Dialogue Script

Chapter: 39 - Bugenhagen, Ancients II

Party talks to Bugenhagen, party hides the Huge Materia, Bugen and party go to the city of the Ancients and reveal Aeris' prayers went through. Cait Sith calls up and says Rufus has moved the cannon, "Call it the Sister Ray", return to Cosmo Canyon, Death of Bugenhagen

 
FF7 International ScriptFF7 PC English ScriptMissing TranslationNotes
JAPANESE (Intl Ver) PC ENGLISH
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ホーホーホウ。 “Ho Ho Hoooo.
 わしの知識が必要になったら If you ever are in need of my wisdom,
 いつでも歓迎じゃ」} you are always welcome here.”
CLOUD {Cloud}
「ああ、だから来たんだ」 “Yeah, that's why we came.”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「どうしたらよいか……道を見失ったか? “What to do? Have you lost your way?
 そういう時はおのおの When that happens, we each have to
 自分を静かにみつめるのじゃ」 take a good long look at ourselves.”
「何か忘れているものが…… “There's always something in the deepest
 何か心の奥にひっかかっているものが reaches of our hearts.”
 あるはずじゃ」 “Something buried,
「それを思いだせ…… “Remember it…
 きっとそれがあんたたちの Whatever that is, must certainly be
 さがしているものじゃ……」 what you are all looking for…”
CLOUD {Cloud}
「そんなこと言われても…… “That's easy enough to say…
 思いだせない」 But, I can't remember a thing.”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「きっとあるはずじゃ。 “It must be there.
 よく心を見ろ!」 Look harder!”
BARRET {Barret}
「だめだ、オレたちだけじゃ! “This ain't no good with just us!
 CLOUD、他の連中にも {Cloud}, we gotta
 来てもらおうぜ」 get some others in here.”
TIFA {Tifa}
「……ダメ。ねえCLOUD。 “…no good. {Cloud},
 みんなにも来てもらいましょう」 let's have the others come.”
RED XIII {Red XIII}
「ん~……ダメだ。オイラたちだけじゃ。 “nghh…no good. We alone cannot do it.
 みんなにも来てもらおうよ」 We need to have the others here.”
CID {Cid}
「あ~ダメだダメだ! “Ahh, no good.
 CLOUD、他のやつらも {Cloud} you call
 呼んでみろよ」 the others in here too!”
YUFFIE {Yuffie}
「そんなの、アタシに “You expect me to do that?
 わかるわけないじゃん! Let the others do it!”
 他の連中にまかせたよ!」
CAIT SITH {Cait Sith}
「CLOUDさん、どうやろ “How about it, {Cloud}?
 みなさんにも来てもらうってのは?」 Shouldn't we have the others come?”
VINCENT {Vincent}
「どうかなCLOUD。 “I don't know,
 ここは全員に来てもらったほうが {Cloud}.
 いいと思うが……」 I think we should have everyone here.”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「どうじゃ、さがしものは “Do you see it?
 見えてきたかの?」 What is it that you are searching for?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「いやぁ~、サッパリですわ」 “Nope. Not a thing.
YUFFIE {Yuffie}
「アタシも! ぜんぜんわかんない!」 “Me either! I don't get any of this!”
CLOUD {Cloud}
「俺は……AERITHのことを “I remember
 思いだしてた」 {Aeris} a lot.”
「いや……そうじゃない。 “No…not that.{!}{Pause:Wait}
 思いだしたんじゃない。 You haven't remembered.{!}{Pause:Wait}
 忘れていたんじゃない。 You haven't forgotten.{!}{Pause:Wait}
 そんなのじゃなくて……」 That's not it…”
「なんていうか…… “How would you say…
 AERITHは、そこにいたんだ。 {Aeris} was right
 いつも、俺たちのそばに」 there all along. Right by our side.”
「あまりに近すぎて、見えなかった。 “She was so close, we couldn't see her.
 AERITHのしたこと…… What {Aeris} did…
 AERITHの残した言葉……」 The words she left behind…”
TIFA {Tifa}
「そう言えば…… “That reminds me…
 私も……そうだった」 I was the same.”
RED XIII {Red XIII}
「……オイラも」 “…as was I.”
BARRET {Barret}
「オレもさ……」 “Me too…”
CLOUD {Cloud}
「セフィロスのメテオを “She said she was the only one who
 止めることができるのは could stop Sephiroth's Meteor.”
 自分だけだと言っていた」
TIFA {Tifa}
「……でも、AERITHは “But {Aeris}
 もういない」 is gone.”
RED XIII {Red XIII}
「AERITHがやろうとしたこと…… “Is it impossible for us to carry on…
 オイラたちには無理なのかな?」 what {Aeris} tried to accomplish?”
BARRET {Barret}
「オレたちゃ “We ain't no Ancients,
 古代種じゃねえからな」 if that's what ya mean.”
CID {Cid}
「だいたい、何だって “What? Did that girl
 あのネエちゃんは go off to that place?”
 あんな場所へ行ったんだ?」
CLOUD {Cloud}
「そうだ!!」 “That's it!!”
CID {Cid}
「な、なんでい」 “What's it?”
CLOUD {Cloud}
「そうなんだ、CID」 “Of course, {Cid}!”
CLOUD {Cloud}
「俺たちは “We don't know about it.”
 そんなことも知らないんだ」
「AERITHは何を “What did
 していたんだ?」 {Aeris} know?”
「なぜ逃げもせずに “Why did she face Sephiroth
 セフィロスに……」 without running away?”
RED XIII {Red XIII}
「そうか…… “I see…
 あの場所にもう一度、だね?」 She returned there once again, correct?”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ホーホウホウ。 “Hmmm.
 わしも乗せていってもらおうかのう」 Perhaps I'll have you take me there.”
RED XIII {Red XIII}
「じじ、じっちゃんも!?」 “You're going too?”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「なにもそんなに “What's so surprising
 驚かんでもいいじゃろ……」 about that?”
「わしだってたまには “Even I like to get out from time to time
 外の世界に出てみたいんじゃ。 and see the outside world.
 なぜかのう、こんな気持ちに I wonder what did it?
 なったのはひさしぶりじゃ……」 I haven't felt like this in ages.”
RED XIII {Red XIII}
「きっと星がさ、星がじっちゃん “It must be the planet.
 を呼んでるんだよ!」 The planet is calling you!”
CID {Cid}
「ヘッ、星が呼んでるねえ」 “Yeah, hoo boy, the planet calling…alright.”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ホーホーホウ。 “Ho Ho Hoooo.
 さあ、行こうかの」 Then let's go.”
CLOUD {Cloud}
「そうだ、ブーゲンハーゲン。 “Oh yeah, Bugenhagen.
 もうひとつ、頼みがある」 I have one more thing I want to ask you.”
「俺たちの手元に “We're carrying around Huge Materia.
 ヒュージマテリアってのがあるんだ。 This is pretty delicate stuff and we would
 デリケートなものだから like to keep it in a safe place…”
 どこか静かな場所に……」
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ホーホーホウ。 “Ho Ho Hoooo.
 それなら、この上がいいじゃろ。 Then we'll put it upstairs.
 どれ、さっそく行ってみるか」 Now, shall we be on our way?”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「キカイの動かし方を教えるから “I'll teach you how to work the machine.
 ようく見ておくんじゃぞ。 Watch carefully now.
 ここを、こうすると……」 You just pull here…”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「神羅はマテリアを武器として “You are using Shinra Materia,
 使おうとしているのか?」 as a weapon?”
「マテリアは高密度な精神エネルギー。 “Materia is highly dense spiritual energy.
 星のいのちのかけらじゃ。 A shred of the Planet's life.
 武器になどするものではない」 It should not be used as a weapon.”
「なんとかやめさせなければ…… “We must stop using it…
 ただでさえ星が弱っているのに……」} or the Planet will be weakened.”
天文台 Observatory Lit. "Astronomical Observatory"
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ホーホーホウ。 “Ho Ho Hoooo.
 これがその Is this what you call
 ヒュージマテリアか…… Huge Materia?”
「これはまためずらしい “This is really rare
 マテリアじゃの」 Materia, indeed.”
「これほどのマテリアなら、 “Materia this rare is certain
 なにか特別な知識をひめて to have a special consciousness
 いるかもしれんのう」 enclosed in it.”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ホーホーホウ。 “Ho Ho Hoooo.
 よしよし。 Good.
 それじゃ出発するとしよう」 Now let's leave.”
「下のキカイの使いかたは “Do you remember how to use
 おぼえたな? the machine down below?
 マテリアが見たくなったら If you ever want to see Materia,
 またいつでも来るといい」 come here anytime.”
    ヒュージマテリアは “The Huge Materia
静かな輝きをはなっている…… emitted a quiet glow.”
     ヒュージマテリアは “The Huge Materia
やさしい輝きをはなっている…… emitted a gentle glow.”
      ヒュージマテリアは “The Huge Materia
燃えるような輝きをはなっている…… emitted a fiery glow.”
    ヒュージマテリアは “The Huge Materia
冷たい輝きをはなっている…… emitted a cold glow.”
CLOUD {Cloud}
「この色……コマンドマテリアと “The color…is the same
 同じ色だ……」 as command Materia.”
CLOUD {Cloud}
「この色……まほうマテリアと “The color…is the same
 同じ色だ……」 as magic Materia.”
CLOUD {Cloud}
「この色……しょうかんマテリアと “The color…is the same
 同じ色だ……」 as summoned Materia.”
CLOUD {Cloud}
「今のは…… “Is that…
 バハムート……?」 Bahamut…?”
   【コマンドマテリアゆうごう】   Command Materia Blend
   【まほうマテリアゆうごう】   Magic Materia Blend
  【しょうかんマテリアゆうごう】  Summoned Materia Blend
MAXレベルのコマンドマテリア Maximum level command Materia blends with
「ぬすむ」「みやぶる」「なげる」 Steal Sense Throw
「へんか」「ひっさつ」「あやつる」 Morph Deathblow Manipulate
「ものまね」をゆうごうします。 Mime
MAXレベルの Maximum level Materia has been lost.
コマンドマテリアはうしなわれ、
「マスターコマンド」のマテリアを Received one "Master Command" Materia!
ひとつ、手にいれます。
【マテリアゆうごう】を Perform
 おこないますか? "Materia Blend"?
    はい {Choice}Yes
    いいえ {Choice}No
すべてのMAXレベルの All maximum level magic Materia
まほうマテリアをゆうごうします。 will be blended.
MAXレベルの Maximum level
まほうマテリアはうしなわれ、 Magic Materia has been lost.
「マスターまほう」のマテリアを Received one
ひとつ、手にいれます。 "Master Magic" Materia!
すべてのMAXレベルの All maximum level summoned
しょうかんマテリアをゆうごうします。 Materia will be blended.
MAXレベルの Maximum level summoned
しょうかんマテリアはうしなわれ、 magic has been lost.
「マスターしょうかん」のマテリアを Received one
ひとつ、手にいれます。 "Master Summon" Materia!
マテリア「バハムート」 "Bahamut",
マテリア「バハムート改」が "Neo Bahamut"
まぶしく輝きだす…… Materia glows brightly.
「マスターコマンド」のマテリアを手にいれた! Received "Master Command" Materia!
「マスターまほう」のマテリアを手にいれた! Received "Master Magic" Materia!
「マスターしょうかん」のマテリアを手にいれた! Received "Master Summon" Materia!
「バハムート零式」のマテリアを手にいれた! Received "Bahamut ZERO" Materia!
CLOUD {Cloud}
「ヒュージマテリア……」 Huge Materia…
「たしかに不思議なかがやきだ……」 “It is glowing strangely…”
    もっと近くで…… {Choice}Get closer…
    そっとしておくか {Choice}Leave it alone
    下にもどろう} {Choice}Go back down
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ホーホーホウ……」 “Hmm, hmm, hmm!”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「機械のニオイじゃな」 “Smells like machinery.”
RED XIII {Red XIII}
「少しの間、ガマンしてよじっちゃん」 “Just be patient, old man.” I have not managed to trigger this…
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ワシはこのニオイが好きじゃ」 “I love this smell.”
「もちろん自然のニオイも “Of course, I also love
 好きなんじゃが……」 the smell of nature, too…”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ん? 上は甲板かな?」 “Hmm? The deck's up there?”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「では、ワシは甲板で時を “Then I'll be on the deck
 すごさせてもらおうか」 just passing the time.”
「風のニオイに星のいとなみを感じ “I can feel the workings of the Planet
 機械のニオイに人間の知恵と知識の in the smell of the wind.”
 素晴らしさを感じる……」 “I also feel the greatness of Man's
「ホーホーホウ、じゃな」 “Well, bye for now.”
RED XIII {Red XIII}
「じっちゃん…… “Gramps…
 時々、よくわからないんだ」 Sometimes I don't know what I have not managed to trigger this…
YUFFIE {Yuffie}
「かわいいYUFFIEちゃんに “I know you're all dyin' to talk
 話しかけたい気持ちはわかるけどさ」 to a babe like me!”
「悪いんだけど、ほっといて。 “But just leave me alone.
 アタシはね、船は……ウップ!」} This ship makes me…urk…!!”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ホーホーホウ。 Ho ho ho.
 どこへ連れていってくれるのかな?」 “I wonder where you're taking me?”{END}
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ホーホーホウ。 Ho ho ho.
 旅はいいものじゃのう……」} “Traveling is wonderful, isn't it?” Bugenhagen is meant to say this if the PPV is equal to or greater than 1392. At this point he is no longer in the Highwind though.
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ここは……」 “This is…”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「おお……たしかに……」 “Yes…exactly…”
CLOUD {Cloud}
「何かわかりそうなのか?」 “Are you getting something?”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「……ちと時間をくれんか?」 “…Give me a moment.”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「この部屋にうずまいている古代種の意識は “The knowledge of the Ancients swirling around
 たったひとつのことをうったえているのじゃ」 here is telling me one thing.”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「星の危機……」 “The Planet's in a crisis…”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「もう人の力でも “A crisis beyond human power or endless time.”
 終わりのない時間の力でも
 どうしようもないほどの星の危機」
「そんな時がおとずれたら “It says, when the time comes,
 ホーリーを求めよ、とな」 we must search for 'Holy'.”
CLOUD {Cloud}
「ホーリー?」 “Holy?”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「究極の白魔法ホーリー…… “Holy…the ultimate White Magic.
 メテオと対をなす魔法じゃ。 Magic that might stand against Meteor.
 メテオから星を救い出す最後の望み」 Perhaps our last hope to save
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ホーリーを求める心が “If a soul seeking Holy reaches the Planet,
 星にとどけば、それは現れる」 it will appear.”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ホーホーホウ」 “Ho Ho Hooo.”
「メテオもウェポンも “Meteor, Weapon,
 すべて消えてなくなるじゃろう」 everything will disappear.”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「もしかしたら、わしらもな」 “Perhaps, even ourselves.”
CLOUD {Cloud}
「俺たちも!?」 “Even us!?”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「それは星が決めることじゃ」 “It is up to the Planet to decide.”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「星にとって何が良いのか。 “What is best for the Planet.
 星にとって何が悪いのか」 What is bad for the Planet.”
「悪しきものは消えて無くなる。 “All that is bad will disappear.
 それだけのことじゃ」 That is all.”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ホーホーホウ」 “Ho Ho Hooo.”
「わしら人間は、どっちかのう」 “I wonder which we humans are?”
CLOUD {Cloud}
「ホーリーを求める…… “Search for Holy…
 それはどうやるんだ?」 How do we do it?”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「星に語りかけるのじゃ」 “Speak to the Planet.”
「白マテリアを身につけ…… “Get the White Materia… This
 これが星と人をつなぐのじゃな」 will bond the Planet to humans.”
「そして星に語りかけるのじゃ」 “Then speak to the Planet.”
「ねがいが星にとどくと “If our wish reaches the Planet,
 白マテリアがあわ~いグリーンに the White Materia will begin to glow
 輝くらしいのじゃ」 a pale green.”
CLOUD {Cloud}
「……終わりだ」 “…This is the end.”
CLOUD {Cloud}
「白マテリアはAERITHが “{Aeris} had the White Materia…”
 持っていた……」
CLOUD {Cloud}
「でも…… “But when {Aeris} died, it fell from
 AERITHが死んでしまった時に the altar…”
 祭壇から落ちて……」
CLOUD {Cloud}
「だから……終わりだ」 “That's why…this is the end.”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ホーホーホウ!」 “Ho Ho Hooo!”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ホーホーホウ!」 “Ho Ho Hooo!”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ホーホーホウ!」 “Ho Ho Hooo!”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「これを見るのじゃ!」 “Look at this!”
CLOUD {Cloud}
「!?」 “!?”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ホーホーホウ…… “Ho Ho Hooo…
 カギか……」 the key…”
「カギのことならここに “It is written about the key here…”
 かいてあるようじゃ……」
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「古代文字じゃ」 “Ancients' writing.”
CLOUD {Cloud}
「読めるのか?」 “Can you read it?”
BARRET {Barret}
「さすがだな」 “Damn, dude, you're really somethin'”
TIFA {Tifa}
「さすが、ブーゲンハーゲンさん!!」 “You're really something, Bugenhagen!!”
RED XIII {Red XIII}
「すごいなじっちゃん!」 “Wow, grandpa!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「すごいですなぁ」 “Wow!”
CID {Cid}
「やるなジジイ! “Way to go, gramps!
 だてに歳くってねえぜ!」 You're not just another old coot!”
VINCENT {Vincent}
「この難解な文字を解読できる者が “I never expected to find a person who could
 今の時代にいるとはな」 read and understand this difficult
YUFFIE {Yuffie}
「ほんと?」 “Really?”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「まったく読めん!!」 “It's all Greek to me!!”
CLOUD {Cloud}
「こんな時に冗談は……」 “This's no time for jokes…”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「わしは古代種じゃない。 “I'm not an Ancient.
 こんなもん読めんわい!」 I can't read this thing!”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「でもな、こんなおいぼれでも目は “I may be old, but my eyes aren't
 悪くなっておらん。よ~くその completely bad yet.
 文字の下を見てみろい」 Look closely below the writing.”
CLOUD {Cloud}
「チョークでメモがかきなぐってある…… “There's something written in chalk… This line is spoken if you don't already have the Ancient Key.
 ……【日の光もとどかぬ】……【カギ】」 …(even sunlight can't reach)…(Key)”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「きっとここを発見した学者が “It was probably written by a scientist
 解読を試みたあとじゃ…… who's been here…
 たった二つの単語を解読して He probably used all his energy
 力つきたのじゃろう」 to make out these two words.”
CLOUD {Cloud}
「そのメモはカギのある場所を “So this note points to where the key is?”
 しめしているんだな?」
CLOUD {Cloud}
「カギ……? “Key…?
 何のための?」 To what?”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「わからん…… “I don't know…
 しかし、きっとここの謎を解くための But, it probably has something to
 何かなんじゃろう」 do with our riddle.”
「謎……それはやはりAERITHに “The riddle…then it must have something
 関係したことかもしれんのう」 to do with {Aeris}.”
CLOUD {Cloud}
「チョークでメモがかきなぐってある…… “There's a note written in chalk… This line is spoken if you already have the Ancient Key.
 ……【カギを】……【オルゴールに】」 …(key)…(in the Music Box)”
CLOUD {Cloud}
「どういうことなんだ?」 “What does it mean?”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「あそこにあるのがオルゴールじゃよ。 “That Music Box over there.
 あそこでカギを使うんじゃ」 We'll put the key in it.”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「たぶん……」 “Probably…”
「さあ、その言葉をヒントに “Use these words as clues
 カギを探してこい」 and go find the key.”
「ワシはここで古代文字の “I'll continue to figure out
 解読を続けよう」 the Ancients' writing.”
CLOUD {Cloud}
「【日の光もとどかぬ】場所に “A place (Even sunlight won't reach) is
 【カギ】があるんだな?」 where the (key) is, right?”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「カギが見つかった時、あるいはどうしても “When you find the key, or when you can't
 いきづまった時にはここにもどってこい」 go any further, come back here.”
「解読がすすみ新しい事実が判明している “Maybe I'll understand more from the writing
 かもしれんからのう」 and get some new information for you.”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「【日の光もとどかぬ】場所に “Remember, a place (even sunlight can't
 【カギ】がある…… reach) is where the (key) is…”
 忘れるんじゃないぞ」
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「【日の光もとどかぬ】…… “(even sunlight can't reach)…
 うーん……地上にいるかぎりは Hmm…if we're above ground,
 日の光はどこにでもとどくのに…… the sunlight reaches everywhere…
 地上じゃない??」 Then it's probably not above ground…”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「日の光がとどかない所…… “A place where sunlight doesn't reach…
 そうか、海のそこか!」 Right, it must be underwater!”
CLOUD {Cloud}
「海のそこ? “Underwater?
 それは……むちゃだ…… There's…no way…
 潜水監でもないかぎり……」 We need a submarine…”
CLOUD {Cloud}
「待てよ。 “Wait.
 潜水監……【ジュノンの港】にたしか……」 Submarine…I think there's one
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「おお! 見つけたか!」 “Oh! You've found it!”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「わしがカギをさしてこよう。 “I'll go use the key.
 おまえたちはここにいるんじゃ」 You all wait here.”
「そして何が起こるのかをしかと “And watch closely what happens.”
 見ておくんじゃ」
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「さあ、中にはいるのじゃ。 “Now, go inside.
 そこにあるのは希望か…… Hope may be inside…
 それとも……」 Or…”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ここはイメージを投影するスクリーンだったのじゃ!」 “This was just a screen to project an image!”
「見てみい! “Look!
 水のスクリーンにうつったイメージを!」 Look at the image
CLOUD {Cloud}
「……輝いている」 “…It's glowing.”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ホーホーホウ!! “Ho Ho Hooo!!
 あわ~いグリーンじゃ!!」 It's pale green!!”
CLOUD {Cloud}
「……AERITH。 “…{Aeris}.
 AERITHはすでにホーリーを {Aeris} has already prayed
 となえていたんだ」 for Holy.”
「……俺がセフィロスに黒マテリアを “…After I gave up the Black Materia
 わたしてしまったあと…… to Sephiroth…
 夢の中のAERITHの言葉……」 {Aeris}'s words came into
「セフィロスを止めることができるのは “She said, she was the only one who could
 わたしだけ……その方法が、秘密が stop Sephiroth…
 ここにある……そう言ってたんだ」 And to do that, there was a secret here…”
「それがホーリー…… “That was Holy…
 自分が持っている白マテリアの意味。 That's why, she had the White Materia.
 白マテリアを自分が持っている意味。 {Aeris} knew about here…
 自分がすべきこと……AERITHはここで知った」 and what she had to do.”
「AERITHは俺たちに大きな希望を残してくれた。 “{Aeris} has left us great hope.
 けれども、それはAERITHの命…… But, it cost her life…
 AERITH自身の未来とひきかえに……」 her future…”
CLOUD {Cloud}
「ごめんよ……AERITH。 “I'm sorry…{Aeris}.
 もっと早く気づいてあげられなくて」 I should have figured this out sooner.”
「……一言も言葉をかわすことなく “…You left without saying a word…
 俺たちの前からいなくなってしまったから…… It was all so sudden, I couldn't think…”
 突然だったから、俺は何も考えられなくて……」
「だから気づくのが遅れてしまった…… “That's why it took so long for me to find out…
 でも、AERITH……俺、わかったよ」 But, {Aeris}…I understand now.”
「AERITH…… “{Aeris}…
 あとは俺がなんとかする」 I'll do the rest.”
TIFA {Tifa}
「俺・た・ち・でしょ……」 “You mean, WE…”
BARRET {Barret}
「俺・た・ち・っていえよ!」 “That's 'WE'!”
RED XIII {Red XIII}
「俺・た・ち・だよ」 “WE'LL take care of it.”
CID {Cid}
「クソったれい! “You &^$#%^!
 俺・た!ち!っだろ?俺たち!」 It's WE! WE!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「俺やのうて “It's WE! Isn't it WE?”
 俺・た・ち・やろ?」
VINCENT {Vincent}
「俺?…… “I? …you mean WE.”
 俺・た・ち・じゃないのか?」
YUFFIE {Yuffie}
「俺じゃないでしょ! “Not I, dorkus!
 俺・た・ち!」 WE!”
TIFA {Tifa}
「AERITHが私たちに “What {Aeris} left us…
 残していってくれたもの…… We shouldn't waste.”
 むだにしちゃ、いけないね」
BARRET {Barret}
「AERITHがオレたちに残してくれたもの…… “The thing {Aeris} left for us…
 むだにはできねえぜ」 We gotta take care of it.”
RED XIII {Red XIII}
「AERITHが残してくれたもの…… “We can't waste what
 むだにしちゃいけないよね」 {Aeris} left for us.”
CID {Cid}
「あの花売りのねえちゃんが置いてった “The flower girl gave us a big chance…
 でっけえプレゼント…… It'd be sad if we didn't finish it!”
 ふうをといてやんねぇと悲しむぜい!」
CAIT SITH {Cait Sith}
「AERITHさんが残してくれたモン…… “What {Aeris} left us…
 ムダにしたらアカン」 We mustn't let go to waste…”
VINCENT {Vincent}
「大切な人が残してくれた希望…… “The hope she left us…
 それをはぐくむのが、私たちに We must make stronger…”
 できるせいいっぱいのこと……」
YUFFIE {Yuffie}
「せっかく残してくれた希望…… “We've gotta take a chance on
 それにかけてみなきゃねっ!」 the hope she left us!”
CLOUD {Cloud}
「ありがとう……AERITH」 “Thank you…{Aeris}.”
CLOUD {Cloud}
「AERITHの声は星にとどいていた。 “{Aeris}'s voice has already reached
 それは白マテリアのかがやきを見ても the Planet.
 あきらかだ……」 Just look at the glow of
「でも……ホーリーは? “But…how about Holy?
 どうしてホーリーは動き出さない?」 How come Holy isn't moving?”
CLOUD {Cloud}
「なぜだ?」 “Why?”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「邪魔しとるもんがいるんじゃよ」 “Something's getting in its way.”
CLOUD {Cloud}
「…………あいつか……」 “…Him…”
「あいつしか考えられないな」 “He's the only one that could do it.”
CLOUD {Cloud}
「……セフィロス。 “…Sephiroth.
 どこにいるんだ?」 Where are you?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ちょ、ちょっと!」 “H…Hey!”
CLOUD {Cloud}
「なんだ?」 “What the?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ヒソヒソ…… “…whisper…whisper…
(すんません) (sorry
(ちょっと、びっくりしたもんですから)」 I was a little surprised).”
CLOUD {Cloud}
「どうした?」 “What happened?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ジュノンのキャノンが “You remember when the Junon Cannon
 のうなってたの覚えてますか? disappeared?
 あれ、実はルーファウスが運んだんです」 Actually, Rufus moved it.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ジュノンのキャノンが “You remember when the Junon Cannon
 のうなってたの覚えてますか? disappeared?
 あれ、実はルーファウスが運んだんです」 Actually, Rufus moved it.”
CLOUD {Cloud}
「運んだって? あんなデカイものを……? “Moved it? That big thing?
 どこに……? なぜ?」 Where? Why?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ルーファウスはあれでセフィロスを “Rufus wants to destroy Sephiroth with it.”
 倒すつもりなんですわ」
CAIT SITH {Cait Sith}
「あの大砲はヒュージマテリアの力で “That cannon operates on Huge Materia.
 動いてます。でもヒュージマテリアは But the Huge Materia has already
 ロケット作戦でつこてしもたから」 been used in the Rocket Plan.”
「もうあの大砲はあのままやと “So since the cannon's useless right now,
 使い物にならんのですな。 he decided to move it.”
 せやから移動させたんです」
CAIT SITH {Cait Sith}
「マテリアの……いや魔晄の力が “To a place where Materia…
 最大限に集中できる場所に……」 no, where Mako is gathered…”
CLOUD {Cloud}
「それで、それはどこなんだ!?」 “And, where is that!?”
CLOUD {Cloud}
「……似ている」 “It's similar.”
CLOUD {Cloud}
「前に来た時は気づかなかった……」 “I didn't notice it the last time I came.”
CLOUD {Cloud}
「ここは…… “This place…is similar to the inside
 ライフストリームの中に似ている」 of the Lifestream.”
CLOUD {Cloud}
「……いろいろなノイズ」 “…All the different noise.”
CLOUD {Cloud}
「……耳ではなく、頭の中に “…The noise doesn't go through your ears
 直接入りこんでくるノイズ」 but directly into your head.”
CLOUD {Cloud}
「意味があるようで “It seems to mean something…
 ……何もわからない。 but I can't quite get it.
 何もわからないもどかしさ」 I hate not knowing what it is.”
CLOUD {Cloud}
「それに似ているんだ」 “That's what this is similar to.”
TIFA {Tifa}
「そういえば……」 “Now that you mention it…”
CID {Cid}
「そういえば……」 “Now that you mention it…”
BARRET {Barret}
「そういえば……」 “Now that you mention it…”
RED XIII {Red XIII}
「そういえば……」 “Now that you mention it…”
CAIT SITH {Cait Sith}
「そういや……」 “Now that you mention it…”
YUFFIE {Yuffie}
「そういえば……」 “Now that you mention it…”
VINCENT {Vincent}
「そういえば……」 “Now that you mention it…”
TIFA {Tifa}
「頭がパンクしそうなかんじ」 “My head feels like it's getting crushed.”
CID {Cid}
「頭がパンクしそうだ!」 “My head feels like it's gettin' crushed!”
BARRET {Barret}
「頭がパンクしそうなかんじだな」 “My head feels like it's gettin' crushed.”
RED XIII {Red XIII}
「頭がパンクしそうなかんじだ」 “My head feels like it's getting crushed.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「頭、パンクしそうや」 “My head, it's about to be crushed.”
YUFFIE {Yuffie}
「頭がプッチンきちゃいそう」 “My head's about to pop.”
VINCENT {Vincent}
「頭がパンクしそうだ」 “My head is about to be crushed.”
CLOUD {Cloud}
「AERITHもここに来たのか…… “So {Aeris} came here, too…
 この場所に立ったのか……」 She stood in this exact spot…”
CLOUD {Cloud}
「そうか…… “Hmm…
 AERITHはここに来る {Aeris} didn't have to come here.”
 必要はなかった」
「この場所にある情報は “She was able to find out all the
 全部知ることができたんだな」 information here.”
「AERITHに必要だったのは “What {Aeris} needed was that
 あの祭壇……あの場所だけ」 altar…and only that.”
CLOUD {Cloud}
「AERITH…… “{Aeris}…
 何をするつもりだった?」 What were you planning to do?”
CLOUD {Cloud}
「俺たち……どうしたらいい?」 “What…are we supposed to do?”
眠りの森がめざめた……} The Sleeping Forest awoke…
CID {Cid}
「どうしたい!?」 “What's wrong!?”
「怪電波です!」 “It's a strange signal!”
CID {Cid}
「どっからだ?」 “From where?”
「この……人(?)から出てます」 “It's coming from this…person (?)”
CAIT SITH {Cait Sith}
「おっ!」 “Wow!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「のわっ!」 “Hey!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ちょっと驚いて “That was a surprise,
 コントロールが乱れてしまいました」 the controls went crazy.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「しもたなぁ~……」 “This ain't good…”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ウェポンが海から出てきて “Weapon came out of the sea and
 ミッドガルにきよるんです」 is heading straight for Midgar.”
CLOUD {Cloud}
「新兵器でなんとかなるんだろ?」 “The new weapon should stop him, right?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「準備が間に合うかどうか……」 “I don't know if it's ready or not…”
BARRET {Barret}
「おい! マリンはどうなるんだ!?」 “Hey! What's gonna happen to Marlene!?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「マリンちゃんは安全な場所にいますわ。 “Doncha worry none, Marlene's in a safe place.
 AERITHさんのお母さんもいっしょです」 She's with {Aeris}'s mama.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「BARRETさん!!」 “{Barret}!!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「なんですか、今の『ポリポリ』ってのは!」 “What was that scratching just now!?”
「マリンちゃんが安全やったら “As long as Marlene is safe,
 あとはどうなってもええんですか?」 who cares what else happens, right?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「まえからアンタには言いたいと “I been itchin' to say this
 思とったんですわ!」 to you for a while now!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ミッドガルの壱番魔晄炉が爆発したとき “When you blew up the Sec.1 reactor
 何人死んだと思ってますのや?」 how many do you think died?”
BARRET {Barret}
「……星の命のためだったんだ。 “…that was for the life of the Planet.
 多少の犠牲は仕方なかった」 Ya gotta expect a few casualties.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「多少? 多少ってなんやねんな? “A few? Whaddya mean 'a few'?
 アンタにとっては多少でも What may be a few to you
 死んだ人にとっては、それが全部なんやで……」 is everything to those who died…”
CAIT SITH {Cait Sith}
「星の命を守る。 “Protect the Planet.
 はん! 確かに聞こえは、いいですな!」 Hah! That sure sounds good!”
「そんなもん誰も反対しませんわ。 “And no one will go against you.
 せやからって、何してもええんですか?」 So you think you can do
BARRET {Barret}
「神羅のやつにどうこう言われたかねえ……」 “I don't wanna hear that
CAIT SITH {Cait Sith}
「…………どうせ、ボクは……」 “Can't do anything about that…”
CLOUD {Cloud}
「やめろよ」 “Stop it!”
TIFA {Tifa}
「CAIT SITH…… “{Cait Sith}…
 BARRETは、もう、わかってる」 {Barret}, he knows what he did.”
「私たちがミッドガルでやったことは “What we did in Midgar can't be forgotten
 どんな理由があってもけして許されない」 no matter what the reason.”
TIFA {Tifa}
「そうでしょ? 私たち、忘れたことないわよね?」 “Right?
TIFA {Tifa}
「あなたのことだってわかるわ」 “I know you.”
「あなたが会社をやめないのは “You can't quit the company because you're
 ミッドガルの人たちが心配だからよね?」 worried about the people in Midgar, right?”
TIFA {Tifa}
「……CLOUD?」 “…{Cloud}?”
CLOUD {Cloud}
「ウェポンか……」 “Weapon?”
CLOUD {Cloud}
「よし! 行くぞ! “OK! Let's go!
 俺たちの手でウェポンを倒してやる!」 We'll beat Weapon ourselves!”
CID {Cid}
「CLOUDよう……」 “Hey {Cloud}…”
「あんなバケモノに勝てるのか? “You think we can win against that monster?
 少しは勝ち目ってのが We got a chance of winnin', right?”
 あるんだろうな?」
CLOUD {Cloud}
「そんなことはわからない!」 “How would I know?”
「しかし、だからと言って “But that's no reason for us
 放ってはおけない!」 to just let him go!”
【ミッドガル】へ行ってウェポンと戦うんだ! “We're goin' to {!}{Cyan}Midgar{!}{White} and fight Weapon!
 さあ、行くぞ!」} Come on, let's move!”
神羅ビル・70階 Shinra Building 70f
神羅ビル・70階 [JP-exclusive Text Entry] Duplicate.
ルーファウス Rufus
「……というわけでリーブ君。 “…Reeve.
 魔晄炉の出力調整は君の仕事だ」 It's your job to adjust
リーブ Reeve
「はぁ……」 “I see…”
スカーレット Scarlet
「キャハハハハハ! “Kya, hah, hah!
 調整なんていいわよ、リーブ」 Don't worry about adjusting it, Reeve.”
「出力全開でガーーーーッと行くのよ!」 “Once you open it up all the way
ハイデッカー Heidegger
「ガハハハハ! “Gya hah, hah, hah!
 それにしてもさすが社長!」 The President's sure done it this time!”
「セフィロスを倒せば “The whole idea that Meteor will
 メテオも消えるとは disappear if we defeat Sephiroth
 目のつけどころが違いますな!」 is all wrong!”
スカーレット Scarlet
「社長、忘れないでおいてね」 “If you remember, Mr. President”
「ミッドガルの魔晄炉の力で “It was my idea to fire
 砲弾を飛ばすのは Mako powered shells.”
 私のアイディアなんだから」
ルーファウス Rufus
「魔晄キャノンの砲弾は “Will the shells really reach
 本当に北の果てまで the northern border?”
 とどくのだろうな」
スカーレット Scarlet
「キャハハハハ!」 “Kya, hah hah!”
「もっちろん!」 “Of course!”
「でも社長、魔晄キャノンなんて “But Mr. President,
 呼ばないで」 let's not call it a Mako cannon.”
「この新兵器の名前は……」 “This new weapon is called…”
「シスター・レイよっ!」} “The Sister Ray!”
RED XIII {Red XIII}
「じっちゃん!!」 “Grandfather!!”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「なんだ……ナナキか。 “…Nanaki?
 まだこんなところに…… …you're still…here?”
 いる……のか?」
RED XIII {Red XIII}
「じっちゃんをこのままに “I can't leave you like this,
 してなんか行けないよ……!」 Grandfather!”
「この谷を、コスモキャニオンの “It's the duty of…
 みんなを守るのがオイラの…… Seto's son, to guard this
 セトの息子の使命だ!」 canyon and her people…”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「……聞くのじゃ、ナナキ。 “…listen, Nanaki.
 もうおまえにもわかっておるじゃろう」 I think you may already know.”
「おまえに使命というものが “If you have any mission in life,
 あるとすれば、それはこの谷を it is not to defend this valley.”
 守ることでは……ない」
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「枯れてゆく山の木々を見ること。 “Look at the withering mountain grass.
 うまれくるチョコボのうぶごえを Listen to the warble of
 聞くこと」 the new born chocobo's.”
「人間の一生などよりも “Look always to the eternal flow of time
 はるかに長い時の流れを which is far greater than
 みつめつづけること」 the span of a human life.”
「それはこの谷に残っているより “It will teach you more,
 ずっと多くのことを than staying here in the valley…”
 おまえに教えるじゃろう……」
「そして、おまえの見たものはやがて “What you will see will eventually
 ライフストリームの一部となり become a part of the Lifestream.”
 うけつがれていくんじゃ」
「わしらのこどもたちに…… “For my children…
 おまえのこどもたちに……」 And for your children…”
「だから、ナナキよ…… “So please, Nanaki…
 CLOUDと行け…… Go with {Cloud}…
 その目で……耳で……」 And use your eyes…your ears…”
「ホーホー……」 “Ho Ho…”
RED XIII {Red XIII} All this unused text is flagged but never used. Understandible since it damages the tone of the scene.
「じっちゃん!? “Grandfather!?
 じっちゃん!!」 Grandfather!!!”
ブーゲンハーゲン
「……ああ、そうそう。 “…oh yes.
 おまえにわたすものがあった」 This is for you.”
RED XIII {Red XIII}
「トトト…… “…
 おどかさないでよ、じっちゃん!」 Don't scare me like that, Grandfather!”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「なに言うとるんじゃ。 “What? You surprised yourself.
 自分で勝手におどろいたくせに。 Now take this.”
 ホラ、持っていくといい」
『リミテッドムーン』を手にいれた! Received "Limited Moon"!
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ホーホー……ホウ。 “Ho Ho…Hoooo.
 わしのことは心配するな。 Do not worry about me.
 星の未来をみつめるのじゃ」 I'll be watching the future of the Planet.”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ホーホー……ホウ。 “Ho Ho…Hoooo.
 おまえさんたち……か」 You?”
「いやなに……ひさしぶりに “It's been a while…since I've been out.
 外に出たんで……少しばかり I think I must have…tired
 はしゃぎすぎたかの」 myself out a bit.”
「ああ……ナナキには言わんでくれよ。 “Ahh…don't tell Nanaki.
 あれはすぐ心配するから……の」 He'll only worry…”
RED XIII {Red XIII}
「…………」 “…”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「ホーホー……ホウ。 “Ho Ho…Hoooo.
 ホレ……そんな顔するな。 Now, now. Don't look like that.
 わしのことなら、だいじょうぶじゃよ」 I'm all right.”
「広い世界を見てくるんじゃ…… “It's a big world and you must
 もしかしたらホレ、カワイイ go out and see it…
 ガールフレンドが見つかるかも You may even find your life's mate.
 しれんしの?」 You never know.”
ブーゲンハーゲン Bugenhagen
「そうそう……これを持っていくといい。 “Oh yes…take this along.
 今のおまえならよく……似合うじゃろ」 I think it will look good on you now.”
RED XIII {Red XIII}
「じっちゃん……」 “Grandfather…”
CLOUD {Cloud}
「RED XIII…… “{Red XIII}…
 ブーゲンハーゲンは……」 Is Bugenhagen…?”
RED XIII {Red XIII}
「…………」 “…”
「……じっちゃん、また旅にでるって!」 “Grandpa told me
CLOUD {Cloud}
「旅……?」 “Away?”
RED XIII {Red XIII}
「この前の飛空艇がよっぽど “It seems like he really liked
 気に入ったらしいんだ」 that airship.”
「じっとしてられないって “He told me he couldn't stay still
 とびだしていっちゃったよ!」 and just zipped out of here!”
「オミヤゲまで “He even gave me a gift,
 もらったんだ、ホラ!」 look!”
『リミテッドムーン』を手にいれた! Received "Limited Moon"!
RED XIII {Red XIII}
「あれ?オミヤゲって “Wait a minute. Aren't you supposed
 帰ってきてからもらうんだよね?」 to give gifts AFTER you come back?”
「ハハハ、へんなじっちゃん! “Ha ha…Grandpa sure is strange!
 ハハハ……ハハ……ハ……」 Haa…ha ha…ha…”
CLOUD {Cloud}
「そうか…… “Hmm…
 それじゃまた、どこかで Maybe we'll run
 ヒョッコリ会うかもしれないな」 into him again somewhere.”
RED XIII {Red XIII}
「ウン…… “Yeah…
 そう……そうだね……」 maybe…”