Dialogue Script

Chapter: 8 - Shinra 61F to World Map

The Shinra Building, floor 61 thru 70, the Fight with Rufus and the escape, the Crazy Motorcycle chase, Cloud resolving to chase Sephiroth on the end of the Midgar Highway, to the party splitting up to get to Kalm

 
FF7 International ScriptFF7 PC English ScriptMissing TranslationNotes
JAPANESE (Intl Ver) PC ENGLISH
「なんだお前は? “The hell are you?
 こんなところで何をしている?」 What're you doin' around here?”
    AERITHはどこだ! {Choice}Where's {Aeris}?
    ………… {Choice}…
「AERITH? “{Aeris}?
 その名を知っているとは How did you know that name?
 お前まさか!?」 You must be…”
「AERITHってあのコだろ。 “{Aeris},
 受付の。 you mean that kid.
 じつはオレもあのコ The receptionist? I was
 気になってるんだよね」 startin' to worry about her, too.”
「ウーン、はやくも “And so another rival
 ライバル出現……」 appears on the scene, eh?”
「え、そうじゃない? “You mean, she's not?
 なんだ、人違いか」 It's someone else?”
「ハハーン……わかったぞ。 “Oh, I see.
 さてはお前、アレだな? So you must be
 いまウワサの……」 that whatcha call it…”
「神羅カンパニー修理課 !!」 “Shinra, Inc. Repair Division!!”
「いや~、このビルも “You know, this building
 そろそろあちこちに looks like it's
 ガタがきててなあ」 starting to fall apart.”
「この階のドア “This door was just pushed open.
 開きっぱなしなんだ。 You ought to fix this right away.”
 早く直してくれよな」
「あ、そうそう “Oh yeah, and take a look
 いちおう他の階も on the other floors, too.
 見回ってくれよ。
 これ、やるから」 Here, take this.”
キーアイテム『カードキー62』を手にいれた! Received Key Item "Keycard 62"!
「この階のドア “This door is stuck wide open.
 開きっぱなしなんだ。 Better fix this right away.”
 早く直してくれよな」
「ここはリフレッシュ・フロア。 “This is the lounge floor.
 この上は、おえらがたがいる Above us are the special floors for
 特別なフロアが多いからね」 the company big wigs.”
「その下ではたらく我々も “It's tough working under someone.
 いろいろとつかれるんだよ。 It wears you out.”
 いろいろとね……」
「さっき下の方が “I thought I heard a ruckus
 さわがしかったけど downstairs a minute ago.
 何かあったのかしら?」 Do you know what that was all about?”
「さあな。 “No idea.
 ま、60階から上は But no need to worry because
 何があっても安全だ。 everything above the
 気にすることもないって」 60th floor is safe.”
「あいつ、遅いな…… “What's keeping her?
 カードキー忘れたかな?」 Did she forget her keycard?”
「社員といえど “Even employees can't access floors
 60階から上は above the 60th
 カードキーがないと without a keycard.”
 自由に歩けないからな……」
「あら、見かけない顔…… “I don't remember seeing your face before…
 新しく配属されたのね?」 You new here?”
「いいわ、私がいろいろ “Say, you're cute.
 おしえてあげる♥」 Let me teach you some…things.”
    い、いろいろ? {Choice}Things?
    急いでいるもので…… {Choice}Um, I'm kinda in a hurry…
「あら、そう。 “Oh?
 ざんねんだわ……」 That's too bad…”
「なーに、ヘンな顔して。 “Wipe that stupid look off your face.
 教えてあげるのは、ここから I was only going to teach you
 上のフロアのことよ」 how to get to the next floor.”
「60階から上は、役員クラスの “The higher ups in the company
 社員の多い特別フロア。 use the floors above the 60th floor.
 カードキーがないと入ることも But you can't get there without
 許可されないの」 a keycard.”
「カードキーがあれば “Get a keycard and you can use
 階段もエレベーターも自由に the elevators freely.”
 使えるわ」
「エレベーターはホラ、私の “…voila!
 横にあるこのドアの前で Hear that sound and
 【決定ボタン】 を押すの。 the door will open.”
 そうすると……」
「……っていう音がして “Just remember there are
 ドアが開くから」 different types of cards.
「でもね、カードキーにも何種類か One keycard alone won't
 あって、1枚でどこでも、って let you go everywhere.”
 わけにはいかないのよ」
「そうね、たとえば “For example,
 『カードキー60』なら60階まで。 “'Keycard 60' only takes
 『カードキー65』なら65階まで。 'Keycard 65' only takes
 そういうことよ」 you to the 65th floor.”
「まあミッドガル、いえ、今や “It's a security system worthy of
 世界のエネルギー流通を一手に Shinra. After all, they control
 ひきうける神羅カンパニーの everything in Midgar and in the
 本社としては、当然のセキュリティよね」 world for that matter.”
「あらやだ、長くなっちゃったわ。 “Oh, I have to go.
 それじゃおたがい、お仕事 Gotta get back to work!”
 がんばりましょうね♥」}
Shinra Bldg. 62f.{END} Shinra Bldg. 62f.
  神羅カンパニー Shinra, Inc.
都市開発部門資料室 Urban Dev. Research Library
  神羅カンパニー Shinra, Inc.
宇宙開発部門資料室 Space Dev. Research Library
        神羅カンパニー Shinra, Inc.
治安維持部門・兵器開発部門資料室 Peace Preservation/
神羅カンパニー Shinra, Inc.
科学部門資料室 Scientific Research Library
ハット Hart
「あ、これはどうも」 “How do you do?”
「こちらはこのミッドガルの “This is the Midgar Mayor's Office.
 市長室でございます。 Mayor Domino is in his office.”
 この中にはドミノ市長が
 いらっしゃいます」
「ちなみにわたくしは “I am the Deputy Mayor.
 ミッドガルの助役です。 If you should have any questions
 困ったことがありましたら feel free to ask me…”
 ぜひわたくしに……」
ドミノ Domino
「あ~? “Hmm?
 なんだねキミたちは?」 Oh, and who might you be?”
「ああ、キミらが例の…… “You all must be those…ahem…
 私? 私はこの魔晄都市 Me? I'm Domino, the Mayor of Midgar.”
 ミッドガルの市長、ドミノだ」
「とは言っても名前だけ。 “Actually, I'm Mayor in name only.
 ホントのところ、ミッドガルの The city and everything in it is really
 すべては神羅のものだ」 run by Shinra, Inc.”
「今の私の仕事といったら “My only real job is watching over
 神羅カンパニーの資料管理……」 Shinra's documents…”
「ミッドガルの市長が! “Me! The Mayor!
 神羅の資料を! A librarian!
 ハア……」 Ohh…”
「キミら、上へ行きたいんだろ? “You want to get upstairs?
 いいとも、私のカードキーをやろう。 I tell you what, if you can guess the
 合言葉を言えたらな」 password, I'll give you my keycard.”
「そう、合言葉だ。 “Yes, that's it.
 それを言えたら、カードをやろう」 Guess the password
「おまけに1回で当てたら “Get it on the first try
 ナイスなおみやげも and I'll even throw in
 つけてやるぞ?」 a special item!”
ドミノ Domino
「合言葉がわかったのか? “Got it?”
 では言ってみたまえ」 “Then tell me.”
「合言葉は?」 “So, what's the password?”
    市長最高!! {Choice}BEST
    神羅最低!! {Choice}KING
    魔晄最高!! {Choice}ORBS
    市長爆発!! {Choice}BOMB
    魔晄爆発!! {Choice}MAKO
    神羅爆発!! {Choice}HOJO
    ちょっと待ってくれ {Choice}Wait a second
ドミノ [JP-exclusive Text Entry] Domino:
「ホウ……で、次は?」 -||- Huh... and the next?
ドミノ [JP-exclusive Text Entry] Domino:
「フンフン……次は?」 -||- Hmm... and the next?
ドミノ [JP-exclusive Text Entry] Domino:
「ウンウン……では、最後は?」 -||- Uh-huh... and the last?
ドミノ Domino
「ぜんぜん違う! “Nope! You're ALL wrong!
 もっとすばらしい言葉だ! It's a much better word than that!
 やり直し!」 Try again!”
ドミノ Domino
「市  長  最  高  !!」 “BEST!!”
「なんとすばらしいひびき! “God, I love the sound of that!
 そのとおり! BEST!! I AM the best…ME!!
 ミッドガルの市長は最高! No matter what anyone else says,
 誰が何と言おうと最高!」 you'd better believe it.”
「……フン、まあいいだろう。 “…hmm. Well, OK.
 ホラ、持っていけ」 Here, take it.”
ドミノ Domino
「神  羅  最  低  !!」 “KING!!”
「なんとすばらしいひびき! “God, I love the sound of that!
 そのとおり! KING!! President Shinra sucks!
 プレジデント神羅は最低! I should be King of Midgar!”
 私こそミッドガルの主!」 “…hmm. Well, OK.
「……フン、まあいいだろう。 Here, take it.”
 ホラ、持っていけ」
ドミノ Domino
「市  長  爆  発  !!」 “BOMB!!”
「なんとすばらしいひびき! “God, I love the sound of that!
 そのとおり! BOMB!! I'm so angry, I'm like
 私の怒りは最高レベルに! a walking time bomb waiting to explode!”
 もう爆発しそうだ!」 “…hmm. Well, OK.
「……フン、まあいいだろう。 Here, take it.”
 ホラ、持っていけ」
ドミノ Domino
「魔  晄  爆  発  !!」 “MAKO!!”
「なんとすばらしいひびき! “God, I love the sound of that!
 そのとおり! MAKO! If I had a lot more of it,
 魔晄エネルギーを爆発させろ! I would be a real Mayor!”
 そして私を真の市長に!」 “…hmm. Well, OK.
「……フン、まあいいだろう。 Here, take it.”
 ホラ、持っていけ」
キーアイテム『カードキー65』を手に入れた! Received "Keycard 65"!
ドミノ Domino
「なんでこんなコトするか?」 “Why would I do something
「きまってるじゃないか。 “Revenge, of course!
 イヤガラセだよ。
 イヤガラセ」
「いいか、神羅はずっと私を Shinra's been torturing me forever.”
 苦しめてきたんだぞ」
「だから私はここで “That's why I was a little rough
 キミたちをなやませ on you all just now.
 今度はキミたちが上へ行って Now go up there and really
 神羅のやつらを困らせる」 make them suffer.”
「どうだ、これでおあいこだろ。 “This ought to teach them!
 ヒ、ヒヒ、ヒヒヒ……」 Heh heh heh…”
ドミノ Domino
「言っておくが、私のカードでは “But my card will only get you
 65階までしかのぼれんよ」 to the 65th floor.”
「神羅め、この私を……この私を “Can you believe how they treat me?
 一般社員とおなじあつかいに……」 …ME! Like some common employee…”
ドミノ [JP-exclusive Text Entry] Domino:
「フン、けっきょくハットに -||- Hm, so I see you got a
 カードをもらったか」 -||- card from Heart. "Hart". The retranslation project translates his name to "Hut".
「やはり頭を使うのは -||- Are you that bad
 苦手かね?」 -||- at using your head?
「言っておくが -||- I’ll tell you anyway.
 ハットのカードでは -||- You can only reach the 65th
 65階までしかのぼれんよ」 -||- floor with Heart’s card
「私のカードなら…… -||- With my card...
 やっぱり65階までだ」 -||- Yep, the 65th floor as well.
「神羅め、この私を……市長の私を -||- Those Shin-Ra scum, treating
 助役とおなじあつかいに……」 -||- me like... like an assistant official...
    神 [JP-exclusive Text Entry] Shin-
    市 -||- Town
    都 -||- City
    魔 -||- Ma-
    晄 [JP-exclusive Text Entry] Ko
    民 -||- People
    羅 -||- Ra
    長 -||- Mayor
    最 [JP-exclusive Text Entry] Top
    万 -||- Ten thousand
    一 -||- One
    爆 -||- Reactor
    歳 [JP-exclusive Text Entry] Years
    高 -||- High
    発 -||- Present
    低 -||- Low
[JP-exclusive Text Entry] Shin-
[JP-exclusive Text Entry] Town
[JP-exclusive Text Entry] City
[JP-exclusive Text Entry] Ma-
[JP-exclusive Text Entry] Ko
[JP-exclusive Text Entry] People
[JP-exclusive Text Entry] Ra
[JP-exclusive Text Entry] Mayor
[JP-exclusive Text Entry] Top
[JP-exclusive Text Entry] Ten thousand
[JP-exclusive Text Entry] One
[JP-exclusive Text Entry] Ex-
[JP-exclusive Text Entry] Years
[JP-exclusive Text Entry] High
[JP-exclusive Text Entry] Plosion
[JP-exclusive Text Entry] Low
ドミノ [JP-exclusive Text Entry] Domino:
「神・羅・万・歳!? -||- Shin-Ra-Ban-zai?!
 神羅万歳だと……? -||- Shin-Ra Banzai, you say...?
ドミノ [JP-exclusive Text Entry] Domino:
「神・羅・最・高!? -||- Shin-Ra-Is-Awesome?!
 神羅最高だと……? -||- Shin-Ra is awesome, you say...?
ドミノ [JP-exclusive Text Entry] Domino:
「な、なに!? -||- W, what?!
 この私が最低だと……? -||- I’m the lowest, you say...?
「バ、バッカモーン!! [JP-exclusive Text Entry] I, idiot!!
 大間違いだ! -||- You’re wrong!
 カードなんかやるか!」 -||- What are you going to do with that card!
ドミノ [JP-exclusive Text Entry] Domino:
「う~ん……おしい。 -||- Ooo... so close.
「私をたたえずにいられない [JP-exclusive Text Entry] TRANSLATE!!!
 キミたちの気持ちは -||-
 わからなくもないがね……」 -||-
「たしかにその通りなんだが。 [JP-exclusive Text Entry] TRANSLATE!!!
 合言葉とはちょっと違うんだな」 -||-
ドミノ [JP-exclusive Text Entry]
「フン…… -||-
 さすがは悪名高いアバランチ」 -||- Just what I’d expect from the infamous AVALANCHE.
「魔晄爆発とは -||- People think you’re disturbed due
 ぶっそうなことを考えるものだ」 -||- to the explosion at the reactor.
「だが、そんな言葉を -||- But the word I would use, as a member
 上流階級の私が使うと?」 -||- of the upper echelon of society?
ドミノ [JP-exclusive Text Entry] Domino:
「……ノーコメントだ」 -||- ...No comment.
「まったく、これだから -||- TRANSLATE?
 一般大衆というやつは……」 -||-
ハット Hart
「市長の話は “Did you speak with the Mayor?”
 お聞きになりました?」
「は? “What?
 合言葉? A password?
 ははあ、なるほど……」 Oh, I get it…”
「あの人もヒマなんですよ。 “He's got way too much time on his hands.
 なんせミッドガルの全権は But you can't really blame him,
 ほとんどプレジデント神羅の Everything in Midgar is controlled
 ものですからね」 by President Shinra.”
「そういうことなら “Maybe I can help you.”
 わたくしがお手伝いしましょう」
「なんでもお答えしますよ?」 “What do you want to know?”
    合言葉を教えて {Choice}The password…duh!
    ヒントをくれ {Choice}How about a hint?
    助けなどいらない {Choice}Get out of my face
ハット [English Entry Placed Further Down] Hut:
「なんでもお答えしますよ?」 -||- I’ll answer anything!
    助けてくれ -||- Please help.
    助けなどいらない -||- I don’t need any help.
ハット [JP-exclusive Text Entry] Hatto: GlitterBerri changes translation of Hart's name.
「おやおや -||- Well now...
 いきなりですか……」 -||- It’s a little sudden, but...
「まあ、いいでしょう。 -||- Well, alright.
 市民の要望にこたえるのが -||- Answering the demands of the
 わたくしたち役人の使命です」 -||- populace is the job of us officials!
「ヒミツの合言葉 -||- I’ll go ahead and tell you
 スッパリとお教えしましょう!」 -||- the secret password!
「……70000ギルで」 -||- ...For 70,000 gil.
    金をだそう -||- I’ll pay.
    ふざけるな! -||- Don’t be ridiculous!
ハット [JP-exclusive Text Entry] Hatto:
「ホ、ホントに70000ギルを?」 -||- R, really? For 70,000 gil?
    本気だ -||- I’m serious.
    やっぱりやめておこう -||- I’ll pass.
ハット [JP-exclusive Text Entry] Hatto:
「おお、なんとなんと! -||- Oh, is that so!
 あなたがたのような人が -||- To think that folks like
 そんな大金を!」 -||- you could be that rich!
「人は見かけに…… -||- Can’t judge a book by its...
 いえいえ、ただのひとりごとで。 -||- Nevermind, just a little saying.
 では、お教えしましょう。 -||- Alright, I’ll tell you.
「いいですか…… [JP-exclusive Text Entry] OK... the password
 合言葉は『市長最高』 -||- is “The Mayor Is Awesome”.
 『市・長・最・高』です」 -||- “The-Mayor-Is-Awesome”.
「ま、ハッキリ言えばおせじですな。 -||- If you say it clearly, it’s a compliment.
 それでよろこぶんだから -||-
 単純なものです」 -||-
「あ、今のは市長にはナイショですよ!」 -||- But keep this a secret from the mayor!
ハット Hart
「ハア、そうですか。 “…I see.
 ではしかたありませんね」 Then, I guess that's that.”
「がんばってご自分で “Good luck
 見つけてください」 finding it on your own.”
「どうしてもわからなかったら “If you decide you want help.
 またどうぞ。 I'll just be right over here.
 いつでもお教えしますよ……」 Ready to tell you anytime…”
「ハイハイ。何がお望みで?」 “What can I do for you?”
    さっきのヒントをもう1度 {Choice}Give me the hint again
    次のヒントを {Choice}Give me the next hint
    なんでもない {Choice}Uh, nothing
ハット Hart
「ええ、いいですとも。 “Sure, sure.
 いいですとも」 All right.”
「市民のみなさんに “As a public servant,
 サービスすることこそ it's my job to serve
 わたくしたち役人のよろこび」 the needs of the people.”
「こころよくヒントを “So here's a hint…”
 お教えしましょう!
「……500ギルで」 “…for 500 gil.”
    金をだそう {Choice}Give him the money
    ふざけるな! {Choice}Forget it!
「……1000ギルで」 “…for 1000 gil.”
    金をだそう {Choice}Give him the money
    ふざけるな! {Choice}Forget it!
「……2000ギルで」 “…for 2000 gil.”
    金をだそう {Choice}Give him the money
    ふざけるな! {Choice}Forget it!
「……5000ギルで」 “…for 5000 gil.”
    金をだそう {Choice}Give him the money
    ふざけるな! {Choice}Forget it!
「……15000ギルで」 “…for 15000 gil.”
    金をだそう {Choice}Give him the money
    ふざけるな! {Choice}Forget it!
ハット Hart Hut:
「なんでもお答えしますよ?」 “What do you want to know?” I’ll answer anything! Then which line is used in the JP game in this scenario?!
    助けてくれ {Choice}HELP Please help.
    助けなどいらない {Choice}Forget it I don’t need any help.
ハット Hart
「おやおや。 “Hey now!
 お金がたりないようですが?」 You're a bit short.”
「今どきスラムの道具屋だって “No one works on credit nowadays…
 ツケはききませんよ……」 not even stores in the slums.”
ハット Hart
「しかし、これだけの “I can't believe it! I gave you all
 ヒントでもわからないとは……」 these hints, and you STILL don't get it?”
「あなたがた、やっぱりスゴイ人だ。 “You guys are amazing!
 いろんなイミで」
「こうなったらもう Really, amazing…”
 ズバリ合言葉をお教えします! “Well, seeing as things have come to this,
ハット Hart
「これはこれは…… “Oh, my…well,
 ありがとうございます。 Thank you very much.”
「いいですか。 “Now listen.
 このフロアには神羅カンパニーの On this floor are four research libraries
 4つの部門の資料室があります」 for four different sections of Shinra, Inc….”
「合言葉はその4つの資料室に “Parts of the password are hidden
 かくされています」 in each of the libraries.”
「各部屋の資料をよ~く “Pay careful attention to the files
 調べてみてください」 in each room.”
「資料室の名前は “The name of each library is written
 ドアの横のプレートに on the plaque outside the door.”
 書いてあります」
「いいですか。 “Now, in each library will be one file
 どの資料室にも1つだけ mixed in from another library.”
 他の部の資料が
 まぎれこんでいるはずです」
「その資料の数字と “Look carefully at the numbers
 ファイル名をよく見ると……」 on each file.”
「いいですか。 “There is a number at the beginning
 すべての資料には of each file name.”
 数字がついています」
「各部屋にまぎれこんでいる “Look at the number on
 資料の名前を、その数字と the files that don't belong
 見くらべてください」 in that library.”
「『4』と書いてある資料なら “If the file starts with a 4,
 名前の4文字目を…… then check the fourth letter and…
 もう、おわかりでしょ?」 well, you get the idea.”
ハット Hart
「次のヒントって…… “What do you mean the next hint?
 もう、ズバリ答えを I've practically told you, didn't I?”
 言っちゃったじゃないですか!」
「……わかりました。 “…all right.
 特別にわたくしのカードキーを Since this seems like a special case,
 さしあげましょう!」 I'll give you MY key card!”
ハット Hart
「もしプレジデント神羅に “If you run into President Shinra,
 会っても、わたくしのことは please don't tell him about this.”
 言わないでくださいよ」
「これ以上神羅に “I can't be a partner to
 イジメられるのは anymore trouble for Shinra.”
 ゴメンですからね……」
ドミノ
「なんと、1回でズバリあてるとは……」 “I never thought you'd
「ひとは見かけによらないものだ。 “Just goes to show you can't
 まあいい、約束は約束だ。 judge a book by its cover.
 これもやろう」 Oh well, a promise is a promise.
『ぞくせい』のマテリアを手にいれた! Received "Elemental" Materia!
これいじょうマテリアは持てません。 You cannot take on any more Materia.
なにかマテリアをすててください。 Please discard some Materia.
ドミノ Domino
「……なんだ、アレはいっぱいか。 “What…full already?
 アレに空きができたら、またきたまえ」 Come back again when it's empty.”
『エリクサー』を手にいれた! Received "Elixir"!
『エーテル』を手にいれた! Received "Ether"!
『ポーション』を手にいれた!- Received "Potion"!
ドミノ Domino
「フン、そこそこ頭は “Hmm.
 はたらくようだ」 It appears you're not completely stupid.”
「いいだろう、これを “Fine then, take this.”
 うけとりたまえ」
ドミノ Domino
「なるほど…… “I see…
 ま、キミらならこんなものかな」 For you…this might be best.”
「それでは、キミたちに “Then,
 あげるのもこんなものだ」 this is for all of you.”
ドミノ Domino
「やれやれ、やっとあてたか……」 “Hoo boy! You finally got it?”
「やはり頭を使うのは “You all really don't use
 苦手かね?」 your heads much, do you?”
「……まあいい。 “……What the hey.
 とっておきたまえ」} Here, just take it anyway.”
ここは科学部門の資料室です。 This is the Scientific Research Library.
他の3つの資料室にはそれぞれ…… Materials for the…
都市開発部門 Urban Dev. Library
治安維持・兵器開発部門 Peace/Weapon Dev. Library
宇宙開発部門 Space Dev. Library
の資料が保管されています。 are held in their respective libraries…
   持ちだし禁止! Materials are non-circulating!
このフロアの資料はすべて Please do not remove any
外部に持ちだすことを Materials from this floor.
禁じられています。
2 神羅プレート都市の 2Problems with Plate
  設計とその間題点 construction in Midgar
2 魔晄炉建造工事 5Reactor Construction Chart
  都市部着工予定表
8 魔晄炉建造工事 6Reactor Construction Chart
  都市部着工予定表
6 魔晄兵器の長期使用に 4Ranks and extended use
    関する特別規定 of Mako weaponry
1 魔晄兵器の長期使用に 24Ranks and extended use
    関する特別規定 {Choice} of Mako weaponry
4 ミッドガル区分地図 4Midgar City map: Sectors 0-4
   0番街~4番街
5 ミッドガル区分地図 9Midgar City map: Sectors 5-8
   5番街~8番街
6  図説 カトー式都市空間工法 3An illustrated guide to
1  ジェノバプロジェクト 4The Jenova Project
     経過報告書
  神羅カンパニー科学部門
2 ミッドガル周辺に生息する 6Data on experimental
  突然変異生物実験データ animals living near Midgar
3    ガストファイル 3File on Dr. Gast, Biologist
 生物博士ガスト・ファレミス
7   歴史の中の古代種 14The Ancients in History
 生物博士ガスト・ファレミス
3 新都市建設計画書 8New plans for Urban Planning
1 新都市建設計画書 10New plans for Urban Planning
5 生物体の高レベル魔晄による 4Report on high Mako levels
     影響に対する調査 in living beings
4 生物の爆発的進化と 2Mako energy and the rise
   魔晄エネルギー in life forms
6 地上生物の最終進化論 8Final evolutionary stages
8 伝承における古代種の 1Biological characteristics
    生物学的特性 of the Ancients
[COULDN'T FIND IT] 10Biological characteristics
[COULDN'T FIND IT] of the Ancients
2  宇宙開発部門 16Modern history of
  栄光の歴史 上巻 Midgar space program vol. 1
4  宇宙開発部門 19Modern history of the
  栄光の歴史 下巻 Midgar Space Dev Program Vol. 2
9 魔晄エネルギーの低下と 7Diminishing Mako energy
      惑星運動 and Planet movements
5 大型飛行機械「ヨナイ79式」 1Results of failed space mission
    宇宙進出計画の失敗 "YA-79"
6 神羅ロケットエンジンと 6Shinra rocket space travel
    大陸間航行機
1  最終予算報告書 7Economic report: Space Dev Program
  神羅宇宙開発部門
1  マテリアの製造および 10Materia production and its military uses
 その軍事的利用に関する権利
2 特別治安維持法 3Special peace keeping law
  ハイデッカー私案
1 神羅特別治安維持法 1Heidegger's Shinra peace keeping law
   ハイデッカー私案
3 クラス別ソルジャー配備データ 1Breakdown of SOLDIER members by class
4 新式地上兵器開発プラン 3Plan for new land weapons
6 ミッドガル治安白書 4Midgar crime white paper
  反神羅勢力の現状
7 神羅プレート都市の 2Problems with Plate
  設計とその間題点 construction in Midgar
ここは宇宙開発部門資料室です。 This is the Space Dev Research Library.
各資料室の場所については Click on the plate in front of
部屋の前にあるプレートを each library to see which it is.
ごらんください。
ここは治安維持部門および This is the Public Order/Weapon
兵器開発部門の資料室です。 Development Library.
せいりせいとんを忘れずに! Return materials where you found them.
他の部門の資料と Do not mix materials from other libraries.
間違えないようにしましょう。
2  宇宙開発部門 16Modern history of
  栄光の歴史 上巻 Midgar space program vol. 1
4  宇宙開発部門 17Modern history of
  栄光の歴史 下巻 Midgar space program vol. 2
5 大型飛行機械「ヨナイ79式」 1Results of failed space mission "YA-79"
    宇宙進出計画の失敗
6 神羅ロケットエンジンと 6Shinra rocket space travel
    大陸間航行機
6 地上生物の最終進化論 8Final evolutionary stages
1  最終予算報告書 2Economic report: Space Dev Program
  神羅宇宙開発部門
5  マテリアの製造および 10Materia production and its military uses
 その軍事的利用に関する権利
2 特別治安維持法 3Special peace keeping law
  ハイデッカー私案
1 神羅特別治安維持法 14Heidegger's Shinra peace keeping law
  ハイデッカー私案
3 クラス別ソルジャー配備データ 1Breakdown of SOLDIER members by class
4 新式地上兵器開発プラン 2Plan for new land weapons
7 ミッドガル治安白書 7Economic report: anti-Shinra activities
  反神羅勢力の現状
2 神羅プレート都市の 2Construction of Midgar city
  設計とその間題点 plates and their problems
2 魔晄炉建造工事 5Reactor construction chart
  都市部着工予定表
6 魔晄兵器の長期使用に 24Ranks and extended use of Mako weaponry
    関する特別規定
1 魔晄兵器の長期使用に 4Ranks and extended use of Mako weaponry
    関する特別規定
4 ミッドガル区分地図 4Midgar City Map: Sectors 0 - 4
   0番街~4番街
5 ミッドガル区分地図 9Midgar City Map: Sectors 5 - 8
   5番街~8番街
6  図説 カトー式都市空間工法 3An illustrated guide to city planning
1  ジェノバプロジェクト 1Jenova Project
     経過報告書
  神羅カンパニー科学部門
2 ミッドガル周辺に生息する 6Data on experimental animals
  突然変異生物実験データ living near Midgar
3   ガストファイルα 4File on Dr. Gast, biologist
 生物博士ガスト・ファレミス
4   ガストファイルβ 4File on Dr. Gast, biologist
 生物博士ガスト・ファレミス
3 新都市建設計画書 10New plans for urban planning
5 生物体の高レベル魔晄による 4Report of high Mako levels in life forms
     影響に対する調査
4 生物の爆発的進化と 2Mako energy and the rise in life forms
   魔晄エネルギー
6 伝承における古代種の 6Biological Characteristics of the Ancients
    生物学的特性
9 魔晄エネルギーの低下と 15Diminishing Mako energy and
      惑星運動} Planet movements
「ピピッ…… "…beep…beep…
 このドアをあけまスか?」 Open the door?"
    あける {Choice}Yes
    やめておく {Choice}No
「ピピッ…… "…beep…beep…
 カードキー照合…… …verifying keycard…
 ……………… …{!}{Pause:Wait}…{!}{Pause:Wait}…
「Bランク社員ト確認。 "Level B employee: verified.
 アナタは、このフロアのドアを You are permitted to open doors
 3回まで開けルことが許可されましタ」 on this floor up to three times."
「チュウイ。 "blip…
 アイテムクーポンをもラったら If you receive an item coupon,
 わすれズに、アイテムと交換しまショう」 remember to exchange it for an item."
「ケイコク。キケンですから "…Warning…do not enter the
 むやみに通気ダクトを air conditioning ducts,
 のぞクのはやめまショウ」 they are very dangerous..."
「……ガ…… "…ga…
 ……ガガ……ガ……」 …gaga…ga..."
「ピピッ…… "…bing…bing…
 コマンドを入力してくだサい」 Enter command
    オールクリア {Choice}All Clear
    クーポンチェンジ {Choice}Coupon Change
「クーポンをアイテムに "You can exchange your coupons
 かえることができまス。 for items. Here are
 もラえるアイテムは……」 the items you can have..."
「Aクーポン……『星のペンダント』 "A coupon…'Star Pendant'
 Bクーポン……『フォウスロット』 B coupon….'Four Slots'
 Cクーポン……マテリア『ぜんたいか』」 C coupon….'All' Materia"
「ただし、クーポンチェンジ後の "Please use caution…once you have
 オールクリアはでキません。 exchanged coupons for items you
 ゴちゅういくださイ」 may not select 'All Clear'."
「クーポンチェンジしまスか?」 "Exchange coupon?"
    ああ…… {Choice}Yeah……
    やめておく {Choice}Naw
「……………… "…{!}{Pause:Wait}…{!}{Pause:Wait}…{!}{Pause:Wait}
 クーポンチェンジ完了」 Coupon exchange complete."
「ピピッ…… "…bing…bing…
 もう一度ハジメから Start again from the beginning?"
 やりなおしまスか?」
「ただしこのフロアで "The information and materials you
 手にいれタ記録、資料なども received on this floor
 すべてクリアされまス」 will all be cleared."
「クリアしまスか?」 "Clear them?"
    ああ…… {Choice}Yeah…
    やめておく {Choice}No
「……………… "…{!}{Pause:Wait}…{!}{Pause:Wait}…{!}{Pause:Wait}
 クリア完了」 Cleared."
「アナタは、このフロアのドアを "You are permitted to open
 3回まで開けルことが許可されましタ」 any door on this floor up to three times."
「ピピッ…… "Bi, bing…
 アナタはすでに3回 You have opened three doors."
 ドアをあけていまス」
「コンピュータにアクセスすれば "If you access the computer,
 もう1度ハジメから You can begin
 やりなおすことができまス」 this process one more time."
『星のペンダント』を手にいれた! Received "Star Pendant"!
『きんのすなどけい』を手にいれた! Received "Hourglass"!
『ぜんたいか』のマテリアを手にいれた! Received "All" Materia!
『フォウスロット』を手にいれた! Received "Four Slot"!
『グローランス』を手にいれた! Received "Glow Lance"!
CLOUD {Cloud}
「通気ダクトか…… “An air-duct…
 こちらからは It doesn't look like
 もぐりこめそうにないな」 I can climb in here.”
CLOUD {Cloud}
「通気ダクトか……」 “An air-duct…”
    もぐりこんでみるか {Choice}Climb in and look around
    ほうっておこう {Choice}Leave it alone
キーアイテム『Aクーポン』を手にいれた! Received Key Item "A Coupon "!
キーアイテム『Bクーポン』を手にいれた! Received Key Item "B Coupon "!
キーアイテム『Cクーポン』を手にいれた! Received Key Item "C Coupon "!
「ピピッ…… "…beep…beep…
 あなタはクーポンをもっていまセん」 You do not have any coupons."
「ピピッ…… "…beep…beep…
 クーポンチェンジ後の After you have exchanged coupons
 オールクリアはでキません」 you may no longer use 'All Clear'."
これいじょうマテリアは持てません。 You cannot take on more materia.
なにかマテリアをすててください。 Please discard some materia.
「マテリア『ぜんたいか』を "Your 'All' Materia was
 Cクーポンにもどしましタ」} returned for a C Coupon."
「ハーハー…… “…huff…wheeze…
 最近おなかのあたりが I'm trying to get rid
 気になりだして……」 of my love-handles…”
「フーフー…… “…huff…puff…
 つかれたらとなりの部屋で If you get tired, you can
 やすむといいわよ」 rest up in the next room.”
「フンッ、フンッ…… “Hmph, hmph…
 このビルの警備をあずかる I'm head of building security
 者として、体力には so stamina's very important to me.”
 気をつかっているのだ」
「ビジターの方でございますね。 “You must be a visitor.
 あいているマシンはご自由に Feel free to use any
 ご利用ください」 open machine.”
CLOUD {Cloud}
「仮眠室か……」 “A nap room…”
    休んでいこう {Choice}Let's get some rest
    先を急ごう {Choice}Let's move on
「グーゴー…… “…zzz…
 たのむ……から Please…let me…
 ゆっくりねかせてくれ……」 get some…rest…”
『フェニックスの尾』を手にいれた! Received "Phoenix Down"!
『エーテル』を手にいれた! Received "Ether"!
『マーベラスチアー』を手にいれた! Received "HP Shout"!
CLOUD {Cloud}
「何だこれ……メガホン?」 “What is this…a Megaphone?”
「こんなもの持っていっても “Hanging on to
 しょうがないな」 this won't do any good…”
  カギがかかっている……   Locked…
  中にはなにもない……   There's nothing inside…
   故障中です Out of Order
他の階をご利用下さい Please use a different floor
神羅カンパニー修理課 Shinra Company Repair Management Department
「体力回復にこの1本!! “Take one to restore your energy!!
 『神羅ジム特製ドリンク』」 'Shinra Gym Health Drink'”
「250ギルにて発売中!!」 “Only 250 gil!!”
    買ってみるか {Choice}Try it out
    やめておこう {Choice}Don't try it
CLOUD {Cloud}
「……何もでてこないな」 “…Nothing…”
「…………」 “…”
CLOUD {Cloud}
「……こわれているのか?」 “…Is it broken?'”
    ガンガンたたく {Choice}BANG on it
    あきらめよう {Choice}Give up
「ちょっと、なにするんですか! “Sir, what are you doing!?
 乱暴はやめてください!」 No violence here, please!”
『マインドアップ』を手にいれた! Received "Mind Source"!
『スピードアップ』を手にいれた! Received "Speed Source"!
CLOUD {Cloud}
「…………」 “….”
    やってみようか? {Choice}Should I try it?
    バカバカしい {Choice}This is so stupid
CLOUD {Cloud}
「フウ……」 “Whew…”
    そろそろやめよう {Choice}Better quit
    もうすこしつづけよう {Choice}Just a bit longer
CLOUD {Cloud}
「ほんのすこし “I think I feel
 身が軽くなったような…… a little lighter…
 気がするな」} Maybe just a bit…”
カギがかかっている……} Locked…
CLOUD {Cloud}
「ミッドガル…… “A model of Midgar…a city born
 魔晄エネルギーを吸い出し from the earth's Mako.”
 生きつづける都市の模型か……」
「模型が価けている……」 “Some parts are missing…”
    ミッドガルパーツをはめよう {Choice}Insert the Midgar parts
    ほうっておこう {Choice}Leave it alone
CLOUD {Cloud}
「……なにかが開いたような “…Sounds like
 音がしたな……」 something opened up…”
キーアイテム『カードキー66』を手にいれた! Received Key Item "Keycard 66"!
CLOUD {Cloud}
「ミッドガル…… “Midgar…a city born
 魔晄エネルギーを吸い出し from the earth's Mako.
 生きつづける都市の模型か……」 A model of the city…”
「この建設中の6番街が “When construction of Sector 6
 完成したとき、神羅の finishes, Shinra's plan
 野望も完全なものとなる」 will be complete.”
「その野望のために “That must be why he took
 AERITHを……?」} {Aeris}…”
“They're having another executive meeting. “They're having another executive meeting.
I wonder if it's about that Plate incident.” I wonder if it's about that Plate incident.”
“Sittin' here facing the monitor…day in, day out… “Sittin' here facing the monitor…day in, day out…
I kinda feel……forced…into doing it. I kinda feel……forced…into doing it.
And I just don't have any motivation.” And I just don't have any motivation.”
“Hey, when you're in the bathroom, do you ever “Hey, when you're in the bathroom, do you ever
hear whispers coming from somewhere?” hear whispers coming from somewhere?”
“関係ないけどよ。 “Is it just me or does the
あの会議室って、何か臭くないか? Conference Room smell?
どこかから臭ってくるんだよな…… END} There's some sort of stench
「なんかこう、生きがいって coming from somewhere…”
ものを感じるよな。 “It gives me the feeling that I AM alive.
世界をこの手で動かしているっていう The feeling of moving this world,
この感じ」END} just with my hands.”
“はぁ~ “Whew, I'm so sick of carrying all these files…”
もうファイル運びはうんざり……」{NewScreen}
「でもいろんな男の人との出会いがある。 “But I get to meet lots of guys.
それがOLの特権ね!」END} I guess that's the benefit of being a secretary!”
“Hello…!! “Hello…!!
“Hello…!! “Hello…!!
“Hello…!! “Hello…!!
“Hello…!! “Hello…!!
“さあ、私たちで魔晄の未来をつくるのよ!”{END} “Come on, we're building the future of Mako!”
“…………………… “……………………
…………………… ……………………
…………………… ……………………
…………………… ……………………
…………………… ……………………
…………………… ……………………
………………ふう”{END} “Phew!”
BARRET {Barret}
「ヒュ~! “Geez--!
そうそうたる顔ぶれだぜ」{END} That's a lotta suits!”
Reeve Reeve
「7番街の被害報告が出ました」 NewScreen} “We have the damage estimates for Sector 7.”
「すでに稼動していた工場部分と “Considering those factories we already set up
現在までの投資額を考えると and all the investments,
我が社の損害は the damage is estimated
100億ギルはくだらないかと……」END} at approximately 10 Billion gil…”
リーブ Reeve
「また7番プレートの再建にかかる “The estimated cost to rebuild Sector 7 is…”
費用は……」{END}
プレジデント神羅 President Shinra
「再建はしない」”{END} “We're not rebuilding.”
リーブ Reeve
「は?」END} “What?”
プレジデント神羅 President Shinra
「7番プレートはこのまま放っておく」 “We're leaving Sector 7 as it is.”
「そのかわりに “And restarting the Neo-Midgar plan.”
ネオ・ミッドガル計画を再開する」END}
リーブ Reeve
「……では、古代種が?」END} “…then the Ancients?”
プレジデント神羅 President Shinra
「約束の地はまもなく “The Promised Land will soon be ours.”
我々のものになるだろう」END}
プレジデント神羅 President Shinra
「それから各地の魔晄料金を “I want you to raise the Mako rates
15%値上げしたまえ」END} 15% in every area.”
パルマー Palmer
「値上げ値上げ! “Rate hike! Rate hike!
うひょひょひょひょ! Tra, la, la!
ぜひ我が宇宙開発部にも予算を!」 And please include our Space Program
プレジデント神羅 President Shinra
「魔晄料金値上げによる差益は “Reeve and Scarlet will divide the
リーブくんとスカーレットくんで extra income from the rate increase.”
分配したまえ」
パルマー Palmer
「いいないいな!」END} “Oh man!”
リーブ Reeve
「プレジデント。 “Sir. If you raise the rates,
これ以上の魔晄料金の値上げは the people will lose confidence…”
住民の不満をまねき……」{END}
プレジデント神羅 President Shinra
「だいじょうぶだ」(NewScreen) “It'll be all right.”
「おろかな住民たちは不満をどころか “The ignorant citizens won't lose confidence,
ますます神羅カンパニーに they'll trust Shinra, Inc. even more.”
信頼をよせることになる」END}
ハイデッカー Heidegger
「ガハハハハ!」NewScreen} “Ha ha ha!”
「テロリストどもから “After all, we're the ones who saved
7番街の市民を救ったのは Sector 7 from AVALANCHE!”
神羅カンパニーですからな!」END}
BARRET {Barret}
「汚ねえ……」 “That dirty #$*$^”
プレジデント神羅 President Shinra
「おお、宝条くん。 “Hojo.
あの娘はどうかね」 How's the girl?”
宝条 Hojo
「サンプルとしては母親におとる。 “As a specimen, she is inferior to her mother.
母親イファルナとの比較中だが I'm still in the process of comparing
初期段階で相違が18%」 her to her mother, Ifalna,
プレジデント神羅 President Shinra
「その検査にはどれくらいかかる?」 “How long will the research take?”
宝条 Hojo
「ざっと、120年。 “Probably 120 years.
我々が生きてるあいだは無理だろう。 It's probably impossible to finish
もちろんあのサンプルもな」 in our lifetime.
宝条 Hojo
「だから古代種を繁殖させようと思うのだ。 “That's why we're thinking of breeding her.
しかも、長命で実験に耐えうる Then we could create one that could withstand
強さを持たせることができる」 our research for a long time.”
プレジデント神羅 President Shinra
「約束はどうなる? “What about the Promised Land?
計画に支障はでないのか?」END} Won't it hinder our plans?”
Hojo Hojo
「……そのつもりだ。 “That's what I need to plan.
母は強く……そして弱みを持つ」END} The mother is strong…
CLOUD {Cloud}
「いまのはAERITHの話……だよな」END} “They were talking about
BARRET {Barret}
「わかんねえ」END} “I dunno.”
TIFA {Tifa}
「たぶん、ね」END} “Probably.”
CLOUD {Cloud}
「あとをつけよう」END} “Let's follow 'em.”
スカーレット Scarlet
「臭うわね……」END} “Something stinks…”
神羅 President Shinra
「では、会議を終わる」END} “That concludes our meeting.”
汚いから長そうか? Flush?
登ってみようか? Climb up?
やっぱり出よう{END} Get out of here
CLOUD {Cloud}
「宝条……ってやつか……」END} “Hojo…huh…?”
BARRET {Barret}
「思い出したぜ」END} “I remember him.”
BARRET {Barret}
「あの宝条ってやつ。 “That Hojo guy.
神羅の科学部門の責任者だ。 He's in charge of the Shinra's
CLOUD、知らねえのか?」END} {Cloud}, don't you know him?”
CLOUD {Cloud}
「じっさい見るのは初めてだ。 “This is the first time I've actually ever seen him.
そうか……あいつが……」END} So…that's what he looks like…”
「今日の実験サンプルはそいつですか?」END} “Is this today's specimen?”
宝条 Hojo
「そうだ。すぐ実験にとりかかる。上の階をあげてくれ」END} “Yes.
宝条 Hojo
「かわいいサンプルよ……」END} “My precious specimen…”
TIFA {Tifa}
「かわいいサンプルよ…か」END} “Precious specimen…?”
TIFA {Tifa}
「生物実験に使われるのかな?」END} “Is it going to be used for
CLOUD {Cloud}
“……A monster.”{END} “……A monster.”
TIFA {Tifa}
“You all right?”{END} “You all right?”
CLOUD {Cloud}
「ジェノバ……」END} “Jenova…”
CLOUD {Cloud}
「ジェノバ…… セフィロスの…… そうか……ここに運んだのか」END} “Jenova…
TIFA {Tifa}
「CLOUD、しっかりして!」END} “{Cloud}, be strong!”
CLOUD {Cloud}
「見たか?」END} “Did you see it?”
BARRET {Barret}
「何を?」END} “See what?”
CLOUD {Cloud}
「動いてる……生きてる?」END} “It's moving……still alive?”
BARRET {Barret}
「何だい、この首なしは? けっ、バカバカしい。さっさと行こうぜ」END} “Where's its $#&*&@ head?
“さて……と “Let's see…
宝条さんに頼まれた The specimen Hojo asked me for is…”
サンプルわ……と{END}
「奥のサンプル運搬用エレベーターは “That elevator back there is only The use of that sample transport elevator back Is only triggered when the PPV = 280. This is the same guy that says "Let's see… The specimen Hojo asked me for is…"
 使用禁止だよ。68階の研究室に to transport Specimens. there is forbidden. It's useful since it goes The PPV is set to 278 right before you rescue Aeris then jumps to 284 after the party leaves for the 66th floor elevator.
 直結しているから便利なんだけどね」 You can't use it. right to the 68th floor lab, though. So the PPV is actually never exactly 280.
CLOUD {Cloud}
“AERITH!”{END} “{Aeris}!”
宝条 Hojo
「AERITH? ああ、この娘の名前だったな。何か用か?」END} “{Aeris}?
{CLOUD {Cloud}
「AERITHを返してもらおう」END} “We're taking {Aeris} back.”
宝条 Hojo
「…………部外者だな」END} “Outsiders……”
BARRET {Barret}
「最初に気づけよ」END} “Shoulda noticed it earlier, you…”
宝条 Hojo
「世の中にはどうでもいいことが多いのでな」END} “There's so many frivolous things in this world.”
宝条 Hojo
「私を殺そうというのか? それはやめた方がいいな」NewScreen} “Are you going to kill me?
「ここの装置はデリケートだ。私がいなくなったら操作できまい? ん?」END} “The equipment here is extremely delicate.
CLOUD {Cloud}
「くっ」END} “Ugh.”
宝条 Hojo
「そうそう。こういう時こそ論理的思考によって 行動することをおすすめするよ」END} “That's right.
宝条 Hojo
「さあ、サンプルを投入しろ!」END} “Now, bring in the Specimen!”
CLOUD {Cloud}
「何をする気だ!」END} “What do you think you're doin'?”
宝条 Hojo
「滅びゆく種族に愛の手を…… どちらも絶滅まぢかだ」END} “Lending a helping hand to
宝条 Hojo
「私が手を貸さないと この種の生物は滅んでしまうからな」END} “If I don't help, all these animals will disappear.”
TIFA {Tifa}
「……生物? ひどいわ! AERITHは人間なのよ!」END} “…animal? That's terrible!
BARRET {Barret}
「許せねえ!」END} “You're gonna pay!”
AERITH {Aeris}
「CLOUD、助けて!」END} “{Cloud}, help!”
CLOUD {Cloud}
「BARRET! 何とかならないのか?」END} “{Barret}!
BARRET {Barret}
「ええい!! さがってろ!」END} “Awright!!
宝条 Hojo
「やめろ!!」END} “Stop!!”
宝条 Hojo
「な、なんていうことだ。大事なサンプルが……」END} “Wh…what are you do--
Hojo Hojo
“Take care of the rest!”{END} “Take care of the rest!”
宝条 Hojo
「今度はこんなハンパな奴ではないぞ。もっと凶暴なサンプルだ!」END} “This is no ordinary specimen.
CLOUD {Cloud}
「今のうちにAERITHを!」END} “Now's our chance to get {Aeris}!”
AERITH {Aeris}
「ありがと、CLOUD」END} “Thanks, {Cloud}.”
TIFA {Tifa}
「どうしたの? CLOUD……」END} “{Cloud}…what's wrong?”
CLOUD {Cloud}
「……エレベーターが動いてる」END} “…The elevator is moving.”
BARRET {Barret}
“Oh shit… “Oh shit…
「あいつは少々手強い。私の力を貸してやる」END} “He's rather strong.
TIFA {Tifa}
「しゃべった!?」END} “It talked!?”
「あとでいくらでもしゃべってやるよ、おじょうさん」END} “I'll talk as much as you want later, Miss.”
CLOUD {Cloud}
「あの化け物は俺たちがかたづける」NewScreen} “We'll take care of that monster.”
「誰かAERITHを安全な所へ……」EOL} “Somebody take {Aeris}
{Tifa}, I'm countin' on you! {Tifa}, I'm countin' on you!
{Barret}, take care of her! {Barret}, take care of her!
CLOUD {Cloud}
「おまえの名前は?」END} “What's your name?”
RED XIII {Red XIII}
「宝条は私をRED XIIIと名づけた。私にとって無意味な名前だ。好きなように呼んでくれ」END} “Hojo has named me, Red XIII.
CLOUD {Cloud}
「さあ、かかってこい!」END} “Come on!”
“You must be the leader? Come on!”{END} “You must be the leader? Come on!”
BARRET {Barret}
“I'll take AERITH!”{END} “I'll take {Aeris}!”
TIFA {Tifa}
“I'll take AERITH!”{END} “I'll take {Aeris}!”
CLOUD {Cloud}
「AERITH、だいじょうぶか?」END} “{Aeris}, you all right?”
TIFA {Tifa}
「だいじょうぶみたいよ。……いろんな意味でね」END} “She seems all right,
RED XIII {Red XIII}
「……私にも選ぶ権利がある。二本足は好みじゃない」END} “I have a right to choose, too.
BARRET {Barret}
「おまえ、なんだ?」END} “What are you?”
RED XIII {Red XIII}
「興味深い問いだ。しかし、その問いは答え難いな。私は見てのとおり、こういう存在だ」 “An informed question. But difficult to answer.
RED XIII {Red XIII}
「……いろいろ質問もあるだろうが とりあえずここから出ようか。道案内くらいなら付きあってやる」END} “…You must have many questions, but
AERITH {Aeris}
「CLOUD…… やっぱり、来てくれたのね」END} “{Cloud}…
AERITH {Aeris}
Eaaaaghhh!{END} Eaaaaghhh!
RED XIII {Red XIII}
「さっきは失礼したな。宝条を油断させるために演技をしたつもりだったが……」END} “I apologize for what happened back there.
AERITH {Aeris}
“…….”{END} “…….”
TIFA {Tifa}
“Let's go!”{END} “Let's go!”
BARRET {Barret}
「さあ、AERITHを助ければもうこんなビルには用はない! さっさと出ちまおうぜ」END} “Now we've saved {Aeris},
CLOUD {Cloud}
「5人で行動していたら目立つ。二手に別れよう」END} “If all five of us go together, we'll be noticed.
AERITH {Aeris}
“あとでね! “I'll see you later!!
【66階エレベーター】で待ってるから”{END} We'll be waiting at the {!}{Cyan}66th Floor Elevator{!}{White}.”
TIFA {Tifa}
先に行くわよ! “We'll be going first!
集合は【66階エレベーター】よ”{END} Meet at the {!}{Cyan}66th Floor Elevator{!}{White}.”
BARRET {Barret}
「あとでな! 【66階エレベーター】で合流だ!」END} “Later!
RED XIII {Red XIII}
「遅れるなよ。【エレベーター】の場所はわかっているな? 【66階】だぞ」END} “Don't be late.
ひゃっ!殺さないで “No! Please don't kill me.
宝条博士に言われてやっただけなんだ  I only did what Hojo told me to do.”
そのしょうこに……ほら “To prove it to you…here,
68階までのドアロックキーを this is the key card to the 68th Floor.
君たちにあげるよ。 Would I be doing this if I was the enemy?”
敵だったらこんな事するはずないだろ?
……ねっ?
BARRET {Barret}
“Damn, down.”{END} “Damn, down.”
TIFA {Tifa}
“Hurry up!”{END} “Hurry up!”
RED XIII {Red XIII}
“It'll come soon.”{END} “It'll come soon.”
BARRET {Barret}
“Alright, let's go!”{END} “Alright, let's go!”
TIFA {Tifa}
“Let's go!”{END} “Let's go!”
BARRET {Barret}
「どこ行くんだい? “Where you goin'?
 【66階エレベーター】 Everyone's waitin'
 みんな待ってるぜ」 at the {!}{Cyan}66th Floor Elevator{!}{White}.”
TIFA {Tifa}
「どこ行くの? “Where are you going?
 【66階のエレベータ】 Everyone's waiting for us
 みんな待っているわよ」 at the {!}{Cyan}66th Floor Elevator{!}{White}.”
AERITH {Aeris}
「そっちじゃない! “Not that way!
 みんなは【66階エレベータ】 Everyone's on the
 待っているわ」 {!}{Cyan}66th Floor Elevator{!}{White}.”
RED XIII {Red XIII}
「」} “”
カードキーを手にいれてません You don't have a Card Key
CLOUD {Cloud}
「お、おい! 何だ?」 “H, hey! What is it?”
ルード Rude
「上を押してもらおうか?」 “Would you press 'Up' please?”
CLOUD {Cloud}
「タークス? “Turks!
 ワナ……か」 Must be a trap…”
ツォン Tseng
「スリリングな気分をあじわえたと思うが…… “This must've been a real thrill for you…
 楽しんでもらえたかな?」 Did you enjoy it?”
CLOUD {Cloud}
「くっ……」} “Ggh…”
CLOUD Cloud}
「みんなもつかまったのか…… “They got you, too?”
 …………?」
CLOUD {Cloud}
「AERITHはどこだ!」 “Where is {Aeris}!?”
プレジデント神羅 President Shinra
「安全な場所にいる」 “In a safe place.”
プレジデント神羅 President Shinra
「あれは貴重な “She's the last
 古代種の生き残りだからな」 surviving Ancient…”
プレジデント神羅 President Shinra
「知らんのか? “Don't you know?
 自らをセトラと呼び、数千年の昔に生き They called themselves the Cetra, and lived
 今は歴史の中に埋もれてしまった種族」 thousands of years ago.
RED XIII {Red XIII}
「セトラ……あの娘が “Cetra…that girl
 セトラの生き残り?」 is a survivor of the Cetra?”
プレジデント神羅 President Shinra
「セトラ、すなわち古代種は “Cetra, or the Ancients, will show us
 我らに『約束の地』を教えてくれる。 the way to the 'Promised Land'.
 彼女には期待しているのだ」 I'm expecting a lot out of her.”
RED XIII {Red XIII}
「約束の地? “The Promised Land?
 それは言い伝えではないか?」 Isn't that just a legend?”
プレジデント神羅 President Shinra
「だからといって放っておくには “Even so, it's far too appealing
 あまりにも魅力的だ」 not to pursue.”
「約束の地は途方もなく豊かな土地と “It's been said the Promised Land is
 言われているからな」 very fertile.”
「……土地が豊かだということは」 “…If the land is fertile…”
BARRET {Barret}
「魔晄エネルギーだな!」 “then there's gotta be Mako!”
プレジデント神羅 President Shinra
「そのとおり。 “Exactly.
 そこでは金喰い虫の魔晄炉など That is why our money making
 必要ないのだ」 Mako Reactor is necessary.”
「豊富な魔晄エネルギーが “The abundant Mako will
勝手に吹き出してくる」 flow out on its own.”
プレジデント神羅 President Shinra
「そこに建設されるネオ・ミッドガル。 “That is where Neo-Midgar will be built.
 我が神羅カンパニーのさらなる栄光……」 Shinra's new glory…”
BARRET {Barret}
「ケッ! “@$#*^%!
 夢みてんじゃねえよ!」 Quit dreamin'!”
プレジデント神羅 President Shinra
「おやおや、知らないのか? “Oh really, don't you know?
 最近では金と力さえあれば These days all it takes for your
 夢はかなうのだ」 dreams to come true is money and power.”
プレジデント神羅 President Shinra
「さて、会見はこれで終わりだ」 “Well, that is all for our meeting.”
BARRET {Barret}
「待ちやがれ! “Hold it!
 テメエには言いたいことが I got a lot to say to you!”
 山ほどあるんだ!」
プレジデント神羅 President Shinra
「何かあるなら…… “If there's anything else…
 秘書をとおしてくれたまえ」 talk to my secretary.”
ルード Rude
「さあ! さがれ!」} “Come on! Outta his way!”
BARRETはどうしてるかな I wonder how {Barret} is doing
RED XIIIはどうしてるかな I wonder how {Red XIII} is doing
AERITHはどうしてるかな I wonder how {Aeris} is doing
RED XIIIはどうしてるかな I wonder how {Red XIII} is doing
AERITHはどうしてるかな I wonder how {Aeris} is doing
BARRETはどうしてるかな I wonder how {Barret} is doing
AERITHはどうしてるかな I wonder how {Aeris} is doing
AERITHはどうしてるかな I wonder how {Aeris} is doing
BARRETはどうしてるかな I wonder how {Barret} is doing
RED XIIIはどうしてるかな I wonder how {Red XIII} is doing
とりあえず眠っておこう Let's just get some sleep
RED XIIIはどうしてるかな I wonder how {Red XIII} is doing
とりあえず眠っておこう Let's just get some sleep
BARRETはどうしてるかな I wonder how {Barret} is doing
とりあえず眠っておこう Let's just get some sleep
とりあえず眠っておこう Let's just get some sleep
TIFA {Tifa}
「ヒソヒソ(逃げられるかな?)」EOL} “Psst (Can we get out?)”
TIFA {Tifa}
「ヒソヒソ(CLOUD、たのもしい!)」 “Psst ({Cloud}, you're so brave!)”
TIFA {Tifa}
“ヒソヒソ(弱気にならないでよ!} “Psst (Don't give up!)”
BARRET {Barret}
「おい」} “Hey!”
BARRET {Barret}
「AERITHは古代種で 古代種の本当の呼び名はセトラ」NewScreen} “{Aeris} is an Ancient
「それで古代種は約束の地って場所を知っていて、神羅はその約束の地が欲しい、と」END} “The Ancients know where the Promised Land is
BARRET {Barret}
「でも、約束の地ってのは 言い伝えに出てくるだけで 本当にあるのかどうかはわからねえ」} “I only heard stories 'bout
BARRET {Barret}
「これでいいのか?」} “Is that right?”
BARRET {Barret}
「約束の地には豊富な魔晄エネルギーがあると 神羅の連中は考えてる」} “The Shinra believe that the
BARRET {Barret}
「ってえことは、神羅はそこに行ったら また魔晄エネルギーをガンガン吸い上げちまうってことだ」.”{END} “Which means, if the Shinra get there,
BARRET {Barret}
「……そこも土地が枯れちまうな。星が……病んでいくわけだ」} “…and the land'll wither away.
BARRET {Barret}
「放っちゃおけねえ! アバランチ、メンバー募集だ」NewScreen} “I can't just leave 'em be.
「オレ、TIFA、CLOUD…… それにAERITHもだな」END} “Me, {Tifa}, {Cloud}…
BARRET {Barret}
「おめえ、どうだ?」} “How 'bout you?”
BARRET {Barret}
「つまんねえやろうだぜ」} “You're so damn boring.”
RED XIII {Red XIII}
「……………………じっちゃん」} “…………Grandpa.”
BARRET {Barret}
「じっちゃん!? へへへへ じっちゃん、ねえ……へへへへ」} “Grandpa!? Ha, ha, ha……
RED XIII {Red XIII}
「なにがおかしい」} “What's so funny?”
BARRET {Barret}
「いや、べつに……へへへ」 “Nothin'……ha, ha”
AERITH {Aeris}
「CLOUD、そこにいるの?」} “{Cloud}, are you there?”
CLOUD {Cloud}
「AERITH!? 無事か?」} “{Aeris}!? You safe?”
AERITH {Aeris}
「うん、だいじょぶ」} “Yeah, I'm all right.”
AERITH {Aeris}
「きっと、CLOUDが来てくれるって思ってた」} “I knew that {Cloud} would
CLOUD {Cloud}
「ボディーガード、依頼しただろ?」} “Hey, I'm your bodyguard, right?”
AERITH {Aeris}
「報酬はデート1回、だったよね?」} “The deal was for one date, right?”
TIFA {Tifa}
「…………………なるほど」} “…………oh, I get it.”
AERITH {Aeris}
「……!? TIFA! TIFAもそこにいるの!」} “…!? {Tifa}!
TIFA {Tifa}
「すいませんねえ」} “EXCUSE me.”
TIFA {Tifa}
「あのね、AERITH。質問があるんだけど」} “You know, {Aeris}.
AERITH {Aeris}
「な~に?」} “What?”
TIFA {Tifa}
「約束の地って本当にあるの?」} “Does the Promised Land really exist?”
AERITH {Aeris}
「……わからない」} “…I don't know.”
AERITH {Aeris}
「わたし、知ってるのは……」} “All I know is…”
『セトラの民、星より生まれ 星と語り、星を開く』NewScreen} “The Cetra were born from the Planet,
「えっと……それから……」”{NewScreen} “And……then…”
『セトラの民、約束の地へ帰る。至上の幸福、星が与えし定めの地』END} “The Cetra will return to the Promised Land.
TIFA {Tifa}
「……どういう意味?」} “…What does that mean?”
AERITH {Aeris}
「言葉以上の意味、知らないの」} “More than words……I don't know.”
CLOUD {Cloud}
「……星と語り?」} “…Speak with the Planet?”
TIFA {Tifa}
「星が何か言うの?」} “Just what does the Planet say?”
AERITH {Aeris}
「人が大勢いて、ざわざわしてるかんじ。だから何を言ってるのか よくわからないの」} “It's full of people and noisy.
CLOUD {Cloud}
「今も聞こえるのか?」} “You hear it now?”
AERITH {Aeris}
「わたし、聞こえたのはスラムの教会だけ。ミッドガルはもうダメだって 母さん……本当の母さんが言ってた」} “I, I only heard it at the Church in the Slums.
AERITH {Aeris}
「いつかミッドガルから逃げなさい。星と話して、AERITHの約束の地 見つけなさい」NewScreen} “Someday I'll get out of Midgar…
「……母さんが言ってた」NewScreen} “…That's what mom said.”
「大人になったら聞こえなくなるんだと思ってたけど……」END} “I thought I would stop hearing her
CLOUD {Cloud}
「どうしたんだ?」} “What's happened?”
CLOUD {Cloud}
「ドアが開いている…… いつの間に?」} “The door's open…
TIFA {Tifa}
“……”{END} “……”
CLOUD {Cloud}
「TIFA……起きろ!」} “{Tifa}…
TIFA {Tifa}
「どうしたの?」} “What's wrong?”
CLOUD {Cloud}
「ようすがおかしい。外を見てみろ」} “Something's wrong.
TIFA {Tifa}
「一体何があったのかしら……」} “This's kinda eerie…”
TIFA {Tifa}
「なんだか恐いわ……」} “I wonder what happened…”
CLOUD {Cloud}
「きっとここのカギを持っているはずだ……」} “He should have the key on him…”
CLOUD {Cloud}
「ほら、TIFAはAERITHを。俺はBARRETたちを助ける」} “Come on, {Tifa},
CLOUD {Cloud}
“AERITH”{END} “{Aeris}”
AERITH {Aeris}
「何かに襲われた……?」} “…What happened?”
AERITH {Aeris}
“Must've been attacked by…”{END} “Must've been attacked by…”
CLOUD {Cloud}
「BARRET、RED XIII……来てくれ。ようすが変なんだ」} “{Barret}, {Red XIII}
BARRET {Barret}
「どうやって入ってきた? どうして扉が開いているんだ!?」} “How'd you get in?
BARRET {Barret}
「どうしちまったんだよ?」} “The hell's goin' on!?”
RED XIII {Red XIII}
「人間の仕業ではないな」} “No human could've done this.”
RED XIII {Red XIII}
「私がこの先の様子を見てくる」} “I'll go on ahead.”
BARRET {Barret}
「こいつの後始末はオレにまかせて おまえらは先に行け。神羅に見つからねえうちによ!」} “I'll clean up back here,
TIFA {Tifa}
「さ、RED XIIIの後を追いましょう」} “Come on, let's follow {Red XIII}!”
RED XIII {Red XIII}
「ジェノバ・サンプル…… 察するに上の階に向かったようだ。奥のサンプル用エレベーターを使ってな」} “Jenova Specimen…
RED XIII {Red XIII}
「何か目的に向かっているような…… 上に……?」} “It looks like it leads up…”
CLOUD {Cloud}
“…Did it get away? “…Did it get away?
Jenova…? Jenova…?”
CLOUD {Cloud}
“Jenova too…”{END} “Jenova too…”
BARRET {Barret}
「死んでる…… “He's dead…
 神羅カンパニーのボスが死んだ……」 The head of Shinra is dead…”
TIFA {Tifa}
「この刀は?!」 “Then this sword must be…”
CLOUD {Cloud}
「セフィロスのものだ!!」 “Sephiroth's!!”
TIFA {Tifa}
「……セフィロスは生きているのね?」 “…Sephiroth is alive?”
CLOUD {Cloud}
「……そうみたいだな。 “…Looks like it.
 この刀を使えるのは Only Sephiroth can use that sword.”
 セフィロスしかいないはずだ」
BARRET {Barret}
「誰がやったっていいじゃねえか! “Who cares who did it!?
 これで神羅も終わりだぜ!」 This is the end of the Shinra!”
「うひょ!」 “Uh!”
パルマー Palmer
「こここここころさないでくれ!」 “P, p, p, please, don't kill me!”
CLOUD {Cloud}
「何があったんだ?」 “What happened?”
パルマー Palmer
「セ、セフィロス。 “Se…Sephiroth.
 セフィロスが来た」 Sephiroth came.”
CLOUD {Cloud}
「見たのか? セフィロスを見たのか?」 “Did you see him? Did you see Sephiroth?”
パルマー Palmer
「ああ、見た! この目で見た!」 “Yeah, I saw him! With my own eyes!”
CLOUD {Cloud}
「本当に見たんだな?」 “You really saw him?”
パルマー Palmer
「うひょっ! “Uh!
 こんな時にウソなんか言わない! Would I lie at a time like this!?
 それに声も聞いたんだ、うひょっ!」 I heard his voice, too!”
パルマー Palmer
「えっと『約束の地は渡さない』って “Um, he said something about
 ブツブツ言ってた」 not letting us have the Promised Land.”
TIFA {Tifa}
「それじゃあ、なに?」 “Then does that mean”
「約束の地っていうのは本当にあって “the Promised Land really does
 セフィロスは約束の地を exist and that Sephiroth's
 神羅から守るためにこんなことを?」 here to save it from Shinra?”
BARRET {Barret}
「いいやつじゃねえのか?」 “So he's a good guy then?”
CLOUD {Cloud}
「約束の地を守る? “Save the Promised Land?
 いいやつ? ちがう!!」 A good guy? No way!!”
「そんな単純な話じゃない! “It's not that simple! I know him!
 俺は知ってるんだ! Sephiroth's mission is different!”
 セフィロスの目的はちがう!」
BARRET {Barret}
「ルーファウス! “Rufus!
 しまった! アイツがいたか!」 &*%$! I forgot about him!”
TIFA {Tifa}
「誰なの?」 “Who's that?”
BARRET {Barret}
「副社長ルーファウス。 “Vice President Rufus.
 プレジデントの息子だ」 The President's son.”
RED XIII {Red XIII}
「名前だけなら、私も知っている」 “I only know his name.”
BARRET {Barret}
「長期出張中だって聞いてたぜ……」 “I heard that he'd been assigned somewhere
TIFA {Tifa}
「どんな人なのかしら……」 “I wonder what sort of person he is?”
AERITH {Aeris}
「血も涙もない、そう聞いたこと、あるけど」 “I've heard that no one's ever
ルーファウス Rufus
「そうか…… “So…
 やはりセフィロスは生きていたか。 So Sephiroth was actually here.
 ……ところで」 …By the way,”
ルーファウス Rufus
「おまえたちはなんだ?」 “just who are you?”
CLOUD {Cloud}
「元ソルジャー・クラス1ST。 “I'm {Cloud},
 CLOUDだ!」 ex-SOLDIER, First Class!”
BARRET {Barret}
「アバランチだ!」 “I'm from AVALANCHE!”
TIFA {Tifa}
「同じく!」 “Me too!”
AERITH {Aeris}
「……スラムの花売り」 “A flower girl from the slums.”
RED XIII {Red XIII}
「……実験サンプル」 “A Research Specimen.”
ルーファウス Rufus
「おかしな組み合わせだ」 “What a crew.”
ルーファウス Rufus
「さて、私はルーファウス。 “Well, I'm Rufus.
 この神羅カンパニーの社長だ」 The President of Shinra, Inc.”
BARRET {Barret}
「オヤジが死んだらさっそく社長か!」 “You're only President 'cause yer old man died!”
ルーファウス Rufus
「そうだ、社長就任のあいさつでも “Correct. I'll let you hear my
 聞かせてやろうか」 inauguration speech.”
ルーファウス Rufus
「……オヤジは金の力で世界を “…Father tried to control the world
 支配しようとした。 with money
 なるほどうまくいっていたようだ」 and that worked for him.”
ルーファウス Rufus
「民衆は神羅に保護されていると “The people believed that Shinra
 思っているからな」 would protect them.”
ルーファウス Rufus
「神羅で働き、給料をもらい “Work at Shinra, get your pay.
 テロリストがあらわれれば If terrorists attack,
 神羅の軍隊が助けてくれる」 the Shinra army will help you.”
「一見完璧だ」 “It looked perfect on the outside.”
ルーファウス Rufus
「だが私のやりかたはちがう」 “But, I do things differently.”
「私は世界を恐怖で支配する。 “I'll control the world with fear.
 オヤジのやりかたでは It's too much to do it like my old man.”
 金がかかりすぎるからな」
ルーファウス Rufus
「恐怖はほんの少しで人の心を支配する。 “A little fear will control
 おろかな民衆のために the minds of the common people.
 金を使う必要はない」 There's no reason to waste
「私はオヤジとはちがうのだ」 good money on them.”
TIFA {Tifa}
「演説好きなところはそっくりね」 “He likes to make speeches
CLOUD {Cloud}
「AERITHを連れてビルから出てくれ!」 “Get {Aeris} outta
BARRET {Barret}
「なに?」 “What?”
CLOUD {Cloud}
「説明はあとだ! “I'll explain later!
 BARRET! 本当の星の危機だ!」 {Barret}! This is the real crisis
BARRET {Barret}
「なんだそりゃ?」 “The hell's that supposed to mean?”
CLOUD {Cloud}
「あとで話す! “I'll explain later!
 いまは俺を信じてくれ! Just take my word for now!
 俺はこいつを倒してから行く!」 I'll go after I take care of him!”
BARRET {Barret}
「わかったぜ、CLOUD!」 “Alright, {Cloud}!”
ルーファウス Rufus
「なぜ私と戦うのだ?」 “Why do you want to fight me?”
CLOUD {Cloud}
「おまえは約束の地を求めて “You want the Promised Land
 セフィロスを追う」 and Sephiroth.”
ルーファウス Rufus
「ふむ、その通り」 “That's right.”
ルーファウス Rufus
「ん? おまえ、セフィロスが古代種だと “Did you know
 知っているのか?」 that Sephiroth is an Ancient?”
CLOUD {Cloud}
「……いろいろあってな。 “…Whatever,
 とにかく、おまえにもセフィロスにも I can't let either you or Sephiroth
 約束の地はわたせない!」 have the Promised Land!”
ルーファウス Rufus
「なるほど。 “I see.
 友だちにはなれないようだな」 I guess we won't be allies.”
【△ボタン】でメニューをひらく Access Menu with {!}{Purple}[MENU]{!}{White}
【□ボタン】で他のメンバーのマテリアをはずす Remove Materia from members with {!}{Purple}[SWITCH]{!}{White}
【スタートボタン】で終了 End with {!}{Purple}[START]{!}{White}.
【△ボタン】でメニューをひらく Access Menu with {!}{Purple}[MENU]{!}{White}
【スタートボタン】で終了 End with {!}{Purple}[START]{!}{White}
TIFA {Tifa}
「ルーファウスは?」 “Where's Rufus?”
CLOUD {Cloud}
「とどめはさせなかった。 “I couldn't finish 'em.
 面倒なことになりそうだ」 This is gonna get complicated.”
AERITH {Aeris}
「CLOUD、なんか、思いつめてた」 “{Cloud}…
TIFA {Tifa}
「……私、CLOUDを待つわ! “…I'll wait for {Cloud}!
 みんなはエレベーターで先に!」 Everyone, get to the elevator!”
AERITH {Aeris}
「さあ、この先きっと “Hmm, it's going to get pretty ugly from here on.
 ガードがきびしくなるわ。 We should check on our equipment.”
 装備をととのえておいたほうがいいわね」
CLOUD、TIFAのマテリアを…… {Cloud} and
    【はずす】 (Remove)
    【そのまま】} (Leave it)
神羅ビル・3階ロビー Shinra Bldg. 3f. Lobby
  ハーディ=デイトナ   Hardy Datona Hardy Daytona
AERITH {Aeris}
「はやく、ここから “Quickly,
 逃げなくちゃ……」} we have to get out of here…”
神羅ビル・2階ロビー Shinra Bldg. 2f. Lobby
AERITH {Aeris}
「はやく、ここから “Quickly,
 逃げなくちゃ……」} we can escape this way…”
BARRET {Barret}
「オレが先に行くぜ!」 “I'll go on ahead!”
BARRET {Barret}
「チッ……! “*&^%(*…
 すっかりかこまれてやがる」 We're surrounded!”
「オレひとりならともかく “If I was alone this wouldn't be a thing, but
 このメンツじゃ……」 I gotta reputation to protect.”
AERITH {Aeris}
「……やっぱり、あなたたちだけ “You all get out
 逃げて」 while you can.”
「あの人たちがねらっているのは “It's not you they're after…
 わたし。 it's me.”
 あなたたちだけなら……」
BARRET {Barret}
「ヘッ、そうはいかねえな」 “Yeah, well that ain't happenin'.”
「アンタはマリンを守るために “You got caught up in this over Marlene.
 ヤツらに捕まった。 Now, it's my turn to help you!”
 今度は、オレがアンタを守る番だ」
BARRET {Barret}
「これ以上ヤツらの……神羅の “OK, playtime's over
 好き勝手にはさせねえ」 jackasses…”
AERITH {Aeris}
「……ありがと、BARRETさん」 “…Thank you, Mr. {Barret}!”
BARRET {Barret}
「へヘッ、よしてくれよ。 “Who you callin' Mr. {Barret}?
 『BARRETさん』なんて That don't sound right!”
 オレのガラじゃねえや」
RED XIII {Red XIII}
「……さて」 “Well then…”
「キミたちの話が終わったなら “If you are through talking,
 そろそろここから逃げ出す方法を may I suggest that we think of
 考えてみないか?」 a way to get out of here.”
BARRET {Barret}
「ん?あ、ああ…… “Huh? Oh, oh yeah…
 チェッ、いやに冷静なやつだな。 You're cold, man.
 どこかの誰かさんみたいだぜ」 Just like someone else 'round here I know.”
RED XIII {Red XIII}
「なにか?」 “Did you say something?”
BARRET {Barret}
「いや、なんでもねえよ。 “Notta thing.
 さて、どうするか……」 So what're we gonna do?”
TIFA {Tifa}
「BARRET!!」 “{Barret}!!”
BARRET {Barret}
「TIFA! “{Tifa}!
 CLOUDは!?」 Where's {Cloud}?”
TIFA {Tifa}
「みんな、こっち!」 “Everyone! Over here!”
BARRET {Barret}
「ええ!? “Huh?
 どうしたんだよ? What's up?
 CLOUDは?」 Where's {Cloud}?”
TIFA {Tifa}
「話は後! “He's coming!
 いいから早く!!」 Hurry, Hurry!!”
AERITH {Aeris}
「はやく、ここから “Quickly! We'll
 逃げなくちゃ……」 escape this way…”
CLOUD {Cloud}
「反応がない…… “Nope.
 他のルートを Have to find another way up,
 探さなければ……」 I guess…”
ムービーへ続くのだ! [the movie continues]
『 神羅  Sー27式 』 [Shinra S-27]
『 神羅  PAー86式 』 [Shinra PA-86]
『 神羅  Sー510式 』 [Shinra S-510]
『 神羅  SAー37式 』 [Shinra SA-37]
   【かめ道楽 通信】 Turtle's Paradise Newsletter
     ナンバー2 No. 2
   きびしい仕事で The end of another hard day. Wouldn't you
  おつかれのアナタ…… like to sit back with a tall cool one?
    ぜひいちど You can at the Turtle's Paradise!!
居酒屋『かめ道楽』へ!! Stop in today!
     仕事の後の There's nothing like
  一杯は最高ですよ! a smooth one after work!
神羅カンパニー Shinra, Inc.
 今週の標語 Our slogan is:
神羅の未来は Shinra's Future Is
世界の未来!! The World's Future!!
 魔晄の光で Mako Energy For A
明るい世の中!!} Brighter World!!
指示があるまで、ディスクホルダーを開けないで下さい Control the bike with the {!}{Green}[Directional buttons]{!}{White}
バイクを【方向キー】で操作して {Choice} and save your friends in the truck
    神羅の追撃隊から {Choice}from the Shinra pursuit troops.
仲間の乗るトラックを守って下さい {!}{Purple}[OK]{!}{White}
   ○ボタン Attack on right
右の敵を攻撃する {!}{Purple}[SWITCH]{!}{White}
   □ボタン Attack on left
左の敵を攻撃する {!}{Purple}[MENU]{!}{White}Menu
 △ボタン   メニュー {!}{Purple}[CANCEL]{!}{White}Form Party
 ×ボタン   パーティ編成 {!}{Purple}[START]{!}{White}Start Game
スタートボタン  ゲーム開始
BARRET {Barret}
「さて、どうするよ?」 “Well, what do we do now?”
CLOUD {Cloud}
「セフィロスは生きている。 “Sephiroth is alive.
 俺は……あのときの決着を …I have to settle the score.”
 つけなくてはならない」
BARRET {Barret}
「それが星を救うことになるんだな?」 “Will that save the Planet?”
CLOUD {Cloud}
「……おそらく、な」 “…It seems so.”
BARRET {Barret}
「おっし、オレは行くぜ!」 “Then, I'm going!”
AERITH {Aeris}
「わたしも、行く。 “I'll go, too.
 ……知りたいこと、あるから」 There are things I need to know.”
CLOUD {Cloud}
「古代種のことか?」 “About the Ancients?”
AERITH {Aeris}
「……いろいろ、たくさん」 “…Many things.”
TIFA {Tifa}
「さらばミッドガル、ね」 “I guess it's good bye, Midgar.”
BARRET {Barret}
「AERITHのおふくろさんには “We told {Aeris}'s mom to go
 安全な場所に移るようにって somewhere safe, so Marlene should be
 言っといたからマリンも安全だな」 safe, too.”
    そうだな Yeah, she should be
    さ~て、どうかな Hmm, I don't know
AERITH {Aeris}
「もう、ミッドガルはイヤだって “She said she didn't want to stay
 言ってた……ちょうど良かったかな」 in Midgar anymore.
AERITH {Aeris}
「やめてよ、CLOUD! “Stop it, {Cloud}!
 わたしだって心配なんだから」 I'm worried, too.”
AERITH {Aeris}
「そういえば、わたし “You know what?
 ミッドガル出るの、初めて……」 This is the first time I've ever left Midgar…”
    そうか……不安か? Really? Are you worried?
    危険だぞ、いいのか? It's dangerous. Are you sure you want to go?
AERITH {Aeris}
「ちょっと、う~ん、かなり、かな。 “A little…no, maybe a lot.
 でも、なんでも屋さんが But I have a bodyguard, right?”
 いっしょだし、ね?」
AERITH {Aeris}
「言うと思った!」 “I thought you'd say that!”
TIFA {Tifa}
「……旅がはじまるのね」 “…I guess this is the start of our journey…”
    旅はきらいか? You hate traveling?
    危険だぞ、いいのか? It's dangerous. You sure you want to go?
TIFA {Tifa}
「……どうかな。 “…I don't know.
 でも、もう帰るところないもの。 But, I don't have anywhere else to go.
 旅が好きとかキライとか関係ないわ」 So I guess it doesn't really matter whether
TIFA {Tifa}
「……う~ん。 “…Hmm.
 でもほら、CLOUDが約束守ってくれれば But you know, it should be all right
 だいじょうぶよね、きっと」 if you keep your promise.”
RED XIII {Red XIII}
「私は故郷に帰るつもりだ。 “I'm going back to my hometown.
 それまではいっしょに行ってやる」 I'll go with you as far as that.”
CLOUD {Cloud}
「さて……」 “Then…”
    もう少しここにいよう Let's stay here for a while
    行こうか! Let's go!
BARRET {Barret}
「ここから北東に行くと “To the Northeast, there's a town
 カームって町があるんだ」 called Kalm.”
「宿屋のメシがうまくてなあ。 “The food at the Inn's good.
 とりあえずそこに行かねえか?」 Why don't we head there first?”
AERITH {Aeris}
「そうね。 “You're right.
 聞きたいこと、いろいろあるしね。 I've heard about that town before.
 CLOUD?」 {Cloud}?”
BARRET {Barret}
「セフィロスのこと、そして星の危機……」 “About Sephiroth,
CLOUD {Cloud}
「そうだな。 “You're right.
 セフィロスの行方の情報も We need to know
 必要だからな」 where Sephiroth went.”
BARRET {Barret}
「ここから先 “We need a leader for our journey.
 団体行動にはリーダーが必要だ。 'Course that could only be me.”
 リーダーといえばオレしかいねえ」
TIFA {Tifa}
「そうかしら……」 “You think so?”
AERITH {Aeris}
「どう考えてもCLOUD、よね」 “I think it should be {Cloud}.”
BARRET {Barret}
「チッ…………わかったよ。 “^#$^%…alright.
 ここから【北東にカームって町】があるんだ。 Go {!}{Cyan}Northeast to a town
 何かあったらそこを集合場所にしよう」 called Kalm{!}{White}.
BARRET {Barret}
「それにしたって野っ原を5人でゾロゾロ “'Sides, we can't have five people
 歩くなんて危なくてしょうがねえ。 strolling around out there.
 おまえ、パーティーを2組に分けてみろ」 Let's split into two parties…”
【メニューボタン】でメニューをひらく Access Menu with {!}{Purple}[MENU]{!}{White},
【キャンセルボタン】でパーティチェンジ Change with {!}{Purple}[CANCEL]{!}{White},
【決定ボタン】で終了 End with {!}{Purple}[SELECT]{!}{White},
AERITH {Aeris}
「……予想外の」 “…That's an unexpected”
TIFA {Tifa}
「……組み合わせ」 “…combination.”
TIFA {Tifa}
「まあ、男同士、楽しくやりなさい」 “Well, have fun…boys.”
TIFA {Tifa}
「それじゃあ、カームで!」 “We'll see you at Kalm!”
BARRET {Barret}
「……やると思ったぜ」 “…Thought you'd do that.”
BARRET {Barret}
「じゃあ、カームでな!」 “Later, at Kalm!”
「おっかしいな?このゲートのカギ…… “That's funny…I dropped the key
 どこかに落としたかな? to this gate…somewhere.
 この前のハックツ・ツアーの最中かな?」} Must've been on that