Dialogue Script

Chapter: 32 - Escape from Junon

Barret explaining what Meteor is, Barret and Tifa are to be executed, but is saved by Cait Sith, they try to rescue Tifa, Tifa escape and catfight on the Sister Ray, she is rescued on the Highwind. ALL NPCs at ALL times on the Highwind, Bugen and Tifa

 
FF7 International ScriptFF7 PC English ScriptMissing TranslationNotes
JAPANESE (Intl Ver) PC ENGLISH
TIFA {Tifa}
「…ぶ…しい……」 “…ding…”
 BARRET {Barret}
「あんっ?」 “Huh?”
  TIFA {Tifa}
「まぶしいね……」 “The glare…”
BARRET {Barret}
「しばらくのしんぼうだ。ずっと眠ってたからな」 “You'll be okay soon. You've been
TIFA {Tifa}
「おなか……すいたね……」 “I'm…hungry…”
BARRET {Barret}
「なあ、どうして聞かないんだ?」 “Are you gonna ask?”
CID [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
RED XIII [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
CAIT SITH [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
ヴィンセント [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
YUFFIE [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
BARRET {Barret}
「アイツのことをよ」 “About him?”
CID [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
RED XIII [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
CAIT SITH [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
ヴィンセント [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
YUFFIE [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
TIFA {Tifa}
「…………こわいから」 “…I'm scared.”
BARRET {Barret}
「それなら安心してくれ。 “Don't worry.
 オレもCLOUDが I don't know what happened
 どうなったのかはわからねえ」 to {Cloud} either.”
CID [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
RED XIII [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
CAIT SITH [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
ヴィンセント [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
YUFFIE [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
BARRET {Barret}
「安心してくれってことはないか……」 “Guess I shouldn't tell you not to worry…”
CID [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
RED XIII [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
CAIT SITH [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
ヴィンセント [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
YUFFIE [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
BARRET {Barret}
「他のヤツらもよ “They don't know if he's alright either.”
 無事かどうかさえわからねえんだ」
CID [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
RED XIII [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
CAIT SITH [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
ヴィンセント [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
YUFFIE [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
TIFA {Tifa}
「きっと…… “Is he still…alive?”
 生きているよね」
TIFA {Tifa}
「私……どれくらい眠ってた?」 “How long…was I asleep?”
BARRET {Barret}
「え~と…… “Let's see now…
 あれから7日たってるはずだぜ」 Must've been about 7 days.”
CID [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
RED XIII [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
CAIT SITH [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
ヴィンセント [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
YUFFIE [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
TIFA {Tifa}
「セフィロスは?」 “What about Sephiroth?”
BARRET {Barret}
「まだ復活はしていねえみたいだな。 “It ain't over yet.
 あの大きな光は覚えているか? Remember that huge light,
 北の大空洞の?」 in the Northern Cave?”
CID [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
RED XIII [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
CAIT SITH [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
ヴィンセント [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
YUFFIE [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
BARRET {Barret}
「あの後、クレーターは光の大きな “Well now the crater's surrounded
 バリアでつつまれちまった」 by a huge light barrier.”
「セフィロスはバリアに守られながら “Everyone knows Sephiroth sleeps in there
 あの大穴で眠ってやがるって話だ」 protected by the barrier.”
「オレたちには手も足も出せねえ。 “We can't do a damn thing about it.
 ただ目覚めの時を待つってだけさ」 We just gotta wait till he wakes up.”
CID [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
RED XIII [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
CAIT SITH [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
ヴィンセント [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
YUFFIE [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
BARRET {Barret}
「しかもよ、ウェポンとかいう “On top of that, some huge monster called
 巨大モンスターがあばれてやがる」 Weapon's been on the rampage.”
CID [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
RED XIII [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
CAIT SITH [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
ヴィンセント [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
YUFFIE [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
TIFA {Tifa}
「……ウェポン?」 “…Weapon?”
BARRET {Barret}
「クレーターの底で “Remember that huge monster
 セフィロスのまわりにいたバケモノを with Sephiroth, at
 覚えてるか?」 the bottom of the crater?”
「あれが地上に出てきたんだ。 “Well it's up here now.
 古代に生きていた They say it's some legendary
 伝説の巨獣だって話だぜ」 monster from the past.”
CID [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
RED XIII [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
CAIT SITH [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
ヴィンセント [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
YUFFIE [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
TIFA {Tifa}
「ウェポン……はセフィロスを守っているの?」 “Weapon…is protecting Sephiroth?”
BARRET {Barret}
「わからねえ。 “Dunno.
 でも、とにかくそいつらが現れて But he's been goin' around tearin' stuff up.”
 世界を襲い始めた」
「ルーファウスはそいつと戦ってるのさ。 “Right now that Rufus is fightin' it.
 気にくわねえがたいした奴だよ」 I hate to admit it, but he's got guts.”
CID [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
RED XIII [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
CAIT SITH [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
ヴィンセント [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
YUFFIE [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
BARRET {Barret}
「本当は俺たちが倒してえところだが “We shoulda been the ones to destroy it,
 時間がねえ……」 but there ain't no time…”
CID [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
RED XIII [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
CAIT SITH [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
ヴィンセント [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
YUFFIE [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
TIFA {Tifa}
「時間……」 “Time…”
TIFA {Tifa}
「…… “…
 そう! メテオは?」 Hey! How about Meteor?”
TIFA {Tifa}
「あきらめなくちゃならないのかな?」 “Do we have to give up?”
BARRET {Barret}
「……さあな」 “…Dunno.”
CID [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
RED XIII [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
CAIT SITH [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
ヴィンセント [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
YUFFIE [Useless placeholder, ignore]]
「」 [Useless placeholder, ignore]]
ルーファウス Rufus
「おまえを助けるために “I thought {Cloud} would show up
 CLOUDがあらわれると to save you all…”
 思っていたが……」
「宝条博士もCLOUDを “Professor Hojo wanted to check up
 調べたがっていてな」 on {Cloud}, too.”
TIFA {Tifa}
「CLOUDをどうするつもり!」 “What are you going
ルーファウス Rufus
「セフィロスの分身……か」 “Sephiroth's alter ego…”
ルーファウス Rufus
「メテオを呼んでしまった “Meteor has been summoned…
 今となっては Essentially, it's all but over now.”
 おはらいばこのようだな」
ルーファウス Rufus
「というわけで、おまえたちにも “So, there's no need for you now.”
 もう用はない」
ルーファウス Rufus
「いや、大切な仕事が残っている……かな」 “No, maybe there is an important task for you…”
ハイデッカー Heidegger
「社長! “President!
 処刑の準備がととのいました」 Preparations for the public
BARRET {Barret}
「処刑だぁ!?」 “Execution!?”
[Eng-exclusive Text Page] “What're ya gonna get by executin' us?”
ルーファウス Rufus
「おまえたちはこの事態を “You are to be executed for causing this
 引き起こした者として処刑される」 situation.”
[Eng-exclusive Text Page] “People are ignorant.
-||- They'll feel better as long as
-||- someone is punished.”
BARRET {Barret}
「この野郎をチラッとでもほめたのは “I take back the good things I said
 取り消すぜ」 'bout this damn jackass!”
ルーファウス Rufus
「ま、最後のひとときを楽しむが良い」 “Well, enjoy your last moments together.”
ハイデッカー Heidegger
「腕をしばらせてもらおうか」 “I'll tie your arms now.”
ハイデッカー Heidegger
「こら! まっすぐ進め!」 “Hey! Walk straight!”
スカーレット Scarlet
「みなさんお集まりになった? “Is everyone here?
 この者たちが世界をこんな混乱に落としめた These are the ones who brought this
 張本人たちよ!」 madness to the world!”
BARRET {Barret}
「何だこいつらは?」 “The hell are these people?”
スカーレット Scarlet
「あなたたちのぶざまな死にざまを “We will be broadcasting your miserable
 テレビで全国中継するのよ」 deaths live on national television.”
「スカーレットさん。 “Scarlet, why a public execution
 なぜ今回はこのような公開処刑を?」 in this day and age?”
スカーレット Scarlet
「メテオで混乱した民衆をまとめるには “With the chaos resulting from the Meteor
 誰か一人、悪者をつくるのがベストなのよね」 reports, we desperately need to rally
TIFA {Tifa}
「悪趣味……」 “You make me sick…”
スカーレット Scarlet
「キャハハハハハ!」 “Ha, ha, ha, ha !”
「口には出さないけど “They'll never admit it,
 みんな本当はこういうのが but everyone loves this stuff!”
 大好きなのよ!」
スカーレット Scarlet
「さ、まずはこの娘からよ」 “We'll start with this girl.”
BARRET {Barret}
「やるんならまずオレからやれ!」 “If you've gotta do it…take me first!”
スカーレット Scarlet
「ほらほら、カメラさん、こっち! “Camera, this way!
 こういうお涙ちょうだいしばいが Make sure you get this, the audience
 最高にウケるのよね!」 just eats up tearful goodbyes!”
スカーレット Scarlet
「私の特製ガスルームよ。 “This is my special gas chamber.
 じっくり時間をかけて思う存分苦しんで Take your time and enjoy
 ちょうだいね」 a slow painful death.”
TIFA {Tifa}
「」 “”
スカーレット Scarlet
「なまいきね!!」 “Stuck up ^%$#&!!”
TIFA {Tifa}
「何するのよ!」 “What are you doing!?”
スカーレット Scarlet
「どうしたの? “What'd you do?
 こら! あけなさい!」 Hey! Open it!”
TIFA {Tifa}
「自分でこんな変な場所入れておいて “First you lock me in this weird place,
 今度は出てこいですって? and now you're telling me to come out?
 勝手なこといわないでよ!」 Make up your mind!”
スカーレット Scarlet
「こじあけてやるわ!」 “Don't make me pry it open!”
TIFA {Tifa}
「ガス!!」 “Gas!!”
TIFA {Tifa}
「ガス!!」 “Gas!!”
TIFA {Tifa}
「BARRET助けて!!」 “{Barret}, help!!”
BARRET {Barret}
「息をとめてろ! “Hold your breath!
 少しでも長くガマンするんだ!」 Hold on as long as you can!”
TIFA {Tifa}
「むちゃ言わないで! “Come on!
 とめるって言っても限界があるわ!」 I can't hold on forever!”
手足を動かし、頭を働かせて Move your feet and arms, then use your
何とかイスから脱出しろ head to get out of the chair.
       △ボタン … 【頭】 {Choice}{Choice}{!}{Purple}[MENU]{!}{White}…(Head)
□ボタン … 【右手】  ○ボタン … 【左手】 {!}{Purple}[SWITCH]{!}{White}…(R Arm){!}{Purple}[OK]{!}{White}…(L Arm)
       ×ボタン … 【足】 {Choice}{Choice}{!}{Purple}[CANCEL]{!}{White}…(Legs)
ワンパターンではだめ Try different patterns.
2つの行動を同時に組み合わせろ Try and combine two movements at once.
TIFA {Tifa}
「ガスをとめるボタンは……?」 “Which button stops the gas?”
TIFA {Tifa}
「開いてぇぇぇーーーーー……」 “Open it---”
スカーレット Scarlet
「さ、楽しいショウが始まるわよ。 “Well now, the show's about to begin.
 キャハハハハ!」 Ha, ha, ha !”
  「緊急警報!緊急警報!」 “Emergency! Emergency!”
「ウェポン襲来!総員戦闘配備!」 “Weapon's approaching! Attention all
「うわぁ!ウェポンだ!」 “Oh no! It's Weapon!”
「逃げろ!」 “Run!”
スカーレット Scarlet
「ちょ、ちょっとあなたたち!」 “Hey, hey, all of you!”
スカーレット Scarlet
「ちっくしょう~ “Damn!
 こんないい時に!」 Why now?”
「スカーレットさん、今のお気持ちは?」 “How does it feel now, Scarlet?”
スカーレット Scarlet
「おや、お前は逃げないでいたの? “Hmm, so you didn't run?
 感心感心……なに? 気持ち? I'm impressed. How do I feel?
 今の気持ちねえ……」 Right now…”
スカーレット Scarlet
「ンガーーーッ!」 “Nngaaaaaahhhh!”
BARRET {Barret}
「なにっ?! さいみんガス?」 “Huh!?
兵士 Guard The word is used for SOLDIER also, but could be translated to simply "Soldier".
「くせもの!!」 “Weirdo!!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「助けに来ましたで」 “I'm here to help!”
BARRET {Barret}
「どうしておまえが…… “Why you…
 神羅の人間だろ?」 Ain't you part of Shinra?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「死刑には反対なんです。 “Let's just say I'm against capital punishment.
 この女も嫌いやし。 Besides…I hate this broad.
 さ、はよTIFAさん助けんと」 Come on, we gotta help {Tifa}.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「入口、見張っときますから」 “I'll keep watch at the entrance.”
BARRET {Barret}
「あかないぜ、こりゃ!」 “It won't open!”
BARRET {Barret}
「クッソー!」 “#$*&!”
BARRET {Barret}
「多分別の部屋からガスルームのとびらを “The Gas Room's probably locked from a
 ロックしてるんだ!」 different room!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「しゃあない、作戦チェンジですわ。 “Hmm, we gotta go with a different plan.
 いっぺんこの部屋から出ましょ」 Let's get out of this room first.”
BARRET {Barret}
「TIFA! “{Tifa}!
 かならず助けてやっからな!」 I'll help you, I promise!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「エアポートまで走るで!」 “Let's run to the airport!”
BARRET {Barret}
「エアポートだぁ?」 “The airport?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ええから、ええから」 “Trust me, trust me.”
スカーレット Scarlet
「……ばか……め…… “…Fools…
 もうスイッチは…… I've already pushed
 押しちゃったわよ……」 the switch…”
「ここから先は立入禁止だ」 “You can't pass.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「どこいくねん? “Where you goin'?
 エアポートは逆やで」 The airport's the other way.”
BARRET {Barret}
「しまった! “No!
 ここのカギも閉められた!」 They locked this too!”
スカーレット Scarlet
「おバカさんたちね。 “Fools.
 これでもう、この娘は助けられないわよ」 Now, you can't save the girl.”
スカーレット Scarlet
「キャハハハハハハハ」 “Ha, ha, ha, ha !!”
BARRET {Barret}
「チックしょーー!!」 “Goddammit!!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「むむぅ~、またまた作戦チェンジですな。 “OK, OK time for Plan B.
 エアポートまで走るで!」 Let's run to the airport!”
BARRET {Barret}
「エアポートだぁ? “Why the airport?
 TIFAを放っといて、なんでそんな所へ?」 An' leave {Tifa} there?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ええから、ええから “Trust me, trust me.
 こないなったらイチかバチかや」 We gotta take a chance.”
BARRET {Barret}
「たいへんだぜ!」 “Damn, man!” This line is only uttered if you haven't recruited Yuffie to your party. Barret reacts to Sapphire Weapon rising from the water.
「お急ぎのところすみません! “I know you're in a hurry!
 ちょっとインタビューを……」 But, may have a word…”
BARRET {Barret}
「うるさい!! オレは急いでるんだ!」 “Shu'up!! I'm in a hurry!”
きぃぃーーーーーーーーん…… Kiiiiin…
「大きな声ださないでよ…… “Don't make so much noise.
 アタシよ、アタシ! YUFFIEよ!」 It's me, ME! {Yuffie}!”
BARRET {Barret}
「なんでこんなところに!?」 “The hell you doin' here!?”
YUFFIE {Yuffie}
「説明はあと! “I'll explain later!
 さ、エアポートへ急いで!」 Now we gotta get to the airport!”
ハイデッカー Heidegger
「ウェポンです」 “It's Weapon.”
ルーファウス Rufus
「最近やけに多いな。 “There's been so many attacks
 防げるか?」 lately. Can we handle it?”
ハイデッカー Heidegger
「なんとか。 “I believe so. Your orders?”
 攻撃の許可は?」
ルーファウス Rufus
「聞くまでもない」 “No need to ask.”
ハイデッカー Heidegger
「じまんの大砲を一発くらわせます」 “We'll give it a shot from our big cannon.”
ハイデッカー Heidegger
「全砲門ひらけ!! “Open cannon doors!!
 キャノン砲修正、目標ウェポン!!」 Activate cannon. Target: Weapon!!”
「キャノン砲……」 “The cannon…”
「発射ーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!」 “Fire----!!!”
「準備ととのいました!」 “Ready!”
ルーファウス Rufus
「やったか?」 “Did we get 'em?”
ハイデッカー Heidegger
「おそらく……」 “Seems so…”
「ウェポン接近!」 “Weapon approaching!”
「速度50ノット!」 “Speed, 50 Knots!”
「まっすぐこちらに向かってきます!」 “It's heading right toward us!”
ハイデッカー Heidegger
「ばかな! 確かに命中したはず!」 “It can't be! We hit it dead on!”
ルーファウス Rufus
「キャノン砲は?」 “How about the cannon?”
ハイデッカー Heidegger
「準備に時間がかかります」 “It'll take time to reload.”
ルーファウス Rufus
「それまで通常兵器で時間をかせげ!」 “Then use regular fire power in the meantime!”
ハイデッカー Heidegger
「は! 全砲門開け! “Yes sir! Open all artillery doors!
 目標ウェポン! 陸にあげるなよ!」 Target: Weapon! Don't let it land!”
「速度70ノット!」 “Speed, 70 Knots!”
「ウェポン、なお接近中!!」 “Weapon, closing in!!”
「ダメです!衝突します!」} “Not good! It's attacking!”
BARRET {Barret}
「おい! 本当にこっちでいいのか? “Yo! You sure this is the right way?
 行き止まりだぞ!」 It's a dead end!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「あれぇ? “Uh oh?
 道、まちごうたかな?」 Did I make a wrong turn?”
BARRET {Barret}
「ばっかやろーーー! “You damn cat!
 どうすんだい? What the hell're we gonna do now?
 もうすぐ大勢やってきちまうぜ!」 They all be comin' soon!”
BARRET {Barret}
「最後までもってくれよ……あいぼう!」 “Yo, better watch my back
バババ bababa
a ba
a
ババ akao* ƒ'$ -28Be'{CHOICE} baba
a
a
スカーレット Scarlet
「オニごっこはここまでよ」 “Our little game of hide and seek ends here.”
スカーレット Scarlet
「ガス処刑は無理だったけど “The execution may have been unsuccessful,
 ここから落ちて水面にたたきつけられて but your death by falling and
 死ぬってのもス・テ・キ、かもしれないわね」 crashing into the water below
スカーレット Scarlet
「最後までなまいきね!」 “Stuck up to the end!”
スカーレット Scarlet
「やったわね!」 “How can you!?”
TIFA {Tifa}
「なによ!」 “What!?”
スカーレット Scarlet
「こいつ!!」 “You!!”
TIFA {Tifa}
「お返し!!」 “Pay back!!”
スカーレット Scarlet
「いたいわね」 “That hurts!”
TIFA {Tifa}
「やめてよ!」 “Stop it!”
スカーレット Scarlet
「いいかげんにしなさい!」 “That's enough!”
TIFA {Tifa}
「そっちこそ!!」 “Same to you!!”
○ボタン 和手うち {!}{Purple}[OK]{!}{White}…Slap
TIFA {Tifa}
「さっきからパンパンいたいのよ! “Quit slapping me!
 この年増女!!!! You old $*&^%!!!
 (○ボタンを押せ!)」 (Push {!}{Purple}[OK]{!}{White}!)”
スカーレット Scarlet
「さ、連れていきなさい」 “Take her away.”
スカーレット Scarlet
「キ~~~ッ! “God!
 くやしい!」 I can't stand it!”
スカーレット Scarlet
「何をぼやぼやしているの?! “Why are you still standing there!?
 つかまえて連れていきなさい!」 Catch her and take her away!”
スカーレット Scarlet
「さあ、ねんぐのおさめどきよ “Now it's time to pay up.
 ていこうすると本当に落とすからね」 Calm down or I'll drop you!”
スカーレット Scarlet
「キャハハハハハハ!」 “Kya, ha, ha, ha !”
「はしれ……」 “Run…”
「砲の先に向かって走れ!!」} “Run to the end of the Cannon!!”
ハイウインド Highwind
BARRET {Barret}
「だいじょうぶか?」 “You okay?”
TIFA {Tifa}
「ちょっとホッペタ痛いけどね」 “My cheeks hurt a bit.”
TIFA {Tifa}
「それより、これ、どういうこと?」 “Forget it, what's all this about?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「まぁ、くわしい話はあとで適当に “Well, I'll catch the details later.”
 聞いといてくださいな」
「とにかく飛空艇ハイウインドは “In any case, the airship,
 みなさんのモンですわ」 Highwind, is now yours.”
YUFFIE {Yuffie}
「ハァハァ……ウップ」 “Ha! Ha…urk!”
YUFFIE {Yuffie}
「ハァ……無事で良かったね」 “Well…I'm glad you're safe.”
YUFFIE {Yuffie}
「アタシ…… “I'm going to stay up here a little longer.”
 もすこし、ここにいるから」
YUFFIE {Yuffie}
「……ウップ……海でも空でも “…Urk…I get sick on ships
 船はダメなんだよ、アタシ」-- either in the air or water.”
どこへ連れていってくれるのかな? “I wonder where you're taking me?”
ハイウインド Highwind
 やめる [Empty Entry] Cancel
 グローバルリセット -||- Global Reset
 、リーダーなった -||- became leader
 コレル終了 -||- Corel Complete
 コンドル終了 -||- Condor Complete
 ウェポンカミングスーン -||- Weapon Coming Soon
 飛空艇で語った -||- Cloud has spoken on the airship
 潜水監終了 -||- Submarine Complete
 ロケット終了 -||- Rocket Complete
 ブーゲン・ゲット -||- Bugen Get
 ブーゲン降ろした -||- Bugen Down
 シスターレイムービー -||- Sister Ray Movie
 おかの上でした -||- On top of the hill
BARRET {Barret}
「てめえ、飛空艇が使えるんなら “Dammit! Why didn't ya tell me
 最初っから言えよな!」 you could fly an airship!?”
BARRET {Barret}
「オレはよ…… “I thought…
 TIFAともサヨナラかと思ったぜ」 {Tifa} was gone for good.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「すんませんな~ “Sorry, but I had to do something
 でも、敵をあざむくには to trick the enemy.”
 なんとやら、ですわ」
CAIT SITH {Cait Sith}
「さ! みなさん待ってますから!」 “Come on! Everyone is waiting!”
TIFA {Tifa}
「みんな!? “Everyone?
 みんないるのね!」 Everyone's here?”
BARRET {Barret}
「おい! CID!」 “Yo, {Cid}!”
BARRET {Barret}
「準備ができしだい “When you're ready,
 【コレル魔晄炉】へ出発だ! we're headin' for the {!}{Cyan}Corel Reactor{!}{White}.
 急げよ、リーダーさん!」 C'mon Leader-man, let's hurry.”
YUFFIE {Yuffie}
「CID……パシリ?」 “{Cid}????”
YUFFIE {Yuffie}
「……ウップ…… “…Urk…
 ……負けないぞォ」} …I'm not down yet.”
ハイウインド Highwind
「す、すいません! “Sorry!!
 一度CID艇長とお話を!」 Go speak to Captain {Cid}!”
「仮: [Empty Entry] TRANSLATE THAT ONE KANJI
さんごくろうさまです! [Empty Entry]
「仮: -||-
「TIFAさんごくろうさまです!」 “{Tifa}, thank you for
「CIDさんごくろうさまです!」} “{Cid}, thank you for
「ごくろうさまです! “My hands are full,
 手をはなせないので、このまま失礼します!」 so I'll excuse myself here!”
    飛空艇操作 {Choice}Fly Airship
    雑談でも {Choice}Chew the fat
【決定ボタン】   前へ進む {!}{Purple}[ASSIST]{!}{White} to move ahead
【キャンセルボタン】着陸 {!}{Purple}[CANCEL]{!}{White} to land
【メニューボタン】 ブリッジを呼ぶ {!}{Purple}[MENU]{!}{White} to call the bridge
【方向キー 上】  高度を下げる [Directional button:up] lower altitude
【方向キー 下】  高度を上げる [Directional button:down] raise altitude
【方向キー 左】  左へ! [Directional button:left] move left
【方向キー 右】  右へ! [Directional button:right] move right
【L1ボタン】   左へ! {!}{Purple}[PAGEUP]{!}{White} arc Left
【R1ボタン】   右へ! {!}{Purple}[PAGEDOWN]{!}{White} arc Right
【SELECT】  地図ON/OFF {!}{Purple}[ASSIST]{!}{White} toggle map
【START】   地図ON/OFF {!}{Purple}[START]{!}{White} toggle map
「だいたいこんなカンジになってますね。 “So things have come to this…
 ビャーッと飛びたい時は When you want to take off,
 ブリッジのパイロットに話しかけて下さい」 just tell the pilot on the bridge.”
「…………えっと “…Well…
 えっと、えっと、何話そうかな」 Um, what should I talk about?”
「あ、ボクたちの反乱の話を “Wanna hear
 させてください」 why we rebelled?”
    聞かせて {Choice}Listen
    聞きたくない {Choice}Don't care
「ボクたちハイウインドのクルーは “Working on the Highwind,
 毎日毎日ハイデッカーにコキ使われていました」 we spent every day slaving
「あの人、社長にしかられると “Whenever he got yelled at
 すぐにクルーにやつあたりするんです」 by the President, he'd immediately
「ボクたちは、ず~っとガマンしてました。 “We put up with this all the time,
 なぐられてもなぐられても」 even when he beat us.”
「あこがれのハイウインドのクルーになれたのに “I mean, I finally made it on
 そんなことでやめるのは悔しいですからね」 the crew of the famous Highwind,
「そんなある日……たしか、7日前でしたよね。 “Let's see, it must've been
 北の大空洞行きの任務の時です」 a week ago…it was my shift and
「社長やスカーレット部長といっしょに “Everyone, including the President
 みなさんが乗りこんできたわけです」 and Scarlet, got on.”
「その中に伝説のパイロット “And with them, I saw {Cid},
 CIDさんの姿が!」 a legendary pilot!”
「CIDさんはなつかしそうに “And he was looking around
 船内を見てまわってまして……」 the inside of the ship
「なんとボクたちにも声をかけて “He even talked to us.”
 下さったんです」
「感激! 感激! 感激です。 “I couldn't believe it! I was so impressed!
 ウワサどおりの熱いハートの人でした」 He was every bit as warm-hearted
「CIDさんはハイウインドがあれば “{Cid} said that
 旅が楽になるとおっしゃりました」 if he had the Highwind,
「なんと、星を救う旅だそうですね。 “And now here we are off to save the Planet.
 ホント、感動しちゃいましたよ」 It's true. He really overwhelmed me.”
「それで、ボクたちは “And that's why we decided to help.”
 協力することにしたんです」
「大空洞からジュノンに着いたとき “After the North Cave, we went to Junon,
 ボクは火事だ火事だと騒ぎました」 and I started screaming 'Fire! Fire!'”
「そのどさくさにまぎれてCIDさんと “In the middle of all the commotion,
 ボクたちは船を神羅から盗んだんです」 we stole this ship from the Shinra.”
「これがボクたちの反乱の話です。 “That's how it happened.
 ……上司へのささやかな反乱ですけどね」 Just a minor mutiny against our leaders.”
「でも、BARRETさん、TIFAさんが “But {Barret} and
 ハイデッカーにつかまってしまって……」 you were captured
「7日間、救出のチャンスをうかがって “We waited seven days for a chance
 ついに実行に移しました」 to rescue you guys
「ですから、TIFAさん…… “So thanks to our successful mission, we
 作戦成功、お会いできてうれしいです!」 were able to see you again.”
「長い話、聞いて下さって “I hope I didn't bore you
 ありがとうございました!」 too much with that long story.”
「あれっ? CIDさんってば “Huh? Don't you want
 忘れちゃったんですか? to test my memory on
 あ、ボクが覚えてるかどうか how we met {Cid}?”
 テストしたんですね!」
「雑談なんてとんでもないです! “I'm not just shooting the breeze!
 ボク、ちゃんと仕事してますよ!」 I'm also working!”
「あ、そうそう。 “Oh, yeah, yeah.
 チョコぼうは使ってますか?」 Are you using Chocobos?”
「チョコボをつんで “I mean, just loading them up
 どこかに運ぶだけなんですけどね」 and transporting them.”
「この戦いが終わったら “I wonder what everyone's going to do
 みなさん、どうするんですかね」 when this fight's over?”
「この船……ハイウインドは “I wonder what's gonna happen
 どうなってしまうんでしょうね……」 to the Highwind?”
YUFFIE {Yuffie}
「つぎ、どこ行くの? “Where's the next stop?
 はやく行こう?」 Can't you get there any quicker?”
「それでさ、アタシをパーティーにいれて “{Cloud}, put me in your party,
 船からおろしてよ、ね、CLOUD」 so I can get off this ship.”
YUFFIE {Yuffie}
「チェッ……」 “Hmph!”
「どうしてこんな乗り物なんか “I wonder why anyone would ever
 あるんだよ……」 make an airship like this…”
「はぁ……はぁ……」 “Ugh…ugh…”
YUFFIE {Yuffie}
「なに? どっかついた?」 “What? Are we there?”
「強いウータイのためとはいえ “I know it's all for Wutai,
 アタシ、つらいよ」 But I can't take much more of this.”
YUFFIE {Yuffie}
「CLOUD……はぁ……うっぷ」 “{Cloud}…urp…ugh.”
「アタシ、考えたんだけどさ……フゥ…… “You know, I was thinking…phew…
 どうしてマテリアには魔法とか Why does Materia always have
 戦いの知識ばっかりなんだろうってさ」 something to do with
「きっと、古代種ってのは “I bet the Ancients must've always been fighting.”
 戦ってばかりいたんだよ、きっと」
「大変……ウップ…… “It must've been…ugh…terrible…”
 だったんだろね」
YUFFIE {Yuffie}
「CLOUD……につまってんの?」 “Are you waiting for {Cloud}?”
「空なんか……飛んでるから “He's flying right now, so you can't get him.”
 ダメなんだよ」
「あ、今、アタシを潜水監に “Were you going to force me
 押しこもうって思った?」 into the submarine right now?”
「それはヤメテ! “Quit it!
 行くんなら、アタシ、つれてかないで」 If you want to go, then just leave me behind.”
「……うう。 “…ooooooh.
 何言ってるんだ、アタシ……」 What're you talking about? I…”
YUFFIE {Yuffie}
「パイロット……どんなやつ?」 “What's the pilot like?”
「ゆらさないでくれたら “Tell him {Yuffie} says if he pilots
 あとでYUFFIEちゃんがサインしたげるって the plane smoothly, I'll give him
 伝えて……」 my autograph…”
YUFFIE {Yuffie}
「ミッドガル……行くの?」 “Headed for…Midgar?”
「あ、アタシ、どこでもいい。 “Uh, a, anywhere's fine…I don't care.
 早くおろして」 Just hurry up and land this thing.”
YUFFIE {Yuffie}
「CLOUD……この書類にサインして」 “{Cloud}…sign this.”
CLOUD {Cloud}
「なんだ?」 “What is it?”
YUFFIE {Yuffie}
「戦いが終わったら、マテリアは “It's a contract that says when the war is over,
 ぜ~んぶ、YUFFIEさんのものです」 all the Materia will belong to me.”
「そう書いてある書類。 “It's all in there. Read it
 よく読んで、サイン、たのむよ」 carefully and then sign it, all right?”
CLOUD {Cloud}
「……だめだ。 “Forget it,
 書類は読まない」 I'm not even gonna read it.”
CLOUD {Cloud}
「字を読むと気分が悪くなる。 “Whenever I read,
 船酔いがひどくなるからな」 I get airsick.”
YUFFIE {Yuffie}
「はぅ……」 “Oh yeah?”
「それ、よくわかるから “I'm the same way, so I can't say too much.”
 何も言えないよ……」
「クソッ……作戦失敗。 “Damn! My plan failed.
 あとでRED XIII、からかって Let's pick on {Red XIII} later
 ……ウサばらし、しちゃお」 to let off steam.”
[Empty Entry] This one is VERY interesting. This is the empty text entry that appears if you leave the conference room during Cloud's speech. Press the ok button and you'll instantly be transported to FSHIP_5.
YUFFIE {Yuffie}
「はぅ……」 “Huh?”
「あんたにはわかんないだろ? “How would you even know?
 この船酔い……乗り物酔いのつらさ……」 You don't know how tough
「たのむから……ほっといて」 “So, please…just leave me alone.”
CLOUD {Cloud}
「……よくわかるよ、YUFFIE。 “I really do understand, {Yuffie}.
 俺の乗り物酔いもスジガネ入りだ」 When I get sick on a flight, it's a real killer.”
「自分がソルジャーだと思っていた時は “When I was in SOLDIER,
 すっかり忘れていたけどな」 I completely forgot about my motion sickness.”
YUFFIE {Yuffie}
「おろ~……」 “Oh…”
YUFFIE {Yuffie}
「ね、なんとか酔わない方法って “Isn't there any way to prevent this?”
 ないのかな?」
CLOUD {Cloud}
「俺の研究によると……」 “Well, according to my research…”
CLOUD {Cloud}
「まず、緊張していると “First off, if you're nervous a lot,
 酔わないな」 you won't get sick.”
「しかし、常に緊張している “But you can't always be nervous.”
 わけにもいかない」
CLOUD {Cloud}
「こういう広い場所がある乗り物では “With this much space, your best
 動き回るのが良い方法だ」 bet is to move around
「その場で身体を動かすのも “It also might be a good idea to
 いいだろうな」 stretch sometimes, too.”
CLOUD {Cloud}
「でも、兵士はトラックでの移動が “But in SOLDIER, we spent
 多かったからな」 a lot of time in trucks.”
「あれは最悪だった……」 “That sucked!”
CLOUD {Cloud}
「ああ、それから絶対に乗り物の中で “And there's one thing you mustn't do
 してはいけないことがある」 when riding.”
「それは……」 “And that is…”
CLOUD {Cloud}
「字を読むこと!」 “Read!”
YUFFIE {Yuffie}
「字を読むこと!」 “Read!”
CLOUD {Cloud}
「まあ、一度酔ってしまったら “Once you get sick, there's nothing
 何をやってもどうしようもない……」 anyone can do.”
「つらいところだよな……」 “I know it's tough…”
YUFFIE {Yuffie}
「あ、でも仲間がいるから “…So you’re a little better off
 ちょっとだけ、元気でたよ」 than me.”
「気分は……はぅ……だけどね」} “But I don't feel…well.”
ハイウインド Highwind
「良いチョコボですね~」 “That's a good Chocobo.”
「さびしいです…… “I'm bored…
 チョコボのせてください……」 I want to ride a Chocobo.”
   どうやって? {Choice}How do I?
   そのうちに {Choice}Later
「はぁ……」 “Whew…”
「はい、それはですね “Listen…you gotta ride in on a
 自分で育てたチョコボにのったまま Chocobo you've raised yourself.”
 ハイウインドにのりこむんです」
「そうすれば、このチョコぼうに “Then, if you bring your Chocobo to
 チョコボが入ってくるんです。 this stable, you can let it rest
 はい、世話は私におまかせください」 “I'll take care of it for you.”
「え? チョコボの育て方? “What? How do you raise a Chocobo?
 う~ん、それは私もよく知りません」 Can't say I know much about that.”
「チョコボ育てのことなら “If you want to know about raising Chocobo,
 ミッドガル近くの【グリン&グリングリン牧場】 there's a {!}{Cyan}Chocobo ranch{!}{White} near Midgar.
 話を聞けばOKだと思いますよ」} You should ask them.”
「とりあえずワールドマップへ」 Anyhow,
    いくです I'm going to the World Map
    いかないです I'm not goin'
ハイウインド Highwind
CID {Cid}
「ようこそ、オレ様の飛空艇 “Welcome to my airship-the Highwind!”
 ハイウインドへ!」
CID {Cid}
「どうしたい! “What's wrong!?
 もちっと感激しろい!」 You should be more excited than that!”
RED XIII {Red XIII}
「CID……」 “{Cid}…”
CID {Cid}
「おう……」 “Yeah…”
TIFA {Tifa}
「メンバー……足りないね」 “Not enough crew.”
RED XIII {Red XIII}
「CLOUDがいないとダメかい?」 “Do you think we aren't strong
「オイラたちだけじゃ enough without {Cloud}?”
 星を救えないのかな?」 “Do you think we can't save
TIFA {Tifa}
「メテオがせまってきて “Meteor is coming,
 ウェポンが暴れていて……」 and Weapon is on the rampage…”
「そんな時に “At a time like this,
 何をすればいいのかなんて I don't know what I'm supposed to do.”
 私にはわからない……」
TIFA {Tifa}
「もう、わからない……」 “No idea at all…”
BARRET {Barret}
「何言ってんだ、TIFA! “Get a hold of yourself, {Tifa}!
 いっしょに考えようぜ!」 C'mon, let's think about this!”
「オレたちが乗っちまった列車は “No way we can get offa
 途中下車はできねえぜ!」 this train we're on!”
TIFA {Tifa}
「……CLOUDがいれば “If only {Cloud} was here,
 全部解決するような気がする」 everything would be fine.”
TIFA {Tifa}
「CLOUDがね……」 “{Cloud} would…”
「いつもそうしていたみたいに “…stand that cocky little way he
 ちょっと気取ったポーズで did, and tell us what to do.”
 言ってくれるの」
TIFA {Tifa}
「だいじょうぶだよ、TIFAって」 “He'd say, 'Everything's
BARRET {Barret}
「TIFA! いつからそんなに “{Tifa}!
 弱い女になったんだよ!」 When'd you become such a wimp!”
TIFA {Tifa}
「ゴメン、BARRET」 “I'm sorry, {Barret}.”
「私もちょっとびっくり。 “I'm so depressed,
 がっかりだね」 I'm surprised at myself.”
RED XIII {Red XIII}
「それにTIFA……オイラたちが “And {Tifa}…the reason why we all
 CLOUDだと思ってたのは……」 thought it was {Cloud}
TIFA {Tifa}
「……わかってる」 “I know.”
「だから確かめたいの。 “That's why I want to make sure.
 もう一度会いたいの」 That's why I have to see him again.”
CID {Cid}
「オレ様はアイツのことは “I want you to know
 キライじゃなかったぜ」 I didn't dislike him.”
CID {Cid}
「変なヤツだったけどな」 “I gotta admit he was a strange dude.”
「カッコつけてるかと思えば “Just when you thought he was cool,
 間の抜けたこともする」 he'd do some damn fool thing.”
「やたら物知りなヤツだと思えば “Then when you thought he was smart,
 あたりまえのことも知らない」 he'd show how stupid he was.”
CID {Cid}
「動き方も話し方も “Everything about him from his movements
 なんかチグハグなんだよな」 to his speech were kinda odd.”
「今にして思えば “Knowin' what I do now,
 ああ、なるほどってやつだけどよ」 I can see why he was that way.”
「ま、生きてりゃそのうち会えるさ。 “Well, as long as you stay alive,
 元気だせ、ネエちゃん」 you just might see him again someday.
TIFA {Tifa}
「……会えるよね」 “…I'll be able to see him someday.”
CID {Cid}
「ツンツン頭のい場所さえわかれば “If we can find out where he is,
 このハイウインドでひとっ飛びよ」 the Highwind'll get us there in no time.”
RED XIII {Red XIII}
「……もしかしたら」 “Maybe…”
RED XIII {Red XIII}
「北のクレーターの奥底で地面がくずれて “{Cloud} is still stuck deep in
 CLOUDはそのまま……」 the North Crater,
RED XIII {Red XIII}
「さらに地中の奥深く……」 “Buried in the depths of the underground…”
TIFA {Tifa}
「地中の奥深く……ライフストリーム?」 “Deep within the earth…are you
RED XIII {Red XIII}
「そのライフストリームが海底スレスレを “The Lifestream sometimes gushes
 通っていてときどき地上に吹き出す」 out from cracks in the ocean
「そんな場所があるって話を “I heard about such a place.”
 聞いたことがあるんだ」
RED XIII {Red XIII}
「もし、もし、もしかしたら “Maybe, just maybe {Cloud}'s…”
 CLOUDも……」
見習いパイロット(LV3) Pilot in training (LV3)
「あわわわわ! “Yaaaaahh!
 話しかけないでくださいっ!」 Don't talk to me right now!”
「しっかりしろい!」 “Get a hold of yourself!”
見習いパイロット(LV3) Pilot in training (LV3)
「あわわわわ! “Waaaaah!
 CID艇長~!」 Captain {Cid}!”
CID {Cid}
「ネエちゃん、すまねえが “{Tifa}, sorry, but
 オレ様はコイツに着陸の仕方を I've gotta show this moron
 しこまなくちゃなんねえんだ」 how to land the ship.”
CID {Cid}
「な~に、すぐに終わっからよ」 “Don't worry, it'll be done in a minute.”
CID {Cid}
「そうだ、ネエちゃん」 “Oh, and {Tifa}…”
「ま、目的はなんにせよ “No matter what your goal is,
 準備が必要だろ?」 you've got to be prepared.”
「OPERATIONって部屋で “Go to the Operation room
 ちょこっと準備してこいよ」 and get ready.”
CID {Cid}
「OPERATIONって部屋に “I put a lot of things for
 いろいろ用意してあっからよ you in the Operation room,
 ちょこっと準備してこいよ」 so go get ready.”
CID {Cid}
「おっし! “OK!
 ガーッと飛びたいときはよ You just signal when you're
 こいつに指示してやってくれ」 ready to fly full speed.”
見習いパイロット(LV4) Pilot in training (LV4)
「あわわわ! いくですか? “Eagggghh! Are we going?”
    いく We're going
    いかない We're staying put
見習いパイロット(LV4) Pilot in training (LV4)
「あわわわ! いくで~す!」} “Eagggggh! We're off!”
Cid {Cid}
「ま、人生いろいろだ~なぁ」 “Well, it takes all kinds.”
Barret {Barret}
「さ~て、どうするよっ! “What're we gonna do now!
 オレたちに出来ることはなんだ?」 What can WE do?”
Barret {Barret}
「ん~っ? “Huh?
 なんかねえのか?」 Ain't there nothin' we can do?”
「Cloudの回復を待つなんてのは “An' don' go tellin' us to
 ナシにしてくれよな」 wait for {Cloud} to get better.”
Cait Sith {Cait Sith}
「あの~、情報あるんですけど」 “Oh, I've got some news.”
Barret {Barret}
「おう! 逆スパイか?」 “Yeah, what!? That you a spy?”
Cait Sith {Cait Sith}
「はぁ…… “Yeah…
 もう、開きなおりましたわ」 I've already told you I was.”
Cait Sith {Cait Sith}
「ガハハハとキャハハのふたりが “Both Gya ha ha and Kya ha ha
 なんや、やらかすようです」 are up to something.”
「盗み聞きでも、しましょか」 “Wanna eavesdrop?”
会議室 Conference Room
ルーファウス Rufus
「さて…… “Now then…
 我々はふたつの課題を抱えている」 We're faced with two issues.”
「1 メテオの破壊 “1 Destroy Meteor.
 2 北の大空洞のバリアを取り除き 2 Remove the barrier around North Cave
   セフィロスを倒す      」 and defeat Sephiroth.”
「何か作戦は?」 “Any ideas?”
ルーファウス Rufus
「ほう……」 “What?”
ルーファウス Rufus
「メテオにぶつける? “You're going to ram Meteor?”
 我々の技術で可能なのか?」 “Do you think
「ガハハハハハ! “Gya haah hah hah!
 すでに最初の課題はクリアも同然!」 The first problem's already solved!”
「メテオはまもなくコッパミジンですな!」 “Meteor will soon be
「そのための作戦はすでに実行に移しておるのです。 “The plan is already in motion.
 それは各地のヒュージマテリアの回収なのです」 We are collecting Huge Materia
「ガハハハハハ!」 “Gyaa haa ha ha!”
ハイデッカー Heidegger
「すでにニブルヘイムは回収終了。 “We've already collected
 残るはコレルとコンドルフォート」 Materia from Nibelheim.”
「コレルにはすでに “All that's left are
 軍隊を向かわせております」 {!}{Cyan}Corel{!}{White} and {!}{Cyan}Fort Condor{!}{White}.”
スカーレット Scarlet
「ヒュージマテリアは “Huge Materia is a high-density,
 魔晄炉内で圧縮されて生成される special type of Materia made through
 高度に集積された特別なマテリア」 a special compression process
「そこから引き出されるエネルギーは “The energy extracted from it
 通常のマテリアの330超倍!」 is 330 times the strength
「キャハハハ! “Kya, ha, ha!
 すごいでしょ!」 How about that!?”
「そのヒュージマテリアを “We will gather all the Huge Materia together
 一同に集めてメテオにぶつけるの」 and ram it into Meteor.”
「そりゃあもう大爆発!! “That will cause a huge explosion,
 メテオなんか文字どおり reducing Meteor literally to bits!!”
 打ちくだいちゃうってわけよ」
スカーレット Scarlet
「それはご心配なく!」 “First things first!”
「それよりも、まずは各地の “Right now, we've got to
 ヒュージマテリアを回収すること」 collect Huge Materia from each area.”
TIFA {Tifa}
「……それでここへ来たんです。 “That's why we're here…
 CLOUD…… {Cloud}…
 CLOUDは……」 {Cloud} has…”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「……そうか。 “I see…
 CLOUDが……」 {Cloud} has…”
「たしかにライフストリームが “It's true that there are several
 集まっている場所は places on the planet where
 世界にいくつかある」 the Lifestream is gathered.”
「ただそのほとんどは “But most of those places are
 はるか地の底で、とても人間の below the surface where
 手のとどく場所ではないんじゃ」 humans cannot reach them.”
「ただひとつ例外は…… “There's only one place
 ずーっと 【南の海にうかぶ島】 が…… {!}{Cyan}An island in the Southern Sea{!}{White}…
 あるとかないとか……」
「なんて言ったかの。 “What did you say?
 もう何年もここから出とらんから…… I haven't left here in years…
 ダメじゃ、思いだせん」 No good. I can't remember.”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ずーっと 【南の海】  “In the {!}{Cyan}Southern Seas{!}{White} I think
 ライフストリームの集まる there was an island where
 島があるとかないとか……」 the Lifestream is.”
「しかしの…… “But even if you find
 もしそこでCLOUDが {Cloud} there…”
 見つかったとしても……」
「ライフストリームはいわば “The Lifestream is a mass of
 精神エネルギーのかたまり」 spiritual energy,”
「言いにくいことじゃが “and one person alone
 ひとりの人間の精神が couldn't stand against
 そのすさまじい流れに such an incredible spiritual current…”
 たえられるとは、とても……」
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ナナキとあんたたちの話を “Listening to you and Nanaki speak
 きいておると、わしまで若く has made me feel young again.”
 なったような気がするよ」
「ホーホーホウ。 “Ho Ho Hoooo.
 こんな時にヒニクなことじゃが、な」 Might sound a little sarcastic.”