Dialogue Script

Chapter: 26 - Date Scene

The Date Scene with Aeris, Tifa, Yuffie and Barret, until the scene finsihes with Cait Sith holding Marlene for ransom.

 
FF7 International ScriptFF7 PC English ScriptMissing TranslationNotes
JAPANESE (Intl Ver) PC ENGLISH
TIFA {Tifa}
「CLOUD……」 “{Cloud}…”
CLOUD {Cloud}
「どうしたんだ?」 “What's wrong?”
TIFA {Tifa}
「…………」 “……”
TIFA {Tifa}
「セリフ、考えてきたんだけど “I thought about what I was going to say,
 なんだかてれちゃうな……」 but, it's kinda embarrassing…”
TIFA {Tifa}
「ね、CLOUD! “Hey, {Cloud}!”
 ふたりでこっそり遊びにいかない?」 “Why don't the two of us sneak out of here
TIFA {Tifa}
「ね、行きましょ!」 “Come on, let's go!”
CLOUD {Cloud}
「お、おい」 “Hey.”
AERITH {Aeris}
「エヘヘ!」 “Hee, hee!”
AERITH {Aeris}
「デート、しない?」 “Let's go on a date!”
CLOUD {Cloud}
「はぁ?」 “What?”
AERITH {Aeris}
「デ・ー・ト! “A D-A-T-E!
 したことないの?」 Or haven't you ever gone on one?”
    バカにするな {Choice}Don't take me for a fool
    正式には、ない {Choice}Well, not a real one…
AERITH {Aeris}
「あ、ムキになるの、あやしい」 “Hey…a little touchy, aren't we?”
AERITH {Aeris}
「う~ん、不幸な青年、ね」 “No, just a mixed-up kid…”
AERITH {Aeris}
「まぁ、いいわ。 “Oh well.
 さ、いきましょ」 Come on, let's go!”
BARRET {Barret}
「よう、CLOUD。 “Yo, {Cloud}.
 起きてるな?」 You still up?”
BARRET {Barret}
「いや、散歩でもしねえかと思ってよ」 “Uh, I was jus' thinkin' of goin'
CLOUD {Cloud}
「2人でか?」 “What, just the two of us?”
BARRET {Barret}
「いいじゃねえかよ! “What's wrong with that?
 さ、グダグダ言ってねえで行くぞ!」 Don't gimme no lip!! Just c'mon!”
YUFFIE {Yuffie}
「CLOUD 起きてる?」 “{Cloud} you up?”
YUFFIE {Yuffie}
「ちょ、ちょっと “Would you…keep me company
 アタシに付き合ってくれよ」 for a bit.”
CLOUD {Cloud}
「? “Huh?
 付き合うってどこへ?」 Keep you company where?”
YUFFIE {Yuffie}
「いいから」} “Just come on.”
客室} Hotel
ターミナルフロア Terminal Floor
「さあ、今夜はマジカルナイト! “Tonight's Enchantment Night!
 すべてのアトラクションは All the attractions are free.”
 無料になってるよ」
「あっ、どうです、そこのお2人さん。 “How 'bout it you two? There's
 今から、こちらイベントスクェアで going to be an entertaining show
 楽しいショーが始まりますよ!」} in Event Square!”
「おめでとうございます!!」 “Congratulations!!”
「あなた方が “You are our 100th couple today!!”
 本日100組目のカップルです!!!」
「あなた方が “You are our 100th couple today…
 本日100組目のカップル…… Oh, wait…no you're not…
 じゃないみたいですね……
 しつれい」 Sorry.”
「あなた方が “You two will play the leads
 これから始まるショーの in tonight's show!!”
 主人公です!!!!」
CLOUD {Cloud}
「はぁ?」 “Wha?”
「難しいことはありません “Oh, now, it's not hard. Just play
 あなたは好きにしてくだされば it however you want to and the rest
 ショーのプロが話をまとめますので」 of the cast will cover up for you.”
「ささ、こちらへ」 “Come this way.”
CLOUD {Cloud}
「お、おい」 “H, hey!”
AERITH {Aeris}
「わぁ、おもしろそう “This sounds like fun.
 はやく行きましょ、CLOUD」 Come on {Cloud}, let's do it.”
TIFA {Tifa}
「へぇ、なんかおもしろそう。 “Sounds like fun.
 行きましょう、CLOUD」 Come on {Cloud},
YUFFIE {Yuffie}
「なんだか、わからないけど “I don't know what it's all about but
 行こうよ、CLOUD」 Wanna try it, {Cloud}?”
イベントスクェア} Event square
ナレーション Narration
「むか~し、昔のそのまた昔の物語」 “Long, long ago…”
「和平なガルディア王国にとつじょとして “An evil shadow appeared over the
 襲いかかる、邪悪な影…」 peaceful kingdom of Galdia…”
「ああ、悪竜王ヴァルヴァドスにさらわれた “Princess Rosa was kidnapped
 姫君ルーザの運命は by the Evil Dragon King,
 どうなってしまうのでありましょうか…」 Valvados. What will become of her?”
「しかし、その時! “Just then,
 伝説の勇者アルフリードが the legendary hero, Alfred, appears!!”
 ガルディア王国に
 あらわれたのであります!!」
兵士 Knight
「おお~、あな~たこそ~ “Oh……You must be
 伝説の勇者~、アルフリ~ド!」 the legendary hero…Alfred!”
兵士 Knight
「ちょっと、アンタだよ」 “Hey, it's your line.”
兵士 Knight
「そう、アンタ」 “Yeah, you.”
兵士 Knight
「オホン!」 “Ahem!”
兵士 Knight
「なぜかわかりま~す、わかるので~す。 “By my soul,
 どうか~、どうか、ルーザ姫を please…please save Princess Rosa!”
 お救い、くださ~~~い」
兵士 Knight
「さあ~、王様に~ “Now…please talk…
 おはな~しを~~!!」 to the King!!”
王様 King
「おお~、勇者アルフリ~ド “Oh…legendary hero, Alfred.
 私の愛しいル~ザを You have come to save my beloved
 救うために~やってきた~」 Rosa…”
王様 King
「悪竜王ヴァルヴァドスのすみかは~ “On the peak of a dangerous mountain…
 はるか険しい山の上~。 dwells the Evil Dragon King, Valvados…
 あわれル~ザは捕われの身~」 who's kidnapped Princess Rosa…”
王様 King
「しか~し “But…
 今のお前では悪竜王には勝て~ん! you can't beat the Evil Dragon King now!
 お前の力とな~る者に語りかけよ~」 Talk to one who can help you…”
どっちに話しかけようかな? “Who will you talk to?
    兵士 {Choice}The knight
    魔法使い {Choice}The wizard
魔法使い Wizard
「わた~しは大魔法使いボーマン~。 “I am the great wizard, Vorman.
 お前~は何を知りたいの~?」 What do you wish to know?”
    悪竜王~の~弱点 {Choice}The Evil Dragon King's weakness
    ル~ザ姫の~スリ~サイズ {Choice}The Princess' measurements
兵士 Knight
「わたし~は名もなき~兵士~。 “I am…a lowly…knight.
 わたし~に何のごようでしょ~う?」 How…can I help you?”
    悪竜王~を~倒せ~ {Choice}Defeat the Evil Dragon King
    王様を~倒せ~ {Choice}Defeat the King
魔法使い Wizard
「ああ~悪竜王の弱点 “Ahh, the weakness of the Evil Dragon King.
 それは~、それは~」 It must be, it must be…”
魔法使い Wizard
「そう! “Yes, it must be…
 それは真実の~愛!」 True love!”
魔法使い Wizard
「愛しあ~う2人の力こそが~ “The power of love…
 悪竜王の邪悪な~る牙に打ち勝つ Is the only weapon that can withstand
 ただひとつの武器~!」 the fangs of the Evil Dragon King…!”
ナレーション Narration
「なんということで~ありましょう~! “Oh what is going to happen next?
 おお!勇者よ~、あれを見よ~!」 Oh…legendary hero…look!”
悪竜王 EDK
「ガハハハハ~!」 “Gaaaaaaaah!”
悪竜王 EDK
「我こそは~、悪竜王ヴァルヴァドス~! “I am the Evil Dragon King…Valvados!
 さらった姫に~ I have not harmed the Princess…
 何もしないで待っていたぞ~!」 I have been expecting…you!”
Princess
「お助け~ください~ “Please help me…
 勇者さま~!」 legendary hero!”
Princess
「……こんな感じ?」 “How was that?”
Princess
「……こんな感じかな?」 “How was that?”
Princess
「……これでいいのか?」 “…Was that good?”
悪竜王 EDK
「ガハハハハ~! “Gaaaaaah!
 いくぞ勇者アルフリ~ド~!」 Here I come, legendary hero…Alfred!”
悪竜王 EDK
「なんで~ “I already know…
 名前を知っているかは your name!”
 気にするな~!」
魔法使い Wizard
「さあ~勇者よ~! “And now…legendary hero…! Here is
 今こそなんじの~愛するものに~」 what will happen…to your beloved…”
魔法使い Wizard
「口づけを~! “A kiss!
 真実の愛の~力を~!!」 The power of True Love!!”
    姫にする~ {Choice}Kiss the Princess
    王様~にする~ {Choice}Kiss the King
    悪竜~王にする~ {Choice}Kiss the Evil Dragon King
悪竜王 EDK
「コラァ~! “What ho! You dare
 この悪竜王様を無視するな~!」 ignore the Evil Dragon King!?”
悪竜王 EDK
「ガハハハハ~! “Gaaaaaaahh!
 いいか勇者アルフリ~ド~!」 Prepare yourself…legendary hero Alfred!”
悪竜王 EDK
「お前の敵は誰だ “Who is your enemy…?
 さあ~言ってみろ~!」 Say it!”
    悪~竜王~~ {Choice}The Evil…Dragon King…
    王~様~ {Choice}The King
    兵~士~ {Choice}That Knight
兵士 Knight
「ウ、ウワ~アアア~!」 “Uuuuuurrrrrgh!”
悪竜王 EDK
「ガハハハハ~! “Gaaaaaaaaaaahh!
 さあ~どう~する勇者よ~!」 What now…legendary hero!?”
    姫のもと~へ {Choice}To the Princess
    王様のもと~へ {Choice}To the King
    スタコ~ラ逃げ~る {Choice}To home
兵士 Knight
「…………… “…
 だれか、助けて……」 Someone…help…”
王様 King
「おお~アルフリ~ド~! “Oh…Alfred…!
 じつはワシも~お前のことがあ~」 In truth…I too…”
悪竜王 EDK
「ウギャアア~ “Arrggaahhh!!
 俺は~ Curses…
 愛の力に弱~いんだあ~!!」 The power of…love!!”
王様 King
「おお見よ~! “Oh…behold!
 2人の愛の~勝利~だ~!」 Love has…triumphed!”
王様 King
「さあみなのもの~ “Now let's all return…
 もどって~ and celebrate.”
 いわいのうたげを~」
「そうしよ~ そうしよ~」 “Yes let's…yes let's…!”
ナレーション Narration
「ああ、何と強い愛の力でありましょう…… “Oh, how profound the power of love…
 伝説の勇者アルフリードの物語は And so the legendary hero Alfred and
 こうしてめでたく棊を閉じるのであります」 our story live on happily ever after.”
AERITH {Aeris}
「ちょ、ちょっと何これ」 “Wh, what?”
AERITH {Aeris}
「こんなのイヤー!」 “You must be kidding!”
TIFA {Tifa}
「ちょ、ちょっとなんなの?」 “H, hey, what is this?”
TIFA {Tifa}
「こ、これで、終わりなんて “That can't be the end!!”
 いやーー!!」
YUFFIE {Yuffie}
「な、なんだ?」 “What…?”
YUFFIE {Yuffie}
「終わり?」 “…That's it?”
Princess
「CLOUD…… “{Cloud}…
 じゃなかった、アルフリ~ド~」 I mean, Alfred…”
王様 King
「ヒ~エ~!もうダメ~だ~!」 “Come on! No more!”
AERITH {Aeris}
「コォ~ラ~! “Stop it {Cloud}!
 CLOUD~!
 さっきからなにやってんのよぉ!」 What are you doing!?”
AERITH {Aeris}
「おしばい、だいなしじゃない! “The play's a disaster!
 もう怒ったんだから!」 Now I'm getting mad!”
TIFA {Tifa}
「CLOUD!! “{Cloud}!! Be serious!!
 もっとまじめにやってよ!! You really don't want to be
 そんなに、私とおしばいしてるのイヤなわけ!?」 in the play that much, do you?”
TIFA {Tifa}
「もう怒ったわよ!」 “Now I'm mad!”
YUFFIE {Yuffie}
「コラ! CLOUD!! “Come on, {Cloud}!!
 せっかく、アタイがまじめに I'm tryin' to be serious here
 やってるのに…」 and you…”
YUFFIE {Yuffie}
「もう、怒った!」 “Ok, now I'm pissed!”
悪竜王 EDK
「ガハハハハ~! “Gaaaaaahh!
 俺を~無視するとは~ You dare ignore me!!”
 いい度胸だ~!」
AERITH {Aeris}
「何よアンタ “Why don't you shut up,
 ゴチャゴチャうるさいのよ!!」 blabbermouth!!”
TIFA {Tifa}
「うっるさいわね!!」 “Shut up!!”
YUFFIE {Yuffie}
「うるっさい!!」 “Just shut up!!”
ナレーション Narration
「あ……ああ、何と強い……姫の力! “Oh my…what an unusually strong Princess!
 伝説の勇者ルーザの物語は And so the new legendary hero Rosa
 こうしてめでたく棊を閉じるのであります」 and our story ends happily ever after.”
悪竜王 EDK
「なにを…」 “What…?”
悪竜王 EDK
「うぎゃああ」 “Urrrrrgh”
悪竜王 Beautiful Girl
「ありがとう~ございます~。 “Thank…you.
 おかげで~のろいがとけて~ You've released me…from the spell
 元の姿にもどれま~した~」} and I am my normal self again…”
AERITH {Aeris}
「あ~、おもしろかった。 “Oh, that was fun.
 ね、次はゴンドラ乗ろう」 Hey, let's go on the Gondola.”
TIFA {Tifa}
「フフ、おかしかったね。 “Hmm, that was funny.
 ねぇ、次はゴンドラ乗りましょ」 Hey, let's go on the Gondola next.”
YUFFIE {Yuffie}
「なんだか、よくわかんなかったなぁ。 “I didn't get it. {Cloud},
 CLOUD、次はゴンドラ乗ろうよ」 let's go on the Gondola next.”
BARRET {Barret}
「ちょっと、静かに話せるとこ、行こうぜ」} “Let's go somewhere
AERITH {Aeris}
「2人おねがいしま~す」 “Two, please.”
TIFA {Tifa}
「2人おねがいします」 “Two, please.”
YUFFIE {Yuffie}
「2人でのるよ」 “Two.”
BARRET {Barret}
「おいおい、男2人で “Hey! You gotta be kiddin'!
 乗るのかよ…… Just us two?
 まぁ、いいけどな」 …ok, that's cool, I guess…”
BARRET {Barret}
「おい、2人だ」 “Yo. Two.”
「はい、お2人様ですね」 “Here you are, two tickets.”
観らん車内部 Inside the Ferris Wheel
TIFA {Tifa}
「あっ、あれ」 “Look, there.”
TIFA {Tifa}
「見て、見て」 “Look, look.”
AERITH {Aeris}
「すっご~い」 “Wow.”
AERITH {Aeris}
「CLOUD、ほら!」 “{Cloud}!”
YUFFIE {Yuffie}
「すっげぇ」 “Geez!”
YUFFIE {Yuffie}
「ひょ~!」 “Oh my gawd!”
TIFA {Tifa}
「わあ、きれい」 “Oh, how pretty.”
TIFA {Tifa}
「ねぇ、CLOUD見て」 “Look, {Cloud}.”
TIFA {Tifa}
「CLOUD、ほら」 “Oh, {Cloud}.”
AERITH {Aeris}
「わあ、すご~い」 “Wow, how nice.”
AERITH {Aeris}
「あっ! CLOUD見て」 “Oh! Look, {Cloud}.”
AERITH {Aeris}
「わあ、きれ~」 “It's so pretty.”
YUFFIE {Yuffie}
「あっ!」 “Wow!”
YUFFIE {Yuffie}
「わあ!!」 “Geez!!”
YUFFIE {Yuffie}
「CLOUD!」 “{Cloud}!”
             {Choice}
             {Choice}
デバック {Choice}
 だって {!}{Var:1}
もうちょっとまって。 Wait a minute.
TIFA {Tifa}
「……きれいね」 “…it's really pretty, isn't it?”
TIFA {Tifa}
「……言っちゃおうかな」 “Ok, I'm going to just
CLOUD {Cloud}
「……何を」 “…What?”
TIFA {Tifa}
「AERITHなら、きっと “{Aeris} would be able to just
 ハッキリ言うんだろうな」 come out and say it, probably.”
CLOUD {Cloud}
「はぁ?」 “Huh?”
TIFA {Tifa}
「幼なじみってむずかしいよね」 “Sometimes being old friends is hard.”
TIFA {Tifa}
「タイミング、むずかしいのよ」 “I mean, timing is everything.”
CLOUD {Cloud}
「はぁ……」 “Yeah…”
TIFA {Tifa}
「あのね、CLOUD」 “{Cloud}…?”
TIFA {Tifa}
「私ね……」 “I…”
TIFA {Tifa}
「…………… “….
 …………………」 ….”
AERITH {Aeris}
「……きれいだね」 “…Beautiful, isn't it?”
AERITH {Aeris}
「……はじめはね “……first off,
 そっくりだったから it bothered me how you
 気になった」 looked exactly alike.”
AERITH {Aeris}
「全然別人なんだけど、そっくり」 “Two completely different people,
AERITH {Aeris}
「歩きかた、手の動かしかた……」 “The way you walk, gesture…”
AERITH {Aeris}
「あなたの中に彼を見ていた……」 “I think I must have seen him again, in you…”
AERITH {Aeris}
「でも、ちがうの」 “But you're different.”
AERITH {Aeris}
「いまは、ちがう……」 “Things are different…”
AERITH {Aeris}
「ね、CLOUD」 “{Cloud}…”
AERITH {Aeris}
「わたし、あなたをさがしてる」 “I'm searching for you.”
CLOUD {Cloud}
「……………?」 “…?”
AERITH {Aeris}
「あなたに会いたい」 “I want to meet you.”
CLOUD {Cloud}
「俺はここにいる」 “But I'm right here.”
AERITH {Aeris}
(うんうん、わかってる……でも) I know, I know…what I mean is…
AERITH {Aeris}
「あなたに……会いたい」 “I want to meet…you.”
BARRET {Barret}
「おめえよ~。 “Hey spike-head.
 オレと花火見て楽しいかあ?」 What'd you wanna see fireworks with me for?”
CLOUD {Cloud}
「……楽しいと思うか?」 “Not having fun?”
BARRET {Barret}
「それならよ、どっちか誘えば “You should've asked one of them!”
 良かっただろうが!」
CLOUD {Cloud}
「どっちか?」 “Which would you have asked?”
BARRET {Barret}
「決まってんだろ!」 “Oh man, there just ain't no choice!”
BARRET {Barret}
「TIFA、AERITH」 “{Tifa}, {Aeris}.”
BARRET {Barret}
「おっ、YUFFIEか?」 “Ah, {Yuffie}?”
CLOUD {Cloud}
(やれやれ) (hoo boy)
BARRET {Barret}
「なんだよ、それ」 “What the hell's that supposed to mean?”
BARRET {Barret}
「おめえ、まさか……マリンを?」 “Hey, you don't mean…Marlene?”
BARRET {Barret}
「ダメだ! 許さねえ!」 “NO WAY! Forget it!”
BARRET {Barret}
「おまえみたいなワケがわからないヤツに “There ain't no way I'm lettin' a wacko like you
 マリンはやれねえ!」 anywhere near my little Marlene!”
BARRET {Barret}
「マリンは、オレの宝物だからな」 “She's my baby. My prized possession.”
BARRET {Barret}
「…………マリン」 “…Marlene.”
BARRET {Barret}
「……マリンに見せたかったぜ。 “Wish I could've brought Marlene here.
 この花火よぉ」 She'd love the fireworks.”
BARRET {Barret}
「どうしておまえなんかと……」 “Why the hell do I gotta be
BARRET {Barret}
「クソッ……なんだか腹が立ってきたぜ」 “…The more I think
BARRET {Barret}
「うるせえ花火だ」 “Damn fireworks anyways.”
BARRET {Barret}
「うるせ~~~!!」 “Shut up!!”
YUFFIE {Yuffie}
「CLOUD……」 “{Cloud}…?”
YUFFIE {Yuffie}
「いや、なんかさ~」 “No I, uh…”
CLOUD {Cloud}
「…………」 “…”
YUFFIE {Yuffie}
「そういうフンイキかなって “I just felt like doing that.”
 思ったワケよ」
YUFFIE {Yuffie}
「ん、そんだけ」 “That's all.”
YUFFIE {Yuffie}
「お、おい! “H, hey!!
 なんとか言いなよ!」 Say something, why don't you!”
YUFFIE {Yuffie}
「…………照れるよ」 “…gawd, I could just die.”
YUFFIE {Yuffie}
「なんとか言ってよ~~ッ!」 “Say something, PLEASE!”
CLOUD {Cloud}
「………………ナントカ」 “…something.”
X       X {!}{Var:1}
Y      } Y {!}{Var:1}
AERITH {Aeris}
「そんな場合じゃない、でしょ? “There's no time for this!
 はやく、CAIT SITH、追いましょう」 We have to go after {Cait Sith}.”
TIFA {Tifa}
「ゆっくりしてるヒマは無いの。 “There's no time to waste.
 はやくCAIT SITHを追いましょ!」 Let's hurry and go after {Cait Sith}!”
YUFFIE {Yuffie}
「そんな、ゆっくりしててい~の? “Should we be wasting time like this?
 CAIT SITHを追うんじゃないのか?」 Weren't we going after {Cait Sith}?”
BARRET {Barret}
「何してんだ! “The hell're you doin'!?
 はやくCAIT SITHを追うぞ」} We're goin' after {Cait Sith}!”
TIFA {Tifa}
「CLOUD “{Cloud}
 今日は楽しかったわ」 I really had fun tonight.”
CLOUD {Cloud}
「そういえば “By the way,
 さっき何を言おうと…」 what did you want to say a minute ago?”
TIFA {Tifa}
「な、なんでも!」 “N, nothing!”
TIFA {Tifa}
「なんでもない…」 “Nothing…”
CLOUD {Cloud}
「?」 “?”
TIFA {Tifa}
「あっ、もうこんな時間 “Oh, look at the time.
 そろそろもどりましょう」 We should be getting back.”
AERITH {Aeris}
「今日は楽しかった “I had fun tonight.
 また、いっしょにこようね」 Let's do it again.”
AERITH {Aeris}
「わたしとじゃイヤ?」 “Don't you like being with me?”
    ああ {Choice}No, I don't
    そんなことない {Choice}That's not it
AERITH {Aeris}
「もう、いじわる!」 “Oh, don't tease me like that!”
AERITH {Aeris}
「よかった」 “I'm glad.”
「次に来たときは “Next time we come,
 もっとゆっくりと let's take our time
 いろ~んなものに乗ろうね」 and go on more rides.”
AERITH {Aeris}
「あっ、もうこんな時間 “Oh, look at the time.
 そろそろ帰りましょ」 We'd better get going.”
BARRET {Barret}
「やれやれ “Oh man
 なんか、つかれちまった。 I'm beat.
 そろそろもどろうぜ」 Let's head back.”
YUFFIE {Yuffie}
「アタイ今日は “I should sleep
 よく眠れそうだよ」 really well tonight.”
YUFFIE {Yuffie}
「つきあってくれて “Thanks…
 ありがとな」 for coming with me.”
CLOUD {Cloud}
「ああ」 “Yeah.”
YUFFIE {Yuffie}
「じゃあ “You wanna go back,
 そろそろもどろっかCLOUD」} {Cloud}?”
AERITH {Aeris}
「あれっ? “Hey?
 CAIT SITH、なにしてるのかな?」 What's {Cait Sith} doing?”
TIFA {Tifa}
「あれ……CAIT SITHよね。 “That's…{Cait Sith}.
 なんだか様子がおかしいわよ」 He's acting strange.”
BARRET {Barret}
「……CAIT SITHだぜ。 “…it's {Cait Sith}.
 なにコソコソしてやがるんだ?」 What's he doin' so quietly?”
YUFFIE {Yuffie}
「あっ、CAIT SITHじゃないか? “Hey, isn't that {Cait Sith}?
 なにやってんだ?」 What's he doing?”
CLOUD {Cloud}
「!!」 “!!”
CLOUD {Cloud}
「あいつが持ってるのは “Is that the…Keystone?”
 キーストーンじゃないのか?」
CLOUD {Cloud}
「おい! CAIT SITH!」 “Hey! {Cait Sith}!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「やばやば!」 “Oh oh!”
AERITH {Aeris}
「ねぇ、行ってみよ」 “Come on, let's go.”
TIFA {Tifa}
「ねぇ、行ってみましょう」 “Come on, let's go.”
YUFFIE {Yuffie}
「CLOUD、あそこいこうぜ」 “{Cloud}, let's go.”
BARRET {Barret}
「CLOUD チョットのぞいてみるか」} “{Cloud}, wanna take a peek?”
AERITH {Aeris}
「そんな場合じゃない、でしょ!? “We've got no time for this!
 はやく、CAIT SITH、追いましょ!」 Let's go after {Cait Sith}!”
TIFA {Tifa}
「ゆっくりしてるヒマは無いわよ。 “We've got no time to relax.
 はやくCAIT SITHを追いましょ!」 Let's go after {Cait Sith}!”
YUFFIE {Yuffie}
「そんな、ゆっくりしてていいのか? “Is it all right to relax like that?
 CAIT SITHを追うんじゃないのか?」 Aren't we going after {Cait Sith}?”
BARRET {Barret}
「何してんだ! “What're ya doin'?
 はやくCAIT SITHを追うぞ」} We're goin' after {Cait Sith}!”
AERITH {Aeris}
「そんな場合じゃない、でしょ!? “We don't have time for that!?
 はやく、CAIT SITH、追いましょ!」 Let's hurry and go after {Cait Sith}!”
TIFA {Tifa}
「ゆっくりしてるヒマは無いわよ。 “There's no time to waste.
 はやくCAIT SITHを追いましょ!」 Let's hurry after {Cait Sith}!”
YUFFIE {Yuffie}
「そんな、ゆっくりしてていいのか? “Should we be doing that?
 CAIT SITHを追うんじゃないのか?」 We've got to go after {Cait Sith}?”
BARRET {Barret}
「何してんだ! “Whacha doin!?
 はやくCAIT SITHを追うぞ」} We're goin' after {Cait Sith}!”
AERITH {Aeris}
「そんな場合じゃない、でしょ!? “There's no time for this, right!?
 はやく、CAIT SITH、追いましょ!」 Let's hurry after {Cait Sith}!”
TIFA {Tifa}
「ゆっくりしてるヒマは無いわよ。 “There's no time to relax.
 はやくCAIT SITHを追いましょ!」 Let's hurry after {Cait Sith}!”
YUFFIE {Yuffie}
「そんな、ゆっくりしてていいのか? “Should we be this laid back?
 CAIT SITHを追うんじゃないのか?」 Aren't we going after {Cait Sith}?”
BARRET {Barret}
「何してんだ! “What the hell are you doing?
 はやくCAIT SITHを追うぞ」} Let's get {Cait Sith}!”
AERITH {Aeris}
「そんな場合じゃない、でしょ!? “There's no time for that!!
 はやく、CAIT SITH、追いましょ!」 Let's hurry and go after {Cait Sith}!”
TIFA {Tifa}
「ゆっくりしてるヒマは無いわよ。 “There's no time to relax.
 はやくCAIT SITHを追いましょ!」 Let's hurry and go after {Cait Sith}!”
YUFFIE {Yuffie}
「そんな、ゆっくりしてていいのか? “Is there time to be fooling around?
 CAIT SITHを追うんじゃないのか?」 Weren't we goin' after {Cait Sith}?”
BARRET {Barret}
「何してんだ! “What the hell are you doing!?
 はやくCAIT SITHを追うぞ」} We gotta get that damn cat!”
AERITH {Aeris}
「そんな、場合じゃないでしょ! “We don't have time for this!
 はやく、CAIT SITHを追いましょう」 We've got to go after {Cait Sith}.”
TIFA {Tifa}
「ゆっくり乗ってるヒマは無いわよ “There's no time for this.
 はやくCAIT SITHを追いましょ!」 Let's hurry after {Cait Sith}!”
YUFFIE {Yuffie}
「そんな、ゆっくりしてていいのか? “Should we be doing this?
 CAIT SITHを追うんじゃないのか?」 I thought we were after {Cait Sith}?”
BARRET {Barret}
「何してんだ! “The hell you doin'!?
 はやくCAIT SITHを追うぞ」 We gotta go after {Cait Sith}!”
ラウンドスクェア}
ラウンドスクェア Round Square
 現在の持ちGP Current GP
  GP {VAR3} GP
「もうしわけございませんが “Sorry it's out of order.” Placed as first entry in English File. Read Tab 18.
 こちらはただいま故障中です」
「わ~い!!」 “Yaaay!!”
「キャッキャ!」 “Yaay Yaay!”
「これこれ、走るんじゃないよ」 “Come on now‚no running.” No kids ever run around here, neither here or in CHORACE2.
デバック [Empty Entry] TRANSLATE!!! Who is this?!
 だって -||-
{Cait Sith}
「ほら! これや! “Hey! Look here! Notice how the Keystone is called "Key Materia". This IS a definite difference with CHORACE2.
 キー・マテリアや!」 The Key Materia!”
ツォン Tseng
「ごくろうさまです」 “Well done.”
{Cloud}
「おい!」 “Hey!”
{Cait Sith}
「ちょちょ、ちょっと待って~や。 “W, a second. The presentation of this line is weird in Loveless…not sure if it looks exactly like this.
 逃げも隠れもしませんから」 I won't run or hide.”
「確かにボクは、スパイしてました。 “Yes‚I was a spy.
 神羅のまわしモンです」 I was hired by the Shinra.”
{Tifa}
「ふざけないでよ!」 “Don't mess with us!”
{Aeris}
「……信じてたのに “…I trusted you.
 がっかり!」 I can't believe you!”
バレット Barret
「うすぎたねえ野郎だぜ!」 “Ya dirty &*$*%$!” For some reason Barret is called Barret here no matter what you named him.
{Cloud}
「ふざけるな!!」 “You think this's a big joke!?”
{Cait Sith}
「しゃあないんです。 “I can't help it.
 すんでしもたことは What's done is done.
 どないしょうもあらへん」 That's just the way it is.”
「なぁ~んもなかったように “How 'bout if we go on like
 しませんか?」 nothing ever happened?”
{Cloud}
「ずうずうしいぞ、 “You're pushin' it‚{Cait Sith}!
 スパイだとわかってて You gotta lot of nerve staying with us
 いっしょにいられるわけないだろ!」 all the while being a spy!”
{Cait Sith}
「ほな、どないするんですか? “Then‚what are you goin' to do?
 ボクを壊すんですか?」 Destroy me?”
{Cait Sith}
「そんなんしても、ムダですよ。 “You'd just be wastin' your time if you tried.
 この身体、もともとオモチャやから」 This body's just a toy anyway.”
「本体はミッドガルの神羅本社に “My real body's at Shinra Headquarters
 おるんですわ。 in Midgar.
 そっから、このネコのおもちゃ I'm controlin' this
 操っとるわけなんです」 toy cat from there.”
{Tifa}
「それじゃあ正体は神羅の人間なのね。 “So you're from Shinra.
 だれなのよ?」 Who are you?”
{Aeris}
「正体は神羅の人、ね? “So you're from Shinra.
 だ~れ? あなた! Who? Who are you!
 言いなさい!」 Tell me!”
{Barret}
「だれだ、てめえ! “Who the hell are ya!?
 本当の名前を教えろ!」 What's your real name!?”
{Yuffie}
「神羅の人間! “Part of the Shinra!
 おまえ、だれだ!?」 Who the *&$# are you!?”
{Cait Sith}
「おっと、名前は教えられへん」 “Whoa‚I can't tell you my name.”
{Cloud}
「話にならないな」 “We're not gettin' anywhere.”
{Cait Sith}
「な? そうですやろ? “Right? I told you!
 話しなんどうでもええから Talking won't do any good‚so can't Contains VERY small difference with CHORACE2 counterpart.
 このまま旅、続けませんか?」 we just continue our journey?”
{Cait Sith}
「……確かにボクは、神羅の社員や」 “…Alright‚yes‚I am a Shinra employee.”
「それでも、完全にみなさんの “But we're not completely enemies.”
 敵っちゅうわけでもないんですよ」
{Cait Sith}
「……ど~も、気になるんや。 “…Something bothers me.
 みなさんの I think it's you're ways of living”
 その、生き方っちゅうか?」
「誰か給料はろてくれるわけやないし “You don't get paid
 だぁれも、ほめてくれへん。 You don't get praised. And yet you
 そやのに、命かけて旅しとる。 still risk your lives and continue on
 そんなん見とるとなぁ……」 your journey. Seeing that makes me…”
{Cait Sith}
「自分の人生、考えてまうんや。 “It just makes me think about my life.
 なんや、このまま終わってしもたら I don't think I'd feel too good
 アカンのとちゃうかってな」 if things ended the way it is now.”
{Tifa}
「またウソついてる」 “You're lying again.”
{Aeris}
「~とかなんとか言ってぇ」 “…And so on‚and so on…”
{Barret}
「へっ! だまされないぜ!」 “Hmph! You ain't foolin' us this time!”
{Yuffie}
「あやしい~」 “Sounds fishy---”
{Cloud}
「正体はあかさない。 “He won't come clean.
 スパイはやめない」 And he won't quit being a spy.”
「そんなヤツといっしょに “We can't go on with
 旅なんてできないからな。 someone like that.
 冗談はやめてくれ」 Pull your head out!”
{Cait Sith}
「……まぁそうやろなぁ。 “…I thought so.
 話し合いにもならんわな」 It won't do any good talking to you.”
「ま、こうなんのとちゃうかとおもて “So‚I've prepared myself in case
 準備だけはしといたんですわ」 something like this happened.”
{Cait Sith}
「これ、聞いてもらいましょか」 “Why don't you listen to this.”
「父ちゃん! !」 “Dad! {Tifa}!”
{Tifa}
「マリン!」 “Marlene!”
{Aeris}
「あっ! マリンの声!」 “Hey! That's Marlene!”
{Barret}
「マ、マリン!?」 “Ma…Marlene!?”
{Cloud}
「……マリン?」 “…Marlene?”
マリン Marlene
「あ! とうちゃんの声だ! “Hey! It's dad!
 とうちゃん! マリンね!」 Dad! It's me‚Marlene!”
マリン Marlene
「あ! の声だ! “Hey! It's {Tifa}!
 ! あのね!」 {Tifa}! You know what!”
マリン Marlene
「あ! お花のお姉ちゃん! “Hey! It's the flower lady!
 お姉ちゃん…」 Flower lady…”
マリン Marlene
「あ! の声だ!」 “Hey! It's {Cloud}!” Has small difference with CHORACE2 line.
{Cait Sith}
「……というわけです、みなさんは “…So‚there's no other way
 ボクの言うとおりにするしか but to listen to me.”
 あらへんのですわ」
{Cloud}
「……最低だ」 “You're the lowest…”
{Cait Sith}
「そりゃ、ボクかって “I didn't want to do this either.
 こんなことやりたない。 Not by using dirty tricks
 人質とかヒレツなやりかたは……」 and taking hostages…”
{Cait Sith}
「まぁ、こういうわけなんですわ。 “So‚this is how it is.
 話し合いの余地はないですな。 There's no room for compromises.
 今までどおり、仲ようしてください。」 So why don't we go on as we did.”
{Cait Sith}
「明日は古代種の神殿でしたな? “Tomorrow is the Temple of the Ancients‚right?
 場所知ってますから I know where it is
 後で、教えますわ」 so I'll tell you later.”
「神羅のあとになりますけど “Of course we'll get there after the Shinra‚
 まぁ、そんくらいは but you'll have to deal with that.”
 ガマンしてくださいな」 CHORACE2 has an extra line by Cait Sith after this which is completely missing from CHORACE.
{Cloud}
「……仕方ないな。 “…Well‚we're stuck…
 言うとおりにしよう」 We'll have to do what he says.”
{Tifa}
「……マリン」 “…Marlene.”
{Aeris}
「マリン、だいじょぶかな…… “I wonder if Marlene is all right…
 お母さん、どうしたのかな」 I wonder what happened to Mom?”
{Barret}
「すまねえ、 “Sorry‚{Cloud}.”
{Yuffie}
「う、うん」 “Uh‚yup.”
チョコボスクェア Chocobo Square I am honestly not entirely sure if you can roam both CHORACE and CHORACE2, and access the menu…
「よし、ちれ!!」 [Empty Entry]
[Empty Entry]
「神羅兵… -||-
 こんなところまで…」 -||-
[Empty Entry]
「どうしたの?」 -||-
[Empty Entry]
「なに?」 -||-
[Empty Entry]
「どうした?」 -||-
[Empty Entry]
「なんだ?」 -||-
[Empty Entry]
「シッ!」 -||-
「わ~い!!」 [Empty Entry]
「キャッキャ!」 [Empty Entry]
「これこれ、走るんじゃないよ」 [Empty Entry]
デバック [Empty Entry] ADD TRANSLATION FROM CHORACE.
 だって -||-
{Cait Sith}
「ほら! これや! “Hey! Over here!
 キーストーンや!」 The Keystone!” Called "Key materia" in CHORACE.
ツォン Tseng
「ごくろうさまです」 “Well done.”
{Cloud}
「おい!」 “Hey!”
{Cait Sith}
「ちょちょ、ちょっと待って~や。 “W, wait a second.
 逃げも隠れもしませんから」 I won't run or hide.”
「確かにボクは、スパイしてました。 “Yes, I was a spy.
 神羅のまわしモンです」 I was hired by the Shinra.”
{Tifa}
「ふざけないでよ!」 “Don't mess with us!”
{Aeris}
「……信じてたのに “…I trusted you.
 がっかり!」 I can't believe you!”
バレット Called "Barret" no matter what it seems.
「うすぎたねえ野郎だぜ!」 “Ya dirty &*$*%$!”
{Cloud}
「ふざけるな!!」 “You think I'm jokin'!?”
{Cait Sith}
「しゃあないんです。 “I couldn't help it.”
 すんでしもたことは
 どないしょうもあらへん」
「なぁ~んもなかったように “How 'bout if we go on like
 しませんか?」 nothing ever happened?”
{Cloud}
「ずうずうしいぞ、 “No way, cat!
 スパイだとわかってて You gotta lot of guts acting like
 いっしょにいられるわけないだろ!」 a friend but being a spy!”
{Cait Sith}
「ほな、どないするんですか? “Then, what are you goin' to do?
 ボクを壊すんですか?」 Kill me?”
{Cait Sith}
「そんなんしても、ムダですよ。 “You'd just be wastin' your time if you tried.
 この身体、もともとオモチャやから」 This body's just a toy anyway.”
「本体はミッドガルの神羅本社に “My real body's at Shinra Headquarters
 おるんですわ。 in Midgar.
 そっから、このネコのおもちゃ I'm controlin' this
 操っとるわけなんです」 toy cat from there.”
{Tifa}
「それじゃあ正体は神羅の人間なのね。 “So you're from Shinra.
 だれなのよ?」 Who are you?”
{Aeris}
「正体は神羅の人、ね? “So you're from Shinra.
 だ~れ? あなた! Who? Who are you!
 言いなさい!」 Tell me!”
{Barret}
「だれだ、てめえ! “The hell are ya!?
 本当の名前を教えろ!」 What's your real name!?”
{Yuffie}
「神羅の人間! “Part of the Shinra!
 おまえ、だれだ!?」 Who the *&$# are you!?”
{Cait Sith}
「おっと、名前は教えられへん」 “Whoa, I can't tell you my name.”
{Cloud}
「話にならないな」 “We're not gettin' anywhere.”
{Cait Sith}
「な? そうやろ? “See? I told you!
 話なんてどうでもええから Talking won't do any good, so can't
 このまま旅、続けませんか?」 we just continue our journey?”
{Cait Sith}
「……確かにボクは、神羅の社員や」 “…Alright, yes, I am a Shinra employee.”
「それでも、完全にみなさんの “But we're not entirely enemies.”
 敵っちゅうわけでもないんですよ」
{Cait Sith}
「……ど~も、気になるんや。 “…Something bothers me.
 みなさんの
 その、生き方っちゅうか?」 I think it's your way of life.”
「誰か給料はろてくれるわけやないし “You don't get paid.
 だぁれも、ほめてくれへん。 You don't get praised. Yet, you
 そやのに、命かけて旅しとる。 still risk your lives and continue on
 そんなん見とるとなぁ……」 your journey. Seeing that makes me…”
{Cait Sith}
「自分の人生、考えてまうんや。 “It just makes me think about my life.
 なんや、このまま終わってしもたら I don't think I'd feel too good
 アカンのとちゃうかってな」 if things ended the way they are now.”
{Tifa}
「またウソついてる」 “You're lying again.”
{Aeris}
「~とかなんとか言ってぇ」 “…And so on, and so on…”
{Barret}
「へっ! だまされないぜ!」 “Hmph! You ain't foolin' us this time!”
{Yuffie}
「あやしい~」 “Sounds fishy…”
{Cloud}
「正体はあかさない。 “He'll never tell the truth.
 スパイはやめない」 Once a spy, always a spy.”
「そんなヤツといっしょに “We can't go on with
 旅なんてできないからな。 someone like that.
 冗談はやめてくれ」 C'mon get real!!”
{Cait Sith}
「……まぁそうやろなぁ。 “…just as I thought.
 話し合いにもならんわな」 Talking won't make a bit of difference.”
「ま、こうなんのとちゃうかとおもて “But I prepared something in case
 準備だけはしといたんですわ」 this happened.”
{Cait Sith}
「これ、聞いてもらいましょか」 “Why don't you listen to this?”
「父ちゃん! !」 “Papa! {Tifa}!”
{Tifa}
「マリン!」 “Marlene!”
{Aeris}
「あっ! マリンの声!」 “Hey! That's Marlene!”
{Barret}
「マ、マリン!?」 “Ma…Marlene!?”
{Cloud}
「……マリン?」 “…Marlene?”
マリン Marlene
「あ! とうちゃんの声だ! “Hey! It's dad!
 とうちゃん! マリンね!」 Dad! It's me, Marlene!”
マリン Marlene
「あ! の声だ! “Hey! It's {Tifa}!
 ! あのね!」 {Tifa}! Help, I'm-”
マリン Marlene
「あ! お花のお姉ちゃん! “Hey! It's the flower lady!
 お姉ちゃん…」 Flower lady…”
マリン Marlene
「あ! の声だ! “Hey! It's {Cloud}!”
 ! あ…」
{Cait Sith}
「……というわけです、みなさんは “…So, you have to do as I say.”
 ボクの言うとおりにするしか
 あらへんのですわ」
{Cloud}
「……最低だ」 “You're the lowest…”
{Cait Sith}
「そりゃ、ボクかって “I didn't want to do this…
 こんなことやりたない。 using dirty tricks and
 人質とかヒレツなやりかたは……」 taking hostages…”
{Cait Sith}
「まぁ、こういうわけなんですわ。 “But this is how it is…no compromises.
 話し合いの余地はないですな。 So why don't we go on as we did?”
 今までどおり、仲ようしてください。」
{Cait Sith}
「明日は古代種の神殿でしたな? “Tomorrow is the Temple of the Ancients, right?
 場所知ってますから I know where it is
 あとで、教えますわ」 so I'll tell you later.”
「神羅のあとになりますけど “Of course,we'll get there after the Shinra,
 まぁ、そんくらいは but you'll have to deal with that.”
 ガマンしてくださいな」
{Cait Sith}
「そういや、みなさんは “Oh, you didn't seem to know this, but…” This line does not exist in CHORACE.
 知らんかったみたいやけど」 “The Keystone is the key to the
「キーストーンは Temple of the Ancients.
 古代種の神殿への鍵なんです。 Even so, you're all going, right?”
 どちらにしろ、みなさんも “I know where it is, so
 行くんですよね?」 I'll show you later.”
「場所知ってますから “The Shinra have already been there, but
 あとで、教えますわ」 I guess you have to deal with that.”
「神羅のあとになりますけど
 まぁ、そんくらいは
 ガマンしてくださいな」
{Cloud}
「……仕方ないな。 “…Well, we're stuck…
 言うとおりにしよう」 We'll have to do what he says.”
{Tifa}
「……マリン」 “…Marlene.”
{Aeris}
「マリン、だいじょうぶかな…… “I wonder if Marlene is all right…
 お母さん、どうしたのかな」 I wonder what happened to Mom?”
{Barret}
「すまねえ、 “Sorry, {Cloud}.”
{Yuffie}
「う、うん」 “Uh, yup.”
チョコボスクェア Chocobo Square