Dialogue Script

Chapter: 33 - Mideel I

Finding and entering Mideel, Finding Cloud in the hospital, and Cid is picked as the new Leader, Cait Sith listens in on Rufus discussing Huge Materia

 
FF7 International ScriptFF7 PC English ScriptMissing TranslationNotes
JAPANESE (Intl Ver) PC ENGLISH
海流の村 ミディール Mideel Midhir "Midhir - Village of Ocean Currents/Flow", cut due to space.
「ほい。こんにちわ、ぺっぴんさん。 “Ahoy! Hey ain't you a beaut.
 ここは、ミディール。 This here's Mideel.
 のどかな温泉村じゃよ」 It's a quiet little Hot Springs town.”
「わしらのような年寄りが “Just the perfect place
 のんびりくらすには for old folks like us
 うってつけの場所じゃて」 to live out our lives.”
「どうも外では、なにやら “I hear that things ain't so peaceful
 大変なことになっとるらしいが on the outside.
 まだここは静かなもんじゃよ」 But here it's still nice and quiet.”
「ほい、ここはミディール。 “Ahoy! This here's Mideel.
 のどかな温泉村…… A quiet Hot Springs town…
 と言いたいところじゃが……」 At least it used to be…”
「最近どうも海がさわがしいんじゃ。 “Lately the sea's been in a tizzy.
 またライフストロンガーちゅうのが Lifestream has been mixin' things up
 海底であばれとるんじゃろうて」 at the bottom of the ocean.”
「星も怒っとるのかもしれんのう。 “I think the Planet's pretty angry, too.
 いままでわしらは、この星に We've pretty much done whatever we've
 やりたいほうだいじゃったからなあ」 wanted to the Planet up till now.”
「おや、見なれない顔だね。 “Huh? Never seen you here before.
 外からきたのかい? You from outta town?
 どうだい、むこうのようすは?」 How're things on the outside?”
「地震だの、メテオだの…… “Between the earthquakes and Meteor…
 この世の終わりがくるってのは It just might be the end of the world
 ほんとなのかねえ」 like everyone's been sayin'…”
「ああ、しんきくさい! “Oh, how depressing!
 イヤな世の中だよ What a miserable world
 まったく……」 this is…”
「地震やメテオで大変だってのに “It's bad enough with earthquakes and Meteor,
 その上ライフストリームまで活発に but on top of all that now the Lifestream has
 なってきたっていうじゃない」 become active again, too.”
「またドカーンとあふれたりして “I hope it doesn't blow and cause a panic
 大騒ぎにならなきゃいいけどねえ。 like it did before.
 シャレになんないよ、まったく」 That was really bad, I tell ya.”
「ねぇ、ちょっとあなた…… “Everything must come to an end.
 いいこと教えてあげましょうか。 And someday it's gonna be your turn.
 見てしまったのよ、わたくし」 The world's gotta end sometime.”
「あのドケチ女の、子チョコボが “Everybody goes sometime or another.
 はねの下に、緑色のきれいな石を And everyone gets left too.
 しまいこむのを……」 It's just fate…”
「ええ、あれはまちがいなく “It's sad, but there's nothing
 すごい宝石かなにかですわよ! that can be done about it.
 チョコボには、もったいないわ」 So that's why I'm prayin'
「まあ、あの子チョコボから [Text Entry Further Down]
 緑の石をもらったのね! -||-
 うらやましい」 -||-
TIFA {Tifa}
「どうしたの、おまえ? “What's the matter?
 ひとりぽっちなの?」 Are you all alone?”
TIFA {Tifa}
「見失っちゃったのね “You got lost didn't you?
 大切なだれかを……? Separated from someone you love?
 バカだね……」 Silly thing…”
「……もう一週間にもなるかの “I guess it's been about a week now
 海岸にうちあげられた…… since he washed up here on the shore…
 あの、ツンツン頭の若いの……」 Poor pokey-headed young thing…”
「ああ、ムゴイこっちゃが…… “It was really sad…but weird.
 でも、ありゃどうも変だで…… He was holding this really long
 どでかい長剣、にぎりしめて……」 sword.”
「なんや不吉な気がするんや。 “I dunno. The whole thing feels
 なんちゅうても、ほれ…… unlucky to me. But the amazing
 あの、ふしぎな青い目……」 thing was those weird blue eyes…”
TIFA {Tifa}
「えッ!?」 “Wha!?”
TIFA {Tifa}
「ちょ……ちょっと “Wh…wait a minute!!
 待ってください!! What did you just say!?”
 いま、なんて!?」
TIFA {Tifa}
「すみません! “Excuse me!
 いまの話の若い人って…… That person you
 もしかして……」 were just talking about…”
「ああ……この先の海岸で “Yeah…a villager found him
 村の者が見つけたんじゃよ……。 a little ways down the coast…
 もう一週間ほど前のことじゃ」 It was about a week ago I think.”
「うん、かわいそうに……。 “Poor kid…
 ありゃ、かなり遠くから He must've drifted from
 流されて来たんやで……」 somewhere pretty far away.”
TIFA {Tifa}
「CLOUDよ!! “{Cloud}!!
 まちがいない!! It must be!!
 CLOUDだわ!!」 It's {Cloud}!!”
BARRET {Barret}
「ほんとか!?」 “You sure!?”
BARRET {Barret}
「あ……!? “Uh…!?
 おい、TIFA!!」 Yo, {Tifa}!!”
RED XIII {Red XIII}
「やっぱり、ここに!」 “Over here!”
RED XIII {Red XIII}
「待って!」 “Halt!”
CID {Cid}
「へっ、やったな、TIFA」 “Heh, good job, {Tifa}.”
YUFFIE {Yuffie}
「ビンゴね!!」 “BINGO!!”
YUFFIE {Yuffie}
「あん、ちょっとお!」 “Oh, HEY!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「よっしゃ、大当たりや!」 “Jackpot!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ちょっと待って~や!」 “Wait up!”
VINCENT {Vincent}
「うむ、見つけたな」 “You've found him.”
TIFA {Tifa}
「それで、その人は!? “So where is he?
 無事なんですか!? Is he safe!?
 いま、どこに……!?」 Where is he now?”
「ああ……この先の…… “Yeah…up ahead here…
 ほれ、その治療所に……」 At the, uh, clinic…”
TIFA {Tifa}
「生きてる……!」 “He's alive!”
「CLOUDが…… “{Cloud}…
 CLOUDが生きてる!!」 {Cloud}'s alive!!”
TIFA {Tifa}
「CLOUD……!!」 “{Cloud}!!”
「どうじゃ、兄ちゃんのぐあいは? “So how is the boy?
 かわいそうにのう。 Poor kid.
 よほどつらいめに He sure got the worst of
 おうたんじゃろうなあ……」 whatever it was…”
「はやくようなると、ええのう。 “Sure hope he gets better soon.
 こんな時だからこそ、さいごまで Right now is when he really needs
 あきらめずになあ」 to hold on and not give up.”
「しかし、よう助かったもんじゃ。 “It's amazing he recovered.
 はこびこまれてきたのを見たときは When they carried him here after they
 こりゃあかんと思うたのに」 first discovered him, I thought
「きっとあの兄ちゃんには “That boy must have one powerful
 ごっつう強い守り神はんが guardian angel watchin' over him.”
 ついとってくだはるんちゃうか」
TIFA {Tifa}
「あれれ……? “Huh?
 なにかしら、これ?」 What could that be?”
「なにか、カギみたいなものが “There's something stuck deep inside
 奥にはさまってるけれど……。 that looks like a key…
 ちょっと取りづらいわね」 It's hard to get out.”
「まあ、とりあえず “Well, I'll just let it go
 いいか、別に……」 for now…”
TIFA {Tifa}
「あれれ……なにかしら? “There's something stuck deep inside
 古いカギみたいなものが that looks like an old key…”
 おくにはさまってるわ」
CID {Cid}
「おう……? “Huh?
 なんだあ、これ?」 The hell's this?”
「なんか、カギみたいなもんが “Looks like a key but
 奥にはさまってやがるが it's stuck way down inside, and
 ちょっと取りづれえな」 I can't get it out.”
「まあ、かまわねえか “Well, what the hell?
 こんなもん……」 That's life…”
CID {Cid}
「おう……なんだあ? “Hey…what's that?
 カギみたいなもんが Looks like a key but
 おくにはさまってやがるな」 it's stuck way down inside and”
TIFA {Tifa}
「よし、なんとかして…… “I wonder if there's some
 取れないかしら、これ」 way to get this outta here.”
「ここを、こうずらして……。 “If I just move this…
 そっちを、こう押して……。 And push that…
 オッケー! はずれたわ!」 Okay! I got it out!”
CID {Cid}
「おうし、なんとか…… “Okay, there's gotta
 取ってやるぜ、こいつ」 be a way to get it out.”
「ここを、こうずらして……。 “Maybe if I move this a bit…
 そっちを、こう押してだな……。 and push that over…
 おっしゃ! はずれたぜ!」 HAH! Gotcha!”
 たちは
 『ぜったいに、まったく、何の役にも Received "Beat-up Useless Old Key"!
 たちそうにない、ボロボロのカギ』を “Gather 'round, gather 'round, this
 ひろった!! is a bargain!!”
「さあ、さあ、出血大サービス!! “We've got the best armor and weapons,
 ほかじゃぜったい手に入らない the likes of which you won't
 最高の武器や防具がせいぞろい。 find anywhere else.”
 はやい者勝ちだよ、チクショー!」 “But it's first come, first served,
「さ、お客さんも “Step right up!
 そんなとこでつったってないで You there, don't just
 なかへどうぞ! どうぞ! stand around outside.”
 えんりょなんか、いらないから」 “Go on in! Come on!
「しかし、なんだってまた “I'll never know why he wanted to
 こんなのんきな村なんかに open a store in a dead town like this.
 店を出そうと思いついたんだろうね
 うちの人は……? はあ……」 What's with him? …sigh…”
CID {Cid}
「な、なんだ、こりゃあ……!?」 “What's this?”
CID {Cid}
「地下のライフストリームが “The Lifestream is gushing up
 地表に吹き出すってえのか!?」 from below the surface of the earth!”
CID {Cid}
「おい、ありゃあ……!? “Damn, that's…
 やべえぞ、こりゃ……!!」 This is bad!!”
TIFA {Tifa}
「CID……!? “{Cid}!?
 どうしたの!?」 What's wrong?”
CID {Cid}
「な、なんでもねえ!! “N, nothin'!!
 CLOUDと一練に、なかにいろ!!」 You and {Cloud} get inside quick!!”
TIFA {Tifa}
「でも……!?」 “But I…”
CID {Cid}
「ヘッ、心配すんねえ。 “Hey, don't worry about a thing.
 このオレ様が、そう簡単に I ain't about to die that easily.”
 くたばってたまるかってんだ」
TIFA {Tifa}
「気をつけて……!」 “Be careful!”
CID {Cid}
「ようし、行くぜ! “Okay, here I go!
 めにもの見せてやらあ!!」} Watch this!!”
[Text Entry Higher Up] “That kid got a green stone from
[Text Entry Higher Up] that Chocobo!
[Text Entry Higher Up] I'm so jealous.”
ミディール 民家 Mideel,House1 Midhir, Private House
「いつ何時、空から大きな星が “You say you don't know when the stars
 降ってくるかわからないんだって? are gonna fall from the sky?
 ほんとに、ほんとの話なのかい?」 Is that for real?”
「わたしには、まだ信じられないよ。 “I still don't believe it!
 なんでこんなことに How could this happen?”
 なってしまったのかしらねえ?」
「古代ウェポン? 世界の終末? “Ancient Weapon? End of the world?
 そんなもん、知ったことか! Malarky!
 わしは、百まで生きるのじゃ」 I'm gonna live to be a hundred!”
「やり残したことが “There's still tons of stuff I gotta do!
 やまほどあるんじゃぞ。 This's just the beginning.”
 まだまだ、これからじゃい」
「そもそも神羅やソルジャー軍は “And what have Shinra and SOLDIER
 なにやっちょるのだ? ああ? done about it? Tell me!
 ぶったるんどるわい!!」 They're useless!!”
「あたしゃ美人のメイドだけどね “Actually, I'm a beautiful maid.
 ないしょくで、アクセサリーの I only work in this accessory
 売り買いもしてるのさ」 store part-time.”
「どこ出したってはずかしくない “Our goods compare
 極上の品ばっかだよ。 with the best goods anywhere.
 どうだい、ひとつ?」 So, how about one?”
「どうも、ありがとさん。 “Thank you.
 また、よっておくれよ」} Stop by again.”
ミディール 民家 Mideel,House2 Midhir, Private House
「なにやらよくないことが “I gotta feelin' something bad's gonna happen.
 おこっとるというじゃないか? Is everything gonna be okay?”
 だいじょうぶなのかのう」
「わしは、いいんじゃ。 “I'm all right.
 もうじゅうぶん長く生きさせて I've lived a long, full life.”
 もろうたからね」
「ただ、遠くの町でくらしとる “But I'm worried about my son and his family
 息子ふうふや孫たちのことが living in that far-off town…”
 気がかりでなあ……」
「ちゃんと無事でいてくれたら “I hope they're safe…”
 ええんじゃが……」
 CIDたちは、エリクサーを手にいれた! Received "Elixir"!
「ちょいと待ちなさい」 “Wait a minute.”
「おまえさんたち、なんか “Did you just take something?”
 取らんかったかね?」
CID {Cid}
「お、おう。そりゃ……」 “Uh, oh. I'm…”
    取ったぜ、おやじ! {Choice}Yeah, I took it, old man!
    知らん、まったく知らん! {Choice}I know nothin' about it!
CID {Cid}
「ありゃ、このCID様がいただいた! “Hey, it's mine now!
 バッチリ有効につかわせてもらうぜ」 An' I'll make good use of it,
「ほっほっ、変わったお人じゃな。 “Heh, heh. What an oddball.
 気に入ったわい。 We'll let him use it.”
 そいつは好きに使うとええじゃろ」
CID {Cid}
「すまねえな。 “Hey thanks.
 助かるぜ、じーさん」 It'll help, pops!”
CID {Cid}
「さ、さあ……? “Wh, wh-huh…?
 おりゃ、なにも知らねえぞ」 I don't know nuthin' about that.”
「なに、古くなってくさっちまった “What the hell happened to that
 エリクサーを、すてようと思って rotten old elixir
 そこいらに出しといたんじゃが」 I was gonna throw out?”
「まちがってあんなもの飲んだら “If someone took that by mistake
 腹をこわすくらいじゃ it'll do more than make them sick…”
 すまされんからのう……」
「いや、知らんのなら “Well, if you don't know
 いいんじゃよ。 then I guess you don't know.”
 知らんのなら」
CID {Cid}
「………… “…”
 うそ……」}
ミディール 武器屋 Mideel,Weapon Store
「なんでももうすぐ “So that overgrown moon's
 あの巨大なお月さんが gonna fall on us, huh?”
 降ってくるっていうじゃない?」
「じょうだんじゃないわ! “This's no joke!
 とりあえず必要なものは We've got to start stocking up
 買いだめしとかなくっちゃ!」 on supplies before they're all gone!”
「ジャマよ、あんたたち。 “Outta the way!
 ほら、どいた、どいた!」 Hey, move it, move it!”
「あら、また会ったわね! “You again!
 まさか、あんたたちも You aren't hoarding up
 買いだめしてるっての!?」 goods too, are you?”
「横取りなんかしないでよ! “Don't reach in front of me!
 このお店にあるのは、みんな Everything in this store is mine!”
 わたしのなんだから!」
「お金なら、山ほどあるわよ! “I've got money to burn!
 こんな日もあろうかと I've been saving like mad
 必死でためこんだんだもの!」 just for a time like this!”
「ジャマよ、あんたたち。 “C'mon, outta the way!
 ほら、どいた、どいた!」 Move, will you, move!”
「ああ……、時間が足りないわ!! “Oh…not much time left!!
 いつ、あの月が降ってくるかも You never know when that moon's gonna
 知れないってのに!!」 come crashing down!!”
「けっきょく世の中、お金と物よ! “When it all comes down to it,
 それさえあれば、いつだって this world's about money
 どこでだって、やってける!」 and material things!”
「買わなくちゃ!! “Gotta buy!!
 とにかく、買って、買って Gotta buy, buy, buy!!
 買いまくるのよ!!」 I'm gonna shop till I drop!!”
「いらっしゃい! “Welcome to the charity store,
 愛と勇気の、博愛ショップ! a store of love and courage!
 今日は、どんなごようですか?」 What can I get you today?”
「ありがとうございました! “Thank you very much!
 また、どうぞ」 Please come again.”
「いらっしゃい! “Welcome to the charity store,
 愛と勇気の、博愛ショップ! a store of love and courage!”
 と、行きたいとこなんですが……」
「そこのお客さんが “Unfortunately, regarding
 みんな予約しちまったんで…… the place you'd like to go…”
 なにも残ってないんですよ」 “The other customers have booked it all up…
「……というのは、じょうだんです。 “…just kidding!
 アハハハハ! Ha, hah, hah!
 さて、それじゃ、どんなごようです?」 Now how can I help you?”
TIFA {Tifa}
「ダメだわ……。 “No good…
 カギが、かかってるのかしら」 I wonder if it's locked?”
CID {Cid}
「ダメだな……。 “No good…
 カギが、かかってやがるのか?」 Someone must've locked it.”
TIFA {Tifa}
「へえ……、でもほんと “Hmm…you really locked this one up good.”
 よくかけてるよねえ、これ」
CID {Cid}
「けっ、まぎらわしいもの “Damn, why the hell did they
 つくりやがってよ」 make something tricky like this?”
TIFA {Tifa}
「……。折れたカギが中につまって “…The key broke off inside,
 取れないよ、これ……」 and I can't get to it…”
「………。 “…
 わ、私……知ーらないっと」 I don't know anything about it.”
CID {Cid}
「……。折れたカギが中につまって “…The key broke off inside,
 取れねーぞ、こりゃ……」 and I can't get to it…”
「………。 “…
 し、知らねえかんな、おれは……」 I don't know a thing about it…”
TIFA {Tifa}
「そうだ、あのボロボロのカギ…… “Oh yeah, shall I try
 ためしてみようかな?」 that old beat up key?”
CID {Cid}
「ははあん、ここは一発…… “Hey, I know what'll do it…
 あのボロカギをためしてみっか!」 Let's try that beat up old key!”
    ボロボロのカギを使う! {Choice}Use the beat up old key!
    やっぱり、使わない {Choice}Forget it
TIFA {Tifa}
「やっばり、やめとこ。 “I'd better not.
 どうも、これじゃ合いそうにないし」 It doesn't look like it fits.”
CID {Cid}
「やっぱ、やめとくか……。 “Naw, forget it…
 どうも、こいつじゃ合いそうにないしな」 It doesn't even look like it fits.”
TIFA {Tifa}
「よし、これこれ」 “Okay, this is it.”
CID {Cid}
「おう、これこれ」 “Yeah, this is it.”
TIFA {Tifa}
「ん……。あれ……? “Hmm…Huh?
 きついな、これ……」 This is pretty tight…”
CID {Cid}
「うん? ありゃ……? “Huh? Wha?
 まわらねえな……」 Won't turn…”
TIFA {Tifa}
「キャッ……!?」 “Eyaaah!?”
CID {Cid}
「おおっと……!?」 “Wha?”
TIFA {Tifa}
「あちゃー、いっけない! “Oh no!
 折れちゃった……。 …it broke.
 とれないよ、これ……」 Now I can't get it out…”
CID {Cid}
「ちい、やべえ。 “Hoo, *&%$^%
 折れちまったよ……。 Busted it…
 とれねーぞ、これ……」 Can't get the damn thing out…”
「どうかしましたか…… “Is something wrong?”
 お客さん?」
TIFA {Tifa}
「ギクギクッ!?」 “Ulp!?”
CID {Cid}
「ギクッ!!」 “Ulp!!”
TIFA {Tifa}
「え? いえ、その……」 “Huh? Uh, no…”
TIFA {Tifa}
「ど、どうしよう……?」 “What am I gonna do?”
    ごまかしちゃおうか! {Choice}Lie your butt off!
    正直にあやまろう! {Choice}Tell them the truth!
CID {Cid}
「おう、その、なんだ……」 “Oh, uh, no, uh I…”
CID {Cid}
「やべえな、こりゃ……」 “Damn, this's bad…”
    ええい、ごまかしちめえ! {Choice} What the hell…lie!
    正直にあやまっちめえ! {Choice} Just apologize and get it over with!
TIFA {Tifa}
「な、なんでもないんです! “Nothing! I was just thinking
 ただ、ステキなドアだなあって」 how nice that door was, that's all.”
CID {Cid}
「な、なんでもねえぜ。ハハッ。 “Er, nothin'. Hah, hah.
 いや、いかしたドアだな、これ」 That's one nice door you got there, y'know.”
「アハハッ、そうですか? “Oh…why, thank you very much.”
 それは、どうも」
TIFA {Tifa}
「ホッ……助かった。 “Whew…that was close.
 でも、ちょっと、あとあじ But I feel bad…”
 わるいな……」
CID {Cid}
「ひゅう……、助かったぜ。 “Phew…that was a close one.
 だが、ちょいとばっかし But I kinda feel a little bad about it.”
 気がひけるな……」
TIFA {Tifa}
「ご……、ごめんなさい! “I'm…sorry!
 むりやりカギをまわしたら I forced the key and it broke!”
 こわれちゃいました!」
CID {Cid}
「むむ……、すまねえ! “Mmm…sorry!
 むりやりカギをまわしたら I twisted the ^%$#^ and it broke.”
 折れちまいやがった」
「え? “Huh?
 カギって、そのドアの……?」 Key? You mean the one to that door?”
「アハハハ! “Hah, hah, hah!
 そいつはいいや!」 That's a good one!”
TIFA {Tifa}
「???」 “???”
CID {Cid}
「???」 “???”
「カギがあかなくて当然ですよ。 “Of course there's no key.
 だって、そいつは壁にかかれた It's a wall. We just painted a door on it.”
 ただの「え」なんだから」
TIFA {Tifa}
「えーっ!? “What!?
 本物じゃないの、このドア?」 It's not a real door?”
CID {Cid}
「なんだってえ? “Say what?
 壁にかかれたドアだあ?」 You drew that door on the wall?”
「そうです。そのドアをぬけて “That's right. We drew it on there to make
 どこか別の世界へ行けたら……。 it feel like you could pass through
 そんな気持ちで、かいたんですが」 it to another world.”
「ビックリさせちゃいましたね。 “Sorry to have surprised you.
 おわびといっちゃなんだけど It's not much of an apology, but
 これをさしあげますよ」 please take this.”
TIFA {Tifa}
「え、ほんとに? “Really?
 それじゃ……、ありがとう」 Thank you.”
 TIFAたちは、呪いの指輪を {Tifa} and the others
 もらってしまった! received "Cursed Ring"!
CID {Cid}
「おう、まあ……、そんじゃ “Oh, uh…well
 ありがとうよ」 Thanks.”
 CIDたちは、呪いの指輪を {Cid} and the others
 もらってしまった! received "Cursed Ring"!
「できることなら、ボクらはみんな “We're hoping to pass through
 そこにあるような夢のドアをぬけて a door like that one into another world.”
 別の世界へ行ってみたいと
 ねがってるんじゃないでしょうか?」
「なんだかあなた方は “I feel that you all might be able to
 ぼくのかわりにそのねがいを make my dreams come true.
 かなえてくれるような気がします。 Weird, isn't it?”
 ヘンですね……」}
TIFA {Tifa}
「どうしたの、おまえ? “What is it?
 やけに、ひとなつっこいわね?」 You're being awful friendly all of a sudden.”
「はは~ん、さてはこれかぁ。 “Oh, so that's it.
 ミメットの野菜がねらいだな…… You want the Mimmet Greens…don't you?”
 おまえ?」
    ミメットの野菜をあげる {Choice}Give it some Mimmet Greens
    野菜はあげられない {Choice}Don't give it any
TIFA {Tifa}
「ゴメンね、おチビさん。 “Sorry, little guy.
 この野菜はあげられないのよ」 I can't give you any.”
TIFA {Tifa}
「しょうがないわね。 “Well, okay.
 ほら、お食べなさい」 Here, go ahead and eat.”
TIFA {Tifa}
「うふふ……。かわいい! “hee hee…how cute!
 ちょっと、こちょこちょ I just want to tickle him.”
 しちゃおうかな」
CID {Cid}
「なんでえ、こいつ。 “What's this!?
 やけに、ひとなつっこい野郎だな?」 You're bein' awful friendly.”
「ははぁ、さてはこれか。 “Oh, so that's it.
 ミメットの野菜が好物なんだな…… You want the Mimmet Greens…don't you?”
 おめえ?」
    ミメットの野菜をあげる {Choice}Give it some Mimmet Greens.
    ち、冗談じゃねえぜ! {Choice}Don't give it any.
CID {Cid}
「おっと、残念だけどよ。 “Sorry, shorty.
 野菜はやれねえな、チビ助」 But I can't give ya any.”
CID {Cid}
「けっ、しょうがねえなあ。 “Well, guess there's no way around it.
 ほらよ、チビ助。食いな」 Here ya go, shrimp. Eat up.”
CID {Cid}
「へへっ、案外かわいいな。 “Heh heh, hey he's kinda cute.
 どれ、そいじゃついでにひとつ Aw, maybe I'll just tickle him a little.”
 こちょこちょでもしてやっか?」
 チョコボは、おいしそうに野菜を食べた。 The chocobo looks like it
    足の裏をこちょこちょ Tickle his feet
    おなかをこちょこちょ Tickle his stomach
    のどをこちょこちょ Tickle his neck
    おへそをこちょこちょ Tickle his belly button
    耳の裏をこちょこちょ Tickle behind his ears
    わきの下をこちょこちょ Tickle under his arms
 チョコボは、よろこんでいるようだ。 The chocobo looks like it loves that.
 チョコボは、くすぐったいようだ。 The chocobo looks a little ticklish.
 チョコボは、怒っているようだ。 The chocobo looks a little angry.
 チョコボは、はずかしがっているようだ。 The chocobo looks a little shy.
 チョコボは、どうでもいいようだ。 The chocobo looks bored.
 タダ食いだった。 Dined and dashed.
 チョコボに、『ふういん』のマテリアをもらった! Received Materia from the Chocobo!
 しかし、マテリアがいっぱいで But you've got too much Materia
 これいじょう持てない……。 you can't take on anymore…
 チョコボは、マテリアをしまってしまった。 The chocobo put the Materia away.
TIFA {Tifa}
「あ~、ビックリした……! “Oh, you scared me…!
 死んだかと思っちゃった!」 I thought you were dead!”
CID {Cid}
「ひゅ~、驚かしやがって。 “Sheesh, you scared me.
 死んだかと思っちまったぜ!!」 I thought you croaked!!”
 チョコボは、好物の野菜を Chocobos ignore humans who
 くれそうにない人間にはつめたかった。} don't look like they'll give them greens.
ミディール アイテム屋 Mideel,Item Store
「なんでももうすぐ “So that overgrown moon's
 あの巨大なお月さんが、 gonna fall on us, huh?”
 降ってくるっていうじゃない?」
「じょうだんじゃないわ! “This's no joke!
 とりあえず必要なものは We've got to start stocking up
 買いだめしとかなくっちゃ!」 on supplies before they're all gone!”
「ジャマよ、あんたたち。 “Outta the way!
 ほら、どいた、どいた!」 Hey, move it, move it!”
「あら、また会ったわね! “You again!
 まさか、あんたたちも You aren't hoarding up
 買いだめしてるっての!?」 goods too, are you?”
「横取りなんかしないでよ! “Don't reach in front of me!
 このお店にあるのは、みんな Everything in this store is mine!”
 わたしのなんだから!」
「お金なら、山ほどあるわよ! “I've got money to burn!
 こんな日もあろうかと I've been saving like mad
 必死でためこんだんだもの!」 just for a time like this!”
「ジャマよ、あんたたち。 “C'mon, outta the way!
 ほら、どいた、どいた!」 Move, will you? Move!”
「ああ……、時間が足りないわ!! “Ohh…not much time left!!
 いつ、あの月が降ってくるかも You never know when that moon's gonna
 知れないってのに!!」 come crashing down!!”
「けっきょく世の中、お金と物よ! “When it all comes down to it,
 それさえあれば、いつだって…… this world's about money
 どこでだって、やってける!」 and material things!”
「買わなくちゃ!! “If you got 'em, you can get
 とにかく、買って、買って by whenever, wherever!”
 買いまくるのよ!!」 “Gotta buy!!
「いらっしゃい、アルね。 “Welcome!
 やすらぎといこいのショップ。 Cash is welcome here!
 今日、どんなようアルか?」 How may I help you?”
「まいどあり、のことね! “Thank you!
 また来てちょー、アルね」 Come again!”
「へい、らっしゃい! “Welcome!
 いつもニコニコ現金払い! We always welcome cash!
 と、行きたいとこなんだが……」 Now, about where you want to go…”
「いやあ、そこのお客さんが “I'm afraid other customers
 みんな予約しちまったもんで have already booked it up.
 もうなにも残ってないんで……」 There's nothing left.”
「……なんちゃってえ! Just a little joke.
 じょうだんですよ、お客さん。
 さてそれじゃ、どんなごようで?」
ミディール マテリア屋 Mideel,Materia Store
「なんでももうすぐ “So that overgrown moon's
 あの巨大なお月さんが、 gonna fall on us‚huh?”
 降ってくるっていうじゃない?」 {NEW PAGE}
「じょうだんじゃないわ! “This's no joke!
 とりあえず必要なものは We've got to start stocking up
 買いだめしとかなくっちゃ!」 on supplies before they're all gone!”
「ジャマよ、あんたたち。 {NEW PAGE}
 ほら、どいた、どいた!」 “Outta the way!
「あら、また会ったわね! “You again!
 まさか、あんたたちも You aren't hoarding up
 買いだめしてるっての!?」 goods too‚are you?”
「横取りなんかしないでよ! {NEW PAGE}
 このお店にあるのは、みんな “Don't reach in front of me!
 わたしのなんだから!」 Everything in this store is mine!”
「お金なら、山ほどあるわよ! {NEW PAGE}
 こんな日もあろうかと “I've got money to burn!
 必死でためこんだんだもの!」 I've been saving like mad
「ジャマよ、あんたたち。 just for a time like this!”
 ほら、どいた、どいた!」 {NEW PAGE}
「ああ……、時間が足りないわ!! “Ohh…not much time left!!
 いつ、あの月が降ってくるかも You never know when that moon's gonna
 知れないってのに!!」 come crashing down!!”
「けっきょく世の中、お金と物よ! “When it all comes down to it,
 それさえあれば、いつだって…… this world's about money
 どこでだって、やってける!」 and material things!”
「買わなくちゃ!! {NEW PAGE}
 とにかく、買って、買って “If you got 'em‚you can get
 買いまくるのよ!!」 by whenever‚wherever!”
「いらっしゃい、アルね。 “Welcome!
 やすらぎといこいのショップ。 Cash is welcome here!
 今日、どんなようアルか?」 How may I help you?”
「まいどあり、のことね! “Thank you!
 また来てちょー、アルね」 Come again!”
「いらっしゃいアルね。 “Welcome!
 やすらぎといこいのショップね。 We always welcome cash!
 と、行きたいとこアルが……」 Now‚about where you want to go…”
「あいや、そこのお客さん、 {NEW PAGE}
 みな予約しちゃったんで、もう “I'm afraid other customers
 なにも残ってないよ、お店」 have already booked it up.
「……というのは、じょうだんアル。 “…just kidding!
 エヘヘ! Just a little joke.
 さて、それじゃ、どんなごようね?」 Now what can I do for you?”
ミディール 治療所 Mideel,Clinic
TIFA {Tifa}
「CLOUD!?」 “{Cloud}!?”
ドクター Doctor
「おやおや。そんなにあわてて “Hey! You barged in here
 メテオでも降って来たかね like Meteor was crashing
 おじょうさん?」 down or something.”
TIFA {Tifa}
「すみません、どうやら友人が “I'm sorry…but I heard a friend
 こちらでお世話になってるらしいと of mine was here…”
 聞いたもので……」
ドクター Doctor
「友人……?」 “A friend?”
ドクター Doctor
「ああ……! あの若者のことか!?」 “Oh…that young fellow!?”
「安心なさい。 “Don't worry.
 君の友人なら、となりの部屋だよ。 He's next door.
 ただ、まだ具合が……」 But his condition isn't good.”
TIFA {Tifa}
「こちらですか?」 “Here?”
TIFA {Tifa}
「失礼します!」 “Over here.”
TIFA {Tifa}
「CLOUD……!?」 “{Cloud}!?”
TIFA {Tifa}
「ああ……CLOUD!! “Oh…{Cloud}!!
 よかった、無事だったのね!?」 I'm so glad you're safe!?”
TIFA {Tifa}
「……!?」 “…!?”
TIFA {Tifa}
「CLOUD……?」 “{Cloud}?”
CLOUD {Cloud}
「う……ああ……?」 “Uh…aaa…?”
TIFA {Tifa}
「ど……どうしたの…… “Wh…what's wrong…
 CLOUD……?」 {Cloud}?”
CLOUD {Cloud}
「あ……。ぐげ……?」 “Aaa..gurk..”
TIFA {Tifa}
「CLOUD! “{Cloud}!
 どうしちゃったの……!?」 What happened to you?”
ドクター Doctor
「魔晄中毒だよ……。 “Mako poisoning…
 それも、かなり重度の、ね……」 Quite an advanced case.”
「どうもこの若者は “It appears this young man's been
 強烈な魔晄エネルギーに exposed to high levels of Mako energy
 長時間さらされたようだな」 for an extended period of time.”
「おそらく、自分が誰なのか “He probably has no idea
 自分がいまどこにいるのかすら who or where he is now…”
 理解していないだろう……」
「かわいそうだが、君の声も “Poor fellow,
 とどいてはいまい……。 he can't even speak.
 本当の彼は別の場所にいるんだ」 He's literally miles away from us.”
「誰もいったことがないような “Some place far away where no one's
 遠い場所に…… ever been…
 ひとりぽっちでね……」 All alone…”
TIFA {Tifa}
「そんな……!!」 “Doctor!!”
BARRET {Barret}
「チクショー。 “This's bad…”
 なんてこった……」
RED XIII {Red XIII}
「なんて、むごい……」 “How horrible…”
CAIT SITH {Cait Sith}
「あんまりやなぁ……」 “That's terrible…”
CID {Cid}
「チ……ひでえ話だ」 “Damn, that's evil.”
YUFFIE {Yuffie}
「ウソでしょ!?」 “You lyin' or what!?”
VINCENT {Vincent}
「………」 “…”
TIFA {Tifa}
「CLOUD……」 “{Cloud}…”
ドクター Doctor
「コホン! わたしたちは “Ahem! Let's excuse ourselves.”
 ちょっと席をはずすとしようか」
ドクター Doctor
「さあ、君たちも、一練に……。 “Listen, would you all mind…
 外で待っていよう」 waiting outside?”
BARRET {Barret}
「…………」 “…”
TIFA {Tifa}
「どうして……? “Why?
 どうして、こんなことに……!」 What do you want me to do?”
TIFA {Tifa}
「おねがい、CLOUD……。 “Please, {Cloud}…
 こたえてよ……」 Talk to me…”
「ちゃんと私のこと見てるって “Tell me you see me,
 私の声が聞こえるって…… that you can hear me…
 言ってよ、ねえ……」 Tell me, please…”
TIFA {Tifa}
「あなたとの思い出を信じたくて “I made it this far believing in
 ここまで来たのに……」 the memories we shared.”
「こんなの、ないよ……! “This isn't happening!
 ひどすぎるよ……」 It's too cruel!”
TIFA {Tifa}
「ああ、CLOUD……! “Oh, {Cloud}!
 私……」 I…”
TIFA {Tifa}
「話っていうのは、ほかでもない “I don't care about anything else,
 CLOUDのことなんだけど……」 only {Cloud}…”
TIFA {Tifa}
「私……彼のそばに “I…want to be by his side…”
 いてあげたいの……」
BARRET {Barret}
「ああ……そうしてやるのが “Yeah, that's probably best…”
 一番かもしれんな……」
「CLOUDにとっても…… “For {Cloud}…
 おまえにとっても……」 and you…”
RED XIII {Red XIII}
「うん、それがいいよ!」 “Yes, that's best!”
CID {Cid}
「ああ、わかってるって。 “Yeah. Right.
 なにも言うねぇ」 Hang in there, {Tifa}.”
YUFFIE {Yuffie}
「やっぱ、そうこなくちゃ。 “Then you gotta do it.
 自分に正直に生きなきゃ、ね」 You gotta be true to yourself.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「TIFAさんがかんびょうして “If {Tifa} were my nurse,
 くれるんやったら、CLOUDさんと I'd switch places with
 代わってほしいくらいですわ」 {Cloud}any day!
VINCENT {Vincent}
「好きにするがいい」 “Do what you wish.”
TIFA {Tifa}
「ゴメンね、みんな……。 “I'm sorry, everyone…
 こんな時に……」 Especially now…”
BARRET {Barret}
「あやまるヤツがあるかよ。 “Why you apologizin'?
 オレたちも、また様子をみによるよ」 We'll come back again an' check on ya.”
BARRET {Barret}
「がんばれよ、TIFA。 “You take care now, {Tifa}.
 CLOUDのことは、まかせたぜ」 And take care of {Cloud}.”
CID {Cid}
「いいってことよ。 “Don't worry.
 オレ様も、また顔を出すからよ」 I'll stop by again.”
CID {Cid}
「がんばりな、TIFA。 “You hang in there, {Tifa}.
 CLOUDのことは、たのんだぜ」 Take care of {Cloud}.”
RED XIII {Red XIII}
「いいんだよ、そんなこと。 “That's all right.
 オイラたちも、またよるからさ」 We'll be by again.”
RED XIII {Red XIII}
「がんばって、TIFA。 “Do your best, {Tifa}.
 CLOUDのことは、たのんだよ」 Take care of {Cloud}.”
YUFFIE {Yuffie}
「気にしない、気にしない。 “No big, no big.
 アタイらも顔みせるからさ」 I'll pop in again later.”
YUFFIE {Yuffie}
「CLOUDのこと、たのんだね。 “Look after {Cloud}.
 がんばるんだよ、TIFA」 Take care, {Tifa}.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ええって、みずくさいなぁ。 “What're you talkin' about?
 また顔みせにきますわ」 We'll stop in again.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「CLOUDさん、はよようなると “Hope {Cloud} gets better soon.”
 ええのにな」
VINCENT {Vincent}
「気にするな。私たちも “Don't worry.
 たまには様子をみによる」 We'll return and check on him later.”
VINCENT {Vincent}
「CLOUDのことは、まかせたぞ」 “Take care of him.”
TIFA {Tifa}
「うん……」 “Right…”
BARRET {Barret}
「それとな、TIFA……。 “Oh, and uh, {Tifa}…
 こんなことは言いたかねえんだが……」 I don't like askin' this but…”
「ヤツはたしかに、おまえの幼なじみの “Are you sure he's really your friend?
 CLOUDにまちがいないのか? And not Sephiroth's shadow?”
 セフィロスの影なんかじゃなく」
TIFA {Tifa}
「え!? “Huh!?
 それは……たぶん……」 Well…that is…”
TIFA {Tifa}
「……ううん、きっと!」 “No, I'm sure of it!”
BARRET {Barret}
「そうか……。 “Yeah?
 なら、いいんだ……。 OK, then…
 ヘンなこと、聞いちまったな」 Sorry for askin'.”
BARRET {Barret}
「よし、それじゃオレたちは “We gotta get back to the
 ハイウインドにもどるぜ」 Highwind.”
CID {Cid}
「よし、それじゃオレ様の “Now, we gotta be headin' back to
 ハイウインドにもどるとするか」 the Highwind.”
RED XIII {Red XIII}
「よし、それじゃオイラたちは “We should be getting
 ハイウインドにもどろう」 back to the Highwind.”
YUFFIE {Yuffie}
「よし、それじゃアタシたちは “Hey, shouldn't we be gettin'
 ハイウインドにもどろうよ!」 back to the Highwind?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ほな、ハイウインドに “Well, I guess we'd better
 もどりましょか」 go back to the Highwind.”
VINCENT {Vincent}
「……それでは、私たちは “Very well then, we should
 ハイウインドにもどるぞ」} return to the Highwind.”
海流の村 ミディール Mideel Interestingly, Vincent has no lines here.
BARRET {Barret}
「なあ、お医者の先生。 “So what about him?
 ほんとうのとこを
 聞かせてくれないか?」
「あいつは……、CLOUDは You know…{Cloud}?”
 どうなんだ?
 なおるみこみはあるのかい?」
CID {Cid}
「なあ、先生さんよ。 “Listen Doc,
 ほんとうのところを why don't you tell us the truth.”
 教えてくれよ」
「CLOUDのヤツは “What about {Cloud}?
 どうなんだ? Is he all right?”
 ちゃんと元にもどるのか?」
RED XIII {Red XIII}
「ねえ先生、CLOUDは “Tell me doctor,
 だいじょうぶなのかな? is {Cloud} all right?
 ちゃんと、なおるの?」 I mean will he heal?”
YUFFIE {Yuffie}
「ね、先生、CLOUDは “Hey Doc, is he okay?
 ほんとにオッケーなの? Is he gonna heal?”
 ちゃんとなおるの?」
CAIT SITH {Cait Sith}
「なぁ先生、ほんまはどうなんです? “Hey doctor, is {Cloud} all right?
 CLOUDさんは、だいじょうぶなんですか? Is he gonna get better?
  ほんま、どないなっとるんやろ」 Come on, tell us the truth”
ドクター Doctor
「くりかえすが彼は重度の魔晄中毒だ。 “I'll say it again,
 あそこまでひどいのは、わたしも he's got Mako poisoning.
 見たことがない……」 I've never seen a case this bad…”
「魔晄エネルギー内に潜む “An immense amount of
 ぼうだいな知識の量……。 Mako-drenched knowledge was
 それがいっぺんに彼の頭の中に infused into his brain.”
 流れこんだんだろう……」
「ふつうの人間には “It's a miracle he survived!
 たえきれるものじゃない……。 No normal human could have.”
 生きてるだけでも、きせきだ!」
BARRET {Barret}
「ライフストリームに落ちて “No wonder…
 ここまで流されて来たんじゃ…… After fallin' in the Lifestream an'
 ムリないぜ、それも……」 bein' washed up here…”
CID {Cid}
「ムリねえかあ……。 “No wonder…
 ライフストリームに落ちて After all, he fell into the Lifestream
 ここまで流されて来たんじゃなあ」 and was carried down here.”
RED XIII {Red XIII}
「ムリないよ。生身で “No wonder. He fell into the
 ライフストリームにどっぷり Lifestream and washed up here…”
 つかっちゃったんだから……」
YUFFIE {Yuffie}
「あったりきだよねえ。 “No lie.
 ライフストリームに、頭から After fallin' head first into the
 飛びこんじゃったんだもんね」 Lifestream.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「しゃあないよな。 “No wonder.
 ようさんライフストリームに After falling into the Lifestream…”
 つかってしもたからなぁ……」
ドクター Doctor
「しかし、どんなところにも “But remember, the light of hope
 希望の光はある。 can be found anywhere.”
 あきらめては、いけない」
「いいかい、君たちが “If you give up hope…
 希望をすててしまったら…… What will happen to him?”
 いったい彼はどこへ帰ればいいと
 いうのかね?」
BARRET {Barret}
「……希望か……」 “…hope…”
BARRET {Barret}
「でもよ、正直な話…… “Hey, but honestly, man…
 オレはあいつに帰ってきて欲しいと Do I really want him to come back?”
 ホントにねがってるんだろうか?」
「ヤツがこの世界に何をした? “What did he do for the world?
 この先、オレたちに何をもたらす? What can he do for us from here on out?
 セフィロスの影でしかないのかも He may be nothing more than
 しれねえんだぞ……」 Sephiroth's shadow…”
ドクター Doctor
「どうかしたかね?」 “Is something wrong?”
BARRET {Barret}
「いや……。何でもねえよ」 “No, nothin'. Nothin' at all, Doc.”
CID {Cid}
「……。希望か……」 “…Hope…”
「たしかにいま、オレたちに “I guess that's all that's left now…”
 残されてるのは、そいつだけかも
 しれねえなあ……」
RED XIII {Red XIII}
「うん、きっとよくなるよね! “Hmm, I know he'll recover!
 強いソルジャーだもの、CLOUD」 {Cloud} was a strong
YUFFIE {Yuffie}
「そうだよね。 “Yeah, that's right.
 アタシたちがついてんだもん。 Besides, WE'RE here for him.
 きっと元気になるよね!」 He's gotta get better!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ほんま、そうや。 “Yeah!
 CLOUDさん、元気になるわ! I know {Cloud}'ll get better!”
 ほんまに……」
「こないに心配してくれはる “With friends like us worrying about him
 おともだちが、ようさんおるんや He'll pull through.”
 おちおちねとられへんて」
TIFA {Tifa}
「………」 “…”
BARRET {Barret}
「もういいのか?」 “You okay?”
CID {Cid}
「だいじょうぶか?」 “You okay?”
RED XIII {Red XIII}
「だいじょうぶ、TIFA?」 “Are you all right, {Tifa}?”
YUFFIE {Yuffie}
「オッケーなの、TIFA?」 “You okay, {Tifa}?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「だいじょうぶなんですか?」 “You all right?”
TIFA {Tifa}
「ええ……。 “Yes…
 心配かけて、ごめんなさい。 I'm sorry to worry you all.”
「それで……ちょっとみんなに “There's something I want to
 話があるんだけど……」} say to you…”
BARRET {Barret}
「コレルだと~!!」 “Corel!”
BARRET {Barret}
「これ以上コレルを “What else can they do to Corel!?”
 どうしようってんだ!」
RED XIII {Red XIII}
「それにヒュージマテリア……」 “And the Huge Materia…”
「大きなマテリアのことでしょ? “You mean the Huge Materia, don't you?
 オイラ、聞いたことがあるんだ」 I've heard about it.”
「えっと、オイラたちの小さなマテリアを “When our small Materia nears
 大きなマテリアに近づけると the larger one,
 何かがおこるはずだよ、きっと」 there should be some reaction.”
「だからオイラたちが “I'm certain of it.”
 マテリアの力を借りて “That's why we're using
 戦いを続けるのなら……」 the Materia power
BARRET {Barret}
「ヒュージマテリアを “Can't let Shinra get a hold of
 神羅に渡すわけにはいかねえ!」 the Huge Materia!”
BARRET {Barret}
「それによ、CLOUDが帰ってきたら “Besides, when {Cloud} gets back,
 ヒュージマテリア見せてよ I wanna show him this Huge Materia.
 びっくりさせてやろうぜ」 He's gonna be shocked.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「なぁ~んや、BARRETさん」 “So, what are you
「なんやかんや、言うても “Even though you're always knocking him,
 CLOUDさんが帰ってきはったら you really want
 ええなと思ってはるんや」 {Cloud} to return.”
BARRET {Barret}
「いいじゃねえか、そんなことはよ。 “I ain't sayin' nothin' 'bout nothin'.
 それより、なんだ……」 So just…shut your face!”
BARRET {Barret}
「団体行動にはリーダーが必要だ」 “Every group's gotta have a leader.”
BARRET {Barret}
「リーダーはオレだ!」 “An' that's me!”
「そう言いてえところだが “Or at least I wanna be…
 オレはリーダーには向いてねえ」 But I ain't cut out to be no leader.”
「最近気づいたんだけどよ」 “I never knew that till lately.”
BARRET {Barret}
「んなわけでよ……」 “That's what it is.”
CID {Cid}
「ZZZZZZZZ……」
「ZZZZ……?」 “…ZZZZ…hmph?”
CID {Cid}
「おっ!? な、なんでい!」 “Wha? What's goin' on?”
BARRET {Barret}
「あんたがリーダーに決まった」 “You been chosen to be the new leader.”
CID {Cid}
「そんな面倒なことはイヤだぜ」 “Pain in the ass. Forget it.”
[Empty Text Entry] Empty in both JP and Eng.
BARRET {Barret}
「これからの戦いには “But for us to fight,
 あんたと、あんたのこの飛空艇 we gotta have Highwind, and you.”
 ハイウインドが必要なんだ」
「これは星を救う船だぜ。 “We need it to save the Planet.
 その大切な船を仕切ってるのは誰だ? An' who's runnin' this ship? You!”
 あんただろ?」
「だからオレたちのリーダーは “That's why you're our new leader.
 CID、あんたしか考えられねえ」 Ain't no one else can do it.”
CID {Cid}
「へ……星を救う船か。 “Hmm…this ship's gonna save the
 ……ちょっと熱いじゃねえか」 Planet, huh? Ain't that gonna be
CID {Cid}
「今のはハートにズンと来たぜ」 “Oh man, stab me in the heart.”
CID {Cid}
「オレ様も男だ!」 “I'm a man, too!”
「やったろうじゃねえか! “Okay, I'll do it!
 オレ様についてきやがれ!」 Everyone, follow me!”
BARRET {Barret}
「というわけで最初の仕事だ」 “Alright, now here's the first job.”
「オペレーション・ルームが “The Operation Room's waiting for you!”
 あんたを待ってるぜ!」
CID {Cid}
「おう!!」 “Yeah!!”
BARRET {Barret}
「準備ができしだい “As soon as we're ready,
 コレル魔晄炉へ出発だ!」 we'll head for the Corel reactor.”
「急げ、CID!」 “Hurry, {Cid}!”
見習いパイロット(LV5) Pilot in training (LV5)
「あわわわわ! “Eaggggghh!
 艇長、リーダー就任おめでとうさんです!」 Congrats' on becoming
見習いパイロット(LV5) Pilot in training (LV5)
「あわわ! いくですか?」 “Yaaah! Are we taking off?”
    いく {Choice}Yes
    いかない {Choice}No
見習いパイロット(LV5) Pilot in training (LV5)
「あわわ! いくで~す!」 “Eagggggh! We're taking off now!”
CID {Cid}
「あのよぅ」 “Hey…”
CID {Cid}
「リーダーってのはつかれるよなぁ」 “It's tough being the leader.”
CID {Cid}
「CLOUDはよくやってたぜ。 “{Cloud} did a great job.
 まったくよう……」 Sheesh…”
「ミディールに様子でも見に行くかあ?」 “Shall we go to Mideel
RED XIII {Red XIII}
「CLOUD……どうしてるかな?」 “I wonder how {Cloud}'s doing.”
RED XIII {Red XIII}
「TIFA、つかれてないかな?」 “I wonder if {Tifa}
RED XIII {Red XIII}
「オイラ、看病かわってもいいな」 “I could look after him instead.”
CID {Cid}
「ええっと…… “Well, let's see…
 どこへ行けばいいんだ?」 What's a good place to head to?”
「コレルかぁ? “Corel?
 コンドルフォートかぁ?」 Fort Condor?”
CID {Cid}
「お次はなんだ? “Where shall we go next?
 コレルの魔晄炉だったかぁ?」 Shall we head for the Corel reactor?”
CID {Cid}
「お次はなんだ? “What's next?
 コンドルフォートだったかぁ?」 Shall we head for Fort Condor?”
見習いパイロット(LV6) Pilot in training (LV6)
「あわ! いくですか?」 “Yaah! Shall we take off?”
    いく {Choice}Yes
    いかない {Choice}No
見習いパイロット(LV6) Pilot in training (LV6)
「あわ! いきま~す!」 “Yaah! We're taking off!”
BARRET {Barret}
「な~にシケた顔してるんだぁ?」 “What's that sad face for?”
BARRET {Barret}
「CLOUDがいなくちゃダメかよ…… “What? Does {Cloud} always
 最初はあいつ無しでやってきたじゃねえか……」 “We did fine without him
「ん? 強いTIFAさんは “Right? An' what happened to
 どこに行っちまったんだぁ?」 the tough girl I used to know?
BARRET {Barret}
「オレはよう、CLOUDのこと考えると “Whenever I think of {Cloud},
 ワケがわかんなくなっちまうんだ」 everything gets all jumbled up.”
「いくら神羅や宝条でもよ “No matter how powerful Shinra or Hojo is,
 人間をつくっちまうなんて信じられねえしな」 I can't believe they can create humans.”
「でも、あいつのせいで “But because of them,
 メテオが来ちまうのは確かだ……」 we know that Meteor is heading towards us.”
「はっきり言って、あいつに会っても “Y'know, even if I saw him,
 どうしたらいいのか、わかんねえぜ……」 I don't have a damn idea what I'd do.”
BARRET {Barret}
「リーダーさんよ! 急いでくれ!」 “Yo, Leader-man!
BARRET {Barret}
「ん~? リーダーさん、次はどうするよっ!」 “Leader-man? What's next!?” Triggered if PPV is less than 1116 (but above 1101), and if Var[15][145]^ (1<<5) is NOT like this. NOT SURE HOW!!!
BARRET {Barret}
「おい、ちらっとTIFAたちの “Yo, wanna see what {Tifa} and
 様子でも見にいかねえか?」 the gang are doing?”
RED XIII {Red XIII}
「元気だしてよ、TIFA……」 “Cheer up, {Tifa}…”
RED XIII {Red XIII}
「ライフストリームに近い場所…… “There appears to be a small island
 小さな島があるらしいんだ」 near the Lifestream……”
「南の島で、ときどきライフストリームが “They said the Lifestream sometimes
 ブワーッてふきだしたりするんだって」 suddenly gushes out
「うんと小さいころ、セトに聞いたんだけど “I remember hearing about this from
 よく覚えてないんだ…… Seto when I was a child,
 ごめんね……TIFA」 but I don't remember much else…”
RED XIII {Red XIII}
「CLOUDとTIFAのぶんも “We'll do our best for Triggered if PPV is less than 1116 (but above 1101), and if Var[15][145]^ (1<<5) is NOT like this. NOT SURE HOW!!!
 オイラ、がんばるからね」 {Cloud} and you.”
「…………AERITHのぶんもね」 “…And {Aeris}, too.”
RED XIII {Red XIII}
「ね、CID」 “{Cid}.”
「時々CLOUDとTIFAに “Let's visit {Cloud}
 会いに行こうね」 and {Tifa} from
RED XIII {Red XIII}
「ね、CID」 “Say {Cid}.”
「TIFAとCLOUD…… “I wonder how {Tifa} and
 どうしてるかな?」 {Cloud}…are doing.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「TIFAさん」 “{Tifa}.”
「スカーレットのほっぺたバシバシ “You saw him slapping Scarlet around?”
 しばいてましたやろ?」
「いや、よ~やってくれました。 “Yeah, he did a good job, too.
 すか~っとしましたわ」 It felt good just watching.”
「あの元気をず~と、忘れんように “Let's never forget that
 がんばりましょうや!」 spirit, and give it our all!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「TIFAさん、ボク、いろいろと “{Tifa}, I'll give you
 神羅の情報を流しますからね」 info on Shinra.”
「わからんことがあったら “Ask me if there's anything
 ボクに聞いて下さいな」 you don't understand.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「神羅の動きは特にありませんわ」 “Everything appears calm
「今のうちにCLOUDさん、探しましょ。 “So now's the time to
 ボクも気になりますのや」 look for {Cloud}.”
「あの人、どこにおるのやろなぁ? “I'm worried about him, too.”
 それとも、もう……」 “I wonder where {Cloud} is.
CAIT SITH {Cait Sith}
「TIFAさん…… “{Tifa}…
 ボクは、神羅やめた方が Do you think it's a good
 ええんでしょうかねぇ?」 idea for me to quit Shinra?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「あ、す、すんません」 “Oh, I'm sorry.”
「TIFAさん、それどころや “{Tifa}, there's no way
 あらへんもんなぁ……」 I can quit right now…”
CAIT SITH {Cait Sith}
「CIDさん、期待してますで~」 “{Cid},
CAIT SITH {Cait Sith}
「CIDさん、つかれてますなぁ」 “{Cid}, you're tired, huh?”
「代わってあげたいんやけど “I'd like to change places with you, but
 ボク、情報係ですから、すんませんなぁ」 I'm in charge of information,
CAIT SITH {Cait Sith}
「ええと、ヒュージマテリアは “Hmmn, the Huge Materia is at This line is flagged twice, and the one time it isn't used has, again, to do with Var[15][145].
 コレル、コンドルフォート……」 Corel, Fort Condor, and…”
「他にもまだあったような “I'm sure there was another place that had it.
 気がしますけど、どこやったかなぁ……」 Where was that…?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「神羅の動き……止まりましたで」 “Shinra's…stopped.”
「でも、こういう時は要注意ですのや。 “Now we've got to be careful.
 ハイデッカーたちがなんか考えてるに I know Heidegger and his gang
 ちがいまへんわ」 are plotting something.”
VINCENT {Vincent}
「……無事で良かったな、TIFA」 “…So glad you're all
VINCENT {Vincent}
「ふくらみすぎた希望は絶望の裏返し」 “Too much hope is the opposite of despair.”
「大きすぎる愛はおまえを “An overpowering love may
 打ちのめすことになるかもしれない……」 consume you in the end.”
VINCENT {Vincent}
「CID……あんたのその熱さが “{Cid}…I wish I had your
 うらやましいよ」 go-get-them attitude.”
「私の心は長い眠りのうちに “…Don't expect me to do anything Triggered if PPV is less than 1116 (but above 1101), and if Var[15][145]^ (1<<5) is NOT like this. NOT SURE HOW!!!
 とけてなくなってしまったようだからな……」 other than fight beside you.”
VINCENT Vincent
「……戦闘以外で私に何かを期待するな」
「ねぎらいの言葉すら、私は知らない。 “I have no words of comfort.”
 もっとも、あんたは他人の優しさに “Of course, I don't believe you're
 すがるような人間ではなさそうだが……」 the type who needs the kindness
VINCENT {Vincent}
「ずいぶんつかれているようだが “You look really tired, maybe you're ready
 そろそろリーダーをおりるのかな?」 to give up being leader?”
CID {Cid}
「落ちこんでてもしょうがねえぞ、ネエちゃん。 “No use singing the blues, baby. Triggered if PPV is higher than 1100. But I can't find anything that naturally leads to byte 418 which leads to the line being triggered…
 とにかくいろいろ動きまわるこったぜ」 The best thing to do is to keep movin'.” It may have to do with the Var[3][22]^(1<<2) thing, or that at byte 415 it jumps to byte 442, PAST Cid's line!
「あ、あの、話しかけられると “Whenever anyone talks to me,
 ドキドキしちゃって仕事しくじっちゃいます」 I get all nervous and mess things up!”
CID {Cid}
「オラッ! なにやってんだよ!」 “Hey you! What the hell are you doin'!?”
「艇長! ごくろうさまです!」 “Good day, Captain!”
「お、おれたち見てるだけでいいんです。 “All we have to do is just pilot.
 話しかけてくれなくってもいいです」 They don't have to talk to us.”
「やっぱり艇長が “Looks like you turned out to be the
 リーダーじゃなくっちゃ……でっす!」 leader after all, Captain…”
見習いパイロット(LV7) Pilot in Training (LV7)
「わ! いくですか?」 “Yaaah! Shall we take off?”
    いく {Choice}Roger
    いかない {Choice}Negative
見習いパイロット(LV7) Pilot in Training (LV7)
「わ! いきます!」} “Man! We're taking off!”