Dialogue Script

Chapter: 30 - Icicle Inn, Gaea's Cliff

Reaching Icicle Inn, All NPC at all times, Dr Gast and Ifalna's tapes, Elena hits Cloud, Snowboarding, getting off of the Great Glacier, reaching Mr. Holzoff, climbing Gaea's Cliff and reaching the Northern Crater

 
FF7 International ScriptFF7 PC English ScriptMissing TranslationNotes
JAPANESE (Intl Ver) PC ENGLISH
アイシクルロッジ Icicle Inn Icicle Lodge
CLOUD {Cloud}
「この先に、何があるんだ?」 “What's down there?”
CLOUD {Cloud}
「ボス……ツォンのことか? “You mean Boss…Tseng?
 あれは俺たちじゃない。 That wasn't us.
 セフィロスが、やったんだ」 Sephiroth did it.”
CLOUD {Cloud}
「ウソなんかついてない…… “I'm not lying…
 セフィロスなんだ」 it was Sephiroth.”
CLOUD {Cloud}
「まいったな……」 “Oh, man…”
CLOUD {Cloud}
「まっ、まて! “Wa…wait!
   よける {Choice}Get out of the way
   じっとしている {Choice}Stay put
イリーナ Elena
「いたわ、いそいで!!」 “There they are, hurry!!”
イリーナ Elena
「CLOUD……ハァ、ハァ」 “{Cloud}…huff…wheeze.”
「ここから先へは進ませないわよ!」 “I won't let you go any further!”
イリーナ Elena
「ヒ・ミ・ツ」 “It's a SE-CR-ET.”
「そんなことは、どうでもいいの! “It really doesn't matter!
 よくも私のボスを You really got guts messin'
 やってくれたわね!」 my boss up like that!”
イリーナ Elena
「いいえ、だまされるもんですか」 “No!
イリーナ Elena
「いくら、しらをきってもムダよ。 “Don't try to act innocent.
 絶対、許せない!!」 I'll never forget it!!”
イリーナ Elena
「口で言ってもムダなんだったら “Looks like just talking won't do.
 体に聞いてもらおうじゃないの!」 You're going to have to feel some pain!”
イリーナ Elena
「いえ、私1人で十分よ! “No, I can handle him!
 私のパンチをよけられるはずがないわ」 There's no way he can avoid my punch.”
イリーナ Elena
「キャー!」 “Eyaaaah!”
イリーナ Elena
「なぜ? “Why?
 わざと、よけなかった……」 Why didn't you try to duck?”
イリーナ Elena
「どうせ、あの大氷河を “There's no way they can climb
 越えられるはずがないわ」 the Great Glacier anyway.”
「どこかの家に “Put them in some house
 ほうりこんでおいて!」 in the village.”
「ハイッ!!」 “Yes ma'am!!”
「わたしたちが、コイツを!」 “Just you…and me!!”
「えっ? ええ……」 “What? Yeah…”
「この村は、しばらく閉鎖だ!」 “This village is now under martial law!”
   (すなおに、したがう) {Choice}(Do as you're told)
   (こいつをぶっとばす) {Choice}(Kick his butt)
「悪く思うな、これも仕事なんだ」 “Don't be angry.
「やめるんだ、子供たちがいるだろ!」 “Stop it, there're kids around!”
「う~む…… “Listen, I probably shouldn't tell you,
 お前には、関係ないが but I hear something big's
 ここよりさらに北で going down up North.”
 何かが始まるらしいんだ」
「本社から社長もいらっしゃる。 “The President's gonna be there.
 混乱をさけるためだ。 So, would you please just lay
 ガマンしてくれんか?」 low for a while?”
「イッ、イリーナさん!?」 “Ele…Elena!?”
「うわーっ!!」 “Who--a!!”
「ダメダメ!! “No, don't!!
 この先は、すごい下り坂なんだ」 There's a steep grade, past here.”
「キケンだから、入らないでくれ!」 “It's dangerous, please don't go!”
    それでも行く {Choice}I'm still going
    親切に、ありがとう {Choice}Thanks for your kindness
「なんだよ、人が親切に……」 “Damn, I was just being nice…”
「な、なんだ向こうのヤツらは? “What the? Who are those people over there?
 ヤバそうだぜ!」 Looks like trouble!”
「いやいや。 “No, no.
 当然のことをしたまでさ」 I just did what came natural.”
「よし、ヒマだから “I guess I'm not too busy now.
 スノーボードの乗り方を Do you want to learn
 教えてやろうか?」 how to ride a snowboard?”
   たのもうかな {Choice}Maybe I should
   興味ないね {Choice}Not interested
「もう一度説明しようか?」 “Do you want me to explain again?”
   たのむ {Choice}Yes, please
   えんりょする {Choice}No thanks
「つまんねぇヤツだな!」 “You're so boring!”
「さっきは、逃げ出してしまって…… “Sorry I ran off a while ago…
 何かヤバそうな感じだったんでな」 I thought there was
「それより、向こうの坂を下るには “Anyhow, you'll need a snowboard
 スノーボードでもなければ無理だぜ。 to get down that hill.
 乗り方を教えてやろうか?」 Want to learn how to ride one?”
   たのもうかな {Choice}Yeah, maybe I should
   興味ないね {Choice}No, not interested
「わかんねぇヤツだな…… “All right, fat-head…
 ケガしてもしらねぇぜ」 But don't blame me if you get hurt.”
「なんだアイツら? “What the?
 神羅なのに弱かったな」 They sure were weak for Shinra.”
「ダメだって言っただろ!」 “I told you, you can't!”
「スノーボードと地図がなければ “You won't make it without
 きっと、この先で行き倒れに a snowboard and a map!!”
 なってしまうぞ!!」
「気を付けろよ!」 “Be careful!”
「この先は、すごい下り坂なんだ。 “There's a steep hill past here.
 行っちゃダメだよ」 You shouldn't go any further.”
「北の果てのクレーターに “There's a barrier
 バリアが、はられているんだ! at the North end of the crater!
 この先は、行かないほうがいいぜ」 You shouldn't go any further.”
「とっても、まぶしい光が “A bright light shattered
 クレーターのバリアを突き破ったんだ! the barrier at the crater!
 いったい、何が起こっているんだ!?」 What in the world's goin' on!?”
「この村に引っ越してきて “When I first moved here,
 いきなり、黒マントの男が I saw a man with a black cape
 北に向かうのを見たんだ」 heading North.”
「なんだか、白い雪の中で “It seemed strange
 黒いマントが動くのが seeing the black cape
 不気味だったな」 in the snowy white.”
「ソリすべりは、たのしいよ」 “Sledding's fun!”
「あの、おじさんたちだ~れ?」 “Who is that man?”
「次はスノボーに “I'm gonna try
 ちょうせんするんだ!」 snowboarding after this!”
「次は、もっと大きなのを作るんだ」 “Next time,
「バリアってな~に? “What's a barrier?
 お山のてっぺんの光のこと?」 You mean that light
「かわいそうな声が “A sad voice is
 だんだん大きくなっていくんだ!」 getting louder every second!”
「お山さんが泣いているんだね、きっと。 “The mountain must be crying.
 どこか、ケガしてるのかな?」 Is it hurt?”
「もうすぐ完成なのよ!」 “It's almost finished!”
「お山のてっぺんに “I heard that there's a barrier
 バリアがはられているんだって」 on top of the mountain.”
「バリアがなくなったら “Once the barrier's gone,
 お山の向こうから I can hear cries
 悲鳴がきこえるの……」 from beyond the mountain…”
  パンチをかわせ! Dodge that punch!
    【方向キーの上】 {Choice}[up]
【方向キーの左】 【方向キーの右】 {Choice}[left] [right]
【方向キーの上】 止まった時に地面をける {!}{Yellow}Directional button [up]{!}{White} Move forward
【方向キーの左】 左移動 {!}{Yellow}Directional button [left]{!}{White} Move left
【方向キーの右】 右移動 {!}{Yellow}Directional button [right]{!}{White}Move right
【方向キーの下】  ブレーキ {!}{Yellow}Directional button [down]{!}{White}Brake
□ボタン  ブレーキ {!}{Purple}[SWITCH]{!}{White}Brake
×ボタン  ジャンプ {!}{Purple}[CANCEL]{!}{White}Jump
【方向キーの左+R1ボタン】  エッジをきかせる {!}{Yellow}Directional button [left] + {!}{Purple}[PAGEDOWN]{!}{White}Edge Left
【方向キーの右+R1ボタン】  エッジをきかせる} {!}{Yellow}Directional button [right] + {!}{Purple}[PAGEDOWN]{!}{White}Edge Right
民家 Icicle Inn Private House
「スノーボードで遊んでいたら “I got hurt on my snowboard,
 ケガをしちゃって and now I can't go out for a while…”
 しばらく外へ出れないんだ……グスン」
「おにいちゃんに “Hey,
 スノーボードをあげるよ」 I'll give you my snowboard.”
「…グスン、グスン」 “…whimper…weep…”
「上手になったら教えてね」 “Tell me if you get good at it.”
「スノーボード… “I wanted to get a lot
 上手になりたかったな…」 better at snowboarding…”
「あの子ったら、引っ越して “My boy got hurt
 すぐにケガしちゃうんだから……」 right about the time we moved here…”
「スノーボードなんか “I never shoulda got him that snowboard.”
 買ってあげるんじゃなかったわ」
「私にも教えてねっ! “Teach me too, OK!?”
 おねがいよ」
「気温がとても下がってしまって “I can't live in this town anymore.
 もう、この町には住めそうにないの」 It gets so cold here!”
「また、引っ越ししなくちゃ…… “I have to move again…
 でも、何から手をつけていいのやら?」 I don't know where to start.”
「こんなに気温が下がったのは “The reason for the drop in temperature must be
 北の果てにできた光のドームの because of that dome of light
 せいにちがいないんだ……」 at the Northern limits…”
「きみたちも早くここから離れて “You all should get away from here and
 【南の島ミディール】にでも go to a place like
 行ったほうがいいと思うよ」 {!}{Cyan}Mideel Island in the south{!}{White}.”
キーアイテム『スノーボード』を手にいれた!} Received Key Item "Snowboard"!
民家 Icicle Inn Private House
「この家のおじぃさんは “The master is an experienced
 登山家だそうなの」 climber, you know.”
「なんでも、あの広い大氷河を “I've heard that he knows every
 全て見てまわったそうなのよ!」 corner of that Great Glacier!”
「おばぁちゃん “Grandma,
 火の近くで眠っちゃダメよ!」 don't sleep so close to the fire!”
「おばぁちゃん、カゼぎみでね “Grandma's been sick for a while
 このごろ元気がないのよ……」 and doesn't have much energy…”
「ついつい、イイ気持ちになってね」 “I just get SO comfortable.”
「私のダンナは “My husband left 20 years ago
 20年前にでかけたきりで and still hasn't come back.”
 まだ帰ってこないのよ」
「地図に書いてあるペケ印の “He should at least be at the foot
 ガイアの絶壁のふもとまで of Gaea's Cliff.
 行っているばずなんだけど」 It's marked with a check on the map…”
「ゲホゲホ……この寒さじゃ、この町に “…cough…cough…
 60年住んでいる私でもカゼぎみでね……」 I've been living in this town for 60 years.
「南方の島にお医者さんがいるそうなんだけど “I heard there's a doctor
 この町にも来てくれんかねぇ……ゴホゴホ」 on a Southern island somewhere.
「北の果てに無事たどり着くためには “It's nearly impossible to reach
 地図がなければ不可能に近いんだ」 the Northern limits without a map.”
「北の果てに行くつもりなら “If you're thinkin' 'bout going
 壁にはってある地図をもっていきな」 to the Northern limits,
「おっ、ちゃっかりしてるなあ! “What nerve!
 もう地図をはがしてるんだな」 You already tore down the map.”
「オレは、あの坂をスキーで “I'm thinkin' 'bout
 挑戦してみようと思ってるんだ」 taking that hill on my skis.”
「こんなに急に気温が下がったのは “It's the first time that the temperature
 初めてなんだよ……」 has dipped this low, this fast…”
「北の果てに不思議な光も見えるし “There's also that mysterious light
 これが世界の終末っていうやつかね?」 at the Northern limits, too.
キーアイテム『大氷河の地図』を手にいれた! Received Key Item "Glacier Map"!
   地図を見る {Choice}Look at the Map
   地図をとる {Choice}Take the Map
『英雄の薬』を手にいれた! Received "Hero Drink"!
『ワクチン』を手にいれた!} Received "Vaccine"!
武器屋 Weapon Store
武器屋 Shopkeeper
「目うつりするほど “You'll have a hard time selecting
 イイものがそろっているゾイ!」 from all the good things we have!”
武器屋 Shopkeeper
「フガフガ…… “…smack…mff…
 おお、よう来なさった」 Oh…welcome, glad you came.”
「じぃちゃん起きて! “Grandpa, wake up!
 お客さんだよ!!」} We have a customer!!”
宿屋1階 Icicle Inn Inn, 1F
「今日は、いちだんと寒いねぇ」 “It's colder than usual today…”
「200ギルだが、泊まっていくかい?」 “It's 200 gil , you wanna spend the night?”
    はい {Choice}Yes
    いいえ {Choice}No
宿屋
「お金がたりませんよ」 “You don't have enough money.”
宿屋
「ごゆっくり」 “Enjoy your stay!”
宿屋
「また来て下さいね」 “Please come again.”
「この村の先に超デンジャラスな “You heard about
 坂があるらしいんだけどさ the gnarly hill in this town?
 すべらせてくれないんだ」 They tell me it's off limits!”
「こんな遠くまで来たのに “What luck!
 ついてねぇぜ、まったく!」 We came all this way…crap!”
「あたしたちぃ~ “We came from Costa del Sol to snowboard,
 コスタ・デル・ソルから~ but we're just about to leave!”
 スノボしにきたんだけどぉ~
 もう、帰っちゃうのよ!」
「フゥ、なんだい? “Whew, what is it?
 ヤケドするから近よるんじゃねぇぞ」} Don't get too close, or it'll burn ya.”
宿屋2階 Icicle Inn Inn, 2F
『エクスポーション』を手にいれた! Received "X-Potion"!
パブ Icicle Inn Bar Pub
バーテン Bartender
「なんでも、この村の北の大氷河には “I've heard there's a snow woman
 温泉ぎらいの雪女がいるらしいとか……」 at the Great Glacier
「いやぁ、これは旅人を驚かせるための “But I think it's
 たんなる迷信だと思うんですがね」 just a myth to scare off visitors.”
「セトラって知ってるか?」 “Do you know what a Cetra is?”
「そう、昔この村には “Yeah, a Cetra lived in this town
 セトラの生き残りが住んでいたんだ」 a long time ago.”
「イファルナっていう女の人で “Her name was Ifalna, and
 いろんなことを知ってたんだけどな…」 she knew about a lot of things…”
「彼女はな、神羅に連れられて “I heard she was abducted by the Shinra and
 どこかに行っちゃったらしいんだ」 was taken somewhere.”
「こうも、おかしな事が続くと “With all the strange things
 みんなが町を出ようとする気も happening in the world,
 わかるような気がするよ……」 I kinda understand
「セトラってのは “What were the Cetra?
 え~と、なんてたっけ? Oh yeah, they were
 そうそう、古代種のことだよな」 the same as the Ancients, right?”
「けどな、っていったい “Whadaya mean?”
 どうしたんだよ?」
「神羅と古代種… “Shinra and the Ancients…
 なんか、怪しいニオイがするよな」 I smell somethin' fishy…”
「おれたちも早くこの町を “Maybe we'd better
 出た方がいいかもしれんな」 leave town soon too.”
「いっそ南の島にでも行くか! “Let's go to that island in the South!
 なんてったけな……う~ん?」 What was it called?”
「そうそう、南方の島に “Yeah, yeah, I heard that there's a town
 ミディールっていう町があるらしいぜ」 called Mideel on a southern island.”
「この村の北の大氷河に “I heard some guy went to
 向かったヤツがいるらしいぜ」 the Great Glacier in the North.”
「バカだよな、あの温泉にでも “What an idiot.
 つかりに行くつもりなのかな?」 Is he thinkin' 'bout going to
「どうせ大氷河に迷いこんで “He's probably gonna get lost in
 のたれ死にするにきまってる」 the glacier and freeze to death.”
「どんな重装備でも大氷河の寒さじゃ “No matter how well equipped he is,
 2日ともたないぜ」 out there in that cold on the glacier,
「北へ行くつもりなのか? “You thinkin' of going North?”
   そのつもりだ {Choice}That's my plan
   ちがう {Choice}No
「そうかぁ… “Well…if you're going past this town
 いや、この村より先に行くには you'll need a map.”
 地図でもなければムリだぜ」
「ホルゾフさんの家なら地図が “Maybe there's one left at
 残ってるかもなぁ? Mr. Holzoff's house.
 あの人、登山家だったんだよ」 He used to be a mountain climber.”
「そうかそうか。 “Yeah, we really don't have anything
 ま、何もないところだけど here, but make yourself at home.”
 ゆっくりしていきな」
「ず~っと北に行くと “If you go further North,
 でっかいクレーターがあるらしいんだ。 I heard there's a Huge Crater.”
 大昔に空から何かが “Something huge must've fallen
 降ってきたにちがいないよ!」 from the sky a long time ago!”
「オレの話って “Am I boring you?”
 つまんないのかな~?」
「いらっしゃ~い! “Welcome!
 あなたって強そ~」 You look like a STRONG one…”
「ねぇ、よかったら “If you want,
 話相手になってあげようか?」 I could lend you an ear?”
   ああ {Choice}Yeah
   興味ない {Choice}Not interested
「なによ、ツンとしちゃって “What's with you!?
 感じ悪~い!」 You make me sick!”
「あの人の話の相手 “I got bored
 とってもつまんなかったの」 listening to his stories.”
「へぇ~、そぉなの?」 “Oh yeah?”
「なに見てんだよ!?」 “WHAT YOU LOOKIN' AT!?”
「お前、変なシュミしてるな?」 “You're a real freakazoid,
「キャー!!!」 “Eyaaaaaaaaah!!!”
「入ってま~す」} “I'm still in here!
ガストの家 Gast's House
ビデオを再生しますか? Play the Video?
   はい {Choice}Yes
   いいえ {Choice}No
   (昔の)星の危機について The Original Crisis
   ウェポンとは? What is "Weapon?"
   プライベート Confidential
   見ない Don't watch
   娘の記録・生後10日め Daughter's Record: 10th Day after birth
   娘の記録・生後20日め Daughter's Record: 20th Day after birth
   見ない Don't watch
「では、イファルナさん “Then, Ifalna,
 セトラの話をおねがいします」 please tell us about the Cetra.”
「イファルナさん…… “Tell us, Ifalna…
 ノルズポルという土地はどこにあるのです?」 Where is the land called 'Knowlespole'?”
「イファルナさん “Ifalna,
 星読みとは、どういうことなのですか?」 what exactly does Planet-reading entail?”
「古代種、いやセトラは “Do the Ancients, rather, the Cetra,
 星を治す特別な力を持っているのですか?」 have special powers to heal the Planet?”
「ふむ、北の大空洞に近いこの地に “Hmm, even here so close to
 雪どけの時期がこないのは星の傷に the North Cave,
 エネルギーが集中しているからなのか」 the snow never melts.”
「イファルナさん…… “Ifalna…
 少し休みましょう」 Let's take a break.”
「北の大空洞に現れた、その者とは “Who is the person that appeared
 いったい何者なのですか? at the North Cave?
 まるで見当がつかないのですが」 I haven't any idea.”
「顔色があまりよくない…… “You don't look well…
 今日はこれで終わりにしましょう」 Let's call it a day.”
「カメラは、これでよし!」 “Camera's ready!”
「およそ2000年前 “2000 years ago, our ancestors,
 わたしたちセトラの祖先は the Cetra, heard the cries of
 この星の悲鳴を聞いたそうです」 the Planet.”
「最初に星の大きな傷口を見つけたのは “The first ones to discover
 ノルズポルにいたセトラたちでした」 the Planet's wound were the Cetra
「ノルズボルとは、このあたりのことです。 “Knowlespole refers to this area.
 そしてセトラたちは、星読みを始めました」 The Cetra then began a Planet-reading.”
「……うまく表現できませんけど “…I can't explain it very well, but
 星と対話することなのです……」 it's like having a conversation
「星は空から降ってきた何かと “It said something fell from the sky
 衝突して傷ついたと語ったそうです」 making a large wound.”
「何千人ものセトラが力を合わせました。 “Thousands of Cetra pulled together,
 星の傷をいやそうとしたのです……」 trying to heal the Planet…”
「でも、その傷はあまりにも深く星自身が “But, due to the severity of the wound,
 長い年月をかけて治す他はなかったのです」 it was only able to heal itself
「いえ、そういう力ではありません。 “No, it's not that kind of power.
 星の上にあるもの全ての生命力が The life force of all living things
 エネルギーになるのです」 on this Planet becomes the energy.”
「セトラたちは必要とされる “The Cetra tried desperately to
 エネルギーを絶やさぬために必死で cultivate the land so as not to
 土地を育てようとしたのですが……」 diminish the needed energy…”
「ええ、傷の回復に費やすエネルギーは “Yes, the energy that was needed to
 急速に土地を枯れさせ…そして星は…」 heal the Planet withered away
「星はセトラにノルズポルから “The Planet tried to persuade the Cetra
 離れるようにすすめたそうです…でも」 to leave the Knowlespole, but…”
「だいじょうぶです… “I'm all right…
 セトラたちが…長年親しんだ土地から When the Cetra…were preparing to part
 旅立ちの準備をしていたとき……」 with the land they loved…”
「それが星を傷つけた者です…… “That's when the one who injured the Planet…
 空から来た厄災! or the 'crisis from the sky',
 わたしたちは、そう呼んでいます」 as we call it, came.”
「ウィルスに侵されたセトラたちは “The Cetra were attacked
 心を失い…… by the virus and went mad…
 そしてモンスターと化しました」 transforming into monsters.”
「その時、そのものは現れたのです! “That's when it appeared!”
 その姿は、亡き母の…亡き兄のものでした。 “It looked like…our…our dead mothers
 それぞれに過去の幻影を見せるのです」 …and our dead brothers.
「その者は親しげな顔でセトラたちに “It first approached as a friend,
 近づき…あざむき…そして…… deceived them, and finally…
 ウィルスを…ウィルスを与えたのです」 gave them the virus.”
「その者は、ノルズポルと同じように “Then, just as it had
 別のセトラの部族に近づき……… at the Knowlespole.”
 そしてまた…ウィルスを……」 “It approached other Cetra clans…
「では、イファルナさん “Ifalna,
 ウェポンという名の者の存在について can you comment
 語っていただけますか?」 on the thing called 'Weapon'?”
「では、ウェポンとは “Back then, Weapon was a weapon
 星の意志が生みだした the Planet produced by its own will?”
 兵器ということですか?」
「もう、この星にウェポンは “So, Weapon no longer exists
 存在していないのですか?」 on this Planet?”
「ウェポンが眠っている場所は “Where is Weapon?”
 どこなのですか?」
「……ありがとう、イファルナさん “…Thank you, Ifalna,
 今日は、このくらいで……」 that will be all for today…”
「はい、博士」 “Yes, Professor.”
「ええ、でも… “Yes, but…
 実際にウェポンが使われた歴史がないのです」 There is no record
「少数の生き残ったセトラたちが “A small number of the surviving Cetra
 ジェノバに討ち勝ち、そして封印したのです」 defeated Jenova and confined it.”
「星はウェポンを生みだしました…… “The Planet produced Weapon…
 しかし、使う必要がなくなったのです」 But it was no longer
「ウェポンが消えることはありません。 “Weapon cannot vanish.
 …この星のどこかで眠っているのです」 …It remains asleep
「わたしには、わかりません…… “I don't know…
 星の声は……もう、あまり聞こえないのです」 I can't hear
「時代は……変わりました。 “Times…have changed.
 星は……きっと様子を見ているのだと思います」 The Planet…is probably
「博士がセトラだと誤解した者…… “The one the Professor mistook for
 ジェノバと名づけた者こそが…… a Cetra…was named Jenova.
 空から来た厄災なのです」 That is the 'crisis from the sky'.”
「その空から来た厄災を滅ぼすことを “The Planet knew it had to destroy
 星が意識しはじめました……」 the 'crisis from the sky'…”
「ジェノバが存在するかぎり “You see, as long as Jenova exists,
 星が自身の力で傷を完全に the Planet will never
 治すことができないからなのです」 be able to fully heal itself.”
「ジェノバを封印したといっても “Even though Jenova is confined,
 いつ、よみがえらないともかぎりません……」 it could come back to life
「星の傷は完全に治ってはいないのです。 “The Planet has not
 星はまだ、ジェノバを警戒しています」 fully healed itself yet.
「……… “…
 そう言わないでくださいよ」 Please don't say it that way.”
「ワ、ワタシと……ア、アナタの “It's our lovely daughter,
 とってもカワイイ娘なんですよ!」 both yours…and mine!”
「彼女のすくすくと育っていく姿を “Don't you want to capture
 残しておきたいと思いませんか?」 her childhood on videotape?”
「そんなこと言っちゃダメです! “Never say that!
 ワタシが、アナタとAERITHを I will protect you
 どんなことをしても守ります!!」 and {Aeris} no matter what!!”
「ア、アナタとAERITHは “You and {Aeris} are
 ワタシの宝なんです。 my only treasures.
 何があってもはなしません!!」 I'll never let you go!!”
「もう、いったいダレなんですか!? “Who could that-? I was
 イイところで……」 just about to…”
「!!! あわわ……」 “Damn!!”
「我が家のくつろぎの時間に “How dare they intrude on
 まったく……」 our 'private time' together!”
「宝条くん…… “Hojo…
 どうしてここが?」 How did you know?”
「……新しいサンプル? “A new sample?
 まさか、AERITHを!?」 You don't mean {Aeris}!?”
「くっ……私は神羅とは “That's it!
 手を切ったのだ」 I'm severing all ties
「宝条くん、帰ってくれたまえ」 “Hojo, please leave.”
「イファルナ!」 “Ifalna!”
「だいじょうぶだイファルナ! “Don't worry, Ifalna.
 ワタシは、こんなヤツらには負けない!」 I'll take care of this!”
「イファルナ! “Ifalna!
 AERITHをつれて逃げるんだ!!」 Take {Aeris} and run!!”
「あなた、またビデオ? “Video again?
 この前とったばかりじゃないの!」 You just got through taping!”
「そんなにカワイがってばかりじゃ “If you keep doting on her like that,
 強い子に育たないかもしれない……」 she won't grow up to be strong…”
「AERITHは、普通の子とは違うんだから “{Aeris} is different
 これから、どんな人生が待っているか……」 from the other children.
「あなた…… “I feel so much better now,
 わたし、今とっても幸せよ」 darling.”
「あなたに会わなければ “If I hadn't met you,
 わたし……」 I…”
「クスクス…… “I'll send them away.”
 ええ、そうね」
「は~い、いますぐ!!」 “Yes, at once!!”
「だれかしらね?」 “Who the devil?”
「あ、あなたたちは!!」 “It, it's them!!”
「おねがいAERITHは、関係ないわ! “Please, {Aeris} has nothing
 わたしさえいれば、いいんでしょ?」 to do with it!
「キャー “Eyaaaaaah…
 あなた~!!」 Darling…!!”
「クックックッ……探しましたよ “Heh, heh, heh
 イファルナ……いや、セトラ!」 I've been searching for you, Ifalna…
「それから、本当に久しぶりですね “Long time no see,
 ガスト博士!」 Professor Gast!”
「いやぁ、骨をおりました。 “Believe me, I had to turn over
 あなたたちが、ここにいることぐらい a stone or two to find you.”
 とうにわかってたんですよ」
「でもね……2年間待ちました。 “Two years I waited…
 私は新しいサンプルが That's how much I wanted
 ほしかったんですよ……クックックッ」 this new sample. Ha, ha, ha.”
「ほう、AERITHちゃんですか? “Hmm, {Aeris}?
 いい名前だ……クックックッ」 What a nice name. Ha, ha, ha.”
「私の実験には “I'll need all of you
 あなたたち、みんなが必要なんですよ」 for my experiment.”
「ガスト博士、わかってくれますよね。 “You understand don't you, Professor Gast?
 この星の運命を We can change the future of the Planet!”
 変えることができるんですよ!」
「ムダな抵抗はしないで下さいよ。 “Please don't put up a fight.
 大事なサンプルに I don't want any harm to come
 傷をつけたくないですからね」 to my precious sample.”
「ん? おかしなカメラがあるな。 “Mmm? What a funny looking camera.
 おい、壊してしまえ!」 Guard! Destroy it!”
「ていねいに運ぶんだぞ!! “Be careful with her!!
 クックックッ……」 Ha, ha, ha…”
「な、なにをするんだ博士!?」 “Wh…what are you doing, Professor!?”
「まあいい…… “Oh, and uh…
 子供を忘れるんじゃないぞ!」 don't forget the child!”
「ほう、ビデオか? “Hmm, a video?
 古代種…ウェポン!?」 The Ancients…Weapon!?”
「クックックッ……宝の山だな! “Heh, heh, heh…a mountain of treasure!
 ありがとう博士……クックックッ」 Thank you Professor…Ha, ha, ha”
「ガスト博士、わかってくれますよね。 “You understand don't you, Professor Gast?
 この星の運命を We can change the future of the Planet!”
 変えることができるんですよ!」
「あっ、ビデオをとろうと “Oh, I'm thinking of taping it on video.
 思っているんですよ」
「でも、なんだかビデオの But, the video's not working right…”
 調子が悪くて……」
「いえ、そんなことではないです。 “No, that's not it.
 カワイイわが子をとるんですよ」 I'm going to record my beautiful daughter.”
「ワタシはもう決めてますよ! “I've already decided!
 女の子だったらAERITH If it's a girl, then it'll be {Aeris}.
 これしかありません!」 That's that!”
「でしょ!? “Right!?
 あっ、ビデオのテープがっ…………」 Oh, the video tape…”
「この、眠っている顔が “And when she's sleeping, her face
 また、とてもカワイイ~んです」 …looks like an angel.”
「博士……いえ、あなた “What are you doing, Profes--
 何をしてるの?」 I mean, honey?”
「何をとるの? “What are you going to tape?
 まだ、話していないことが Is there still
 あったかしら?」 something I haven't mentioned?”
「もう、それならビデオより先に “First, we have to figure out her name.
 この子の名前を決めなくちゃ!」 We can take the video later!”
「もう、勝手な人ね…… “You are SO selfish!
 でも、AERITHってイイ名前ね!」 But {Aeris} is a good name!”
「ウフフ……あなたのカタイ頭で “Hee hee…it's a good name,
 考えたにしては上出来じゃないかしら」 considering it came out
『エーテルターボ』を手にいれた!} of that forgetful head of yours!”
『エーテルターボ』を手にいれた! Received "Turbo Ether"!
CLOUD {Cloud}
「う……」 “Ugh…”
CLOUD {Cloud}
「なんとか、飛び越したようだな」 “I guess we're still in one piece.”
CLOUD {Cloud}
「みんな “Everyone
 大丈夫か?」 all right?”
TIFA {Tifa}
「ええ、なんとか」 “Yeah, I guess.”
BARRET {Barret}
「あたりまえだ」 “Of course.”
AERITH {Aeris}
「も~、イヤ」 “I'm sick of this.”
RED XIII {Red XIII}
「耳の中に雪が……」 “…Snow in my ear.”
YUFFIE {Yuffie}
「だ~っ! “God!
 たまんないよっ!」 I can't stand it!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ちと、ずれたかな」 “I'm a little off.”
VINCENT {Vincent}
「ああ、大丈夫だ」 “Yeah, I'm all right.”
CID {Cid}
「やってらんねえぜ まったくよー」 “I'm too old for this!
CLOUD {Cloud}
「いったいどこへ落ちたんだ?」 “So where did we land?”
CLOUD {Cloud}
「あまり、大きなジャンプには “That didn't seem like
 ならなかったようだが……」 such a big jump…”
CLOUD {Cloud}
「まったく、ジャンプを “In fact, it feels like
 できなかったようだ……」 we didn't even jump at all…”
CLOUD {Cloud}
「かなりジャンプできたようだ……」 “We've jumped pretty far…”
「かなり大きく “We've jumped pretty far…”
 ジャンプできたようだ……」
TIFA {Tifa}
「そういえば、地図をもらったわよね? “Well, we've got a map, right?
 □ボタンで Look at the map by pressing
 地図を見ましょうよ」 {!}{Purple}[SWITCH]{!}{White}.”
AERITH {Aeris}
「ねえねえ。 “Hey.
 □ボタンで地図、見ようよ」 Let's take a look at the map.
YUFFIE {Yuffie}
「こういうときこそ地図! “We need the map, okay!?
 □ボタンで広げようよ」 Let's see it with {!}{Purple}[SWITCH]{!}{White}.”
BARRET {Barret}
「おう、あれだ! “Hey, what's that!?
 なにかもらったろ? You just got something, right?
 □ボタンで見ようぜ」 Use {!}{Purple}[SWITCH]{!}{White} to see it.”
RED XIII {Red XIII}
「よし、地図を見よう。 “All right, let's look at the map.
 □ボタンで広げるんでしょ?」 We use {!}{Purple}[SWITCH]{!}{White}, right?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ほな、地図でも見よか。 “Then, let's look at the map.
 ええからはよひろげぇな。 Just push {!}{Purple}[SWITCH]{!}{White}.”
 □ボタンや」
VINCENT {Vincent}
「地図で確認すべきだな。 “We should check it on the map.
 □ボタンで見てくれ」 Press the {!}{Purple}[SWITCH]{!}{White}.”
CID {Cid}
「地図だ、地図! “Quick! The map, the map!
 □ボタンで見てみろよ!」 Look at it with {!}{Purple}[SWITCH]{!}{White}!”
CLOUD {Cloud}
「それにしても、ものすごい寒さだ “It sure is cold.
 あまり長くここにいると We'll freeze
 こごえてしまうな」 if we stay here any longer.”
CLOUD {Cloud}
「ここだけ凍っていないな」 “This is the only place not frozen.”
    さわってみよう {Choice}Touch it
    先を急ごう {Choice}Let's go on
CLOUD {Cloud}
「なるほど、温泉か」 “Hmm, a hot springs.”
「……おかえりください」 “…go.”
「かまわないでください」 “Don't worry about me.”
「あなた方に危害を加える “Now,
 つもりはありません」 I don't want to hurt any of you.”
「もう近寄らないでください」 “And don't come back again.”
「やめてください」 “Please, stop it.”
「いいかげんにしてください」 “Please, that's enough.”
「ああ…… “Yeeew…
 よくもあの汚い温泉にさわった手で You got a lot of nerve trying to
 この私に触れたな」 touch me with the same dirty hands
「おまえたちは許さないぞ」 “I'll never forgive you.”
「ほほほ、身のほどを知りなさい」 “Hah, just remember your place!”
「あら、こりてないのかしら」 “Still don't get it, eh?”
「なんてことに……」 “Why this?”
『アレクサンダー』のマテリアを手にいれた! “Received "Alexander" Materia!
これいじょうマテリアは持てません。 Cannot take on any more Materia.
なにかマテリアをすててください。 Please discard some Materia.
CLOUD {Cloud}
「これを渡るしかなさそうだ……」 “The only way is to cross…”
    しかたがないな {Choice}That's the way it goes…
    その気にならないな {Choice}I don't feel like it
CLOUD {Cloud}
「ジャンプする方向を向いて “Face the direction you want to jump in
 ○ボタンだ」 then press {!}{Purple}[OK]{!}{White}.”
『ついかぎり』のマテリアを手にいれた! Received "Added Cut" Materia! MOVE_D
CLOUD {Cloud}
「なんだかマズそうだな」 “Looks like trouble.”
    つっぱしる {Choice}We're outta here!
    ちょっと待て!} {Choice}Wait a minute!
『ぜんたいか』のマテリアを手にいれた! Received "All" Materia!
『セーフティビット』を手にいれた! Received "Safety Bit"!
『マインドアップ』を手にいれた! Received "Mind Source"!
絶壁のふもと Base of Gaea's Cliff Foot of the Cliff
「オオッ、これは珍しい!!」 “Now, this is a surprise!!”
「人に会ったのは “It's been years since I last
 何年ぶりだろう…… saw anyone up here.”
「おっと失礼! わたしの名は、ホルゾフ。 “Oh, I'm sorry, my name is Holzoff.
 この地に住みついて、もう20年だ」 I've lived here for 20 years.”
「よければ、向こうの部屋で “Do you mind hearing some
 さびしい山男の独り言を聞いてくれんか?」 stories from a lonely climber?”
「立ち話もなんだから “Why don't we go to the next room
 向こうの部屋に行こう」 and sit down.”
「あの絶壁を登りきるには “To climb this cliff,
 登山ルートをよく確認すること」 you must check your route”
「下がった体温を回復させること。 “…And you have to keep
 これらを忘れてはいけないぞ」 your body temperature normal.
「ひと休みしていくかい?」 “Like to rest a little?”
   休む {Choice}Oh yeah
   休まない {Choice}No, thanks
「むちゃをしてはいけないぞ」 “Don't overdo it.”
「気がついたようだな?」 “You awake?”
「きみたちは、大氷河で倒れていたんだ。 “You collapsed at the Great Glacier.
 無事だったのはきせきだな」 It's a miracle you're alive.”
「わたしの名は、ホルゾフ。 “My name is Holzoff.
 この地に住みついて、もう20年だ」 I've been living here 20 years now.”
「これから先、北に向かうつもりなら “If you are planning to head north,
 わたしの話を聞いていきなさい」 you'd better listen to me.”
「絶壁の向こうに “It's dangerous past the cliff
 バリアができて危険だ!」 because of the Barrier!”
「うかつに近づかんほうが “It's better
 けんめいだぞ!!」 not to go anywhere near it!!”
「やはり、絶壁には “You shouldn't go near the cliff unprepared,
 うかつに近づかんほうが it's dangerous!!”
 けんめいだぞ!!」 {!}{Purple}[OK]{!}{White}Confirm route.
【決定ボタン】  登山ルートの確認 {!}{Purple}[SWITCH]{!}{White}Push repeatedly to
 □ボタン   連打で体温回復} {Choice}{Choice} raise body temperature.
絶壁のふもと Base of Gaea's Cliff Foot of the Cliff
ホルゾフ Holzoff
「君たちは絶壁に挑んだ男たちの話を “You ever hear about those who
 聞いたことがあるかい?」 challenged the cliff?”
    はい {Choice}Yeah
    いいえ {Choice}No
「わたしと友人ヤマスキーが初めて “The first time my friend Yamski and I
 絶壁に挑んだのは30年前のことだ」 tried to climb the cliff was 30 years ago.”
「この地には、大昔に何かが空から “There's an old legend that says something
 降ってきたという fell from the sky here a long time ago.”
 言い伝えが残っているんだ」
「どうやら、その時に大地がもりあがって “It's supposed to have pushed the
 できたのがこの絶壁らしい」 land up and formed this cliff.”
「30年前、わたしは友人ヤマスキーと “20 Years ago, Yamski and I braved this cliff
 絶壁の向こうを見るために to see what was on the other side.”
 あのけわしいカベに挑んだ」
「しかし、わたしらは無知すぎた。 “But, we weren't prepared for it.
 ある程度の寒さは予想していたが……」 We never dreamed the temperature
「あの絶壁には、すさまじい寒気が “That cliff has a biting cold wind
 嵐のようにうず巻いているんだ。 that lowers your body temperature.”
 寒気が体温をどんどん奪っていく」
「わたしの下を登っていたヤマスキーは “Yamski was below me.
 自分でザイルを切って……」 He cut his own rope…”
「わたしは、それに…… “…I didn't even notice…”
 気づきもしなかった……」
「以来わたしは、この地に移り “I've lived here ever since…
 絶壁に挑みつづけ、同じ仲間に challenging the cliff
 注意と、ほんの少しの休息を and providing warning
 提供しているんだよ」 and shelter to my fellow climbers.”
「もし、あの絶壁を登るつもりなら “If you're going to climb the cliff,
  注意することが2つある」 you need to take 2 precautions.”
「1つめは “First, check your route…
 雪におおわれて見つけにくくなっている It's hard to find
 登山ルートをよく確認すること」 because of all the snow.”
「2つめは “Second,
 絶壁の途中のタナに着いたら必ず warm yourselves up
 下がった体温を回復させること」 once you get to a ledge.”
「わかったかい?」 “Understand?”
   もう1回説明してほしい {Choice}One more time
   はい {Choice}Yes
「ここに来るまで、かなり体力を “You must be tired coming
 使ったんじゃないのかい? all the way up here…
 少し休んでから出発しなさい」 Better get some rest before you head out.”
「ひと休みしますか?」 “Want to get some rest?”
   休む {Choice}Rest
   休まない {Choice}Don't rest
【決定ボタン】  登山ルートの確認 {!}{Purple}[OK]{!}{White}Confirm route.
 □ボタン   連打で体温回復} {!}{Purple}[SWITCH]{!}{White}Push repeatedly to
【セーブポイント】 [Save Point]
メニューを開いて「セーブ」を選ぶと Access the Menu and select
ゲームの状態を保存できます。 {PURPLE}[SAVE]{WHITE} to save your game.
絶壁のふもと Base of Gaea's Cliff Foot of the Cliff
CLOUD {Cloud}
「俺たちがルートを確保する。 “We'll secure the route.
 あとから来てくれ」 You come up later.”
BARRET {Barret}
「ちょっとよ、考えたんだけど “You know,
 聞いてくれねぇか? I've been thinkin'…”
   なんだ? {Choice}What is it?
   あとにしてくれ {Choice}Save it for later
「……こういう風景を見てるとよう “…Seein' a place like this,
 自然ってやつは makes you realize how awesome
 ホント、すげぇんだなって思うんだ」 nature is.”
「こんなところに住めって言われたら “But, if anyone ever told me to live here,
 オレは、迷わずカンベンしてくれって I'd tell them to…well, you know…”
 答えるぜ……」
「でも、もし住むことになったら “I tell you one thing though,
 きっと、いろいろ工夫して居心地よく If I did have to live here
 しようとすると思うんだ」 I'd change things around 'n' make it better.”
「そんな人間の工夫の “I guess Midgar is the total
 行き着いたところが opposite of this place.”
 …………ミッドガルなのか」
「そんなふうに考えちまうと “When you think of it that way,
 神羅の何もかもが悪いとは the Shinra don't seem so bad…”
 言えなくなっちまう……」
「うぉぉぉおおお!!」 “Uuuuuurrrrrgh!!”
「オレとしたことが、なんてこった! “What the hell am I sayin'!?
 神羅が悪くないだぁ!?」 The Shinra, not bad!?”
BARRET {Barret}
「こんなところに立ってるとよう……」 “Y'know…standing here like this…”
「星はオレたちの味方じゃねえって “Kinda makes you feel like the
 気がしてこねえか?」 Planet's not really with us, y'know?”
「もちろん敵なんかじゃねえけどよ。 “Of course we can't even compete.
 なんつうか、人間なんか I mean…
 相手にしてねえっつうか……」 The Planet don't even notice us humans…”
TIFA {Tifa}
「こんな吹雪なんて、へっちゃらよ! “Gotta keep telling myself
 そうでも言ってないと……もう……」 this blizzard's okay…brr”
RED XIII {Red XIII}
「絶壁のぼりきったら “I wonder what's at the top of that cliff?
 どうなってんのかな? 見たいな~」 Well we shall see…”
YUFFIE {Yuffie}
「う~、こんな寒いところ “Brrrr, I can't take this cold!!”
 もう、たえられない!!」
CID {Cid}
「クッソ~ィ! “Damn!
 空を飛べればよ、絶壁なんて If I was back in the air,
 ヒュ~~ッなのによっ!」 this cliff would be nothing!”
VINCENT {Vincent}
「絶壁の向こうには “I wonder what's on
 何があるのか……」 the other side of that cliff…”
CAIT SITH {Cait Sith}
「これ、ヒミツ情報ですけどな。 “This is secret info, but…
 ルーファウスさんも Rufus's going to arrive here, too.”
 まもなく到着しまっせ」
「もう絶壁には行けないぞ! “Look we can't go to the cliff!
 あきらめるんだ!!」 So just give it up!!”
「メンバーチェンジしますか?」 “Change members?”
    はい {Choice}Yes
    いいえ} {Choice}No
ガイアの絶壁 Gaea's Cliff Gaia Cliff
{CHOICE} Degrees
『守りの指輪』を手にいれた! Received "Protection Ring"!
絶壁内部 Inside of Gaea's Cliff Inside the Cliff
『ジャベリン』を手にいれた! Received "Javelin"!
『リボン』を手にいれた! Received "Ribbon"!
「これいじょうマテリアは持てません。 “You can not take on any more Materia. No materia in this cave.
 なにかマテリアをすててください」 Please discard some Materia.”
絶壁内部 Inside of Gaea's Cliff Inside the Cliff
「岩を落としますか?」 “Push the rock over?”
    落とす {CHOICE}Push
    やめる {CHOICE}No
ガイアの絶壁 Gaea's Cliff Gaia Cliff
CLOUD {Cloud}
「行き止まりだ」 “Dead end.”
   上に進む {Choice}Go up
   下に進む {Choice}Go down
   右に進む {Choice}Go right
   右に進む {Choice}Go right
   下に進む {Choice}Go down
       {Choice}
     度 {Choice} Degrees
{CHOICE}
『エンハンスソード』を手にいれた! Received "Enhance Sword"! Received in GAIIN_4 instead.
絶壁内部 Inside of Gaea's Cliff Inside the Cliff
『スピードアップ』を手にいれた! Received "Speed Source"!
『エリクサー』を手にいれた! Received "Elixir"!
【セーブポイント】 [Save Point]
メニューを開いて「セーブ」を選ぶと Access the Menu and select
ゲームの状態を保存できます。 {PURPLE}[SAVE]{WHITE} to save your game.
絶壁内部 Inside of Gaea's Cliff Inside the Cliff
『エンハンスソード』を手にいれた! Received "Enhance Sword"!
絶壁内部 Inside of Gaea's Cliff Inside the Cliff
『ラストエリクサー』を手にいれた! Received "Megalixir"! Mistranslated as "Last Elixir" in PSX version.
『烈火の腕輪』を手にいれた! Received "Fire Armlet"!
「下の部屋に飛びおりますか?」 “Jump down to the room below?”
   いいえ {CHOICE}No
   はい {CHOICE}Yes
ガイアの絶壁 Gaea's Cliff Gaia Cliff
   上に進む {CHOICE}Go up
   左に進む {CHOICE}Go left
   右に進む {CHOICE}Go right
   上に進む {CHOICE}Go up
   下に進む {CHOICE}Go down
   右下に進む {CHOICE}Go down right
       {CHOICE}
     度 {CHOICE} Degrees
『烈火の腕輪』を手にいれた! Received "Fire Armlet"! Found in GAIIN_5 instead.
『エリクサー』を手にいれた! Received "Elixir"!
絶壁内部 Inside of Gaea's Cliff Inside the Cliff
【セーブポイント】 [Save Point]
メニューを開いて「セーブ」を選ぶと Access the Menu and select
ゲームの状態を保存できます。 {PURPLE}[SAVE]{WHITE} to save your game.
HP/MPが回復した! HP/MP restored!
絶壁内部 Inside of Gaea's Cliff Inside the Cliff
「うっ…… “Ugh…
 うわ~~っ!!」} Errgaahh!!”
ガイアの絶壁 Gaea's Cliff Gaia Cliff