Dialogue Script

Chapter: 4 - Sector 5 and Aeris

From Cloud waking up in the Church, fleeing Reno with Aeris, Going to her House, Sector 5 (all NPCs at all stages), going to her house, escaping at night, going to Sector 6 and the scene with Cloud and Aeris in the park.

 
FF7 International ScriptFF7 PC English ScriptMissing TranslationNotes
JAPANESE (Intl Ver) PC ENGLISH
スラムの教会 church in the slums
 『……大丈夫か?』 {!}{Gray}…You all right?{!}{Gray}
 『……聞こえてるか?』 {!}{Gray}…Can you hear me?{!}{Gray}
  CLOUD {Cloud}
  「…………ああ」 “…Yeah…”
 『あの時は…… {!}{Gray}Back then…
  ヒザすりむいただけで I only got
  すんだけど……』 scraped knees…{!}{Gray}
CLOUD {Cloud}
「……あの時?」 “…What do you mean by 'back then'?”
 『今度はどうかな? {!}{Gray}What about now?
  起きられるか?』 Can you get up?{!}{Gray}
CLOUD {Cloud}
「……あの時? “…What do you mean by 'back then'?
 ……今度は?」 …What about now?”
『……気にするな。 {!}{Gray}…Don't worry about me.
 今は身体のことだけ Worry about yourself now.{!}{Gray}
 考えるんだ』 [JP-exlusive Text Page]
『……身体、動かせるか?』
CLOUD {Cloud}
「……やってみる」 “…I'll try.”
  『……どうだ?』 {!}{Gray}…How about that?{!}{Gray}
『ゆっくりな。 {!}{Gray}Take it slow now.
 少しずつ少しずつ……』 Little by little……{!}{Gray}
 CLOUD {Cloud}
 「……わかってるさ」 “…I know.”
CLOUD {Cloud}
「なあ……あんた、誰だ?」 “Hey…who are you?”
「あっ! 動いた!」 “Oh! It moved!”
「ふぅ…… “Whew…
 良かったぁ」 What relief.”
「もしもし?」 “Hello, hello?”
「もしも~し!」 “Hello, hello!”
「だいじょぶ?」 “You okay?”
「いきなり、落ちてくるんだもん。 “You just fell from above.
 おどろいちゃった」 You really gave me a scare.”
「ここ、スラムの教会。 “This is a church in
 5番街よ」 the Sector 5 slums.”
CLOUD {Cloud}
「……落ちてきた」 “…I came crashing down?”
「屋根と、花畑、クッションに “The roof and the flower bed
 なったのかな。 must have broken your fall.
 運、いいね」 You're lucky.”
CLOUD {Cloud}
「花畑……あんたの花畑?」 “Flower bed…is this yours?”
CLOUD {Cloud}
「それは悪かったな」 “Sorry about that.”
「気にしないで。 “That's all right.
 お花、けっこう強いし The flowers here are quite resilient
 ここ、特別な場所だから」 because this is a sacred place.”
「ミッドガルって “They say grass and flowers
 草や花、あまり育たないでしょ? won't grow in Midgar.”
 でも、ここだけ花、さくの」 “But for some reason, they
「好きなんだ、ここ」 “I love it here.”
「……また、会えたね」 “So, we meet again.”
「……おぼえてないの?」 “Don't you remember me?”
    (会ったことがある……) {Choice}Yeah, I remember…
    (たしか、初対面だ) {Choice}Never saw you before
CLOUD {Cloud}
「ああ、覚えてるさ」 “Yeah, I remember…”
    花を売ってたな You were selling flowers
    スラムの酔っぱらい You're the slum drunk
「あっ! うれしいな~!」 “Oh! I'm so happy!”
「しつれいしちゃうわね!」 “Excuse me, but you're really rude!”
「……おぼえてないかぁ。 “…I guess you don't remember.
 あなた、ボーッと歩いてたしね」 You were walking in a daze.”
「あのときは、お花、買ってくれて “Thanks for buying my flowers.”
 ありがと」
「でも、お花、買ってくれなかったね」 “You didn't buy any flowers from me though.”
「でも、お花、買ってくれたから “But I forgive you,
 許してあげる」 because you bought flowers from me.”
「な~んにも覚えてないんだ」 “I don't remember a thing.”
「まぁ、いっか」 “Well, that's okay.”
「ね、マテリア、持ってるんだね」 “Say, do you have any Materia?”
「わたしも持ってるんだ」 “Yes, some.”
CLOUD {Cloud}
「今はマテリアはめずらしくもなんともない」 “Nowadays you can find Materia anywhere.”
「わたしのは特別。 “But mine is special.
 だって、何の役にも立たないの」 It's good for absolutely nothing.”
CLOUD {Cloud}
「……役にたたない? “…good for nothing?
 使い方を知らないだけだろ?」 You just don't know how to use it.”
「そんなこと、ないけど…… “No, I do…
 でも、役に立たなくてもいいの」 it just doesn't do anything.”
「身につけてると安心できるし “I feel safe just having it.
 お母さんが残してくれた……」 It was my mother's.”
「ね、いろいろ、お話したいんだけど “Say, I feel like talking.
 どうかな?」 Do you feel up to it?”
「せっかく、こうして “After all,
 また、会えたんだし……ね?」 here we are meeting again.”
     ああ、かまわない {Choice}I don't mind
     話すことなどない {Choice}Got nothing to talk about
「じゃ、待ってて。 “Wait here.
 お花の手入れ、すぐ終わるから」 I've got to check my flowers.
「………………なるほど」 “…Oh, I see.”
「あ~あ、誰のせいかな~。 “Ahhh. I wonder whose fault that is.
 せっかく、元気に育ったのにね~。 It's not easy to grow them, you know.
 お花さん、かわいそ」 Poor flowers.”
「も~すこし待ってて」 “Just a little longer.”
「あ!」 “Oh!”
「そういえば、まだだった」 “Now that you mention it…”
「おたがい、名前、知らないね」 “We don't know each other's names, do we?”
「わたしは……」 “My name is…”
【AERITH名前入力】 “I'm {AERIS}‚the flower girl.
「わたし、花売りのAERITH。 “I'm {Aeris}, the flower girl.
 よろしくね」 Nice to meet you.”
CLOUD {Cloud}
「俺はCLOUDだ」 “The name's {Cloud}.”
「仕事は…… “Me?
 仕事は『なんでも屋』だ」 I do a little bit of everything.”
AERITH {Aeris}
「はぁ……なんでも屋さん」 “Oh…a jack of all trades.”
CLOUD {Cloud}
「なんでもやるのさ」 “Yeah, I do whatever's needed.”
CLOUD {Cloud}
「何がおかしい! “What's so funny?
 どうして笑う!」 What are you laughing at?”
AERITH {Aeris}
「ごめんなさい……でも、ね」 “Sorry, I just…”
CLOUD {Cloud}
「ん……?」 “Huh?”
AERITH {Aeris}
「CLOUD! “{Cloud}!
 かまっちゃダメ!」 Don't let it get to you!”
AERITH {Aeris}
「タイミング、悪いなぁ」 “Sorry, bad timing on my part.”
AERITH {Aeris}
「ねえ、CLOUD。 “Say, {Cloud}.
 ボディガードも仕事のうち?」 Have you ever been a bodyguard?”
CLOUD {Cloud}
「なんだって?」 “What's that?”
AERITH {Aeris}
「何でも屋さん、でしょ?」 “You CAN do anything, right?”
CLOUD {Cloud}
「……そうだけどな」 “Yeah, that's right.”
AERITH {Aeris}
「ここから連れ出して。 “Then, get me out of here.
 家まで、連れてって」 Take me home.”
CLOUD {Cloud}
「お引き受けしましょう。 “OK…
 しかし、安くはない」 but it'll cost you.”
AERITH {Aeris}
「じゃあねえ……」 “OK then, let's see…”
AERITH {Aeris}
「デート、1回!」 “How about
「オレにかまうな、だと」 “Don't mind me.”
「もう少し、時間をやるぞ、と」} “I'll give you a little more time.”
CLOUD {Cloud}
「どこの誰だか知らないが……」 “I don't know who you are, but…”
CLOUD {Cloud}
「知らない……?」 “You don't know me…”
『……知ってるよ』 …I know you.
CLOUD {Cloud}
「そうだ……俺は知っている」 “Oh yeah…I know you.”
CLOUD {Cloud}
「その制服は……」 “That uniform…”
「……おねえちゃん “…Hey sis,
 こいつ、なんだか変だぞ、と」 this one's a little weird.”
CLOUD {Cloud}
「だまれ! 神羅のイヌめ!」 “Shut up! Shinra spy!”
「レノさん! “Reno!
 やっちまいますか?」 Want him taken out?”
レノ Reno
「考え中だぞ、と」 “I haven't decided yet.”
AERITH {Aeris}
「CLOUD、ダメ、やめて!」 “{Cloud}, don't! Stop!”
AERITH {Aeris}
「ここで戦ってほしくない! “Don't fight here!
 お花、ふまないでほしいの!」 You'll ruin the flowers!”
AERITH {Aeris}
「こっち! CLOUD!」 “{Cloud}! Over here!”
AERITH {Aeris}
「出口、奥にあるから」 “The exit is back there.”
レノ Reno
「見たか? “Did you see
 あのにいちゃんの目」 that guy's eyes?”
レノ Reno
「……魔晄の目」 “They were…Mako eyes.”
レノ Reno
「ま、いいか。 “Hmm.
 さ、お仕事お仕事、と」} All right, c'mon, get to work.”
[Eng exclusive entry] Reno
-||- “Did you see that guy's eyes.” This does not add up. There are 81 entries in JP CHRIN_1B and 82 in Eng, but I found two Eng exclusive entries. ???
レノ Reno
「あれは………魔晄の目」 “They were…Mako eyes.”
レノ Reno
「ま、いいかぁ。 “Yeah, all right.
 お仕事お仕事、と」 C'mon, get to work.”
レノ Reno
「あっ!」 “Oh!”
レノ Reno
「お花、ふまないでね…だと」 “And don't step on the flowers…”
「レノさん、ふんだ!」 “You just stepped on them yourself!”
「花、ぐしゃぐしゃ!」 “They're ruined!”
「怒られる~!」} “You're gonna catch holy hell!”
教会奥 Inside the Church
教会屋根裏 Church Roof Unseen in CHRIN_3A.
『タル』がある。 Here's a barrel.
 これを押してやれば…… If I can just push it over…
 『タル』がある。 Here's a barrel.
 これを押してやれば…… If I can just push it over…
 『タル』を押しますか? Push the barrel?
    はい {Choice}Yes
    いいえ {Choice}No
レノ Reno
「いたぞ、あそこだ!」 “There they are, over there!”
AERITH {Aeris}
「CLOUD、あれ!」 “{Cloud}…that one!”
CLOUD {Cloud}
「わかっている。 “I know.
 どうやら見逃すつもりはないようだな」 Looks like they aren't going to let us go.”
AERITH {Aeris}
「どうしよう?」 “What should we do?”
CLOUD {Cloud}
「つかまるわけにはいかないんだろ? “Well we can't let them catch us, can we?
 それなら、答えはひとつさ」 Then, there's only one thing left.”
CLOUD {Cloud}
「さあ、AERITH。 “{Aeris}!
 こっちだ」 This way!”
CLOUD {Cloud}
「だいじょうぶだ。 “All right.
 俺が受け止めてやる」 I'll hold them off.”
AERITH {Aeris}
「わかったわ。 “Right.
 しっかり受け止めてね」 Make sure they don't get through!”
レノ Reno
「古代種が逃げるぞ! “The Ancient is getting away!
 撃て、撃て! あ、撃つな!」 Attack! Attack! {!}{Pause:Timed}> Attack!”
レノ Reno
「やっちまったかな、と。 “Think we killed 'em?
 抵抗するからだぞ、と」 They never should've fought us!”
AERITH {Aeris}
「きゃあっ!」 “Eaygh!!”
CLOUD {Cloud}
「AERITH!」 “{Aeris}!”
AERITH {Aeris}
「CLOUD、助けて!」 “{Cloud}, help!”
CLOUD {Cloud}
「AERITH!」 “{Aeris}!”
    しばらく待っていろ! {Choice}Hold on a minute!
    戦え! {Choice}Fight 'em!
    逃げるんだ! {Choice}RUN!
AERITH {Aeris}
「わ、わかったわ」 “A, all right.”
「ぐわっ!」 “Guuagh!”
「ぶべっ!」 “Urkkk!”
「のわっ!」 “Nwahh!”
AERITH {Aeris}
「ありがとう、CLOUD」 “Thanks, {Cloud}.”
AERITH {Aeris}
「もう、CLOUD “Oh, {Cloud}
 なにやってるのよ!」 what are you doing!?”
「古代種! “The Ancient!
 捕まえたぞ!」 We got her!”
AERITH {Aeris}
「ふぅ、おどろいた」 “Whew, that surprised me.”
CLOUD {Cloud}
「AERITH、こっちだ」 “{Aeris}, this way.”
AERITH {Aeris}
「CLOUD、急ぎましょう」 “{Cloud}, hurry.”
CLOUD {Cloud}
「くそっ!」 “Damn!”
CLOUD {Cloud}
「あれは……?」 “What's that?”
AERITH {Aeris}
「そこの屋根の壊れたところから “We'll get out through
 外に出ましょう」 the hole in the roof.”
AERITH {Aeris}
「倒れたハリ、つたって行けば “Jump off that beam,
 屋根の上、出られるから」} and we should be able to make it
教会 Church
AERITH {Aeris}
「フフフ…… “Ha, ha…
 まださがしてるね」 They're looking for
CLOUD {Cloud}
「初めてじゃないな? “You mean it's not the
 やつらが襲ってきたのは?」 first time they've
AERITH {Aeris}
「……まあ、ね」 “…no.”
CLOUD {Cloud}
「タークスだよ、あいつらは」 “They're the Turks.”
AERITH {Aeris}
「ふ~ん……」 “Hmm…”
CLOUD {Cloud}
「タークスは神羅の組織。 “The Turks are
 ソルジャーの人材をみつけだし a Shinra organization.
 スカウトするのが役目だ」 They scout for possible
AERITH {Aeris}
「こんなに乱暴なやりかたで? “This violently? I thought
 まるで人さらいみたい」 they were kidnapping
CLOUD {Cloud}
「それにウラじゃ “They're also involved in
 汚いことをやっている」 a lot of other dirty
「スパイ、殺し屋…… stuff on the side.”
 いろいろだ」 “Spying,
AERITH {Aeris}
「そんな顔してるね」 “They look like it.”
CLOUD {Cloud}
「でも、どうして “But, why're they after you?
 あんたがねらわれる? There must be a reason,
 何かわけがあるんだろ?」 right?”
AERITH {Aeris}
「う~ん……べつに。 “No, not really. I think they
 あ、わたしソルジャーの素質が believe I have what it
 あるのかも!」 takes to be in SOLDIER!”
CLOUD {Cloud}
「そうかもな。 “Maybe you do.
 なりたいのか?」 You want to join?”
AERITH {Aeris}
「どうかな~。 “I don't know…
 でも、あんなヤツらに But I don't want to
 つかまるのはイヤ!」 get caught
CLOUD {Cloud}
「それじゃあ、行くぞ!」} “Then, let's go!”
5番街スラム Sector 5 Slum
CLOUD {Cloud}
「…………」 “…”
AERITH {Aeris}
「待って…… “Wait…
 ちょっと待ってってば!」 Wait, I said!”
AERITH {Aeris}
「ハア…… “Puff…
 ハア……」 …wheeze…”
「ひとりで……さきに…… “Slow…down…
 行っちゃうんだもん……」 Don't leave me…”
CLOUD {Cloud}
「おかしいな……」 “Funny…”
「ソルジャーの素質が “I thought you were cut
 あるんじゃなかったか?」 out to be in SOLDIER.”
AERITH {Aeris}
「もう! いじわる!」 “Oh! You're terrible!”
AERITH {Aeris}
「ねえ……CLOUD。 “Hey…{Cloud}.
 あなた、もしかして…… Were you…ever in SOLDIER?”
 ソルジャー?」
CLOUD {Cloud}
「……元ソルジャーだ。 “…I used to be.
 どうしてわかった?」 How did you guess?”
AERITH {Aeris}
「……あなたの目。 “…Your eyes.
 その不思議な輝き……」 They have a strange glow…”
CLOUD {Cloud}
「そう、これは魔晄を浴びた者…… “That's the sign of those who
 ソルジャーのあかし」 have been infused with Mako…”
「だが、どうして、あんたがそれを?」 “But, how did you know
AERITH {Aeris}
「……ちょっと、ね」 “…Oh, nothing.”
CLOUD {Cloud}
「ちょっと……?」 “Nothing?”
AERITH {Aeris}
「そ、ちょっと!」 “Right, nothing!”
AERITH {Aeris}
「さ、行きましょ! “Come on, let's go!
 ボディーガードさん!」} Bodyguard!”
【セーブポイント】 [SAVE POINT]
メニューを開いて「セーブ」を選ぶと Access the Menu and select
ゲームの状態を保存できます。 {PURPLE}[SAVE]{WHITE} to save your game.
5番街スラム Sector 5 Slum
AERITH {Aeris}
「フ~! やっとおりられた! “Whew! Finally made it off!
 さて、と……」 Now what?”
AERITH {Aeris}
「こっちよ、わたしの家は。 “My house is over here.
 あの人たちが来ないうちに Hurry before they come.”
 急ぎましょ」
「この先は5番街スラムと “The Sector 5 and Sector 6
 6番街スラムにつうじてんだが……」 slums are right ahead…”
「どんなところか知ってるか?」 “Do you know what kind of place they are?
    5番街のことを知りたい {Choice}Tell me about sector 5
    6番街のことを知りたい {Choice}Tell me about sector 6
    知っている {Choice}Yeah, I know
「5番街スラムか…… “Sector 5 slum…
 ま、どうってことない街さ」 It's not a big town.”
「たいしてスリルもねえが、危険もねえ。 “No thrills, no danger. But there
 店だけはあるから are a few stores so if there's
 何かほしけりゃよってみな」 something you want, stop by.”
「6番街スラムか……ヘヘヘ、 “Sector 6 slum…heh heh heh,
 男にとっちゃパラダイス、 A man's paradise.
 1度は行ってみるといい」 I've always wanted to go.”
「……ってことは、あんたみたいな “…But not for a nice girl like you…
 おじょうさんには……ってとこさ。 But there may be something else
 ま、別のお楽しみもあるかもな。 good for you. Heh, heh, heh.”
 ククク……」
「だがな、あそこはちっとばかし “Yeah, but it's a little dangerous
 ヤバイぜ。なんたって……」 over there, you know.”
「おおっと、これ以上は言えねえ。 “That's all I got to say. If you want
 知りたければ自分で行ってみることだ。 to know more, you'll have to go there
 もっとも、いつでも行けるわけじゃ yourself. But you can't just waltz
 ないんだが……」 over there anytime you feel like it.”
「……フン。 “Hmm…
 なら好きにするさ」 Then, I'll do as I please.”
「ヨオ! 6番街にいったようだな。 “HEY! Looks like they were in Sector 6.
 どうだ、楽しめたか?」 Have fun?”
「そういや最近コルネオの “That reminds me, you don't hear
 ウワサをきかねえな。 much about Corneo lately.
 なんかあったのか?」 Wonder what happened to him?”
「ワ、ワタシは見た! “I saw her!
 見たんです!」 I really did!”
「この先の古い教会に “This woman just disappeared!
 ひとりの女がスーッと Right there around the old church.”
 消えていくのを!」
「しかも、いくら待っても “I waited around a long time,
 その女は2度と出てこないじゃ but she never came out again!”
 ありませんか!」
「やっぱりあそこは “I tell you, it's one of them
 ユーレイ教会…… …haunted churches!
 ブルブルブル……」 Ohhh…shiver…shake…”
「大地をゆるがす音とともに、 “Then with a big rumble, the sector 7
 7番街スラムの上にプレートが!」 plate came crashing down on the slum.”
「あんなのがここに落ちてきたら…… “Oh man, if something like that ever
 ブルブルブル……」 fell on us…ohhh…shiver…”
「巨大なマテリアの中に “A really weird guy lives inside of
 眠る不気味な男! some Huge Materia! And then there were
 そして9匹の悪魔たち……! 9 little devils! Ohh…shiver…shake…”
 ブルブルブル……」
「……え? “Huh?
 あ、いや、あの、ホントに Oh, uh, no, I uh…
 見たというよりは、ホラ、 really didn't see it myself…I uh,
 風のウワサというか、その……」 well, it was more like a, whaddya
「すみません、ウソでした。 “All right. It was a lie.
 さいきんスゴイものを I just made it up because
 見ていないのでつい……」 nothing's been happening around
AERITH {Aeris}
「それってひょっとして……」} “You mean that's…”
【セーブポイント】 [SAVE POINT]
メニューを開いて「セーブ」を選ぶと Access the Menu and select
ゲームの状態を保存できます。 {PURPLE}[SAVE]{WHITE} to save your game.
5番街スラム Sector 5 Slum
AERITH {Aeris}
「ここの人、病気みたいなの」 “This guy are sick.”
「近くで倒れていたのを “He passed out nearby and
 誰かが助けたんだって」 someone must have helped him here.”
「へんなんだよね、このドカンの中の人。 “That guy in the pipe's a weird one.
 何をきいても、『ああ』とか『うう』しか No matter what you ask him,
 言わないんだよね」} he only answers 'uuh' or 'aahh'.”
ドカン Earthen Pipe
みすぼらしい男
「う……あ……あぁ……」 “ooh…aaah…ughhhh…”
AERITH {Aeris}
「この人なの…… “This is the one…
 ね、助けてあげられない?」 won't you help him?”
CLOUD {Cloud}
「悪いが俺は医者じゃない」 “Listen, I'm no doctor.”
AERITH {Aeris}
「そう……そうよね……」 “No, I guess not…”
AERITH {Aeris}
「あら? この人、イレズミしてる。 “Hey…that man has a tattoo.
 数字の2、かな」---- I think it's the number 2.”
『エリクサー』を手にいれた! Received "Elixir"!
「あんな大きな音がしたってのに “Even with all that commotion,
 ここの人、あいかわらずなんだよね。 you went on like nothing happened.
 よっぽどつらいことでも You must've really been through
 あったみたいなんだよね……」 the mill to get like that.”
「こうなっちゃ、ここの人の方が “I don't know, they might even
 幸せかも知れないよね」 be better off this way.”
「この星の終わりがジワジワ近づいて “Even though they know the planet is on its
 くるのを知りながら last legs, there's nothing they can
 何もできないなんてさ」 do about it.”
「私も、心を閉ざしてしまいたいよね……」 “I wish I could close myself off like that.”
「ここの人、どっかへ “These folks went
 行っちゃったんだよね。 wobbling off somewhere…”
 フラフラ~っと……」 “They said something about the
「『リユニオンがはじまる』とか 'Reunion starting'… sounded almost like a
 なんとか、うわごとみたいに…… chant. Wonder what the heck that meant.”
 なんのコトだかサッパリだよね」
「グスッ、グスッ……」 “…sniff…sniff…”
「ゴゴゴゴ……ってなったら “First there was a rumbling…
 バリバリバリっときて …then cracking…
 ドドドドドーン!!て……」 and then ker-blaMM!!…”
「こわかったよ……グスッ」 “…I was so scared…sniff…”
「どいたどいた! “Outta the way! Move!
 欲しいものがあったら You want something?
 店の中へどうぞ!」 Move into the store!”
「ミッドガルの下にいりゃ “You finally think you're making a
 そこそこのくらしができると living in the pits of Midgar,
 思ってたのに、まさかあの and then a big piece of scrap like
 デッカイやつが落ちてくるとは……」 that falls down here…what's next?”
「そう、それよ! “Yeah, that's right!
 けどよ、だからといって But even so, where could we
 今さらどこに行きゃ……」 move to now?”
「ウォールマーケットって “You ever hear of
 知ってっかい?」 Wall Market?”
    はい {Choice}Yeah
    いいえ {Choice}Nope
「6番街スラムにあるマーケットさ。 “It's a market in the slums of Sector 6.
 あそこに行けば何でもそろうんだけど They've got everything you
 途中の道がね……」 could ever want there.”
「へえ、そうかい。 “Oh yeah? Then maybe I should
 なら、そのうちオレの買い物も have you pick something up for
 たのもうか……」 me next time you're there…”
「何がどうなってるんだ! “What's going on with the world?
 と、とどのつまり When it's all said and done,
 おれたちゃもうオシマイって we're all gonna wind up dead.”
 ことなのかい!?」
「……お前、このあいだから “You've been talking like that
 そのアイヅチばっかりだな」 for sometime now.”
「何をしてるかって? “What am I doing? I'm walking around
 下を向いて歩いてるのよ」 looking at the ground.”
「下にはいろいろ落ちてるけど “You find a lot of things people
 上を見たって何も dropped when you look down.
 落ちてきやしないもの。 You never find them when
 でしょ?」 you're looking up. Right?”
「あんなものが “Never thought that would
 落ちてくるなんて…… come tumbling down.
 これからは上を向いて Maybe I better walk around
 歩いていこうっと」 looking up from now on.”
「もう下を見るのも “I'm not going to look up or down!
 上を見るのもやめた! From now on I'm just going to
 これからは前を向いて look straight ahead.”
 歩いていくの!」
「なーんてね。 “Maybe not.
 そんな強がり言ってる I'm just flapping my gums.
 場合じゃないのよね…… I really wonder how things
 いったいどうなっちゃうのかな」} will turn out.”
アイテム屋 Item Store
「……ジロジロ…… “Hmmm,…
 ……フン、アイテムは …hmph…we only trade items
 金と引き換えだよ」 for gil here.”
「……ジロジロ…… “Hmmm,…
 フン、金さえだしゃ …hmph…we only trade items
 アイテムはやるよ。 for gil here.
 何があろうとね……」} No matter what.”
マテリア屋 Materia store
「スクラップだろうが “I don't care if it's scrap metal
 マテリアだろうが! or Materia. We can get anything
 このスラムで、手に入らないものはない!」 here in the slums.”
「いいマテリアがそろってるぜ。 “Got a lot of good Materia here.
 見てってくんな!」 Why don't you look it over?”
「こんなとこに住んでたら “You could live several lives
 命がいくつあっても足りないぜ!」 in a place like this,”
「さ、マテリア買ってくれマテリア! “and it still wouldn't be enough!”
 金をつくってここから逃げ出すんだ!」 “Well, how about some Materia? I gotta
「せっかくここから逃げ出す make some money and get out of here!”
 お金ができたのに……」 “And I just got together enough money
「これじゃどこへ行っても to get out of this place…”
 同じじゃないか! “Now it doesn't matter where I go!
 トホホ……」 Ho, ho, ho…”
「オットット!」 “Hey!”
「ひとんちのフリーザーを “Hey, didn't your mother ever teach
 勝手に開けるなって、おっかさんに you not to barge into houses
 言われなかったかい?」} and open up people's freezers?”
武器屋 Weapon Store
「自分の身は自分で守る。 “Taking care of yourself is the
 こいつがスラムの常識よ! law of the slums. But to do that,
 そのためにはまず強え武器!だろ?」 first you need weapons, right?”
「何が起こるかわからねえ! “You never know what's going to happen
 こんな世の中だからこそ、やっぱり “So you'd better have a weapon
 頼りになるのは強え武器!だろ?」 you can depend on! Am I right?”
「もう何がなんだかわからねえ! “People are always gonna
 でもよ、最後の最後まで必要なのは need a good strong weapon!”
 やっぱり強え武器!だろ?」
「ん?武器が欲しいのか? “Huh? You want weapons?
 なら残念だな……」 That's too damn bad…”
「おまえらに売る武器はない! “I ain't got no weapons to sell ya!
 なぜなら……」 And the reason is…”
「店はあっち、向こうだからな」 “…the weapon store's over that way.”
「……外がさわがしいな。 “…sure is loud outside.
 何かあったのか?」 Wonder what's happening.”
「ブッブー! “Toot toot!
 つぎはミッドガル Next stop…Midgar
 ミッドガルです」 Midgar.”
「お降りのお客様はブザーを “Any passengers getting off at Midgar
 ならしてくださ~い!」 should please ring.”
「ミッドガルってさあ。 “You know, Midgar's supposed to be
 キラキラで sparkly 'n'
 グイーングイーンで springy 'n'
 シャキーンシャキーンなんだって」 sleeky.”
「いいなあ。 “Oh yeah.
 行ってみたいなあ」 Someday, I'm goin' there.”
「ゴオオ……ゴオオ……って “Meteor's getting closer.
 星がちかづいてくるんだよ」 You can hear it rumbling.”
「はやくなんとかしないと “We don't do something about it
 ドッカーンだよ……!」} and pretty soon it'll be…ker-blam!”
民家1階 House 1f.
「あ~テステス…… Uh, test, test…
 これはダミーのメッセージ This is a dummy message.
 テストってヤツだな。 A test. Is it coming through?
 ちゃんとでてるかい?」
「ケッ……! “Hmph……!
 プレジデント神羅の言うことなんて Everything President Shinra
 みんなうそっぱちさ」 says is a lie.”
「だがな、アバランチだか “But you can't trust
 アバンチュールだか知らねえが that AVALANCHE, or whatever you call them.”
 あいつらも信用ならねえ」
「アレコレ言ってても “You can bat it around all you like,
 けっきょく上の連中が but it all comes down to wanting to
 うらやましいだけなのさ」 live like the people up there.”
「なら誰を信じるか? “So who do I believe in?
 決まってんじゃねえか、俺だよ俺! Myself! Me!
 俺は俺にウソをつかねえからな」 I never lie to myself, that's for sure!”
「俺は俺の言うことしか信じねえ。 “I believe only what I say.
 俺は俺にウソをつかねえからな」 Because I never lie to myself.”
「今度の神羅カンパニーの社長 “And what's with the new president
 ありゃ何だ!?」 of Shinra, Inc.?”
「あれならプレジデント神羅の方が “Hell, even the old president was better
 まだましだったぜ!」 than him.”
「何てこったい……! “The hell's up with that!? I don't care if
 アバランチだかBランチだか they're AVALANCHE or Avant-garde or
 知らねえが、プレートごと whatever. Anyone who'd bring
 落っことすなんてどうかしてるぜ!!」 the plates down on us is nuts!!”
「ソルジャーは!? “SOLDIER?
 ソルジャーはどうしたんだよ!」 What about them!?”
「チクショウ! “Damn! If they're really from SOLDIER,
 本物のソルジャーなら they should be doing something
 何とかしてくれるのに!!」 about all this!!”
「今日はカノジョと楽しいドライブ。 “Me and my woman were going
 ……のはずが、突然の for a drive. Or at least we were
 エンジントラブルで supposed to until I had engine
 デートはだいなし!」 trouble and our plans fizzled.
「そんな経験はございませんか? “Have you ever had that happen?
 もうそんな心配はノー!」 I hate it when that happens!”
「新発売のニュータイプエンジン “A new standard in engines…
 『シンラVー3000』で the 'Shinra V-3000'.
 すばらしいカーライフを! For the best drive
「ニュースをおつたえします」 “And now for the news.”
「テロリストグループ『アバランチ』の “A terrorist attack by the group called
 破壊工作により、一部供給が AVALANCHE has parts of Midgar
 中断していたミッドガルの電力は temporarily out of power, but they
 まもなく回復する予定です」 will be restored momentarily.”
「プレジデント神羅につづき “Following President Shinra's address,
 ミッドガルのドミノ市長も Mayor Domino also spoke out today
 『アバランチ』に対する against AVALANCHE.”
 非難声明をだしています……」
「天気予報をおおくりします」 “Now for the weather.”
「明日のミッドガルは “Tomorrow's weather will be overcast
 どんよりとした most of the day,”
 くもりぞらの1日に “with a slight chance of
 なるでしょう」 showers in parts of the city.”
「ところによっては
 アメがふるかも
 しれません」
「今、あなたのクルマに
 かけているもの……」 “What your car is missing is…”
「そう!!
 それがこのニュータイヤ
 『ピッツァ2000』です!!」 “…a set of PTZ2000 tires!!”
「さあ、『ピッツァ2000』で “That's right, PTZ2000,
 あなたもすてきな good for your car and
 カーライフを!!」 they look good, too.”
「カンキリから魔晄炉まで “Shinra, Inc…Providing piece of mind in
 あなたのくらしに安らぎを。 your busy life in everything from
 神羅カンパニーです」 can openers to Mako energy.”
「……事故の続報です」 “This just in. An accident today…”
「ミッドガル建設以来最悪の “…the worst in the history of the metropolis.
 事故にもかかわらず But thanks to the quick response
 神羅カンパニー都市管理 by those in charge,
 スタッフのすばやい対応により there were no civilian casualties.”
 ミッドガル市民にギセイ者は
 ないもようです」
「事故の原因はなお不明ですが “The cause of the accident is still unclear at
 関係者によると、カンパニーに this time, however, according to some
 対する破壊活動で手配されている sources it is believed to have something to
 テロ組織『アバランチ』による do with the terrorist
 犯行声明が出されたとの group, AVALANCHE.”
 情報もあり、現在その……」
「集え、民衆よ! “Citizens, unite!
 魔晄の光のもとへ!!」 Come to the light, Mako energy.”
「力こそ真理 “Power is Truth
 神羅こそ未来! Shinra is the future.
 カンパニーにしたがうことこそ Real happiness can be found
 しょくんの幸福である!」 in obedience to the company!”
「……ガー…… “……ga……
 ガ、ガガー……」} g, ga ga………………”
民家2階 House 2f.
「グーグー……」 “glug…glug…”
「……これで……だれにも…… “Now…no one…
 みつからムニャムニャ……」 will find it…num…”
「1番上と……2番目の……」 “Top drawer…
CLOUD {Cloud}
「…………」 “…………”
    1番目のたなを開ける {Choice}Open the top drawer
    2番目のたなを開ける {Choice}Open the bottom drawer
CLOUD {Cloud}
「…………」 “………….”
「……おや?」 “…….huh?”
    1番目のたなを開ける {Choice}Open the top drawer
    2番目のたなを開ける {Choice}Open the bottom drawer
    たなの間のかくしだなを開ける {Choice}Open the hidden drawer between them
CLOUD {Cloud}
「からっぽ、か……」 “Empty…….”
CLOUD {Cloud}
「……?」 “…….?”
「5ギル、か……」 “5 gil.”
    ぬすむ {Choice}Take it
    そのままにする {Choice}Leave it
5ギル手にいれた! Received "5 gil"!
「ヒック……ヒック…… “sniff…sniff…
 かくしてあったのに…… …'n' I hid it…so nuthin' like this…
 オレの……ヒック……」 would ever happen…sniff…”
「ヘヘーン! “Heh heh!
 コツコツためたヘソクリで I bought an item with the money
 アイテムをしいれたんだ!」 I'd saved.”
「ウォールマーケットで “My dream is to grow up and become
 すげぇディーラーになるのが a big time dealer on Wall Market.”
 おれのユメなんだぜ!」
「今日は気分がいいから “I'm feeling pretty good today,
 とくべつにコレ、やるよ!」 so I'll let you have this!”
エーテルをてにいれた Received "Ether"!
『エーテルターボ』を手にいれた! Received "Turbo Ether"!
「あっそ! “Oh yeah? Fine! But don't come
 ならいいよ、あとでたのんでも crawlin' back here askin' to see
 見せてやらないからな!」 it again, 'cause it ain't gonna happen!”
「ウォールマーケットで “My dream is to grow up and become
 すげぇディーラーになるのが a big time dealer on Wall Market.”
 おれのユメなんだ!」
「な、何があっても “To be a real man you gotta
 ビクビクしねえで not fart around, but let
 こう、ドーンとかまえてんのが everyone know where you stand
 お、男ってもんだ!」 right off!”
   【かめ道楽 通信】 Turtle Paradise News
     ナンバー1 No.1
   おいしいお酒で For delicious wine
  すてきなひととき…… with a nice zing to it…….
    ぜひいちど
居酒屋『かめ道楽』へ!!} Stop by the "Turtle's Paradise"!!
仮のストッパー Temporary stopper
10月7日~ October 7”
「ヒーちゃんたちねえ “Um, we're, um
 ここのお花ねえ taking care of the um,
 おせわしてんの」 flowers for the um, lady here.”
「……ダメ?」 “…is that OK?”
   ぜんぜんかまわない {Choice}I don't mind
   ダメ! {Choice}No it's not!
CLOUD {Cloud}
「大切にな」 “Take good care of them.”
CLOUD {Cloud}
「コドモには無理だな」 “That's too much to ask of kids.”
「ムリ? ムリってな~に? “Too much to ask? What?
 わかんな~い」 I don't get it.”
AERITH {Aeris}
「CLOUD、なに言ってるの!?」 “{Cloud}, what are you saying!?”
AERITH {Aeris}
「お花、かわいがってあげてね」 “Will you take good care of my flowers, for me?”
「うん!」 “Yeah!”
「うん!」 “Sure!”
「きれいだねえ!」 “They're purrty!”
「あとで、おみずあげますからね~」 “I'm gonna water them later…”
「あれっ? “Hey!
 おねえちゃんは?」} Where's the flower lady?”
スラムの教会 church in the slums
AERITH {Aeris}
「ただいま、お母さん」 “I'm home, Mom.”
AERITH [Empty Entry] Aeris
「この人、CLOUD。 -||- This is Cloud.
 わたしのボディーガードよ」 -||- He’s my bodyguard!
エルミナ [Empty Entry] Elmyra
「ボディーガードって…… -||- Bodyguard...
 おまえ、また狙われたのかい!?」 -||- Did you get attacked again?!
エルミナ [Empty Entry] Elmyra
「体は!? ケガはないのかい!?」 Are you hurt?!
AERITH [Empty Entry] Aeris
「だいじょうぶ。 -||- I’m fine.
 今日はCLOUDもいてくれたし」 -||- I had Cloud with me today.
エルミナ [Empty Entry] Elmyra
「ありがとうね、CLOUDさん」 -||- Thank you, Cloud.
AERITH [Empty Entry] Aeris
「ねぇ、これからどうするの?」 -||- Hey, what are you going to do now?
CLOUD [Empty Entry] Cloud
「……7番街は遠いのか? -||- ...Is Sector 7 far?
 TIFAの店に行きたいんだ」 -||- I want to go to Tifa’s shop.
AERITH [Empty Entry] Aeris
「TIFAって……女の人?」 -||- Is Tifa... a girl?
CLOUD {Cloud}
「ああ」} “Yeah.” Only used in a scene later on, but prepared for use twice.
[Empty Entry] The following section is IDENTICAL to its EALIN_12 counterpart.
「彼女?」 -||- There is no need to translate, though I may choose to copy-paste the English Ealin_12 text here.
{CLOUD}
「彼女?」
     そんなんじゃない!
     そんなところだ
[Empty Entry]
「ふふふ」 -||-
{AERIS}
「そ~んなにムキにならなくても
 いいと思うけど」
[Empty Entry]
「ふ~ん、いいね」 -||-
[Empty Entry]
「でも、まあ、いいわ」 -||-
[Empty Entry]
「7番街だったわね。 -||-
 私が案内してあげる」 -||-
[Empty Entry]
「冗談じゃない。 -||-
 また危ない目にあったら -||-
 どうするんだ?」 -||-
[Empty Entry]
「なれてるわ」 -||-
[Empty Entry]
「なれてる!?」 -||-
[Empty Entry]
「……まあ、そうだとしても -||-
 女の力をかりるなんて…」 -||-
[Empty Entry]
「女!! 女の力なんて!?」 -||-
[Empty Entry]
「そういう言い方されて -||-
 だまってるわけにはいかないわね」 -||-
[Empty Entry]
「お母さん! -||-
 わたし、7番街まで -||-
 をおくっていくから」 -||-
エルミナ [Empty Entry]
「やれやれ。 -||-
 言いだしたら聞かないからね」 -||-
エルミナ [Empty Entry]
「でも、明日にしたらどうだい? -||-
 今日はもうおそくなってきたし」 -||-
{AERIS}
「うん、わかった、お母さん」
エルミナ [Empty Entry]
、ベッドの準備をしておくれ」 -||-
[Empty Entry] Aeris
「ただいま、お母さん」 I'm home, mom. Identical to its EALIN_1 counterpart.
AERITH {Aeris}
「この人、CLOUD。 “This is {Cloud}.
 わたしのボディーガードよ」 My bodyguard.”
エルミナ Elmyra
「ボディーガードって…… “Bodyguard?
 おまえ、また狙われたのかい!?」 You were followed again!?”
エルミナ Elmyra
「体は!? ケガはないのかい!?」 “Are you all right!?
AERITH {Aeris}
「だいじょうぶ。 “I'm all right.
 今日はCLOUDもいてくれたし」 I had {Cloud} with me.”
エルミナ Elmyra
「ありがとうね、CLOUDさん」 “Thank you, {Cloud}.”
AERITH {Aeris}
「ねぇ、これからどうするの?」 “So what are you going to do now?”
CLOUD {Cloud}
「……7番街は遠いのか? “…Is Sector 7 far from here?
 TIFAの店に行きたいんだ」 I want to go to {Tifa}'s bar.”
AERITH {Aeris}
「TIFAって……女の人?」 “Is {Tifa}…a girl?”
CLOUD {Cloud}
「ああ」 “Yeah.”
AERITH {Aeris}
「彼女?」 “A girl…friend?”
CLOUD {Cloud}
「彼女? “Girlfriend?”
     そんなんじゃない! {Choice}No way!
     そんなところだ {Choice}Yeah, that's right
AERITH {Aeris}
「ふふふ」 “Hee hee hee…”
AERITH {Aeris}
「そ~んなにムキにならなくても “You don't have to get THAT upset…”
 いいと思うけど」
AERITH {Aeris}
「ふ~ん、いいねえ」 “Oh, how nice.”
AERITH {Aeris}
「でも、まあ、いいわ」 “Well, that's…nice.”
AERITH {Aeris}
「7番街だったわね。 “Let's see, Sector 7?
 私が案内してあげる」 I'll show you the way.”
CLOUD {Cloud}
「冗談じゃない。 “You gotta be kidding.
 また危ない目にあったら Why do you want to put
 どうするんだ?」 yourself in danger again?”
AERITH {Aeris}
「なれてるわ」 “I'm used to it.”
CLOUD {Cloud}
「なれてる!?」 “Used to it!?”
CLOUD {Cloud}
「……まあ、そうだとしても “Well, I don't know…
 女の力をかりるなんて…」 getting help from a girl…”
AERITH {Aeris}
「女!! 女の力なんて!?」 “A girl!! What do you mean by that!?”
AERITH {Aeris}
「そういう言い方されて “You expect me to just sit by quietly
 だまってるわけにはいかないわね」 after hearing you say
AERITH {Aeris}
「お母さん! “Mom!
 わたし、7番街まで I'm taking {Cloud} to Sector 7.
 CLOUDをおくっていくから」 I'll be back in a while.”
エルミナ Elmyra
「やれやれ。 “But dear…I give up. You never listen
 言いだしたら聞かないからね」 once you've made up your mind.”
エルミナ Elmyra
「でも、明日にしたらどうだい? “But if you must go, why don't you go
 今日はもう遅くなってきたし」 tomorrow? It's getting late now.”
AERITH {Aeris}
「うん、わかった、お母さん」 “Yeah, you're right, Mom.”
エルミナ Elmyra
「AERITH、ベッドの準備をしておくれ」 “{Aeris},
エルミナ [Empty Entry] Elmyra
「あんたのその目の輝きは…… -||- That glow from your eyes...
 ソルジャーなんだろ?」 -||- Are you a SOLDIER?
CLOUD [Empty Entry] Cloud
「ああ。 -||- Yeah.
 だが、むかしの話だ…」 -||- But that was a long time ago... Cloud never gives this reply in the actual scene in Ealin_1. He just nods.
エルミナ [Empty Entry] Elmyra
「………。 -||- ...
 言いにくいんだけど……」 -||- This is difficult to say, but...
「今夜のうちに -||- Could you please
 出ていってくれないかい? -||- leave tonight?
 AERITHにはないしょでさ」 -||- Without Aeris knowing?
エルミナ [Empty Entry] Elmyra
「ソルジャーなんて…… -||- SOLDIER...
 またAERITHが悲しい思いを -||- It will just make
 することになる……」 -||- Aeris sad again.
AERITH [JP-exclusive Text Entry] Aeris
「もう! またタークスが来たのかと -||- Hey! I thought the Turks By far the most interesting line in this section.
 思ったじゃない! -||- had come back again! Aeris never stops you on the 1st floor of the house.
 おとなしく休んで!」 -||- Be quiet and go to bed! In this earlier draft she does stop you on the 1st floor.
AERITH {Aeris}
「7番街へは6番街を抜けていくの。 “You need to go through
 6番街、ちょっと危険なところだから Sector 6 is a little”
 今夜はゆっくり休んでね」 “dangerous so you'd better
AERITH {Aeris}
「CLOUD」 “{Cloud}…”
AERITH {Aeris}
「おやすみ」 “Good night.”
CLOUD {Cloud}
「まいったな……」- “Oh, man…”
の家 {CLOUD}'s House
『……かなり、アレだな。 {!}{Gray}“…seem pretty tired…”{!}{Gray}
 つかれてるみたいだぞ』
CLOUD {Cloud}
「…………!?」 “…!?”
『こんなキチンとしたベッド {!}{Gray}“I haven't slept in a bed like this
 ……ひさしぶりだ』 …for a long time.”{!}{Gray}
CLOUD {Cloud}
「……ああ、そうだな」 “Oh, yeah.”
『あれ以来、かな』 {!}{Gray}“Ever since then.”{!}{Gray}
「本当に立派になってぇ」 “My, how you've grown.”
「そんなんじゃ、あれだね。 “I'll bet the girls never leave you alone.”
 女の子もほっとかないだろ?」
CLOUD {Cloud}
「……べつに」 “…Not really.”
「……心配なんだよ」 “…I'm worried about you.”
「都会にはいろいろ誘惑が “There are a lot of temptations in the city…”
 多いんだろ?」
「ちゃんとした彼女がいれば “I'd feel a lot better if you just settled down
 母さん、すこしは with a nice girlfriend.”
 安心できるってもんだ」
CLOUD {Cloud}
「……俺はだいじょうぶだよ」 “…I'm all right.”
「あんたにはねぇ……」 “You should have…”
「ちょっとお姉さんで “an older girlfriend, one that'll
 あんたをグイグイ引っ張っていく」 take care of you.”
「そんな女の子が “I think that would be best for you.”
 ピッタリだと思うんだけどね」
CLOUD {Cloud}
「……興味ないな」} “I'm not interested.”
CLOUD {Cloud}
「……いつのまにか “…I must've fallen
 眠ってしまったのか」 asleep.”
CLOUD {Cloud}
「6番街をこえて7番街へ、か。 “Sector 7's past Sector 6…
 1人でなんとかなりそうだな」 I should be all right by myself…”
AERITH {Aeris}
「もう! またタークス、来たのかと “{Cloud}!
 思ったじゃない! I thought the Turks
 おとなしく休んで!」 came back! Get some rest!”
CLOUD {Cloud}
「次はみつからないように……」} “Can't get caught this time…”
エルミナ Elmyra
「あんたのその目の輝きは…… “That glow in your eyes…
 ソルジャーなんだろ?」 you're from SOLDIER, right?”
CLOUD {Cloud}
「ああ。 “Yeah.
 しかし、むかしの話だ…」 Or, I used to be…”
エルミナ Elmyra
「………。 “…
 言いにくいんだけど…」 I don't know how to say this, but…”
「今夜のうちに “could you please leave here tonight,
 出ていってくれないかい? without telling {Aeris}?”
 AERITHにはないしょでさ」
エルミナ Elmyra
「ソルジャーなんて…… “SOLDIER…the last thing {Aeris}
 またAERITHが悲しい思いを needs is to get hurt again.”
 することになる……」}
CLOUD {Cloud}
「6番街をこえて7番街へ、か。 “Through Sector 6 to get to Sector 7.
 一人でなんとかなりそうだな」} I should be able to do it alone…”
の家 {AERIS}'s House
【セーブポイント】 [Save Point]
メニューを開いて「セーブ」を選ぶと Access the Menu and select
ゲームの状態を保存できます。 {PURPLE}[SAVE]{WHITE} to save your game.
これいじょうマテリアは持てません。 You cannot take on any more Materia.
なにかマテリアをすててください。 Please discard some Materia.
5番街スラム Sector 5 Slum
AERITH {Aeris}
「お早い出発、ね」 “You're up bright and early.”
CLOUD {Cloud}
「危険だとわかっているのに “I couldn't ask you to go.
 あんたにたよるわけにはいかないさ」 I knew it would be dangerous.”
AERITH {Aeris}
「言いたいことはそれだけ?」 “Are you done?”
AERITH {Aeris}
「TIFAさんのいる【セブンスヘブン】 “You have to go through the slum in
 この先のスラム【6番街】を通らないと {!}{Cyan}Sector 6{!}{White} to get to
 いけないの」 {Tifa}'s {!}{Cyan}7th Heaven{!}{White}.”
「案内してあげる。さ、行きましょ!」 “I'll take you there. Come on!”
「ン~? “Huh?
 このへんじゃ見ねえカオだな。 Who the hell're you? Who
 シッシッ!」 do ya think you're talkin' to!?”
「この壁の向こうは、6番街スラム。 [JP-exclusive text page]
 オメエみてえな、よそもんにゃあ -||-
 もったいないパラダイスよ」 -||-
「あ~あ……たいくつだぜ。 “Aaaaah…what a drag.
 また6番街スラムの You wanna go to that store in
 例の店に行ってみっかな……」} Sector 6 again?”
AERITH {Aeris}
「この奥に7番街へのゲートがあるの」 “The gate to Sector 7's in there.”
CLOUD {Cloud}
「わかった。 “Thanks.
 じゃあ、ここで別れようか。 I guess this is goodbye.
 ひとりで帰れるか?」 You gonna be all right
AERITH {Aeris}
「いや~ん、帰れない~!! “Oh no!
 って言ったらどうするの?」 'What ever will I do!?'
    家までおくる {Choice}Take her home.
    7番街までいっしょに {Choice}Go on to Sector 7.
AERITH {Aeris}
「それってなんだかおかしくない?」 “Isn't that a little out of the way?”
CLOUD {Cloud}
「そうだな」 “Yeah, I guess so.”
AERITH {Aeris}
「それもいいかもね。 “I could do that.
 でも、CLOUD困らない?」 But won't I be
CLOUD {Cloud}
「なにが?」 “What do you
AERITH {Aeris}
「なんでもない!」 “Nothing!”
AERITH {Aeris}
「ちょっと休もっか」 “Can we take a break?”
AERITH {Aeris}
「なつかしい、まだあったんだ」 “I can't believe it's still here.”
AERITH {Aeris}
「CLOUD、こっち!」 “{Cloud},
AERITH {Aeris}
「あなた、クラスは?」 “What rank were you?”
CLOUD {Cloud}
「クラス?」 “Rank?”
AERITH {Aeris}
「ソルジャーのクラス」 “You know, in SOLDIER.”
CLOUD {Cloud}
「ああ、俺は……」 “Oh, I was…”
CLOUD {Cloud}
「クラス…… “First Class.”
 1ST(ファースト)だ」
AERITH {Aeris}
「ふ~ん。 おんなじだ」 “Just the same as him.”
CLOUD {Cloud}
「誰と同じだって?」 “The same as who?”
AERITH {Aeris}
「初めて好きになった人」 “My first boyfriend.”
CLOUD {Cloud}
「……つきあってた?」 “Were you…serious?”
AERITH {Aeris}
「そんなんじゃないの。 “No. But I liked
 ちょっと、いいなって him for a while.”
 思ってた」
CLOUD {Cloud}
「もしかしたら知ってるかも “I probably knew him.
 しれないな。 What was his name?”
 そいつの名前は?」
AERITH {Aeris}
「もう、いいの」 “It doesn't
AERITH {Aeris}
「このゲートの向こう、7番街よ」 “Sector 7's just past this gate.”
AERITH {Aeris}
「じゃ、わたし、帰るね。 “Okay, I guess I'll be going home now.
 CLOUD、会えて良かったわ」 I'm glad I met you, {Cloud}.”
CLOUD {Cloud}
「いろいろ世話になったな」 “Thanks for all your help.”
CLOUD {Cloud}
  「ん? あの後ろ………」) “Huh? Hey, back there…”
CLOUD {Cloud}
「TIFA!?」 “{Tifa}!?”
AERITH {Aeris}
「あれに乗っていた人がTIFAさん? “That girl in the cart was {Tifa}?
 どこいくのかしら? Where was she going?
 それに、様子が変だったわね……」 She looked kind of odd…”
CLOUD {Cloud}
「まて!」 “Wait!”
CLOUD {Cloud}
「俺ひとりでいい! “I'll go on alone!
 あんたは帰れ!」} You go home!”
6番街公園 Sector 6 park
6番街 Sector 6