Dialogue Script

Chapter: 25 - Gold Saucer Pre Date

From meeting with the Weapon Seller (at all times), to returning to Gold Saucer and the discussion fo the Story so far with all the characters.

 
FF7 International ScriptFF7 PC English ScriptMissing TranslationNotes
JAPANESE (Intl Ver) PC ENGLISH
武器職人の小屋 Weapon seller
「ん? また客か “Huh? Oh another customer.
 こんな、ヘンピな所に You sure picked an out of the
 よくもまあ」 way place but…”
「けど、ひと足遅かったな “But if it's the 'Keystone' you're looking for,
 『キーストーン』なら you're too late.
 もう、ねぇよ」 Don't have it.”
CLOUD {Cloud}
「キーストーン?」 “Keystone?”
「なんだ、お前ら “What? You didn't come here for
 あれ目当てで来たんじゃ that?”
 ないのか?」
「『キーストーン』ってのは “The 'Keystone' is the key that unlocks
 この世界のどこかにある the gate to a very old temple somewhere.“
 古~い、神殿の扉を開けるカギよ」
「聞いておどろけ、その神殿とは “You're not going to
 なんと古代種の神殿だ!!」 believe your ears,”
CLOUD {Cloud}
「古代種の神殿……」 “The Temple of the Ancients?”
「ゲラゲラゲラゲラ」 “Ha, hah, hah, hah…”
「本気にすんなよ “Don't take it seriously.
 ただの言い伝えなんだからよ」 It's just a legend!”
「ん? なんだ?」 “Huh? What?”
    『キーストーン』はどこだ? {Choice}Where is this "Keystone"?
    神殿はどこだ? {Choice}Where is the Temple?
    他の話 {Choice}Let's change the subject
    何でもない {Choice}Never mind
「売っちまったよ。 “I sold it already.
 いや~よ、俺も売る気は無かったんだけど I didn't really want to sell it but…”
 ど~も、あの人のウムも言わさぬ “That guy had a way about him that made you feel
 迫力に負けちまってツイ…」 like it may not be a good idea
CLOUD {Cloud}
「どこのだれに?」 “Who did you sell it to?”
「ゴールドソーサーで園長をやっている “The manager of the Gold Saucer.
 『ディオ』だよ。 think his name was 'Dio'.
 なんか展示室にかざるって Said he was going to put it in his museum,
 言ってたから行ってみな」 then he took off out of here.”
「だから、言い伝えだって “Come on…it's only a legend.
 まぁ、けど本当にあったら But if it were true, that sure would
 おもしれぇな」 be something, huh?”
「そういやぁ、こんな話聞いたことあるぜ “Now that you mention it,
 古代種の神殿には『究極の破壊魔法』が I've heard of something called
 隠されてるとかなんとかな…」 Ultimate Destruction Magic”
CLOUD {Cloud}
「究極の破壊魔法……」 “Ultimate Destruction Magic…?”
「だ・か・ら! “Come on!
 本気にするなって言うの」 I said don't take it seriously!”
「おいおい、勝手に “Hey, don't just
 開けないでくれよ」 come bargin' in here!”
「また、来たのかい? “You again?
 まぁ、いいけどな」 All right, what is it?”
「ん? なんだ? “Huh? What?
 キーストーンなら If it's the Keystone you want
 売っちまったよ」 I already sold it!”
「ここの武器は “All the weapons you see here
 ぜ~んぶ、オレ様の作品だ。 I made myself.
 けど、最近は材料が But lately I haven't been able
 手に入らなくてなぁ」 to get materials…”
「そうだ、あんたたち “Hey you wouldn't happen to have any
 ミスリルは持ってねぇか? Mythril on you, would you?
 もし、ゆずってくれるなら I'll trade you something good
 何かプレゼントするぜ」 if you could spare some.”
「ここの武器は “All the weapons you see here
 ぜ~んぶ、オレ様の作品だ。 I made myself.
 けど、最近は材料が But lately I haven't been able
 手に入らなくてなぁ」 to get materials…”
    ゆずる {Choice}Give him some
    ゆずらない {Choice}Forget it
「ありがてえ “Hey thanks!
 じゃあ、大きいハコか All right you can help yourself
 小さいハコか1つ選んで to either a big or small box.”
 持ってっていいぜ」
「そうかい “Yeah?
 まぁ、しょうがねぇな」 Well, guess that's that.”
『金の腕輪』を手にいれた! Received "Gold Armlet"!
『大いなる福音』を手にいれた! Received "Great Gospel"!
CLOUD {Cloud}
「誰もいないようだ…… “…No one's here.
 後で、また来てみよう」 We'll come back later.”
「なんだ? “What?
 やすみてぇのか?」 You want to rest?”
    そう {Choice}Yep
    そうでもない {Choice}Nope
「しょ~がねぇな “Oh all right.
 ベット使っていいぜ」} You can use that bed.”
『キーストーン』 "Keystone"
『星杯』 "Star Cup"
『週末の時計』 "Weekend Clock"
『笑うなえぎ』 "Laugh Sapling"
『スレイヤーのつぼ』 "Slayer's Pot"
『チサのカメン』 "Chisa's Mask"
『ディオ画』 "Dio's Portrait"
『Dガタ装備』 "D Type Equipment"
『クラインのつぼ』 "Kleine's Pot"
『呼びかけるひょうたん』 "Calling Gourd"
『ゾウゲの杯』 "Zauger's Cup"
CLOUD {Cloud}
「キーストーンだ……」 “It's the Keystone…”
ディオ Dio
「はっはははははは “Heh, heh, heh.
 久しぶりだな少年よ Long time no see, boy.
 ん? それが、気に入ったかね?」 Hmm? You like that, huh?”
ディオ Dio
「それは、ここから『川』をはさんで “I got it from the guy in
 南にある小屋にすんどる男から a little shack south
 ゆずってもらったのだよ」 of here, past the 'River'.”
ディオ Dio
「それについてくわしい “If you want to know more,
 話を聞きたいのならば go there and talk to him.”
 そこに行きたまえ」
CLOUD {Cloud}
「これを貸してもらえないか?」 “Can you let me borrow this?”
ディオ Dio
「はっはははは “Heh, heh, heh.
 残念だが、貸し出しは禁止だよ」 Sorry, but it's not for rent.”
ディオ Dio
「ふ~む」 “Hmm.”
「しかし、話によっては “Since you've been good to me in
 ゆずらないこともない the past, I CAN let you have
 君たちには、かりもあるしねぇ」 it on one condition.”
CLOUD {Cloud}
「条件は?」 “One condition?”
ディオ Dio
「はっははははは! “Heh, heh, heh.
 わたしを楽しませてくれたまえ!」 Entertain me!”
    何をすればいい? {Choice}What do I gotta do?
    そんな気分じゃない {Choice}Not in the mood.
ディオ Dio
「そうこなくては!」 “Hoo boy!”
ディオ Dio
「そうか…… “I see…
 では、この話は Then let's pretend that this
 なかったことにしよう」 never happened.”
ディオ Dio
「はっはははは! やはり “Heh, heh, heh! So!
 キーストーンが欲しいのだろう? You want the Keystone, right?
 わたしを楽しませてくれるのかな?」 How 'bout entertaining me first?”
    何をすればいい? {Choice}What do I gotta do?
    そんな気分じゃない {Choice}Not in the mood.
ディオ Dio
「はっはははは “Heh, heh, heh.
 そうむずかしいことではないよ」 Nothing all
「ここは、闘技場だ。少年のその力 “This is the Battle Arena.
 わたしに見せてくれたまえ。 Show me your fighting skills.
 少年1人でな。 Just you, boy.
 期待しているぞ!」 I'm expecting a good fight!”
ディオの展示場 Dio's Museum
ディオ Dio
「ふ~む、こんなものか。 “That's the best you could do?
 まぁ、よかろう約束だ。 Well, a promise is a promise.
 もっていきたまえ」 Go ahead, take it.”
ディオ Dio
「なかなか、やるではないか少年! “Hmm, you did pretty well,
 よかろう、約束だもっていきたまえ。 “Good, it's a promise,
 ついでに、こいつもやろう」 so go ahead and take it.
ディオ Dio
「はっはははは! “Heh, heh, heh!
 やるな、少年よ! Well done, young man!
 よし、約束だもっていきたまえ。 And, as I promised,
 そうだ、これもやろう」 “you can take it.
キーアイテム『キーストーン』を手に入れた!! Received Key Item "Keystone"!
『防弾チョッキ』を手に入れた!! Received "Protect Vest"!
『チョコボのはね』を手に入れた!! Received "Choco Feather"!
ディオ Dio
「では、またあおう少年! “We shall meet again!
 はっはははは」 Heh, heh, heh.”
AERITH {Aeris}
「これがあれば “With this,
 古代種の神殿、はいれるね。 We can get into the
 行こ! CLOUD」 Let's go, {Cloud}!”
TIFA {Tifa}
「このキーマテリアで “With this Key Materia,
 古代種の神殿にはいれるわ。 We can get in to the
 行きましょう、CLOUD」 Let's go, {Cloud}!”
BARRET {Barret}
「これで、古代種の神殿とかに “This'll get us into the
 入れるんだろ? Temple of the Ancients, right?”
 バババ}
係員 Staff
「あっ、お客さん」 “Excuse me, sir.”
係員 Staff
「申し訳ございません。 “I'm sorry.
 ロープウェイが The Tram is out of order right now.”
 故障してしまいまして」
CLOUD {Cloud}
「……ということは?」 “…So?”
係員 Staff
「申し訳ございません!」 “I'm really sorry!”
係員 Staff
「修理が終わるまで “I'm afraid you won't be able to leave
 ここから出られないのです」 until it's fully repaired.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「どないしたんですか?」 “What's wrong?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「しゃあないな~。 “Too bad.
 ときどきあるんですわ」 It happens, though.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「せや! ここのホテルに泊りましょ! “I know! Let's stay at the hotel!
 ちょっと、顔きくんですわ They know me here.
 話つけてきます~」 I'll go talk to them.”
係員 Staff
「修理が終わりしだい “I will let you know once
 連絡させていただきます」 the repairs are completed.”
AERITH {Aeris}
「わたしたちだけ、もどるの?」 “Are you thinking of just us going back?”
TIFA {Tifa}
「ちょっと、CLOUD。 “Hey, {Cloud},
 私たちだけでもどるの?」 Are we going back without the others?”
RED XIII {Red XIII}
「みんなを置いてもどるの?」 “Are we leaving the others?”
YUFFIE {Yuffie}
「CLOUD! “{Cloud}!
 アタシたちだけで Are we just going to leave the others?”
 もどってどうするんだ?」}
CAIT SITH {Cait Sith}
「そういや、全員そろうのは “We don't usually get the chance to be
 めったにありませんな」 together like this, huh?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「CLOUDさん、どうやろう。 “{Cloud}, how 'bout it?
 このへんでここまでのまとめ Can you tell me what's happened so far?”
 やってもらえませんか?」
「ボクは、途中参加やから “I don't really know what's goin' on because
 よぉわからんとこあるんです」 I wasn't here in the beginning.”
CID {Cid}
「おっ! 賛成だぜ!」 “Yeah! I'm for that!”
VINCENT {Vincent}
「それはいい考えだ」 “Good idea.”
BARRET {Barret}
「オレは最初からいるけど “I been here since the beginnin',
 よくわからなくなっちまった」 an' I still don't know what
BARRET {Barret}
「CLOUD、何がどうなってんだ? “{Cloud}, the hell's goin' on?
 まとめてくれ!」 C'mon, tell us!”
    つかれてるからイヤ {Choice}I'm tired…
    やってみよう {Choice}All right, I'll give it a shot…
CID {Cid}
「あとはねるだけじゃねえか! “All we have to do now is sleep!
 若いくせになに言ってんだよ!」 You're still young!
CLOUD {Cloud}
「ふう……」 “Phew…”
CLOUD {Cloud}
「俺たちはセフィロスを “We are going after Sephiroth.”
 追いかけている」
「セフィロスは約束の地を “Sephiroth must be in search of
 めざしているはずだ」 the Promised Land.”
CID {Cid}
「約束の地だぁ?」 “The Promised Land?”
CLOUD {Cloud}
「魔晄エネルギーに満ちあふれた “A land full of Mako energy.
 豊かな土地。 …Or at least that's
 ……これは神羅の考え方だ」 what the Shinra believe.”
「じっさいにはどんなところなのか “I don't know
 どこにあるのかすらわからない」 if it actually exists.”
AERITH {Aeris}
「セトラの民は約束の地へ帰る。 “The Cetras will return to the Promised Land.
 至上の幸福が約束された運命の土地」 A land that promises boundless happiness.”
BARRET {Barret}
「セトラノタミ? なんだ、それ?」 “Cetra? That some kinda disease?”
AERITH {Aeris}
「古代種は自分たちのことを “That's what the Ancients
 そう呼んでいたの」 call themselves.”
「ねえ、コスモキャニオンで “Hey, didn't you
 長老たちの話、聞かなかったの?」 listen to the elders
AERITH {Aeris}
「……古代種も約束の地、どこにあるか “…You don't 'know' where the
 知ってるわけじゃないってこと」 Promised Land of the Ancients is.”
AERITH {Aeris}
「求めて、旅をして、感じるの。 “You search and travel, until you feel it.
 ああ、ここが約束の地だ、ってね」 Then you just know
CLOUD {Cloud}
「AERITHも……わかるのか?」 “{Aeris}…can you feel it too?”
AERITH {Aeris}
「たぶん、ね」 “I think so.”
TIFA {Tifa}
「セフィロスが世界のあちこちを “So Sephiroth is traveling the world
 歩き回ってるのは because he's searching for the Promised Land?
 約束の地をさがしてるのね」 Is that it?”
AERITH {Aeris}
「それだけじゃない、きっと。 “He's searching for that,
 ほかにも探してるものがある」 and one other thing.”
CLOUD {Cloud}
「黒マテリア……だな」 “The Black Materia?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ディオさんから、聞きましたで。 “I heard from Dio
 黒マントの男が that a man in a black cape
 黒マテリア探してるって」 was lookin' for the Black Materia.”
TIFA {Tifa}
「その黒マントもわからないわ」 “I've never heard of Black Materia…”
TIFA {Tifa}
「数字のイレズミがある黒マントの人たち。 “How many men with black capes
 何人いるのかしら?」 and number tattoos are there?”
RED XIII {Red XIII}
「……あのさ。 “…You know, of course,
 オイラのイレズミは13なんだけど」 my tattoo is number 13.”
CLOUD {Cloud}
「そのイレズミは……どうしたんだ?」 “How did you get that tattoo?”
RED XIII {Red XIII}
「……宝条にやられたんだ。 “…Hojo put it on me.
 他のは戦士の魔除けだけど The rest are just war scars,
 数字だけは宝条がやったんだよ」 but the number was done by Hojo.”
TIFA {Tifa}
「最低でも13人!?」 “So there are at least 13!?”
AERITH {Aeris}
「……あのね」 “You know…”
AERITH {Aeris}
「黒いマントの人たちは “I think Hojo did something to
 宝条に何かをされた人たちだと those men in the black capes.”
 思うのね」 “But I don't know what
「セフィロスとの関係…… it has to do with Sephiroth though…”
 それ、よくわからないけど」
AERITH {Aeris}
「だから、セフィロス本人だけ “That's why I think we should just
 追いかければいいんじゃないかな?」 go after Sephiroth himself.”
BARRET {Barret}
「それ、賛成だぜ! “Yeah, me too!
 ややこしくてしょうがないからな」 It's all just too damn confusin'.”
AERITH {Aeris}
「それにね……」 “And…”
AERITH {Aeris}
「ゴメン、なんでもない!」 “I'm sorry, forget it!”
AERITH {Aeris}
「わたし、つかれちゃった。 “I think I'm tired.
 部屋、行くね」 I'm going to bed now.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「なんやねん、急に!」 “What was that,
YUFFIE {Yuffie}
「おっ! おわり? “What!? That's it?
 アタシもねるよ!」 I'm goin' to bed!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「もう、おしまいですか? “Is that all?
 黒マテリアの話は、どうなったんです?」 How 'bout the Black Materia?”
CLOUD {Cloud}
「話したって何もわからないさ」 “You wouldn't understand even if I told you.”
BARRET {Barret}
「行動あるのみ、だぜ! “Now all we gotta do is take action!
 明日だ、明日!」 We're startin' tomorrow!!”
RED XIII {Red XIII}
「CLOUD……」 “{Cloud}…”
RED XIII {Red XIII}
「オイラ、ナンバー13だ。 “I'm number 13.
 オイラもおかしくなっちゃうのかな?」 Am I going to go mad too?”
TIFA {Tifa}
「宝条が何をしたのかわからないけど “I don't know what Hojo did to you,
 いままで、だいじょうぶだったんでしょ?」 but you've been all right so far, right?”
RED XIII {Red XIII}
「でも……」 “But…”
TIFA {Tifa}
「弱気にならないで」 “Be strong.”
RED XIII {Red XIII}
「でも、オイラ……」 “But, I…”
TIFA {Tifa}
「しつこいわよ、RED XIII! “Stop it, {Red XIII}!
 ウジウジしないで!」 Be strong!”
CLOUD {Cloud}
「TIFA?」 “{Tifa}?”
TIFA {Tifa}
「不安なのはあなただけじゃないのよ!」 “You're not the only one who's worried!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「なんやしらんけど “I don't know what's goin' on,
 へんなことになってしまいましたな~」 but we're in a bad situation…”
VINCENT {Vincent}
「おい、CID “Hey {Cid},
 部屋にもどるぞ」 let's go back to our rooms.”
CID {Cid}
「グー……グー……」} “…zzzz…zzzz…”