Dialogue Script

Chapter: 23 - Rocket Town & Cid

Reaching Rocket Town, Meeting the Captain, ALL NPCs at all Times, Shera's History how she ruined Cid's launch, Shinra reaching Rocket Town, fight with Palmer and Escape from Rocket Town, to scene in the ocean with the Tiny Bronco.

 
FF7 International ScriptFF7 PC English ScriptMissing TranslationNotes
JAPANESE (Intl Ver) PC ENGLISH
「この村のことなら艇長に聞いてくれ。 “Better ask the Captain about this town.
 ここを仕切ってるのはアイツだからな」 He's the one in charge of it.”
    艇長って? {Choice}Captain?
    黒マントの男を見たか? {Choice}Did you see a man in a black cape?
「艇長は神羅カンパニーが “The Captain was a pilot
 まだ宇宙開発に手を出していたころの when Shinra was still interested
 パイロットさ」 in their Space Program.”
「世界初の宇宙飛行士になる “He was going to be the world's
 予定だったのだが first astronaut,
 ま、ちょっとした事故があってな」 but there was an accident…”
「で、まあ、それ以来ここで “Ever since then, he's been wasting
 宇宙に飛び立つ夢を見ながら his life away here dreaming about
 くすぶってるってわけよ」 going into outer space.”
「黒マントを着た男? “A man in a black cape?
 さあ……知らないなあ」 Nope…never seen him.”
「ここは元々神羅の “This used to be a Shinra base
 ロケット打ち上げ基地だったのじゃ」 where they used to launch rockets.”
「かたむいたロケットを見たじゃろ? “You saw the leaning rocket, right?
 あれが神羅26号じゃ。 That's Shinra No. 26.
 一度も飛んだことはないんじゃが」 It never got off the ground though.”
「ここの住人は “Everyone in this town was a mechanic
 みんなロケット打ち上げ計画のときの back when they were planning to
 メカニック仲間なんだ」 launch the rocket.”
CLOUD {Cloud}
「ロケット打ち上げ計画? “Rocket launch plan?
 何のことだ?」 What do you mean?”
「君たち、知らないのかい?」 “You don't know?”
「神羅の宇宙開発部門の長であるパルマーの “There was a plan to send a man
 主導で、人間を宇宙におくろうとした into outer space.”
 計画があったのさ」 “It was headed up by the leader of
「でも、その計画も中断しちゃってね…… “This town is the result of the plan,
 この村は、その計画のなごりなのさ」 but the plan got cut…”
CLOUD {Cloud}
「艇長とは、誰のことだ?」 “Who's the 'Captain'?”
CLOUD {Cloud}
「黒マントを着た男を “Did you see a man in a black cape?”
 見なかったか?」
「艇長には、もう会ったかい? “Did you meet the Captain already?
 この村の顔とも言える男だから He's really the town's representative,
 一度会っておくといいよ」 so you should really talk with him.”
「上海亭に、ようこそっす! “Welcome to the Shanghai Inn!”
 一泊100ギルですけど、とまるっすか?」 “It's 100 gil a night.
    はい {Choice}Yes
    いいえ {Choice}No
「へいっ、まいどっす!」 “Yes sir. Thank you!”
「ん~、また来てくださいっす」 “Well then, come by again sometime.”
「お客さん、困るっすよ。 “Excuse me.
 こっちには台帳や部屋の鍵とかが Please don't come in here.”
 置いてあるんで、入ってこないで “Our books and the room keys are in here,
 ほしいんすけど」 so I'll have to ask you to please stay out.”
CLOUD {Cloud}
「台帳……宿泊客の名前がわかるかもな」 “The books…”
    黒マントの男はいないか? {Choice}Was there a man in a black cape?
    興味ないね {Choice}Not interested
「そうそう、お客さんもオトナなんすから “Look, we're all adults here,
 フンベツってものをもってほしいっす」 so I'd appreciate it
「黒マントの男っすか? “A man with a black cape?
 そんな人は泊まってないっす」 No, no one like that
「何か飲んでいかれますか?」 “Would you like something to drink?”
    話を聞かせてくれ {Choice}Let me hear your story
    興味ないね {Choice}Not interested
「CIDもかわいそうにな。 “{Cid}'s had some bad breaks.
 あいつが宇宙に行けなかったのは It's really no one's fault
 誰が悪いのでもない」 he couldn't go into space.”
「ただ、ツキがなかっただけさ……」 “Just bad luck, I guess…”
「そんなふうに心の余裕がないのでは “If he keeps up like that,
 いつか倒れてしまいますよ。 he's gonna collapse someday.
 心の重圧にたえかねて、ね」 Y'know what I mean?
「…………残念です。 “…That's too bad.
 また、おいで下さい」 Please come again.”
「1杯の酒は “A drink will ease your heart…”
 こころの安らぎ……」
「ようこそ! “Welcome!
 ここはアイテム屋です。」 This is the Item Shop.”
「……困りますねぇ。 “…Hey now!
 こーゆーとこには入ってこないで I would appreciate it
 いただきたいのですが」 if you wouldn't come in.”
CLOUD {Cloud}
「あれは……!?」 “What's that?”
CLOUD {Cloud}
「サビついたロケット…… “A rusty old rocket…
 何のために、こんな巨大なものが……?」 Wonder why they made
「あのサビついたロケットは “That rusted out rocket is
 神羅カンパニーが宇宙開発に all that remains of
 力を入れていたころのなごりさ」 the Shinra's Space Program.”
「あすこにそびえるが “It just looms there.
 この村の名前の由来 That's how the town got its name…
 宇宙ロケット『神羅26号』じゃ」 'Shinra No. 26'.”
「どうじゃ? “Want to look at the rocket with me?”
 わしと一練に見上げてみるか?」
    見上げる {Choice}Yeah, let's take a look
    見上げない {Choice}No, not interested
「何度見ても、感動するのぉ」 “I get so impressed
「なんじゃ、つまらん……」 “Oh, how boring…”
「ウチのじいさんったら “All gramps does is
 一日中ロケットばかりながめておるのぉ」 gaze at that rocket all day long.”
「ありゃあ、機械が大好きな “Well, he really
 男じゃからのぉ」 loves machinery…”
カギがかかっている…… Locked
「お客さん…… “Excuse me…
 お金、足んないっすよ」 You don't have enough money.”
「武器やアクセサリーの事なら “Let me handle
 まかせてくんな!」 all your weapon and accessory needs!”
「なんか、神羅の人間が “There's a bunch of Shinra people
 ぎょ~さんやってきて here messin' with the rocket…”
 ロケットをいじりまわしちょるが……」 “Is my rocket…all right?”
「わしのロケット……大丈夫かの?」 “The Shinra serious 'bout launching
「あのボロロケットを打ち上げるって that piece of crap rocket?
 神羅のやつら、本気なのかね? But why now?”
 何をいまさら……」
「……入ってるよ」 “…I'm in here.”
「う~ん、う~ん」 “Urrrrgh, urrrgh”
「くーーーっ “P…
 つ、つらい……」 Urrrrgh…aaaaaghh…”
「なんか、外の世界では “There's a lot happenin'
 色々起こっているようじゃが in the world outside,
 わしはこのロケットさえあれば but as long as I got this rocket
 じゅ~ぶんマンゾクじゃ」 I'm satisfied.”
「と・こ・ろ・で」 “Anyways.”
「どうじゃ、あんた? “How 'bout it?
 わしと一練にロケット見上げんか?」 Want to look at the rocket with me?”
    見上げる {Choice}Look up
    見上げない {Choice}No
「わ、わしの愛しいロケットが…… “My, my precious rocket…
 行ってしもうた」 It's gone.”
「ふっ、わかっておるさ。 “Hmph, I know.
 いくら見上げても No matter how much I look,
 もうあのロケットがないことはな」 the rocket's still gone.”
「しかし、あきらめきれんのじゃよ。 “But I just can't stop it.
 老人のグチと思うて笑ろうてくれ」 Just call it an old man's
「ルーファウスの若社長 “What's young President Rufus
 メカニックたちを集めて doing by getting
 どーするつもりなんだろ?」 all those mechanics together?”
警備兵 Guard
「テロリストどもが来たぞ!」 “Those terrorists are here!”
警備隊長 Officer
「ここより一歩も進ませるな! “Don't let them get any further!
 総員、突撃ィ~~!」 Everyone, ATTACK---!”
「なにが始まるのかしら? “Is something about to happen?
 わくわくしちゃう」 Oh, I'm getting excited.”
「ん~、スペクタクル~」 “Mmm, a SPECTACLE.”
警備隊長 Officer
「ぬうう、行かせはせん! “Urrrgh, you're not going anywhere!"
 行かせはせんよ!」 Uh un, nowhere!”
CID {Cid}
「チクショウ、あいつら! “Goddammit, what the hell do they think
 オレ様のロケットに何しやがる気だ!」 they're gonna do to my rocket!?”
CID {Cid}
「行くぜ、CLOUD! “I'm outta here, {Cloud}!
 神羅のクソッタレ野郎どもを I'm gonna kick those $^%$# Shinra
 オレ様のロケットから、たたきだしてやる!」 right out of my rocket!”
CID {Cid}
「待ってくれ、CLOUD!」 “Wait, {Cloud}!”
CID {Cid}
「オレ様のロケットから “If you're gonna kick those *#$% Shinra
 神羅のクソッタレ野郎どもをたたきだすんだろ? out of my rocket,
 オレも連れてってくれ!」 then take me with you!”
CID {Cid}
「よっしゃ! “ALL RIGHT!
 神羅どもに目にもの見せてやろうぜ!」 Let's show those &$!@& Shinra!”
CID {Cid}
「CLOUD、何してる! “{Cloud}, what are you doin'!?
 ロケットが発射されちまうぞ!!」 They're gonna launch the rocket!!”
ルード Rude
「……おまえたちか」 “You again?”
ルード Rude
「……神羅の計画を “We will eliminate everyone who
 邪魔するものは、排除する」 gets in Shinra's way.”
ルード Rude
「……やられた」 “…They got us.”
ルード Rude
「……ふむな」 “…Hmm.”
「なに、なに? “What?
 あなたたち、テロリストなの? You guys are terrorists?
 わくわくしちゃう」 Wow, that's kinda exciting!”
「ん~、ハードアクション~」 “Mmm, here comes some hard action!”
「う~ん。 “Hmm.
 本物なのかニセ物なのか?」 Is it real or fake?”
「気になって、気になって
 夜もねむれないよ~」
「う~ん。 “Mmm…
 そろそろ見あきてきたなぁ」 I'm starting to see it now…”
「わしの趣味につきあわせてしまって “Sorry to get you into this.
 すまんのぉ」 For me, it's a kinda hobby.”
「お礼と言ってはなんじゃが “But, out of appreciation,
 これをあんたにあげよう」 let me give you this.”
「だいじに使ってもらえると “I wish you'd
 わしもうれしいんじゃが……」 take care of it and use it…”
「わしも、そろそろ新しい趣味を “Maybe it's time for me to
 探してみようかのぉ……」 get a new hobby…”
「ああ、あんたたちか。 “Oh, it's you?
 艇長と組んで、ハデにやったようだね」 I heard you and the Captain
「あの後、ルーファウスはカンカンで “I also heard that Rufus was so pissed off
 手がつけられなかったそうだよ。 he went on a rampage and that
 ふふふ、久々にスッとしたよ」 no one's been able to get near him!”
「このままだと、メテオがふってきて “If things go on like this,
 みんな死んでしまうんだって? then Meteor's just going to smash
 ……まあ、人生そんなもんかもね」 right into us and kill us all, right?
「ロケットがなくなってしまったから “I get so restless with the rocket gone.
 どうも落ち着かないんだよね。 And now that we can see Meteor clearly,
 前よりもメテオがはっきりと …I can't stand it.”
 見えるようになったし……たまんないね」
「タイニー・ブロンコを壊してしまった “I heard Tiny Bronco broke…”
 って話を聞いたけど……」
「困っちゃうなぁ。 “That sucks.
 ひそかに僕が狙っていたのになぁ。 I was secretly eyeing that thing.
 壊れちゃったのかぁ。残念」 Broke, huh? What a drag.”
「空を見てみるといいよ。 “Look up at the sky.
 メテオがあんなに大きく見えるようでは The bigger Meteor gets,
 もう、われわれの命も長くはないね」 the less time we have to live.”
「しかし、信じられないよ。 “I still can't believe that
 あのボロっちいロケットが piece of crap rocket
 宇宙に行ったとはねぇ……」 actually made it into space…
「やっぱり、メカニックが優秀だった I guess the mechanic was a genius.”
 ってことだな、きっと」
「この前、神羅のヤツらが来たときに “Because those Shinra creeps locked us
 わしらを家におしこめてくれたおかげで up in our houses, we couldn't
 あの日はロケットを見上げられなかったわい」 even watch the rocket lift off.”
「ルーファウスごとき若造のせいで “I never thought that my only hobby
 わしのコウショウなシュミが。 would be destroyed by that
 邪魔されるとは……!」 arrogant young Rufus!”
「う~む。CIDの家にある “Mmm. You know that Shinra sports car
 神羅のスポーツカー…… at {Cid}'s house?
 あいつをレストアしてみるのも It might be fun to try and restore
 おもしろいかもしれんな……」 that thing…”
「上海亭に、ようこそっす! “Welcome to the Shanghai Inn!
 一泊300ギルですけど、とまるっすか?」 Only 300 gil a night?”
    はい {Choice}Yes
    いいえ {Choice}No
「そういえば、ルーファウスさんは “Y'know, I heard Rufus rushed back
 あわててミッドガルの本社ビルに to headquarters in Midgar…”
 帰ったようでしたが……」
「ロケットによるメテオ爆破が “Even though they failed to blow up
 失敗におわっても、神羅はまだ Meteor with the rocket,
 あきらめてはいないようですね」 the Shinra haven't given up yet…”
「各地の施設からいろいろな兵器を “Looks like they're gathering all the weapons
 集めて、最後の抵抗をしようと from all their bases and
 しているようです」 are preparing for a final showdown.”
「そういえば、秘密兵器を運んでいた “I heard a rumor that a Shinra airship
 神羅の飛空艇が、モンスターにやられて carrying a secret weapon was attacked by
 海底に沈んだ、というウワサですが……」 a monster and sunk to the bottom of the sea…”
「ここにいると、落ち着きませんか? “You don't feel comfortable here?
 空を見上げると、イヤでも Then, everytime you look in the sky
 メテオが目に入りますからね」 you see Meteor.”
「向かいの席にすわっていたヤツ “How long's that guy gonna be
 いつまでトイレに入っているのかな? in the bathroom?
 オレも使いたいのによぉ……」 I need to go, too…”
「神羅のパルマーさんが “Seems like Palmer of Shinra, Inc.
 兵士を引き連れてロケットを ordered soldiers
 整備しているようですが……」 to restore the rocket…”
「メテオがふってくるんだって!? “Meteor's coming toward us!?
 おまけに、いつまでたってもトイレは And I can't even go to the bathroom…!?”
 使えないしよ……」
「こうなりゃ意地だ。 “OK, which is gonna happen first?
 メテオがふってくるのが早いか Meteor hits us,
 あいつがトイレから出るのが早いか」 or that guy comes out of the bathroom?”
「オレは、この目で見とどけるまで “I'm not movin' from this spot
 ここから離れないぞ」 till I see it with my own eyes.”
「こんな騒ぎになっても “Even with all this goin' on outside,
 トイレから出てこない…… that guy still won't come out
 実はあいつ、すごい大物なのかも!?」 of the bathroom?
「ロケットもなくなったってのに “Is Gramps gonna stay like that
 ウチのジイサンは even though rocket's gone?”
 いつまであーしとるつもりなんじゃろ?」
「ああ、つまらないわ…… “Geeeeez, it's boring!
 何かおもしろいことはないかしら?」 Isn't anything exciting going to happen here?”
「神羅の一大イベントも終わってしまったし “Now that one of Shinra's greatest events is over,
 また、つまらない毎日が始まるのね……」 I guess it's back to
「うーん、ヒマだなぁ。 “Mmm, I'm so bored.
 何かワクワクすることはないかな?」 Isn't there anything that can excite me?”
「ロケット打ち上げも、終わってしまえば “Even the rocket launch wasn't all THAT great.”
 たいしたことでもなかったなぁ」
シエラ Shera
「この家のことは “I'll take care of everything at home.
 わたしにまかせておいてください。 But please take care of the Captain.”
 ……艇長をよろしくおねがいします」
シエラ Shera
「……この世界は “What's going to happen?”
 どうなってしまうのでしょう?」
シエラ Shera
「あとは、あのメテオをなんとかすれば “Now all we have to take care of
 いいのですね。 is Meteor, right?
 あなたたちなら、きっと……」 You should be able…”
「あの…… “Excuse me…
 ……艇長をよろしくおねがいします」 …Please take care of the Captain.”
 こっとう品と言ってもいいような  There're tons of what look
 銃が、山のようにかざってある。  like antique guns.
 ……きっと、この店のオーナーは  …I bet the owner of this store
 かなりのガンマニアなのだろう。  was a real gun fanatic.
「男の武器は、銃だ! “A gun is a MAN'S weapon!
 それ以外は認めん!」 Nuthin' else'll do!”
「ん~、何かおもしろいシャレは “Hmm, let's see…
 ないかな?」 do I know any good jokes?”
「世界の人々を笑わせること。 “It's my job to make people laugh
 それがわたしの使命……」 all over the world…”
「おっ、CID! “Hey {Cid}!
 ついに究極のシャレを考えついたんだ! I just thought of the best joke!
 ぜひ聞いてくれよ」 Listen to this one.”
CID {Cid}
「おまえのダジャレは聞きあきたが “I'm so sick of hearing these dumb puns,
 しかたないから聞いてやる。 but okay…let's get it over with.
 ホレ、言ってみろ」 Go on…let me hear it.”
「ええと、なんだったっけな……」 “Uh, now, let's see,
「『みんな、のたうち回ってるど』 “…'He's crude an' a jerk'…{!}{Pause:Wait}
 じゃなくて I mean,
 『神羅のタークスのルード』 He's 'Rude of the Turks'!”
 って奴がきてるぜ」
「『ルーファウスの若社長は目がみっつ』 “'President Rufus, lathers Tantrics'…{!}{Pause:Wait}
 じゃなくて Uh, I mean…
 ルーファウスの若社長はメカニックを集めて」 'President Rufus, gathers mechanics'…”
「『あんたのブランケットにまったりとしたハム』 “'Raunchy meat, a pocket full, at the cafeteria'.
 じゃなくて Uh, I mean…
 あんたのボロロケットにマテリアボムを積んで 'Launch a beat up rocket full of Materia'.”
 打ち上げるつもりらしいぜ」
CID {Cid}
「……久しぶりに会って “And I thought it might be fun to hear some of
 おめえのくだらねぇダジャレも your stupid puns again for old times sake…
 なつかしいと思ったが……」 my mistake.”
「いやいや “Oh, 'crap-again'(oh, captain).”
 そんなていちょう(艇長)にほめるなよ~」
CID {Cid}
「やっぱムカつくぜ!」 “Dammit! That does it!”
「ひ、ひどい……」 “How rude…”
CID {Cid}
「けっ! “Rude, hell!
 おめえがつまらねぇこと言うからだ」 You're the one who always cracks
CID {Cid}
「いらん邪魔が入ったが……」 “Sorry, 'bout that, now lesse…”
「ルーファウスのボンボン野郎が “Looks like that *&%$#^$ Rufus wants to
 オレさまのロケットを使って use my rocket for somethin'.”
 何かやらかすつもりらしいな」
「ロケットの発射台の方に “Let's go to the launching pad!”
 行ってみるとすっか!」
{Party 2}
「(お、恐るべしギャグセンス……)」 “(A fearful sense of humor…)”
{Party 3}
「(お、恐るべしギャグセンス……)」 “(A fearful sense of humor…)”
CLOUD {Cloud}
「……??」 “…??”
「ぐぅ…… “Ugh…
 ナイスキック」 Nice kick.”
「もっと、修行せねば…… “I got to learn more…
 精進、精進」 Devotion, devotion.”
CID {Cid}
「けっ! “DAMMIT!
 おめぇのダジャレなんぞ、聞きたくもねぇ」 No more of them ^$#%$@# puns!”
CID {Cid}
「で?」 “And?”
CLOUD {Cloud}
「(センス以前の間題さ……)」 “(The problem starts way
「わたしは、世界を旅する行商人。 [JP-exclusive Text Entry] I’m a travelling peddler.
 そんなわたしだが、むしょうに -||- Despite my wandering, I wish
 家族に会いたくなることがある」 -||- to see my family terribly.
「そこであなたに、たのみがある。 -||- That’s where you come in.
 どうかわたしの愛する娘に -||- I’d like you to find a way to deliver
 この手紙をとどけてもらいたい」 -||- this letter to my beloved daughter.
「おねがいできるだろうか?」 -||- Can you do it?
    手紙を受け取る -||- Take the letter
    興味ないね -||- Not interested.
「わたしの愛する娘は [JP-exclusive Text Entry] My beloved daughter
 カームの町に住んでいる。 -||- lives in the town of Kalm.
 どうか、よろしくたのむ」 -||- I ask this of you.
「なんということだ…… [JP-exclusive Text Entry] What’s that you say…?
 死が目前に迫っているこの世界では -||- In this world where death nips at your heels,
 もはや人情もかれはてたか……」 -||- has even human kindness been exhausted?
「何か飲んでいかれますか?」 “Would you like a drink?”
    話を聞く {Choice}Let's hear your story
    えんりょしておく {Choice}No thanks
「神羅は【コレル】【コンドルフォート】 “Shinra's trying to gather the Huge Materia from
 ヒュージマテリアを回収しようとしちょる。 {!}{Cyan}Corel{!}{White} and {!}{Cyan}Fort Condor{!}{White}.
 最終的には4つ集めて There are four left,
 この村に運んでくるらしいわい」 and they're transporting them here.”
「わしの大事なロケットを “I can't stand the thought of them using my
 こんな事に使おうとするとは…… rocket for something like this.”
 たまらんのぉ」
「神羅は【ジュノンの海底魔晄炉】 “Shinra's trying to gather the Huge Materia from
 ヒュージマテリアを回収しようとしちょる。 the {!}{Cyan}Junon Underwater Reactor{!}{White}.
 最終的には4つ集めて There are four left,
 この村に運んでくるらしいわい」 and they're transporting them here.”
「わしの大事なロケットを “I can't stand them using my precious rocket for
 こんな事に使おうとするとは…… a thing like this.”
 つらいのぉ」
「えっと、ここは “Authorized personnel only.”
 関係者以外立入禁止っす」
シエラ Shera
「あ……CLOUDさん」 “Excuse me…{Cloud}?”
シエラ Shera
「艇長、何か言ってました?」 “Did the Captain say anything?”
CLOUD {Cloud}
「いや……」 “Nope…”
シエラ Shera
「おかえりなさい」 “Welcome home.”
CID {Cid}
「ケッ! シエラよう。 “^%$#! Shera.
 どうしてテメエはそんなに What are you, blind!?”
 どんくせえんだよ!」
CID {Cid}
「客が来たら茶くらい “We got guests!!
 出せよな、このウスノロ!」 GET SOME TEA! ^%$#!”
シエラ Shera
「ご、ごめんなさい」 “I…I'm sorry.”
CLOUD {Cloud}
「俺たちのことは気にしないでくれ」 “Really, don't mind us.”
CID {Cid}
「うるせぇ! ウダウダ言うな! “Shut up!
 客は、イスにすわって Sit your butts down in those chairs
 おとなしくしてろ!」 and drink your goddamn TEA!”
CID {Cid}
「あ~~っ! “Arggggggh!
 ハラが立ってきた!」 DAMN, I'm pissed!”
BARRET {Barret}
「けっ、いけ好かねぇ野郎だ」 “…Damn, man. Wassup with
AERITH {Aeris}
「むっか~~!! “Sheesh!!
 たいど、悪いわよ」 What bad manners!”
TIFA {Tifa}
「シエラさん、かわいそう」 “Poor Shera.”
RED XIII {Red XIII}
「なんてヤツだよ……!」 “Who does he think he is?”
YUFFIE {Yuffie}
「なんか、ヤなかんじ~!」 “Man, this sucks!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「なんや、ごっつうキツい人やなぁ~」 “Man, he sure seems wound up tight.”
VINCENT {Vincent}
「…………」 “…”
CLOUD {Cloud}
「悪かったな。 “Sorry.
 俺たちのせいで」 It's our fault.”
シエラ Shera
「とんでもない。 “No, no.
 いつものことです」 He's always like this.”
シエラ Shera
「そうですか……」 “Oh?”
CID {Cid}
「おい、シエラ! “Shera!
 オレ様はタイニー・ブロンコを整備しに I'll be in the backyard
 裏庭に行ってるからな!」 tunin' up Tiny Bronco!”
「客に茶ぁ、出しとけよ!! “An' make sure to
 わかったな!」 serve them some tea!
BARRET {Barret}
「いつもだって? “He always like this?
 そりゃ、ひでえな!」 That's pretty bad!”
AERITH {Aeris}
「いつも? “Is it like this all the time?
 いつもあんなこと言われて You keep quiet even when
 だまってんの?」 he's like that to you?”
TIFA {Tifa}
「いつものこと……」 “Is it always like this?
「どうしてCIDはあなたに Why is {Cid} so hard on you?”
 あんなにつらく当たるの?」
RED XIII {Red XIII}
「それはひどすぎると思う」 “I think it's a bit too harsh.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「いっつも~? “Is he like this all the time?
 いっつもあんなに Bitin' your head off like that?
 ガーガー言われてますんか?」 I could never stand it…”
「たまらんなぁ……」
YUFFIE {Yuffie}
「なんだよ、それ!? “What's his prob!?
 アタシならぶんなぐってやるよ!」 I'm gonna go clean that guy's clock!!”
VINCENT {Vincent}
「……よくたえてるな」 “…It's amazing that
シエラ Shera
「いいえ…… “No…
 私がドジだからしょうがないんです」 It's because of
「私があの人の夢を “I was the one
 つぶしてしまったから……」 who destroyed his dream…”
CLOUD {Cloud}
「なにがあったんだ?」 “What happened?”
シエラ Shera
「あの人は、私を助けるために “He pushed
 エンジンの緊急停止スイッチを押したのです」 the Emergency Engine Shut Down switch,
「それ以後、宇宙計画縮小が決まって aborting the mission, to save my life.”
 ロケット発射は中止になりました」 “After that, the Space Program was cut back
「私のせいで、あの人の夢が and the launch was canceled.”
 逃げていったんです……」 “It's my fault his dream was destroyed…”
シエラ Shera
「だから……いいんです。 “That's why…it's all right.
 艇長がどう思おうと、私はあの人に I don't care what the Captain says,
 つぐなわなくてはなりません」 I'll live my life for him.”
CID {Cid}
「シーエラッ! “Shera!
 ま~だ茶をだしてねえな!」 You still haven't served 'em tea!”
CID {Cid}
「ほれ、とっととすわれ! “Hurry up and sit down!
 オレ様のもてなしが Or ain't my hospitality good
 受けられねえってのか!」 enough for you!?”
CID {Cid}
「おそいな…… “They're late…
 ルーファウスはよ」 Where is Rufus?”
パルマー Palmer
「うひょ! ひさしぶり! “Hey-HEY! Long time no see!
 CIDちゃん、元気してた?」 So {Cid}, how ya been?”
CID {Cid}
「よう、ふとっちょパルマー。 “Well, if it ain't fat man, Palmer.
 待ってたぜ!」 How long were you figurin' on
パルマー Palmer
「うひょひょ! わし、知らないな~。 “Hey-hey! I don't know.
 外に社長がいるから聞いてみれば?」 The President's outside,
CID {Cid}
「ケッ! “^$#&!
 あいかわらずの Good for nothing, fat &$#$^@!”
 役立たずふとっちょめ」
パルマー Palmer
「ふとっちょって言うな~!」 “Don't say 'fat'!”
パルマー Palmer
「うひょ! お茶だ!」 “Hey-hey! Tea!”
「わしにもちょうだい。 “Can I have some too?
 サトウとハチミツたっぷりで With lotsa sugar and honey and…
 ラードも入れてね」 oh yeah, don't forget the lard!”
パルマー Palmer
「うひょひょ? “Hey-hey?
 どこかで会ったかな?」 Have we met before?”
CID {Cid}
「で、いつなんだ? “So?
 宇宙開発計画の再開はよぉ?」 When's the Space Program
シエラ Shera
「ルーファウス社長が来たのは “Is President Rufus here to announce
 宇宙開発を再開するためなのでしょうか?」 that he's going to restart
パルマー Palmer
「うひょ! “Hey-hey!
 お茶はまだかな~?」 Is the tea ready yet?”
「サトウとハチミツたっぷりで “With plenty of sugar and honey.
 ラードもどっさり入れてね。 Oh yeah,
 うひょひょ!」 and don't forget the lard, too.”
CID {Cid}
「な、な、な、なんでい! “What the!?
 期待させやがって!」 You got me all excited
CID {Cid}
「そんなら今日は何の用で来た?」 “Then, what'd you come here for?”
ルーファウス Rufus
「タイニー・ブロンコを “I want to borrow
 返してもらおうと思ってな」 the Tiny Bronco.”
CID {Cid}
「ケッ! “&^#^%!
 最初は飛空艇、次はロケット First the Airship, then the Rocket,
 こんどはタイニー・ブロンコか」 and now, the Tiny Bronco.”
「神羅カンパニーはオレ様から “Shinra took outer space away from me
 宇宙を奪っただけでは足りずに and now you want to
 今度は空まで奪う気だな!」 take the sky away from me too!?”
ルーファウス Rufus
「おやおや……」 “Oh my…”
「いままで、君が空を飛べたのは “You seem to forget it was
 神羅カンパニーのおかげだ。 because of Shinra, Inc.
 それを忘れないでくれたまえ」 that you were able to fly
CID {Cid}
「なんだと!」 “What!?”
シエラ Shera
「あ、あの、あなたたち……」 “Uh, excuse me…”
シエラ Shera
「こちらへ……」 “This way…”
シエラ Shera
「あなたたちタイニー・ブロンコを “You wanted to use the Tiny Bronco,
 使いたがっていましたよね」 right?”
シエラ Shera
「パルマーが持っていくそうです。 “I believe Palmer's going to take it.
 お話ししてみたら?」 Why don't you talk to him?”
ルーファウス Rufus
「我々はセフィロスを追っている。 “We're going after Sephiroth.
 ただ、どうやら今まで見当違いの方向を But seems like we've been going
 探していたようだ」 in the wrong direction.”
「だが今はだいたい行く先が “But now,
 つかめてきたのでな。 we think we know where he's headed.
 我々は海を越えなくてはならないんだ。 But, we have to cross the ocean.
 それでお前の飛行機を……」} That's why we want your plane…”
「おまえたち、なんだ?」 “What're you guys doin' here?”
CLOUD {Cloud}
「艇長がここにいるって “We heard the Captain was here.”
 聞いてきたんだ」
「艇長だと? “Captain?
 艇長とはオレ様のことだ!」 I'm the Captain!”
CID {Cid}
「親からもらった名前はCID。 “The name's {Cid}.
 みんなは艇長って呼ぶけどな」 Everyone calls me 'Captain', though.”
CID {Cid}
「で、なんの用でい?」 “What d'ya want?”
   このロケットのこと、教えて {Choice}Tell me about this rocket
   ルーファウス、来るって? {Choice}Is Rufus coming?
   タイニー・ブロンコ、貸して {Choice}Can we borrow the "Tiny Bronco"?
CID {Cid}
「おっ! 若いモンにしちゃ “Wow!
 なかなか感心じゃねえか」 Not bad for a kid.”
CID {Cid}
「よし、ここはオレ様自ら “Alright then,
 説明してやることにしよう」 I'll explain it to you.”
CID {Cid}
「長くてくだらない戦争中に “You know Shinra developed
 神羅カンパニーがいろんな技術を a lot of technological gadgets
 開発したのは知ってんだろ?」 during the meaningless war, right?”
「今は魔晄屋だが、むかしは “Now it's a Mako company,
 兵器開発会社だったからな」 but in the old days it
CID {Cid}
「そんなかでよ、ロケットエンジンが “Well,
 できちまったんだ」 they came up with a Rocket Engine.”
CID {Cid}
「こりゃ宇宙へ行けるってんで大騒ぎよ。 “There was so much excitement about
 夢はどんどん広がった」 the thought of going into outer space.
CID {Cid}
「予算もバカスカつぎこんで “They put a major budget into it
 試作、試作、また試作! and made prototype after prototype!
 で、完成したのが、この神羅26号」 Finally, they completed Shinra No. 26.”
「パイロットには神羅一、いや世界一の “They chose the best pilot in Shinra…
 ウデを持つオレ様が選ばれた。 no, in the world--me.
 ま、当然と言えば当然だわな」 I mean, come on.”
CID {Cid}
「いよいよ迎えた打ち上げの日。 “And finally we get to the day of the launch.
 何もかも上手くいってた」 Everything was goin' well…”
CID {Cid}
「ところがあのノロマのシエラのせいで “But, because of that dumb-ass Shera,
 打ち上げはおじゃん。 the launch got messed up.
 それがケチのつきはじめよ」 That's why they became so anal!”
CID {Cid}
「神羅は宇宙開発計画をすてやがった」 “And so, Shinra nixed
「あれだけ、これからは宇宙だ! “After they told me
 な~んて言って how the future was Space Exploration
 希望持たせてやがったクセによっ!」 and got my damn hopes up…DAMN THEM!”
CID {Cid}
「魔晄エネルギーが金になると “Then, it was all over once they
 わかったらもう終わりだ。 found out Mako energy was profitable.
 宇宙計画なんて誰も見向きもしねえ」 They didn't even so much as
CID {Cid}
「かね、金、カネだぁ? “Money, moola, dinero!
 オレ様の夢をソロバンかんじょうだけで My dream was just a financial
 ぼうにふるない!」 number for them!”
CID {Cid}
「見ろい……このサビだらけのロケットを。 “Look at this rusted Rocket.
 こいつで、オレ様は宇宙へ飛び出す I was supposed to be the first man
 最初の男になるはずだった」 in space with this.”
CID {Cid}
「いまじゃ、毎日にちょこっとずつ “Everyday, it tilts a little bit more.”
 かたむいてらあ」
「このぶんだとコイツが倒れるのが先か “At this rate,
 オレ様がおっちぬのが I don't know which'll be first,
 先かってくらいだ……」 this thing falling over or
CID {Cid}
「おう! きっとよ、宇宙計画が “Yeah! It must be news about
 再開されるって話にちげえねえ」 restarting the Space Program.”
「やっぱり若い社長にかぎるぜ! “A young President,
 夢があっていいやね」 that's what we needed!
CID {Cid}
「な~にバカなこと言ってやがるんだ! “You out of your *&$^$# mind!?
 あれは大切なもんなんだ。貸せねぇよ」 That's my most cherished possession.
CID {Cid}
「ん~、そのへん “Ummm…
 適当に見て回ってな」 Just look around.”
CID {Cid}
「今回の、若社長が来るって話だけが “My last hope is
 オレ様に残された最後の望みさ……」 to talk to the President.”
CID {Cid}
「おら、そんなカメみたいに “Hey! Get your ass in gear!
 ちんたら仕事してるんじゃねえよ」 You work like a snail!”
「お月さんがまちくたびれて “Even the moon'd get tired
 そっぽ向いちまうぜ!」 waitin' around for your ass!”
シエラ Shera
「す、すみません」 “I'm…I'm sorry.”
CID {Cid}
「そんな酸素ボンベなんかを “Don't take so much time checkin'
 いつまでもガチャガチャ that *%$^# oxygen tank!”
 チェックしてんじゃねえよ!」
「おいシエラよう、お前がマジメなのは "Shera, bein' careful's good,
 いいんだけどよ、そんな酸素ボンベ but no matter how many times
 いくらチェックしてもムダだぜ」 you check that oxygen tank,
「そんなもん、天地がひっくり返ったって “That thing wouldn't break
 壊れやしねえんだから」 even if hell froze over.”
シエラ Shera
「え……でも」 “But…”
CID {Cid}
「でももヘチマもねえ!!」 “No buts!!”
「おめぇはバカじゃねぇんだから “You're not stupid,
 もちっと、手ぎわよくやれよ」 so be more efficient!”
シエラ Shera
「ごめんなさい……」 “I'm sorry…”
CID {Cid}
「計器オールクリア。 “Instrument panel…all clear.
 神羅26号、発射準備よし」 Shinra No. 26, ready for launch.”
管制官
「エンジン圧力上昇中。 “Engine pressure rising.
 神羅26号、発射3分前。 Shinra No. 26, 3 minutes to launch.
 カウントダウン開始」 Beginning countdown.”
CID {Cid}
「……いよいよだな」 “…Finally.”
CID {Cid}
「な、なんだ? 何が起った!?」 “What the? What happened!?”
管制官
「パイロット・CID “{Cid}!
 緊急事態です!」 We have an emergency situation!”
「まだ船内のエンジン部に “A mechanic is still in the
 メカニックが残っています!」 engine section of the rocket!”
CID {Cid}
「何だって!? “What!?
 どこのバカやろうだ?」 Who is the little ^%$@!?”
管制官
「わかりません。 “I don't know.
 エンジン部と音声つなぎます!」 Activating the intercom
CID {Cid}
「おい、コラ!! “Hey goddammit!!
 そんなところにいるのは Who the &%$#'s still in there?”
 どこのバカやろうだ!?」
シエラ Shera
「艇長、私です、シエラです。 “It's Shera, Captain.
 私にかまわず、打ち上げを行なって下さい」 Don't mind me, go ahead with the launch.”
CID {Cid}
「シエラぁ!? “Shera!?
 いまごろ、なにしてやがんだ!」 What are you still doin' in there!?”
シエラ Shera
「どうしても心配だったんです。 “I was still concerned.
 酸素ボンベのテストで満足いく結果が The results of the oxygen tank test
 えられなくて」 weren't satisfactory.”
CID {Cid}
「バカやろう!」 “You stupid little $#^%!”
「そこはなあ、打ち上げのとき “It's gonna get so hot in there that
 うんこッカスも残んねぇほど there ain't gonna be #$!%
 バカ熱くなるんだ!」 left when we blast off!”
「そんなとこにいたら一瞬で黒コゲだぞ! “You're gonna be burnt to a crisp!
 おまえ、死んじまうんだぞ。 You're gonna die! You know that,
 わかってんのか!」 doncha!?”
シエラ Shera
「いいんです」 “I don't mind.”
「これさえ直ればロケットは “If I can just fix this,
 打ち上げできるんです。 the launch will be a success.
 もう少しで終わりますから」 I'm almost done.”
CID {Cid}
「何がもう少しだ! “Almost done!?
 おまえ、死んじまうんだぞ!」 You're gonna die!”
管制官
「CID、カウントダウン開始だ。 “{Cid},
 もう、間に合わない!」 We must start the countdown.
管制官
「どうするCID? “What are you going to do, {Cid}?
 ここで中止すれば、次の打ち上げまで If we cancel now, it'll be another
 6ケ月もかかっちまうぞ!」 six months until the next launch!”
管制官
「エンジン始動する!」 “Starting engine!”
CID {Cid}
「くっ…… “GODDAMMIT, Shera…
 シエラのヤロウめ…… you wanna make me a murderer?”
 オレ様を人殺しにする気か?」
シエラ Shera
「7番ボンベまでチェック終わりました。 “Tank Number 7 check is complete.
 8番ボンベが終わればオールクリアです」 Once I complete Tank Number 8,
CID {Cid}
「ああ、月が……宇宙が…… “Oh man, the moon…outer space…
 オレ様の夢が……」 my dreams…”
管制官
「エンジン点火!」 “Ignite Engine!”
管制官
「エンジン点火まで15秒。 “15 seconds until ignition.
 船内温度上昇中」 Internal temperature rising.”
CID {Cid}
「ンガーーーーーーッ!!」 “SH-------#%!!”
「艇長! “Captain!
 いよいよ私たちの夢が Our dreams are finally coming true!”
 かないますね!」
「ボクたちもハナが高いですよ。 “We are so proud to be a part
 この神羅26号の打ち上げに of the launch of Shinra No. 26.”
 関われたなんて」
「さあ、艇長! “All right, Captain!
 私たちの夢を乗せて、宇宙へ!」 Fly our dreams into outer space!”
CID {Cid}
「おう! まかせとけ! “Yeah! Leave it all to me!
 ちょっくら、いってくるぜ!」 I'll be back in a few!”
「ご無事をおいのりしています!」 “We're praying for your safety!”
「艇長、整備はカンペキです! “Captain, preparations are complete!
 あとは、ゆくだけです!」 All that's left is lift off!”
CID {Cid}
「ありがとうよ、おめぇら!」 “Thanks, guys!”
CID {Cid}
「お、おい、ちょっと待て! “Hey, wait a minute!
 まだシエラが残ってるんだぞ!」 Shera's still in here!”
シエラ Shera
「艇長!」 “Captain!”
CID {Cid}
「シエラか!?」 “Shera!?”
管制官
「エンジン点火30秒前。 “30 seconds until ignition.
 カウントダウンを開始する」 Beginning countdown.”
管制官
「CID! “{Cid}!
 シエラの事はあきらめろ。 Forget about her.
 もう、まにあわない!」 We won't make it in time!”
CID {Cid}
「シエラ……はやくしろ…… “Come on, Shera…hurry up…
 このままじゃ死んじまうんだぞ……」 You're gonna die…”
[Empty text entry] Empty in both JP and Eng.
CID {Cid}
「オレは……オレ様は…… “What…what am I…
 オレはどうしたらいい……?」} What am I supposed to do?”
CLOUD {Cloud}
「神羅のマークがついている。 “There's a Shinra logo on it.
 タイニー・ブロンコか…… Tiny Bronco…
 いいな、これ」 This is cool.”
BARRET {Barret}
「神羅はよ、こういう便利な物は “Shinra always keeps the
 絶対に独り占めしちまうんだよな。 best things for themselves.
 いただいちまおうぜ!」 Let's take it!”
TIFA {Tifa}
「貸してもらえないかしら……」 “I wonder if we can borrow it…”
AERITH {Aeris}
「もらっちゃお? ね、CLOUD!」 “Let's take it, OK {Cloud}?”
RED XIII {Red XIII}
「空を飛べるのかな? “Will it fly?
 勝手に乗っちゃマズイかな?」 Is it all right to just take it?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「CLOUDさん! “{Cloud}!
 こんなもんとったら If we steal it, we'll get in deep trouble!”
 えらいことになるで!」
VINCENT {Vincent}
「……見張っていようか?」 “…Want me to keep watch?”
YUFFIE {Yuffie}
「CLOUD、盗もうよ! “{Cloud}, let's steal it!
 神羅の物盗むのは大好きなんだ!」 I love stealing from the Shinra!”
「あの……何か?」 “Um…may I help you?”
CLOUD {Cloud}
「いや、なんでもないんだ。 “No…
 見せてもらっていただけだ」 We're just looking at it.”
「……もしそれが使いたいなら “…If you would like to use it,
 艇長に聞いて下さい。 please ask the Captain.
 艇長はきっとロケットのところに The Captain should be in the rocket.”
 いると思います」
「私、シエラといいます。 “I'm Shera.
 あなたたちは?」 And what are your names?”
CLOUD {Cloud}
「俺はCLOUDだ」 “I'm {Cloud}.”
BARRET {Barret}
「アバランチのBARRETだ」 “I'm {Barret}, of AVALANCHE.”
TIFA {Tifa}
「TIFA。 よろしくね」 “{Tifa}. Nice to meet you.”
AERITH {Aeris}
「わたし、AERITH」 “I'm {Aeris}.”
RED XIII {Red XIII}
「ナナキ、またの名をRED XIII」 “Nanaki,
CAIT SITH {Cait Sith}
「占い屋、CAIT SITHいいます」 “Fortune telling machine
VINCENT {Vincent}
「VINCENT。 “{Vincent}.
 仕事は……まあ、いいだろう」 I am…nevermind.”
YUFFIE {Yuffie}
「アタシ、YUFFIE!」 “I'm {Yuffie}!”
シエラ Shera
「はぁ…… “Hmm…
 神羅の人たちじゃないんですね」 So you're not with the Shinra?”
「私、宇宙開発再開の知らせが “I thought you were bringing approval
 きたのかと思って」 for the Space Program.”
CLOUD {Cloud}
「……!?」 “…!?”
シエラ Shera
「新社長のルーファウスさんが “President Rufus is scheduled to come here.
 ここへいらっしゃるそうなんです。 The Captain's been so restless all morning.”
 艇長は朝からそわそわしてますわ」
CLOUD {Cloud}
「ルーファウスが!!」 “Rufus!!?”
パルマー Palmer
「うひょ…… “Hmm…
 なんでわしがこんなこと…… Why do I have to do this…?
 わし、宇宙開発部門統括……」 I'm the head of the Space Program…”
パルマー Palmer
「お前らどこかで見たな……」 “I've seen you somewhere before…”
パルマー Palmer
「そうだ! 神羅ビル! “I know! The Shinra building!
 プレジデントが殺されたときだ! When the President was killed! Ulp!”
 うひょ!」
CLOUD {Cloud}
「そのタイニー・ブロンコは “We'll be taking the Tiny Bronco.”
 俺たちがもらう」
パルマー Palmer
「け、け、け、警備兵!!」 “Se…se…security!!”
BARRET {Barret}
「とまらねえぜ!」 “I can't stop it!”
AERITH {Aeris}
「とまらないの!」 “I can't stop it!”
TIFA {Tifa}
「とまんないっ!」 “I can't stop it!”
RED XIII {Red XIII}
「とびあがっちゃうよ」 “It's taking off.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「あかん!とんでまう!」 “No! It's taking off!”
YUFFIE {Yuffie}
「ダメ!!とんじゃう!」 “No!! It's gonna take off!”
VINCENT {Vincent}
「とまらないな……」 “I can't stop…”
CLOUD {Cloud}
「かまうな! のりこめ!!」 “Forget it! Get in!!”
CLOUD {Cloud}
「よし、出発だ!」 “All right, here we go!”
BARRET {Barret}
「オレにやらせろ!」 “Gimme that!”
AERITH {Aeris}
「わたし、やってみたい!」 “I want to try it!”
TIFA {Tifa}
「私にやらせて!」 “I wanna try!”
RED XIII {Red XIII}
「オイラにまかせて」 “Leave it to me.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ボクにまかせて~な」 “Let me handle it.”
YUFFIE {Yuffie}
「アタシにパイロットやらせて!」 “Let me be the pilot!”
VINCENT {Vincent}
「私の出番だな」 “I'll do it.”
CLOUD {Cloud}
「CID! 乗ってくれ!」 “{Cid}! Get on!”
CID {Cid}
「バカやろう! “Godammit!
 シロウトが何やってんだよ!」 What are you amateurs doing!”
ルーファウス Rufus
「CLOUD!? “{Cloud}!?
 逃がすな! 撃ちおとせ!」 Don't let 'em get away!
CID {Cid}
「シィィーット!! “%#^@!!
 尾翼がやられてるじゃねえか!」 The tail's been hit!”
CLOUD {Cloud}
「不時着か……」 “Emergency landing…”
CID {Cid}
「さあ、でっけぇ衝撃がくるぜ。 “This's gonna be a big splash.
 チビらねえようにパンツをしっかりおさえてな!」 Hold on to your drawers
CID {Cid}
「こいつはもう飛べねえな」 “She won't fly anymore.”
CLOUD {Cloud}
「ボートのかわりに使えるんじゃないか?」 “Can't we use it as a boat?”
CID {Cid}
「ケッ! 好きにしろい!」 “$#&%! Do whatever you want!”
CLOUD {Cloud}
「CID、あんたはこれから “{Cid},
 どうするんだ?」 what will you do now?”
CID {Cid}
「さあな。 “I dunno.
 神羅とはきれちまったし I'm history with the Shinra
 村はあきちまった」 and I've given up on that town.”
CLOUD {Cloud}
「奥さんは? シエラはいいのか?」 “How about your wife? Shera?”
CID {Cid}
「奥さん? 笑わせるない! “Wife? Don't make me laugh!
 シエラが女房だなんてトリハダがたつぜ」 Just thinkin' 'bout marryin'
CID {Cid}
「おまえらはどうすんだ?」 “What're you guys gonna do?”
CLOUD {Cloud}
「セフィロスという男を追っている。 “We're going after a man named Sephiroth.
 神羅のルーファウスも We'll have to get Rufus
 いつか倒さなくちゃならない」 of the Shinra someday too.”
CID {Cid}
「なんだかわからねえが……」 “I don't know about any of that, but…”
CID {Cid}
「おもしろそうじゃねえか! “What the hell!?
 オレ様も仲間に入れろ!」 Sign me up!”
CLOUD {Cloud}
「みんな、どうだ?」 “How 'bout it, everyone?”
BARRET {Barret}
「かまわないぜ」 “I don't care.”
TIFA {Tifa}
「もちろん、いいわよ」 “Of course, no problem!”
AERITH {Aeris}
「さんせい、よ」 “I'm all for it.”
RED XIII {Red XIII}
「オイラはかまわないよ」 “I don't really care.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「かまへんのと、ちゃいますか」 “I don't mind.”
YUFFIE {Yuffie}
「いいんじゃないの~」 “Whatever!”
VINCENT {Vincent}
「……好きにしろ」 “…Do whatever you like.”
CID {Cid}
「よろしくな、クソッタレさんたちよ」 “Glad to be aboard, numbskulls!”
CLOUD {Cloud}
「クソッタレ……」 “Numbskulls…?”
CID {Cid}
「この時代、神羅にさからおうなんて “Yeah. Anyone stupid enough to go up against
 バカヤロウのクソッタレだ! Shinra nowadays, has GOTTA be a numbskull!
 気に入ったぜ!」 I like it!”
CID {Cid}
「で、どこへ行くんだ?」 “So, where we headed?”
「ルーファウスのヤツはセフィロスを追って “Rufus was goin' after Sephiroth to
 【古代種の神殿】に行くってほざいていたが」 {!}{Cyan}the Temple of the Ancients{!}{White}.”
CLOUD {Cloud}
「本当か?!……どこだ? “Really!?…Where is it?
 その【古代種の神殿】っていうのは?」 That {!}{Cyan}Temple of the Ancients{!}{White}?”
CID {Cid}
「さあな。あのクソむすこは “Dunno. That numbskull kid was tellin' me
 『見当違いの方向』って言ってたから he was headin 'The wrong direction'…
 ここからかなり離れた所じゃないのか?」 so maybe it's off this way?”
CLOUD {Cloud}
「情報をとるためにとにかく陸地をさがそう。 “Let's just head for land and
 【古代種の神殿】…… get some information.
 気になる名前だな……」 {!}{Cyan}Temple of the Ancients{!}{White}…
YUFFIE {Yuffie}
「…………エヘ。 西へ行くっての、どう?」 “…Hm.
「ぜ~んぜん理由なんかないけどね。 “No, no reason.
 もう、ぜ~んぜん!」 NO reason at all!”