Dialogue Script

Chapter: 29 - City Of The Ancients

From entering Bone Village (all NPCs) to entering the Sleeping Forest, to entering the city of the Ancients, sleeping for the Night, The Death of Aeris and the fight with Jenova LIFE, Aeris' burial, Cloud's speech at the end of Disc 1, and following Sephiroth out of Corral Valley Cave

 
FF7 International ScriptFF7 PC English ScriptMissing TranslationNotes
JAPANESE (Intl Ver) PC ENGLISH
「ようこそ、自然主義者の村。 “Welcome to Bone Village,
 ボーンビレッジへ」 a town for nature lovers.”
「何か用かな?」 “What do you want?”
    古代種の都はどこだ? Where is the City of the Ancients?
    AERITHを知らないか? Do you know where {Aeris} is?
    何をしている? What are you doing?
「何か用かな?」 “What do you want?”
    セフィロスを見かけたか? Have you seen Sephiroth?
    何をしている? What are you doing?
「ああ、黒い服の男か。 “Oh, the man in a black cape.
 古代種の神殿をさがしていたな」 He was looking for the Temple of the Ancients.”
    古代種の神殿? The Temple of the Ancients?
    ありがとう Thanks
「ずうっと南に行ったところだ。 “It's way down south.
 ちょうどこの村と内海をはさんで It's on the other side of
 反対がわだよ」 this town and the inland sea.”
「森の中にそびえるピラミッドさ」 “It's the pyramid rising out of the forest.”
    どうやって中にはいる? How do you get in?
    もういい That's enough
「キーストーンがないとダメさ」 “You'll need the Keystone.”
    キーストーンって? What's a Keystone?
    ああ知っている Oh, yeah, I know
「文字通りカギとなる石さ。 “Just like it sounds.
 どこかの金持ちが持っているって A rock that's a key.
 話だな」 I heard that some rich guy has it.”
「何か用かな?」 “You need something?”
    逃げないのか?? Are you going to run away??
    何をしている? What are you doing?
「僕たちはこの星の始まりから “Through fossils, we already know
 今にいたるまでを化石を通して everything that happened
 知ってきた」 on this Planet since the beginning.”
「そして今、この星の終わりを “Now, we want to see the rest
 見届けようとしている…… on to the end of the Planet…
 なんだか複雑な気持ちだよ」 It's a mixed feeling…”
「古代種の都? “The City of the Ancients?
 ああ、忘らるる都のことだな」 Oh, you must mean the Forgotten City.”
「あの女の子のことか? “Are you talking about that girl?
 俺はやめろと言ったのに I warned her, but she went into the
 【眠りの森】に入っていったんだ」 {!}{Cyan}Sleeping Forest{!}{White} anyway.”
「化石をほっているのさ。 “Excavating is great.
 大地が語る、この星の歴史……」 It's like a history of the
「この村のルールは “This town's motto is not to think
 何も考えないこと」 about anything.”
「ただ、生きる。 “Just live.
 喰って、畑仕事して、ねる」 Eat, work, and sleep.”
「何も考えないのは “It's pretty hard not to
 けっこう、むずかしい」 think about anything.”
「なにか買ってくかい?」 “Want to buy something?”
「なにか買ってくかい?」 “Want to buy something?”
    ルナ・ハープが欲しい I want the Lunar Harp
    何もいらない Don't want anything
「まいど! “Thanks!
 これで森の目もさめるよ」 Now, the forest will awaken.”
「ルナ・ハープはこの土地の地下にねむっている。 “The Lunar Harp is somewhere in the ground here.
 ハックツして欲しいのならうけおうぜ」 We could excavate it for you if you want us to.”
    ハックツをたのむ Start diggin'
    かいものをしたい I want to buy something
    今は用はない Not right now
「ルナ・ハープだけがハックツ対象じゃないぜ。 “Other than the Lunar Harp,
 どれをハックツする?」 What else do you want us to dig for?”
    ルナ・ハープ Lunar Harp
    ちょっといい宝 Good treasure
    普通の宝 Normal treasure
「そりゃもうハックツずみさ」 “This has already been excavated.”
「よし!じゃあ、俺のスタッフをかしてやろう。 “All right! Then I'll lend you some of my staff.
 ハックツポイントを指定してくれ!」 Show us where you want us to dig!”
「ハックツ品は上のテントわきのハコの中にあるぜ」 “Everything already excavated is in
「この地層に星の記憶が “The memory of this planet is buried
 積み重ねられているのよ。 layer by layer in this geological stratum.
 ロマンを感じるでしょ?」 Kind of romantic, don't you think?”
「この先の森は【眠りの森】とよんでる。 “The forest just beyond here
 森が眠り、まどろんでいる間はそこに is called the {!}{Cyan}Sleeping Forest{!}{White}.
 迷いこんだ人間を惑わすと言われています。 Right now the forest is asleep.
 入ったら二度と出られないとも……」 Anyone who wanders in while
「でもさっき、ピンクの女の子と “But just now, a girl in pink
 黒い男の人が入っていったわ。 and a man in a black cape went in.
 だいじょうぶかしら?」 You think they'll be all right?”
「ルナ・ハープという楽器があれば “You can awaken the {!}{Cyan}Sleeping Forest{!}{White}
 【眠りの森】は目をさますはず」 if you have the Lunar Harp.”
「目をさませば、森は道をひらくと “Once awake, they say the forest
 言われています」 will open a road for you.”
「さっききたピンクの女の子もルナ・ハープを “The girl in pink who just went in
 つかって森を抜けたんだ」 used a Lunar Harp to get through.”
    ルナ・ハープがほしい I want a Lunar Harp
    興味ない Not interested
「下のテントにいる男に聞いてな」 “Ask the guy in the tent below.”
「私たちは最新のシステムで地下に “We use the newest system
 埋まっているものを発見するの。 to find buried treasure.
 爆弾で人工的に地震をおこし We use bombs to make earthquakes,
 その振動の反射をそくていするのね」} and then check the sound waves
□ボタンを押してスタッフの Please push {!}{Purple}[SWITCH]{!}{White} to
配置場所を決めてください。 set staff in position.
    調査を指示(100ギル) Order a search (100 gil)
    もういらない Done
お金がたりないので Could not position the staff,
配置しませんでした。 due to a lack of funds.
□ボタンを押せば調査用の爆弾が Press {!}{Purple}[SWITCH]{!}{White} to ignite the
地中で爆発します。 bomb for the search.
各スタッフは爆発の反動を計算し The staff member will calculate
目的のまいぞう物の方向を指し示します。 the tremors and dig up the buried item.
つまりスタッフの視線が交わった The dig point is where
ポイントがハックツポイントです。 the staff's line
地下調査する地点まで移動し□ボタンで Move to the dig point
決定してください。穴をほって調査します。 and press {!}{Purple}[SWITCH]{!}{White} to select.
「ではこの地点をほります。 “Now, the staff will dig here.
 一晩ねれば、結果が村のたからばこに The result will be placed
 入れられます」 in the treasure box overnight.”
「ハックツってのは地道な作業だよ。 “Excavating is a slow process.
 俺たちがほりおこした宝物はテント The treasures we excavate are stored
 の横のハコにしまっておくんだ。 in the box next to the tent.
 おぼえておきな」 Remember that.”
「や、やっぱりコワイ……」 “It, it's scary…”
「すこし前に、若い娘さんが “Just a while ago, a young girl
 こうやってなんか話してたんだ」 asked me the same things.”
「そしたらどうだい “Then the entrance to the forest made
 森の入り口がガーッって開いたんだよ」 a funny sound, like 'Grrrrrrgh!'.”
「おれにもできないかと思ってさ」 “I thought that maybe I could do it, too.”
「おねがい、わたしを入れて!」 “Please, let me in!”
「すこし前にな、黒い服の男が “While ago, a man in black came and
 こうやって森の中に入っていったんだよ」} said this as he went into the forest.”
「ぬぉぉぉおおお!」 “Nnnnnnghaah!” (Noooo!) ? This line may belong in Bone Village or the Forgotten City. Not sure which.
眠りの森がめざめた…… The Sleeping Forest awoke…
CLOUD {Cloud}
「ここは……!」 “This place…!”
CLOUD {Cloud}
「あれが……古代種の都 “So that's……the capital of the Ancients
 『忘らるる都』なのか」 'The Forgotten City'.”
CLOUD {Cloud}
「あの『都』にAERITHは “{Aeris} is in that 'City'.”
 いる……」
CLOUD {Cloud}
「……ウッ」 “…Ugh.”
CLOUD {Cloud}
「……古代種の言葉?」 “…Words of the Ancients?”
CLOUD {Cloud}
「……ダメだ。 “…No good.
 おれには、わからない」 I can't understand.”
CLOUD {Cloud}
「……ウッ、またか」 “…Ugh, again?”
CLOUD {Cloud}
「意識に流れこんでくる…… “This stream of consciousness…
 ……古代種の言葉なのか?」 Could this be the words
TIFA {Tifa}
「キャッ!?」 “Eyaaaa!”
TIFA {Tifa}
「……古代種の意識?」 “…Consciousness of the Ancients?”
TIFA {Tifa}
「……ごめんなさい。 “…I'm sorry.
 ……私には……わからない」 …I can't…understand.”
TIFA {Tifa}
「キャッ!? “Eaayy!?
 また?」 Again?”
TIFA {Tifa}
「頭に直接語りかけてくる…… “It speaks directly to my mind…
 これは、古代種の意識?」 Is this the Consciousness
CID {Cid}
「おわっ!」 “Whoa…!”
CID {Cid}
「なんでぃ、こりゃ?」 “What the hell's this?”
CID {Cid}
「古代種さんよぉ “Hey Ancients,
 オレ様には、あんたが何言いたいのか I don't even have a clue
 さっぱりわかんねえぜ」 what you're trying to say to me.”
CID {Cid}
「うわっち! “Whoa, @#$%!
 またかよ、おい」 Not again!”
CID {Cid}
「誰だ? オレ様の頭を “Who is it? Who's trying to peek
 のぞこうとするのは? into my mind?”
 まさか、古代種の意識が?」 “Is it the Consciousness
BARRET {Barret}
「おっ、ベッドがあるぜ」 “Hey, there's a bed.”
TIFA {Tifa}
「ここに住んでいた人たちが “Do you think the people who
 使っていたものかしら?」 used to live here used it?”
RED XIII {Red XIII}
「あっ、ベッドがあるよ」 “Look, there's a bed here.”
CID {Cid}
「おっ、意外と心地よさそうな “Yeah, and it looks
 ベッドじゃねぇか」 pretty comfortable.”
YUFFIE {Yuffie}
「ラッキ~、こんなところに “How COOL! I can't believe
 ベッドがあるなんて~」 we found such a soft bed
CAIT SITH {Cait Sith}
「こら、運がええですわ。 “We're in luck.
 ええとこにベッドがあります」 There's a bed in here.”
VINCENT {Vincent}
「ここの住人が使っていたものか?」 “I wonder if the owners used this?”
BARRET {Barret}
「よぉ、CLOUD。 “Yo, {Cloud}.
 ここいらで一服しようぜ」 Let's take a break here.”
TIFA {Tifa}
「ひと休み、していきましょうか?」 “Shall we take a break here?”
RED XIII {Red XIII}
「ねぇ、休んでいこうよ。 “Hey, let's rest a bit.
 オイラ、つかれちゃった」 I'm tired…”
CID {Cid}
「つかれもたまってきたし “I'm beat.
 ちっと休んでいかねぇか?」 Why don't we get some rest?”
YUFFIE {Yuffie}
「ねぇ~、休もうよ~ “Come on--, let's rest for a while---
 あたい、もう歩きたくな~い」 I don't want to walk anymore…”
CAIT SITH {Cait Sith}
「CLOUDさん、ひとねむり “Why don't we catch some ZZZs?…”
 しませんか?」
VINCENT {Vincent}
「ひとねむり、するか?」 “Maybe we should take a short nap?”
 ベッドがある。 Here's a bed.
 休んでいきますか?  Get some rest?
    はい {Choice}Yes
    いいえ {Choice}No
CLOUD {Cloud}
「感じる……」 “I feel it…”
CLOUD {Cloud}
「ここに、AERITHがいる」 “{Aeris} is here.{!}{Pause:Wait}
「……そしてセフィロスも」 …and so is Sephiroth.”
CLOUD {Cloud}
「……りくつじゃない。 “…It's not an excuse.
 感じるんだ、おれの心が」 I feel it in my soul.”
BARRET {Barret}
「CLOUD、どうした?」 “{Cloud}, what is it?”
TIFA {Tifa}
「CLOUD……どうしたの?」 “{Cloud}…what's wrong?”
RED XIII {Red XIII}
「どうしたんだい? “What's wrong?
 気分でも悪いの?」 Are you sick?”
CID {Cid}
「おい、何時だと思ってんだよ!」 “Do you know what TIME it is!?”
YUFFIE {Yuffie}
「あれ~、CLOUD。 “Hey---, {Cloud}.
 どしたの?」 What's your problem?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「どないしたんですかぁ~。 “What's wrong?
 こないな時間に~」 What time is it…?”
VINCENT {Vincent}
「……どうした?」 “…What's wrong?”
BARRET {Barret}
「な、なんだって! “Wh, what!
 セフィロスが!?」 Sephiroth!?”
TIFA {Tifa}
「AERITHだけではなく “You're saying it's not just {Aeris},
 セフィロスまでいるというの?」 but Sephiroth, too?”
RED XIII {Red XIII}
「え! セフィロスまでいるの!?」 “What! Sephiroth's here too!?”
CID {Cid}
「おいおい、ホントかよ!」 “Wa, wa, wait a minute.
YUFFIE {Yuffie}
「うっそ~! “No way---!
 セフィロスなんて Sephiroth wasn't invited!”
 お呼びじゃないのに~」
CAIT SITH {Cait Sith}
「ほ、ほんまですか? “Are you serious, {Cloud}!?”
 CLOUDさん!?」
VINCENT {Vincent}
「……それが本当なら、まずいな」 “…If that's true,
BARRET {Barret}
「しかし、なんでそんなことが “How do you know that?”
 わかるんだ?」
TIFA {Tifa}
「でも、どうしてそんなことが “But how can you tell?”
 わかるの?」
RED XIII {Red XIII}
「どうしてわかったんだい?」 “How did you find out?”
CID {Cid}
「でもよぉ、なんでそんなことが “Hey, how do you know!?”
 わかるんだ!?」
YUFFIE {Yuffie}
「ど、どーして? “Wh…why?
 どーしてそんなことが How can you tell
 わかっちゃうわけ?」 that kind of stuff?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「でも、なんでそんなんが “But how can you tell that?”
 わかるんですか?」
VINCENT {Vincent}
「……なぜわかった?」 “…How did you find that out?”
BARRET {Barret}
「まずいぜ、それじゃ! “Then, we better get up
 のんきにねてる場合じゃないぞ」 offa our lazy asses!!”
TIFA {Tifa}
「それが本当なら、急がなきゃ! “If that's true, then we've got to hurry!
 はやくAERITHを!」 We've got to get to {Aeris}!”
RED XIII {Red XIII}
「ど、どうしよう? “Wh,…what should we do?
 急がないと、大変なことになるよ!」 We must hurry to her!”
CID {Cid}
「やべぇぞ、CLOUD。 “@#$$, {Cloud}.
 のほほんとしてる場合じゃ、ねぇな」 We can't be sittin' around
YUFFIE {Yuffie}
「それって、ちょーマズいんじゃない?」 “That means it's pretty bad
CAIT SITH {Cait Sith}
「それが、ほんまやったらえらいことや! “If that's true, then we're in for it!
 はよAERITHさん見つけんとあかんわ」 We have to find {Aeris} fast!”
VINCENT {Vincent}
「それが本当なら、急ぐべきだ。 “If that's true, we should hurry.
 取り返しのつかないことになる。」 Something terrible could happen
CLOUD {Cloud}
「……ああ。 “…Right.
 はやくAERITHをさがそう」 Let's hurry and
CLOUD {Cloud}
「ねている場合じゃない」 “No time to be sleeping.”
CLOUD {Cloud}
「調べているヒマはない」 “No time to think about it.”
CLOUD {Cloud}
「AERITHの声の聞こえた方向…… “{Aeris}'s voice……
 あっちか?」 Coming from there?”
CLOUD {Cloud}
「AERITHをさがさなくては」 “We have to find {Aeris}.”
BARRET {Barret}
「お、おい。 “Hey yo!
 ちょっと待ってくれ」 Wait up.”
BARRET {Barret}
「情けねぇが、つかれちまった。 “I hate to say it, but I'm beat.
 どっかひとねむりできる場所をさがそうぜ」 Isn't there anywhere to rest.”
TIFA {Tifa}
「ち、ちょっとCLOUD」 “Hey, hey {Cloud}.”
TIFA {Tifa}
「わ、わたし、つかれちゃった。 “I'm…I'm so tired.
 どこか、休める場所を探さない?」 Can't we find somewhere to rest?”
RED XIII {Red XIII}
「ま、待ってよ」 “Wait!”
RED XIII {Red XIII}
「おいら、もうヘトヘトだよ。 “I'm exhausted.
 どっかで、ひとやすみさせてよ」 Let me get some rest somewhere.”
CID {Cid}
「お……おい、CLOUD」 “H…ey, {Cloud}”
CID {Cid}
「はずかしながら、つかれちまったぜ。 “I gotta get some more rest.
 どっかで、ちょいと眠らせてくれや」 Let me catch a snooze
YUFFIE {Yuffie}
「あ~、もーっ嫌っ!!」 “Ahhh--- I can't go another step!!”
YUFFIE {Yuffie}
「アタイ、つかれちゃったよ~! “I'm so----o tired!
 あたたかいベッドで眠らせてくんないと If you don't get me to a bed,
 もう、一歩も動かないからね!」 I'm not taking another step!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ち、ちょっと待ってぇ~な」 “Wa------it!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「わて、つかれてしまいましたわ。 “I'm exhausted. I'm sorry,
 すまんけど、どっかで休ませておくれな」 but please let me rest somewhere.”
VINCENT {Vincent}
「待て、CLOUD」 “Wait, {Cloud}.”
VINCENT {Vincent}
「……つかれた」} “…{!}{Pause:Wait}I'm tired.”
BARRET {Barret}
「そっちの方角へ行くと “That way goes to
 北の山に出ちまうぜ。 the Mountains up north.
 はやくAERITHをさがそうぜ」 Let's hurry and find {Aeris}.”
TIFA {Tifa}
「そのまま進むと、北の山に出るわ。 “If we continue this way, we'll end
 AERITHはそっちには up in the Northern Mountains.
 いないんじゃないの?」 {Aeris} isn't over there, right?”
RED XIII {Red XIII}
「そっちは、北の山に行く道だよ。 “That road leads to the Northern Mountains.
 AERITHさがすの、方向ちがうよ」 We have to go the other way
CID {Cid}
「雪山でスキーでもするつもりか? “You thinkin' of going skiing?
 AERITHさがすんなら If we wanna find {Aeris},
 そっちじゃないだろ、え!」 we go THAT way!”
YUFFIE {Yuffie}
「AERITHさがすんでしょ! “We're looking for {Aeris}, right!
 雪山の方行って、ど~すんの! Then why are you heading for
 サイテ~!」 the mountains!? What a dork!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「CLOUDさん “{Cloud}, uh
 そっちは北の山へ行く道やで」 that's the road to the Northern Mountains.”
「AERITHさんが待ってますんや。 “{Aeris} is waiting,
 はよ、さがしにいきましょ」 let's go find her.”
VINCENT {Vincent}
「これは北の山へ向かう道。 “This is the road to the Northern
 AERITHをさがすのは Mountains.
 もうあきらめたのか?」} Don't you want to find {Aeris}?”
CLOUD {Cloud}
「AERITH?」 “{Aeris}?”
“{Aeris}?”
“{Aeris}?”
“{Aeris}?”
BARRET {Barret}
「CLOUD!」 “{Cloud}!”
TIFA {Tifa}
「CLOUD!」 “{Cloud}!”
RED XIII {Red XIII}
「CLOUD!」 “{Cloud}!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「CLOUD!」 “{Cloud}!”
YUFFIE {Yuffie}
「CLOUD!」 “{Cloud}!”
CID {Cid}
「CLOUD!」 “{Cloud}!”
VINCENT {Vincent}
「CLOUD!」 “{Cloud}!”
BARRET {Barret}
「やめろ!!」 “Stop it!!”
TIFA {Tifa}
「やめて!」 “Stop!”
RED XIII {Red XIII}
「何をするんだ!」 “Please stop that!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「なにしとんや!!」 “What're you doing!”
YUFFIE {Yuffie}
「ストーーップ!」 “Sto----p!”
CID {Cid}
「バカッ!」 “Dumb #^%@!”
VINCENT {Vincent}
「やめろ!」 “Stop it!”
CLOUD {Cloud}
「クッ……俺に何をさせる気だ」 “Ugh…what are you making me do?”
AERITH {Aeris}
「……来ない……で」 “…stay…back…”
CLOUD {Cloud}
「……AERITH」 “…{Aeris}.”
CLOUD {Cloud}
「……ウソだろ?」 “This can't be real!”
セフィロス Sephiroth
「気にすることはない。 “Do not worry.
 まもなくこの娘も星をめぐる Soon the girl will become
 エネルギーとなる」 part of the Planet's energy.”
「私の寄り道はもう終わった。 “All that is left is to go North.
 あとは北を目指すのみ。 The 'Promised Land' waits
 雪原の向こうに待っている『約束の地』」 for me over the snowy fields.”
セフィロス Sephiroth
「私はそこで新たな存在として “There, I will become a new being
 星と一体化する。 by uniting with the Planet.
 その時はその娘も…」 As will this girl…”
CLOUD {Cloud}
「……だまれ」 “…Shut up.”
CLOUD {Cloud}
「自然のサイクルも “The cycle of nature and your
 おまえのバカげた計画も関係ない」 stupid plan don't mean a thing.”
CLOUD {Cloud}
「AERITHがいなくなってしまう」 “{Aeris} is gone.”
「AERITHは、もうしゃべらない “{Aeris} will no longer talk,
 もう……笑わない no longer laugh, cry…or get angry…”
 泣かない……怒らない……」
CLOUD {Cloud}
「俺たちは……どうしたらいい?」 “What about us…what are WE supposed to do?”
CLOUD {Cloud}
「この痛みはどうしたらいい?」 “What is this pain?”
CLOUD {Cloud}
「指先がチリチリする。 “My fingers are tingling.
 口の中はカラカラだ。 My mouth is dry.
 目の奥が熱いんだ!」 My eyes are burning!”
セフィロス Sephiroth
「何を言っているのだ? “What are you talking about?
 おまえに感情があると Are you trying to tell me
 でもいうのか?」 you have feelings now?”
CLOUD {Cloud}
「あたりまえだ! “Of course!
 俺がなんだというんだ!」 What do you think I am!?”
セフィロス Sephiroth
「クックックッ…… “Ha, ha, ha……
 悲しむふりはやめろ」 Stop acting as if you are sad.”
「怒りにふるえる “And there's no need to act as if
 演技も必要ない」 you're angry either.”
セフィロス Sephiroth
「なぜなら、CLOUD。 “Because, {Cloud}.
 おまえは……」 You are…”
ジェノバ Jenova
「なぜなら、おまえは……人形だ」 “Because, you are…a puppet.”
ジェノバ Jenova
「おまえは……」 “You are…”
CLOUD {Cloud}
「俺が……人形?」 “I'm…a puppet?”
CLOUD {CLOUD}
「みんな、聞いてくれ」 “Everyone‚listen to me.”
CLOUD {CLOUD}
「俺はニブルヘイムで生まれた “I'm {CLOUD}‚ex-SOLDIER‚
 元ソルジャーのCLOUDだ」 born in Nibelheim.”
CLOUD {CLOUD}
「セフィロスとの決着をつけるために “I came to settle up
 ここまでやってきた」 with Sephiroth.”
BARRET {BARRET}
「……何が言いてえ?」 “What're ya tryin' to say?”
TIFA {TIFA}
「……どうしたの?」 “…What's going on?”
RED XIII {RED XIII}
「……あん?」 “…Hmm?”
CID {CID}
「まえにも聞いたぜ」 “I heard that before.”
YUFFIE {YUFFIE}
「こんな時に、どして?」 “Why now?”
CAIT SITH {CAIT SITH}
「なんや、いきなりあらたまって。 “Why're you being so formal?
 どないしたんですか?」 Is something wrong?”
VINCENT {VINCENT}
「……そうだな」 “…You're right.”
CLOUD {CLOUD}
「俺は自分の意志でここまで “I came here by my own free will…
 やってきた……そう思っていた」 Or so I thought.”
「しかし……」 “However…”
CLOUD {CLOUD}
「……正直に話す。 “…To tell the truth,
 俺は自分が怖い」 I'm afraid of myself.”
CLOUD {CLOUD}
「……俺の中には “…There is a part of me
 俺の知らない部分がある」 that I don't understand.”
「俺はセフィロスに黒マテリアを “That part that made me give
 渡してしまった」 the Black Materia to Sephiroth.”
CLOUD {CLOUD}
「みんなが止めてくれなければ “If you hadn't stopped me,
 をこの手で……」 {AERIS} might have been…”
「……そういう自分が俺の中にいる。 “…There's something inside of me.
 俺ではない自分が」 A person who is not really me.”
CLOUD {CLOUD}
「だから俺はもうこの旅をやめた方が “That's why
 いいのかもしれない」 I should quit this journey.”
「とんでもないことをしてしまうかも “Before I do something terrible.”
 しれない」
CLOUD {CLOUD}
「でも、俺は行く」 But I am going.”
「5年前、俺の故郷を焼き払い “He destroyed my hometown five years ago,
 たった今を殺し killed {AERIS}‚and is
 そしてこの星を破壊しようとしている now trying to destroy the Planet.
 セフィロスを……俺は許さない」 I'll never forgive…Sephiroth.”
CLOUD {CLOUD}
「俺は…… “I…
 俺は、行かなくてはならない」 I must go on.”
CLOUD {CLOUD}
「……頼みがある」 “…I have a favor to ask of you.”
CLOUD {CLOUD}
「みんなも来てくれ……るよな?」 “Will you all come with me?”
CLOUD {CLOUD}
「……俺がおかしなまねをしないように “…to save me
 見張っていてほしいんだ」 from doing something terrible.”
BARRET {BARRET}
「……でもよ、なんだかよ……」 “…I dunno‚man…”
TIFA {TIFA}
「……でも、CLOUD」 “…But‚{CLOUD}”
RED XIII {RED XIII}
「……わかった、CLOUD」 “…All right‚{CLOUD}.”
CID {CID}
「ま、なんだな。 “Well‚we'll face it
 そん時は、そん時だ」 when it happens.”
YUFFIE {YUFFIE}
「アタシにまかせな!」 “Leave it to me!”
CAIT SITH {CAIT SITH}
「見張るやなんて、そんな…… “Watch you?……
 おんなじ仲間やないですか~」 We're all in this together!”
VINCENT {VINCENT}
「……そうだな」 “…I guess so.”
CLOUD {CLOUD}
がどうやって “I don't know how {AERIS}
 メテオを防ごうとしたのかは tried to save the planet
 わからない」 from the Meteor.”
「今となっては “And I guess now,
 俺たちにはそれを知る方法もない」 we'll never know.”
CLOUD {CLOUD}
「でも!」 “But!”
CLOUD {CLOUD}
「まだ、チャンスはある。 “We still have a chance.
 セフィロスがメテオを使う前に We must get that Black Materia back
 黒マテリアを取り返すんだ」 before Sephiroth uses it.”
CLOUD {CLOUD}
「行こう」 “Let's go.”
CLOUD {Cloud}
「みんな聞いてくれ」 “Everyone, listen to me.”
CLOUD {Cloud}
「俺はニブルヘイムで生まれた “I am {Cloud}, born in Nibelheim and
 元ソルジャーのCLOUDだ」 formerly of SOLDIER.”
CLOUD {Cloud}
「セフィロスとの決着をつけるために “I came here to settle up
 ここまでやってきた」 with Sephiroth.”
TIFA {Tifa}
「……どうしたの?」 “…What's wrong?”
BARRET {Barret}
「……何が言いてえ?」 “…yeah, so?”
RED XIII {Red XIII}
「……あん?」 “…Huh?”
YUFFIE {Yuffie}
「どしたの、急に?」 “What hit you so suddenly?”
VINCENT {Vincent}
「……そうだな」 “…Yes.”
CID {Cid}
「前にも聞いたぜ」 “I've heard all this before.”
CLOUD {Cloud}
「俺は自分の意志でここまで “I came here on my own will……
 やってきた……そう思っていた。 or at least that's what I thought.
 でも……」 But…”
CLOUD {Cloud}
「……正直に話す。 “To be honest…
 俺は自分が恐い」 I'm afraid of myself.”
CLOUD {Cloud}
「俺の中には、俺の知らない部分がある」 “There's a part of me I don't understand.”
「俺はセフィロスに黒マテリアを “Like when I gave away the Black Materia.”
 渡してしまった」
CLOUD {Cloud}
「みんなが止めてくれなければ “And if you all hadn't stopped me,
 AERITHをこの手で……」 …{Aeris} might have…”
CLOUD {Cloud}
「……そういう自分が俺の中にいる」 “…It's something inside me.”
CLOUD {Cloud}
「だから俺はもうこの旅をやめた方が “That is why, maybe I shouldn't
 いいのかもしれない」 go on with this journey.”
「とんでもないことを “I may do something terrible.”
 してしまうかもしれない」
CLOUD {Cloud}
「でも、俺は行く」 “But, I AM going on.”
CLOUD {Cloud}
「5年前、俺の故郷を焼き払い “Five years ago, he burned down my hometown,
 たった今、AERITHを奪った」 then he took {Aeris}.”
「そしてこの星を破壊しようとしている “And now he's trying to destroy the Planet.
 セフィロスを……俺は許さない」 I won't let him get away with it.”
CLOUD {Cloud}
「……俺は行かなくちゃならない」 “…I must go on.”
CLOUD {Cloud}
「それで……頼みがあるんだ」 But…I have a favor to ask of you.”
CLOUD {Cloud}
「みんなも……行ってくれるよな?」 “…Will you all still go with me?”
CLOUD {Cloud}
「……俺がおかしなまねをしないように “Please watch me so I
 見張っていてほしいんだ」 don't do anything horrible.”
TIFA {Tifa}
「……でも、CLOUD」 “…But, {Cloud}.”
BARRET {Barret}
「……でもよ、なんかだよ」 “…But, you know…”
RED XIII {Red XIII}
「……わかった、CLOUD」 “…All right, {Cloud}.”
YUFFIE {Yuffie}
「よ~し、しっかり見張ってるよ」 “All right, we'll watch you.”
VINCENT {Vincent}
「……なるほど」 “…I see.”
CID {Cid}
「ま、なんだな。 “Well, if somethin' happens, it happens.”
 そん時は、そん時だ」
CLOUD {Cloud}
「AERITHがどうやって “I wonder how {Aeris} was going to save
 メテオを防ごうとしたのかはわからない。 this planet from Meteor.
 俺たちにはそれを知る方法もない」 We have no way of finding out now.”
CLOUD {Cloud}
「でも……」 “But…”
CLOUD {Cloud}
「まだ、チャンスはある。 “We still have a chance.
 セフィロスがメテオを使う前に We need to get the Black Materia back
 黒マテリアを取り返せばいいんだ」} before Sephiroth uses Meteor.”
    【 ディスク1が終了しました 】 {Choice} ( End of Disc 1 )
指示があるまで、ディスクホルダーを開けないで下さい until further instructions.{!}{White}
ここまでのゲームの状態を Save the game to this point
メモリーカードにセーブしますか? on your computer?
    はい {Choice} Yes
    いいえ {Choice} No
    ディスク交換が必要です。     Please change the disc.
ここまでをメモリーカードに
   セーブしますか? Save your game?
    はい Yes
    いいえ No
   ディスク2に交換してください。    Please insert disc two.
現在はまだここでセーブできません。 You still haven't saved your game.
このままゲームをつづけてください。 Continue playing?
BARRET {Barret}
「セフィロスは……どっちだ?」 “Which way'd that damn foo'
TIFA {Tifa}
「セフィロスは…… “Sephiroth…
 どっちに行ったのかしら?」 I wonder which way he went?”
RED XIII {Red XIII}
「セフィロスは…… “Sephiroth…
 どっちに行ったのかな?」 which way did he go?”
CID {Cid}
「……どっち行きやがったんだ? “…Which way did that
 セフィロスの野郎はよ」 creep Sephiroth go!?”
YUFFIE {Yuffie}
「え~っと…… “Ummm…
 セフィロス、どっち?」 Which way did that
CAIT SITH {Cait Sith}
「セフィロスは “I wonder which way
 どっち行ったんやろ?」 Sephiroth went?”
VINCENT {Vincent}
「セフィロス…… “Which way did Sephiroth head?”
 どこへ向かった?」
BARRET {Barret}
「おい、大丈夫か?」 “Hey, you alright?”
TIFA {Tifa}
「CLOUD! “{Cloud}!
 しっかりして!!」 Get a hold of yourself!!”
RED XIII {Red XIII}
「だ、大丈夫?」 “You all right?”
CID {Cid}
「お、おい! “Ey, hey!
 大丈夫か?」 You alright?”
YUFFIE {Yuffie}
「ち、ちょっと! “Wait!
 シッカリしてよ」 Get a hold of yourself!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「CLOUDさん! “{Cloud}!
 大丈夫ですか?」 Are you all right?”
VINCENT {Vincent}
「……大丈夫か?」 “…you all right?”
CLOUD {Cloud}
「セフィロスは言っていた…… “Sephiroth said to me…
 【北を目指す】……【雪原の向こう】と……」 {!}{Cyan}Head North{!}{White}……
CLOUD {Cloud}
「……うっ」 “…ugh.”
CLOUD {Cloud}
「ああ……」} “Hmmm…”