Dialogue Script

Chapter: 21 - Nibelheim

All Nibelheim NPCs, from start to end, Tifa's letter, getting Final Heaven, the Shinra Mansion, meeting Sephiroth who talks about the Reunion

 
FF7 International ScriptFF7 PC English ScriptMissing TranslationNotes
JAPANESE (Intl Ver) PC ENGLISH
ニブルヘイム Nibelheim
TIFA {Tifa}
「え~っ!!」 “What!?”
TIFA {Tifa}
「燃えちゃったはず、だよね?」 “This was all burnt down, wasn't it?”
CLOUD {Cloud}
「……そのはずだ」 “…I thought so.”
TIFA {Tifa}
「それなのに、どうして? “Then why…
 私の家もある……」 My house is still here too…”
BARRET {Barret}
「どうなってるんだよ! “The hell's goin' on!?
 おまえ夢でも見てたのか?」 This a dream or somethin'?”
AERITH {Aeris}
「……なんだか、変?」 “…Something's strange?”
RED XIII {Red XIII}
「どういうことなんだろう……」 “I wonder what's going on…”
CAIT SITH {Cait Sith}
「CLOUDさん、夢でも見とったんと “{Cloud}, maybe you
 ちゃいますか?」 were just dreaming…?”
CID {Cid}
「聞いてた話とちがうぜ!」 “Hey, it isn't like
YUFFIE {Yuffie}
「なになに!?」 “What the…?”
BARRET {Barret}
「おまえ、この村は “You said the whole town burnt down, right?”
 全部燃えちまったって
 言ってたよな」
AERITH {Aeris}
「ここ、ニブルヘイムだよね? “This is Nibelheim, right?
 村、ちゃんとしてるよ」 But the town's all here.”
RED XIII {Red XIII}
「ここがニブルヘイム? “This is Nibelheim?
 燃えて全滅って聞いてたけど」 I heard it burnt down.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「セフィロスのせいで村は全滅。 “The whole town was destroyed by Sephiroth.
 そう聞いてましたけど……」 At least that's what I heard…”
CID {Cid}
「おめえ、故郷は燃えてなくなったとか “Didn't you say that your hometown
 言ってなかったか?」 burned down?”
YUFFIE {Yuffie}
「村、なくなったって “I thought someone said
 誰かから聞いたよ!」 this town burnt down!”
CLOUD {Cloud}
「……ああ」 “…Yeah.”
BARRET {Barret}
「おまえ、オレたちを “You tryin' to fool us?”
 だましやがったのか!?」
AERITH {Aeris}
「ね、どうなってんのかな?」 “Hey, what's going on?”
RED XIII {Red XIII}
「CLOUD…… “{Cloud}…
 オイラたちにウソついた?」 Did you lie to us?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「CLOUDさん “{Cloud}, did you make up that story
 同情でもひこ思て、つくり話ですか?」 just to get our support?”
CID {Cid}
「CLOUDよう。 “Yo, {Cloud}.
 ウソはいけねえぜ」 It's not good to lie.”
YUFFIE {Yuffie}
「どしたの?」 “What happened?”
CLOUD {Cloud}
「俺はウソなんか言ってない」 “I'm not lying!”
CLOUD {Cloud}
「俺はおぼえてる…… “I remember…the intense heat of the flames…”
 あの炎の熱さを……」
「うぁぁぁあああ…… “Wooow…
 呼んで……る……セフィロスが…… He's…calling…Sephiroth…
 呼んでる……」 is…calling…”
『マインドアップ』を手にいれた! Got "Mind Plus!" Received "Mind Source"!
「セフィ……ロス……さま…… “The…Great…Se…phi…roth…
 ちかくに……いる……」 is…near..."
「……屋敷……の……なか…… “In…side…inside…the Mansion…
 おおぉぉぉ……セフィ……ロス……さま」 Urrrrrrrgh…the great…Sephi…roth”
「セフィ……ロス……さま…… “Great…Sephi…roth…
 ……行って……しまった……」 …left us…”
「山……こえて…… “Over…mountains…
 行って……しまった……」} …gone…”
「なんだい、あんた?」 “What is it?”
    なんでもないんだ {Choice}Nothing
    話が聞きたい {Choice}I want to hear your story
CLOUD {Cloud}
「俺はこの家に14歳まで “I lived in this house
 住んでいた……」 until I was 14…”
CLOUD {Cloud}
「いや、それよりこの村は “No, but this town was burned down.”
 全部燃えたはずだ」
「なにをネボケたこと “You're sick, saying such things…”
 言ってるんだい!」
「顔あらってから “Get out of here!”
 おとといおいで!」
「そうかいそうかい。 “Oh, really.
 そりゃぁ、私も助かるよ」 Then, it'll help me too.”
「この星はどうなっちまうんだい! “What's going to happen to this Planet!?
 神羅カンパニーは What the hell's Shinra doing!?”
 何をしてるんだい!」}
CLOUD {Cloud}
「黒マントの男!?」 “A man with a black cape!?”
CLOUD {Cloud}
「『11』のイレズミがある……」 “He has a tattoo of the number '11'…”
『エーテルターボ』を手にいれた! Received "Turbo Ether!"
「……行かな……くては…… “…Must…go…
 ……リユニ……オン」 …Reun…ion…”
「あれ……を……手にい……れ “…Must…get…it…
 セ……フィロスに……とどけるの……だ」 and bring…to…Se…phi…roth…”
「そ……して……おぉ…… “Then…become…one…
 セフィ……ロスと……ひとつ……に」 with…Se…phi…roth…”
CLOUD {Cloud}
「この男はナンバー『5』……」} “This guy's number '5'…”
TIFA {Tifa}
「CLOUD…… “{Cloud}…
  CLOUDが弾いてた」 {Cloud} was playing.”
「なんだろう……これ」 “I wonder what…this is?”
『ぞくせい』のマテリアを手にいれた Received "Elemental" Materia!
「マテリアみたいだけど、もうもてない」 “It looks like Materia, but I can't hold any more.”
『ピアノのけんばんの間から “{Tifa}'s secret savings,
 TIFAのへそくり1ギルがでてきた』 1 gil came out of the keyboard.”
「どこかで聞いたメロディ。 “I've heard this melody somewhere before.
 なんとなくうまく弾けた……」 I played it well.”
TIFA {Tifa}
「その曲なら、がくふがあるわ」 “I have the sheet music for that song.”
「あれ? ちょっと待って! “Huh? Wait a minute!
 がくふの間に何かはさまってる」 There's something inside the music sheet.”
『TIFAよ “{Tifa},
 この村はいったいどうなっているのだ? what's happened to our town?
 あれは幻、それとも夢だったのか? Was it all an illusion, or just a dream?
 いや、そんなはずはない。 No, it was neither.
 私ははっきりと覚えている。 I remember trying to get people
 炎の中から無事な者を救いだそうとしたが out of the flames, but not having the strength…
 力およばず…… Burning with anger, I went to the
 怒りに燃えた私はセフィロスを倒すべく reactor to kill Sephiroth.”
 魔晄炉へ向かった。
 セフィロスの姿は見えなかった。 “But he was nowhere to be found.
 そのかわり魔晄炉の中で倒れていた Instead, I found you, collapsed inside.
 TIFA、おまえをみつけたのだ。 I felt saving you was far more important
 セフィロスを倒すよりも than going after Sephiroth.
 おまえの命を救う方が大切だと私は考えた。 There were several others that were still
 魔晄炉の中には他にも何人か alive inside,
 まだ息のある者がいたのだが but I was only able to save you.”
 救うことができたのはおまえだけだった』
『魔晄炉から出ると、神羅の軍隊が “As I was coming out of the reactor,
 到着したところだった。 Shinra troops were just arriving.
 指揮をとっていたのは、たしか宝条という I recall a scientist named Hojo was in charge.
 科学者だったと記憶している。 He ordered the troops to gather up
 宝条は「少しでも息のある者は実験用に everyone still alive for the experiment.
 集めておけ」と兵士たちに命令していた。 I didn't know what type of experiment
 何の実験だか知らないが、かわいい弟子を he was talking about,
 渡すわけにはいかない。 but I wasn't about to let them have
 私はおまえを背負って山をおり “Putting you on my back, I headed down
 そして村を出た。 the mountain to the village.
 私は道中何度もおまえにケアルをかけつつ I used the Cure spell on you many times.”
 おまえの命を救ってくれる医者を求めて “And started to head for Midgar
 ミッドガルを目指した。 to look for a doctor for you.
 あの街は好きではないが、私のケアルだけでは I didn't like that city,
 どうしようもなかった。 and my Cure spells weren't helping.”
 ミッドガルの信頼できる医者におまえをあずけて “I decided to go to Midgar to find
 私は再び旅に出ることにした。 a doctor I could trust.
 おまえのことは心配だったが I'm worried about you, but I can't
 ひとつ場所にとどまっていられないのが settle down in one place for very long.
 私の性分だ。
 傷はすっかり良くなっただろうか? Have you recovered fully? Are you well?”
 元気にしているだろうか?』
『あれから、何年がすぎたのだ? “I wonder how many years have
 私はふらりとこの村に戻ってきたが passed since then?
 正直なところ、おどろいている。 I just got into town again,
 村は元通りだが、黒い服の不気味な者たちが but I can't believe it…
 うろついている……。 The whole town is back to normal,
 神羅のにおいがぷんぷんするが “The town reeks of Shinra,
 私は深追いするつもりはない。 but I won't go after them.
 逃げていると言われればそれまでだが You may think I'm running from them,
 神羅にかかわるのは、もういやなのだ。 but it's just that
 さて、TIFA。 I don't want anything to do
 この家の者が戻って来ないうちに with Shinra anymore.
 ここを立ち去らなくてはならない。 Feels like time is running out.”
 時間はなさそうだ。
 おまえは必ずこの手紙を見つけるにちがいない。 “I'm sure you'll find this letter.
 それを信じてここに私からのおくりものを And this gift for you. It should come in handy.
 隠しておく。
 きっと役に立つだろう。 I can't even jump anymore.
 直接渡したいところだが弟子に老いた自分を
 見られるのはつらい。
 もう私はジャンプさえ出来なくなってしまった。 But I hope you continue to sharpen
 私の技、おまえがみがきあげてくれることを your skills and remember what I taught you.”
 ねがっている。
      最愛の弟子へ ザンガン』 “To my most precious student, From Zangan”
TIFAの最終奥義
『ファイナルヘブン』を手にいれた Received "Final Heaven"
TIFA {Tifa}
「私のピアノを弾いたの?」 “Did you play my piano?”
    いや、弾かなかった No, I didn't
    ギンギンに弾いた Yeah, I jammed on it
    ちょっとだけ Just a little…
CLOUD {Cloud}
「俺だって、がくふくらい読め…… “I can read sheet music too, you know.
 えっと…… Ummm, let's see…”
「ド…レ…ミ…シー…ラー… “Do…{!}{Pause:Timed}\ Re…{!}{Pause:Timed}> Mi…{!}{Pause:Timed}> Ti…{!}{Pause:Timed}\ La…{!}{Pause:Timed}\
 ド…レ…ミ…ソ…ファ…ド…レ…ド… {!}{Pause:Timed}> Do…{!}{Pause:Timed}> Re…{!}{Pause:Timed}> Mi…{!}{Pause:Timed}> So…{!}{Pause:Timed}> Fa…{!}{Pause:Timed}> Do…{!}{Pause:Timed}> Re…{!}{Pause:Timed}> Do…{!}{Pause:Timed}\
 いいや、もう」 Forget it…”
CLOUD {Cloud}
「ピアノでも弾くか……」 “Play the piano?”
    いや、やめておこう {Choice}No, forget it
    ちょっとだけ {Choice}Aw, go for it
「……どうやって弾くんだったかな?」 “…Now, how did this go?”
    忘れた {Choice}I forgot
    おぼえてる {Choice}I remember
  × ド Do {!}{Purple}[CANCEL]{!}{White}
  □ レ Re {!}{Purple}[SWITCH]{!}{White}
  △ ミ Mi {!}{Purple}[MENU]{!}{White}
  ○ ファ Fa {!}{Purple}[OK]{!}{White}
  R1かL1と× ソ So {!}{Purple}[PAGEUP]{!}{White}/{!}{Purple}[PAGEDOWN]{!}{White} + {!}{Purple}[CANCEL]{!}{White}
  R1かL1と□ ラ La {!}{Purple}[PAGEUP]{!}{White}/{!}{Purple}[PAGEDOWN]{!}{White} + {!}{Purple}[SWITCH]{!}{White}
  R1かL1と△ シ Ti {!}{Purple}[PAGEUP]{!}{White}/{!}{Purple}[PAGEDOWN]{!}{White} + {!}{Purple}[MENU]{!}{White}
  R1かL1と○ 高いド Do {!}{Purple}[PAGEUP]{!}{White}/{!}{Purple}[PAGEDOWN]{!}{White} + {!}{Purple}[OK]{!}{White}
  方向キー下 ドミソ(C) Do Mi So (C)Directional key Down
  方向キー左 ドファラ(F) Do Fa La (F)Directional key Left
  方向キー上 レソシ(G) Re So Ti (G)Directional key Up
  方向キー右 ミソ高いド(C) Mi So Do (C)Directional key Right
  スタートボタン 終了 End{!}{Purple}[START]{!}{White}
  スタートボタン 終了 Use {!}{Purple}[START]{!}{White} to end.
CLOUD {Cloud}
「あのとき…… “But…I definitely remember
 確かにこのピアノを弾いた。 playing the piano then.
 でも、なぜ焼けなかったんだ」 So why wasn't it burnt down?”
CLOUD {Cloud}
「黒マントの男!?」 “A man in a black cape?”
CLOUD {Cloud}
「『4』のイレズミだ」 “Tattoo number '4'”
『プラチナフィスト』を手にいれた! Received "Platinum Fist!"
「……どこ……で……す……か? “…Where…are…you?
 セフィ……ロス……さま」 Great…Se…phi…roth…”
『 定期報告 宝条博士へ “Periodic Report to Professor Hojo”
 1 コピー行動記録 1 Clone Activity Report
 残念ながら今期も村を出て行った Unfortunately, no 'CLONES' have left
 【コピー】はいません。 this town this quarter.
 すでに報告させていただいたとおり As previously reported, the 'CLONES 'seem
 【コピー】たちは確かに何かを to be sensing something.
 感じてはいるようです。
 しかし、うわごとのように But all they say is, 'Reunion' or 'Sephiroth'
 【リユニオン】【セフィロス】などと and show no other signs of activity.
 言うだけであり、どこかに旅立つという
 気配はまったくありません。
 2 機密保持関係報告 2 Confidentiality Report
 今期に村をおとずれた人間は計8名。 this town this quarter.
 さいわい、今期も、5年前の事件を Fortunately, none knew about
 知っている者はいませんでした。 the incident five years ago.
 ですから、村が燃える前と同じように Therefore, no one knows the town was restored
 再建されたことに気づいた者はいません。 exactly as it was five years ago.
 村人のふりをしているスタッフの Our staff, disguised as townspeople,
 演技もなかなか上手くなりましたので have improved their acting skills,
 こちらの方は間題なしと思われます。 and we do not report any problems
       以上、報告いたします』} {Choice} That is all.
「はい、いらっしゃい」 “Hi, welcome.”
    とめてくれ {Choice}Give me a room
    話が聞きたい {Choice}What's your story?
「1泊100ギルになります。 “It'll be 100 gil a night.
 よろしいですか?」 Is that all right with you?”
    たのむ {Choice}Yes.
    やっぱりやめる {Choice}Never mind.
「では、ごゆっくりどうぞ」 “Enjoy your stay.”
「お金……足りないですね」 “You don't have enough money.”
「では、またの機会に……」 “Well, maybe next time…”
「あ、すいません。 “Oh, I'm so sorry.
 ちょっと仕事が I've got lots to do…”
 たてこんでますので……」
CLOUD {Cloud}
「この村は5年前に “This town was supposed to have
 全部燃えてしまったはずだ」 burnt down five years ago.”
「いったいどうなってるんだ?」 “What the hell is going on?”
「お客さん、変なこと “Sir, don't say such awful things.”
 言わないで下さい!」
「私はこの村で生まれ育ちました。 “I was born and raised in this town.
 そんなことは全然なかったですよ」 What you say never happened.”
TIFA {Tifa}
「おじさん、ウソついてる……」 “You're lying…”
「失礼だなぁ……」 “EXCUSE ME! That's so rude…”
「変なこと言うなら “If you're going to talk like that,
 出ていってもらいますよ」 I'm going to have to ask you to leave.”
「魔晄ボイラーの調子が見てるんです。 “I'm checking the Mako boiler.
 ジャマしないでくださいよ」 Please don't bother me now.”
「……いらっしゃい。 “…Welcome.
 1泊100ギルですが……」 It's 100 gil a night…”
    とまる {Choice}Spend the night.
    やめる {Choice}Don't stay.
CLOUD {Cloud}
「黒マントの男!?」 “Man in a black cape?”
CLOUD {Cloud}
「『6』のイレズミがあるな。 “He has a tattoo number '6'.
 ん? 何か持ってる……」 Hmm? He has something…”
『ラックアップ』を手にいれた! Received "Luck Source!"
「う……あ……ぁああ…… “Urrr…rrrrr…rrrgh…
 リユ……ニオン……行きたい……」} Must…go to…Re…union…”
小さな姉弟がいた家2階 Nibelheim House Young Siblings Home 2nd Floor
「……リュ……ニヨン」 “Re…union.”
「………………」 “….”
「………………ヨン」 “Re…union.”
CLOUD {Cloud}
「黒マントの……」} “…The Black Cape…”
『ラックアップ』を手にいれた! Received "Luck Source!"
「ここはいい村でしょ?」 “Nice town, huh?”
「あたしらは昔っから “We've been in business here
 ここで商売してますけどね……」 for a long time…”
CLOUD {Cloud}
「……ウソだ」 “…You're lying.”
「もしかして…… “Do you have anything to do
 あなた、この村の関係者?」 with this town?”
    そう、この村で生まれ育った {Choice}How about bein' born and raised here?
    いや、ちがう {Choice}Nope, guess not
CLOUD {Cloud}
「14歳までここにいた。 “I was here until I was 14,
 俺はあんたなんか知らない」 and I don't remember you.”
CLOUD {Cloud}
「……なんでもない」 “…Nothing.”
「ウソはいけませんよ!!」 “It's not nice to lie!!”
「ホッ……」 “Oh yeah?”
「あんたら、こんな時に “How can you shop at a time like this?”
 買い物なんかして、どうするの?」
「えっ? 商売だろうって?」 “What? Me, in business?”
「いいのいいの、ウチは会社から “Don't worry, it's all right.
 給料出てるから」 I get paid by the company.”
「ニブルヘイムの秘密を守るのが “But my real job is protecting
 ウチらの本当の仕事なんだよ」 Nibelheim's secret.”
「えっ? 秘密?」 “What? Secret?”
「ウチらは知らないな。 “We don't have a clue.
 でも、いいのいいの」 But it's all right.”
「もう全部終わりなんだからさ!」 “It's all over anyway!”
「終わり終わり終わり!! “Finished, finito, over!!
 ああ、こうしてる間にも Even as we speak Meteor…
 メテオが~! 終末が~!!」 This is the end!”
CLOUD {Cloud}
「黒マントの男!?」 “A man in a black cape!?”
CLOUD {Cloud}
「『12』のイレズミがあるな。 “He has a tattoo of the number'12'.
 ん? 何か持ってるぞ」 Mmm? He has something.”
『エリクサー』を手にいれた! Received"Elixir"!
「聞こ……え……る? “Can…you…hear?
 セフィ……ロスの……声……」} The…voice…of…Se…phi…roth?”
「ふたのウラに文字がきざまれている」 “Something is written on the back Belongs in the other duplicate group, with SININ2_2.
【1】 … 右 36 {!}{Green}(1)Right 36
「ゆかに文字がきざまれている」 “Something is written on the floor.” Found in SININ1_2
【2】 … 左 10 {!}{Green}(2)Left 10
「ゆかに文字がきざまれている」 “Something is written on the floor.” Found in SININ2_2
【3】 … 右 59 {!}{Green}(3)Right 59
「ふたのウラに文字がきざまれている」 “Something is written on the back Completely unused hint. You find it in Hojo's letter instead, written in invisible ink.
【4】 … 右 97} {!}{Green}(4)Right 97
「いやな予感が……」 “I have a bad feeling about this…”
    それでも金庫をあける Open the safe
    やめる Don't open it
        メモリ [Empty Entry] Memory
        メモリ [Empty Entry] Memory
せいこう Success
失敗} Fail
キーアイテム『地下室のカギ』を手にいれた! Received Key Item "Key to the Basement"!
CーPROJ C project
サンプル ー B(コードC) specimen(B) codeC
「ビーカーの内がわにツメで “A scratch left by a fingernail inside
 キズつけたあとが…… the beaker…
 『ここから逃げよう……』」 'Let's get out of here…'.”
CーPROJ C project
サンプル ー A(コードZ) specimen(A) codeZ
「ビーカーの内がわにツメで “A scratch left by a fingernail inside
 キズつけたあとが…… the beaker…
 『エサの時間が…チャンスだ……』」 'Feeding Time'…that's our chance…!”
『逃亡者に関する報告書 1 “Escapee Report no. 1
 X月X日 X Month X Day
 当施設から逃亡した2名を Two escapees were located
 ミッドガル近辺で発見しました』 near Midgar.”
『逃亡者に関する報告書 2 “Escapee Report no. 2
 :発見時の状態 Description at the time of capture.
 A 元ソルジャー/ナンバー【無】 A Former member of SOLDIER/Number( )
  魔晄照射およびジェノバの影響は No effect could be detected from
  見受けられませんでした。 either Mako Radiation Therapy
 B 一般/ナンバー【無】 B Regular/Number ( )
  ジェノバへの反応過多が見受けられました』 Reaction to Jenova detected.”
『逃亡者に関する報告書 3 “Escapee Report no. 3
 :処分に関して Status.
 A 抵抗したため、射殺。 A Shot for resisting.
 B Aが抵抗する間に逃亡』 B Escaped during A's resistance.”
『逃亡者に関する報告書 4 “Escapee Report no. 4
 :その他 Other
 現在、Bの行方は不明です。 B's whereabouts is currently unknown.
 しかし、Bは意識の乱れが But pursuit is unnecessary due to
 かなり進行している様子でしたので his diminishing consciousness.
 このまま放置しておいても
 間題は無いというのが我々の見解です。
 今後に関する指示をおねがいします』} Awaiting further instructions.”
CLOUD {Cloud}
「セフィロス!」 “Sephiroth!”
セフィロス Sephiroth
「なつかしいな、ここは」 “Being here brings back memories.”
セフィロス Sephiroth
「ところで、おまえはリユニオンに “Are you going to participate in the Reunion?”
 参加しないのか?」
CLOUD {Cloud}
「俺はリユニオンなんて知らない!」 “I don't even know what a Reunion is!”
セフィロス Sephiroth
「ジェノバはリユニオンするものだ。 “Jenova will be at the Reunion.
 ジェノバはリユニオンして Jenova will join the Reunion,
 空から来た厄災となる」 becoming a calamity from the skies.”
CLOUD {Cloud}
「ジェノバが空から来た厄災? “Jenova, a calamity from the skies?
 古代種じゃなかったのか!?」 You mean she wasn't an Ancient!?”
セフィロス Sephiroth
「……なるほど。 “…I see.
 おまえには参加資格はなさそうだ」 I don't think you have the right to participate.”
「わたしは【ニブル山をこえて北】へいく。 “I will go {!}{Cyan}North past Mt. Nibel{!}{White}.
 もしお前が自覚するならば…… If you wish to know…then follow…”
 わたしを追ってくるがよい」
CLOUD {Cloud}
「……リユニオン? “…Reunion?
 空から来た厄災?」 Calamity from the skies?”
宝条の手紙 Hojo's Letter
『私の研究の邪魔をする者を全て “I must get rid of all those
 取り除かなければならない。 that stand in the way of my research.
 タークスのあの男も例外ではない』 Even that one from the Turks.”
『私はタークスの男に生体学的な改造を “I scientifically altered him
 ほどこし、地下に眠らせた。 and put him to sleep in the basement.
 もし興味があるなら探してみるがよい』 If you want to find him, search the area.”
『ただし……これはあくまで私がきまぐれで “But…this is merely a game I thought of.
 おもいついたゲームにすぎない。 It is not necessary
 むりにつきあってくれる必要はない』 for you to participate
「手紙は2まいあるようだ」 “There seems to be another letter.”
    もう1まいの用紙をみる Read it
    無視して旅を急ごう Ignore it
「金庫のダイヤルはしんちょうに “Move the dial on the safe carefully
 かつ、すばやくまわす。20秒以内だ。 but quickly. You have 20 seconds.
 少しでも行き過ぎてはいけない。 You can not go past the numbers while turning.
 4つのダイヤルのヒントは……」 The 4 hints for the numbers are…”
     ダイヤル 【1】 のヒント dial (1)
     ダイヤル 【2】 のヒント dial (2)
     ダイヤル 【3】 のヒント dial (3)
     
酸素が一番多いハコのふた The lid of the box with the most oxygen.
空のない黒と白のウラ Behind the Ivory's short of tea and ray.
2階のイスのそばのユカのきしみ…… The creek in the floor near the chair
そこから左5歩、上9歩、左2歩、上6歩 then to the left five steps, up nine steps,
4行目があぶりだされた…… The fourth row has been written in invisible ink…
ダイヤル 【4】 は 【右 97】 Dial (4) is {!}{Green} (Right 97)
「よく見るとウラにも文字がかいてある……」 “Look, something is written on the back…”
    ウラを見てみよう Look at the back
    無視しよう Ignore
「まだわからないのかね? “You still don't get it?
 一度調べたからって安心してはだめだよ。 Don't give up if you've only checked it once.
 しつこく調べなくては」 You have to be persistent.”
「よく見るとこの手紙はあぶりだしのようだ」 “Look, this letter could be in invisible ink.”
    あぶりだしてみよう {Choice} Read it
    無視しよう {Choice} Ignore it
「この屋敷の中で4つあるもの…… “There are four things in this mansion…
 それをもっとよく調べてみてくれ」 Check more closely.”
“Something is written on the back of the lid.” Duplicate in both Eng and Japanese.
「ふたのウラに文字がきざまれている」 “Something is written on the back of the lid.” Found in SININ2_1.
【1】 … 右 36 {Choice}{!}{Green} (1) Right 36
「ゆかに文字がきざまれている」 “There's a carving in the floor.” Belongs in the other duplicate group, with SININ1_2.
【2】 … 左 10 {Choice}{!}{Green}(2) Left 10
「ゆかに文字がきざまれている」 “There's a carving in the floor.” Belongs in the other duplicate group, with SININ2_2.
【3】 … 右 59 {Choice}{!}{Green} (3)Right 59
「ふたのウラに文字がきざまれている」 “Something is written on the back of the lid.” Completely unused hint. Found in Hojo's letter, written in invisible ink.
【4】 … 右 97} {Choice}{!}{Green} (4) Right 97