Dialogue Script

Chapter: 40 - Return To Midgar, Disc 3

Diamond Weapon emerges, Party fights him, Let's see what happened to Sephiroth, We Have to Stop Hojo!, to parachute stop into Midgar, to fighting Turks in the tunnels, to Proud Clod fight, to Hojo Fight, Shinra's Finished, Cloud and Tifa speak on the hill (both versions), the party regroups to There's 2 Levers I've been itching to try

 
FF7 International ScriptFF7 PC English ScriptMissing TranslationNotes
JAPANESE (Intl Ver) PC ENGLISH
CAIT SITH {Cait Sith}
「ハイデッカーがみなさんを “Heidegger is going after you all.”
 狙ろてますんや」
「そやから外は危険です。 “That's why it's dangerous out there.
 地下を通りましょ!」 Let's go underground!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「こっちです!」 “This way!”
CLOUD {Cloud}
「よし、急ぐぞ!」 “Alright, let's go!”
TIFA {Tifa}
「ど、どうしたの? “What's wrong?
 まるで何かを求めているみたいに……」 Are you still looking for something?”
CID {Cid}
「どうしたんだ? “What's wrong?
 オレ様たちにゃ興味なしって感じだぜ!」 You're blowing us off!”
BARRET {Barret}
「どうした? 怪物さんよ? “Wassup, Mr. Monster?
 どこ向いているんだ?」 What're you lookin' at?”
RED XIII {Red XIII}
「なんか様子、へんだ……」 “Something's wrong…”
CAIT SITH {Cait Sith}
「どないなっとるんや?」 “What's going on?”
VINCENT {Vincent}
「私たちは相手にしていないようだ。 “Doesn't look like it's after us.
 何か別の……」 Something else…”
YUFFIE {Yuffie}
「は? そっぽむいちゃってるよ。 “Huh? It's looking somewhere else.
 やる気ないのかな?」 Doesn't it want to fight us?”
CLOUD {Cloud}
「いや、何かを……感じてるんだ。 “No, it's…feeling something.
 ……そう、殺気を感じている」 …Yeah, it senses murder.”
TIFA {Tifa}
「飛空艇に行きましょう!」 “Let's go to the Airship!”
CID {Cid}
「オレ様の船へ!」 “To my ship!”
BARRET {Barret}
「ハイウインドにもどろうぜ!」 “Let's go back to the Highwind!”
RED XIII {Red XIII}
「飛空艇から見ようよ!」 “Let's watch from the Airship!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「飛空艇にもどりましょ」 “Let's go back to the Airship.”
VINCENT {Vincent}
「ここは船にもどったほうがいい」 “We should go back to the ship now.”
YUFFIE {Yuffie}
「さっさと逃げちゃお!」 “OK, can we GO now!?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「やばい! “Oh no!
 はようここをはなれるんや!」 We gotta get outta here!”
「でっかいのが…… “Something big…
 でぇぇぇっかいのがくるで!」 I'm talkin' REALLY BIG's comin'!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「やばい! “Oh no!
 はようここをはなれるんや!」 Let's hurry out of here!”
「でっかいのが…… “Something big…
 でぇぇぇっかいのがくるで!」} I'm talkin' REALLY BIG's comin'!”
ハイデッカー Heidegger
「ガハハハハ! “Gya, ha, ha, Mr. President,
 社長、シスター・レイの preparations for Sister Ray
 準備が整いました」 are now underway.”
スカーレット Scarlet
「キャハハハハ!」 “Kya, ha, ha!”
「いつでもいいわよ」 “Anytime is fine.”
ルーファウス Rufus
「……やれ」} “…Fire.”
甲板 deck
CLOUD {Cloud}
「そうか! “I see!
 狙いはセフィロス! They're after Sephiroth!
 北の果てのクレーターだ!」 The crater on the Northern boundary!”
BARRET {Barret}
「マリーーーン!!」 “Marlene!!”
BARRET {Barret}
「……すげえ」 “Damn…”
TIFA {Tifa}
「どこに向かって撃ってるの?」 “Which direction
RED XIII {Red XIII}
「ミッドガルだ!」 “Midgar!”
RED XIII {Red XIII}
「ウェポンを突き抜けた……」} “It went right through Weapon…”
(オペレーター) (operator)
「報告です! “Sir!
 ウェポン、倒れました!!」 Weapon's been defeated!!”
「クレーター、バリアも消えました!」 “The barrier has disappeared!”
(オペレーター) (operator)
「報告です! “Sir!
 高密度エネルギーが A mass of high density energy
 ミッドガルに向かってきます!」} is heading towards Midgar!”
「うわーー “WH00A--
 ウェポンの攻撃だ!」 Weapon's attacking!”
「逃げろー!!」} “Run for your lives!!”
CLOUD {Cloud}
「セフィロス……どうなったんだ?」 “What happened to Sephiroth?”
CLOUD {Cloud}
「大空洞…… “Northern Cave…”
 あの場所がどうなったか見に行こう」} “Let's go see what
ハイデッカー Heidegger
「わからねえ。 “Strange.
 社長と連絡がとれない!」 I can't reach the President!”
ハイデッカー Heidegger
「ん? “Huh? Why are you
 どうしてオマエが指示するんだ!!」 giving the orders?”
リーブ Reeve
「社長やない! “Not the President.
 シスター・レイのほうや!」 To Sister Ray!”
リーブ Reeve
「そ、そんなことは “None of that matters!”
 どうでもいいんや!」
「魔晄炉の出力が勝手に “The reactor's output is
 アップしてるんや!」 increasing all by itself!”
リーブ Reeve
「それができないんだよっ! “We can't do that!
 操作不能なんや!」 It's inoperable!”
リーブ Reeve
「本体? 誰が!?」 “What about the mainframe?
「おい、本体を呼び出してくれ!」 “Hey, call the mainframe!”
リーブ Reeve
「こまかいことは “I don't care how you do it!!”
 どうでもいいんや!!」
スカーレット Scarlet
「キャハハハハ “Kya, haa, haa.
 なんだよリーブ、おかしな言葉を使うねぇ?」 What is it Reeve?
スカーレット Scarlet
「ちょ、ちょっと “Wait a minute.
 マズイよ、それ!」 That's not wise!”
「あと3時間は冷やさないとダメ! “It must cool for 3 hours or
 リーブ、止めなさい!」 it won't work.
「何者かが本体操作に “Someone has switched the machine
 切り換えています!」 over to mainframe operation!”
「こちらからは操作できません」 “We can't operate it from here.”
リーブ Reeve
「CLOUDたちが来てくれるそうや。 “Looks like {Cloud} and
 邪魔しないでくれよ!」 the others are on their way.
リーブ Reeve
「そんな個人的なことを……」 “That's a private matter…”
リーブ Reeve
「おい! まて!!」 “Hey! Wait!!”
リーブ Reeve
「CLOUD、みんな! “{Cloud}, everybody!
 すまん……」 Sorry…”
リーブ Reeve
「でも!!」 “But!!”
「バカなことを言うな! “Don't be foolish!
 おまえに命令される I don't remember anyone
 覚えなどないわ!」 putting you in charge!”
ハイデッカー Heidegger
「治安維持部門は総力をあげて “The Peace Preservation force
 あいつらを撃退してやる!」 will do their best
ハイデッカー Heidegger
「あ、あいつらのせいでオレは…… “Because of them, I…
 オレはなぁ!」 I…”
ハイデッカー Heidegger
「社長は死んだ! “The President is dead!
 オレはオレのやりかたでやる!」 Now I'm doing things my way!”
スカーレット Scarlet
「キャハハハハ」 “Kya, ha, ha.”
「ハイデッカー! “Heidegger!
 例の新兵器、使うわよ!」} Now I'm going to use the new weapon!”
宝条 Hojo
「クックックッ…… “Ha, ha, ha…
 セフィロス、待っていろよ」 Just you wait, Sephiroth.”
「もうすぐたっぷりと魔晄を “I'll give you all the Mako you want.”
 送ってやるからな」
リーブ Reeve
「やめろ 宝条! “Hojo, STOP!
 キャノン、いや、それどころか The cannon, no,
 ミッドガル自体があぶないんだ!」 Midgar itself is in danger!”
宝条 Hojo
「クックックッ…… “Ha, ha, ha…
 ミッドガルのひとつやふたつ One or two Midgars?
 安いものだ」 …It's a small price to pay.”
リーブ Reeve
「宝条! 宝条……!!」 “Hojo! HOJO!!”
宝条 Hojo
「セフィロス……見せてくれ」 “Show me…Sephiroth.”
「さあ……もうすぐだ」 “It should be near…”
「クックックッ…… “Ha, ha, ha…
 科学を超えて行け……」 Go beyond the powers of science…”
「おまえの存在の前では “Before your presence,
 科学は無力だ……」 science is powerless…”
「悔しいが認めてやる」 “I don't like it, but I'll comply.”
「そのかわり……見せてくれ」 “Just…let me see it.”
「クックックッ……」 “Ha, ha, ha…”
ブリッジ Bridge
CLOUD {Cloud}
「セフィロスの “Sephiroth's energy barrier is gone…”
 エネルギーバリアがなくなっている……」
CLOUD {Cloud}
「CID! “{Cid}!
 この飛空艇ごとあの中に行けるか?」 Can the Airship get inside?”
CLOUD {Cloud}
「そうだな、悪かった」 “Right, sorry about that.”
BARRET {Barret}
「おいCAIT SITH! “Yo, {Cait Sith}!
 今度はなんだ?」 Now what?”
CID {Cid}
「あ~ん? “Huh?
 オレ様の弟子がパイロットなんだぜ? He's my pilot, ain't he!?
 どこだって行けるに決まってるじゃねえか!」 Of course he can go anywhere!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ちょっと待ってくれ!」 “Hold it!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「スカーレット! “Scarlet!
 ハイデッカー! Heidegger!
 どうなってるんだ?」 What's going on?”
CLOUD {Cloud}
「魔晄炉、止められないのか?」 “Can't you stop the Mako reactor?”
CLOUD {Cloud}
「宝条を……だな」 “Must stop Hojo…first.”
BARRET {Barret}
「おい! CAIT SITH! “YO! Do somethin'!
 なんとかしろ!」 Ya big cat!”
BARRET {Barret}
「もう、とっくにバレてるよ。 “You're busted, Reeve!”
 リーブさん!」
「いまさら正体隠しても “Too late tryin' to hide it now…”
 しょうがねぇだろ?」
BARRET {Barret}
「おまえ、神羅の人間なんだろ? “You're from Shinra, ain't ya?
 どうして無理なんだよ!」 So why's it impossible!?”
BARRET {Barret}
「爆発か!!」 “An explosion!!”
BARRET {Barret}
「くそっ……」 “Damn!”
CID {Cid}
「てめえ、ここまで来て、オレ様たちを “We came a long way to get here.
 裏切ろうってんじゃねえだろうな!」 You better not double-cross us now!”
CID {Cid}
「この大バカやろう! “You damn fool!
 オレ様の言ってることがわからねぇのか?」 Don't you understand anything I'm saying?”
「神羅もクソも関係ねえ! “I don't give a damn about Shinra.
 男なら……いや人間なら If you're a man… no, if you're a human being,
 この星を救ってやるんだ!って気にならねぇのかよ?」 you'll save the planet!
CID {Cid}
「なんでだ? “Why?
 バルブを閉めればいいんじゃねえのか?」 Can't you just shut off the valve?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「どうしようもない。 “We're sunk.
 宝条が勝手にやってることだ……?」 Hojo's doing this on his own…”
「…?…? ア、アレッ!?」 “…? …? Huh?”
「いや…ことなんや……」 “I don't like this…”
CAIT SITH {Cait Sith}
「それよりキャノン砲や。 “Forget that…the CANNON!
 ミッドガルに行かなアカン! We've got to get to Midgar!
 それが先決なんや!!」 That's the first thing!!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「……止められへんのや」 “…We can't stop it.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「…………」 “…”
CAIT SITH {Cait Sith}
「信じろ……と言ってもムダか……」 “I can't make you trust me…”
CAIT SITH {Cait Sith}
「アカンのや! 魔晄炉を止めたら “No way! If we shut down the reactor,
 大変なことになるんやで!!」 all hell will break loose!!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「そや、魔晄炉の “Yeah, it's easy to shut off
 くみ出しパイプのバルブを the reactor's pipe valves…”
 閉めるのは簡単や……」
「でもな魔晄炉は “But the reactor made a path for the energy
 エネルギーが地中から to escape from below.”
 抜け出す道をあけたんや」
「一度あけたら “Once you open that,
 出るモンが枯れるまで it'll be impossible to close it
 ふさぐことは無理なんや……」 until everything blasts out…”
「どんどんわき出るエネルギーを “And we can't try to stop the energy
 無理にふさいでしまうとやな……」 from gushing out…”
CAIT SITH {Cait Sith}
「壱番魔晄炉が爆発した時とは “This blast'll be way stronger than
 ケタ違いの大きさや!」 when the Sector 1 Reactor blew up!”
CLOUD {Cloud}
「もちろんさ!」 “I know!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「でも!!」 “But!”
「でも、来てくれるよな!」 “But you'll come, won't you!?”
CID {Cid}
「オイ!」 “Hey!”
CID {Cid}
「船は、テメェにまかせるぜ!」 “I'm leaving the ship in your hands!”
「ミッドガルに “I'm heading for Midgar!”
 進路をとります!」
BARRET {Barret}
「CLOUD、着いたといっても “Even if we get there,
 ミッドガルは、げん戒体勢だ! Midgar's under martial law!”
 スラムからは侵入できねえぜ」 “There'll be no way
TIFA {Tifa}
「スラムからの交通機関は “Looks like all transportation
 完全封鎖みたいよ……」 from the slums is cut off…”
CID {Cid}
「オイオイ、何のためのハイウインドだ? “Hey, hey, whaddya think
 オレ様たちは、今どこにいる!?」 we have Highwind for?”
BARRET {Barret}
「あ? どこって、ここは……」 “Huh? Where are we?”
CID {Cid}
「地上がダメでも “If land's no go…
 空があるじゃねぇか!」 We'll go by air!”
CLOUD {Cloud}
「よし! パラシュートで “Okay then!
 ミッドガルに降下するぞ!!」 We'll parachute into Midgar!!”
「ミッドガルに “We've reached Midgar!”
 到着しました!」}
飛空てい内部 Inside airship
CLOUD {Cloud}
「行くぞ!!」 “Here we go!!”
「降下後のメンバーを決めて下さい。 “Choose from the members below.
 メンバーチェンジしますか?」 Change your party's members?”
    はい {Choice}Yes
    いいえ {Choice}No
「決定しますか?」 “Leave it as is?”
   はい {Choice}Yes
   チェンジする} {Choice}Change
CAIT SITH {Cait Sith}
「ここが入口ですわ」 “This is where we go in.”
BARRET {Barret}
「オレが言うとへんだけどよ……」 “May sound strange comin' from me…”
「ミッドガルに来ると “But it feels like bein' back in Midgar.”
 家に帰ってきたって気が
 しちまうんだよな」
「ケッ、だぜ」} “Kinda makes me sick..."
TIFA {Tifa}
「私たち、ミッドガルの地下には “We sure got to know
 くわしくなっちゃったね」 the Midgar underground.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ほんま、たのんます! “Please!
 魔晄キャノンまで、はよう来てや!」 Hurry to the Mako Cannon!”
RED XIII {Red XIII}
「オイラ、宝条には “I have an old score to settle with Hojo,
 いろいろウラミがあるからね! so let's go!”
 早く行こうよ!」
CID {Cid}
「おう! サクサクッと行こうぜ! “Yeah! Let's get it over with!"
 サクサクっとよっ!」
YUFFIE {Yuffie}
「変なニオイするよ、この街は。 “This place smells gross.
 早くおしまいにしちゃおうよ!」 Let's get this over with!”
VINCENT {Vincent}
「長き時がすぎても “So it was Hojo who stirred up all this commotion
 騒動をまきおこすのは after all these years?”
 宝条というわけか……」
BARRET {Barret}
「ここはまかせろ! “Leave this to me!
 キャノンへ急げ!」 Hurry to the cannon!”
TIFA {Tifa}
「私はだいじょうぶ! “I'm all right!
 早くキャノンを!」 Go to the cannon!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「こっちや! CLOUDさん!」 “This way, {Cloud}!”
RED XIII {Red XIII}
「におうよ! “I smell it! The cannon's not this way!”
 キャノンは、こっちじゃない!」
RED XIII {Red XIII}
「ザコはいいからっ! “Forget about these lackeys!
 狙いは宝条だけ!」 Focus on Hojo!”
CID {Cid}
「どっちだ……!?」 “Which way?”
CID Cid
「え~い!
 くそキャノンが~っ!!」- “Goddamn, piece of $#@^% cannon!!”
YUFFIE {Yuffie}
「早く早く早く早く~っ!」 “C'mon, c'mon, c'mon, c'mon---!”
VINCENT {Vincent}
「クッ! “Damn!
 宝条……!」 Hojo!”
「あ、来ちゃった!」 “Oh no! They're here!”
イリーナ Elena
「どうするんですか、先輩! “What are we going to do?
 もう、命令なんて I think you can ignore
 ムシしていいと思うんですけど」 your orders now.”
レノ Reno
「……イリーナ。 “…Elena,
 あまえるなよ、と」 don't act so weak.”
ルード Rude
「俺たちはタークスだ」 “We're Turks, Elena.”
イリーナ Elena
「……わかりました。 “…Yes, sir.
 そうですよね」 You're right.”
CLOUD {Cloud}
「レノ! “Reno!
 生きていたのか……」 You're still alive…”
レノ Reno
「あんなに、およいだのは “I've never swam so much in my life.”
 初めてだったぜ、と」
ルード Rude
「さて……仕事だ」 “Come on, we've got work to do.”
レノ Reno
「あんまり気のりはしないが、と」 “I'm not really up for it, but…”
イリーナ Elena
「私たちに与えられた命令は “Our orders were to seek you out and …”
 あなたたちを発見しだい……」
イリーナ Elena
「……殺すこと」 “…Kill.”
「もう会社はボロボロだけど “Our company may be in turmoil,
 命令は命令なの」 but an order's an order.”
イリーナ Elena
「タークスの意地と心意気! “That's the spirit of the Turks!
 受け取りなさい!」 Believe it!”
CLOUD {Cloud}
「……」 “…”
イリーナ Elena
「な、何をしている! 行くわよ!」 “What are you doing? Let's go!"
    わかった、ケリをつけよう Okay, let's end this
    やめておこう No, let's not
レノ Reno
「だな。 “I know we have a weird relationship, but…”
 お前らとは、みょうな関係だが……」
「決着はつけねばな、と。 “We have to end this…
 ……タークスとして!」 like Turks!”
イリーナ Elena
「な、情けをかけるつもり!? “What is that, pity!?
 タークスをなめないで!」 Don't think the Turks are fools!”
レノ Reno
「待て、イリーナ、と」 “Wait, Elena.”
イリーナ Elena
「せ、先輩! “Reno!
 まさか命令違反を……!」 You're not disobeying…are you!?”
レノ Reno
「神羅も、もうおしまいだ。 “Shinra's finished.
 こんな事態になっちまっちゃな、と」 It's come down to this.”
ルード Rude
「……」 “…”
イリーナ Elena
「先輩……」 “Rude…”
レノ Reno
「イリーナ、お前もりっぱに “Elena, you were a great Turk!”
 タークスだったぜ、と」
イリーナ Elena
「……」 “…”
レノ Reno
「じゃあな。 “Farewell.
 おたがい生きてたら……」 If we both survive…”
「命あってのものだねだぜ、と」 “and our lives are spared…”
イリーナ Elena
「おぼえておきなさい! “Remember the spirit of the Turks!”
 タークスの意地と心意気……!」
ルード Rude
「仕事は終わりだ……」 “Our mission's over…”
RED XIII {Red XIII}
「!?」 “!?”
BARRET {Barret}
「な、何だ? “What the…
 ありゃ~!!」 hell is that!!?”
TIFA {Tifa}
「ウ、ウソでしょ……」 “This can't be…”
YUFFIE {Yuffie}
「マ、マジで……?」 “Are you serious?”
CID {Cid}
「おいおい! “Hey-hey!
 そこまでするかよ……」 You serious?”
VINCENT {Vincent}
「……!」 “…!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「そ、そんなあほな “No, no way…
 できとったんかいな……」 I didn't know they completed it…”
「ガハハハハハハハ!! “G'yaaa, Haaa, Haaa!!!
 来たな来たな!」 Here they come!”
「キャハハハハハハ!! “G'yaaa, Haaa, Haaa!!!
 やっぱり来たよ!」 So they really showed up!”
ハイデッカー Heidegger
「よ~くも今まで “You sure treated us like dogs till now!!”
 コケにしてくれたな!」
スカーレット Scarlet
「私のかわいい兵器たちを “You killed many of my precious soldiers!”
 たっくさん壊してくれたわねえ!」
ハイデッカー Heidegger
「ガハハハハハ! “G'yaaa, Haaa, Haaa!!!
 だが、対ウェポン用兵器の But let's see how you do against
 こいつはどうかな!」 anti-Weapon artillery!”
スカーレット Scarlet
「お前たちでは役不足だが “You guys are worthless,
 この私の絶対の自信作!」 but my proud creation is great!”
スカーレット Scarlet
「このプラウド・クラッドの “I'll show you the destructive
 破壊力! power of the Proud Clod!”
 見せてあげるよっ!」-
スカーレット Scarlet
「バカな!? “Not that!
 このプラウド・クラッドが……!?」 This is the Proud Clod!?”
ハイデッカー Heidegger
「うおおお……!!」 “Whoooooa!!”
CAIT SITH {Cait Sith}
「時間がないんや! “We don't have any time!
 はよしてください!」 Please get on with it!”
CLOUD {Cloud}
「宝条! そこまでだ!!」 “Hojo! Stop right there!!”
宝条 Hojo
「ああ……失敗作か」 “Oh…the Failure.”
CLOUD {Cloud}
「名前くらいおぼえろ! “At least remember my name!
 俺はCLOUDだ!」 It's {Cloud}!”
宝条 Hojo
「おまえを見ると私は……」 “Every time I see you…”
「私は自分の科学的センスのなさを “It pains me that I had so little scientific sense…”
 痛感させられる……」
宝条 Hojo
「私はおまえを失敗作だと判断した」 “I saw you as a failed project.”
「だが、セフィロス・コピーとして “But, you're the only one that succeeded
 機能したのはおまえだけ……」 as a Sephiroth-clone.”
宝条 Hojo
「クックックッ…… “Heh, heh, heh…
 自分がイヤになるよ」 I'm even beginning to hate myself.”
CLOUD {Cloud}
「なんでもいいから “None of that matters…
 こんなことはやめろ!」 just stop this nonsense!”
宝条 Hojo
「……こんなこと?」 “…Nonsense?”
「おお、これか?」 “Oh, this?”
宝条 Hojo
「クックックッ……」 “Ha, ha, ha…”
「セフィロスはエネルギーを “Sephiroth seems to be counting on the energy.”
 必要としているようだからな」
「私が少しばかり力を “So I'm going to lend him a hand.”
 かしてやるのだ」
CLOUD {Cloud}
「なぜだ! “Why!?
 なぜそんなことを!」 Why do that!?”
宝条 Hojo
「なぜなぜとうるさいやつだ」 “Quit asking me why, you moron.”
宝条 Hojo
「フム……科学者にむいているのかも “Hmm…actually, you might make
 しれないな」 a good scientist.”
宝条 Hojo
「エネルギーレベルは……83%か。 “Energy level is at…83%.
 時間がかかりすぎだ」 It's taking too long.”
宝条 Hojo
「息子が力を必要としている。 “My son needs power and help.
 ……理由はそれだけだ」 …That's the only reason.”
CLOUD {Cloud}
「……息子?」 “…Your son?”
宝条 Hojo
「クックック…… “Ha, ha, ha…
 あいつは知らないがな」 But he doesn't know it.”
宝条 Hojo
「クックック…… “Ha, ha, ha…
 クァックァックァッ!!」 HA, HA, HA!!”
「セフィロスのやつ “What will Sephiroth think when he finds out
 私が父親だと知ったら I'm his father?”
 どう思うかな」
「あいつは私のことを “He always looks down on me.”
 見下していたからな」
「クァックァックァッ!!」 “HA, HA, HA!!”
CLOUD {Cloud}
「セフィロスがあんたの息子!?」 “Sephiroth is your son!?”
VINCENT {Vincent}
「……!」 “…!”
宝条 Hojo
「クックック……」 “Ha, ha, ha…”
「私の子を身ごもった女を “I offered the woman with my child
 ガストのジェノバ・プロジェクトに to Professor Gast's Jenova Project.”
 提供したのだ」
「クックッ……セフィロスが “When Sephiroth was still in her womb,
 まだ母親の体内にいるころに we took Jenova's cells…”
 ジェノバ細胞を……」
宝条 Hojo
「クァックァックァッ!!」 “HA, HA, HA!!”
VINCENT {Vincent}
「き、きさま……!」 “You!”
CLOUD {Cloud}
「あんたがこんなことを “I can't believe you're
 しているのは……」 the one who did this…”
CLOUD {Cloud}
「セフィロスへの罪ほろぼし……」 “Illusionary crime against Sephiroth…”
VINCENT {Vincent}
「……」 “…”
宝条 Hojo
「ヒーッヒッヒッヒッ! “Heee, hee, hee!
 ちがうちがう!」 No, you're wrong!”
「科学者としての欲望だ! “It's my desire as a scientist!
 ヒーッヒッヒッヒッ!」 Heee, hee, hee!”
VINCENT {Vincent}
「私は……間違っていた。 “I was…wrong.
 眠るべきだったのは……」 The one that should have slept was…”
VINCENT {Vincent}
「きさまだ、宝条……!」 “…You, Hojo!”
宝条 Hojo
「私は…ヒッ、ヒック! “I…was defeated by my drive
 科学者としての欲望に負けた」 to become a scientist.”
「この間もな、負けてしまった」 “I lost the last time, too.”
宝条 Hojo
「自分の身体にジェノバ細胞を “I've injected Jenova's cells into my own body!”
 注入してみたのだ!」
「ヒーッヒッヒッヒッ!」 “Heee, hee, hee!”
「結果を……」 “Here are…”
宝条 Hojo
「ヒーッヒッヒッヒッ!」 “Heee, hee, hee!”
「見せてやろう!!」 “…the results!!”
CLOUD {Cloud}
「……」 “…”
CID {Cid}
「チッ、けったクソの悪い……!」 “ %$#&$*&^%^”
VINCENT {Vincent}
「宝条…… “Hojo…
 永遠に眠れ……」 Rest in peace…”
TIFA {Tifa}
「セフィロスが…… “I can't believe Sephiroth is
 宝条の息子だったなんて……」 Hojo's son…”
RED XIII {Red XIII}
「父親か……」 “The father…”
YUFFIE {Yuffie}
「なんか、かわいそ……」 “How sad…for him…”
CAIT SITH {Cait Sith}
「よう来てくれました」 “I'm so glad you came.”
BARRET {Barret}
「とにかくよう…… “That's the end of the cannon…”
 これでキャノンは
 止まったわけだ……」
BARRET {Barret}
「おっ! こいつは……」 "Hey! This is…”
『ミッシングスコア』を手にいれた! Received "Missing Score"!
BARRET {Barret}
「こりゃあいいぜ。 “This is great.
 待ってろよ、宝条……!」 Hold on, Hojo!”
CLOUD {Cloud}
「行き止まりか!」} “Dead end!”
「セフィロスはメテオの到着と [Jp-exclusive Text Entry] Sephiroth ought to awaken
 同時に目覚めるはずだ」 -||- with the arrival of Meteor. A much shorter time left than what Red XIII says below.
「メテオが来るまでにはあと2、3日……」 -||- We've got 2 or 3 days before it hits.
CAIT SITH {Cait Sith}
「神羅は…………終わりました」 “Shinra's…finished.”
CLOUD {Cloud}
「メテオが落ちてくるまであと……」 “Meteor's gonna fall in about…”
RED XIII {Red XIII}
「あと7日って、じっちゃんが言ってた」 “Seven more days.
CLOUD {Cloud}
「なあ、RED XIII」 “{Red XIII}…”
「コスモキャニオンの人たちに “You want to see everyone in
 会いたいか?」 Cosmo Canyon again?”
RED XIII {Red XIII}
「…………うん」 “…Yes.”
CLOUD {Cloud}
「マリンに会いたいだろ?」 “You want to see Marlene, right?”
BARRET {Barret}
「そんなこと聞くなよ」 “Don't ask me that.”
CLOUD {Cloud}
「俺たちがセフィロスを倒して……」 “We'll beat Sephiroth…”
「そしてホーリーを解き放たないと “Then, if we don't release
 7日後にはこの星そのものが死んでしまう」 the power of Holy in seven days…”
CLOUD {Cloud}
「俺たちがセフィロスを倒せない……」 “If we can't beat Sephiroth…”
「それは…… “It's as good as death for us.”
 俺たちが死ぬということだ」
「メテオで死んでしまう人たちより “We'll just go a few days sooner
 何日か先に、だ」 than the rest who'll die from Meteor.”
BARRET {Barret}
「戦う前から負けること “Don't think you're gonna
 考えるんじゃねえ!」 lose before ya even fight!”
CLOUD {Cloud}
「ちがう!」 “No!”
CLOUD {Cloud}
「俺は……なんていうか……」 “What I meant was…”
CLOUD {Cloud}
「みんなが何のために戦っているのか。 “What are we all fighting for?
 それをわかっていてほしいんだ」 I want us all to understand that.”
「星を救う……星の未来のため…… “Save the Planet…for the future of the Planet…
 確かにそのとおりなんだと思う」 Sure, that's all fine.”
「でも、本当は、本当は “But really, is that how it is?”
 どうなんだろう?」
CLOUD {Cloud}
「俺にとっては、これは “For me, this is a personal feud.”
 個人的な戦いなんだ」 “I want to beat Sephiroth
「セフィロスを倒す。 “Saving the Planet just happens
 過去との完全な決別」 to be part of that.”
「それが星を救うことに
 つながっているんだ」
CLOUD {Cloud}
「俺、考えたんだ」 “I've been thinking.”
CLOUD {Cloud}
「やっぱり俺たちは自分のために “I think we all are
 戦っているんだ」 fighting for ourselves.”
「自分と……自分が大切にしている “For ourselves…and that someone…
 誰か? 何か? そのために戦う」 something…whatever
「そのために星を救う戦いを “That's what we're fighting for.”
 続けているんだ」 “That's why we keep up this
BARRET {Barret}
「たしかに……」 “You're right…”
「星を救うってのは、なんとなく “It sounds cool sayin' it's
 カッコいいよな」 to save the Planet.”
「でも、オレにできたのは “But I was the one who
 あの、魔晄炉爆破だ……」 blew up that Mako reactor……”
「今となっちゃあ、あんなやりかたは “Lookin' back on it now, I can see
 いけなかったってことは良くわかる」 that wasn't the right way to do things.”
「仲間たちや関係ない大勢の人間を “I made a lot of friends and innocent
 不幸にしちまった……」 bystanders suffer…”
BARRET {Barret}
「……最初は神羅への復讐だった。 “…At first, it was revenge against Shinra.
 オレの故郷を奪ったよ」 For attackin' my town.”
「でも、今は……」 “But now…”
「そうだぜ。 “Yeah.
 オレはマリンのために戦ってるんだ」 I'm fightin' for Marlene.”
「マリンのために…… “For Marlene…
 マリンの未来のために……」 For Marlene's future…”
「そうか……オレはマリンのために “Yeah…I guess I want to save
 星を救う戦いをしてるのか……」 the Planet for Marlene's sake…”
CLOUD {Cloud}
「会いに行けよ。 “Go and see her.
 その気持ち、たしかめてこいよ」 Make sure you're right, and come back.”
CLOUD {Cloud}
「みんなも、一度船を降りて “All of you. Get off the ship
 そして自分の戦う理由……」 and find out your reasons for yourselves.”
「それを確かめて欲しいんだ。 “I want you to make sure.
 そうしたら、帰ってきてほしい」 Then I want you to come back.”
CID {Cid}
「誰ももどって来ないかも “Maybe ain't none of us'll come back.”
 しれねえぜ」
「メテオでどうせ死んじまう。 “Meteor's gonna kill us all anyway.
 ムダなあがきはやめようってよ!」 Let's just forget any useless struggling!”
CLOUD {Cloud}
「俺は自分が戦う理由を知っている。 “I know why I'm fighting.”
 まぎれもなく、星を救うために戦う」 “I'm fighting to save the Planet,
「でも、その中には個人的な…… “But besides that, there's
 とても個人的な俺の想いがあるんだ」 something personal, too…”
「みんなは……どうだ? “What about you all?”
 俺はみんなにも、そういうものを “I want all of you to find
 見つけてほしいんだ」 that something within yourselves.”
「見つからなかったら仕方がない。 “You can't fight without
 理由なしでは戦えないだろ? a reason, right?”
 だから、帰ってこなくても……仕方がないよ」 “So, I won't hold it against you
CLOUD {Cloud}
「TIFAはどうする?」 “What are you going to do, {Tifa}?”
TIFA {Tifa}
「忘れちゃったの?」 “Did you forget?”
「私……ひとりなんだもん。 “I'm…all alone.
 どこにも行くところがないんだもの」} I don't have anywhere to go.”
 ゆうやみの丘 Twilight Hill
TIFA {Tifa}
「みんな、行っちゃったね……」 “Everyone's gone…”
CLOUD {Cloud}
「ああ、俺たちには帰るところも “Yeah, we don't have anywhere or
 待っていてくれる人もないからな」 anyone to go home to.”
TIFA {Tifa}
「そうだね……」 “You're right…”
TIFA {Tifa}
「でも……。きっと、みんな…… “But…I'm sure someday…
 もどって来てくれるよね?」 they'll come back, don't you think?”
CLOUD {Cloud}
「さあ……。 “Hmm…
 どうかな……?」 I wonder…”
CLOUD {Cloud}
「みんなそれぞれ、かけがえのない “Everyone has something irreplaceable
 大切なものを抱えてるし……」 they're holding on to…”
「それに今度ばっかりは、相手が “But this time, our opponent…”
 相手だ……」
TIFA {Tifa}
「うん……。それでも私……和気だよ。 “Hmm…But that's all right,
 たとえ、だれももどってこなくても」 if no one comes back.”
「CLOUDと一練なら…… “As long as we're together.
 CLOUDが、そばにいてくれるなら…… With you by my side, I'll never
 こわくても……負けないよ、私……」 give up no matter how bad it gets.”
CLOUD {Cloud}
「…………。 “…
 TIFA……」 {Tifa}…”
TIFA {Tifa}
「私たち……これまでは “No matter how close we are now…
 ずっと遠く、はなればなれだったんだね。 We were far apart before.”
 たとえ、どんな近くにいても……」
「でも、ライフストリームのなかで “But when we were in the Lifestream
 たくさんの悲しい叫びにかこまれた時 surrounded by all those screams of anguish,
 CLOUDの声が聞こえたような気が I thought I heard your voice…”
 したんだ……」
TIFA {Tifa}
「クスッ……。CLOUDは知らないって “…sniff…you probably don't remember this…”
 言うかもしれないけど……」
「でも、胸のずっと奥の方で “But deep in my heart
 あなたの声が私の名を呼んでる……。 I heard you calling my name…{!}{Pause:Timed}4
 そんな気がしたんだ……」 Or at least I thought I did…”
CLOUD {Cloud}
「ああ……。あのとき俺にも “Yeah…
 TIFAの叫ぶ声が聞こえたよ」 I heard you calling me.”
「TIFAの声が “You were calling me back from the
 ライフストリームの意識の海から consciousness in the Lifestream.”
 俺を呼びもどしてくれたんだ」
CLOUD {Cloud}
「約束したもんな。 “After all, I promised
 TIFAになにかあったら that if anything ever
 かならずかけつけるって」 happened to you, I'd come to help.”
TIFA {Tifa}
「ねえ、CLOUD……。 “{Cloud}…?
 私たちの声を、星たちも Do you think the stars
 聞いててくれると思う?」 can hear us?”
TIFA {Tifa}
「がんばってる私たちの姿を “Do you think they see how
 見ていてくれると思う?」 hard we're fighting for them?”
CLOUD {Cloud}
「さあな……。 “I dunno…
 でも……」 But…”
「だれが見ていようといまいと “Whether they can or not, we still have
 とにかく、できることをやるだけさ。 to do what we can.
 自分自身を信じて……」 And believe in ourselves…”
CLOUD {Cloud}
「ライフストリームのなかで “Someday we'll find the answer.{!}{Pause:Timed}4
 TIFAにそう教えられたよ」 Right, {Tifa}?”
TIFA {Tifa}
「うん……そうだね……」 “Yes…that's right…”
「それに、わたしたちの想いは…… [JP-exclusive Text Entry] Besides, I know our thoughts can reach them... Aeris too...
 とどいてるよね、きっと…… -||-
 AERITHにも……」 -||-
「ああ……。 Unused Entry Placed Further Down Yeah...... The translation is so poor that the English says the opposite to what it actually means.
 きっと、な……」 -||- I'm sure of it……
CLOUD {Cloud}
「なあ、TIFA……。俺……。 “Hey {Tifa}…I…{!}{Pause:Timed}*
 TIFAに話したいことが There were so many things I
 たくさんあったんだ……」 wanted to say to you.”
CLOUD {Cloud}
「でも、今こうしてふたりでいると “But now that we're together like this,
 本当はなにを話したかったのか……」 I don't know what to say…”
[Eng exclusive text page] “I guess nothing's changed at all…
-||- Funny, isn't it?”
[Unused Entry Placed Further Up] “No…
-||- No it isn't…”
TIFA {Tifa}
「CLOUD……。 “{Cloud}…
 想いをつたえられるのは Words aren't the only thing
 言葉だけじゃないよ……」 that tell people what you're thinking…”
CLOUD {Cloud}
「TIFA………」 “…”
[Text Entry Further Down] {Cloud}
[Text Entry Further Down] “I'll find the answer someday.{!}{Pause:Timed}4
[Text Entry Further Down] As long as I keep trying.”
[Text Entry Further Down] {Cloud}
[Text Entry Further Down] “We've got a big battle tomorrow,
[Text Entry Further Down] we'd better get some sleep…”
[Text Entry Further Down] {Tifa}
[Text Entry Further Down] “Umm.{!}{Pause:Timed}>
[Text Entry Further Down] I guess you're right…”
CLOUD {Cloud}
「そうか……」 “I see…”
CLOUD {Cloud}
「俺も、聞いたような気がするな。 “I think I've heard it, too.”
 あの時、TIFAの声を……」 “Then,
CLOUD [Text Entry Higher Up]
「答えは、いつかきっと見つかるさ。 [Text Entry Higher Up]
 あきらめさえしなければ」 [Text Entry Higher Up]
CLOUD [Text Entry Higher Up]
「明日の戦いにそなえて [Text Entry Higher Up]
 今日は、はやくやすもう……」 [Text Entry Higher Up]
TIFA [Text Entry Higher Up]
「うん……。 [Text Entry Higher Up]
 ………」} [Text Entry Higher Up]
 決戦前 ハイウインド Highwind – Before the Decisive Battle
CLOUD {Cloud}
「……… もうすぐ、夜明けだな……」 “…
TIFA {Tifa}
「う、うん……?」 “H, huh?”
CLOUD {Cloud}
「ゴメン。おこしちゃったか……。 “Sorry. Did I wake you?
 もうすぐ夜が明けるよ、TIFA」 It's almost dawn, {Tifa}.”
TIFA {Tifa}
「うん……。あの…… “Umm…{!}{Pause:Timed}4
 お、おはよう……CLOUD」 G, good morning…{Cloud}.”
TIFA {Tifa}
「もうすこしだけ…… “Just a little longer…
 このままでいさせて……」 A little bit longer…”
TIFA {Tifa}
「二度とこない、この日のために……。 “This day will never come again…
 せめて、いまだけは……」 So let me have this moment…”
CLOUD {Cloud}
「ああ……いいよ」 “Sure…”
「これは、俺たちふたりにゆるされた [Text Entry Further Down]
 さいごの時間かもしれないから……」 [Text Entry Further Down]
TIFA {Tifa}
「………」 “…”
CLOUD {Cloud}
「そろそろ時間だ」 “We'd better go.”
TIFA {Tifa}
「でも、まだ……!?」 “But, I still…!?”
CLOUD {Cloud}
「いいんだよ、TIFA。 “It'll be all right, {Tifa}.
 きのう、TIFAも言ってたろ?」 You said so yourself yesterday.”
CLOUD {Cloud}
「すくなくとも俺たちは、 “At least we don't have to
 ひとりぽっちで行かなきゃ go on alone.”
 ならないってわけじゃない」
TIFA {Tifa}
「うん……。 “Yes…
 そうだね!」 That's right!”
CLOUD {Cloud}
「よし! “Okay!
 それじゃ、行こうか!」 Let's go!”
CLOUD {Cloud}
「おはよう、TIFA。 “Morning, {Tifa}.
 もうすぐ夜が明ける……」 It's almost dawn…”
TIFA {Tifa}
「うん……。 “Mmm…
 おはよう、CLOUD」 Good morning, {Cloud}.”
CLOUD {Cloud}
「…………」} “…”
[Text Entry Higher Up] “This might be the last time
Text Entry Higher Up] we'll ever be together…”
TIFA {Tifa}
「みんな……帰ってこないね」 “No one's…back yet.”
CLOUD {Cloud}
「仕方がないよ、TIFA。 “That's just the way it is {Tifa}.
 みんなが選んだ結果なんだから」 It was their choice to make.”
TIFA {Tifa}
「CLOUDはどうするの?」 “What are you going to do, {Cloud}?”
CLOUD {Cloud}
「俺は……いくじなしだからな。 “I'm…a coward.
 ここでやめてしまう勇気がない」 I don't even have the guts
TIFA {Tifa}
「私は……どうなのかな。 “What's wrong with me?
 やっぱり……恐いな」 I guess…I'm scared.”
TIFA {Tifa}
「ね、CLOUD! “{Cloud}!
 だいじょうぶって言って!」 Say everything'll be fine!”
CLOUD {Cloud}
「だいじょうぶだよ、TIFA」 “Say everything'll be fine!”
TIFA {Tifa}
「うわ~!」 “Wow!”
TIFA {Tifa}
「なんだか、もう、絶対に “I don't know why, but suddenly
 だいじょうぶって感じ、した」 I feel like everything'll be fine.”
TIFA {Tifa}
「……ふたりきりだと “This airship is too big
 飛空艇、ひろすぎるね」 for just the two of us.”
「やっぱり、ちょっとだけ “Yeah, it's a little lonely
 さびしいな」 without everyone.”
CLOUD {Cloud}
「心配するな。 “Don't worry.
 だいじょうぶだ」 It'll be okay.”
CLOUD {Cloud}
「俺がみんなのぶんも “I'll make a big enough
 大騒ぎしてやる」 ruckus for everyone.”
CLOUD {Cloud}
「それに、パイロットは俺だ」 “Besides, I'm the pilot.”
「いままでみたいに安心して “No more flying around
 のっていられないからな」 casually like before.”
「さびしがっている “We won't have
 ヒマなんてないぞ、きっと」 time to feel lonely.”
TIFA {Tifa}
「あれっ!?」 “Huh!?”
CLOUD {Cloud}
「動き出した……」 “It's moving…”
CLOUD {Cloud}
「行こう、TIFA」} “Let's go {Tifa}.”
「とりあえずワールドマップへ」 Anyway, I'm heading for the World Map.
    いくです Go.
    いかないです Don't go.
CLOUD {Cloud}
「BARRET! CID!」 “{Barret}! {Cid}!”
BARRET {Barret}
「お、おう……もう、いいのか?」 “O, oh…is that okay with you?”
CLOUD {Cloud}
「RED XIII!」 “{Red XIII}!”
TIFA {Tifa}
「どうして声、かけてくれなかったの!?」 “Why didn't you tell me!?”
RED XIII {Red XIII}
「だって……ねえ、CID」 “But, you know, {Cid}.”
CID {Cid}
「なあ、RED XIIIよう」 “Hey, {Red XIII}.”
「邪魔しちゃ、あとでな~に言われっか “If you butt in now, you never know
 わかんねえもんなぁ……」 what they'll say later…”
TIFA {Tifa}
「…………見てたの?」 “…Were you watching?”
TIFA {Tifa}
「…………聞いてたの?」 “…Were you listening?”
CLOUD {Cloud}
「VINCENT!」 “{Vincent}!”
VINCENT {Vincent}
「なんだ、その驚いた顔は」 “Why such a puzzled look?”
「私が来てはいけなかったのか?」 “Don't you want me to come?”
CLOUD {Cloud}
「いつもさめてたから…… “No, it's just that you're always
 関係ないって顔してただろ?」 so cool to what is happening
VINCENT {Vincent}
「さめて?」 “Cool?”
「フッ……私はそういう性格なのだ。 “Hmm…
 悪かったな」 I guess that's just how I am, sorry.”
BARRET {Barret}
「帰ってきたみてえだな。 “Well looky-here.
 神羅の部長さんがよ」 The Shinra Manager's come back.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「あの~」 “Uh, excuse me but…”
「ボクも、本体で来ようと思たんですけど “I wanted to come with the main group,
 いろいろ、やらなあかんことがあって……」 but I couldn't get away…”
「ほんで、ミッドガルの人たちですけど “So some people in Midgar took me in.”
 一応避難してもろてますのや」
CAIT SITH {Cait Sith}
「すんませんけど、この作りモンのボディで “I know I have a stuffed animal body,
 がんばらせてもらいます」 but I'll work really hard!”
BARRET {Barret}
「さて……全員そろったな」 “I guess that's everyone.”
RED XIII {Red XIII}
「YUFFIE、いないよ」 “No, {Yuffie}'s missing.”
BARRET {Barret}
「アイツは……来ねえだろ、きっと」 “She ain't gonna show up.”
「でもよ、オレたちのマテリアを盗んでいかなかった。 “'Least this time she didn't
 それだけでも良かったんじゃねえのか?」 steal our Materia.
YUFFIE {Yuffie}
「ひっどいな~!!」 “How could you say that!?”
YUFFIE {Yuffie}
「船酔いに負けないでここまで来たんだよ!」 “After I came this far with you,
YUFFIE {Yuffie}
「最後の最後に抜けちゃって、おいしいとこ “I didn't go through all that
 ぜ~んぶ持ってかれるなんて絶対イヤだからね!」 just to have you guys
CLOUD {Cloud}
「おかえり、YUFFIE」 “Welcome back, {Yuffie}.”
YUFFIE {Yuffie}
「おろ~……CLOUDやさしいねえ。 “Gee, {Cloud}…that's so nice of you
 なんかあった?」 to say that…You sick or somethin'?”
YUFFIE {Yuffie}
「ま、いいか。じゃ、アタシは通路の指定席で “Well, whatever. I'm gonna be in my
 待機……ウッ!……ウップ!」 reserved seat in the hall…
CLOUD {Cloud}
「みんな、ありがとう」 “Thanks everyone.”
BARRET {Barret}
「おまえのために戻ってきた “We didn't come back for your
 わけじゃねえ!」 spikey-headed ass!”
「オレの大切なマリンのため。 “I came back for Marlene.
 それとおんなじくらい大切な Guess it's jus' my…
 オレの……オレの気持ち……ってのか?」 feelings or somethin'.”
「オレはよ………… “I, uh
 今、ここにはいねえ……」 I ain't got no words now…”
RED XIII {Red XIII}
「……ここにはいないけど “…Although she's not here,
 オイラたちにチャンス、残してくれた……」 she left us a window of opportunity…”
CID {Cid}
「このままってわけにゃ “We can't let it go like this.”
 いかねえよな」
CLOUD {Cloud}
「……AERITH、最後にほほえんだんだ」 “…{Aeris}.”
「その笑顔、俺たちがなんとかしないと “She was smiling to the end.”
 はりついたまま、動かない」 “We can't just let it end with that
CLOUD {Cloud}
「みんなで行こう」 “Let's all go together.”
「AERITHの想い……」 “Memories of {Aeris}…”
「星にとどいたはずなのに “Although she should've returned
 邪魔されて身動きできないでいる……」 to the Planet by now,
CLOUD {Cloud}
「AERITHの想い、解き放つんだ!」 “We've got to let go of
CID {Cid}
「気が変わったってヤツ、いねえよな?」} “Has anyone here changed their mind?”
BARRET {Barret} Scene triggered if you enter field when the PPV is less than 1199.
「なあ、結、CLOUDは What the hell was up with Cloud's speech to the team in FSHIP_3 can happen when the PPV is 1196->1198.
 なんだったんだ?」 {Cloud} anyway?
CAIT SITH {Cait Sith}
「宝条が創り出した He was a Sephiroth-clone
 セフィロス・コピーですわな」 created by Hojo.{END}
CID {Cid}
「そんなもん、創れるのか?」 They really make those?{END}
CAIT SITH {Cait Sith}
「ゼロから創ったんとは、ちゃいますやろ」 Well he wasn't made from scratch.{NewScreen}
「きっと、普通の人間にジェノバ細胞を移植して They implanted Jenova cells
 魔晄づけにしたんやな」 into a normal human being
RED XIII RED XIII
「じゃあ、CLOUDは?」 Well then, what is CLOUD?{END}
CAIT SITH [Not Translated] Cait Sith
「TIFAさんの幼なじみの [Not Translated] Tifa’s childhood
 CLOUDさんですわ」 [Not Translated] friend, Cloud.
「5年前、ニブルヘイムのセフィロス事件…… [Not Translated] 5 years ago, during the Sephiroth incident at
 そのときに意識不明の重体…… [Not Translated] Nibelheim.. Cloud was rendered unconscious...
 宝条の実験に使われた……」 [Not Translated] He was used as Hojo’s experiment...
「宝条は、よ~さんの人間に [Not Translated] Hojo probably did the same
 同じようなことしたんでしょうなぁ」 [Not Translated] to countless others.
RED XIII RED XIII
「でも、どうしてCLOUDだけが……」 But why only CLOUD?{END}
CLOUD {Cloud] Cloud: Unused version of the scene which happens in FSHIP_2.
「みんな!!」 You guys!!
BARRET [Empty Entry] Barret:
「おう!」 -||- Hey!
TIFA [Empty Entry] Tifa:
「どうして声をかけてくれなかったの?」 -||- Why didn’t you call us?
RED XIII [Empty Entry] Red XIII:
「なんだかいいふんいきだったからさ」 -||- It looked like you were enjoying yourselves.
CID [Empty Entry] Cid:
「CLOUDの背中がよう -||- They kept telling me
 邪魔するな、邪魔するなって言ってたぜ」 -||- I ain’t t’interfere!
CLOUD [Empty Entry] Cloud:
「VINCENT!」 -||- Vincent!
VINCENT [Empty Entry] Vincent:
「なんなのだ、その驚いた顔は。 -||- Why the surprised look?
 私が帰ってきてはいけなかったのか?」 -||- Should I not have returned?
CLOUD {Cloud} Cloud:
「いつもさめてたから……」 You were always cold...
VINCENT [Empty Entry] Vincent:
「さめて?」 -||- Cold?
「フッ……私はそういう性格なのだ。 -||- Hm... that’s just how I am.
 悪かったな」 -||- Sorry.
CAIT SITH [Empty Entry] Cait Sith:
「あの~」 -||- Um...
「ボクも、本体で来ようと思たんですけど -||- I was thinking of showing up in my
 いろいろ、やらなあかんことがあって……」 -||- real body, but I had things to do...!
「ほんで、ミッドガルの人たちですけど -||- Actually, I’m currently helping the
 一応避難してもろてますのや」 -||- people of Midgar evacuate.
CAIT SITH {Cait Sith} Cait Sith:
「すんませんけど、この作りモンのボディで I’m sorry, but please allow me to do
 がんばらせてもらいます」 what I can in this fabricated form!
BARRET {Barret} Barret:
「さて……全員そろったな」 Well... that’s all of us!
RED XIII [Empty Entry] Red XIII:
「YUFFIE、いないよ」 -||- Yuffie isn’t here!
BARRET [Empty Entry] Barret:
「アイツは……来ねえだろ、きっと」 -||- That girl... she ain’t gonna show!
「オレたちのマテリアを -||- Ain’t it good enough she
 盗んでかなかっただけでも -||- didn’t manage to swipe
 良かったんじゃねえのか?」 -||- all of the damn materia?
YUFFIE {Yuffie}
「おろ~っ……ひっどいなぁ」 Geez…that's pretty lame.”
YUFFIE {Yuffie}
「船酔いに負けないで I stuck in there even when I was
 ここまで来たんだよ」 pukin' from bein' so seasick.
「最後の最後に抜けちゃって But if you think I stuck
 おいしいところはぜ~んぶ持っていかれるなんて through all this
 絶対イヤだからね!」 just to make off with
CLOUD {Cloud}
「みんな、ありがとう」 Thanks, everyone.”
BARRET {Barret}
「おまえに感謝されてもよう」 Ain't no one wanna be thanked by you!”
CID {Cid}
「じゃ、なんだ。 So, what's next.
 全員そろったところでCLOUDさんよ Now that everyone's here.
 いっちょう決めてくれ」 What're you going to do?”
CLOUD {Cloud}
「俺たちの最後の戦いだ。 This is our last battle.
 目標は北の大空洞のセフィロス! Our target is Sephiroth in
 さあ……」 So…”
CLOUD {Cloud}
「行くぜ、みんな!」 Let's do it. Come on, everyone!”
TIFA {Tifa}
「がんばろうね、CLOUD!」 “Let's do our best, {Cloud}!”
TIFA {Tifa}
「気分はどう?」 “How are you feeling?”
「少しなら休んでもいいと思うけど…… “You ought to rest a bit…
 無理しないでね」 Don't push yourself.”
TIFA {Tifa}
「CLOUD……どうしよう…… “{Cloud}…what should I do?
 考えなくっちゃ」 I've got to think.”
TIFA {Tifa}
「星の……悲鳴」 “The Planet's…scream.”
TIFA {Tifa}
「ブーゲンハーゲンさん…… “Did Bugenhagen…tell you anything?”
 何か教えてくれるかな?」
TIFA {Tifa}
「AERITH……どんな気持ちで “I wonder what {Aeris} felt…
 あの祭壇にいたのかしら……」 when she was on that altar…?”
CLOUD {Cloud}
「きっと、命をかけてこの星を……」 “I'm sure she wanted to give
TIFA {Tifa}
「そうかな? そうなのかな? “Really? I wonder?
 私はちがうと思うの」 I don't think that was it.”
「きっと、死ぬことなんか考えてなくて “I don't think she wanted to die at all,
 ちゃんと帰ってくるつもりだったんじゃないかな?」 but was planning on coming back all along.”
「だってAERITH、よく言ってたもの。 “She always used to talk
 また、この次は、今度は……」 about the 'next time'.”
「AERITH、他の誰よりも明日のこと “She talked about the future
 話してた……」 more than any of us…”
TIFA {Tifa}
「私たちには言わなかったけど “Although she never said anything to us
 きっと大変な人生だったから……」 about it, she must've had a rough life.”
「AERITHは『明日』…『未来』… “I think {Aeris} looked
 誰よりも楽しみにしてたと思う……」 forward to tomorrow and
「……たくさんたくさん “…she must've had many
 夢があったんだと思う……」 many dreams…”
TIFA {Tifa}
「CLOUD……」 “{Cloud}…”
TIFA {Tifa}
「好きとかキライとか……」 “Whether you love it or hate it…”
「気持ちとは関係なく “You just can't bring yourself
 ミッドガルからはなれられないわね」 to leave Midgar, can you?”
TIFA {Tifa}
「いよいよ、セフィロスとの対決ね」 “Now we're going to fight Sephiroth.”
「あの大空洞の中、どうなってるんだろう。 “I wonder what the inside of that cave looks like?
 セフィロスはじっとして You think Sephiroth is just sitting there
 メテオを待っているのかな……」 waiting for Meteor?”
TIFA {Tifa}
「だいじょうぶだよね」 “It's all right.”
「CLOUDがいる…… “You're here…
 みんなもいっしょだものね」 Everyone's all together”
「私たち……なんでもできるよね。 “Together…we can do anything.
 こんなにがんばってるんだもの」 We've worked this hard already.”
TIFA {Tifa}
「ね、CLOUD…… “Hey, {Cloud}…
 『だいじょうぶ』って言って?」 Would you tell me 'It's all right'?”
    ちょっと気取って {Choice}Say it cool
    ふつうに {Choice}Say it normal
    言わない {Choice}Don't say it
CLOUD {Cloud}
「だいじょうぶだよ、TIFA」 “It's all right, {Tifa}.”
CLOUD {Cloud}
「……だいじょうぶ」 “…It's all right.”
CLOUD {Cloud}
「……そんな気やすめは言えないな」 “…I just can't say it that easy.”
TIFA {Tifa}
「あ、本当にだいじょうぶって “Now I feel like things are really
 気がした……ありがと、CLOUD」 going to be all right.”
TIFA {Tifa}
「うん、だいじょうぶだよね」 “You're right, things will be all right.”
TIFA {Tifa}
「ごめん……そうだよね」 “I'm sorry…I guess you're right.”
TIFA {Tifa}
「私、だいじょうぶ。 “I'm all right.
 もう、おじけづいたりしないわ」 I'm not going to chicken out at the last minute.”
TIFA {Tifa}
「私……だいじょうぶだから…… “I'm…all right…really…
 がんばって戦うから……」 I'll fight my hardest…”
TIFA {Tifa}
「……はぁ。 “……Wow.
 やっぱり……少し、こわいわ。 I guess…I am a little scared.
 ヒザがガクガクしてるの」} My knees are trembling.”
CLOUD {Cloud}
「たのむ、CID」 “I'm counting on you, {Cid}.”
CID {Cid}
「ヘヘ……」 “Yeah, yeah…”
「ここに、ずっと気になってたレバーが “These two levers have been
 2本あるんだが……」 buggin' me for a while…”
CID {Cid}
「ちょっと試させてくれよな」 “Let me try them out.”
CLOUD {Cloud}
「まかせるよ」 “Do whatever you have to.”
CID {Cid}
「じゃ、なんだ」 “All right, so what should I do?”
「CLOUDさんよ、いっちょ、決めてくれ」 “You decide, {Cloud}.”
CLOUD {Cloud}
「俺たちの最後の戦いだ!」 “This is our last battle.”
「目標は北の大空洞 “Our target is the North Cave.
 敵は……セフィロス!!」 Our enemy is…Sephiroth!”
CLOUD {Cloud}
「行くぜ、みんな!」 “So let's move out!”
CLOUD {Cloud}
「もうすぐ北の大空洞だな! “We're almost to the North Cave!
 セフィロス! 待ってろよ!」 We're on our way, Sephiroth!”
CID {Cid}
「おう! つっこむぜい!」 “Man, I'm going to stick it to him!”
CLOUD {Cloud}
「どうした、CID!」 “What is it, {Cid}?”
CID {Cid}
「あががががが! “Errrrggh!
 コントロールできねえ! Some incredible force!
 すげえエネルギーだ!」 Losing…control…”
「CIDさん」 “{Cid}.”
「艇長」 “Captain”
「手伝いまっす!」- “Here, sir!”
CID {Cid}
「なんだ、てめえら! “Get the hell outta here, flunkies!
 実家へ帰れって言ったじゃねえか!」 Didn't I tell you all to go home!?”
「そうです! “Yes, sir. But,
 ここがボクたちの家でっす!!」 this is our home!!”
CID {Cid}
「ケッ……カッコつけやがって」 “Oh ma--…stop trying to act so cool.”
「わかったぜ、おめえら! “All right, you jokers!
 オレ様をしっかり押さえやがれ!!」 Hold me down with everything you got!!”
CID {Cid}
「行っくぜ~!!」} “Geronimo!!”
【 ディスク2が終了しました 】 {Choice} ( End Disc 2 )
指示があるまで、ディスクホルダーを開けないで下さい until further instructions.{!}{White}
BARRET {Barret}
「行くぞ、CLOUD! “C'mon, {Cloud}!
 もたもたしてらんねえ!」 Don't #&$* around!”
「ゴー! ゴー! ジュノンだぜ!」 “We're goin' to Junon!!”
BARRET {Barret}
「神羅のやつらよう、どうやって “Them Shinras think they're gonna
 メテオとヒュージマテリアを fight Meteor with the Huge Materia?”
 戦わせるつもりなんだぁ?」
BARRET {Barret}
「なんだか悲しいぜ……」 “Damn, it kinda makes me sad…”
BARRET {Barret}
「ブーゲンジイさんかよ…… “That Bugenhagen guy…
 よくわかんねえジイさんだよな」 He was a weird old dude.”
「自然主義者かと思ってたら “I used to think he was a naturalist,
 機械にかこまれてくらしてるしよう」 but he was all into them machines.”
BARRET {Barret}
「AERITH……死んじまったんだよな」 “And {Aeris}…she's dead.”
「精神エネルギーになって “Guess she turned into Spiritual Energy
 星をめぐる……かぁ?」 and returned to the Planet, huh?”
「だとしてもよ、やっぱりよ “But even if she did, there's no
 会えるわけじゃねえからな……」 way we'll meet her again…”
BARRET {Barret}
「どうするよ、CLOUD “Whacha gonna do, {Cloud}?
 いい考え、ないのか?」 Got any good ideas?”
BARRET {Barret}
「ウェポンかよ…… “That damn Weapon…
 でけえよな……」 He's one big *&$*&%$…”
「いくらミッドガルだって “Even Midgar's in trouble now.”
 あぶねえだろうな」
BARRET {Barret}
「最初はよ、ビラはりだったぜ。 “When AVALANCHE was startin' out,
 アバランチの初めのころはな」 we used to put up flyers everywhere.”
「それが、どうだよ。 “And now, we're up against Sephiroth.
 セフィロスと戦うだぁ?」 How about that?”
「なんか、遠くに来ちまった。 “Feels like a long time ago.”
 そんなカンジがするぜ」
BARRET {Barret}
「行ったり来たり…… “Comin' and goin'…
 ふりまわされるよな」 gettin' pushed around.”
「でもよ、オレはミッドガルの連中には “But I got a debt to all them back in Midgar
 返しきれねえ借りがあるからよ……」 that I can't never repay…”
BARRET {Barret}
「ヘヘ……ヘヘヘヘ…… “Heh heh heh…
 時、せまるってやつだな?」 Time's got a way of sneakin' up on ya, huh?”
「なんだか、体がふるえてるぜ…… “I'm shakin' all over…
 ヘヘ……気持ち悪いぜ……」 Heh heh…I feel sick…”
RED XIII {Red XIII}
「やっぱり、CLOUDがいるの、いいな!」 “I'm glad you're back with us!”
RED XIII {Red XIII}
「神羅のやり方ってさ、今さえ良ければ “Shinra only cares if things are good right now.”
 なんでもいいってことだよね」
「でもね、オイラは500年くらい生きるから “But, I plan to live for 500 years and
 それじゃ、とっても困るんだ」 won't stand for that type of thinking.”
RED XIII {Red XIII}
「そうだよね。 “Yes.
 なんとかしようって考えなくちゃね」 We have to think about what to do.”
RED XIII {Red XIII}
「早く早く! “Hurry, hurry!
 じっちゃんに会いに行こうよ!」 We must go meet Grandfather!”
RED XIII {Red XIII}
「AERITHはね、ときどき “{Aeris} used to pat me
 オイラのハナをなでてくれたんだ」 on the nose sometimes.”
「子供あつかいされてくやしかったけど “I used to hate being treated
 でも、ついついよろこんじゃうんだ」 like a child like that,
「初めて会ったときのこと “I wanted to apologize to her
 あやまりたかったな……」 for what I did when we first met.”
RED XIII {Red XIII}
「オイラがもっと大人だったら…… “If I were more of an adult, perhaps
 何か良い考えがうかぶのかな?」 I would have a better idea of what to do?”
「はぅ……大人になりたいなぁ。 “Whew…I wish I could grow up.”
 この旅が終わったら、大人になれるかな……」 “I wonder if after all this is over,
RED XIII {Red XIII}
「ミッドガルか……」 “Midgar…”
「宝条につかまって連れてかれて “I hated the fact I was caught by
 いろいろ実験されてくやしかったな……」 Hojo and taken back
「でも、そのおかげで “But because of that
 みんなと会えたんだよね……」 I was able to meet you all…”
「いろんな人と出会ったり “People you want to meet…
 出会わなかったり……不思議だね」 others you don't…strange isn't it?”
RED XIII {Red XIII}
「セフィロスを倒せば “Will we save the world if we beat Sephiroth?”
 星を救えるんだよね」
「こわいけど、オイラ、がんばるよ。 “I'm frightened, but I'll do my best.
 早く行こうよ、大空洞へ!」 Let's hurry to the Northern Cave!”
RED XIII {Red XIII}
「宝条はどうしてこんなに “I wonder why Hojo performed
 事件ばかりおこすんだろう」 so many of these experiments?”
「しずかに研究だけ “Why couldn't he content himself
 してればいいのにさ」 with quiet research?”
RED XIII {Red XIII}
「(オイラはセトの息子ナナキ…… “I am Nanaki, son of Seto…
  何もこわくないこわくない……)」 I am afraid of nothing…”
「(だいじょうぶだいじょうぶ。 “It's all right, all right.
  オイラは勇者セトの息子ナナキ…… I'm Nanaki, the son of brave Seto…
  セフィロスなんか恐くない……)」 I'm not afraid of Sephiroth…”
VINCENT {Vincent}
「幻想の世界からの脱出か…… “Escape from a world of illusions…
 フッ……どっちがしあわせなのか……」 Hmph…I wonder which is better…?”
VINCENT {Vincent}
「……どうかな、CLOUD。 “…how does it feel, {Cloud}?
 借り物ではない自分を生きるのは?」 living for no one but yourself?”
VINCENT {Vincent}
「……心だけではどうにもならない。 “…feelings alone aren't enough.
 ……もどかしいな、CLOUD」 …it's irritating, isn't it {Cloud}?”
VINCENT {Vincent}
「コスモキャニオンの機械類は “The machines in Cosmo Canyon
 ほとんどがガスト博士のおくりもの」 were presents of Dr. Gast.”
「神羅製の機械にかこまれ “Wrapped up in the Planet's strange notions
 星の不思議に想いをはせる……」 surrounded by Shinra-made machines…”
「あの老人の中では科学と星が “Science and the Planet lived
 ともに生きているのだ」 side by side in that old man's heart.”
VINCENT {Vincent}
「古代種の都……」 “City of the Ancients…”
「古代種……我々もはるかな時を経てのち “The Ancients…in time that is probably
 そう呼ばれる日が来るかもしれない……」 what later generations will call us.”
「フッ……フハハハ…… “Hmm…hwa ha ha ha…
 我々しだいというわけだ」 It's only a matter of time for us.”
VINCENT {Vincent}
「……なかなかセフィロスには “……we still can't seem to get near Sephiroth…”
 近づけないな……」
VINCENT {Vincent}
「セフィロスを倒す…… “Kill Sephiroth…
 いとしい女性の息子を倒す……」 Killing the son of my beloved woman…”
「私はまた罪を犯そうとしているのか…… “Am I on the verge of committing
 それとも、見ているだけだった another sin?”
 私にできる、せめてものつぐないか……」 “Or am I atoning as best
VINCENT {Vincent}
「宝条……不幸な男」 “Hojo…what a queer fellow.”
「科学的センスのなさ…… “Such utter lack of scientific talent…
 つきまとう天才ガスト博士との比較……」 compared with the genius of Dr. Gast…”
「ルクレッツアは宝条を “Lucrecia chose him in order to protect him.”
 守ろうとしてあいつを選んだ……」
「いまならわかる…… “Now I understand…
 わかるが……しかし……」 I understand…but…”
VINCENT {Vincent}
「CLOUD……船を大空洞へ」 “{Cloud}…take the ship to
「空をかけめぐる時間は終わったのだ。 “The time for flying is now past.”
 今は地の底が我々の戦場……」 “Our battlefield is now
「天の光ではなく、地の底のやみこそが “The gate to tomorrow is not
 明日へのとびら……」 the light of heaven,
CAIT SITH {Cait Sith}
「いきなりでナンやけど “This is kind of sudden,
 さくっと、ジュノンへ行きましょか!」 but shouldn't we get to Junon!?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「CIDさんのロケット村に “The Shinra are all gathered
 神羅が集まってますわ……」 at {Cid}'s Rocket Town…”
「はぁ……秘密もらすんて “…I love giving out secrets
 なんや快感なってきましたわ」 more than anything.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「……社長のやり方かって “…That's not to say I don't know
 わからんでもないんですわ」 how the President feels.”
「でも、ナンや急ぎすぎとるって “But, I can't shake the feeling he's
 感じ、しとったんです……」 rushin' things a bit…”
CAIT SITH {Cait Sith}
「星の悲鳴ですかぁ…………」 “The life of the Planet…”
「この星のんか、メテオのんか…… “Which was screaming?
 どっちの悲鳴なんやろなぁ……」 The Planet? Or Meteor?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ナイショやけども……」 “Just between you and me…”
「ブーゲンさんは昔っから神羅の “That Bugenhagen used
 お得意さんやったんです」 to be a Shinra worker.”
「あ、武器と魔晄は絶対に “He never bought any
 買いはらへんかったんですけどね」 weapons or Mako though…”
CAIT SITH {Cait Sith}
「AERITHさん、亡くなってしもたこと “I told {Aeris}'s Mom about her
 お母さんに伝えたんです」 death.”
「エルミナさん、ずぅっと泣いてはりました…… “Elmyra was cried herself silly…
 マリンちゃんも……」 So did little Marlene…”
CAIT SITH {Cait Sith}
「最近、ボク……会議に呼ばれへんのです。 “Lately, they don't call me to meetings.
 スパイしてんの、バレバレですから」 Probably because you know I'm a spy.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「CLOUDさん、ほんまたのみます!」 “{Cloud}, you make sure
「神羅は許せんかもしれんけど “I know you can't forgive the
 ミッドガルの人たちには、何の罪もないんや!」 Shinra, but the people
CAIT SITH {Cait Sith}
「……セフィロス “…Wonder what Sephiroth's up to?”
 どないしとるんやろ」
CAIT SITH {Cait Sith}
「何度も何度もすんません」 “I can't apologize to you enough.”
「も~ちょい、ボクがしっかりしとったら “If I was a better person,
 こんなことにはならんかったのに……」 none of this would have happened…”
「さ、みなはん、スラムの方へ! “So let's get over it!
 急いで急いで!」 We've got to hurry to the slums!”
「あっ、おばあさん、だいじょぶでっか? “Are you all right?
 えっ? 息子さんとはぐれた?」 You say you lost your son?”
CAIT SITH {Cait Sith}
「あ、CLOUDさん、すいまへん!」 “Hey, {Cloud}!”
「もうすぐ、み~んなスラムへ “The people ought to just about be
 避難完了しますのや」 to safety in the slums by now.”
「……気休めかもしれまへんけどな」 “Maybe we were all just kidding ourselves.”
CAIT SITH {Cait Sith}
「ボク、忘れません。 “But I won't forget,
 何があっても……」 no matter what happens.”
 この旅のこと、みなさんのこと “Not about this here trip,
 絶対、忘れへん!」 or them folks--none of it!”
CID {Cid}
「やってみてわかったけどよ “I know how tough it is bein' a leader,
 リーダーってのは大変だよなぁ」 because I've been one.”
「誰がどんなマテリアつけてるとか “I always forget who has what Materia.”
 す~ぐ忘れちまったぜ、オレ様はよ」
CID {Cid}
「ロケット村でなんかあるって? “You said there's somethin'
 いまさら宇宙開発再開じゃねえよな……」 goin' on at Rocket Town…?”
CID {Cid}
「考え中だっていってんだろ!」 “I TOLD you I was thinkin' about it!”
CID {Cid}
「関係ねえけどよ、オレ様の知らねえうちに “Maybe it's just me, but has this ship been
 この船、改造されてんだよな」 remodeled without me knowin' it?”
「スイッチとかレバーが増えててよ “All these switches and levers.
 気になってしょうがねえぜ」 They're kinda gettin' to me.”
CID {Cid}
「AERITHか……」 “{Aeris}?”
「オレ様のハイウインドに “I wanted to give her a ride in the Highwind…”
 いっぺん乗せてやりたかったぜ……」
CID {Cid}
「はぁ……CLOUDよう。 “Phew…{Cloud}.
 どうすんだ?」 What're we gonna do?”
CID {Cid}
「いよいよ、セフィロスだぜ。 “Well, I guess it's time for Sephiroth.
 腕が鳴るってか?」 Are your hearts pounding?”
CID {Cid}
「そういや、昔、試作ロケットが一機 “That reminds me of a test rocket that
 ミッドガルのスラム街だかに落ちたんだよな」 landed in the Midgar Slums long ago.”
「爆発しなかったって聞いて “I remember how relieved I was
 ホッとしたの覚えてるぜ」 when I heard it never blew up.”
CID {Cid}
「今度こそ、か?」 “Maybe this is the time?”
CID {Cid}
「行ったり来たり忙しいじゃねえか!」 “This runnin' back and forth is tough!”
「こんなにコキ使われたんじゃ “Even my bikini goddess
 水着の女神さんもヒイヒイ言ってるぜ」 would be pantin' about now!”
CID {Cid}
「おめえよ『LOVELESS』ってシバイ “You ever see
 見たことあるか?」 the play 'LOVELESS'?”
    ない {Choice}No
    ある {Choice}Yes
「ケッ、確かにおめえは “Yeah, I figured someone like you wouldn't be
 シバイなんて興味ないってふうだよな」 much on plays.”
「ホントかぁ? “Yeah? Really?
 ま、いいけどよ」 Well, that's fine.”
「あのシバイはよ、オレ様がガキのころから “They've been doin' that play
 毎年夏にやってるんだよな、たしか」 every summer since I was a kid.”
「んでよ、オレ様は一回だけ “An' I remember seein' it just once…”
 見たことがあんだけどよ……」
「ありゃ、パイロットの面接に “That was when I was in Midgar
 ミッドガル行った時だったな」 training to be a pilot.”
「ヒマつぶしに話題の『LOVELESS』でも “I had some free time and
 見るかってなもんよ」 thought I'd catch the play.”
「じまんじゃねえが、オレ様は “Now, I'm no big fan of
 シバイなんぞにゃ全然興味がねえ」 the theater or anything.”
「自分でも予想してたけどよ “But this thing put me to sleep,
 ガーガーねちまったぜ」 just like I thought it would.”
「となりにいた客にイビキうるさいって “Finally during the last scene,
 起こされたのがラストシーンでよう……」 the guy next to me
「だからオレ様はあのシバイの “So about all I really remember
 最後のあたりだけは覚えてるぜ……」 of that play is the end…”
「主人公のネエちゃんが恋人に “When the sister of the lead
 聞くんだよな」 asks her lover,”
『どうしても行くの?』 “Do you really have to leave?”
CID {Cid}
「そしたら男がよ」 “And the guy says,”
『約束だから。 “I made a promise.
 大好きな人たちが待ってるんだ』 The people I love are waiting.”
『…………わからない。 “…I don't understand.
 わからないけど……でも、絶対に死なないで』 Not at all. But, take care of yourself.”
『もちろん……ここに帰ってくるよ。 “Of course…I'll come back to you.
 約束なんかなくても待っていてくれる Even if you don't promise to wait. I'll return
 人がいること、俺は知ってるから』 knowing you'll be here.”
CID {Cid}
「オレ様はよ、そのセリフ聞いて思ったぜ」 “I remember thinking when I heard those lines,”
「ケッ、何言ってやがんだいってな。 What the hell's he talkin' about?
 でもよ……今はよ……」 But, you know…now I'm not so sure…”
「今は、よくわかるぜ……」 “I think I understand…”
CID {Cid}
「オレ様はあとひと仕事終わったら “When this job's done,
 船を降りるんだ………そうするぜ」 I'm landing the ship…yeah, that's what I'll do.”
「す、すいません。 “Sorry, I'm in the middle of a very
 シビアでデリケートな作業中でっス!」 delicate operation!”
「あああ! “Ahhhhh!