canyon and celebrate…”
 祝杯をあげよう……」
「ビッグス…… “Biggs…{!}{Pause:Wait}
 ウェッジ…… Wedge…{!}{Pause:Wait}
 ジェシー……」 Jessie…{!}{Pause:Wait}
「みんな…… “Now they're all gone…
 みんないなくなっちまった…… died for the Planet.”
 この星を守るために」
BARRET {Barret}
「……本当に? “…Really?
 この星の命を守るため?」 To save the Planet?”
「オレたちは……オレは…… “We all…
 神羅が憎かっただけ……」 we all hate the Shinra…”
「そのオレに…… “But is it right to go on?”
 これ以上旅をつづける
 資格はあるのか?」
「あいつらは…… “Will they…
 それを許してくれるのか?」 …will they ever forgive me?”
BARRET {Barret}
「……今はわからねえ。 “…Right now, I really don't know.
 だがよ、オレはきめたんだ」 But I do know one thing.”
「オレが何かすることで “If there's anything I can do,
 この星が……この星にすむ to save the Planet…or the people livin' on it…
 人間がすくわれるなら、オレはやるぜ」 Then I'm gonna do it!”
「正義だとか復讐だとか “I don't care if it's for justice
 そんなことは他のやつらが or revenge, or whatever.
 勝手に決めりゃいい」 I don't care…”
BARRET {Barret}
「うおおおお! “Urrrrrgh!
 オレはやるぜ!!」 I'm gonna do it!!”
BARRET {Barret}
「もう一度…… “Again…
 もう一度アバランチの結成だ!」 Again…AVALANCHE's born again!”
TIFA {Tifa}
「ねえ、CLOUD」 “{Cloud}…”
「たき火って不思議ね」 “Bonfires are funny, aren't they?”
「なんだかいろんなこと “They make you remember
 思い出しちゃうね」 all sorts of things.”
TIFA {Tifa}
「あのねえ、CLOUD。 “You know, {Cloud}.
 5年前……」 five years ago…”
CLOUD {Cloud}
「……?」 “…?”
TIFA {Tifa}
「……ううん」 “…It's nothing.”
TIFA {Tifa}
「やっぱりやめる。 “No, forget it.
 聞くのが……怖い」 I'm afraid to ask…”
CLOUD {Cloud}
「なんだよ」 “What is it?”
TIFA {Tifa}
「CLOUD……どこかに “It feels like…
 行っちゃいそうで……」 it feels like you're going far away…”
TIFA {Tifa}
「CLOUDは……本当に “You really, really are…
 本当にCLOUD……だよね」 you…right?”
AERITH {Aeris}
「わたし、べんきょうしちゃった。 “I learned a lot.
 長老さんに教えてもらったの。 The elders taught me many things.”
 いろいろ」
「セトラのこと…… “About the Cetra…
 約束の地のこと……」 And the Promised Land…”
AERITH {Aeris}
「わたし……ひとりだから…… “I'm…alone…
 ひとりだけに I'm all alone now…”
 なっちゃったから……」
CLOUD {Cloud}
「俺が……俺たちがいるだろ?」 “But I'm…we're here for you, right?”
AERITH {Aeris}
「わかってる。 “I know.
 わかってるけど…… I know, but…
 セトラは……わたしだけなの」 I am the only…Cetra.”
CLOUD {Cloud}
「俺たちじゃ、力になれないのか?」 “Does that mean we can't help?”
AERITH {Aeris}
「…………」 “……”
YUFFIE {Yuffie}
「予想どおり、たいくつなとこだね~。 “What a boring place, just like I thought.
 はやく、どっか行こ! I wanna go somewhere!
 そいで、マテリア探そ!」 Let's go find some Materia!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「こんなん、何年ぶりやろか…… “I wonder how many years it's been…
 な~んや、いろんなこと Gosh, it brings back memories……”
 思いだしますなぁ……」
RED XIII {Red XIII}
「……ずっとむかし」 “…Long ago.”
RED XIII {Red XIII}
「オイラが本当に子どものころだ。 “…When I was still very small.
 あの日も、やっぱり We were all around this flame…”
 みんなでこの火をかこんで……」
RED XIII {Red XIII}
「やっぱり話すのや~めた」 “No, never mind…”
CLOUD {Cloud}
「どうしたんだ?」 “What happened?”
RED XIII {Red XIII}
「オイラの両親のことだからさ」 “It's about my parents.”
「母さんの話をするとオイラの胸は “When I talk about my Mother,
 ほこらしい気持ちではちきれそうになる」 I am full of pride and joy…”
「それはいいんだ。 “And that's fine.
 でも、父親のことを思い出すと …But when I think of my father,
 オイラの胸は怒りで……」 my heart is full of anger…”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「……やはり父親が許せないか」 “…You really can't forgive your father?”
RED XIII {Red XIII}
「当たりまえだよ。 “Of course.
 あいつは……母さんを見殺しにしたんだ」 He…left Mother for dead.”
RED XIII {Red XIII}
「ギ族が攻めてきたとき “When the Gi tribe attacked,
 あいつは1人で逃げ出した。 he ran off by himself, leaving
 母さんと谷の人たちを放り出してさ!」 Mother and the people of the Canyon!”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「……来るがよい、ナナキ。 “…Come, Nanaki.
 おまえにみせたいものがある」 There's something you should see.”
RED XIII {Red XIII}
「……?」 “…?”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ちょっとばかり危険な場所だ」 “The place may be dangerous.”
「CLOUDよ。 “{Cloud}.
 おまえと、あと1人 Will you and one other person come with us?”
 いっしょに来てくれんか」
RED XIII {Red XIII}
「…………」 “…”
BARRET {Barret}
「……どこ行こうってんだ?」 “…Where're they going?”
TIFA {Tifa}
「私も行っていいの?」 “Can I go too?”
AERITH {Aeris}
「何かしらね、RED XIIIに “I wonder what he wants to
 見せたいものって……」 show {Red XIII}?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「キケンなんやったら “Dangerous?
 エンリョしますわ……」 Count me out…”
YUFFIE {Yuffie}
「見せたいものって、アレかな? “I wonder what he wants to show him? Hmm,
 ホラ、この谷に代々つたわる maybe it's Materia that's been
 マテリアとかさ!」} passed down for generations?”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ホーホーホウ」 “Ho Ho Hoooo”
「用意はいいかの?」 “Are we all set?”
    ああ…… {Choice}Yeah
    ちょっと待った {Choice}Just a minute
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「なんじゃ、まだか。 “Not ready yet?
 用意ができたら教えておくれ」 Tell me when you are ready.”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ホーホーホウ。 “Ho Ho Hoooo.
 なら、行くとするかの」 Shall we go?”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「これでよし。 “All right.
 さあ、入った入った」 Come in, come in.”
RED XIII {Red XIII}
「あれ? “Okay.
 じっちゃんが案内して You lead the way,
 くれるんじゃないの?」 Grandpa…”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「な~に言うとるんじゃ。 “What, are you crazy?
 ちょっとばかり危険だと It's dangerous in there.
 言うたじゃろ」 I told you that!”
「年寄りに先を行かせるのか? “You want an old man
 わしは後ろからついていくよ」} like me to go first?
封印の洞窟 Sealed Cave
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「なんじゃ、もどるのか? “What is it? You're going back?
 わしはここで待ってるから I'll be waiting here for you
 用意ができたらすぐくるんじゃぞ」 when you're ready.”
「この扉、いつまでも “I can't leave this door
 開けておくわけにも open forever.”
 いかんのでな」
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「よしよし。 “Good.
 それじゃ行くとしよう」} Then we shall proceed.”
ギ族の洞窟 Cave of the Gi
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ホーホーホウ」 “Ho Ho Hoooo.”
「ここにいるのはみな “Everyone here's a Ghost
 ギ族の亡霊じゃ。 of the Gi tribe,
 ある戦士に倒された、な」 killed in a certain battle.”
RED XIII {Red XIII}
「ある戦士……?」 “ A certain battle?”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「しかし、死してなおギ族の憎悪の “The vengeful spirits of the Gi
 精神は消えず、ライフストリームに didn't disappear, and couldn't
 帰ることすらこばんでいるのじゃ……」 return to the Lifestream…”
「先はまだ長いぞ、ホーホーホウ」 “We still have far to go.
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「この洞窟はコスモキャニオンの裏へと “This cave leads to
 つづいておる」 the back of Cosmo Canyon.”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ここからギ族に攻め入られたら “If we had been attacked by the Gi here,
 ひとたまりもなかったじゃろう」 we wouldn't have stood a chance.”
RED XIII {Red XIII}
「…………」 “…”
CLOUD {Cloud}
「不思議な形をした石だ……」 “This is a strange looking rock…”
    くずしてみる {Choice}Break it open
    そっとしておく {Choice}Leave it alone
CLOUD {Cloud}
「おかしな形をした石だ……」 “Funny looking rock…”
    くずしてみる {Choice}Break it open
    そっとしておく {Choice}Leave it as is
CLOUD {Cloud}
「きみょうな形をした石だ……」 “An odd shaped rock…”
    くずしてみる {Choice}Break it open
    そっとしておく {Choice}Leave it as is
CLOUD {Cloud}
「変わった形をした石だ……」 “A strange shaped rock…”
    くずしてみる {Choice}Break it open
    そっとしておく} {Choice}Leave it as is
『ついかこうか』のマテリアを手にいれた! Received "Added Effect" Materia!
これいじょうマテリアは持てません。 You cannot take on any more Materia.
なにかマテリアをすててください。 Please discard some Materia.
ギ族の洞窟 Cave of the Gi
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「みてのとおり、この洞窟は “As you can see, this cave
 コスモキャニオンの裏へと leads to the back of Cosmo Canyon.”
 つづいておる」
「ギ族はわしらより体も大きく “Even though the Gi outnumbered
 なにより残忍じゃ。 us, they could not attack
 ここから攻め入られたら through here because the
 ひとたまりもなかったじゃろう」 passage is too narrow.”
RED XIII {Red XIII}
「…………」 “…”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「さあ、先へ進もうかの」} “Let's move on.”
『ブラックメガホン』を手にいれた! Received "Black M-phone"!
『エーテル』を手にいれた! Received "Ether"!
ギ族の洞窟 Cave of the Gi
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「その戦士はこの洞窟を “This warrior went through
 1人で走りぬけた」 the cave all alone.”
「次から次へと襲いかかってくる “Fighting attackers one
 ギ族と戦いながら……」 after another…”
RED XIII {Red XIII}
「じっちゃん…… “Grandpa…
 その戦士って……」 That warrior…”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ホーホーホウ…… “Ho Ho Hoooo…
 あと少し、じゃな」} We're almost there.”
『フェアリーリング』を手にいれた! Received "Fairy Ring"!
『エクスポーション』を手にいれた! Received "X-Potion"!
『エーテルターボ』を手にいれた! Received "Turbo Ether"!
ギ族の洞窟 Cave of the Gi
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「なんということじゃ……」 “What is this?”
RED XIII {Red XIII}
「じっちゃん、こいつは……!?」 “Grandpa, is he?”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「死してなお…… “After death…
 ギ族の亡霊が…… The ghosts of the Gi.
 よどんだ大気のように……」 Like stagnant air…”
「これは……いかん!!」 “This…can't be!!”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「……ありがとう、CLOUD。 “…Thank you, {Cloud}.
 あんたたちのおかげで because of you, we survived.”
 なんとか助かったよ」
「ナナキもいつのまにか、 “Nanaki, you have grown strong, too.”
 ずいぶん強くなっていたんじゃな」
RED XIII {Red XIII}
「へへへ……そうかな?」 “…Oh yeah?”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「やはりお前を連れてきたのは “Now I know that it wasn't a mistake
 間違いではなかったようじゃ……」 bringing you here…”
「さ、お前に見せたいものは “Come, I have something I want to show you.
 すぐそこじゃよ」} Right over here.”
これいじょうマテリアは持てません。 You cannot take on any more Materia.
なにかマテリアをすててください。 Please discard some Materia.
『じゅうりょく』のマテリアを手にいれた! Received "Gravity" Materia!
セトの壁 Cet Wall Seto's Wall
RED XIII {Red XIII}
「ここは……」 “This is…”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「……その戦士はここで “…The warrior who fought
 ギ族と戦った」 against the Gi.”
「ギ族が一歩たりとも “He kept them from taking even
 コスモキャニオンに one step into Cosmo Canyon.”
 入りこめないようにな」
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「そして自分は “But he was never able to
 二度と村へもどることは return to town…”
 なかった……」
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「見るがいいナナキ。 “Look, Nanaki.
 おまえの父、戦士セトの姿を」 Look at your father,
RED XIII {Red XIII}
「……あれが…… “…That…
 あれが……セト……?」 That's…Seto?”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「セトはあそこでギ族と戦いつづけた。 “Seto continued to fight the Gi tribe here.
 この谷を守りつづけた」 …To protect this Canyon.”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ギ族の毒矢で体を石にされても…… “Even after the Gi's poisonous arrows
 ギ族がすべて逃げだしたあとも…… turned his body to stone……”
 戦士セトはここを守りつづけた」
「いまもこうして守りつづけている」 “Even after they all ran away…
RED XIII {Red XIII}
「いまも……」 “Even now…”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「たとえ、逃げだしたひきょうものと “You thought that he was a coward
 思われても、たった1人、命をかけて and ran away. But he, alone risked
 コスモキャニオンを守ったんじゃ」 his life to protect Cosmo Canyon.”
「それがおまえの父親セトじゃ」 “That is your father, Seto.”
RED XIII {Red XIII}
「あれが……あれがセト? “That…is Seto?
 ……!? …!?
 母さんはこのことを?」 Did Mother know?”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ホーホーホウ……知っておったよ。 “Ho Ho Hoooo…She knew.
 2人はあの時、わしに頼んだんじゃ。 The two of them made me promise
 この洞窟は封印してくれとな」 to keep this cave shut.”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「わし1人で封印し “They asked me to seal it myself
 そのことは誰にも話してはいけない」 and not to tell a soul.”
「こんな洞窟のことは “They said we should
 忘れた方が良いから、と言ってな」 forget about this cave.”
RED XIII {Red XIII}
「…………」 “…”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「……CLOUD。 “{Cloud}…
 勝手を言ってすまないが Would you mind leaving
 わしら、2人きりにしてくれんかの」 the two of us alone?”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ナナキよ。 “Nanaki. I want you to
 CLOUDたちと旅を continue your journey with
 つづけるのじゃ」 {Cloud} and the others.”
RED XIII {Red XIII}
「じっちゃん!?」 “Grandpa!?”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「聞くのじゃ、ナナキ」 “Listen, Nanaki.”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「CLOUDたちは星を救うなどと “{Cloud} says they are
 言っておるな」 trying to save the Planet.”
「正直なところ、そんなことが “Honestly, I don't think
 できるとは、わしには思えん」 it can be done.”
「この星のすべての魔晄炉を止めても “For even if they stop every reactor
 星の死は、ほんの少しのびるだけじゃ。 on the Planet, it's only going
 セフィロスとやらを倒しても同じこと。 to postpone the inevitable.”
 かたちあるものは必ず滅す、じゃ」
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「だがな、ナナキ。 “Even if they stop Sephiroth,
 わしは最近考えるんじゃ」 everything will perish.”
「こんなにも星が苦しんでいるのに “But, Nanaki.
 星の一員、いや、星の一部である I've been thinking lately.”
 わしらにできることは本当に “I've been thinking if there was
 何もないのか、とな」 anything WE could do,”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「結果はどうなろうと “No matter what happens,
 何かやることが大切なのではないか?」 isn't it important to try?”
「わしは運命を “Am I just wishing against fate?”
 受け入れすぎるのではないか?」
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「だが、何かをするには “I am too old to do
 わしは年をとりすぎた……」 anything about it…”
「ことしで130歳じゃよ。 “This year, I'll be 130.
 ホーホーホウ、じゃ」 Ho Ho Hoooo.”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「だからナナキよ、行けい! “That is why, Nanaki, you must
 わしの代わりにすべてを見とどけるんじゃ」 go with them! For my sake.”
RED XIII {Red XIII}
「じっちゃん……」 “Grandpa…”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「おまえがここを離れる前に “I wanted to show you your real father
 どうしても父親の真実の姿を before you left…”
 見せておきたかったんじゃ……」
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「わしが生きてるうちに “I'm so glad that you came back
 おまえが帰ってきてよかったわい」 while I was still alive to show you.”
RED XIII {Red XIII}
「じっちゃん……さみしいこと言うなよ。 “Grandpa…don't talk like that.
 じっちゃんがいなくなるなんて I don't want to think of life…
 オイラ……」 without you…”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ホーホーホウ。 “Ho Ho Hoooo.
 わしはもうじゅうぶん生きたよ」 Well, I've had a long life.”
RED XIII {Red XIII}
「じっちゃん! “Grandpa!
 生きててくれなくちゃダメだ!」 You must live!”
RED XIII {Red XIII}
「オイラは見とどける」 “I'll see to it.”
「星がどうなるのかを見とどけて “I'll see to what's happening
 そして帰ってくる。 to the Planet. And I'll come
 じっちゃんに報告するために」 back to tell you.”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ナナキ……」 “Nanaki…”
RED XIII {Red XIII}
「オイラは “I am Nanaki of
 コスモキャニオンのナナキ。 Cosmo Canyon!
 戦士セトの息子だ!」 The son of the
「その名にはじない戦士に “I'll come back a
 なって帰ってくる! warrior true
 だから、じっちゃん!」 So please, Grandpa…”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「あれは……セトの…… “That's…Seto's…
 おお……セト……」 Seto…”
RED XIII {Red XIII}
「セト…… “Seto…
 父……さん……」} Fa…Father…”
CLOUD {Cloud}
「そろそろ出発しようか」 “Shall we get going?”
AERITH {Aeris}
「ここで、お別れね。 “So this is it,
 RED XIII……」 {Red XIII}…”
BARRET {Barret}
「しかたねえさ。
 ……けっこう頼りになる “That's just the way it goes.
 やつだったんだけど、な」 …You came in handy at times…”
BARRET {Barret}
「バギーは何とか動けるようになったぜ」 “The buggy's fixed, so we can go now.”
BARRET {Barret}
「バギーの修理、終わったらしいぜ」 “They said they finished fixin' the buggy.”
    BARRET {Barret} Placeholders for "PHS", sorta.
    TIFA {Tifa}
    AERITH {Aeris}
    CAIT SITH {Cait Sith}
    YUFFIE} {Yuffie}