Dialogue Script

Chapter: 6 - Sewers thru The Plate Fall

The Dialogue in the Sewers pre and post the Aps fight, Train Graveyard, reaching and fighting up the Pillar of Sector 7 Slums, Reno Fight, the Plate Falling, until the scene with Barret resolving to go to Aeris's house.

 
FF7 International ScriptFF7 PC English ScriptMissing TranslationNotes
JAPANESE (Intl Ver) PC ENGLISH
プレジデント神羅 President Shinra
「準備のほうは?」 “How are the preparations going?”
ハイデッカー Heidegger
「ガハハ!! 順調順調! “Gya, haa, haa!! Smoothly, very smoothly!
 実行部隊はタークスです」 I assigned the Turks to this.”
リーブ Reeve
「プレジデント! “President!!
 本当にやるのですか? Are we really going to do this?
 たかだか数人の組織をつぶすのに……」 Simply destroy a group
プレジデント神羅 President Shinra
「いまさらナニかね、リーブ君」 “What's the problem, Reeve? You want out?”
リーブ Reeve
「……いいえ」 “…No.”
「しかし、私は都市開発責任者として “But, as head of the Urban Development
 ミッドガルの建造、運営の Department,
 すべてにかかわってきました。 I have been involved in the building
 ですから……」 and running of Midgar. That's why…”
ハイデッカー Heidegger
「リーブ、そういう個人的な間題は “Reeve, flush your personal problems
 朝のうちにトイレで流しちまうんだな!」 with the rest of your crap!”
リーブ Reeve
「市長も反対しているわけであり……」 “The Mayor's against this anyway…”
ハイデッカー Heidegger
「市長!?」 “Mayor?”
「このビルの中でボソボソと “He just sits in this building all day
 メシをくってるあいつか!? feeding his face!
 あいつを、まだ市長と呼ぶのか?」 You still call that a Mayor?”
ハイデッカー Heidegger
「それでは失礼します!」 “Now if you'll excuse me sir!”
プレジデント神羅 President Shinra
「君はつかれているんだよ。 “You're tired.
 休暇をとって旅行でも行ってなさい」 Why don't you take a couple of days
プレジデント神羅 President Shinra
「7番街を破壊する。 “We'll destroy Sector 7
 アバランチの仕業として報道する。 and report that AVALANCHE did it.
 神羅カンパニーによる救助活動。 Then we'll send in the rescue
 フフフ……かんぺきだ」 Heh, heh, heh…this is perfect.”
ハイデッカー Heidegger
「ガハハハ!」} “Gya, haaa, haa!”
地下下水道 Sewer
TIFA {Tifa}
「もう! “Man!
 サイテーね、これ」 This is terrible.”
CLOUD {Cloud}
「だいじょうぶか?」 “You alright?”
AERITH {Aeris}
「うん」 “Yeah.”
AERITH {Aeris}
「ま、最悪の事態からは “Well, the worst is over…”
 のがれられた……」
AERITH {Aeris}
「……でもないみたい」 “Maybe not…”
    飛び降りてみよう Let's try and jump down
    やめるか…… Let's not…
TIFA {Tifa}
「もうダメだわ…… “It's too late…
 マリン……BARRET Marlene…{Barret}
 ……スラムの人たち」 …the people of the Slums.”
AERITH {Aeris}
「あきらめない、あきらめない。 “Don't give up, never give up hope.
 柱、壊すなんて It's not easy to destroy the pillar, right?”
 そんなに簡単じゃない、でしょ?」
TIFA {Tifa}
「…………そうね……そうよね! “…Yeah…you're right!
 まだ時間はあるわよね」 We still have time.”
列車基場 Train Graveyard
CLOUD {Cloud}
「AERITH。 “{Aeris},
 すっかり巻きこんでしまって……」 I got you mixed up in this…”
AERITH {Aeris}
「ここから帰れ! “Don't tell me to go home.”
 な~んて言わないでね」
TIFA {Tifa}
「え~と……明かりのついている “If we can just get past
 車両を抜けて行けば出られそうね」} the trains that are lit up,
【セーブポイント】 [Save Point]
メニューを開いて「セーブ」を選ぶと Access the Menu and select
ゲームの状態を保存できます。 {PURPLE}[SAVE]{WHITE} to save your game.
『ハイポーション』を手にいれた! Received "Hi-Potion"!
『エーテル』を手にいれた! Received "Ether"!
『ポーション』を手にいれた! Received "Potion"!
『やまびこえんまく』を手にいれた! Received "Echo Screen"!
TIFA {Tifa}
「まにあった! “We made it!
 柱が立ってる!」 The pillar's standing!”
CLOUD {Cloud}
「まて! “Wait!
 上から……聞こえないか?」 You hear something above us?”
AERITH {Aeris}
「……銃声?」 “…gun fire?”
CLOUD {Cloud}
「BARRETか!?」 “{Barret}?
CLOUD {Cloud}
「のぼるぞ!」 “I'm going up!”
CLOUD {Cloud}
「AERITH! “{Aeris}!
 ウェッジをたのむ」 You look after Wedge.”
TIFA {Tifa}
「AERITH、おねがい」 “{Aeris}, do me a favor.”
「この近くに私たちの店 “I have a bar called '7th Heaven' in
 『セブンスヘブン』があるの」 this neighborhood.”
「そこにマリンっていう名前の “There's a little girl
 小さな女の子がいるから……」 named Marlene there.”
AERITH {Aeris}
「わかった。 “Don't worry.
 安全な場所へ、ね」 I'll put her somewhere safe.”
TIFA {Tifa}
「ここは危険です! “It's dangerous here!”
 みんな早く柱からはなれて!」 “Everyone get away from the pillar, quickly!”
「7番街から離れて!」 “Everyone get out of Sector 7!”
CLOUD {Cloud}
「だいじょうぶか? “Wedge!!
 ……ウェッジ!!」 You all right!?”
ウェッジ Wedge
「……CLOUDさん…。 “…{Cloud}.
 俺の名前…覚えてくれたっすね」 You remembered…my name.”
ウェッジ Wedge
「BARRETさんが…上で戦ってるっす。 “{Barret}'s up top.
 手をかしてやって……」 …Help him…”
ウェッジ Wedge
「CLOUDさん…… “An' {Cloud}…
 めいわくかけて、すいません…っす」 Sorry, I wasn't any help.”
ウェッジ Wedge
「CLOUDさん…… “{Cloud}…
 い、痛いです……」 It hurts…”
TIFA {Tifa}
「CLOUD!! “{Cloud}!!
 早くしなきゃ、BARRETが…」 You've gotta go now,
「おっ!! “Hey now!!
 おっおっと!!」 Oops!!”
「ああ、なんてことを!! “What on earth are you doing?
 じゃましないでくれよ……ったく!」 Just butt out…geez!”
「ん? “Huh?
 あんたも見にきたのか?」 You came to see it, too?”
「上で爆弾テロがあったんだってよ。 “There was a bombing on top.
 この柱がぶっとんだら、このスラムも If this pillar should come down,
 終わりだからな……」 everyone in the slums is dust…”
「まあ、心配するだけむだだったな」 “Well,
「なぁ!!見てみろよ。 “Hey!! Check it out!
 いつ見ても、どでかい柱だなぁ」 It's huge, ain't it?”
「ほら……。 “Hey…
 なんだか、素敵で不思議な場所だろ」 This is a strange and wonderful place.”
「オレの場所だが、たまには見にきてもいいぞ。 “This is my place,
 じゃな!! きょうだい!」 but you can come here when you want.
「あ、あ、あの…… “Ah…eh…uhm.
 すいません。 Excuse me. You cannot pass
 ここから先は、立入禁止なんですが」 without the proper clearance.”
「こ、こんな感じでいいでしょうか? “Did I do good this time?”
 先輩」
「もっと、どうどうとせんか!」 “You gotta be tougher!”
「え、で、でも……」 “But, uh, I…”
「さ、さすが、先輩!!」 “W, wow! You're great!!”
「おう!! “Damn right!!
 むだぐちたたくんじゃねえ!」 Don't waste time talkin's
「きさま、何の用だ? “What the hell do you want?
 この俺が何者か、知らんわけないだろう?」 You know who I am?”
「ここから先は立ち入り禁止だ。 “You can't pass.
 俺はここでおまえみたいな浮浪者を I got the miserable job of keepin'
 おっぱらうケチな仕事をしてるもんだ」 scum like you from trying to sneak in here.”
「わかったら、さっさとうせろ!!」 “Listen…
「あ、あの…… My partner's pretty mean,
 となりの先輩、こわいから I wouldn't get him mad, if I were you.”
 さからわない方がいいと思いますよ」
「先輩!! “You know, I got some tickets to
 LOVELESSのチケット取れたんですけど 'Loveless', do you want to go?”
 いっしょにいきません?」
「やめとけ! “What're you, retarded?
 ミッドガルは非常警戒体制に入ってる」 Midgar's under martial law now!”
「あっ、先輩! “{Cloud}, are you really Line has better translation in PSX version.
 僕のこと、心配してくれてるんですか!」 concerned for me?”
「そんなんじゃねえ!! “Hell no!!
 テロリストはスラムにひそんでる。 But in case you forgot,
 俺たちだって、気をぬけねぇ」 we're in the middle of a slum.”
「ああ、アバランチですか?」 “Right. You mean the AVALANCHE?”
「大丈夫ですよ。 “Don't you worry.
 なんてったって SOLDIER has been added to the police force.”
 ソルジャーが警備に導入されたんですから」
「ソルジャーの出動かぁ、久しぶりですよね。 “Boy, it's been a while since SOLDIER's been
 ねえ、先輩」 mobilized, hasn't it?”
「僕、ソルジャーの試験 “I ever tell you that I flunked the
 落っこちちゃったんですよ。 SOLDIER entrance exam?”
 この話、しましたっけ?」
「おう!! “Damn right!!
 ペラペラペラペラ……」 blahblahblah…”
「すこしはだまって、仕事できねえのか!」 “Hey shut up for a minute
「……しゅん」 “…sigh.”
「アバランチと先輩…… “What are you more scared of
 どっちがこわいんだろ?」 AVALANCHE or me?”
「きっと、先輩だな」 “Oh, you, of course.”
「おう!! “HALT!!
 ここから先は立入禁止だ!!」 No one is allowed to pass!!”
【セーブポイント】 [Save Point]
メニューを開いて「セーブ」を選ぶと Access the menu and select
ゲームの状態を保存できます。 {!}{Purple}[SAVE]{!}{White} to save your game.
AERITH {Aeris}
「だいじょうぶ。 “Don't worry.
 ここはまかせて」 You let me handle this.”
「オロオロ… “Uh oh…
 柱壊れちゃうんですか」 There goes the pillar.”
「こわいんですけど “I'm scared,
 あんたたちのためにね」 but it's for your own good.”
「ほんとにやばくなったら “If things get too hairy, we'll escape.
 逃げだしますから。 It's not something
 めったに見れるもんじゃないですし」 you'll see happen too often.”
「ウウッ……守ってくれよ。 “Uhh…Help!
 俺の素敵で不思議な場所」 My strange and wonderful little place.”
「あ、あの…… “L, look… This is my job, so
 これが、僕の仕事だから… I have to be here
 ギリギリまでここにいないとならないんだ」 until the absolute last minute.”
「うん… “Umm…
 責任感の強いあなた、好きよ。 I just LOVE men with a sense of duty.
 私、そばについてるわ」 Let me stay here with you.”
「あ、あの…… “B, but…
 アバランチの人たち What happens if AVALANCHE shows up?”
 だいじょうぶかな?」
「うん…あなた、ふるえてるのね? “Umm…you're shaking.
 やさしい人…好きよ」 You're so gentle…I think I'm in love.”
「おう! これが俺の最後の仕事だ! “Doh! And this was supposed to be
 登ってけ!!」 my last job!
「こんなことになるなんてな! “I never thought this would ever happen to me!
 いい気分じゃねえ! Great…
 明日、じひょうだ!」} I'm quitting tomorrow!”
ジェシー Jessie
「あ……CLOUD…… “…{Cloud}…
最後に……話せて良かった……」 I'm glad……I could talk
最後だなんて…… Don't say 'last'……
そうか…… Is that so…
ジェシー Jessie
「もう、いい……いいの……」 “That's…all right…”
「私たち……私たちの作戦で “Because…of our actions…many……people died……
たくさん……人、死んじゃったし…… this probably……is our punishment…”
きっと……そのむくい……ね」}
Jessie Jessie
“……そうか……ですって……?NewScreen} “…Is…that so……?”
“フフ…………相変わらず…… “Ha……cool……as usual…
クールな……元ソルジャーさん。 ex-…SOLDIER.
……そこが……いいんだけどね……END} …always…I liked that…in you…”
ビッグス Biggs
“CLOUD …… “{Cloud}…
やっぱり……星の命なんて…… so you don't care…what happens…
どうなろうと……興味ないか? to the…Planet?”
悪いけど興味ない Nope, not interested
それよりケガが……{END} You're wounded……
Biggs Biggs
へっ……変わんええな。 “Hmph…you haven't changed.
まあ……いいや。”{END} Oh, forget it.”
Biggs Biggs
“ありがとよ、CLOUD{NewScreen} “Thanks, {Cloud}.”
“でも……おれわいいから…… “…don't worry 'bout me……
BARRETが……上で戦っている。 {Barret}'s…fighting up there.
手をかしてやってくれ…… Go help him…”
BARRET {Barret}
「TIFA! CLOUD! 来てくれたか!」 “{Tifa}! {Cloud}!
「気をつけろ! やつら ヘリで襲ってきやがる」 “Be careful! They're attacking
TIFA {Tifa}
「本格的にくる敵に 装備を整えておいたほうがいいわ!」 “Better equip ourselves
「さっそく来たわ!」 before they attack in full force!”
【メニューボタン】でメニューをひらく Press the {!}{Cyan}(MENU){!}{White} button to access the Menu.
【決定ボタン】で終了 Press the {!}{Cyan}(OK){!}{White}button when finished.
【メニューボタン】でメニューをひらく Press the {!}{Cyan}(MENU){!}{White} button to access the Menu. [BELONGS in Tab #8!!!]
【カンセルボタン】Change Partyをはずす Press the {!}{Cyan}(CANCEL){!}{White} button for Change Party.
【決定ボタン】で終了 Press the {!}{Cyan}(OK){!}{White} button when finished.
TIFA {Tifa}
さっそく来だわ!} “Here they come!”
レノ Reno
「おそかった、と “You're too late.
このスイッチを押すと……」} Once I push this button…”
BARRET {Barret}
“Stop!”{END} “Stop!”
レノ Reno
「はい、おしまい! 作業終了」} “That's all, folks! Mission accomplished.”
BARRET {Barret}
“くっ!時間爆弾か! “DAMN! It's a time bomb!”
TIFA {Tifa}
「解除しなくちゃ! CLOUD! BARRET! おねがい!」 “We have to disarm it!
レノ Reno
「そういうわけにはいかないぞ、と タークスのレノさまの邪魔は 誰にもさせないぞっ……と」} “I can't have you do that.
[in battle]
レノ:こわせるものなら こわしてみろ、と
レノ:「そろそろ時間だぞ、と」
[in game]
TIFA {Tifa}
「CLOUD! 止めかたがわからないの。やってみて!」} “{Cloud}!
CLOUD {Cloud}
「……ただの時限爆弾じゃない」 } “…It's not a normal time bomb.”
ツォン Tseng
「そのとおり。それを操作するのは難しい」.”{NewScreen} “That's right.
「どこかのバカ者が勝手にふれると困るからな」”{END} You'll have a hard time disarming that one.”
TIFA {Tifa}
「おねがい、とめて!」{END} “Please, stop it!”
ツォン Tseng
「クックックッ……」{NewScreen} “Ha ha ha……”
「緊急用プレート解除システムの “Only a Shinra Executive can set up or disarm
設定と解除は神羅役員会の the Emergency Plate Release System.”
決定なしではできないのだ」{END}
BARRET {Barret}
「ゴチャゴチャうるせえ!」END} “Shut yer hole!”
ツォン Tseng
「そんなことされると “I wouldn't try that……
大切なゲストがケガ You just might make me
するじゃないか」END} injure our special guest.”
CLOUD {Cloud}
“AERITH!!”{END} “{Aeris}!!”
TIFA {Tifa}
“AERITH!!”{END} “{Aeris}!!”
ツォン Tseng
「おや、知り合いなのか?」{END} “Oh, you know each other?”
ツォン Tseng
「最後に会えて良かったな。 “How nice you could see each other one last time.
私に感謝してくれ」END} You should thank me.”
CLOUD {Cloud}
「AERITHをどうする気だEND} “What are you gonna do
ツォン Tseng
「さあな」.”{NewScreen} “I haven't decided.”
「われわれタークスにあたえられた “Our orders were to find
命令は『古代種』の生き残りを and catch the last remaining Ancient.”
つかまえろ、ということだけだ」”{END}
ツォン Tseng
「ずいぶんと長い時間がかかったが “It's taken us a long time, but now I can finally
やっとプレジデントに報告できるEND} report this to the President.”
AERITH {Aeris}
「TIFA、だいじょうぶだから! “{Tifa}, don't worry!
あの子、だいじょうぶだから!」END} She's all right!”
TIFA {Tifa}
“AERITH!”{END} “{Aeris}!”
AERITH {Aeris}
「だからはやく逃げて!」END} “Hurry and get out!”
ツォン Tseng
「クックックッ! “Ha, ha, ha…
そろそろ始まるぞ。 Well, it should be starting right about now.
逃げきれるかな?」END} Think you can escape in time?”
TIFA {Tifa}
“We're not going to make it!”{END} “We're not going to make it!”
BARRET {Barret}
「おい、このワイヤーを使って 脱出できるぜ!」 “Yo, we can use this wire to get out!”
BARRET {Barret}
“Jus' hang on to me!”{END} “Jus' hang on to me!”
TIFA {Tifa}
「上のプレートが落ちてきたら ひとたまりもないわ. “Once that Plate starts coming down
いそがなくちゃ!」} We gotta hurry!”
BARRET {Barret}
「マリン! “Marlene!
 マリン!!」 MARLENE!!”
BARRET {Barret}
「マリーーーン!!」 “MAR---LE---NE!!”
BARRET {Barret}
「ビッグス!」 “Biggs!”
BARRET {Barret}
「ウェッジ!!」 “Wedge!!”
BARRET {Barret}
「ジェシー!!」 “Jessie!!”
BARRET {Barret}
「こんちくしょう!」 “Goddamn it!!!”
BARRET {Barret}
「こんちくしょう!!」 “Dammit!”
BARRET {Barret}
「こんちくしょうーー!!!!」 “DAMMIT ALL!!!!”
BARRET {Barret}
「なんだ、こんなもの!」 “What the hell's it all for!?”
BARRET {Barret}
「うおぉぉーー!!」 “ARGGHHHH!!!”
CLOUD {Cloud}
「おい、BARRET!」 “Hey, {Barret}!”
TIFA {Tifa}
「BARRET!」 “{Barret}!”
CLOUD {Cloud}
「おい!」 “Hey!”
TIFA {Tifa}
「BARRET、もうやめて…… “{Barret}, stop…
 おねがい、BARRET」 Please stop, {Barret}.”
BARRET {Barret}
「うわぁぁぁーー!!!」 “URGHHHH!!!”
BARRET {Barret}
「クッ! “God
 ちくしょう……」 damn…”
BARRET {Barret}
「マリン……」 “Marlene…”
TIFA {Tifa}
「……… “…
 ねぇ、BARRET……」 {Barret}?”
TIFA {Tifa}
「マリンは、マリンは “Marlene is…
 だいじょうぶだと思うの」 I think Marlene is safe.”
BARRET {Barret}
「……え?」 “…huh?”
TIFA {Tifa}
「AERITHが言ってたわ。 “Right before they took {Aeris},
 『あの子、だいじょうぶだから』 she said, 'Don't worry, she's all right.'
 って、マリンのことよ、きっと」 She was probably talking about Marlene.”
BARRET {Barret}
「ほ、本当か!!」 “Rrr, really!?”
TIFA {Tifa}
「でも……」 “But…”
BARRET {Barret}
「ビッグス…… “Biggs…
 ウェッジ…… Wedge…
 ジェシー……」 Jessie…”
CLOUD {Cloud}
「……あの3人は柱の中にいた」 “All three of them were in the pillar.”
BARRET {Barret}
「わかってる……」 “Think I don't know that?”
BARRET {Barret}
「でもよ、でもよ! “But…we, all of us
 いっしょに戦ってきた仲間だ!」 fought together.”
BARRET {Barret}
「死んじまったなんて…… “I don't wanna think of them
 思いたくねえ!」 as dead!”
TIFA {Tifa}
「……7番街の人たちも」 “…And the other people in Sector 7.”
BARRET {Barret}
「ああ、ヒドイもんだぜ」 “This is all screwed up!”
「オレたちを倒すために街ひとつ “They destroyed an entire village
 つぶしちまうんだからな。 just to get to us!
 いったい何人死んだんだ……」 They killed so many people…”
TIFA {Tifa}
「……私たちのせい? “…Are you saying it's our fault?
 アバランチがいたから? Because AVALANCHE was here?
 関係ない人たちまで……」 Innocent people lost their lives because of us?”
BARRET {Barret}
「ちがう! ちがうぜ! TIFA!!」 “No, {Tifa}!”
「なにもかも神羅のやつらが “It ain't us! It's the damn Shinra!
 やったことじゃねえか!」 It's never been nobody but the Shinra!”
BARRET {Barret}
「自分たちの金や権力のために “They're evil and destroyin'
 星の命を吸い取る悪堂ども!」 our planet just to…”
「その神羅をつぶさない限り “build their power and line their own
 この星は死んじまうんだ!」 damn pockets with gold!”
[Eng Exclusive Text Page] “If we don't get rid of them,
-||- they're gonna kill this planet!”
BARRET {Barret}
「神羅を倒すまでオレたちの戦いは “Our fight ain't never gonna be over
 おわらねえ!!」 until we get rid of them!!”
TIFA {Tifa}
「……わからない」 “…I don't know.”
BARRET {Barret}
「オレが言ってること “What don't you know!?
 わからねえのか!?」 You don't believe me?”
TIFA {Tifa}
「ちがう…… “It's not that.
 わからないのは I'm not sure about…me.
 自分の……気持ち」 My feelings.”
BARRET {Barret}
「おまえはどうなんだ?」 “An' what about you?”
CLOUD {Cloud}
「……」 “…”
BARRET {Barret}
「おい!」 “Yo!”
BARRET {Barret}
「あいつ、どこへ?」 “Where's he think he's goin'?”
TIFA {Tifa}
「あっ! AERITHのこと!」 “Oh! {Aeris}!”
BARRET {Barret}
「ああ、あの姉ちゃんか。 “Oh yeah, that girl.
 何者なんだ?」 What's up with her?”
TIFA {Tifa}
「……私もよく知らない。 “…I don't really know…
 でも、マリンのことを but she's the one I left
 AERITHに頼んだの」 Marlene with.”
BARRET {Barret}
「そうだ! マリン!!」 “Damn! Marlene!!”
TIFA {Tifa}
「マリンはだいじょうぶって “{Aeris} said that Marlene was
 AERITHは言ってたけど……」 safe.”
BARRET {Barret}
「TIFA。 “{Tifa}.
 もう、あともどりはできねえんだ」} There ain't no turnin' back now.”
6番街公園 Sector 6 park
これいじょうマテリアは持てません。 You may not take on any more Materia.
なにかマテリアをすててください。 Please discard some Materia.
『みやぶる』のマテリアを手にいれた! Received "Sense" Materia!
「CLOUD!」 “{Cloud}!”
BARRET {Barret}
「マリンのところへ連れてってくれ!」 “Take me to Marlene!”
TIFA {Tifa}
「AERITHを助けにいくのね?」 “You're going to help {Aeris}?”
CLOUD {Cloud}
「ああ…… “Yeah…
 でも、その前に But before that,
 確かめたいことがあるんだ」 there's something I want to know.”
TIFA {Tifa}
「なに?」 “What's that?”
CLOUD {Cloud}
「……古代種」 “…It's about the Ancients.”
「よく聞け! “Now listen good!
 古代種こそが The Ancients are the
 この星の正当なる支配者!」 rightful rulers of this Planet!”
CLOUD {Cloud}
「セフィロス……?」 "Sephiroth…?"
TIFA {Tifa}
「だいじょうぶ?」 “Are you all right?”
BARRET {Barret}
「しっかりしてくれよ!」 “Pull it together, man!”
6番街} Sector 6
「われこそ古代種の血をひきし者。 In my veins courses the blood of the Ancients.
 この星の正統なる後継者!」} I am one of the rightful heirs to this planet!