Dialogue Script

Chapter: 34 - Corel and Condor Huge Mat.

The party try to get the Fort Condor and Mount Corel Huge Materia (NPC have been done already). Cid decides to return to Mideel

 
FF7 International ScriptFF7 PC English ScriptMissing TranslationNotes
JAPANESE (Intl Ver) PC ENGLISH
兵士 Guard Alternatively, "Soldier", but that is already used in SOLDIER.
「きさまたちは!」 “You guys are…”
CID {Cid}
「間一髪 “Guess we're safe for now…”
 セーフってトコか!」
BARRET {Barret}
「おわ~ッ!」 “Da---mn!”
RED XIII {Red XIII}
「あ、あ~っ!」 “Ohh!”
YUFFIE {Yuffie}
「ちょ、ちょっと!」 “Wa…wait!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「な、なんや “Wha…what is it,
 なんなんや!」 what is it?”
VINCENT {Vincent}
「!!」 “!!”
CID {Cid}
「ほ~お!
 列車でヒュージマテリアを “Looks like they're takin' off
 持ち逃げってすんぽうかい」 with the Huge Materia in that train!”
BARRET {Barret}
「ええい! “NO!
 くそったれが!」 You damn boneheads!”
RED XIII {Red XIII}
「オイラたち、神羅に先を “Did the Shinra beat us!?”
 こされちゃったの!?」
YUFFIE {Yuffie}
「ど~すんだよ~! “What are ya gonna do!?
ヒュージマテリア!」 Huge Materia!?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ま、まさか “Wha…you're not
 あきらめるんや thinking about giving up…”
 ないですよね……」
VINCENT {Vincent}
「……追うか?」 “…shall we go after them?”
CID {Cid}
「おいおい、オレ様を “Hey, do you know who I am?”
 誰だと思ってんだ?」
「天下のCID様だぜ! “I'm {Cid} - that's who
 ま、オレ様にまかしとけって!」 the hell I am!
CID {Cid}
「おらおらおら~ッ!」 “Hey, hey, hey, hey---!”
BARRET {Barret}
「しかし、こんなものまで “How can they even drive this?”
 よく運転出来るな」
RED XIII {Red XIII}
「CIDがいて “It sure helped having {Cid} here.
 助かったね。 I had no idea he could drive a train…”
 機関車も運転できるなんて」
YUFFIE {Yuffie}
「オジさん、やるじゃん。 “Pretty good for an old guy.
 こんなモンまで動かすなんて!」 I'm impressed you can move this thing!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ようやりますなぁ。 “Way to go, Mister!
 これの運転もできるんですか?」 You used to drivin' this thing too?”
VINCENT {Vincent}
「さすがだな。 “I'm impressed.
 こんなものまで You can drive this too?”
運転できるとは……」
CID {Cid}
「いや! よくは、わからねえ!」 “Don't ask me…
BARRET {Barret}
「何いッ!?」 “What!?”
RED XIII {Red XIII}
「え、え~っ!?」 “Wa…What!?”
YUFFIE {Yuffie}
「え~ッ!? “What!?
 マジで~!?」 For serious!?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「はぁ? いまなにゆうた!?」 “Huh? What'd you just say!?”
VINCENT {Vincent}
「な、なに……!?」 “Wha…what…!?”
CID {Cid}
「心配いらね~って! “Don't worry!
 この手のモンは気合いだ!」 I can handle this!”
「レバーは左右に2本か……」 “Two levers; one on the right
左レバー      右レバー Left lever…(Directional button up)
【方向キー上】  【△ボタン】 Right lever…({!}{Purple}[MENU]{!}{White})
CID {Cid}
「なるほど、左右交互に “I see, just alternate the two levers
 レバーを上下すりゃいいんだな!」 up and down, right!?”
「敵さんのスピードじゃ “Judging from the enemy's speed,
 北コレルまで10分ってとこだな」 I'd say it'll take about 10 minutes.”
「とばすぜ! “We're gonna fly!!
 しっかり、つかまってな!!」 Hold on tight!!”
CID {Cid}
「おっしゃ! “All right!
 とびうつるぜ!!」 We're gonna jump!!”
CID {Cid}
「ちっきしょう!」 “DAMN!”
「すまねえ! “Sorry!
 追い付けなかったぜ!」 I couldn't catch them!”
CID {Cid}
「や、やべえ! “Oh ^%$#&$!
 北コレルに突っこんじまう!」 We're gonna crash into North Corel!”
兵士
「ゲッ! “What the?
 き、きさまら!」 You…you guys!”
CID {Cid}
「さ~てと、おとなしく “All right---
 ヒュージマテリアを Hand over the Huge Materia!”
 わたしな!」
兵士 Guard Alternatively, "Soldier", but that is already used in SOLDIER.
「クッ……」 “Sh…”
「うおお~!」 “Whooooa----!”
CID {Cid}
「このCID様に “You got guts comin' after me!”
 向かって来るたあ
 いい度胸だ!」
「おまえのことは忘れないぜ……」 “I'll never forget you!”
BARRET {Barret}
「そんな場合じゃねえぞ!」 “No time for that now!”
RED XIII {Red XIII}
「加速はできたけど “We got it going,
 どうやって止めるの?」 but how do we stop it?”
YUFFIE {Yuffie}
「ヒュージマテリアどころか “Forget the Huge Materia,
 アタシたちも、ヤバいって!」 WE'RE the ones in deep trouble!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「運転手殺してしもて “What are we gonna do,
 どないすんねんな!」 kill the engineer!?”
VINCENT {Vincent}
「ブレーキをたのむ。 “Hit the brakes, Chief.”
 リーダーさん」
CID {Cid}
「わ~かってらあ! “I KNOW, already!
 やいのやいの、さわぐなって! Just shut up and sit tight!
 このままじゃ、北コレルに If we keep this up, we'll
 つっこんじまう!!」 crash right into North Corel!”
CID {Cid}
「さ~てと…… “Let's see…
 交互に入れると加速なら……」 If we use the levers alternately
  左レバー     右レバー left lever…(up)Directional button up
上【方向キー上】  【△ボタン】 {Choice}{Choice} (down)Directional button down
下【方向キー下】  【×ボタン】 right lever…(up){!}{Purple}[MENU]{!}{White}
CID {Choice}{Choice} (down){!}{Purple}[CANCEL]{!}{White}
「両方のレバーを同時に “It should stop if we move the levers
 上か下に入れりゃ up or down simultaneously!”
 ブレーキだな!」
BARRET {Barret}
「ダ、ダメじゃねえか!」 “Hey, it's not working!”
RED XIII {Red XIII}
「スピードが “We're gaining speed!”
 上がってるよ!」
CAIT SITH {Cait Sith}
「ちょ~待って~や! “Hey-------WAIT!
 逆や、逆!」 …other way, other way, other way!”
VINCENT {Vincent}
「ぎゃ、逆じゃないか?」 “Isn't it…the other way?”
YUFFIE {Yuffie}
「加速して “What are you doin', accelerating!?”
 ど~すんのよ~ッ!」
CID {Cid}
「チッ! 反対かよ! “^%#@! The other way!?
 見てろ、今度こそ!」 Just watch, I'll…”
BARRET {Barret}
「お、おいおい!!」 “Hey…HEY HEY!!”
RED XIII {Red XIII}
「うわ~ッ!!」 “WHOOOOOO----A!!”
YUFFIE {Yuffie}
「ふざけろ! “Get serious, you OLD MAN!!”
 オヤジ~ッ!!」
CAIT SITH {Cait Sith}
「あ、あかんて~!!」 “No…DON'T----!!”
VINCENT {Vincent}
「……!!」 “…!!”
CID {Cid}
「ク……ソったれえ!!」} “SH--------!!”
北コレル North Corel
BARRET {Barret}
「あ…あたりめぇじゃねぇか! “Of…of course!
 オレたちゃ炭坑生まれの炭坑育ち!!」 We're all born and raised
「どんなにつらい時でも “No matter how tough it gets,
 ハートだけは石炭のように our hearts burn bright red like coal!”
 真っ赤に燃え続けているんだ!」
「あんたたちだろ “Aren't you the ones that stopped
 神羅の列車を止めてくれたのは?」 the Shinra Train?”
「また神羅の手でオレたちの生活が “The Shinra was just about to destroy
 ぶち壊されるところだったぜ……」 our lives again…”
「おっ、そうだ!」 “That's it!”
「お~い、ボウズ! “Hey, kid!
 神羅と戦う正義の味方に How about givin' somethin'
 渡すものがあるんだろ?」 to these guys fighting'
「ガラクタだらけでも “To you it may be a junk yard,
 この土地はオレたちの大切な故郷なんだ」 but to us its home.”
「ガラクタだらけでもこの土地は “It might be full of junk,
 オレたちの大切な故郷なんだよな but this is the only home we got,
 BARRETさんよ!!」 {Barret}!!”
「そうとうキツイ戦いだったんだろ? “Must've been a horrific battle.
 体じゅう傷だらけじゃねぇか」 You have scars all over your body.”
「宿屋のオヤジに言っておいたから “I already talked to the Inn's owner.
 今日はタダで休んでいきな」 Today you can rest for free.”
「メテオがなんだってんだい! “To hell with Meteor!
 オレたちゃ炭坑夫なんだぜ」 We're Coal Miners, ain't we?”
「長~いトンネルをほって “We'll dig a deep tunnel
 メテオから逃げのびてやらあ!」 and hide from the Meteor!”
「あんたたち “You guys are really something!”
 たまげたもんだぜ!」
「勇気があるねぇ。 “You sure are brave.
 たいしたもんだよ!」 I'm impressed!”
武器屋
「生き抜いていくには “You'll need weapons from our store,
 この店の武器が必要だぜ」 if you want to survive.”
道具屋
「何でもイイ “Please buy something.
 買ってちょうだい!」 Anything!”
「気に入ったたら買ってくれ」 “If you see anything you like, buy it.”
「イドの中からひろい上げたんだ。 “I got it out of the well.
 きっとスゴ~イ石だよ!!」 Isn't it an amazing rock!!”
「あれれ、おじさん? “Whoops…
 それじゃ、持ちきれないよ」 You can't hold any more.”
「ポケットにしまっておくから “Here, I'll keep some in my pocket
 また、あとで取りにきてね!」} and you can come by later and
『アルテマ』のマテリアを手にいれた! Received "Ultima" Materia!
キーアイテム『ヒュージマテリア』を手にいれた! Received Key Item "Huge Materia"!
北コレル North Corel
「もう何もかも失ってしまったな… “We've lost everything…
 1から…… Now we have to start again
 いや0から、やり直すとするか」 from ' 1'…no, from ' 0'.”
「オレたちが何をしたっていうんだ… “God, what have we done?”
 神さまよぅ……」
「なんて言ってもしかたねぇか。 “Well, no use just sitting around
 なぁ、どうすりゃ立ち直れるかな?」 talking about it.
「オマエらがのびている間に “While you guys were relaxing,
 神羅兵がヒュージマテリアを Shinra troops took the Huge Materia.”
 持っていったぜ」
   列車がつっこんで来るで~ The train's crashing in
   神さまアリガトウ、列車が止まった Thank you, God, the train stopped.
   なんにもしなかった」 It didn't do any damage.”
「あのボウズが何か光るものを “I heard that kid found
 ひろったって言ってたぜ」 something that glows.”
「よぉ、世の中は今 “Hey,
 どうなってんだい……」 what's this world coming to …?”
「ゴールドーソーサーが閉園に “Even the Gold Saucer is closing.
 なるんだから、遊ぶ気分じゃない So does that mean
 ってところなのか?」 there's no time to be playing around?”
「よぉ、ゴールドソーサーが “Hey,
 再開したんだぜ!」 the Golden Saucer reopened!”
「メテオのことを頭から消すには “I guess that means
 遊んで忘れるしか無いってことか」 we should play hard to forget about Meteor.”
武器屋
「オレの店はブジだったぜ!」 “My store was all right!”
道具屋
「せっかく道具屋やってんのに “I have a tool shop,
 店をなおす道具がナイんだ…」 but I don't have any tools
「ワーイ! “Yay!
 ボクのおうちができたー!!」 My house is finished!!”
「えっと、次の駅はどこじゃったかな?」 “Um…
CID {Cid}
「ちきしょう! なんてこった…… “^$#@%$ !
 列車を止められなかったばかりに……」 We couldn't stop the train…”
CID {Cid}
「神羅の狙う、ヒュージマテリア…… “The Huge Materia that Shinra is after…
 残るはジュノンの海底魔晄炉のみだな」 The last one left is
CID {Cid}
「いくら神羅でも、ことごとくオレ様たちの “Even if they are the Shinra,
 邪魔が入って、しん重になっているはずだ」 they should have a hard time
「そんなに急がなくてもいいと思うぜ…… “I don't think we have to hurry that much…
 ……それよりオレ様は …I just can't get that guy out of my head.”
 あいつが気がかりで、しょうがねえんだ!」
CID {Cid}
「ああ、それにTIFAも “Yeah, and I'm worried
 どうしてるか心配だしな。」 how {Tifa}'s doing, too.”
「ちょっと様子を見に戻ってみるか “Maybe we should go to {!}{Cyan}Mideel{!}{White}
 【ミディール】へ……」 to see how they are doing…”
TIFA {Tifa}
「神羅をなんとかしなくちゃ! “We have to do something about Shinra!
 もうこんな悲しいことはたくさんよ!」 Sick of hearin'
BARRET {Barret}
「また、やっちまった…… “I did it again…
 こんなの……つぐないきれねぇよ」 I can't keep up with this.”
BARRET {Barret}
「先まわりしてやるぜ!」 “We'll get there before 'em!”
BARRET {Barret}
「CLOUD……」 “{Cloud}…”
RED XIII {Red XIII}
「オ、オイラ神羅をゆるせない!」 “I could never forgive Shinra!”
RED XIII {Red XIII}
「絶対に止めなきゃ!!」 “We HAVE to stop them!!”
RED XIII {Red XIII}
「CLOUDのことだね……」 “You must be talking about {Cloud}…”
YUFFIE {Yuffie}
「アタシの故郷がこんなことになったら “I'd be sad
 悲しいだろな……」 if this place was my hometown…”
YUFFIE {Yuffie}
「急いで、止めなきゃ!!」 “We've got to hurry and stop them!!”
YUFFIE {Yuffie}
「CLOUDのことだろ……」 “You must mean {Cloud}…”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ボクらがミスったばっかりに “We got into this situation
 こんなことになるやなんて……」 because we goofed…”
CAIT SITH {Cait Sith}
「海底魔晄炉に行くんでっか?」 “Are we heading out to
CAIT SITH {Cait Sith}
「CLOUDさん……」 “{Cloud}…”
VINCENT {Vincent}
「すさまじい光景だな……」 “A spectacular sight…”
VINCENT {Vincent}
「海底魔晄炉に行くのか?」 “Are we going to
VINCENT {Vincent}
「CLOUDか……」 “{Cloud}…”
『アルテマ』のマテリアを手にいれた! Received "Ultima" Materia!
「イドから光る石を “I got a glowing rock from the well.”
 ひろったんだ」
「50000ギルでなら “I'll sell it to you for
 売ってあげてもイイよ! 50000 gil!”
   買う Buy it
   買わない Don't buy it
「お金が足りないじゃないか! “You don't have enough money!
 子供だからってバカにするない!!」 Don't try to take advantage of me
「だれか、この石を “I wish someone would
 買ってくれないかなぁ~」 buy this rock off of me…”
「あれれ? “Huh?
 いっぱい、もってるじゃないか!」 You have lots of 'em!”
「それじゃ、持ちきれないよ。 “You can't carry all of 'em.
 ポケットにしまっておこ~っと」} So I'm gonna keep it in my pocket…”
CID Cid
「神羅が狙う、ヒュージマテリア…… “It's Huge Materia that the Shinra's after…
 あとはジュノンの海底魔晄炉のみ、ってか?」 The only one left is
BARRET {Barret}
「先まわりして絶対に止めるんだ! “We gotta get there first
RED XIII {Red XIII}
「先まわりして絶対に止めなきゃ」 “We must get there first
YUFFIE {Yuffie}
「先まわりして止めなきゃ…」 “We got to get there first
VINCENT {Vincent}
「先まわりして絶対に止めないとな」 “We've got to get there first
CID
「でもよ、いちいちオレ様たちが “Yeah, but since we got in their way
 ジャマするからよ、神羅だって the last time, they should've gotten
 少しは警戒してるはずだぜ」 a little more cautious.”
「ここは、ちっとばかり間をおいて “I doubt they'll fly right into action.
 そのあいだに、アイツのところへ I'm more concerned about him
 行ってみねえか?」 than anything else.”
BARRET {Barret}
「CLOUDだな……」 “{Cloud}, it's you.”
RED XIII {Red XIII}
「CLOUDだね……」 “Yes, it's you {Cloud}.”
YUFFIE {Yuffie}
「CLOUDだよね……」 “It is you {Cloud}.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「CLOUDさん……」 “{Cloud}…”
VINCENT {Vincent}
「CLOUDだな……」 “{Cloud}, it's you.” Unable to trigger, even when it SHOULD be triggered. WHY?!
CID {Cid}
「ああ、それにTIFAも “Yeah, and I'm worried that
 ぶっ倒れちまってんじゃ even {Tifa}'s gonna fall over
 ねえかと心配でな」 on her butt.”
「ちょっと様子を見に戻ってみるか…… “Let's go back and
 【ミディール】へ……」} see what's happening…
「い、今の光は…… “Th, that light just now…{!}{Pause:Wait}
 コンドルが…… The Condor…{!}{Pause:Wait}
 タマゴが……」 The egg…”
「は! “What!?{!}{Pause:Wait}
 す、すまないが Would you go outside
 そこの扉から出て and see what it was?”
 確認してきてくれないか」
「直接見にいってくれないか?」 “Would you go check on it immediately?”
「行ってしまったな」 “Gone…”
「ああ、君たちか。 “Oh, it's you.
 本当にありがとう」 Thanks a lot.”
「親父にも “Be sure and report
 報告しておいてくれよ」 to my father, too.”
「そうそう、さっき戦場で “Oh, yeah. I found this just now
 いいものをみつけたんだよ。 on the battlefield.
 君たちの役にたてばいいな」} Maybe it'll come in handy
『マジックコーム』を手にいれた! Received "Magic Comb"!
『安らぎの指輪』を手にいれた! Received "Peace Ring"!
『ラストエリクサー』を手にいれた! Received "Megalixir"!
『スーパーボール』を手にいれた! Received "Super Ball"!
『エーテル』を3個手にいれた! Received three "Tincture"! 3 Ethers
『ハイポーション』を5個手にいれた! Received five "Potion"! 5 Hi-Potions
『エーテルターボ』を3個手にいれた! Received three "Turbo Ether"!
『エクスポーション』を5個手にいれた! Received three "Elixir"! 5 X-Potions Text box too small to display any text in the English game. Never checked JP.
『エリクサー』を3個手にいれた! Received three "Elixir"!
山の上 top of the mountain Mountain Top
『フェニックス』のマテリアを手にいれた! Received "Phoenix" Materia!
これいじょうマテリアは持てません。 Cannot take on anymore Materia.
なにかマテリアをすててください。 Please discard some Materia.
「みなさん、ありがとう。 “Everyone, thanks.
 本当にありがとう」 I really mean it. Thanks.”
「差し上げられるものは、何もないのだが “Although there isn't anything
 いつでも泊まれるようにしておくから we can give you,
 使ってくれ」 we'll make sure you can stop
「そうそう、それと “Yes, yes, and there's one thing
 言い忘れていたことが少し……」 I forgot to tell you…”
CLOUD {Cloud}
「これは……」 “This…is…”
AERITH {Aeris}
「な~に? “What is this?”
 これは」
BARRET {Barret}
「おお、でっかいマテリアだ」 “Damn man, it's Huge Materia.”
TIFA {Tifa}
「このマテリア、すごい……」 “This Materia is really
RED XIII {Red XIII}
「これは、すごいよ!」 “Wow, it's something!”
CID {Cid}
「あん? “Huh?
 これがどうした?」 What's this?”
YUFFIE {Yuffie}
「お~っし! “Gotta have that Materia!”
 マテリアだ」
CAIT SITH {Cait Sith}
「ふんふん “Hmm, you mean this?”
 これかいな」
VINCENT {Vincent}
「これは……」 “This is…”
「実は、これがあの魔晄炉の中にあった “The truth is, this is the Materia
 マテリアなのですよ」 inside the reactor.”
CLOUD {Cloud}
「じゃあ、俺たちはマテリアのない “Then you're telling me
 魔晄炉を守っていたわけか……」 we protected a reactor that
TIFA {Tifa}
「それならそうと言ってくれなくちゃ。 “If that's the case,
 別な戦い方があったかもしれないわ」 “There may have been
CID {Cid}
「つうことはよ “What the hell
 オレ様たちゃ、何のために戦ったんだ?」 did we fight for?”
「私たちが守っていただいたのは “We weren't protectin' the reactor,
 魔晄炉などではなく we were protectin' the Condor.”
 コンドルの生命の営みですよ」
「あの魔晄炉を建設する時には “When that reactor was built,
 私たちも手伝わされたのです。 they forced us to help.
 ですから、魔晄炉内のことは知っていました」 That's how we knew what was
「いつかこういう時がくると思って “I knew this day would come,
 神羅がいなくなったあと so after the Shinra left,
 忍びこんで、マテリアを持ち出しておいたのです」 I sneaked in and
「だますつもりでは、なかったのですが “I didn't mean to fool you, but
 結果的にはそうなってしまいましたね。 I guess that's how it ended up.
 申し訳ありません」 I'm really sorry.”
CLOUD {Cloud}
「いや…… “Well…
 それで良かったのかもしれない」 Maybe it was for the best.”
「俺たちだって “Besides, there was no guarantee
 絶対に勝てる保証はなかった」 we'd defeat Shinra.”
TIFA {Tifa}
「いいえ、それで良かったと思います。 “No, I think what happened is good.
 私たちも、勝てるかどうか 'Cause we didn't know
 わかりませんでしたから」 if we'd win.”
CID {Cid}
「そんなこたぁ、もういいよ。 “Just forget about it.
 とりあえずは、生きてるからな」 Anyway, we're still alive.”
「そうですか。 “I see.
 そう言ってもらると…… If you put it that way…
 本当にありがとうございます」 we're really grateful.”
CID {Cid}
「神羅が狙う、ヒュージマテリア…… “So the last Huge Materia
 あとはジュノンの海底魔晄炉のみ、ってか?」 that Shinra's after's in the
BARRET {Barret}
「先まわりして絶対に止めるんだ!」 “We gotta get there first and
RED XIII {Red XIII}
「先まわりして絶対に止めなきゃ」 “We must get there before them
YUFFIE {Yuffie}
「先まわりして止めなきゃ……」 “We gotta get there and stop 'em…”
VINCENT {Vincent}
「先まわり……か」 “Getting to the reactor before them…”
CID {Cid}
「でもよ、いちいちオレ様たちが “But ya know, Shinra's probably
 ジャマするからよ、神羅だって on high alert
 少しは警戒してるはずだぜ」 since we always mess with 'em.”
「ここは、ちっとばかり間をおいて “How 'bout we take a break and go
 そのあいだに、アイツのところへ see that little fella for a bit?”
 行ってみねえか?」
BARRET {Barret}
「CLOUDだな……」 “You mus' mean
RED XIII {Red XIII}
「CLOUDだね……」 “You mean, {Cloud}?”
YUFFIE {Yuffie}
「CLOUDだよね……」 “{Cloud}, right?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「CLOUDさん……」 “You must mean
VINCENT {Vincent}
「CLOUDだな……」 “You mean {Cloud}?”
CID {Cid}
「ああ、それにTIFAも “Yeah, I'm worried 'bout
 ぶっ倒れちまってんじゃねえかと {Tifa}.
 心配だしよ」 She may've collapsed
「で、様子を見に行ってみねえか? “How 'bout checkin' in on 'em?
 【ミディール】へよ!」} Down to {!}{Cyan}Mideel{!}{White}!”