Dialogue Script

Chapter: 7 - Elmyra to Shinra 60F

From Cloud, Barret and Tifa reaching Aeris's House, Aeris biography scene told by Elmyra, going back to Wall Market and climbing the plate, invading the Shinra Bldg, until reaching Floor 61.

 
FF7 International ScriptFF7 PC English ScriptMissing TranslationNotes
JAPANESE (Intl Ver) PC ENGLISH
エルミナ Elmyra
「CLOUD……だったね」 “{Cloud}…wasn't it?”
エルミナ Elmyra
「まあ、てきとうにくつろいでおくれよ」 “Well now, make yourselves at home.”
エルミナ Elmyra
「AERITHのこと、だろ?」 “It's about {Aeris}, isn't it?”
CLOUD {Cloud}
「……すまない。 “…Sorry.
 神羅にさらわれた」 The Shinra have her.”
エルミナ Elmyra
「知ってるよ。 “I know.
 ここから連れていかれたからね」 They took her from here.”
CLOUD {Cloud}
「ここで?」 “They were here?”
エルミナ Elmyra
「AERITHが望んだことだよ……」 “That's what {Aeris} wanted…”
CLOUD {Cloud}
「どうしてAERITHは “Why is Shinra after {Aeris}?”
 神羅に狙われるんだ?」
エルミナ Elmyra
「AERITHは古代種。 “{Aeris} is an Ancient.
 古代種の生き残りなんだとさ」 The sole survivor.”
BARRET {Barret}
「……なんだとさ、だって? “What did you say?
 あんた母親だろ?」 But, aren't you her mother?”
エルミナ Elmyra
「……本当の母親じゃないんだよ。 “Not her real mother.
 あれは……そう、15年前…」 …it must have been 15 years ago…”
エルミナ Elmyra
「……戦争中でね。 “…during the war.
 わたしの夫は戦地に行ってた。 My husband was sent to the front.
 ウータイという遠い国さ」 Some far away place called Wutai.”
「ある日、休暇で帰ってくるって “One day, I went to the station because
 てがみをもらったから I got a letter saying
 わたしは駅までむかえにいったのさ」 he was coming home on leave.”
戦争中はよくある風景だったね。 {Choice} You used to see this sort of thing
AERITHを安全なところへ。 {Choice}Her last words were,
そう言い残して彼女は死んだ。 {Choice}“Please take {Aeris}
わたしの夫は帰らず、子供もいない。 {Choice} My husband never came back.
わたしもさびしかったんだろうね。 {Choice} I had no child. I was lonely.
AERITHを家に連れて帰ることにしたんだ。} {Choice} So I decided to take her home with me.
「AERITHはすぐに “{Aeris} and I became close very
 わたしになついてくれた。 quickly. That child loved to talk.
 よくしゃべる子でねえ。 She used to talk to me about everything.”
 いろいろ話してくれたよ」
「どこかの研究所みたいな “She told me how she escaped from some kind of
 ところから母親と逃げ出したこと。 research laboratory, and that her
 お母さんは星に帰っただけだから mother had already returned to the Planet,
 さびしくなんかない……いろいろね」 so she wasn't lonely…many other things.”
BARRET {Barret}
「星に帰っただって?」 “Returned to the Planet?”
エルミナ Elmyra
「わたしには意味がわからなかったよ。 “I didn't know what she meant.
 夜空の星かって聞いたら I asked if she meant a star in the sky,”
 ちがう、この星だっていわれて……」 “but she said it was this Planet…
「まあ、いろんな意味で不思議な She was a mysterious child in many ways.”
 子供だったね」
AERITH {Aeris}
「お母さん」 “Mom.”
AERITH {Aeris}
「泣かないでね」 “Please don't cry.”
「AERITHが突然言い出した。 “{Aeris} just blurted that out
 何があったのかって聞いたら……」 all of a sudden. When I asked
AERITH {Aeris}
「お母さんの大切な人が “Someone dear to you has just died.”
 死んじゃったよ」
「心だけになってお母さんに “His spirit was coming to see you,
 会いにきたけど but he's already returned to the Planet.”
 でも、星に帰ってしまったの」
「わたしは信じなかった」 “At that time I didn't believe her.”
「でも…」 “But…”
「それから何日かして… “Several days later…
 夫が戦死したという知らせが… we received a notice
 届いたんだ…」 saying my husband died…”
「……とまあ、こんな具合でね」 “…and that was it.”
「いろいろあったけど “A lot had happened, but we were happy.
 わたしたちは幸せだった。 Until one day…”
 ところがある日……」
ツォン Tseng
「AERITHを返してほしいのです。 “We want you to return {Aeris}
 ずいぶん探しました」 to us. We've been searching
AERITH {Aeris}
「いやっ! “No!
 絶対いやっ!」 Never!”
ツォン Tseng
「AERITH、君は大切な子供なんだ。 “{Aeris}, you're a very special child.
 君は特別な血をひいている」 You are of special blood.”
「君の本当のお母さんの血。 “Your real mother was an 'Ancient'.”
 『古代種』の血だ」
「もちろん聞いたよ。 “At that moment, I found out
 『古代種』って何だってね」 she was an 'Ancient'.”
ツォン Tseng
「古代種は至上の幸福が約束された土地へ “The Ancients will lead us to
 我々を導いてくれるのです」 a land of supreme happiness.”
「AERITHはこのまずしいスラムの人々に “{Aeris} will be able to bring
 幸福を与えることができるのです」 happiness to all those in the slums.”
「ですから我々神羅カンパニーは “That is why Shinra would like
 ぜひともAERITHの協力を……」 {Aeris}'s cooperation.”
AERITH {Aeris}
「ちがうもん! “He's wrong!
 AERITH、古代種なんかじゃ I'm not an Ancient!
 ないもん!」 I'm not!”
ツォン Tseng
「でもAERITH、君はときどき “But {Aeris}, surely you hear
 誰もいないのに声が voices sometimes
 聞こえることがあるだろ?」 when you're all alone?”
AERITH {Aeris}
「そんなことないもん!」 “No, I don't!”
「でも、わたしにはわかっていた。 “But I knew.
 あの子の不思議な能力……」 I knew about her mysterious powers.”
「一生けんめい、かくそうとしていたから “She tried so hard to hide it,
 わたしは気がつかないふりを so I acted as though I never noticed.”
 していたけどね」}
[Empty Entry] In the English file, this entry says {Cloud}
「よく何年も神羅から -||-
 逃げつづけることができたな」 -||-
エルミナ [Empty Entry]
「神羅はの協力が必要だったから -||-
 手荒なマネはできなかったんだろうね」 -||-
[Empty Entry]
「じゃあ、今回はどうして……」 -||-
エルミナ [Empty Entry]
「小さな女の子を連れて -||-
 ここに帰って来たんだ」 -||-
「その途中でツォンのやつに -||-
 みつかってしまったらしくてね。 -||-
 逃げ切れなかったんだろ、きっと」 -||-
「女の子の無事と引き替えに -||-
 自分が神羅に行くことに -||-
 なったんだ」 -||-
[Empty Entry]
「マリン、だな」 -||-
[Empty Entry]
「マリン!! -||-
 マリンのために -||-
 つかまったのか!」 -||-
[Empty Entry]
「すまねえ。 -||-
 マリンはオレの娘だ。 -||-
 すまねえ……本当に……」 -||-
エルミナ [Empty Entry]
「あんたが父親かい!? -||-
 あんた、娘をほったらかして -||-
 何をやってるんだい!?』 -||-
[Empty Entry]
「……その話はやめてくれ。 -||-
 オレだって何度も考えたさ。 -||-
 オレが死んじまったらマリンは…ってな」 -||-
[Empty Entry]
「でもよ、答えはでねえんだ。 -||-
 マリンといつもいっしょにいたい。 -||-
 でも、それじゃあ戦えない」 -||-
[Empty Entry]
「戦わなければ星が死ぬ」 -||-
[Empty Entry]
「おう! オレは戦うぜ!」 -||-
[Empty Entry]
「でも、マリンが心配だ。 -||-
 いつでもそばにいてやりたい」 -||-
[Empty Entry]
「な? グルグルまわっちまうんだ」 -||-
エルミナ [Empty Entry]
「……わからないでもないけどね。 -||-
 ま、とにかく2階で眠ってるから -||-
 会っておやりよ」 -||-
[Empty Entry]
「私のせい……。 -||-
 私がを巻きこんだから」 -||-
エルミナ [Empty Entry]
「あんた、気にするんじゃないよ。 -||-
 だってそんなふうに -||-
 思っちゃいないよ」 -||-
[Empty Entry]
「なんか落ちこんじゃう」 -||-
エルミナ [Empty Entry]
「はぁ……」 -||-
[Empty Entry]
のところへ行くのね」 -||-
[Empty Entry]
「私も行くから」 -||-
[Empty Entry]
「神羅の本社にのりこむ。 -||-
 ……カクゴが必要だぞ」 -||-
[Empty Entry]
「わかってるわ」 -||-
[Empty Entry]
「それに今は思いきり身体を -||-
 動かしたい気分なの」 -||-
[Empty Entry]
「じっとしてると……なんか、ダメ」 -||-
[Empty Entry]
「すまねえが、もうしばらく -||-
 マリンをあずかってくれねえか?」 -||-
エルミナ [Empty Entry]
「ああ、かまわないよ」 -||-
[Empty Entry]
「それから、ここは危険だ。 -||-
 どこかへ移ったほうがいい」 -||-
エルミナ [Empty Entry]
「……そうだねえ。 -||-
 でも、必ず迎えにくるんだよ。 -||-
 死んじゃいけないよ」 -||-
[Empty Entry]
「ひとりでなんとかなるだろう」 -||- I think I can take care of it.
CLOUD {Cloud}
「よく何年も神羅から “It's amazing how she's avoided
 逃げつづけることができたな」 the Shinra for all these years…”
エルミナ Elmyra
「神羅はAERITHの協力が必要だったから “The Shinra need her,
 手荒なマネはできなかったんだろうね」 so I guess they wouldn't harm her.”
TIFA {Tifa}
「じゃあ、今回はどうして……」 “But why now?”
エルミナ Elmyra
「小さな女の子を連れて “She brought a little girl
 ここに帰って来たんだ」 here with her.”
「その途中でツォンのやつに “Tseng found them on their way here.
 みつかってしまったらしくてね。 She probably wasn't fast
 逃げ切れなかったんだろ、きっと」 enough to get away.”
「女の子の無事と引き替えに “She decided to go to the Shinra in
 自分が神羅に行くことに exchange for the little girl's safety.”
 なったんだ」
CLOUD {Cloud}
「マリン、だな」 “…Marlene.”
BARRET {Barret}
「マリン!! “Marlene!!
 マリンのためにAERITHは {Aeris} was caught
 つかまったのか!」 because of Marlene!?”
BARRET {Barret}
「すまねえ。 “I'm sorry.
 マリンはオレの娘だ。 Marlene's my daughter.
 すまねえ……本当に……」 I'm really sorry…”
エルミナ Elmyra
「あんたが父親かい!? “You're her father!?
 あんた、娘をほったらかして How in the world could you ever leave
 何をやってるんだい!?」 a child alone like that!?”
BARRET {Barret}
「……その話はやめてくれ。 “…Please don't start with that.
 オレだって何度も考えたさ。 I'm always thinkin' about what
 オレが死んじまったらマリンは…ってな」 might happen to Marlene, if I…”
BARRET {Barret}
「でもよ、答えはでねえんだ。 “But you gotta understand somethin'…
 マリンといつもいっしょにいたい。 …I don't got any answers.
 でも、それじゃあ戦えない」 But I gotta fight.”
BARRET {Barret}
「戦わなければ星が死ぬ」 “'Cause if I don't…the Planet's gonna die.”
BARRET {Barret}
「おう! オレは戦うぜ!」 “So I'm gonna keep fightin'!”
BARRET {Barret}
「でも、マリンが心配だ。 “But inside I'm always thinkin' of her.
 いつでもそばにいてやりたい」 I just wanna be with her…always.”
BARRET {Barret}
「な? グルグルまわっちまうんだ」 “See? I'm goin' in circles, now.”
エルミナ Elmyra
「……わからないでもないけどね。 “…I think I know what you mean.
 ま、とにかく2階で眠ってるから She's upstairs asleep,
 会っておやりよ」 Why don't you go and see her?”
TIFA {Tifa}
「私のせい……。 “It's my fault…
 私がAERITHを巻きこんだから」 I was the one who got
エルミナ Elmyra
「あんた、気にするんじゃないよ。 “Don't say that.
 AERITHだってそんなふうに {Aeris} doesn't think so.”
 思っちゃいないよ」
TIFA {Tifa}
「なんか落ちこんじゃう」 “I feel so depressed.”
エルミナ Elmyra
「はぁ……」} “…sigh…”
BARRET {Barret}
「CLOUD!」 “{Cloud}!”
BARRET {Barret}
「マリン……良かった…… “I'm so glad…
 無事で良かった……」 I'm so glad you're all right…”
マリン Marlene
「とうちゃん “Daddy, don't cry.
 泣いちゃダメだよ。 Your whiskers
 おヒゲ、いたいよ!」 hurt!”
BARRET {Barret}
「AERITHを助けにいくんだろ? “You gonna go help {Aeris}, right?
 すっかり世話になっちまったからな」 She's done so much for me…”
BARRET {Barret}
「それに相手が神羅となれば “If the Shinra're involved,
 黙っちゃいられねえ! I ain't stayin' here!
 オレも行くぜ!」 I'm comin', too!”
マリン Marlene
「あのね、あのね、AERITHがね “Guess what? Guess what?
 いっぱい聞いてたよ」 {Aeris} asked me
「CLOUDってどんな人って。 “Like what kind of person {Cloud} is.
 CLOUDのこと好きなんだよ、きっと」 I bet she likes you, {Cloud}!”
    俺にはわからないよ {Choice}I don't know
    そうだといいな {Choice}Let's hope so
マリン Marlene
「ドンカン!」 “Dummy!”
マリン Marlene
「TIFAにはないしょに “I won't tell {Tifa}.”
 しといてあげるね」
CLOUD {Cloud}
「ここで眠れるな…… “Looks like I can rest here.
    眠る {Choice}Sleep
    眠りたくない {Choice}Don't want to sleep
『ポーション』を手にいれた! Received "Potion"!
『エーテル』を手にいれた! Received "Ether"!
『フェニックスの尾』を手にいれた! Received "Phoenix Down"!
AERITHの家2F {Aeris}'s House Aeris' House 2nd Floor
マリン Marlene
「とうちゃん、TIFA、CLOUD! “Daddy,
 ちゃ~んとAERITH助けてきてね」} Please bring {Aeris} back!”
TIFA {Tifa}
「AERITHのところへ行くのね」 “You're going after {Aeris}, right?”
TIFA {Tifa}
「私も行くから」 “I'm coming with you.”
CLOUD {Cloud}
「神羅の本社にのりこむ。 “We're going right into Shinra Headquarters.
 ……カクゴが必要だぞ」 …You gotta be prepared for the worst.”
TIFA {Tifa}
「わかってるわ」 “I know.”
TIFA {Tifa}
「それに今は思いきり身体を “Right now, I feel I have to
 動かしたい気分なの」 push myself to the limit.”
TIFA {Tifa}
「じっとしてると……なんか、ダメ」 “If I stayed here…I'd go crazy.”
BARRET {Barret}
「すまねえが、もうしばらく “Sorry, but can you take care
 マリンをあずかってくれねえか?」 of Marlene a bit longer?”
エルミナ Elmyra
「ああ、かまわないよ」 “Yes, I don't mind.”
BARRET {Barret}
「それから、ここは危険だ。 “This place is dangerous now.
 どこかへ移ったほうがいい」 You better go somewhere else.”
エルミナ Elmyra
「……そうだねえ。 “…You're right.
 でも、必ず迎えにくるんだよ。 But promise me that you'll
 死んじゃいけないよ」 Don't get yourself killed.”
CLOUD [Text Entry Further Down]
「ひとりでなんとかなるだろう」 [Text Entry Further Down] I think I can take care of it.
エルミナ Elmyra
「必ず迎えにくるんだよ。 “I mean it, come back to her.
 死んじゃいけないよ」} Don't get yourself killed.”
AERITH's House{END} {Aeris}'s House
[Text Entry Higher Up] CLOUD
[Text Entry Higher Up] “I think I can take care of it.”{END}
『エーテル』を手にいれた! Received "Ether"!
『かばう』のマテリアを手にいれた! Received "Cover" Materia!
TIFA {Tifa}
「神羅ビルにはどうやって?」 “How do we get to the Shinra Building?”
BARRET {Barret}
「もう、上に行く列車は使えねぇ…」 “There ain't no train
TIFA {Tifa}
「………」 “…”
TIFA {Tifa}
「とりあえず、【ウォールマーケット】 “Well, let's go to {!}{Cyan}Wall Market{!}{White}.
 行きましょう。 あそこなら何か We might be able to find something there.”
 いい手が見つかるかもしれないわ」}
ウォールマーケット Wall Market
「みんなこのワイヤーを登って “Everyone climbed up this wire.
 上にいっちゃったよ。 Looks scary…Brrr.”
 こわくないのかな……ブルブル」
「うわ~! “Oh man!
 すげ~、ヒサン……」 This is horrible…”
「な、こえ~だろ? “Hey, scary, huh?
 とうちゃんは「しんら」ってやつの Dad told me that
 しわざだっていってたよ」 it's the Shinra's doing.”
TIFA {Tifa}
「これ、のぼれるの?」 “Can we climb it?”
「うん。 “Yeah.
 上の世界につながってるんだよ」 It leads to the upper world.”
BARRET {Barret}
「よし! “Alright!
 このワイヤー、のぼろうぜ!」 We'll climb the wire!”
CLOUD {Cloud}
「それは無理な話だな。 “There's no way we can do this.
 何百メートルあると思ってるんだ?」 You know how far it goes up?”
BARRET {Barret}
「無理じゃねえ! “There IS a way!
 見ろ! これは何に見える?」 Look! What's that look like?”
CLOUD {Cloud}
「何のへんてつもないワイヤーだ」 “Just a normal wire.”
BARRET {Barret}
「そうかよ? オレには “Oh yeah? Well to me it looks
 金色に輝く希望の糸に見えるぜ」 like a golden shiny wire of hope.”
TIFA Tifa
「そうね、AERITHを救うために “You're right.
 残された道は、これだけだもんね」 This is the only way
CLOUD {Cloud}
「よくわからないたとえだったが “OK, that was a bad analogy,
 BARRET、あんたの気持ちはわかった」 but, {Barret},
CLOUD {Cloud}
「行くぞ!」} “Let's go!”
プレート断面 Plate Section
CLOUD {Cloud}
「……バッテリーをはめれば」 “…Maybe if I put a battery in…”
「あのプロペラが回りそうだな」 “The propeller might work.”
CLOUD {Cloud}
「バッテリーをはめなければ “It might work
 動きそうにないな」 if I put a battery in it.”
CLOUD {Cloud}
「武器屋の言葉を “I guess I'll just have to
 信じてみるか」 believe the shopkeeper.”
CLOUD {Cloud}
「どうやら、あれに飛び移るしか “Looks like the only way is
 ないようだな」 to jump onto that bar.” wcrimb_2 says this:
「あれが、いちばん近づく前に “Should make it if I 「あれが、いちばん近づく前に
 ジャンプすればよさそうだな。 jump before it comes too close.  ジャンプすればよさそうだな。
 (決定ボタンでジャンプ)」 (use {!}{Purple}[OK]{!}{White} to jump)” Press the confirmation button to jump.  (○ボタンでジャンプ)」
CLOUD {Cloud}
「タイミングが早かったようだ……」 “Jumped too soon…”
CLOUD {Cloud}
「タイミングが遅かったようだ……」 “Jumped too late…”
CLOUD {Cloud}
「ここにもバッテリーが必要だな」 “Need a battery here, too.”
CLOUD {Cloud}
「しまった。 “Damn, out of batteries…”
 もうバッテリーがない……」}
神羅ビル Shinra Bldg.
神羅ビル・階段 Shinra Bldg. Stairs
BARRET {Barret}
「おい…… “Yo…
 ホンキでこれ、上まで You really gonna take these
 のぼるつもりか……?」 stairs all the way up?”
TIFA {Tifa}
「しょうがないでしょ。 “Well we've got to
 AERITHを get to {Aeris}
 無事に助けるためよ」 to help her somehow.”
BARRET {Barret}
「しかし、いくら “Of all the out of the way…”
 見つかりにくいったって
 こいつは……」
TIFA {Tifa}
「もう、ゴチャゴチャいわない! “I don't have time to argue with you!
 いくわよ!」 I'm going!”
BARRET {Barret}
「お、おいTIFA! “Y, yo {Tifa}!
 1人でいくな!」 Don't go alone!”
TIFA {Tifa}
「ちょっと待ってよ “Wait a minute,
 CLOUD!」} {Cloud}!”
神羅ビル・階段 Shinra Bldg. Stairs
BARRET {Barret}
「なんで…… “Don't know…
 わざわざ…… why…the hell…
 こんな……くろうを……」 we gotta…climb…”
CLOUD {Cloud}
「……AERITHを助け出すまで “…because we don't want to start
 騒ぎはおこしたくないんだ」 a commotion until we've saved
CLOUD {Cloud}
「でも、無理だろうな……」 “If that's possible…”
BARRET {Barret}
「……ヘヘヘ」 “…heh heh heh.”
CLOUD {Cloud}
「なんだよ、気持ち悪いな」 “Knock it off. You're giving me the creeps.”
BARRET {Barret}
「あんたでも他人のために “So even you will fight for someone else.
 戦うことがあるんだな。 Guess I figured you wrong.”
 見直したぜ」
CLOUD {Cloud}
「あんたに見直されても “Who cares what you figured!”
 うれしくない」
BARRET {Barret}
「いや、なんていうか…… “I'm just sayin'
 いろいろ悪かったな」 mebbe I was wrong…”
TIFA {Tifa}
「フフフ……」 “heh heh heh……”
CLOUD {Cloud}
「なんだよ。 “What's that supposed
 TIFAまで……」 to mean, {Tifa}?”
BARRET {Barret}
「……しかしこの階段 “…how much farther do these
 どこまで続くんだ?」 stairs go on?”
TIFA {Tifa}
「さあ……階段にきいて」 “Why don't you ask them?”
BARRET {Barret}
「このままずっと “It's not one of them endless
 続くなんてことは stairways or somethin', is it?”
 ないよなあ?」
TIFA {Tifa}
「まさか!!」 “Of course not!!”
BARRET {Barret}
「だよな…… “Right…couldn't be that…”
 そんなはずないよな……」
BARRET {Barret}
「まだつかないのか?」 “Are we there yet?”
TIFA {Tifa}
「まだみたいね」 “Not yet.”
BARRET {Barret}
「……まだか?」 “…there yet?”
TIFA {Tifa}
「まだよ」 “I said not yet!”
BARRET {Barret}
「なあ……」 “Yo…”
TIFA {Tifa}
「まだだってば! “Look, don't even ask!
 まだまだまだまだ We're way way way way far
 まだまだまだーっ!!」 away from being there, OK!?”
BARRET {Barret}
「なあ…… “Yo…
 今、何階だ?」 What floor is this?”
TIFA {Tifa}
「……もう数える “…I stopped counting.”
 気にもならない」
BARRET {Barret}
「こ……こんなバカ高い “Why they gotta build these buildings
 ビルつくりやがって……」 so damn tall?”
BARRET {Barret}
「やっぱり、し、神羅なんて “That Shinra…
 ロクなやつじゃねえぜ……!」 They're just no damn good.”
TIFA {Tifa}
「…………」 “…”
BARRET {Barret}
「ああ…… “…huff…
 オレはもうダメだ……」 Man, I'm beat…”
BARRET {Barret}
「マリン、父ちゃんは “Marlene, daddy wanted to
 もう一度お前に see your face one more time…”
 会いたかった……」
TIFA {Tifa}
「ちょっと! “Would you stop acting like a
 エンギでもないこと retard and climb!?”
 言わないの!」
TIFA {Tifa}
「もう少し! “It's just a bit more!”
 もう少しだから!」
TIFA {Tifa}
「たぶん……」 “…maybe.”
BARRET {Barret}
「もうイヤだ! “Damn, man!
 オレはもどるぞ!」 I've had it! I'm going back!”
TIFA {Tifa}
「今までのぼったのと “It'll take just as long to go down as
 おなじだけ階段おりて?」 it did to come up.”
BARRET {Barret}
「…………」 “…”
TIFA {Tifa}
「ホラ、BARRET “C'mon, {Barret}.
 しっかりしなさい!」 Pull it together!”
BARRET {Barret}
「ん、んなコト言ったって “Yeah well, all I know is I'm only
 オレは、み、右腕以外は flesh 'n' blood…
 普通の体なんだぜ……」 'cept for this arm of mine.”
「元ソルジャーみたいな “Don't treat me like I'm some
 と、特別製と…… ex-SOLDIER or somethin'…”
 いっしょにしないでくれ……」
TIFA {Tifa}
「私だって普通だってば! “What about me!? I'm human too!
 先に行っちゃうわよ!」 Oh, do what you want, I'm going on!”
TIFA {Tifa}
「……?」 “…?”
TIFA {Tifa}
「キャッ!! “Yaah!
 ヤダ、BARRET! {Barret}!
 やっぱり先に行って!」 You go first!”
BARRET {Barret}
「バ、バカ! “What're ya ignorant?
 オレはそんな
 つもりじゃ……」 …I didn't mean that”
TIFA {Tifa}
「いいから!」 “All right, all right!”
TIFA {Tifa}
「CLOUDも! “{Cloud},
 先に行って!!」} you go on ahead too!!”
『エリクサー』を手にいれた! Received "Elixir"!
『ベヒーモスホーン』を手にいれた! Received "Behemoth Horn"!
神羅ビル・階段 Shinra Bldg. Stairs
BARRET {Barret}
「や……やっと…… “…finally…
 つい……た……」 …made it…”
「か……階段なんて…… “…never wanna see…
 もう見るのもゴメンだ……」 no more stairs the rest of my life…”
TIFA {Tifa}
「ハア……ハア…… “…huff…puff…
 さすがにこれは…… I'm beat…”
 こたえたわ……ね……」
「……でも、これからが本番よね。 “But here we are.
 元気出していかなきゃ……!」} We'd better get ready!”
0番街 sector 0
神羅ビル Shinra Bldg.
BARRET BARRET
「おい、このビルには “Hey, you oughta know
 くわしいんだろ?」 this building well.”
TIFA TIFA
「どうしたの?」 “What's wrong?”{END}
CLOUD CLOUD
「……知らない。 “…Not really,
 そういえば本社に “this's the first time I've ever been
 来るのは初めてだ」 to the Headquarters.”
BARRET BARRET
「前にきいたことがあるぜ」 “I heard about this place before.”{NewScreen}
「このビルの60階から上は “Every floor above the 60th is
 特別ブロックとかで special and not easy to get to
 社員でも簡単には入れないってな」 even for employees.”
「AERITHが連れて “Must be where they
 いかれたのもそこにちがいねえ」 took {Aeris}.”
「今なら警備にもスキがある。 “The security's pretty light now.
 おおし、いくぜっ!!」 Alright, let's go!!”
TIFA TIFA
「ちょっとまってよ! “Wait a second!
 まさか正面からのりこむつもり?」 You're not thinking of just going
BARRET BARRET
「決まってるだろ! “Well what else does it look like!?
 神羅のやつらをけちらして……」 I'm gonna kick some Shinra butt and…”
TIFA TIFA
「そんなのムチャよ! “That's not going to work!
 もっと見つかりにくい方法を……」 We've got to find another way…”
BARRET BARRET
「そんなコトやってられねえ! “Ain't gonna be no other way!
 グズグズしてたら If we keep wastin' time like this,
 AERITHだって……」 {Aeris}'ll…”
TIFA TIFA
「それはわかるけど! “I know that!
 ここで私たちまで But if we get caught here…”
 つかまったら……」
「ね、CLOUD。 “Hey, CLOUD.
 ……どうしたらいいの?」 …What should we do?
    つっこむぞ! {Choice}Let's bust on in!
    コッソリ行こう {Choice}Let's sneak in quietly{END}
BARRET BARRET
「そうこなくっちゃな! “That's more like it!
 おおし、いくぜっ!!」 C'mon, let's go!!
TIFA TIFA
「でしょ? “See? Let's be careful and find a
 こんな時こそしんちょうに different route!”{END}
 他のルートを探しましょ!」
CAIT SITH {Cait Sith}
「ちゃうちゃう! “No, no!
 シスター・レイは、こっちやない!」 The Sister Ray's not this way!”
【セーブポイント】 [Save Point]
メニューを開いて「セーブ」を選ぶと Access the Menu and select
ゲームの状態を保存できます。 {PURPLE}[SAVE]{WHITE} to save your game.
神羅ビル・1階ロビー Shinra Bldg. 1f. lobby
受付 Receptionist
「ちょっと、困ります! “Excuse me! If you don't have an
 アポイントメントのない方は appointment, you'll have to…”
 こちらで……」
BARRET {Barret}
「わりいな、ちっとばかし “I don't need no appointment…
 急な用件でよ」 This is a 'mergency!”
「ケガしたくなかったら “And anyone who don't wanna get their
 ひっこんでな!!」 face bashed in better git outta the way!!”
「キャアーッ!!」 “Yaagghh!”
「なんなんだ “Who do they think
 あいつら!?」 they are?”
「ま、まさかやつらが “D, do you think
 アバランチ!?」 they're AVALANCHE?”
「侵入者だ! “Intruders!
 つかまえろ!!」 Seize them!!”
BARRET {Barret}
「一気に上まで行くぞ!」 “Let's go to the top!”
バトル!!} “Battle!!”
神羅ビル2階ショップ Shinra Bldg. 2f. Shop
「ネエ~ “Honey…would you
 新しいクルマ買ってェ~」 buy me that car!”
「そんなこと言ったって “But baby,
 新車は高いしなあ……」 it's way too expensive.”
「はい?」 “What did you say?”
「……」 “…”
「……」 “…”
「ヒ、ヒエ~!」 “Hh, hey!”
「イヤ~ “Ww, wait
 おいてかないでェ~!」 for meeeeeee!”
「え~、お買い物は “Please take all
 レジの向こうからどうぞ」 purchases to the register”
「いらっしゃいませ。 “Welcome.
 本日は何を……」 Our special today is…”
「キャッ!!」 “Eagghhh!!”
「お、お金なら “Here,
 さしあげますから……」 t, take the money…”
BARRET {Barret}
「カンチガイするな。 “I don't want your money.
 アバランチは強盗じゃねえ」 AVALANCHE ain't no packa criminals.”
「……アンタんとこのボスに “We jus' want back what your
 とられたものを boss stole from us.”
 取り返しにきただけだ」
BARRET {Barret}
「カンチガイするな、 “I don't want your money.
 アバランチは強盗じゃねえ」 AVALANCHE ain't no packa criminals.”
「……アンタんとこのボスに “We jus' want back what
 とられたものを your boss stole from us.”
 取り返しただけだ」
「いや、ま、「もの」ってのは “I mean, "who"
 なんだ、よくねえ言いかただがな」 he stole from us.”
「ア、アバランチ!?」 “A, AVALANCHE?”
BARRET {Barret}
「アンタをどうこうする “We ain't gonna hurt you. We might
 気はねえ。 even pay ya, if ya help us.”
 金だってちゃんと払うぜ」
「は、はい、それでは……」 “Ok…ok…well…”
「ま、まだなにか……?」 “What is it?”
「またのご来店お待ち…… “Thank you and come again…
 したくはないです、ホントは……」 Forget I said that.”
「……いらっしゃいませ。 “Welcome…
 無人販売機が to the fully automated store.
 御用をうけたまわります」 Place your order…now.”
『パイルバンカー』を手にいれた! Received "Pile Bunker"!
『マスターフィスト』を手にいれた! Received "Master Fist"!
「あの、商品を勝手に “You opened up all those
 開けるとか、そういったことは things without asking
 その、ちょっと……」} and, hey wait!”
BARRET {Barret}
「ここからが本番だ。ゆだんするな」 “This is the real thing.
CLOUD {Cloud}
「……知らない。 “…I don't know.
 そういえば本社に来るのは初めてだ。 Now that you mention it,
 あんたは知っているのか?」 this's my first time at headquarters.
BARRET {Barret}
「……前に来たことがある。 “…I been here before.
 まだ、両腕があるころにな」 Back when I still had both my hands.”
TIFA {Tifa}
「AERITH、無事だといいね」 “I hope {Aeris} is all right.”
TIFA {Tifa}
「AERITH……… “{Aeris}…
 いろいろ大変だったのね」 She's been through a lot, huh.”
    そうだな Yeah Not marked as "Choice" in the English script, but most certainly intended as dialogue options.
    TIFAだって} You too, {Tifa}
TIFA {Tifa}
「……どうしたの?」 “…What's wrong?”
CLOUD {Cloud}
「AERITHを助け出すまで “I didn't want to start a ruckus till
 騒ぎはおこしたくなかった」 we saved {Aeris}.”
「まあ、無理だろうとは “I should have known
 思っていたが……」 that was impossible though…”
BARRET {Barret}
「ヘヘヘ」 “Heh, heh, heh.”
CLOUD {Cloud}
「なんだよ、気持ち悪いな」 “What is it? You're givin' me the willies.”
BARRET {Barret}
「あんたでも他人のために “So there are times when even you
 戦うことがあるんだな。 fight for other people.
 見直したぜ」 I am impressed.”
CLOUD {Cloud}
「あんたに見直されてもうれしくない」 “Who cares if you're impressed?”
BARRET {Barret}
「いや、なんていうか…… “Y'know, I ain't so good at sayin' this but…
 いろいろ悪かったな」 Sorry…for…lots of things.”
BARRET {Barret}
「な、何だ!?」 “Wh, what the!?”
TIFA {Tifa}
「見て、あれ!」 “Look!”
BARRET {Barret}
「チ……!」 “DA-MN!”
BARRET {Barret}
「かまわねえCLOUD! “Just stop it, {Cloud}!
 どこでもいいから止めちまえ!」 I don't care where!”
TIFA {Tifa}
「どうなってるの!?」 “What's going on!?”
バトル!! [Empty Entry] "Battle!!" Debug line most likely.
「ヒャッ!!」 “Oh man!!”
「あ、あの、いいんです。 “No, uh, that's all right.
 まちがいでした。 My mistake.
 私、のりませんから」 I'm, uh, not getting on.”
「ヒエ~ッ!!」 “Oh man!!”
「ま、まだ “You…again?
 のってらしたんですか……
 え、ええ、私は今回も Uh, I'll pass.”
 パスしますです」
エレベーター} Elevator
神羅ビル・59階 Shinra Bldg. 59f.
BARRET {Barret}
「おい、CLOUD!」 “Hey {Cloud}!”
「ここまできといて “We come this far, and you're thinkin'
 また1階までもどるのか?」 of goin' back down to the 1st floor?”
    ああ {Choice}Yeah
    いや…… {Choice}No…
BARRET {Barret}
「そんなヒマは “No time for that now!
 ねえんじゃねえのか? Stop messin' around, boy!”
 ま、おまえの勝手だがな」
BARRET {Barret}
「おう、だよな! “Yeah, that's right!
 とっとと先を急ごうぜ!」 Let's go on!”
「侵入者を排除しろ!」 “Destroy the intruders!”
CLOUD {Cloud}
「これは……」 “What's this?”
キーアイテム『カードキー60』を手にいれた! Received Key Item "Keycard 60"!
【セーブポイント】 [Save Point]
メニューを開いて「セーブ」を選ぶと Access the menu and select
ゲームの状態を保存できます。 {!}{Purple}[SAVE]{!}{White} to save your game.
バトル!!} Battle!! Debug line.
神羅ビル・60階 Shinra Bldg. 60f.
「なんだおまえたち! “What're you doing here?
 ここから先は Unauthorized personnel
 関係者以外立ち入り禁止だ!!」 aren't allowed here!!”
「おまえたちのような者が “Your kind don't belong here!
 入れる場所ではない! Go on, get out!”
 さっさと立ち去れ!」
「おいキサマ! “Hey there!
 そこでなにをしている!」 What do you think you're doing there?”
BARRET {Barret}
「みろよ、警備のやつらが “Look at all them guards
 ウロウロしてやがるぜ」 runnin' around.”
「CLOUD、まずおまえが “{Cloud},
 さきに行ってあいずしてくれ。 you go on ahead and signal us
 オレたちがあとにつづく」 when it's safe to move.”
TIFA {Tifa}
「ものかげに “Stay in the shadows!”
 隠れながら進むのよ!」
BARRET {Barret}
「警備のやつらが “When those guards turn around,
 目をそらした時がチャンスだぜ」 MOVE!”
BARRET {Barret}
「なにやってんだ! “What the hell're ya doin'?
 次はちゃんと頼むぜ!」 Man, you gotta do it again!”
BARRET {Barret}
「よし! “OK!
 ガンガンいくぞ!」 We gonna rock!”
TIFA {Tifa}
「忘れないで! “Remember,
 私たちの目的はあくまでも we're here to save
 AERITHを助けだすこと」 {Aeris}.”
BARRET {Barret}
「わかってるって!」 “Hell, I know that!”
BARRET {Barret} JP blin60_2 lacks the remaining dialogue boxes.
「やーっぱり “I shoulda known
 こうなっちまうんだよな……」 it'd turn out like this…”
「こんなことなら “If I knew it'd be
 はじめっから……」 like this in the first place…”
TIFA {Tifa}
「シッ! “Shhh!
 とにかく先を急ぎましょ」 Now let's move on.”
警備兵のスキをついて、○ボタンで Wait for the soldiers to turn,
BARRETたちにあいずをおくれ! then push {!}{Purple}[OK]{!}{White} to signal the others!