Dialogue Script

Chapter: 31 - Whirlwind Maze, Weapons

Climining Down the Whirlwind Maze, Rufus arriving with the Highwind, Sephiroth Taunting the Party, Jenova DEATH, Red XIII gets the Black Materia, Hojo and Rufus discuss the Reunion, Sephiroth controls Cloud, "When did I join Soldier?", Cloud gives up the Black Materia, The Weapons Awake, Tifa is unconscious in the Lifestream, and remembers finding Cloud

 
FF7 International ScriptFF7 PC English ScriptMissing TranslationNotes
JAPANESE (Intl Ver) PC ENGLISH
クレーター Crater
CLOUD {Cloud}
「大昔にできたクレーターか」 “An old crater…”
CLOUD {Cloud}
「かつて空から何かが落ちてきて “Something fell out of the sky
 ここにぶつかった……」 and crashed down here…”
CLOUD {Cloud}
「星に傷ができたんだ」 “Leaving a scar on the Planet.”
CLOUD {Cloud}
「セフィロスは “Sephiroth took that energy and
 あの大切なエネルギーを奪って is trying to use Meteor.”
 メテオを使おうとしている」
「こんどは、この程度の傷では “Next time
 すまない……」 the wound won't be so small.”
BARRET {Barret}
「ここのスゲエ量のエネルギーは “So all this energy's gathered here
 星の傷を治すために for the Planet to heal itself?”
 集まってるわけか」
TIFA {Tifa}
「この傷を治すために “So the Planet has gathered all
 たくさんのエネルギーが this energy here to heal itself?”
 ここに集まっているのね」
RED XIII {Red XIII}
「星のエネルギーが “The energy of the Planet is
 ここに集まっているんだね」 concentrated here.”
「大昔にできた傷を “It is slowly healing
 長~い時間をかけて治してるんだ」 its old wound.”
YUFFIE {Yuffie}
「……アタシにもわかるよ。 “Even I know what's going on.
 傷を治すためにエネルギーが The energy's bein' gathered here
 集まってきたんだ、ここにさ」 to heal the gash.”
CID {Cid}
「すんげえもんだな。 “Damn, this's somethin'.
 その傷を治したくって It's gathered all that energy
 エネルギーがここに集まってきたんだ」 to try an' heal itself.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「その傷を治そうとして “It's trying to heal its wound
 こんなにたくさんのエネルギーが by gathering all that energy here.”
 集まってるわけでんな」
VINCENT {Vincent}
「傷をいやすためにエネルギーが “It's amassed a vast amount of energy
 大量に集まってきたわけか」 to heal itself.”
「……セ…セフィ…ロスの “…bback…to…Sep…
 も…と……へ…」} …i…roth…”
クレーター Crater
CLOUD {Cloud}
「しかたない……」 “OK, let's go…”
BARRET {Barret}
「あとは、まかせたぜ!」 “The rest is up to you!”
TIFA {Tifa}
「CLOUDまって~!!」 “{Cloud}, wait for me!!”
TIFA {Tifa}
「私も連れていって。 “Please take me with you.
 セフィロスと決着をつけるんでしょ?」 You're going after
「私もセフィロスのせいで “I've lost a lot
 いろいろ……無くしたんだから」 because of Sephiroth too.
「ダメって言わないでね……」 “Don't say no.
「セフィロスと You're going after
 決着をつける時がきたのね」 Sephiroth, aren't you?”
「私もセフィロスのせいで “I've lost a lot
 いろいろ無くしたわ……」 because of Sephiroth.”
「いそぎましょう!」 “Let's go!”
RED XIII {Red XIII}
「みんなを呼びに行ってくるよ」 “I'm going to call everyone.”
CID {Cid}
「ありがたいぜ、ひと休みするか」 “Man, I sure am thankful.
YUFFIE {Yuffie}
「アタシじゃ “Are you saying
 気に入らないってのかい?」 you don't like me?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「みんなを呼びに行きますよって “I'll gather everybody,
 先に行っとくんなはれ」 so you go on ahead.”
VINCENT {Vincent}
「ゆだんするなよ…… “Keep on your guard…
 セフィロスは…… Sephiroth may be near.”
 近くにいるのかもしれない」}
竜巻の迷宮 Whirlwind Maze Tornado Labyrinth
CLOUD {Cloud}
「あれは!!」 “That's…!!!”
CLOUD {Cloud}
「ルーファウスも “Rufus is coming here, too?”
 ここに来るのか?」} The variable, [6][9], that determines this line is also found in GAIA_1, WHITE2, LOSLAKE3, SANDUN_1, ANFRST_2, UUTAI1, COSIN5, COSIN2, GLDGATE, JAIL3, UJUNON3, JUNBIN5, JUNAIR2, FR_E, AND SO ON…
【セーブポイント】 [Save Point]
メニューを開いて「セーブ」を選ぶと Access the Menu and select
ゲームの状態を保存できます。 {PURPLE}[SAVE]{WHITE} to save your game.
『バハムート改』のマテリアを手にいれた! Received "Neo Bahamut" Materia!
「これいじょうマテリアは持てません。 “You cannot take on any more Materia.
 なにかマテリアをすててください」 Please discard some Materia.”
ルーファウス Rufus
「ついに見つけたな」 “So, I finally found you.”
スカーレット Scarlet
「キャハハハハ!」 “Kyaa haa hah.”
スカーレット Scarlet
「キャハハ……」 “Kyaa haa hah.”
「ハハハ……」 “haa hah”
「ハァ……ハァ……」 “haa…hah”
「ほんと、すっごいわね……」 “This is incredible…”
ハイデッカー Heidegger
「まさにプレジデントが “This is the Promised Land
 さがしもとめた約束の地!!」 the President had been searching for!!”
ルーファウス Rufus
「だが、手にいれるのは私だ」 “But, I'll be the one who gets it.”
ルーファウス Rufus
「悪いな、おやじ」 “Sorry, old man.”
宝条 Hojo
「クックックッ……」 “Heh heh heh…”
宝条 Hojo
「あの場所は “That land is no one's.”
 誰のものにもならん」
宝条 Hojo
「……リユニオンの終着点。 “It's where the Reunion will take place…
 ……みんな集まれ、か」 They will all gather here…”
宝条 Hojo
「セフィロス……会えるのかな?」} “I wonder if we'll see…Sephiroth?”
竜巻の迷宮 Whirlwind Maze Tornado Labyrinth
TIFA {Tifa}
「気流がおさまるタイミングを “We need to cross
 見て渡らないと when the wind is calm,
 はじき飛ばされちゃうわ!」 or we'll get swept off!”
「うっ、うわ~っ」 “Wh…who---a”
「…グ……フ……ッ “Uph…Se…phi…roth…”
 ……セフィ…ロ…ス…」}
『エーテル』を手にいれた! Received "Ether"!
『ハイポーション』を手にいれた! Received "Hi-Potion"!
竜巻の迷宮 Whirlwind Maze Tornado Labyrinth
クラウド Inside Whirlwind Maze Cloud
「竜巻の内部3」 Inside the Whirlwind 3
『カイザーナックル』を手にいれた! Received "Kaiser Knuckle"!
竜巻の迷宮 Whirlwind Maze Tornado Labyrinth
クラウド [JP-exclusive Text Entry] Cloud
「大気の壁2」 -||- Atmospheric Wall 2
竜巻の迷宮 Whirlwind Maze Tornado Labyrinth
CLOUD {Cloud}
「セフィローーース!!」 “Sephiroth!!!”
「ここまでだ!」 “This is the end!”
CLOUD {Cloud}
「ジェノバ細胞……」 “Jenova's cells…”
CLOUD {Cloud}
「……我ら?」 “Our…”
CLOUD {Cloud}
「主人は……」 “Master…”
CLOUD {Cloud}
「消えた!?」 “He disappeared!?”
BARRET {Barret}
「黒マテリアは、オレにまかせとけ! “I'll take care of the Black Materia.
 何があっても、ここでじっとしてるからよ」 No matter what happens,
BARRET {Barret}
「逃げちまったのか?」 “He got away?”
TIFA {Tifa}
「近くにいるかもしれない……」 “He might still be nearby…”
RED XIII {Red XIII}
「オイラ何があっても黒マテリアを “I'll protect the Black Materia
 守ってみせるよ!」 no matter what!”
「ここで、じっとしてるから [JP-exclusive text page]
 早くセフィロスを追いかけてよ。 -||-
 安心して、CLOUD!!」 -||-
RED XIII {Red XIII}
「殺気? 何か感じるよ……」 “I feel something…danger?”
CID {Cid}
「オイオイ! “Hey, hey,!
 どうなってんだぁ?」 What's goin' on?”
YUFFIE {Yuffie}
「せっかくヤる気になってたのに!」 “I was just getting into it!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「き、きえてしまうなんて… “Vanished? That can't be!”
 そんなアホな!」
VINCENT {Vincent}
「セフィロスは “Stay on alert.
 いつ現れるのかわからない。 You never know when
 気をぬくなよ」 Sephiroth might appear.”
「……欲しかったのは身体 “What I wanted was a body.
 見、聞き、話し、移動する肉体。 A seeing, hearing, moving body.
 まもなく……終わる」 Soon it will be…over.”
「……フッ “Hmph…
 フフッ……」 Heh, heh…”
「そう、ここまでだ。 “You're right.
 この身体の役目はな」 This is the end of this body's usefulness.”
 我らの役目は黒マテリアを Our purpose is to deliver the Black
 主人のもとへ運ぶこと Materia to our master.
 ジェノバ細胞を持つ者たち…… Those who carry Jenova's cells…
 もちろん……セフィロス Of course…Sephiroth.
 クックックッ…… Heh, heh, heh…
「くらえ!!」 “Take this!!”
「おまえたちは、もう終わりだ…」} “This is the end…for all of you.”
『黒マテリア』を手にいれた! Received "Black Materia"!
『ポイズンリング』を手にいれた! Received "Poison Ring"!
『MPターボ』のマテリアを手にいれた! Received "MP Turbo" Materia!
「これいじょうマテリアは持てません。 “You cannot take on anymore Materia.
 なにかマテリアをすててください」 Please discard some Materia.”
【セーブポイント】 [Save Point]
メニューを開いて「セーブ」を選ぶと Access the Menu and select
ゲームの状態を保存できます。 {PURPLE}[SAVE]{WHITE} to save your game.
竜巻の迷宮 Whirlwind Maze Tornado Labyrinth
クラウド {Barret} Cloud
「竜巻の内部1」 “Are {Cloud} and Inside the Whirlwind 1
BARRET {Barret}
「CLOUDたち “Are {Cloud} and
 だいじょうぶなのかよぅ?」 the others alright?”
BARRET {Barret}
「しかし、なんだよな。 “But what's up with that?
 このちっぽけな黒マテリアが One little piece of Materia,
 星を滅ぼすなんてよ……」 destroying the planet…”
BARRET {Barret}
「な、なんだ?」 “What the…?”
BARRET {Barret}
「おめえら、今の何だよ!」 “The hell was that?”
BARRET {Barret}
「あ、あれっ!?」 “H, huh!?”
BARRET {Barret}
「み、みんなっ!!」 “Hey…guys!”
BARRET {Barret}
「ここ、どこなんだよっ! “Where are we?
 どこ行っちまったんだよっ!」 Where did we end up?”
BARRET {Barret}
「TIFA!!」 “{Tifa}!!”
BARRET {Barret}
「なんか様子が変なんだよ! “Something's weird here!
 真っ暗になっちまって It got pitch black all of a sudden, and
 みんないなくなっちまった!」 everyone disappeared!”
BARRET {Barret}
「お、おう!」 “Yea…yeah!”
「なんだかわからねえが “I don't know what's goin' on,
 とにかく行けばいいんだな!」 but let's just get on with it.”
「ね、みんなが待ってるの! “Everyone's waiting!
 CLOUDが大変なの!」 {Cloud}'s in trouble!”
「おねがい、来て! “Please come.
 私たちを助けて!」 Help us!”
「あっちなの!」 “Over there!”
「ウフフフフ…… “…hee hee hee…
 黒マテリア……」 And remember…”
「……忘れるなよ」 “…the Black Materia!”
 BARRET、ここにいたのね!」 “{Barret}, you're here!
「よかった!! I'm so glad!!”
 RED XIII、ここにいたのね!」 “{Red XIII}, you're here!
「よかった!! I'm so glad!!”
RED XIII {Red XIII}
「ねえ、CLOUDたち “I wonder how {Cloud} and
 だいじょうぶかな……」 the others are?”
RED XIII {Red XIII}
「でもさあ…… “It's hard to believe…
 このちっぽけな黒マテリアが such a small piece of Materia
 星を滅ぼすなんてさ……」 could destroy the Planet.”
RED XIII {Red XIII}
「な、なに!?」 “What the!?”
RED XIII {Red XIII}
「みんな、だいじょうぶ!?」 “Is everyone all right?”
RED XIII {Red XIII}
「どうなっちゃったの?」 “What's going on?”
RED XIII {Red XIII}
「み、みんなっ!!」 “Everyone!!”
RED XIII {Red XIII}
「ここはどこなんだ!? “Where am I!?
 オイラを1人にしないでよっ!」 Don't leave me alone!”
RED XIII {Red XIII}
「TIFA!!」 “{Tifa}!!”
RED XIII {Red XIII}
「なんか様子が変なんだ…… “Something is strange…
 真っ暗になっちゃって Why was it dark all of a sudden
 みんないなくなっちゃうし……」 and where is everybody?”
RED XIII {Red XIII}
「う、うん!」 “R, right!”
「よくわかんないけど “I'm not sure I understand…
 とにかくそっちへ行けばいいんだね!」 but I'll go if you want me to.”
『黒マテリア』を手にいれた! Received Key Item "Black Materia"!
CLOUD {Cloud}
「ジェノバ細胞……」 “Jenova's cells…”
CLOUD {Cloud}
「……なるほどな。 “…hmm.
 そういうわけか」 So that's what this is all about.”
CLOUD {Cloud}
「ジェノバはリユニオンする、か」 “The Jenova Reunion…”
CLOUD {Cloud}
「説明はあとだ。 “I'll explain later.
 今はセフィロスを倒すことだけを Right now, the only thing I'm thinking
 考えるんだ」 about is beating Sephiroth.”
CLOUD {Cloud}
「セフィロスは、いる “He's here.
 本当のセフィロスは The real Sephiroth is
 この奥にいるんだ」 just beyond here.”
CLOUD {Cloud}
「どうしようもなく邪悪で “It's both incredibly wicked and cruel…”
 どうしようもなく残忍……」
「しかし、とほうもなく強い意志を “But it's releasing a powerfully strong will
 この星の傷の奥底から放っている」 from deep within the Planet's wound.”
CLOUD {Cloud}
「……黒マテリアは “…The Black Materia is
 俺たちの手にもどった」 back in our hands.”
CLOUD {Cloud}
「あとはセフィロスを “Now all we have to do is defeat
 倒せばすべてを Sephiroth and that'll be the end of it.”
 終わらせることができるんだ……」
CLOUD {Cloud}
「セフィロスに会いにいく」 “I'm going to face Sephiroth.”
CLOUD {Cloud}
「セフィロスは、この奥にいるんだ」 “Sephiroth is inside.”
CLOUD {Cloud}
「誰にも渡さないでくれ。 “Don't give it to ANYONE.
 たのんだぞ」 I'm counting on you.”
CLOUD {Cloud}
「これを持っていてくれ。 “Hold on to this…
 俺は……自信がない」 I don't trust myself.”
CLOUD {Cloud}
「自信がないんだ……」 “I don't think I can…”
CLOUD {Cloud}
「オレたちは先に行く! “We're going in first!
 みんなは待機していてくれ」 You guys stay and keep watch.”
BARRET {Barret}
「セフィロスか…… “Sephiroth…
 わけのわからねぇヤツだな」 What a damn crazy #*&^%.”
「黒マテリアを “Give the Black Materia to {Barret}?”
   BARRETにあずける {Choice}Yes
   BARRETにあずけない {Choice}No
BARRET {Barret}
「おっと! 責任重大だぜ」 “Damn! The pressure's on now.”
TIFA {Tifa}
「セフィロスじゃない!? “Not Sephiroth!?
 今まで私たちが追ってきたのは You mean all this time
 セフィロスじゃなかったの?」 it wasn't Sephiroth we've been after?”
TIFA {Tifa}
「でもセフィロスは……」 “But Sephiroth is…”
TIFA {Tifa}
「黒マテリアは、この先 “We'd better not
 持って行かないほうがイイわ。 take the Black Materia any further.
 だれかにあずけたらどう?」 Why don't you give it
TIFA {Tifa}
「セフィロスを追いかけましょう!!」 “Let's find Sephiroth!!”
RED XIII {Red XIII}
「どうなってんの、CLOUD? “What's happening, {Cloud}?
 セフィロスじゃなかったよ!」 That wasn't Sephiroth!”
RED XIII {Red XIII}
「気をつけてよCLOUD!」 “{Cloud}, be careful!”
「黒マテリアを “Give the Black Materia to {Red XIII}?”
   RED XIIIにあずける {Choice}Yes
   RED XIIIにあずけない {Choice}No
RED XIII {Red XIII}
「オ、オイラが黒マテリアを? “You want me to take the Black Materia?
 ……うん、わかったよ」 All right, I understand.”
CID {Cid}
「やれやれ…だな」 “Hoo-boy…”
CID {Cid}
「しばらく休ませてくれ」 “Let me catch some shut-eye.”
CID {Cid}
「くっ、黒マテリアなんて “Me and Black Materia just don't mix.”
 オレ様には、にあわねぇよ」
YUFFIE {Yuffie}
「な、なんだよ!? “What!?
 セフィロスじゃなかったってわけ? You mean that wasn't Sephiroth?
 アタシ、こんなバケモノに All that time I was following this
 ついてきたのかい」 …thing?”
YUFFIE {Yuffie}
「いそがなくていいのか? “Shouldn't we hurry?
 本物のセフィロスは The real Sephiroth is still close, right?”
 まだ近くにいるんだろ?」
YUFFIE {Yuffie}
「アタシは黒いマテリアなんて “I don't want anything
 ほしくないよ!」 to do with that Black Materia!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ホンマですかいな!? “You serious!?
 セフィロスやありまへんで!」 That's not Sephiroth!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「いや~な予感がするんですわ!」 “Something feels rea---lly weird here!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「黒マテリアは “No, not the
 カンベンしとくなはれ」 Black Materia, please.”
VINCENT {Vincent}
「セフィロスではなかったのか…?」 “So it wasn't Sephiroth…?”
VINCENT {Vincent}
「セフィロスは “You never know when Sephiroth may show up…
 いつ現れるのかわからない。 so don't let your guard down.”
 気をぬくんじゃないぞ」
VINCENT {Vincent}
「黒マテリア…… “How about if you hold on
 おまえが持っていてはどうだ?」 to the Black Materia?”
VINCENT {Vincent}
「私たちが追ってきたのは “You mean…
 セフィロスではなかったのか…?」} we weren't in pursuit of Sephiroth?”
竜巻の迷宮 Whirlwind Maze Tornado Labyrinth
CLOUD {Cloud}
「……なるほど」 “Hmm…I see,”
CLOUD {Cloud}
「悩むことなんかなかったな」 “Guess I shouldn't have
CLOUD {Cloud}
「TIFA、もうだいじょうぶだ」 “{Tifa}, you'll be alright now.”
CLOUD {Cloud}
「ああ、心配かけたな。 “Yeah, sorry I made you worry.
 謎は解けた」 I solved the mystery.”
CLOUD {Cloud}
「説明はあとだ。 “I'll explain it to you later.
 今はやらなくちゃならないことがある」 I need to do something now.”
TIFA {Tifa}
「そ、そうよね」 “Sure, OK.”
TIFA {Tifa}
「私もちょっと “I think I overdid it a little, too.”
 大騒ぎしすぎちゃった」
TIFA {Tifa}
「ほ、ほんと?」 “Really?”
TIFA {Tifa}
「ど、どういうことなの?」} “What…do you mean?”
TIFA {Tifa}
「ニブルヘイム……」 “Nibelheim…”
BARRET {Barret}
「なんでニブルヘイムなんだよ! “Why Nibelheim!?
 魔晄に酔っちまったのかぁ?」 Are you high on Mako or something?”
RED XIII {Red XIII}
「でも、どうして!? “But, how!?
 夢? まぼろし?」 A dream? An illusion?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「でも、TIFAさん! “But {Tifa}!
 これ、まぼろしとちゃいますか?」 Isn't this an illusion?”
YUFFIE {Yuffie}
「でも、どうしてニブルヘイム? “But why Nibelheim?
 絶対へんだよ、これ!」 This is freaky, REALLY freaky!”
VINCENT {Vincent}
「……なぜだ……幻覚か?」 “Why, is it an illusion?”
CID {Cid}
「どうしてだよっ! “What the hell?
 どうしてニブルヘイムなんだよ!」 Why Nibelheim!?”
CLOUD {Cloud}
「これはセフィロスが “This is an illusion Sephiroth made up.”
 創り出した幻覚さ」
「俺たちを混乱させようと “He's trying to confuse us.”
 しているんだ」
「だいじょうぶ。 “It'll be all right.
 幻覚だとわかっていれば As long as we know it's an illusion,
 何も恐くはない」 there's nothing to be afraid of.”
「さあ、このまま通り抜けよう」 “Come on, let's keep going.”
TIFA {Tifa}
「そうよね……」 “Yeah, you're right…”
TIFA {Tifa}
「あっ!!」 “Look!!”
BARRET {Barret}
「CLOUDじゃねえぞ…… “That ain't {Cloud}…
 誰だ、こいつ?」 The hell is he?”
RED XIII {Red XIII}
「CLOUDがいない…… “{Cloud}'s not here…
 誰だろう……この男」 I wonder who…this is?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「CLOUDさん、変やで “{Cloud}, something's strange here.
 この人、誰や?」 Who is this guy?”
YUFFIE {Yuffie}
「おろ~っ! “Huh---?
 CLOUDがいないよ」 {Cloud}'s not here.”
VINCENT {Vincent}
「……CLOUDではない。 “That's not {Cloud}.
 だれだ、この男は?」 Who is this man?”
CID {Cid}
「CLOUDがいねえじゃねえか……」 “{Cloud}'s not here…”
TIFA {Tifa}
「やめて……セフィロス」 “Stop…Sephiroth.”
CLOUD {Cloud}
「くだらない……」 “This is so stupid…”
BARRET {Barret}
「どうやればここから “How the hell're we gonna get outta here?”
 抜け出せるんだ?」
RED XIII {Red XIII}
「この幻はず~っと続くの? “Is this illusion going to continue forever?
 どうやって抜け出すの?」 How do we get out of it?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「はよう、元の世界にもどりましょ!」 “Come on, we have to hurry back
YUFFIE {Yuffie}
「アタシ、幻覚なんていやだよ。 “I don't want to be in an illusion.
 はやく元の世界に帰ろ!」 Let's get back to the real world!”
VINCENT {Vincent}
「さて……どうやったら “Now, how can we get out of here?”
 ここから抜け出せるのか……」
CID {Cid}
「CLOUDよぅ。 “Hey, {Cloud}.
 早く元の世界にもどろうじゃねえか」 Let's get back to the real world, OK?”
TIFA {Tifa}
「CLOUD…… “{Cloud}…
 これは幻覚なんだから」 It's just an illusion.”
「気にしちゃダメなんだから……」 “Don't worry about it…”
セフィロス Sephiroth
「クハハハハ!」 “Ha, ha, ha, ha!”
TIFA {Tifa}
「なにこれ? どうしたの?」 “What is this? What happened?”
CLOUD {Cloud}
「おちつくんだ、TIFA」 “Calm down, {Tifa}.”
CLOUD {Cloud}
「セフィロスが近くにいるんだ。 “Sephiroth is near.
 何がおこっても不思議じゃない」} Anything could happen.”
ニブルヘイム Nibelheim This location name is also used in the English game.
{Cloud}
「やめてくれーーーーっ!」 Please stoooop! Unused line of Cloud pleading Sephiroth to stop killing the villagers.
Duplicate of Cloud's line.
「お~い! Hey!
 誰かいるのか!?」 Is someone there!?
「手をかしてくれっ!」 Come give me a hand!
ザンガン Zangan
「おっ、あんたか! “Hey it's you!
 あんたは正気なんだろうな?」 You're still sane‚right?”
ザンガン Zangan
「それならこっちに来て “Then come over here
 手伝ってくれ!」 and help me!”
ザンガン Zangan
「俺は家の中を見てくる。 “I'll check this house.
 あんたはこの男をたのむ」 You check that one over there!”
ザンガン Zangan
「おい! “Hey!
 ほかの家の様子はどうだ?」 What about the other houses?”
「か……あ……さ…ん」 Moth...er... Cloud says, "…Sephi…roth" in the NIVL_B1 version.
「……な、なぁ ...H, hey...
 あれ……ほんとうに…… Was... that... really... Photographer says "…Hey‚ ummm… Am I going to die?" in NIVL_B1 version.
 ……セフィ…ロス?」 Sephiroth...?
{Barret}
「おい、だいじょうぶか!!」 Hey, you alright!?
{Barret}
「……って、これは幻だったな」 Damn! This was an illusion.
{Red XIII}
「だ、だいじょうぶか!!」 You all right!?
{Red XIII}
「あ、幻だった……」 We were in an illusion…
{Cait Sith}
「だいじょうぶですか?」 Everyone OK?
{Cait Sith}
「あ……これ、幻でしたな」 Umm…this was an hallucination. Cait Sith doesn't speak with an accent here.
{Yuffie}
「お、おい、アンタ! He…hey, you!
 だいじょ~ぶかよ!?」 You alright!?
{Yuffie}
「あ、幻かぁ! Oh, a dream!
 趣味悪いよね、セフィロスは」 Sephiroth's got bad taste…
{Vincent}
「……だいじょうぶか?」 Are you all right?
{Vincent}
「フム……幻だったな」 Hmm…it was an illusion.
{Cid}
「お、おい、おまえ! He…hey you!
 だいじょうぶかよっ!」 You alright!?
{Cid}
「いけね! Damn!
 こりゃ全部、幻だったな」 This was all an illusion.
{Cloud}
「セフィロス! 聞こえてるんだろ! Sephiroth! I know you're listening!
 おまえが言いたいことはわかった」 I know what you want to say!
{Cloud}
「5年前、ニブルヘイム。 That I wasn't in Nibelheim five
 俺は存在しなかった」 years ago.
「そう言いたいんだな?」 That’s what you want to say, right?
セフィロス Sephiroth
「理解してもらえたようだな」 I see you finally understand.
{Cloud}
「……無意味だ、セフィロス」 ...That’s nonsense, Sephiroth.
「なぜなら俺は覚えている。 I remember it all.
 この炎の熱さをな!」 The heat of the fire!
セフィロス Sephiroth
「さて、それはどうかな? Oh, is that so?
 おまえの記憶はつくりものだからな」 Your memories are fabricated.
「これが真実の過去。 This is the true past.
 真実の中にはおまえなどはいない」 You do not exist in reality.
「おまえが自分の記憶だと All that you think you
 思っているものこそ remember is merely
 すべて幻想なのだ」 an illusion.
セフィロス Sephiroth
「……理解できたかな?」 …Do you understand?
{Cloud}
「理解する気なんかない」 I don't want to understand.
{Cloud}
「が、ひとつ聞きたい。 But, I want to ask you one thing.
 なぜ……こんなことをする?」 Why…why are you doing this?
セフィロス Sephiroth
「クックックッ…… Ha, ha, ha…
 おまえは役に立ったからな。 Because you were useful to me. In the final version he replies "Because I want to bring you back to your real self."
 特別に真実を教えてやるのだ」 I’ll do you a favor and tell you the truth.
セフィロス Sephiroth
「失敗作だと思われた Who would have ever thought a
 おまえが一番役に立つとは……」 failed experiment would prove
「宝条が知ったら so useful?
 悔しがるだろうな」 Hojo would die if he knew.
{Cloud}
「宝条!? Hojo!?
 俺と何の関係がある!」 What does he have to do with me!?
セフィロス Sephiroth
「おまえは5年前……この事件の後 5 years ago... you were constructed Sephiroth's explanation is much shorter in this version.
 宝条によって……創り出されたのだ」 by Hojo... after what happened here.
セフィロス Sephiroth
「クックックッ…… Ha, ha, ha…
 が話したがっているようだ」 It seems that Tifa wishes to speak.
{Tifa}
…… {Cloud}…
 話、聞いちゃダメ……」 Don't listen to him…
{Tifa}
「耳をふさいで! 目を閉じて!」 Cover your ears! Close your eyes!
{Tifa]
「創り出されたなんてウソ」 It’s not true that you were constructed.
「私たちには We have our memories
 あの思い出があるじゃない?」 together, don’t we?
「子供のころ、星空の下……」 Sitting under the stars as kids...
セフィロス Sephiroth
「クックックッ……よ」 Ha, ha, ha… {Tifa}.
「おまえの記憶を再現することも できるのだが……」 I could recreate your memories too, but...
セフィロス Sephiroth
「クックックッ…… Ha, ha, ha…
 都合が悪いそうだ」 You don’t look well.
{Tifa}
……」 {Cloud}...
{Cloud}
「どうしてだ?  What’s wrong, {Tifa}?
{Cloud}
「俺はどんなに自分を見失っても No matter how much I lose sight of myself,
 セフィロスの言葉なんて信じない……」 I’ll never believe Sephiroth’s words...
{Cloud}
「それは…… That’s because...
 がいるからだ」 you’re here, {Tifa}.
{Cloud}
が俺のことを Because you’re telling me I’m
 幼なじみのだと 言ってくれるからなんだ」 your childhood friend, {Cloud}.
{Cloud}
「でも……ちがうのか?」 But... is it true?
Tifa:
「ち、ちがうの、……」 N, not exactly, {Cloud}...
{Cloud}
「何がちがう? Which part isn’t true?
 俺は……誰だ?」 Who... am I?
{Tifa}
「そういう意味じゃないの! I didn’t mean that!
 、落ちついて!」 {Cloud}, calm down!
セフィロス Sephiroth:
…… {Cloud}...
 を責めるな……」 Don’t blame {Tifa}...
セフィロス Sephiroth
「おまえの幼い頃…… Your youth...
 そして少年のころの記憶は all of your childhood memories
 の記憶から創られた……」 were created from {Tifa}’s...
セフィロス Sephiroth
の記憶に登場する The boys that appear in
 少年たち……」 Tifa’s memories...
セフィロス Sephiroth
「それが、 Those, {Cloud}, are
 おまえの少年の日の記憶!」 memories of your youth!
{Tifa}
、しっかりして! {Cloud}, hang in there!
 あなたはお母さんから You know your mother
 生まれたんでしょ!」 gave birth to you!
「人を創り出したりできないわ! I can’t make people!
 記憶なんて簡単に There’s no way it’s that easy to
 出し入れできるわけないじゃない!」 put memories in someone’s head!
「あなたは少し混乱しているだけ。 You’re just a little confused.
 私があとで説明してあげる」 I’ll explain everything later.
「だからおねがい! So, please!
 この幻から出る方法、考えて!」 Think of a way to escape from this illusion!
セフィロス Sephiroth
「ならば、これはどうかな?」 Fine, then, what about this?
【写真をとっている】 “Taking a Picture” Placeholder. This one is not in NIVL_B22. Difficult to make sense of this debug line.
セフィロス Sephiroth
「さて……写真はどうしたかな?」 Well... how did it turn out?
セフィロス Sephiroth
「……これか」 ...There.
セフィロス Sephiroth
「……見るか? ...Do you see it?
 なかなか良くとれている」 It came out nicely.
{Tifa}
……だめ……」 {Cloud}... don’t look...
{Cloud}
「俺は自分の記憶を信じるよ」 I trust my own memories.
【写真です】 “The Picture” Placeholder for photo.
{Cloud}
「……ウソだろ?」 ...It’s not true, is it?
{Cloud}
「ウソだ! こんなのウソだ!!」 You’re lying! It’s not true!! A much more violent reaction from Cloud in this beta version of the scene.
「5年前、俺はソルジャーになって 5 years ago, I became a SOLDIER and
 初めてニブルヘイムに帰った」 returned home to Nibelheim for the first time.
「ソルジャーに……なって?」 Became... a SOLDIER?
「ソルジャー? SOLDIER?
 俺はいつソルジャーになったんだ?」 When did I become a SOLDIER?
{Tifa}
「やめて、!!」 Stop it, {Cloud}!!
{Cloud}
「ソルジャーって How did I become
 どうやってなるんだ?」 a SOLDIER?
{Cloud}
「なぜ……思い出せない?」 Why can’t I... remember?
幻のニブルヘイム Nibelheim
BARRET {Barret}
「おい、だいじょうぶか!!」 “Hey, you alright!?”
BARRET {Barret}
「クソッ! これは幻だったな」 “Damn! This was an illusion.”
RED XIII {Red XIII}
「だ、だいじょうぶか!!」 “You all right!?”
RED XIII {Red XIII}
「あ、幻想の中だった……」 “We were in an illusion…”
CAIT SITH {Cait Sith}
「だいじょうぶですか!?」 “Everyone OK!?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「あ……これ、幻やったんやね」 “Umm…this was a hallucination.”
YUFFIE {Yuffie}
「お、おい、アンタ! “He…hey, you!
 だいじょ~ぶかよ!?」 You alright!?”
YUFFIE {Yuffie}
「あ、マボロシかぁ! “Oh, a dream!
 でも、ちょっと生々しいなぁ」 But it felt so real…”
VINCENT {Vincent}
「……だいじょうぶか?」 “Are you all right?”
VINCENT {Vincent}
「フム……幻想だったな」 “Hmm…it was an illusion.”
CID {Cid}
「お、おい、おまえ! “He…hey you!
 だいじょうぶかよっ!」 You alright!?”
CID {Cid}
「いけね! “Damn!
 こりゃ全部、つくりもんだったな」 This was all made up.”
CLOUD {Cloud}
「セフィロス! 聞こえてるんだろ! “Sephiroth! I know you're listening!
 おまえが言いたいことはわかった!」 I know what you want to say!”
CLOUD {Cloud}
「5年前、ニブルヘイム。 “That I wasn't in Nibelheim five
 そこに俺はいなかった」 years ago.”
「おまえが言いたいのは “That's it, isn't it?”
 そういうことなんだろ?」
セフィロス Sephiroth
「理解してもらえたようだな」 “I see you finally understand.”
CLOUD {Cloud}
「おまえが言いたいことはな。 “What you are trying to say is
 俺を混乱させたいんだろう?」 that you want to confuse me, right?”
「しかし…… “But…even making me see those
 こんなものを見せられても things won't affect me.”
 俺はなんとも思わない」
「なぜなら俺は覚えている。 “I remember it all.
 この炎の熱さを…… The heat of the fire…the pain
 身体の……心の痛みを!」 in my body…and in my heart!”
セフィロス Sephiroth
「さて、それはどうかな?」 “Oh, is that so?”
「おまえは人形…… “You are just a puppet…
 心など持たない…… You have no heart…and cannot
 痛みなど感じない……」 feel any pain…”
「そんなおまえの記憶に “How can there be any meaning in the
 どれほどの意味がある?」 memory of such a being?”
「私が見せた世界が真実の過去。 “What I have shown you is reality.
 幻想をつくりだしたのは……おまえだ」 What you remember,
セフィロス Sephiroth
「……理解できたかな?」 “…Do you understand?”
CLOUD {Cloud}
「理解する気なんかない」 “I don't want to understand.”
CLOUD {Cloud}
「が、ひとつ聞きたい。 “But, I want to ask you one thing.
 なぜ……こんなことをする?」 Why…why are you doing this?”
セフィロス Sephiroth
「クックックッ……」 “Ha, ha, ha…”
「おまえには本来の自分を “I want to take you back to your
 取りもどしてもらいたいのだ」 real self.”
「そしていつかそうしたように “The one who gave me the Black Materia
 黒マテリアを私に……」 that day…”
セフィロス Sephiroth
「それにしても失敗作だと思われた “Who would have ever thought a
 おまえが一番役に立つとは……」 failed experiment would prove
「宝条が知ったら “Hojo would die if he knew.”
 悔しがるだろうな」
CLOUD {Cloud}
「宝条!? “Hojo!?
 俺と何の関係がある!」 What does he have to do with me!?”
セフィロス Sephiroth
「おまえは…… “Five years ago you were…”
 そう、5年前だ」
「ニブルヘイムが炎につつまれた “…constructed by Hojo, piece by piece,
 その後に宝条の手で right after Nibelheim was burnt.”
 創り出されたのだ」
「ジェノバ細胞の “A puppet made up of vibrant
 おどろくべき生命力、能力と Jenova cells, her knowledge,
 魔晄の力が創り出した人形」 and the power of the Mako.”
「セフィロス・コピー・インコンプリート。 “An incomplete Sephiroth-clone.
 ナンバリング無し。 Not even given a number.
 それがおまえの真実」 …That is your reality.”
セフィロス Sephiroth
「クックックッ……」 “Ha, ha, ha…”
TIFA {Tifa}
「CLOUD…… “{Cloud}…
 相手しちゃだめよ……」 Don't listen to him…”
TIFA {Tifa}
「耳をふさぐの! 目を閉じるの!」 “Cover your ears! Close your eyes!”
TIFA {Tifa}
「宝条に創り出された? “All that talk of Hojo
 そんなのウソに決まってるわ」 constructing you is a lie.”
「だって、私たちには “Don't we have our
 あの思い出があるじゃない?」 memories together?”
「子供のころ、星がきれいな夜……」 “Being kids together,
CLOUD {Cloud}
「どうしたんだ、TIFA? “What's wrong, {Tifa}?
 俺は全然気にしてない」 I'm not affected by it.”
「……というか “…I wasn't paying attention to him.”
 途中から聞いていなかった」
セフィロス Sephiroth
「クックックッ…… “Ha, ha, ha…{Tifa}…”
 TIFAよ」
「その言葉とはうらはらに “Why are you so worried
 おまえは何をおびえている?」 and scared by those words?”
「フム……おまえの心を “Hmm…Shall I show everyone
 ここにうつし出して見ようか?」 here what's in your heart?”
セフィロス Sephiroth
「クックックッ…… “Ha, ha, ha…
 都合が悪いそうだ」 You don't look well.”
CLOUD {Cloud}
「……TIFA? “…{Tifa}?
 セフィロスが正しいのか?」 Is Sephiroth right?”
TIFA {Tifa}
「CLOUD……」 “{Cloud}…”
CLOUD {Cloud}
「どうしたんだ、TIFA?」 “What's wrong, {Tifa}?”
CLOUD {Cloud}
「何をそんなに恐れているんだ? “Why are you so scared?
 俺のことならだいじょうぶ」 Don't worry about me.
「俺はどんなに混乱していても “No matter how confused I am,
 セフィロスの言葉なんて信じない」 I'll never believe a word
CLOUD {Cloud}
「たしかに俺は自分自身が “It's true that sometimes
 わからなくなることがある」 I can't figure out who I am.”
「記憶だってあやふやな部分が “There's a lot of things
 たくさんあるんだ」 muddled up in my memories.”
CLOUD {Cloud}
「でも、TIFA」 “But, {Tifa}…”
「TIFAは言ってくれただろ? “You said, 'Long time no see,
 『CLOUD、ひさしぶりね』って」 {Cloud}' right?”
「TIFAのその言葉が “Those words will always
 いつでも俺をささえてくれる」 support me.”
「俺はTIFAの幼なじみなんだ。 “I am the one you grew up with.
 俺はニブルヘイムのCLOUDなんだ」 I'm {Cloud} of Nibelheim.”
「どんなに自分がわからなくなっても “No matter how much I lose
 それだけは真実」 faith in myself,
CLOUD {Cloud}
「だからTIFA…… “That's why you shouldn't be so scared.”
 そんなにおびえないでくれ」 “No matter what anyone else says to me,
「誰のどんな言葉よりも it's your opinion that counts…”
 TIFAのその態度に俺は……」
TIFA {Tifa}
「ち、ちがうの、CLOUD……」 “No, that's not true, {Cloud}…”
CLOUD {Cloud}
「何がちがうんだ? “What's not?
 俺は……TIFAの幼なじみの I'm the same {Cloud} you
 CLOUDじゃないのか?」 grew up with, aren't I?”
TIFA {Tifa}
「そういう意味じゃない…… “That's not what I mean…
 でも、うまく言葉にできない……」 I don't know how to say it…”
「CLOUD、ほんの少しでいいの。 “{Cloud}, I need some time…
 時間を……時間をちょうだい」 Just give me a little time…”
セフィロス Sephiroth
「CLOUD…… “{Cloud}…
 TIFAを責めるな」 Don't blame {Tifa}.”
「私が説明してやろう」
セフィロス Sephiroth
「他人の記憶にあわせて “The ability to change one's looks,
 自分の姿、声、言動を voice, and words, is the power
 変化させるのは of Jenova.”
 ジェノバの能力だ」
「おまえの中のジェノバが “Inside of you, Jenova
 TIFAの記憶にあわせて has merged with {Tifa}'s
 おまえをつくりだした」 memories, creating you.”
セフィロス Sephiroth
「TIFAの記憶に登場する “Out of {Tifa}'s memory…”
 少年たち……」
セフィロス Sephiroth
「その中にはCLOUDという名の “A boy named {Cloud} might've just
 少年がいたのかもしれないな」 been a part of them.”
TIFA {Tifa}
「CLOUD……」 “{Cloud}…”
「今は何も考えないで。 “Please…don't think right now.”
 おねがい……」
セフィロス Sephiroth
「クックックッ…… “Ha, ha, ha…
 考えろ、CLOUD」 Think, {Cloud}!”
「……CLOUD? “…{Cloud}?
 クックックッ……これは失礼。 Ha, ha, ha…Oh, excuse me.
 おまえには名前などなかったな」 You never had a name…”
CLOUD {Cloud}
「だまれ……セフィロス」 “Shut up…Sephiroth.”
セフィロス Sephiroth
「まだわからないのか? “You still don't understand?
 ならば……」 Then…”
セフィロス Sephiroth
「村からニブル山へ出発するとき “Do you remember the picture that we
 写真をとったのを覚えているか?」 took before we headed for
セフィロス Sephiroth
「……TIFA、覚えているな?」 “…{Tifa}, you remember, right?”
セフィロス Sephiroth
「……CLOUDは……知るはずもないか」 “But there is no way
セフィロス Sephiroth
「さて……写真はどうしたかな?」 “Now…what happened to that picture?”
セフィロス Sephiroth
「……これか」 “…Is this it?”
セフィロス Sephiroth
「……見るか? “…Do you want to see it?
 なかなか良くとれている」 It turned out pretty good.”
TIFA {Tifa}
「CLOUD……だめ……」 “{Cloud}…Don't…”
CLOUD {Cloud}
「俺は……写っているはずだ」 “I…should be in the picture.”
「もし、写っていなくても心配ない。 “Even if I'm not in there, no worry.
 ここはセフィロスが創り出した This is just an illusory world
 幻想の世界」 Sephiroth made up.”
【写真です】 {Cloud} “The Picture” Placeholder to show the transition to the photo.
CLOUD {Cloud}
「……やっぱりな」 “…Just as I thought.”
CLOUD {Cloud}
「この写真はニセものなんだ。 “This picture's a fake.
 真実は俺の記憶の中にある」 The truth is in my memory.”
「……5年前、俺はニブルヘイムに帰った。 “…Five years ago, I came back to Nibelheim,
 魔晄炉調査が任務だった。 to inspect the reactor.
 16歳だった」 I was sixteen.”
「村は全然変わっていなかった。 “The town hadn't changed at all.
 俺は何をした? そうだ……」 What did I do? Oh yeah…”
CLOUD {Cloud}
「……ソルジャー・クラス1ST?」 “…SOLDIER, First Class?”
CLOUD {Cloud}
「……ソルジャー? “…SOLDIER?
 俺はいつソルジャーになったんだ?」 When did I enter SOLDIER?”
TIFA {Tifa}
「やめて、CLOUD!!」 “Stop, {Cloud}!!”
CLOUD {Cloud}
「ソルジャーって “How did I join SOLDIER?”
 どうやってなるんだ?」
CLOUD {Cloud}
「なぜ……思い出せない?」 “Why…why can't I remember?”
CLOUD {Cloud}
「俺は……俺は……」 “I'm…I'm…”
CLOUD {Cloud}
「そうか……」 “That's right…”
CLOUD {Cloud}
「……悩むことはなかったな “…I didn't have to worry about it,
 なぜなら俺は……」 because I was…”
TIFA {Tifa}
「……CLOUD?」 “…{Cloud}?”
CLOUD {Cloud}
「行こう、TIFA。 “Let's go, {Tifa}.
 俺は……だいじょうぶだ」 I'm…I'm all right.”
CLOUD {Cloud}
「母さんに会った。 “I saw my mom.
 村の人たちに会った」 I saw the people in town.”
CLOUD {Cloud}
「そう、TIFAの部屋にはいったんだ。 “Yeah, I went to {Tifa}'s room.
 そこで俺は……」 There, I…”
CLOUD {Cloud}
「ピアノを弾いた!」 “I played the piano!”
CLOUD {Cloud}
「タンスをしらべた!」 “I looked in the drawers!”
CLOUD {Cloud}
「TIFAに来た手紙をよんだ!」 “I read the letter addressed
CLOUD {Cloud}
「一泊してからニブル山の魔晄炉へ行った。 “I spent the night and went
 俺ははりきっていた」 to the reactor in Mt. Nibel.
CLOUD {Cloud}
「なぜなら、その任務は “Because that was my first
 ソルジャー・クラス1STになって mission after becoming First Class
 初めての仕事で……」 in SOLDIER.”
BARRET {Barret}
「CLOUD……」 “{Cloud}…”
RED XIII {Red XIII}
「CLOUD……」 “{Cloud}…”
YUFFIE {Yuffie}
「CLOUD……」 “{Cloud}…”
VINCENT {Vincent}
「CLOUD……」 “{Cloud}…”
CAIT SITH {Cait Sith}
「CLOUD……」 “{Cloud}…”
CID {Cid}
「CLOUD……」} “{Cloud}…”
ニブルヘイム Nibelheim
ニブルヘイム Nibelheim
「お~い! Nibelheim The duplicate in the JP file is Zangan's line while the copy in the Eng file is the location name.
 誰かいるのか!?」
「お~い! “He---y!
 誰かいるのか!?」 Is anyone here?”
「手をかしてくれっ!」 “Give me a hand!”
ザンガン Zangan
「おっ、あんたか! “Hey it's you!
 あんたは正気なんだろうな?」 You're still sane, right?”
ザンガン Zangan
「それならこっちに来て “Then come over here and help me!”
 手伝ってくれ!」
ザンガン Zangan
「俺はこの家を見てくる。 “I'll check this house.
 あんたはそっちの家を!」 You check that one over there!”
ザンガン Zangan
「おい!
 ほかの家の様子はどうだ?」 “Hey! What about the other houses?”
「……セフィロ……ス」 “…Sephi…roth”
「……な、なぁ…… “…Hey, ummm…
 おれ、死んじゃうの?」 Am I going to die?”
CLOUD {Cloud}
「ひどい……」 “Terrible…”
「セフィロス…… “Sephiroth…
 ひどすぎる……」 This is too terrible…”
CLOUD {Cloud}
「今度は……なんだ?」 “What's…next?”
TIFA {Tifa}
「もうやめてっ!!」 “Stop it already!!”
BARRET {Barret}
「こりゃひでえ…… “This is bad…
 コレルもな、こうだったぜ」 Just like Corel.”
RED XIII {Red XIII}
「ひどい…… “This is terrible…
 セフィロスがやったの?」 Did Sephiroth do this?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ひどいですなぁ……」 “This is insane…”
YUFFIE {Yuffie}
「うひゃ…… “Wow…
 こんなにスゴイとは I didn't know it was
 思わなかったよ……」 THIS bad…”
VINCENT {Vincent}
「……私が眠っているあいだに “All this happened
 こんなことが……」 while I slept?”
CID {Cid}
「こりゃ、ひでえなぁ……」 “This is terrible…”
CLOUD {Cloud}
「……これは5年前 “…This is what actually
 現実にあった風景だ」 happened five years ago.”
CLOUD {Cloud}
「けれども……」 “But…”
「きっと、あの神羅屋敷から “It's probably not me that
 出てくるのは俺じゃない」 will come out of
「また、くだらない幻覚を “He's going to try and show us another
 見せようって気なんだ」 stupid illusion.”
CLOUD {Cloud}
「ほら……言ったとおりだろ?」 “See…didn't I tell you?”
TIFA {Tifa}
「こんなの……見たくない。 “I don't want to…watch this.
 CLOUD……見ちゃだめよ」 {Cloud}…Don't watch.”
CLOUD {Cloud}
「……どうしたんだ、TIFA? “…What's wrong, {Tifa}?
 さっきも言っただろ?」 I told you before, right?”
 幻だとわかっていれば “As long as we know that it's just an
 何も恐くない」 illusion, there's no need to be scared.”
Eng-exclusive line {Cloud} Cloud's line here exists in NIVL_B12.
-||- “I'm…”
大空洞 Inside Northern Cave Great Crater
[北の大空洞5~1です。バトルロックしています。NOJIMA] NOJIMA Great North Cave 5~1. Battle lock enabled. NOJIMA
スカーレット Scarlet
「すっご~い!」 “Wow!! That's amazing!”
スカーレット Scarlet
「これ、ぜ~んぶマテリアだわ!」 “It's all Materia!!”
ルーファウス Rufus
「外は豊富な魔晄。 “The outside is rich with Mako energy.
 そして中心部はマテリアの宝庫。 The inside is a
 これぞまさに約束の地だな」 treasure trove of Materia.
宝条 Hojo
「約束の地など存在しない。 “There is no such thing
 伝説……言い伝え as the Promised Land.
 ……ばかばかしい」 It's a legend…an old wives tale…
ルーファウス Rufus
「想像していたとおりのものがここにある。 “Everything's as I imagined it to be.
 それで良いではないか?」 Isn't it splendid?”
「そのカタさが “It is that kind of dullness
 二流科学者の限界だな」 that makes you a second-rate scientist.”
ルーファウス Rufus
「どうした!?」 “What's happening?”
スカーレット Scarlet
「壁の中よ! “It's coming from within the wall!
 何か入ってる! 動いてる!」 Something's in there! It's moving!”
宝条 Hojo
「ウェポン……」 “Weapon…”
宝条 Hojo
「……本当にいたのか。 “Then it really does exist…
 信じてはいなかった」 I didn't believe in it.”
ルーファウス Rufus
「なんだというのだ?」 “What does this mean?”
宝条 Hojo
「……ウェポン。 “…Weapon.
 星が生み出すモンスター」 A monster created by the Planet.”
「星の危機にあらわれて “They appear when the Planet's in danger
 すべてを無にする……」 and destroy everything.”
「ガスト博士のレポートには “That's what was stated in
 そう記されていたな」 Professor Gast's report.”
[Empty Entry] Empty in both JP and Eng.
ルーファウス Rufus
「そんなレポートは見たことがない。 “I never saw that report…
 ……どこにある?」 Where is it?”
宝条 Hojo
「ここだ、ここ」 “Here, right here.”
ルーファウス Rufus
「君は隠し事が多いな」 “You keep a lot of things to yourself.”
スカーレット Scarlet
「社長…… “Mr. President…
 なんだかイヤ~な予感がするわ」 I've got a bad feeling about this place…”
ルーファウス Rufus
「フム……一度飛空艇に帰ろうか。 “Hmm…maybe we should
 本格的な調査の準備も必要だしな」 go back to our ship now.”
スカーレット Scarlet
「ちょっと!! “Hey!!!
 どこから来たのよっ!」 Where did you come from?”
CLOUD {Cloud}
「……さあ」 “…Don't know…”
CLOUD {Cloud}
「ここはあんたたちの “This place is going to get rough.”
 手には負えない」
「あとは俺にまかせて “Better leave things to me
 さっさと出て行け」 and get out of here while you still can!!”
ルーファウス Rufus
「……おまえにまかせる? “Leave things to you?
 フッ……良くわからないな」 Hmph…I don't know what you mean.”
CLOUD {Cloud}
「ここはリユニオンの最終地点。 “This is where the Reunion is happening.
 すべてが終わり、また始まる場所」 Where everything begins and ends.”
TIFA {Tifa}
「CLOUD……?」 “{Cloud}?”
BARRET {Barret}
「おう! “Hey!
 助けに来てやったぞ!」 We're here to help you!”
RED XIII {Red XIII}
「来たよ! “I'm here!
 助けに来たよ、CLOUD!」 I'm here to help you, {Cloud}!”
  [Empty Entry] Empty in both JP and Eng.
CLOUD {Cloud}
「ありがとう……BARRET。 “Thanks…{Barret}.
 黒マテリアは?」 Where's the Black Materia?”
CLOUD {Cloud}
「ありがとう……RED XIII。 “Thanks…{Red XIII}.
 黒マテリアは?」 Where's the Black Materia?”
BARRET {Barret}
「だいじょうぶだ。 “It's safe.
 ちゃんと持ってるぜ」 I have it.”
RED XIII {Red XIII}
「だいじょうぶ。 “It's safe.
 しっかり持ってるよ」 I'm holding on to it.”
CLOUD {Cloud}
「ここからは俺がやる。 “I'll take it from here.
 黒マテリアを……俺に」 Give me the…Black Materia.”
BARRET {Barret}
「だいじょうぶか?」 “You alright?”
RED XIII {Red XIII}
「だいじょうぶ? CLOUD」 “Are you all right, {Cloud}?”
BARRET {Barret}
「じゃあ、これ。 “Okay then, here.
 すげえプレッシャーだったぜ」 Had a lot of pressure holding this thing.”
RED XIII {Red XIII}
「それじゃあ、はい。 “Then…here you go.
 これ持ってるの恐かったんだ」 I was a little apprehensive holding this thing.”
CLOUD {Cloud}
「ありがとう。 “Thanks.
 あとは俺が…………やります」 Leave the rest to me.”
CLOUD {Cloud}
「心配かけたけど “Sorry to make you worry,
 もうだいじょうぶです」 but I'm all right now.”
CLOUD {Cloud}
「黒マテリアは俺がちゃんと “I'll make sure that the
 とどけますから」 Black Materia is delivered.”
TIFA {Tifa}
「CLOUD!!」 “{Cloud}!!”
『さあ、黒マテリアを……』 {!}{Red}Come on. The Black Materia…{!}{Red}
「待ってください! もう少しだけ!」 {!}{Gray}Please wait! Just a little longer!!{!}{Gray}
CLOUD {Cloud}
「みんな、今までありがとう。 “Everyone, thanks for everything.
 それに……ごめんなさい」 And…I'm sorry.”
CLOUD {Cloud}
「……ごめんなさい」 “…Sorry.”
CLOUD {Cloud}
「……すいません」 “…Sorry.”
CLOUD {Cloud}
「特にTIFA……さん。 “Especially you, {Tifa}.
 本当にごめんなさい」 I'm really sorry.”
「いろいろ良くしてくれたのに…… “You've been so good to me…
 なんて言ったらいいのか……」 I don't know what to say…”
CLOUD {Cloud}
「俺、CLOUDには “I never lived up to
 なりきれませんでした」 being '{Cloud}'.”
「TIFAさん…… “{Tifa}…
 いつかどこかで本当のCLOUDくんに Maybe one day you'll meet
 会えるといいですね」 the real '{Cloud}'.”
CLOUD {Cloud}
「宝条博士……」 “Professor Hojo…”
宝条 Hojo
「クックックッ…… “Ha,ha,ha…
 素晴らしい……」 this is perfect!!!”
「私の実験がパーフェクトに “It means that my experiment was
 成功したわけだな」 a complete success.”
宝条 Hojo
「おまえ、ナンバーはいくつだ? “What number were you?
 ん? イレズミはどこだ?」 Huh? Where is your tattoo?”
CLOUD {Cloud}
「宝条博士…… “Professor Hojo…
 俺、ナンバー、ありません」 I don't have a number.”
「俺、失敗作だから博士が “You didn't give me one because you said
 ナンバーをくれませんでした」 I was a failed experiment.”
宝条 Hojo
「なんだと!?」 “What?”
宝条 Hojo
「なんということだ…… “What the--?
 失敗作だけがここまで You mean only a failure
 たどりついたというのか……」 made it here?”
CLOUD {Cloud}
「リユニオンが始まってること “I didn't know the 'Reunion' already started.”
 俺、ずっと知りませんでした」
「でも、ここまで来たんです。 “But, here I am.
 セフィロスの望みどおりに And I brought the Black Materia with me
 黒マテリアも持ってきました」 Just as Sephiroth wanted.”
宝条 Hojo
「だまれ、失敗作め……」 “Shut up, miserable failure…”
CLOUD {Cloud}
「博士……ナンバー、ください。 “Professor…please give me a number.
 俺にもナンバーをください……」 Please, Professor…”
CLOUD {Cloud}
「ダメですか……博士?」 “Won't you give me one? …Professor?”
宝条 Hojo
「私が成功とみなした個体が失敗…… “I never dreamed what I thought
 失敗と判定したおまえが was a success…was actually a failure,
 最も優れていたとは……」 and that which I considered a
ルーファウス Rufus
「おまえたちは “What are you guys talking about?”
 何の話をしているのだ?」
:CLOUD・モーション: {Tifa} :CLOUD - Motion:
 たいじのかっこうから逆さまスタンド “You can't hear my voice?” Upside down stand in fetal position This translation came from the context of Cloud's position in TRNAD_52, and which is what he transitions to after flying up in TRNAD_51.
TIFA {Tifa}
「私の声、聞こえないの!?」 “You can't hear my voice?”
TIFA {Tifa}
「だめ、だめよ! “No, don't!!!
 CLOUDを止めて!」 Please! Stop {Cloud}!”
TIFA {Tifa}
「CLOUD!!」 “{Cloud}!!”
宝条 Hojo
「見たか!! セフィロスだぞ! “Did you see it!! It's Sephiroth!
 やはり、ここにいたのだ!」 So he IS here!”
宝条 Hojo
「素晴らしい! “This is perfect!
 ジェノバのリユニオンと Both Jenova's Reunion and Sephiroth's will!”
 セフィロスの意志のちから!」
「ライフストリームに拡散することなく “They won't be diffused
 ここに結集したのだ! into the Lifestream,”
 クァックァックァッ!」 Mwa, haa, ha…”
TIFA {Tifa}
「宝条博士……何がそんなにうれしいの? “What are you so happy about, Professor?
 どういうことかわかってるの……?」 You know what this means, don't you?”
TIFA {Tifa}
「CLOUDは黒マテリアを “{Cloud} has the Black Materia!”
 持っているのよ!」
TIFA {Tifa}
「セフィロスはメテオを呼んでしまうのよ! “Sephiroth is going to summon Meteor!
 みんな、みんな、死んじゃうのよ!」 Every single person is going to die!”
ルーファウス Rufus
「もう、何を言っても遅い…… “Whatever I say now is too little…
 そろそろ、ここから出た方が良さそうだ」 too late. We must evacuate.”
「君たちも一練に来てもらおうか。 “I want you all to come with me.
 いろいろと話が聞きたい」 There's still much more I want to know.”
BARRET {Barret}
「おい! CLOUD! “Yo! {Cloud}!
 やめろっ! やめてくれ!」 Stop! Don't do it!”
RED XIII {Red XIII}
「CLOUD! やめて! やめてよ!」 “{Cloud}, NO!
TIFA {Tifa}
「CLOUDーーーーー!!」} “{Cloud}!!”
大空洞 [Empty Entry] Great Crater With the same original translation as in TRNAD_51 this would have been "Inside Northern Cave".
ルーファウス [Empty Entry]
「あいつは……何者だ?」 -||- Referred to as of course.
ルーファウス Rufus
「あいつは……何者だ?」 “Who…was that?”
宝条 Hojo
「……5年前、セフィロスが死んだ直後に “…He's a Sephiroth-clone I created
 私が創ったセフィロス・コピーのひとつ」 after the real Sephiroth died five years ago.”
「ジェノバ細胞と魔晄、それにくわえて “Jenova cells and Mako, with my
 私の知識、技術、ひらめきが生み出した knowledge and skills, have been
 科学と神秘の生命、セフィロス・コピー」 combined with science and nature
宝条 Hojo
「……失敗作だというのが気に入らないが “…I'm not wild about the failure
 ジェノバのリユニオン仮説は証明された」 part, but the Jenova Reunion Theory
宝条 Hojo
「ジェノバは身体をバラバラにされても “You see, even if Jenova's body is dismembered,
 やがてひとつの場所に集結し再生する。 it will eventually become one again.
 これがジェノバの『リユニオン』だ」 That's what is meant by Jenova's Reunion.”
宝条 Hojo
「リユニオンの始まりを私は待った。 “I have been waiting for the Reunion to start.
 5年がすぎ……コピーたちは動き出した」 Five years have passed, and now the clones
宝条 Hojo
「ミッドガルに保管していたジェノバのところに “I thought the clones would begin
 コピーたちは集まってくるはず……」 to gather at Midgar
「しかし、私のこの予想ははずれた。 “But my predictions were not entirely correct.
 そればかりか神羅ビルのジェノバも Jenova itself began to move away
 移動を始めた」 from the Shinra Building.”
宝条 Hojo
「……私は天才だ、すぐにわかった。 “But being the genius that I am,
 セフィロスの仕業だ」 I soon figured it out.
「セフィロスの意志はライフストリームで “Sephiroth is not just content
 拡散することなく、セフィロス自身として to diffuse his will
 コピーをあやつりはじめたのだ……」 into the Lifestream. He wants
「そうです、それが始まりでした」 “Yes, that was how it got started.”
宝条 Hojo
「コピーたちはどこへ行くのだろう…… “I wondered where the clones were going,
 私にはわからなかった」 but I was never able to figure it out.”
「俺自身にもわかりませんでした」 “I couldn't figure it out either.”
宝条 Hojo
「ただ、わかっていたのは目的地には “The one thing that I did know was that
 セフィロスがいるはず、ということだ」 Sephiroth was at their final destination.”
「俺、セフィロスを “I wasn't pursuing Sephiroth.”
 追っていたんじゃなかったんです」
「セフィロスに呼ばれていたんです」 “I was being summoned by Sephiroth.”
「セフィロスへの怒りと憎しみ。 “All the anger and hatred I bore him,
 それは俺がセフィロスのこと、忘れないようにと made it impossible for me to ever forget him.
 セフィロスがくれたおくりもの……」 That and what he gave me.”
「セフィロス? セフィロス? “Sephiroth? Sephiroth?
 俺、来ました。 I'm here.
 黒マテリア、持ってきました」 And I brought you the Black Materia.”
「姿を……見せてください。 “Show yourself to me.
 どこにいるのですか?」 Where are you?”
「ああ……セフィロス…… “Sephiroth…
 やっと会えましたね」} So we finally meet again.”
大空洞 Great Cave Great Crater
北の大空洞5~3 North Cave 5 -3
TIFA {Tifa}
「CLOUD…」 “{Cloud}…”
「CLOUD…」 “{Cloud}…”
TIFA {Tifa}
「………どうしたらいいかわからなかった。 “I didn't know what to do.
 いつだってそうだった…」 I was always like that…”
「どうしたね?」 “What's the matter?”
CLOUD {Cloud}
「うう………」 “ohhh…”
「………かわいそうに」 “…poor kid.”
CLOUD {Cloud}
「うぁああ………」 “Ooouugh…”
CLOUD {Cloud}
「う……あ……ああ」 “oo…uh…agh”
TIFA {Tifa}
「大丈夫ですか?」 “Are you all right?”
CLOUD {Cloud}
「あ……ぁ……TIFA……?」 “Uh…uh…{Tifa}?”
CLOUD {Cloud}
「TIFA……?」 “{Tifa}?”
CLOUD {Cloud}
「TIFA!」 “{Tifa}!”
TIFA {Tifa}
「……………?」 “…?”
TIFA {Tifa}
「あ、CLOUD!」 “Oh, {Cloud}!”
CLOUD {Cloud}
「その通り。 “That's right.
 俺はCLOUDだ」 I'm {Cloud}.”
TIFA {Tifa}
「ほんとにCLOUDなのね! “Is it really you, {Cloud}?
 こんなところで会えるなんて!」 I never thought I'd find you here!”
CLOUD {Cloud}
「ああ、ひさしぶりだな」 “Yeah, it's been a while.”
TIFA {Tifa}
「でも、どうしたの? “What happened to you?
 具合悪そうだったけど」 You don't look well.”
CLOUD {Cloud}
「……そうか? “Yeah?
 いや、そんなことはない。普通だ」 It's nothing. I'm okay.”
TIFA {Tifa}
「何年ぶりかな?」 “How long has it been?”
CLOUD {Cloud}
「5年ぶりだ」 “Five years.”
TIFA {Tifa}
「…………」 “…”
CLOUD {Cloud}
「どうした?」 “What is it?”
TIFA {Tifa}
「……ほんとうに久しぶりね」 “…it's really been a long time.”
TIFA {Tifa}
「ほんとうは7年ぶりだった」 “Actually, it's been seven years.”
「希望どおりに “You joined SOLDIER but quit after
 ソルジャーになったこと」 the Sephiroth incident, and now
「セフィロスの事件を you're a mercenary…”
 きっかけにやめてしまったこと」 More text pages in JP than in Eng, but no meaning lost.
「何でも屋をやっていること……」
TIFA {Tifa}
「ニブルヘイムを出てからのこと “You told me a lot about what happened
 いろいろ話してくれたけど……」 after you left Nibelheim… ”
TIFA {Tifa}
「でも……」 “But…”
TIFA {Tifa}
「……ちょっと変だな。 “…Something was wrong.
 CLOUDの話してること I felt there was something strange
 少しずつ変だなと思ったの」 about the things you talked about.”
「知ってるはずのこと知らなかったり “All the things you didn't know that you should,
 知らないはずのこと知ってたり……」 And other things
TIFA {Tifa}
「私はいろいろ確かめたかった」 “I wanted to make sure…”
「でも、聞いたら……CLOUD “But then I heard…you were going far away…”
 どこか遠くへ
 行ってしまいそうで……」
TIFA {Tifa}
「それは……いやだった」 “And I didn't want that…”
TIFA {Tifa}
「……どうしたらいいかわからなかった。 “…I didn't know what to do.
 時間が必要だって思ったの」 So, I thought I needed more time.”
「だから、CLOUDに “And that's why I told you about
 アバランチの仕事をしょうかいした。 the AVALANCHE job. I wanted
 そばにいて、よく見ていたかったの」} to be with you and watch you.”