Dialogue Script

Chapter: 5 - Wall Market

From entering Wall Market until leaving Wall Market, fighting Corneo's Lackeys, and NPCs at all stages

 
FF7 International ScriptFF7 PC English ScriptMissing TranslationNotes
JAPANESE (Intl Ver) PC ENGLISH
ウォールマーケット Wall Market
ウォールマーケット [JP-exclusive duplicate]
AERITH {Aeris}
「ここ、いろんな意味でこわいとこよ。 “This place is scary in a lot of ways.
 とくに女の子にはね。 Especially for a girl.
 早くTIFAさん、見つけなくちゃ」 So we've got to find {Tifa} fast.”
[JP-exclusive duplicate]
「どうぞ、よっていってください。 “Please come in.
 今なら『薬屋商品クーポン』を There's a free 'Pharmacy Coupon'
 サービスしますよ」 if you enter now.”
「どうぞ、よっていってください」 “Please, stop by.”
「戦車じいさんの話によると “According to that guy with the tank,
 体力さえあれば、上のプレートへ if you're strong enough,
 行けるそうですよ」 anyone can make it to the top plate.”
「という事で、ぜひ体力のつく食事をどうぞ」 “So, build your strength by having
「なんだかわかんない世の中だけど “It's a weird world we live in,
 しっかり食事してがんばりましょう」 so eat up and work hard.”
「いまいち、ふんぎりがつかねえな。 “I just can't make up my mind…
 うーん」 Mmm.”
「えっ? なんの事だって?」 “Huh? About what?”
「へへへ、いわせんなよ “Hmmm, don't make me say it…
 この右手の奥にある店のことだよ」 It's the shop down on the right.”
「やっぱり、ふんぎりがつかねえや。 “Nope, I just can't make up my mind.
 ええい、これあげるよ。 Here, you take this.
 これがなきゃ、入れないからな」 You won't be able to get in without it.”
キーアイテム『蜂蜜の館会員カード』を手にいれた! Received Key Item
「…………」 “…”
「へへへ、お姉さんきれいだね」 “Say, you're a cutie, Meant to be said by the guy who gives you the Member's Card, but he is gone when Cloud is dressed up and so can never speak this line.
「おっ! そこのにいさん! “Hey boy! You sure got a
 べっぴんさん連れてるねぇ」 good-lookin' heifer there!”
「ドンのところに行けば “Take her to the Don's place,
 いい金になるよ!」 and you'll make a mint.”
「おっ! そこのべっぴんさん。 “Hey! Pretty lady.
 いい仕事しょうかいするぜ!」 Let me tell you about a good job!”
「ドンのとこへ行ってみな。 “Go to the Don's place.
 たんまり稼げるぜ」 You'll make a small fortune!”
「まさか、7番プレートが落ちてくるたぁ “I never believed that Sector 7
 思わなかったぜ」 would ever come down.”
「俺たちは、なにがあっても “We're not leavin' this city
 この町を離れないぜ」 no matter what happens.”
「ちょっと、そこのおふたりさん。 “Hey, you two.
 少し休んでかない?」 Why don't you get some rest?”
「きれいな部屋があるんだけど “We have a beautiful room,
 どうだい?」 how 'bout it?”
「ちょっと、そこの団体さん。 “Hey, y'all.
 泊まっていってくださいよ」 Please stay here!”
「どうしようかな “Oh… what should I do?
 買っちゃおかな」 Should I just buy it?”
「こわかったよー」 “That was scary…”
「なんだか、変なフリルの “Seems like everything
 ついたのばっかりだなぁ」 has frills on it.”
「ネコは、いいよね。 “Aren't cats great?
 これは、ちょっと大きすぎるよね」 This one's a little big, huh?”
「空からいろいろ降ってきたよ」 “It came down from the sky.”
「でも全部、戦車好きのじいちゃんが “But the old guy who likes tanks took
 もっていっちゃった。 all of it away.
 ぼくもほしかったのに」 I wanted some, too.”
「本物のネコさんと “I wish I could live
 いっしょにくらしたいなぁ」 with a real cat.”
「食べるには、まだ早いようですな。 “It's a little early to start eating.
 もうしばらくしてからおいでなさい」 Come back in a bit.”
「なんじゃ? “What?
 おじょうさんがたも食べるか?」 Are you ladies going to eat, too?”
「ふう、空が落ちてきたからほこりだらけだ。 “Phew, it's all dusty
 また、作り直しだな」 ever since the sky came down.
「この先どうなるかわからんが “I don't know what's gonna happen next.
 まずは、腹ごしらえからですな」 But first, you gotta fill your stomach.”
CLOUD {Cloud}
「どうしたんだ、AERITH?」 “What's wrong, {Aeris}?”
AERITH {Aeris}
「……どうした? “What is it?
 あなた、そのまま外、出るの? Are you going outside like that?
 わたし、かまわないけど」 I mean, that's okay with me, but…”
CLOUD {Cloud}
「……そうだった」 “…Oh, yeah.”
AERITH Aeris
「しっかり、ね? “Get a hold of yourself,
 ステキなCLOUD!」} Ms. {Cloud}.”
【セーブポイント】 [Save Point]
メニューを開いて「セーブ」を選ぶと Access the Menu and select
ゲームの状態を保存できます。 {PURPLE}[SAVE]{WHITE} to save your game.
ウォールマーケット Wall Market
ウォールマーケット [JP-exclusive duplicate]
「ここのゴミ。 “All this trash.
 どうにかならないのかしらねえ」 Can't we do anything with it?”
「これって全部、あの、ほら…… “All this belongs to the owner
 武器屋の、あそこのご主人。 of the Weapons Shop.
 ひろってきては、ためこんでるそうよ」 He keeps picking things up
「ああ、あのお店の中に戦車まで置いてる “Oh, you mean the owner who has
 あのご主人ね」 a tank in his shop.”
「でも、どうみても “But any way you look at it,
 ゴミですわねえ」 it's just trash…”
「ここのゴミ。 “Is this pile of trash
 また、増えてません?」 getting bigger?”
「そうですわね」 “Yes, I think so.”
「7番街が落ちてきたときに “A lot of things came falling down
 いろいろ降ってきましたからね」 when the Sector 7 pillar fell.”
「そうそう、それでですね “Right, right, you're right.
 武器屋のご主人 The owner of the Weapons Shop
 降ってきた物を集めてたそうですよ」 scavenged all the stuff when it
「まあ、そのせいでしょうかね。 “Oh is that why?
 あのご主人、最近怪しいらしいですよ」 He seems pretty suspicious
「それって “Oh, you mean he went out to
 コルネオさんのお屋敷の横手の the Plate cross section next
 プレート断面へよく出かけてるって to the Don's Mansion, right?”
 話ですよね?」
「あら、よくご存知で! “Oh, you know!
 でも、何してるんでしょうねえ?」 I wonder what he's doing?”
「そうですよね “Yeah!
 気味が悪いですわねえ」 It gives me the chills.”
「すんごいの見れんだぜ。 ついてこいよ」} “Wanna see somethin' awesome?
蜜蜂の館 Honey Bee Inn
[Unused Entry Further Down] [Empty Entry]
[Unused Entry Further Down] [Empty Entry]
[Unused Entry Further Down] [Empty Entry]
[Unused Entry Further Down] [Empty Entry]
[Unused Entry Further Down] [Empty Entry]
[Unused Entry Further Down] [Empty Entry]
[Unused Entry Further Down] [Empty Entry]
[Unused Entry Further Down] [Empty Entry]
[Unused Entry Further Down] [Empty Entry]
[Unused Entry Further Down] [Empty Entry]
[Unused Entry Further Down] [Empty Entry]
[Unused Entry Further Down] [Empty Entry]
[Unused Entry Further Down] [Empty Entry]
[Unused Entry Further Down] [Empty Entry]
AERITH [Empty Entry]
「CLOUD……!!」}
「ま・さ・か……」 You’ve GOTTA be kidding…
    ここは俺にまかせておけ    ☞Leave this place to me.
    ここにTIFAがいるんだ、きっと    ☞Tifa’s here, I’m sure of it.
AERITH [Empty Entry] Aeris
「女装に必要ななにかがね。 You’ll need something for cross-dressing.
 ……ふ~~ん」 …Hmmm.
AERITH [Empty Entry] Aeris
「ふ~~~ん! Hmmmmm!
 そういう態度にでますかねえ」 So that’s how you’re gonna be.
AERITH [Empty Entry] Aeris
「はやかったのね、CLOUD! That was fast, Cloud!
 どうだった? よかった?」 How’d it go? Any luck?
    よかったよ     I got lucky.
    TIFAはいなかった     Tifa wasn’t there.
AERITH [Empty Entry] Aeris
「あ……!」 Oh…!
「なんか、想像しちゃった。 I can imagine.
 さ、いきましょ!」 Well, let’s go!
AERITH [Empty Entry] Aeris
「最初からわかってたくせに。 You knew that from the start.
 ま、いいけど…… Oh well…
 わたしもけっこう楽しんでるし」 I’m having fun too.
AERITH [Empty Entry] Aeris
「あ、CLOUD、いいにおい! Oh, Cloud, you smell great!
 どうだった?」 How’d it go?
    楽しかった     It was fun.
    関係ないだろ     None of your business.
AERITH [Empty Entry] Aeris
「あっ!! Oh!!
 なんか、ごまかしてる!」 Come on!
AERITH [Empty Entry] Aeris
「わたしといるよりも?」 More fun than being with me?
    まあ、そんなところだ     Something like that.
    ごめんよ     Sorry.
AERITH [Empty Entry] Aeris
「気にしない気にしない! Don’t worry about it!
 じゃ、いきましょ!」 Alright, let’s go!
AERITH [Empty Entry Higher Up] Aeris
「ふ~ん!!」 Hmph!!
AERITH [Empty Entry Higher Up] Aeris
「あっ……!! Oh…!!
 もういいの? CLOUD」 Are you finished, Cloud?
    ああ……     Yeah…
    まだ……     Not quite…
AERITH [Empty Entry Higher Up] Aeris
「なんだ……。 What…
 わかってくれたと、思ったのに。 I thought you knew
 わたしの気持ち…」 how I felt.
AERITH [Empty Entry Higher Up] Aeris
「うん! よかった! OK! Great!
 じゃ、いきましょ!」 Well, let’s go!
AERITH [Empty Entry Higher Up] Aeris
「やっぱり、いくんだ……。 Well, we’re off…
 ちょっと、がっかりかな」 You seem a little disappointed.
AERITH {Aeris} Aeris Text Entry placed much higher in English files.
「キャッ!! “Hey!! Eek!!
 CLOUD!!」 {Cloud}!!” Cloud!!
AERITH [Empty Entry Higher Up] Aeris
「CLOUD……。 Cloud…
 わたし、待ってるね」 I’ll be waiting.
    怒ってるのかい?     Are you angry?
    人探しの基本は聞きこみだからな     The first step to finding someone is getting information.
AERITH [Empty Entry Higher Up] Aeris
「ううん……べっつに。 Mm… nope.
 いつものことだから」 Just the usual.
AERITH [Empty Entry Higher Up] Aeris
「それに、CLOUD、待ってるのって Besides, Cloud,
 楽しいの」 waiting is fun!
「考えるんだ、いろんなこと。 I’ve been thinking. It’s weird,
 変だよね、まだ出会ったばかりなのに」 isn’t it? We’ve only just met.
AERITH [Empty Entry Higher Up] Aeris
「うん……。 Right…
 帰ってきて、はやく」 Come back soon.
AERITH [Empty Entry Higher Up] Aeris
「満足した、もう?」 Satisfied?
    ごめんな、またせて     Sorry to keep you waiting.
    もうすこし、まっててくれ     Just a little longer.
AERITH [Empty Entry Higher Up] Aeris
「CLOUD!! Cloud!!
 やっぱり……」 I knew it…
    TIFAを助けるためだ     It’s to help Tifa.
    感じるんだ……     I feel like it…
CLOUD [Empty Entry Higher Up] Cloud
「TIFAを助けるためなんだ。 -||- It’s to help Tifa.
 わかってくれるよな」 -||- You understand, right?
AERITH [Empty Entry Higher Up] Aeris
「……はいはい、いってらっしゃい。 -||- …Yeah, yeah. Good luck.
 興味ある年ごろだもんね」 -||- You’re the right age to be interested in that stuff.
AERITH [Empty Entry Higher Up] Aeris
「な~るほどっ! -||- Oh, I see how it is!
 言いたいことはそれだけ?」 -||- Is that all you want to say?
ジョニー Johnny
「ああ……。 “Man…
 入るべきか…… 入らざるべきか?」 Should I go…or not?”
「ああ……俺ってこういうとき “…I get so mental at times like this.
 なんか文学的になっちゃうんだよな。 I'm hopeless!!”
 まいるぜ!!」
ジョニー Johnny
「あ!! あんたは?」 “Hey!! Aren't you?”
「エェ!! あんたも?」 “What?? You mean you're…too?”
    ああ、俺もだ {Choice}Yeah, me too.
    おまえといっしょにするな {Choice}Don't bring me down to your level.”
「TIFAちゃんの幼なじみでありながら “You're {Tifa}'s childhood friend,
 あ、新しい彼女を連れて and you brought a new girlfriend
 こんなところへやってくる」 to a place like this!?”
「なんという人なんだ、あんたは!!」 “What kind of guy are you!!”
「エッ……俺だってよ。 “What…me too.
 よく考えたすえの結論だ。 I decided this after a lot of deep thought.
 最後のミッドガルの思い出によ…」 My last memories of Midgar…you know.”
「でもよ…… “But…
 あそこの男が恐くて」 That guy over there kinda scares me.”
「あんだよ!! てめー!! “What the hell!? You *%^&!!
 みせもんじゃねえぞ!! This ain't no #$*&^% show!!
 オレは、いまいそがしいんだよ!!」 I'm busy right now!!”
「ビンビンに感じてんだよ!! “I'm feelin' like there's
 戦いの予感ってやつをよ!!」 gonna be a fight!!”
「ん……? “Mmm?
 ざんねんだね」 That's too bad.”
「ここは、蜜蜂の館だった場所!! “Now, it's a barrack
 いまじゃ、神羅兵の館さ」 for the Shinra soldiers.”
「いらっしゃい!! “Welcome!!
 もてない君でも、ここ蜜蜂の館でなら Even unpopular dweebs like you
 運命の子に出会えるはず!!」 may meet their destiny here!!”
「よかったねえ、ゲヒゲヒッ!」 “Pretty good, huh? Ha ha ha!”
「ゲヒッゲヒッ!!」 “Ha ha ha !!”
「若いもんがよってたかって “All the young bucks gather and
 な~んも知らないかわいい娘っ子を deceive this innocent young girl…”
 たぶらかす……」
「ウ~ン!! 健全健全!! “Ohhh boy!! It's healthy,
 若いうちはこうでなくっちゃいかん」 it's wholesome!!”
[Eng Exclusive Text Page] “You gotta be like this
-||- when you're young!”
「ヒュ~!! “Yeow!!
 おじょうさんだぜ!!」 Hey, Princess!!”
ジョニー Johnny
「え……えっと “Uh…ummm
 お、俺……」 I, I…”
「あ…あの…」 “Uh…ummm…”
「ジョ、ジョニーっていいます…。 “I'm…Jo…Johnny…
 よろしく」 Nice to meet you.”
「ほんとっもう、きれいな子にしか “Yeah,
 声かけてないんだから」 I only talk to the pretty ones.”
「ん~、きみがいちばん。 “Mmmm, you're the one.
 最高なんだなっあ」 You're just great.”
「で、どう? [JP exclusive Text Page] Well?
 うちのお店で働いてみない?」 -||- Won’t you try working in my shop?
ジョニー Johnny
「あんたって人は!!」 “What kind of person are you!?”
「AERITHちゃんの家に泊まって “You stay out all night at {Aeris}'s
 朝帰りなんだって!」 and don't come home till morning!”
「ううっ…AERITHちゃん…。 “Uhh…little {Aeris}…
 俺って、またハートブレイク」 I, I'm…heartbroken again.”
「聞きましたよ。 “I heard. You two were gettin' chummy
 そこの公園でいちゃいちゃしてたんだって」 in the park together.”
「あんなにうれしそうな顔で “Oh man!!
 じまん話されるとなあ。 Enter the boyfriend.”
 やけますよ、じっさい」
「チッ!! [JP exclusive Text Entry] Tch!
 彼氏のおでましかよ」 -||- So, you're her boyfriend.
「おいっ! きみ。 -||- Hey, you!
 彼女待たせて、遊んでるなんて -||- Don't you think it's a little stupid to be playing
 非常識だと思わないかい」 -||- around and makin' yer girl wait?
「くっ~~ どうしてもダメ…… “Urrrrgh…no way…
[Eng Exclusive Text Page] “Things aren't working out.”
 ここから先に進めないです」
「ボクのレベルと給料じゃたりんです。 “Between our differences and my pay,
 身分がちがいすぎるです」 it just isn't cutting it.”
「いらっしゃい!! “Welcome!!
 もてない君でも、ここ蜜蜂の館でなら Even unpopular dweebs like you
 運命の彼女に出会えるはず!!」 may meet their destiny here!!”
「あなたも彼女さがしですか?」 “You looking for a girlfriend too?”
    TIFAという子を知らないか? {Choice}You know a girl named {Tifa}?
    俺はこんな場所には興味ない {Choice}This place doesn't interest me.
「おっ、あなた、聞き耳はやいねえ。 “Hey, you're pretty fast.
 TIFAちゃんは {Tifa}'s our newest girl.”
 ムチムチの新人さんだよ」
「でも、残念です。 “But, unfortunately,
 TIFAちゃんはいま面接中」 she's having an interview right now.”
「蜜蜂の館のならわしでね。 “Here at the Honey Bee Inn,
 新人の子はドン・コルネオの屋敷に it's customary for all the new girls to
 つれてかれるんだ」 be taken to Don Corneo's mansion.”
「ドン・コルネオは有名な独身貴族。 “Don Corneo's a famous dilettante.
 そろそろ身をかためるってんで Now he wants to settle down and
 おヨメさんさがしに熱心でねえ」 is in the market for a bride.”
「ほう……まにあってますか。 “Hmm…Seems to like it just fine.
 そりゃ、けっこうですな」 Good for you.”
「んっ! “Mmm!
 どぞどぞ!」 Please, please!”
「蜜蜂の館は会員制になっております。 “The Honey Bee Inn is a private club.
 残念ですが、おひきとりください」 Only members can go in. Shoo, shoo.”
「おっ!右手にかがやく『会員カード』 “Hey! Is that a "Member's Card" I see
 どうぞ、お通りください」 shining in your hot little hand?”
AERITH {Aeris} PSX dialogue: "…Hmm. That's how you'll fool them."
「…………ふ~~~~ん。 “…Hmmmm.
 そうやって、ごまかしますか」 Sure, good excuse…”
CLOUD {Cloud}
「ここに女装に必要ななにかがある。 “Looks like I need to go inside PSX dialogue: "…...…Hmmmmmmm. So that's how you fooled them."
 俺にはわかるんだ」 to complete my disguise.”
CLOUD {Cloud}
「いくぜ!!」 “See ya!” PSX dialogue: "Let's go!!"
「あっ、お客さん!! “Uh, sir!!
 もうすぐ閉店なんで……」 It's almost closing time…”
「忘れ物などなさらぬよう “So, please remember
 気をつけてくださいよ」 any personal belongings.”
「くっ~~! ボクもお花ほしい~! “Uuuh! I want flowers too!
 でもでも、かわいい女の子の前だと But, I get so nervous in front
 きんちょうしちゃって……」 of cute girls…”
「なんだか、自然と “It just seems natural to get cautious…”
 警戒しちゃうんです~」
「AERITHちゃんから “I bought some pretty flowers
 きれいなお花買っちゃいましたよ」 from {Aeris}.”
「500ギル、ちょっと高いかなあ。 “500 gil, a little expensive.
 名前きけたから、まあゆるしますか」 Well, at least I got her name.”
「AERITHちゃん~~。 “{Aeris}…
 お花、1ギルありがとう」 Thanks for the flower and 1 gil.”
「俺、大切にすっから! “I'll treasure this!
 押し花にして、お守りにすんだ」 I'm going to dry it and
「AERITHちゃん “I asked {Aeris} for a date…”
 デートにさそったらさ」
「100万ギルつまれてもいやだって。 “And she said not even if I paid her
 お花は300ギルもするし……。 1,000,000 gil.”
 意外と商売じょうずだぜ、ありゃ」 “Her flowers cost 300 gil, too…
AERITH {Aeris}
「お花たくさん “They bought lots of flowers from me.”
 買ってもらっちゃった」
「もう閉店なんですよ。 “It's closing time.
 ふぁぁ~~ ねむいです、ハイ」 …yawn…I'm so sleepy…”
「お客さん、いいんですか? “Sir, is everything all right?
 ほら、AERITHちゃん Look, {Aeris} looks so lonely.”
 さびしそうじゃないの」
「く~~っ! 今日もここまでか……」 “Uurrgh!
「お、若いおなごにピチピチおはだ。 “Ummm, young girls…soft skin.
 う~ん、目がさめましたよ!」 Ummm, OK, I'm refreshed now!”
「……ん? かたいねぇ。 “Mmmm? Pretty hard.
 きたえてるの?」 You work out?”
「おっかしいなあ。 “That's funny.
 バリバリにツンツンのヘアスタイル! A hard, spiky hairstyle!
 見覚えあるんだけどなあ」 Looks kinda familiar…”
「おうっ!! “Hey!!
 あんたかい!」 It's you!!”
「悪いけど、噂は聞いたぜ。 “Sorry, but I already heard about you.”
 女装が趣味の上に “In addition to dressing like a woman,
 キュ~っとすりつぶすのが好きだって」 it seems you like
「うちは上品なお客様以外、お断り! “We only let cultured customers in!
 わかったら、おひきとりねがうぜ!」 Got it? Then you'd better leave!”
「イヒヒ…… “Heee…
 この店は神羅が占領した!」} The Shinra have occupied this shop!”
「占領です」 “This shop is now under Shinra rule.”
コルネオの館 Corneo Hall
「ああっ、よく見たら [JP exclusive Text Page] Ah, now I see
 きれいな姉ちゃんも -||- you’re with a
 いっしょ!」 -||- beautiful girl!
「ね、どう? うちのドンと “Hey, you got a [ASK FOR TRANSLATION]
 楽しいひとときを cute one with you!”
 すごしてみない?」
「ここは、ウォールマーケットの “This is Don Corneo's mansion.
 大物、ドン・コルネオ様のお屋敷だ」 He's a big shot here in Wall Market.”
「いいか、ドンは男には興味ないんだ。 “Listen, the Don doesn't like men.
 さっさとどっかへ行ってくれ」 So get the hell outta here.”
「ここは、ウォールマーケットの “This is the mansion of Don Corneo,
 大物、ドン・コルネオ様のお屋敷だ」 the most powerful man in Wall Market.”
「いいか、ドンは男には興味ないんだ。 “Look, the Don's not into men. So don't
 さっさとどっかへ……」 let me catch you around here again…”
AERITH {Aeris}
「ね、ここがドンの屋敷みたい。 “Hey, this looks like the Don's mansion.
 わたし、行ってくるね」 I'll go take a look.”
「TIFAさんに “I'll tell {Tifa} about you.”
 あなたのこと
 話してきてあげる」
CLOUD {Cloud}
「ダメだ!!」 “No!! You can't!!”
AERITH {Aeris}
「どうして?」 “Why?”
CLOUD {Cloud}
「ここは……その…… “Do you know what kind of
 ……わかるだろ?」 …place this is?”
AERITH {Aeris}
「じゃあ、どうする? “Then what am I supposed to do?
 あなたもはいる?」 You want to go in with me?”
CLOUD {Cloud}
「俺は男だからな。 “Well being a man, that'll be pretty hard.
 むりやりはいったら Besides if I bust in there,
 騒ぎになってしまう」 it'll cause too much commotion.”
CLOUD {Cloud}
「かといってAERITHに “But, I just can't let you
 いかせるわけには…… go in alone…Oh, man…”
 いや、しかし……」
CLOUD {Cloud}
「まず、TIFAの安全が “First…we need to find out
 確認できな……」 if {Tifa}'s alright…”
CLOUD {Cloud}
「なにがおかしいんだ? “What's so funny,
 AERITH?」 {Aeris}?”
AERITH {Aeris}
「CLOUD、女の子に “{Cloud}, why don't you
 変装しなさい。 dress up like a girl?
 それしかない、うん」 It's the only way.”
CLOUD {Cloud}
「ええっ!?」 “WHAT!?”
AERITH {Aeris}
「ちょっと待っててね。 “Just wait. I've got a cute
 きれいな友だち、連れてくるから」 friend I want to bring.”
CLOUD {Cloud}
「AERITH! “{Aeris}!
 いくらなんでも……」 I can't…”
AERITH {Aeris}
「TIFAさんが “You ARE worried about
 心配なんでしょ? {Tifa}, aren't you?
 さ、早く早く!」 Then come on, hurry!”
「お友だちも、か…… “A friend, huh?
 そりゃいいな」 Sounds pretty good to me.”
「その方がドンもよろこぶし “The Don will be happy, too.
 もしかしたら……ウヒヒ」} Who knows, maybe I can even…heh heh.”
酒場 Bar
「う………あんたなに開けてんだよ…… “HEY…someone's IN here…
 見てんじゃねえよ…………」 Don't look!”
「ねえ、あんたなんか薬もってないかい? “Got any medicine on you?
 はしゃぎ過ぎちゃってさ……う………」 I'm too hyper…and…ugh.”
「なんだよ………う………」 “What…urk…”
    薬をわたす {Choice}Give her medicine
    薬をわたさない {Choice}Don't give her it
「え? “Huh?
 本当にくれるのかい? You'll really give me some?
 ありがたくもらうよ」 Thanks.”
「ふー、すっきりしたよ。 “Phew, I feel better now.
 お礼に、これあげるよ」 This is for your kindness.”
「なんだこりゃ……… “What is this?
 まあいいか」 Oh well.”
「役には立たなかったけど “It didn't do a thing,
 気持ちはうれしかったよ。 but thanks anyways.
 お礼に、これあげるよ」 Here, this is for your kindness.”
AERITH {Aeris}
たしか、薬屋さん、あったよね?」 “Wasn't there a Pharmacy here?”
キーアイテム『コロン』を手にいれた! Received Key Item "Cologne"!
キーアイテム『フラワーコロン』を手にいれた! Received Key Item "Flower Cologne"!
キーアイテム『セクシーコロン』を手にいれた! Received Key Item "Sexy Cologne"!
「おい、どうにかしてくれよ。 “Hey, could you do somethin' for me?
 誰かが入ったきり出てこないんだ。 Someone's been in there all day
 もう、ガマンできないよ」 and they're not comin' out.
「うわ! ととと」 “Whoops!”
「なんですか、お客さん。 “Yes? If you want to order,
 注文ならカウンターごしに おねがいします」 do it at the counter.”
「ふ~ “Man,
 うまくいかんもんだのう」 times are bad.”
AERITH {Aeris}
「あの~、服屋の親父さん、ですよね?」 “Excuse us, are you the father of
「確かに服屋だが “I own the Clothes Shop…
 あなたの親父ではないぞ」 but I ain't your father.”
AERITH {Aeris}
「そんなこと、言ってない……」 “I didn't say that…”
CLOUD {Cloud}
「服を作ってくれ」 “Make me some clothes.”
「わしは男物の服は作らんのだが? “I don't make men's clothes.
 それに、あまり気乗りがせんしな」 And I don't feel like makin'
AERITH {Aeris}
「CLOUD、すこ~し、待ってて。 “{Cloud},
 わたし、話すから」 you wait over there for a second.
「向こうで、なにか飲んでていいよ」 “Why don't you go over there
AERITH {Aeris}
「あのね、おじさん」 “You know, Mister.”
「あの彼がね、一度でいいから “He always said that just once,
 女の子の格好したいって言うの」 he'd like to dress up like a girl.”
「それでね、かわいいドレス “So, that's why I wanted
 着せてあげたいんだけど……」 a cute dress for him…”
「なんと! “What!?
 あんな無愛想なやつがか?」 A tough lookin' guy like that?”
AERITH {Aeris}
「ね、ね、どう? “So, how 'bout it?
 作ってくれる?」 Will you make him one?”
「ふむ、なかなかおもしろそうだのう。 “…might be interesting.
 普通の服ばかり作っておったので I was gettin' a little bored
 ちょっとあきとったんだよ」 just makin' regular clothes.”
AERITH {Aeris}
「じゃあ、作ってくれる?」 “Then you'll do it for us?”
「ああ、よかろう。 “Yeah, all right.
 それで、どんなドレスがいいんじゃ?」 What kind of dress you want?”
AERITH {Aeris}
「はだ触りは」 “Something…”
    さらっとしたの {Choice}That feels clean
    さわっとしたの {Choice}That feels soft
「ふんふん、それで?」 “hm, hm, hm, and?”
AERITH {Aeris}
「ひかり具合は」 “And something…”
    きらきらしたの {Choice}shiny
    つやつやしたの {Choice}that shimmers
「ふんふん、ようわかったわい。 “Hmm, got it.
 知り合いにその手のことが趣味な奴が Y'know I got a friend
 おるので、ちょっと聞いてくるわい」 that has the same taste as him.
「なんじゃ、そう急ぎなさんな。 “Hey, hold on.
 イメージがわくまで待たんとな。 Wait till I get an image in my head.
 ゴクゴク ふー うまいのう」 Gulp…ummm, that's good.”
「…それでね…」 “…And then?”
「ふふふ、へー」 “Hmm, hmmm, oh really?”
「怖いよね。 “Scary, isn't it?
 いつこの上のプレートが You just never know when the plate
 落ちてくるかわからないね」 might come crashing down.”
「そうよね。 “Yeah.
 上のプレートへ登れるなら I'd like to climb up to the
 行ってみたいね」} plate if I could.”
宿屋 Inn
「いらっしゃいませ。   “Welcome.
 一泊 ギルです」 It'll be {!}{Var:1} Gil per night.”
    泊まる {Choice}Stay
    泊まらない {Choice}Don't stay
「そうですか、またいらしてください」 “All right then…
「お金が、足りませんよ」 “You don't have enough money.”
CLOUD {Cloud}
「これのことか」 “Does he mean this?”
    買わない {Choice}Don't buy it
    200ギルの物 {Choice}Buy the one for 200 Gil
    100ギルの物 {Choice}Buy the one for 100 Gil
     50ギルの物 {Choice}Buy the one for 50 Gil
CLOUD {Cloud}
「お金が足りないな。 “I don't have enough money.
 別のやつにしよう」 I'll get him the other one.”
「ありがとうございました。 “Thank you very much.
 またいらしてください」} Please come again.”
マテリアショップ Materia Store
「………今は休みだよ」 “…We're closed now.”
「どうだった?」 “How was it?”
CLOUD {Cloud}
「まだだ」 “Not yet.”
「そうか、頼むよ」 “Hmm, I'm countin' on you.”
「すいませんねえ “I'm sorry, we're sold out
 ちょっと切らしちゃって and I've got nothing for you.”
 なんにもないんですよ」
「なあ、お兄さん。 “Hey man.
 お兄さんを男と見こんで Got a minute?
 相談があるんだけど I need to talk…man to man.”
 聞いてくれないかな?」
CLOUD {Cloud}
「……」 “…”
    言ってみろ {Choice}What is it?
    興味ないな {Choice}Not interested
「そうか、すまなかったな。 “Sorry about that.
 忘れてくれ」 Just forget it.”
「本当か! そりゃありがたい」 “Really!
「………で、悪いんだけど “I'm sorry, but young lady…
 そっちのおじょうさん Would you turn the other way,
 ちょっとだけ向こうを for a second?”
 向いててくれないかな」
AERITH {Aeris}
「え~、どうして~?」 “Why?”
CLOUD {Cloud}
「………AERITH」 “…{Aeris}.”
AERITH {Aeris}
「もうっ!」 “Gosh!”
「すまないね、おじょうさん」 “I'm sorry, lady.”
「で、本題なんだけど “Now here's the thing.
 宿屋の中に自動販売機があるのは知っているか?」 Do you know that vending machine
「俺はあの自動販売機でなにを売っているのか “I'm itchin' to know
 気になってしょうがないんだよ。 what they're selling in it.
 ちょっと女性には頼めない物らしいんだよ」 I just can't ask a girl to go get it.”
「え? 自分で買いに行けって? “What? Why don't I buy it myself?
 うーん、実は宿屋の奴とケンカしててね Well to tell you the truth,
 行きにくいんだよね。 I got in a fight with the guy at the Inn
 なあ、頼むよ」 and can't go there anymore.
CLOUD {Cloud}
「……」 “…”
    引き受けよう {Choice}I'll go
    興味ないね {Choice}Not interested
AERITH {Aeris}
「もういいの?」 “Finished?”
「そうか、ありがたい。 “Good, thanks.
 頼んだよ」 I'll be waitin' here
CLOUD {Cloud}
「持ってきたぞ」 “I got it.”
「おお、本当か!! “Oh, really!!
 あっ!」 Hey!”
AERITH {Aeris}
「もう」 “Geez.”
「で、なんだった」 “And, what was it?”
「気合充填ドリンクゴールドセットか “A protein drink set.
 あいつめ、きっちり商売してやがるぜ。 That jerk. I'm gonna do so much
 まけてられんな、こりゃ」 more business than him,
「スタミナ回復ドラッグセットか “A Stamina Drink Set.
 あいつめ、きっちり商売してやがるぜ。 That jerk. I'm gonna do so much
 まけてられんな、こりゃ」 more business than him,
「キン肉スッキリぬり薬セットか “A Muscle Relaxing Cream Set.
 あいつめ、きっちり商売してやがるぜ。 That jerk. I'm gonna do so much
 まけてられんな、こりゃ」 more business than him,
「お兄さん、ありがとうよ。 “Thanks, bud.
 やる気になってきたぜ。 I'm motivated now.
 気持ちていどだけど、もらってくれよ」 Take this, it's not much…”
キーアイテム『ダイヤのティアラ』を手にいれた! Received Key Item "Diamond Tiara"!
キーアイテム『ルビーのティアラ』を手にいれた! Received Key Item "Ruby Tiara"!
キーアイテム『ガラスのティアラ』を手にいれた! Received Key Item "Glass Tiara"!
「おかいものしましょうや」 “Let's do some shoppin'.”
「頼んだよ」 “Good luck.”
「またよってくれよ。 “Come by again.
 ちゃんと商売してるからさ」} I'll still be here
武器屋 Weapon Store
「なにか用か? “You want somethin'?
 資材置き場のもんくは聞かねえぞ」 I don't wanna hear any complaints
「どうじゃ? “How 'bout it?
 何か買わんか?」 Wanna buy somethin'?”
「あんたも、上のプレートへ行くのか? “You goin' up to the plate?
 このジンクバッテリーが必要になるぞ」 You better have batteries.”
CLOUD {Cloud}
「ひろったものを売りつけるのか?」 “You're gonna sell me
「お、よく知ってるな。 “Hey, you knew?
 修理してあるから、大丈夫さ」 I repaired them,
CLOUD {Cloud}
「上のプレートへ登るのに “Why do I need batteries to
 どうしてバッテリーが必要なんだ?」 climb up to the plate?”
「登ってみりゃわかるよ。 “You'll find out when you get there.
 3つで300ギルだ。 How 'bout 100 gil for each?”
 買うかい?」
CLOUD {Cloud}
「……」 “…”
    わかった、買おう {Choice}All right, I'll take them
    信じられないな {Choice}I think you're full of it
「そうか、自分の目で確かめて “All right then, go see for yourself.
 また来たらいいだろう」 You'll be back again.”
「そうかそうか “Great!
 もう1つどうだい?」 How 'bout another one?”
CLOUD {Cloud}
「……そうだな」 “…Hmm.”
    わかった、買おう {Choice}All right, I'll take 'em
    もういらない {Choice}No, that's enough
「ありゃ? “Huh?
 すまん、いまので最後だ」 Sorry, those were the last ones.”
『ジンクバッテリー』を手にいれた! Received "Batteries"!
「また、こいや」 “Come again.”
「残念だな、お金が足りないよ “Hmm, looks like you're
 また、こいや」 a little short, son.
「よう、また来たな。 “Oh, so you're back?
 ちょっと出物があるんだが I got something good for you.
 買ってかないか?」 Why don't you buy it?”
CLOUD {Cloud}
「どうせ、どこかで “You probably just found it
 ひろったんだろ?」 lying around somewhere, right?”
「まあ、ひろったのは認めるが “I'll admit that I found it,
 こんなにいいものは but you may never be able to
 もう手にはいらないかもな」 get another one like it again.”
「129000ギルでどうだい?」 “How 'bout 129,000 gil for it?”
CLOUD {Cloud}
「……なんて値段だ」 “…What kind of price is that?”
    しかたがない、買おう {Choice}Oh, all right…I'll buy it
    いらない {Choice}No, I don't want it
「おう、ありがたい。 “Hey, much obliged.
 絶対に、損をしたと思わないよ」 You'll never regret it!”
「そうか、残念だな。 “Hmm, that's too bad.
 おもしろそうな物なんだがな」 This's really something.”
『盗族の小手』を手にいれた!} Received "Sneak Glove"!
道具屋 Item Store
「……………  」 “…”
「………ヒ…… “…Beeeeeep…
 パー…………」 blipppp…”
CLOUD {Cloud}
「壊れてるぞ」 “…Broken.”
CLOUD {Cloud}
「うわっ!」 “Whoa!”
CID {Cid}
「どれどれ? “Hmm?
 オレ様にまかせとけって」 Let me see that.”
CID {Cid}
「これで、動くんじゃねえか? “It should work now.
 ネエちゃん、触ってみてくれよ」 Go on, try it now.”
TIFA {Tifa}
「CID! 何をしたの!?」 “{Cid}!
CID {Cid}
「そう怒るなよ、シワが増えるぞ。 “Don't get mad,
 お、何か出てきたぜ」} you'll just get more wrinkles.
『プレミアムハート』を手にいれた! Received "Premium Heart"!
薬屋 Pharmacy
「うわっ!」 “Whoa!”
「おや、クーポンをお持ちですね。 “Oh, you have a coupon?
 それでは、商品を1つだけ選んでください」 Then please select
    消毒薬 {Choice}Disinfectant
    消臭薬 {Choice}Deodorant
    消化薬 {Choice}Digestive
「いるならいるって “Don't just stand there,
 言ってくださいよ」 say something!!”
キーアイテム『消毒薬』を手にいれた! Received Key Item "Disinfectant"!
キーアイテム『消臭薬』を手にいれた! Received Key Item "Deodorant"!
キーアイテム『消化薬』を手にいれた! Received Key Item "Digestive"!
「はいどうぞ」} “Here you are.”
定食屋 Diner
「いらっしゃい! “Welcome!
 どうぞ、お好きなところへ」 Sit wherever you like!”
「はい、何にしましょう?」 “Yes, what will you have?”
CLOUD {Cloud}
「そうだな………」 “Hmm…”
    焼肉定食 {Choice}Korean B.B.Q. Plate
    さしみ定食 {Choice}Sushi Plate
    今日のおすすめ {Choice}Today's Special
「焼肉定食でーす」 “One Korean B.B.Q. Plate.”
「さしみ定食でーす」 “One Sushi Plate.”
「おすすめでーす」 “One Today's Special.”
「あいよー!」 “Comin' up!”
「当店は、料金前払いになっております。 “In this store, you pay first.
 お代は 70ギルになります」 It'll be 70 Gil.”
「ありがとうございます。 “Thank you.
 少々おまちください」 Just a second.”
「店長! オーダー取り消しです」 “Hey! Cancel that last order!”
「お客さん! “Excuse me!
 お金もないのに注文しちゃだめですよ。 You can't come in here and
 次は、お金のある時にきてくださいね」 order things without any money.
「おまたせしました。 “There you go.
 どうぞ、ごゆっくり」 Enjoy.”
「ありがとうございました。 “Thank you.
 薬屋商品クーポンをどうぞ。 Here's an item coupon
 薬屋で、商品ひとつと交換できます」 for the Pharmacy.”
「クーポンがなくなりましたので、このサービスは “You can exchange it
 終了させていただきます。 for one item there.”
 次なるサービスにご期待ください」 “That's our last coupon
「お客さま、キッチンへは “Keep out of the kitchen!”
 入らないでください!」
「どうぞ、ここへおすわりください」 “Have a seat over here.”
    すわる {Choice}Sit down
    すわらない {Choice}Don't sit down
キーアイテム『薬屋商品クーポン』を手にいれた! Received Key Item "Pharmacy Coupon"!
CLOUD {Cloud}
    …………… {Choice}No comment
    まあまあだな {Choice}It was all right
    口にあわなかった {Choice}I've had better dog food
「ありがとうございました」 “Thank you very much!”
「ん…が…ぐふっ…… “Umf…grunt…smack…
 急に話しかけんなよ」 Don't sneak up on me like that!”
「今日もこれで “I'm gonna get another
 薬屋商品クーポンをゲットだぜ」 Pharmacy Coupon today.”
「俺はいつも “I always get the Special.”
 おすすめ定食さ」
「こうやってメシが食えるのも “It's thanks to the Don
 ドンのおかげだよ」 that we can eat like this.”
「モグモグ………」 “…umf…scarf…glub…”
「すいませーん。 “Sorry!
 今、満席なんです。 But we're completely full!
 また、来てください」} Please come again!”
男の館 Men's Hall
「やーねぇ。 “Oh dear.
 またふとっちゃったわ」 I've gained weight again.”
「あなたも」 “Join the club.”
「ごいっしょにどうですか」 “Try it with us.”
「もっと、体力ですね」 “More strength.”
「あのパイプを登り切れば “I bet you could climb all the way
 上のプレートへ up to the upper plate
 行けるそうですからね」 if you used that pipe.”
「おや、ご存じない。 “Don't you know?
 武器屋の戦車じいさんが The old man at the Weapon shop
 くわしく教えてくれますよ」 can tell you more about it.”
「こんな時だからこそ “These days,
 体力ですよ。 you've got to have strength.
 あなたも、きたえましょう」 Come on, you should work out.”
「はい、1、2、3 “All right…1, 2, 3.
 スクワットはリズムですよ」 Squats are all in the rhythm.”
「あにきー! “I'm doing my best,
 がんばりやすぜー!」 bro'!”
「これで “How's…
 どうだー!」 this!?”
「あなたね? “Are you the one
 かわいくなりたいのは」 who wants to be cute?”
CLOUD {Cloud}
「かわいく?」 “Cute?”
AERITH {Aeris}
「そうなの」 “Right.”
「それで、かつらなんだけど……」 “And about the wig…”
「ええ、聞いてるわよ。 “Yeah, I heard.
 でも、タダってわけにはねぇ」 But it'll cost ya.”
「うぉー!!!」 “Urrrrgh!!!”
「兄貴! “Big Bro!! The only way
 かわいい格好は you're gonna get cuter is
 兄貴を極めた者のみが if you can beat Big Bro!!”
 できるんですぜ!!」
「そういうことじゃー!」 “That's right!”
「ということで “So, you've got to
 わしらと勝負じゃー!」 compete with us!”
「そうね。 “You're right.
 こいつらとスクワットで Let's do squats.”
 勝負しましょう」
「ようがす! “All right!
 わしらが We'll beat you
 コテンパンにして out of this gym!”
 さしあげますぜ!」
CLOUD {Cloud}
「もしかして、あんたは」 “Are you…”
AERITH {Aeris}
「きれいな、お兄さん?」 “THE beautiful Bro?”
「いまごろ “What? You didn't know?
 なにいっとるんじゃい。 Always running around here
 兄貴は、兄貴は sayin' Big Bro' this,
 それはもう…」 Big Bro' that…”
「あんた、いいから “Never mind that,
 こっちへきなさいよ」 come over here.”
「じゃあ、ルールを説明するわね」 “No, I'll explain the rules.”
「かまえから□ボタンでしゃがむ “From the ready position,
 しゃがみから×ボタンで立つ push {!}{Purple}[SWITCH]{!}{White} to squat,
 立ちから○ボタンでかまえへ」 push {!}{Purple}[CANCEL]{!}{White} to get up, and
「□ボタン、×ボタン、○ボタン “So it's {!}{Purple}[SWITCH]{!}{White},
 と、順番に押すのよ」 {!}{Purple}[CANCEL]{!}{White},
「わかった?」 “Got it?”
    わからない {Choice}Don't have it
    わかった {Choice}Got it
「じゃあ、もう一度説明するわよ」 “Then I'll explain it again.”
「30秒でこなした回数が “Whoever has the most squats
 こいつよりも上だったら after 30 seconds gets the wig.”
 このかつらをあげるわ」
「絶対に “I'm not going to lose.”
 負けないっすよ」
「兄貴のかつらは “Big Bro's wig is MINE!!”
 わしらのもんじゃー!」
「やかましいわね、こいつ」 “Just be quiet…”
「ぶっつけ本番ってのも “It's not fair for you to start right away,
 かわいそうだから、練習する?」 So, you want some practice?”
    軽く練習でもする {Choice}A little
    練習など必要ない {Choice}Don't need to practice
「じゃ、練習始め!」 “Then, start practicing!”
「いまので、回ね」 “You had {!}{Var:1} squats”.
「じゃあ、本番やるわよ。 “Now let's begin the real thing.
 本番、始め!」 Start!”
「こいつが、回で “He had {!}{Var:1} squats
 あなたが、回ね」 and you had {!}{Var:1} squats.”
「残念でした。 “Sorry
 あなたの負けね」 You lose.”
「あらまぁ、引き分けね」 “Oh, a tie.”
「おめでとー、あなたの勝ちね」 “Congratulations, you win.”
「服屋のおやじの頼みだから “Since the old man from
 渡さないわけには、いかないから」 the clothing store asked me,
「あれ、どこへしまったのかしら?」 “Oh, now where did I put it?”
「しかたあるまい」 “All right then.”
「あんたには、これをやろう」 “Here, take this.”
「こん、ボケ! “Stupid!
 なんてとこに隠してやがんだ!」 What kinda place is
「うう、 “Uuuuhh,
 兄貴の鉄ケンは Bro's fists of
 骨のズイまで steel cut to the bone!”
 しびれやすぜ…」
「ごめんね、ちょっとなんだけど “Sorry…you should still be able
 消毒すれば使えるから」 to use it if you disinfect it first.”
キーアイテム『クセゲのかつら』を手にいれた! Received Key Item "Wig"!
「あなた、よくがんばったわね。 “Good job.
 あたしのお古をあげるわね」 Here's a hand-me-down.”
「あ、兄貴 “Hey, Bro
 そ、それは I…I was supposed to get that.”
 あっしがもらえるはず……」
「やかましい! “Shut up!
 素人さんと引き分けといて You have no room to talk,
 なまいき言ってんじゃねえ!!」 tying with a beginner like him!!”
キーアイテム『チャパツのかつら』を手にいれた! Received Key Item "Dyed Wig"!
「あんた、すごいねぇ。 “You're really something.
 約束通り、これをあげるよ」 Okay, I'm a man of my word,
「兄貴っー “Big Bro
 くやしいっすよー I'm so mad
 むちゃくちゃくやしいっすよー!」 I'm so so so---mad!”
「やかましー! Don't cry,
 負けたあげくに、めそめそすんじゃねえ!」 just because you lost!”
キーアイテム『ブロンドのかつら』を手にいれた! Received Key Item "Blonde Wig"!
「大事につかってね」 “Take care of it.”
「あにきー “Big Bro…
 しっかりしてくだせー」 Get a hold of yourself.”
「あら、けっこういけてるじゃないの」 “Hmm, pretty good.”
「へぇ、まあまあね」 “Ehhhh, so so.”
「うーん、もうちょっとね」 “Ummm, not quite there.”
「どう? がんばってる?」} “So? How's it?”
ブティック Boutique
AERITH {Aeris}
「すいませ~ん! “Excuse me!
 ドレス1着、くださいな」 I'd like to get a dress.”
「うーん、ちょっと時間が “Umm, it might take a little
 かかるかもしれませんが time. Will that be all right?”
 かまいませんか?」
AERITH {Aeris}
「何かあったんですか?」 “What's the problem?”
「ちょっと親父の奴 “Well, my father, the owner,
 スランプなんですよ。 has been in a slump lately.
 あ、ドレスは俺の親父が You see, he makes all the dresses.”
 作ってるんですよ」
AERITH {Aeris}
「その、親父さん、どちらに?」 “And, where is your father?”
「たぶん、居酒屋で “He's probably plastered
 飲んだくれてますよ」 at the bar.”
AERITH {Aeris}
「それじゃ…… “So…
 親父さん、どうにかしないと You're saying we can't get a dress
 ドレス、ダメってこと?」 unless we do something
「はい、そうですね。 “Yes, I'm sorry.
 こまったもんですよ」 He's caused so much trouble.”
「!」 “!”
「もしかして、お客さん。 “You'd help me bring him back?”
 どうにかしてくださるんですか?」
AERITH {Aeris}
「だから~! どうにかしないと “Well, if we don't do something,
 ドレス、手にはいらない、でしょ?」 we don't get a dress, right?”
「本当っすか! “Really!?
 おねがいしますよ、あのバカ親父を Please help my crazy old dad.
 どうにかしてくださいよ。 I just don't know
 もう、困り果ててたんすよ………」 what to do anymore…”
AERITH {Aeris}
「はいはい、どうにかします。 “All right, we'll do something.
 CLOUD、行きましょ!」 Let's go, {Cloud}!”
「どうでした?」 “So how did it go?”
CLOUD {Cloud}
「まだ、会っていない」 “We couldn't find him yet.”
「よう、来たな。 “Oh, you're here. It's ready.
 できとるよ。 Go try it on.”
 さっそく着てみなさい」
キーアイテム『コットンのドレス』を手にいれた! Received Key Item "Cotton Dress"!
キーアイテム『サテンのドレス』を手にいれた! Received Key Item "Satin Dress"!
キーアイテム『シルクのドレス』を手にいれた! Received Key Item "Silk Dress"!
CLOUD {Cloud}
「これ……どうやって着るんだ?」 “How…do you put this on?”
CLOUD {Cloud}
「わ! なにをするんだ!」 “Whoa! What are you doing!”
AERITH {Aeris}
「やっぱり、ちょっと変。 “It's still not right.
 かつら、必要だね」 A wig! That's what you need!”
「うむうむ、そうだろうと思って “Umm, I thought you might,
 知り合いに話をしておいたんじゃ」 so I talked to my friend
「『男男男』とかいう看板を出しとる “You know the gym?
 ジムがあるじゃろ? You'll find a lot of people
 そこに、あんたと同じ趣味の人がいるんじゃ。 there like you.
 彼に相談してみるとよいじゃろう」 Go and talk to them.”
CLOUD {Cloud}
「……同じ趣味? “…'like you'?
 AERITH、親父さんに {Aeris},
 どんな説明をしたんだ?」 what did you tell him?”
AERITH {Aeris}
「いいじゃない、なんでも。 “Does it matter?
 ドレス、きれいだしね!」 Anyhow, we got a pretty dress!”
「ほう、これはなかなかどうして。 “Hmm, not bad.
 新しい商売になるかもしれんぞ」 This may be a new business for me.”
「そうだね、やってみようか」 “Yeah, you're right.
「あんたたち。 “Thanks for showing us something new.
 おもしろいものを見せてもらったよ。 My father's got
 親父もやる気出してくれたし his motivation back now,
 そのドレスの代金はサービスしとくよ」 so the dress is on the house.”
AERITH {Aeris}
「おしとやかに歩いてね。 “Walk more nicely like…this,
 CLOUDちゃん」 Miss {Cloud}.”
CLOUD {Cloud}
「……何がおしとやかにだ」 “…What do you mean 'nicely'?”
AERITH {Aeris}
「CLOUDちゃん、かわいい」 “Oh you're so cute,
「うまくいったようですね。 “Looks like everything went well.
 帰ってきてからずっとドレスを He's been making the dress
 作ってましたよ」 ever since he came back.”
「どうです? “So?
 かつらは手に入りましたか?」 Were you able to get the wig?”
「手に入ったようですね。 “Looks like you got it.
 早速着替えてみてくださいよ」 So try it on for size.”
「いらっしゃいませ。 “Welcome.
 ゆっくり見ていってください」 Please take your time.”
「なによ、押さないでよ。 “Don't push!
 マナー悪いね」 Hooligan!”
「今日は、普通の格好じゃな。 “You're dressed normal today.
 また、おもしろそうな事があれば If something else
 相談にのるぞ」 interesting comes up,
「どうじゃ? “So, how was it?
 会えたかな?」 Were you able to see him?”
「うんうん。 “Hmm, good.
 似合っとる、似合っとる」 It looks good on you.”
「そろったようじゃの。 “Looks like you're all set.
 早く着てみせてくれ」 Now try it on,
AERITH {Aeris}
「着替えるの?」 “Aren't you going to change?”
    かくごを決めた {Choice}Okay…I'm ready
    今は着替えない {Choice}Not now
「……なんだか “…Hmm.
 すごいもんですね」 It's REALLY somethin'.”
AERITH {Aeris}
「でも、いいな、それ。 “Aaah, I want one.
 ね、わたしに似合うドレス、な~い?」 Do you have one that'll
「これは、どうでしょう?」 “How's this?”
「いやいや、こっちの方がいいぞ」 “How about that one?”
「親父、何言ってんだよ。 “Father, what are you talking about?
 これがいいって」 This one's much better.”
「なにをいっとる。 “No, what are you saying?
 こっちじゃよ」 This one.”
AERITH {Aeris}
「あ、わたし、これがいい」 “…I want THIS one.”
「え?」 “Huh?”
AERITH {Aeris}
「ちょっと、着替えてくるね」 “I'm going to go change.”
AERITH {Aeris}
「……のぞいちゃダメよ」 “…No peeking!”
AERITH {Aeris}
「どう? 似合ってる?」 “So? How do I look?”
AERITH {Aeris}
「もう、かわいくないなぁ!」 “Oh, you're no fun!”
「あなたって」 “You're…”
「ヘン」} “weird.”
蜜蜂の館 Honey Bee Inn
「ポッ……♥ “Sir…” Oh… ♥
 お客さん♥」 Sir… ♥
「4つのお部屋から “Choose the BEST 'flavor' from the Please pick which of
 好きなコースを選んでね♥」 4 rooms.” the four rooms you’d like ♥
「空いてないお部屋は “But you can only choose You can’t choose an
 ダメなのよ♥」 from an unoccupied room.” occupied room ♥
「ポッ……♥ “Poo, I uh, mean, Sir…” Oh… ♥
 お客さん♥」 Sir… ♥
「はやくっはやくっ♥」} “Hurry…” Hurry, hurry! ♥
[English Exclusive] The Group Room All of these dialogue boxes compensate for the kanji on the floor in that field.
[English Exclusive] The Lover's Room
[English Exclusive] The Queen's Room
[English Exclusive] The &$#% Room
「お客さん。 [Empty Entry] Sir ♥
 はじめてかしら?」 -||- Is this your first time?
    はじめて、か……? -||-     My first…?
    どうなんだ…… -||-     I wonder…
「ああ……」 [Empty Entry] Yeah…
「そうだな……」 [Empty Entry] That’s right…
「そう……。 [Empty Entry] Ah…
 5つのお部屋から -||- Please pick which of
 好きなコースを選んでね♥」 -||- the 5 rooms you’d like ♥
「空いてないお部屋は -||- You can’t choose an
 ダメよ♥」 -||- occupied room ♥
    え…… -||- Huh…
    わかった -||- Got it.
「もう!! お客さん!! [Empty Entry] Now, sir!!
 人の話、聞いてるの?」 -||- Are you eavesdropping?
「……選んでね♥」 -||- …Go on and pick ♥
「4つのお部屋から [Empty Entry] Please pick which of
 好きなコースを選んでね♥」 -||- the 4 rooms you’d like ♥
「空いてないお部屋は -||- You can’t choose an
 ダメよ♥」 -||- occupied room ♥
    え…… -||-     Huh…
    わかった -||-     Got it.
[No empty JP entries.] [Empty Entry]
-||- [Empty Entry]
-||- [Empty Entry]
-||- [Empty Entry]
「お部屋を選んでね♥ “Please choose a room.
 (変なお客……。 (Gosh, he's so weird…
 ま、いつものこと♥)」} but then again, they all are.)”
[JP-exclusive Text Entry] Cloud:
「はじめてだ」 This is my first time.
[JP-exclusive Text Entry] Cloud:
「はじめてかどうかなんて I forget if it’s
 わすれたな……」 my first time.
CLOUD {Cloud}
「使用中のようだな」 “Looks like this room's being used.”
    聞き耳をたてる {Choice}Take a listen
    のぞき見る} {Choice}Take a peek
CLOUD {Cloud}
「……すごい!!」 “…Wooo…ow!!”
「不適切な内容がふくまれているため [JP-exclusive Text Entry] We apologize, but the following contains material
 残念ながら、お見せできません」 -||- unsuitable for the general public.
CLOUD {Cloud}
「…………」 “…”
CLOUD {Cloud}
「空いているようだな」 “Looks like it's unoccupied.”
    この部屋にするか {Choice}I guess I'll take this one
    ふみとどまる {Choice}Hold ground
CLOUD {Cloud}
「この部屋に決めたよ」 “I'll take this room.”
CLOUD {Cloud}
「たのんだら、変えてくれるかな」 “I wonder if they'd change it if I asked?”
    こっちの部屋がいい {Choice}I want this room
    ふみとどまる {Choice}Hold ground
CLOUD {Cloud}
「気が変わったんだが… “I've changed my mind…
 ……チェンジだ」 …I want to change rooms.”
「は~い♥ “All right.
 決めたら、後はお部屋に入るだけよ♥」 Now all we have to do is
「もう気持ちは変わらない?」 “You're not going to have
    何度も言わせないでくれ {Choice}Don't make me repeat myself
    まだ決めかねているんだ {Choice}I'm still trying to decide
「怒っちゃや~♥ “Oh, don't be angry with me…
 (いやだ…… (Geez…this one's probably
 きっと、乱暴なお客ね…)」 the violent type…)”
「いいわ~ん♥ “There you are. Enjoy yourself
 ゆっくり考えて♥
 (ムッツリさん!)」 (You moody creepo!)”
「は~い♥ どうぞ♥」 “All right, please.”
「はぁ♥ はいはい♥ “Oh, yes sir.
 (優じゅう不断…)」 (So indecisive…)”
「んっ……? [JP-exclusive Text Entry] Huh…?
 まだなんかあるの? -||- Was there something else?
「あたし、しつこい人はきらいなのよね♥」 -||- I just hate stubborn people. ♥
    あのその…… -||-     Um, those…
    なんでもないんだ -||-     Nevermind.
「なによっ!!」 [JP-exclusive Text Entry] What!!
「しつこいわねっ!!」 [JP-exclusive Text Entry] You sure are stubborn!
「わかったわかった……。 [JP-exclusive Text Entry] Oh, I get it…
 う~ん、熱意に負けたわ♥ -||- Oo, I’m overcome by your enthusiasm. ♥
 あなただけ、特別ね♥」 -||- I’ll do it just for you. ♥
「はい♥ 大事にして♥ -||- Alright! ♥ Take care! ♥
 支配人にはないしょよ♥ -||- Don’t tell the manager. ♥
 ふたりだけの秘密♥」 -||- It’s our little secret! ♥
「安心して、お客さん…… [JP-exclusive Text Entry] Relax, sir… [GlitterBerri's blog says that this dialogue box belongs in Onna_52, but it exists only in Onna_4.]
 女装が趣味だってことは It’s our little secret that
 ふたりだけの秘密ね」 you like to cross-dress.
「じゃあね♥ “OK, b-y-e!” See you! ♥
 バイバ~イ♥」 Bye bye! ♥
「じゃあね♥ Seems hidden. Read requirements in Makou Reactor.
 バイバ~イ♥」
『セクシーランジェリー』を手に入れた。 Received "Sexy Lingerie"! Received “Sexy Lingerie”! Possibly intended for if you did not get the lingerie in one of the rooms, but got it later.
CLOUD [Empty Entry] Cloud
「あの……」 -||- Um…
    危険な任務のためだ。君の下着を貸してくれ -||-     Please lend me your panties for a dangerous mission.
    ほかの言い方はないのか…… -||-     Isn’t there another way to say it…?
    やっぱりなんでもない -||-     It’s really nothing.
CLOUD [Empty Entry] Cloud
「その……」 -||- Uh…
    彼女へのプレゼントなんだ。君の下着を… -||-     I need a present for my girlfriend. Give me your panties…
    うそっぽいか、ほかの言い方はないのか…… -||-     Sounds fake. Isn’t there another way to say it…?
    もういやだ。忘れてくれ -||-     I’ve had it with this. Forget I said anything.
CLOUD [Empty Entry] Cloud
「あの……」 -||- Um…
    なにか思い出になるものを。君の下着を… -||-     I need something to remember you by. Give me your panties…
    だめだな、ほかの言い方だな -||-     No good. I need to think of something else.
    もういいんだ -||-     Forget it.
CLOUD [Empty Entry] Cloud
「その……」 -||- Uh…
    じつは女装が趣味なんだ。君の下着が…… -||-     Actually, I’m into cross-dressing. I want your panties…
    う~ん、ほか -||-     Oog, something else.
    あきらめる -||-     I give up.
CLOUD [Empty Entry] Cloud
「あの……」 -||- Um…
    俺、変態なんだ。君のにおいをかぎたい… -||-     I’m a pervert. I want to smell your panties…
    いやだ、ほか -||-     No way, something else.
    バカ! -||-     This is stupid!
「その……」 [Empty Entry] Uh…
    俺に君の下着をくれないかぁぁ!! -||-     Give me your paaaantiiiiies!!
    熱血風か…、ほかの言い方 -||-     That might be too strong… Something else.
    やめとく -||-     I quit.
CLOUD [Empty Entry] Cloud
「あの……」 -||- Um…
    俺、君のこと好きだ。下着くれないか? -||-     I like you. Won’t you give me your panties?
    ごめん、ほかないか -||-     Sorry, isn’t there something else?
    やめ -||-     I’m done.
CLOUD [Empty Entry] Cloud
「その……」 -||- Uh…
    下着くれ!! -||-     Your panties, please!!
    開き直りか、ほかがいいな -||-     Too serious. Something else.
    やめだ -||-     I said I’m done.
CLOUD [Empty Entry] Cloud
「あの……」 -||- Um…
    俺、病気で…ハァハァ。君の下着が…。 -||-     I’m sick.. haha. I need your panties…
    どんな病気だ…、ほかの -||-     Sick with what… something else.
    いかん -||-     I can’t do this.
CLOUD [Empty Entry] Cloud
「う~ん…… -||- Err…
 (TIFAを助けるために女装するとして -||- (I need something I can use to
 使えそうなものは…… -||- cross-dress in order to save Tifa…
 まさか、この蜜蜂ルックは目立ちすぎる…。 -||- This Honey Bee look is way too flashy…
 う~ん、下着ぐらいか……)」 -||- Err, maybe I can use the panties at least…)
「ええ……!! 下着ぃ?」 -||- Uh…!! Your panties?
[JP entry higher up.] [Empty Entry]
[JP entry higher up.] [Empty Entry]
[JP entry higher up.] [Empty Entry]
[JP entry higher up.] {CLOUD}
[JP entry higher up.] [Empty Entry]
[JP entry higher up.]
蜜蜂の館 Honey Bee Inn
「ハァ……」 “…wheez…”
「フゥ……」 “Phew…”
「じいさん、なんです? “What's wrong, Grandpa?
 ためいきばっかりついて……」 You keep sighing.”
「ハァ…… “…wheez…puff…
 そやかてなぁ、ばあさん…」 You know, Grandma…”
「またこの部屋のことですか」 “Is this the room?”
「ハァ…… “…whew…
 なんぼ息子がかりてくれた I know our son rented this
 ゆうてもなぁ…」 for us and all, but…”
「わしらにこんな立派な部屋はなぁ。 “It's too nice for us.
 まるいふとんにカクカクふろ Big round bed, gorgeous tub,
 わし、どうもおちつかんのやわ」 I just can't get comfortable.”
「ええんとちゃいますか。 “Don't worry about it.
 ここらは大都会の下、高級地なんですよ。 It's a high class neighborhood,
 ばちがあたるちゅうもんですよ」 in the Big City.”
「なあ、ばあさん。 “Hey Grandma.
 息子のつとめとる会社 What's the name of the company
 なんつうたかいのう……」 our son works for?”
「まあ、じいさん。 “Oh, Grandpa.
 またわすれてしもて……」 Did you forget again?”
「はあ…… “…heave…
 さいきん、どうもなぁ…」 It's getting worse…”
「神羅会社ですよ、神羅会社。 “It's Shinra, you know, Shinra, Inc.?
 大都会で一番大きな会社ですわ」 It's the biggest company in the city.”
「はあ、一番大きいつうたら “If it's the biggest company,
 立派なもんやな」 it must be something.”
「ほんまに。 “Yeah.
 立派なもんですわ」 It IS really something.”
「なんや、ようさん出世して “He's doing well, and he told me that
 いまじゃ、部長さんやゆうてましたわ」 he's been promoted to department head.”
「ほう……。 “Oh…thanks to him we're
 わしらがこんな部屋住めんのも able to stay in a room like this.”
 息子がえろなったからやのう」
「ありがたいこっちゃで」 “Yeah, I'm really grateful.”
「ほんま、ありがたいですなあ」 “Well, you wanna go to sleep?”
「ほんな、もうねよか…」
「そうしますか」 “All right…”
「おやすみなさい」 “Good night.”
「はい、おやすみなさい」 “Yeah, good night.”
「グーグー……」 “…snore…snore…”
「スヤスヤ……」 “…Heebeebeebee…snore…”
……風がやんだ…… …The wind's calm now…
 よみがえりし魔王の呪いか… It's the curse of the resurrected Satan…
 我が最愛の女王は目覚めぬ…… Our beloved Queen does not awaken…
 時は満ちた…… The time is ripe…
『…古代よりかの地に伝わる伝説…』 A legend has been passed on
   ……伝説…… …Legend…
 ……求めるは、約束の地…… …they sought the Promised Land…
 ……青きひとみもつもの…… …one with blue eyes…
 ……白刃の大剣を背に…… …and a great white sword on his back…
 ……約束の地へ導かん…… …will not lead us to the Promised Land…
   ……破滅…… …annihilation…
   ……崩壊…… …destruction…
  ……黒き者…… …a dark being…
 ……おまえを導く…… …will guide you…
「ひそひそ…… “Psst…
 (おい、そろそろ止めないと (Hey, shouldn't we stop him soon?)”
 まずいんじゃないのかい?)」
「ひそひそ…… “…whisper…whisper…
 (プレジデント神羅と (We have a luncheon
 会食の約束だろ…)」 with President Shinra…)”
「ひそひそ…… “Psst…
 (おまえ言えよ……)」 (You tell him……)”
「ひそひそ…… “Psst…
 (言えるわけないだろ……)」 (I can't tell him…)”
「ひそひそ…… “Psst…
 (チェッ!!ま、いいか……)」 (Come on!! Oh, well…)”
「ひそひそ…… “Psst…
 (まったくうちの社長にもあきれるよ)」 (I'm so disgusted with the President.)”
「ひそひそ…… “Psst…
 (ミッドガルに出張のときは毎度だぜ。 (This happens every time we
 ゴールドソーサーからはるばる来てよ…)」 come to Midgar on business.)”
[Eng Exclusive Text Page] “(We came all the way to Midgar,
-||- just for this?)”
「ひそひそ…… “Psst…
 (おまえはまだいいよ、照明係なんだから。 (What're you complaining about?
 俺なんてこのヨロイ!すげえ重いんだぞぅ)」 You're just holding the lights.
「ひそひそ…… “Psst…
 (ハイハイ……これも仕事ですから)」 (I know, I know…
「ひそひそ…… “Psst…
 (そういや、聞いたかい? (Oh yeah, did you hear?
 社長の王様道楽が奥さんにばれたって話)」 The President's wife found out
「ひそひそ…… “Psst…
 (クックッ……うそ、それ初耳)」 (Ha, ha…no way,
「ひそひそ…… “Psst…
 (あ、終わったみたいだぞ。 (Oh, looks like he's done.
 ああ~助かった!!)」 Man, I'm glad!!)”
「ゲッ!!社長!! “Geez!! Mr. President!!
 じゃ、なかった王様……」 I mean, Your Majesty.”
「うわ~、すいましぇ~ん。 “Ohhh…I'm sorry.
 古代の呪いはゆるしてぇ~」 Please remove the ancient curse!”
「ひそひそ…… “Psst…
 (おいおい、またかよ!!)」 (Oh man, not again!?)”
「ひそひそ…… “Psst…
 (もうこれで、何回目だ?)」 (How many times IS this?)”
「ひそひそ…… “Psst…
 (知らねぇよ……。 (I don't even know…
 ハァ…王様、すぐ調子にのるからなあ)」} whew…the King sure gets into this…)”
蜜蜂の館 Honey Bee Inn
「この部屋にするよ……。 [Empty Entry] I’ll take this room…
 今夜は大切な夜なんだ」 -||- Tonight’s an important night.
「ソルジャーさん? [Empty Entry] A SOLDIER?
 若いのに大変なのね」 -||- But you’re so young, it must be hard.
「……まった?」 [Empty Entry] …Did I keep you waiting?
「ねえ、決まった? [Empty Entry] Did you decide?
 ここでいいのね♥」 -||- You wanted this one, right? ♥
「さ♥ はじめましょ♥」 [Empty Entry] Well. ♥ Let’s begin. ♥
「ハイ♥ まずはぁ……。 -||- Right. ♥ First of all…
 おふろにはいって♥」 -||- Get in the bath! ♥
    まってくれ…… -||-     Just a minute…
    え…… -||-     OK…
CLOUD [Empty Entry] Cloud
「俺、ふろには入らない主義なんだ。 -||- I’m against baths.
    ふろに入るなら死んだ方がましさ -||-     Give me dirt or give me death.
    水がこわいんだ…… -||-     I’m afraid of water…
CLOUD [Empty Entry] Cloud
「わすれたな… -||- I’ve forgotten…
 ふろなんて何年ぶりか…」 -||- How many years has it been since I took a bath…
「安心しろ。 -||- Relax.
 下着は常に新品だ」 -||- My underwear are always brand-new.
CLOUD [Empty Entry] Cloud
「こまかいことは気にしない」 -||- I don’t worry about the little things.
「頭も自然に決まるしな」 -||- I keep my hair natural.
「なに、ばかなこといってんの?」 -||- What are you talking about, silly?
「おおげさな人ね♥」 [Empty Entry] You tend to exaggerate, don’t you. ♥
「さ♥ お客さん♥」 [Empty Entry] Well. ♥ Sir. ♥
「つべこべいわないっ♥ -||- I won’t complain. ♥
 ぬいで! ぬいで!」 -||- Undress! Undress!
「やだ~♥ [Empty Entry] Eww! ♥
 あせくさ~♥」 -||- You smell like sweat! ♥
「ほんとにおふろ入ってないんだぁ~♥」 [Empty Entry] You were telling the truth about not taking baths. ♥
    もう何年になるか…… -||-     How many years has it been…
    なれればどうってことない -||-     I haven’t really thought about it.
「いいわ♥ [Empty Entry] That’s OK. ♥
 ゆっくりつかってね♥」 -||- Take your time. ♥
「でも…… [Empty Entry] But…
 すごいよ、においが……」 -||- The smell is amazing…
「ゆかげんはどうかしら?」 [Empty Entry] How’s the temperature?
    のぼせそうだな -||-     Could be warmer.
    悪くないな -||-     Not bad.
「がまんがまん♥」 [Empty Entry] Patience, patience. ♥
「あら♥ [Empty Entry] Oh! ♥
 うれっし♥」 -||- I’m happy! ♥
「あらま♥ [Empty Entry] Wow! ♥
 お客さん、すご~いぃ♥ -||- Sir, that’s incredible! ♥
「かっこいい~♥」 [Empty Entry] So handsome! ♥
    なにいってんだ? -||- What are you saying?
    ん……? -||- Huh…?
CLOUD [Empty Entry] Cloud
「あ、あれ……? -||- Wh, wha…?
「ブクブクブクブク……」 -||- Glub glub glub glub…
「やだ!♥ “Oh no!” Oh no! ♥
 お客さ~ん♥ Siiir! ♥
「たいへ~ん! “Help! Someone…! Hurry!” How awful!
 だれか~だれか、きて~♥」 Someone, anyone, help! ♥
「明日、旅立つ。 [Empty Entry] Tomorrow, we move out.
 危険な任務だ……」 -||- It’s gonna be a dangerous mission…
「いいのかしら? [Empty Entry] Are you sure it’s OK for you to be
 こんなところで遊んでいて。 -||- messing around in this sort of
 ソルジャーさん」 -||- place, Mr. SOLDIER?
「あの子、待たしてるんでしょ?」 [Empty Entry] You’re keeping that girl waiting, right?
「いいさ」 [Empty Entry]
「正直、つきまとわれて
 迷惑してるんだ……」
[JP entry further down] [Empty Entry]
[JP entry further down] [Empty Entry]
[JP entry further down] [Empty Entry]
[JP entry further down] [Empty Entry]
[JP entry further down] [Empty Entry]
[JP entry further down] [Empty Entry]
「いいさ」 [Empty Entry]
「正直、つきまとわれて
 迷惑してるんだ……」
「モミモミモミ… “…rub, rub, rub…
 モミモミモミモミ……」 rub, rub, rub, rub…”
「タントントン…… “…thump…pound…
 タントントントン……」 thump…pound…”
「ツンツン…… “…poik…poik…
 ……チクッン♥」 …squish.”
CLOUD {Cloud}
「うっ…… “Uh…OW!!”
 いてっ!!」
CLOUDのHP/MPが回復した! {Cloud}'s HP/MP Restored!
CLOUD [Empty Entry Further Up] Cloud
「そうだ! -||- That’s right!
 任務を実行しなきゃな」 -||- I have to carry out the mission.
「んっ……? [Empty Entry Further Up] Huh…?
 まだなんかあるの?」 -||- Was there something else?
「あたし、しつこい人はきらいなのよね♥」 -||- I just hate stubborn people. ♥
    あのその…… -||-     Um, those…
    なんでもないんだ -||-     Nevermind.
「なによっ!!」 [Empty Entry Further Up] What!!
「しつこいわねっ!!」 [Empty Entry Further Up] You sure are stubborn!
「わかったわかった……。 [Empty Entry Further Up] Oh, I get it…
 う~ん、熱意に負けたわ♥ -||- Oo, I’m overcome by your enthusiasm. ♥
 あなただけ、特別ね♥」 -||- I’ll do it just for you. ♥
「はい♥ 大事にして♥ -||- Take care! ♥
 支配人にはないしょよ♥ -||- Don’t tell the manager. ♥
 ふたりだけの秘密♥」 -||- It’s our little secret! ♥
「じゃあね♥ [Empty Entry Further Up] See you! ♥
 バイバ~イ♥」 -||- Bye bye! ♥
     『ランジェリー』を手に入れた。 Received Key Item "Lingerie"! Received "Lingerie". The JP does not specify it as a "Key Item".
「さ、お客さん♥ “This way, please.”
 こっちこっち♥」
「さ♥ はじめましょ♥」 “Shall we begin?”
「お客さん♥ “I guess since you chose this room,
 この部屋を選んだってことはぁ…」 that would mean you…”
「さびしがりやさんなんだ?」 “Hate being lonely?”
    孤独には、なれている {Choice}I'm used to being alone
    むだ口はやめてくれ {Choice}Cut the small talk
「はいはい♥(…ムッツリさん♥)」 “All right, all right.
「さ、みなさん、おまちかねですから」 “Come on, everyone's waiting.”
    みなさん……? {Choice}Everyone?
    なにしてるんだ、俺は? {Choice}What am I doing?
「ほら、来た来た♥」 “Here they are.”
「はい、みなさ~ん♥」 “All right, everyone.”
CLOUD {Cloud}
「俺はいつだって独りさ」 “I'm always alone.”
CLOUD {Cloud}
「話したくないんだ」 “I don't want to talk right now.”
「わっせ!! “One, two!!
 わっせ!!」 One, two!!”
「ふゅ~っ!!」 “Fyuuu--!!” Should check JP version if these are used…
「んがっ!!」 “Urrrgh!!” Some of the "Oh man!" lines may in fact be
「ハァハァ… “…heave…pant… these other lines…
 ハァハァ…」 …wheeze…heave…”
「チィーッス!!」 “Yeah!!”
ムッキー Mukki
「ウッス!!」 “Wassup!!”
「(にこにこにこにこ……にんまり)」 “(Smile, smile, smile…)”
「ウィーッス!!」 “Wassup!!”
CLOUD {Cloud}
「まいったな……」 “Oh man…”
「どうするか……?」 “What should I do?”
   俺は帰らせてもらうよ I'm outta here.
   身の危険を感じるな… This could be dangerous…
CLOUD {Cloud}
「おまえたちにつきあってる “I've got no time
 ひまなどない」 to mess around with you.”
「道をあけてもらおうか!」 “Outta my way!”
CLOUD {Cloud}
「どうやら、俺は絶対絶命の危機に “Looks like I'm always going to be facing
 おちいってるようだな…」 crises all my life…”
ムッキー Mukki
「ハァハァ……」 “…heave…pant…”
「照れちゃだめだ! 照れちゃ! “Don't be so embarrassed!
 かたいことはいいっこなしだ、ぼうず!」 Loosen up, bubby!”
「ハァハァ……」 “…heave…pant…”
「ともに青春のアカとアセを “Let's wash off
 流そうではないか!」 all our sweat and dirt together!”
ムッキー Mukki
「ぼうず!! “Bubby!
 着やせするタイプだな」 So you're the intimate type, eh?”
ムッキー Mukki
「ハァハァ…… “…heave…pant…
 立派なもんだ!!」 Wow!! Would ya look at that!?”
ムッキー Mukki
「ハァ、ビバビバ…… “Isn't bathing great?”
 ふろはいいなあ」
「心がやすらぐなあ」 “It soothes you.”
ムッキー Mukki
「どうだ、ぼうず!」 “How is it, bubby!?”
「気持ちいいだろ?」 “Feels good, huh?”
    …………。 {Choice}…
    苦しいな {Choice}It hurts
CLOUD {Cloud}
「暑苦しいだけだ……」 “Too stuffy in here…”
CLOUD {Cloud}
「気分が悪い。 “I don't feel good.
 出してくれ…」 Let me out…”
ムッキー Mukki
「がまん、がまん。 “You'll get used to it.
 10数えるまでだめだ」 Try counting to ten.”
CLOUD {Cloud}
「10……」 “Ten…”
「9……」 “Nine…”
ムッキー Mukki
「ぼうず、年はいくつだ?」 “Hey bubby, how old are you?”
「8……」 “Eight…”
「21だ…」 “Twenty one…”
ムッキー Mukki
「僕の半分もいってないわけだ。 “You're less than half my age.
 いいねえ」 I'm so jealous.”
「どうだい? ぼうず」 “So how 'bout it?”
「ムッキーの青春サークルに “Do you wanna join
 入らないかい?」 my 'Young bubby's' group?”
    興味ないね {Choice}Not interested
    …………。 {Choice}…
CLOUD {Cloud}
「7……」 “Seven…”
「6……」 “Six…”
「興味ないね」 “Maybe in another life.”
CLOUD {Cloud}
「7……」 “Seven…”
「6……」 “Six…”
「悪いがほかをあたってくれ」 “Not to be rude or anything,
ムッキー
「そうかい、残念だなあ」 “Well, if that's how you feel…too bad.”
「これから、太陽のふりそそぐ国での “We have a trip planned at a cabin
 合宿もあるんだけど」 out in the country.”
CLOUD {Cloud}
「5……」 “Five…”
「4……」 “Four…”
「3……」 “Three…”
「2……」 “Two…”
「1……」 “One…”
「さ、約束の時間だ」 “Alright, that's ten.
ムッキー Mukki
「すこしは遊んでくれても “Why don't you stick around
 いいんじゃない?」 and play a bit?”
「………おじさん、さびしいよ…」 “ Daddy's so lonely…”
ムッキー Mukki
「ぼうず!! “Bubby!!
 これ、僕のだいじなもの」 This is important to me.”
「今日の記念にぼうずにあげよう!」 “Here's a memento of our time together!”
ムッキー Mukki
「また会えるといいね!」 “Hope we meet again!”
キーアイテム『ビキニパンツ』を手にいれた! Received Key Item "Bikini briefs"!
CLOUD {Cloud}
「すごいパンツだな…… “This is SOME underwear…
 これを俺がはくのか……」 I'm supposed to wear this?”
「……仕方がない。 “Well, if it's to save {Tifa}…
 TIFAを助けるためだからな」 I guess there's no choice.”
CLOUD {Cloud}
「ん……? “Hmm?
 あんたなのか……?」 You!?”
「こんなところでなにしてる?」 “What are you doing in a place like this?”
『そっちこそ、こんなとこで “That's what I wanted to ask you.
 遊んでていいのかい?』 Should you be foolin' around here?”
『いつでも頭かかえてれば “You think problems go away by
 間題が解決するとでも思ってる?』 just thinkin' about them?”
『遠くからながめてるだけじゃ “You can't change anything by just sitting
 なにも変わらないって back and looking at it.”
 気づいたんだろ』
CLOUD {Cloud}
「なにいってる?」 “What are you saying?”
『動きはじめたみたいだよ』 “It's started moving.”
CLOUD {Cloud}
「なにが?」 “What has?”
『ほら、目を覚まして!』 “Wake up!”
[Empty Entry] [Empty in both Eng and JP.]
「目を覚まして!!」 “Wake up!!”
ムッキー Mukki
「ふぅ~♥ “Phew,
 よかったぁ♥」 I'm so relieved.”
ムッキー Mukki
「ぼうずっ!! “Bubby!!
 倒れちゃったんだって?」 I heard you collapsed.”
ムッキー Mukki
「だめだ、だめだ」 “No, no, no.”
「緊張しちゃいかんなあ」 “Don't get so uptight.”
    ああ……? {Choice}Huh…?
    うう……? {Choice}Ugh…!
ムッキー Mukki
「んっ……? “Hmm?
 まっ、青春は長くてみじかし」 They say youth is so long yet so short.”
「次、がんばんなさい」 “Let's give this next one your best shot.”
ムッキー Mukki
「もう時間だっ♥ “Time's up.
 じゃね♥」 Bye, bubby.”
「ごめんなさいね……♥ “I'm so sorry…
 いろいろと大人の事情ってもんが There's a lot of 'adult' things
 あるのよ♥」 going on…”
「これ、おわびのしるし♥ “For your inconvenience,
 大切にあつかってね」 Please take this, okay?”
キーアイテム『ランジェリー』を手にいれた! Received Key Item "Lingerie"!
CLOUD {Cloud}
「こんなヌノキレを、俺が!? “What, this rag? For me!?
 まったく、どうかしてるな」 I just don't get it.”
ムッキー Mukki
「こんなことで落ちこんでちゃ “Don't get depressed over a thing like this.”
 いけないぞ」
「おじさんなんか “It happens to me all the time.”
 しょっちゅうなんだから」}
蜜蜂の館 Honey Bee Inn
「フンフンフン……♥」 “Hmm, hmm, hmm…”
「う~ん♥ “Ohhh, I just can't seem to lose weight.
 なかなかほそくなんないのよね。
 フンフンフンフン……」 Hmm, hmm, hmm…”
「あら、いやだ!! “Sir!!
 お客さん、こんなとこまで You can't come in here.”
 入ってこないでね♥」
「(いやだわ…… “(Yuk…a pervert…)”
 エッチなお客さん…)」
「あら!! “Oh my!!
 (……まだいたの。 (…You're still here?
 ま、いいわ、ちょうどいいし)」 Oh well, good timing anyway.)”
「ねぇ、わたしのことどう思う?」 “Hey, what do you think about me?”
    興味ないな {Choice}Not interested
    ……べつに {Choice}Whatever…
「(当然よ……) “(Of course…)
 あら、うれしい。 Oh, I'm so happy.
 どんなふうに?」 In what way?”
    興味ないな {Choice}Not interested
    ……べつに {Choice}Whatever…
「ガーン! ショック!!」 “NO WAY!
「あら!!照れちゃってるのかしら。 “Oh my!! Are you embarrassed?
 (フン!!なによ、ムッツリしちゃって…)」 (Man!! Why are you so moody?)”
「フンフンフンフン…… “Hmm, hmm, hmm, hmm…
 フンフンフンフン…… Hmm, hmm, hmm, hmm…
 フンフンフンフン……」 Hmm, hmm, hmm, hmm…”
「ハァハァ……。 “Phew……
 ……ハードだわ」 …it's so tiring.”
「あら!!」 “Oh!!”
「どうかしら?」 “Is something the matter?”
    まだだな…… {Choice}Not yet
    ……べつに {Choice}Not really
「ムカッ……!!」 “OH!!”
「フン……!! “Hmph!! Listen you, not that you care,
 あなた、どうでもいいけど but you sure know
 人を怒らせる才能あるかもよ」 how to make people mad.”
「ぬりぬりぬりぬり……」 “Paste, paste, paste…”
「(やだ……ときどきいるのよね。 “(Oh God…here's another one of those guys.
 こういう、デリカシーのない男…。 You know, the delicate type.
 無視無視)」 Just ignore him, just ignore him.)”
「パフパフパフパフ……」 “Fluff, fluff, fluff…”
「(フン……! “(Hmm!
 自分の立場がわかってないのね。 I guess he doesn't realize his position.
 みじめな男、もう完全に無視無視)」 I feel sorry for him.
「ピタピタピタピタ……」 “Pita, pita, pita…”
「(しっ、しつこいわね! “(God, what a pest!
 ハイ! あっち、いって! All right, get out of here!
 野良イヌ男……」 You dog…)”
「(そうだ、名前はポチにしましょう!)」 “(That's it, I'll name him 'pooch'.)”
「かきかきかきかき……」 “Mix, mix, mix……”
「(どうしましょう……。 “(What should I do?
 つきまとわれている? わたし? Is he following me? Really?
 帰り道にまちぶせとかされたら…」 What if he follows me home?)”
「(やるわ…きっと、このポチ男なら…)」 “(Poochy'll do it, I'm sure of it…)”
「シャカシャカシャカ……」 “Shake, shake, shake…”
「(ねらわれている? わたし? “(You think he's after me? Really?
 この男、気持ち悪い……。 This guy makes me sick…
 目の色とか変だし」 And his eyes are weird, too…)”
「(そうね、こういう男は、傷つけちゃダメ。 “(Yeah, don't hurt these guys' feelings.
 あいさつだけでもしてあげましょ)」 Let's at least say 'hi' to him.)”
「ポッ…… “Uhh…
 こ、こんちわ」 Hel…Hello.”
「今日は、いいお天気ね」 “What a nice day, today.”
    じこしょうかいする {Choice}Introduce yourself
    さよならだ {Choice}Say Goodbye
CLOUD {Cloud}
「そういえば、じこしょうかいが “By the way, I haven't introduced
 まだだったな」 myself yet.”
「俺は何でも屋のCLOUDだ」 “I'm {Cloud}, a jack of all trades.”
「あら、そう……。 “Oh, yeah…?
 CLOUDさん、ごくろうさま」 Welcome, {Cloud}.”
「(なによっ! すぐ調子にのるんだから “(Gross! Don't get carried away,
 あんたの名前はポチなのよ!)」 remember your name is 'Pooch!')”
「バイバイ!! “BYE!!
 (フッ~♥ (Phew…I'm safe now…)”
 たすかった…)」
「ごきげんよう…CLOUDさん」 “Take care…{Cloud}.”
「あ、あの……? “Uh….
 もしかして、おけしょうとかしちゃう?」 Do you put makeup on?”
「イヤン♥」 “Eyaaah!”
「見ないで~!!」 “Don't watch!!”
「キャッ♥」 “Eyaaah!”
「だめーっ!」 “Don't!”
「…………」 “…”
「……………………プッ♥」 “…Oh my…”
CLOUD {Cloud}
「女装するとなれば…… “If I were to dress up like a woman…
 にゅうねんな準備が必要だ」 Then I've got to really prepare carefully.”
「ここなら、おけしょうできそうだ」 “I should be able to put makeup on here.”
    けしょうしてもらう {Choice}Have them make me up
    やめておこう {Choice}Don't do it
CLOUD {Cloud}
「たのみがあるんだ。 “I have a favor to ask of you.
 俺にもけしょうをしてくれないか」 Can you put makeup on me, too?”
「ぬりぬりぬりぬり……」 “…Paste, paste, paste…”
「プッ……♥」} “Oh…my…”
きついメイク [Empty Entry] Intense Makeup
自然なメイク [Empty Entry] Natural Makeup
派手なメイク [Empty Entry] Flashy Makeup
「おおッ!! “Damn!!
 お友だちもこれまた Your friend's hot, too!”
 カワイコちゃん!」
「ささ、中へ中へ!!」 “Come in, come in!!”
「2名様、おはいり~!!」} “Two ladies coming through!!”
コルネオの館1階 Corneo Hall,1f.
「お~い、おネエちゃんたち」 “Hey, ladies.”
「いまドンにしらせてくるからさ。 “I'll go and let the Don know
 ここで待っててくんな。 you're here. Wait here.
 ウロウロしないでくれよ」 Don't wander around…”
「ドンがこの部屋で “The Don's waiting in his room…
 お待ちかねだよ。
 ヘヘヘ……」 Ha ha ha…”
AERITH {Aeris}
「いまのうち。 “Now's our chance.
 さがしましょ、TIFAさん」 Let's find {Tifa}.”
AERITH {Aeris}
「TIFAさん “I wonder
 どこにいるのかな……」 where she is?”
 かたくとざされている…… Closed…
 ドン・コルネオのオフィス Office of
    許可なきものの Don Corneo
    立ち入りを禁ず} Keep Out!
おしおき部屋 Torture Room
AERITH {Aeris}
「……TIFA、さん?」 “…{Tifa}?”
AERITH {Aeris}
「はじめまして。 “Nice to meet you.
 わたし、AERITH」 I'm {Aeris}.”
「あなたのこと “{Cloud}'s told me
 CLOUDから a lot about you.”
 聞いてるわ」
TIFA {Tifa}
「……あなたは?」 “…And you are?”
「あっ、公園にいた人? “Hey you're the one with
 CLOUDといっしょに……」 {Cloud} in the park…”
AERITH {Aeris}
「そ、CLOUDといっしょに」 “Right, with {Cloud}.”
TIFA {Tifa}
「そう……」 “Oh…”
AERITH {Aeris}
「安心して。 “Don't worry.
 少し前に知り合ったばかりよ。 We just met. It's nothing.”
 なんでもないの」
TIFA {Tifa}
「安心って……何を安心するの?」 “What do you mean,
TIFA {Tifa}
「ああ、かんちがいしないで」 “No, don't misunderstand.”
「私とCLOUDは “{Cloud} and
 たんなる幼なじみよ。 I grew up together.
 なんでもないの」 Nothing more.”
AERITH {Aeris}
「ふたりして『なんでもない!』 “Poor {Cloud},
 な~んて言ってると having to stand here and listen to
 CLOUD、ちょっとかわいそう」 both of us call him nothing.”
AERITH {Aeris}
「ね、CLOUD?」 “Right, {Cloud}?”
TIFA {Tifa}
「CLOUD?」 “{Cloud}?”
TIFA {Tifa}
「????」 “????”
TIFA {Tifa}
「CLOUD!?」 “{Cloud}!?”
TIFA {Tifa}
「その格好はどうしたの!? “Why are you dressed like that!?
 ここでなにしてるの!?」 And what are you doing here!?”
「あ、それより “Never mind,
 あれからどうしたの!? what happened to you after
 身体はだいじょうぶ!?」 the fall!? Are you hurt!?”
CLOUD {Cloud}
「そんなにいっぺんに質間するな」 “Slow down, let me answer.”
CLOUD {Cloud}
「この格好は…… “I'm dressed like this
 ここに入るためには仕方なかった」 because there was no other way
CLOUD {Cloud}
「身体はだいじょうぶだ。 “I'm all right.
 AERITHに助けてもらった」 {Aeris} helped me out.”
TIFA {Tifa}
「そうなの、AERITHさんが……」 “Oh, {Aeris} did…”
CLOUD {Cloud}
「TIFA、説明してくれ。 “{Tifa}, explain what you're
 こんなところで何をしているんだ」 doing in a place like this?”
TIFA {Tifa}
「え、ええ……」 “Yeah, um…”
AERITH {Aeris}
「オホン! “Ahem!!
 わたし、耳、ふさいでるね」 I'll just plug my ears.”
AERITH {Aeris}
「さあ、どうぞ、ヒミツのお話」 “Please, go on with
TIFA {Tifa}
「……とにかく、無事でよかったわ」 “…I'm glad you're OK.”
CLOUD {Cloud}
「ああ。 “Thanks.
 で、何があったんだ?」 What happened?”
TIFA {Tifa}
「五番魔晄炉からもどったら “When we got back from
 怪しい男がうろついていたのよ」 the Sector 5 reactor,
「その男をBARRETがつかまえて “{Barret}
 キューッとしめて話を聞き出したの」 caught him and
CLOUD {Cloud}
「ここのドンの名前が出たわけか」 “That's when
TIFA {Tifa}
「そう、ドン・コルネオ」 “Right, Don Corneo.”
「BARRETはコルネオなんて “{Barret} told me
 小悪堂だから放っておけって to leave
 言うんだけど……」 the lech alone…”
TIFA {Tifa}
「なんだか気になって仕方がないのよ」 “But something's
CLOUD {Cloud}
「わかったよ。 “I see.
 コルネオ自身から So you wanted the story
 話を聞こうってわけだな」 straight from Corneo's mouth.”
TIFA {Tifa}
「それで、なんとかここまで来たけど “Well, I made it here,
 ちょっと困ってるの」 but now I'm stuck.”
TIFA {Tifa}
「コルネオは自分のおヨメさんを “Corneo is looking for a bride.”
 さがしてるらしいの」
「毎日3人の女の子の中から “Everyday, he gets three girls,
 1人を選んで……あの……その」 chooses one of them, and then…
TIFA {Tifa}
「とにかく! “Anyway, I have to be the
 その1人に私が選ばれなければ …girl for tonight.”
 ……今夜はアウトなのよ」
AERITH {Aeris}
「あの……聞こえちゃったんだけど」 “Sorry, but I overheard…”
AERITH {Aeris}
「3人の女の子が “If you know the three girls,
 全員あなたの仲間だったら there's no problem, right?”
 間題ナシ、じゃないかな?」
TIFA {Tifa}
「それはそうだけど……」 “I guess so, but…”
AERITH {Aeris}
「ここに2人いるわよ」 “We have two here,
CLOUD {Cloud}
「ダメだ、AERITH! “No, {Aeris}!
 あんたを巻きこむわけにはいかない」 I can't involve you.”
AERITH {Aeris}
「あら? TIFAさんなら “Oh? So it's all right for
 危険な目にあってもいいの?」 {Tifa} to be in danger?”
CLOUD {Cloud}
「いや、TIFAは……」 “No, I don't want
TIFA {Tifa}
「いいの?」 “Is it all right?”
AERITH {Aeris}
「わたし、スラム育ちだから “I grew up in the slums…
 危険なこと、なれてるの」 I'm used to danger.”
AERITH {Aeris}
「あなたこそ、わたし “Do you trust me?”
 信じてくれる?」
TIFA {Tifa}
「ありがとう、AERITHさん」 “Yes. Thanks, Ms. {Aeris}.”
AERITH {Aeris}
「AERITH、でいいわよ」 “Call me {Aeris}.”
「お~い!!」 “He---y!!”
「お姉ちゃんたち、時間だよ。 “It's time, ladies.
 コルネオ様がおまちかねだ!」 The Don is waiting!”
「ウロウロするなって言ったのに…… “I told you not to wander around…
 これだから、ちかごろの I tell ya, women nowadays…”
 おネエちゃんたちは……」
「はやくしてくれよ!」 “Hurry up, will ya!”
CLOUD {Cloud}
「聞くまでもないと思うけど “I guess I don't need to ask but,
 あとの1人はやっぱり……」 the other girl is…”
「俺……なんだろうな?」 “me…right?”
TIFA {Tifa}
「聞くまでも」 “You're right, you didn't need…”
AERITH {Aeris}
「ないわね」 “…to ask.”
AERITH {Aeris}
「はやくいかないと “They're going to get suspicious
 あやしまれない?」 if we don't hurry.”
TIFA {Tifa}
「フフフ……その格好 “Ha ha. You know, you don't look bad,
 よく見るとナカナカじゃない」 if ya don't look closely.”
「BARRETが見たら "I wonder what {Barret} would say
 なんて言うかな……」 if he could see you?”
AERITH {Aeris} [I can't figure out the exact conditions for these lines.]
「な~に、テレてるの? “Embarrassed?
 ダメ、ちゃんと話さないと!」 Come on, speak up!”
AERITH {Aeris}
「ねえ、ヒミツのお話は?」 “Hey, what's the secret?”
AERITH {Aeris}
「イヤ~!!」 “No---!!”
AERITH {Aeris}
「ごめんなさ~い!」} “I'm so sorry!!”
コルネオの館2階 Corneo Hall,2f.
コッチ Kotch
「よ~し娘ども!」 “All right, ladies!”
「ドン・コルネオの前に “Line up in front
 整列するのだぁ!」 of the Don!”
コルネオ Don Corneo
「ほひ~! “Hmmm!
 いいの~、いいの~!」 Good, splendid!”
コルネオ Don Corneo
「どのおなごにしようかな? “Now, let's see…
 ほひ~ほひ~!」 Which girl should
コルネオ Don Corneo
「このコにしようかな~?」 “This one?”
コルネオ Don Corneo
「それともこのコかな~?」 “Or this one?”
コルネオ Don Corneo
「ほひ~!! “Woo-hoo,
 決めた決~めた!」 I've made up my mind!!”
「今夜の相手は……」 “My choice for tonight is…”
コルネオ Don Corneo
「この元気そうなおなごだ!」 “This little beauty!”
TIFA {Tifa}
「ウフフ……よろしくね♥ “Phooey…
 ドン・コルネオ」 Be nice, Don.”
コルネオ Don Corneo
「このほそっこいおなごだ!」 “This slender little girl!”
AERITH {Aeris}
「まぁ、コルネオさんたら “Don, you've got
 お目が高いわ」 great taste.”
コルネオ Don Corneo
「この骨太のおなごだ!」 “This healthy-looking girl!”
CLOUD {Cloud}
「ちょ、ちょ、ちょっと待て! “Wa, wait a sec!
 いや、待ってください!」 I mean, uh, please wait a moment!”
コルネオ Don Corneo
「ほひ~!」 “Woo-hoo!”
「そのこばむしぐさが “I love chickies who play
 ういの~、うぶいの~」 hard-to-get! Yeowza!”
コルネオ Don Corneo
「後はオマエたちにやる!」 “You can have the rest!”
「ヘイ!! “Yes, sir!
 いただきやっす!」 Thank you sir!”
コルネオ Don Corneo
「さ~て、行こうかの~!」} “Shall we go, my pretty?”
コルネオの館2階 Corneo Hall,2f.
「おおッと!」 “Whoa!”
「そういそがないで “Slow down, what's the hurry?
 もっとオイラたちと Why don't you stick around?
 たのしもうぜェ~」 We'll treat you real nice!”
ソッチ Scotch
「おいお前ら! “Hey guys!
 お客さんだ」 We've got guests.”
「た~っぷりと “We'll take REAL
 かわいがってやんな」 good care of you.”
ソッチ Scotch
「これもみなビッグな “This is all thanks
 ドン・コルネオの to the big boss, Don Corneo!”
 おかげだぞ!」
「へ~い!! “Heeey!!
 ドン・コルネオ Three cheers for Don Corneo!!”
 バンザーイ!!」
ソッチ Scotch
「へへへ…… “Heh, heh…
 さて、用意はいいかい Well ladies, are we all, uh, ready?”
 おじょうさん?」
「あんた、なかなか “Hey…you're in pretty good shape.
 いいカラダしてるねェ。 Lookit your tight little bod…”
 こう、ムッチリと……」
「……っていうより、なんか “It's more like…muscles…”
 ガッチリしてんなあ……」
「おお、キミのそのヒトミ。 “Oh your eyes.
 なんて不思議な輝き…… They seem to…glow.
 ぼくはもうキミのトリコさ!」 I'm all yours, baby!”
「さあ、おどりましょう “Come on, dance with me, beautiful.
 おじょうさん。 They say if two people dance
 2人でステップをふめば together, their hearts will
 身も心もひとつに……」 become one…”
「カモンベイベー!」 “Come on, baby!”
「オマエのハートは “Woo-hoo! I gots ants in my pants
 キュートでタイト wanna do a dance,
 グッドなビートで gotta take a chance,
 ヒートアップ!」 and mebbe find romance!”
ソッチ Scotch
「ニヤニヤ……」 “…leer…snicker…”
ソッチ Scotch
「ヘヘ……どうした? “Hey…what's wrong?
 なんならオレが You want me to
 相手してやろうか?」 keep you company?”
CLOUD {Cloud}
「いえ…… “I'm flattered,
 せっかくですけど but no thanks.”
 えんりょしますわ」
「だって……」 “Because…”
ソッチ Scotch
「だって……?」 “Because?”
CLOUD {Cloud}
「アンタらみたいのは “I ain't INTERESTED in
 俺のシュミじゃないんでね!!」 a buncha scrubs like you!!”
ソッチ Scotch
「な……オトコ!?」 “Wha…a MAN!???”
ソッチ Scotch
「コノヤロ~! “Goddamn it!
 だましやがったな! Don't think you'll get outta this!
 やれ!やっちまえ!!」 Get him! Beat the *%#@ out of him!!”
ソッチ Scotch
「ク~!! “Grr! C'mon, what's the matter
 だらしないヤツらめ!」 with you good-for-nothings!?”
「い、いくぞ! “All right now, COME ON!
 手下の意地を I'll show you how it's done!!”
 見せてやる!!」}
「ここでバトル!」 [Empty Entry] We battle here! Does not look like a debug line.
『フェニックスの尾』を手にいれた! Received "Phoenix Down"!
「CLOUD!!」 “{Cloud}!!”
CLOUD {Cloud}
「TIFA!!」 “{Tifa}!!”
    だいじょうぶか? {Choice}You all right?
    AERITHを助けるぞ!! {Choice}We've gotta help {Aeris}!!
TIFA {Tifa}
「ちょっと、私はどうでもいいの? “Hey, don't you even care about how I am?
 ……まあいいわ、急ぎましょ!」 ….nevermind, let's go!”
TIFA {Tifa}
「あったりまえ! “Of course!
 私をアマく見ると If you take me lightly,
 イタいめにあうんだから!!」 you're gonna pay for it!!”
AERITH {Aeris}
「キャ~!! “No---!!
 イヤ~!!」} Help!!”
コッチ Kotch
「ト、トトト……」 “oh, oh, oh…”
コッチ Kotch
「ウワ~ア~ア~!!」 “heh, heh, heh!!”
コッチ Kotch
「一度でいい…… “C'mon…just once…
 一度でいいから……」 I won't tell…I promise!”
「カワイイ女の子と “I just wanted to act like I got a
 スウィ~トな恋人どうしを a cute girl…”
 演じてみたかっただけなのに……」 “Just once!”
       「キュー!!」
CLOUD {Cloud}
「AERITH!!」 “{Aeris}!!”
    だいじょうぶか? {Choice}You all right?
    TIFAを助けるぞ! {Choice}We gotta help {Tifa}!
AERITH {Aeris}
「言ったでしょ。 “I told you.
 危険なことにはなれてるって」 I'm used to danger.”
AERITH {Aeris}
「でもホントはちょっと “To tell you the truth,
 ドキドキしたけどね!」 my heart was pounding!”
AERITH {Aeris}
「え、ええ、そうね…… “Ye…yes, you're right…
 ……うん、急ぎましょ!」 …let's hurry!”
コッチ Kotch
「ハハハハ…… “Ha ha ha…
 まてよォ、こいつぅ!」 Wait, you…”
コッチ Kotch
「あ!てめえ……じゃなかった “Hey! You're…not them…
 あなたは!」} you're…”
コルネオの館2階 Corneo Hall,2f.
コルネオ Don Corneo
「ほひ~!」 “Woo-hoo!”
「これこれ、そんなに “Come, come, don't
 はずかしがらんで……」 be so shy…”
「もっと近くへ、な?」
AERITH {Aeris}
「え、ええ……」 “Ye…yes…”
「でもねコルネオさん。 “But Mr. Don.
 その前にひとつ I'd like you to explain
 教えてほしいの……」 something to me first…”
コルネオ Don Corneo
「おお、教えてやるぞ。 “Of course, my dear.
 手取り足取り、じっくりとな。 I'll take you through it slowly,
 ホレ! ホレホレ!」 step by step. So come on!”
AERITH {Aeris}
「い、いえ、ちがうの! “No, that's not what
 そうじゃなくて!」 I meant!”
「ダメ! ダメよ! “NO, STOP!
 ちょ、ちょっと待って!!」 Just, just wait a second!!”
コルネオ Don Corneo
「ホレ! ホレ!!」 “Come! Come!”
「ほひ~! “Aoooooooh!!
 もうガマンでき~ん! I can't wait any longer!
 いくぞ~!!」 Here comes Papa!!”
AERITH {Aeris}
「CLOUD!!」 “{Cloud}!!”
TIFA {Tifa}
「わかってるわ……」 “I know…”
「でもねドン・コルネオ。 “But you know, Don Corneo,
 その前にひとつだけ I'd like you to explain
 きかせて……」 something before we start…”
コルネオ Don Corneo
「ん? おお、あのコトか」 “Hm? Oh, you mean about THAT?”
「な~に大丈夫。 “Don't worry.
 俺ァまだ独身だ。 I'm single.
 安心したか?ん~?」 There, feel better now?”
TIFA {Tifa}
「そ、そんなこと “No…I wasn't asking about that…”
 きいてるんじゃなくて……」
「ちょ、ちょっと待ってよ! “Wait a minute!
 イヤだ、まだダメだってば!!」 No, not yet!!”
TIFA {Tifa}
「CLOUD!!」 “{Cloud}!!”
コルネオ Don Corneo
「ほひ~。 “…What the hell?
 なんだ、なんだ! 何者だ!」 Who's there?”
AERITH {Aeris}
「ごめんなさいね。 “I'm sorry,
 コルネオさん」 Don.”
TIFA {Tifa}
「まだわからない? “You still don't get it do you,
 ドン・コルネオ」 Don Corneo?”
コルネオ Don Corneo
「ほひ!?
 な、なにがどういうこと?」 “What?”
TIFA {Tifa}
「悪いけど “Shut up,
 質間するのは we're asking the questions now…”
 私たちのほうよ」
TIFA {Tifa}
「手下に何をさぐらせてたの? “What did your assistants find out?
 言いなさい! 言わないと……」 Talk! If you don't tell us…”
CLOUD {Cloud}
「……切り落とすぞ」 “…I'll chop it off.”
コルネオ Don Corneo
「や、やめてくれ! “No! Not that!
 ちゃんと話す! なんでも話す!」 I'll talk! I'll tell you everything!”
TIFA {Tifa}
「さ、どうぞ」 “So…talk.”
コルネオ Don Corneo
「……片腕が銃の男のねぐらを “…I made 'em find out where
 探させたんだ。 the man with the gun-arm was.
 そういう依頼があったんだ」 But that's what I was ordered to do.”
TIFA {Tifa}
「誰から?」 “By whom?”
コルネオ Don Corneo
「ほひ~! “No--!
 しゃべったら殺される!」 If I told you that, I'd be killed!”
TIFA {Tifa}
「言いなさい! 言わないと……」 “Talk! If you don't tell us…”
AERITH {Aeris}
「……ねじり切っちゃうわよ」 “…I'll rip it off.”
コルネオ Don Corneo
「ほひ~! “Waaaaaaaaaaah--!
 神羅のハイデッカーだ!」 It was Heidegger of Shinra!”
「治安維持部門総括ハイデッカーだ!」 “Heidegger, the head of
CLOUD {Cloud}
「治安維持部門総括!?」 “The head of Peace Preservation!?”
TIFA {Tifa}
「神羅ですって!! “Did you say the Shinra!?
 神羅の目的は!? 言いなさい!」 What are they up to!? Talk!”
「言わないと……」 “If you don't tell us…”
TIFA {Tifa}
「……すりつぶすわよ」 “…I'll smash it.”
コルネオ Don Corneo
「ほひ……ねえちゃん……本気だな。 “…You're serious, aren't you…
 ……えらいえらい」 …ohboy, ohbooy, ohboy.”
「……俺もふざけてる場合じゃねえな」 “…I'm not fooling around
コルネオ Don Corneo
「神羅はアバランチとかいう “Shinra's trying to crush a
 ちっこいウラ組織をつぶすつもりだ。 small rebel group called AVALANCHE,
 アジトもろともな」 and want to infiltrate their hideout.”
コルネオ Don Corneo
「文字どおり、つぶしちまうんだ。 “And they're really going
 プレートを支える柱を壊してよ」 to crush them…literally.”
TIFA {Tifa}
「柱を壊す!?」 “Break the supports!?”
コルネオ Don Corneo
「どうなるかわかるだろ? “You know what's going to happen?
 プレートがヒューッ、ドガガガ!!だ」 The plate'll go PING”
「アバランチのアジトは “and everything's gonna go BAMMM!!
 7番街スラムだってな」 I heard their hideout's in
「この6番街スラムじゃなくて “I'm just glad it's not here
 俺はホッとしてるぜ」 in Sector 6.”
TIFA {Tifa}
「7番街スラムがなくなる!?」 “They're going to wipe
TIFA {Tifa}
「CLOUD、7番街へ “{Cloud}, will you come with
 いっしょに行ってくれる?」 me to Sector 7?”
CLOUD {Cloud}
「もちろんだ。 “Of course,
 TIFA」 {Tifa}.”
コルネオ Don Corneo
「ちょっと待った!」 “Just a second!”
CLOUD {Cloud}
「だまれ!」 “Shut up!”
コルネオ Don Corneo
「すぐ終わるから聞いてくれ」 “No wait, it'll only take a second.”
「俺たちみたいな悪堂が、こうやって “Why do you think scum like me
 べらべらとホントのことを babbled on about the truth?”
 しゃべるのはどんなときだと思う?」
    1 死をかくごしたとき {Choice}Because I've given up on life
    2 勝利を確信しているとき {Choice}Because I'm sure I'll win
    3 なにがなんだかわからないとき {Choice}Because I'm clueless
コルネオ Don Corneo
「ほひ~! はっずれ~!」 “Buuzzzzz! Wrong!”
コルネオ Don Corneo
「ほひ~! あったり~!」 “Woo-hoo! Right!”
コルネオ Don Corneo
「ほひ~! おっし~!」 “Close, but no cigar!”
コルネオ Don Corneo
「ほひ~、やっと2人きり……」 “Ahh, we're finally alone…”
「さあコネコちゃん…… “All right, pussycat…
 俺のムネへカモ~ン!」 Come to daddy!!”
コルネオ Don Corneo
「ほひ~、何度見てもカワイイの~」 “You're so cute, I never
「お……お前も、俺のこと好きか?」 “Do you…like me, too?”
    もちろんですわ {Choice}Of course!
    え~と…… {Choice}Umm…
コルネオ Don Corneo
「ほひ、うれしいこと言ってくれるのォ!」 “You sure do know how to make a guy
「ほんなら、ナ、ナニがしたい?」 “Then, wh…what do you want to DO?”
    あなたのス・キ・な・コ・ト {Choice}Whatever YOU want, daddy
    べつに…… {Choice}I don't care…
コルネオ Don Corneo
「ほひほひ~!! た、たまらん! “Oh man! I can't stand it!
 じゃあ、おねがい……」 All right, then…”
「チューして、チュー!!」 “Give me a kiss!! A KISS!!”
    ええ…… {Choice}All right…
    それはダメ…… {Choice}Nope, can't do that…
コルネオ Don Corneo
「なんで? “Why?
 なんでなんで?」 WHY? WHY?”
CLOUD {Cloud}
「だって……」 “Because…”
CLOUD {Cloud}
「あんたのその口は “Because I'm gonna need
 情報をもらすのに that mouth of yours to
 使ってもらうからさ!!」 give me some information!!”
コルネオ Don Corneo
「お、オトコ!? “A man!?
 ほひ~、だ、だましたな!!」 You tricked me!!”
「だれか! だれか!!」 “Somebody get in here NOW!!”
コルネオ Don Corneo
「オ、オトコ!? “A man!?
 どーなってるの?」 What's goin' on?”
「おあいにくさま。 “Unfortunately,
 あなたの子分は no one'll be comin' to help.”
 だれもこられないみたいよ」
コルネオ Corneo
「お前たちはさっきの!? “You're the ones from before!
 な、なにがどーなってるの?」 Wh…what the hell's going on?”
「ちょっと待ったーッ!!」 “Ju---st a minute!!”
TIFA {Tifa}
「CLOUD……」 “{Cloud}…”
「まさかあなた “Were you really…?”
 今ホンキで……」
コルネオ
「話? 話ってなんの?」 “Information? What information?”
コルネオ
「そ、そんならなんで?」 “Th…then why?”
CLOUD [JP exclusive entry] Cloud
「あの、ちょっと小耳に -||- Um, I just happened
 はさんだ……のよね。 -||- to overhear...
 最近7番街スラムに……」 -||- In the Sector 7 slums recently...
コルネオ [JP exclusive entry] Corneo
「あ~、わかったぞ!」 -||- Ah, I know!
「アレだな、他の2人の女のことか? -||- It’s about those other two girls, isn’t it?
 ん~きまってるじゃないか -||- Hmm.. it’s already decided, isn’t it?
 お前が一番だよ。 -||- You’re my number one choice.
 ま、あの2人も悪くはないがな」 -||- But they weren’t bad either.
「女の目からみたらどうだ?」 -||- What do you think, from a woman’s perspective?
    AERITHの方がきれい -||- Aeris is prettier.
    TIFAの方がきれい -||- Tifa is prettier.
    やっぱり私が一番きれい -||- I’m definitely the prettiest.
コルネオ Don Corneo
「ほひ、俺がキライなの?」 “You don't like me?”
「まさか、ほ、他にスキな男でも?」 “There…there isn't someone else, is there?”
    あなただけよ {Choice}No, only you
    BARRETっていうの…… {Choice}Yes, his name's {Barret}…
コルネオ Don Corneo
「ほひ~!ゆるせん!」 “No way!”
「ん?BARRET? “Hmm? {Barret}?
 どーっかできいたような……」 That sounds familiar…”
CLOUD {Cloud}
「ホラ、あなたが “You know, he's one of the ones
 さぐらせていた you were trying to find out about.
 【アバランチ】 の……」 You know, AVALANCHE…?”
コルネオ Don Corneo
「ああ、そうそう。 “Oh, yeah, yeah.
 あの7番街スラムの……」 In Sector 7, in the slums.”
「……って、なんでお前が “…and how do YOU
 それを知ってるのよ!?」 know that!?”
コルネオ Don Corneo
「ほひ~!」 “Woo-hoo!”
「テレなくても “Don't be shy.
 だいじょうぶ。 We're all alone now…”
 2人きりだよ……」
『興奮剤』を手にいれた!} Received "Hyper"!
「たのむ、助けてくれ!」 “Please, help me!”
    助ける {Choice}Help him
    放っておく {Choice}Leave him
コッチ Kotch
「オ、オレはただ、ドンの “I…I was just following
 命令にしたがっただけなんだ! the Don's orders! Help me!”
 助けてくれよ!」
コッチ Kotch
「助かった!」 “Thanks!”
「じつはあのあと、神羅の “You know what? After you left, some
 連中がドカドカやってきて Shinra guys forced themselves in
 『情報をリークした』だの here saying someone 'leaked information'
 『役立たず』だの……」 and we're 'good for nothings'."
「ドンはむりやりどこかへ “They took Don somewhere and that's it…
 つれていかれて、それっきり…… I'm still here.”
 オレもこんなザマさ」
コッチ Kotch
「おっといけねえ! “Oops!
 またあいつらがきたら…… They're here again…
 オレはいくぜ、アバヨ!」 I'm outta here! SEE ya”
『エーテル』を手にいれた! Received "Ether"!
   【かめ道楽 通信】 Turtle's Paradise
     ナンバー2 No. 2
   ゴールドソーサーに One thing even the Gold Saucer
ただひとつ、たりないもの…… doesn't have is…
  それはおいしいお酒と A good place for drinks
  ムードのある居酒屋! with a great atmosphere!
    ぜひいちど Come on by and see us
居酒屋『かめ道楽』へ!!} at "Turtle's Paradise"