Dialogue Script

Chapter: 28 - Temple of the Ancients

Entering the Temple of the Ancients, Getting Lost in the Maze, The Two visions of Sephiroth, fight with Red Dragon, Discovery and extraction of Black Materia, Demon Gate boss, Destruction of Temple, Cloud gives up Black Materia and Beats Aeris, the hallunication with Aeris and Cloud as Aeris leaves to fight Seph, ending with the aftermath in Gongaga

 
FF7 International ScriptFF7 PC English ScriptMissing TranslationNotes
JAPANESE (Intl Ver) PC ENGLISH
古代種の神殿 Temple of the Ancients
AERITH {Aeris}
「ここ……古代種の神殿……」 “This is…the Temple of the Ancients…”
「わたし、わかる…… “I…I know…
 感じるの…… I feel it…
 ただよう……古代種の意識」 The knowledge of the Ancients…floating…”
AERITH {Aeris}
「死んで、星とひとつになれるのに “You could become one with the Planet,
 意志の力でとどまってる……」 but you're stopping it
「未来のため? “For the future?
 わたしたちのため?」 For us?”
CLOUD {Cloud}
「なんて言ってる? “What are you saying?
 わかるのか?」 Do you understand?”
AERITH {Aeris}
「不安…… “You're uneasy…
 でも、よろこんでる?」 But happy?”
「わたし、来たから? “Because I'm here?
 ごめんね……わからない」 I'm sorry…I don't understand.”
AERITH {Aeris}
「はやく、ねえ “I want to go inside!”
 中に入りたい!」
黒マント Black cape
「キー……ストー……ン……」 “Key…stone…”
「神殿の……扉を……開いて……」 “Open…door…of the Temple…”
黒マント Black cape
「黒……マテリア……」 “Black…Materia…”
AERITH {Aeris}
「見て……」 “Look…”
TIFA {Tifa}
「ナンバー9。 “Number 9.
 ここにもイレズミの男ね」 Another man with a tattoo.”
BARRET {Barret}
「ナンバー9だとよ。 “It says number 9.
 首にイレズミがある」 He has a tattoo on his neck.”
RED XIII {Red XIII}
「ナンバー9だね。 “He's number 9.
 イレズミがあるよ」 There's a tattoo.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「おや!? “Oh!?
 ナンバー9のイレズミやな」 It's a number 9 tattoo.”
YUFFIE {Yuffie}
「この人もイレズミしてる! “He has a tattoo too!
 え~と、ナンバー9かな」 Ummm, I think it's number 9.”
CID {Cid}
「おい、イレズミしてやがるぜ。 “Hey, he's got a tattoo.
 ナンバー9、だとよ」 It says number 9.”
VINCENT {Vincent}
「ナンバー9のイレズミだ」 “It's a number 9 tattoo.”
AERITH {Aeris}
「CAIT SITH……」} “{Cait Sith}…”
古代種の神殿 Temple of the Ancients
AERITH {Aeris}
「あっ! ツォン!」 “Hey! It's Tseng!”
CLOUD {Cloud}
「タークスのツォンか!?」 “Tseng? Of the Turks!?”
ツォン Tseng
「くっ……やられたな」 “Oh, I've been tricked.”
ツォン Tseng
「セフィロスが……捜しているのは “It's not the Promised Land…
 ……約束の地じゃない……」 Sephiroth's searching for…”
CLOUD {Cloud}
「セフィロス? “Sephiroth?
 中にいるのか!?」 He's inside!?”
ツォン Tseng
「自分で…… “Look…
 たしかめるんだな……」 for yourself…”
ツォン Tseng
「くそっ……」 “Damn…”
「AERITHを…手放したのが “Letting {Aeris} go was the start…
 ケチ…の……つきはじめ…だ…」 of my…bad luck…”
「社長は……判断を “The President…
 あや……まった……」 was wrong…”
AERITH {Aeris}
「あなたたち、かんちがいしてる」 “You're wrong.”
「約束の地、あなたたちが考えてるのと “The Promised Land isn't like
 ちがうもの」 what you imagined.”
AERITH {Aeris}
「それに、わたし、協力なんてしないから」 “And, I'm not going to help.”
「どっちにしても、神羅には “Either way, there was no way
 勝ち目はなかったのよ」 Shinra could have won.”
ツォン Tseng
「ハハ……きびしいな。 “…Pretty harsh.
 AERITH……らしい……言葉だ」 Sounds like something…
ツォン Tseng
「キーストーン…… “The Keystone…
 祭壇に……置いて……み……ろ」 Place it…on…the altar…”
キーアイテム『キーストーン』を手にいれた! Received Key Item "Keystone"!
CLOUD {Cloud}
「泣いてるのか?」 “You crying?”
AERITH {Aeris}
「……ツォンはタークスで敵だけど “…Tseng's with our enemy, the Turks,
 子供のころから知ってる」 but I've known him since we were little…”
「わたし、そういう人、少ないから。 “There's not a lot of people I can say that about.
 世界中、ほんの少ししかいない In fact, there are probably only a handful
 わたしのこと、知ってる人……」 of people in the world who really know me.”
ツォン Tseng
「私は……まだ、生きている……」 “I am…still alive…”
CLOUD {Cloud}
「ここにキーストーンを “Let's put the Keystone in.”
 つかえば……」}
古代種の神殿 Temple of the Ancients
古代種の神殿 Temple of the Ancients
BARRET {Barret}
「ひゅ~! “Damn!
 これが古代種の神殿かよ!」 So this is the Temple of the Ancients!”
BARRET {Barret}
「ウッ~ 冗談じゃねえ。 “Oh man, you gotta be kiddin'.
 めまいがするぜ!」 This is makin' me dizzy!”
「おう! CLOUD!
 迷うんじゃねえぞ!」
AERITH {Aeris}
「言葉が… 思いが…  “Words…feelings…
 たくさん、ここにある」 So many of them here.”
YUFFIE {Yuffie}
「うひゃ~! “Geeeez!
 こりゃ、たいへんだよ」 We got our work cut out for us.”
「目まわってきたよ…アタシ」 “This is starting to get me really dizzy…”
CID {Cid}
「クソッ!クソッ!クソッ! “@#$%! @#$%! @#$%!
 なんだってんだ、ここは!」 What the hell's with this place!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「へ~、ごっつう広いなぁ。 “Wow, this place is huge!
 なんや、気い遠なりそうやわ」 I'm starting to get bored.”
VINCENT {Vincent}
「出口なしか…。 “No exits…
 もうもどれないぞ」 We can't turn back.”
RED XIII {Red XIII}
「クンクン…… “…sniff…sniff…
 ここいいにおいするよ」 This place smells good.”
「コスモキャニオンとおんなじ “It smells the same as Cosmo Canyon.”
 星のにおいするよ」
TIFA {Tifa}
「不思議な場所ね。 “What a strange place.
 私たち、歓迎されてるのかしら?」 Do you think we're welcome here?”
AERITH {Aeris}
「……CLOUD! “…{Cloud}!
 ここ、いろいろ大変だと思うけど…」 I know it's going to be tough, but…”
「なげださないで! “Don't give up!
 がんばろう、ね!」 We can do it!”
CLOUD {Cloud}
「封印されている……? “Sealed……?
 なんだか、なつかしい響きだな」} That sound brings back memories.” Weird line…
『へんか』のマテリアを手にいれた! Received "Morph" Materia! Picked up in KURO_3 instead.
『ラッキー』のマテリアを手にいれた! Received "Luck Plus" Materia!
『エーテルターボ』を手にいれた! Received "Turbo Ether"!
『マインドアップ』を手にいれた! Received "Mind Source"!
これいじょうマテリアは持てません。 You cannot take on any more Materia.
なにかマテリアをすててください。 Please discard some Materia.
『トライデント』を手にいれた! Received "Trident"!
『ロケットパンチ』を手にいれた! Received "Rocket Punch"!
『リボン』を手にいれた! Received "Ribbon"!
古代種の道具屋 Temple of the Ancients Ancient's General Store
「ねむねむ……」 “Nyum…nyum…”
「ねむねむ……」 “Nyum, nyum…”
    買い物できるか? {Choice}Can I buy something?
    休ませてくれ {Choice}Let me rest
    記録したいが {Choice}I want to save my game
    用はないな {Choice}Nothing
CLOUD {Cloud}
「ここは古代種の神殿だ。 “This is the Temple of the Ancients.
 かんたんにはもどれない」 You won't be able to go back easily.”
「それでも、いいだろうか?」 “Is that all right?”
    気が変わった {Choice}Changed my mind
    記録する {Choice}Save
「いらっしゃいませでぷ~」 “Welcome!”
「またくるでぷ~」 “Please come again!”
HP/MPが回復した! HP/MP Restored!
AERITH {Aeris}
「うん! “Whew!
 やっと、会えたね」 We finally caught up to you.”
「ごめんね。 “I'm sorry.
 まっててくれたんだ」 You waited for me.”
AERITH {Aeris}
「彼らは古代種の精神体」 “Those are the spirit bodies of the Ancients.”
「ずっ~と長い間、星に帰らず “They've been away from
 この神殿を守りつづけてる」 their Planet for a long time
AERITH {Aeris}
「ながい年月は彼らから “Over the many years,
 言葉を失わせた」 they've lost the ability to talk.”
「ううん、最初から言葉はいらなかった。 “Actually, they didn't need words
 神殿にとどまったものたちの from the beginning
 目的はひとつだったから」 because there was only one objective
AERITH {Aeris}
「ねえ、教えて!」 “Please, talk to me!”
AERITH {Aeris}
「だめ、あとはわからない。 “No good. I don't understand the rest.
 おびえているの……?」 Are you afraid?”
「セフィロスが神殿にいるから? “Is it because Sephiroth is in the Temple?
 それとも、ほかのこと?」} Or something else?”
『モップ』を手にいれた! Received "Mop"! Can only be received in Bone Village as far as I know.
『銀玉鉄砲』を手にいれた! Received "Silver Rifle"! The box that contains this item is, by the game, called "box2". There is no trace of "box1", but presumably that box contained the Mop.
古代種の神殿 Temple of the Ancients
AERITH {Aeris}
「ふぅ~~ “…phew…
 やったね!」 We did it!”
CLOUD {Cloud}
「だいじょうぶか? “Everyone all right?
 さすがに、こたえたな」 That was rough.”
AERITH {Aeris}
「あっ……CLOUD。 “Oh no…{Cloud}.
 たいへん!!」 Come quick!!”
AERITH {Aeris}
「はやく、こっち!」 “Hurry, this way!”
AERITH {Aeris}
「古代種の知識がいっぱい」 “It's full of the knowledge of the Ancients.”
「ううん、知識なんかじゃない。 “No…not knowledge
 そう……意識……生きてる心……」 …consciousness…a living soul…”
AERITH {Aeris}
「何か、言いたがってる」 “It's trying to say something.”
AERITH {Aeris}
「ごめんね、わからないの」 “I'm sorry, I don't understand.”
AERITH {Aeris}
「えっ?」 “What?”
AERITH {Aeris}
「な~に?」 “What is it?”
AERITH {Aeris}
「……危険? “…Danger?
 邪悪な……意識?」 An evil…consciousness?”
AERITH {Aeris}
「えっ? 見せる? “…show?
 見せてくれるの?」} You're going to show me?”
壁画の間 Temple of the Ancients Mural Room
CLOUD {Cloud}
「……どうなってる?」 “What's going on?”
AERITH {Aeris}
「まって! “Wait!
 ほら、見て…はじまるよ」 Look! It's showing us!”
「テストプレイはここまでです。」 “Test Play is up to here.”
イリーナ Elena
「ツォンさん、これは? “Tseng, what's this?
 これで約束の地がわかるんですか?」 Can we find the Promised Land with this?”
ツォン Tseng
「……どうかな。 “…I wonder.
 とにかく社長に報告だ」 Anyway, we have to report to the President.”
イリーナ Elena
「気をつけてくださいね。 “Be careful,
 ツォンさん」 Tseng.”
ツォン Tseng
「ああ……」 “Yeah…”
「イリーナ、この仕事が終わったら “Hey Elena, how 'bout dinner after
 めしでもどうだ?」 this job's over?”
イリーナ Elena
「あ、ありがとうございます」 “Th…Thank you very much.”
「それじゃ “If I may be excused…”
 おさきにしつれいします」
ツォン Tseng
「ここが約束の地? “Is this the Promised Land?
 いや、まさかな……」 No, it can't be…”
ツォン Tseng
「セフィロス!!」 “Sephiroth!!”
セフィロス Sephiroth
「おまえが扉を開いたのか。 “So you opened the door.
 ごくろうだった」 Well done.”
ツォン Tseng
「ここは……なんだ?」 “This place…what is it?”
セフィロス Sephiroth
「失われた知の宝庫。 “A lost treasure house of knowledge.
 古代種の知恵……知識」 The wisdom of the Ancients….”
セフィロス Sephiroth
「私は星とひとつになるのだ」 “I am becoming one with the Planet.”
ツォン Tseng
「星とひとつに?」 “One with the Planet?”
セフィロス Sephiroth
「愚かなる者ども。 “You stupid fools.
 考えたこともあるまい」 You have never even thought about it.”
セフィロス Sephiroth
「この星のすべての精神エネルギー。 “All the spirit energy of this Planet.
 この星のすべての知恵……知識……」 All its wisdom…knowledge…”
「私はすべてと同化する。 “I will meld with it all.
 私がすべて……すべては私となる」 I will become one with it…
ツォン Tseng
「……そんなことが “…You can do that?”
 できるというのか?」
セフィロス Sephiroth
「その方法が……ここに」 “The way…lies here.”
セフィロス Sephiroth
「おまえたちには死あるのみ。 “Only death awaits you all.
 しかし、悲しむことはない」 But do not fear.”
「死によって生まれる “For it is through death that
 新たな精神エネルギー。 a new spirit energy is born.
 やがて私の一部として Soon, you will live again as a part of me.”
 生きることができる」}
AERITH {Aeris}
「見えた?」 “Did you see it?”
BARRET {Barret}
「おう、しっかり見たぜ」 “Yeah, I saw it.”
TIFA {Tifa}
「……見えたわ」 “…I saw it.”
RED XIII {Red XIII}
「見、見た」 “I…I saw it.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「よう見えましたわ。 “…I saw it.
 ツォンも、災難やったなぁ」 Tseng was in bad shape.”
YUFFIE {Yuffie}
「キモチワリィな~!」 “Oh grossness!”
VINCENT {Vincent}
「古代種が見せた幻影か……」 “An illusion the Ancients showed.”
CID {Cid}
「おいおい! “Hey hey!
 どんなシカケになってんだぁ?」 Wh, what's the catch?”
CLOUD {Cloud}
「……壁画の部屋はどこだ?」 “…Where is the room
AERITH {Aeris}
「もうすぐ、ね」 “Almost there…”
CLOUD {Cloud}
「セフィロスがいるんだな?」 “Sephiroth is here, right?”
CLOUD {Cloud}
「あいつが何を考えようと “No matter what he thinks,
 ここで終わりだ」 it's going to end here.”
「俺が倒す!」 “I'm taking him out!”
BARRET {Barret}
「オレたちが、だろ?」 “You mean WE are, right?”
TIFA {Tifa}
「私たちだっているわ」 “We're here too, you know.”
RED XIII {Red XIII}
「オイラを忘れるなよ!」 “Don't forget about us!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「簡単に倒せんのやろか……」 “I wonder if he'll go down that easy?”
YUFFIE {Yuffie}
「アタシは関係ないけどね。 “I have nothing to do with it.
 でも、ま、手をかしてやるよ」 But, I guess I'll lend a hand.”
VINCENT {Vincent}
「…………」 “…”
CID {Cid}
「おっ、いいねえ! “All right!
 若いやつはそうじゃなきゃいけねえ」 Guess you youngsters gotta be enthusiastic
『へんか』のマテリアを手にいれた! Received "Morph" Materia!
これいじょうマテリアは持てません。 Cannot take on any more Materia.
なにかマテリアをすててください。 Please discard some Materia.
「ねむねむ……」 “…nyum…nyum…”
    休む {Choice}Rest
    記録 {Choice}Save
    用はない {Choice}Forget it
HP/MPが回復した!} HP/MP Restored!
時の大穴 Temple of the Ancients Great Hole In Time
    +5分 [Empty Entry]     +5 minutes These are instructions for the JpOrg version of the puzzle.
    ー10分 -||-     -10 minutes This entry is flagged, so perhaps it can be triggered in the JpOrg game?
    +35分 -||-     +30 minutes I need to try this!
    ー50分 -||-     -50 minutes
    +1時間25分 -||-     +1 hour 25 minutes
    ー1時間40分 -||-     -1 hour 40 minutes
    +5時間55分 -||-     +5 hours 55 minutes
    ー7時間 -||-     -7 hours
    キャンセル -||-     Cancel
「我、時の番人なり。 “I am the Time Guardian.
 古代種の知識を求めるものよ。 Ye who seek the knowledge of the Ancients.
 我が時を制し、道をきずけ」 I control the time, select your path.”
「知識求めるものよ、何をねがう?」 “What is it you wish, seeker of knowledge?”
    時を進める {Choice}Speed up time
    時をさかのぼる} {Choice}Go back in time
時の流れは、いかほどをのぞむ?」 “How fast would ye move time?”
    ほんの少し {Choice}Just a bit
    そこそこに {Choice}A little more
    たっぷりと {Choice}Plenty
    とりけし {Choice}Cancel
「……時は満ちた…… “…It is time…
 進むがよい」 You may proceed.”
△ボタン:番人にまかせる {!}{Purple}[MENU]{!}{White}: Leave it up to the Guard
○ボタン:ルーレット回転 {!}{Purple}[OK]{!}{White}: Spin
×ボタン:いまを進む! {!}{Purple}[CANCEL]{!}{White}: Proceed now!
○ボタン:ストップ! {!}{Purple}[OK]{!}{White}: Stop!
△ボタン:自分で動かす {!}{Purple}[MENU]{!}{White}: Move it myself
○ボタン:ルーレット回転 {!}{Purple}[OK]{!}{White}: Spin
×ボタン:いまを進む! {!}{Purple}[CANCEL]{!}{White}: Proceed now!
△ボタン:時をさかのぼる {!}{Purple}[MENU]{!}{White}: Go back in time
○ボタン:時を進める {!}{Purple}[OK]{!}{White}: Speed up time
×ボタン:いまを進む!} {!}{Purple}[CANCEL]{!}{White}: Proceed now!
古代種の神殿 Temple of the Ancients
AERITH {Aeris}
「このふんいきは……」 “This atmosphere…”
BARRET {Barret}
「バトルだな!」 “Feels like a battle!”
TIFA {Tifa}
「くるわ!」 “Here it comes!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「バトルやで!」 “It's a battle!”
VINCENT {Vincent}
「戦いか……」 “A battle…”
YUFFIE {Yuffie}
「あ~あ! “Oh man!
 くるんじゃなかったよ」 I should've stayed at home.”
RED XIII {Red XIII}
「オイラ、ムシャぶるい」 “I'm tingling with excitement.”
CID {Cid}
「やったるでい!」 “Let's do it!”
『釘バット』を手にいれた!} Received "Nail Bat"!
古代種の神殿 Temple of the Ancients
『プリンセスガード』を手にいれた! Received "Princess Guard"!
『法螺貝』を手にいれた! Received "Trumpet Shell"!
『ラストエリクサー』を手にいれた! Received "Megalixir"!
古代種の神殿 Temple of the Ancients
古代種の神殿 Temple of the Ancients
古代種の神殿 Temple of the Ancients
AERITH {Aeris}
「あ! “Hey!
 鍵かかってる」 It's locked.”
「だめね。 “No good.
 つかまえなきゃ!」 We have to catch it!”
AERITH {Aeris}
「いろいろ大変ね」 “You must be tired.”
    そうだな {Choice}Yeah
    帰りたいな {Choice}I want to go home
AERITH {Aeris}
「がまんがまん。 “Just hang in there.
 こんな苦労話、笑って話せる時がくるよ」 Someday we'll look back on these
「だから、がんばろ!」 hard times and laugh.”
AERITH {Aeris}
「そうだね。 “Yeah.
 でも、もうすぐだから!」 But it'll all be over soon!”
「ねむねむ……」 “Nyum, nyum…”
「ねむねむ……」 “Nyum, nyum…”
    休む {Choice}Rest
    記録 {Choice}Save
    用はない {Choice}Forget it
HP/MPが回復した! HP/MP Restored!
『軍手』を手にいれた! Received "Work Glove"!
扉の鍵が開いた!! Door Unlocked!!
「扉の鍵を持ち逃げした番人は一定のルートを “The Guard that escaped
 移動しています」 with the key to the door
「入る扉と出る扉の関係を覚え “Memorize the doors he enters and exits
 番人の出現位置をすいりして to figure out the pattern
 つかまえてください」 and catch him at an exit.”
「それからそれから “Oh yeah, oh yeah…
 画面左の段差からは下の段に you can jump down to the ramp
 飛びおりることができます」 below and to the left of the screen.”
CLOUD {Cloud}
「ここなら飛び降りても “It probably won't hurt
 痛くなさそうだな……」 if I jump from here..."
    ジャンプ {Choice}Jump
    やめとく {Choice}Don't do it
【○ボタン】で下の段へジャンプ!} Jump to the lower level
AERITH {Aeris}
「ここが壁画の間……」 “This is the room with the murals…”
CLOUD {Cloud}
「どこだ!? “Where are you!?
 セフィロス!!」 Sephiroth!!”
セフィロス Sephiroth
「つめたいな」 “So cold.”
「私はいつでも “I am always by your side.”
 おまえのそばにいる」
セフィロス Sephiroth
「くるがいい」 “Come.”
セフィロス Sephiroth
「まったく、素晴らしい」 “Splendid.”
セフィロス Sephiroth
「知の宝庫……」 “A treasure house of knowledge…”
CLOUD {Cloud}
「おまえが言ってることは “I don't understand what you're saying!”
 意味不明なんだよ!」
セフィロス Sephiroth
「よく見ておくがいい」 “Look well.”
CLOUD {Cloud}
「なにを!!」 “At what!?”
セフィロス Sephiroth
「古代種の知のあたえるもの」 “At that which adds to the knowledge
セフィロス Sephiroth
「……かあさん…。 “…Mother…
 …もうすぐだよ」 …it's almost time.”
AERITH {Aeris} What follows here is an unused version of the "Cloud goes insane" scene.
「CLOUD!!」 “{Cloud}!!” It actually takes place in KURO_82.
BARRET {Barret}
「おい!! “Hey!!
 CLOUD!!」 {Cloud}!!”
TIFA {Tifa}
「ねえ、CLOUD!」 “Hey, {Cloud}!”
RED XIII {Red XIII}
「CLOUDっ!」 “{Cloud}!”
YUFFIE {Yuffie}
「CLOUD! “{Cloud}!
 なにやってんだ?」 What are you doing?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「CLOUDさん! “{Cloud}!
 どないしたんや!」 What's going on with you?”
CID {Cid}
「どうなっちまってんだよ!」 “What the hell is going on?”
VINCENT {Vincent}
「なにをしているのだ?」 “What are you doing?”
CLOUD {Cloud}
「クックックッ…… “Ha ha ha…
 黒マテリア」 Black Materia”
AERITH {Aeris}
「CLOUD!! “{Cloud}!!
 しっかりしなさい!」 Get a hold of yourself!”
CLOUD {Cloud}
「CLOUD……」 “{Cloud}…”
「俺…… “I…
 CLOUD……」 {Cloud}…”
CLOUD {Cloud}
「これがメテオか?」 “Is this Meteor?”
CLOUD {Cloud}
「閉じこめられたようだ」} “Looks like we're locked in.”
セフィロス Sephiroth
「もうすぐ…… “Soon…
 ひとつになれる」 we will become one.”
AERITH {Aeris}
「星とひとつになるって “How do you intend
 どうするつもり?」 to become one with the Planet?”
セフィロス Sephiroth
「簡単なことだ」 “It's simple.”
「星は傷ができると治療のために “Once the Planet is hurt,
 傷口に精神エネルギーを集める」 it gathers Spirit Energy to heal the injury.”
セフィロス Sephiroth
「傷の大きさに比例して “The amount of energy gathered
 集まるエネルギーの大きさが決まる」 depends on the size of the injury.”
セフィロス Sephiroth
「……星が破壊されるほどの “…What would happen
 傷ができたらどうなる?」 if there was an injury that threatened
「……どれほどのエネルギーが集まる?」 “Think how much energy would be gathered!”
セフィロス Sephiroth
「フッフッフッ。 “Ha ha ha.
 その傷の中心にいるのが私だ。 And at the center of that injury,
 エネルギーはすべて私のものだ」 will be me.”
セフィロス Sephiroth
「星のすべてのエネルギーとひとつになり “By merging with all the energy of the Planet,
 私は新たなる生命、新たなる存在となる」 I will become a new life form,
「星とまじわり……私は…… “Melding with the Planet…
 今は失われ、かつて人の心を支配した存在…… I will cease to exist as I am now…”
 『神』として生まれ変わるのだ」 “Only to be reborn as a 'God'
AERITH {Aeris}
「星が破壊されるほどの傷? “An injury powerful enough
 傷つける? 星を?」 “Injure…the Planet?”
セフィロス Sephiroth
「壁画を見るがいい。 “Behold that mural.
 最高の破壊魔法……メテオ」 The Ultimate Destructive Magic…Meteor.”
CLOUD {Cloud}
「そうはいかない!」 “That'll never happen!”
「目をさませ!!」 “Wake up!!”
CLOUD {Cloud}
「どこだ! セフィロス!」- “Where are you!? Sephiroth!!”
AERITH {Aeris}
「待って、CLOUD!」 “Wait, {Cloud}!”
壁画の間 Temple of the Ancients Mural Room
AERITH {Aeris}
「CLOUD!!」 “{Cloud}!!”
BARRET {Barret}
「おい!! “Hey!!
 CLOUD!!」 {Cloud}!!”
TIFA {Tifa}
「ねえ、CLOUD!」 “Hey, {Cloud}!”
RED XIII {Red XIII}
「CLOUDっ! “{Cloud}!
 どうしたんだよぅ!」 What's wrong!”
YUFFIE {Yuffie}
「CLOUD! “{Cloud}!
 なにやってんだ?」 What are you doing?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「CLOUDさん! “{Cloud}!
 どないしたんや!」 What's wrong with you!?”
CID {Cid}
「どうなっちまってんだよ!」 “What the hell is going on!”
VINCENT {Vincent}
「なにをしているのだ?」 “What are you doing?”
CLOUD {Cloud}
「クックックッ…… “Ha ha ha…
 黒マテリア」 Black Materia.”
CLOUD {Cloud}
「クックックッ…… “Ha ha ha…
 メテオよぶ」 Call Meteor.”
AERITH {Aeris}
「CLOUD!! “{Cloud}!!
 しっかりしなさい!」 Get a hold of yourself!”
CLOUD {Cloud}
「CLOUD……」 “{Cloud}…”
「俺…… “I'm…
 CLOUD……」 {Cloud}…”
CLOUD {Cloud}
「どうやるんだ…」 “How should I?”
CLOUD {Cloud}
「……思い出した! “…I remember!
 俺のやりかた」 I remember my way.”
AERITH {Aeris}
「……CLOUD」 “…{Cloud}.”
CLOUD {Cloud}
「ん? どうした。 “Mm? What's wrong?
 なんか変か?」 Is something wrong?”
AERITH {Aeris}
「……なんでもないから “…It's nothing
 気にしないで」 so don't worry about it.”
AERITH {Aeris}
「ね、 “Right, {Cloud}!
 なんでもないよね」 It's nothing.”
AERITH {Aeris}
「逃げちゃったね、セフィロス」 “Sephiroth got away.”
CLOUD {Cloud}
「……気にするな。 “…Don't worry about it.
 あいつの言ってることはわかった」 I understood what he was saying.”
CLOUD {Cloud}
「これがメテオだな?」 “So this must be Meteor, right?”
BARRET {Barret}
「なんかの災害か? “Is it some sort of a disaster?”
 空から何か降ってくるみてえだな」 “It looks like something's gonna fall
TIFA {Tifa}
「空から何か降ってくるの?」 “Is something going to fall from the sky?”
RED XIII {Red XIII}
「何かおちてくるのかい?」 “Something's going to fall down?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「なんや空から、ふってくんねんな? Then, we got trouble."
 そりゃ、えらいことや」 “Oh, so something's going to fall from
VINCENT {Vincent}
「空から巨大なものが落ちてくるのか?」 “Something huge is falling from the sky?”
YUFFIE {Yuffie}
「なんだか知らないけど」 “I don't know what it is but…”
「ま、メチャクチャなことに “It looks like it's going to make a mess…”
 なりそうだね」
CID {Cid}
「なんだか知らねえが “I don't know what the hell it is but
 空から落ちてくるってことか?」 it's falling from the sky?”
「ケッ! 縁起でもねえ」 “Hmpf! It's not even an omen.”
AERITH {Aeris}
「……魔法ね、これは。 “…This must be magic.
 セフィロスが言ってたとおり」 Just what Sephiroth was saying.”
AERITH {Aeris}
「究極の破壊魔法メテオ」 “The Ultimate Destructive Magic, Meteor.”
「宇宙をただよっている小さな星を “It finds small drifting planets with
 魔法の力で呼びよせるの」 its magic.”
AERITH {Aeris}
「そして……衝突。 “And then collides with them.
 この星、完全に壊れちゃうかも……」 This Planet might get wiped out entirely…”
CLOUD {Cloud}
「セフィロスか!!」 “Sephiroth!?”
セフィロス Sephiroth
「クックックッ…… “Ha ha ha…
 私ではない」} It is not me.”
セフィロス [Empty Entry] Sephiroth
「かつて古代種がさかえたころ -||- During the time when the Ancients
 豊富な魔晄の光をあびて -||- prospered there existed beings that
 育った種族がいた」 -||- grew up bathed in abundant Mako.
セフィロス [Empty Entry] Sephiroth
「自然な形の純すいなモンスターたちだ。 -||- They were pure creatures of natural
 いまでもいくつかの種族は残っている」 -||- shape. Several remain even now.
セフィロス [Empty Entry] Sephiroth
「ある種族は、マテリアのなかに -||- These beings sealed their consciousness
 自らの命を封じこめ、生を永遠に変えた」 -||- within materia, altering their lives for eternity.
AERITH [Empty Entry] Aeris
「召喚のマテリア……」 -||- The summon materia…
セフィロス [Empty Entry] Sephiroth
「然り。 -||- Correct.
 理解のはやい娘だ」 -||- Such a clever girl.
セフィロス [Empty Entry] Sephiroth
「この神殿を守るものは -||- The creatures that protect this
 古代種の時代から時をこえ -||- temple have lived long, relics
 生きながらえてきたモンスター」 -||- from the age of the Ancients.
セフィロス [Empty Entry] Sephiroth
「おまえたちよりも -||- They belong to this planet
 この星にふさわしい種族たちだ」- -||- even more than you do.
セフィロス Sephiroth Sephiroth
「クックックッ…… “Ha ha ha… Heh heh heh…
 思い知るがいい」 You should know…” Keep that in mind.
CLOUD {Cloud}
「セフィロスの気配は?」 “Any sign of Sephiroth?”
AERITH {Aeris}
「消えちゃったね」} “He disappeared.”
『バハムート』のマテリアを手にいれた! Received "Bahamut" Materia!
これいじょうマテリアは持てません。 You cannot take on any more Materia.
なにかマテリアをすててください。 Please discard some Materia.
CLOUD {Cloud}
「閉じこめられたようだ」} “We're locked in.”
CLOUD {Cloud}
「これはなんだ?」 “What is this?”
AERITH {Aeris}
「……何かかいてある」 “…There's something written on it.”
AERITH {Aeris}
「……ク・ロ・マ……テ・リ・ア」 “B.l.a.c.k…M.a.t.e.r.i.a.”
CLOUD {Cloud}
「黒マテリア!!」 “Black Materia!!”
AERITH {Aeris}
「あっ!」 “Hey!”
AERITH {Aeris}
「……黒マテリア」 “…Black Materia.”
AERITH {Aeris}
「どうするの、CLOUD?」 “What should we do, {Cloud}?”
    ゆらす {Choice}Shake it
    とる {Choice}Take it
    ほうっておく {Choice}Leave it
AERITH {Aeris}
「ちょっと待って。 “Wait a minute.
 わたし、聞いてみる!」 I'll ask!”
AERITH {Aeris}
「わからない……」 “I don't understand…”
AERITH {Aeris}
「えっ?」 “What?”
AERITH {Aeris}
「そうなの!?」 “Really!?”
AERITH {Aeris}
「この神殿そのものが “They said that the Temple
 黒マテリアだって」 itself is the Black Materia.”
AERITH {Aeris}
「これを動かせば “If we could only move this,
 黒マテリアを持ち出せる」 we could take the Black Materia.”
「でも、神殿、くずれちゃうの」 “But, the Temple would collapse.”
BARRET {Barret}
「おう! “Then just leave it.”
 それならほっとこうぜ」
「誰にも持ち出せないなら “If we can't take it,
 セフィロスだっておなじだろ?」 then neither can Sephiroth, right?”
TIFA {Tifa}
「そっとしておこうよ、ね?」 “Let's just leave it, OK?”
RED XIII {Red XIII}
「それなら安全だね。 “That'll be safer.
 だれにも持ち出せない」 If no one else can take it…”
「セフィロスだって同じなんだよね?」 “Then Sephiroth can't either, right?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「古代種さんも、イジワルやなぁ。 “The Ancients were a mean bunch.
 まぁ、これやったら This way, no one'll be able to get it.”
 だぁれも持ち出されへんやろ」
VINCENT {Vincent}
「ここにあれば安全というわけか」 “I guess that means it's safe here.”
YUFFIE {Yuffie}
「こ、こんなもんほっといて “Let's just leave it and
 はやく出よっ!」 get the hell out of here!”
CID {Cid}
「こんな物騒なもんは “Guess stuff this dangerous is best left alone?”
 ほっとくに限るってやつじゃねえのか」
CLOUD {Cloud}
「ダメだ。 “No.
 持ち出す方法を考えよう」 We've got to think of a way to get it out.”
CLOUD {Cloud}
「だって、そうだろ? “Because Sephiroth has
 セフィロスにはたくさんの分身が lots of different flunkies.”
 いるじゃないか」
「あいつら、命を投げ出して “It's nothing to him to throw their lives away
 黒マテリアを手に入れるくらい to get the Black Materia.”
 なんでもない」
CLOUD {Cloud}
「この場所はもう安全じゃないんだ」 “This place isn't safe.”
AERITH {Aeris}
「でも、どうするの?」 “So what are we going to do?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「話、聞かせてもらいましたよ!」 “I heard your situation!”
「もしもし~ CLOUDさん。 “Hi, {Cloud}.
 ボクです、CAIT SITHです~」 This is {Cait Sith}.”
「話、聞かせてもらいましたよ!」 “I overheard the whole story!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ボクのこと “Don't forget about me.”
 忘れんといてほしいなぁ」
CAIT SITH {Cait Sith}
「CLOUDさんの言うてることは “Everything you said makes perfect sense!”
 よぉ、わかります」
「この作りモンの身体 “You can use my stuffed body
 星の未来のために for the future of the Planet.”
 使わせてもらいましょ」
CLOUD {Cloud}
「セフィロスに黒マテリアは渡せない。 “We can't let Sephiroth
 でも、神羅にも渡せない」 “And we can't let the Shinra
CAIT SITH {Cait Sith}
「ようは、信用でけん “So that means you don't trust me?”
 ってことですな?」
CAIT SITH {Cait Sith}
「でもなぁ、CLOUDさん。 “But {Cloud}.
 どないしようもないんとちゃうか?」 There's really nothing else you can do.”
「まぁ、信じてみいな」 “Everyone, please trust me.”
    わかった……仕方ない {Choice}I guess we have no choice
    信用できない {Choice}No way
CAIT SITH {Cait Sith}
「よっしゃ! “All righty then!
 ほんな、まかせてもらいましょか!」 Leave it all to me!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「CLOUDさん。 “You sure are stubborn, {Cloud}.”
 あんたも、ガンコやなぁ~」
CAIT SITH {Cait Sith}
「みなさん、はよう外へ!」 “Everyone, hurry up and get outside!”
「安全なとこまで “I'll go with you to a safe place.”
 いっしょに行きますから」
CAIT SITH {Cait Sith}
「ほんな、みなさん “Please hurry, you've got to get out of here!”
 はよう脱出してください!」
「出口のとこで “I'll be waiting at the exit!”
 まってますから!」
CAIT SITH {Cait Sith}
「CLOUDさん、信じて~や」 “Please believe me, {Cloud}.”
    う~ん、仕方ないな {Choice}Hmmm, I guess I have to
    やっぱり信用できない {Choice}How can I?
CAIT SITH {Cait Sith}
「これやな!」 “This must be it!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「古代種さんたち “The Ancients sure did a
 こんなシカケ great job making this.”
 よう作りはったなぁ~」
CAIT SITH {Cait Sith}
「ボクも、この星を守るんや! “I can protect the Planet too!
 なんや、照れるなぁ……」 I'm kinda embarrassed…”
CAIT SITH {Cait Sith}
「このおんなじボディのんが “There's plenty of stuffed toys
 ようさんおるんやけど like my body around,
 このボクは、ボクだけなんや!」 but there's only one me!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「新しいCAIT SITHが “Don't forget me even if another
 なかまになっても {Cait Sith} comes along.”
 わすれんといてな」
CAIT SITH {Cait Sith}
「ほんな、行きますわ! “Good bye, then!
 しっかり、この星すくうんやで~!!」 I guess I'm off to save the Planet…”
CLOUD {Cloud}
「どういうことだ?」 “What do they mean?”
AERITH {Aeris}
「だから、この大きな建物自体が “So, this whole building
 黒マテリア、なんだって」 is the Black Materia?”
CLOUD {Cloud}
「この、でかい神殿が? “This huge Temple?
 これが黒マテリア!?」 This is the Black Materia!?”
「それじゃあ、誰にも持ち出せないな」 “Then no one could take it.”
AERITH {Aeris}
「う~ん、むずかしいところね。 “Hmm, it's pretty hard.
 ここにあるのは神殿の模型なの」 You see this is a model of the Temple.”
「この模型には、しかけがあって “And inside it is a device,
 パズルをといていくと which gets smaller
 どんどん模型が小さくなるんだって」 each time you solve a puzzle.”
「模型、小さくなると、神殿自体も小さくなる。 “As the model becomes smaller,
 どんどん、おりたたまれていって、最後には you become smaller too.”
 手のひらにのるくらいにまで小さくなるの」 “Until it's small enough to fit
CLOUD {Cloud}
「つまり、この模型のパズルを解けば “So, if we solve the puzzles,
 黒マテリアは小さくなって the Black Materia will get smaller and smaller
 持ち出せるようになるわけだな?」 and we can take it out?”
AERITH {Aeris}
「そう、でもね……」 “Yes, but there's one thing…”
「パズルを解くのは、この場所でしか “You can only answer the puzzles
 できないの」 inside the Temple.”
「だから、パズルを解くと、その人は “So, anyone who solves the puzzle
 この神殿、いいえ、黒マテリア自体に will be crushed by the Temple.”
 押しつぶされちゃうの」
CLOUD {Cloud}
「なるほど…… “I see…
 危険な魔法を簡単に持ち出させないための the Ancients didn't want
 古代種の知恵か……」} dangerous magic
古代種の神殿 Temple of the Ancients
CLOUD {Cloud}
「開くわけないか…。 “I guess there's no way we can open it…
 あとまわしだな」 We'll come back later.”
CLOUD {Cloud}
「なまあたたかい…」 “It's warm…”
CLOUD {Cloud}
「やばいな……」 “This isn't good…”
AERITH {Aeris}
「CLOUD…… “{Cloud}…
 ……うしろ」 …behind you.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「おまちどうさん!! “Sorry to keep you waiting!!
 CAIT SITHです~!」 It's Me!!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「あとのことは “I'll handle the rest!”
 まかせてもらいましょ!」
CAIT SITH {Cait Sith}
「ほんな、みなさん “Well, everyone…
 お元気で!」 Take care of yourselves!”
AERITH {Aeris}
「CAIT SITH……」 “{Cait Sith}…”
AERITH {Aeris}
「ほら、CLOUD…。 “Come on, {Cloud}…
 なにかいってあげなきゃ」 Say something.”
CLOUD {Cloud}
「……にがてなんだ」 “I'm not good at this.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ん~、ようわかりますわ~ “Mmm, I understand.
 ボクも同じような I feel the same too.”
 気持ちですわ」
AERITH {Aeris}
「そうだ! “Why don't you read
 ねえ、うらなってよ」 our fortunes?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「そうやな~。 “Say, that's right…
 それも、ひさしぶりですねぇ」 I haven't done it in a while, huh?”
「わくわくしますなぁ~ “I'm so exited.
 当たるも~CAIT SITH Right or wrong,
 当たらぬも~CAIT SITH」 I'm still the same 'ol me”
「ほんな、なに占いましょ?」 “Now, what should I predict?”
AERITH {Aeris}
「そうねえ……。 “Hmm, let's see how compatible
 CLOUDとわたしの相性!」 {Cloud} and I are!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「そりゃ、たこうつくで。 “That'll cost ya.
 デート1回やね!」 Exactly one date!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ほんな、やりまっせ!」 “Here I go!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「こりゃあかんわ “This isn't good. I can't say it.”
 ちょっと、言えませんわ」
「TIFAさんに “Poor {Tifa}.”
 わるいわ」
AERITH {Aeris}
「ダメ! “No!
 教えて!」 Tell me!”
「ぜっ~たい “I promise I won't get mad!”
 おどろかないから」
CAIT SITH {Cait Sith}
「そうですか? “Is that so?
 ほんな、いいますよ」 Then I'll tell you.”
「ええかんじですよ。 “Looks good.
 おふたりの相性、ぴったりですわ!」 You are perfect for each other!”
「AERITHさんの星と “{Aeris}'s star and
 CLOUDさんの星! {Cloud}'s star!
 すてきな未来が約束されてます!」 They show a great future!”
「CLOUDさん “{Cloud}, I'll be your matchmaker,
 ボク、司会でも仲人でもスパイでも preacher…
 なんでもしますわ~」 I'll do whatever you want me to!”
「そんときには “You just call me when it all happens!”
 きっと、よんでくださいね」
CAIT SITH {Cait Sith}
「スパイのボクのこと “Thank you for believing in me,
 信じてくれて、おおきに!」 knowing that I was a spy.”
「ほんまに、ほんまに…… “This is the final, final farewell!”
 いってきます!」
AERITH {Aeris}
「がんばって “Be strong
 CAIT SITH!!」} {Cait Sith}!!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「がんばって、やって。 “She told me to 'Be strong.'
 なんや、うれしいなぁ~」 I feel so happy.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「いててて……」 “Owwww…”
CAIT SITH {Cait Sith}
「どないなったんやろ?」 “What happened?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「まだ動けるようやな」 “I can still move more.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「古代種さんたち “The Ancients went out of their Cait Sith speaks these lines in KURO_9.
 こんなシカケ way to make this great machine.”
 よう作りはったなぁ~」
CAIT SITH {Cait Sith}
「ボクも、この星を守るんや! “I'm saving this Planet too!
 なんや、照れるなぁ……」 I'm a little embarrassed…”
CAIT SITH {Cait Sith}
「これやな!」} “This must be it!”
古代種の神殿 Temple of the Ancients
CLOUD {Cloud}
「あれが、黒マテリア……」 “That's the Black Materia…”
BARRET {Barret}
「おう! “Hey!
 オレはここでみはってるぜ!」 I'll keep watch here!”
TIFA {Tifa}
「私、ここでまってるね」 “I'll wait here.”
RED XIII {Red XIII}
「おいら、ここで “I'll be sittin' out here.”
 おすわりしてるよ」
YUFFIE {Yuffie}
「エヘヘ……興味ないから “Heh heh…this looks majorly boring,
 ここにいるよ」 so I'll stay here.”
CID {Cid}
「ここでいっぷくしてるぜ!」 “I'm gonna have a smoke out here!”
「クッ~!! “Ahhh!!
 こういうとこでいっぷくすんのは It's really something, having a smoke
 たまんねえ~!」 at a place like this.”
VINCENT {Vincent}
「私はここで見物していよう」 “I'll be looking around here.”
キーアイテム『黒マテリア』を手にいれた! Got Key Item "Black Materia!"
CLOUD {Cloud}
「これを俺たちが持ってるかぎり “As long as we have this,
 セフィロスはメテオを使えないってわけだ」 Sephiroth won't be able to use Meteor.”
CLOUD {Cloud}
「ん?」 “Mmm?”
CLOUD {Cloud}
「俺たちは使えるのか?」 “Can you guys use it?”
AERITH {Aeris}
「ダメ、今は使えない。 “Nope, we can't use it right now.
 とっても大きな精神の力が必要なの」 You need great spiritual power to use it.”
CLOUD {Cloud}
「たくさんの精神エネルギーってことか?」 “You mean lots of spiritual energy?”
AERITH {Aeris}
「そう、ね」 “That's right.”
「ひとりの人間が持ってるような “One person's power alone won't do it.”
 精神エネルギーじゃダメ」
「どこか特別な場所。 “Somewhere special.
 星のエネルギーが豊富で……」 Where there's plenty of the Planet's energy…”
AERITH {Aeris}
「あっ!」 “Oh yeah!”
AERITH {Aeris}
「約束の地!!」 “The Promised Land!!”
CLOUD {Cloud}
「約束の地だな!!」 “The Promised Land!!”
CLOUD {Cloud}
「いや、しかし……」 “No, but…”
AERITH {Aeris}
「セフィロスは、ちがう。 “Sephiroth is different.
 古代種じゃない」 He's not an Ancient.”
CLOUD {Cloud}
「約束の地は “He shouldn't be able
 見つけられないはずだ」 to find the Promised Land.”
セフィロス Sephiroth
「……が、私は見つけたのだ」 “…Ah, but I have.”
セフィロス Sephiroth
「私は古代種以上の存在なのだ」 “I'm far superior to the Ancients.”
「ライフストリームの旅人となり “I became a traveler of the Lifestream and
 古代の知識と知恵を手に入れた」 gained the knowledge
「古代種滅びし後の時代の “I also gained the knowledge and wisdom of those
 知恵と知識をも手に入れた」 after the extinction of the Ancients.”
「そしてまもなく未来を創り出す」 “And soon, I will create the future.”
AERITH {Aeris}
「そんなこと、させない! “I won't let you do it!
 未来はあなただけのものじゃない!」 The future is not just yours!”
セフィロス Sephiroth
「クックックッ……どうかな?」 “Ha, ha, ha…I wonder?”
「さあ、目をさませ!」 “Wake up!”
CLOUD {Cloud}
「だ、だまれ!」 “Sh…shut up!”
CLOUD {Cloud}
「う……うるさ……い……」 “The…noise…”
『だ~めだよぅ!』 "No!"
『こわがっちゃだめー!』 "Don't be afraid--!"
『うわ~ん!!』 "Waaaa~!!"
『なにすんだよぅ~!!』 "What are you doing!?"
セフィロス Sephiroth
「さあ、CLOUD…… “There, {Cloud}…good boy.”
 良い子だ」
CLOUD {Cloud}
「う……あ……ぁ……」 “Wa…aaaa…aaa…”
『黒マテリア』をセフィロスに手わたした! Gave "Black Materia" to Sephiroth!
セフィロス Sephiroth
「……ごくろう」 “…Well done.”
AERITH {Aeris}
「CLOUD、だいじょぶ?」 “{Cloud}, are you all right?”
CLOUD {Cloud}
「……俺はセフィロスに “…I gave the Black Materia
 黒マテリアを……?」 to Sephiroth?”
CLOUD {Cloud}
「お、俺はなにをしたんだ…… “Wha…what did I do?
 AERITH、教えてくれ」 Tell me, {Aeris}.”
AERITH {Aeris}
「CLOUD…… “{Cloud}…be strong, OK?”
 しっかり、ね?」
CLOUD {Cloud}
「ウヘヘヘヘ…… “Urrrrrrgh…
 俺はなにをした!」 What have I done!?”
AERITH {Aeris}
「CLOUD…… “{Cloud}…
 あなた、なにもしていない」 you haven't done anything.”
「あなたのせいじゃない」 “It's not your fault.”
CLOUD {Cloud}
「俺は! 俺はーーーっ!」 “I…I'm---!”
TIFA {Tifa}
「CLOUDー!!」 “{Cloud}!!”
TIFA {Tifa}
「CLOUD、何してるの!?」 “{Cloud}, what are you doing!?”
BARRET {Barret}
「んがーー!!! “Urrggggggh!!!!
 CLOUD!!」 {Cloud}!!”
BARRET {Barret}
「おい! CLOUD “HEY! {Cloud}, you #$#&@!”
 てめえ!」
RED XIII {Red XIII}
「CLOUDっ!!」 “{Cloud}!!”
RED XIII {Red XIII}
「AERITH、だいじょうぶ!?」 “{Aeris}, are you all right!?”
YUFFIE {Yuffie}
「おろっ!? “What!?
 CLOUD!」 {Cloud}!”
YUFFIE {Yuffie}
「AERITH! “{Aeris}!
 CLOUD、なにやってんだよっ!」 {Cloud}, what're you doing!?”
VINCENT {Vincent}
「……!!」 “…!!”
VINCENT {Vincent}
「CLOUD!」 “{Cloud}!”
CID {Cid}
「おいおいっ!!」 “Hey, EY!!”
CID {Cid}
「こらっ、CLOUD! “{Cloud}!
 なんてことしてんだよ、てめえは!」 What the hell are you doing!?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「こりゃあかん! “Oops!
 えらいときにきてしもた!」 This looks like a bad time!”
「ボク、CAIT SITH2号機です~。 “I'm {Cait Sith} No. 2.
 よろしゅうたのんます~!」 Right pleased to meet you all!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「こりゃあかん! “Oops!
 えらいときにきてしもた!」 This looks like a bad time!”
「ボク、CAIT SITH2号機です~。 “I'm {Cait Sith} No. 2.
 なかようしてください~!」 Pleased to meet you all!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「CLOUDさん!! “{Cloud}!!
 なにしとんや!!」 What are you doin'!!”
CLOUD {!}{Gray}{Cloud}
「まっしろだ……」 “Everything is white…”
「俺はなにをした? {!}{Gray}“What did I do?
 おぼえていない…」 I don't remember anything…”
「記憶…いつからなのか…? {!}{Gray}“My memory…since when?
 すべてが夢ならさめないでくれ」} If everything's a dream, don't wake me.”
古代種の神殿 Temple of the Ancients
CLOUD {Cloud}
「あれが、黒マテリア……」 “That's the Black Materia…”
BARRET {Barret}
「おう! “Hey!
 オレはここでみはってるぜ!」 I'll keep watch here!”
TIFA {Tifa}
「私、ここでまってるね」 “I'll wait here.”
RED XIII {Red XIII}
「おいら、ここで “I'll be sittin' out here.”
 おすわりしてるよ」
YUFFIE {Yuffie}
「エヘヘ……興味ないから “Heh heh…this looks majorly boring,
 ここにいるよ」 so I'll stay here.”
CID {Cid}
「ここでいっぷくしてるぜ! “I'm gonna have a smoke out here!”
「クッ~!! “Ahhh!!
 こういうとこでいっぷくすんのは It's great‚having a smoke
 たまんねえ~!」 at a place like this.”
VINCENT {Vincent}
「私はここで見物していよう」 “I'll be looking around here.”
キーアイテム『黒マテリア』を手にいれた! Got Key Item "Black Materia!"
CLOUD {Cloud}
「これを俺たちが持ってるかぎり “As long as we have this,
 セフィロスはメテオを使えないってわけだ」 Sephiroth won't be able to use Meteor.”
CLOUD {Cloud}
「ん?」 “Mmm?”
CLOUD {Cloud}
「俺たちは使えるのか?」 “Can you guys use it?”
AERITH {Aeris}
「ダメ、今は使えない。 “We can't use it right now.
 とっても大きな精神の力が必要なの」 You need great spiritual power to use it.”
CLOUD {Cloud}
「たくさんの精神エネルギーってことか?」 “You mean lots of spiritual energy?”
AERITH {Aeris}
「そう、ね」 “That's right.”
「ひとりの人間が持ってるような “One person's power alone won't do it.”
 精神エネルギーじゃダメ」
「どこか特別な場所。 “Somewhere special.
 星のエネルギーが豊富で……」 Where there's plenty of the Planet's energy…”
AERITH {Aeris}
「あっ!」 “Oh yeah!”
AERITH {Aeris}
「約束の地!!」 “The Promised Land!!”
CLOUD {Cloud}
「約束の地だな!!」 “The Promised Land!!”
CLOUD {Cloud}
「いや、しかし……」 “No, but…”
AERITH {Aeris}
「セフィロスは、ちがう。 “Sephiroth is different.
 古代種じゃない」 He's not an Ancient.”
CLOUD {Cloud}
「約束の地は “He shouldn't be able
 見つけられないはずだ」 to find the Promised Land.”
セフィロス Sephiroth
「……が、私は見つけたのだ」 “…Ah, but I have.”
セフィロス Sephiroth
「私は古代種以上の存在なのだ。 “I'm far superior to the Ancients.”
「ライフストリームの旅人となり “I became a traveler of the Lifestream and
 古代の知識と知恵を手に入れた」 gained the knowledge
「古代種滅びし後の時代の “I also gained the knowledge and wisdom of those
 知恵と知識をも手に入れた」 after the extinction of the Ancients.”
「そしてまもなく未来を創り出す」 “And soon, I will create the future.”
AERITH {Aeris}
「そんなこと、させない! “I won't let you do it!
 未来はあなただけのものじゃない!」 The future is not just yours!”
セフィロス Sephiroth
「クックックッ……どうかな?」 “Ha, ha, ha…I wonder?”
「さあ、目をさませ!」 “Wake up!”
CLOUD {Cloud}
「だ、だまれ!」 “Sh…shut up!”
CLOUD {Cloud}
「う……うるさ……い……」 “The…noise…”
『だ~めだよぅ!』 "No!"
『こわがっちゃだめー!』 "Don't be afraid--!"
『うわ~ん!!』 "Waaaa~!!"
『なにすんだよぅ~!!』 "What are you doing!?"
セフィロス Sephiroth
「さあ、CLOUD…… “There, {Cloud}…good boy.”
 良い子だ」
CLOUD {Cloud}
「う……あ……ぁ……」 “Wa…aaaa…aaa…”
『黒マテリア』をセフィロスに手わたした! Gave "Black Materia" to Sephiroth!
セフィロス Sephiroth
「……ごくろう」 “…Well done.”
AERITH {Aeris}
「CLOUD、だいじょぶ?」 “{Cloud}, are you all right?”
CLOUD {Cloud}
「……俺はセフィロスに “…I gave the Black Materia
 黒マテリアを……?」 to Sephiroth…?”
CLOUD {Cloud}
「お、俺はなにをしたんだ…… “Wha…what did I do?
 AERITH、教えてくれ」 Tell me, {Aeris}.”
AERITH {Aeris}
「CLOUD…… “{Cloud}…
 しっかり、ね?」 “{Cloud}…be strong, OK?”
CLOUD {Cloud}
「ウヘヘヘヘ…… “Urrrrrrgh…
 俺はなにをした!」 What have I done!”
AERITH {Aeris}
「CLOUD…… “{Cloud}…
 あなた、なにもしていない。 “{Cloud}…
「あなたのせいじゃない」 you haven't done anything.”
CLOUD {Cloud}
「俺は! 俺はーーーっ!」 “I…I'm---!”
TIFA {Tifa}
「CLOUDー!!」 “{Cloud}--!!”
TIFA {Tifa}
「CLOUD、何してるの!?」 “{Cloud}, what are you doing!?”
BARRET {Barret}
「んがーー!!! “Urrggggggh!!!!
 CLOUD!!」 {Cloud}!!”
BARRET {Barret}
「おい! CLOUD “HEY! {Cloud}, you #$#&@!”
 てめえ!」
RED XIII {Red XIII}
「CLOUDっ!!」 “{Cloud}!!”
RED XIII {Red XIII}
「AERITH、だいじょうぶ!?」 “{Aeris}, are you all right!?”
YUFFIE {Yuffie}
「おろっ!? “What!?
 CLOUD!」 {Cloud}!”
YUFFIE {Yuffie}
「AERITH! “{Aeris}!
 CLOUD、なにやってんだよっ!」 {Cloud}, what're you doing!?”
VINCENT {Vincent}
「……!!」 “…!!”
VINCENT {Vincent}
「CLOUD!」 “{Cloud}!”
CID {Cid}
「おいおいっ!!」 “Hey, EY!!”
CID {Cid}
「こらっ、CLOUD! “{Cloud}!
 なんてことしてんだよ、てめえは!」 What the hell are you doing!?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「あかん! こりゃ “Oops!
 たいへんなときにきてしもたわ! This looks like a bad time!”
「ボク、CAIT SITH>2号機です~。 “I'm {Cait Sith} No. 2.
 ほな、よろしゅうたのむわ~!」 Pleased to meet you all!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「あかん! こりゃ “Oops!
 たいへんなときにきてしもたわ! This looks like a bad time!”
「ボク、CAIT SITH2号機です~。 “I'm {Cait Sith} No. 2.
 なかよくしてな~!!」 Pleased to meet you all!”
CAIT SITH {Cait Sith}
さん!! “{Cloud}!!
 なにしてまんねん!!」 What are you doin'!!”
CLOUD {!}{Gray}{Cloud}
「まっしろだ……」 “Everything is white…”
「俺はなにをした? {!}{Gray}“What did I do?
 おぼえていない…」 I don't remember anything…”
「記憶…いつからなのか…? {!}{Gray}“My memory…since when?
 すべてが夢ならさめないでくれ」} If everything's a dream, don't wake me.”
AERITH {Aeris}
「CLOUD、わかる?」 “{Cloud}, can you hear me?”
CLOUD {Cloud}
「ああ、わかるよ。 “Yeah, I hear you.
 さっきはすまなかったな」 Sorry for what happened.”
AERITH {Aeris}
「気にしないほうがいいよ」 “Don't worry about it.”
CLOUD {Cloud}
「……そんなのムリだ」 “…I can't help it…”
AERITH {Aeris}
「そっか……」 “Oh…”
AERITH {Aeris}
「じゃ、思いっきり気にしちゃえば?」 “Then, why don't you REALLY worry about it?”
AERITH {Aeris}
「セフィロスのこと、わたしにまかせて」 “And let me handle Sephiroth.”
AERITH {Aeris}
「そして、CLOUDは “And {Cloud},
 自分のこと考えて」 you take care of yourself.”
AERITH {Aeris}
「自分が壊れてしまわないように、ね?」 “So you don't have a breakdown, okay?”
CLOUD {Cloud}
「ここは……どこだ?」 “What is this place?”
AERITH {Aeris}
「この森は【古代種の都】へつづく…… “This forest leads to the {!}{Cyan}City of the Ancients{!}{White}…
 【眠りの森】と呼ばれている」 and is called the {!}{Cyan}Sleeping Forest{!}{White}.”
AERITH {Aeris}
「セフィロスがメテオを使うのは “It's only a matter of time before Sephiroth
 時間の間題」 uses Meteor.”
「だから、それを防ぐの。 “That's why I'm going to protect it.
 それはセトラの生き残りの Only a survivor of the Cetra,
 わたしにしかできない」 like me, can do it.”
AERITH {Aeris}
「その秘密、この先にあるの」 “The secret is just up here.”
AERITH {Aeris}
「ううん……あるはず。 “At least it should be.
 そう、感じるの。 …I feel it.
 何かに導かれている感じ、するの」 It feels like I'm being led by something.”
AERITH {Aeris}
「じゃ、わたし、行くね。 “Then, I'll be going now.
 全部終わったらまた、ね?」 I'll come back when it's all over.”
CLOUD {Cloud}
「AERITH?」 “{Aeris}?”
セフィロス Sephiroth
「おやおや…… “Hmm…
 私たちの邪魔をする気のようだ。 So she's going to interfere?
 困った娘だと思わないか?」 She'll be a difficult one, don't you think?”
セフィロス Sephiroth
「そろそろあの娘にも…」 “We must stop that girl soon.”
TIFA {Tifa}
「……CLOUD」 “…{Cloud}.”
万年前の地層 [Empty Entry] 10,000 Y.O Stratum 地層 = stratum/geological. There is nothing ambiguous about this line. The age of some formation is referred to. Probably has to do with the Ancients. There is room for MUCH speculation here.
ルナハープゲット} [Empty Entry] Obtained Lunar Harp Could it be that you were supposed to gain the Lunar Harp via the dream sequence?
BARRET {Barret}
「うなされていたみたいだな」 “You look like you was havin'
「調子はどうだ?」 “How are you feeling?”
    いいみたいだ {Choice}I seem to be OK
    わるい {Choice}Not good
    よくわからない {Choice}Don't really know
BARRET {Barret}
「そりゃ、良かったな。 “That's good.
 まったく、どうなることかと Man, I didn't know
 思ったぜ」 what was gonna happen.”
BARRET {Barret}
「そうか…… “Oh…
 でもよ、そうも言ってらんねえぜ」 Better keep it to yourself.”
BARRET {Barret}
「そんなとこだろうな。 “I guess that's right.
 ま、あんまり悩まねえこった」 Well, don't worry
TIFA {Tifa}
「あのね、CLOUD。 “You know, {Cloud}.
 AERITHが {Aeris} is gone.”
 いなくなっちゃったの」
BARRET {Barret}
「みんなはAERITHを “Everyone's out looking
 探しに行ってる」 for {Aeris}.”
CLOUD {Cloud}
「……古代種の都。 “…The City of the Ancients.
 AERITHはそこに向かっている。 {Aeris} is headed there.”
 メテオを防ぐ手段があるらしいんだ」
BARRET {Barret}
「AERITHが一人で!? “By herself!?
 なんだって一人で Why did she go by herself!?”
 行っちまうんだよ!」
BARRET {Barret}
「おい、オレたちも行くぞ」 “Hey, we're goin' too.”
CLOUD {Cloud}
「メテオを防ぐことができるのは “Only the Ancients, only {Aeris}
 古代種……AERITHだけだ」 can save us from Meteor…”
TIFA {Tifa}
「それならなおさらよ。 “Then we must go.
 AERITHにもしものことがあったら What'll we do if something
 どうするの? happens to {Aeris}?
 セフィロスが気づいたら大変よ」 If Sephiroth finds her,
CLOUD {Cloud}
「セフィロスは……もう、知っている」 “Sephiroth…already knows.”
BARRET {Barret}
「おい! “Hey!
 おまえ、なんだってチンタラしてるんだ?」 Why are you still
TIFA {Tifa}
「行きましょ、CLOUD」 “Let's go, {Cloud}.”
CLOUD {Cloud}
「いやだ」 “No.”
CLOUD {Cloud}
「俺、また “I might lose it again.”
 おかしくなるかもしれない」
CLOUD {Cloud}
「セフィロスがそばに来ると “If Sephiroth comes near me
 俺はまた……」 I might…”
BARRET {Barret}
「ああ、そうだよ。 “Yeah, godammit!
 おまえのせいでセフィロスは It's because of you that Sephiroth
 黒マテリアを手に入れたんだ。 got the Black Materia
 責任を取れ!」 in the first place.
CLOUD {Cloud}
「責任?」 “My fault?”
BARRET {Barret}
「おまえはよ、なるほど “I know you got problems…
 いろんな間題を抱えてるんだろうさ。 Hell, we all do.
 自分のことよくわかんねえんだもんな」 But you don't even
BARRET {Barret}
「でもよ、CLOUD。 “But you gotta understand that
 オレたちが乗っちまった there ain't no gettin' offa
 この列車はよ、途中下車はナシだぜ」 this train we're on,
TIFA {Tifa}
「CLOUD、ここまで来たのよ…… “{Cloud}, we came this far…
 セフィロスと決着をつけるんでしょ?」 Aren't you going to settle up
BARRET {Barret}
「しょうがねえやつだぜ……」 “Goddamn jackass,
「あのな、考えてみろよ。 “Just think about it…
 自分のこと、全部わかってるやつなんて How many people in this world
 世の中に何人いると思ってんだ?」 do ya think
「誰だって、わけわかんねえから “People get depressed in life
 あ~だこ~だ、なやむんだろ?」 because they don't know what's up.”
「それでもみんななんとか生きてる。 “But, they go on living.
 逃げ出したりしないでよう。 They don't run away…
 そういうもんじゃねえのか?」 That's just how it is.”
TIFA {Tifa}
「CLOUD……来てくれるよね。 “{Cloud}…you'll come with us, right?
 私、信じてるから」 I believe in you.”
CLOUD {Cloud}
「いやだ……」 “No…”
「俺は、怖いんだ。 “I'm afraid.”
 このままじゃ、俺は俺で “If this keeps up,
 なくなってしまうかもしれない」 I may go crazy!”
「怖いんだ……」 “I'm afraid…”
CLOUD {Cloud}
「俺は……どうしたらいい?」 “What…am I supposed to do?”
「ここから引き返す?」 “Just pull out of here?”
「引き返す? ……どこへ?」 “To where?”
BARRET {Barret}
「待ちな、TIFA。 “Wait a minute, {Tifa}.
 しばらく時間をやろうぜ」 give him a little time.”
「これは、あいつが自分自身で “He has to decide this
 決着をつけなきゃならねえことだ」 on his own.”
TIFA {Tifa}
「CLOUD……」 “{Cloud}…”
BARRET {Barret}
「信じてるんだろ、CLOUDを」 “You believe in {Cloud}…
「気がついたのかい?」 “You awake?”
「あの人たち、えらく心配して “Those people were so worried
 あんたが気づくまで、ずっとそばにいたよ」 that they stayed by your side
「いい友人を持ったね」 “You sure do have good friends.”
BARRET {Barret}
「よう、どうだ?」 “Hey, how are you?”
TIFA {Tifa}
「CLOUD……」 “{Cloud}…”
BARRET {Barret}
「ちょっと、聞いときたいんだけどよ “I just wanna know,
 おまえはどっちなんだ?」 which is it gonna be?”
「自分のこと、もっと知りたいのか? “You wanna find out about yourself?
 それとも、知るのが怖いのか?」 Or are you afraid to find out?”
「ま、どっちにしても、ここにいたって “Either way, if you stay around here
 なやんで頭かかえてるしかねえぞ」 all you're gonna
「もし、セフィロスと会ってよ “Even if you do go nuts again when
 また、おまえがおかしくなっちまったら you see Sephiroth…
 そん時はそん時だぜ」 If it happens, it happens.”
「オレがぶんなぐって “I'll go upside
 正気にもどしてやるからよ!」 your spikey head
TIFA {Tifa}
「CLOUD、大丈夫よ。 “{Cloud}, it'll be all right.
 みんながついてるじゃない」 We're all with you.”
CLOUD {Cloud}
「……でも」 “But…”
BARRET {Barret}
「ま、なるようにしかならねえぜ。 “If it happens, it happens.
 ウジウジなやむな」 Don't worry 'bout it.”
CLOUD {Cloud}
「……そう……だな。 “…You're…right.
 ……そう……だよな?」 He's right, isn't he?”
TIFA {Tifa}
「さあ、AERITHを “Come on,
 探しに行きましょう?」 let's go and find {Aeris}.”
CLOUD {Cloud}
「……俺は、真実を、知るのが、怖い……? “…I'm afraid to find out the truth.
 でも……それは……なぜだ?」} But…why?”