Dialogue Script

Chapter: 35 - Mideel II and Lifestream

Return to Mideel, Ultimate WEAPON attacks, Cloud and Tifa regain their memories in the Lifestream, the party rescuses them, Cloud gives a speech in the Operations Room

 
FF7 International ScriptFF7 PC English ScriptMissing TranslationNotes
JAPANESE (Intl Ver) PC ENGLISH
「あら、こんにちわ。 “She's always there
 彼女、いつも彼につきっきりよ。 right by his side.
 よっぽど大切な人なのね」 She must really love him.”
「いい、たとえどんな時でも “Even at a time like this
 希望をすてちゃダメ。 you should never give up hope.
 彼女みたいに、強くならなきゃ」 You've got to be strong like her.”
「そうそう、彼、時々ナンバーが “Sometimes he mumbles
 どうのってつぶやくんだけど…… about numbers…
 なんのことなのかしら?」 I wonder what it means?”
「彼女、最近さすがにつかれが “She's finally beginning to
 みえてきたみたいだけど…… look a little tired…
 だいじょうぶかしら?」 I hope she's all right.”
「ぜんぜん変化がないなかで “No change in his condition,
 それでもがんばりつづけるのって yet she stays right by his side.
 けっこうしんどいのよね」 It must be tough on her.”
「このままじゃ、彼女の方まで “If she keeps this up
 おかしくなっちゃうんじゃ she's going to get sick…”
 ないかしら……」
ドクター Doctor
「やあ、君たちか……。 “I'm sorry…
 残念だが、友人の容体は But your friend's condition
 相変わらずだよ……」 remains unchanged…”
「あきらめずに気長に待つんだ。 “You'll have to be patient and wait this out.
 こういうことは、時間が These things take time.
 かんじんだよ、時間が……。 Just like fine wine, time is of the essence.”
 うまいワインとおんなじでな」
CLOUD {Cloud}
「百億の……鏡のかけら…… “A billion mirror fragments…
 小さな……ともしび……」 small…light…”
「とらわれた……天使の…… “taken…angel's…
 うた声……。 singing voices…
 ……ゼノ……ギアス……」 …Xeno…gears…”
CLOUD {Cloud}
「う……あ……ああ」 “uh…a….aah…”
「……。俺……。 “…what…
 ナンバー……いくつ?」 What number….am I?”
TIFA {Tifa}
「CLOUD…… “{Cloud}…
 ぜんぜんよくならないの……」 I don't understand a word.”
「バカだな、私……。 “I'm such a fool……
 CLOUDに、なにをしてあげられると I thought I could do
 思ってたんだろ……」 something to help…”
TIFA {Tifa}
「……ダメだわ……。 “…It's no use…I don't understand
 CLOUD、ぜんぜんよくならないの」 a thing, {Cloud}.”
「私、どうしたらいいのか……。 “What should I do?
 もしCLOUDが、このまま一生 What if you never recover
 なおらなかったら……?」 for the rest of your life?”
TIFA {Tifa}
「キャッ!?」 “Eyaaah!?”
TIFA {Tifa}
「ま、まさか…… “Oh no…
 これって……!?」 It's…”
CLOUD {Cloud}
「……ヤツらが…… “…coming….
 ヤツらが……来る……!!」 They're…coming…!!”
CID {Cid}
「なんだってえ、CLOUD!?」 “What did you say, {Cloud}!?”
CID {Cid}
「ちくしょー。いったい “Damn.
 どーなってやがんだ!?」 What the hell's goin' on!?”
ドクター Doctor
「こ、こりゃ、いかん!! “This is bad!!
 でかいぞ!」 This one's big!”
「キャーッ! “Eyaaah!
 わ、わたし、ダメなのよ、地震!!」 I hate earthquakes!!”
TIFA {Tifa}
「なんかマズイよ……。 “Oh god…
 ユレが、どんどんひどくなってくる」 The tremors are getting worse.”
TIFA {Tifa}
「ちょっと待ってて、CLOUD」 “Wait a minute, {Cloud}.”
TIFA {Tifa}
「先生! ここにいるより “Doctor! Shouldn't we move
 どこか外へ逃げた方が……?」 him somewhere?”
ドクター Doctor
「うむ……。開けた場所へ “Hmm…It might be safer
 避難した方が安全かも知れんな」 to move to an open area.”
TIFA {Tifa}
「なにも心配しなくていいのよ “Don't you worry about
 CLOUD……」 a thing, {Cloud}…”
「私がきっと、安全なところまで “I'll see to it that you get
 連れていってあげる!」 somewhere safe!”
ドクター Doctor
「いかん! 家がもたんぞ!! “No! The structure can't take it!! {!}{Pause:Timed}*
 急ぎたまえ!」 Hurry!”
TIFA {Tifa}
「はい!」 “Yes!”
TIFA {Tifa}
「いい、CLOUD……? “Ready {Cloud}?
 行くわよ!!」} We're leaving now!!”
「ま、それはそれとして…… “Well anyhow…
 あなたたちも、顔色わるいわね。 Hey, you all look terrible.
 すこしここで休んでいきなさい」 Why don't you get some rest?”
「オッケー、バッチリよ! “OK! Perfect!
 それじゃ、気をつけてね」 Well then, take care.”
ミディール いこいの場 {Cid} Mideel Rest Stop 憩いの場 [いこいのば: IKOINOBA] place for relaxation and refreshment
CID {Cid}
「ちくしょー!! “Damn!!
 ウェポンの野郎めが!!」 That &%$^%$ Weapon!!”
「よりによって、こんな時に “Of all the times to show up!”
 あらわれやがって……!」
CID {Cid}
「さあ、来やがれ! “OK then, come on!!
 こんちくしょーめ!!」 You &$^%$!”
CID {Cid}
「ちくしょーめ! “You &^$#&$# !
 逃げるってのかよ」 You tryin' to escape?”
BARRET {Barret}
「チクショー。あともうちっとで “Damn, man. Just a little bit more
 あいつをぶっつぶせたのに……」 an' I woudda smashed him…”
BARRET {Barret}
「ライフストリームの方も “Looks like the Lifestream's
 どうやらおさまったみたいだな」 settled down now too.”
RED XIII {Red XIII}
「ちぇ、あともうすこしで “Just a little more and I
 やっつけられるとこだったのに」 would have beaten him.”
RED XIII {Red XIII}
「ライフストリームの方も “It looks like the Lifestream
 おさまったみたいだね」 has settled as well.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「こんなん、命がなんぼあっても “No matter how many lives I get,
 たらんわ」 it ain't enough!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「なんとか、ライフストリームも “Looks like the Lifestream's back under
 おさまったようですな」 control, too.”
YUFFIE {Yuffie}
「あいつ、いつか絶対 “I swear, next time,
 ぶっとばしてやるからなあ!」 that guy's dead meat!”
YUFFIE {Yuffie}
「ライフストリームの方も “Well at least the Lifestream's
 なんとかおさまったみたいだね」 back to normal.”
VINCENT {Vincent}
「ふん……。 “Hmm…
 逃げ足だけは、たっしゃらしいな」 Looks like escape is its best skill.”
VINCENT {Vincent}
「ライフストリームの方も “And the Lifestream
 おさまったようだな」 also appears to be normal.”
CID {Cid}
「……!?」 “…!?”
CID {Cid}
「ち、まさか……!!」 “Damn, you gotta be kiddin'!!”
CID {Cid}
「こ、こりゃ、やべえ……! “Th, this's bad!
 ストリーム本流の吹き上げか!?」 The main stream is kickin' up!!”
「さっきまでのヤツなんか “Somethin' way bigger than that
 くらべもんにならねえくらい last one is on its way!!”
 どでかいのが来るぞ!!」
CID {Cid}
「ダメだ!! “No good!!
 逃げろッ……!!」 Get outta here!!”
RED XIII {Red XIII}
「でも、TIFAと “But what about
 CLOUDが……!?」 {Tifa} and {Cloud}!?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「そんでも、CLOUDさんたちが……!?」 “But what about
YUFFIE {Yuffie}
「でも、TIFAと “But what about {Tifa}
 CLOUDが……!?」 and {Cloud}!?”
CID {Cid}
「バカ野郎!! “Goddammit!!”
 ひとのこと心配してる場合か!? “Don't have time to worry about anyone
 いつストリームが吹き出すか……」 other than yourself!
CID {Cid}
「うわっ!!」 “Whoa!!”
CID {Cid}
「時間がない、急げっ!!」 “There's no time, hurry!!”
CID {Cid}
「TIFA!! CLOUD!! “{Tifa}!! {Cloud}!!
 逃げろおおおっ!!」 Get outta here!!”
ライフストリーム [JP-exclusive Text Entry] Lifestream Test!
ライフストリーム Lifestream
TIFA {Tifa}
「こ、ここは……? “Wh, where am I?{!}{Pause:Timed}*
 どうなったの、私……?」 What's happening? I…”
TIFA {Tifa}
「CLOUDは……!? “Where's {Cloud}?
 CLOUDは、どこ!?」 {Cloud}, where are you!?”
TIFA {Tifa}
「え……なに……? “Huh…what?
 だれ……?」 Who…?”
TIFA {Tifa}
「だれなの……? “Who is it?
 聞こえないよ……」 I can't hear…”
TIFA {Tifa}
「ちょっと、待って……! “Wait a minute!
 私、そんなの、知らない!」 I know nothing about that!”
TIFA {Tifa}
「ちがう、私じゃないよ……! “No! It's not me!
 私、そんなこと、しない!!」 I'd never do anything like that!!”
TIFA {Tifa}
「いやッ、やめて……!! “No! Stop it!!
 なかに入って来ないで!!」 Stay back!”
TIFA {Tifa}
「だれか、助けて……! “Somebody…help!
 おねがい……!!」 Please!!”
TIFA {Tifa}
「助けて、CLOUDッ!!」 “{Cloud},help me!!”
TIFA {Tifa}
「いやあああああッ……!!」} “Eyaaaaghh!!”
マインドフィールド Mind Field
TIFA {Tifa}
「………。 “…
 ここは……?」 Where am I?”
TIFA {Tifa}
「CLOUD!?」 “{Cloud}!?”
TIFA {Tifa}
「どうしたの、CLOUD……!? “What is it, {Cloud}?
 いったい、これは……!?」 What is this?”
TIFA {Tifa}
「さがしてるのね? “You're searching, aren't you
 CLOUD……自分を……」 {Cloud}?”
「ここは、あなたの夢のなか……? “Searching…for yourself…”
 ……それとも…… “Is this the inside of your dreams?
 あなたの……意識なの……?」 Or is it…
TIFA {Tifa}
「……手伝うよ、私も。 “I can help, too.
 本当のあなたをとりもどすため We'll work together to try
 いっしょに、がんばろ!」 and get the real you back!”
TIFA {Tifa}
「でも…… “But…
 どうすれば……?」 Where do we start?”
TIFA {Tifa}
「通じているの…… “It connects…
 ニブルヘイムに……?」 to Nibelheim?”
TIFA {Tifa}
「そうね……。たしかに “That's right…It's probably
 そこからはじめるのが best to start from there…”
 一番なのかもしれない……」
TIFA {Tifa}
「行ってみましょう、CLOUD。 “Let's go have a look, {Cloud}.
 つらいかもしれないけど……。 I know it's not easy…
 私がついてるから……」 I'll be here for you…”
「ニブルヘイムの門…… “The gates of Nibelheim…
 5年前、セフィロスとともに Five years ago, Sephiroth
 この門をくぐり……」 passed through these gates…”
「そうして…… “And…
 すべてがはじまった……」 That's how it all started…”
「星空の給水塔……。 “That starry night at the well…
 あの夜のふたりの約束も…… The promise we made then…
 いつわりの記憶でしかないとしたら?」 What if that memory was all a lie?”
「………ふうじこめられた “…A sealed up
 ひそかな……ねがい……」 secret…wish…”
「大切な想いは…… “Tender feelings…
 だれにも知られることなく……」 that no one can ever know…”
『強くなりさえすれば…… “If I could just get stronger…
 TIFAだって、俺のこと Then even {Tifa} would
 認めてくれると……』 have to notice me…”
TIFA {Tifa}
「そうだったの……、CLOUD」 “So that was it?”
TIFA {Tifa}
「ゴメンね、CLOUD」 “Sorry, {Cloud}.”
「あの時のこと “If I had only remembered
 私がちゃんとおぼえていれば more clearly what happened,
 もっと早くに……」 I could have done something sooner…”
「TIFAのせいじゃないよ。 “It's not your fault, {Tifa}.”
 俺のせいだ」
TIFA {Tifa}
「でも、あれは、たしか…… “But, I remember back
 私たちが8才の時よね!」 when we were eight!”
TIFA {Tifa}
「そうよ! 見つけたわ!」 “That's it! Now I know!”
TIFA {Tifa}
「CLOUDは、5年前に “You weren't created five
 創られたんじゃない」 years ago.”
「幼い日の、その思い出は “My childhood memories
 つくりものなんかじゃないもの!」 weren't all made up!”
TIFA {Tifa}
「CLOUD、がんばって! “Hang in there {Cloud}!
 あとすこしよ! Just a little longer!
 本当のあなたを、つかまえるの!」 You've almost found the real you!”
TIFA {Tifa}
「行きましょう、もう一度 “Let's go back to
 ニブルヘイムへ……!」 Nibelheim again!”
「真実は、すぐそこにある。 “The truth is right there.
 もうすぐ答えが、手に入る……」} We almost have the answer right in
マインドフィールド2 Mind Field 2
TIFA {Tifa}
「私には…… “There's nothing…
 もう、なにも言えない……」 I can say.”
TIFA {Tifa}
「答えはあなたが、自分自身で “You must find
 見つけなきゃ……」 the answer yourself.”
TIFA {Tifa}
「それが見つけられないと…… “If you can't,
 あなたは……」 then…”
TIFA {Tifa}
「急がないで、CLOUD。 “Take your time, {Cloud}.
 ゆっくり……すこしずつでいいの。 Slowly…little by little, OK?”
 ね?」 “You mean that member of SOLDIER
「セフィロスとともに who came with Sephiroth
 ニブルヘイムに出向いたソルジャーは wasn't…{Cloud}?”
 CLOUDでは……なかった……?」
「星空の給水塔……。 “That starry night at the well…
 あの夜のふたりの約束も…… and our promises…What if
 いつわりの記憶でしかないとしたら?」 the memory was all just a lie?”
TIFA {Tifa}
「あせっちゃダメ、CLOUD……。 “Don't hurry, {Cloud}…
 答えをいそいで、自分を追いつめないで」 Don't answer too quickly.”
TIFA {Tifa}
「たくさんの小さな想いをたしかめながら “Just keep checking all those small emotions
 もどって行けばいいのよ……。 and it'll come back…
 ゆっくり……すこしずつね……」 Slowly…little by little…”
TIFA {Tifa}
「そう……たとえば、あの夜空の “Right…like the sky that night…
 満天の星たち……」 the heavens were filled with stars…”
「………ふうじこめられた “…A sealed up
 ひそかな……ねがい……」 secret…wish…”
「大切な想いは…… “Tender feelings…
 だれにも知られることなく……」} that no one can ever know…”
マインドフィールド3 “A promise under a starry sky… But what if that was just a memory {Tifa} imagined?” Mind Field 3
「星空の約束……。しかしそれさえも “A promise under a starry sky…
 TIFAの想いによってうみだされた But what if that was just a
 幻想なのだとしたら……?」 memory {Tifa} imagined?”
「………ふうじこめられた “…A sealed up
 ひそかな……ねがい……」 secret…wish…”
「大切な想いは…… “You mean that member of SOLDIER who came
 だれにも知られることなく……」 with Sephiroth to Nibelheim
「セフィロスとともに wasn't {Cloud}?”
 ニブルヘイムに出向いたソルジャーは
 CLOUDでは……なかった……」
TIFA {Tifa}
「ねえ、CLOUD、それなら…… “{Cloud}, what about
 ほかの記憶は?」 your other memories?”
TIFA {Tifa}
「ううん、記憶じゃない」 “No, not memories.”
「記憶って、頭の中から “A memory is something that is
 無理矢理ひっぱりださなくちゃ consciously recalled, right?”
 ならないでしょ?」
「だから間違ってたり、カタチが “That's why sometimes it can be
 変わっていたり……」 mistaken or wrong.”
TIFA {Tifa}
「でも、胸の奥にねむる思い出は “It's different from a memory
 ちがうわ……」 locked deep within your heart.”
「きっとそれは、にせものなんかじゃない。 “That's why it must be a fake.
 もしそんな思い出を、よびさますことが If he could recall up that memory…”
 できれば……」
TIFA {Tifa}
「そうだ! なにかしら私に関係のある “That's it! What about some memory
 思い出は、どう?」 that has to do with me?”
TIFA {Tifa}
「私がなにか言って、そのことを “If I say something, you can't remember it.”
 あなたが思い出すんじゃなくて……」
「CLOUDがなにか言って、もし私も “But if you say something,
 そのことをおぼえていれば…… and I remember it, too…
 それが、あなたと私の思い出……」 Then we'll know that's a memory.”
TIFA {Tifa}
「ねえ、なにか話して。 “Talk to me.
 なんでもいいから、あなたにとって About anything,
 大切な思い出を……」 some important memory to you…”
TIFA {Tifa}
「そういえば、CLOUDはどうして “Now that you mention it, why did you
 ソルジャーになりたいって考えたの?」 want to join SOLDIER in the first place?”
「私には、あなたが突然決心したように “I always thought it was a
 思えたんだけど……」 sudden decision.”
『……悔しかった。 “…I was devastated.
 ……認めてほしかったんだ』 …I wanted to be noticed.”
「……悔しかった。 “…I was devastated.
 ……認めてほしかったんだ」 …I wanted to be noticed.”
「強くなれば “I thought if I got stronger
 認めてもらえる、きっと……」 someone would notice.”
TIFA {Tifa}
「認めてほしい……? “Someone to notice you?
 ……誰に?」 …Who?”
『……誰に、だって? “Who?
 ……わかるだろ? You know who!{!}{Pause:Timed}*
 ……TIFAに……だよ』 …You, that's who.”
「TIFAに……」 “You…”
TIFA {Tifa}
「……私? どうして!?」 “Me? Why!?”
「TIFA……忘れちゃったの…… “{Tifa}…Did you forget…
 あの時のこと?」 about those days?”
TIFA {Tifa}
「あなたは……」 “Look…I…”
TIFA {Tifa}
「ごめんなさい……。 “I'm sorry…
 なんのこと、言ってるの?」 But what are you talking about?”
「ううん……いいんだ。 “No…it's all right.
 TIFA、あの時は大変だったしね」 You were having a hard time back then.”
「自分のことで手一杯だったから “You were so busy with your own things,
 あの時のおれのことなんか it's only natural
 おぼえてなくて当たり前だよ」 you don't remember me then.”
TIFA {Tifa}
「……あの時?」 “'Then'?”
「おれにとっては大切な…… “It's important to me…
 悔しかったけど…… I hate to say it, but
 すごく大切な思い出なんだ……」 it's a very important memory.”
「……行ってみる?」 “Do you want to see it?”
TIFA {Tifa}
「あ……待って!」 “Oh…wait!”
「さあ、はやく」 “Come on, hurry.”
「このまどがどこに通じているか “Do you know where this window
 わかる、TIFA?」 goes to, {Tifa}?”
「それじゃ……行くよ」 “Fine…I'll go.”
TIFA {Tifa}
「CLOUD……」 “{Cloud}.”
「それじゃ……さよならだ、TIFA。 “Then…this is goodbye, {Tifa}.{!}{Pause:Timed}4
 また会うために、ね……」 Until we meet again…”
TIFA {Tifa}
「……!?」 “…!?”
CLOUD {Cloud}
「う……あ、あ……!」 “Uh…{!}{Pause:Timed}* Ah, uh…”
TIFA {Tifa}
「CLOUD!!」 “{Cloud}!!”
CLOUD {Cloud}
「う……。TIFA……」 “Uh…{!}{Pause:Timed}% {Tifa}…”
TIFA {Tifa}
「ああ、CLOUD……! “Oh, {Cloud}!
 本当にCLOUDなんだね!」 It's really you, isn't it?”
CLOUD {Cloud}
「ああ……。TIFA…… “Yeah…{Tifa}…
 やっとまた……会えたな……」 We finally…meet again…”
TIFA {Tifa}
「バカッ!! “You stupid jerk!!
 みんなに心配かけて!!」 You had us all worried sick!!”
CLOUD {Cloud}
「くッ……!」 “Krgh!”
TIFA {Tifa}
「CLOUD!? “{Cloud}!?
 だいじょうぶ!?」 Are you all right!?”
CLOUD {Cloud}
「こ、声が……。ヤツらの……」 “V, voice…their…”
TIFA {Tifa}
「そうか……。私たち…… “I see. We're…
 ライフストリームの中にいるんだね」 in the Lifestream, aren't we?”
TIFA {Tifa}
「みんな、待ってるよ」 “Everyone's waiting.”
「帰ろう、CLOUD。 “Let's go back, {Cloud}.
 みんなのところへ……」 Back to everyone…”
CLOUD {Cloud}
「ああ、そうだな……。 “Yeah, I guess so…
 帰ろう、TIFA。一練に……」} Come on, {Tifa}.
ニブルヘイム Nibelheim
セフィロス Sephiroth
「どんな気分なんだ?」 “How does it feel?”
セフィロス Sephiroth
「ひさしぶりの故郷なんだろ?」 “It's your first time back to your hometown
セフィロス Sephiroth
「どんな気分がするものなんだ?」 “So how does it feel?”
「オレには故郷がないから “I wouldn't know because
 わからないんだ……」 I don't have a hometown…”
{Cloud}
「ええと……両親は?」 “Ummm…how 'bout your parents?”
セフィロス Sephiroth
「母の名はジェノバ」 “My mother is Jenova.
「オレを生んですぐに死んだ。 She died right after she gave birth to me.
 父は……」 My father…”
セフィロス Sephiroth
「オレは何を話してるんだ……」 “What does it matter?”
セフィロス Sephiroth
「さあ、行こうか」 “All right‚let's go.”
[Eng-exclusive Text Entry] {Barret} Duplicated from NIVGATE.
-||- “Yo wait a minute!!”
[Eng-exclusive Text Entry] {Barret}
-||- “Isn't that‚um?”
[Eng-exclusive Text Entry] {Barret}
-||- “The name of Sephiroth's mother…”
セフィロス Sephiroth
「魔晄のにおいがするな」 “The Mako smells pretty bad here.”
「ヒソヒソ…… “Psst…
 (ウロチョロしてるとしかられるぞ)」 (You keep wandering around here and you'll get
「たいくつなんだよな、見張りって」 “It's so boring‚being on watch.”
    いつもの、やるか?     You want to do what we always do?
    ガマンガマン、仕事だろ?     Just sit tight‚it's your job‚right?
{Cloud}
「練習でもするか?」 “Shall we practice?”
{Cloud}
「時々話しにくるからさ。 “I'll come and talk to you once in a while.
 ガマンしてろよ」 Just stick with it.”
「練習…… “Practice…
 ああ、ポーズの練習か」 oh‚you mean practice my pose.”
「ソルジャーは常に他人の目を “Do members of SOLDIER always have
 意識しなくちゃならないってか?」 to worry about what others think?”
「……どうだっけ?」 “…How did it go?”
「……こうか?」 “…Was it like this?”
{Cloud}
「うまくなったな!」 “Good job!”
「俺、ソルジャーなんかに “I really don't want to be in SOLDIER.”
 なりたくないんだよねえ」
TIFA {Tifa}
「ほら……CLOUD」 “{Cloud}…look.”
TIFA {Tifa}
「給水塔がある……」 “Here's the well…”
TIFA {Tifa}
「おじいさんの宿屋もあるね」 “And that's Gramps' Inn, too.”
TIFA {Tifa}
「村で1台きりのトラック。 “The only truck in town.
 私たちが子供のころから It's been here since we were little kids, right?”
 ここにあったんだよね?」
TIFA {Tifa}
「これがあなたの記憶の中の “This is the Nibelheim you remember, right?”
 ニブルヘイムなのね?」
TIFA {Tifa}
「私のニブルヘイムと同じ。 “It's the same as my Nibelheim.
 だからここは……私たちのニブルヘイムだね」 That's why this is…our Nibelheim.”
TIFA {Tifa}
「5年前……ここにふたりのソルジャーが “Five years ago…two men
 やって来た……」 from SOLDIER came…”
TIFA {Tifa}
「セフィロスと…… “Sephiroth and…
 若くて陽気なソルジャー」 a young and vibrant soldier.”
TIFA {Tifa}
「その時のようす…… “Can you tell me again what happened?”
 もう一度教えて?」
TIFA {Tifa}
「ちがうの、CLOUD」 “No, {Cloud}.”
TIFA {Tifa}
「言葉にすると……恐ろしいことになりそうで “I've been hiding it for some time,
 ずっと隠してた」 afraid that if I told you
TIFA {Tifa}
「でも、今は隠さずに言うね」 “But, I'm not going to
TIFA {Tifa}
「あなたはいなかった。 “You weren't here.
 CLOUD、5年前、あなたは {Cloud} did not come to Nibelheim
 ニブルヘイムには来なかったのよ」 five years ago.”
TIFA {Tifa}
「私……待ってたのよ。 “I…waited.
 でも、CLOUDは……来なかった」 But, {Cloud}…never came.”
TIFA {Tifa}
「あの時派遣されてきたのは “The two that were ordered here were
 セフィロスともう1人……」 Sephiroth and another person…”
TIFA {Tifa}
「5年前……私はこの時初めて “Five Years ago…I saw the real
 本物のセフィロスを見た」 Sephiroth for the very first time.”
TIFA {Tifa}
「この人が……英雄セフィロス」 “So this is…the Great Sephiroth?” This person is...the hero, Sephiroth.
「CLOUDがあこがれていた [JP-exclusive Text Page] Sephiroth, the supreme SOLDIER
 最高のソルジャー、セフィロス」 -||- that Cloud admired.
TIFA {Tifa}
「でもね、正直に言うと “But to tell the truth,
 なんて冷たそうな人、って思ったの」 I thought he was very cold.”
TIFA {Tifa}
「イヤな予感がしたの、覚えてるわ」 “I remember a foreboding about him.”
セフィロス Sephiroth
「故郷なんだろ?」} “This is your hometown, right?”
TIFA {Tifa}
「最初から……ね?」 “From the beginning…OK?”
TIFA {Tifa}
「CLOUD、思い出して」 “Try and remember, {Cloud}.”
TIFA {Tifa}
「そう、私、この服を着てた」 “…I was wearing these clothes.”
TIFA {Tifa}
「あ……そうだったね。 “That's you, too.
 CLOUD、背、低かったんだね」 You were so small then…”
TIFA {Tifa}
「……かわいいねぇ」 “…and cute.”
TIFA {Tifa}
「いつかセフィロスが言ってたけど……」 “Sephiroth once said…”
TIFA {Tifa}
「CLOUDは私の話にあわせて “{Cloud} made up his memories
 この記憶をつくりだしたって言ってたけど……」 by listening to my stories…”
TIFA {Tifa}
「この星空は、CLOUDが自分で考えた…… “Did you imagine this sky?
 ううん、思い出したのよ」 No, you remembered it.”
TIFA {Tifa}
「星がとってもきれいな夜、CLOUDと私。 “That night the stars were gorgeous.
 ふたり、給水塔でお話した……」 It was just {Cloud} and I.
TIFA {Tifa}
「約束だって覚えていた……」 “He remembered our promise too…”
TIFA {Tifa}
「だから私は、どんなときでも “That's why I kept thinking you
 あなたは本当のCLOUDだって思っていたの」 were the real {Cloud}.”
TIFA {Tifa}
「私はあなたがニブルヘイムのCLOUDだって “I still believe you're
 信じてる……」 the {Cloud} from Nibelheim…”
TIFA {Tifa}
「でも、あなた自身は信じていない……」 “But you don't believe in yourself…”
TIFA {Tifa}
「この記憶だけじゃ足りないよね」} “These memories aren't enough.”
TIFA [JP-exclusive Text Entry] All the dialogue from NIVL_E1 copied onto this one. No difference at all.
「ほら、村の給水塔」 -||-
「覚えてる?」 -||-
CLOUD [JP-exclusive Text Entry]
「ああ……あの時か」 -||-
CLOUD [JP-exclusive Text Entry]
「TIFA、なかなか来なくて -||-
 ちょっと寒かったな」 -||-
TIFA [JP-exclusive Text Entry]
「お・ま・た・せ」 -||-
TIFA [JP-exclusive Text Entry]
「な~に? -||-
 話があるって」 -||-
CLOUD [JP-exclusive Text Entry]
「俺……春になったら村を出て -||-
 ミッドガルへ行くよ」 -||-
TIFA [JP-exclusive Text Entry]
「……男の子たちって -||-
 み~んな村を出てっちゃうね」 -||-
CLOUD [JP-exclusive Text Entry]
「俺はみんなとはちがう。 -||-
 ただ仕事をさがすだけじゃない」 -||-
CLOUD [JP-exclusive Text Entry]
「俺、ソルジャーになりたいんだ」 -||-
CLOUD [JP-exclusive Text Entry]
「セフィロスみたいな -||-
 最高のソルジャーに」 -||-
TIFA [JP-exclusive Text Entry]
「セフィロス…… -||-
 英雄セフィロス、か」 -||-
CLOUD [JP-exclusive Text Entry]
「あのころの俺は、ねてもさめても -||-
 セフィロス、セフィロス…… -||-
 母さんもあきれていたな」 -||-
TIFA [JP-exclusive Text Entry]
「私、CLOUDが -||-
 そんなこと考えてたなんて -||-
 ぜんぜん知らなかった……」 -||-
TIFA [JP-exclusive Text Entry]
「ね、それより約束は?」 -||-
TIFA [JP-exclusive Text Entry]
「ソルジャーになるのって -||-
 難しいんでしょ?」 -||-
CLOUD [JP-exclusive Text Entry]
「……しばらくのあいだ -||-
 村にはもどれないな、きっと」 -||-
CLOUD [JP-exclusive Text Entry]
「……うん?」 -||-
TIFA [JP-exclusive Text Entry]
「大活躍したら -||-
 新聞にものるかな?」 -||-
CLOUD [JP-exclusive Text Entry]
「がんばるよ」 -||-
TIFA [JP-exclusive Text Entry]
「ね、約束しない?」 -||-
TIFA [JP-exclusive Text Entry]
「あのね、CLOUDが有名になって -||-
 その時、私が困ってたら……」 -||-
「CLOUD、私を助けに来てね」 -||-
CLOUD [JP-exclusive Text Entry]
「はぁ?」 -||-
TIFA [JP-exclusive Text Entry]
「私がピンチのときに -||-
 ヒーローがあらわれて助けてくれるの」 -||-
「一度くらい経験したいじゃない?」 -||-
CLOUD [JP-exclusive Text Entry]
「ハハハハ! -||-
 なんだよ、それ!」 -||-
TIFA [JP-exclusive Text Entry]
「笑ったわね!」 -||-
TIFA [JP-exclusive Text Entry]
「いいじゃないのよ~! -||-
 約束しなさい~!」 -||-
CLOUD [JP-exclusive Text Entry]
「わかった……約束するよ」 -||-
TIFA {Tifa}
「あの山の向こう “…I wonder if there's anything
 ……何があるのかな?」 beyond that mountain?”
「ニブル山はこわいよ。 “Mt. Nibel is scary.
 何人も人が死んでるからね」 Many people have died there.”
「生きては越えられない山……」 “No one crosses that mountain alive…”
TIFA {Tifa}
「じゃあ、死んだ人は?」 “How 'bout those that died?”
TIFA {Tifa}
「ママは山を越えていっちゃったの?」 “Did mama pass through the mountains?”
TIFA {Tifa}
「私、行ってみる!」 “I'm going!”
『どこをどう歩いたのか “I don't remember the path I walked.”
 覚えてないんだ』
『TIFAが足をふみ外して “{Tifa} missed her step.
 俺はあわててかけ寄って I ran to her…but didn't make it in time.”
 でも間に合わなかった』
『ふたりとも……ガケから落ちたんだ』 “We both fell off the cliff.”
『この時はヒザすりむいただけで “Back then, I only scarred my knees
 すんだけど……』 but…”
TIFAパパ Tifa's father
「CLOUD! “{Cloud}!
 どうしてこんなところへ Why'd you bring {Tifa}
 TIFAを連れだしたりしたんだ!」 to a place like this!”
「まったく! “What the hell's the matter with you!?”
 おまえが何を考えてるのか
 ぜんぜんわからん!」
TIFAパパ Tifa's father
「TIFAにもしものことがあったら “What if she dies!?”
 どうするつもりだったんだ!!」
『TIFAは7日間 “{Tifa} was in a coma
 意識不明だった』 for seven days.”
『死んでしまうかと思った』 “We all thought she wouldn't make it.”
『俺がちゃんと助けていれば……』 “If only I could've saved her…”
『悔しかったんだ…… “I was so angry…
 何もできなかった at myself for my weakness.”
 自分の弱さに腹が立った』
『それからはTIFAが “Ever since then,
 いつも俺を責めているような I felt {Tifa} blamed me…”
 気がしてさ』
『俺は荒れていった…… “I went out of control…
 誰かれかまわず I'd get into fights
 ケンカをしかけて……』 with anyone.”
『そんな時だ。 “That was the first time
 セフィロスのことを知ったのは』 I heard about Sephiroth.”
『セフィロスのように強くなりたい。 “I thought if I were strong
 強くなれば、みんな俺のことを……』} like Sephiroth, then…”
の家2階 {Tifa}'s House Yes, you can access the menu here normally.
「CLOUDが来るぞ!」 “{Cloud}'s coming!”
「あいつ入ってくる気かな?」 “You think he wants to come in?”
TIFA {Tifa}
「この日、CLOUDが初めて私の部屋に?」 “Was that the first day
TIFA {Tifa}
「……そうだったよね」 “…that's right.”
「家は近所なのに、私……CLOUDのこと “We lived next to each other.”
 あまり知らなかったんだよね」 “But I really didn't know
TIFA {Tifa}
「ずーっと小さなころから “I've known you since we were children
 仲良くしてたと思ってたのに……」 and always thought we were close…”
TIFA {Tifa}
「……そうだったよね」 “That's right…”
「私……CLOUDのこと “I…really didn't know {Cloud}
 あまり知らなかったんだよね」 that well.”
「だから、給水塔に呼び出された時 “That's why I was a bit surprised
 ちょっとびっくりしたんだ」 when {Cloud} asked me
「TIFAはみんなの人気者だったし “{Tifa} was so popular and
 俺、みんなとは仲良くしてなかったし……」 I never played much with the others…”
TIFA {Tifa}
「でもね、でもね! “But, but listen!
 CLOUDが村を出てからは After {Cloud} left town,
 CLOUDのこと、よく考えたの」 I thought about him a lot.”
TIFA {Tifa}
「CLOUDはどうしてるかな?」 “I thought, I wonder how
「CLOUDはソルジャーに “I wondered if he was
 なれたのかなって」 able to get into SOLDIER?”
「CLOUDの記事、あるかと思って “I even started reading the newspaper,
 新聞だって読むようになったのよ」 just to see if {Cloud} was
TIFA {Tifa}
「ママに……会いたい……」-- “I want…to see…Mom…”
Eng Exclusive Text Entry {Tifa} Copied from NIV_TI4.
-||- “But, but listen!
-||- After {Cloud} left town,
-||- I thought about him a lot.”
Eng Exclusive Text Entry {Tifa}
-||- “I thought, I wonder how
-||- {Cloud} is doing?”
-||- “I wondered if he was
-||- able to get into SOLDIER?”
Eng Exclusive Text Entry “I even started reading the newspaper,
-||- just to see if {Cloud} was
-||- in any of the articles.”
Eng Exclusive Text Entry “Don't worry about me, {Tifa}”
-||- “Tell this guy later.
-||- He'll probably be happy.”
の家2階 {Tifa}'s House
TIFA {Tifa}
「私の部屋?」 “My room?”
CLOUD {Cloud}
「俺、この日、初めてここに来たんだ」 “It was my first time there.”
TIFA {Tifa}
「そう……だった?」 “Was it?”
CLOUD {Cloud}
「いつもは外から見上げてるだけだった」 “I only used to look up
「おい、見ろよ!」 “Hey, look!”
TIFA {Tifa}
「そういえば……CLOUDが私の部屋に “Now that you mention it…I don't recall
 いる風景って記憶に……ない」 you ever being in my room…”
「いっしょに遊んだ記憶も……ない。 [JP-exclusive Text Page] I don't have any memories of us playing together, either…
 私のCLOUDとの思い出は -||- My memories with Cloud always begin at
 いつでも星空の給水塔が始まり……」 -||- the water tower under the stars...
「TIFAはね、いつでも “{Tifa} always used
 この仲良し3人組といっしょだった」 to have her own group.”
TIFA {Tifa}
「……そうだったね」 “…That's right.”
「俺は…… “I thought they were all…stupid.”
 みんなバカだと思っていた」
TIFA {Tifa}
「えっ!?」 “What!?”
「いつもどうでもいいようなことで “You were all childish, laughing at
 ケラケラ笑っててさ、子供っぽかった」 every little stupid thing.”
TIFA {Tifa}
「だって、子供だったんだもん」 “But we were children then.”
「……わかってる。 “…I know.
 バカだったのは俺なんだ」 I was the stupid one.”
「本当はみんなといっしょに遊びたいのに “I really wanted to play with everyone,
 どうしても、仲間に入れてって言えなかった」 but you never let me in the group.”
「そのうちさ…… “Then later…I started
 俺はみんなとちがうんだ……」 thinking I was different…”
「あんな子供っぽいヤツらとはちがうんだって “That I was different from
 思うようになったんだ」 those immature kids.”
「でも……もしかしたら」 “That then…maybe…”
『もしかしたら “Just maybe,
 声をかけてもらえるかもしれない』 they would invite me in.”
『そう考えてみんなのまわりを “I thought that might happen,
 うろついていた……』 so I hung around…”
「どうしようもなくひねくれてた。 “I was so prejudiced.
 そして……弱かった」 …And weak.”
『給水塔にTIFA呼び出したあの夜も “That night I asked {Tifa} to come
 俺は考えていた……』 out to the well…”
『TIFAはきっと来てくれない…… “I thought to myself {Tifa} would
 こんな俺のことなんか嫌ってるって』 never come…that she hated me.”
TIFA {Tifa}
「そう……あのときは突然だったね。 “…It was so sudden.
 私も……ちょっとビックリした」 I was a bit…surprised.”
TIFA {Tifa}
「でもね……」 “But…”
TIFA {Tifa}
「たしかに私たちは “It's true we weren't THAT close, but…”
 それほど仲良しじゃなかったけど……」
TIFA {Tifa}
「CLOUDが村を出てからは “After you left town,
 あなたのこと、ほんとによく考えたのよ」 I really thought about you a lot.”
TIFA {Tifa}
「CLOUDはどうしてるかな?」 “I used to wonder
「CLOUDはソルジャーに “I wondered if you were
 なれたのかなって」 able to get into SOLDIER?”
「CLOUDの記事、のってるかもしれないから “I started reading the newspapers, thinking
 新聞だって読むようになったの」 I might see an article about you.”
「ありがとう、TIFA」 “Thanks, {Tifa}.”
「あとで、こいつに言ってやって。 “Tell him what you told me, later.
 きっとよろこぶよ」 He'll probably be so happy.”
TIFA {Tifa}
「うん!」 “OK!”
TIFA {Tifa}
「あれっ?」 “Huh?”
TIFA {Tifa}
「ねえ、この日、何があったの?」 “What happened on this day?
 何か特別な日?」 Was it a special day?”
「この日はね……」 “This was the day…”
『TIFAのお母さんが……』 “{Tifa}'s mother…”
TIFA {Tifa}
「ママが……死んじゃった日……」} “The day Mom died…”
ニブルヘイム Nibelheim
TIFA {Tifa}
「待って、CLOUD」 “{Cloud}, wait.”
TIFA {Tifa}
「どこへ? どこへ行くの?」 “Where are you going?”
CLOUD {Cloud}
「……魔晄炉……?」 “……The reactor……?”
CLOUD {Cloud}
「魔晄炉へ! 5年前の魔晄炉へ!」} “To the reactor!
CLOUD {Cloud} This section of the script, before the duplicates, is actually placed AFTER the duplicates in JP TRACKIN2.
「そう……これが……俺だ」 “Yeah…this is…me.”
CLOUD {Cloud}
「ソルジャーなんかじゃないただの兵士」 “Not in SOLDIER, just a common grunt.”
CLOUD {Cloud}
「俺、ソルジャーにはなれなかったよ」 “I…never made it as a member of SOLDIER.”
CLOUD {Cloud}
「絶対になってやるなんて言って “I even left my hometown telling everyone
 村を出たくせに……」 I was going to join, but…”
CLOUD {Cloud}
「はずかしくて…… “I was so embarrassed…
 誰にも会いたくなかった……」 I didn't want to see anybody…”
ザックス Zack
「なあ、CLOUD。 “Hey {Cloud}.
 気分悪いなら、そのマスクとっちゃえば?」 If you're feeling sick,
CLOUD {Cloud}
「ああ……」} “Yeah…”
[Eng-exclusive Text Entry] {Cloud} Copied from TRACKIN.
-||- “I wonder how they make Materia?”
-||- “You mean you don't know?”
[Eng-exclusive Text Entry] {Cloud}
-||- “Do you?”
[Eng-exclusive Text Entry] “…It's the Planet.
-||- It takes years to make.”
[Eng-exclusive Text Entry] “Lately‚it's been Shinra
{CLOUD}
「すごい雨だな」 “It sure is raining hard.”
{CLOUD}
「おい、気分はどうだ?」 “Hey‚how are you doing?”
「……だいじょうぶ」 “I'm all right.”
{CLOUD}
「俺は乗り物酔いなんて “I wouldn't know…”
 なったことないからな」 “I've never had motion sickness,”
「よくわからないんだ」
{CLOUD}
「準備はOK?」 “Everything okay?”
セフィロス Sephiroth
「おい、おまえ」 “Hey.”
セフィロス Sephiroth
「もうすこしおちつけ」 “Settle down.”
{CLOUD}
「新しいマテリア、支給されたんだ」 “They gave me some new Materia.”
「早く使ってみたくて “I can't wait to use it.”
 おちつかなくてさ」
セフィロス Sephiroth
「……子供か、おまえは」 “…Just like a kid.”
{CLOUD}
「なあ、そろそろ今回の仕事 “You going to brief us
 教えてくれよ」 about this mission?”
セフィロス Sephiroth
「……今回の任務は “…This isn't a typical
 いつもとはちがう」 mission.”
{CLOUD}
「それはうれしいね!」 “Good!”
セフィロス Sephiroth
「どうしてだ?」 “Why do you say that?”
{CLOUD}
「俺はあんたみたいになりたくて “I joined SOLDIER
 ソルジャーになったんだ」 so I could be like you.”
「それなのにクラス1STに “But by the time I made First Class,
 昇格したのと同時に The war was already over.”
 戦争が終わってしまった」 “My big hopes of becoming a hero
「俺がヒーローになるチャンスが like you ended with the war.”
 減ってしまったわけさ」 “That's why I always sign up
「だから、そういうチャンスがあるなら whenever there's a big mission.
 俺は絶対にモノにしてみせる」 Kind of a way to prove myself.”
{CLOUD}
「な、どんな気分だ? “Say‚how do you feel‚
 英雄セフィロスさん?」 MISTER Sephiroth?”
セフィロス Sephiroth
「……おまえ、今回の任務が “…I thought you wanted
 知りたかったんじゃないのか?」 a briefing?”
セフィロス Sephiroth
「今回の任務は “Our mission is to investigate
 老朽化した魔晄炉の調査だ」 an old Mako reactor.”
セフィロス Sephiroth
「異常動作を起こしているうえに “There have been reports of
 凶暴な動物が発生している」 it malfunctioning,
「そいつらを始末しつつ and producing brutal creatures.”
 原因を見つけだし、排除する」 “First‚we will dispose of those
{CLOUD}
「凶暴な動物…… “Brutal creatures…?
 場所はどこだ?」 Where?”
セフィロス Sephiroth
「ニブルヘイムの魔晄炉だ」 “The Mako reactor at Nibelheim.”
{CLOUD}
「ニブルヘイム……」 “Nibelheim…”
{CLOUD}
「ニブルヘイムは “That's where I'm from.”
 俺の生まれ故郷なんだ」
セフィロス Sephiroth
「そうか……故郷か」 “Hmm…hometown…”
「へ、へんな動物が!! “Sir…s‚something strange
 トラックに突っこんで来ました!」 just crashed into our truck!”
セフィロス Sephiroth
「モンスターのお出ましか」 “That would be our monster…”
セフィロス Sephiroth
「さあ、仕事だぞ」 “Come on‚let's go to work.”
ニブルヘイム Nibelheim The same may go for the scene with Young Cloud but I have not managed to gain control over Young Cloud.
「お~い! Nibelheim The duplicate in the JP file is Zangan's line while the copy in the Eng file is the location name.
 誰かいるのか!?」
「お~い! “He---y!
 誰かいるのか!?」 Is anyone here?”
「手をかしてくれっ!」 “Give me a hand!”
ザンガン Zangan
「おっ、あんたか! “Hey it's you!
 あんたは正気なんだろうな?」 You're still sane, right?”
ザンガン Zangan
「それならこっちに来て “Then come over here and help me!”
 手伝ってくれ!」
ザンガン Zangan
「俺はこの家を見てくる。 “I'll check this house.
 あんたはそっちの家を!」 You check that one over there!”
ザンガン Zangan
「おい!
 ほかの家の様子はどうだ?」 “Hey! What about the other houses?”
「……セフィロ……ス」 “…Sephi…roth”
「……な、なぁ…… “…Hey, ummm…
 おれ、死んじゃうの?」 Am I going to die?”
CLOUD {Cloud}
「ひどい……」 “Terrible…”
「セフィロス…… “Sephiroth…
 ひどすぎる……」 This is too terrible…”
CLOUD {Cloud}
「今度は……なんだ?」 “What's…next?”
TIFA {Tifa}
「もうやめてっ!!」 “Stop it already!!”
BARRET {Barret}
「こりゃひでえ…… “This is bad…
 コレルもな、こうだったぜ」 Just like Corel.”
RED XIII {Red XIII}
「ひどい…… “This is terrible…
 セフィロスがやったの?」 Did Sephiroth do this?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ひどいですなぁ……」 “This is insane…”
YUFFIE {Yuffie}
「うひゃ…… “Wow…
 こんなにスゴイとは I didn't know it was
 思わなかったよ……」 THIS bad…”
VINCENT {Vincent}
「……私が眠っているあいだに “All this happened
 こんなことが……」 while I slept?”
CID {Cid}
「こりゃ、ひでえなぁ……」 “This is terrible…”
CLOUD {Cloud}
「……これは5年前 “…This is what actually
 現実にあった風景だ」 happened five years ago.”
CLOUD {Cloud}
「けれども……」 “But…”
「きっと、あの神羅屋敷から “It's probably not me that
 出てくるのは俺じゃない」 will come out of
「また、くだらない幻覚を “He's going to try and show us another
 見せようって気なんだ」 stupid illusion.”
CLOUD {Cloud}
「ほら……言ったとおりだろ?」 “See…didn't I tell you?”
TIFA {Tifa}
「こんなの……見たくない。 “I don't want to…watch this.
 CLOUD……見ちゃだめよ」 {Cloud}…Don't watch.”
CLOUD {Cloud}
「……どうしたんだ、TIFA? “…What's wrong, {Tifa}?
 さっきも言っただろ?」 I told you before, right?”
 幻だとわかっていれば “As long as we know that it's just an
 何も恐くない」 illusion, there's no need to be scared.”
CLOUD {Cloud}
「俺は……」} “I'm…”
TIFA {Tifa}
「あっ! CLOUDじゃない!」 “Hey! It's {Cloud}!”
CLOUD {Cloud}
「ザッ……クス……ザック……ス。 “Za…ck…Zac…k.
 ザックス……」 Zack…”
TIFA {Tifa}
「思い出したのね!!」 “You remembered!!”
TIFA {Tifa}
「そうなのよ! “That's right!
 セフィロスとニブルヘイムに来たのは It was Zack who came to Nibelheim
 ザックスだったのよ!」 with Sephiroth!”
TIFA {Tifa}
「それじゃ、CLOUDはどこにいたの?」 “Then, where were you, {Cloud}?”
TIFA {Tifa}
「ねえ、CLOUD。 “{Cloud}…
 あなたは……これを見ていた?」 Did you…see it all?”
CLOUD {Cloud}
「見て……いた……」 “I saw…everything…”
セフィロス Sephiroth
「ぐうぉぉ……だ、だれだ」 “Aaarrrgh…who…who are you?”
「母さんを…… “Mom…
 TIFAを……村を返せ……」 {Tifa}…My town…give it back…”
「あんたをそんけいしていたのに…… “I had so much respect for you…
 あこがれていたのに……」 I admired you…”
TIFA {Tifa}
「CLOUD!?」 “{Cloud}!?”
TIFA {Tifa}
「そうだったんだ……」 “That's what happened…”
TIFA {Tifa}
「……いっしょにいたのね」 “…You were there.”
TIFA {Tifa}
「私を見ていてくれたのね」 “You were watching me.”
TIFA {Tifa}
「……来てくれたのね。 “…You came.
 ……約束、守ってくれたのね」 …You kept your promise.”
TIFA {Tifa}
「ピンチの時に “So you really did come when I was in trouble!”
 ちゃんと来てくれたんだ!」
CLOUD {Cloud}
「ごめん…… “Sorry…
 行くのが……少し遅れた……」 I didn't get there…sooner…”
TIFA {Tifa}
「いいのよ……CLOUD」 “It's all right…{Cloud}.”
セフィロス Sephiroth
「おまえごときに……」 “Just like you.”
ザックス Zack
「CLOUD…… “{Cloud}…
 セフィロスにとどめを……」} Kill Sephiroth…”
CLOUD {Cloud}
「セフィロス!!」 “Sephiroth!!”
セフィロス Sephiroth
「ずに……のるな……」 “Don't…push it…”
セフィロス Sephiroth
「そ……んな……ばかな……」} “…It can't be!”
ライフストリーム2 [JP-exclusive Text Entry] Lifestream 2 "Sometimes" has text…
ミディールの岸 Mideel Shore
BARRET {Barret}
「おい、だいじょうぶか!? “Yo! You alright!?
 TIFA!?」 {Tifa}!?”
TIFA {Tifa}
「う……ううん……?」 “u…unn…?”
TIFA {Tifa}
「BARRET…… “{Barret}…
 帰ってきたのね、私……」 You came back. I…”
「CLOUDは……? “{Cloud}…
 彼は、だいじょうぶ?」 Where is he?”
BARRET {Barret}
「ああ、心配いらねえ。 “Don't worry about him.
 しぶとい野郎だぜ、まったく」 He's a tough one.”
TIFA {Tifa}
「ね、BARRET……私…… “{Barret}…I…
 ライフストリームのなかで When I was in the Lifestream,
 ほんとのCLOUDを見つけたんだ」 I saw the real {Cloud}.”
TIFA {Tifa}
「ううん、私が見つけたんじゃない。 “I mean, I didn't really find him.
 CLOUDが……彼が自分自身の力で {Cloud}…he found himself…”
 見つけだしたんだわ……」
BARRET {Barret}
「ああ、わかってる……。 “Alright, I know…
 うたがったりして悪かったな」 I shouldn't have doubted.”
BARRET {Barret}
「しかし、おまえにゃ負けたよ。 “But I can't win against you.
 たいした女だぜ、まったく」 You're some kinda lady.”
TIFA {Tifa}
「人間て、自分のなかに “People have so many things
 なんてたくさんのものを pent up inside of themselves…”
 しまってるんだろう……」
TIFA {Tifa}
「なんてたくさんのことを “So many things they
 忘れてしまえるんだろう……」 can never forget.”
「ふしぎだよ……ね…… “Strange…isn't it?”
 …………」
BARRET {Barret}
「おい、TIFA!? “Yo, {Tifa}!
 しっかりしろ!!」 Snap outta it!!”
BARRET {Barret}
「TIFA……!?」} “{Tifa}!?”
「CLOUDさん! “{Cloud}, I was deeply
 お話、感動しちゃいました!」 moved by your story!”
「自分も弱い人間っすから “I'm really a weak person
 CLOUDさんの気持ち and so I could
 よっくわかりまス!」 really understand
「さあ、いつ戦いが始まるかわかりません。 “No one knows when fighting will begin.
 準備をどうぞ!」 But let's get ready!”
「ごくろうさまでっス!」 “Thank you for a job well done!”
「うう……ううっ…… “Oh…oh…
 CLOUDさん……」 {Cloud}…”
「ご命令をば!」 “Your command?”
    【PHS】 (PHS)
    【セーブ】 (SAVE)
    【HP/MP回復】 (HP/MP restored!)
【セーブポイント】 (Save Point)
メニューを開いて「セーブ」を選ぶと Access the menu and select
ゲームの状態を保存できます。 SAVE to save your game.
CLOUDの演説ながなが終了 [Empty Entry] Cloud's speech draws to a close
CLOUD {Cloud}
「みんな……すまなかった。 “Everyone…I'm sorry.
 なんて言ったらいいのか……」} I don't know what to say…”
RED XIII {Red XIII}
「もういいよ、CLOUD。 “Don't say anything, {Cloud}.
 あやまってばかりだからね」 All you've been doing is apologizing.”
CLOUD {Cloud}
「俺は元ソルジャーなんかじゃない」 “I never was in SOLDIER.”
「みんなに話した5年前の出来事や “I made up the story about what happened
 ソルジャーとしての話は five years ago and my
 俺自身が創り出した幻想だったんだ」 being in SOLDIER.”
「大見栄きって村を出たのに “I left my village looking for glory,
 ソルジャーになれなかった俺……」 but never made it into SOLDIER…”
「それをはじた弱い俺は “I was so ashamed of being so weak.
 親友だったザックスから聞いた話……」 Then I heard this story from my friend Zack…”
「さらに自分で見たことをまぜあわせて “And I created an illusion of myself
 幻想の自分を創り出した……」 made up of what I had seen in my life…”
「そしてその自分を “And I continued to play the
 演じ続けていたんだ」 charade as if it were true.”
BARRET {Barret}
「幻想かよ…… “Illusion, huh?
 そのわりには強かったじゃねえか」 Pretty damn strong for an illusion.”
CLOUD {Cloud}
「身体はソルジャーと “Physically, I'm built like
 ほとんど同じなんだ」 someone in SOLDIER.”
「宝条のセフィロス・コピー計画というのは “Hojo's plan to clone Sephiroth
 何のことはない、ソルジャーを創るのと wasn't that difficult.”
 同じやり方でしかなかったんだ」 “It was just the same procedure they use
CLOUD {Cloud}
「ソルジャーは魔晄をあびるだけじゃない」 “You see, someone in SOLDIER
「実は、体内にジェノバ細胞を “Their bodies are actually
 うめこまれた人間なんだ……」 injected with Jenova cells…”
CLOUD {Cloud}
「良くも悪くも心が強い人間はソルジャーになる。 “For better or worse,
 ジェノバのリユニオンも関係ない」 only the strong can enter SOLDIER.”
「でも、弱い人間は……俺のように “But weak people…like me,
 簡単に自分を見失ってしまう」 get lost in the whole thing.”
CLOUD {Cloud}
「ジェノバ細胞とセフィロスの強い意志。 “The combination of Jenova cells,
 そして俺の弱い心が生み出した人間」 Sephiroth's strong will,
「それがみんなが知っていた “Everyone knew that.
 俺………CLOUDだ」 I'm…{Cloud}.”
CLOUD {Cloud}
「……俺は幻想の世界の住人だった」 “…the master of my own illusionary world.”
「でも、もう幻想はいらない…… “But I can't remain trapped
 俺は俺の現実を生きる」 in an illusion anymore…”
TIFA {Tifa}
「ひねくれ者のCLOUD君ね!」 “You're sure messed up, {Cloud}!”
BARRET {Barret}
「それじゃ今までと “That means he ain't no
 変わんねえぜ!」 different from before!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ところでCLOUDさん。 “By the way, {Cloud}.
 これからどないするんですか?」 What are you going to do now?”
「まさか、船から降りる “Don't tell me you're
 なんていわんといてや」 going to leave the ship?”
CLOUD {Cloud}
「……メテオが降ってきてるのは “…I'm the reason why Meteor
 俺のせいだ」 is falling towards us.”
CLOUD {Cloud}
「だから俺に出来ることは “That's why I have to do everything in my power
 なんでもやるつもりなんだ」 to fight this thing.”
BARRET {Barret}
「おう! “Good!!
 星を救う戦い、続けるんだな!」 Then you're gonna keep
CLOUD {Cloud}
「BARRETがよく言ってただろ?」 “It's like you always
BARRET {Barret}
「おう、アレだな!」 “Oh, uh, you mean that!”
RED XIII {Red XIII}
「なになに? わからないよ!」 “What? I don't understand!”
「俺たちが乗った列車は “There ain't no gettin' offa this train we on!”
 途中下車はできないんだ!」
「私たちが乗った列車は “There ain't no gettin'
 途中では降りられない!」 offa this train!”
「オレたちが乗っちまった列車はよ! “There ain't no gettin'
 途中下車はできねえぜ!」 offa this train!”
TIFA {Tifa}
「がんばろうね、CLOUD!」 “Let's do it, {Cloud}!”
CLOUD {Cloud}
「ハァ……ハァ……」 “Yeah…huff…heave…”
「大丈夫ですか!?」 “Are you okay?”
CLOUD {Cloud}
「……乗り物には弱いんだ。 “…I hate moving vehicles. Cloud's lines here are flagged, but not Tifa's line.
 すぐに気分が悪くなる」 I always get sick.”
「それはそれは……」 “That's too bad…”
CLOUD {Cloud}
「でも、いいんだ。 “But that's okay.
 これが……俺なんだ」} That's the real me.”
「私たちが乗った列車は “There ain't no gettin'
 途中では降りられない!」 offa this train!”
海流の村 ミディール Mideel Midhir "Midhir - Village of Ocean Currents/Flow". Cut due to space.
「ほい、ここはミディール。 “Ahoy! This here's Mideel.
 ごらんのとおり As you can see,
 元、のどかな温泉村じゃよ」 this used to be a quiet hot springs town.”
「なんもなくなってしまったが “Everything's gone now but
 かえってさっぱりして in a way, I'm kinda glad
 気持ちいいくらいじゃわい、ホホッ」 everything's cleaned out.
「うちの人、見なかった? “Have you seen my husband?
 あの大地震のさいに消えちゃって He disappeared during the big
 どこにもいないのよ」 earthquake and I haven't seen him since.”
「お店にいたはずなんだけど……。 “I thought he'd be in the store…”
 まさか、ほんとにあのドアをぬけて “You don't think he got through that door
 どこか別の国へ行っちゃったなんて?」 and went to another country
「そんな夢みたいなこと…… “That's all just a dream…
 あるわけないわよねえ。 That could never really happen.
 はあ……」 Heh…”
「へい、らっしゃい! “Welcome!
 いつもニコニコ現金払い! We always welcome cash!
 今日は、どんなごようで?」 What can I do for you today?”
「すいませんねえ。 “I'm sorry.
 ろくな品がなくて……。 Our stock isn't so great now…
 なにしろ、この有り様なんで」 But that's just the way it is here.”
「まあ、ほかの品物を “If you're looking for other items,
 さがしてるっていうなら why don't you check out
 よそをあたってみてくださいよ」 the other stores?”
「いらっしゃい、アルね。 “Welcome.
 こうゆう時こそ Just what you need at a time like
 やすらぎといこいのショップ。 this--a shop of rest and relaxation.
 今日、どんな用アルか?」 What ya want?”
「まいどあり、のことね! “Thank you!
 お店、品モノないけど We don't have many goods
 また来てちょー、アルね」 but you come again, please.”
「うっふっふー、いらっしゃい。 “Hee, hee. Welcome
 来たわね。ついにこの日が来たわね! It's here. The day's finally come!
 たっぷり買ってってちょうだい!」 Your day to shop!!”
「え、アイテムや武器もないかって? “Do we have items and weapons!?
 しかたないわね。出血大サービス! Well, I should say so. And here's a bargain!
 5割増しってとこで、どう?」 What would you say to 50% off everything?”
「冗談よ。いくらあたしでも “Just kidding. Even I wouldn't do
 そこまであこぎじゃないわ。 something like that.
 それじゃ、どんな用なの、今日は?」 Now what can I do for you today?”
    アイテムを見せて  {Choice}Show me your items
    武器を見せて {Choice}Show me some weapons
    マテリアを見せて {Choice}Show me some Materia
    やっぱり、やめた  {Choice}Let me outta here
「まいどあり。 “Thank you.
 また来てちょうだいよ!」 Come again!”
「ほう、元気になったか、兄ちゃん! “Hey, you feelin' all better now?
 ほんとに、よかったのう。 That's good, real good.”
 もうムチャせんようになあ」
「それにしても…… “Now don't overdo yourself
 不思議なもんじゃのう like that again, hear?”
 ライフストリームというもんは」
「わしらも死んだら “Isn't the Lifestream
 このやさしいぬくもりのなかへ a strange thing?”
 帰ってゆくんじゃろうかのう……」
ドクター
「むむむ、君は……!? “When I die,
 なんと、魔晄中毒から回復したのか!?」 I wonder if I'll float along
「こりゃ、また、おどろいた……。 “Hmph! You!?
 いや、ほんとに、よかったな! How did you get over your Mako poisoning?”
 友人たちの思いが通じたんだな」
「村は、まあこの有り様なんだが…… “It's absolutely amazing…
 たいしたケガ人もなくてすんだのが I am so glad for you!
 不幸中のさいわいだよ」 Looks like your friends' wishes came true.”
「全然おぼえてないでしょうけど “You can see for yourself what things are like,
 彼女、それはいっしょうけんめい but at least no one was seriously hurt.
 あなたの看病してくれたのよ」 We're just very unhappy now.”
「大切にしてあげなさいよ。 “You probably don't remember, but
 さもないと、バチがあたるから。 you know that girl that watched over
 ほんとのほんとよ!」 you for so long when you were sick?”
「ま、それはそれとして…… “You'd better be good to her.
 あなたたち、顔色わるいわね。 If you don't, you'll be sorry.
 すこし休んでいきなさい」 Believe me!”
「オッケー、バッチリよ!
 それじゃ、気をつけてね」
CLOUD {Cloud}
「なんだ、こいつ。 “Who's this?
 ひとなつっこいヤツだな?」 Say, why are you being so friendly?”
「ははん、ねらいはこいつか。 “Oh, so this is it?
 ミメットの野菜が好物なんだな You like the Mimmet Greens, don't you?”
 おまえ?」
    ミメットの野菜をあげる {Choice}Give it some Mimmet Greens
    いやだ、あげない! {Choice}Don't give it any!
CLOUD {Cloud}
「野菜はあげられないな。 “Sorry, peewee
 わるいな、チビ助」 But I can't give you any.”
CLOUD {Cloud}
「しょうがないな。 “Well, I guess it won't hurt.
 ほら、食べろよ、チビ助」 Here, shorty, eat up.”
CLOUD {Cloud}
「よし! それじゃついでに “Ha, ha. You're pretty cute.
 こちょこちょでもしてやるか」 Here, I'm gonna tickle you a bit.”
 チョコボは、おいしそうに野菜を食べた。 The Chocobo devoured the Greens.
    足の裏をこちょこちょ {Choice}Tickle the bottom of its feet
    おなかをこちょこちょ {Choice}Tickle its stomach
    のどをこちょこちょ {Choice}Tickle its neck
    おへそをこちょこちょ {Choice}Tickle its belly button
    耳の裏をこちょこちょ {Choice}Tickle behind its ear
    わきの下をこちょこちょ {Choice}Tickle under its arm
 チョコボは、よろこんでいるようだ。 The Chocobo looks happy.
 チョコボは、くすぐったいようだ。 The Chocobo looks ticklish.
 チョコボは、怒っているようだ。 The Chocobo looks angry.
 チョコボは、はずかしがっているようだ。 The Chocobo looks shy.
 チョコボは、どうでもいいようだ。 The Chocobo looks bored.
 タダ食いだった。 Dined and dashed.
 チョコボに、『ふういん』のマテリアをもらった! Received Materia from the Chocobo!
 しかし、マテリアがいっぱいで But you have too much Materia already.
 これいじょう持てない……。 You can't take on anymore…
 チョコボは、マテリアをしまってしまった。 The Chocobo put the Materia away.
CLOUD {Cloud}
「あ~、驚いた! “Hey, don't surprise me like that!
 死んだかと思ったぞ!」 I thought you were dead!”
「まいったねえ、こりゃ。 “Well anyhow…
 また新しいつとめさきを Hey, you all look terrible.
 さがさないと……」 Why don't you rest up for a while?”
「いっそのこと、ないしょくの “Oh great.
 アクセサリー売りの方を Now I've got to find another job…”
 ほんしょくにしちゃおうかしら」 “I guess I might as well make my
「さあ、あんたたちも “Well, since you're already here,
 せっかく来てくれたんだから why don't you buy something
 なんか買ってっておくれよ」 to take back with you?”
「どうも、ありがとさん。 “Thank you.
 また、よっておくれよ」 Stop by again.”
 チョコボは、好物の野菜を Chocobos ignore humans who
 くれそうにない人間にはつめたかった。} don't look like they'll give them greens.