Dialogue Script

Chapter: 3 - Train thru Mako # 5

From entering the Train the second time, throughout the Lockdown, Inflitrating Mako # 5, The Airbuster Fight and Cloud Falling

 
FF7 International ScriptFF7 PC English ScriptMissing TranslationNotes
JAPANESE (Intl Ver) PC ENGLISH
ミッドガル8番街ステーション発最終列車~ Last train out of Sector 8 Station.
   終点、スラム7番街列車基場駅~ Last stop is Sector 7, Train Graveyard.
 到着予定時刻はミッドガル時0時23分…… Expected time of arrival is 12:23AM,
「ん……? “Huh?
 ここは俺ん家だから This is my house,
 まあゆっくりしてけ」 so make yourselves at home.”
「おい!! “Hey!!
 こら……!!」 What's going on here?”
「あ、いえ “Oops, uh,
 なんでもないです…」 n, nothing…”
「騒ぎはおこさないで “Please don't make any trouble.”
 くださいよぅ」
「ブツブツ…… “…mumble…grumble…
 (はあ、悪いことは続くもんだ。 (…Reactor's blown to bits…
 今夜は魔晄炉事故のダイヤの乱れで …Bad things one after another…
 大変な一日だったのに)」 …What a day!)”
「たのみますよぅ!! “Please!!
 他のお客さんの迷惑になりますから…」 Don't bother the other passengers.”
「これだから終電はまいるよ…。 “This is why I hate the last train.
 はあ……」 Hoo-boy…”
「こ、こわいかい? [Empty Entry] A, are you scared?
 大丈夫だよ、ぼ、僕が君を守ってやる。 It’s alright, I, I’ll protect you.
 (まいったなあ…こしぬけちゃったよ)」 (I give up.. I’m a coward.)
「(たのむ。あっちいって) [Empty Entry] (Please go away!)
 きっと、いい人たちだよ。 I’m sure you’re good people.
 し、心配ないよ…たぶん」 (Please, go away…) I, I’m not worried… honest.
「キャッ!! [Empty Entry] Eek!!
 どうしましょう…。 What do I do…
 どうしましょう……」 What do I do…
 (ちょっとしたスリルだわ。 (It’s a little thrilling,
 このビリビリな緊張感…。 this electrifying nervousness…
 さっきの爆発事故より恐怖ね)」 It’s even scarier than that explosion!)
「キャッ!! [Empty Entry] Eek!!
 どうしましょう…。 What do I do…
 どうしましょう……」 What do I do…
「(あ、いんねんをつけられてるのかしら。 (I wonder if he’s picking a fight.
 からまれているのかしら……?)」 Am I involved…?)
「ごめんよ……ちょっと気分が…」 [Empty Entry] Sorry… I feel a little… In the Japanese game, this text entry is placed BELOW the "You see the Headlines?" entry just below.
「変なもん食ったからなあ。 I must have eaten something weird.
 あのミッドガル名物のプレートピザ…」 That famous Midgar plate pizza…
「神羅新聞の号外見たかい? “You see the headlines in the Shinra Times?”
 壱番魔晄炉爆破のテロリストは “The terrorists that bombed
 スラムにひそんでるらしいぞ」 the No. 1 Reactor are based
「しかし、魔晄炉爆破とは考えたよな。 “…Blowing up a Reactor…
 リーダーはさしずめ頭の切れるヤツだな。 they sure put some thought into this one.”
 次は、何やるんだろな?」
「ごめんよ……ちょっと気分が…」 “They must have a real calculating leader.
「変なもん食ったからなあ。 I wonder what they'll do next?”
あのミッドガル名物のプレートピザ…」
BARRET {Barret}
「おう!」 “YO!”
「こいつぁ、貸し切り列車じゃねえぞ!! “This ain't no private car!!
 散れ散れ!!」 So split up!!”
「また危ない人たちといっしょか。 “…Hoodlums again.
 私もつくづく運がないな」 God, don't I just have all the luck?”
BARRET {Barret}
「んっ~!?」 “You say sumthin' ?”
BARRET {Barret}
「んんっ~!?」 “I said, 'you say sumthin'!?”
BARRET {Barret}
「おいっ!! “Now look at that!!
 ずいぶんすいてやがるな」 It got empty alluva sudden.”
「どうなってる?」 “What's goin' on?”
「ヒッ!!」 “DAMN!!”
「き、きみたちみたいなのがいるから  “It..it's empty because of…
 す、すいてるんじゃないか…」 g, guys like you…”
「ヒ~~ッ!!」 “YYY…YIPES!!”
「ニュ、ニュースぐらい見てるだろ? “You…you've seen the news, right?
 アバランチの爆弾テロ予告が AVALANCHE says there'll be more bombings.”
 あったんだ」
「こんな日にミッドガルに出かけるのは “Only devoted employees like me
 仕事熱心な私たち would go to Midgar on a day like today.”
 サラリーマン神羅ぐらいさ」
BARRET {Barret}
「きっさま、神羅のもんか?」 “You work for Shinra?”
神羅課長 Shinra Manager
「わ、私は暴力にはくっしないぞ~。 “I won't give in to violence…
 こ、この席だって、ゆずらない」 and I'm not giving you my seat either!”
TIFA {Tifa}
「BARRET!!」 “{Barret}!!”
BARRET {Barret}
「チッ!! “&$#%!!
 あんた、ついてるぜ」 You lucky ^$#^$.!”
CLOUD {Cloud}
「さて、どうするんだ?」 “So, what are we gonna do now?”
BARRET {Barret}
「ケッ! 落ちついた野郎だぜ! “@#$%! The hell you so calm?
こっちのペースがくるっちまう…」 You're bustin' up my rhythm!”
BARRET {Barret}
「んっ? ちょっと、まった!」 “Huh? Wait a minute!”
「オレたち、テロの予告なんてしたか?」 “Did we make a terrorist threat?”
TIFA {Tifa}
「なにいってるのよ! “What are you talking about?
 アバランチはいまや有名なのよ」 Right about now, AVALANCHE is famous.”
BARRET {Barret}
「へヘ…… “Heh heh…
 有名か…」 Famous…”
TIFA {Tifa}
「列車の接続がすんだみたい。 “Looks like they just finished
 出発するわ」 connecting the cars.
CLOUD We're finally leaving.”
「今回の作戦について {Cloud}
 聞かせてくれ」 “So what's our next target?”
BARRET {Barret}
「ヘッ! 仕事熱心だな。 “Hah! Listen to
 CLOUDさんよ!」 Mr. Serious-about-his-work!”
BARRET {Barret}
「しかたねえ…… “Alright…I'll tell ya!”
 せ、説明してやるっ!」
「ジェシーから聞いただろうが “Jessie's probably already told you,
 上のプレートとの境界には検間がある。 but there's a security check point
 列車ごとIDスキャンするシステムだ」 at the top plate.”
TIFA {Tifa}
「神羅じまんのね」 “Which Shinra is very proud of.”
BARRET {Barret}
「今までのニセIDは “We can't use our fake ID's
 もう使えねえ…」 anymore…”
   本日も御乗車ありがとうございます~   Good Morning, and welcome to Midgar lines.
   4番街ステーション到着予定時刻は   Arrival time at Sector 4 Station is 11:45.
      ミッドガル時11時45分~  
TIFA {Tifa}
「ID検知エリアまで “That means we've got only three
 あと3分ってところね」 more minutes to the ID Check point.”
BARRET {Barret}
「よし、あと3分たったら “Alright, in three minutes,
 列車から飛び降りる」 we're jumpin' off this train.”
「いいな!」 “Got it!?”
CLOUD {Cloud}
「それまでは、どうしたらいい?」 “What do we do until then?”
BARRET {Barret}
「どうもこうもねえ。 “The hell do I care whatcha do?
 そのへん、すわってろ」 Just siddown an' shu'up.”
CLOUD {Cloud}
「あいにく、列車では “Sorry, but I have a thing against
 すわらない主義でね」 sitting down in trains.”
BARRET {Barret}
「ケッ! 勝手にしろ」 “@#$%! Do whatever you want!”
CLOUD {Cloud}
「飛び降りたあとは?」 “What do we do after we jump?”
BARRET {Barret}
「よう、CLOUD! “Yo, {Cloud}!”
BARRET {Barret}
「ヘッ! 元ソルジャーの物知りさんよ! “Yo, Mr. Know-it-all, big time SOLDIER!
 五番魔晄炉のあたりは、くわしいんだろ!」 You oughta know the area 'round
「おまえさんの知ったかぶり説明が the No. 5 Reactor, right!”
 聞きてえもんだな!」 “So let's hear YOUR explanation!”
TIFA {Tifa}
「私も手伝うね」 “I'll help, too.”
BARRET {Barret}
「ケッ! “@#$%!
 なにしにきたんだか!」 I don't know even why you came!”
TIFA {Tifa}
「あら、BARRET! “Oh, {Barret}!
 相手してあげましょうか?」 Are you mad because
BARRET {Barret}
「チッ……!!」 “@#$%!!”
TIFA {Tifa}
「CLOUD、こっち! “{Cloud}, come over here!
 路線図モニタでも見てよ」 Let's look at the Railway Map Monitor.”
TIFA {Tifa}
「あら、もう何度も見たって “Hmm, it looks like
 顔してるのね」 you've seen this already…”
「ま、いいわ。 “It's all right. Come a little closer.”
 もっとそばにきて」
TIFA {Tifa}
「おかしいわね。 “That's odd.
 ID検知エリアはもっと先なのに」 The ID Check Point was supposed
     A式非常警戒体制を発動   Type A Security Alert!!
    列車内に未確認のIDを検知   Unidentified passengers confirmed…
    各車両緊急チェックに入ります   A search of all cars will be conducted!
        くりかえします Repeat!!
     A式非常警戒体制を発動   Type A Security Alert!!
    列車内に未確認のIDを検知   Unidentified passengers confirmed…
    各車両緊急チェックに入ります   A search of all cars will be conducted!
TIFA {Tifa}
「どういうこと?」 “What's happening?”
BARRET {Barret}
「どうなってんだ!!」 “What's goin' on?!”
ジェシー Jessie
「まっずいことになっちゃったわ」 “We're in trouble.”
「説明はあと。 “I'll explain later.
 はやく! こっちの車両に!」 Hurry! Get to the next car!”
BARRET {Barret}
「チッ! “@#$%!
 しくじりやがったな…」 Someone blew it…”
BARRET {Barret}
「いくぜ! “Let's go!
 モタモタすんな!」 Keep it up!”
BARRET {Barret}
「チッ!! ウスノロッ!! “C'mon!! Hurry your slow ass up!
 ここまでか……」 That's it, huh?”
TIFA {Tifa}
「しかたないね」 “Oh well…”
BARRET {Barret}
「こっから飛び降りるぞ!! “We're gonna jump outta here!!
 オレに続け、ナスボケッ!!」 Follow me!!”
TIFA {Tifa}
「ああ~ たくさんバトルね。 “We got a lot of battles ahead of us.
 たいへんよ、きっと」 This's going to be tough.”
「ん……? “Hmmm?
 俺ん家来て、あいさつするのは You're the only ones that'll talk to me
 あんただけ」 or come to my house.”
「感心、感心」 “I'm impressed.”
「ん……? “Hm?
 こんなときでも、俺にあいさつか?」 You'd talk to me even now?”
「これまた、感心、感心。 “I'm really impressed.
 ごほうびに、いいものをあげよ」 Here's a little
『フェニックスの尾』を手にいれた! Received "Phoenix Down"!
「俺がのたれ死んだら “If I die in the gutter,
 そいつでたのむよ」 use that to revive me, okay?”
神羅課長 Shinra Manager
「ヒッ……!!」 “Waaaaah!!”
「わ、私にはかまわないでくれたまえ。 “Don't…don't worry about me.
 (ヒッヒッ…… (oh man, oh man, oh man…!!
会社のみんなにじまんしちゃおう…)」 I'm gonna brag to everyone
ドアロックまで {Choice} NOT used for the timer, at least not in most versions…
     車両1に未確認ID検知    Unidentified passengers located in Car #1
        ドアロック準備    Preparing for Lock Down
      車両1ドアロック完了   {Choice}Car #1: Locked Down
   未確認IDを駅まで護送します   {Choice}Car being sent to the station
「テストプレイはここまでです。」 "This is the end of the Test Play.
客車内 Inside Train
 ミッドガル8番街ステーション発最終列車~ Last train from Sector 8 Station-
   終点、スラム7番街列車基場駅~ Final stop: sector 7, Train Cemetery-
 到着予定時刻はミッドガル時0時23分…… Expected time of arrival is 12:23AM,
警戒レベル1    {Choice}Level 1 Warning
車両1をロックします    {Choice}Car #1: Lock Down
車両1ロック完了    {Choice}Car #1: Locked Down
警戒レベル2に移行     {Choice}Upgrading to Level 2 Warning
ジェシー Jessie
「さ、いそいで!!」 “Let's hurry!!”
BARRET {Barret}
「どうなってんだ!?」 “What's happenin'?”
ジェシー Jessie
「ごめん!! “Sorry!!
 まちがえちゃったの…」 I've made a mistake…”
BARRET {Barret}
「なにを!?」 “What!?”
ジェシー Jessie
「え……! “Ugh!
 いえない」 I'm not sure…”
BARRET {Barret}
「あそびじゃねえんだぞ」 “C'mon, this ain't no joke!”
ビッグス Biggs
「いそぐんだ!」 “Hurry!”
ウェッジ Wedge
「扉ロックされるっす!」 “They're locking the door, sir!”
ビッグス Biggs
「おれたちは予定通り “We'll execute it just as we planned it.”
 例のアレを実行する」
ウェッジ Wedge
「先、行くっす! “I'm goin' first, sir!
 作戦その2にうつるっす」 Let's switch to Plan 2!”
BARRET {Barret}
「どうすりゃいい?」 “What do you want me to do?”
ジェシー Jessie
「とにかく、走って!」 “Just run!”
「作戦2にチェンジよ!」 “Changing to Plan 2!”
BARRET {Barret}
「チッ!! “Damn!!
 しようがねえ…」 I guess there's no other way…”
「ガンガンいくぜ!」 “We gonna kick some ass!”
BARRET {Barret}
「チッ!! “What!?
 もうおしまいかよ!」 That's it!?”
TIFA {Tifa}
「ぜんぜんっだめね!」 “That didn't do anything!”
BARRET {Barret}
「こっから飛び降りるぞ!! “We'll jump from here!!
 オレに続け、高給取り!!」 Follow me, you 'spensive leech!!”
TIFA {Tifa}
「ふぅっ~! “Phew---!
 しっかりしてね!」 Be strong!”
ドアロックまで
     車両2に未確認ID検知    Unidentified passengers located in Car #2
       ドアロック準備    Preparing for Lock Down
     車両2ドアロック完了   Car #2: Locked Down
   未確認IDを駅まで護送します   Car being sent to the station
「やぁ…… “Hey…
 あんたたち、そうぞうしいねえ」 You guys are too rowdy.”
「まあまあ、おちついて」 “Well, just calm down.”
TIFA {Tifa}
「すごいね。 “Yes, it's really something.
 いつもこんな調子なの」 It's always like this.”
BARRET {Barret}
「おう! “Hey, yo!
 じゃますんな!」 Jus' keep the hell outta my face!”
「ヒュ~ン!! “Hyu---n!!
 ヒュ~ン!!」 Hyu---n!!”
「ひょっとしてこれ “Does this mean
 ボクら、大ピンチってやつかい?」 that we're in a major bind?”
「もぅ!! “Gosh!!
 いい大人がドタドタと」 You're adults,
「列車のなかでは but you're acting like kids.”
 おぎょうぎよくしてね」 “Please behave while you're in the train.”
「あ~ん?」 “Huh?”
「なっん~だっ!」 “The hell?”
「ほしいのか?」 “Do you want this?”
    ああ…… {Choice}Yeah…
    まちがいだ {Choice}My mistake
「ホゥ! “Wow!
 無料ほうしにしとくぜ」 I won't even charge you…”
「あ~ん? “What?
 くせになるから気をつけな」 Don't get used to it though.”
「あ~ん? “Wha-t?
 必要になったらいっとくれ」 Let me know when you need me.”
『ハイポーション』を手にいれた! Received "Hi-Potion"!
「あ~ん? “Wha-t?
 あんた、がめついねえ」} You sure are greedy.”
客車内 Inside Train
 ミッドガル8番街ステーション発最終列車~ Last train out of Sector 8 Station.
   終点、スラム7番街列車基場駅~ Last stop is Sector 7, Train Graveyard.
 到着予定時刻はミッドガル時0時23分…… Expected time of arrival is 12:23AM,
           警戒レベル2 {Choice}Level 2 Warning
         車両2をロックします {Choice}Car #2: Lock Down
          車両2ロック完了 {Choice}Car #2: Locked down
         警戒レベル3に移行 {Choice}Upgrading to Warning Level 3
    未確認IDは列車前半部に移動中 {Choice}Unidentified Passengers:
     現在位置の再確認に入ります {Choice}Currently tracking location
           警戒レベル3 {Choice}Level 3 Warning
         車両3をロックします {Choice}Car #3: Lock down
          車両3ロック完了 {Choice}Car #3: Locked Down
         警戒レベル4に移行 {Choice}Upgrading to Warning Level 4
BARRET {Barret}
「よし!! “Alright!
 ぬけたか!?」 We clear!?”
ジェシー Jessie
「まだよ、すぐ次の検知がはじまるわ。 “Not yet. They're starting another check.
 バレたらアウトよ!」 If we're caught, we're done for!”
「でも、心配しないで。 “But, don't worry.
 前の車両に順々にうつっていけば If we move up the train,
 やりすごせるわ!」 car by car, we should get past it!”
BARRET {Barret}
「チッ!! “Damn, man!!
 ちゃんと説明しろ」 Explain it right!”
ジェシー Jessie
「説明? いいの? “You want an explanation?
 OK!! まっかせといて」 OK!! Let me.”
ジェシー Jessie
「この列車の警戒装置は、旧型の神羅A式」 “This train's security system is
「未確認のIDを検知したら “Once it identifies an illegal ID,
 車両がロックされるシステムなの」 the system automatically locks down each car.”
「そのまま、駅に護送されて “It'll stay locked until it gets to the station,
 神羅警備兵にかこまれちゃうってわけよ」 where Shinra guards will be waiting.”
ジェシー Jessie
「でも、旧式だけにちょろいもんよ」 “But it's an old system, we can get past it.”
「前の車両に順々に移っていけば “If we move from car to car to the front,
 作戦通りにいく計算よ」 we should be able to go on as planned.”
ジェシー Jessie
「もうすぐ、2波のパルスが来るわ。 “The second detection scan
 さ、次の車両へ!」 should be coming up pretty soon.
ジェシー Jessie
「あっ……!」 “Oh no!”
ジェシー Jessie
「ごめんなさい」 “I'm so sorry.”
「列車のIDスキャンのミス “It's my fault that we didn't
 私のせいなの」 clear the ID scan.”
「CLOUDのIDカード。 “I modified the ID card for
 私の特別製にしたから… {Cloud} and that's
 あんなことに」 what made the sensors go off.”
「心をこめたつもりだったんだけどね。 “I did my best, but
 失敗しちゃった」 it just didn't work.”
ジェシー
「こんどはもっとましなもの "I'll make a better one next time."
  プレゼントするわ。 "I'll head back to the hideout first
「先にアジトに帰って研究開発に and work on research and development.”
 はげんでるからね」
CLOUD {Cloud}
「……まいったな」 “…Oh, man…”
BARRET {Barret}
「チッ!! “The hell!?
 ここまでか……」 So this is as far as we go?”
TIFA {Tifa}
「もうすこしだったのに」 “We were almost there.”
BARRET {Barret}
「こっから飛び降りるぞ!! “We're gonna jump off here!!
 オレに続け!!」 Follow me!!”
TIFA {Tifa}
「どんまい! “Don't worry!
 どんまい!」 Don't worry!”
ドアロックまで {Choice} To the Door Lock Could it still have to do with the countdown?
車両3に未確認ID検知 Illegal ID identified in Car #3
ドアロック準備 Prepare for Lock Down
車両3ドアロック完了 {Choice}Car #3: Locked Down
未確認IDを駅まで護送します Illegal ID will be taken to the station
車両4に未確認ID検知 Illegal ID identified in Car #4
ドアロック準備 Prepare for Lock Down
車両4ドアロック完了 {Choice}Car #4: Locked Down
未確認IDを駅まで護送します Illegal ID will be taken to the station
BARRET {Barret}
「ウッー!! 話かけんなよ! “Shu'up!! Don't talk to me!
 わかんなくなっちゃうだろ」 You're gonna mess me up!”
BARRET {Barret}
「ハァハァ……」 “…heave…breathe…”
「ウッー……!!」 “urrrrgh!!”
TIFA {Tifa}
「シッ~! “Shhhhhhh!
 いまはだめ!」 Not now!”
TIFA {Tifa}
「ふ~んだ!」 “OK, already!”
ジョニー Johnny
「さらば、グッバイ、アディオス! “Later…Goodbye…Adios, Midgar!!”
 ミッドガル!!」
ジョニー Johnny
「ぐっすん……」 “sob…”
「ニヒニヒ!!」 “Hee hee!!”
「シュタッ!!」 “Yesss!!”
「むぎゅ~~」 “urrrrrrrg”
「に、逃げ場がない……」 “…Nowhere to run…”
「もっ、もしかして……」 “By any chance…”
「ばれてます?」 “Busted?”
    ん……? {Choice}Huh?
    そうだ {Choice}That's right
「すいましぇ~ん。 “I'm SO sorry.
 返しま~しゅ」 I'll give it back…”
「ほんじゃまっ “OK, then.
 そういうことで」 That's that.”
「わかりますっ?」 “Any idea what happened?”
「目が覚めたら、すっぱだかで “All I know is,
 男3人だった気分!」 when I woke up, the 3 of us
「わかんないでしょうねぇ」 “But I guess you couldn't relate…”
「こわい年上の女性がわたしに “That scary broad made me
 爆弾をつきつけて……」 take the bomb.”
「ことわれませんでした、ハイ」 “Of course I couldn't very well refuse her!”
「ブルブルブル……」 “Brrrrrr…”
「ひどいんです。 “It's terrible.
 いまどき、おいはぎ。 Who'd expect underwear bandits
 みぐるみはぐんですから」 in this day and age?”
「なにさっ!」 “What the hell?”
「チッ……!」 “Hmph!”
「わかってるよ。
 いいたいこと」 “I know what you want to say.”
「ほら、とっときな!」} “Here, take it!”
客車内 Inside Train
 ミッドガル8番街ステーション発最終列車~ Last stop is Sector 7‚Train Graveyard.
   終点、スラム7番街列車基場駅~ Expected time arrival is 12:23AM,
 到着予定時刻はミッドガル時0時23分…… Midgar Standard Time…
           警戒レベル4 {Choice}Level 4 Warning!! This text entry is used in FFVII-J.
         車両4をロックします {Choice}Car #4: Lock Down
車両4ロック完了 {Choice}Car #4: Locked Down
警戒レベルMAXに移行 Upgrading to maximum security alert!!
BARRET {Barret}
「よしっ!! “All right!!
 うまくいったな!」 We made it!”
BARRET {Barret}
「おう!! “Yo!!
 こっちだ!!」 This way!!”
BARRET {Barret}
「いくぜ!! “Let's go!!
 こっからダイブだ!!」 We're gonna dive outta here!!”
TIFA {Tifa}
「……こわいね」 “…Scary…huh.”
CLOUD {Cloud}
「いまさらなんだよ。 “Too late for that now.
 だいたい、どうして来たんだ?」 Why'd you come along anyway?”
TIFA {Tifa}
「だって……」 “Because…”
BARRET {Barret}
「おふたりさん “Hey you two!
 時間がないぞ!」 There ain't no time for that!”
TIFA {Tifa}
「うん!! “Yeah!!
 決めた!」 I've made up my mind!”
「よっく、見てて。 “Watch closely.
 私、飛ぶから!!」 I'm gonna jump!!”
CLOUD {Cloud}
「さきにいくが “You don't care if I go first?”
 かまわないな?」
BARRET {Barret}
「リーダーは最後まで “A leader always stays till the end.”
 残るもんだ」 “Don't worry 'bout me, just go!”
「いいから、はやくいけ!」
BARRET {Barret}
「おう! “Yo!
 けがすんなよ!」 Don't go gettin' your spikey-ass hurt!”
「作戦はこっからが “It's only the beginnin' of the mission!”
 本番だぞ!」-
ウェッジ Wedge
「わかるっすか? “Guess who?
 俺、ウェッジっす!」 It's me, Wedge!”
「作戦ばっちり成功っすね」 “Looks like things were a success.”
ウェッジ Wedge
「関係ないすけど “I look just like my little brother
 このかっこう…… in these clothes…”
 俺の弟にそっくりなんすよ」 “I wonder how everyone is now?”
「いまごろ、どうしてるかなあ」
ジェシー Jessie
「私、ジェシーよ。 “It's me, Jessie.
 どう、CLOUD?」 How do I look, {Cloud}?”
「神羅の制服、似合ってるかな?」 “Do I look good in a Shinra uniform?”
    そうだな…… {Choice}Yeah…
    いまはそれどころじゃない {Choice}Not now
CLOUD {Cloud}
「……すてきだよ、男勝りで」 “…You look great, just like a man.”
CLOUD {Cloud}
「今は作戦に集中しろ」 “Just concentrate on our plan.”
ジェシー Jessie
「エッ!! うれしいっ “Yay!! I'm so happy
 ……のかしら?」 {!}{Pause:Wait}…I think?”
ジェシー Jessie
「ごめん、そうよね」 “You're right, sorry.”
ビッグス Biggs Biggs [This is a duplication of a line that
「おれ、一度でいいから “I always wanted to dress up like this.” I wanted to try out is seen later on, in a more complete form.]
 こんな格好してみたかったんだ」 this look just once.
BARRET {Barret}
「おう!! “Yo!!
 時間がねえ!!」 Ain't no time to waste!!”
「……なんとかしてやれ!」} “…Do something!”
BARRET [Empty Text Entry] Barret [ONE of these Text Entries are JP
「よ~しっ!! -||- Right!! exclusive.
 おめえら、よくやった!」 -||- Y’all did great! TIN_3 has 46 Text Entries in JP
「こっからも作戦通り -||- We’ll keep on acting and 45 Text Entries in Eng.]
 行動しろ!」 -||- according to plan!
BARRET [Empty Text Entry] Barret
「んっ~~!!」 -||- Alright…!!!
「おう! -||- Hey!
 おめえら、休みがほしいか?」 -||- You guys want a vacation?
ウェッジ [Empty Text Entry] Wedge
「ほ、ほしいっす!」 -||- I, I do!
「あっ……。 -||- Ah…
 なんでもないっす…」 -||- Nevermind…
BARRET [Empty Text Entry] Barret
「おう!! -||- OK!!
 おまえら、ちょっと聞いとけ!!」 -||- Listen up, y’all!!
「このミッションが無事成功したらな。 -||- If this mission goes well,
 オレたちは身をひそませなきゃなんねえ」 -||- we’ll have to lay low for awhile.
「おまえらを連れってってやるぜ! [Empty Text Entry] I’ll take y’all to the birthplace of AVALANCHE!
「アバランチの生まれ故郷。 [Empty Text Entry] The sacred land of those that protect the
 星の命を守るものの聖地 -||- life of the planet. Cosmo Canyon.
 コスモキャニオンへな」 -||-
アバランチの面々 [Empty Text Entry] AVALANCHE Members
「ひゅ~!!」 -||- Wow!!
ジェシー [Empty Text Entry] Jessie
「温泉は?」 -||- Will there be hot springs?
BARRET [Empty Text Entry] Barret
「あるかもしんねえな」 -||- Maybe.
ビッグス [Empty Text Entry] Biggs
「おれ、この服着てってもいいか?」 -||- Can I keep wearing these?
「おれ、一度でいいから -||- I wanted to try out
 こんな格好してみたかったんだ」 -||- this look just once.
BARRET [Empty Text Entry] Barret
「おう! -||- Yeah!
 いいかもしんねえな」 -||- It’s probably alright.
ウェッジ [Empty Text Entry] Wedge
「おいしいもの -||- Will there be
 あるっすか?」 -||- good food?
BARRET [Empty Text Entry] Barret
「あるぞ~。 -||- You betcha.
 うまい酒もだっ」 -||- And delicious sake!
BARRET [Empty Text Entry] Barret
「ふぅっ~」 -||- Sigh…
「見渡すかぎりのでっけえ空に -||- The whole sky is full of stars,
 満天の星だ。 -||- as far as the eye can see.
「遠くからチロチロと [Empty Text Entry] I can hear the sound of the bonfire
 かがり火の音が聞こえてる。 -||- crackling in the distance.
「そいつをさかなに [Empty Text Entry] You can sit around it
 チビチビやんのよ」 -||- and munch on grub.
「なあ、いいだろぅ?」 -||- Well, whaddaya think?
ジェシー [Empty Text Entry] Jessie
「ね、CLOUDは?」 -||- Hey, what about Cloud?
BARRET [Empty Text Entry] Barret
「ああ…… -||- Yeah…
 あいつもいっしょだ」 -||- He’s comin’ too!
ビッグス [Empty Text Entry] Biggs
「でも、報酬…… -||- But his paycheck…
 もう払えないんだろ?」 -||- We can’t pay him anymore, can we?
BARRET [Empty Text Entry] Barret
「よけいな心配すんじゃねえ!!」 -||- Quit worryin’ so much!!
「金が払えなきゃ -||- If we can’t pay ‘im, we’ll
 首ねっこ、ふんづかまえて -||- catch ‘im by the scruff of
 つれてきゃいいんだ!」 -||- his neck and drag ‘im along!
アバランチの面々- AVALANCHE Members
「ふぅ~っ!!」 “Whew--!!” Siiiigh!!
BARRET {Barret} Barret
「じゃな! “Later! Alright!!
 あとしまつはたのんだっ!」} You take care of the rest!” I’ll leave the rest to you!
螺旋トンネル Winding Tunnel TUNNEL_1, TUNNEL_2, TUNNEL_3
4番街プレート内部 4th Street Plate Int. SBWY4_1, SBWY4_2, SBWY4_3
4番街プレート下部 Lower Sector 4 Plate SBWY4_4, SBWY4_5, SBWY4_6
【セーブポイント】 [Save Point]
メニューを開いて「セーブ」を選ぶと Access the Menu and select SBWY4_6
ゲームの状態を保存できます。 {PURPLE}[SAVE]{WHITE} to save your game.
『ポーション』を手にいれた! Received "Potion"! SBWY4_3
『テント』を手にいれた! Received "Tent"! SBWY4_6
『エーテル』を手にいれた! Received "Ether"! SBWY4_1
「きさま、アバランチだな!」 “You're the AVALANCHE!”
CLOUD {Cloud}
「この光の帯は、神羅の警報センサー。 “Those light beams are
 これ以上、奥には進めないな」 the Shinra's security sensors.
CLOUD {Cloud}
「神羅の警備兵がいる。 “Shinra security guards are there.
 ……もどるしかないか」 …We've got to turn back.”
  「テロリストの襲撃だ!」 “A terrorist attack!”
「アバランチが襲ってきたぞ!」 “AVALANCHE is attacking!”
     「侵入者だ!」 “Intruders!”
「警備兵の増援が来るようだ。 “More security's coming.
 このままでは、危ない」 It's dangerous to stay here.”
    逃げる {Choice}Run
    ふみ止まる {Choice}Stay here
BARRET {Barret}
「か~っ、せまっちい穴だな。 “That's one damn tiny hole.
 ここからプレートの下にもぐれってのか? You tellin' me to squeeze into
 たまんねぇぜ」 that to get under the Plate? No way!”
「どうする、CLOUDさんよぉ?」 “Yo, {Cloud}, what're we gonna do?”
    中をよく見てみる {Choice}Look inside
    おりる {Choice}Go down
    おりない {Choice}Don't go
BARRET {Barret}
「のんびりしてるヒマはないぜ。 “Don't be wastin' time.
 いつ神羅のやつらにおれたちの Never know when the Shinra'll find us.”
 行動がばれないとも限らない」
「CLOUD、行くしかないぜ」 “{Cloud}, you jus' gotta go.”
    おりる {Choice}Go down
    おりない {Choice}Don't go
BARRET {Barret}
「でもよ、ゾッとしねぇな」 “But, damn man,
BARRET {Barret}
「入らねぇのか? “Whaddya mean we're not goin' in?
 ここを通る以外には、五番魔晄炉に There ain't no other way of gettin'
いく方法はないんだぜ」 to the Sector 5 reactor
TIFA {Tifa}
「……ダクトの中に “…Doesn't seem to be anything that'll
 足がかりになりそうな get us stuck in this duct.”
 ものはないわね」
CLOUD {Cloud}
「ここまで来て警報センサーの世話に “After coming this far,
 なるなんてのは、シロウトだけだ」 only an amateur'd
CLOUD {Cloud}
「ああ。このダクトをおりたら “Yeah. If we go down this duct, we
 ここには、もどってこれないぞ」 won't be able to come back.”
BARRET {Barret}
「よし、ここまでは予定通りだ」 “Good, so far everything's going as planned.”
BARRET {Barret}
「やばかったぜ。 “That was close.
 神羅のやつらに見つかるかと思った……」 I thought we were gonna get caught…”
BARRET {Barret}
「なんてこった…… “Oh man……
 こんな手前で降りるハメになっちまった」 We were forced to get this far out.”
BARRET {Barret}
「しかし、五番魔晄炉にたどり着くまでは “Don't let your guard down till
 油断は禁物だぜ」 we get to the Sector 5 reactor.”
BARRET {Barret}
「まだ、オレたちが潜入したことは “They probably don't know
 バレていないはずだ。 we sneaked in yet.
 五番魔晄炉まで一気に行けるぞ」 We'll be at the reactor in no time.”
BARRET {Barret}
「しかし、今さらノコノコ “We can't just go back now.
 引き返すことはできねぇ。 We've gotta go on.”
 このまま進むしかねぇ」
BARRET {Barret}
「ビッグス、ウェッジ、ジェシーが “Biggs, Wedge and Jessie
 先行している手はずになってる。 got everything ready for us.
 行くぞ、おまえら」 So MOVE it.”
BARRET {Barret}
「ビッグス、ウェッジ、ジェシーは “Biggs, Wedge, and Jessie did good.
 うまくやったようだな。 Now, it's our turn!”
 さぁて、あいつらに追いつくぜ!」
ジェシー Jessie
「ごめんなさい」 “I'm sorry.”
ウェッジ Wedge
「CLOUDさん、こっちっす。 “{Cloud}, this way.
 五番魔晄炉はこのハシゴの先っす」 The reactor's up this ladder.”
ビッグス Biggs
「おれたちは、これで引き上げる。 “We're gonna pull out now.
 アジトで落ち合おうぜ」 We'll meet up at the hideout.”
「CLOUD、五番魔晄炉の爆破 “{Cloud}, we're countin' on you
 よろしくたのむぜ!」 to blow the reactor!”
ジェシー Jessie
「こんどはもっとましなもの “Next time,
 プレゼントするわ」 I'll give you something better.”
「先にアジトに帰って研究開発に “I'll be back at the hideout
 はげんでるからね」 in my research room workin' on it.”
「列車のIDスキャンのミス “The ID scan problem on the train
 私のせいなの」 was all my fault.”
「CLOUDのIDカード。 “I modified your ID card…
 私の特別製にしたから…… And that's what did it…”
 あんなことに」 “I did my best…
「心をこめたつもりだったんだけどね。 But I failed.”
 失敗しちゃった」
BARRET {Barret}
「さぁて、五番魔晄炉は “The reactor's just down
 このトンネルの奥だ!」 this tunnel!”
TIFA {Tifa}
「パパ……」 “Papa…”
TIFA {Tifa}
「セフィロスね!」 “Sephiroth!?”
TIFA {Tifa}
「セフィロスがやったのね!」 “Did Sephiroth do this to you?”
TIFA {Tifa}
「セフィロス……ソルジャー…… “Sephiroth…SOLDIER…
 魔晄炉……神羅……ぜんぶ!」 Mako Reactors…Shinra…”
TIFA {Tifa}
「ぜんぶ大キライ!」} “I hate them all!”
BARRET {Barret}
「おい、しっかりしてくれよ!」 “Damn man, get a hold of yourself!”
TIFA {Tifa}
「だいじょうぶ?」 “You all right?”
CLOUD {Cloud}
「……TIFA」 “…{Tifa}.”
TIFA {Tifa}
「ん?」 “Mmm?”
CLOUD {Cloud}
「い……いや…… “No…forget…
 気にするな。 Come on, let's hurry!”
 さあ、急ごう!」
CLOUD {Cloud}
「わかってるさ。 “I know.
 あんたは俺の見張りだろ?」 You're my chaperone, right?”
BARRET {Barret}
「そういうことだ」 “Damn straight.”
BARRET {Barret}
「TIFAの幼なじみ…… “{Tifa}'s old friend…
 それだけじゃ不安なんでな」 That ain't good enough.”
TIFA {Tifa}
「急ぎましょう、CLOUD」 “Let's hurry, {Cloud}.”
BARRET {Barret}
「よし、行くぞ」} “Alright, let's go.”
TIFA {Tifa}
3人同時にボタンを押せってジェシーが言ってたわ “Jessie said we all have to push
TIFA {Tifa}
失敗ね、もう一度 “No good. Let's try it again.”
五番魔晄炉 No.5 Reactor
BARRET {Barret}
「こっちだ!」 “This way!”
BARRET {Barret}
「神羅兵!?」 “Shinra soldiers!?”
五番魔晄炉 No.5 Reactor
BARRET {Barret}
「くそっ! “$#%&!
 どうなってんだ?」 What the hell's goin' on?”
CLOUD {Cloud}
「……ワナ、か」 “…A trap…”
BARRET {Barret}
「プ、プレジデント神羅?」 “Pres…President Shinra?”
TIFA {Tifa}
「なぜ、プレジデントが “Why is the President here?”
 ここにいるの?」
プレジデント神羅 President Shinra
「ほほう。 “Hmm…
 君たちがアレかね。 So you all must be…
 ……なんて言ったかな?」 What was it?”
BARRET {Barret}
「アバランチだ! 覚えておけ! “AVALANCHE!
 おまえはプレジデント神羅だな」 And don't ya forget it!
CLOUD {Cloud}
「ひさしぶりだな、プレジデント」 “Long time no see, sir.”
プレジデント神羅 President Shinra
「……ひさしぶり? “…Long time no see?
 ああ、君がアレかね」 Oh…you.”
「アバランチとやらに参加して “You're the one who quit SOLDIER
 いるという元ソルジャー。 and joined AVALANCHE.
 たしかにその目の輝きは I knew you'd been exposed to Mako,
 魔晄を浴びた者……」 from the look in your eyes…”
「その裏切り者の名前は “Tell me, traitor…
 なんといったかな?」 what was your name?”
CLOUD {Cloud}
「CLOUD、だ」 “{Cloud}.”
プレジデント神羅 President Shinra
「すまないがソルジャーの “Forgive me for asking,
 名前なんて but I can't be expected to
 いちいち覚えとらんのでな」 remember everyone's name.”
「せめてセフィロスぐらいには “Unless you become
 なってもらわんと」 another Sephiroth.”
プレジデント神羅 President Shinra
「そう、セフィロス……。 “Aah, Sephiroth…
 優秀なソルジャーであった。 He was brilliant.
 そう、優秀すぎる……な」 Perhaps too brilliant.”
CLOUD {Cloud}
「セフィロスだと……?」 “Sephiroth?”
BARRET {Barret}
「んなこたぁ、どうでもいい! “Don't give a damn 'bout none of that!
 もうすぐここはドッカン!!だぜ! This place's goin' up with a big BANG soon!
 ざまあみやがれ!」 Serves y'all right!”
プレジデント神羅 President Shinra
「そうだな。 “And such a waste of good fireworks,
 キミたちウジ虫を始末するには just to get rid of vermin like you…”
 高物すぎる花火ではあるが……」
BARRET {Barret}
「ウジ虫だと!? “VERMIN!?
 言うに事価いて、ウジ虫だと!」 That's all you can say? VERMIN!?”
「キサマら神羅は、この星を死に “Shinra're the VERMIN for
 追いやろうとする寄生虫じゃねぇか! killing the Planet! Guess that'd
 その親玉であるキサマが make you King VERMIN!
 何をえらそうにホザく!」 So shu'up jackass!”
プレジデント神羅 President Shinra
「……そろそろキミたちの “…You are beginning to bore me.”
 相手をするのにもあきたよ」
「わしは多忙な身なのでな。 “I'm a very busy man,
 もう、失礼させてもらうか。 so if you'll excuse me…
 今日は、会食の予定が I have a dinner I must attend.”
 あるものでな」
BARRET {Barret}
「会食だと!? ふざけやがって! “Dinner!? Don't gimme that!
 おまえには言いたいことが I ain't even started wit' you yet!”
 まだまだあるんだ!」
プレジデント神羅 President Shinra
「キミたちの遊び相手は “But, I've made arrangements for
 別に用意させてもらった」 a playmate for you all.”
TIFA {Tifa}
「!? 何の音?」 “What's that noise?!”
BARRET {Barret}
「な、なんだコイツは!!」 “The hell is that!?”
プレジデント神羅 President Shinra
「では、失礼」 “Now then,
CLOUD {Cloud}
「待て、プレジデント!」 “Wait, President!”
プレジデント神羅 President Shinra
「我が社の兵器開発部が試作した “Meet 'Airbuster', a techno-soldier.
 機動兵『エアバスター』だ」 Our Weapon Development Department
「君たちとの戦闘データは “I'm sure the data he'll extract from
 今後の開発の貴重なサンプルとして your dead bodies will be of great
 利用させてもらうよ」 use to us in future experiments.”
TIFA {Tifa}
「助けて、CLOUD!」 “Help, {Cloud}!”
TIFA {Tifa}
「これ、ソルジャーなの?」 “THIS is from SOLDIER?”
BARRET {Barret}
「おい、CLOUD! “Yo, {Cloud}!
 とりあえずコイツをなんとかするぞ!」 We've gotta do somethin'
CLOUD {Cloud}
「まさか! ただの機械さ」 “No way! It's just a machine.”
BARRET {Barret}
「なんでもいい!! “I don't care what it is!!
 ぶっこわしてやるぜ!」 I'm gonna bust him up!”
BARRET {Barret}
「もうすぐ爆発する! “It's gonna blow!
 行くぞ、TIFA!」 Let's go, {Tifa}!”
TIFA {Tifa}
「BARRET! “{Barret}!
 何とかならないの?」 Can't you do something?”
BARRET {Barret}
「どうしようもねえな」 “Not a damn thing.”
TIFA {Tifa}
「CLOUD! “{Cloud}!
 なんとかして生きて! 死んじゃダメ! Please don't die! You can't die!
 話したいことがたくさんあるの!」 There's still so much I want to tell you!”
CLOUD {Cloud}
「わかってる、TIFA」 “I know, {Tifa}…”
BARRET {Barret}
「おい、なんとかなりそうか?」 “Hey, you gonna be alright?”
    (つよがる) {Choice}(Be strong)
    (ダメかもしれない……) {Choice}(I don't know if I can hold on)
CLOUD {Cloud}
「…………」 “…”
「自分の心配でもしてろ! “You worry about yourselves!
 俺はいいからTIFAを!」 I'm all right,
BARRET {Barret}
「……そうか。 “…Alright.
 いろいろ悪かったな」 Sorry 'bout all this.”
CLOUD {Cloud}
「これで終わりみたいな言いかたは “Stop talkin' like this is the end!”
 やめてくれ!」
BARRET {Barret}
「じゃ、あとでな」 “OK, hold on!”
BARRET {Barret}
「情けない声だすんじゃねえよ。 “Don't go cryin' like a woman.
 悪いが何もしてやれそうにない。 There ain't nothin' I can do for ya.
 自分でなんとかしてくれ」 Ya gotta do it on your own.”
CLOUD {Cloud}
「BARRET……」 “{Barret}…”
CLOUD {Cloud}
「くっ! “&#%^!
 長くはもちそうにない。 Can't hold on much longer.{!}{Pause:Timed}>
 BARRET……は、はやく!」 {Barret}, hurry!”
CLOUD {Cloud}
「……機動兵?」} “…Techno-soldier?”