Dialogue Script

Chapter: 38 - Rocket Town II and Space

(All NPC have been done) Cid charging into the Rocket, the Rocket launches, the party gets the Huge Materia, Shera saves Cid, the Escape Pod is launched, Cid vows to protect the planet, they choose to return to Cosmo Canyon

 
FF7 International ScriptFF7 PC English ScriptMissing TranslationNotes
JAPANESE (Intl Ver) PC ENGLISH
「お、おまえたち!? “You…you!
 なぜここに? Why are you here?
 タークスのルードがいたはずだ!!」 Rude of the Turks should've been here!!”
CLOUD {Cloud}
「残念だったな。 “Too bad.
 ヤツなら、そこでたおれてるぜ」 Those guys are over there.”
「く~っ、あのタークスが “Oh man…the Turks, being done in like that…
 あっさりやられるなんて……
 しかし、ここは通さんぞ!」 But, I won't let you through!”
「ぐぅ……」 “Urrrrgh…”
「おお! 騒がしいと思ったら “Hey! Just when I thought somethin'
 艇長、帰ってきたのか!?」 was goin' on, you come back!”
CID {Cid}
「おい! “Hey!
 てめえら、何をしてるんだ!?」 What the hell're you guys doin'!?”
「聞いてくれよ、艇長。 “Listen to me, Captain.
 ロケットを飛ばせるんだぜ!」 We're gonna launch this rocket!”
CID {Cid}
「あん? “Huh?
 いったい、何の話だ?」 What are you talkin' 'bout?”
「このロケットに、マテリア爆弾を積んで “We're gonna load a Materia bomb
 メテオにぶつけて破壊しちまうんだ」 in this and blow up Meteor.”
「オレたちのロケットが “Our rocket's gonna
 この星を救うんだぜ!」 save the planet!”
「うう~ “Urrrrgh.
 興奮するぜ~!!」 Man this is so COOL!!”
CLOUD {Cloud}
「ちょっと待ってくれ!」 “Wait a minute!”
CID {Cid}
「うるせぇぞ!! “Shut up!!
 おめえは、だまってろい!」 Just shut the hell up!”
CID {Cid}
「ロケットの調子はどうなんだ?」 “How's the rocket?”
「だいたいOKだ」 “It's pretty much OK.”
「でも……」 “But…”
「ロケットをオートパイロット装置で “We planned to run it
 メテオにぶつける計画なのに into Meteor on Auto-Pilot, but
 かんじんの装置が壊れてるんだよ」 the most important device is broken.”
CID {Cid}
「壊れている、だぁ? “Broken?
 修理は、どうなっている」 How's the repair goin'?”
「シエラがやってるけど……」 “Shera's doin' it…”
CID {Cid}
「ケッ! おめでたいヤツらだな! “Oh great!
 あの女に任せてた日にゃ What a buncha wizards you guys are!
 100年たっても終わんねぇぜ!」 She's gonna take a 100 years!”
CID {Cid}
「こいつはオレ様が動かしてやるから “I'll take over, so don't worry
 オートパイロット装置なんて放っとけ!」 about the Auto-Pilot!”
CID {Cid}
「ホレ、ホレ! “Hey, go ahead!
 みんなに伝えてこい!」 Go tell everyone!”
「わかったよ、艇長。 “All right, Captain.
 あとは、よろしくたのんだよ」 Good luck.”
CLOUD {Cloud}
「おい、CID! “Hey, {Cid}!
 どういうつもりだ!?」 What're you doing!?”
CLOUD {Cloud}
「マテリアの中には “There are generations of knowledge
 古代からの知識、知恵が and wisdom inside the Materia.”
 封じこまれているんだ」
「俺たちはその力を借りて “We're gonna borrow their powers and
 セフィロスの手から save the Planet from Sephiroth.”
 この星を救う」
「ヒュージマテリアを失うわけには “There's no way that
 いかないんだ。 we can lose the Huge Materia.
 それは、わかっているはずだろ?」 You understand that, right?”
CID {Cid}
「おお、わかってるぜ。 “Yeah, I understand.
 マテリアが大切なものだってのも I understand that Materia is precious,
 おまえさんの考えもよ!」 and I also understand what you're thinking.”
CID {Cid}
「でもな、聞けよ」 “But listen.”
「オレ様はよ、科学の力だろうが “I don't give a rat's ass whether it's
 魔法の力だろうが science or magical power.”
 そんなこたあ、どっちでもいいんだ」
CID {Cid}
「いや、オレ様はどっちかってえと “No, I guess if I had to choose, I'd rather
 科学の力にかけてみてえ」 put my money on the power of science.”
CID {Cid}
「地ベタをはいずりまわってた人間が “Humans only used to walk
 空を飛べるようになったんだぜ!」 around on the ground
「そして、ついには宇宙まで “And finally,
 行こうってんだ」 we're about to go
CID {Cid}
「科学は、人間が自らの手で “Science is a 'Power' created and
 生み出し、育て上げた『力』だ。 developed by humans.
 その科学が、この星を救うかもしれねえ」 And science just might be
CID {Cid}
「科学のおかげでメシをくってきた “I was able to earn
 オレ様にとってはよ my living, thanks to science.
 これほど素晴しいことはねぇぜ!」 So to me, there's nothing greater!”
CID {Cid}
「いつまでも神羅がどうのこうの “Now quit your worrying
 こだわってるんじゃねえ!」 'bout what Shinra's gonna do!”
「オレ様はな、あとから “I don't want to regret
 ああ、やっとけば良かったなんて not having done something later.”
 考えたくはねえんだよ」
CLOUD {Cloud}
「しかし、CID……」 “But, {Cid}…”
CID {Cid}
「だまれ!! “Shut the hell up!!
 しかしも、かかしもねぇ!!」 I don't wanna hear it!!”
CID {Cid}
「さあ、ここはオレ様の仕事場だ! “Alright, time to get to work!
 関係ねぇお前たちは Anyone who ain't involved,
 とっとと出て行きやがれ!」 get the hell outta here!”
CID {Cid}
「な、なんだぁ? “What the hell?
 なにがおこった!?」 What the hell happened!?”
パルマー Palmer
「うひょっ!」 “Hey-hey!”
CID {Cid}
「パルマー! “Palmer!
 てめぇ、何しやがった!?」 What the hell did'ya do!?”
パルマー Palmer
「オートパイロット装置修理完了だってさ。 “They said they finished
 だから打ち上げだよ~ん」 repairing the Auto-Pilot.
CID {Cid}
「くっ! シエラのやつ “Goddamn Shera!
 今日に限って早い仕事かよっ!」 Why'd she pick today to get fast!”
CID {Cid}
「クソったれ! ビクともしねえ! “DAMN! Won't even budge!
 完全にロックされちまってるぜ」 It's completely locked up!”
パルマー Palmer
「うひょひょっ! “Hey-hey-hey!
 もうすぐ発射だよ~ん」 Almost lift off!”
CID {Cid}
「ケッ! 秒読みはどうした!? “What the!? No countdown!?
 気分がでねえぞ!」 It just don't seem the same without it!”
パルマー Palmer
「うひょ~~~!!! “Hey!!!!
 うひょうひょ!!! Hey-hey!!!
 発射だぴょ~~ん!」 Blast-----off!”
BARRET {Barret}
「おい、なんとかならねぇのか? “Can't we do somethin'?
 このままじゃ、ヤバいぜ」 We can't jus' leave it.”
TIFA {Tifa}
「ねぇ、なんとかならないの? “Can't we do something?
 このままじゃ、私たち……」 If it goes on, we're…”
RED XIII {Red XIII}
「どうしよう? “What should we do?
 オイラたち、死んじゃうのかな」 Are we all going to die?”
YUFFIE {Yuffie}
「ちょいと、CIDのおっさん! “Hey old man!
 なんとかしてよ!」 Do something!”
「アタシ、こんな情けない死に方は [Jp-exclusive text page] I don' wanna die a miserable death like this!
 ゼ~ッタイやだかんね!」 -||-
CAIT SITH {Cait Sith}
「どないしょ! どないしょ!」 “What shall we do?
「ボクはオモチャやからどうでもええけど “I'm a toy, so I don't care, but for
 みなさんは、そうもいかへんし……」 all of you it's a different story…”
VINCENT {Vincent}
「宇宙に出てしまったな。 “We're in space now.
 万事休す、か」 A long rest…”
CID {Cid}
「ケッ、パルマーのヤツ、ごていねいにも “That damn Palmer went outta his way to
 オートパイロット装置をロックしてやがる。 lock the Auto-Pilot device.
 こいつの航路は、変えられそうもねぇな」 We might not be able to change course.”
CLOUD {Cloud}
「……終わりか」 “…Is this the end?”
CID {Cid}
「あん? 何言ってるんだ? “Huh? What the hell're you sayin'?
 若いってのによぉ You're still young,
 簡単にあきらめすぎじゃねえのか?」 don't give up so easily!”
CID {Cid}
「オレ様はよ、はなっから “I'm not gonna crash into Meteor.”
 メテオなんかと
 心中するつもりはないぜ」
CID {Cid}
「見てみな」 “Just watch.”
CID {Cid}
「こんな時のために “I keep an escape pod on the rocket
 こいつには脱出ポッドが just for emergencies like this.”
 つんであるのさ」
CID {Cid}
「脱出ポッドのロックを解除したぜ。 “I deciphered the lock code
 メテオとぶつかるまえに on the escape pod.
 とっとと、おさらばしようぜ」 We'll bail right before
CID {Cid}
「さてと、こいつの航路は “Let's see,
 どうなっているのかな……っと」 how's the course set?”
CID {Cid}
「やっぱり、メテオに向かう “Yup, it's headed for a collision
 コースをとっているな」 with Meteor.”
CID {Cid}
「ついにきたぜ…… “I finally made it…
 宇宙によ……」 outer space…”
BARRET {Barret}
「おい “Hey
 ちょいと待ってくれよ!」 wait a second!”
「ヒュージマテリアは “What's gonna happen to
 どうなるんだ?」 the Huge Materia?”
TIFA {Tifa}
「ねぇ、ヒュージマテリアは “Hey, what about the Huge Materia?”
 どうするの?」
RED XIII {Red XIII}
「ところで、ヒュージマテリアは “But, what are we going to do with
 どうするのさ? あきらめちゃうの?」 the Huge Materia?
YUFFIE {Yuffie}
「ん? ヒュージマテリアは “Hmm? What are we gonna do
 どうするのさ?」 with the Huge Materia?”
「いらないのなら、アタシが “If you don't want it, maybe…
 もらっちゃお~かなぁ~」 you could…give it to ME!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ところで、ヒュージマテリアは “By the way, what are we goin' to do
 どないするんですか?」 with the Huge Materia?”
VINCENT {Vincent}
「ならば、残る間題は “Then the remaining question
 ヒュージマテリアをどうするか、だな」 is what to do with the Huge Materia.”
CID {Cid}
「マテリアが欲しいんだったら “If you want the Materia,
 勝手になんとかしろい!」 do whatever you want!”
CLOUD {Cloud}
「……いいのか?」 “…You sure?”
CID {Cid}
「わからねえ」 “I dunno…”
CID {Cid}
「さっきは “I know what I said a minute ago.”
 あんなこと言ったけどよ」
CID {Cid}
「オレ様は、コイツと “But maybe all that I really wanted was
 宇宙まで行きたかった。 just to go into outer space.”
 それだけなのかもしれねえ」
CID {Cid}
「だから、お前たちも “So, why don't you all do whatever
 お前たちが考えているように you think is right?”
 行動すればいいんじゃねぇか?」
CID {Cid}
「…………」 “…”
CID {Cid}
「マテリアなら、そっちのハシゴを “The Materia should be there after
 のぼっていった先にあるはずだぜ」 you climb that ladder.”
CID {Cid}
「おい、CLOUD」 “Hey, {Cloud}.”
CID {Cid}
「マテリア取りに行くんなら “If you're goin' to get the Materia,
 こっちだぜ」 it's this way.”
シエラ Shera
「脱出ポッドはこちらです。 “The escape pod is this way.
 急いで下さい」 Please hurry.”
CID {Cid}
「これが……宇宙……」 “So this is…outer space…”
CID {Cid}
「神羅26号…… “So long,
 あばよ……」 Shinra No.26…”
CID {Cid}
「はぁ……本物の宇宙だぜ…… “Man…it's the real thing…
 ほんとうに来たんだな……」 I'm really here in outer space…”
シエラ Shera
「急いで。 “Hurry.
 脱出ポッドを切りはなすわよ」 I'm going to detach the escape pod.”
CID {Cid}
「おい、シエラ! “Hey, Shera!
 このヘッポコポッドは動くのか?」 Does this pod really fly?”
シエラ Shera
「だいじょうぶ」 “It'll be OK.
「ついさっきまで I've checked it.”
 私がチェックしていたから」
CID {Cid}
「………… “…
 それなら安心だぜ」 Then I'm relieved.”
シエラ Shera
「……ありがとう」 “…Thanks.”
CLOUD {Cloud}
「ヒュージマテリア…… “I finally found
 やっと見つけたぞ」 the Huge Materia…”
CID {Cid}
「このコンソールパネルから “It's structured so that the lock can
 パスコードを入力すれば be opened if we enter the passcode
 ロックが解除される仕組みになってるぜ」 from this control panel.”
CID {Cid}
「おいCLOUD、こいつの使い方は “Hey {Cloud},
 知っているだろうな」 you know how to use it, right?”
「『パスコードを入力せよ』と言われるたびに “Everytime it says,
 そこんとこにある○×△□のボタンの 'Enter Passcode,' push
 どれかひとつを押せばいいのさ」 {!}{Purple}[OK] [CANCEL] [MENU]{!}{White} [OR] {!}{Purple}[SWITCH]{!}{White}.
「正しいパスコードを打ちこめば “If you punch in the right code,
 ロックが外れてヒュージマテリアを it'll unlock and you can get
 回収できるぜ」 the Huge Materia!”
CID {Cid}
「おっ、すげぇな! “Whoa, pretty good!
 一発でパスコードを探りあてやがった!」 You got the passcode in a single try!”
CID {Cid}
「おまえさん、実は知ってたんじゃないのか? “You must've known the passcode.
 そうでもなきゃ、無理だぜ」 If not, it's impossible.”
パスコード入力エラー {Choice}{Choice} Passcode Input Error
不正規ユーザーによるアクセスと判断   {Choice} Unauthorized User Identified
3分後にプロテクトシステム作動 Protection System will activate in 3 minutes
CID {Cid}
「ミスっちまったようだな!」 “Seems like you missed the code!”
「プロテクトシステムが作動する前に “If we don't enter the correct passcode
 正しいパスコードを入力しないと before the protection system activates,
 マテリアを取りもどせないぜ!」 we won't be able to get the Materia back!”
CLOUD {Cloud}
「で、どういう順番で “So, what order am I supposed
 打ちこんでやればいいんだ?」 to enter the passcode in?”
 コンソールパネルがある。 There is the control panel.
 操作してみますか? Try and operate it?
    はい {Choice}Yes
    いいえ {Choice}No
     パスコードを入力せよ      {Choice}Enter Passcode{Choice}
  パスコード1を入力せよ   Enter Passcode 1
  パスコード2を入力せよ   Enter Passcode 2
  パスコード3を入力せよ   Enter Passcode 3
  パスコード4を入力せよ   Enter Passcode 4
CID {Cid}
「確か最後のコードは△だったと思うぞ。 “I'm pretty sure that the last code was {!}{Purple}[MENU]{!}{White}.
 いや、×だったかな……」 No, maybe it was {!}{Purple}[CANCEL]{!}{White}…?”
CID {Cid}
「2番目のコードは△じゃなかった。 “The second one's not {!}{Purple}[MENU]{!}{White}.
 こいつはマチガイない!」 I'm sure of it!”
CID {Cid}
「知らねぇ。適当に打ちこんでみれば “I dunno.
 いいんじゃないか?」 Just try and punch in the code randomly.”
CID {Cid}
「最初のコードは□じゃ “I think the first code wasn't {!}{Purple}[SWITCH]{!}{White}.”
 なかったと思うんだが……」
CID {Cid}
「2番目のコードは×じゃ “I think the second code wasn't {!}{Purple}[CANCEL]{!}{White}…”
 なかったと思うんだが……」
CID {Cid}
「3番目のコードは×だった。 “Code No. 3 was {!}{Purple}[CANCEL]{!}{White}
 ……ような気がする」 …I think.”
CID {Cid}
「う~ん、思い出せねぇ。 “Hmm, I can't remember.
 もうちっと時間をくれ~!」 Give me some more time!”
CID {Cid}
「△って、使ったかな? “Did you use {!}{Purple}[MENU]{!}{White}?
 確か、使わなかったような……」 I'm pretty sure you didn't…”
CID {Cid}
「○は一回しか押さなかった “I have a feeling you
 ような気がするんだが……」 push {!}{Purple}[OK]{!}{White} only once…”
CID {Cid}
「二回押すキーがあったような “I think there was a key that
 記憶があるんだが……」 you have to push twice…”
CID {Cid}
「聞いたことがあるぜ。 “I heard there's a passcode only the
 神羅のえらいさんだけが知っている top people in Shinra know.”
 パスコードがあるって」
「多分、そいつを入力すればいいはずだ。 “We probably have to enter that.
 思いだしてみるから、その間にお前は Try and enter some codes while I try
 いろいろコードを入力してみな!」 and remember that passcode!”
CID {Cid}
「やったぜ、CLOUD!! “Alright, {Cloud}!!
 ロックが外れたぞ」 It's unlocked!”
CID {Cid}
「やっぱ、オレ様のすんばらしい “Yup,
 アドバイスがモノを言ったな」 my great advice saved the day.”
         パスコード確認 {Choice}{Choice} Passcode Confirmed
正規ユーザーと認め、ロックを解除する Identified as an Authorized User
プロテクトシステム作動まで、あと2分 2 minutes until activation of
プロテクトシステム作動まで、あと1分 1 minute until activation of
プロテクトシステム作動 {Choice} Protection System Activated{Choice}
CID {Cid}
「あちゃ~ “Ahhh &$#$#!
 プロテクトシステムが作動しちまったぜ」 The Protection System just activated!”
CID {Cid}
「……CLOUD、残念だが “…{Cloud}, too bad,
 あきらめるしかねぇぜ」 but we gotta let it go.”
CID {Cid}
「よっしゃ! “ALRIGHT!
 はやいとこ、脱出しようぜ」 Let's get outta here while we can!”
CLOUD {Cloud}
「CID!!」 “{Cid}!!”
CLOUD {Cloud}
「やるだけは、やってみるさ」 “I'm gonna do whatever I can.”
CID {Cid}
「ぐ……っ!」 “Grrrgh!”
「ちくしょう! 足が破片に “Damn!
 はさまれちまった……!」 My leg's stuck in the debris.”
CID {Cid}
「オレ様にかまうな。早く行け! “Don't worry 'bout me. Hurry up and go!
 急がないと、ロケットが If you don't hurry, the rocket's
 メテオにぶつかっちまうぜ」 gonna crash into Meteor!”
CLOUD {Cloud}
「……仲間を見すてて “…I can't go without my friends.”
 行けるわけがない」
CID {Cid}
「この、ばか野郎…… “You %#@&!
 人のことを心配している場合じゃ No time to worry 'bout
 ねぇだろうが!」 other people!”
CID {Cid}
「爆発したのは、8番ボンベ…… “Tank Number 8 blew up…{!}{Pause:Timed}/
 8番ボンベねえ…… So Tank Number 8…{!}{Pause:Timed}/
 やっぱりイカレてやがったのか……」 really was malfunctioning…”
CID {Cid}
「シエラ…… “Shera…{!}{Pause:Timed}/
 確かにおまえが正しかったぜ」 You were right.”
CID {Cid}
「でもよ “But,
 ……オレ様もこれで終わりだぁ」 …this is the end for me.”
シエラ Shera
「なに言ってるのよ、CID」 “Don't say that, {Cid}.”
CID {Cid}
「あん!? シエラ?!」 “Huh!? Shera!?”
シエラ Shera
「ついて来ちゃった。 “I tagged along.
 いま、助けるから」 I'm coming to help you.”
CID {Cid}
「ばか野郎のコンコンちき!!」 “You stupid &$#%!!”
BARRET {Barret}
「……クソッ “…Damn!
 持ちあげられねぇぜ!」 …Can't lift it!”
TIFA {Tifa}
「……だめっ! “…I can't!
 重くて、持ちあげられない……」 It's so heavy, I can't lift it…”
RED XIII {Red XIII}
「オ、オイラの力じゃ “I can't do anything
 どうしようもないよ……!」 with my strength alone..!”
YUFFIE {Yuffie}
「ア、アタシの力じゃ “I can't budge it by myself!!”
 持ちあがんないよ!!」
CAIT SITH {Cait Sith}
「ど、どないしょ~ “What shall we do?
 持ちあがらへん!」 It won't budge!”
VINCENT {Vincent}
「……だめだ。 “…No.
 持ちあがらない」 I can't lift it.”
CID {Cid}
「お前はバカだぜ。 “You're stupid.
 ほんとのバカだ」 You're really $#&^%$* stupid.”
CID {Cid}
「…すまねぇ」} “…{!}{Pause:Timed}/ …{!}{Pause:Timed}/ Sorry.”
0番街 sector 0 Sector/District 0 Access the menu here in the game and usually your last location will be "Escape Pod", so that is what it will read in the menu.
コスモキャニオン Cosmo Canyon
0番街 0 street Sector/District 0 Probably given its name due to the context when it is used, along with MD_E1.
ハイウインド Highwind
「行きますか?」 Head out?
    いくです Yes
    いかないです No
「行きますか?」 Head out?
    いくです Yes
    いかないです No
    ラスダン Last Dungeon
「あわわわわ! ちょっと待ってください!」 “Heyyy!
見習いパイロット(LV8) Learner Pilot (L8)
「い、行くですか?」 “Wanna Go?”
    行くです {Choice}Yes
    行かないです {Choice}No
見習いパイロット(LV9) Learner Pilot (L9)
「行きますか?」 “Wanna go?”
    行きます {Choice}Go
    行きません {Choice}Don't go
見習いパイロット(LV10) Learner Pilot (L10)
「行きましょうか?」 “Shall we go?”
    行きましょう {Choice}Let's
    行かないでください {Choice}No, let's not
見習いパイロット(LV11) Learner Pilot (L11)
「さあ、行きましょう!」 “OK then, let's go!”
    行きましょう! {Choice}Let's go!
    待ってください…… {Choice}Wait a sec…
見習いパイロット(LV12) Learner Pilot (L12)
「CLOUDさん、行きましょう!」 “{Cloud}, let's go!”
    はい! 行ってください! {Choice}Ok! Let's go!
    あ、待ってください {Choice}Uh, wait a sec!
見習いパイロット(LV13) Learner Pilot (L13)
「CLOUDさん! 行きますよ!」 “{Cloud}! I'm going!”
    おねがいします! {Choice}OK
    すいません、待ってください {Choice}Excuse me, but could you wait?
見習いパイロット(LV14) Learner Pilot (L14)
「さあ、CLOUDさん!!!」 “Hey, {Cloud}!!!”
    は、はい、行きましょう! {Choice}Yeah, let's go!
    あ、あ、ちょっと待って {Choice}Uh, wait
見習いパイロット(LV14・リミットブレイク! Learner Pilot (L14 {!}{Rainbow}Limit Break!{!}{Rainbow})
「おう、CLOUD、どうする? ん?」 “Yo, {Cloud}! Whacha gonna do?”
    行ってくれ! {Choice}Move it!
    待てよ {Choice}Wait
一人前パイロット Full Pilot
「CLOUDさん、いかがいたしましょう?」 “{Cloud}, what do you want to do?”
    行ってくれたまえ {Choice}Go on
    少々、待ちたまえ {Choice}Wait a minute
CAIT SITH {Cait Sith}
「あのな、CLOUDさん」 “Listen, {Cloud}.”
「ボクらな、ヒュージマテリア作戦の “We're right in the middle of the
 途中ですのや」 mission for the Huge Materia, right?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「それでな、さっそくですけど “I know this's kinda outta the blue, but
 【ジュノン】【海底魔晄炉】ってありますのや」 {!}{Cyan}Junon{!}{White} has an {!}{Cyan}Underwater Reactor{!}{White}.”
「ボクの知ってるかぎり “As far as I can see,
 あとはあそこが残ってるだけですねん」 that's the only one left.”
「ってなわけで、行きましょか!」 “That's that. Let's go!”
CLOUD {Cloud}
「ルーファウスたちの作戦は失敗だ……」 “Rufus and the other's plan was a failure…”
BARRET {Barret}
「なさけねえ話だが “What a bust…
 チビ~っと期待しちまったぜ」 But I kinda hoped it'd work.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「さんざん邪魔しといてなんやけど……」 “We been botherin' them as much as we can…”
「他に方法があるわけやないし…… “But there ain't no other way…
 ボクらがまちごうとったんやろか?」 Wonder if we've been wrong all this time?”
RED XIII {Red XIII}
「悩んじゃうよね」 “Makes you worry, doesn't it?”
TIFA {Tifa}
「悩んじゃダメ! 考えるの!」 “Don't worry! Think!”
CID {Cid}
「おう! “Hey!
 ネエちゃんの言うとおりだぜ」 The girl's right.”
「悩みはじめたらキリがねえぞ! “You start worryin' and there's no stoppin' it!
 どんどんどんどん悪い方へ Things just start fallin' apart and get
 落ちてっちまうからな」 worse and worse.”
BARRET {Barret}
「ずいぶん前向きじゃねえかよ! “You're pretty damn optimistic !
 で、何か考えたのか?」 You up to somethin'?”
CID {Cid}
「あ~だこ~だ考えたぜ。 “Yeah, I been thinkin' about this and that.”
 宇宙からこの星を見ながらな」 “All the time we been up here
「脱出ポッドで海をプカプカ “I been thinkin' even when we were floatin'
 ただよってる時まで考えちまったぜ」 in the ocean in that escape pod.”
CLOUD {Cloud}
「俺も……考えた。 “I've…been thinking, too.
 宇宙……星……海」 About the universe…planet…ocean.”
「広くて大きくて…… “How wide and big…
 俺なんかが動き回っても No matter where I go and what I do
 何も変わらないんじゃないかって」 it won't change a thing.”
CID {Cid}
「そうなのかもしんねえな」 “Maybe you're right.”
CID {Cid}
「でもよ、オレ様が考えたのは違うぜ」 “But I came up with something different.”
CID {Cid}
「でけえでけえと思ってたこの星も “I always thought this Planet was so huge.”
 宇宙から見ると小せえ小せえ」 “But lookin' at it from space,
CID {Cid}
「真っ暗な中にぽっかり浮いてやがるんだ。 “We're just floatin' in the dark.
 ……とっても心ぼそそうによ」 ……kind of makes you feel powerless.”
「おまけに腹の中にはセフィロスっつう “On top of that it's got Sephiroth
 病気を抱えてるんだろ?」 festerin' inside it like a sickness.”
CID {Cid}
「だからよ、この星は子供みてえなもんだ」 “That's why I say this Planet's still a kid.”
「でっけえ宇宙の中で病気になっちまって “A little kid sick and trembling
 震えてる子供みてえなもんだぜ」 in the middle of this huge universe.”
CID {Cid}
「誰かが守ってやらなくちゃならねえ」 “Someone's gotta protect it.”
CID {Cid}
「ん~? “Ya follow me?
 それはオレ様たちじゃねえのか?」 That someone is us.”
TIFA {Tifa}
「CID……なんだかステキ」 “{Cid}…that's beautiful.”
BARRET {Barret}
「おう! CIDさんよぉ! “Yo! {Cid}!
 オレは感動しちまったぜ!」 You even got to me!”
BARRET {Barret}
「で、どうするんだ? “Now what?
 どうやってメテオから星を守るんだ?」 How're we gonna protect
CID {Cid}
「………………考え中でぃ」 “…I'm still thinkin' about that.”
RED XIII {Red XIII}
「あれっ!?」 “Huh!?”
RED XIII {Red XIII}
「なんか……聞こえた?」 “Did you…hear something?”
CLOUD {Cloud}
「これは……」 “What is it?”
TIFA {Tifa}
「星の悲鳴……メテオの……? “Maybe it's the Planet's scream…
 ……この星の?」 Or is it Meteor?”
CLOUD {Cloud}
「星の悲鳴だ。 “It's the Planet's scream.
 たしかに星の悲鳴」 I'm sure of it.”
CLOUD {Cloud}
「なあ、どうして俺たちは “Hey, how do we know that this is
 これが悲鳴だって知ってるんだ?」 really the Planet's scream?”
TIFA {Tifa}
「忘れたの?」 “Did you forget?”
「ブーゲンハーゲンさんが “Bugenhagen told us.”
 教えてくれたからよ」
CLOUD {Cloud}
「ブーゲンハーゲン……」 “Bugenhagen…”
RED XIII {Red XIII}
「じっちゃんに会いに行こうよ! “Let's go see Grandfather!
 【コスモキャニオン】へ!」 To {!}{Cyan}Cosmo Canyon{!}{White}!”
「きっと何かためになることを “I'm sure he'll be able to tell us
 教えてくれると思うんだ」} something that will be helpful!”